FC2ブログ

■父と娘の性愛白書 (堀出井靖水)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 近親、父子、ロリ、貧乳、ラブコメ
・構成 : 初単行本、7話収録(うち「綴ちゃんの処女喪失」×2)
・おまけ: あとがき、質問コーナー漫画、カバー裏に漫画、
      合間に解説・マンガメーキング。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「堀出井靖水(ほりでぃ・やすみ)」センセの「父と娘の性愛白書」です。

あーりゃん、夕美
※左:あーりゃん、右:夕美

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と連続モノが1つ。
うち、連続話は前後編のタイプで、2本で1話という感じ。
話数は少ないのですが、それぞれ20ページ以上あり。
読み応えとしては問題ありません。
くくりLOでヒロインはロリちっく。
ただ、なんというか…ガチガチのそっち系でないので、期待し過ぎないように。
おおむね↓表紙の感覚で、どっちかというと貧乳ジャンルのが正しいと思います。
また、タイトルそのまま父娘の近親系でまとまっているのが特徴。
アプローチは各話それぞれなのですが、ラブラブでオールOKという軽すぎなのとは違います
1話だけですが、真っ暗なブラックネタもあります。
逆に言うとそれだけ。
詳しくは後述しますが、前後編がじっくりした描かれ方で良かったので、ジャンル的に苦手でない人はオススメです。

しなやかな細線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、黒はやや強め。
ややあっさりとした感じでしたが、描き込みは丁度良いくらい。
小さめに並ぶコマ割り。
収まり良く、枠間もだいたい確保されていました。
小コマほか一部弱い部分もあり。
若干分かり辛く感じるところも見られました。
人物画はリアル調を含んだ漫画っぽいもの
それゆえ、ちょっとしたコマは気になり易いと思います。
特にヒロインは特徴的で、なんというか可愛すぎないのがポイント
いや、可愛らしいんですけれど、”その言動で魅力を増している”、みたいなもの。
おおむね↓表紙などのカバーイラスト、紹介帯のカット絵で判断できるのですが。
多少判断の幅を広げても良いと思います。

 【 収録話 】 7話収録

003:「なゆちゃんの成長記録」
「古鳥那由(ふるとり・なゆ)」は父親と”成長日記”と称して定期的に撮影を続けていたのでした。
こちら「那由ちゃん」が↓表紙の娘さん。
溺愛する父親に全力で応えた結果、みたいな感じ。
親がライン越えちゃうと、こーなるのかなー。
正しい形なんだ」とかなんとか言ってましたが。
絶対に違うと思うよ。

古鳥那由
※古鳥那由

025:「あーりゃんの家族遊戯」
「あーりゃん」は学校で兄妹の行為がタブーであると知ってしまったのでした。
凍り付くクラスの風景が楽しい
それを知った彼女は、兄との行為を拒否するのですが。
頼った先がまたカオスでした。
タイトルもあるので、だいたいは想像できるかなー。
だめなんだからね?
そう、NG出しつつ誘う様が賢いですよ。

049:「タミさんの恋愛成就」
”キスしているところを想像して、イヤじゃなかったら。その人とは付き合ってもうまくいく”
そうした話題に心当たりがあった「タミさん」こと「夕美」
その相手とは…実の父親だったのでした。
父子家庭で、家事ほかしっかり母親役を務めていた「夕美ちゃん」
やたら長い前髪と、丁寧な喋り方が特徴です。
裏表紙の娘ですね。
いい娘でしたよ
よくあー育てたなぁ。
やや天然入った独特な娘で、アプローチが可愛らしい。
えっちに至るのは…あの場合は仕方ないか。
そんな訳で、母親役というか、妻役までも完璧にこなしてしまうのでした。

071:「舟さんの父娘姦計」
再婚した義父と巧くやっていた「舟(しゅう)」
しかし、帰宅したところ実父がおり、過去の酷い記憶が蘇るのでした。
ベリーショートの体育会系な娘さんの凌辱エピソード。
収録ヒロインの中で「舟さん」は最もバストがあるかな。
救いのない展開で、気の毒な感情が先になってしまうので…この手の話はどうにも苦手です。
ブラックなのがお好きな方はいいかも。
前話とのギャップが凄いよ。

093:「かなめちゃんの正体不明」
昔はよく甘えて来た1人娘「かなめ」
しかし、今では反抗期か素っ気なくなっており、その対応に父親が頭を抱えていたところ。
ある日帰宅すると、酔っぱらった彼女が出迎えたのでした。
そんな感じで泥酔な娘とのえっち。
確かにチューハイは間違って飲むかもしれませんね。
ああした酔い方は、今後が心配です。
よく分かってないのが面白・怖いですよ。
前半の奥様が優しく、なんだかこちらもほっこり。
ちょっとしたことでも、ああした対応は嬉しいですわね。

かなめ、持原綴
※左:かなめ、右:持原綴

137:「綴ちゃんの処女喪失」 前後編
成長した今でも、父親と風呂に入っていた末娘「持原綴(もちはら・つづる)」
表面上は冷静を装う父でしたが。
実は、娘の裸に限界が近い状態だったのでした。
ある日、お風呂に一緒に入っていたところ…と、そんなエピソード。
いろいろ収録ありましたが、断然こちらだと思います。
これは良かった

娘「綴ちゃん」視点での近親えっち話。
前後編でページ量もあり、経緯が細かくたっぷり描かれているのが特徴です。
前編は、一晩・数時間の出来事が42ページほどになっていました。
シーンは概ね全ての切っ掛けになるお風呂と、出たその後。
「綴ちゃん」はラブラブではなく、普通に父親とのお風呂を楽しんでいた様子。
マイペースで周囲の意見には流されない娘のようです。
ガチガチだった父親のソレを知った際のやり取りも独特
恥ずかしい、って感情は当然あるのね。
普通ならば、それで何事もないと思われますが、そこは成年漫画。
どうせならばじっくり見たい、と要求されてから変な感じになってしまうのでした。
…まぁ、当然か。
いちおう、直接行為はして…いません、でいいのかな。
ただし寸止めではなく。
ガッチリ入ったりはしてしまうのですが、あれで止めれたのは凄い。
お風呂後の「綴ちゃん」がキュートでした。
眼鏡いいよね。
後編はそのもやもやっとしたものを解消する、解決(?)編です。
いちおう家には妻・姉らがいるため、ホテルでのえっち。
「綴ちゃん」はドレスアップしているので注目。
また全然雰囲気かわりますねー。
残念ながら今回も眼鏡オフなので、期待した方は残念。
(※前編もメインはお風呂シーンなので、ほぼ眼鏡オフなのです)
オチの2人の感じがリアルっぽくて実にいい感じ。
まぁ、たまにはスルんだろうなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、「堀出井靖水」センセでした。
こちらが初単行本になるのかな。
おめでとうございます!
ガッチリ父娘で揃えられ、漫画・ヒロインも独特。
↓表紙とかも何とも言い難いエロス感で、思わず手に取ってしまいました。
漫画はいまいち刺さらないかなー、って読んでいたところ。
最終「綴ちゃん」に撃墜されました。
あれだけで、買ってよかったという感じよ。
彼女の他シチュエーションが見たいです。

父と娘の性愛白書 父と娘の性愛白書 (TENMACOMICS LO)
                  (2017/9/28)
                  堀出井靖水
                  ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ ベリーショート

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ