FC2ブログ

■学園性処理活動 (千要よゆち)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●◎〇〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 下着、変態、複数、コメディー
・構成 : 5話収録(うち「ようこそ精搾部!!」×2、「しょーこれ!!」×3)
・おまけ: あとがき漫画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「千要よゆち(ちよう・よゆち)」センセの「学園性処理活動」です。

瓜河姉妹
※瓜河姉妹

 【 構成・絵柄 】

収録は大きく分けて2本のエピソード。
それぞれに繋がりはなく、全く異なる中編となっています。
詳しくは後述しますが。
うち1本は中途半端な終わり方となっているので、モヤモヤさせられることと思います。
そんなんが気になってしまう、ひでるさん似な方は要検討(笑)
漫画のジャンルとしてどちらにも相応しいのは、コメディーでしょうか。
特に後半収録のエピソードはその傾向強く、最終的にはラブコメちっくな色になってます。
プレイとしては複数ですね。
どちらも個性的で良いと思いますが、やや振り切れてる感もあったため、気を付けてください。

クッキリとした濃い線での作画。
黒色はぐっと強いものの、全体の色づきはあっさり目。
それもあってか、描き込みはちょうど良いくらいに感じました。
コマ割りはやや細かい印象で、枠間はだいたいあり。
あまりゴッチャリとした雰囲気はありません。
服装、特に下着はお話の中でメインとして描かれたりもしているのですが。
なんというか線画で、濃淡・質感には弱さがあり
背景はともかく、小物類もそんな感じです。
コレがため、”プラスなんちゃら分”を捨ててしまっているかもしれません。
ヒロインらは丸く広い輪郭で、各顔パーツは適度なバランス感覚
健康的なふっくらとしたスタイルで、良い肉付き具合でした。
成年漫画らしい、魅力的な絵になってます。
カラーはまた違う感じなのですが、判断についてはおおむね↓表紙で良いでしょう。
裏表紙にはカット絵もあるので、参考に良いと思います。

 【 収録話 】 5話収録

003:「ようこそ精搾部!!」 2話
転校してきた「浜良清次(はまら・せいじ)」
部室の看板”精搾部(せいさくぶ)”に気を取られていたところ。
偶然通りかかった副部長「朽仲音降(くちなか・ねぶり)」は入部希望者だと勘違い。
部長「奥乃院明(おくのいん・めい)」、同学年の「谷真夢奈(たにま・むな)」らに歓迎された彼は、ずるずる流されて入部テストを受けることとなってしまったのでした。
ごく簡単にはそんな導入部。

いわゆる部活漫画の1つ。
それが成年漫画テイストになっていて、えっち行為そのものが競技化しています。
こないだの「好きになったら一直線!/如月群真」のような感覚ですわね。
そちらが好みだったので、結構期待したんですが…結果的には肩透かしな印象でした
以下で説明させていただきます。

奥乃院明、谷真夢奈
※左:奥乃院明、右:谷真夢奈

①2話しかない。
収録は2話だけで、完結っぽい雰囲気はまるでなく。
…これ、今後も続くんでしょうか。
あとがきに言及なく、単行本の読者はほぼ放り投げられたような状態です。
非常に不親切だと感じました。
大会どうのという話も出ており、もし3話以降がないのであれば…某有名少年誌のように、ばっちん打ち切られたのかな、って考えちゃいますがね。
そもそも↓表紙・表題はこっちエピソード寄りなところ、収録比率は少ないというのは…。
やや酷いですよ。

②ストーリー冒頭までしか収録されてない。
前述のとおり2話だけなので、大会みたいな本試合は描かれてなく…。
また、登場した対戦相手らは平然と反則をしており(また見つからない)、”その上でも勝利した”という金太郎に対する熊のようになっていたものの。
実際の試合はどんなんなのか、分からぬままです。
そもそも、素質はあったとしても、勝利のため努力して自分自身を磨いていくくだりが、読者に共感を呼ぶものだと思いますが
そうした要素はなく、入部テスト→練習試合→ご褒美という一連の展開だけでした。

③メインヒロインが不明。
先の 「好きになったら一直線!」はペアを組むため、自然と正ヒロインが出来上がるのですが。
こちらは集団対決で、チームの3名はおおむね等しく描かれていて。
個人エピソードなどもなかったため、目を引くヒロインがいないのです。
最初に出会うのは副部長「音降さん」で、明らかに↓表紙にて目立っていたのは部長「明さん」と、バラバラでした。
(※ちなみに、裏表紙のカット絵は「音降さん」だけ)
ついでに言えば、対戦相手は個性が非常に弱く。
メインの眼鏡の娘以外はどんな顔をしていたのか印象がありません。

④そもそも試合ではチームの娘らとえっちできない。
仲間意識芽生え、チーム一丸となって…というのは日本人好きな展開だと思いますが。
試合でのえっち相手は他校チームの女子メンバーであり(詳しくは後述してます)、自チームの女性陣はもっぱら他の男子とえっちすることとなり。
相手が強ければ、それだけネトラレ感が強くなることと思います。
(※収録の練習試合では典型的なモブ男子だった)
それはソレで、好みに感じる読者はいるかもしれませんが、大多数の読者はそうした展開に引くと思いました

…そんな感じですね。
例えば次の単行本で3話から収録するかもしれませんが…多少ややこしさ(※ルールがあるからね)あるストーリーなので、キッチリと説明なければ乱暴な気がします。
また、先の4点がため、正直なところ続きを切望するほどのパワーは今の所なく
個人的には次のお話のが続きを読みたい感じでした。
いちおう、競技についてまとめましたので、こちらにも残しておきます。

 【 搾精とは 】

●大前提 相手男性を射◯させ、勃起不可能にしたら勝ち。

●基本ルール
・男性1名、女性3名で1チーム。
・男性は試合前1週間は“射◯禁止。
・制限時間は50分。
・敵味方の男性が勃起したら開始。逆に1分以内に出来なければ失格。
・勃起すれば何度出してもOK(たぶん)
・道具の使用は反則。

075:「しょーこれ!!~学校の階段編~」
119:「しょーこれ!!~ランジェリーショップ編~」
161:「しょーこれ!!~家庭訪問編~」
無表情で口数も少ない、教師「下木海斗(しもき・かいと)」
JKの下着が大好きでコレクションまでしており…。
それは、生徒から買い取っている噂までありました。
やつれていたその当人と出会った「瓜河春」は、階段でのパンチラを切っ掛けに~というお話。

変つーか、変態?

そう揶揄されている、らしくない教師「海斗くん」
いちおう”買い取る”ということで、相手に支払いをしており…。
(※3話目では、その枚数多いとはいえ「こんなに?」と金額に驚いています)
作中は緊急事態であーした行動になっていましたが、普段はいちおう冷静に事を運んでるみたい。
また、成年漫画の男子主人公のセオリーで”巧い”こともあってか、あんなんでも教職を続けられていました。
なにしろ、真面目設定な妹「瓜河冬子」さん(2話登場)も、あっさり篭絡されてましたからね。
案外あれで女生徒の支持は得ているのかもしれません。
舞台は女子校でしたが、逆に男子には嫌われそう。

漫画の視点はおおむね1話目のヒロイン「春さん」
妹「冬子さん」と違って垢抜けており、援交もしていて経験も少なくないみたい。
無理やりのえっち展開でしたが、それ以後は彼を気に掛けているような描写があります。
ううむ、女房気どりな勘違い女性とか多いかもね。

1話目は学校の階段が舞台。
あれ…上下に音バリバリ響いていそう。
他に生徒の姿はなく、「春さん」は鞄を背負って廊下歩き、友人からの電話に出ていることから察するに。
時間は放課後とかなのかな。
数日忙しかったらしい「海斗くん」はフラフラしており、階段で見えたパンチラに暴走。
いきなり顔を押し付けたりしていました。
なんというか、潔い変態っぷりで楽しい。
その際、「春さん」は友人からの電話に出ていたのですが。
電話の内容が重めで切り辛く、目前の対処もできず、されるがままになってしまう、非常に素晴らしいシチュエーションです。
ちらほらAVで見かけるようなネタですわ。
いちおう下着がメインではあるものの、”染み付き”というこだわりもあるらしく。
匂いや感触を堪能するだけでなく、直接行為にまで及んでしまうのでした。
彼にとっては緊急事態(コレクション堪能できない日々だったらしい)ということもあり、まったく躊躇ないのが凄い。
どんな教師だ

「瓜河春」、妹「瓜河冬子」
※左:姉「瓜河春」、右:妹「瓜河冬子」

2話目は下着売り場。
とても教師とは思えない趣味ですね
とは、現場で鉢合わせた「冬子さん」の台詞なのですが。
あれは…店員から通報されそうなレベルでしたよ。
眼鏡な真面目キャラである「冬子さん」とのやり取り。
彼女の視野を広げるとか、正すとかそんな意識は…ないか。
単に下着が欲しかったんでしょうね。
話そこそこに、さっそく下着に手を伸ばしていました。
彼女にも結局えっち仕掛けてるんですが、「本意じゃない」ということを言っており。
行為はあくまでも好みの下着とするためのようです。
オチ付近では、意外な才を見せております。
…分かるんだ。

3話目は瓜河姉妹の家を訪問するお話。
察しの良い方そのとおり。
こうしたWヒロインものの3話目は、複数展開がセオリーですよね。
いちおう以前そのままな態度の姉「春さん」に対し、妹「冬子さん」はウェルカム状態で。
姉妹対決えっちのようになっていました。
ちなみに、裏表紙は妹「冬子さん」
姉よりも巨乳で、こちらのラブラブな態度がキュートでした。
うん、野郎の都合いい存在にならないよう気を付けてね。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「千要よゆち」センセでした。
ブログでは「ミダレはじめたカラダ」、「輪姦学園 敗北者達は淫れ舞う」、「頭の中はいつも卑猥妄想中」、「制服の奥の気持ちいいトコ」などを紹介しています。
これが7冊目(別名義含め)くらいになるのかな。

前述しましたが。
個人的に好きなジャンルで、冒頭では前のめりになっていたのですけれど。
うーん、もし3話以降が収録された単行本出ても、次はトキメかないかなぁ。
やはりチームの女子らと試合ではえっちできない設定は痛い
また、せっかく競技化しているのだから、大勢観客いる中で~みたいな、本来とは真逆な感じがあれば良かったなぁ。
搾精部知らない彼を非常識だとする場面は良かったんですけどね。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ラブコメ コメディー パンチラ

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア