FC2ブログ

■おにれんぼ (さいこ)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 学園、ゲーム、強引
・構成 : 8話収録(うち「おにれんぼ」×4、「弁護士ママ」×2)
・おまけ: あとがき漫画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さいこ」センセの「おにれんぼ」です。

柔道部「北川さん」
※柔道部「北川さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作と前後編、短編という構成。
表題作は4話ほどの連続話なのですが、W主人公でおそらく同時刻での別場面が2話づつ分割で描かれていました。
詳しくは後述しますが、描写とかなんとか諸々が実に適度なくらいでまとまっていて。
さすが、メイン漫画という感じです。
個人的には1冊まるまるだと勘違いしていたので、4話だけなのは残念さがありました。
それ以外はストーリー性弱く、強引な展開のもの。
きっちり人を選ぶ漫画なので、得意でない方は気を付けて
まぁ、そうした方はタイトルとか↓表紙の段階で手は出さないと思いますが。
表題作はそうハード描写ないため、あるいは逆に物足りなさを感じるかもしれません。

さらりとした線での作画。
濃淡具合はそう濃くなく、全体の色づきもスッキリ傾向です。
カバーはイラストはコッテリとしたものだったので、意外な白さでした。
描き込みもどちらかというとあっさり目。
収録話は概ねそうした傾向で、あまり差はないものでしたが。
巻末収録の1話だけ、段違いに黒く濃い原稿となっていました。
ある程度漫画っぽさもありますが、人物絵はリアル寄り。
ただし、男子は崩れること多く気になりました。
また、乱れはともかくバランス悪い箇所がちらほらあります。
良いコマもあるので、もう少し丁寧さがあればより良かったのですが。
↓表紙・裏表紙は濃い目なカラーで、白黒絵より良いもの。
判断はある程度で考えるのが良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

005:「おにれんぼ」 4話
たいくつな学園生活を過ごしていた「川野一樹」と「金子澤健二」
そんな2人に、見知らぬ男子「奥森」が声を掛けてきたのです。
人生ヒマしてんなら、おもしれぇゲーム参加してみねぇっスか!?
そう誘われたのでした。
怪しさを感じつつも、”学園女子とヤリまくり”との言葉に2人は参加を決意。
夜の学園へと足を運んだのでした。
ごく簡単にはそんな導入部。

幼馴染み「真緒さん」、平田さん
※左:幼馴染み「真緒さん」、右:平田さん

いわゆる「鬼ごっこ」で、捕まえた女性を自由にできるというもの。
なにゆえこんなゲームが学園で行われているのか。
女生徒らはなぜ参加しているのか。
声を掛けてきた「奥森」の正体は。
…など、一連の疑問はほぼすっとばかしていて。
漫画はそのゲーム自体を描いておりました。
(※いちおう、参加女子は”イイ稼ぎ”になっている様子でしたが)
4話のうち前半が「一樹くん」、後半が「健二くん」のそれぞれ状況となっています。
彼ら、参加後は完全に別行動なんですね。
1、2話担当の「一樹くん」は無料のお試し後に参加費を支払っていて、なんというかノーマル(っぽい)ストーリーなのですが。
3、4話担当「健二くん」は、だいたいの説明がされたこともあってか、特殊ルート。
手持ちが足りなくて、参加費を満額支払えなかったんですね。
できれば、もう1話くらい追加して、あの夜が明けた次の日の学園風景を見てみたい気もしましたが。
(※あとがき漫画でちらと伺い知ることできますが)

お試しの20分で学園内を捜索する「一樹くん」
彼が教室で最初に発見したのは、”クラス一番人気”と言われる「平田」さんでした。
冒頭でも2コマ姿を見せていますね。
人気と言われるだけあって可愛く、性格も普通(←はっちゃけた女子多めなのです)
当初はドッキリかも、とか不安たっぷりな彼でしたが、正式参加を決意させる切っ掛けとなっていました。
そう考えると…「平田さん」はそうした餌的な役目だったのかもしれませんね。
ルールが提示されての2話目。
普段とは異なる学園風景が描かれていました。
次に発見したのが、眼鏡女子「水原裕子」さん。
地味目ですが、学生らしく可愛らしい娘でした。
彼女はあとがき漫画にてオチにもなっていたので、お楽しみに。
故あって、次に捕らえたのは幼馴染み「真緒」さん。
ショートカットで気の強い女子でした。
ゲーム内での登場とか、いかにもという感じ。
冒頭・オチでのやり取りを見る限り、「真緒さん」にとっては彼で良かったんだろうなぁ。

そんな感じで正しい(?)っぽいルートを選択できた「一樹くん」に対し。
3話からの主人公「健二くん」は参加費の半額すら支払えず、”エクストラコース”に参加することとなるのでした。
本来のA~C棟ではなく、D棟のみが範囲となっているんですが。
なるほど、金額安い理由がよく分かりました。
詳しくは内緒
そんな訳で、彼は捕まえるではなく、”捕まった”というのが正解。
重量級という柔道部の巨漢女子「北川」さんです。
漫画なので、だいぶ可愛らしいく描かれていますが…実際はもっと過酷だろうなぁ。
えっちする、ではなくされてしまうパターンでした。
ああした流れがため、まさか後半があーなるとは結構意外でした。
また、こうした決して美形とは言い難い女子との行為で2話も割いたセンセ、編集さんは凄い

いちおうゲームというルール内でのやり取りで、そう黒々しくはなく。
まだ、描かれていない部分とか、シチュエーションなども多いと思われ…。
この4話で終わらせてしまうのは勿体ないエピソードだと思います
タイトルの文言も怪しく・妖しく、良いパンチ具合でした。

113:「弁護士ママ」 前後編
弁護士の母をもつ「英一」
友人「成宮」・「小林」・「酒井」らと遊んでいたところにちょうど帰宅した彼女は予習をしていなかった彼を叱るだけでなく。
友人らに対し、「レベルの低い人間」などと暴言を浴びせたのでした。
そんな態度に腹を立てた3名は…というもの。
彼らの行為自体は、決して良いものではないのですが。
切っ掛けとなった彼女の言葉はだいぶ汚く挑発的なもので、あれは自業自得
弁護士なのに。
後編はそうした中、塾から呼び戻した「英一くん」を目前としたプレイとなっています。

ちなみに。
タイトルぱっと見で、一瞬「このどんと」センセかと勘違いしてしまいました(笑)
ただ、よくよく見ると「士」と「マ」だけですわね。

弁護士の母、「かえり道」のヒロイン
※左:弁護士の母、右:「かえり道」のヒロイン

163:「おかし隊」
キャバクラ勤務の女性が帰りの電車にて襲われるお話。
ただ、それだけなのですが。
何も喋らないまま近づいて来る男性、まるで反応しない周囲など、そうした無機質さが妙な恐怖となっていました。
恐ろしいですね
後半は普通に台詞があり、単なる強引な複数プレイになってしまうんですが。
これならば、最後まで何も喋らぬままのが良かったように思います。
特にあれだけ空いてる車内で、目前に立たれるのは…おっかないよ。
まぁ、「店の恰好のまま出ちゃった」という彼女もだいぶ露出過多な服装でしたけどね。
せめて何か羽織りなさいよ。

185:「かえり道」
夜道で襲われていた女性を助けた主人公。
よく見ると、勤務する学校の生徒であり。
分厚い眼鏡で普段は隠されていた素顔は可愛らしく、また彼女は半裸なままで。
眼鏡がないと何も見えなくて…
そうした発言と、ちょぅどマスクをしていたことをチャンスだと感じ~という、ミイラ取りがミイラ状態なお話。
ストーリーの流れがためか、夜道という設定がためか、他エピソードと違い黒々しい原稿です。
単に原稿時期が違うためかな。
描写もハードなもので、かなりパンチある仕上がりでした。
カバーの雰囲気とも合ってます。
ラストまで救いなく、そのまま一直線なお話なのですが。
”見えない”と言ってもぼんやりは分かるのだし、彼普通に声をだしていたので…たぶん正体はすぐ判明しちゃうと思います。
せめて彼の未来が不幸なものとなればいいな。

 【 その他 】

以上、本日は「さいこ」センセでした。
こちらが4冊目くらいだと思います。
ひでるさんは今回が初見。
前述した表題の響きと↓表紙に釣り上げられました。
あのコッテリ色彩が良かったので。
ただ、白黒原稿の白さにはちょっと驚きましたが。
見易くていいんですけどね。
漫画とも合っていました。
できれば表題なネタ1本でいってほしいなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ショートカット

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ