FC2ブログ

■だれにもいえないコト (岡田コウ)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ロリ、近親、ショートカット
・構成 : 6話収録(うち「めんどくさい!」×2、「足かせ」×2)
・おまけ: 合間に作品解説、描き下ろし・加筆・再構成あり

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田コウ(おかだ・こう)」センセの「だれにもいえないコト I can’t tell anyone」です。

白倉永愛、大野さくら
※左:白倉永愛、右:大野さくら

 【 構成・絵柄 】

収録は全部で6話ほどなのですが。
紹介帯にも書かれているそのまま、全250ページを超えるたっぷりボリュームの単行本です。
6話のうち連続タイトルが2つほどあり。
裏表紙に並んでいるヒロイン4名そのまま、お話としては4本となっていました。
ジャンルはロリ系。
基本的には、”大人にいいようにされてしまう”、いわゆる王道な展開です。
えっちシーンにはかなりのページ量が割かれていました。
ただし、ちゃんと細かな心理描写もあり。
成年漫画で都合の良い、一方的な処理だけの存在でないのがポイント
可愛くエロスで、読み物としてもしっかり楽しめると思います。
ちなみに、ラブコメという単語から感じるようなライト感覚はなく。
ブラックな色もあるので、絵柄の可愛さに釣られた方は驚くことでしょう。
そうしたのが得意でない方は、ちょっと気を付けて。
個人的な感覚では、本単行本は比較的黒々しさ薄めの読み易いお話が揃っていたと思います

柔らかな細線での作画。
全体の色付きはある程度の白比率もあり、適度なくらい。
濃淡も濃すぎず、薄すぎずという感じ。
描き込みはしつこさなく、しっかり。
盛り上がる部分にて文字・吹き出しが乱れ飛ぶのが特徴。
コマ割りはそこそこ変化があり、中小で細かめ。
特に見辛い印象はありません
人物絵丸く広めな輪郭で、顔も邪気の無い可愛らしいもの。
こざっぱりとした素朴な雰囲気のロリ絵柄となっていました。
それでいて、えっち場面ではトロトロ、ぐじゅぐしゅな表情となるのでした。
そうした表情ほか、漫画もお上手。
あちこちのバランス感も優れ、サクサク読み進められます。
カラーでもあまり変化しないため、判断は↓表紙・裏表紙で良いと思います。

 【 収録話 】 6話収録

001:「めんどくさい!」
051:「やっぱりめんどくさい!!」
「菅原壱花」と先生のカップル話。(※漫画中では「宮村壱花」と表記)
静かに勉強できる場所を求め、「壱花」は久しぶりに彼のアパートを訪ねたのでした。
もともと臨時教師か、あるいは家庭教師をしていたとかなのかな。
本採用されなかったんじゃないですか?
とか「壱花ちゃん」に痛いところを突かれていました。
もし初対面が学校ならば、出会いから初えっちまでの2人もまた見てみたいですねー。
部屋は散らかっていましたが、「徹夜で仕上げた~」の発言から、なんらか仕事はしている様子。
引き籠りでもニートでもありません。
そんな彼の相手「壱花ちゃん」は初顔見せの2ページ目から、いい大人に辛辣な言葉をばしばし浴びせてくるような娘さん。
先の台詞ほか、喋りは相当に達者で面白い。
可愛らしい顔しているのになぁ。
こちらの漫画は、そうした平時でのやり取りがポイントとなっています。
広義での、ツンデレですわね。
なお、センセの解説によると、こちらのお話は雑誌掲載時とはタイトル違うようでしたが。
現在のが断然に良いと思います。
たしかにめんどくさい
個人的にはえっち後、しっかり勉強していた「壱花ちゃん」と、退室時の素直でないやり取りが好き。
ああした態度されてしまうと、たしかに探り探りな年上男子は大変だろうなぁ。

菅原壱花
※菅原壱花

2話目「やっぱりめんどくさい!!」はその続編。
鍵を受け取っていた「壱花ちゃん」が、またアパートを訪ねるお話です。
1話目は夏服でしたが、こちらの季節は冬。
そのため、前回に回想コマであった、黒タイツが楽しめるエピソードでもありました。
寝てる彼女のスカートたくし上げてどうのこうの~のくだりがいいですね。
えろいですね。
こちらの視点は「壱花ちゃん」となっており。
ああした言葉の裏に隠れていた、不安な心理が見えてて楽しい。
なお、こちらでは彼女の成績も見れるのですが。
いやぁ、さすがの結果でした。
あるいは…ここで発散できるがため、普段集中できているのかもしれませんね。
収録ヒロインの中でもっともお気に入りです。
お話もラブコメちっくですわね。

079:「深窓の」
特に接触・やり取りはなかったものの。
いつしか、クラスメイト「白倉永愛」がなんとなく気になっていた「はしば」くん。
周囲の男子らにも気取られるくらい、彼女を眺めていたりした彼。
ある日、屋上にて居眠りをしていた彼女と鉢合わせしたのでした。
実はラストページ付近で驚かされる1話
ただ、2周目によくよく注意して見たところ。
なるほど、漫画中にキチンと描かれていましたね。
うひゃー、気付かなかったー。
ずっと気になっていた女子が無防備に寝ていたら。
そりゃ、健全な男子としてはお手付きするのも当然。
漫画の切っ掛けはそんなん。
彼女が目覚めてからが本番。
確かに…ちょっと変ではあったかな。
成年漫画とはいえ。
あーんな可愛らしい顔して躊躇なくシテいましたし、
わたしこそへたくそでごめんなさい
とかなんとか、そもそも技量について言及してますからね。
ラスト2ページが黒々しいです。
あー見ると、これも指示のもとだったかもしれないなぁ。

125:「足かせ」 前後編
自らをかばって事故に遭った兄。
それがため、打ち込んでいた部活もできなくなったことで。
以前とは違ってあまり喋らなくなり、引き籠ってしまったのでした。
そこで妹「遠藤ひより」は…という、兄妹の近親エピソード。

まぁ、分からんでもないですが…じめじめしたお兄ちゃんが重い。
うーん、荒れてるなぁ。
冒頭のモノローグの意味は後に判明するので、そのまま読み進めてください。
(だいたい想像できるでしょうけれど)
一方、頑張って愛想振りまく「ひよりちゃん」がキュート。
最中の中盤あたりで、えっちについて独特な解釈をしていたので注目です。
ただ、あれはいわゆる見るのタブーみたいなものですわね。
こちらはそのお兄ちゃんの視点なのですが。
続く後編は「なんでもする」と言っていた、その「ひよりちゃん」の視点。
こちらは前編よりも時間が前のエピソードになっています。
やや不確かであった色々な事柄について、ハッキリわかるようになってました。
切っ掛けとかなんとか。
えっち解釈についても判明します。
なるほどなぁ…。

今回の↓表紙は制服の感じからして「ひよりちゃん」ですよね。
漫画後の5ページ、そして巻末の3ページもこちらの2人。
描き下ろしでしょうか。
このエピソードでひでるさん好きなのはココ。
前後編では描かれなかった、「ひよりちゃん」の持つ異なる側面が見れて興味深い。
詳細は伏せますが、いちおう最後の3ページは希望(?)が持てるものでした。
そんな訳で、読後感には影響しないのでご安心ください。

遠藤ひより
※遠藤ひより

217:「あと三年待ってみる」
こちらは「大野さくら」と従兄のお兄ちゃんのお話。
お下げ髪の「さくらちゃん」
容姿から言動まで可愛らしい、これまた独特なヒロインです。
逆への字な口が実にキュートです
いちおう、収録カップル中で最も関係が安定感ある2人。
興味津々で、なんのかんのえっちに応じる「さくらちゃん」
あわあわしている様がいいですね。
そりゃ、ちょっといぢめたくなるのも納得。
センセも解説にてあげていた、コンビニのくだりが楽しい。
ちゃんと値段は確認しようね。
(※普段の彼女ならばあんなミスはしないかも)
オチのやり取りがまた良かったです。
可愛いなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「岡田コウ」センセでした。
当ブログでは「恋するぱんつ」、「チュー学生日記」、「好きで好きで、すきで」、「せんせいと、わたしと。上巻・下巻」、「Aサイズ」などを、紹介しています。
こちらが7冊目。
今回も書店で発見し、その重さに驚きました。
軽く頭小突くだけでも、結構響きますね。
胸に忍ばせておけば、あるいは弾丸を受け止めてくれそう。
収録のヒロインでは断然「壱花ちゃん」がお気に入り。
冒頭話で撃墜されました。
もし、「以前にあったような小冊子企画」があったならば、絶対にコレをチョイスするだろうかと。
今回はそんなんないですが。

だれにもいえないコト だれにもいえないコト (セラフィンコミックス)
                  (2017/2/28)
                  岡田コウ
                  ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




関連記事

tag : ラブコメ ショートカット

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ