FC2ブログ

■魔剣の姫士 (無望菜志)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 触手、ファンタジー、複数
・構成 : 7話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵、
       描き下ろし後日談。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「無望菜志(なもなし)」センセの「魔剣の姫士」です。

魔剣「リュウセイ」と「レイミア姫」
※魔剣「リュウセイ」と「レイミア姫」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
ストーリー漫画となっており、壮大なお話が描かれています。
まあ、ページのたいていは成年系なものでしたけどね。
剣や魔法、魔物が登場する、王道ファンタジーな世界。
男女登場していましたが、普通のえっちは描かれることなく。
全て触手プレイとなってます
お好きな方は小躍りください。
また、散々ヤられてバッドエンド~という、そうした系の短編にありがちなものでなく。
基本ストーリーのしっかりとした、読める仕上がりです。
(※若干駆け足ですかね)
そのため、触手系でもうドカバキ振り切れまくるようなプレイが好みな方には、ちょっと物足りなさを感じるかも。
逆にそういうのをイメージだけで苦手としている方のが、合うかもしれませんね。
とりあえずオススメしておきます。

しっかり濃さある線での作画。
細かくも過ぎない塩梅な描き込みと、丁度良いくらいの濃淡具合です。
ネタがためコマは相当賑やかなのですが。
見辛さなく、そう目疲れしないものでした
丁寧で乱れ・崩れなく、全体で安定。
人外プレイなため多少のややこしさはあったものの、特に引っかかるところはありません。
漫画・表現も同様で、お上手でした。
人物画は幅広な輪郭の漫画らしい可愛さあるもの。
良いバランス感覚だと思います。
そのほか、頻繁に登場する触手、また魔物らの作画も力入っており。
ちゃんと、王道ファンタジーしていました。
カラーだとまたやや異なるのですが、判断には↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

魔王「アドヴィッグ」の支配から脱して二百年。
新生魔王「レヴデュンヴ」の登場により、世界は再び侵攻を受けていました。
人間、エルフ、ドワーフといった各種族が立ち向かうもののその勢いは止めることができなかったのです。
斉王国家エイアルの第一王女「レイミア」こと「レイミア・エイアル・ファスチュート」は、”王族の命を吸う”と言われていた魔剣「リュウセイ」の力を頼ることとしたのですが。
要求してきたのは乙女の淫液だったのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆる触手モノの連続話。
世界はドがつくファンタジーで、バトルなども描かれているんですが…。
ページの大半は、魔剣「リュウセイ」とのえっちシーンですね
ファンタジー系でよくある、敵に攻められるものでなく。
いちおう味方ではあるものの、完全に信頼できる相手でない、というのがポイント。
(※冒頭でも「頭が保つかは知らぬがな~」とか言われてる)
ただ、その力は魔物相手に絶大な威力を発揮しており…。
エルフ、ドワーフなどの他種族も魔剣「リュウセイ」を頼ったことで、えっちシーンは人数も増えていき。
最終的には、派手で迫力あるものとなっていきます。
そりゃー、もうドえろいこととなっていきますよー。
魔王と各種族の対決の果てがどうなってしまうのか、ご期待ください。

エルフの長「アーファン」、ドワーフの姫「キッシュ」
※左:エルフの長「アーファン」、右:ドワーフの姫「キッシュ」

切っ掛けも描かれた1話目。
冒頭は魔族との大規模な戦闘シーンです。
射線上に友軍見当たらずッ!
とかなんとか、メガ粒子砲でも発射するのでは、という台詞がありましたが。
実際、剣の一振りだけで正面の魔族は壊滅。
なるほど、その力に頼るのも当然ですね。
(※人間側の各部隊は苦戦・蹂躙されている)

漫画は契約時の場面に。
あらためて1話を見ると…「レイミア姫」は途中から成長してる??
背丈とかバストとか、後半の目覚ました~くらいから、そんな雰囲気でした。
当初は凛々しくはあるものの、幼い感じのが強かったですけどね。
1話目のえっちは、契約の交合儀というもの。
言葉では良い恰好していた姫の覚悟を量る、という意味のが強いでしょうか。
純潔、が重要なこともあって…お尻です。
後半の頑張る姿は面白くも感動的(←それは大袈裟か)なものでした。
なお、「レイミア姫」は甲冑ではなく王族ドレスな姿です。

新キャラ登場の2、3話目。
魔術に長けたエルフの長「アーファン・テネラズル・マクス・エムス」ですね。
お話中にて言われていたそのまま耳長いほか、褐色肌で豊満なスタイルでした。
むちむちですよ。
魔族は彼女らの住むエムスの森にまで進行しており。
魔剣と共に善戦を続けるエイアル家を訪ねてくるというもの。
あっさり承諾する「レイミア姫」と、その後の展開が楽しい。
当然、「アーファンさん」も魔力提供に参加するのですが。
冒頭からの雰囲気とは異なる、乱れっぷりが凄い。
脱ぐシーンが好き。
直接続く3話目では2人同時に。
どーでもいいですが、「アーファンさん」はほぼ堕ちているっぽいですね。
必死に頑張る「レイミア姫」との差が見どころです。
オチでの2人の会話がいいですよ。

さて、これまでは圧倒的な力を発揮していた魔剣「リュウセイ」ですが。
それに耐える魔物が登場している4話目。
あるいは、「リュウセイ」こそが魔王だったりして、とか想像していましたけど、違うのか…。
後の会話によると、上級魔族だそうです。

そうした危機的状況に登場したのが、ドワーフら鉄石の国の姫「キッシュ・ヴァン・ヴィエス」なのでした。
こちらのドワーフは”獣ビト”という呼称そのまま、なんちゃら耳と尻尾があり。
(※猫みたいなひげもあります)
衣装は和服のようなものでした。
背丈小さく貧乳で、「レイミア姫」よりもちんちくりん。
カラクリに長けているようで、魔剣「リュウセイ」を鍛え上げたのも彼女の祖先。
そのためある程度の事情を知っており、物言いも傲慢だったのですが…。
察しの良い方、その通り。
それも1話目の「レイミア姫」と同じく、えっちシーンへの前振りでした。
わはは。
彼女の持っていた契約の環によって、魔剣「リュウセイ」の封印は完全に解かれ。
より、大変なこととなっております。
唯一、皆と反応が違う「アーファンさん」に注目。
先の「キッシュさん」だけでは当然足りず。
また、先の上級魔族が迫るという危機的状況で…続く5話目では、より大規模なえっち展開となるのでした。
「レイミア姫」を筆頭とした主要3名ほか、ちらほら顔を見せていた姫付きのメイド2名、エルフ・ドワーフらが勢揃いしています。
漫画でのクライマックスというべきえっちシーンですね。
ただし、揃えた百名でも足りず、「レイミア姫」の意識も朦朧とする中。
最終章6話目と続く場面で、重大な決断をするのでした。
どんなんかは当然ながら秘密。

エイアル国王女「レイミア・エイアル・ファスチュート」
※エイアル国王女「レイミア・エイアル・ファスチュート」

そんなこんなでの最終話。
魔剣「リュウセイ」の過去がちらと見れました。
うーん、気になるコマ多く、ここはもう少しじっくり描いてほしかったなぁ。
この時点ではざっくりとしたイメージが伝われば、それでOKなのか。
(※ちゃんと、ある程度の説明が後半にあります)
それがためか、「レイミア姫」・「リュウセイ」にちょっとした変化あるのがポイントです。
詳細は伏せますが、ストーリー漫画なので…前回とはまた一味異なる、こちらのえっちシーンは重要なもの
さすがに泣けはしないものの、ちょっとイイ場面があります
冒頭からの流れではまさに予想外(笑)
うん、面白かったです。

描き下ろしは11ページの後日談。
ちゃんと(?)えっちシーンもたっぷりあるので、お楽しみに。
「レイミア姫」が実に良いです。
基本的にはエロいものなのですが、彼女のああした発言というのは冗談抜きで、結構イイお話だと思いましたよ

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「無望菜志」センセでした。
書店をぼー、っと見回っていたところ。
ふと触手な↓表紙が目に入り。
センセのお名前を見つけ、ゲットしてきました。
こちらのブログでは「Tentacle Lovers テンタクル・ラバーズ」、「剣より強し」、「触愛」、「NTR2」…などを紹介しております。
あとがきにも書かれていましたが、結構久しぶり。
これが7冊目でいいのかな。
王道ファンタジーですねー。
10冊分をぎゅっと1冊に凝縮、とあったので。
そちらのロングバージョンも見てみたいです。
さぞエロい展開になるだろうなぁ。
ちなみにカバー絵は迫力ある1枚絵なので、購入後はぜひ広げてみていただければ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ファンタジー バッドエンド

■白雪姫と黒タイツ (御影石材)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [百合] コメディーラブコメ、学園、黒タイツ
・構成 : カラー(4P)、9話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、折り返しにコメント、合間にネタ絵、
      カバー裏に漫画、描き下ろし「白雪姫の友達の友達 その後」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「御影石材(みかげ・せきざい)」センセの「白雪姫と黒タイツ 1巻」です。

恐怖・黒タイツさん
※恐怖・黒タイツさん

 【 構成・絵柄 】

2巻以降へと続く長編漫画。
百合ジャンルで、コメディー要素の強いもの。
ただ、タイトルから察せられるように、強いフェチ要素があり。
百合・コメディーというくくりでは、あまり見られないような仕上がりとなっています。
完全に男性向きですね。
詳しくは後述しますが、それを除けばまさしく百合漫画。
あちこちには真面目な場面もしっかりあり、そっち期待して手に取った方も楽しめると思います。
振り切れ要素が高いこともあってか、キャラが出揃うのにやや時間はかかったかな。
次巻から本領発揮となりそうです。

しなやか極細線での作画。
描き込みはおおむね不足ないくらい。
白比率が高く、濃淡もデジタルの淡い色彩です。
コマ割りはやや細かいもの。
画面は薄味でさっぱりとしていました。
背景や小物も同様に主張ないテイストですが、全体は合っていて違和感なく。
バランス的にもこれで良いと思います。
ゆるっとした輪郭で大き目、華奢目なスタイルの人物絵。
各顔パーツは小さくまとまっているのが特徴です。
コメディー崩しも多め。
作画のタイプがため、ちょっとした間が面白い雰囲気になるのはジャンル的に得な点。
判断については、↓表紙。裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 9話収録

淑女のための学園「清流女学院」
そちらに転校して一週間という「黒川美玲」は、目つきの悪さと高い身長、コミュニケーションが不得手なため、クラスに馴染めずにおりました。
一方、「清流の白雪姫」と称されるお嬢様「白鳥雪菜」はそんな彼女に、
ずっとあなたを見ていたの
そう言い寄り、黒タイツを渡したのです。
なんと、彼女はやや度を越した黒タイツフェチなのでした。
そんな訳で、「雪菜」に一目惚れ(?)された「美玲」は、以後彼女の変質的なアプローチを受けつづけることとなったのです。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆる学園を舞台とした百合漫画。
容姿端麗・学園の人気者というお嬢様と、やや浮いた存在の主人公という構図は、ある意味スタンダードな百合漫画設定。
ただ、そのお嬢様には”黒タイツフェチ”という、らしくない要素があり。
セオリーを大きく揺るがしております
基本的にはコメディーとして作用するのですが、
”お嬢様の好意の対象が自分でなく黒タイツ(の似合う足、自分)ではないか”
そうした不安感を与えることにも繋がっていました。
そもそも「美玲さん」はクラスの中心に居る「雪菜さん」に悪い印象なく、またその逆は好意たっぷりなので開始からしてほぼ両想い。
(※好意度合が友人程度のものか、それ以上か、は当然あるのですが)
同性であるとか体面とかなんとかを気にする様子はなく、もしあの変態的アプローチなければ普通に関係を深めることとなったでしょう。
百合漫画として恋愛を阻害する要素にもなっているんですね。
1巻でそのあたり多少解消しそうなのですが…後半には新キャラ「倉敷亜麻寧」、現在は謎の存在「谷々藍」など癖の強い面々が顔を見せており、さらに関係をややこしくしてくれそうでした。
次巻はもう少し百合漫画っぽくなるかな。

「白鳥雪菜」、「黒川美玲」d
※左:清流の白雪姫「白鳥雪菜」、右:「黒川美玲」

ユリユリした冒頭を崩す「美玲さん」が楽しい1話目。
せめて本でも読んでればいいのに。
対する「雪菜さん」はいかにもお嬢様。
この人はギャップが楽しい娘だから、こうした入りは当然。
2人きりとなっての告白シーンがクライマックス。
ううん、途中まではほぼ学園百合漫画なんだけどなー(笑)
女子が黒タイツ好き、なんて漫画みたい。
ただ、彼女のようなザ・お嬢様が言うと、なんとなく許されてしまいそうなところが凄い。
対する「美玲さん」がまた良いですね。
アプローチが続く2話目。
こちらでは水泳の授業があり、2人の水着姿が堪能できます。
スタイル優れた「美玲さん」がよくお似合い。
身長もあるので、あるいはモデルとかになれそう。
諦めて黒タイツ穿く場面は、もともとカラー原稿だったようですが。
ここはストーリー的にも重要な場面なので、ぜひ単行本でもカラーページにして欲しかった

アドレス交換後の3話目。
ひっきりなしに届く「雪菜さん」のメールが楽しい。
最終的にはホラーちっくに(笑)
なお、この回で取り巻きの1人「明星朱莉」にスポットが当たり。
4話目での視点担当となっています。
第三者の目で見た2人、ですね。
作中ほか扉絵にて「美玲さん」と並ぶのですが。
背丈の違いが凄い。
彼女がやや規格外に大きく(※だからタイツ似合うのでしょう)、また「朱莉ちゃん」が小さいのです。
ちんちくりんですわね。
なお、こちらでは小中高一貫の
白雪姫、こと「雪菜さん」の凄さが分かるシーンも見どころ。
ずっと見ていて見失うって。

いちおう前話から直接続いている5話。
「美玲さん」の対応が変化するのは、先の「朱莉ちゃん」みたいな反応があるためでしょう。
2人の間に入るのは、先のエピソードで彼女を誘っていた「桃原いちご」
百合漫画に必要なキャラクターですね。
裏表紙絵で採用されていた、「雪菜さん」のクライマックスというべき場面がありました。
面白い。
あれは変態的に楽しんでいる絵だと思っていたのですが、違っていました。
そうした前話を経て、多少クラスに馴染めた「美玲さん」という6話。
まぁ、周囲の反応(7話などでも)を見る限り、本人が勝手に壁を作っていただけかな。
後半の「雪菜さん」とのやり取りが秀逸。
周囲をざわつかせた、「すごい可愛い子」の話には触れられず終了。
もう数話待たないといけないようです。

「倉敷亜麻寧」、「谷々藍」
※左:「倉敷亜麻寧」、右:「谷々藍」

収録でのラスト7、8話は連続エピソード。
こちらは「美玲さん」の元親友「あーちゃん」こと「倉敷亜麻寧」さんの登場回。
過去描写などもあります。 
ツンデレ、と称される「亜麻寧さん」はまた個性的で面白いヒロイン。
基本上がり眉ですからね。
紆余曲折の末、お泊り会となるのでした。
やはりコメディー調ではあるのですが、5話に続いて結構百合漫画していました。
後は…おっぱいですわね。
入浴中の「美玲さん」が見れるサービスカットもありました。
ちなみに描き下ろし漫画は、さらにその後の風景。
「雪菜さん」はあーんなお嬢様(8話冒頭)なのに、結構庶民的ですわね。
扉絵を含めて8ページでした。


 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「御影石材」センセでした。
こちらが3冊目くらいなのかな。
ひでるさんは今回が初見です。
察しの良い方はその通り。
ふと目に入ったタイトルに引っぱり上げられてしまいました。
いいよね、黒タイツ
実際こんな娘いないだろうなあ。
ただ、あーまで好きならば、自分でも穿くような気もしますが。
たとえ理想あったとしても。
追加の新キャラも良さそうなので、次巻も楽しみにしています。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■俺の彼女を抱いてくれ (usi)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 恋愛、寝取り寝取られ、複数
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「usi(うし)」センセの「俺の彼女を抱いてくれ」です。

普通の「和花さん」
※普通の「和花さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
ラストまで一直線なストーリーものとなっています。
ほぼタイトル通りなお話。
ただし、描かれ方としてはそう深刻なものでなく。
複雑な心理も描かれているものの、漫画はライトで読み易い仕上がりでした
ラブコメものではなく、プレイとしてもある程度の特殊さがあり。
そもそもの設定が心をぐーっと締め付けるストレスあるものなので。
人を選ぶと思います。
それでも前述したように、シリアス過ぎないため、本格的な寝取り寝取られがお好きな方には物足りなさを感じるかもしれません。
色々とご注意を。

しっかりとした線での作画。
描き込みはややすっきり気味。
濃淡は黒が強く、若干濃い目でした。
コマ割りはやや細かさあり、はみ出し・ぶち抜きなどちらほら。
目立つ乱れはなく、綺麗にまとまった、見易い原稿です。
人物絵はある程度のデフォルメ感と、リアルさあるもの
今回は心なしか普段よりもそんな印象です。
おおむね可愛らしく描かれているのですが、たまにバランスが気になるところもありました。
ちょっとした事が気になり易い画風ですかね。
基本的にはカラーと変化はないため、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないです。

 【 収録話 】 10話収録

俺の彼女を抱いてくれ!!
友人「望月恭介」から呼び出され、そんな事を言われた「府和(ふわ)」
最高で5股という派手な女付き合いをしていた彼ですが、本気で好きな相手ができたらしく。
プロポーズを受ける代わりの条件が、
”他の男性に5回抱かれる事”
…なのでした。
あまり気乗りしない「府和」でしたが、紹介された彼女「浮田和花(うきた・のどか)」は好みド直球な女性であり。
結局、そうした奇妙な依頼を引き受けることとなってしまうのです。
ごく簡単にはそんなお話。

友人彼女とのえっちストーリー。
そうした設定では寝取りなのですが、お相手「和花さん」の心は友人「望月」にあり。
いくら好意をもっても、5回までの関係。
それ以後は相手のものになってしまう~という、寝取られっぽい要素もあるのでした。
多くはないものの、実際そうしたくだりもあったため、得意でない人は要注意
なにしろラブコメ漫画ではないですからね。
また、ヒロイン「和花さん」について。
↓表紙などが当然彼女です。
基本的には2人でのやり取り、えっちが描かれるのですが。
前半は初心で可愛らしかったのが、毎回加速度的にエスカレート(笑)していき。
最終的には、予想外にぶっ飛んだプレイにまで発展しています。
そう極端なものではないですが、耐性もある程度必要だと思います。

エロいぞ「和花さん」
※エロいぞ「和花さん」

導入の1、2話が1回目。
カラー原稿部分のえっちは…だーいぶ先、最終話からの抜き出しだと思います。
後々、同時に見ていくと楽しめるので、なんとなく覚えておきましょう。
友人「望月くん」とはバイト時代の同僚で、近所なためたまに飲んだりするくらい。
特別仲が良い訳でない「府和くん」が選ばれたのは、
お前なら信頼できるくらい真面目だし、彼女いねぇくらいつまらん奴だから安心なんだ!
とのことでした。
うん、だーいぶ下に見られてたようですね。
もっと誤魔化して言ってよ。
これで彼女だという人が、好みでなければ良かったのですが。
「和花さん」は名前のとおり穏やかな物腰の女性。
前述したとおり、えっちについては興味深々なようですが、会話を信じると今回が初体験だと思われます。
お風呂場では素股とお口。
直接行為は2話目でたっぷり描かれていました。
えろいですが、ちゃんと照れてくれるところがキュートです。

3、4話目が2回目。
「府和くん」が呼び出された先は、「望月くん」の家。
部屋には「和花さん」がおり。
不在だったので合鍵で入り、彼のコレクション(漫画と雑誌)を見ているうちにスイッチが入り…とのこと。
どーでもいいですが、本命の部屋でえっちしようと誘う彼女は相当ですね。
えっ、いいよ、わざわざ場所移さないで
特に罪悪感などもないらしく、そんな感じにあっさりとしていました。
なんというか、浮世離れした娘だなぁ。
逆にそれを意識していたのは「府和くん」
まぁ、同じ男性として、嫌ですわね。
それがためか、4話はあーした展開となるのですが。
どんなんかは内緒。

5話目はついに3回目。
彼の誕生日プレゼント選びに付き合うついでに…ということなのですが。
こちらでの「和花さん」に注目。
エロさが本格的になってくるのが、このあたりから。
相当なミニスカートでしたからねー。
恭くんの部屋で見た~
というやり取りが実に楽しい。
ちゃっかり剃毛とかしてる「府和くん」がなんだか悲しいよ。

6、7話目が4回目。
とかく正体不明な「和花さん」ですが、その秘密の一部が明らかになります。
ああした事をあっさり喋っているのが凄い
どう見ても一般人ではないですね。
はあ、そりゃ「望月くん」も真面目に就職しようとする訳だ。
浮世離れ~というのは、合ってました。
人に見られながらって~
そんな興味が沸いたらしく、友人「心美」さんを誘っての複数プレイ。
彼女もなかなかの美人です。
当然ながら、どちらとも直接行為となるのでした。
特にコレという特徴ない「府和くん」でしたが、こうした才はあるのね。

「心美さん」
※ 「心美さん」


8、9話目がついにラスト5回目。
最後のえっちは…どんなんか内緒にしておきます。
とりあえず、エロいこと大好きな「和花さん」なので。
少なくとも前回を上回るようなものになってました。
「府和くん」としては複雑か。
好意も抱いている訳だし、最後くらいは~って男性側は普通考えるでしょう。
また、そんな彼をまったく気に掛けてない「和花さん」は…残念ながら、やはりパートナーとして見ていないのかな。
悲しいなぁ。
オチでもごくあっさりとした挨拶だけ。
それがため、最終話に繋がるのでした。
まぁ、これくらいはね…。
「府和くん」もいちおう区切りをつけられたようで、よかった・よかった。
また、最後ページ、ラストコマのやり取りは楽しいものとなっていて。
なんというか、読後感は悪いものでないと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「usi」センセでした。
今回はお名前と共に、タイトルに引っ張られました。
かなり直接的なものでしたが、ややこしさある設定のお話なので。
良いと思います。
実際、ここに1人釣り上げられてますからね。
正直なところ、漫画はもうひと展開あっても良かったような気もしますが…。
これはコレで満足。
「和花さん」もあれくらいの情報のが色々想像でき、適当かと思いました。
願わくば、「府和くん」にちゃんとした彼女ができるといいな。




★「usi」センセの漫画紹介記事

 「さ~ち
 「さ~ち せかんど
初単行本とその続編。3巻目も発売され、長期シリーズとなっています。
 「おまかせナースフォース
元気無いといった患者さんらを癒す「ナースフォース」の活躍を描いた長編。
 「彼女にシよう!!
どちらかというとビジネス系。表題の中編ほか、短編群が収録。
 「幼なじみガール
幼馴染みとのラブコメ話の短編集。えっちは控えめ。
 「ほっとすぽっと
別名「月極仁」名義の1冊。成年系の短編集となっています。
 「夢見る派遣 苺ちゃん
有能な派遣社員の「日和見苺」さんを描いた長編。ばっさり終わるので注意。
 「隣の人妻 大家さん
人妻「里桜さん」とのラブコメ。失踪したという旦那がどうなっているのか??
 「快感ループ
 一般の短編集です。1話SFちっくなものがありました。
 「しりびっち
 前後編モノほかほとんどが複数という短編集。成年系です。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■あなたをヨがらせてあげる (大秦国王安敦)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] S、拘束、女性主導、学園
・構成 : 短編×8話収録。
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大秦国王安敦(たいしんこくおう・あんとん)」センセの「あなたをヨがらせてあげる」です。

生徒「涼さん」
※生徒「涼さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
詳しい初出など書かれてなかったですが、描き下ろしはないみたい。
ただ、漫画の合間にそれぞれキャラでのネタ絵みたいなのが差し込まれていて。
漫画世界をちょっと補完していました。
ジャンルはおおむね↓表紙そのまま。
紹介帯には”ちょいS少女”とかありましたが…あれは”ちょい”なのか??
たまに男性は目を背けたくなるようなプレイもあり、ハッキリSちっくなヒロインが揃ってます
基本的に女性がえっちの主導権を持っていて、拘束されるのはほぼ男性(笑)
耐性ない方は特に注意
ただ、他ではあまり見かけないタイプなので、そうしたプレイが刺されば滅多に得られないだろう単行本でした。
もう少し精神面に踏み込んだらまた違ったかもしれませんが…。
えっちメインなストーリーで、そう読ませるほどのお話ではありません。
紹介帯の裏面にちょろっと紹介あったので、見ておくのも良いでしょう。

しっかりとした線での作画。
全体的な色づき具合、濃淡はちょうど良い感じ。
デジタルの綺麗にまとまったものです。
描き込みはスッキリ気味でした。
コマ割りには細かさ・複雑さがあり。
原稿は結構な賑やかさです。
それでも先の色彩がためか、コテコテとはしていません
ただ、前述したような、ちょっと振り切れたプレイがため。
さっぱりとした作画は、人によって良し悪しかもしれません。
切れ長な目、小さく描かれた鼻という、縦長な人物絵。
バストの大きさあっても、スリムなスタイルでした。
そのあたりはデフォルメ感あります。
概ね巧く描かれていましたが、動きのある絵などたまに弱さがあり。
もうひと頑張り欲しい印象です。
バランス面も同様。
判断については、表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

007:「いたいところ」
伝統ある学校り教師「環」
生徒らの人気も高く、楽しくやれていたものの…生徒「涼」だけは別。
学校を”家の寄付で支えている”という彼女は権力者であり、「環」も当然逆らえなかったのです。
ちなみに、就職の斡旋をしてくれたのも彼女の家であり、教師に推薦したのは「涼さん」
まぁ、言いなりだわねー。
保健室での拘束プレイ。
当然ながら、固定されているのは「環くん」
しれっとした表情しつつ、まさに好き放題ヤラれておりました(笑)
なお、これまでなかったらしく、後半にようやく初の直接行為が。
当然、単なるえっちではありませんでしたがね。

029:「シスタークレジット」
妹「亜依」の所有物となっているお兄ちゃんのエピソード。
収録ヒロイン中、もっとも悪い顔をしている彼女。
どーでもいいですが…似てない兄妹ね。
あるいは義理だったりするのかな。
お兄ちゃんにはちゃんと彼女がいるものの、彼の男性自身は妹「亜依ちゃん」に握られており。
デート中も拘束具みたいなのつけさせられていました。
栓をされてしまうのが痛々しいですよ。
帰宅した後も”おしおき”とのことで、そのまま弄ばれるという男性にとってはなかなかしんどい光景。
こうなる切っ掛けもいちおう描かれていたんですが…そんなんで兄妹がこんな関係になっちゃうもの??
また「亜依ちゃん」もなにゆうあんなSちっくになっちゃったんだろう。

この後にある、前話ヒロイン「涼さん」とのネタ絵が楽しい
サイズ差あるからなぁ。
プレイはハードでしたが、お嬢様然として可愛らしい「涼さん」のがまだ良いか。

妹「亜依」、姪「栞」
※左:妹「亜依」、右:姪「栞」

051:「ここと、アソコと」
受験のため、会場に近い知り合いの家に宿泊させてもらうこととなった「照明」
そちらのお嬢さん「晶」は名門学校で生徒会に所属する真面目な娘でしたが。
部屋から聞こえていた妙なが気になり、覗いてみたところ…という切っ掛け。
成年漫画独りプレイは覗かれるもの。
本来、見られた「晶さん」のが立場弱い筈なんですが、センセの漫画なのでさにあらず。
強いですね。
また、覗かれていたと知った際の反応が独特です。
なかなかのしたたかさでした。
いちおうプレイは普通でしたが、あの性格ではこの後どうなってるか分かりませんね

071:「ずっと一緒に」
姪「栞」の頼みで、彼女と共にラブホテルへ入った「正仁」
彼女とは遊びと称したえっちなことをしており。
初めての際に巧くできなかった彼は、その時から彼女に逆らい辛くなっていたのでした。
年下女性の良いようにされる、人によってはドストライクかもしれないネタ(笑)
他の漫画と比べて、だいぶソフトなほう。
「栞ちゃん」の行為も器具とか使ってなかったですからねー。
良い貧乳っぷりでした。

095:「True Partners」
デートだった姉は今回も早くに帰宅しており。
毎度のように、男性と別れたことを察せられました。
言い寄る相手は多かったものの、ことごとく長続きしていなかったのです。
そのため、弟「明雄」はこのチャンスに、いままで秘めていた想いを告白したのでした。
私に付いてこれる人を探しているの
そう言っていたお姉ちゃん。
雰囲気そのままのドSで、いちおう付き合うこととなった「明雄くん」も納得の性癖。
あれは…痛そうでヤダなぁ
ただ、さすが近くで見てきていた「明雄くん」
なかなか頑張っていましたよ。
いちおう中盤では普通のえっち(※お姉ちゃんは初めて)もさせてもらえるんですが、そこで衝撃の事実が。
すっかり調教されちゃったのね。

117:「やさしさの巣」
生徒らに自主的に問題解決をさせる、ということで生徒会長が2つある学園。
女性の生徒会長「祥子」は男性の会長を意のままにできる実力者であり。
そんな彼女にスカウトされて生徒会入りしていた「右沢」は、本当の姿を知ることとなったのです。
同じく生徒会の「恵」さんと共に、彼女のオモチャにされるお話
前話に続き、そんなんです。
えっちはいいんですが…あの拘束されたり、お尻使われたりするのは嫌だなぁ。
「恵さん」・「右沢くん」・「祥子さん」と、3重連結してたりしました。
オチがちょっと怖いですね
なお、その次ページにこちらのネタ絵があるんですが。
出会いの頃の絵はちとバランス悪いですね。

141:「お姉ちゃんにはとどかない」
両親が旅行へ出掛けたため、従姉「由衣」の家に泊まることとなった「貴志」
昔よく遊んでもらっていて、好意を持っていたものの、彼女はあっさり結婚してしまい。
裏切られたような感覚をもった彼は、意識的に避けていたのです。
そのため、宿泊を憂鬱に感じていた彼でしたが、「由衣」は構わず昔通りにえっち仕掛けてきたのでした。
強い感じの眼鏡女性な「由衣さん」
まぁ、「貴志くん」では手に余る相手ですわね。
登場しませんが、旦那がいようと彼女は変わることなくエロスで。
気持ちわからんでもないですが、割り切ってえっちさせてもらうのが良いのでしょう。
タイトルそのまま、届かぬ女性だろうと。

従姉「由衣」、姪「颯希」
※左:従姉「由衣」、右:姪「颯希」

161:「わんわんとれーにゃあ」
「彰」のもとへ遊びに来た姪「颯希」
しかし、犬の散歩で忙しい彼には相手にされず。
次に会った彼女は、捨て犬の風情でアピールしてきたのです。
言葉の語尾は「にゃ」でしたが、いちおう犬プレイ。
この漫画の恐ろしいところは…ダンボールに入っていた彼女の恰好。
いちおうパーカー着てるんですが、逆に言うとそれだけ
シャツなども着ておらず、下もノーパン。
しかもお尻に尻尾なんて付けていました。
なにもそこまで徹底したコスプレしなくても…。
しつけとかなんとか言い出した彼女がため、えっちに発展しています。
ちなみに、最終的にはお尻でもシテましたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「大秦国王安敦」センセでした。
こちらのブログでは「お兄ちゃん覚悟なさい」。「キミだけにするんだから」を紹介していました。
今回ブログで検索して、初めて気付きましたが。
一般系で「ぱすてるチャイムContinue」を描かれていたんですね。
今回は…店頭で見た、その薄さが目立ちました。
失礼ながら、山積みで目立って低かったのよ。
まあ、それがため手に取ったのだから、結果オーライなのだと思います。
ページ182と、成年系のほか単行本と比べたら若干少ない程度なのですが。
そのため、読み応えについては問題ありませんでした。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コスプレ

■思春期セックス (メガねぃ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、学生、むちむち
・構成 : 初単行本、8話収録
      (うち「今日、私ん家集合ね!」×3、「軟体少女」×2)
・おまけ: あとがき。      

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「メガねぃ」センセの「思春期セックス」です。

委員長さん
※委員長さん

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編での構成。
話数は8と、やや少な目なのですが…。
ページ数は22から34と、1話あたりやや多め量。
(※4ページのショートも収録あります)
読み応えとしては問題ありません。
持った具合も厚みありましたからね。
ジャンルはラブコメ
一部慣れた娘もいましたが、おおむねタイトル通りに初々しさあり。
特に3話の連続話は、無知なカップルが次第にエスカレートしていく様が堪能できると思います。
ラブ・コメどちらも強く、ブラックな色は見られず。
ややこしい事柄もほぼなく、安心して読み進められる1冊でした。

こちらが初単行本とのことでしたが、お話は適度に良く。
作画面でも、よくありがちな落差なく安定しています。
多少黒の強さあるものの、濃淡・描き込み具合は適度な感覚。
小中大のコマ割り、漫画運びなども特に引っかかるところありません。
引き絵がやや気になるくらいで、それも些細な程度。
お上手でした。
人物画は基本的に漫画らしい可愛さ。
バランスに優れ、顔・スタイルなどのデフォルメ感も良いまとまり
キュートかつ過ぎないくらいのリアルさもありました。
カラーでもそう変化ないので、判断はカバー絵で良いでしょう。
裏表紙には掲示物としてカット絵も見れるので、参考にどうぞ。

 【 収録話 】 8話収録

005:「思春期セックス」
男子らが教室へ持ってきていたえっち本を注意する委員長「茜」
しかし、そういう当人もたっぷり興味があり。
道端に落ちていた本を思わず拾ってしまったのですが…。
その現場をクラスメイトの男子「岡崎」に目撃されていたのでした。

実はえっちに興味津々な真面目な女子とのえっち展開。
委員長さんは裏表紙右側の娘。
ちょっとツリ目でヘアピンが特徴です。
途中差し込まれていた体育シーンでは、きゃっきゃとはしゃいでいたりしていて。
可愛らしさは収録ヒロインでもダントツ
落ちていた本を1ページづつ持ち帰る様がまた可愛い。
まぁ、その方が捨てやすいからなぁ。
「岡崎くん」は結構強引でしたが、彼女の性格からあれで良かったと思います。
バス停での野外えっちとなっていました。
オチのやり取りがまたキュートです。

花ちゃん
※花ちゃん(前編、中編)

039:「今日、私ん家集合ね!」 3話
保健の授業にて男女のことについて講義され。
興味を持った「炭谷花」は幼馴染み「健太」を誘い、実際どんなんか確かめてみることとしたのでした。
3話の連続ものですが、おそらく学年が変わっていて。
↓表紙の「花ちゃん」は、中編での彼女となっています。

前編は初えっち話。
家が隣の幼馴染み同士。
タイトルそのまま「花ちゃん」は積極的な女の子で、成長期で距離が微妙になったりもせず。
授業中に彼を誘っていました。
授業シーンは3回ほどあり、だんだんえっちに近づく流れ。
2回目後は家まで待てず、学校トイレでのプレイです。
男性自身の講義だったので、手っ取り早いこともあったかな。
(彼女のも見せていましたが)
そして3回目は…無論、直接行為です。
ここは流石に自室でした。

中編は学年上がって制服姿。
ちょっと大人っぽくなりましたかね。
この段階で、
今日一緒に帰ろ!
…とか女子に誘われるというのは、「健太くん」他男子に羨ましがられるだろうなぁ。
切っ掛けは授業でゴムを配られたこと。
そうか、今までつけてなかったんですね…。
いいよ、AV見なくても~」という台詞がまた凄い。
制服デザイン変わっていた後編は、また学年が上がったと考えられます。
台詞では、毎日試す、休み時間毎になんとか~などと言われていて。
学校でのプレイも手慣れた感じ。
中盤の踊り場でのあれは、実際ならば間違いなく見つかってるでしょうね。
家に親がいたため、ラブホへ行ってみるというのがメイン。
えー、細かい事は言いませんが、ほどほどにね。
自転車の振動でどうの言ってる「花ちゃん」がえっちで素敵。

121:「ぬるぬるデリヘル」
長期の冬休み、デリヘルを頼んだ教師。
やってきたのは、学校でもギャルギャルとしていた生徒「吉沢」だったのです。
別に悪いこっちゃないですが、教師がそんなん頼むのは…。
実際こうした事も起こりかねないですよね。
いちおう「チェンジ」と言っていたのですが、余計な一言あったのが決め手でした。
彼より手慣れている「吉沢さん」
男性自身に圧倒され、テンション上がるという成年漫画らしい展開です。
ちょっとは威厳取り戻せたかしら(笑)
後半の一連の台詞はまるで教師っぽくなかったですけどね。

151:「催眠術にかけられて」
水泳部のエースで、かつ勉強も一番ばかりという完璧な先輩「佐々木」
いまだ泳げず”カナヅチ”とあだ名される彼が入部した切っ掛けも彼女でした。
そんな彼がふと声を掛けられたのですが…なぜか催眠術の本を渡されたのです。
よくある部活漫画と、催眠術ネタが組み合ったお話。
えー、素人が催眠術使うのは本気で危険らしいので、くれぐれもマネしないように。
「佐々木さん」はツンデレっぽい可愛さがあり。
術シーンでのあわわ言ってる顔が良いです。
ぜひ先の委員長とコラボして欲しいなぁ。
漫画では催眠術が効いているという体で描かれているのですが。
あるいは…それのせいにして、興味あったことを試しているだけかもしれないなぁ、とか感じました。
なにせ頭良い娘さんですからね。

吉沢さん、利恵さん
※左:吉沢さん、右:利恵さん

173:「軟体少女」
199:「after軟体少女」
書店店員に声を掛けられた「山口利恵」
えっちな事に興味津々だった彼女は、それをネタに色々されてしまうのでした。
こうした展開で、
え…もう終わり…?
とかなんとか、「利恵ちゃん」のが拍子抜けする様は楽しい。
さすが、そうした系を読み漁っているだけのことはありますね。
かなり強引な手段を取っていたものの、ある程度で止めているのは…。
そこはさすがに年齢高い(経験値ある)だけのことはあるのかな。
タイトルあんなんなのは、「利恵ちゃん」が新体操部なため。
ただし、そうした娘さんなので、実はレオタードは自ら着ているのでした。
あれは…男性側のテンションあがるわ。
プレイ中にハサミ使うのも彼女。
どんなだけエロいんだ。
「after軟体少女」は4ページのショート。
既にレオタード脱いだ後っぽいのが残念。
彼女の持っていた本に注目。 
宣伝漫画ですかね。

 【 その他 】

以上、本日は「メガねぃ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
クロエ出版」さんのHPに情報が掲載された時から狙っていました。
好みの絵柄はほぼ想像通りで良かったです。
委員長や「佐々木さん」のような、ツリ目で真面目っぽい女子がお上手でした。
2人のその後はぜひ見たいなぁ。
濡れ透け(※委員長さんのえっち前は雨降ってた)、競泳水着、レオタード…などの要素もあったので。
できれば…次はもう少しフェチっぽい色を加えていただければ。







★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ レオタード

■純情パレット (長頼)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●〇○
・独創性:●●●〇○
・属性 : [成年] ラブコメ、恋愛、幼馴染み
・構成 : カラー(8P)、11話収録(うち「曖昧ロジック」×2、「でもにっくシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にリンク・仕上げ違い絵、加筆修正あり、
       一部描き下ろし「戻り雨」、描き下ろし「曖昧LOVERS」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「長頼(ながより)」センセの「純情パレット」です。

千紗ちゃん、「春日井」・「橘」
※左:千紗ちゃん、右:「春日井」・「橘」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編。
ページ量は多くないですが、描き下ろしも続編となっています。
連続話は収録で最も異質なファンタジーのもの。
ぶっちゃけ、個人的には意外な印象でした。
終わる感なかったので、シリーズものになったりしそうな雰囲気もあります。
漫画のだいたいはラブコメ
ただ、なんとない毒気はあり、1話はブラック感の強いもの。
絵柄的には、シリアス調のが合ってるかな。
正直なところ、そう悪くはないものの、お話・展開にはもうひとパンチ欲しい気もしました。

すっきりとした線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡もやや強め。
描き込みはどちらかというと細かいものですが、あっさりとしたコマもありました。
比較的大きなコマ割りで、はみ出し多め。
概ね見易く仕上がっていたと思います。
目立つ乱れはないものの、崩れはちらほら。
漫画っぽさあるものの、リアル寄りな振れ幅もそれなりにあり。
そうした特徴がため、ちょっとした絵が目立ちやすいことはあるでしょう。
粗が目立ちやすい不利なタイプですね。
コメディー崩しもやや目立ち、好き嫌いが出てしまいそう。
↓表紙などのカラー絵はその良さが発揮されたもの。
白黒絵については、「ワニマガジン社」さんのサイトなどで確認するのをオススメ。

 【 収録話 】 11話収録

003:「戻り雨」 カラー原稿あり、一部描き下ろし
学生時代にひと悶着あった2人が、後に再会するという大人な恋愛話。
カラー原稿部分は学生時代。
その”ひと悶着”ですね。
まぁ、あれは勝手に自分を卑下して突っ張っていた「村上太一」くんが悪い。
「サチ」さんはその被害者みたいなもんですね。
オチでお互いあー言っていましたが、最後のコマそのまま良いビジョンは見えず。
あの後2人会わなくなるのではないかなぁ。

サチさん
※サチさん

025:「Overfrow」
日に日に増えるえっちな欲望に悩まされていた「千紗」
男性には恐怖感あった彼女は、もっぱら単独プレイでおさめていたのですが。
それでも止まることなく、訪ねて来た幼馴染み「マコちゃん」こと「安住真」に相談をもちかけるのでした。
幼馴染みカップルが完成するお話。
彼の中性的容姿は大きいんでしょうね。
ヘアメイク雑誌などもっており、彼女をモデルにしていたりして。
なるほど、学校ではモテそうなので。
付き合った後は「千紗ちゃん」も苦労しそうに感じました。

045:「曖昧ロジック」
195:「曖昧LOVERS」 描き下ろし
「結城」・「橘」、そして後輩「春日井彩音」は3名だけの文芸同好会。
夏休みに皆で海へ行くこととなったのでした。
両手に花の羨ましい1話。
どちらも「結城くん」を好いており、複数プレイに発展しています。
あまり人気ないところでしたが、海水浴場ですからね。
たぶん、バリバリ見られてると思いますが。
どちらもスタイル良く、ビキニの水着でした。
勝負がためか、自信あるからか、はたまた漫画だからか(笑)
オチが良いですね。
描き下ろしでも三角関係は変わらず。
…というか、皆でのえっちが常習化していました。
羨ましいなぁ。
同好会ながらも部室あったので、隙あらば学校でもえっちしてそう。

065:「ラジカル彼女」
「青葉健太」の幼馴染みの「鈴原奈々」
昔はそれなりに仲良かったものの、成長と共に派手になっていき。
今では罵詈雑言、理不尽な暴力など、妙なちょっかいを出されるようになっていたのでした。
たぶんですが…。
周囲のクラスメイトらは、案外「奈々ちゃん」の真意に気付いていたのではないかなぁ。
ひと事件あり、彼の部屋まで訪ねて来るのが切っ掛け。
だいぶ可愛らしくなっていました。
彼女が変わる切っ掛けがちゃんと用意されていたのはいい思います。
些細な事ですが、結構理由としてはそんなものなのかも。

085:「にびいろの月」
真面目な優等生で、陸上部でも結果を残していた「柏木陽子」
しかし、大会を目前にしていたところ事故に遭ってしまい。
それからの彼女は一転して悪い噂が流れるようになってしまったのでした。
ちょっとした引っ掛けある、サスペンスちっくなお話
メインは教師「田村」とのえっちで、そこで全てが語られます。
なかなか読み応えあるストーリーなのですが…なにゆえ、あーも差をつけられていたのか疑問。
最初に「陽子さん」が結果を出していたのかなぁ。

105:「でもにっくトラブル!」
123:「でもにっくアタック!!」
「ヒロ」が道端で拾ってきた本。
そちらに封印されていたというサキュバス「リィリィ」が出現。
空腹だった彼女は、昔馴染みな「カンナ」に憑依してしまうのでした。
縞パンがキュートな「カンナさん」
乗っ取られた後は、ややつり目になっていました。
そうした経緯がため、彼女の本心を知るという流れ。
うん、2人の性格的に、いい切っ掛けとなりましたわね。
良かった。

…で、その続編が「でもにっくアタック!!」
前述もしましたが、まさか続きがあるとは思いませんでした。
街で男性を漁っていたサキュバス「リィリィ」
家が教会だという「上草マリア」と出会い~という流れ。
黒髪でゴスロリちっくな服装の「マリアちゃん」が可愛い。
むちむちスタイルですね。
あっさり返り討ちにした彼女を、活動拠点にしていた「ヒロくん」の家まで連れて帰るのでした。
先の2人も登場する、ドタバタ展開。
オチが楽しく、あるいはまた続き描かれるのかな、って雰囲気です。

柏木さん、上草マリア
※左:柏木さん、右:上草マリア

141:「Stray Cat」
慌てて逃げていた「未衣」とぶつかったコック見習いの「優作」
その縁もあり、閉店作業中だった彼は、空腹だった彼女に食事を振る舞うのでした。
タイトルに猫があるのは、彼女の名前と性格ですね。
えっち展開はやや強引な印象でした。
オチあんなんでしたが、面接で落ちそう

159:「陽だまりの詩」
同級生からいじめられていた「倉島」
やられっぱなしな彼女を見ていた昔馴染みな「柴田」は~というお話。
結構ハードなことをされており、見ていて痛々しいのですが。
彼女はなにゆえ、あーなってしまったんだろう。
可愛い娘さんなんですけどね。
それはともかく、困難な目に遭っていた彼女を、またちょっと不良っぽい「柴田くん」が救うという王道展開。
読後感の良いオチでなんだか安心。
あの後の「倉島さん」が幸せであればいいな。

175:「Panicるーむ」
とあるアパートへ引っ越してきた「田島要」
念願の独り暮らし~、と期待していたところ、挨拶した近所の方の反応が微妙であり…。
なんとない違和感を感じていた彼のもとに、大家という「天野雛子」が訪ねて来たのでした。
むちむち大家さんですね。
彼女は人妻で、また「要くん」も地元には彼女がいるのですが。
ガンガン迫る「雛子さん」に、結局流されてしまうのでした。
あんな感じのオチでしたが、彼女の旦那はどんなんだろう。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「長頼」センセでした。
こちらが2冊目の単行本。
1冊目「恋色めまい」を紹介しており、なんとなく名前が記憶に残っていて。
お名前でふと手に取りました。
“カラフルエロスの魔術師”
紹介帯ではそんな評となっており、確かに↓表紙・裏表紙はぱっと華やか・派手な仕上がり。
いい感じでした。
カバー裏はそのラフ画を白黒っぽく仕上げたのかな。
そらちも非常に良く、次にまた期待がつながるような出来栄えでしたよ。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー サスペンス

■ゆけむりハーレム物語 (立花オミナ)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 温泉、ハーレム、複数、お姉さん、
・構成 : カラー(4P)、6話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、見開きイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「立花オミナ(たちばな・おみな)」センセの「ゆけむりハーレム物語」です。

官能小説家「左雨紗季」
※官能小説家「左雨紗季」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
こちら、実に的を得た表題となっており、ほぼタイトルそのまま。
そちらとカバー絵の時点で刺されば、間違いないと思われます(たぶん)
展開はラブコメっぽく軽いタッチ。
男女間のややこしいアレコレはなく、皆さんえっちを楽しんでいます。
基本そうしたお話ではあるものの。
ずるずる流されるだけでなかったのは、個人的にポイントでした。
あのくだりがため、全体に爽やかさが加わったのでは、と思います。
詳しくは後述しますね。
面倒な要素がないだけお話もそれなりではあるのですが、成年漫画として正しく仕上がった1冊でしょう。

しっかりとした強さある線での作画。
全体の色づきはあり、色彩はやや濃いめ。
描き込みは丁度良いくらいです。
ある程度枠間用意されているものの、細かいコマ割りでちらほらはみ出していて。
派手目で迫力のある原稿です。
パンチ力あるので、細かい点が気になり辛い、得するタイプの絵柄
引き絵などはもうひと安定ほしいかな、という印象でした。
ヒロインらは魅力的でむちむちと肉感的。
↓表紙などカラー絵はなんというかまとまり良すぎるので。
白黒絵のが味わいもあり、プラス判定で問題ないと思います。
1つだけでしたが、紹介帯のカット絵は参考に良いでしょう。

 【 収録話 】 6話収録

003:「湯煙ハーレム物語(プロローグ)」 カラー原稿
007:「湯煙ハーレム物語」 5話
温泉旅館の離れの部屋に不定期滞在することとなった常連客「左雨紗季(ささめ・さき)」
作家の彼女は従業員「佐藤拓巳」はそのモデルに選んだのですが。
書いている小説ジャンルは官能小説であり。
従業員で彼の後輩である「菊池ひかり」を抱き込み、様々なえっちを体験させていくのでした。
…と、ごく簡単にはそんなお話。

前述したようにタイトルそのまま、温泉旅館を舞台としたハーレム漫画です。
ほっといても全裸になってくれるため、成年系との相性は抜群でこちらも同様。
ただ、着衣好きな方は、やや物足りなさがあるかもしれません。
ほぼ全裸か浴衣姿ですからね。
登場ヒロインは、↓表紙・裏表紙に登場している6名。
皆さん、実に立派なスタイルでした。
旅館業は多忙であると聞いてますが、業務描写はほとんどなく。
そうしたヒロインら複数が入り乱れるという、迫力あるえっちをたっぷり堪能できます。

プロローグは4ページのカラー原稿。
「紗季」・「紫帆」・「ひかり」との露天風呂えっちです。

「紗季」・「ひかり」、「希美」・「美香」
※左:「紗季」・「ひかり」、右:「希美」・「美香」

いきなり拘束された「ひかりちゃん」から始まる1話目。
ショートカットで活発っぽい雰囲気があり、「拓巳くん」とも親しい口をきいていたので。
最初のえっち担当になるとは意外でした
彼女の想いも、ちょっと意外。
まぁ、でもそれならば「紗季さん」と結託するのも納得か。
一歩前進するのに勇気いりそうな雰囲気でしたからね。
(後にそのような発言もありました)
観たり体験してきたことは一度もなかったの……」
という訳で、小説家「紗季さん」も参加していました。
しかし、よくそれで官能小説なんて書いてたなぁ。
売れっ子らしいのですが。
(※それだけ妄想と文章力が凄いのか)
なお、「ひかり」・「拓巳」の両名も初体験とのことでしたが…あんだけエロくて余裕あった「ひかりちゃん」が初めてというのは本当か??

結構広い露天風呂だと分かる2話目。
向こうは海とかなんでしょうか。
塀などもな広々としていていい感じ。
実際あれば行ってみたいですよ。

さて、あれから回数を重ねていたものの、前述したようにまだ皆経験値は浅く。
それがためアイデアが固まらなかった「紗季」は、とある計画を思いついたのでした。
こちらは宿泊客「綾乃」さんのヒロイン回です。
↓表紙の左奥の彼女。
離婚して1年という、元人妻でした
なるほど、相手としてはうってつけですわね。
ちなみに、小説ネタのために仕組んでいるため、当然「紗季さん」も覗いており。
共に観察していた「ひかりちゃん」を含め、3名・1名での複数プレイに発展していきます。

3話目は温泉旅館での定番、マッサージ展開。
先の「綾乃さん」の提案で、共に来ていた友人「希美(※注)」・「美香」とのプレイです。
(※注:一部台詞にて「美希」と誤植がありました)
漫画中でも発言ありましたが。
確かに官能小説の主人公に相応しい資質の持ち主ですわね、彼。
そう考えると、「紗季さん」の官能小説家としての目が確か、ってことなのかな。
プレイはよくあるAVみたいなえっち展開です。
注目はやっぱり3名の中で最も気が強い「美香さん」
彼女はもともとホットパンツに黒タイツという服装だったので、願わくばその姿でのえっちが見たかった(笑)
なお、こちらでは仕掛けた「綾乃さん」も参加していますが、「紗季」・「ひかり」の2人はえちお休みです。

お待たせしました。
ついに温泉女将「紫帆さん」が登場する4話目です。
↓表紙では右隅でいまいち目立たなかった彼女ですが…。
いきなりカバー外していた(笑)ので、カバー裏表紙の「紫帆さん」を見た段階からお気に入り確定。
片目隠れる髪型、目元のホクロまで完璧です。
ここまで出番少なかったのが、実に残念。
ただ、焦らせただけこちら回での存在感は圧倒的

温泉女将「紫帆さん」
※温泉女将「紫帆さん」

前半の台詞、
…ふざけないで
のあたりが、個人的には最高。
その余波でテンション下がる「拓巳くん」もいいリアクションでした。
詳細までは伏せますが、えっち面でもラスボスたる風格を見せてくれていたので、お楽しみに。

また、「拓巳くん」は前半に「ひかりちゃん」とのやり取りでひと見せ場が用意されており。
なるほど、彼女が恋焦がれるようになるのも、なんだか分かる気がしました

さて、こうした漫画なので…最終5話はどんなんか容易に想像できますわね。
皆さんの期待通りです
ただし、「拓巳くん」の告白だけは、これまた意外でしたが。
こうした漫画の男性としては、しっかりしていて驚き。
だらだら複数展開になるより、キッチリとしていて気持ち良く感じました。
(※えっち時でも彼女だけ特別感あります)
場所は露天風呂で始まり、後半は客室で浴衣姿となってます。
巻末イラストはオチ後の風景ですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「立花オミナ」センセでした。
今回は区切りとなる5冊目の単行本。
当ブログでは、「ボーイ・ミーツ・ハーレム」、「いきなり!ハーレムライフ」、「団地の中は僕のハーレム」、「アット・ホーム・ハーレム ふでおろシスターズ」を紹介しています。
ハーレム揃いですねー。
温泉旅館好きなので、より楽しめました。
こうしたジャンルなので、老舗旅館の再興とか余計な要素がなかったのもいい感じ。
お話としては…「紗季さん」にもうひと見せ場作ってあげたかった、かなと。
最終前に2人きりにさせてあげれば、また違ったかも。
あとは個人的にイチオシだった「紫帆さん」の出番が少なかったのが無念
見開きイラストでも1人背中向けていたし…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ホットパンツ

■恋色めまい (長頼)

★まんがデーター [11.0/20.0]
・絵柄 :●●◎○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●◎○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、水着、ノスタルジー、眼鏡
・構成 : カラー(8P)、短編×12話収録
      (うち「Summerりみっと」」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「Summerぶれいく」、
      カラー描き下ろし「籠女」、カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「長頼(ながより)」センセの「恋色めまい」です。

ウエイトレス「沙百合」
※ウエイトレス「沙百合」

 【 構成・絵柄 】

収録はほぼ短編での構成。
描き下ろしで収録話と同世界の漫画があり、話としては繋がりほぼなかったものの、同キャラの顔見せがありました。
ごく簡単にはラブコメジャンルなんですが、全体的にコメディー要素は薄く。
お話にもシリアスなものがちらほら見られました。
明るいだけではなく、ストーリーにも力が入っています。
ただ、ややページ不足な印象。
個人的には、もうひと押し欲しい気がしました。
ノスタルジーな風景が目立っていたほか、水着・眼鏡などアイテムに対するこだわりも感じられ。
どちらかカチッと合えば、楽しめるでしょう。

しっかりとした強めな線での作画。
全体の色づきは適度なくらいですが、黒が目立ち。
濃淡は濃いめな仕上がり。
描き込みはやや細かめという印象でした。
中・小でのコマ割りは比較的変形少なめ。
枠間もだいたい確保されていました。
背景や小物はガンバリが伺えるものの、もうひと踏ん張りという感覚
また、引き絵もバランス感覚が微妙です。
収録は2016年から、もっとも古い原稿で2011年8月と幅があり。
ありがちな成年漫画の初単行本でした。
作画の差は小さくなく、あるいは今回見送るのもありかと思いますが…あくまでも”この単行本内での話”で。
ほかの単行本らと比較すると、昔からお上手だったと思います。
人物絵にリアルさもあるため、些細な点が気になり易いというのもあるでしょう。
判断については…カバー、及び紹介帯は最近のものです。
単行本のうち7割以上は2015年より前なので、これを踏まえた方が良いかと。

 【 収録話 】 12話収録

003:「籠女」 カラー原稿あり、一部描き下ろし
上司と揉め会社を辞めたことで彼女にもフラれてしまい、あてもなく旅に出ていた主人公。
ふと立ち寄った田舎の神社で巫女さんと知り合ったのですが。
まだであったばかりの彼女から、意外なお願いをされたのでした。
まぁ、タイトル通りですね。
途中で彼女の事情についても描かれていて。
何故そんな事を言い出したのか、分かるようになってます。
ただ、オチは唐突感とやや都合良さがあり過ぎかなー。
カラー原稿部分はえっちシーン抜出し。
まだ赤い袴を着けたままで、いい感じでした。

巫女さん、牧野ヨーコ
※左:巫女さん、右:牧野ヨーコ

025:「Summerりみっと」
209:「Summerぶれいく」 描き下ろし
付き合う「浜崎コータ」・「牧野ヨーコ」のカップル。
いつもアレのことばかりだった上、肝心な所で失敗しており。
2人の仲は微妙なものになっていたのでした。
漫画ではポニーテールにしてますが、↓表紙はこちらの「ヨーコさん」
競泳水着がいいですね。
彼女の気持ちも分かりますが。
まぁ、慣れるまでは勘弁してあげてください
あんまりそっち方面で追い詰めると、役立たなくなっちゃうぞ(笑)
メインはシャワー室でのえっち。
巧くいったようで、何よりでした。

描き下ろし「Summerぶれいく」はそちらと世界観を同じにした、別エピソード。
2コマでしたが「ヨーコさん」が登場していて。
「浜崎くん」とのことが語られていました。
あるいは、どっかのコマに顔見せてるかなー、って探しましたが特に見当たりませんね。
こちらのメインは、眼鏡がキュートな美術部員「遠山」さんに想いを寄せる「ケンジ」くんです。
彼女に目をつけたのはさすがでしたが…実に残念な結果が待っていたのでした。
まぁ、頑張れ。

043:「僕と先生」
美人でスタイル良く、生徒らにも人気な担任「新井由香」
いつも1人でいた生徒「木村」は、彼女に心配されて指導室へと呼び出されたんですが。
そこで意外な事実を知ることとなるのでした。
後ろ折り返しが「由香先生」です。
てっきり、キレた生徒にえっちされちゃうのかと思いましたが。
いや、あの「由香先生」のキレっぷりが見事
1ページ目はそらちへの布石でしたかね。
年上女性があーなってしまうと、ヒネた男子では到底太刀打ちなどできる訳もなく。
楽しい仕上がりとなっていました。
彼女にしてみれば、いいストレス発散先を手に入れたかな。

061:「Bitter&Sweet」
喫茶「路傍」の雇われマスターとウエイトレス「沙百合」ちゃんのえっち話。
前折り返しが「沙百合ちゃん」です。
四角眼鏡とおデコ、生真面目な態度が、ひでるさん好みで好き。
(よく引き合いに出しますが、「殻の中の小鳥」の「ミュハさん」みたい)
屈むだけでパンチラしてそうなスカート丈も良いですね。
実際、頻繁にパンチラしてましたが。
酔った彼女をホテルへ連れ込んでおり、2人はすでに1回戦済み。
しかし、全然盛り上がらなかったこともあり、営業中に色々とちょっかいかけるのでした。
…そうしたシチュエーションと、期待通りな「沙百合ちゃん」が可愛く。
収録でもダントツにお気に入りです
客がいる中での店内えっちとなってました。

079:「ふたりの二律背反」
貧血で倒れた優等生「桐村」
保健室でサボっていた「笠間」は、そこで彼女の独りプレイを目撃し。
その弱みを握ったのでした。
教室でロータープレイをしていたらしく、冒頭は彼に抗議へ向かうところから。
準備OKなため、そのままえっち発展。
階段踊り場でのプレイで、実際には声・音がだだ漏れするだろうなぁ。
実際にちょっとバレかかってたりもしてました。
「桐村さん」にも当然ながら事情があり。
なんのかんのオチでは良い雰囲気もありました。

099:「Sisterぱにっく」
再婚した親がため、義妹「マユ」ができた「リョータ」
期待とはやや違い、事あるごとに彼女から誘惑されていたんですが。
親が旅行に出掛けたため、家で2人きりとなってしまったのでした。
「マユちゃん」が彼の部屋で独りプレイをしていたのが切っ掛け。
恥ずかしげもなく丸出しにしていて…やたら積極的ですね。
可愛らしい妹を想像していた「リョータくん」は気の毒。
このシチュエーションで拒否し続けることもできず、えっち発展していました。
まぁ、仲良くていいじゃない。 
軽いリアクションでしたが、オチ後はどうなるのかな。

115:「dis-communication」
東京から転校してきた「里仲小雪」
つまらない奴、と判断された彼女は数日でクラス内で1人になっており。
同様に孤立気味であった「佐村」は同類だと見ていたんですが。
夏頃になると、彼女に話しかける男子をよく見かけるようになり。
どうにも気になった彼がその後をつけたところ…という流れ。
丸眼鏡で確かに地味目ではありますが、美人な彼女。
街の外れにある廃屋で次々えっちしまくっており、勝手な親近感を崩された彼。
「里仲さん」に覗いていたことを看破され、えっち展開となってます。
あんな事をほしていた彼女の事情もなかなか重たく、結局はイイ雰囲気となっていましたが…。
今までの行動がため、この後は「里仲さん」大変そう

135:「ワガママtutor」
落第一歩前となってしまった「マサキ」
彼の親に頼まれた「沙夜子」は、勉強を見ることとなったのでした。
ルックスと頭の良さで周囲から信頼を得ている彼女。
しかし、その実態は言葉遣い悪くだらけていたのです。
外面良い彼女ですが、馴染みの「マサキくん」には素を見せており。
良い関係だと言えるでしょう。
彼は振り回されて大変でしょうけどね。
そんな2人がえっち発展していくのは、日常的なじゃれ合いから。
彼のモノが素晴らしかったので、試してみようみたいな感じ。
なお、「沙夜子さん」は、
最近ご無沙汰だったし…
とかなんとか、これが初めてではなかった様子。
まぁ、モテるだろうしなぁ。
オチはあんな感じでしたけど、あー振る舞える彼の存在は他にないだろうと思われ。
そのうちカップルになってくかな。

里仲小雪、仲里智香
※左:里仲小雪、右:仲里智香

151:「不機嫌な彼女」
色々と不満がたまっていたため、付き合ってはいないもののえっち関係にあった彼の部屋を訪ねたのでした。
先の「沙夜子さん」はキチンとした発散先がありましたが。
こちらの彼女の場合、この彼とは関係あるものの、それだけのことであり。
精神的にかなり不安定で描かれていました。
依存してるなぁ
前半のやり取りで気付いたことあったと思われるので、もう少し素直にならないと終わっちゃうぞ。

169:「Portrait」
4年前、いじめられていた女の子をなんとなく助けた美術講師「佐山」
手当された彼女は、自らを描いてほしいと頼んだのでした。
途中の会話にもあったそのまま、傷のなめ合いみたいな感じ。
じんわり染みるような、しっとり話です。
オチがああなるのは、こうした漫画のお約束でしょう。

189:「残夏」
父親が仕事に失敗し、「和也」は遠くの親戚の家に預けられることとなったんですが。
最後に、想いを寄せていた「仲里智香」を連れ出したのでした。
ほか友人らを含めて川遊び中に彼女を連れ出す流れ。
スクール水着姿が眩しい。
どうやら彼女も彼に惹かれていたらしく、その事情を知ってのえっち展開でした。
冒頭では、いちおう大人になった「和也くん」が登場していて。
まぁ、分からんでもないですが…ちょっと流れには強引さを感じました

 【 その他 】

そんなこんなで、「長頼」センセでした。
こちらが初単行本です。
おめでとうございます!
前述したように、単行本はまさに初という完成度だったと思います。
もう少し全体の安定感が欲しいところですね。
ただ、最近の原稿は目に見えて良くなっていていて。
個人的には、↑上でも書いたそのまま、ウエイトレス「沙百合ちゃん」に撃沈されており。
彼女の存在がため、買って良かったと思いました。
また登場してほしいですが…まぁ、確率は低いだろうなぁ。

みっくすパーティ」

恋色めまい (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) コミックス – アダルト, 2016/3/31 長頼 (著)





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ノスタルジー ポニーテール パンチラ スクール水着

■放課後ハメ活日誌 (石鎚ぎんこ)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇 
・属性 : [成年] 学生、ブラック、ラブコメ
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、8話収録(うち「おじさんレンタ」×2)
・おまけ: あとがき、カラーイラスト(描き下ろし)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「石鎚ぎんこ(いしづち・ぎんこ)」センセの「放課後ハメ活日誌」です。

「ツバサくん」のお姉ちゃん
※「ツバサくん」のお姉ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は1つシリーズものと短編群。
レーベルは「TENMACOMICS 高」であり、学生で占められた1冊です。
ポップな印象のタイトルで、中には確かに明るい作品もあるのですが。
収録のうち、おおむね半分くらいはブラックな要素を強く意識させられるもので。
なんというか、読後感はそっち印象のが強いです。
ラブコメちっくなものもあったんですけどねー。
(※個人的にはそっちのが好き)
フェチっぽい要素もあり、そうしたストーリが故に漫画個性も強く。
ある程度好き嫌いが出るかもしれません。

濃い目な線での作画。
全体の色づきも同様で、濃淡もやや強め。
描き込みは丁度良いか、ややさっぱりとしていました。
コマをぶっちぎる、はみ出し・ぶち抜きが多く。
原稿は結構賑やかに仕上がっていました。
時期に開きあるようで、作品毎にやや差を感じます。
良く描かれているコマがある反面、乱れ・崩れを感じる箇所もあり。
表現は良くも悪くも派手目。
ちらほら見かける漫画っぽい崩しも好き嫌いありそう。
全体的にもうひと安定すれば、尚良いかと思いました。
判断については、↓表紙より裏表紙のが近いかも。
あるいは紹介帯のカット絵ですね。

 【 収録話 】 8話収録

005:「おじさんレンタ」
031:「おじさんレンタ case.秋山あかり」
悩み相談から力仕事まで、おじさんが依頼者のニーズに対応するというサービス”おじさんレンタ”
相談事があると依頼をしてきた「月島みつき」の願いは…性的なものだったのです~という1話目。
裏表紙に登場してる「みつきちゃん」
眼鏡・三つ編みの真面目そうな女子…なのですが。
後の彼女を示唆するように、前半からちょっと妖しい感じで描かれています。
当然ながら、「おじさんレンタ」は普通のお仕事。
本来、依頼人と関係することはご法度なのですが…まぁ、あー言われたら流されるのは当然。
ただ、相談を繰り返すごとに彼女はレベルアップしており。
おじさんに扱えるような娘ではなくなっていたのでした、
ちょっと恐怖感さえ覚えるようなラストを堪能ください。

月島みつき、秋山あかり
※左:月島みつき、右:秋山あかり

同じ「おじさんレンタ」の設定で、今度のヒロインは明るく可愛らしい「秋山あかり」ちゃん。
↓表紙の娘さんですね。
年下の彼氏がいるという彼女。
えっち時にリードしてあげたい、とのことで、その練習相手を依頼してきたのでした
まぁ、断らないよなぁ。
先の「みつきちゃん」と違い、キュートかつ派手目なルックス。
こちらは暗い雰囲気なく、お話としてはよくある成年漫画という感じでした。
なんだか…ひと安心。
オチ付近での「あかりちゃん」の反応が楽しい。
まぁ、あれくらいハッキリ言ってくれてる方のが、後々には安心かな。


053:「姉線 -まなざし-」
3つ年上の姉がいる「ツバサ」
もともと仲良かったものの、最近は疎遠気味。
その最大の理由は…なんとなく感じる、彼女からの熱い視線だったのです。
妖しいお姉ちゃんですね。
地味目ながらも美人で、ちょっとばかり近めな距離が危険な雰囲気。
当然ながら「ツバサくん」も実姉に好意はもっており、進むか戻るかどうしよう~というお話。
さて、結局最初のお手付きはお姉ちゃん。
やはり年上からでないと、なかなか難しいですわね。
共に育ってきた間柄ですから、よほどの事でもないかぎり実際にはこうした展開にはならないだろうなぁ。

077:「ドンくさい私が志望大へ推薦してもらうために、」
現在の成績では受験さえも難しい、という「宮下」
そんな成績は無論、学費面でも厳しさあり。
推薦をもらうべく、教師「奥村」からえっちな行為を受けることとなったのでした。
そんなんで進学したところで、まったく意味はないと思うけど…
費用は置いといて、成績も満たないようだったので、勉強しなさいよ。
そんな彼女に付け込む教師は最低ですが、推薦欲しさにそれを受ける彼女も同じこと。
後半の体操着姿がいい感じでした。
オチの台詞を一瞬逆の意味で捉えましたが、どうなんでしょう。

101:「ルーモアギャル→野本さん」
愛されビッチとして有名人な「野本」さん。
お金でえっちなことをさせてくれる~という噂があり。
珍しく1人だった彼女に、「村岡」は思い切って声を掛けたのでした。
褐色肌に金髪という、ギャルギャルした彼女。
制服にガーターベルトなんて…そんなエロい生徒はAVにだっていないですよ。
(※すみません、検索したらあっさりヒットした→「ガーターベルト女子校生/SOD」)
金額三千円しか用意できなかった彼に、特別に下着を見せてもらえることとなったのです。
これまでの作品は、どこか暗い影が付きまとうのですが。
「野本さん」はそうした要素なく、明るく面倒見の良い感じ
お話の流れは成年漫画の王道で、実は結構ヨイモノを持っていた「村岡くん」がえっちさせてもらえるというもの。
オチもそんな感じでした。

123:「若宮さんとブタ」
許嫁のような関係だった「大新田家タケル」・「若宮ちさと」の2人。
半ば無理やりに関係させられると、家同士の伝統もあって「タケル」の要求に従い続けることとなったのでした。
センセの描かれる男性キャラは、ちらほら悪目立ちしているのですが。
こちらの「タケルくん」は、タイトルそのままその最たるもの
漫画っぽいデフォルメなキャラクターで、なんだか…新作が出ていた「さすがの猿飛/細野不二彦」みたいな雰囲気です。
「ちさとさん」はポニーテールですもんね。
相性はすこぶる良いらしく、なんのかんの流されていくような感じ。
詳細は不明ですが、「タケルくん」はまぁ彼女従わせることが全てのような雰囲気あったからなぁ。
「ちさとさん」もあー落ち着いたようだし、これはコレで良い関係と言えるのかも。

147:「貧乳彼女とガッツキ彼氏」
ベリーショートなスポーツ女子「ひより」と付き合う彼のお話。
おっぱいが恥ずかしく、まだえっちさせてくれない彼女。
その理由は…タイトル通り。
おっぱいなんて重要なのは”誰についている”かだろ
とかなんとか、名言みたいなのも登場していました。
そう、それに貧乳好きも多いから、女性が気にするほど全然問題ないですよ。
「ひよりちゃん」はスパッツがまた魅力的。
また、こうした設定では珍しく卓球女子でした。(ほぼそのシーンないけどね)

野本さん、北条ほのか
※左:野本さん、右:北条ほのか

171:「放課後のマスターマインド」
司書教諭をしている教師。
そんな彼に、放課後相談したい、と「北条ほのか」は声を掛けてきたのでした。
2人は委員会ほか行事などでも頻繁に顔を合わせており、ある程度親しげに会話ができる関係。
彼女の相談(要求)は、ぶっちゃけ冒頭の「おじさんレンタ」と同様なもの。
あれ先生に見えるように工夫してたんですから
とか言ってました。
ちょっと…こうなるまでの経緯とか前後編、あるいは数話ほどの連続話で見たい感じ
(一般系になっちゃうかな)
ある程度策は弄していたものの、基本的に「ほのかちゃん」は可愛らしく、好意をもってくれており。
成年漫画的ですが、オチも妙なブラック感ないものでした。
そうしたラブコメっぽいお話・彼女のキャラなど、収録ではこちらがお気に入りです。
ちなみに、彼女の灰色下着は冒頭のカラーイラスト(もくじ)で堪能できます。

 【 その他 】

以上、本日は「石鎚ぎんこ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
紹介帯のカット絵がいい感じだったので、ゲットしてきました。
作画は前述した通り、ややバラつきあったものの。
好みな感じで、またよく動いていました。
より安定すると思われる次にも期待します。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ガーターベルト ポニーテール ベリーショート

■飼い姉 (おおとりりゅうじ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 姉、複数、ファンタジーラブコメ
・構成 : 短編×8話収録(うち「飼い姉」×5)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・漫画、加筆・修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おおとりりゅうじ」センセの「飼い姉」です。

魔女の「笠原さん」
※魔女の「笠原さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作と短編群。
表題作は5話ほどのストーリーで、姉弟モノなんですが。
単にそんなんだけではなく…。
タイトルの雰囲気から察せられるそのまま、調教ちっくなプレイがあります。
ハードなのが苦手な方は考えた方がいいかも。
一方、短編にはファンタジー要素があり。
異種族とのえっちもあったりしたものの、ラブコメっぽい色でした。
ちょっと単行本で全体でアンバランスな気もしますが、前半の混乱が後半で和らぐみたいな感覚もありますかね。
ただし、どちらも人を選ぶので、「ヒット出版社」さんのHPなどで吟味するのをオススメ。

強めな曲線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、そうしつこさないものの色彩は濃い目。
しっかりとした描き込みに漫符・擬音が乱れ飛び。
原稿はかなり賑やか
中小の変化あるコマ割りで、枠間は確保されているんですが、コッテリとした仕上がりです。
背景や小物も良く描かれ、あちこちのバランスも優れ。
コメディーほか動きのある絵も問題なかったんですが、見辛く感じる部分もありました。
人物絵は広い輪郭で丸い小さな目の、漫画っぽい可愛さ。
鼻から口付近も特徴的で、男性陣はややリアル寄り。
とかく派手でコテコテしていて、作画とは別に人を選ぶと思います
判断については、白黒絵とはまた趣違うんですが。
おおむね、↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

001:「飼い姉」 5話
1人暮らしを始める姉「雪菜」の引っ越しを手伝った弟「爽太」
ふと外していた際に彼の独りえっちを目撃してしまい。
興味をもってしまった彼女は、その行為を黙認することと引き換えに”男性自身を見せて欲しい”とお願いしたのでした。
だいたいそんなん。
後から考えると…そもそもの切っ掛けは、そんな他愛ない事だったんですね。
お話は姉弟との近親モノなんですが。
タイトルが示すそのまま、中盤からは予想外の大発展をしていく、凄まじいお話となっています。

姉「雪菜」
※姉「雪菜」

切っ掛けの1話目は弟「爽太くん」
お姉ちゃんは大学生のようなんですが、まだお付き合いはなかったらしく。
目撃・体験するのは弟のソレが初めて。
せめて経験あれば、また違った結末になっていたかもしれません。
ただ、興味そのまま進んだ結果、「爽太くん」のスイッチを入れてしまい。
ギリギリの行為までシテしまうのでした。
この時点では、いちおうお口までね。

2話目は「爽太くん」ほかお友達らとのシーンから。
先の単独行為そのまま、ちょうどこちらも興味持ち始める年齢で…。
前回果たせなかった行為を求め、再び姉の部屋を訪ねるのでした。
ここはチャンスというべきシーンがあります。
姉「雪菜さん」の本気で、一度は思い止まった「爽太くん」
あの勢いから、結構意外な気もしましたが…姉弟として育った2人ですから、実際にはそんなモノなのかも
ただし、これは成年漫画なので。
皆さまの期待とおり、つい了承してしまうのでした。
でも…後の行動を見る限り、お姉ちゃんが許してしまうのは、彼の計算のうちだったみたい。

転機となる3話目。
大学の先輩「日下」登場。
言動見る限り…「雪菜さん」は彼の何が気に入ったのか分かりませんが、部屋でえっちしていた2人。
それを目撃してしまった「爽太くん」は、大胆な行動をとるのでした。
寝込みを襲う展開。
とあるネタをちらつかせつつの拘束えっちでした。
その続きみたいな4話目。
目隠し・拘束プレイですね。
姉ちゃんが通販で買ってた~
なんて発言から察するに、そうした願望は少なからずあったみたい。
2話目で顔を見せていた友人らも参加し、複数プレイとなってます。
おかしくなってきました
ここで剃毛・露出など色々プレイをした結果が…最終話だと思います。
ほら、やっぱりあんな男だったじゃない。
発言を鵜呑みにすると、これも「爽太くん」の希望のようなんですが。
姿を見せないので、それが真実かどうか不明。
(※描かれていた1コマは本物かな?)
どこであーなってしまったのやら…。
最後はこうしたエピソードでのお約束みたいなオチになってます。

123:「初めては●と共に 卒業編」 (※●はハートマーク)
学校を卒業することとなった「笠原」さん。
彼女は代々魔女の家系で、魔力を得るためには”男の精”が必要なため。
教師「浜村」に想いを告げたのでした。
本編でも紹介ありましたが、過去単行本に収録されていた単行本「初めては●と共に」のシリーズもの。
丸眼鏡の可愛い「笠原さん」
魔女姿は…トンガリ帽子とマント以外は全裸なんですね。
ヤル気満々だ
(※なお、眼鏡はそのままでした)
定期的に精子を得る必要があると告げられた教師「浜村くん」の妄想が凄い。
普段どんなん見てるのやら…。
そうした想像されてた彼女(心の中を覗ける)でしたが、想いは変わることなく。
えっちに発展していました。
ああした妄想そのまま、どっちかと言うといぢめ甲斐ある雰囲気な彼女でしたが…。
さすが魔女とあって、なかなかしたたかな一面を見せてくれます。
ヒントは魔法学校も卒業が近い、ってところですかね。

147:「雪は、想い出の」
タイトルはしんみりした雰囲気ですが。
お話はそちらからは想像できない、なかなか奇想天外なものです
彼氏「ハルマ」と実家へ帰省していた「ホノカ」
マキ小屋から戻る際に、うっかり足を踏み外してしまい。
崖下へと転落してしまったのでした。
運良く雪洞らしきところに落ちたものの、外は猛烈な吹雪で身動きは取れず。
また、いつの間にか全裸となっていたのです。
いちおうここでは確信について伏せさせていただきますが。
漫画本編では冒頭からその話題が多く、いかにも登場するだろうお膳立てができていました。
過去にも接触あったようですし、守られているのかな。
まぁ、こうした漫画なのでガッツリえっちもして(されて)いて。
雰囲気からして、この後彼氏「ハルマくん」とは微妙な空気感になってしまいそう。

ホノカ、飼い猫「蘭」
※左:ホノカ、右:飼い猫「蘭」

171:「Nine Lives」
「城之崎愛莉」に恋する「充」
しかし、接触あるもののもうひと押しができず、告白できぬままだったのです。
そんなご主人を心配し、18年もの間共にいた飼い猫「蘭」は死後に人の姿を得て、彼を支援するのでした。
いわゆる恩返し的なお話。
下手すると数話で語られてそうなストーリーを1本に凝縮しています。
こちらの「充くん」は、よくいる主人公とは違ってアプローチはできており。
夏のキャンプでは彼女といい雰囲気になっていて、LINEほか電話番号もゲット。
メールのやり取りなどもしていました。
ほっといてもそのうち巧い事いきそうね。
むしろ、いつ声をかけていただけるかと
とは「愛莉さん」の発言。
どうやらタイミングとしてはやや遅かったみたい。
でも間に合った良かった
付き合う2人の日々は省略され、えっちは彼の部屋にて。
「蘭ちゃん」も途中参加していました。

 【 その他 】

そんなこんなで「おおとりりゅうじ」センセでした。
こちらのブログでは「TheBLACK MAGES」、「インクリメントRO」、「胎内温度」、「DNA×AND」、「Yah!透明人間」などを紹介しています。
↓表紙・タイトルから、おおむね想像はできていたんですが。
姉モノだったので、手に取りました。
「爽太くん」、暴走してましたねー。
こうした漫画では定番ですが、彼が友人らを呼びつけるのは違和感
途中の台詞にもあったそのまま、やっぱり独占したくなるものではないかなぁ。
そもそも想い無い先輩ならば分かるんですけど。
何が彼をあーも追い込んでしまったのやら…。


みっくすパーティ」


飼い姉 (セラフィンコミックス) コミックス – アダルト, 2016/2/12  おおとりりゅうじ (著)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ファンタジー

■おんなのこ解禁 (上田 裕)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ロリ、コメディー、近親
・構成 : カラー(8P)、13話収録。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田裕(うえだ・ゆう)」センセの「おんなのこ解禁」です。

小嶋さん
※小嶋さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
関連話や同一世界みたいなのもありませんでした(…たぶん)
くくりLOで、ガッチリとしたロリ系な単行本
基本的にはラブコメな感じなのですが、可愛らしい雰囲気とは裏腹にえっちには積極的で発想も今風なもの。
その妙に慣れた感じがギャップとなっていて可笑しく、漫画はコメディー的。
ゲラゲラではなく、”ふふふ”ってこみあげてくる感じね。
収録は13話と多く、カラー原稿漫画も8ページとやや長め。
そのほか短編も01話あたり16~20ページほどあり、読み応えは十分。
楽しめることと思います。
個人的にはおまけ要素が少なかったのが残念でした。

さらりとした細曲線での作画。
適度な色づき・濃淡具合で、描き込みも過不足はありません。
コマ割りは比較的大き目で白比率もそこそこ。
丁寧で目立つ乱れ・崩れなく、綺麗な原稿仕上がりです。
幅広な輪郭と丸く大きな目、小さい鼻のロリっと可愛らしい人物絵。
明るい表情、擬音・漫符などが特徴的で、やたらめったらな可愛らしさ。
↓表紙などに釣り上げられた方も満足頂けると思います。
漫画にはセンセ独特な間があり、それもまた可笑しさを誘っていました。
お上手ですね。
判断については、そう変化ないので↓表紙・裏表紙で大丈夫。

 【 収録話 】 13話収録

003:「中出し大好き」 カラー原稿
こちらはカラー8ページのショート漫画。
”気持ちいい事に罪悪感ない”という妹「芹香」とのえっち話です。
きもちくないもん!!
とか言って駄々こねる彼女は、なんというかコメディーですわね。
短いながらも、明るくえっちで。
いかにもセンセらしい仕上がりでした。

011:「公民館の読書室」
公民館には上級生用の読書スペースがあるのですが。
そこにえっちな本を置いておき、それぞれの反応を楽しんでいたのでした。
明るく描かれていますが、やってることは結構なブラックっぷり
軽く脅迫もしてますからね。
(※実際噂にもなりつつあり、結構危険な状態だと思いました)
何名か女子登場していましたが、メインは眼鏡な「稜羽(りょうは)」ちゃん。
なかなか積極的でイイ感じ。
まだ途中みたいなところで終わってしまうのですが、あの後は大丈夫かな。

031:「まずはお話だけ」
予定外に泊まり出張となった主人公。
さっそく女の子をチョイスして、会うこととなったのでした。
そんな感じで始まる、センセ得意な明るい援交話
登場する「美南」ちゃんは初めてとのことで。
ネタからは想像もできない初々しさで、やたらめったら可愛い。
お話だけ、という募集でしたが、なんというか脇は甘く。
あっさり「美南ちゃん」も乗っかっちゃっていました。
ちなみに、彼もこうしたエピソードの主役男性としては相当にイイ人ですけどね。

美南ちゃん、梨央ちゃん
※左:美南ちゃん、右:梨央ちゃん

053:「最後のおままごと」
両親が離婚で兄妹は別れ別れになってしまうこととなり。
思い残しがないように
そう言った兄は妹「聖奈」にえっち仕掛けるのでした。
ずっとしたかったんだよ
とかも言っており。
いずれ、仕掛ける予定だったのかな。
危ない兄貴だ。
いけない、と思いつつも応じてるツインテールな「聖奈ちゃん」が可愛いです。
ばん!
…のコマでは、一瞬どうなるかと思いましたが。
ありゃ、コメディーですわね。

069:「二人の先生」
検診の医師と担任教師が生徒「本間愛花」にえっち仕掛けるというもの。
複数プレイ話ですね。
今年一の安全物件です
とか言われてました。
漫画は2人の男性メインで、ヒロイン「愛花ちゃん」がどんな娘なのか、あまり描写はないのですが。
オチの発言みる限り、安全物件という単語の通りなのかも。

087:「パパとママの寝室」
いきなり声を掛けて来た「梨央」
寝室から追い出されたの
そう話し出した彼女は、父母のベッドを先に使うよう協力を依頼してきたのでした。
個人的には収録でこの娘がお気に入り。
父親に対する反応がまた可愛い。
そうなんだ(笑)
またその上でネタにしている男性は…悪い大人だなぁ。
しっかり痕跡を残していたところが凄い。
これを切っ掛けに大変なこととなっていきそう。

103:「おうちキャンプ」
兄の就活がため、恒例としていたキャンプがなくなってしまい。
拗ねた「里英」は、庭にテントを張らせて過ごすこととしたのでした。
ここで兄と共に一晩明かすというお話。
テントで寝るだけでも、そうした気分は味わえますもんね。
えっちはある程度余裕ができるくらいの回数をやっているらしく。
流れを見る限り、キャンプと共にソレを期待していたようです。
声を我慢すべく(直ぐ隣が家ですから)頑張る様がキュートです。

119:「カミナリこわい」
雷が苦手な「ももか」に、家に連れ込まれるエピソード。
あの状況でエロいことし始めるのは、なかなか凄い。
まぁ、ただ…恐怖心を打ち消すには有効な手段でもあるんでしょうけどね。
オチとか切っ掛けの家に上げたりなんだりしてるところを見ると、そもそも「ももかちゃん」の好みではあったのかな。

135:「父の日の白紙券」
父の日に娘「美琉(みる)」より色なお手伝いの券をもらった父親。
その中の1枚は白紙となっており。
なんでも書いていいよ
とのことだったので…えっちをお願いしたのでした。
寝込み襲ったので、パジャマ姿。
あの純粋な可愛らしい娘の父親とは思えない、色々おかしな男性ですね。
いちおう年齢的にソレがなんなのか理解しており、慌てていました。
キッチリやってましたねー。
あれで、あの大逆転みたいなオチは凄い。

151:「しかえし」
姉「ちさと」・妹「まりや」のエピソード。
とある切っ掛けで知り合った男性。
「ちさと」はそれを仕掛けた「まりや」に返すこととしたのでした。
タイトルそのまま仲はそう良くなく。
ライバルっぽい関係でしょうか。
(※ある意味ではよくある姉妹のカタチかなぁ)
姉「ちさとさん」は冷静なキャラで、あの淡々とした言動が素敵。
ちょっと「まりやちゃん」では対抗するに荷が勝ちすぎるかも。
だからあーした手段を取ったのか。
オチのアルバムが楽しい。

「栞さん」、姉「ちさとさん」
※左:「栞さん」、右:姉「ちさとさん」

167:「野良の恩返し」
部屋の前庭を遊び場としていた野良猫。
冬には部屋まで潜り込むようになっていたのですが。
それを追って、女の子「栞」も部屋に入って来るようになったのでした。
”冬は寒くてかわいそうだから、飼ってくれればなんでもする”
そう彼女が言い出したのが切っ掛け。
イイ大人が子供の”なんでも”にそう敏感に反応しないように
また彼女の得意なのがマッサージだという、実に都合の良い展開です。
幼そうに見えて結構知識もあるようで。
えっち前のセリフはなかなか刺激的だったのでご期待ください。

185:「第1回およめさんテスト」
恋する塾講師宅まで押し掛けた「小嶋」さん。
自らをお嫁さんにしてもらうべく、相応しいかテストしてもらうこととしたのでした。
リボンとラブラブなリアクションの可愛い彼女。
塾講師という彼は、
あんたが二十歳になった時、どうなってるかが見たいの
…ということで、えっちなことをしていくのでした。
まぁ、そうした方便とも考えられますが、その際の表情はしれっと真顔。
本気なのかも。
オチの「小嶋さん」がまた異常なまでに爽やかだったので、なんだかいい感じのお話かと錯覚します(笑)
何点つけたの?」のコマが好き。

201:「貧乏兄妹」
貧乏な兄妹。
兄はお金を稼ぐべく、都合の良い男性を見つけてきたのでした。
絶対にお兄ちゃんが守るからな!
そう言い放つ彼は、妹を差し出すような真似は確かにしなかったのですが…。
その手段は、ああ成年漫画だなぁ、って感じ。
妹「りか」ちゃんはジャージ姿だったので、できればその姿をもう少し堪能したかったです。
途中からお兄ちゃんの台詞は少なくなり、同席した男性の言葉ばかりになるのですが。
それがよりエロス感を増していました。
これはバッドエンドでないものの。
オチにブラック感あり、ビミョーな読後感になると思います。

 【 その他 】

そんなんこなで、毎度おなじみ「上田裕」センセでした。
こちらがおそらく9冊目。
次で二桁ですね、期待しています!
今回の紹介帯裏面には、”上田裕ロリ漫画のオススメポイント”というコーナーがあり。
その4項目が分かりやすくて、いい感じでした。
編集の方かな、素晴らしいアイデアだと思います。
初見の方向けに、全ての単行本で実装してほしいですね。


おんなのこ解禁 おんなのこ解禁 (TENMACOMICS LO)
                  (2018/3/28)
                  上田 裕
                  ※アマゾン登録あったけどなくなるかな



★「上田裕」センセの漫画紹介記事 すべて成年系

かちんこちんこあくま
 記念すべき初単行本。オマケ満載です。
とびだせ!こあくま
 2冊目。タイプ異なるWヒロイン漫画「どっちか選んで」を収録。
ちんちこちんこあくま
 3冊目。やや長めのカラー漫画3話ほか、短編群。
ろりまんガー
 4冊目。インパクト高い短編「おまつり伝説」を収録。
よい子はしちゃダメ!
 5冊目。援交連続話「こどもチェーン」を収録。
なかよしりぼん
 6冊目。小○生AV女優「和葉ちゃん」ほかの短編群。
ろりくりごはん
 7冊目。ボーイッシュな娘が可愛い「教育者の亭主」を収録。
なまいきハニートラップ
 8冊目。前後編「幸せになる方法」を収録。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール バッドエンド

■玉キック (いのまる)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] 探偵、全裸、ファンタジー
・構成 : 原作「光永康則」、カラー(8P)、5話収録、
      現在1巻まで発売中。
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いのまる」センセの「玉キック 1巻」です。

美人探偵「黒住綾音」
※美人探偵「黒住綾音」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
現在のところ、1話完結のお話。
ちらほら謎や前振りがあり、おそらく後に回収されていくのだと思います。
(※そもそも、細かい説明はないまま進んでいました)
主人公は探偵業で、問題解決していくタイプ。
ただ、頭脳派ではなく肉体派となっており、タイトルそのまま蹴っ飛ばして破壊しています。
漫画の最大の特徴は…派手なエロス描写
一般系なのですが、全裸比率の非常に高いものとなっていました。
さすがに直接えっちはなかったですけどね。
↓表紙の女性に引っ掛かった方には、ぜひオススメな1冊です。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき、濃淡は丁度良いくらい。
描き込みはややスッキリでしたが、不足感はありません。
コマ割りは変化少なく、比較的収まりも良く。
ぶち抜きがちらほらあったものの、原稿は見易くまとまっていました。
小物が心持ち弱めでしたが、背景は良く。
人物絵も適度なデフォルメ感で、漫画寄りでしたが適度なバランス具合。
エロス・アクションシーンに違和感なく、引っ掛かるような箇所もありません
カラーでも変化ないので、判断については↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 5話収録

長身・巨乳・美脚の三拍子の美人探偵「黒住綾音」
”どんなモノでもぶっ倒す”という不思議な力のある「脚」を持ち、見合う金さえ貰えればどんな依頼でも引き受けていました。
彼女の相棒・自称「アドバイザー」という引き籠りが操作するwebカメラと向かったのは、男子禁制の通称「処女島」こと「諸常島」
12年に1度という奇祭へ潜入し、その謎を探るのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆる探偵モノ。
扱うのは殺人事件とかサスペンス的なものではなく、だいたいが潜入調査
美人女性であるのも重要なポイントになっており、その手助けとなっていました。
エロスな要素は毎回のお約束
直接行為みたいな展開はごく僅かでしたが、頻繁に脱ぐ・脱がされることとなっていて。
お話の後半では、たいてい全裸になっています。
アンダーヘアまでしっかり描かれていましたよー。

巫女「白姫」、警視庁「法条紅緒」
※左:巫女「白姫」、右:警視庁「法条紅緒」

「綾音さん」は探偵なのですが、前述したそのまま基本的には武闘派。
自信があるのか結構いきあたりばったりで、相手の術中におちることも多く。
いわゆるピンチシーンみたいな場面も頻繁でした
ここは読者の期待通り(笑)だと思われます。
そんな彼女をサポートするのが、謎の引き籠り男性が操るwebカメラ。
↓表紙でも真ん中あたりに描かれる、丸いやつですね。
主に知識とデジタル面で活躍していて、エロ方面以外は常識人。
正体はそのうち明らかになるのかな。
もう1人、↓表紙・裏表紙で気になった方も多いだろう、ロリっとした巫女「白姫」
彼女は1話事件の関係者で、そちらからレギュラー入りをしていました。
webカメラの彼と違って積極的に事件には関わらないものの、”浄化”という霊的な力でサポートというか、フォローしておりました。
こちらの彼女もまた謎が多く、各話にてもちらほら前フリのようなものがあり。
後のストーリーでになっていきそうな存在です。
きゃらきゃらとした賑やかし役ではなく、「綾音さん」と違って脱いだりはしないので。
気になった方はお気を付けください。

通称「処女島」での奇祭を追う1話目。
冒頭のカラー部分は「綾音さん」と相棒webカメラを紹介するような、小エピソードとなっています。
銭湯での盗撮犯調査ですね。
女湯への潜入なため、いきなりおっぱい祭りなのですが。
「綾音さん」の着替えシーン(※黒スーツから順序良く脱いでいく)もカラー2ページでバッチリ描かれていました
掴みはOK(笑)
メインの奇祭についての詳細は伏せますが。
なかなかぶっ飛んだエロス具合なので、ご期待ください。
あれ…誤魔化すことできないと思われるので、警視庁生活安全課「法条紅緒」さんともども未経験なのかなぁ。
「白姫さん」はいちおう祭りの中心人物たる人物なのですが、今回の事件とはほぼ未関係。
オチではちらと存在感を見せていました。

催眠術を使うマッサージ師と対決する2話目。
前回オチから直結しているようで、「白姫さん」は冒頭から登場。
あれは…「綾音さん」の能力である「脚」の秘密と関係あるのかな。
依頼のメインであるマッサージ師は、ハッキリ言って小物なのですが…。
危機的状況としては、前回を上回るものでした
ちょっと油断し過ぎよね。

南国プライベートビーチへ浮気調査に出かける3話目。
トップレスビーチなのですが、ワンピースの水着を着ていたため、巧い事全裸に
確か…こうした場所ではじろじろ見ないことがルールだったと思いますが。
そもそもの目的がえっち系なプライベートビーチだからかな。
なお、こちらでは1話ぶりに警視庁の「紅緒さん」も登場。
やはりワンピースの水着だったため、彼女も初全裸を披露していました。

「綾音さん」ピンチ!
※「綾音さん」ピンチ!

警視庁「紅緒さん」から始まる4話目は、ちょっと変則な構成。
ミステリーものっぽい冒頭がドキドキさせられます。
昔から残る風習”人さらい”が残る村へ潜入するエピソード。
こちらも祭りに参加するのですが…やはり全裸に。
(また、実はそれだけではないので、ご期待ください)
結構大がかりな展開で、オチも含みあるものでした。

収録での最終5話目は、フリーでお祓いの依頼を受けていた「白姫さん」に同行するもの。
雑居ビルでの幽霊祓いですね。
相手がそうした非現実なものなため、こちらの全裸展開も独特。
そもそも「綾音さん」は余計なことに首突っ込んだだけなのですが、大変なこととなっていました。
どーでもいいですが、「白姫さん」はすぐ助けてはくれないのね。
オチ部分に「諸常島」での会話が描かれており、彼女について気になる話がありました。
次巻ではそのあたりが中心になってくるのかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「いのまる」センセでした。
こちらのブログでは「恥ずかし女」、「僕らのセックス」、「彼女達の性交渉」という3冊を紹介しています。
それらは全て成年系。
今回は一般漫画でした。
…が。
まさかこんなにも全裸が多く描かれているとは、想像しませんでした
攻めましたねー。
読んでいて楽しく、色々気になる部分も残っているので。
次もぜひ手に入れたいと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー サスペンス アンダーヘア アクション

■深霧楼奇譚 (タカスギコウ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●〇〇
・属性 : [成年] 熟女、ハーレム、ラブコメ、むちむち
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「タカスギコウ」センセの「深霧楼奇譚」です。

ボイラー室「直美さん」
※ボイラー室「直美さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
全て連続していくストーリーなのですが、うち直接繋がってる2話くくりなエピソードもありました。
ジャンルとしてはハーレムもの。
年上・アダルトな女性陣であるのも特徴で。
判明していた年齢では、平均42.4歳というところ。
熟れたむちむち感がたっぷり堪能できる1冊となっていました。
なんちゃら奇譚~みたいに硬いタイトルで、↓表紙なども雰囲気あるものでしたが。
基本的にブラック感はなく、漫画はラブコメちっく
それは良し悪しともなってしまうかもしれませんが、基本的には流れるままゆっくり楽しめる作品となっています。

さらりとした細線での作画。
全体の色づきはあっさりで、枠間も確保されており。
白比率は強め。
濃淡もデジタルで淡く、背景などもしつこさなく。
さっぱりと綺麗な原稿具合です
漫画もそんな印象。
なんというか、熟女ヒロインでのドロドロ・ネップリとした濃さはなく。
ここも評価は分かれる部分だと感じました。
好きなタイプの作画で、個人的にはそう気にならなかったですが。
作品の雰囲気もあってか、表現もラブコメちっくなものでしたし。
↓表紙などカラー絵はややイメージ異なるんですが、基本的にはそちらの判断で差はないと思います。

 【 収録話 】 10話収録

訳ありな女性らの手助けする「如月慶子」
人里離れた森の中にあった廃ホテルを買い取り、現代の”駆け込み寺”として「霧の森ホテル」を開業。
当人はそちらのオーナーとなっていました。
男子禁制の生活を営んでいたところ、男性の遭難者を発見。
記憶をなくしていた彼を「ソラオ」と名付け、解決するまで共に生活することしたのです。
ごく簡単にはそんなお話。

紹介帯の文言そのまま、熟女らによるハーレムな漫画。
↓表紙のとおりに様々なタイプの女性が登場しています。
あ、ちなみに中央は主人公の「ソラオくん」ですね。
だいたいあの雰囲気・表情から察せられるだろう、微妙な空気感(…で伝わるかな)がお好みな方は、刺さる1冊だと思います。
漫画はストーリーもの。
話の核となっているのは、記憶喪失で謎の存在である「ソラオくん」
…まぁ、ぶっちゃけ1冊を通して解明していくような事案ではなく、サスペンス・推理みたいな要素も無論あるはずもなく。
判明する事実に意外性なく、甘くラブい感じなども特になく。
まぁ、漫画としてはややこしさなく、美熟女らとのえっちを普通に楽しめる仕上がりであると思います。
目立つヒロインは何度か登場しているので、好みな方がいればより刺さるかもしれませんね。
個人的には…もう少しじっくり・ねっぷりするような…じんわり染みるようなエロス感が欲しかったです。
皆さんややガッツキ過ぎかな。
(それによるコメディー感も分かるんですけどね)

1話目は42歳医師「小石川菜々子」さん。
↓表紙左下の眼鏡な方です。
事故で気を失っていた「ソラオくん」
(※たぶん山から転げ落ち、温泉に落っこちて来た)
最初に接するのは、当然医師「菜々子さん」ですわね。
目覚めた彼に対する反応が年齢を感じさせるもので、いい感じ(笑)
結構な肉食っぷりで、ごくあっさり彼にえっち仕掛けていました。
…なんというか、早いなぁ。
いちおう彼担ぎ込まれたばかりの病人なのですが。

医師「小石川菜々子」、物資運送「メアリー」
※左:医師「小石川菜々子」、右:物資運送「メアリー」

美少年が担ぎ込まれた!
そんな噂はかなりなスピードでホテルないを巡ったらしく。
2話はセッ〇ス依存症な38歳「朝霞ルミ」、男性に貢いで借金抱えた36歳「沢口ひろみ」のWヒロイン回となっています。
どっちも男性絡みで、噂に飛びつくのも納得。
生活必需品、として「ひろみさん」が持ってきた女性モノの下着を切っ掛けとした展開。
もうちょっと地味目なデザインのはなかったのか(笑)
あ、そもそもえっち目的だったためかな。 
残念ながら、こちらの2人の目立つ出番は今回だけでした。
なお、事故から今回までが、たぶん1日での出来事です。
お疲れさまだ。

ホテルでの生活が始まる3話目。
生活する人は皆仕事に就いて(※オーナー「慶子さん」が雇う社員という位置づけ)おり。
人手が足りなかった、ボイラー室を担当する「直美」さんの下に「ソラオくん」は配属されたのでした。
「直美さん」は↓表紙で上に位置する、ショートカットな巨乳さん。
仕事がため情報伝達がなく、彼を女性だと勘違いしていた彼女。
彼の容姿がそれだけ中性的なんですね
これまで「ソラオくん」は”お手付きされる”というえっち展開でしたが。
今回は完全に双方合意なえっち展開で、ラブい雰囲気もありました。
職場が同じということも手伝って、漫画では意外にメインと限りなく近い存在になっています。

4、5話は直接繋がったエピソード。
料理担当の48歳「雪藤芳乃」さんがメインヒロインです。
↓表紙では右上の方。
実はオーナー「慶子さん」とは同級生という間柄です。
(※そうすると、「慶子さん」も48歳な可能性大)
共にお風呂へ入る(誘う)のが切っ掛け。
漫画では軽く描かれていましたが、なかなかヘビーな経歴の持ち主であり。
「ソラオくん」にお手付きしてしまうのも、それがためでしょう。
(しかし…ぜんぜん治ってないのね)
それを察した「慶子さん」が、医師「菜々子さん」とボイラー室の同僚「直美さん」らと共に現場を押さえる展開。
後半は複数えっちです。
1話から登場していたオーナー「慶子さん」も、ここでようやく折れ。
(※彼女は冒頭カラーページで最も早くばっちりとした全裸を描かれてる方です)
えっちに加わることとなります。
彼女の主役回みたいな感じですね。

正体がほぼ明かされ、記憶も戻り始める6、7話。 
その切っ掛けとなっているのは、物資運送の「メアリー」さんです。
↓表紙では右下の金髪女性。
前話のえっちは続いていたようで、髪を解いた「慶子さん」が見れます。
ストーリーとしては、ちょうどこちらが起承転結での「」となるエピソード。
3話の前フリも回収されます
詳しくは…内緒ね。

8話目は前話を受けて、最終エピソードへ一直線~、とはならず。
その前にひと休憩みたいな感じでした。
もうすぐハロウィンというということで、コスプレ(?)という雰囲気なのですが。
実態は、作中台詞そのままSM調なもの。
…衣装だけ、ですけどね。
えっち担当は「芳乃」・「慶子」の同級生コンビです。

オーナー「如月慶子」、料理担当「雪藤芳乃」
※左:オーナー「如月慶子」、右:料理担当「雪藤芳乃」

9、10話が最終エピソードです。
記憶が戻り、大団円かと思いきや。
故あって巧い事運ばず、回復祝いという名目にて複数えっち展開に。
参加者は、医師「菜々子」、ボイラー室「直美」、物資運送「メアリー」、料理担当「芳乃」、オーナー「慶子」という5名。
…察し良い方その通り。
↓表紙メンバーが大集合し、緊縛な複数えっちとなっていました。
おっぱい当ての部分が好き。(※特に「芳乃さん」当てるくだり)
目的が達せられる10話なのですが。
ここまでの彼女に目立つ、ポイントとなる言動が薄く。
また、2人の過去描写などもまったくないので…ようやくたどり着けた!という、カタルシスっぽいものがありません
どっちかと言うと、5話でのオーナー「慶子さん」との初えっちのが弾ける感じがありました。
うーん、ちょっと描写不足ではないかなぁ…。
8話目をハロウィンでなく、前フリ話とかにすれば良かったのではないかなぁ。
残念ながら容姿・キャラ的にもコレというポイントないので、喜ぶ「ソラオくん」に同調できませんでした

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「タカスギコウ」センセでした。
こちらのブログでは「Sweet Days」、「レディ・フローラル」を紹介しています。
今回は…やはり↓表紙ですね。
解説部分でも何度か取り上げていますが、あのパンチ力はなかなかのモノでした。
紹介帯の文言「熟女ハーレムへようこそ…」もピタっとハマっており、作品ともシンクロしており。
非常に高い完成度だと感じました
あとは、前述したようにオチですかねー。
それまでが良かっただけに、ちょっと残念でした。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット サスペンス コスプレ

■学園性処理活動 (千要よゆち)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●◎〇〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 下着、変態、複数、コメディー
・構成 : 5話収録(うち「ようこそ精搾部!!」×2、「しょーこれ!!」×3)
・おまけ: あとがき漫画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「千要よゆち(ちよう・よゆち)」センセの「学園性処理活動」です。

瓜河姉妹
※瓜河姉妹

 【 構成・絵柄 】

収録は大きく分けて2本のエピソード。
それぞれに繋がりはなく、全く異なる中編となっています。
詳しくは後述しますが。
うち1本は中途半端な終わり方となっているので、モヤモヤさせられることと思います。
そんなんが気になってしまう、ひでるさん似な方は要検討(笑)
漫画のジャンルとしてどちらにも相応しいのは、コメディーでしょうか。
特に後半収録のエピソードはその傾向強く、最終的にはラブコメちっくな色になってます。
プレイとしては複数ですね。
どちらも個性的で良いと思いますが、やや振り切れてる感もあったため、気を付けてください。

クッキリとした濃い線での作画。
黒色はぐっと強いものの、全体の色づきはあっさり目。
それもあってか、描き込みはちょうど良いくらいに感じました。
コマ割りはやや細かい印象で、枠間はだいたいあり。
あまりゴッチャリとした雰囲気はありません。
服装、特に下着はお話の中でメインとして描かれたりもしているのですが。
なんというか線画で、濃淡・質感には弱さがあり
背景はともかく、小物類もそんな感じです。
コレがため、”プラスなんちゃら分”を捨ててしまっているかもしれません。
ヒロインらは丸く広い輪郭で、各顔パーツは適度なバランス感覚
健康的なふっくらとしたスタイルで、良い肉付き具合でした。
成年漫画らしい、魅力的な絵になってます。
カラーはまた違う感じなのですが、判断についてはおおむね↓表紙で良いでしょう。
裏表紙にはカット絵もあるので、参考に良いと思います。

 【 収録話 】 5話収録

003:「ようこそ精搾部!!」 2話
転校してきた「浜良清次(はまら・せいじ)」
部室の看板”精搾部(せいさくぶ)”に気を取られていたところ。
偶然通りかかった副部長「朽仲音降(くちなか・ねぶり)」は入部希望者だと勘違い。
部長「奥乃院明(おくのいん・めい)」、同学年の「谷真夢奈(たにま・むな)」らに歓迎された彼は、ずるずる流されて入部テストを受けることとなってしまったのでした。
ごく簡単にはそんな導入部。

いわゆる部活漫画の1つ。
それが成年漫画テイストになっていて、えっち行為そのものが競技化しています。
こないだの「好きになったら一直線!/如月群真」のような感覚ですわね。
そちらが好みだったので、結構期待したんですが…結果的には肩透かしな印象でした
以下で説明させていただきます。

奥乃院明、谷真夢奈
※左:奥乃院明、右:谷真夢奈

①2話しかない。
収録は2話だけで、完結っぽい雰囲気はまるでなく。
…これ、今後も続くんでしょうか。
あとがきに言及なく、単行本の読者はほぼ放り投げられたような状態です。
非常に不親切だと感じました。
大会どうのという話も出ており、もし3話以降がないのであれば…某有名少年誌のように、ばっちん打ち切られたのかな、って考えちゃいますがね。
そもそも↓表紙・表題はこっちエピソード寄りなところ、収録比率は少ないというのは…。
やや酷いですよ。

②ストーリー冒頭までしか収録されてない。
前述のとおり2話だけなので、大会みたいな本試合は描かれてなく…。
また、登場した対戦相手らは平然と反則をしており(また見つからない)、”その上でも勝利した”という金太郎に対する熊のようになっていたものの。
実際の試合はどんなんなのか、分からぬままです。
そもそも、素質はあったとしても、勝利のため努力して自分自身を磨いていくくだりが、読者に共感を呼ぶものだと思いますが
そうした要素はなく、入部テスト→練習試合→ご褒美という一連の展開だけでした。

③メインヒロインが不明。
先の 「好きになったら一直線!」はペアを組むため、自然と正ヒロインが出来上がるのですが。
こちらは集団対決で、チームの3名はおおむね等しく描かれていて。
個人エピソードなどもなかったため、目を引くヒロインがいないのです。
最初に出会うのは副部長「音降さん」で、明らかに↓表紙にて目立っていたのは部長「明さん」と、バラバラでした。
(※ちなみに、裏表紙のカット絵は「音降さん」だけ)
ついでに言えば、対戦相手は個性が非常に弱く。
メインの眼鏡の娘以外はどんな顔をしていたのか印象がありません。

④そもそも試合ではチームの娘らとえっちできない。
仲間意識芽生え、チーム一丸となって…というのは日本人好きな展開だと思いますが。
試合でのえっち相手は他校チームの女子メンバーであり(詳しくは後述してます)、自チームの女性陣はもっぱら他の男子とえっちすることとなり。
相手が強ければ、それだけネトラレ感が強くなることと思います。
(※収録の練習試合では典型的なモブ男子だった)
それはソレで、好みに感じる読者はいるかもしれませんが、大多数の読者はそうした展開に引くと思いました

…そんな感じですね。
例えば次の単行本で3話から収録するかもしれませんが…多少ややこしさ(※ルールがあるからね)あるストーリーなので、キッチリと説明なければ乱暴な気がします。
また、先の4点がため、正直なところ続きを切望するほどのパワーは今の所なく
個人的には次のお話のが続きを読みたい感じでした。
いちおう、競技についてまとめましたので、こちらにも残しておきます。

 【 搾精とは 】

●大前提 相手男性を射◯させ、勃起不可能にしたら勝ち。

●基本ルール
・男性1名、女性3名で1チーム。
・男性は試合前1週間は“射◯禁止。
・制限時間は50分。
・敵味方の男性が勃起したら開始。逆に1分以内に出来なければ失格。
・勃起すれば何度出してもOK(たぶん)
・道具の使用は反則。

075:「しょーこれ!!~学校の階段編~」
119:「しょーこれ!!~ランジェリーショップ編~」
161:「しょーこれ!!~家庭訪問編~」
無表情で口数も少ない、教師「下木海斗(しもき・かいと)」
JKの下着が大好きでコレクションまでしており…。
それは、生徒から買い取っている噂までありました。
やつれていたその当人と出会った「瓜河春」は、階段でのパンチラを切っ掛けに~というお話。

変つーか、変態?

そう揶揄されている、らしくない教師「海斗くん」
いちおう”買い取る”ということで、相手に支払いをしており…。
(※3話目では、その枚数多いとはいえ「こんなに?」と金額に驚いています)
作中は緊急事態であーした行動になっていましたが、普段はいちおう冷静に事を運んでるみたい。
また、成年漫画の男子主人公のセオリーで”巧い”こともあってか、あんなんでも教職を続けられていました。
なにしろ、真面目設定な妹「瓜河冬子」さん(2話登場)も、あっさり篭絡されてましたからね。
案外あれで女生徒の支持は得ているのかもしれません。
舞台は女子校でしたが、逆に男子には嫌われそう。

漫画の視点はおおむね1話目のヒロイン「春さん」
妹「冬子さん」と違って垢抜けており、援交もしていて経験も少なくないみたい。
無理やりのえっち展開でしたが、それ以後は彼を気に掛けているような描写があります。
ううむ、女房気どりな勘違い女性とか多いかもね。

1話目は学校の階段が舞台。
あれ…上下に音バリバリ響いていそう。
他に生徒の姿はなく、「春さん」は鞄を背負って廊下歩き、友人からの電話に出ていることから察するに。
時間は放課後とかなのかな。
数日忙しかったらしい「海斗くん」はフラフラしており、階段で見えたパンチラに暴走。
いきなり顔を押し付けたりしていました。
なんというか、潔い変態っぷりで楽しい。
その際、「春さん」は友人からの電話に出ていたのですが。
電話の内容が重めで切り辛く、目前の対処もできず、されるがままになってしまう、非常に素晴らしいシチュエーションです。
ちらほらAVで見かけるようなネタですわ。
いちおう下着がメインではあるものの、”染み付き”というこだわりもあるらしく。
匂いや感触を堪能するだけでなく、直接行為にまで及んでしまうのでした。
彼にとっては緊急事態(コレクション堪能できない日々だったらしい)ということもあり、まったく躊躇ないのが凄い。
どんな教師だ

「瓜河春」、妹「瓜河冬子」
※左:姉「瓜河春」、右:妹「瓜河冬子」

2話目は下着売り場。
とても教師とは思えない趣味ですね
とは、現場で鉢合わせた「冬子さん」の台詞なのですが。
あれは…店員から通報されそうなレベルでしたよ。
眼鏡な真面目キャラである「冬子さん」とのやり取り。
彼女の視野を広げるとか、正すとかそんな意識は…ないか。
単に下着が欲しかったんでしょうね。
話そこそこに、さっそく下着に手を伸ばしていました。
彼女にも結局えっち仕掛けてるんですが、「本意じゃない」ということを言っており。
行為はあくまでも好みの下着とするためのようです。
オチ付近では、意外な才を見せております。
…分かるんだ。

3話目は瓜河姉妹の家を訪問するお話。
察しの良い方そのとおり。
こうしたWヒロインものの3話目は、複数展開がセオリーですよね。
いちおう以前そのままな態度の姉「春さん」に対し、妹「冬子さん」はウェルカム状態で。
姉妹対決えっちのようになっていました。
ちなみに、裏表紙は妹「冬子さん」
姉よりも巨乳で、こちらのラブラブな態度がキュートでした。
うん、野郎の都合いい存在にならないよう気を付けてね。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「千要よゆち」センセでした。
ブログでは「ミダレはじめたカラダ」、「輪姦学園 敗北者達は淫れ舞う」、「頭の中はいつも卑猥妄想中」、「制服の奥の気持ちいいトコ」などを紹介しています。
これが7冊目(別名義含め)くらいになるのかな。

前述しましたが。
個人的に好きなジャンルで、冒頭では前のめりになっていたのですけれど。
うーん、もし3話以降が収録された単行本出ても、次はトキメかないかなぁ。
やはりチームの女子らと試合ではえっちできない設定は痛い
また、せっかく競技化しているのだから、大勢観客いる中で~みたいな、本来とは真逆な感じがあれば良かったなぁ。
搾精部知らない彼を非常識だとする場面は良かったんですけどね。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ

■ラブホール (陽気婢)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] コメディーラブコメファンタジー、漫画業界
・構成 : カラー(4P)、9話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陽気婢(ようきひ)」センセの「ラブホール 1巻」です。

義妹「祥子ちゃん」と「由香さん」、「上田セリ」
※左:義妹「祥子ちゃん」と「由香さん」、右:「上田セリ」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編です。
コメディー色の強い、はっちゃけストーリー漫画ですわね。
1話あたり、16~24ページというのが9話分。
やや薄い印象がありましたが、これは単にひでるさんの普通の感覚が成年単行本なためかも。
現在は、15話くらいまで続いているみたいでした。
2巻の発売もそう遠いことではないかもしれません。

おおむねコメディー系なラブコメ漫画。
一般のえっち系で、限りなく直接行為っぽいシーンが毎回登場しています。
まぁ、そもそもメインヒロインがオナホの精霊みたいな感じですからね。
ヌード画は頻繁で、登場女性らはキッチリ脱がされており。
期待して手に取った方を間違いなく満足させるだろうものになっていました。
ファンタジー要素あり、はっちゃけてはいたものの振り切れ過ぎることはなく(たぶん)
また、漫画業界にも触れられていて、センセ得意そうな要素が詰まった作品となってます。
オススメです。

やわらかな細線での作画。
どちらかというと淡い色彩で、描き込みもそう細かくはない印象です。
全体の色づきは良く、目立つ乱れ・崩れもありません。
コマ割りはやや細かさあり、収まり良く。
丁寧で見易い原稿となっていました。
なんというか派手過ぎない、独特な間尺での表現が特徴。
それが漫画全体を”らしい”、特徴的な空気感としています。
他には見られないモノです。
だいたいはタレ目で細身な人物画。
ちょっとしたバランス変化での年齢表現が見事です。
基本的には可愛らしいものなのですが、ちゃんと年相応に見えます。
表情やバランス感覚もよく、引っ掛かるようなところはありません。
カラーより白黒画のが断然良いので、判断については紹介帯カット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

初めてオナホを購入した「ケイト」こと「平嶺啓人」
そちらから”オナホの仙女”だと言う「ヌッコ」が出現したのです。
悪いヤツの魔法でこの姿になっちゃったの
そんな彼女を元の姿に戻すためには、
”その間誰ともエッチせずに1千回オナらなければならない”
のでした。
現在は特定の彼女がいない「ケイト」でしたが、その周囲には共に暮らす義母「由香」、義妹「祥子」ほか魅力的な女性らが多く…。
果たして、「ヌッコ」を無事に元の姿に戻せるんでしょうか!?
大雑把ですが、おおむねそんなお話。

ファンタジー色のあるラブコメ漫画です。
今のところ恋愛ちっくな色はあまりなく、ネタはコメディー寄り。
メインの物がモノだけに、えっち描写(実は全て単独行為なのですが)は頻繁でした。
紹介帯には「完全版でリリース」とあり、連載追っかけていた方も購入の価値アリだと思われます。
主要キャラは、ほぼ女性。
ハーレムっぽい雰囲気もあり、「ケイトくん」以外の男性と言えば、彼の父親、編集部の方ほかモブの男性がちらりという程度。
(※実際にはまだいますが)
そのほとんどのサービスカットが見れるので、ご期待ください。

そうした中、メインヒロインはオナホの仙女「ヌッコさん」なのですが。
彼女は謎の多いファンタジーな存在で、今後もお話の核となっていくことと思われます。
ブログ書くにあたり、まとめてみましたのでこちらにも残しておきますね。

オナホの仙女「ヌッコ」
※オナホの仙女「ヌッコ」



 【 オナホの仙女「ヌッコ」 まとめ 】

・いちおう、姿は全員に見える様子。
・顔と手足があって自由に動きまわれ、普通に会話もできる。
・結構な跳躍力があるなど身体能力は高いらしく、階段も勝手に下りたりもしている。
 5話では走った彼女に「ケイトくん」が追いつけなかったですね。(体格差あるにも関わらず)

・PCのモニタ、携帯画面、果ては鏡や窓ガラスなどに映るものを操作できる。
 気持ちよくなるとコントロールできなくなる、とのこと(2話)
・認識した人を画面では正確に再現できるらしく、編集「沢木さん」の秘密を発見している。
 (※所々はっきりしない、こともあるらしい)
・PC・携帯などの画面から、ネットワークを介しての移動ができる。
・そうした能力を使うと、なんらか消耗しているらしい.
・30時間えっちなかった際(7話)には、禁断症状で「干からびる~」と弱っていた。

・特殊な仕様で、メンテフリー。「軽く洗ってもらうだけでOK」らしい。
・えっちな絵を春宮画(しゅんぐうが:古代中国での呼称)と、あまり聞き慣れない呼び方をしていた。
 「時代は変われど~」という発言もあり、中国系で時代を超えてるのか?
・「経験的にも~」という発言があり、姿そのままある程度の経験値がある様子。




それでは各話について簡単に。
カラー原稿から始まる1話目。
ぶち抜きで登場したのは、義母「由香さん」でした。
センセお得意な雰囲気の可愛らしい人妻で、メインヒロインでも不思議でない雰囲気。
そう大きくはないのですが、冒頭絵ではバストをダンボールに乗せてました。
ああした際、真っ最中に止められるのはお約束か。
「ケイトくん」がいかに誤魔化すのか、お楽しみに。
後半にはちょうど「由香さん」を若返らせたような、義妹「祥子ちゃん」が登場しています。 
ちなみに。
カラー原稿にあったQRコードはちゃんと機能するもので。
試してみたところ、「さんでーうぇぶり」に接続されましたよー。

完全変態した「ヌッコさん」との2話目。
こちらでは、なにゆえ「ケイトくん」がそんなモノを通販したのか、描かれておりました。
再婚後まもなく海外出張となってしまった父親との場面なのですが。
ここが非常に面白い。
熟女物に近親相姦ばっかじゃん!!」とか言われていました。
実の父親に、なかなか恥ずかしいわね。
こちらは前話と同じ日で、夜の風景。
義妹「祥子ちゃん」との関係もそう悪くはないみたい。
こちらのプレイはお風呂場にて。
鏡に姿を映しているんですが、「ヌッコさん」が姿を変えるのはこちらから。
確かに「それヤバイ!!」ですわね。
後半ではようやく落ち着き、彼女からお願いということで説明がありました。
悪いヤツの魔法~ってのは胡散臭いなぁ。
実際はどうなんでしょうね。

「ケイトくん」が漫画家志望であることが描かれる3話。
どうやら「ヌッコさん」が登場してから4日目であるようです。
23回ってーのは、さすがに若いですねー(笑)
彼は単に漫画家志望というだけでなく、有名漫画家「暗黒童帝」のアシスタントをしっかりやっていました。
自画像はいかにも、という太目なおっさんで、喋りは関西弁。
こちらでは「ヌッコさん」がネットワークを介して移動する様が描かれており。
漫画家「暗黒童帝」の正体についても、彼女が突き止めていました。
こうした漫画なので…だいたい分かりますよね??
そのうち「ケイトくん」と直接やり取りあるかな。

4、5話は初の前後編。
義妹「祥子ちゃん」の学校風景が差し込まれ、その流れで クラスメイト「上田セリ」さんが初登場しています。
ショートカットの中性的美人さん。
漫画家アシスタントという「ケイトくん」に興味を持ち、
お兄さんの秘密暴いてやるから!!
とかなんとか、結構強引な手段を用いておりました。
男性向け雑誌も読んでいるらしく、なかなか手強い印象です。
実際、彼女がためにひと騒動となるのが、こちらのエピソード。
特に前半のラストから後編の冒頭あたりでの、慌てる「ケイトくん」に注目です。
「ヌッコさん」が完全に外に出たのはこちらが初めて。
そのため、後半ではらしい展開となっていました。

ひと落ち着きした6話では、基本に戻って(?)義母「由香さん」とのアレコレ。
なんとなくですが。
現在の「ケイトくん」的に、もっとも気になってるのは彼女かなぁ、って思いました。
(※実の母親がどうなったのか、今の所は不明です)
「由香さん」としては、だいぶ心を開いているらしく。
中盤あたりでは、湿布薬どうのというくだりでドキっとするシーンがあり…あんなんだと、「ケイトくん」が消耗するのも当然か(笑)
2話冒頭でも普通に同居望んでいた(これは「祥子ちゃん」も)ようです。

7話の冒頭1ページ目は、漫画内漫画です。
「ケイトくん」の原稿なのですが…姉弟モノなんだ。
指摘されていたそのまま、「祥子ちゃん」と激似だったので、当初は何が起こったのかと驚きました。
3話ぶりに漫画家「暗黒童帝」が再登場。
自らの原稿、アシスタント作業、さらには「セリさん」が家に訪ねてくる~という、「ケイトくん」最大のピンチという回です。
彼の多忙さがため、「ヌッコさん」にとってもピンチ回でした。
なお、妄想画面は「祥子ちゃん」だったので、お楽しみに。
さて、こちらの回がため。
自らの原稿は2日遅れて完成となり、8話目では快楽王の編集「沢木比呂美」とのやり取りが描かれています。
反応は上々で、そのうちデビューできそうな雰囲気でした。

義母「由香さん」
※義母「由香さん」

収録でのラスト9話目は「由香」・「祥子」の2人がショッピングに出掛けるというもの。
1人留守番の「ケイトくん」です。
まぁ、女二人の買い物に付き合って、楽しめないだろうなぁ。
(それぞれとの距離感も微妙なのだし)
さて、”1人留守番”ではあるものの、「ヌッコさん」がおり。
ここぞとばかり、楽しもうという流れです。
まぁ、実はソレだけではないので、ご期待ください。
オチはなかなかのパンチ力でしたよー

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「陽気婢」センセでした。
個人的には…なんだか久しぶり。
ブログでも紹介していた「眠れる惑星」以来かもしれません。
いやぁ、さすがにお上手でした
一気に読み終わりましたよ。
ああしたモノの擬人化というのは、他でもちらほら見ましたが…。
おそらく、画面操作ができる、ってのは最大のポイントですかね。
姿変えれるのも大きく、あれだけ作中ヒロインのヌードが描かれてるにも関わらず、直接行為は1回もないという(笑)
2巻以降どうなっていくのか、楽しみです。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ショートカット ファンタジー

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ