FC2ブログ

■姉ぐるい (東磨樹)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] 姉、近親、巨乳、ラブコメ
・構成 : 10話収録。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東磨樹(とうま・いつき)」センセの「姉ぐるい」です。

「和浩」の姉、姉「菜央」
※左:「和浩」の姉、右:姉「菜央」

 【 構成・絵柄 】

収録10話は全て短編での構成。
センセがお好きなのか、登場するヒロインのお姉さんらが揃って黒髪ロングの巨乳さんなため。
買ってペラペラっとめくった際は、てっきり長編漫画だと勘違いしてしまいました。
繋がっているもの、あるいはゲスト的なものもありません。
若干髪型が違うくらい。
いかにも美人お姉さん然としていて良いんですが、こう1冊にまとまると…また違うキャラが見たい気もしますね。
タイトルそのまま、キッチリ実姉で揃えられた1冊
ラブコメ的な甘い要素もありましたが、基本的には近親話でシリアス。
そのため、センセ曰く「暗めが多い」とのことでした。
たしかにぺかぺかとした軽さはないものの、カップル2人だけの世界がほとんどで、いわゆる周囲(親とか)を巻き込んでドロドロ…といったところまでは描かれず。
個人的に各話のアプローチはちょうど良いくらいだったと思います。
もうひとフェチ色あれば、より良かったかもしれません。
なんというか短期決戦ですよね。

しなやかな極細線での作画。
全体の色づきは白比率もあって明るめ。
濃淡はデジタルでツヤツヤっとした雰囲気もありました。
コマ割りは比較的大きい印象。
枠間もだいたい確保されていて、はみ出し・ぶち抜きなどありますがすっきりと見易い原稿です。
目立つ乱れや崩れはなく。
コマ内配置やバランス面で個人的には引っ掛かりましたが、そう目立つものではありません。
人物画はすらっと縦長で極端なデフォルメの無い美人系。
いかにも”綺麗なお姉さん”していました
漫画では最大の売りだと思います。
背景や小物はややあっさり気味の描写でしたが、全体を邪魔してなく。
全体としては良い仕上がりと言えるでしょう。
判断らついてはカット絵で構成された裏表紙がオススメ。

 【 収録話 】 10話収録

003:「姉の慕情」
近所でも評判の優秀な姉「晶」
弟「和也」はそんな彼女にコンプレックスを感じていたのです。
漫画はその和解えっち。
気持ちは分からんでもないですがね。
ページの都合もあり、前置きが冒頭のちょろっとだけなので。
どうにも、あっさり和解してしまった感じ。
ただ、姉「晶さん」は前半の困り顔のが魅力的でした。
オチもいい表情してます。
なお、前髪と黒靴下から、↓表紙は「晶さん」だと思う。

姉「晶さん」
※姉「晶さん」

023:「楔 -KUSABI-」
こちらも姉弟のお話。
先のエピソードと、弟を大事に思うところまでは同じなのですが。
こちらはお姉ちゃん側が暴走してしまったパターン。
弟「早瀬和浩」とクラスメイト「矢木」さんの間に割って入る様が楽しい。
圧倒していました
なんのかんの付き合っている「和浩くん」は優しいですね。
はっちゃけた展開でしたが、最終ページがためまた印象変わることと思います。

039:「陽炎のように」
引っ越してきて一カ月という藤沢家。
新婚で非常に仲良しという2人は、実の姉弟だったのでした。
そんな感じで、各姉弟モノのその後~という雰囲気のこちら
ラブラブですね。
調理最中の「菜央」さんに背中から、なんてことをやっていました。
まあ、幸せそうで何より。
後半にて実に漫画らしい流れとなり、どうなるんだろうとハラハラしましたが。
あの結末に安心したような、ちょっと残念(笑)だったような。
まぁ、激しくマイナス感情に引っぱられるような単行本ではないですもんね。
「直」くんはよくやった。
ある意味ではもっとも幸せな2人なのかもしれません。

057:「最後の夜」
どちらかが結婚するまで関係を続ける。
そんな約束をしていた2人のお話。
ついに姉「香奈」は結婚することとなり、これが最後の行為となるのでした。
これまでと違い、ぱっと見で重さはないのですが。
普段の軽さがため、ラストが実に深いものとなっています。
どちらもちゃんとケジメをつけそうなので、その約束が破られる何らか事件が起こる話を見てみたいですね。
他の男と付き合う姉に対して、「圭介」くんは特に何もなかったのかなぁ。

075:「Desire」
「Desire」と言えば…昔流行った歌でなく、コンシューマーにも移植されたゲームを思いだします。
なんだかまたリメイクされるそうですね。
こちらは姉弟の切っ掛けエピソードみたいな感じ。
帰宅した弟が家で見たのは、彼氏に調教される姉「亜佐美」の姿でした。
目隠しされたお姉ちゃんへ初となる前半部分がエロい
複雑な感情のまま、なんとなく従ってしまう姿が見事に描かれています。
こうした展開では、気付かれぬままというのも多いのですが。
その後の言動も不審な弟に、「亜佐美さん」が声を掛けるのが切っ掛けとなってました。
ネタばらしもしてますね。
あの場面で、気付きつつも反応を続けたあの判断は正しいと思います。
ただ、その後にあーしなければ、あるいは姉弟のまま一生を終えたかもしれませんが。
果たしてどちらが良かったのか。

095:「重なる想い」
弟「淳太」との関係がどうにも疑わしい友人「杏」
それを確かめるべく、姉「霧華」は探りを入れたのでした。
こちらはWヒロインもの。
ショートカットなのが「杏さん」
弟「淳太くん」と共に姉「霧華さん」をもけしかけ、自らの思い通りな展開としています。
なかなかの策士ですね
3名での複数えっちとなっていました。
個人的には「杏さん」のが好き。

115:「偽装結婚」
旦那「洋一」が出張したその日。
「美羽」は弟「正孝」をマンションへと誘ったのでした。
冒頭の遠慮ないやり取りがいかにも姉弟らしくて楽しい。
お風呂でのえっちに発展していました。
こちらの2人は重すぎず、軽すぎずでなんだかちょうど良いくらいの関係
適度に仲良く、お互いのやり取りがいい感じでした。
ただ、最後はそれなりにシリアスなものなんですが。
あの後は…サスペンスな展開でしょうか。

姉「霧華」・友人「杏」、姉「香澄」
※左:姉「霧華」・友人「杏」、右:姉「香澄」

135:「姉てぃーちゃー」
初体験で失敗してしまった姉。
同じ辛い思いをしないよう、弟「勇哉」にえっちの手ほどきをするようになったのでした。
そんな訳でティーチャーなんですね。
収録では唯一の眼鏡女子です。
弟想いが切っ掛けとなっていて、モノローグで語られる心情もいちおうは決着がついていました。
描写ないので、その後実際のところどう考えていたかは不明。
収録中では驚くようなコメディーのオチとなってます。

155:「first brand」
実に微妙な関係となっている姉弟のエピソード。
弟「貴志」の気持ちを知る姉は、彼氏と付き合うケジメとして彼に向き合うこととしたのでした。
まぁ、余計な行為ですわね。
実際のところ、お姉ちゃんもああして弟の反応を楽しんでいるのだろうと思います。
どーでもいいですが、冒頭のお姉ちゃんはかなりエロい恰好でした。
そりゃ、大した男は寄ってこないわね。

175:「お姉ちゃんのホンキ」
とある切っ掛けがため、別人「和美」として弟「晃」と付き合っていた姉「香澄」
しかし、付き合って二カ月となった頃、ついに部屋へ誘われたのでした。
二カ月もの間騙し続けてるというのは酷いなぁ。
本編でも台詞ありましたが。
まぁ、分からん訳ないわね。
こちらの「香澄さん」もだいぶ派手な格好をしていました。
(※和美」を演じている最中)
オチでの「すごく気持ち良かっ」の部分が好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「東磨樹」センセでした。
こちらのブログでは「姉様淫香」、「はさめるカノジョ」の2冊を紹介しています。
店頭で見た↓表紙とタイトルに引っ張られました。
やっぱりお姉ちゃんはいいですね。
それでキッチリ揃えられ、様々なシチュエーションが楽しめたのは非常に良かったのですが。
前述していますが、同じようなキャラばかりであったのは残念なところ。
「重なる想い」の「杏さん」とか魅力的なのに。

姉ぐるい 姉ぐるい (BAVEL COMICS)
                  (2017/2/27)
                  東磨樹


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ コメディー ショートカット サスペンス

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ