FC2ブログ

■Curse Eater 呪詛喰らい師 (或十せねか)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ファンタジーボンテージ、複数
・構成 : 原作「Rusty Soul」、原案「蒼井村正」、
      8話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、カバー裏に4コマ「咲妃 愛の劇場」、
      登場人物・作品紹介、描き下ろし「Ex Outrageous Orgy Party」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「或十せねか(あると・せねか)」センセの「Curse Eater 呪詛喰らい師」です。

呪詛喰らい師「常盤城咲妃」
※呪詛喰らい師「常盤城咲妃」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
原作付きの単行本で、もともとは小説作品。
そちらのコミカライズでした。
ちなみに、小説の挿絵もセンセが担当していたそうで…。
これはファンも納得だろう人選だと思います。
ごく簡単には現代ファンタジー
多少設定にややこしさもあるためか、ややテキストは多めな印象。
ただし、単行本の冒頭には登場人物紹介、これまでの作品紹介などのページがあり。
初見の人にとっては、かなり親切な構成
無論、宣伝目的ではあるのでしょうけど、こんなんは良いですね。
作品世界に入り易いと思いました。
なお、今回単行本中で、完全に解決となった事件は1つだけ。
良くも悪くも後引かれる終わり方(2巻以降に持ち越し)なので、得意でない方はご注意を。

しっかりとした濃い線での作画。
全体の色づき・濃淡や描き込み具合はおおむね適度なくらい。
コマ割りは中小で変化あり、はみ出し・ぶち抜きほか枠線なくなることも多く、かなりゴッチャリとした感覚
派手で賑やかでした。
服装はもうちょっと質感プラスが欲しいですが、背景や小物は問題なし。
違和感あったのは引き絵ですかね。
ただしそう頻繁ではないため、気にするほどではないと思います。
人物絵は漫画らしい可愛らしさ。
ここは期待通りでしょう。
前述のようにテキスト多い印象でしたが、表現などにも引っ掛かる事なく。
大きなプラスは正直感じられないものの、極端なマイナス点もありません。
判断には裏表紙のカット絵が良いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

人の想いを糧とする半妖神「淫神(みだらがみ)」
”呪詛喰らい師(カースイーター)”という異名を持つ退魔士「常盤城咲妃(ときわぎ・さき)」
淫神を自らの身体に封じ込める使命のため、私立栖鳳学院に乗り込むのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

いわゆる女性退魔士のストーリー漫画。
戦う相手は「淫神」という半妖神で、いわゆる怪物などの系統ではなく。
人間ではないものの人型で、感覚としては精霊みたいな雰囲気でした。
異形な化け物、触手なども出てこなかったので、間違わないように。
作品の舞台は現代の日本。
主人公「咲妃さん」も自らを巫女だと称しているものの、それっぽい和服は着ることなく。
↓表紙などで見られる、紐状のエロいボンテージ衣装でした。
(※ただし、ウズメ流の正式な退魔装束らしい[2話])
また、呪術など駆使はしていたものの、バトルのような展開にはならず。
たいてい、えっち勝負みたいなイメージですかね。
正しく成年漫画してました(笑)

「恩田さやか」、「稲神鮎子」
※左:「恩田さやか」、右:「稲神鮎子」

007:「♯01 Priestess Came Back」
031:「♯02 God Incarnation」
サブタイトルもそんなんですが、「復帰初戦」、「長らく実戦から遠ざかっていた」など、久しぶりなようでした。
原作を知ってる方には、作品ストーリーのどのあたり~、ってのが理解できるのかな。
冒頭の登場人物紹介にて書かれていた「岩倉真司」も既に機関の人物として登場しています。
この1話目はまさに紹介・導入というストーリー。
住居のマンションにて早々に弱い淫神と対決となっています。
当初は余裕だったのが、ちょっとしたピンチになってしまうという、王道というべき展開
しかし、えっちなことで相手を満足させる必要があるものの。
直接行為で出されてしまうと、巫女の力を失ってしまう~という、ギリギリ感が良いですね。
術で躱す、なんてまさにファンタジーなことをやっていましたよ。
その後半から直接続く2話目は、指令で赴いていた栖鳳学院での対決。
そうか、発見するにもえっちなんですね。
こちらでも正しくピンチとなっていて。
詳細は伏せますが…穴三つという、異次元えっちが楽しめます。
個人的には収録でここが最も良かったなぁ。

057:「♯03 Girly Bitch」
081:「♯04 Exotic Goddess」
115:「♯05 Induce Pervert!」
147:「♯06 Double Dependence」
街をパトロールして発見した「恩田さやか」を中心としたエピソード群。
うち前半は3、4話、後半が5、6話となっています。
今回単行本にて、彼女はサブヒロインというべき位置付けなんですね。
3話はその初登場なのですが…あの「咲妃さん」が一目でヤバイと追跡したような状態。
凄まじいです
で、前半3、4話は彼女を調査する流れとなっていて。
えっちシーンは当然女性同士なため、百合ちっくなものです。
(その前にちょろっとですが「さやかさん」と男性の場面もありました)
「咲妃さん」は”封じた淫神の力を使うことができる”という、ゲームのような能力をもっていて。
いわゆるフタナリのようになって、対決しています。
えー、察しの良い方その通り。
ここのシリーズではたいてい攻め側となっていて、特に前半では男装までしており。
ひととおりで特に危機的状況にもなっていなかったのが、やや残念でした。

後半の5、6話も「さやかさん」
えろい彼女のアフターケア中です。
5話は学校での公開えっちから、電車でのプレイが描かれています。
うん、あんなあからさまな服装の女性は、逆に狙われないと思いますよ。
無論、漫画ではしっかりえっちされていましたが。
後半の5話では、故あって「さやかさん」との再戦。
こちらでは先の前半とは逆で、彼女がフタナリ状態となっているため…。
よかった(?)、今度はしっかり「咲妃さん」がえっちされる側となっています。
うん、こうした漫画はやはりこーでなくてはね。
続く6話が対決となるのですが。
憑いていた淫神がため、やはり攻め側に。
むぅ。
制御し切れない、という若干のピンチシーンありましたけど、ちょっと弱いかなー。

対決!「咲妃さん」
※対決!「咲妃さん」

179:「♯07 Intermission」
収録での最終話はひと休みというべきエピソード。
人物紹介にて書かれていた、「岩倉真司」・「稲神鮎子」らが顔を見せます。
原作知っている方には嬉しい展開でしょう。
シチュエーションは1話と似て、「咲妃さん」が油断しまくったためにピンチになってしまうもの。
まぁ、彼女もエロい女性だからなぁ。
マズイぞ!?
なんてお約束な流れが素敵(笑)
座標設定をミスって、実に面白いこととなっているので、お楽しみに。
なお、実は先のエピソード群でも「さやかさん」の謎は未解決なところがあり。
その解決編は2巻目以降となるようです。

204:「Ex Outrageous Orgy Party」 描き下ろし
4ページの描き下ろし。
「さやかさん」が出入りしていた店に、2人して赴くというもの。
なかなか振り切れ度合の高い、特殊で派手なプレイとなっています。
うーん、あれが楽しいのか…。
さすがに合いませんわね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「或十せねか」センセでした。
おそらくひでるさんは今回が初見。
キルタイムコミュニケーション」さんHPにて発見し、なんとなく気にしていました。
↓表紙もぱっと目立つ、インパクトあるものですね。
いいおっぱいです
面白くはあったのですが…。
前述してきたように、収録話・ネタのタイプがため「咲妃さん」が本気でピンチとなることが弱く、少なく。
同出版社さんのよくあるファンタジー成年漫画と比べて、もうひとパンチ、絶体絶命というべき危機が欲しい気がしました。
あ、「さやかさん」がお好みな方は楽しめるかも。

CurseEater

Curse Eater 呪詛喰らい師 (二次元ドリームコミックス) – アダルト, 2018/4/27


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ファンタジー ボンテージ

コメントの投稿

Secret

ブランディッシュのツィスカ様と咲妃さん、どっちがエロいでしょうかねぇ

わからない・・

日本ファルコム、って印象しかありません。
そっちは読んでいないのです、すみません…。
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア