FC2ブログ

■キミを誘う疼き穴 (ビフィダス)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 学生、人妻、巨乳、ぽっちゃり
・構成 : 初単行本、カラー(14P)、10話収録。
・おまけ: あとがき、作品解説、描き下ろし「〇〇~その後~」×4、
      カラーイラスト、合間にイラスト、カバー裏はリンク絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ビフィダス」センセの「キミを誘う疼き穴」です。

古物商「松原リョーコ」、ミカちゃん
※左:古物商「松原リョーコ」、右:ミカちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
ページは少ないものの収録話の後日談や番外編みたいなのが描き下ろし(たぶん)されていて。
本編エピソードの幅を広げてくれています。
いちおうラブいところもあるんですが。
そうラブラブとはしておらず、なんというか…ジメっとしたイメージでの関係・行為です。
秘め事、という単語のがしっくりきますね。
タイトルとか↓表紙のぱっとしたイメージに暗さあったものの。
読んだところ、バッドエンド的なものも含めてそうブラックさはありませんでした。
ある意味読み易いですが、強いドロドロ展開を期待する方には合わないかも
各ヒロインは人妻やお姉さんほか、落ち着きある物静かな女性が多く。
また、それでいてえっちには大いに乱れるところが特徴となっていました。
ちらほら太めなヒロインがおり、そんなん好きな方にも良いでしょう。

しっかりとした線での作画。
全体の色付き・濃淡や描き込み具合は適度なくらい。
中間色がいい感じのエロスとなってます。
初単行本ながら安定感があり。
目立つ乱れ・崩れもなく、原稿が賑やかになっても見易さありました。
人物絵はリアル寄りで色気たっぷり。
漫画らしい可愛さもあり、極端な癖も少なく。
広く好まれそうなものになってました。
服装や背景・小物などもそうした人物絵と合っていて、違和感なく。
色的なものから漫画まで、あちこちのバランス感に優れています
特に引っ掛かる所はありません。
判断については、↓表紙などカバーほか見易いサンプルのあった「エンジェル倶楽部」さんのHPがオススメです。

 【 収録話 】 10話収録

007:「奥宮さんはお手洗いにいる」 カラー原稿あり
若いながらも仕事が早く才女と噂される「奥宮」さん。
巨乳の美人ながら、表情変化が少なく近寄り難い印象の女性でしたが。
同僚である主人公は、ひょんな偶然で彼女の秘密を知ってしまうのでした。

中扉はこちらの「奥宮さん」ですね。
4ページほどのカラー原稿はその後の2人で、出先での野外プレイです。
個人的には、小さいコマでしたが往来でタイトスカートめくられる様がたまらなく好き。
会社トイレでの単独えっちが彼女のストレス解消方でした。
本来は女子トイレなのですが、その時は清掃中だったために男子側へ。
この行動も相当に大胆なものですが…男子が女子トイレ行くよりもハードルは全然低いかな。
たまたま入っていたトイレの立て付け悪く、鍵かけていたにも関わらず扉が開いてしまったのが切っ掛けです。
漫画ですね。
いかに立て付け悪くても、鍵かけてあればすんなりと扉は開かないのではないかと思われ。
普通、若干でも抵抗感あれば、無理に開くことはしないでしょう。
…というより、空の個室は通常は扉開きっぱなしですよね。
ガッチリ鉢合わせてしまった際の「奥宮さん」の描写がお上手。
また、彼との相性も良いようでした。
おっぱい大きく、冒頭の確認コマでは枠線をはみ出していましたが。
ああした場面はいいもんですわねー。

奥宮さん
※奥宮さん

031:「ゆり姉との主従関係」
10歳ほど年の離れた姉「ゆり」
小さい頃からよく面倒を見てもらい、溺愛されていたのですが。
思春期での変化について、彼女に相談したのを切っ掛けに関係してしまうのでした。
うん、10歳の違いは大きい。
そこそこ年齢でも共にお風呂へ入っていたらしく、親代わりもみたいな彼女は相談し易い相手だったのでしょう。
そんな彼女の結婚話が浮上してからがメイン。
まぁ、弟としては複雑なものがあるだろうなぁ。
弟視点なので、後半の展開は漫画的に良いのでしょうけれど…現実にはバッドエンド。
いずれ、というか早くに露見しちゃうのでは。

051:「松原さんと温泉で」
商店街主催の温泉慰労会。
通常は爺・婆ばかりなのですが、その回は古物商「松原」さんの娘「リョーコ」が代理で参加していたのでした。
眼鏡の似合う知的な女性ですが、ふとした笑顔は可愛らしく
配達で顔見知りだった彼女はもともと気になる存在だったのです。
漫画は定番で、宴会に酔った彼女を介抱かたがた…という流れ。
うっすら下着線が伺える、転んだ描写が素敵。
いいお尻いただきました。
ああした場面なので、素直な台詞で良かったと思います。
そのまま浴衣えっち、場所を変えて温泉プレイとなっていました。
巻末のたぶん描き下ろしは、こちらだけ幕間風景です。
本編と違い、コメディー調になっていました。

071:「雨宿りのミカ」
雨宿りをした際、無人の建物に先客「ミカ」がおり。
お腹を空かせていた彼女に食べ物をあげたところ、襲われてえっちをしたのです。
それ以後、雨の日には必ず彼女が居て。
食べ物あげる代わりのようにえっちしていたのでした。
ショートカットの制服女性。
見開きの4名並んだページの左端が彼女。
後半で着用していたブルマ姿ですね。
いちおう正体不明だった「ミカちゃん」でしたが、その際での発言でなんとなく背景が察せられて。
ちょっとヤバめな雰囲気となってました。
そっちは見たくないなぁ。
巻末には後日談が描き下ろしされおり、だいぶ救いあるオチでした。
なんだかひと安心。

091:「バナナセーキガールズ」 カラー原稿
8ページほどのカラーショート。
「エーコ」・「しーちゃん」というタイプ異なるWヒロインとのえっち話です。
発言を鵜呑みにすると、教師・生徒の関係でした。
「エーコちゃん」は太めな女の子でしたよ。

099:「ヒカリさん開発日誌」
箱入り娘だった「ヒカリ」
親の後押しもあり、無事に見合い結婚となった彼女でしたが。
初えっちはぎこちなく、それ以来ご無沙汰となってしまうのでした。
ふと友人に相談したところ、彼女の旦那を紹介され…というもの。
裏表紙担当の「ヒカリさん」
アングルもあって分かり辛いですが、ややぽっちゃり体型。
冒頭でも服パンパンになった立ち絵がえっちでした。
まずは実旦那との話。
ああしたのは、友人でなく旦那とキッチリ話し合うべき
案外、あっさり巧くいったりするものですよ。
言い辛い気持ちは、分からんでもないですけどね。(※だからこんな展開になっちゃうのだし)
…というか、旦那も意気地ないなぁ。
ああした「ヒカリさん」の相談相手が、あーまではっちゃけた人で意外。
2人はどう知り合ったんだろう。
紹介された旦那もまるで容赦なく、彼女を開発していくのでした。
そっちの夫婦関係はそれでいいのかな。
オチはやっぱりというものですが、この後どうするんだろう。
誤魔化せる訳ないじゃない。

121:「陸上部ランちゃんの憂鬱」
陸上部で最近やや調子を落としていた「ほのか」
そこで、友人「ラン」は代表から外す決断をした監督へ直談判に行ったところ。
えっちを要求されてしまうのでした。
見開きの4名並んだページの右から2番目が「ランちゃん」
冒頭からの、嫌悪感がにじみ出たえっちがいいですね。
中盤からは意外な事実…というか、成年漫画ではお決まりなパターン
オチはなんだか落ち着いたものとなっていましたが。
…アレでいいのか?

143:「公衆便所の花澤さん」
冒頭話の「奥宮さん」もトイレでしたが。
こちらの「花澤」さんもまたトイレなのでした。
センセお好きですね。
告白して付き合うこととなった「花澤さん」
ロング黒髪の落ち着いた物腰の美人でした。
普段の学校などでは接触どころか目配せすらもしない彼女ですが、逢瀬の場所である”公衆便所”では積極的なのでした。
見開きの4名並んだページの左から2番目が「花澤さん」
センセのあとがきと、作中での発言から、いちおう理解したつもりですが。
ひでるさんの解釈が合っているのか、正直わかりません。
お腹がポイントなんですかね。
前半はやや淡々としたものもありましたが、後半あーで良かった。
彼の不安も解消されるかな。

163:「センパイ・ビフォーアフター」
憧れていた先輩「碧」に告白した「佐藤」
デートにガッツリ系のメシ屋ばかりチョイスしていたため、すっかりぽっちゃり体型となってしまったのでした。
どうしてくれんだよぉ…
とか言ってましたが。
まぁ、その美味かった分の代償ですわね。
「佐藤くん」も”だぷだぷだ”という感想でした。
むちむちのジーンズがいい感じ。
えっちシーンもお尻・お腹中心となっていました。
彼の隠されていた願望がエグい
まぁ、2人楽しそうだったので、いいか。
なお、残念ながらカラー登場はなく、イラストは巻末付近でのパンチラ絵です。
彼女らしいですね。

花澤さん、原田さん
※左:花澤さん、右:原田さん

187:「原田さんの帰り道」
人気のない田舎道で襲われていた生徒「原田」
偶然に通りかかった教師は彼女を助けたところ。
それ以来、彼女はよく接触してくるようになったのです。
生徒ながら高身長でスタイルも良い女性。
…なのですが、半開き目の不思議キャラなのでした。
見開きの4名並んだページの右端が「原田さん」
帰宅部ですが運動出来るだけあって、引き締まった良い腹筋しています。
彼女も先の「花澤さん」と同じくお腹なんですね。
校内でそれをいきなりブラごと見せてくる彼女が楽しい。
あれ不意な事で…いいなぁ。
また、実に良いおっぱいしてました。
助けられたことも含め、彼女にとっては何よりな結果でしょう。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ビフィダス」センセでした。
こちらが初単行本だそうです。
おめでとうございます!
実に雰囲気のある↓表紙に釣り上げられました。
あの「松原さんと温泉で」のエピソードは…良かったなぁ。
浴衣いいですよね。
なお、カバー裏は表紙とのリンク絵となっていて。
眼鏡着用してくれます。
個人的にはコッチのがいいんですが…一般的にはやっぱり眼鏡オフなんでしょうかね。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




関連記事

tag : ラブコメ コメディー ショートカット パンチラ

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ