FC2ブログ

■愛蜜遊戯 (おたべさくら)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 浮気、女性主導
・構成 : カラー(4P)、9話収録(うち「運命の人」×4、「隣の花は赤い」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「続・隣の花は赤い」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おたべさくら」センセの「愛蜜遊戯」です。

放送部「鍵本さん」
※放送部「鍵本さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編での構成。
収録のうち2話はカラー原稿のショートもの。
さらに描き下ろしの1話は収録エピソードの後日談で、結構なページ量がありました。
ため、連続話は2本の収録となっています。
どちらもストーリー調で、長い1エピソードという漫画。
積極的というか女性が主導権を握っていて、男性を好きなように翻弄していました。
連続話は双方ともそんな感じ。
どちらかと言うと精神を破壊されるタイプで、プレイ的にはそう振り切れる描写はありません
若干ですが、SMっぽい所はあります。
短編はもう少し普通(笑)
やはり女性主導で近いようなネタもありましたが、ラブラブなもの、逆に男性に支配されるものなどもありました。
読み手を選ぶものなので、苦手な方はご注意ください

しっかりとした線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、濃淡はやや濃いめ。
描き込みは過ぎない程度なやや軽めです。
コマ割りは中くらいで変化は少な目。
枠間も確保されており、原稿は見易く仕上がっていました。
大きな乱れなく、崩れもそう目立ちません。
ただ、引き絵では多少気になる部分があり。
漫画運びでの表現・配置など、引っ掛かるところがあります。
人物絵は縦長・幅のある輪郭で、くりっとした目が魅力的。
すっきりとしていて爽やかさもあり、まさに”綺麗なお姉さん”という雰囲気です。
…この絵柄がため、ああしたネタがまた生きるのでしょう
カラーとはやや異なりますが、だいたいは↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 10話収録

003:「義姉テンプテーション」 カラー原稿
011:「運命の人」 前中後編
両親を早くに亡くし、年の離れた兄「貴之」がほぼ親代わりであった弟「伊吹」
また、その妻「遥」も、”最高の女性”と形容する美しく慎ましやかな女性であり。
優秀で社会的な地位と財を持つ兄に、劣等感を抱いていました。
そのため、卒業早々に自立しようと考えていたところ。
義姉「遥」が見知らぬ男性とホテル街を歩く現場を目撃してしまうのでした。
だいたいそんなお話。

単行本の冒頭話カラー原稿8ページの「義姉テンプテーション」なのですが。
ほぼ同設定で、「運命の人」のシリーズだと思ったんですが。
よーく見ると、作品中に主人公の男子は「翔太」という名前で呼ばれており、またヒロインの髪型もやや異なっていて。
どうやら違う話の様子
(※1ページ目では「伊吹」くんと呼ばれるコマもあったんですが)
プロトタイプみたいな漫画なのかな。
「運命の人」の中頃をより抜いたような漫画となっていました。

義姉「遥」、「ひなこ」
※左:義姉「遥」、右:「ひなこ」

さて、そんな訳でメインの連続話「運命の人」
前編は「伊吹くん」がキレるのが切っ掛け。
ただし、その優位はあっさり崩されてしまうんですが。
なんというか、役者が違うという感じ。
「遥さん」凄いなぁ。
冒頭から”最高の女性”と称され、またタイトルも”運命の人”なんてものですが、冒頭でのやり取りほか彼を虜とする言動を繰り返していたんだろうと思います。
や…やめて
なんて発言も「伊吹くん」にさせていました。
中編はそれ以後の風景。
先の「義姉テンプテーション」は、だいたいこの頃ですかね。
主導権を完全に持ち、楽しそうな「遥さん」が印象的。
電話でのプレイは本来男女逆ですから。
メインは「関係をやめたい」と「伊吹くん」が言い出したことによるもの。
まぁ、掌の上でもがいてるだけ。
たぶん、ああして我慢する彼を挑発するなんて、「遥さん」が最も好みそうなプレイですもんね。
もう、どうにもなりません(笑)
そんなこんなで最終の後編。
察しの良い方ならば、あるいはなんとなく後の展開想像できるかもしれません。
漫画でターゲットとなっているのは「伊吹くん」ですが、それ以前は…??
”相性がいい”
そんな台詞もありましたが、ある意味正しいか。
冒頭エピードから、かなりぶっ飛んだエピソードでした。

083:「さむがり彼女」 カラー原稿
8ページのショート漫画。
家でもコートを脱がない彼女「ひかり」
彼女曰く「寒がり」とのことでしたが、そのコートの下には…という話。
えー、だいたい成年漫画のお約束的なことなのですが、コレ書くとネタバレになっちゃうか。
まぁ、立派な変態ですね。
前話と違いラブラブな漫画なので、お口直しみたいな感じですかね。

091:「バイブレーション」
放送部の後輩「鍵本」は養成所にも通っているだけあって、澄んだよく通る声。
「佐野」はその声が好きでしたが、なぜか男性自身が敏感に反応するようになってしまい。
悟られぬよう、彼女を避けるようになっていたのです。
だいたいそんな話。
重要な要素の1つですからねー。
声フェチと言われてましたが、「佐野くん」が反応するのは彼女のソレだけなようなので。
単に好みだったんだよ。
「鍵本さん」はポニーテールの可愛らしい娘。
当初のコマ照れてるコマもあり、あるいはラブコメちっくに展開するかとも思われたんですが。
「佐野くん」の反応もあってか、次のページから途端に妖しい雰囲気に
うわ、彼女もそんなんかー(笑)
えっち時は完全に主導権を握り、慣れた感じも見せていました。

115:「ウチギャル」
地味目で冴えない男子「樹」と付き合うギャル趣味な「うめ」
外観に差のある2人は、関係についても周囲には内緒にしていたんですが。
一方で「うめ」は気も弱く、彼氏を紹介できないことで自己嫌悪になっていたのです。
「樹くん」の服装とかコーディネートしてあげればいいんじゃない?
どうせ彼着るものとか無頓着そうだし。
…というか、あんな2人が付き合うこととなった切っ掛けがなんなんだか気になりますね。
ラブラブではあるようなので。
単行本では珍しく、女性が可愛らしく描かれた作品
「樹くん」についても、また好かれるに値する度量もみせてくれていました。
「うめちゃん」のあわあわなる仕草もキュートです。
男性陣にとってオチは痛快なものだと思います。

135:「サムシングブルー」
結婚式を迎えた「純」・「ひなこ」のカップル。
しかし、新婦「ひなこ」は会社の同僚「市川」との関係を続けていたのでした。
こちらのヒロイン「ひなこちゃん」が裏表紙。
メインは結婚式の当日で、ウェディングドレスえっちとなっています。
私、本当に純ちゃんを一番に愛してるけど…」の台詞がゲスい。
こちらも男性が主導権を持っているエピソードなのですが、ネトラレ真っ最中なんで読み手としてはちょっと複雑
「ひなこちゃん」可愛らしい顔してエロいなぁ。
ひととおり最後まで見た後、ぜひ冒頭(※「純くん」とのえっちです)に戻って見てみてください。
そっちの相性が悪いんですね。

157:「隣の花は赤い」
181:「続・隣の花は赤い」 描き下ろし
友人「宮元」と付き合う「榎本ユカリ」に、パソコンの調子が悪いと呼ばれた「佐原」
彼女とは高校時代から多少の顔見知り。
部屋にあげられた「佐原」は、「ユカリ」から誘われてしまうのでした。
タイトルそのまま、というお話
皆で食事している際の「ユカリちゃん」がまた分かり易いと思います。
男性にとっては恐ろしい女性ですね「ユカリちゃん」
昔からより綺麗に、かつ色っぽくなっているとのことでした。
ちなみに。
今回↓表紙となっているのは、こちらの「ユカリちゃん」でして。
それに釣り上げられたひでるさんも、まさに彼女の色香に引っ掛かった1人でした(笑)
まぁ、こうした女性はいかにもって感じでなく、案外慎ましやかな雰囲気だったりするものですわね。
誘惑にかかった「佐原くん」は完全に想いを果たすこともできず、ずるずる彼女の言いなりになっていました。
(※最後までしなければ浮気でない、ってそそのかされたため)
そんなこんなでの、オチが実に秀逸。
「ユカリちゃん」の手練手管が実に見事なので、ご期待ください。

「うめ」、「榎本ユカリ」
※左:「うめ」、右:「榎本ユカリ」

なお、オチでは「佐原くん」の本来の彼女「春野みなみ」ちゃんが実に気になる感じで終わっていましたが…。
描き下ろし「続・隣の花は赤い」にて補完されています。
20ページほどのしっかりとした短編。
前話の3ページ目に、「ユカリ」・「宮元」のちょっと気になるコマがありました。
その際に、お互いターゲットの相談をしてたのかな。
「佐原くん」が「ユカリちゃん」に堕ち、また「みなみちゃん」も慣れた「宮元くん」に喰われてしまうのでした。
酷いなぁ
また、漫画はこれだけで終わらず、さらにブラックなオチとなっているのがポイントです。
個人的には…。
最初に声かけるのは彼でない方が良いかと思いましたが、彼女から気付くことは絶対にないか
彼かにすれば特別でも、彼女にとっては単に大勢いるうちの1人に過ぎないのだろうし。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「おたべさくら」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
おめでとうございます!
まさか、あんな女性らばかりの単行本だとは思いませんでした。
うん、女性は恐ろしい。
前述しましたが、単行本を手にする切っ掛けが「ユカリちゃん」でしたからねぇ。
あれは引っ掛かるのも当然。
収録で最後に位置していたので、実に微妙な読後感でした。
好きな絵柄なんですが、精神まさぐられるようなネタが合わないかなぁ…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ ポニーテール

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ