FC2ブログ

■一日奴隷さん (佐伯)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、SM、巨乳
・構成 : カラー(12P)、12話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、4コマ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐伯(さえき)」センセの「一日奴隷さん」です。

罰ゲームの「小橋さん」
※罰ゲームの「小橋さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
カラー原稿のショートも含め、12話での構成となっていました。
プレイで分割されたような前半と、決着に向かう旅館バイトからの後半という感じ。
後半のがよりストーリーちっくになっています。
奴隷、なんてありますが、漫画の基本はラブコメ
タイトルで期待した方は、やや物足りなさを感じるかもしれません。
(※あとがきによると、ダーク路線の可能性もあったみたい)
基本的には、楽しく読めるラブコメ話という感覚のが正しいかと思います。
特に前半は強いコメディー要素がありました。
シリアスさあるラスト付近とは空気感からして異なってますね。
プレイはラブコメ的でないため、そのあたりが許容できるかどうかが鍵でしょう。
個人的な感覚ですが、はっちゃけ感はあったものの、そう露骨な描写はなく
ソフト目なので、間口の広さはありましたが、それ故に好き嫌いも出てくると思います。
読める漫画でもあり、そうしたのが好みな方にもオススメ。

”期間が長い”とセンセがよく書かれていました。
原稿の雰囲気は、確かに差が感じられるものです。
双方見比べると歴然なのですが。
もともとお上手で、過去原稿の雰囲気はあれはアレで良いものがあり…。
そう気にはならないと思います。
(前述したように漫画のテンションにも差があるので)
スッキリとした線での作画。
描き込みゆ全体の色づきは適度で、濃淡はやや淡いもの。
コマ割りは細かく変化もありましたが、丁寧で白比率もあり。
またメリハリ具合も適度にあるため、原稿は見易い印象でした。
判断については、どっちかと言うと裏表紙のが近いと思います。
白黒絵のが良い雰囲気なので、いくらかプラス判定でどうぞ。

 【 収録話 】 12話収録

大学のゲー研サークルでの麻雀対決には、
”負けた方が1日相手の奴隷になる”
…という罰ゲームのルールがあり。
「西森巧」の国士に振り込んでしまった「小橋伊織」は、ドSな彼の1日奴隷となったのです。
振り込みマシーンと称される彼女は、しばしば彼の奴隷を担当することとなり。
いつしか、そのプレイに馴染んでしまうのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

SMなプレイなどもあるラブコメ長編。
ドSな「西森くん」と、じわじわM気質を開花させていく”奴隷さん”こと「小橋さん」のラブストーリーですね。
やや振り切れたプレイあったものの、お話は読み易く仕上がっており。
タイトルや↓表紙で構える方もいるでしょうが、間口は広めだと思います

005:「はんせい奴隷さん」 カラー原稿 
冒頭話はカラー6ページのショートもの。
漫画ネタの基本展開おさらい、みたいな分かり易いもの。
既に2人の関係は出来上がっており、時系列的では収録話の後半頃だと思います。
制服みたいな服装の「小橋さん」がキュート。
”反省中”の看板持ち上げる冒頭のくだりが好き。

小橋伊織
※小橋伊織

011:「いちにち奴隷さん」
こちらがサブタイトルそのまま、続くストーリーでの冒頭話です。
既に2人はサークルに所属していて、いきなり「小橋さん」が麻雀勝負で負ける場面から。
(※あんな役を狙っていた「西森くん」は強いというよりちょっと異常)
しかも奴隷って一体何をさせられるやら…
そんな反応もあり、どうやら奴隷体験も初のことのようでした。
メイド服での家事労働ですね。
アイスを食べさせる場面では、当初の「小橋さん」の気持ちが垣間見えています。
そんなんがため、後半の展開になるのでしょう。
(それでも2、3回ほど肩透かしされているのが楽しい)

029:「おしおき奴隷さん」
冒頭は既にプレイ中。
スクール水着にコート、マフラーという恰好で買い出しさせられていました。
(※ちなみにアイテムも装備)
先輩「青山」に会うのは、その買い物中。
傍から見れば、まさかそんななっているとは気付きませんわね。
巨乳でのスクール水着姿が素敵
結局「青山くん」には事がバレてしまうんですが、理想的な流れとなっています。
いちおうマフラーがボタンに引っ掛かったようではあるものの、胸元パンパンだったのも少なからず要因としてありそう。
えっちは階段踊り場にて。
毎回感じますが、声…響きそうね。
「小橋さん」も”ぽわん”なんて擬音出していましたが、追いかけてくれていたのはなんのかんのラブい部分だと思います。

047:「かいはつ奴隷さん」
065:「おそうじ奴隷さん」
オープニングからはっちゃけているコチラ「かいはつ奴隷さん」
察しの良い方はサブタイトルでピンとくるかもしれません、そう、お尻えっちです。
ただし、前話にて先輩「青山くん」にプレイが露見していたのが幸いし、とある理由にて負けない「小橋さん」が見れます。
…でも3位なんですけどね、彼女。
弱いなぁ
技術ないのか、はたまた某「豊臣くん」のようにひたすら運がないのか。
あるいはどっちもないのかな。
実際、”とある理由”がなくなった際には、キッチリ負けて罰ゲームとなっていました。
律儀に予習をしていたため、プレイはすんなり。
裸エプロン(いちおう水着着用)な「小橋さん」を楽しめます。
オチなど、ああして彼の一挙手一投足にいちいち反応してるあたり、ラブラブですよね。
なお、続く「おそうじ奴隷さん」はそのオチから発展したエピソード。
1話のメイド服が再び登場。
今回はまたしっかり確認できますが、「小橋さん」は凄いおっぱいサイズですね。
特異なやつだからさ
という台詞と共に不穏な展開に。
詳細は伏せておきますが、結末があーで安心。
どうなっちゃうんだろうとハラハラしました。

077:「はらはら奴隷さん」
そんな訳で、こちらのサブタイトルもはらはら(笑)
部室で「小橋さん」が出会ったのは、元部員にして「西森くん」の叔母「向島紗耶」でした。
優しい笑顔の物腰穏やかな女性なのですが。
さすがに彼の血縁とあって、漫画では最強(凶)なキャラクターでした。
まんまと勝負に持ち込まれ、コテンパンにされてしまった「小橋さん」
そんな訳で、こちらは「紗耶さん」が主導となったプレイです。
ノーブラでニットのワンピースを着せられていました。
さらに、途中からトイレを我慢するようになってしまい…と、まさに最悪な状況に
あれは酷い。
ここでも駆け付けた「西森くん」に助けられ、またえっちされていました。
お話でのクライマックス温泉旅館編の切っ掛けにもなっています。

099:「おあずけ奴隷さん」 カラー原稿 4ページ
4ページのカラー原稿で、温泉旅館編での前日譚です。
犬プレイでした
どっちも楽しんではいたようですが。
よくあんなん着るなぁ。

103:「はたらく奴隷さん」
125:「のぞきみ奴隷さん」 前後編
157:「めかくし奴隷さん」
これらがお話のメイン旅館バイト編です。
まずは「はたらく奴隷さん」から。
「はらはら奴隷さん」での件がため、「紗耶さん」の実家旅館にて中居見習いとなってます。
着物姿もよくお似合い。
前半では”仕事はしっかり教えてもらい、へんな事はされず、仕事も難しすぎず甘くなく…”と安心していましたが。
前話同様、単にそれは序の口なだけでした。
割った湯呑みと同じ数で~
とか笑顔な「紗耶さん」がエグい。
仕事最中のアイテムプレイありましたが、こちらのメインは後半の剃毛シーン。
「紗耶さん」との百合プレイに発展しています。
オチが愉快ですね
ちょっと、じゃないでしょ。

前後編での「のぞきみ奴隷さん」はその続き。
なぜか旅館にいた「西森くん」らと再会。
前半での先輩「青山くん」とのやり取りは、ストーリー始まって初と言っても過言ではない、穏やかな時間となっています。
分かり易い反応の「小橋さん」が可愛らしいです。
間近にいたら、なるほどいぢめたくなるかも
タイトル”のぞきみ”とあって、別カップルの行為を覗き見しつつの展開。
前後編もページ数があるため、どんなカップルが出来上がっているか、だいたい察せられると思います。
素晴らしいほどの貧乳っぷりを堪能ください。

叔母「向島紗耶」
※叔母「向島紗耶」

旅館バイト編のラスト「めかくし奴隷さん」
なんだか久しぶりに「西森」・「小橋」カップルでのプレイです。
詳細は伏せますね。
故あって、目隠し・緊縛などなど、ややハード目。
最終話前での、越えるべき山場という感じですかね。
タイトルに引っ張られた方も満足できるだろうものになっていたと思います。
…ただ、あれであっさり流れるほど人は単純ではなく
もう1話続くこととなるのでした。

199:「そつぎょう?奴隷さん」
最終話です。
コメディーで展開してきた漫画ですが、こちらはシリアス。
もろもろ決着する場面ですからね。
いままではあちこち引っかき回す、お騒がせキャラだった「紗耶さん」が年上らしい役回りとなっています。
無論、いままでのテンションは変わらずでしたけどね。
心なしか「西森くん」も格好良く描かれてました
巻末4コマがまた楽しいです。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「佐伯」センセでした。
こちらのブログでは成年系「よわよわ YOWAYOWA」と一般系「BOX! -パンドラデイズ-」を紹介しています。
こちらで5冊目で合ってるのかな。
先の「BOX!」からまたよく見かけるようになり、嬉しいです。
発売は11月30日だったようですが、周辺書店の店頭に見掛けず。
先日ようやくゲットできました。
正直なところ、今回のカバーはイマイチな印象。
特に裏表紙はガチャガチャしているだけで、視点も定まらない感じ。
↓表紙も白黒絵の良さが発揮されていないと思いました。
巨乳は確認できて良いんですけどね。

ちなみに。
単行本の記事を書く際に、センセのブログにお邪魔して吉報を知りました。
おめでとうございます!
ウチと同学年です。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ コメディー スクール水着

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ