FC2ブログ

■ケンタウロスはひとりじゃデキない (ほりとも)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 人外、ラブコメファンタジー
・構成 : 9話収録(うち「ケンタウロスはひとりじゃデキない」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に4コマ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほりとも」センセの「ケンタウロスはひとりじゃデキない」です。

鉢植えフェアリー「フラワ」、ラミア「朝霧美和」
※左:鉢植えフェアリー「フラワ」、右:ラミア「朝霧美和」

 【 構成・絵柄 】

収録は1話以外は全て短編。
メインとなっている連続話は前後編なタイプで、長めの短編という風情です。
また、短編のうち1話は前回収録された短編からの続きモノがありました。
ざっと見たところ。
そちら以外は、ゲスト的な出演(あるいはモブ的)もなく、ある意味でセンセの漫画が初見だという方にも入り易い単行本となっています。
ただ、シリーズもの(キャラ)とか、センセの世界観が気に入っていた方には、若干の寂しさを感じるかもしれません。
収録ヒロインの全てがモンスター娘という作品。
ファンタジーな存在のヒロインらなのですが、普通に人間社会に(ある程度)溶け込んでいるのが特徴です。
バトルみたいな描写なく、基本的には甘いラブコメ展開。
一部やや趣異なる展開もありましたが、基本的にはそれから外れてはいません
読んた感覚としては、だいたい期待通りだと思います。
あとは完全な人間体のヒロインが存在しないため、そんなんが許容できるかどうかでしょう。

しっかりとした細線での作画。
全体の色づきはしっかり。
濃淡・描き込みは過ぎないくらいでちょうど良く。
コマ割り中小で細かさあり、枠間もなくコテコテとした雰囲気を巧く中和していました。
ただし、ジャンルもあって、コッテリ気味ではありますが。
ラブコメ漫画らしくコメディー絵、SD化などに優れていて。
引き絵などメリハリも適度でお上手。
漫画としても楽しく読み進められると思います。
バランス感もあり、特にコレという問題は見られません
前述したとおりにモンスター娘なのですが、同ジャンルでは人間要素しっかりしていてハードルは低め。
ただ、人はしっかり選ぶので、耐性あるかご確認ください。
紹介帯後方のカット絵が判断に良いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

003:「ケンタウロスはひとりじゃデキない」 前後編
成績優秀で陸上部ではエースという「如月遥」
学園では唯一のケンタウロスな彼女には、とある秘密があったのですが。
ある日教室での行為を「屋代」という男子に見られてしまうのでした。
こちらが表題作。
センセ曰く「少しダーク」とのことで、あまり見られない展開です。
弱味を握られた「遥」は、彼の言いなりになってしまうのでした。
「屋代くん」の台詞に注目です。
後編では、読者には分かりやすい形で解決となるんですけれど…。
カバー裏4コマを見る限り、多少不安さを残して生活することとなりそう。
漫画中でもどうしたら、みたいな台詞ありましたが。
下半身は完全に馬なので、単行本のメインながらキッチリと人を選ぶかもしれません。

ケンタウロス「如月遥」
※ケンタウロス「如月遥」

049:「鉢の上のフラワ」
バイト中、枯れ掛けていた鉢植えを拾った主人公。
そのままにもできず、持ち帰って世話をしたところ無事に育ち。
一カ月後、女の子のような大きな実がつき。
やがて普通に動き出したのでした。
アルラウネとフェアリーを掛け合わせた、という”鉢植えフェアリー”という彼女「フラワ」
くるくると元気で、ツンデレっぽいところもあって可愛らしいです
ちなみに、裏表紙が「フラワちゃん」です。
もともと性欲処理目的で作られた、という彼女からのアピールにてえっち発展なのですが。
センセの漫画なので、甘い展開となっていきます。
買い物シーンが楽しい。

073:「お持ち帰りラミア」
センセの漫画では珍しい、オフィスでのカップル。
帰宅途中、へべれけに酔っぱらった上司「朝霧美和(あさぎり・みより)」を発見。
そのままにもできず、新卒「野田」は家まで連れ帰ることとしたのでした。
スーツ姿のラミア娘です。
下半身が蛇という以外はほぼ人間。
「美和さん」はクールで黙々と仕事をこなすタイプ。
失恋した彼女を慰めるのが切っ掛け。
ぐるぐる巻きにされていましたが…もともと「野田くん」にはそうした趣味があったのです。
まぁ、後日談のようなカバー裏4コマなど、よかったねぇという印象。
デレた後がまた可愛らしいです。

097:「サバトは放課後、地下室で」
放課後、普段は使われていない旧校舎の地下室にて男女が淫らな行為をしている。
通称サバト部の実態をさぐるべく、風紀委員が向かったところ。
ついに主催者山羊娘サティロス「峠魅沙夜」と鉢合わせたのでした。
頭の角、耳と尻尾、足の膝から下以外は普通の女性。
香の力か、はたまた彼女の魔力か、不可思議なえっち空間です。
途中性別が変わったりもしていましたが、あくまでも妄想内の事みたい。
「魅沙夜さん」は褐色肌の妖しい魅力な女性でした。
オチ時点でちょっと驚かされる秘密も明らかになっています。

119:「小龍の媚薬は恋の味」
「小龍(ころん)」はもともとヤクザ組織・龍魔王組の組長1人娘。
しかし、組長たる父親が逮捕され、組織は解散。
後始末をすることとなった秘書「晴信」は見事に事態を収束し、現在は「小龍」と共に小さな喫茶店を経営していました。
そう言えば…センセの漫画でドラゴン娘はいままで見なかったかも。
尻尾ほか手先・足先以外は普通に女の子。
喫茶店ではアンティークっぽいメイド服でウェイトレスをしていました。
高貴なドラゴンの~」なんて発言もしており、やや高飛車な感じに描かれています。
優秀な秘書「晴信」と過ごすうち、彼に恋するようになっていた「小龍さん」のお話。
彼女の父親には”大恩ある”らしく、えっち漫画の相手男性としてはかなりの理性を発揮していました。
組存続中から色々あったんだろうなぁ。
想い通じた後のオチページが非常に楽しい。
先に電話取ってよかったね

139:「おふろスキュラ」
前単行本にも登場していたスキュラ「るり姉」こと「海野瑠璃絵」さんの2話目。
「るり姉」は下半身が触手状態。
前回はこたつで密着したことが切っ掛けでしたが、既にえっち後のこちらは共にお風呂というパターン。
受験合格のご褒美という切っ掛けで、リクエストに応じたプレイになります。
裸は恥ずかしくって…」ということで、スクール水着。
風呂でも水は張ってなく、ローションで満たしておりました。
マニアックですね。
ただ、こちらが照れるくらいに甘いお話に仕上がっています。

153:「お隣さんはハナグモこのは」
幼馴染みなアラクネ「御手洗このは」とのお話。
優秀な学生でしたが、何かと制約ある人間との生活、何かと「アラクネなのに~」と言われることに馴染めず。
よく彼の部屋にて愚痴っていたのです。
「このはちゃん」は下半身が完全に蜘蛛のそれ。
あと、複数目がありました(2つ以外は昆虫っぽい表現です)
学校では優等生然とした振る舞いですが、彼と2人きりでは本来の素を見せていました。
学園のこのはは作りスギててキモチワルイ
とか言われており、それが切っ掛け。
もともと酔っぱらっていた(コーヒーだそうです)のも要因の1つ。
その勢いで告白かたがた…という流れで、単純なストーリーはよくある感じ。
だいぶ雰囲気違いましたけどね。
部屋が蜘蛛の糸だらけになっているのが楽しい。

ドラゴン「小龍」、クリオネ「イルマル」
※左:ドラゴン「小龍」、右:クリオネ「イルマル」

173:「Let's クリオネ フィットネス!」
クリオネ族「イルマル」さんはスポーツ事務のインストラクター。
穏やかな物腰の美人で、彼女に惹かれた「安本」はそちらの常連となっていたのです。
こちらの「イルマル」さんはクリオネ族。
クリオネ??
検索したところ、いちおう敵キャラとして登場することもあるようですが。
皆さんも知る、現実な生物がモデルとなっています。
頭ほか手にヒレのようなものがありましたが、基本的にはかなり人間と近いスタイル。
ため、競泳水着も普通に着ています。
さりげなく告白したその当初はスルー気味でしたが。
ジム閉館後に呼び出されて…という流れ。
クリオネは触手を持つため、逆触手えっちなどもあります。
顔に出やすいという彼でしたが、さりげなくでもキチンと告白したのは偉い。
水の中なら~」というオチでの台詞が好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ほりとも」センセでした。
あとがきによると、こちらで7冊目。
こちらのブログでも↓下に並べたように、何冊か紹介しています。
お話・キャラ共に一新されたような印象でした。
前述していますが、シリーズキャラが出ないのはちと残念さありますが。
いつもと違ったアプローチなどは新鮮で、堪能できました。
ああしたキャラを集合させて、長めな連続話とかも見てみたいのですが…どうでしょう。
以前より人外ヒロインにもだいぶ寛容になってきている感じがあるので。
個人的にはOLなラミア「美和さん」が好き。





★「ほりとも」センセの漫画紹介記事 すべて成年系

フェアリーテールズ
 初単行本。トカゲっ娘戦士「シッポちゃん」が初登場。「不敗部隊伝説」が好き。
テンタクルバージン
 エルフ「ニムルさん」登場。淫魔皇女「フェルナル」が顔を見せるのはこちらから。
テンタクルプレイ
 神官「ナプテーヌさん」登場。「フェルナルさん」のお話も収録されています。
アンリアルシンドローム~非現実乙女愛好症候群~
 スキュラっ娘「シャムラン」、ラミア「エルテ」登場。キュートな巫女さんも描かれます。
ヴィーナスガーデン ~非現実乙女と出会える街~
 ケンタウロス娘「ロマコ」、薔薇の女神さんなどが登場。神官「ナプテーヌ」さんも再登場。
気になるあの娘はモンスター娘
 スキュラ「るり姉」ほかデュラハン「ハンナ先生」が登場します。
 

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ コメディー 競泳水着 ファンタジー

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ