FC2ブログ

■PINKERTON (モノリノ)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 凌辱、複数、調教、学生
・構成 : カラー(4P)、短編×9話収録
      (うち「ピンカートン」×2、「まほろばは四角い窓に」×2)
・おまけ: あとがき、カラー描き下ろし「To Be Happy Now」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「モノリノ」センセの「PINKERTON(ピンカートン)」です。

牧野なつ、風紀委員「犬飼京子」
※左:牧野なつ、右:風紀委員「犬飼京子」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作が前後編、描き下ろしが後日談的なものとなっていて、2本が連続モノ。
それ以外は短編での構成です。
どちらの連続話も同ヒロインで軽い繋がりというイメージ。
表題作のが2話で1つのお話というまとまりです。
↓表紙などの見た目そのまま、可愛らしい人物画なんですが。
連続話・短編なども含め、えっちは複数での凌辱・調教というもの。
ハードさもあり、ブレイ的にはそちらの耐性が必要です。
ただし、漫画らはこちらの”独特な落とし方”がため、そうブラックではなく。
読み易さがありました。
ある意味万人に対応できるものであるがため、トコトン追及したい方にはもの足りなく感じるかも
詳しくは↓下にて。

しっかりとした丁寧な線での作画。
全体の色づき加減、濃淡はちょうど良いくらい。
描き込みも同様で過不足なく。
目立つ乱れ・崩れは見られず、全体も安定していました。
コマ割りはやや細かく、はみ出し・ぶち抜きも多く。
ジャンルもあってか、賑やかな仕上がりです。
ふっくらとした広めな輪郭で、各顔パーツはそうデフォルメ強すぎないもの。
爽やかで漫画っぽい可愛さがありました
前述したようなお話具合ですが、暗いイメージではありません。
表情にも優れ、多くはないですがコメディー部分も良い感じ。
全体のバランスも良く、特に引っ掛かるところもなかったです
カラーもお上手で白黒絵とも差はないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 9話収録

011:「E-Motional」
父親が海外に出張している「ほたる」
自宅を訪ねてきた男らが言うには、”父親が会社の金を持って消えた”とのことで。
彼女がその身体で返済することとなったのでした。
いかにも清純そうな、制服姿の「ほたるちゃん」が調教えっちされる流れ。
チェックのスカートに、黒タイツがいい感じだったんですが…プレイもあってか、即脱いでしまいました。
ううむ、残念。
複数の男性らがなかなかの手練れで、絶頂の直前で寸止めするプレイ。
そんな訳で、自ら要求させることに成功していました。
後半では、逃亡していた父親が捕まり。
この場まで連れて来られるんですが…ここから衝撃な展開に。
うわ、こうした漫画では実に意外な展開かつオチとなっていました。
いや、驚きました。
(※特にオチの「ほたるちゃん」には度肝抜かれると思います)
しかし、こんなんがセンセの持ち味のようで、以下のエピソードもおおよそこうしたネタになってます
なお、↓表紙はおそらく「ほたるちゃん」だろうと。

ほたるちゃん
※ほたるちゃん

041:「つがいになんてならないもん。」
クラスメイト「幸村」から好意を寄せられていた「なっち」こと「牧野なつ」
本人はそれほどでもなかったんですが。
修学旅行で友人らがセッティングしてくれたとのことで、無理やりその部屋に夜這いすることとなってしまったのでした。
大まかにはそんな流れ。
お下げ髪でロリっとした雰囲気の「なつちゃん」
どう間違ったのか、その部屋は教師らの部屋で。
かなり酔っぱらっていた教師らは、彼女の姿を見つけると普通にえっちな事を始めてしまうのでした。
台詞からは、いちおう生徒だとは認識していたようなんですが…皆容赦ないなぁ
酔った教師らのとぼけた会話はコメディーちっくなものでしたが、えっちはハード。
他エピソードと違い、こちらはよくある雰囲気のオチとなっていました。
コレもどうにか巧いこと落としてほしかったですねー。

065:「ピンカートン」 前後編
”学び舎の番犬”と呼ばれる風紀委員「犬飼京子」
彼女が憬れていた教師「日高」をネタに呼び出し、見事彼女を捕らえたのでした。
そんな訳で、こちらが表題作品。
ツリ目の強気な娘さんですが、好意を寄せる「日高」との妄想にドキドキしている、実に可愛らしい娘さん
不良男子らを相手にしているため、腕っ節にも自信あるようでした。
前編はそんな「京子さん」の初めてプレイ。
当然ながら初々しい反応で、おそらくこうしたえっちがお好きな方を満足させるだろうもの。
また、いいおっぱいしてるんですよ。
停学にされた男子も加わり、ハードな展開となっています。
続く後編はすっかり調教された「京子さん」が見れます。
モノローグではなんのかんのと言っていましたが…実に従順。
アイテムほか目隠し、教室での露出などをさせられていました。

…で、普通の漫画であれば、このまま真っ黒で終わるところなんですが。
最後の最後でこれまた予想外な展開に
男子らも、意外な台詞を口にしていて、ラストの「京子さん」をより魅力的に見せておりました。

113:「まほろばは四角い窓に」
003:「To Be Happy Now」 カラー描き下ろし
遅刻間際であった「梼原ひかり(ゆすはら・-)」が飛び乗ったバスは、エロ目的の貸し切り・専用車だったのです。
そんなお話が「まほろばは四角い窓に」
あらすじには”唐突”なんて単語もあり、いきなりの展開はわざとな様子。
制服姿の黒髪ショートな「ひかりちゃん」が、そうした状況で成す術もなくえっちされてしまうエピソード。
まあ…ね。
貸し切りなバスが普通の乗車客を乗せちゃーダメでしょ
こうした漫画なので、細かい突っ込みは不要なのだろうけど。
乗っていた中年らに複数プレイを仕掛けられる流れ。
普通に走っているバスなので、窓際では撮影されたりしておりました。
中盤以降はすっかり慣れてきていて。
”最近キゲンいーなぁ”
などと友人らから指摘されており、自らの意志でハードな事もやっていた様子。
冒頭のカラーショート「To Be Happy Now」もこちらの「ひかりちゃん」
本編の後日談的なお話で、視点は彼女に”可愛い娘”だと、目をつけた男子生徒。
おそらく、あれ通常バス内かと思いますが。
雰囲気とは裏腹に、すっかりえっちにハマリきった姿を見せつけ、驚かせておりました。

137:「溺惑のカリキュラム」
夏休み、補習のため寮に居残りを命じられてしまった「汐江南(うしおえ・みなみ)」・「中村りお」の2人。
待っている間、そのまま眠ってしまった「りお」がふと目を覚ますと。
自らは半裸で拘束されており、その目前には担任”ハゲ山”が立っていたのでした。
そんな感じのWヒロイン話。
ロングな黒髪でカチューシャというお嬢さまちっくな「南さん」と、ツインテールで控えめサイズなバストの「りおちゃん」です。
(※「南さん」ほか登場キャラが大きめではある)
漫画視点はその「りおちゃん」となってます。
教師らからえっちされる展開で、成績は学園で最下位らしく。
まぁ、”特別に進学”させるには、こうしたのが必要なのかも。
親御さんの許可は取ってある
なーんて台詞があったんですが…こうした事までする、と告げているかいないかで、恐ろしさが段違いに変わりますね。
抵抗していたのは前半ちょろっと程度で、すぐさま馴染んでおり。
「りおちゃん」はどこかツンデレちっくに求めてるあたりが、ラブコメ漫画みたいで可愛い
お話の流れとしては、ぜんぜん真っ黒なんですけどねー。
それは「南さん」にしても同様で、後半ではたっぷりな素質を見せておりました。

梼原ひかり、エリカさん
※左:梼原ひかり、右:エリカさん

161:「魅惑のサボタージュ」
授業をサボって保健室で休んでいた「エリカ」さん。
同じくサボっていた後輩に襲われ…というオープニング。
即えっちで、開始4ページにはすぐさま複数に発展していく、結構ハードなお話です。
彼女のモノローグから考えると、そう慣れ切っている訳ではなく。
本来であれば、けっこう悲劇的なものなんですが…それだけで終わらないのは、もはやお約束と言って良いでしょう。
オチでは相当にしたたかな一面を見せておりました。
ヒントが前半に、ちらりとあります。

181:「いとしのアイリ」
まるで犬のように懐いてくる文芸部の後輩「日高愛莉」
そんな彼女から、
センパイのクラスの岩井さんに渡して欲しいんですっ!
そう手紙をを差し出されたため…というお話。
他と違い、いちおう一対一ではあるものの。
男子トイレ個室内にて、なかば強引にえっち仕掛けていくもの。
まぁ、可愛い娘でしたから、その気持ちも分からんではないんですが…極端だなぁ。
前後にバッチリ決めてましたよ。
オチはコメディー調で、いかにもセンセの漫画という仕上がりです。

 【 その他 】

以上、本日は「モノリノ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
紹介帯には”10年に1人の超ド級新人”、とかハードル上げられてますね。
ううむ、好みの問題を加味しても、やや煽りが強過ぎるかな…とか。
基本的には全体的に優れた出来栄えで、特に絵柄は綺麗で安定していましたが。
お話面では…そう際立つ何か、というほどのものは感じませんでした。
センセならではの展開は面白く、全然悪いというのではないんですけどね。
もう、ひと広がりが欲しいなぁ…、と感じてます
個人的にお気に入りなのは風紀委員「京子さん」
ロリっとした娘もいいんですが、ああしたツリ目の強気な娘のがより良く見えました。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


関連記事

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ショートカット

コメントの投稿

Secret

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ