FC2ブログ

■少女のいろは (しのぎ鋭介)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 幽霊、ファンタジー、触手
・構成 : カラー(6P)、短編×7話
      (うち「幽玄温泉奇談」×4)
・おまけ: あとがき、合間に作品解説。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しのぎ鋭介(しのぎ・えいすけ)」センセの「少女のいろは」です。

聖、蒔絵・翡翠姫
※左:聖、右:蒔絵・翡翠姫

 【 構成・絵柄 】

メインのシリーズが中心で、ページ構成では短編と半々くらい。
連続話は同キャラの別エピソードという風情。
シリーズのうち前後編以外は直接の繋がりなく、設定を引き継ぐくらいでした。
これらが極端にファンタジーなお話。
若干程度ですが、バトルっぽいところもあります。
短編はちょっとシリアスなものが多め
そんな訳で、収録エピソードは独特で、全体も変化球なものとなってました。
また、短編のうち1話は前単行本シリーズの後日談。
知らなくとも楽しめるようになってますが、やっぱり知ってる方がいいでしょう。
ぶっちゃけ、今回収録の中では…やっぱりソレかなー、って思いましたので。

強めでしっかりとした線の絵柄。
黒は強いものの、全体の色づきは普通くらい。
描き込みは不足感のない程度で、ちょうど良い感じです。
目立つような乱れ・崩れもなく、安定した作画でした。
見易くて良いですね。
ただ、そのスッキリとしたところは、マイナスにも作用しており
単行本のメイン(?)でもある触手シーンが、あっさり気味なのです。
個人的には、もっとぐちょぐちょ・ぬるぬる・にゅらにゅらしていて欲しいのですよ。
ヒロインはふっくらとした、可愛いもの。
極端な巨乳というのでなく、酔い肉付き具合でむちっとしていました。
表情もよく描かれていて、表現としても引っ掛かるところなく。
漫画としても特に問題はありません。
カラーでもそう変化はないので、判断は↓表紙か、カット絵のある裏表紙でどうぞ。

 【 収録話 】 7話収録

005:「幽玄温泉奇談」
031:「幽玄祓魔奇談」
0057:「幽玄神降奇談」 前後編
幽霊なヒロイン「蒔絵」さんとのシリーズもの。
それぞれ独立した漫画として楽しめるようになってます。
雑誌掲載のためかな。
最終回は訳あって未掲載だったそうですが、詳細は不明。
触手かな?
2話目くらいから、ちょっとファンタジーな色も出てます。

切っ掛けとなる「幽玄温泉奇談」
営業の帰り道、車が故障してしまった主人公。
夜で周囲は吹雪いており、難儀していたところ、古い温泉旅館を発見したのでした。
彼も霊感あるんだろうなぁ。
通された部屋の御札を見事に発見していました。
うわー、ここ泊りたくないなー
背景の雰囲気を見る限り、ここで実際に1人きりというのは相当に怖く不安だと思います。
そんな不安さをふっ飛ばすヒロイン「蒔絵さん」との出会いは温泉。
温泉旅館が舞台ですからね。
あの、風呂から上がる際の“丸見え3コマ”が好き。
振り返ってほほ笑んだりしていて。
惚れます。
えっちはその場でなく、出た後の彼の部屋にて。
流れとしては基本的なものでした。
正直なところ、もうひとパンチ欲しかったかな。

続く「幽玄祓魔奇談」はその「蒔絵さん」と同居している風景。
前回気に入られたことで、付いて来ちゃったんですね。
本編での説明からすれば、立派に取り憑かれているだけのようでしたが。
頻繁にえっちもしており、グッタリしていた彼の異変に気付いたのが、神社の娘で昔馴染みな「聖」だったのです。
「聖ちゃん」がお祓いをする、この手の話ではありがちなお話。
なぜか身近にそういう事できる人がいるんですよねー。
今お父さん居なくて私1人だけど、大丈夫!
とか言ってました。
本来ならばお父さんがお祓いするんだろうなぁ。
力はあるようでしたが、「蒔絵さん」は余裕の対応でしたよ。
えっちは巫女姿な「聖ちゃん」と。
「蒔絵さん」も憑依しており、同じ姿ながら2タイプのえっちが楽しめます。
その体験もあってか、次のエピソードでは普通に認識できるようになったみたいですが、彼女はハッキリ見えないくらいのが面白かったのでは。

前後編の「幽玄神降奇談」はさらにファンタジーちっくなネタになってます。
「蒔絵さん」を現在の状況にした張本人、「翡翠姫(ひすいひめ)」という新キャラが登場。
自らの元から逃げた「蒔絵さん」を取り戻すべく、水妖「ヒルコ」を使うのでした。
収録でも派手な触手えっちが描かれ、その対象となるのも複数ヒロインという、ラストに相応しい盛り上がりあるもの
表紙を開いた中扉のカラーがそんなんだったので、まさかとは思いましたが…。
「少女のいろは」なんて可愛らしいタイトルの単行本で、こんな触手えっちが見れるとは(笑)
しかも、前後編でたっぷり楽しめるようになってましたよ。
前編では、あれから彼の家に通うようになっていた「聖ちゃん」とのえっちも描かれてます。
ラブラブですね。
後編では「蒔絵さん」を助けようとした「聖ちゃん」も触手に絡め取られでいました。
お兄ちゃん以外はだめなのっ…
とかなんとか、また可愛らしいことを言ってたので必見。
オチはどうなるのかなーって思ってましたが、成年漫画らしい決着となっていました。
現時点で「翡翠姫」のキャラがいまいち強くないのが残念。
どうせならもっとロリっぽくても良かったかも。
あるいは、後日談とかで描かれるのもいいのでは(笑)

学級委員長「宮代紗香」、妹「美和」
※左:学級委員長「宮代紗香」、右:妹「美和」

117:「委員長のあいさつ」 カラー原稿あり
むちむちっとした、学級委員長「宮代紗香」さんの全裸から始まるこちら。
単行本「委員長の恋人」のメインシリーズ後日談でした。
相変わらずの三角目が可愛いですね。
シリアスな単行本にて、口直し的なラブラブ話となっています。
別単行本からの続きモノではありますが、特に予備知識なくとも楽しめるでしょう。
制服姿もふっくらで、肉付きよい「紗香さん」
彼氏「小早川くん」の部屋に始めて上がり、そちらでのえっち展開です。
服を脱いでもらう際、わざわざ靴下を残すのはマニアック(笑)
照れる「紗香さん」をお楽しみください。
また定期的にこの2人を追いかけてほしいですね。

143:「不揃いのパズル」
受験がため兄のアパートに泊ることとなった妹「美和」
小さい頃に父が連れて来た彼女に慕われていたものの。
兄は日に日に女らしくなる「美和」を妹として見ることができなくなり。
進学と共に家を出ていたのでした。

そんな訳で、血の繋がらない妹との近親話。
ラブラブですがコメはなく。
シリアスなストーリーです。
途中で兄がもともと付き合っていたらしい「妙子」という女性が登場していましたが。
前後編くらいならば、彼女とのエピソードが描かれたかな。
登場は少しだけでしたが、なんとなく心に残りました。
重要な役回りでしたよ。
軽くはないものの、重すぎることはなく。
オチは希望のある爽やかなものでした。

メイド「喜和子」
※メイド「喜和子」

167:「闇月の女神」
こちらはお坊ちゃんとメイドのお話。
収録されたお話では真っ黒で、微妙な後味テイストです。
単行本ではラストに位置していたので、そんなん苦手な方は読み順に気をつけて。

名家の息子「吉継」とごく親しいメイド「喜和子」
しかし、彼女は小さい頃より娼婦たるべき調教を受けており。
当然ながら、その主人(※「吉継」の父親)にもお手付きされていたのでした。
そんな彼女と、仲の良い息子に不安を感じ…というもの。
「喜和子さん」が屋敷に迎えられる際の光景がエグイですね。
彼女のしれっとした視線が恐ろしいです。
「吉継くん」と一緒の際の姿が真実だと信じたいですが…どうでしょう。
使用人らも一様に警戒していたので。
ただ、彼も冒頭の穏やかな雰囲気とはまた違う顔を見せていましたけどね。
蔵でのアレが切っ掛けになったのかな。
ちなみに、政略結婚相手の御令嬢がキュートでした。

 【 その他 】

そんなこんなで「しのぎ鋭介」センセでした。
当ブログでは「シスプレ」、「揺れる濡れる」、こちらでも収録されてた委員長「紗香さん」の「委員長の恋人」…と紹介しております。
こちらが4冊目で良いみたい。
センセのブログでは、“そろそろラブコメ成分が恋しい”と書かれてました。
確かに今回は少なかったですね。
次巻はもうちょっとラブい感じになるのかな。

少女のいろは (MUJIN COMICS)少女のいろは (MUJIN COMICS)
(2013/10/11)
しのぎ鋭介

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ファンタジー ラブコメ

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ