FC2ブログ

■イマジナリー (幾花にいろ)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] 群像劇、幼馴染み、恋愛、
・構成 : 7.5話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき・イラスト、合間にイラストなど、カバー裏に別絵、
      カバーは文字部分が盛り上がった特殊仕様。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「幾花にいろ(いくはな・にいろ)」センセの「イマジナリー 1巻」です。

バイト「善佳」、妄想「睦弥」
※左:バイト「善佳」、右:妄想「睦弥」

 【 構成・絵柄 】

収録は2冊目以降に続いていく長編。
やや目的・目標はぼんやりしていたものの、ストーリー漫画です。
多くのキャラが登場していて、群像劇という感もありました。
イメージとしては、現代風な青春モノですかね。
ラブコメ・恋愛という色はそこそこ。
年代は大学生なので、なんというか落ち着いた空気です。
個人的には…。
いかにも「白泉社」さん、いかにも「楽園コミックス」系な漫画、という印象
この系統が好みな方は、おそらくバッチリ楽しめることでしょう。
詳しくは後述しますが、お話の各所には色々なネタが仕込まれていて。
そうしたのが理解できると、他には得難い、貴重な1冊になると思います。

しっかりとした強めな線での作画。
細かい描き込みで黒色が強め。
コマ割りは変化少なく、ほぼ枠間も確保されていて。
色合いはコッテリとしてましたが、そう見辛い印象はありません。
背景・小物などの描写に優れ、バランス良く。
ちょっとした表情など漫画表現がお上手。
メリハリもあるので、見ていて疲れませんね。
また、詳しくは後述しますが。
こちらの漫画ではあちこち様々なイメージ画が描かれていくのですが…。
それぞれ見事な描写でした
人物画はすらりとした細身で鋭角的。
美人系です。
癖はそれなりに強く、好き嫌いあるかもしれません。
カラーだとやや色彩ソフト気味になりますが、判断は↓表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 7.5話収録

「真依香」と「佑」は同学年の幼馴染み。
大学進学と共に離れ離れになり…ちらほら共にツルんでいたものの、付き合う訳ではなく。
どちらも微妙な距離感を変化させれずにいたのでした。
ごく簡単ですが、そんな感じ。

幼馴染みカップルを中心に、その周囲の人物なども描く群像劇。
ああした↓表紙とか、いかにもそんなイメージですよね。
ちなみに、左上・右下がメインである「真依香」と「佑」です。
そちらからでも察せられると思いますが、圧倒的に女性陣のが頻繁に描かれており。
例えば、登場していた「佑くん」の友人らについては、今の所では名前からして不確かです。

藤方真依香
※藤方真依香

また、群像劇ですが。
確かに他キャラの風景も描かれていましたが。
当初の(個人的な)イメージより、断然メインの2人のお話が多め。
これは、まだ導入の1巻だからかな…。
そもそもセンセ自身は、当初その2人を今後描かないくらいの勢いだったそうで。
ここは、編集さんの軌道修正で良かったと思います。
やっぱり気になるじゃない、あの2人どうなるか

ただし、センセ曰く「ゆったり・まったり」とのことで。
恋愛的なんは今後もサクサク進展はしていかないようでした。
ある意味ではリアルっぽいですかね。
このゆっくりさは、読者によって合う・合わないが出るかもしれません。

さらに、あれだけキャラがいながら、他のカップルは1組だけ
そちらの2人もさして甘く桃色な空気はなく。
恋愛・ラブコメ的な要素については、あまり期待しない方が良いでしょう。

タイトル「イマジナリー(imaginary)」そのまま、画面自体が会話のイメージにそのまま変化するのが、この漫画の最大の特徴。
こんなんは、漫画ならではの表現ですかね。
(※アニメでもイケそう)
描かれていたのは、ファミコンとか戦国時代、魔法少女…みたいなん。
元祖町発展シミュレーション的な風景もあったりしていて、だいたいそれくらいの世代な方は、読んでいてより楽しめることと思います。

1話目。
冒頭の4名は、前列から「佑くん」、彼の妹「柾(まさき)」さん、友人(※)、そして「マイちゃん(真依香」)」ですね。
(※1話後半の「マイちゃん」友人か、7話登場の「柾さん」友人「フジノ」さんかと…)
小さい頃は眼鏡着用だったようです。
今も良いですが、この頃も可愛いですね。
垢抜けて美人になったんだなぁ。
カバー裏の風景はこの1話目が元であると思います。

会話はだいぶ親しいものの、もう一歩踏み込めないようで。
後半にて異なる年代の「佑くん」らで言い合いする様が可笑しい。
雑になっていくバレンタイン風景も良かったです。
ちなみに。
お風呂にて、「佑くん」が居ながらも、当然のように服を脱ぎだしていた妹「柾さん」に意識引っぱられました(笑)
兄妹なんてそんなもんかな。
風呂出た後も下着にタオル状態だったし。

2話目。
電車に乗っていた「マイちゃん」の妄想、横スクロール・アクションゲームから、忍者大戦に。
格闘ゲームの某巨乳女忍者ちっくな「マイちゃん」が素敵。
これで漫画描いて欲しいですね
えっちなやつ(笑)
なお、お話の時間としては前話直後の風景で、「柾さん」はまだ服着てなく、異なる年代の「佑くん」らもそのまま存在してました。
(※電車シーンは回想)
さらに、電話掛けていた「マイちゃん」はお風呂の真っ最中。
ただ、お風呂中にわざわざ電話くれるというのは…ちょっとテンション上がりますわね。
そんなんしてくるの、たぶん彼氏はいないと思うし、告白してもイケると思うが。

3話目。
今度は「佑くん」から「マイちゃん」に電話しており。
ふと、「部屋に行ってみたい」、とか言ったことが切っ掛けとなっています。
彼女の大学の友人、「赤尾三夜(あかお・みよ)」、「雨森睦弥(あめのもり・むつみ)」、「善佳(よしか)」らが登場。
女子トークが楽しめます。
…そう色っぽいものではないですがね。
後半はこの単行本で唯一のカップル「赤尾三夜」・「穴太要(あのう・かなめ)」のデート風景です。
2人の共通な趣味である城址巡りをしており、戦国好きな人はまた楽しいと思います。

4話目。
前話で電話していたとおり、2人してお出掛けした風景が描かれます。
もう付き合ってしまえ。
会話と共にそれぞれの心の声も描かれていて。
…まあ、分からんでもないなぁ……。
なお、紆余曲折の結果、彼女の部屋にはお邪魔したようなのですが。
どうなったのか、中盤の「善佳さん」との会話で示されます。
うん…あれは「佑くん」が悪い。
なお、後半ではやはり前話にてちらと話に出ていた、「善佳さん」について描かれます。
店長と男性客の会話が良いですね。

5話目。
「佑くん」とその友人の会話。
内容は当然(?)「マイちゃん」の部屋に上がったことについて。
途中で話が逸れていくのがいかにも、って感じですよね。
後半は「マイちゃん」とその友人らでの会話。
どちらも似たような会話、行動をしているので、それぞれの違いをお楽しみください。
なお、0.5話はこちらの後日談。
「マイちゃん」とその友人らで、髪型について話し合っています。
たこ焼きパーティーですね。
しかし…彼女らの会話は、本当に色っぽさないですね…。
これがリアルか。

6話目。
珍しく「マイちゃん」の大学広義風景から。
さして聞いてなく、またすぐに4名でだべる風景となってます。
今度はカラオケ店。
手を握った形が猫の肉球っぽい、という話題から、こーだった、あーだったいう話題が続いていきます。
変身する「睦弥さん」がポイントですね。
髪長いほうがいいな
また、後半では某店舗らしきところでバイトしている「マイちゃん」が描かれていました。
しかし…最初のメッセージなままで送ればいいのになぁ…。

睦弥、三夜、善佳
※睦弥、三夜、善佳

7話目。
収録での最終話は「佑くん」宅での風景。
妹「柾さん」との会話ほか、2人の両親も登場していました。
後に台詞でも出てきますが、妹さんと仲良いな。
そうしたイメージなまま「マイちゃん」と喋るから、2人の仲が発展しなかったのかな。
この先はどうなるんだろう。
なお、「柾さん」の友人「フジノさん」は、どっかで見たような気がしていましたが。
彼女が2話目で妄想していた義姉でした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「幾花にいろ」センセでした。
こちらのブログでは初単行本「幾日」を紹介しています。
…そうか、それ成年系なんですね。
女の子ら魅力的なのも納得。
ちなみに。
中扉はヒロイン「マイちゃん」の全裸絵だったりしていて。
(※正確には、サメと共に海中を泳いでいるイメージ画)
不意を突かれて、ちょっとドキッとしました。
綺麗なイラストなので、表紙とかでもイケそうですね。
……いや、あれ表紙だと内容を誤解しちゃうか。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

関連記事

tag : ラブコメ ファミコン アクション シミュレーション

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア