FC2ブログ

■おじさんといっしょ (成田コウ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、ブラック
・構成 : 9話収録。
・おまけ: あとがき、ゲストページ、合間に作品解説、
      カバー裏にラフ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「成田コウ(なりた・こう)」センセの「おじさんといっしょ」です。

まい、お嬢様
※左:まい、右:お嬢様

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
連続や後日談みたいなのはありませんでした。
ゲスト出演で繋がりあるエピソードがあったものの、1つだけ。
今後に期待しましょう。
お話はラブコメ的な読み易いものと、ブラックで毒素あるものが半々くらいなイメージ
ブラック系は真っ暗なものほか、なんとない毒を感じるものですね。
ヒロインの個性がハッキリとしていて、それで牽引しているようなお話。
短編というのもあるかと思いますが、ストーリー的にもう少し楽しみたいかなー、って思いました。

しっかりとした黒線での作画。
全体の色づきはそこそこで、濃淡・描き込みは適度なくらい。
枠間は確保されていて、コマ割りはやや細かめ。
賑やかですが乱れなく丁寧で、見辛いところはありません。
小コマや引き絵も問題ない感じです。
配置・漫画運びでやや気になるところもありましたが、些細な程度。
そう気にするほどの崩れはなかったです。
人物はふっくら輪郭で丸い頬が特徴の漫画らしい可愛さ。
スタイルはむちむちふんわりと健康的です。
愛らしくコメディー要素もあるため、ブラックとなった際の落差が大きい。
個人的には好みでもあるため、コメディーちっくのが合ってるかなーって感じました。
判断についてはカラーとそう変化ないため、↓表紙・裏表紙で大丈夫です。

 【 収録話 】 9話収録

003:「サポートJKとお突き合い」
「のぞみ」は彼氏のため、友人の紹介で援交をすることとなったのです。
ごく簡単にはそんなお話。
一見、いい人そうだったお相手「サトー」でしたが。
えっち相手はまた別の男性「アライ」だったり、後半での彼の行動なとが気になり。
なんだか…この先トンデモない事態に発展してしまいそう
まぁ、「のぞみちゃん」も楽しんでいたのでいいのかな。
今回の↓表紙は彼女です。

025:「決め打ち・おとなりさん」
雪もちらつく12月の夜。
帰宅した「瀬戸祐介」は通路に立っていたお隣に住む「都築ありさ」を発見。
カギをなくした、と言う彼女を部屋に入れたのですが…。
その後、毎日のように家で帰りを待つようになってしまったのでした。
そんな、押し掛け女房的なヒロインです。
黒髪ロングで清楚な雰囲気もある「ありささん」
あーんな娘が家で待っててくれるのは嬉しいですよねー
制服・エプロンという姿でした。
いいなあ、オイ。
詳細は面白いので伏せますが、彼女の行動が面白い
ずっと機会を伺っていたのかな。
男子にとって、オチはちょっと怖いですが。

のぞみ、都築ありさ
※左:のぞみ、右:都築ありさ

043:「既読無視」
新学期「柏木あいり」は「野呂このみ」の隣の席になりました。
「とろみ」とあだ名される彼女は不思議ちゃんとして知られていて。
その通り独特な娘でしたが、”文字通り受け取る”面白娘でもあったのでした。
そんなオープニングの、女性2人の友情話…になる訳もなく。
後半はなかなかトンデモな展開です
まぁ、成年漫画ですからね。
「あいりちゃん」はまったく悪い訳でなく、変な娘と関わってしまって気の毒な感じ
また、こうした展開で、あーした男子生徒らは定番なのですが。
もう少し普通な感じ(特に複数でなくて良いかと思う)でもいいのではないかなぁ。
なんというか、いかにも漫画ちっくで…。

065:「素股イン・プレー」
彼氏のいるテニス部の部長「まい」
部のため、直接行為は避けていたんですが…引退となった日、初めてすると決めていたのでした。
そんな感じの初えっち話。
ショートカット、日焼け跡という典型的なスポーツ女子の「まいちゃん」
後輩の前では”カッコイイ先輩”を演じているのが可愛い。
彼氏「ケン」は恰幅の良い体型。
ケーキ作ったりしているようなので、胃袋を掴んだのかな
2人の切っ掛けどんなんだったか見てみたい。
それまでは素股をしていたらしく。
ソレはそれでまたエロくていいなー。
オチが甘いです。

087:「人前ではお行儀よく」
「タク」こと「拓哉」と「和美」のえっち短編。
最後に全てが判明するタイプとなっていました
なるほど、センセの思惑通り、最初から読み返したくなるなる。
言動にちょっとヒントありましたが、最初は分からないだろうなぁ。
ちなみに、
二割らしいよ
…とか言っていましたが。
自らがその二割になるかもしれない、って考えはないのかね。
そんなんだと…後悔するぞ。

109:「逆転カースト」
ガリ勉で知られる「木田」はクラスメイト「木山かおり」から、
”ガリ便器”
というあだ名と共に、好き勝手していたところ…というお話。
ひどくいじめてたわけじゃない」
冒頭にそんなことを言っていましたが。
まぁ、スル方の勝手な言い分ですよね。
自業自得でしょう。
「木田くん」は単なるガリ勉でなく、実際に学年1位の実力者。
ああして本気を出せば、逆転もそう難しいことではないかな。
(※彼女単独なので)
あーでも、なんというか優しさあれば、また違った結果だったかもしれませんね。

129:「おくちスイッチ」
付き合って1年という彼女「弥生」
「遼太」にはぜひ彼女にお願いしたい事があり。
機会を虎視眈々とうかがっていたのでした。
そんな感じの、タイトルそのままお口えっちなお話。
眼鏡と口元の黒子が特徴な「弥生さん」
大人しそうな可愛らしい娘ですね。
結構バストあるのもいい感じ。
嫌われる、と思っていたそれですが、実は彼女の方にも事情があり。
万事巧く運ぶというもの。
まぁ、ああした事はやっぱり素直に話すのが吉
それで嫌われたならば、仕方ないことでしょう。
ただ、オチでは「遼太くん」に試練が。
ガンバレ。

151:「ボクのワガママお嬢様」
お嬢様から買い物を頼まれた「健太郎」
その品目は”避妊具”で、今度は何を頼まれるかと困っていたところ。
帰宅した彼女は性体験をするべく、2つのプランを用意していたのでした。
切っ掛けとなっているのが、「決め打ち・おとなりさん」のヒロイン「ありささん」
ちょろっと顔も見せていましたよ。
そもそも「健太郎くん」は仕える身で彼女に頭が上がらず。
言われるままとなっていました。
お嬢様の黒ストッキングが魅力的。
できればもう少しその姿を見たかったですが…まぁ、目的がソレですからね。
彼女の真意が実に甘く、ほっこりさせられるのですが。
オチで実にらしい所を見せてくれました。

香穂
※香穂

171:「放課後の幼馴染」
物腰穏やかで優しく理解のある「香穂」
しかし、それは外面だけで、実際は感情を隠さない、ゲーム好きな女子でした。
そのため、告白はされるものの全て断っていて。
幼馴染み「徹」とよくつるんでいたのです。
本人が言うそのまま、素を見せれる「徹くん」はそれだけで特別な存在
彼女は強い感じなので、あるいは強情なまま過ぎてしまったかもしれませんが。
ああして素直になったのは良い事。
まぁ、良かったねぇ。
収録では最もラブコメ感あるお話だったと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「成田コウ」センセでした。
こちらが3冊目の様子。
ひでるさんは今回が初見でした。
個人的に好きな”コミック高レーベル”で。
むちっとした雰囲気のある裏表紙が刺さりました。
絵的には予測そのまま結構好みで良かったのですが。
お話がなかなかにブラック感あり、そこがイマイチ。
特に「既読無視」のエピソードは読後感も重く…合いませんでした。
押し掛けの「ありさ」、テニス部「まい」、お嬢様にゲーム好きな「香穂ちゃん」らのお話は良かったんですがね…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ラブコメ コメディー ショートカット

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア