FC2ブログ

■友達のままじゃ嫌だから (ED)

★まんがデーター [18.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメコメディー、巨乳、眼鏡
・構成 : 7話収録(うち「センパイ!」×2、
     「太田さん、フットーする」×2)
・おまけ: あとがき、合間にイラスト・ネタ絵、
      「恋もよう雨のち晴れ あらすじ漫画」      

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ED(いーでぃー)」センセの「友達のままじゃ嫌だから」です。

後輩「名取繭音」
※後輩「名取繭音」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編での構成。
…で、短編なのですが……1話以外は、前回単行本の続き漫画なのでした。
詳しくは後述しますけれど、読んでなくても問題ないのでご安心ください
さらに、同人誌で発表されたのが3話あり。
ファンの方ほど要注意な構成でした。

収録話は7つで、やや少な目。
ただし、ページ量はたっぶりなので読み応えは大丈夫です。
前述した前単行本からの続き、2話の連続モノも収録…ということで、エピソードとしては5つになります。
ジャンルは甘いラブコメ
基本的にはっちゃけていて、コメディー色が強いもの。
皆さんむちっとした良いスタイルで、圧巻な巨乳っぷりが魅力的
また、個人的には眼鏡ヒロインが印象に残りました。
(人数としては2人でしたが)
どちらも、あまあま・ラブラブなのですが。
仕掛け様々で単に読むだけでも楽しく、オススメな1冊です。

サラリとした柔らか細線での作画。
描き込み細かく、全体の色付き・濃淡は適度なくらい。
コマ割りは大きく半ページのコマなども頻繁。
はみ出しよりぶち抜いてる絵のが印象に残りました。
原稿は賑やかなのですが、色彩ほかバランスに優れていて。
見辛い感じはありません。
繊細な恋愛描写からはっちゃけたコメディー崩しまで漫画はお上手。
表情はくるくる変化していて、見ていて面白いのです。
大げさでもなんでもなく、真面目になんらかパワーが出ているようでした
人物絵は全体縦長気味で、長い鼻筋とうるうる目が特徴。
ヒロイン画はお姉さん的ですね。
特におっぱいなど、しっかりとした肉付きあるスタイルで、ボリュームは満点
↓表紙・裏表紙など、カバーイラストも十分にインパクトがあるんですけれど。
たぶん、漫画の白黒絵のが、よりそんなん強調されていたと思います。
やや小さめですが、紹介帯のカット絵と共に判断するのが良いでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

0105:「友達じゃイヤ!」
生徒会メンバーながら、赤点を取ってしまった「遠山かずき」
そこで、同じく生徒会な書記「石川みさき」に勉強を教えてもらうこととしたのですが…。
実は、以前から彼に想いを寄せていたので、あちこちにドキドキさせられてしまうのでした。
「みさきさん」はショートカットの活発そうな娘。
実際に彼より年上で姉御肌なのです。
これまで、親しく口がきける友人という接し方であったがため、なかなか想いを口にすることができなかったんですね。
こちら漫画の切っ掛けとなる2ページが秀逸。
まぁ、どっちも頑張ったわなー。
特に「かずきくん」は面倒見てもらっている後輩ですから。
それがために、わずかなチャンスは逃せないって事もあるか。
ただね。
おそらく当人気付いてないでしょうが、「みさきさん」は結構男子からモテると思いました。
おっぱいもはちきれんばかりなサイズだし。

石川みさき、太田アユ
※左:石川みさき、右:太田アユ

037:「センパイ!」 2話
進学前からの顔なじみであった、後輩「名取繭音(なとり・まゆね)」
その当時から、よくまとわりついてきていたのですが…。
同じ学校に入学してきた彼女は、やはりそんな感じでやたら懐いてきていて。
その頃からだいぶ成長していたこともあり、最近は平常心ではいられなくなってしまったのでした。
この単行本でメインの眼鏡担当な「繭音さん」
(※眼鏡チェーンがまたいいですね)
実は裏表紙担当は彼女なのですが、なんで眼鏡オフ絵にしたんだろう。
(※後方の机に眼鏡置いてある)
好意を前面してくる彼女に、ついに陥落する流れ。
素直になった彼に、さらにラブラブな「繭音さん」がキュート。
いいなぁ。
1話目は学校(屋上)でしたが、2話目は「まさやす」くんの自宅・部屋が舞台。
制服が冬服になってますね。
ただ、こちらは奥手な彼に対し、
今日は特別な作戦を用意しました
…ということで、エロ水着です。
彼はよくあんなんに耐えられるなぁ。
また、そんなんだから、「繭音さん」もラブラブなのでしょうけどね。

087:「太田さん、フットーする」 2話
オセロ部は2人きりの部活動。
そのもう1人「高田和彦」に想いを寄せていた「太田アユ」は、思わず独りでシテしまっていたところ。
運悪く、彼と鉢合わせしてしまったのでした。
独りプレイは目撃される、というのは成年漫画のお約束。
なお、↓表紙はこちらの「アユちゃん」なのですが…。
紹介帯があるとやや分かり辛いものの、実はそっちでもシテいます。
1話目はですねー。
しっかり彼の名前も連呼しており、あーコメディーみたいに荒れるのも当然でしょう。
オモロイ娘さんだ。
で、そのオチはあんなんなのですが…。
続く2話目では、期待とは裏腹にえっちな空気にならず。
やはり悶々としてしまう「アユちゃん」なのでした。
そういうプレイみたい。
(※違うけどね)
こちらでも、やっぱり鉢合わせするのが切っ掛け。
わはは。
まあね、もう彼女は独りでシテ発見してもらうのが、お誘いでいいでしょう。

143:「チアーでV2!!」
172:「恋もよう 晴れのち晴れ」
こちらの2話は、どっちも同人作品からの収録。
…で、前単行本「チアリズム」に収録されているお話の続編でもあるのです。
ちとややこしいですね。
ただ、収録ではシリアス調な「恋もよう 晴れのち晴れ」には、親切にあらすじ漫画が1ページ収録されていました。
そんな訳で、いきなりこちらからでも全然大丈夫です。

前者「チアーでV2!!」はチアリーディングの部長「柳生カンナ」と幼馴染み「浩紀」のお話。
前回えっちしちゃった2人、だけ分かれば十分(笑)なためか、こちらにあらすじはありませんでした。
ツインテールで巨乳な「カンナちゃん」
こんな娘がチア服なのだから…そりゃ、たまんねーわな
また、こちらのお話では、とある理由で眼鏡を掛けてくれるというもの。
センセは…眼鏡のヒロインお上手ですねー。
ちゃんと、最後までしなさいよね
~のくだりが好きです。

柳生カンナ、浅田さん
※左:柳生カンナ、右:浅田さん

さて、ちゃんとあらすじのある後者「恋もよう 晴れのち晴れ」
いつも黙々と土手を走っている「高城(たかぎ)」くんと両想いにだと知り、付き合うこととなった金髪でブルーな瞳を持つハーフな「浅田」さんのお話。
こちらだけ作画の雰囲気から大きく違っていて。
どこぞの恋愛漫画のようでした
…当然ながらえっちなんですけどね。
えらくラブラブな2人が甘々で…。
どっちかだけあーだと大変だと思いますが、2人してなので問題なさそう。
かつ、やっぱりエロくて素敵(笑)

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ED」センセでした。
こちらのブログでは「チアリズム」を紹介しています。
…が……2009年だって。
結構時間かかりましたねー。
こちらは、ふと見掛けた↓表紙が気に入り。
購入予定で記憶していた1冊だったんですが…。
なぜだか、店頭には見当たらず。
だいぶ遅れてのゲットとなりました。
完成度高かったので、セールス好調なのではないかなぁ。
前述した↓表紙絵も可愛くまとまっていて、店頭で目を引かれると思います。
…はみ出すようなおっぱいとかね。
あとがきにてセンセはだいぶ謙遜されていましたが…ぜひまた次の単行本をお願い致します。



友達のままじゃ嫌だから


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ラブコメ コメディー ショートカット ツインテール

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア