FC2ブログ

■ウラ女子。~新人女子マンガ編集者の場合~ (LINDA)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] 漫画業界、眼鏡、むちむち、コメディー
・構成 : 9話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「LINDA(りんだ)」センセの「ウラ女子。~新人女子マンガ編集者の場合~」です。

ヒロイン特集1:悩める新人編集者「橋本凜」
※ヒロイン特集1:悩める新人編集者「橋本凜」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
表題になってい「ウラ女子。」はシリーズとなっていて。
今回はそのうち4冊目となる単行本。
これで完結だそうです。
それぞれのエピソードは特に関連性ないようなので、他を読んでいなくても大丈夫(たぶん)
設定舞台がアイドル、モデル、キャバクラ…と続いてきており、今回は漫画業界。
漫画家たるセンセが良く知る世界ですね。
それがため、自らの世界をどのように描かれるのか、期待が高まります。
連続性のあるストーリー漫画。
相当なはっちゃけ感ありましたが、しっかりもしています
一般系ながら直接行為までキチンと描かれていて、当然ながら最大の売りはそちら。
ピンと来た方は、ぜひ手を伸ばしていただければ。

しっかりとした強い線での作画。
黒が強く、全体の色づきも濃いめ。
描き込みもしっかり。
中小がコマが重なり、入り乱れるようなコマ割りで。
ごく細な枠間でなくなることも頻繁。
そうした原稿構成と色彩がため、かなりコッテリとした仕上がりです。
付け加えると、むちむち肉付きの良いヒロインと、癖強い男性絵が、それに拍車をかけてる感じ。
単行本はいちおう一般系なんですが。
そのコテコテ感がため、より濃厚なエロス具合に錯覚するでしょう。
パンチ力ある、派手な漫画が堪能できます。
お好きな方は無論、そうでない方にもチャレンジする価値あると思います。
カラーでも変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 9話収録

「コミック ヤングストーム!」の新人編集者となった「橋本凜」
世界一のマンガを生み出す
そう考えていた彼女でしたが現実は厳しく、多忙な毎日に翻弄されておりました。
そんな彼女を見ていた編集長「江波」は、巨匠「真鍋城山(まなべ・じょうざん)」の担当編集に彼女を抜擢。
憧れていた漫画家に会えることに胸躍らせていた「凜」は、業界の現実を知るのでした。
大雑把にはそんな感じ。

えっち寄りではありますが。
熱血編集者漫画という雰囲気となっていました。
ヒロインが業界の色々な事に翻弄されつつも成長していく姿が描かれていました。
センセ自身もあとがきで述べられていましたけれど。
まぁ、実際にはこんなんないですよねー。
特に今の時代では。
なんというか、
”こんな感じではないの?”
…とかなんとか、その世界に居ない私らが妄想するような、ぶっ飛んだストーリーになっていました。
↑上の属性部分にコメディーと付与したのは、そんなんがため。
AVみたいな感覚で読むのがいいのではないかなぁ。

ヒロイン特集2:仕事を頑張る「凜ちゃん」
※ヒロイン特集2:仕事を頑張る「凜ちゃん」

導入の1話目は新人編集者「凜ちゃん」の現状。
学生時代の絵もあり、成長具合が見れます。
眼鏡ある方が似合ってるかな。(学生時代は裸眼)
スタイルもパンチある素晴らしいものとなってます。
可愛らしい彼女でしたが、それだけではなく。
セクハラしてきた漫画家「ペロキチ」に、キッチリ反撃するしたたかさも持ち合わせていました。
こうした要素が後の彼女に繋がるのだと思います。
メインは編集長「江波」のセクハラ。
こっちでもかーい(笑)
いちおう、ちょっと脅した程度の雰囲気でしたが、生乳揉みまくってたりして
普通ならば、訴えられて大変なこととなりそう。

巨匠漫画家「真鍋城山」が初登場する2話目。
イケメンで優しい最高の男子
とかなんとか、学生時代にその容姿を想像していた「凜ちゃん」にとっては酷な容姿の彼(笑)
”漫画家って生き物は才能ある奴ほど性格歪んでる”
”人間のクズほどおもしろい漫画描く”
そんな編集者らの発言が可笑しい
センセ、どこぞからクレーム言われそうね。
当然「真鍋」もそうした男で、「凜ちゃん」はその目前で服を脱ぐこととなってしまうのでした。
どうなる!?ってところで3話目。
うん、まあ…確かに、インスピレーションは…………ぱっと出るかも(笑)
「凜ちゃん」は他の小さな編集プロダクションから派遣されている設定で、その弱みもあり。
「真鍋」の担当を続けると決意するのでした。

”全てのネームが一人よがりだが、何とも言えない爆発力みたいなものを感じさせる”
編集長「江波」にそう言わせていた新人漫画家「牧村伸也」が正式にお話に絡んでくるのが4話目から。
このあたりから、新人・巨匠の対比が見られるようになります。
「凜ちゃん」大変ですね。
また、詳しい部分はいちおう伏せますが。
直接シーンが描かれるのもこちらからです。
あんな漫画家いるかいな
本気で怒られそう。
ちらほら顔を見せていた先輩編集者「赤坂」さんについてピックアップされるのが5話目。
「凜ちゃん」よりお姉さん然とした容姿で、デキル美人編集者という女性なんですが。
やっぱりなぁ…。
なお、期待された方、ご安心ください。
こちらの「赤坂さん」のえっちシーンもちゃんと描かれてましたよ。

「真鍋」・「牧村」が接触する6話目。
嫌な予感が…しますよね?
ね??
まだ女性経験のなかった彼でしたが。
そのアドバイスがため、良くも悪くも一皮剥けてしまうのでした。
悪い大人だなぁ。
ここが漫画でのひとポイントになっています。
また、そうしたのに囲まれている「凜ちゃん」がいい娘で。
彼の才能を引き出す切っ掛けとなってしまうのです。
いいなぁ。

ヒロイン特集3:エロスに流される「凜ちゃん」
※ヒロイン特集3:エロスに流される「凜ちゃん」

そんなこんなでの7、8話目。
すっかり変貌してしまった「牧村くん」に注目。
まぁ、あんなんが一度だけで終わる筈もなく。
すっかり成年漫画ちっくになってます。
ページも多く、エロス度が増していて
ここの2話好き。
また、「凜ちゃん」自身も吹っ切れる切っ掛けをつかむ、最終話へと繋がる重要なエピソードでもあります。
確かに、彼女は語っていた夢を実現している存在ですからね。
ああした直接の反応も制作に関わる1人として、心揺さぶられるものでしょう。
最終の9話目がどうなるか、お楽しみに。
ちょっと髪切って、大人っぽい雰囲気な「凜ちゃん」が見れます。

 【 その他 】

以上、本日は「LINDA」センセでした。
こちらのブログでは「セキララ彼女」を紹介しています。
正直なところ、あまり絵は合わないんですが…。
今回は↓表紙の眼鏡な「凜ちゃん」の爆乳に釣り上げられました。
ううむ、いいおっぱいですよねー。
シリーズで発売されていたのは知っていたんですが。
他の”いかにも”って雰囲気な皆さんより、こちらの地味目なヒロインのが刺さりますよね。
…どうでしょう??
あ、前述しましたが、漫画編集者って設定も購入の後押しとなった要因です。
おそらく、面白く描かれているのではないか、と。 





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

関連記事

tag : コメディー

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ