FC2ブログ

■両手に先輩 (松河)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉さん、フェチ
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、11話収録(うち「両手に先輩」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「おまけコーナー」、
      カバー裏にリンクネタ絵、加筆・修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「松河(まつかわ)」センセの「両手に先輩」です。

クラスメイトの「相澤さん」
※クラスメイトの「相澤さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ前後編があった以外は、全て短編での構成。
描き下ろしの「おまけコーナー」は漫画ではなく、2ページ見開き絵と文章。
いちおう話は短編「カノジョくらべ」と繋がっており、その後日談みたいなものでした。
ジャンルとしてはラブコメ
お姉さんくらいな、若干年上の女性が魅力的に描かれていました
若干ブラックっぽいのもありましたが、基本的には楽しく読める1冊です。
そう前面に出てはいないものの、フェチっぽい描写もちらほらあり。
刺さる人にはプラスなんちゃら分が加算され、より楽しめることと思います。

しなやかな曲線での作画。
適度な濃淡具合で、描き込みは細かめ。
コマ割りも同様に細かさあり、小さいコマ多めでした。
枠間はおおむね確保されていて、仕上がり丁寧で見易い原稿
コメディー崩しほか適度なメリハリがありました。
人物画は身長あるお姉ちゃん絵柄。
優れたバランス感覚で、スタイルは丁度良い印象。
背景・小物など、ある程度のリアルさを支えるに足るものであり。
服装、特に下着などは凝って描かれていたのが、個人的にはお気に入りでした。
白黒とはやや印象変わるものの、判断には↓表紙。裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

001:「卒業」 カラー原稿
8ページへほどあり、カラー原稿の漫画としてはやや長め。
生徒と付き合っていた教師というカップルの、卒業式後風景です。
よく我慢できました
冒頭の「祐子」さんに下着露出させるところが好き。

009:「両手に先輩」 前後編
会社の先輩達から宅飲みに誘われた「石田徹」
先輩「清水小百合」の部下「細川」が急なトラブルで来れず。
憧れの先輩「真美」と両手に花状態となったのでした。
こちらが↓表紙の2人。
いい眺めですねー
あんなんが上司ならば、日々楽しいだろうと思いますよ、ええ。
…まぁ、漫画ですわね……。
酔った「小百合さん」はやけに距離感近かったのですが。
彼女が”自分狙いだった”ということを「真美さん」が説明したのが切っ掛け。
(※ついでに彼女の服を脱がして、促してる)
うむ、実にエロスな展開で嬉しい。
何とか理性…保てた…
あたりのくだりがいいですね。
どこが!?
「細川くん」狙いだったという「真美さん」ですが、当人言っていたそのままスイッチはとっくに入っていたらしく。
それがため、巧いこと憧れな彼女ともえっち展開になっていました。
いや、良かったねぇ。
後編はこうしたエピソードのお約束、複数えっち。
タイプじゃないなぁ
そうハッキリ言われているんですが、やはり男女の仲は押しまくるのが正解か。
後編でのお出かけシーンが実にいい感じでした。
うーらーやーまー。
また、最終的にスーツ着させてるのは、なかなか良い趣味だと思いました。

先輩「小百合」・「真美」、「坂下瑞希」
※左:先輩「小百合」・「真美」、右:「坂下瑞希」

049:「スペルマーキング」
彼女「坂下瑞希」と付き合うようになり、自分でも意外な性癖が明らかになったのでした。
ショートカットの「瑞希ちゃん」は、裏表紙の女性。
そちらで、自らの下着を持ち、微妙な表情を見せていましたが。
そんな感じよ(笑)
カバー裏に続きあるので、ご期待ください。
冒頭にあったワンランク上ですが。
そうまではないものの、確かに色々な感覚は変わってくるのだと思います。
濃い色の下着が良いですねー。
なんとなく同意。
後半のスカートめくらせる部分がお気に入りです。
ちなみに。
途中に描かれていた妄想の女性2人は「両手に先輩」の2人の学生時代みたいで…。
なんだか妙に刺さりました

069:「カノジョくらべ」
前述したように、巻末描き下ろしはこちらのエピソードです。
男子「健吾」・「慎二」・「幹彦」の3名が、タイトルそのまま彼女自慢をするというもの。
話す順で年下の「結衣子」ちゃん、クラスメイト(同年代)の「相澤」さん、先輩「藤井沙耶香」…と年齢が上がっていき。
年上いいなぁ、って結論になるあたり、センセはやっぱり年上(お姉ちゃんくらい)好きなのかなぁ、って思いました。
彼女のエロ写メ見せる感覚はよく分かんない。
そういう目で(彼女を)見られたいのかな。
個人的には無防備そうな「相澤さん」が好き。
近くで見てたいよね(笑)
オチの「沙耶香さん」が結局全て持ってった感もありましたが。

085:「オトナになった君へ」
近所に住むお姉ちゃん的存在「千尋」
彼女と2人きりの誕生日に、「順」はとあるDVDをプレゼントされたのでした。
あれを一緒に見るというのは…完全にプレイですわね。
描かれていた成長していく「千尋さん」も魅力的で、彼が好きになるのは当然。
台詞から察するに、「順くん」は彼女の期待通りに成長したのでしょうけれど…そもそも弟ポジションではなかったということかな。
羨ましいなぁ。

109:「俺たちの彼女」
転校してきた「遠藤」を気遣ってくれた「芳川麻希」
幼馴染みという「健介」と共に、3人で過ごすことが多くなり。
それがため、「麻希」に好意をもったものの…既に「健介」と付き合っていたです。
えっち場所に困っていた2人に、「遠藤」は自分の部屋を提供することを申し出たところ~という流れ。
まぁ、借りる方も借りる方かなぁ。
「麻希ちゃん」は可愛らしい眼鏡女子。
(※後半登場時には外している)
えっち最中は彼の妄想通りな感じで、また別の顔がありそうなのですが。
後半の展開そしてオチが衝撃的なものでした。
あのあと果たしてどうなるのか!?

129:「汗の匂いに誘われて」
大学の先輩「めぐみ」と付き合ってから、「将一」は週末には彼女の部屋で過ごしており。
飯作ったり、掃除したりしていたものの、決まって次の週にはちらかり放題になっていたのでした。
ちらほら見られる、だらけた女性ですね。
えっち展開はちょっと意外なものでした。
…寝ちゃうんだ。
下着で判断するところが可笑しいです。
1コマだけ差し込まれていた、普段の姿というのをもう少し見たかったかな。

145:「隣人の彼女」
隣からのアノ声に毎度悩まされていた主人公。
ある日帰宅すると、見知らぬ女性が部屋の前で酔い潰れていたのでした。
例の隣の女性だと察した彼は、ちょっとした悪戯心で…というもの。
ヒロイン「宮村奈央」は冒頭寝ていましたが、中盤頃にに目覚めています。
まぁ、いかに酔っているとはいえ、あの状態で人間違うってことはないかなぁ。
どうでしょうか。
こちらも驚くオチが待っています。

165:「お話はHの後で」
可愛らしい彼氏「拓海」にメロメロな「早紀」
付き合って2カ月になるものの、ほぼ毎度えっちするだけであり。
普通の恋人同士らしいことをしたい、とお願いされたのでした。
エロいお姉さん。
考えることが男子ですね。
肉食だなぁ。
どっか出掛けてもプレイになってしまいそう。

芳川麻希、瞳子
※左:芳川麻希、右:瞳子

179:「Try again!!」
初体験での失敗から、から彼女「瞳子」に避けられていた「鉄平」
ようやく半月後連絡が来たのですが…というもの。
まぁ、普通は別れ話だと思いますわね。
「瞳子さん」が言ってるのはその通り。
ややハードルは高いですが、お互いちゃんと話すことが大切でしょう。
たとえ引かれるとしても。
彼女もなかなかえっちな娘でしたよ。
オチにはひと安心することと思います。

 【 その他 】

以上、本日は「松河」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
おめでとうございます!
いちおう、後半収録の数話は時期が古いもので…。
そちらはやや差を感じたもののトータルでは高い完成度の1冊でした。
特に冒頭からの5話は、段違いなくらいの出来栄え。
良いエロス具合でした。
次も期待しています。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

関連記事

tag : コメディー ラブコメ ショートカット

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア