FC2ブログ

■ももいろデイドリーム (Dr.P)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] ラブコメ、お尻、貧乳
・構成 : 短編×9話+おまけ
     (※全て同一世界でのお話)
・おまけ: あとがき、カバー裏にネタ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Dr.P(どくたー・ぴぃ)」センセの「ももいろデイドリーム」です。

春日桃子
※春日桃子

 【 構成・絵柄 】

↓下記にリンク並べてますが。
ひでるさんはこちらの「Dr.P」センセのファンなので。
評価には、無意識にそんなんが含まれることと思います
これはどうにもなりません。
そのあたりを踏まえて見ていただきますよう、宜しくお願い致します。
でも、間違いなく良い出来栄えですよ、ええ。

同じヒロインが2話ほど担当している例外はありましたが、形としては全て短編での収録。
1話完結のタイプですね。
ただ、収録の各話は全て同一世界でのエピソードとなっており。
他のお話でもちらほらゲスト出演をしております。
その登場っぷりも、ちらと顔を見せている程度から、お話のポイントになっているケースまで様々。
どこに誰が出演しているのか。
誰と誰がどういった知り合いなのか。
一度普通に読み進めた後、そうした点を頭に入れることによって、より世界観が広がっていくのです。
集団キャラが登場するの長編みたいな風情ですよ。
巻末にはおまけで4コマが収録されているんですが、そちらでのキャラ同士の掛け合いも見事でした。

なお、ジャンルとしてはラブコメ
そのどっちも強いタイプです。
各話に必ず直接シーンのある、一般のえっち系。
フェチ要素があり、マーク無しでも十二分に楽しめるでしょう
ちなみに、バストよりお尻好きな方にオススメです。

しっかり丁寧な線の絵柄。
濃淡・描き込みは過不足なく、ちょうど良いくらい。
安定感あり、どちらかというとさっぱりしてますかね。
コマ割りなど結構複雑なページもありますが、見辛さはありません。
黒は強めなものの黒々した個所はなく、目に優しい原稿です。
キャラは幅広い輪郭の漫画ちっくな可愛らしさ。
比較的、横にふっくらとしたスタイルですね。
そうバストは大きくないものの、腰回りから太ももにかけてはむちっと肉付き良く。
特に着衣ありでのお尻アップ絵は、かなりの破壊力があります
店頭では裏表紙とか紹介帯を見てみて。
コメディー色が強く、崩し絵など表情は豊か。
漫画表現とかバランス感でも引っ掛かるところありません。
テンポ良く読めるでしょう。
判断については、おおむね↓表紙などのカラー絵で良いんですが。
白黒のが味わい深いので、いくらかプラス評価で良いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

そんな訳で、前述したように全て同じ世界でのエピソードです。
登場人物たちはそれぞれなんらかの関係があり。
その縁をもって、他のお話にゲストしておりました。
概ね、前話のどっかしらに顔を見せていたキャラが次の主役となってるみたい。
(そうでないのもある)
ひでるさんはそうした各キャラの関係について調べていくのが好きなので、今回もやってみました。

◆「ももいろデイドリーム」 登場人物 関係一覧◆

※括弧の数字は登場回。
 線で繋がっているのがカップルです。

 ■■ 商店街 ■■
●flower shop
店長代理:「日下椿」-[3]-「野宮丈」
   店員:「春日桃子」-[1、2]-「西村涼介」
   店員:「黒田桂」
 常連客:「稲葉小栗」
 
●野宮酒店
 店員:「野宮梅子」-[5]-「雅史」
  客:「ジニア・サヴァラン」
  
●ケーキ店
 店員:「黒田桂」
  客:「野宮梅子」

●ネコカフェ
 店員:「黒田桂」
  客:「藤木」

●Cafe
 店員:「黒田桂」

 ■■ 大学 ■■
講師:「八里蓬」-[9]-「芦津修太郎」
留学生:「ジニア・サヴァラン」-[7]-「元谷洋貴」
学生:「西村涼介」

●演劇部
 「辰川侠二」-[6]-「小野崎茜」
役者:「黒田桂」-[8]-「白木巧」
新人:「稲葉小栗」-[4]-脚本:「藤木」

 ■■ その他 ■■
●家族
姉:「野宮梅子」
弟:「野宮丈」

●学生時代・友人[過去]
 「野宮梅子」
 「日下椿」

●飲み仲間[現在]
 「春日桃」
 「八里蓬」 
 「野宮梅子」
 「日下椿」

◆◆◆◆◆◆◆ ここまで

003:「夜道の王子さま」
023:「Slovenly Princess」
大学への通り道にある花屋の店員「春日桃子」とは、挨拶を交わす程度だった「西村涼介」
そんな彼女の危機を間一髪で救ったことで、今では夕食を作りに来てくれるまで親しくなっていたのでした。
度胸ない、といってましたが、あーした切っ掛けだとなかなか手は出しづらいですよね。
まぁ、頻繁に部屋へ来ているのだから、もう9割以上はOKなんでしょうけど。
こちらの「桃子さん」はむちっとした可愛らしい方。
適度な落ち着き感があり、料理を作るエプロン姿は人妻のようでした。
個人的にはこの髪束ねてる方が好き。
いいなー
なお、前述している”例外”とは彼女のことで、次のエピソードでもヒロインとなってます。
↓表紙を担当したのは、それがタメなのかも。
オチでの「桃子さん」がまたキュートなので、必見。
その続きが「Slovenly Princess」
冒頭はもともとカラーのようですが、白黒収録が残念。
「桃子さん」の下着姿が…。
もう普通にえっちしてますねー。
ただ、そうした関係となった今でも、彼女にはとある秘密があったのでした。
より人間的(?)な「桃子さん」が見れるエピソード。
なにげに、そんなんが次のお話で重要な役割をしております。
わはは。
”お姫様”発言で喜んだ際の「桃子さん」が可愛いです。

稲葉小栗、小野崎茜
※左:稲葉小栗、右:小野崎茜

043:「見つめてコワモテ店長」
前話でインパクトを残していた花屋の店長「日下椿」のお話。
あーなのは…もともと険しい目つきと、性格がためでしょうね。
店員の1人「野宮丈」とのカップルになるんですが…その切っ掛けは前話にも関わるので、軽く伏せときます。
どんなシチュエーションであんなん忘れたんだろう。
そんな訳で、自分の容姿にコンプレックスを持つ「椿さん」
もうほぼ告白しちゃっている「丈くん」の言葉には耳を貸さず、性欲処理のお手伝いだけしてくれることとなったのでした。
色々なプレイしてましたが、あれはなんだか逆にイイ感じ(笑)
先の「桃子さん」とは違い、シンプルなデザインの下着がいかにも彼女らしいです。
まぁ、色々エピソードを聞くかぎり、彼女があーなってしまうのも仕方ないか。
露出狂のとことか。

063:「癒しの黒うさぎ」
こちらは大学生カップル。
演劇部の脚本家である「藤木」と、後輩「稲葉小栗」
”マメダヌキ”
とか言われてる「小栗さん」
眼鏡で小さく丸っこく、確かにそんな雰囲気(笑)
あちこちのリアクションが楽しく、いじわるしてみたくなるタイプでした。
お話の流れもあり、様々なコスプレ姿で楽しませてくれます。
なんだか別のお話が作れそうですねー。
最終的にはバニーとなっていました。
おお、こんなん好き。
”マメダヌキ”感がためか、微妙に似合ってないところがまた素敵でした。

083:「梅は酔々」
こちらは先の「丈くん」の姉「野宮梅子」さん。
お相手になるのは年下の幼馴染み「雅史」くんでした。
冒頭は学生時代の風景なんですが。
あの頃に、年上女性にあーしたことを言える「雅史くん」が男前
独特なテンションの持ち主で、久しぶりに再会した際もさして変わることなく。
あんな感じに対応できたらいいなぁ。
「梅子さん」はどことなく、なんとなく、彼を待ってたのでは。
彼の前でやっぱり可愛らしかったですよ。

103:「カタブツなハニー」
演劇部の「辰川侠二」と「小野崎茜」のカップル。
まだ完全に付き合ってはいないものの、昔馴染みで、特に「茜さん」はラブラブ。
ツインテールな小さい頃の嘘エピソードが楽しいですね。
現在はショートカットです。
下着付けたままのえっちが良かったですよ。
ちなみに中扉はこちらの「茜さん」
残念ながら作中に近いシーンはないんですが、これは胸フェチを射殺すようなものでした。

123:「はらぺこエキゾチカ」
こちらが裏表紙を担当している、褐色肌ヒロイン留学生「ジニア・サヴァラン」です。
たまにカタカナが混じっていましたが、あれだけ日本語ぺらぺらだと安心。
独特な感性のおもしろい娘さんでした。
巻末の4コマとか。
カバー裏がまた楽しいですね。
なかなか苦しい生活をしているらしく、料理上手な「元谷洋貴」くんとはとりあえず食欲からの関係。
「ジニアさん」はタイトル通りのはらぺこ娘で、前話登場シーンでも1人会話に加わらず、食べていました。
なお、こちらは完全にお尻の回。
着衣のままなんですけど、ああした、ぴっちりしたのはえっちですよねー。

143:「腐れ縁ディスガイズ」
電車での行為から始まるこちら。
あー。
ちょっとネタバレになってしまうか。
(※気になる人は↓以下から読まないで下さい)



ここのヒロインは、2話の花屋から、ちらほらあちこちで顔を見せていた「黒田桂」さんです。
ようやくメインですね。
前話では、えっちに至る切っ掛けとなっていた「桂さん」
そちらもの影響もあり、まさか女性とは思いませんでした。
役者というだけあって色々な姿を見せておりますが、彼女の場合は単なるコスプレではなく、ほぼ別人になってしまうのがポイント。
1コマだけでしたが、途中のカチューシャのが好き。
また、もくじ絵では本編で「小栗さん」が着用していたようなバニーとなってます。
あれが抜群に良い
カラーで見たかったなー。
また、”気にしている”そうでしたが、見事なまでの貧乳っぷりでした。

ジニア・サヴァラン、黒田桂
※左:ジニア・サヴァラン、右:黒田桂

163:「湯けむりRelation」
大学講師「八里蓬」と「芦津修太郎」の温泉旅行話。
無論、温泉えっちに発展していきます。
普段からアシスタント扱いで、旅行の切っ掛けも”荷物持ち”とか言われてました。
まぁ、彼はそんなんが合っているんだろうなぁ。
出会った際の「書生顔の君」と言う台詞が好き。
こちらには、マッサージがいつしかお尻まで到達するシーンがあるんですけれど。
黒の大人っぽい下着が、先の「桂さん」のスポーティーな雰囲気と違っていて素敵。
オチでは驚きの事実が明らかになってます。
 
 【 その他 】

以上、本日は毎度お馴染みの「Dr.P」センセでした。
あとがきによると、これで5冊目とのこと。
そうすると、「あなたが触れるたびに」、「侵略的恋愛主義」、「恋愛スタンピード!」、「僕んちのミカゲさん」…と、ブログでは4冊紹介しているので。
いちおう、漏らさず揃えられているみたい。
今回は、なんと初の一般系でした!
おめでとうございます!!
ぱちぱち。
ついにきましたねー。
個人的には、”成年マークが外れてもほぼ漫画に変化がなかった”のが実に良かったです
センセがそれを望んでいるかどうか分かりませんが、まったく同じ感覚で読めました。
なかなか難しいことだと思います。

巻末の4コマも楽しかったです。
次もまた期待しております。

ももいろデイドリーム (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)ももいろデイドリーム (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2013/06/27)
Dr.P

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ショートカット ツインテール

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ