FC2ブログ

■なんでここに先生が!? (蘇募ロウ)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、女教師、ハプニング
・構成 : 11話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、折り返しにコメント、おしえて児島先生!!、
      カバー裏にリンク絵、描き下ろし「課外授業 実習」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蘇募ロウ(そぼ・ろう)」センセの「なんでここに先生が!?」です。

ヒロイン特集1:さすが鬼の児嶋だよ!
※ヒロイン特集1:さすが鬼の児嶋だよ!

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編漫画。
後日談となる描き下ろしを含めて、11話の連続モノとなっていました。
もともとは単発読み切りだったものが、好評により連載になった様子。
漫画もそれを反映したストーリーとなっていて。
前半はどこからでも読める単発エピソードなのですが、中盤からはそれを踏まえつつストーリーっぽさも加えられていました。
特に巻数表記はなく、ラストもまとまったものでしたが。
ネットで見たところ「1巻」と書かれていることもあり、あるいはまだ続く可能性あるのかな。
一般のえっち系。
直接行為までは至らず、その直前まで。
”限界に挑んだ”
そんな紹介帯そのままサービスカットは頻繁。
バストトップまでしっかり描かれています。
良いおっぱいでした

強さある線での作画。
描き込み・濃淡具合は適度で、背景などもしっかり描かれています。
バランスに優れ、引き絵やコメディー崩しなどでも違和感ありません。
コマ割りは細かく、枠間は確保されています。
横線の幅は太目ですね。
はみ出しは見かけましたが、全体的には収まりよく。
乱れなく丁寧で見易い原稿具合でした。
人物絵は漫画らしい可愛さあるもの。
むちむちっとしたスタイルで魅力的なバストを描かれていました。
一般えっち系なので、爽やかなお色気となってます。
コメディーちっくな処理など、多少好き嫌いあるかもしれませんが。
基本的には高いレベルでまとまった漫画だと思います
ヤンマガ」のHPにて試し読みがあったので、気になった方はそちらを確認するのが良いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

厳しい指導で色々な噂をもつ国語教師「児嶋加奈」
生徒らには”鬼の児嶋”と呼ばれ、恐れられているのですが。
なぜか主人公「佐藤一郎」とは、頻繁に妙な場所で鉢合わせており。
実際の彼女は天然ドジッ娘で、えっちなハプニングに発展してしまうのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆるラッキースケベな漫画。
その相手が、という冠の恐怖な噂が絶えない女教師というのがポイントになっています。
一般漫画で、良い寸止め要素となっていました。
あれが単に可愛らしいだけの先生だったなら…ああしたシチュエーションで、男子は自制できなくなっちゃうでしょうからね。

ヒロイン特集2:酔っぱらう「児嶋先生」
※ヒロイン特集2:酔っぱらう「児嶋先生」

変な場所で遭遇しているところから開始し、
怖えぇえーっ!!
なんでこの人○○でこんな威圧感だせんの!?
さすが”鬼の児嶋”だよ!!
そうした定番文句にて彼女の武勇譚が語られ。
より「一郎くん」が委縮する中、「児嶋先生」の天然ドジっぷりが炸裂し、エロい方向に発展していくというのがお約束
2人の意外な関係ほか、とある人物の思惑が見え隠れする中盤あたりから、それが徐々に崩されつつラストへ向かう流れとなっていました。
途中から連載に切り替えたとのことでしたが、実に巧くまとまっていたと思います

読み切り時代らしい1~4話。
ここまでは基本構成に忠実な展開となっています。

初遭遇の1話目は男子トイレの個室にて。
なるほど、この頃は「児嶋先生」あんな顔だったっけ。
リアルには描き慣れたということなのでしょうけど、「一郎くん」の先生像、彼女自身の意識という双方の変化がため、魅力的に見えてくるようになったのかもしれませんね。
(巻末では「成長」の一言で終わらせていましたが)
なにゆえ「児嶋先生」が男子トイレにいたのか、2人して個室に入っていたのか。
①女子トイレが清掃中だった。
②「一郎くん」は落ち着いて用を済ませたかった。
③鍵は壊れていて、開いてしまったが、閉めたら今度は開かなくなってしまった。
といった理由がため。
…似たシチュエーションのお笑いのコントありましたが。
まぁ、普通は2人して入る以前に扉を閉めるものですけどね。
この場面で狼狽えることもなく、威圧できる「児嶋先生」は大したもの。
不良らを黙らせているというのも納得。
(密かに彼らの間ではアイドル扱いされてそう)
オチまでの流れが見事でした。

2話目は修学旅行での男湯にて鉢合わせ。
ウトウトしていた「児嶋先生」は、男女の入れ替わり時間までそのまま過ごしてしまったんですね。
うっかりしてるなぁ。
そんなんあるかいな、とか思いつつネットで検索してみると。
結構間違えて~なんて話がヒットしてしました。
実際にもあるんですね。
前回はトイレでしたが、こちらはより進んで全裸状態。
それでも騒ぐことなく(いちおう)冷静な彼女はやはり凄い
ほか男子らにバレてしまう中盤からが熱い(笑)
なお、彼の意中の相手「アヤ」ちゃんはこちらだけの出演でした。
ちらとでも後半に絡んできても面白かったかも。

3話目は保健室。
サボり目的で保健室へやってきたところ、風邪で休んでいた「児嶋先生」と鉢合わせてしまったのでした。
1、2話目と比べて、遭遇場所としては普通…なのですが
ベッドで寝ていたらしい彼女は上着を脱いでおり、これはまた刺激的。
サボりを誤魔化すべく、彼女の看病をしていた「一郎くん」
病状が悪化してきたので薬を探したところ、座薬しか見つからなかったのでした。
…そんな展開です。
わはは。
これまでも刺激的な姿を見ている彼でしたが、今回はまた別格
まるで成年漫画のようなシチュエーションで楽しい。
一応、彼目隠しで挑むんですけどね。
1話同様、下着は黒色でしたよ。

田舎の母の実家で遭遇するという、4話目。
ここは何かとポイントになっているエピソード。
母親が子守(※「一郎くん」の妹)を頼んだ知り合い、というのが「児嶋先生」だったのです。
キチンとした状態(笑)で2人鉢合わせるのは、これが初めて。
今回は妹がいますがね。
子供らしく、遠慮ない反応をする妹さんが可笑しい。
メインは庭での水遊びです。
実家に学生時代のしかなかったんだ…
そんな「児嶋先生」はビキニの水着姿。
左右紐だったりして、なかなか刺激の強いデザインでした。

あとがきによると、短期連載となったのが5話目から。
下校時に突然夕立となり、雨宿りに立ち寄ったコインランドリーが舞台。
そこには、びしょ濡れになった「児嶋先生」がいたのです。
期待通りに透け透けでした。
詳しくは省略しちゃいますが、服が乾くまで彼の着ていたシャツを借りることとなった「児嶋先生」
下着にシャツ1枚に、なんてお泊りな恰好になっていました。
エロいよ。
雷で鳴ってからがメイン。
上の方にあったブレーカーを肩車で操作しようという展開です。
ブラも外していたらしいことがここで判明。
天然か、よほど信頼されてるのか、おそらくは前者なのでしょう。
かなりバタバタとした展開となっています。

教師モノでよくありがちな図書室での遭遇となる6話目。
見上げパンチラ、はしご堕ちなどのお約束サービスが満載です。
「一郎くん」が放課後の図書室なんぞに顔を出したのは、後輩からラブレターをもらったため。
…意外とモテるのね、とか思っていましたが。
コレが非常に巧くオチへと繋がることとなるのでした
落ちかかった先生を受け止めたことで、実に良い体勢となっています。
前回に続いて、羨ましいタッチ具合でした。

近所のマンションにて鉢合わせる7話目。
引っ越してくる”母親の知人”を手伝うということでしたが。
そう、その知人というのは「児嶋先生」だったのです。
こちらの大半は先生の過去描写。
前半で差し込まれる定番の流れも、変化していました。
えー、ここはポイントとなるお話なので、詳細は伏せておきます。
「一郎くん」の小さい頃は…どことなく今の妹「詩緒」と似てますね。
これまたオチが見事でした。
8話目は「一郎くん」の部屋に「児嶋先生」がやって来たというもの。
親が知り合いとはいえ、本来ならば問題となってしまいそう。
あれくらいの年頃の男子部屋は、危険がいっぱい(笑)
勘弁したってください。
(ただでさえ、彼寸止めばかりなのだから)
定番の流れはまた非常に巧い事コメディー展開となっていました。
とある思惑がため、「児嶋先生」がベロベロに酔っぱらってしまうのがメイン。
普段気を張っているためか、かなり可愛らしくなってしまう彼女を堪能ください。
また、「一郎くん」はよく我慢したと思います。
破裂しちゃうぞ。

ヒロイン特集3:天然ドジな「児嶋先生」
※ヒロイン特集3:天然ドジな「児嶋先生」

9話目は文化祭風景。
おばけ屋敷をやることとなり、その古井戸にて鉢合わせるというシチュエーション。
こちらも定番の流れを使ったコメディーがあります。
「児嶋先生」はミイラ役のようでしたが…全裸に包帯だけという恰好は、怖いというよりエロい。
こんな恰好だとは思わなかったんだ!
そう言ってましたが、提案した生徒は大したものですね。
(※女生徒かな)
これまでのやり取りもあり、ラブコメしてます。
結構なドキドキシチュエーションなのですが、基本設定がためこの難局を乗り越えるという展開がまた見事でした。
ほか生徒らにとって、おそらく普通のお化けなんかよりよほど恐怖の対象でしょうから。

最終の10話は南の島。
ラストなので詳細は伏せておきます。
なお、「児嶋先生」は水着姿なのですが、4話目と同じデザインなのがなんだか嬉しい。
彼女の性格から、水着をいくつも所持していないだろうし、また急ぎだったようだし。
そうした姿で、またはっちゃけ展開となるのでお楽しみに。
ある意味本番行為よりもエロいよ。
ラストがありがちな2人の~でなかったのは、個人的に良かったです。
まだ早いですよね
描き下ろし「課外授業 実習」は一人暮らしを始めた「一郎くん」という後日談。
ラブラブですが…そうか、あんな美味しいシチュエーションでもまだなんだ。
ここは逆に遅いかもしれないよ。
(※後に判明しますが、これは先生の方に問題アリでした。ちゃんと保健体育勉強したほうがよさそうね)
いつもの”ゴゴゴ…”がセオリーと異なる場面で描かれてるのが楽しいです。

これで終わってしまうのが、ちと残念。
ただ、あまり長くしてもワンパターンになってしまうことも考えられ。
前半で基本の流れをカチッと確立し、その後ストーリーちっくにセオリーを崩していくなど全体は絶妙にまとまっていました。
長さは丁度良いくらいなのかもしれませんね

 【 その他 】

以上、本日は「蘇募ロウ」センセでした。
ひでるさんはこちらが初見。
ざっと調べたところ、セールスも好調で重版となっているようです。
おめでとうございます!
店頭でふと見かけた”やわらかおっぱい”という文言に引っ張られて手にしました。
↓表紙はもっとバストを中心にしても良かったかも。
なお、センセは自身のTwitterにて”買うのが恥ずかしいなら裏表紙~”と書かれていましたが。
紹介帯の裏面は↓表紙よりも刺激的なコマが抜き出されていましたよ。
判断には実に良いものでしたが。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ コメディー パンチラ バストトップ

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ