FC2ブログ

■ガクセイ ~娼学性奴~ (溝口ぜらちん)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●〇〇
・属性 : [成年] 学園、複数、調教、ラブコメ
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、
      5話収録(うち「ガクエンセイカツ」×2)
・おまけ: あとがき、設定画、合間にネタ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「溝口ぜらちん(みぞぐち・ぜらちん)」センセの「ガクセイ ~娼学性奴~」です。

野上ヤコ
※野上ヤコ

 【 構成・絵柄 】

収録はメイン表題作ほか短編という構成。
巻末に同タイトルのものがありますが、関連のない別話でした。
各話ページ量はあるものの、話数は5話と少なく。
ボリュームとしては、普通くらいだと思います。
それぞれ学園生活でまとめられたお話。
そのうち、冒頭の表題作、巻末の短編は調教な色もあるハードさあるもの。
それらに挟まれた短編は、どことなくラブコメちっくな楽しいお話でした。
内容にはやや差がありますかね
タイトルの雰囲気に引っ張られた方は、物足りなく感じるかもしれません。
個人的には2話のコメディーっぽさある短編のが合っていると思いました。

強めな線での作画。
ジャンルもあってか、ぺージは賑やかでしたが、描き込みはそこそこ。
濃淡はデジタルな色合いでしたが、全体的に暗めな印象です。
コマ割りは複雑さあり、はみ出し・ぶち抜き多め。
賑やかな仕上がりとなってました。
原稿時期がやや異なり、多少差を感じます
中央に配置された短編2話が最近のもので、ちょっとした絵でも綺麗に仕上がっていました。
次単行本などはより絵柄の安定が見られそうです。
大きさある横長目で、軽くですが鼻もしっかり描かれており。
可愛らしいお姉さん絵という感じ。
適度にリアルさありつつも、コメディー描写にも違和感ありません。
裏表紙のカット絵が参考に良いでしょう。
そう引っ掛かる部分もなく、安定感が増せばまた次のステージが見えるだろうと思います。

 【 収録話 】 5話収録

003:「ガクエンセイカツ ANOTHER SIDE」 2話 カラー原稿あり
全寮制の学園に入学し、実家から離れて意気揚々としていた「風見翔太」
奨学生の彼は、学費返済の義条件があったのですが…。
入学式にて、周囲が女生徒ばかりという事実に気付いた彼。
不穏な空気を察したそのまま、生徒会長「澤上アオイ」に呼び出された彼は、自らの役割を知ることとなったのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

えっちな学園生活のお話です。
周囲は女性ばかりで、まさにハーレム状態。
…という。ラブコメ系成年漫画のようなバラ色感はまるでなく。
飼われたような状態の彼は、欲求不満の捌け口として彼女らにいいように扱われることとなるのでした。
ごく簡単には↓表紙のようなイメージそのまま。
行為としては同じことでも、感情が入らないだけで重くブラックな学園生活となっています
こちらも見ていて、楽しさがありません。
キッチリ人を選ぶ漫画だと思います
あのオチは好き。

生徒会長「澤上アオイ」、「白川アヤ」・「紺野リオ」
※左:生徒会長「澤上アオイ」、右:「白川アヤ」・「紺野リオ」

冒頭からの相手は生徒会長「アオイさん」
カラー原稿部分も彼女でした。
「翔太くん」よりもスタミナあるらしく、えっち行為にも関わらず彼の表情はたいていしんどそうなものばかりでした。
個人的に嫌だと思ったのが、飼育係「紺野リオ」の持ってくる食事。
分かり易さのためか、コメディーちっくに描かれているんですが…リアルを想像して食欲が失せます。
後半ではお風呂場でのえっちなどもありました。
さて、その前半オチは衝撃的なものです。
どんなんかは内緒。
そんなこんなでの2話目。
ちらと顔を見せていた、眼鏡な書記「白川アヤ」との行為でスタート。
お尻プレイです。
現在の状況が示されるのは、その後。
生徒会の3名ほか、担任教師、クラス女性らとの日々が描かれていました。
あれ、いきなりえっち状態なのですが、もう少し日常生活風景と合わせることで、より彼の厳しい状況が見えると思うのですが。
ページの都合もあってか、そのあたりが軽くなってしまってのがやや残念でした。

089:「フコーなシアワセ」
”お前絶対呪われてるぞ”なんて批評される、不幸退室な「野上ヤコ」
ただ、彼女を本当に悩ませているのはそれではなく。
不幸の後にこみあげてくる、どうにも我慢できない性欲に頭を抱えていたのでした。
不幸、エロ、不幸、エロ、不幸、エロ…と繰り返される日々に翻弄され続けていた「ヤコ」
ある日、幼馴染み「松下コーイチ」に、初めてエロの現場を目撃されてしまったのです。
だいたいそんなお話。

こちらと次の短編は、ラブコメちっくで楽しく読めるエピソード
ぶっちゃけ、ひでるさんはこの2話のが好き。
特にこちらがお気に入りです。
ヒロイン「ヤコちゃん」は黒メガネでお下げ髪のごく地味目な容姿。
そんな娘のえっち暴走がいいですね。
いちおう、おっぱいが大きく、後半では男子の視線を集めていたので、意外に注目される存在なのかもしれません。
彼女の独りプレイを目撃したのが、下の名前で呼び合う馴染みの「コーイチくん」だったのは幸い。
周囲からも彼は幼馴染みとして認識されているようで、付き合ったとしても順当。
ちゃんと行動を気にしてくれており、男子としてもちょうど良い印象でした。
後半は体育倉庫内でのえっちになってます。
オチも楽しくまとまっていました

121:「怠惰でエロい」
怠惰に学園生活を過ごしていた「山本ユージ」
授業もダルく感じた彼は、保健室で過ごすことを思いつき、向かったところ。
その中は生活感たっぷりで、かつ散らかり放題という酷い有様でした。
丁度目覚めた養護教諭「秋沢」はこの部屋の主として相応しい雰囲気の女性であり。
惨状に圧倒されていた彼に、半ば無理やりえっちを仕掛けるのでした。
裏表紙が「秋沢さん」です。
先生、楽しそうでいいですね。
変な話、自らよりも相当上にいるだろう、だらしない姿を見せられることで。
何よりも「ユージくん」の更生には役立つだろうと思われます。
おそらく、あの後彼は保健室片付けたり、掃除したりするんだろうなぁ…。

養護教諭「秋沢」、「結城日和」
※左:養護教諭「秋沢」、右:「結城日和」

142:「ガクエンセイカツ」
進級と同時に転校した「結城日和」
共学と聞いていたものの、クラスには男子ばかりで。
彼らからの妙な視線も感じ、なかなか馴染めずにおりました。
また、「日和」の成績は微妙で。
自信なかった編入試験を突破できたことに疑問を感じていましたが。
ある日、友人「上條ミモリ」、「小見野ミト」らと共に、学園の真実を知ることとなったのです。
ごく簡単にはそんなお話。
表題作と同タイトルですが、完全に別話。
学園生活にて欲望を受け止める役割は「日和さん」ほか女生徒らであり。
なんというか、単純によくあるお話という印象
ラストも同様ですかね。
改めてこちら見ると、セオリーから男女逆の設定とした表題作がぱっと目立つものなのかわかるような気がします。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「溝口ぜらちん」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
紹介帯には、”大型新人”なんて文言もありましたよー。
原稿時期からすると、短編話のが最近のものとなっていて。
前述もしたように、個人的には好きな系統で嬉しい。
「ヤコちゃん」は可愛かったです。
書記「アヤさん」とか、地味目さある眼鏡女子がいいと思いました。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ コメディー

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ