FC2ブログ

■ゆけむりハーレム物語 (立花オミナ)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 温泉、ハーレム、複数、お姉さん、
・構成 : カラー(4P)、6話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、見開きイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「立花オミナ(たちばな・おみな)」センセの「ゆけむりハーレム物語」です。

官能小説家「左雨紗季」
※官能小説家「左雨紗季」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
こちら、実に的を得た表題となっており、ほぼタイトルそのまま。
そちらとカバー絵の時点で刺されば、間違いないと思われます(たぶん)
展開はラブコメっぽく軽いタッチ。
男女間のややこしいアレコレはなく、皆さんえっちを楽しんでいます。
基本そうしたお話ではあるものの。
ずるずる流されるだけでなかったのは、個人的にポイントでした。
あのくだりがため、全体に爽やかさが加わったのでは、と思います。
詳しくは後述しますね。
面倒な要素がないだけお話もそれなりではあるのですが、成年漫画として正しく仕上がった1冊でしょう。

しっかりとした強さある線での作画。
全体の色づきはあり、色彩はやや濃いめ。
描き込みは丁度良いくらいです。
ある程度枠間用意されているものの、細かいコマ割りでちらほらはみ出していて。
派手目で迫力のある原稿です。
パンチ力あるので、細かい点が気になり辛い、得するタイプの絵柄
引き絵などはもうひと安定ほしいかな、という印象でした。
ヒロインらは魅力的でむちむちと肉感的。
↓表紙などカラー絵はなんというかまとまり良すぎるので。
白黒絵のが味わいもあり、プラス判定で問題ないと思います。
1つだけでしたが、紹介帯のカット絵は参考に良いでしょう。

 【 収録話 】 6話収録

003:「湯煙ハーレム物語(プロローグ)」 カラー原稿
007:「湯煙ハーレム物語」 5話
温泉旅館の離れの部屋に不定期滞在することとなった常連客「左雨紗季(ささめ・さき)」
作家の彼女は従業員「佐藤拓巳」はそのモデルに選んだのですが。
書いている小説ジャンルは官能小説であり。
従業員で彼の後輩である「菊池ひかり」を抱き込み、様々なえっちを体験させていくのでした。
…と、ごく簡単にはそんなお話。

前述したようにタイトルそのまま、温泉旅館を舞台としたハーレム漫画です。
ほっといても全裸になってくれるため、成年系との相性は抜群でこちらも同様。
ただ、着衣好きな方は、やや物足りなさがあるかもしれません。
ほぼ全裸か浴衣姿ですからね。
登場ヒロインは、↓表紙・裏表紙に登場している6名。
皆さん、実に立派なスタイルでした。
旅館業は多忙であると聞いてますが、業務描写はほとんどなく。
そうしたヒロインら複数が入り乱れるという、迫力あるえっちをたっぷり堪能できます。

プロローグは4ページのカラー原稿。
「紗季」・「紫帆」・「ひかり」との露天風呂えっちです。

「紗季」・「ひかり」、「希美」・「美香」
※左:「紗季」・「ひかり」、右:「希美」・「美香」

いきなり拘束された「ひかりちゃん」から始まる1話目。
ショートカットで活発っぽい雰囲気があり、「拓巳くん」とも親しい口をきいていたので。
最初のえっち担当になるとは意外でした
彼女の想いも、ちょっと意外。
まぁ、でもそれならば「紗季さん」と結託するのも納得か。
一歩前進するのに勇気いりそうな雰囲気でしたからね。
(後にそのような発言もありました)
観たり体験してきたことは一度もなかったの……」
という訳で、小説家「紗季さん」も参加していました。
しかし、よくそれで官能小説なんて書いてたなぁ。
売れっ子らしいのですが。
(※それだけ妄想と文章力が凄いのか)
なお、「ひかり」・「拓巳」の両名も初体験とのことでしたが…あんだけエロくて余裕あった「ひかりちゃん」が初めてというのは本当か??

結構広い露天風呂だと分かる2話目。
向こうは海とかなんでしょうか。
塀などもな広々としていていい感じ。
実際あれば行ってみたいですよ。

さて、あれから回数を重ねていたものの、前述したようにまだ皆経験値は浅く。
それがためアイデアが固まらなかった「紗季」は、とある計画を思いついたのでした。
こちらは宿泊客「綾乃」さんのヒロイン回です。
↓表紙の左奥の彼女。
離婚して1年という、元人妻でした
なるほど、相手としてはうってつけですわね。
ちなみに、小説ネタのために仕組んでいるため、当然「紗季さん」も覗いており。
共に観察していた「ひかりちゃん」を含め、3名・1名での複数プレイに発展していきます。

3話目は温泉旅館での定番、マッサージ展開。
先の「綾乃さん」の提案で、共に来ていた友人「希美(※注)」・「美香」とのプレイです。
(※注:一部台詞にて「美希」と誤植がありました)
漫画中でも発言ありましたが。
確かに官能小説の主人公に相応しい資質の持ち主ですわね、彼。
そう考えると、「紗季さん」の官能小説家としての目が確か、ってことなのかな。
プレイはよくあるAVみたいなえっち展開です。
注目はやっぱり3名の中で最も気が強い「美香さん」
彼女はもともとホットパンツに黒タイツという服装だったので、願わくばその姿でのえっちが見たかった(笑)
なお、こちらでは仕掛けた「綾乃さん」も参加していますが、「紗季」・「ひかり」の2人はえちお休みです。

お待たせしました。
ついに温泉女将「紫帆さん」が登場する4話目です。
↓表紙では右隅でいまいち目立たなかった彼女ですが…。
いきなりカバー外していた(笑)ので、カバー裏表紙の「紫帆さん」を見た段階からお気に入り確定。
片目隠れる髪型、目元のホクロまで完璧です。
ここまで出番少なかったのが、実に残念。
ただ、焦らせただけこちら回での存在感は圧倒的

温泉女将「紫帆さん」
※温泉女将「紫帆さん」

前半の台詞、
…ふざけないで
のあたりが、個人的には最高。
その余波でテンション下がる「拓巳くん」もいいリアクションでした。
詳細までは伏せますが、えっち面でもラスボスたる風格を見せてくれていたので、お楽しみに。

また、「拓巳くん」は前半に「ひかりちゃん」とのやり取りでひと見せ場が用意されており。
なるほど、彼女が恋焦がれるようになるのも、なんだか分かる気がしました

さて、こうした漫画なので…最終5話はどんなんか容易に想像できますわね。
皆さんの期待通りです
ただし、「拓巳くん」の告白だけは、これまた意外でしたが。
こうした漫画の男性としては、しっかりしていて驚き。
だらだら複数展開になるより、キッチリとしていて気持ち良く感じました。
(※えっち時でも彼女だけ特別感あります)
場所は露天風呂で始まり、後半は客室で浴衣姿となってます。
巻末イラストはオチ後の風景ですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「立花オミナ」センセでした。
今回は区切りとなる5冊目の単行本。
当ブログでは、「ボーイ・ミーツ・ハーレム」、「いきなり!ハーレムライフ」、「団地の中は僕のハーレム」、「アット・ホーム・ハーレム ふでおろシスターズ」を紹介しています。
ハーレム揃いですねー。
温泉旅館好きなので、より楽しめました。
こうしたジャンルなので、老舗旅館の再興とか余計な要素がなかったのもいい感じ。
お話としては…「紗季さん」にもうひと見せ場作ってあげたかった、かなと。
最終前に2人きりにさせてあげれば、また違ったかも。
あとは個人的にイチオシだった「紫帆さん」の出番が少なかったのが無念
見開きイラストでも1人背中向けていたし…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ラブコメ ショートカット ホットパンツ

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア