FC2ブログ

■みだらすいっち (れぐでく)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメファンタジー、巨乳
・構成 : カラー(8P)、9話収録(うち「吸シリーズ」×6)
・おまけ: あとがき、作品解説・ヒロイン設定、加筆修正あり、
      カバー裏は表紙ラフ絵、描き下ろし「万事吸す」、
      一部描き下ろし「セクシャル吸ぴっど」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「れぐでく」センセの「みだらすいっち」です。

淫魔・吸血鬼ハーフ「深渕咲月」
※淫魔・吸血鬼ハーフ「深渕咲月」

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものと短編での構成。
ぱっと見、全て短編のように見えるかもしれませんが。
漢字「」のつくタイトル群は、全て同一世界のシリーズものでした。
描き下ろしもそちらで、また前巻にも1話収録されてます。
いちおう、前巻の1話を知らずとも全然楽しめるようになっているので、いきなりこっちからでも大丈夫。
詳しくは後述します。
シリーズ、短編共に基本的にはラブコメ
収録で1話だけ毛色の異なる、ドロリとしたブラックな漫画もあります。
そちらも含めて各話のオチは優れていて、お話は非常にお上手な方
短編はよくまとまっていて、シリーズはその良さがありました。
普通に読んでいても楽しめる1冊だと思います。

しっかりとした線での作画。
濃淡・描き込みはちょうど良いくらい。
細かさのあるコマ割りで、枠間なくなることちらほら。
丁寧で安定しており、見辛いことはありません。
だいたいコメディー調ですが、お話を支える表現も優れていて。
特にこれというマイナス点はありません
(※多少、バランスや引き絵が気になるかなー、くらい)
黒目勝ちな目が可愛い漫画らしい人物絵で、むちっとしたスタイル。
だいたい↓表紙などカラーで問題ないのですが。
白黒絵のがいいので、判断は紹介帯のカット絵が良いかと。

 【 収録話 】 9話収録

003:「セクシャル吸ぴっど」 カラー原稿・描き下ろしあり
027:「一吸・入根」
047:「吸inレッスン」
069:「吸カツ~とある吸血鬼の就職活動~」
089:「夏のヒメごと」
165:「万事吸す」 描き下ろし
これらが吸シリーズです。
現代に紛れる淫魔・吸血鬼とのラブコメなストーリー群。
センセの解説によって、前巻「気まぐれ花びら」に収録された「吸inパッション」もシリーズだと確定しました。
ファンタジーな存在があり、ちらほらその設定が生かされてはいるものの。
基本的には現代劇で、バトルとかなんとかはありません。
話数あるので、↓下にちょっとまとめてみました。

●● 柚葉・結婚前の時代 ●●

0話:「セクシャル吸ぴっど」
淫魔「砂川柚葉」→バイト仲間・セフレ→「高鳥和治」←カップル→「森澤花純」
(※バイト先はコンビニ)

1話:「吸inパッション」 ※前巻収録
淫魔「砂川柚葉」←店員・客(※後に結婚)→吸血鬼「深渕満」

●● 柚葉・結婚後の時代 ●●

2話:「一吸・入根」
ハーフ「深渕咲月」(満・柚葉の娘)←カップル→「森澤一馬」(花純・??の息子)
(※「咲月ちゃん」は淫魔・吸血鬼のハーフ、2人ともバレー部)

3話:「吸inレッスン」
淫魔「深渕柚葉」→つまみ食い→「森澤一馬」
(※「柚葉さん」は姓変わってる)

4話:「吸カツ~とある吸血鬼の就職活動~」
吸血鬼「洛堂愛菜」←吸血からの手助けえっち→吸血鬼「深渕満」

5話:「万事吸す」
淫魔・吸血鬼ハーフ「深渕咲月」←仲直り→「森澤一馬」

スピンオフ:「夏のヒメごと」
女子バレー部・部長「拝島葵」←カップル→男子バレー部・部長「済木大翔」



だいたいこんな感じ。
あるいは今後「咲月」・「一馬」の娘なり息子なりが登場したりして。


淫魔「砂川柚葉」、吸血鬼「洛堂愛菜」
※左:淫魔「砂川柚葉」、右:吸血鬼「洛堂愛菜」

さて、前述のとおりシリーズでは最も昔となる「セクシャル吸ぴっど」
描き下ろしはカラー部分ですかね。
セフレ関係だった「和治くん」に彼女が出来、別れていたのですが。
彼女だという「花純さん」との関係がうまくなく、「柚葉さん」が介入するというもの。
なぜえっちが巧くいってないか分かるのか、って淫魔なので
うん、便利な設定だ。
カップルでいるところにずけずけ割って入って、あんな事言う「柚葉さん」というのもそれで説明ができますね。
フツーの人「花純さん」が可愛い。
複数えっちとなっています。
ちなみに、次に登場する「一馬くん」の母親がこの「花純さん」なのですが。
ご想像にお任せ、という父親は「和治くん」ではないと思う

「一吸・入根」からは、その子供世代のエピソード。
バレー部ではエースである「咲月ちゃん」
実は父が吸血鬼、母親が淫魔のハーフであり。
年頃になって衝動が出始めた彼女を、事情を知る幼馴染み「一馬くん」がサポートしていたのでした。
「一馬くん」は偉いなぁ。
まぁ、昔からよく知る幼馴染みなのだから、当然か。(当然好意もあるのだし)
何をもってそれを信じたのか不明ですが、とりあえずえっちっぽい事はこれが初めてのようでした。
部活の流れだったので、ユニフォーム姿。
下着など、いかにも運動部していてキュートでした。
オチが楽しい。
「吸inレッスン」では母「柚葉さん」が再登場。
まっったく老けてないところが素敵。
おばさん」との呼び方を訂正したり、娘の彼氏を味見しようとしたり、相変わらずな彼女。
いちおう、「一馬くん」は抵抗もしているのですが。
ここでの交渉は、さすが「柚葉さん」の年の功という感じ。
あー言われたら、なるほど教えてもらおうか、ってなりますわね。
直接行為なし、という発言があっさり反故にされる展開はお約束ですが楽しいです。
オチの「咲月ちゃん」が良い。
あの両親でよくあー育ったなぁ
父「満くん」のが常識人っぽかったので、そちらの影響かしら。

「吸カツ~とある吸血鬼の就職活動~」は、そちら「満くん」のお話。
中年好きな吸血鬼「洛堂愛菜」 
会社説明会に訪れた「愛菜」は好みの男性を発見し、さっそく吸血行為をしたのですが。
同族の血を受け、えっちな衝動が抑えられなくなってしまうのでした。
種の保存の本能だそうです。
なるほど。
収録ヒロインはほぼ巨乳ばかりなんですが、「愛菜ちゃん」は「こんな貧相な胸」とか言われる控えめなサイズ。
変化あって良いと思います。
(※プラのデザインもそれに合わせて(?)可愛らしいものでした)
オチの2ページが好き
彼女の性格だと、あの後も果敢にアタックしてそう。

描き下ろし「万事吸す」は「吸inレッスン」後の「咲月」・「一馬」カップル話。
10ページもある、しっかりとした短編となってます。
今回は帰宅中だったので、「咲月ちゃん」は制服姿。
とある展開によって、彼女は大人しく。
淫魔の血が抑えられた、素の彼女という感じになってます。

「夏のヒメごと」はバレー部「拝島葵」・「済木大翔」のカップルを中心とした番外編。
女子バレー部の全国大会出場を祝い、男女部で海へやってきたという設定。
うん、「咲月ちゃん」は本気出してなくても、バレー選手になっちゃうかもしれませんね。
シャワー室でのえっち展開。
なにげに母親同様、「咲月ちゃん」が2人のキューピッド役となっていました。

107:「乳白色のいやし」
ブラックな会社をようやく辞めれた「比後」
先に退職していた元先輩・「織部美琴」の実家が温泉旅館であり。
疲れを癒しつつ、現在そちらで若女将として働いている彼女に会うため、老舗の旅館「逢鵲荘(おおじゃくそう)」へやってきたのでした。
彼女の母親が面白い
ノリ良く、こうした漫画のセオリーですよねー。
大浴場で鉢合わせ、2人きりとなるのは当然ながらその差し金。
そもそも彼女も悪い気はなかったようで、お膳立てに乗っかっています。
まぁ、ああした会社で共に働いた仲間というのは戦友みたいなもんですからねー。
束ねていた髪が途中で解けるのはポイント。
オチでもお母さまが大活躍しています。
いちおう仮にもお客なのだから、普通はあんな事言わないだろうなぁ。
…いかに親しい(親しくなる予定)の相手でも。

127:「おさがり」
収録ではこちらだけ毛色が明らかに異なります。
ちょっとシリアスなのですが。
おそらく、ビミョーな読後感となるだろう、良質なお話です
優等生な姉「門寺沙良」とそんな彼女にコンプレックスを抱く妹「門寺紗奈」という、姉妹話。
ごく簡単には、「沙良」の彼氏「鹿原」と、なんのかんの「紗奈」がえっちしてしまう~という流れ。
成年漫画ではよく見られるタイプで、これがラブコメ漫画ならば最終的には複数えっちで大団円なのでしょうけれど。
前述したように、こちらはシリアスなストーリー。
そのオチに皆さん戦慄することと思います。

部長「拝島葵」、「坂巻凜」
※左:部長「拝島葵」、右:「坂巻凜」

147:「あなたに惑わされ」
幼稚園への納入業者の担当「平良駿人」
そこで幼馴染み「坂巻凜」と偶然に再会しました。
彼女からの誘いで、2人で話すこととなったのですが…という導入部。
昔は男の子みたいだった彼女が、すっかり成長して大人の女性となっていた。
そんな、男子が燃え上がるようなシチュエーション。
しかも、向こうからのお誘いですからね。
なんらか期待するのも仕方ないところでしょう。
(※そこまで想像してるか不明ですが、いちおう「駿人くん」は最初の誘いには気を使っている)
詳細は伏せますが、ひとオチあるのがポイントの、非常に良くできたエピソード。
センセの解説もそうですよね!って感じでした

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「れぐでく」センセでした。
当ブログでは初単行本「気まぐれ花びら」を紹介しています。
こちらが2冊目の単行本。
実は。
すぐ前に読んだものが、学園ラブコメと思わせておいて実は淫魔なファンタジーだったのね。
…で、こちらの単行本を読み進めたら、やっぱり淫魔が出てきて。
偶然とはいえ、なんだか驚きました。
ぶっちゃけ、ラブコメな仕上がりの今回のが好みです。
まだ吸シリーズ続けてほしいなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ラブコメ コメディー ファンタジー

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア