FC2ブログ

■妹でごめんね (西川康)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、妹、貧乳
・構成 : カラー(8P)、短編×9話収録
      (うち「路地裏」×2、「放課後クラスメイト」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にリンク絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「西川康(にしかわ・こう)」センセの「妹でごめんね」です。

妹「ちかちゃん」
※妹「ちかちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続モノと短編。
連続話は成長前後えっちなものと、驚くべき真実が明らかとなるものの2本でした。
後述しますが、コレが非常に良かったので、お楽しみに。
そのほかは、おおむねラブコメジャンルです。
表題そのまま、妹、あるいは妹ちっくなヒロインが多く登場しています。
深刻な事態となる前という感じですね。
そう暗くはならず、かと言ってぺかぺか明るいばかりでもなく。
ちょうど良いくらいのお話群でした。
巨乳・貧乳どちらも登場するので、色々と楽しめると思います。

クッキリとしたやや強めな線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、白比率もそこそこあります。
濃淡は濃い目です。
描き込みはどちらかというとあっさり目。
コマ割りは中小でやや変化していました。
枠間はあったりなかったり、最近では珍しい、上下左右のスペースもあります。
全体的には黒の強さがため、コッテリとした印象でした。
背景・小物はもう一歩、二歩。
服などもやや質感に欠けていて、もうひと頑張り欲しいところ
引き絵も弱く、またちょっとしたコマにあっさり処理されているようなところがありました。
縦長な人物絵で輪郭も同様。
漫画っぽい可愛らしさのあるまとまりですが、目など顔パーツは比率的小さめ。
細身なスタイルになってます。
その人物を中心にバランス感覚がやや独特
スリムに描かれているので、ちょっとした点が目立つということがあるかもしれません。
癖があるので好き嫌い分かれるでしょう。
判断は裏表紙のが白黒絵に近いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

003:「今日もどこかで妹と」 カラー原稿あり
親の行為を見てから、えっちなことをするようになっていた兄「圭太」・妹「ひなみ」
バレぬよう、家では目も合わさない日々が続いていたところ。
ちょうど両親が町内会の旅行へ出かけたのでした。
カラー原稿部分は学校でのえっち。
放課後の教室でしたが…結構な人の目があると思うよ。
ただ、「声出ちゃう」って理由はいいもんですよね(笑)
そんなんだったので、親不在の家では激しいえっちが。
見送った後の玄関から始まっていました。

027:「妹でごめんね」
ちょっと意地悪ながらも優しく、モテる兄を持つ妹「瑞香(みずか)」
女子からの告白にも「好きな子いるから…」と断っていた彼でしたが、寝ていた「瑞香」にえっちな行為をしていたのでした。
ツインテールの可愛い「瑞香ちゃん」
詳細は伏せますが、ちゃんとその髪型にも意味あったのは凄い。
なるほどなぁ、って思いました。
まぁ、こうした成年漫画なので、お互い好き合っていて。
えっち発展していきます。
台詞「だから…」の箇所は、「瑞香ちゃん」にぐさー刺さるだろうなぁ。
オチは実にいい絵となってました。

妹「瑞香」、「智ちゃん」
※左:妹「瑞香」、右:「智ちゃん」

051:「受験前には」
受験のため田舎から親戚「智」が訪ねてきたのでした。
関西の娘かな
ちょっと前までバリバリのヤンキーだった
という彼女でしたが…その理由は中盤で明らかに。
なるほど。
一緒に寝て色々素直に話した結果でのえっち発展でした。

071:「夏の妹」
夏休みに里帰りをした主人公。
親が旅行に出掛けた間、妹「ちか」の面倒を見ることとなったのです。
日焼け跡が可愛い「ちかちゃん」
確かに大きくはないものの、膨らみかけというバストがキュート。
そもそも実家を出た原因の1つも彼女にあり。
まぁ、こうなるのも当然か。
ふざけていたのがえっち発展する切っ掛け。
行為シーンは長く、彼女の日焼け跡がたっぷり堪能できるようになっていました

095:「路地裏」 前後編
桃洋学園へ進学した「さとみ」
ふと見かけた路地裏は、彼女にとって想い出深い場所だったのです。
そんな訳で、前編は1年前の回想。
昔は眼鏡していた「さとみちゃん」です。
親しくしていた、隣に住むお兄さんとのえっち。
彼もちょうど興味出てくる年齢だと思われるので…許してあげてください
あの場面で直接行為までえっち発展していくというのは、成年漫画ですねー。
いちおう「さとみちゃん」も合意でしたが。
成長した彼女がお兄さんと再会する後編。
この2人は路地裏が落ち着くようで、またまたそちらでのえっち展開。
制服姿でメガネオフな「さとみちゃん」です。
あまり成長見られない(笑)、バストが可愛い。
なお、彼が引っ越した後の回想シーンでは、単独プレイが見れます。

139:「妹の手作り」
兄の世話を焼く妹「琴香」とのえっち。
友人から「新婚さんのグチみたい」とか言われていましたが、確かにそんな感じ。
タイトルのソレは、お弁当を指しています。
ふと他の女性に嫉妬したのが全ての切っ掛けとなってました。
ううむ、展開的にはあり得そうで…良いですね。
察したお兄ちゃんがため、えっち発展しておりました。
その理由はオチで判明しているんですが。
ベタベタでしたよ。

妹「琴香」、「緋野かずは」
※左:妹「琴香」、右:「緋野かずは」

161:「放課後クラスメイト」
181:「ねとりいもうと」
この2話は実は連続モノです。
「若林」くんは気になるクラスメイト「緋野かずは」によくちょっかいを出していたんですが。
男女とか揶揄していた彼女の本当の姿を知ることとなるのでした。
そんな流れで、1話目「放課後クラスメイト」はヒロインが義兄でかつ教師と関係していたことを知る流れ。
あれは、同年代の男子には結構な衝撃でしょうねー。
オチの微妙な感じが秀逸でした。
…が、それよりも衝撃的なのが、続く「ねとりいもうと」
こちらは先の話の過去エピソード。
「かずはちゃん」と先生がなにゆえああした関係になってしまったか、が描かれています。
まぁ、タイトル・その他の事柄から、ある程度察することできるかもしれませんが。
そもそも先生と結婚したのは姉「ゆずは」さんです。
前回でも、ちらとそうした雰囲気出していましたけど、男がなかなかのクズっぷり。
こちらの最後には相当ドキッとさせられるシーンがあるので、お楽しみに
あの部分がある・ないで大違い。
お話的にはこちらが最高でした

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「西川康」センセでした。
こちらのブログでは、「輪姦姉妹」、「処女絢爛」、「ひとの妻」などを紹介しています。
単行本は12冊目くらい?
途中までは兄妹の近親モノ多い、ラブコメな話をのほほんと楽しんでおりましたが。
最後の2話に衝撃を受けました。
あれは…凄い
特に、それまで楽しい漫画が続いていた中での急転直下な単行本構成であったので。
最後に微妙な読後感にさせてくれました。(褒め言葉ね)


姉乳搾精ックス





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



関連記事

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア