FC2ブログ

■あねコン (高田桂)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ファンタジーラブコメ、温泉旅館
・構成 : カラー(4P)、5話収録、現在1巻まで発売中。(※現在、最新は2巻です)
・おまけ: あねコンあとがきMAP。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高田桂(たかだ・かつら)」センセの「あねコン 1巻」です。

学生時代の「芳乃さん」
※学生時代の「芳乃さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降に続いていく長編漫画。
しっかりとしたストーリーある、連続話です。
ジャンルとしては、和風ファンタジーですかね。
メインとなる九尾の狐ほか、人外な登場人物が顔を見せています。
なんとなくの感覚ですが、今後は…もっと増えてくるかも。
日常シーンはラブコメちっく。
狐とかファンタジー要素を完全に払拭すると、”義姉と温泉旅館でドキドキ漫画”みたいな感じになります。
ただし、現実にはそのおキツネ様ほか、語られる状況は決して良いものでなく。
結構深刻でした

強めながらゆらりと揺れるような線の作画。
全体の色づきはそこそこで、白比率があります。
線と同じく黒は濃く、しっかり。
描き込みは人物あっさり気味ですが、背景などは細かく描かれていました。
こうしたジャンルに欲しい雰囲気はたっぷりです。
漫画はお上手でシリアス・コメディーなと表現に優れ。
派手さと共に落ち着きあって良く、適度なメリハリ具合
人物絵は過ぎないくらいのリアルさで、漫画で動かすにちょうど良い雰囲気です。
なお、ちょくちょく脱ぐのは期待とおりでしたが、全裸は描かれてもバストトップほか肝心な部分は曖昧な処理となっていました。
カラーで若干異なりますが、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 5話収録

実兄が亡くなって1年。
「三浦柊二」は久しぶりに実家の老舗温泉旅館「みうら屋」へ帰省しました。
そこで母親から、”跡継ぎとして、義姉「芳乃」との結婚”を提案されたのです。
そもそも彼女は憧れの女性だったものの、兄嫁であり。
非常識だと意見したものの、当の「芳乃」は乗り気で困惑していたところ…。
ふとしたタイミングで彼女の正体がこの那須の地で討たれた、白面金毛九尾の狐「玉藻前(たまものまえ)」だと知ってしまったのでした。
だいたいそんな感じ。

那須温泉を舞台としたストーリー漫画。
実家の温泉旅館を継ぐこととなり。
現在は未亡人となっていた義姉と、結婚を言われるのだけでも結構ドラマチックなものですが。
さらに、その正体が狐だという、ぶっ飛んだ、忙しいお話です。
かなり目まぐるしく、1巻時点ではまだ導入部。
本格的にはこれからですかね。
なお、漫画に出てくる「殺生石」は実際、観光名所として那須にあります。
付近からは有毒ガスが出ているらしく、名前そのまま結構危険。
伝説では、正体を見破られた九尾の狐が変化した、となっていました。
漫画の過去シーンで登場・対決していた「三浦介義明」は、平安時代末期の実在の人物。
先の伝説では討伐軍に参加し、とどめを刺したとされるのが「義明」のようです。
…そう、苗字でピンときた方、その通り。
あるいは今後アクション・バトルシーンとかあったりするかもしれませんよ。

現在の「芳乃さん」
※現在の「芳乃さん」

ドキドキ温泉ラブコメな1話。
冒頭のカラー原稿で見開きとなっていたのは、先の殺生石でした。
まぁ、そっちがメインか。
ヒロイン「芳乃さん」はその後に3段ぶち抜きで初顔見せ。
和服の似合うさっぱりとした美人に描かれています。
いちおう「柊二くん」とも昔馴染み。
幼少期から兄「汰一」の嫁さんを目指していたらしく、旦那とはラブラブ。
当然ながら「柊二くん」はそんな彼女を間近で見てきており。
いかに憬れていた相手とはいえ、もともとの義姉とそう簡単に(自分との)結婚を承諾できないでしょう。
(※ちなみに「芳乃さん」は旅館での看板若女将として、なくてはならない存在ななっているのです)
私はかまわないと思っているよ
また、「芳乃さん」も困惑するでなく、あっさりそう言っていたのも、また引っ掛かるところでしょう。
2人きりでは会話に下ネタも出ていたりして、ざっくばらんで親しげ。
素敵な女性でした。

そんな彼女の正体が狐だと分かるのが、オチから2話にかけて。
髪の毛などベタ部分の色がなくなり、耳と尻尾が生えた状態が九尾の狐「玉藻前」
キスされたりして、相当に驚くべき事態となっているんですが。
それにしては、「柊二くん」の対応は度胸ありますね。
元に戻った「芳乃さん」は様子のおかしい彼を察し、知る限りのことを説明してくれていました。
…で、変なのは彼女だけでなく
とある事情で物置部屋に来た「柊二くん」は、そこでまた驚くべき相手と再会することとなるのです。
前述したように、ぶっ飛んだ設定・お話なので、説明役として必要なのかな。
今後もちょくちょくお世話になりそうです。
3話目はその相手との会話とか、冒頭話にも顔を見せた従業員「隆之介」くんとの会話など。
目まぐるしく進んでいたため、中休みというか情報整理みたいな回ですかね。
彼がちょっと気になる発言をしたので、注目。
あるいは今後妖怪大戦争みたいになったりして。
周囲の人間も怪しげだぞ

白面金毛九尾の狐「玉藻前」
※白面金毛九尾の狐「玉藻前」

再び九尾の狐「玉藻前」と相対する、収録の最終4、5話目。
その直前、なにゆえ「芳乃さん」が全裸になったか、後に明らかになります。
いいですね(笑)
なお、4話は九尾の狐自信の過去。
先の説明あたりの平安時代な昔語りですね。
続く5話では、
”なにゆえ「芳乃さん」が九尾の狐となったか”
という、おそらく読者が(「柊二くん」が)もっとも知りたいだろう過去話が語られます。
クライマックスでの「芳乃さん」の台詞は、じんわりきますね。
はてさて、これからどうなる!?というところで、1巻は終了です。
お疲れさまでした。

 【 その他 】

以上、本日は「高田桂」センセでした。
こちらは…何冊目なんだろう。
ひでるさんはおそらくこちらが初見です。
今回は↓表紙に釣り上げられました。
和服姿の女性はいいですねー。
ぱっと見たところ、義姉で未亡人で狐だった、という文言が目に飛び込み。
色っぽいお姉さんとの、えっち系ドキドキラブコメかと勝手に想像していましたが。
なるほど、成年漫画ではないし、なかなかシリアスです。
今後どう舵を切るのか、それ次第で好み分かれそうな気がします。
とりあえずは2巻を待ちます。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ ファンタジー バストトップ

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ