FC2ブログ

■魔法の時間 (叶竜児)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 部活動、むちむち、コメディー
・構成 : 9話収録(うち「魔法の時間」×7)
・おまけ: あとがき、「魔法の時間 雑記」、カバー裏に別絵、
     一部描き下ろし「魔法の時間」、描き下ろし「魔法の時間4コマ」、
     加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「叶竜児(かのう・りゅうじ)」センセの「魔法の時間」です。

時任魔耶、西園寺花音
※左:時任魔耶、右:西園寺花音

 【 構成・絵柄 】

収録はメイン中編と2話の短編。
連続話はいわゆる群像劇です。
とある部活動での青春話…というほど甘酸っぱくはなく。
結構ビターな感覚でした
ちらほらコメディー感もあるのですが、詳しくは後述しますね。
収録された短編の2話も、そうラブコメちっくなものではなかったです。
タイトル、そして↓表紙・裏表紙から、誤解される方もいるかもしれませんが。
漫画にはファンタジー要素はありません。
よくよく見ると、紹介帯に「映研女子たちの青春と性春!」とあり、お話はそんなん。
ぱっと見で間違えぬように。
やや紛らわしいかなー。

しっかりとした線での作画。
全体の色づきは適度なくらいですが、黒色は強め。
描き込みもちょうど良いと思います。
コマ割りは変化あり、はみ出し・ぶち抜き多め。
バランスはややセンセ独特なものですが、崩れ・乱れなく。
小さいコマもしっかりと丁寧でした。
幅広な輪郭で横長な四角っぽい目、比較的鼻筋も描かれています。
ふっくらとしていて良い肉付きなスタイル。
コメディーからシリアスまで表現・漫画に優れていて、引っ掛かるようなところはありませんでした。
カラーでもそう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

005:「魔法の時間」 7話
文化祭で上映する作品を作る映像研究部の面々を描いた連続話。
各話でスタッフらがピックアップされつつ、完成へと向かうような感じになっています。
いわゆる部活動漫画ですわね。

映研スタッフほか登場人物は9名ほどの男女。
各ヒロインにスポットが当たるものですが、ちゃんとメインヒロインが確定されていて。
それぞれのお話を挟みつつ、クライマックスたる大きな流れに繋がっていくような構成でした。
あちこちコメディーっぽいところもあるのですが、概ね6割、7割くらいはシリアスに進行

うーん、つまんないとは言わないものの…。
おっさんか見ると、最も盛り上がるべき最終シリーズの導入たる5話がどうしても違和感
申し訳ないですが、学校・部活動での映画制作で、あーした行動を取るのがどうしても解せない
廃部になったところで、映画を撮ることは勝手にすればいいのだし。
制作費用は自費になるだろうけど、公開についてもこの現代ではネットに上げることもできるのだし…。
(※制作会社とかで、社員が路頭に迷う、まとまった金が動く~というならば、分からんでもないけれど)
良くも悪くも、漫画・まんがしたお話に感じました。
中書き(雑記)にあったそのまま、センセの思い入れが強過ぎる分野であるためかなー。

個人的には、2~4話のような感じとか、巻末四コマのが楽しい。
特に「栞さん」の4コマ群は本編に出ていた個性的な面々が絡み、面白く仕上がっていました。
あれくらいのライト感覚のが、良かったように思います。
(※6話のオチとか)

白川真里、霧依輝美
※左:白川真里、右:霧依輝美

【 魔法の時間 登場人物 】

「時任魔耶」  部長 監督・監修・演出・編集 →5~7話ヒロイン
「渡辺瞬」    カメラ (※そもそも映研でなくお手伝い)
「白川真里」  女優 →1話ヒロイン
「霧依輝美」  照明 →2、3話ヒロイン
「明智大輔」  プロジェクト管理・照明補佐
「写楽映児」  カメラ補佐・編集補佐
「西園寺花音」 サウンド・音響 →4話ヒロイン
「上條栞」    シナリオ・脚本 →4コマヒロイン
「名前不明」  生徒会会長


1話目は演技が固い女優「白川真里」に、カメラ「渡辺瞬」が演技指導するもの。
もともとは彼の愚痴が切っ掛けなのですが。
まぁ、確かに追い込んで成功するものではないですね。
「渡辺くん」は真顔でなかなか恥ずかしいことを口にしているのですが。
ああした状況下にあった「真里さん」には刺さったのかなぁ。
当然成年漫画がためなのですが、この映像研究部にはピンク色な霧が漂っているようで。
こちらほか、あちこちでも驚くような展開に。
うん、まぁ…”ありったけの想い”は伝わるが。
オチが楽しい。
ただ、あんなんを提出するべき部長であるものの、女性でもある「魔耶さん」に堂々と見せる「渡辺くん」はちょっとどうかと思う

2、3話は自分に自信が持てずにいる、照明担当「霧依輝美」さん。
「明智大輔」、「写楽映児」という2名の男性が関わる前後編のようなエピソード。
2話目が切っ掛け話、3話目が丸く収まる完結話という感じです。
なかなかの「輝美さん」の性癖に驚き。
そうか、いちおう「明智くん」は直接行為はしていないのか。(※たぶん。少なくとも2話中では)
彼が明らかにし、「輝美さん」を開発し続けた結果が3話目。
いや、凄かったですね。
危険なタイプ、ではあったものの悪人でなく。
オチは綺麗にまとまっていました。
あれでひと落ち着きはするのかな。

4話はツーサイドアップの可愛い「西園寺花音」さん。
このお話は2ページ目からのくだりが好き
ここで詳細を書いてしまうのは勿体ないので伏せますが。
えっちに至る展開もいいですね。
最も格好良い言動だったのではないでしょうか。
なお、次からの最終エピソードはこちらの途中、そしてオチから始まります。
さて、5話以降は部長「時任魔耶」さんのエピソード。
ずっと出ずっぱりだった彼女がメインヒロインで、3話をも割り当てられていました。
ただ、こちらが前述したように、ひでるさん刺さらなかった部分。
ああした、制作に熱意と情熱を持ったタイプだというのも分かるのですが…。
6話オチは落差もあって非常に良かったので。
何か…また違った事件とかであれば、読後感も全然異なるものになったかなぁ。
巻末の4コマはシナリオ担当「上條栞」をヒロイン、というか主役としたもの。
それぞれキャラとのやり取り、特に「明智くん」がいい味出しています。
あとがき部分で脱がされていましたが、実はえっちシーンもあるので(ちょろっとね)お楽しみに。

169:「梅雨 hazard」
梅雨でニュースになるような集中豪雨が観測される中。
「紅野」・「とし」の2人は、不注意で壊れていたドアを閉めてしまい。
掃除中だった体育用具室に閉じ込められてしまったのでした。
お約束で携帯の電源は切れていて(※彼女は忘れてた)
彼女の服は雨で濡れ透け状態という、まさに成年漫画な状況(笑)
付き合っている間柄ですし、とりあえずえっちしちゃおう、って感じですわねー。
ただ、こちらで誘ってきたのは彼女「紅野さん」から。
意外に彼のが冷静で、脱出方法を探っておりました。
あー、目先の問題をどうにか解決しようという男子と、肝が据わっていて感情に走った女子、って感じもあるかなぁ。
ガンガン服脱いでく様が好き。

紅野さん
※紅野さん

189:「かくれんぼう」
小学校の同窓会で久々にかくれんぼすることとなったところ。
最後まで残っていた「柏木雄一」・「沢村」の2人は、探す面々をよそにえっちしていたのでした。
もともとはカラー原稿らしい、8ページでやや短めな短編。
久しぶりに再会した「雄一くん」に、彼女から仕掛けています。
言動を見る限り、色々背景あるようなのですが…ページ的に雰囲気を味わうような感じ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「叶竜児」センセでした。
当ブログでは「処女恋しましょ」を紹介しています。
そちらが非常に良く、お名前は頭に残っていて(←珍しく)
事前に「コアマガジン社」さんのHPで見かけ、狙っておりました。
個人的には前回のが良かったなぁ。
センセのああしたコメディーな表現が好きなので。
カバー裏とか、ね。
まさか、あんなムサいものに変わるとは思いませんでした(笑)



みっくすパーティ」


魔法の時間 (メガストアコミックス) コミックス アダルト, 2019/3/19


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

関連記事

tag : コメディー ラブコメ ツーサイドアップ

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア