FC2ブログ

■色は匂へど… (utu)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉さん、むちむち
・構成 : カラー(8P)、短編×12話収録(うち「一輝くんシリーズ」×2、「撮影隊シリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、作品解説、一部描き下ろし「発情恋愛」、
      カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「utu(うつ)」センセの「色は匂へど…」です。

未亡人「桜さん」
※未亡人「桜さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
各エピソードのうち、2本(2話づつ、合計4話)は同一世界な漫画となっています
一方がそのうち1人をピックアップした完全な別話(その1名以外は顔を見せない)であるのに対し、もう一方は時間・場所が近く、長期の連続モノ(の一部)みたいな雰囲気。
それ以外は短編ですね。
ジャンルとしては、そうコメディーちっくではないラブコメ。
変なペカペカとした明るさなく、ブラックな色はごく薄く。
読後感の良い仕上がりです
エロスと共にお話も軽視されておらず、短くともしっかりした漫画群でした。
高い完成度です。
ただ、個人的には、正直もうワンパンチ欲しい気もします。
コレというネタというか、フェチっぽい色というか…。

さらりとした曲線での作画。
全体の色づき、濃淡具合はそこそこ。
描き込み具合も過不足ないくらい。
コマ割りはかなり細かめで、枠間ないことも多く。
かなり賑やかな仕上がりです。
それでもコッテリしていないのは、丁寧で綺麗にまとまっているためでしょう。
また、ぱっと瞬時で訴えてくるような迫力があり。
配置・バランスなど、ちょっとした点を気にさせません。
頬のある幅広な輪郭と、クリっとした目が特徴。
スタイルはむちむちっと肉感的でした
お尻が魅力的でしたよ。
全てカラーなんですが、↓表紙・裏表紙より紹介帯裏のカラー・カット絵のが判断し易いと思います。

 【 収録話 】 12話収録

003:「発情恋愛」 カラー原稿 一部描き下ろし
カラー6ページのショート。
浜辺で「瞳」さんにサンオイルを塗っていたところ…という切っ掛け。
そのまま普通にえっち発展していましたが、発見されてもう1戦という流れ。
短いながら2シチュエーションというのは珍しいですね。

009:「DTとSF」
027:「さらわれごごち」
先輩「一輝」に誘われた童貞の「小池」
SFや、SFぅ~~♪
そんなことを言っていたところ、憧れていた「美晴」さんの住むアパートに到着したのでした。

そう、タイトルのSFはセフレの意味。
となると、DTの意味も分かりますわねー。
物流倉庫勤めで、さっぱりとした美人の「美晴さん」
個人的な感覚ですが、セオリーのこうした女性キャラと比べてだいぶ可愛らしい雰囲気でした。
えっち時は無論のことですけどね。
めでたく憧れの女性と初体験に至っておりました。
先輩に感謝

…で。
その先輩「一輝くん」が再登場するのが、次のエピソード「さらわれごごち」
公園で家出少女を発見した「一輝くん」
野宿は物騒だと、その女の子「希世」を家に連れ帰るのでした。
この懐の広さが「ぎょーさんSFおって…」に繋がるのでしょう。
訳アリな「希世ちゃん」は以後居つくこととなるのですが…という流れです。

ただ、宿泊はさせるものの、ずっと手を出してないんですね。
成年漫画でちょっと意外でしたが…まあ、だから女性も警戒心を解いちゃうのかな。
そんな彼がお手付きするのは、数日後に問題可決して、彼女が出ていく最終日の夜。
その頃はもう「希世ちゃん」も好意をもっており、事はスムーズでした。
男性自身を見る際のコマが好き。
また、オチが非常に良い感じでしたよ。
ああしてSF増やすのかな。

物流倉庫「美晴さん」、家出娘「希世ちゃん」
※左:物流倉庫「美晴さん」、右:家出娘「希世ちゃん」

045:「愛してッ!シスター」
たまに台詞の端にカタカナが混じる、シスター「ケイト」とのお話。
修道服からも分かるムチムチなスタイルで、「相田」は良からぬ事(笑)を考えていたんですが。
そんな彼をまったく誤解した彼女は、悩みを聞くべく告解部屋へと連れていくのでした。
あの懺悔したりする部屋(?…でいいんですよね)は告解部屋(こっかい・べや)と言うんですね。
知らなかった。
「ケイトさん」のあのむちむち具合は罪深いなぁ。
悩ましい。
告白は空振りしたものの、処理のお手伝いということでえっち発展。
ここで書くのは勿体ないので伏せますが。
その修道服の下にはトンデモな光景が待っているので、お楽しみに。
えろいなぁ。
オチもまたビックリすると思います。

063:「サクラ・トイキ」
交通事故で兄は亡くなり。
未亡人となってしまった「桜」が心配で、弟「健次」は2人の家に通うようになっていたのでした。
「桜さん」はワンピースの似合う、穏やかな美人。
ああ、あのビジュアルは男性陣好きになるだろうなぁ。
ただし、いちおう義姉であり。
このなかなか難しい関係をひっくり返すのは、突然の雨でスケスケになってしまった「桜さん」が原因。
ああ、この人天然無防備っぽいから。
えっちへの流れは、お兄ちゃんの存在がため…実にいい感じ(笑)でした。
また、後半には喪服(黒和服)でのプレイとなっていて、お好きな方を直撃するものです。
この2人がどんなんになるか、お楽しみに。

083:「桃御の大きな樹の下で」
昭和初期のお話。
「清文」は”桃御(とうみ)”という2つの集落を分けるような場所まで犬の散歩していたんですが。
そこで大人びた少女「椿」に会うようになっていたのでした。
いわゆる、古い風習~みたいなエピソード。
察しの良い方、そのとおり。
和服の似合う、可愛らしい「椿さん」は色街の女性だったのです。
短編なため、ややこしい事なく。
どっちかというと、爽やかさもあるエピソードになっていました。
こうしたネタにしては、珍しく暗さはありません。
オチ前で「椿さん」の台詞にぐっとくると思います。

103:「クリーニングのいたずら仕立て」
クリーニング店の人妻「明美」さんと学生「良太」くんのエピソード。
あれは…ちょっと恥ずかしいわね。
まぁ、若い証拠なんでしょうけど。
(中年がやったら変態呼ばわりされるぞ)
彼女はむちむちっとしたスタイルで、ジーパンのお尻が魅力的
もっとお尻アップのカット増やしても良いと思う(笑)
絵的にそう若い感じなく、極端に色気あるんでもなく、ちょっと綺麗めな奥様という風情。
すこぶる良くないスタイル(←褒め言葉ね)がまた、リアルで非常に良い感じです
これ刺さる人多いのでは。

121:「いっしょにサイエンス」
”実験のためなら手段を選ばないマッドサイエンティスト”
そう呼ばれる、学園で有名な才女「足立恵理」に捕まった1年生「木林勇人」
ラグビー部志望だった彼の体に関心した彼女は、無理矢理に科学部へ入部させたのでした。
成年漫画でお馴染み、研究好きな女子ネタ。
特に白衣とか着ないんですね。
髪の毛長く、スタイルも良く。
喋りはソレっぽいものの、他は普通に美人でした。
なぜか精液を大量に欲しており、いきなり冒頭ではお口プレイでしたが。
中盤からのえっち発展もスムーズ。
あっさりとしたオチが意外。
まぁ、短編なので、これで問題ないと思いますが…もっとはっちゃけてても良いと思いました。

139:「トイレに女神さま」
大学でいわゆる”便所飯”をしていた「林」
どうやら、隣の個室でも同様に便所飯をしているらしい事に気付き。
思い切って、声をかけてみたところ。
その個室にいたのは…なんと、女子だったのです。
そんな訳で、影の薄い男子と、恥ずかしがり屋で人目を避けるな女子「青木志穂」のカップル。
同じ抗議受けてる筈なのに、どこにいるか分からないというコマが好き。
全然可愛いけどなぁ。
しかし、出て来たのが女の子で良かったねー。
いちおう、なにゆえ女子な彼女が男子トイレにいたのか書かれていましたが。
内気な割に大胆な。
まぁ、でもまさにタイトル通りではあるのか。
そうした2人なので、当然ながらトイレ内えっちです。
寒いのにタイツ穿いてこない彼女が可愛い。
ただし、男子の半分くらいしは着用してた方が喜ぶと思うよ。

159:「おもいでひいろ」
父が亡くなり家を継いだ兄「修平」から連絡あり、3年振りに帰郷した弟「英雄」
”今度結婚する”という女性を紹介されたのですが。
その相手「久実香」とはよく遊んだことがあったのです。
夜、酒に酔っていた彼女は、兄と勘違いして…という流れ。
昔馴染みのああしたエロい姿は刺さるだろうなぁ。
なんのかんの言いつつも、あっさり流されておりました。
あるいは、もしや…って思っていたら、案の定みたい。
今後はまたどっかタイミングでひと波乱ありそう

クリーニング店「明美さん」、マネージャー「真希さん」
※左:クリーニング店「明美さん」、右:マネージャー「真希さん」

175:「ギヨクとミワク」
193:「ふたりのオモチャ」
無人島へ撮影に来ていた「梶原」
アイドルらのマネージャー「真希」と不意に洞窟へと落ちてしまったのでした。
遭難ネタですね。
マネージャー時は眼鏡着用でしたが、プライベートだったらしいその時は裸眼でビキニ姿。
もともとタレント志望だったのかな。
大人しい雰囲気の美人でした
担当の女の子らより、男色家だと勘違いさせられてる様が可愛い。
脱出とかなんとか置いといて、とりあえずえっちに流れておりました。
もともと好意もあったためか、なかなか大胆ね。

実は続く「ふたりのオモチャ」も同世界のエピソード。
アイドルの女の子らにお仕置きされる、カメラアシスタント「佐藤」くんという構図。
こちらの彼が、「梶原」の男色相手だとされてたんですね。
(※ちなみに、「梶原」・「真希」のカップルも顔を出してます)
実は、その「真希」が好きだったという彼を慰める…ではなく。
本編の台詞は、
女性なんて見るのも嫌だと思えるぐらいのトラウマ~」
と、そんなえっち発展。
いちおうアイドルらしい「優樹」・「琴音」との複数えっちです。
ただ、容姿・女性力など先の「真希さん」のが上回っていて。
さして羨ましく感じないのが凄い(笑)

 【 その他 】

以上、本日は「utu」センセでした。
当ブログでは「発情コンプレックス」を紹介しています。
こちらが2冊目。
良い出来栄えでした。
あとがきにもありましたが、職業色々って感じですねー。
物流倉庫の「美晴さん」、クリーニング店の「明美さん」が好き。
ああした、色気満々…ではない、”どこかに居そうな年上女性”な漫画が良いのではないでしょうか。
2本の同一世界な漫画も個人的にはすこぶる好み。
「一輝くん」は2話目で株を上げましたかね。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

関連記事

tag : ラブコメ コメディー

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ