FC2ブログ

■敏感ぷらすちっく (藤島製1号)

★まんがデーター [11.0/20.0]
・絵柄 :●●○○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、学園、ファンタジー
・構成 : カラー(8P)、短編×10話収録
      (うち「ピン髪ホームステイ」×2、「荒神くんと魔法のケータイ」×2)
・おまけ: あとがき的な何か、作者による作品解説的な何か、
      カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「藤島製1号(ふじしませい・いちごう)」センセの「敏感ぷらすちっく」です。

森永心奈
※森永心奈

 【 構成・絵柄 】

収録は2本の連続話と短編。
2つある連続話は、どちらも前後編のエピソードでした。
1つは普通に繋がりあり、2話で1つという印象。
もう1つは時間も経過していてヒロインも変化し、その後の風景という感じ。
その他短編も含めて、ジャンルはラブコメ。
可愛らしい作画・ヒロインとなっていて、キュートな彼女らの方がかなり積極的でした。
だいたい学園関係のお話。
髪がピンク色であるとか、ランプの精だとかファンタジーな色もあります。
個人的には、あともう、ひとパンチ足りないかなー、という感じ。
また、キャラの変な名前がどうにも引っ掛かりました。
ひでるさんは特にそのあたりが得意でないので。
その他はややこしさなく、また単純すぎることもなく。
ゆったり楽しめる作品集だと思います。

スッキリとした細線での作画。
いかにもデジタルな配色で、若干ですがテカりもありました。
綺麗にまとまっている半面、パンチはやや弱め。
描き込みも軽めです。
コマ割りは細かく、賑やかな雰囲気。
個人的には比較的黒がシッカリと強く、全体引き締まっていたような2014年の「ゆとり少女ニコニコ世代」での作画が最も良いと思います。
そう、収録の原稿時期が幅広く、3話以外は2012年以前の原稿。
ちなみに、前半の連続話は2015年のものです。
正直、作画には小さくない差がありました
不安定ですね。
人物画はだいたい↓表紙などそのまま、幅広めな可愛らしい系統。
そうしたのがお好みであれば、問題ないかもしれません。

 【 収録話 】 10話収録

003:「誘惑DTHKくぱぁ」 カラー原稿
冒頭話は8ページのショート漫画。
カラー原稿です。
「ピュアキャンディ」のコスプレをしたヒロインとのえっち。
”童貞仮性包茎”
とか決めつけてる彼女が楽しい。
まぁ、えっちできて良かったわね。
少なくとも童貞ではなくなったのだし。

011:「ピン髪ホームステイ」 前後編
髪の毛がピンクな交換留学生「桃華=ロズ=ガリファリア」
アニメじゃあるまいし、と突っ込んだ「黒須」
陰毛もピンクなら信じる!
そう言われた彼女は下着を下ろして見せたんですが…。
実は2人はこれが初対面ではなかったのです。

10年前にも黒須家にホームステイをしていた彼女。
その際に「黒須くん」がプロポーズをしていたのです。
「桃華ちゃん」があんな行動取ったのも、それがためか。
すっかり昔を忘れていた彼に、おっぱいを触って思い出すか試してみることとなるのでした。
しかし、10年前の彼はトンデモなえろガキですね。
ちなみに冒頭にてピンク色とか突っ込んでいましたが、バストトップほか女性自身も同様なのだとか。
わはは。
メインはとある失言で彼女を怒らせてしまったことによるもの。
幼少期を彷彿とさせるような行動を取るので、お楽しみに。

その後の2人を描く後編。
”もう桃華はえろえろだ”
そんな言葉そのまま、朝からあちこちでえっちされてました。
前回の「黒須くん」がため、自らを勘違いした「桃華ちゃん」はエロスに対して従順になっていたんですね。
まぁ、素直になった、ということもあるんだろうなぁ。
前半では体操着えっちとかしてるので、お楽しみに。
後半は全てを知った彼女がため、おしおきです。
なんのかんの楽しそうでしたよ。
個人的にはオチが気になりました。
まだこれ以降も続けて欲しいですね。

留学生「桃華=ロズ=ガリファリア」、従妹「芽衣留」
※左:留学生「桃華=ロズ=ガリファリア」、右:従妹「芽衣留」

063:「ゆとり少女ニコニコ世代」
ひと回り年齢の離れた従妹「芽衣留(めいる)」
えっちのお誘いをバッサリ拒否されてしまった彼女は、手を出させるべく目前で独りプレイを始めたのでした。
眼鏡で黒髪ツインテールが可愛い「芽衣留ちゃん」
いちおうOKであるとはいえ、これは彼のが正しいか。
彼女のがラブラブなようで、何が気に入ってるのか頑張ってアピールしていました。
まぁ、あんな目前でヒクヒクされたら
従妹とかなんとか、もう関係ないですわね。
年下の割にえっちな娘でした。

なお、詳細は伏せますが…いちおう検索してきました。
”いとこどうしが夫婦になったときの情愛の深さは、鴨の肉の味のようによいものである(goo辞書より)”
だそうです。

087:「カタタタキケン!」
表面上では優等生を装う「宇乃」
その勉強を見ていた「瓶吾(びんご)」は、お礼に”肩たたき券”をもらい、さっそくそれを使ったんですが。
じゃ、おねがい
背中を向けた彼女は、そう口にしたのでした。
そうなんです、渡されたのは”肩たたき券”ではなく、”肩たたき権”だったのです。

なるほど。
ただ、大人しく肩を叩く訳もなく。
胸揉んだ「瓶吾くん」のハッタリによって、まんまと騙されてしまうのでした。
頭の悪さが幸い。
最後は普通にえっちしちゃってましたよー。
オチあんなんでしたが、プレイにはハマったようで。
色々な券を発行する様が楽しい。

111:「稲穂の天然オナホはいかが?」
同じ部活の後輩「稲穂」を彼女とする「天我」
頭の良い彼女はお口テクニックの上達も早く。
色々としてはくれるものの、直接行為だけは結婚するまで、と拒否られていたのでした。
”挙式の夜にウェイディングドレスとタキシードでえっち”
とか夢を語る「稲穂さん」
うん、なかなかの変態だ。
友人らも思わず引いていましたよ。
男性の性欲についてアドバイスされた彼女は、もらったオナホを股間に装着。
疑似えっちをもちかけたのでした。
面白い娘ですね。
ああした夢を語っていた彼女が、なにゆえ直接行為にまで発展してしまうのか。
いちおう秘密ね。
少なくとも、「天我くん」はオナホで満足していたのですが…。

135:「登校拒否10年生」
入学式から1度も登校していなかった「森永心奈」
昔馴染みで学級委員でもある「吉崎絶斗」は教師の依頼もあり、その家を訪ねることとしたのでした。
同じクラスではあったものの、実は「心奈」は昔から姿を見せておらず。
登校拒否10年目という引き籠りだったのです。
…の割に、明るく普通な「心奈ちゃん」
学校へ連れ戻す、みたいなこと置いといて、えっち発展していました
途中から顔を見せた母「早苗」さんも登場。
サポートだけかと思いきや、参加して複数となっています。
なんというか…変な母子ね

159:「荒神くんと魔法のケータイ」 前後編
身長低く貧弱、成績も中の下という「荒神」くん。
唯一の趣味である携帯収集で、狙っていた海外携帯を寺に入れたところ。
現代に合わせてランプから携帯電話のコンシェルジュ機能を依代とするようになった、ランプの精「ジェニー」が出現したのでした。
彼女曰く、いくつでも願いを叶えるとのことで。
誰にも負けない美しく健康的な肉体、好きな女をモノにする魅力とテクニック、富と名声、世界で1番の幸せ、を願ったのです。

ぱっと肉体をムキムキにした「ジェニーさん」
2つ目の願いは自らの肉体で、ということでえっち展開に。
褐色肌な彼女。
登場時に痴女呼ばわりされてましたが、露出過多なエスニック風の衣装がいい感じ。
前編はその彼女とのえっちで終わるんですが。
オチにひとネタが
なるほど、って思いました。
続く後編は前編から3ヶ月後。
そちらでちらと登場していた「羽鳥クレア」さんとのえっちです。
故あって、見事に彼女を引っ掛けておりました。
授業中でのえっちになってます。
ちゃんと結界張ったりもしていて、いちおうファンタジーな能力あるみたい。
あれでいいのかなぁ。

宇乃、幼馴染み「星河きらら」
※左:宇乃、右:幼馴染み「星河きらら」

207:「タブーオークション」
裏競売サイト”タブーオークション”にアクセスした「我妻明日真(あずま・あずま)」
そこに脱童貞・幼馴染みコースという商品があり。
見事落札したところ、次の日7年前に引っ越していた幼馴染み「星河きらら」が顔を見せたのでした。
「きららちゃん」は…前話オチに顔を1コマ見せていた女の子と似てましたが。
名前は違ったので、別人の様子。
そんな訳で、リボンが特徴的なヒロイン「きららちゃん」とのえっち。
いちおう彼女側の事情もあって、即えっちとなっていました。
何処までネットの影響か不明なままでしたが、どうなんでしょう。
なお、こちらが最も古い作品でした。

 【 その他 】

そんなこんなで「藤島製1号」センセでした。
こちらが2冊目…でいいのかな。
店頭で見た↓表紙のピンク色が実に独特な雰囲気となってました。
いちおうチラ見えしてはいるんですが、エロさより可愛らしさが前面になっていて。
収録エピソード的に良かったと思います。
折り返しでは全身絵となっているんですけど、やっぱりショーツ部分まで入れたかったですねー。
個人的にはあとがきでのふんどし女性が気になりました。
次では是非に。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール ファンタジー コスプレ

■ろりっぽいの (冬野みかん)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ロリ、コメディーツインテール
・構成 : カラー(8P)、短編×9話。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「冬野みかん(ふゆの・みかん)」センセの「ろりっぽいの」です。

ひかり、中ノ森このは
※左:ひかり、右:中ノ森このは

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
似た雰囲気ある娘も顔を見せていましが、特に言及なく。
同一人物とかではないと思います。
LOシリーズで、タイトルそのままロリ系。
可愛らしい娘が下手すると男性よりもえっちに貪欲に描かれていて。
ラブコメというより、コメディーちっくにまとまっています。
初々しい娘もおり、半々くらいの比率ですかね。
そっち系統の漫画ですが、ブラックな色はなく。
ヒロインらもある程度のしたたかさを持ち、都合よいだけの存在ではありません
どちらも楽しい仕上がりで、読み易い漫画群です。
そんな感じに進んでいたためか、ちょっとシリアス要素もあった巻末収録のエピソードがより素晴らしく感じました。
詳しくは後述しますね。

すっきり線での作画。
全体の色づきはやや軽めながら不足感はなく。
どちらかというと淡い色使いです。
描き込みも軽め。
コマ割りは横の枠間なくなること多く、ある程度の細かさあり。
さっぱり目な絵柄とちょうど良いバランス感覚となっていました。
幅広でまるっとした輪郭の、漫画らしい可愛さある人物絵。
くるくる変化する表情が生き生きとしていてお上手。
スタイルとの調和も良く、違和感はありません。
背景や小物なども含め、軽いコマもありましたが全体を乱すほどでなく。
漫画ジャンルと合致しています。
カラーの良さが出ていますが、判断としては↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

001:「ふぃってぃんぐるーむ」 カラー原稿
下着売り場の常連客「篠崎れいな」とその店員のお話。
8ページのショートもので、ヒロイン「れいなちゃん」は↓表紙および前折り返しを担当しているツインテールな娘さんです。
どんなん買うか、店員がガン見しないように
よくこの売り場の担当になれたなぁ。
しかし、そんな男性の上を行く、えっち好きな「れいなちゃん」
彼女のお誘いで、試着室プレイとなっていました。
しっかり経験値もある彼女。
でも最近誰も相手にしてくれないんだよねー
とか、あっけらかんと言っていたのが気になります。
オチの発言から察するに、男性側がもたないのかな。

009:「がまんできないっ」
友人「春」ちゃん、そのお兄ちゃんと友達という4名でキャンプに出掛けた「夏海(なつみ)」
車中から我慢していたため、到着早々にトイレへ走って向かったのですが。
かなりの行列であったため、「ゆう」の助言で木陰で済ますこととしたところ…というのもの。
誰しもが経験のある、我慢ギリギリなエピソード。
列に並びつつも、いっぱい・いっぱいな彼女が可愛い。
故あって、結局はお漏らしとなってしまうんですけどね。
実はメインはその後。
直接行為は「だめ!」という認識だったので、そんなんを「ゆうくん」に見せることとなってしまうのでした。
いい趣味してるなぁ。
「夏海ちゃん」は実に表情豊かな娘で、”はわわ”という擬音がまたキュートです。

夏海
※夏海

031:「ぷりてんどがーる」
容姿・読者モデル経験から、友人らにそうした目で見られてしまう「ひかり」
本来気弱な娘で、モデルも街でたまたま写真を撮られただけのこと。
しかし、友人らの期待する目を裏切れず、つい虚勢を張ってしまうのでした。
いつか大変なことになるぞ?
そうした兄の忠告も分かってはいたものの、どうにもできず。
既にえっち経験済みな友人「りん」ちゃんの頼みで、代わりにえっち相手をすることとなってしまったのでした。
てっきりお兄ちゃんに頼むのかと思いましたが。
「りんちゃん」の語る、教師「林田」の評が楽しい。
捕まってしまえ
ただ、そんなんだけあって(?)かお上手だったらしく、初体験となっていました。
オチが楽しい。
はっきり言って「りんちゃん」のが闇深い気が…。

055:「お勉強はえっちの後で」
教師と付き合う「中ノ森このは」ちゃん。
えっちに夢中になるあまり、勉学がおろそかになっていて。
テストで悪い点数となってしまったことで、
全科目90点以上取るまでえっちは禁止だ
そう言われてしまったのでした。
生徒にお手付き(しかも即だったらしい)している割りに、そうした真っ当さもあるのね。
…いや、あまり変化ある過ぎると変に勘ぐられるためかな。
普通、禁止となって耐えられなくなるのは男性なのですが。
こちらの「このはちゃん」は早々に限界となっていました。
久しぶりで目をキラキラさせてたりしてますね。
えろい娘だなぁ。
てっきり、より成績悪くなるかと思いましたが。

079:「女子■学生がいる日々」 ※四角は「小」
長期休みで家庭教師をしている主人公のアパートへ泊まりにきていた「ののか」のお話。
キスとかなんとか言ってる割りに、えっちな事について言われると怒ったりしていて。
難しい年頃ですね。
そんな彼女の意思を尊重し、我慢していた彼は偉い。
まぁ、結局お手付きとなるんですが、「ののかちゃん」的にも盛り上がっていたようなのでOKか。
彼女がそうなるに至る、夏祭りシーンはなんだか漫画・映画のようで素敵
(漫画ですがね)
えっち後の「ののかちゃん」に注目。
これまた面白い娘さんですね。

111:「まゆちゃんの頼みごと」
ちっちゃく可愛い幼馴染み「西野まゆ」
「あっきー」こと「秋吉」とべったりで、なんのかんの言いつつも頼み事は断らず。
そのため、クラス女子の入れ知恵でえっちを頼んでみることとしたのでした。
まぁ、彼女ベタ惚れでしたからね。
ショートカットで軽いツンデレっぽい「まゆちゃん」がキュート。
本編でもくるくる実に良い表情を見せてくれていました。
えっちは教室でしたが…なかなか大胆。
家だとより落ち着かないか。

133:「お兄ちゃんえっちしよっ!」
父親の再婚で双子の妹ができた主人公。
大人しい姉「かのん」、積極的な妹「ほのか」というどちらかも好意を向けられていて。
日に日にエスカレートしていたのでした。
うーん、あともうひと押しなんだけどなぁ
とか言ってましたが。
頑張って我慢している方の身にもなったって下さい。
こちらの彼ほか、センセの漫画は男性らのが理性的なのが特徴ですかね。
いちおう、最後のギリギリまで耐えきっていましたよ。
複数プレイとなってます。

153:「めいちゃんといっしょ」
年の離れた親戚「めい」
慕われている彼女にえっちを教えたところ、それが大好きになってしまったのでした。
ブログを書く際に、「茜新社」さんのHPを見に行ったところ。
そこで発覚。
こちらの「めいちゃん」ですが、前巻にて表紙を飾っていた彼女なのです。
そうだったのか。
あらためて見たところ、作品中に近いアクション絵があります。
えっちに積極的な娘で、
あおかんだね
そういって野外プレイを楽しんでいました。
なんというか、凄いなぁ。
オチがやや弱めでしたかね。

幼馴染み「西野まゆ」、化け狐「幸」
※左:幼馴染み「西野まゆ」、右:化け狐「幸」

165:「狐の化かし方」
人間に化けて人を騙す”化け狐”
現代社会でも人間に混じって生活を続けていて。
役所勤めな主人公「弘」のもとにも、そうした相談が届いたのでした。
まったく信じていなかったものの、同僚にも言われたこともあって試しに向かったところ。
耳も尻尾も丸出しにした、いかにもという化け狐「幸(さち)」と出会ったのです。
だいたいそんな感じ。

そんな人外ヒロインとの交流話。
完全に人に化けれず、ロリっとしていて可愛い「幸ちゃん」
色々ダメ出しをされた彼女は、「弘くん」のお眼鏡に叶うよう特訓に付き合ってもらうこととししたのでした。
ヒロインの言動は相変わらずですが、後半のギリギリまでえっちなく。
お話もちょっと感動的な良いエピソードとして仕上がっています。
うっかり泣かされそうになりました
定番っぽい流れではあるんですけどね。
(それがためかも)
オチも温かなものでした。
2人幸せになればいいですね。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「冬野みかん」センセでした。
当ブログでは「ちいさくてもいいじゃない!」、「ぷち・きゃわ」を紹介していました。
こちらは4冊目の単行本となります。
よくよく見たら↓表紙は過去単行本から4連発ランドセルなんですね。
今回もいちおうおっぱいまで見えてるものの着衣量あり。
変な話、明るさ前面となって楽しげにまとまっています。
裏表紙もそんな感じ。
似た雰囲気の娘もいましたが、もしかしたら次回登場するのかな。



ろりっぽいの ろりっぽいの (TENMACOMICS LO)
                  (2016/11/28)
                  冬野みかん
                  ※アマゾン登録あったけどなくなるかな


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット ツインテール

■いちごショコラふれーばー (NAZ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ロリ、コメディー、複数
・構成 : 初単行本、短編×11話(うち「どらぺこ!」×2)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「NAZ(なず)」センセの「いちごショコラふれーばー」です。

三和さん
※三和さん

 【 構成・絵柄 】

収録は1本シリーズものがあり、そのほかは全て短編という構成。
ショート漫画が2つあり、そのうちの1つがシリーズものです。
現在の状況もあってか、明確な年齢描写はないですが。
登場ヒロインの皆さんは、ロリっとした雰囲気です。
ただし、しっかりバストもあって、そのあたり曖昧になっていました。
相手となる男性らも中年が多く、そうした漫画のセオリーに忠実。
↓表紙とか絵柄など甘い雰囲気なのですが、ラブコメちっくなものは皆無。
複数とか露出とか、プレイにもハードさがありました
紹介帯の文言が正しいですね。
お話によってはげんなりさせられるようなものもあったので…ジャンル違いには注意ください。

しっかりとした強めな線での作画。
描き込み・全体の色づきはだいたい適度なくらい。
濃淡はクッキリ強めで、枠間あったものの原稿は賑やかな仕上がり。
表現も派手で、濃厚な味わいです。
ふっくら頬の丸顔で、大きい目・口が特徴な人物画。
ロリっとした可愛らしさです
それでいて、バストは皆さんしっかりあり、巨乳な娘もちほら。
先のお話ともども読み手を選びそうな感じです。
初単行本ながら画風は安定していて、差はそう感じません。
ちらほらバランスなど気になるところもありましたが。
勢い優れ、またコメディーちっくな漫画のためか、あまり気にはなりませんでした。
得するタイプだと思います。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ないです。

 【 収録話 】 11話収録

003:「求婚相手は汚ジサン×2」 カラー原稿
カラー原稿の4ページショート漫画。
可愛らしい女の子が2人の中年男性に告白され、えっち勝負に発展していくもの。
ジェットコースター系ですね
収録漫画は陰陽どっちかなのですが、こちらは陽。
コメディーちっくに処理されていました。

東真奈、真鍋琴美
※左:東真奈、右:真鍋琴美

007:「春夏秋冬露出日和」
露出趣味の「東真奈」
立地的にほぼ利用客がいない恥の丘公園は、そんな彼女にとって絶好のポイントでしたが。
ちょうど通りがかった中年男性と鉢合わせしてしまうのでした。
ヒロインが勝手に暴走し、えっち発展していくもの。
丸眼鏡でいじめて系っぽい彼女の、どんどん飛躍していく発想が楽しい。
えろい娘だなぁ
メインは水飲み場なのですが。
普通蛇口はそんな都合よい(?)形してないってば
最終的に彼だけ捕まりそう。

027:「エンジョ・デイズ」
詐欺メールに引っ掛かったことで、援助交際にてお金を稼ぐ「真鍋琴美」
直接はまだ怖いので、お尻などでシテいたんですが…というもの。
結構悲惨な状況なものの、楽しげに援助交際している彼女。
読者の皆さんの想像通り、最終的にはしっかりえっちされちゃうのでした。
中盤に顔を見せていた、幼馴染みの男子がいい立ち回りです。

051:「ゆでたて混浴温泉たまご」
秘湯と名高い憧れの峰倉温泉に来た、温泉好きな「遠藤楓」
予想外に混浴で、多くの男性らに囲まれてしまい。
完全にのぼせてしまったのでした。
その姿があまりにも無防備だったので、彼らに火を点けてしまう流れ。
分からんでもないですが。
酔っぱらってる訳ではないので、のぼせてても事のなんとかは理解できるでしょ
オチの1コマがエグいです。

071:「どらぺこ!~お試し版~」
075:「どらぺこ!」
原作ゲームな漫画。
アリスソフトですね。
雰囲気がいかにもそんな感じだったので察せられましたが。
できれば、原作の紹介ページとかあった方が親切だろうと思います。
まったく知識ないまま読みましたが、やはりぱっと理解はできないので。
ファンタジーな世界観で、ドラゴンな女の子「クゥ」とか巨乳な勇者「トオル」などが登場しています。

「どらぺこ!~お試し版~」はタイトルそのまま4ページのショートもの。
こちらはメインヒロインらしい「クゥ」とのえっち。
既に真っ最中から始まっています。
メイン「どらぺこ!」では勇者「トオル」とのえっちを中心に、主要ヒロインらしい「ソース」・「セキエイ」らが加わり複数展開となっていました。
巨乳でビキニアーマーな勇者が良いですね
呪いどうの言ってたので、もともと女性ではないのかと警戒しましたが。
HPを見たところ、もともと女性のようでひと安心。

097:「お掃除の時間」
潔癖症な「三和」さん。
掃除にてクラスメイトと揉めてしまった彼女は、その代表的存在「新谷」ほか男子生徒らに仕返しをされてしまうのでした。
えっちは無理矢理・複数で、かなりハードなものなんですが。
前半の彼女の言動が強くヒステリックなものなので、自業自得という感じ。
容姿はキツ目で可愛らしいんですけどねー。

117:「処女じゃないもん!」
クラスメイト「美和」との会話から、えっちしている写真を撮影することとなった「遠山遥」
しかし、経験なく、彼氏などもいなかったため。
掲示板にて相手を募集することとしたのです。
導入部分で既に面白いんですが。
指定場所に、もの凄い人数いたというのもまた楽しい。
下着脱ぐ際とかも。
しかし、掲示板の書き込みなんて不確かなもので、よくこれだけ集まったなぁ。
ラストページがまたいい感じでした。
そりゃそうでしょ。

139:「シセンノメザメ」
大家の娘「蒲田春乃」はクラスメイトともうまく喋れないほどの人見知り。
会社員「中田進」は大家の頼みで、彼女のカウンセリングもどきをすることとなったのです。
前髪長いなぁ。
だいたい左目だけ見えてましたね。
”見られて恥ずかしいなら、見られ慣れればいい”
その理論はまぁ、わかりますけど、着替えさせる必要ないのでは。
まぁ、彼女そうしたキャラとは裏腹に立派な巨乳の持ち主だったので、分からんでもないですが。
それが切っ掛けで彼女の性癖が分かり、えっち発展するというもの。
なにはともあれ、カウンセリングは成功してます。
いちおう彼女にも感謝されてました。
特徴ある娘さんなためか、多くのキャラを押しのけて裏表紙を飾っております。

遠山遥、蒲田春乃
※左:遠山遥、右:蒲田春乃

159:「Twins 30Days」
えっち好きな双子の姉妹「瀬田川愛美」・「瀬田川優香」
”どちらが多くえっちできるか”
回数の勝負をすることとなったのです。
回数を言うだけなら、嘘つけちゃうからね
というのはその通りなんですが、ペットボトルは凄まじい
(結局どっちも溢れさせていたし)
後半での2人同じ場所にて鉢合わせるところが迫力満点です。
しかし、変な話だわね。

181:「お兄ちゃんへの贈りもの」
兄「理久」の誕生日のため、プレゼントを考える「羽崎未海(はねさき・みう)」
そのヒントを得るべく、彼の部屋を物色した彼女は、とある雑誌を発見してしまうのでした。
そんな訳で、メインは彼が帰宅してから。
連れ込まれている「ツトム」くんが楽しい。
またオチはさらにぶっ飛んだものでした。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「NAZ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
派手目で甘そうな雰囲気に引き寄せられました。
まさか、こんなぶっ飛んだ内容だとは知らず、驚き。
成年漫画としてはいいと思います。
…が、個人的には正直なところあまり合いません。
もうちょっとソフトなのが好みなものの、それだとセンセらしい部分がなくなっちゃうか。


いちごショコラふれーばー いちごショコラふれーばー (メガストアコミックス490)
                  (2016/11/19)
                  NAZ
                  ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : ラブコメ コメディー

■夜にとろける (志摩時緒)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、恋愛、学園
・構成 : 16話収録(「制服の恋人」×3、「こいはやみ」×5、
      「夜にとろける シリーズ」×8)、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、合間にイラスト、カバー裏にカラー別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「志摩時緒(しま・ときお)」センセの「夜にとろける 1巻」です。

愛ちゃん、旭さん
※左:愛ちゃん、右:旭さん

 【 構成・絵柄 】

収録16話ほどありますが。
大きく分けて3エピソードな単行本です。
表題もそのうちの1つ。
全てラブコメ話で、周囲に見掛けそうな人物・舞台設定となってます。
漫画っぽい、極端なものはありません
だいたい学生さんなので、青春恋愛話ですわね。
また、冒頭からの年の差カップル漫画以外は、群像劇みたいな感じ。
一般漫画で描写ごくソフトなものでしたが、登場するのが年頃のカップルばかりなため。
バストトップからえっちシーンまでちらほら描かれています
こうしたそれっぽくない雰囲気の単行本なので、ちょっぴりドキドキ(笑)
なお、巻数表記があるので、まだ続くようです。

すっきりとして乱れのない、綺麗な線での作画。
白比率は多めで、濃淡はちょうど良いくらい。
描き込みはあっさり気味ですが、不足感はありません
コマ割り変化少なく枠間はしっかり。
上下の感覚などは広めでした。
全体も丁寧で安定しており、見易い原稿です。
頬が広く、のの字っぽい目が特徴の人物絵。
顔パーツなどデフォルメ具合はそう強くありません。
コメディー崩しも適度なくらいで、人を選ばないものです。
カラーでも変化はないですが、紹介帯裏のカット絵が判断には良いと思います。

 【 収録話 】 16話収録

003:「制服の恋人」 3話
1話あたり4、5ページのショート。
塾講師の先生と付き合う「愛」ちゃんのお話です。
いちおう彼女の家族とも面識あり、家族ばかりの誕生日会に出席していたりしました。
恋人としてではなく、家族ぐるみで親しい近所のお兄さん扱い~
なんて台詞もありましたが。
個人的な感覚では、ある程度周知の仲ではないかなぁ。
妹、少なくとも母親あたりは、口に出さずとも察していそうな気がします。
1、2話は積極的にアピールする「愛ちゃん」
3話目が誕生日会で、精一杯に頑張る初々しい姿が見れます。
なお、前シリーズ「あまあま」には2人の前日譚があるそうです。

「速水くん」・「小岩井さん」
※「速水くん」・「小岩井さん」

020:「こいはやみ」 5話
3~7、あるいは10ページと、回によってページ数が大きく変わるシリーズ。
学生な男女3名づつ、仲良し6人組の恋愛模様という風情です。
(※カバー裏にて、カラーなそれぞれを見ることができます)
そのメンバーのうち「速水」・「小岩井」という2名が付き合うことを宣言。
それを切っ掛けに、それぞれの関係に動きが出てくるのでした…みたいな感じです。

1、2話は付き合う「速水くん」・「小岩井さん」のそれぞれ視点です。
「速水くん」サイドな1話目は男性なら大方感じるだろうもの。
うん、確かにそう思う。
2話目はそれに合わせた「小岩井さん」サイドなんですが。
ああしたもんでしょうね。
いい娘だと思います。

そんなこんなで、ほか4名に対して交際宣言をする3話目。
髪の毛を結ぶ「大塚」さんは「速水くん」に好意を持っていて。
同じくトーン髪な男子「伊藤」くんは、やはり「小岩井さん」を想っていたのでした。
そんなんでも、2人を認めざるを得ない友人関係が優しい
また、残った2人の意外な台詞に注目です。
4話はその”残った2人”である「旭」さんとまだ名前の出ていない彼をメインとした続き。
お互い気遣い、ぎこちない雰囲気です。
そんなところ「伊藤」くんから、また6名の関係をひっかきまわすような台詞が出てしまうのでした。
収録での最終5話目は不意に物語のキーとなってしまった「旭さん」視点。
表面上では普通を装うものの、若干緊張感ある6名が描かれています。
お話ひと段落という感じのエピソードでした。
今後どうなってしまうんでしょう。

053:「夜にとろける シリーズ」 8話
薬局にてバイトする「杉新太」
そして店では先輩ですが、年下な「松本純香」というカップルのお話。
タイトルに季節ある前半のお話は、同人誌にて発表されていたものです。
収録の他エピソードのうち「制服の恋人」は年の差があり、「こいはやみ」は学生でまだ初々しさあるお付き合いでした。
そうした点、こちらのカップルは「新太くん」は大学生であり、イチャイチャ感たっぷり
もやもやしていたものを吹っ飛ばしてくれることと思います。
えっちシーンからそうした話題も多め。
一緒にお風呂入ってたりする、ラブラブっぷりを見せつけてくれていました。
基本的に舞台はだいたいバイト先、「新太くん」の部屋、「純香さん」の学校風景というところです。

松本純香
※松本純香

なお、1話だけですがこちらにも別視点、「純香さん」のクラスメイト男子のお話がありました。
この感じはまた、誰しも経験あることではないかなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「志摩時緒」センセでした。
こちらが9冊目くらいの単行本。
ひでるさんは今回が初見です。
書店をウロウロしていて見つけました。
なんとなーく引っ張られたんですね。
ラブコメな内容も期待通りでしたが。
2巻は「夜にとろける」のシリーズだけ続くのか、他も同時に続いていくのか。
はたまた、また別の漫画が始まっちゃったりするのか…。
そんなん気になるので、次もまたぜひ探そうと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー バストトップ

■まん・ぴく (八尋ぽち)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、むちむち、褐色肌
・構成 : カラー(16P)、短編×11話(うち「ギャ~ルフレンド」×2)
・おまけ: カバー裏にあとがき・別絵、カラーイラスト、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八尋ぽち(やひろ・ぽち)」センセの「まん・ぴく」です。

姫宮さん
※姫宮さん

 【 構成・絵柄 】

収録は、1話だけ連続モノあった以外は短編。
そちらもガッツリとしたストーリー漫画ではなかったです。
ジャンルはラブコメ
想い通じて初体験というパターンも多く、甘さのあるお話群となっていました。
どっちかというとバスト寄りですね。
やや独特なアプローチもありましたが、そう振り切れるようなものはなく。
全体的に読み易く仕上がっていました
ただ、漫画を読みたいという方には、正直なところやや物足りなさがあるかもしれません。

しっかりとした線での作画。
黒色がはっきりと強く、全体の色づきは適度なくらい。
描き込みはやや細かめでした。
コマ割りは小コマ多く、はみ出し・ぶち抜きも多め。
表現なども派手で迫力あり、賑やかな仕上がりとなっています。
デジタルでキッチリしているためか…変な話、どことない硬さを感じるところがありました。
ある意味丁寧さあって、悪いとも思わないのですが。
小コマがそんな印象です。
人物絵は漫画っぽい可愛らしさで、むちむちっとしたスタイル。
バスト大きいものの、絵とよく合っていて、このあたりでの違和感はありません。
適度なくらいのデフォルメ感だと思います。
カラーイラストが収録されいるだけあって、さすがにお上手。
白黒とはまた異なる雰囲気なのですが、判断には問題ないでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

005:「カラフル・ギャ~ルフレンド」 カラー原稿
011:「おあずけ・ギャ~ルフレンド」
これら2話は連続したお話。
セオリーでは、カラー原稿の方が後のストーリー(派手ですからね)ということのが多いのですが。
こちらの場合、収録順とお話の順序が合っていて、読み易いです。

卒業式に後輩の姉妹「渚」・「芹那」から告白された主人公。
どちらか選べなかったため、2人と付き合うこととなったのです。
「カラフル・ギャ~ルフレンド」はカラー12ページ。
察するところ告白を受けてから、あまり日がたっていない風景なようです。
積極的な姉「渚」に対し、妹「芹那」は無口で控えめ。
さらに、”体のどこを触ってもまったく反応しない”のでした。
どっちかと言うと「芹那ちゃん」がメインのお話。
彩色原稿でその魅力が増しています
いいですね、彼女。
見た目ではいかにもギャルっぽい彼女の方が大人しい、というのは漫画ですねー。
(髪も染めているのか金髪でした)
「芹那ちゃん」がこうも無反応になってしまったのには、とある事情があり。
それが破られた後の表情がまたすこぶる良く、ひでるさんは断然「芹那ちゃん」派です。

2話目「おあずけ・ギャ~ルフレンド」はテスト勝負に負け、1週間ほどえっちお預けとされてしまう「渚さん」というもの。
こちらでも相変わらず「芹那ちゃん」がキュート。
えっちお預けと同時に、”勝者と先輩の行為を見なければならない”というルールもあったため。
何気に前半部分は「芹那ちゃん」がたっぷりでした。
オチの「渚さん」が可愛い。
2人楽しそうなのでいいですが…どっちか選んであげなさいよ。

「芹那」・「渚」、「黒川さん」
※左:「芹那」・「渚」、右:「黒川さん」

037:「覗ハメ」
同じ塾仲間の後輩「広瀬」さんと他人のえっちを覗くこととなるお話。
彼女には複雑な事情があり。
そうした背景もあり、面倒見良くMちっくな先輩に仕掛けるというものでした。
ショートカットな「広瀬さん」が積極的でいいですね。
特に付き合ってる訳でもない女子に、あー手を組まれると意識するだろうなぁ。
しかも他人の行為を目の当たりにしてる状況ですから。
あんな彼だからこそ心地よいというのは、なんだか納得。
いい人見つかって良かったね。

057:「天使のご褒美」
幼馴染み「姫宮」を昔から守っていた「クローズ」こと「黒須」くん。
2人が進学したのはらくがきだらけのバカ学校で。
彼女もしばしば危険な目に遭っていたんですが、そのたびに彼が助け。
いつものご褒美をもらっていたのでした。
三つ編み眼鏡という地味目な「姫宮さん」なのですが。
行為の時は髪を解き、眼鏡も外しちゃうのね。
そんなんお好きな方は残念。
”2人きりとなるとキャラが変わる”というのをビジュアル的にも表現した結果でしょう。
なにげにおっぱいも見せてくれてます
「黒須くん」曰く「隠れS」とのことで、したたかな面も見え。
冒頭での危機とかも、案外1人でも適当に突破できそうな気もしました。
持っているアイテム的にも↓表紙は「姫宮さん」でしょう。

075:「酔いKiss」
バイト仲間「白井愛理」に想いを寄せていた「灰島」
飲み会の席にて、同じくバイト仲間の「黒川」から言い寄られたのも断り。
約束していたプレゼントを渡すべく、彼女の元へ走ったのですが…というもの。
冒頭からひでるさんは「黒川さん」のが好きでしたが。
特に4ページ目の仕事シーンとか。
その正体が予想以上に酷いもので、なんだかホッとしました。
傷心な彼に「黒川さん」が優しい。
まぁ、ギリギリで分かって良かったねぇ。

095:「パイフレンド~運命の白い乳~」
昔から性欲が強く、女子おっぱいを触りまくっていた「優太」
かなりの迷惑者であった彼に、「アリス」は自らの胸を提供することとしたのでした。
おっぱい揉まれても表情はそのままで、「何も感じないわ」と言っていた彼女。
ネタ的には、おおむね「芹那ちゃん」と同じ。
ああして途端に反応してしまうところがキュートなのです。
昔から揉まれまくっていたためか、ハーフなためか、ロリっとした外見とは裏腹な巨乳っぷりが見事でした。
オチでの、ああした反応されると逆にどうにかして触りたくなりますよね。

111:「根浴・混浴」
全国各地の温泉巡りが趣味の「夏美」
連休を使い、待望の秘湯輪煮温泉へとやってきたのでした。
しかし、そこは混浴だったのです。
キッチリ男性客ばかりなのが楽しい。
AVなどでもそうですけど(あれはヤラせもありますが)…普通、あーも若い女性が入ってきたら、あまりジロジロ見ないようにするのがマナーであり、反応としてもそうしたものなのですが。
こちらの場合は、皆じっくりその姿を凝視しておりました。
かなりのプレッシャーですね。
その中の男性客から酒を勧められるのが切っ掛け。
酔っぱらい温泉えっちとなりました。
当然皆さんも参加し、複数展開となっています。

131:「インポくんと夏目ちゃん」
女性の前でどうしても勃たず。
振られ続けて5人目となっていた頃。
わらにもすがる思いで、催眠術で治療するというマネージャー「夏目」に従うこととしたのでした。
お下げ髪が可愛い「夏目ちゃん」
言動もちょっと面白い娘さんでした
仕掛けた当人が催眠状態となってしまうパターン。
ただ、それが結果的に彼のモノを元気にさせたので、結果オーライという感じ。
そもそも「夏目ちゃん」も彼に好意をもっていたようですし。
オチから続いてもう1話描けそう。

149:「副会長GAL☆デビュー」
もともと生徒会長だった「小山」
しかし、
”ギャルにいじめられたい”
そんな性癖に気付いてしまった彼は。
進学し、ヤンキーのパシリとなっていたのです。
また、同じく前の学園で副会長としてコンビを組んでいた「恋ヶ窪」もまた、以前とは打って変わってギャルそのものとなっていたのでした。
冒頭話「芹那ちゃん」に続く、褐色・ギャルなヒロインという「恋ヶ窪さん」
おそらく、2ページ目でなにゆえ彼女があーなってしまったのか、予想できると思います
可愛そうなので、早いトコ気付いてあげてください。
優等生らしく、キッチリ勉強しているところが健気。
今後もまた彼には振り回され続けそう。

マネージャー「夏目」、元副委員長「恋ヶ窪さん」
※左:マネージャー「夏目」、右:元副委員長「恋ヶ窪さん」

165:「初初モンスター」
事故寸前で助けたことで、ゼミで一緒だった「青木あいり」と付き合うようになった「太一」
初えっちにまで至ったものの、その後の彼女はなぜか素っ気ないのでした。
まあ、彼女も初めてなのだから細かい事気にする余裕ないわね。
今なら電話なりメールなり、色々と間接的にコンタクト取る手段は考えられ。
お互いもうちょっと歩み寄れば、こんな誤解せずに済んだかも。
…初めてだからか。
なにはともあれ、仲直りできて良かった。
雰囲気とは逆のエロい体がいい感じ。
いいなぁ。
AVとか出演したら人気出そう。

187:「おっぱい超常現象」
オカルトに傾倒してしまった「鉄兄」
見向きされなくなってしまった「真」は、
第三の目ができた
そんなネタで彼に近づいたのでした。
…と、色々と前フリはありましたが。
ごく簡単には、自らの体をもって幼馴染みの彼を振り向かせるという話。
女体も神秘ですからね。
見事に彼の興味を引き寄せていましたよー。
しかし、なにゆえ「第三の目」なんてややこしいものチョイスしたのかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「八尋ぽち」センセでした。
こちらのブログでは、「ラブマチオ」、「はめぺろ HAME・PERO」、「ちゅぱ・シャワー」、「正しい魔術の遊び方」を紹介しております。
一般系も含めて5冊目でいいんでしょうか。
あめでとうございます!

あとがき読みました。
漫画家さんのリアルな実態が垣間見え、興味深いものでした。
お悔みもあったようですが、プライベートの充実は何よりですね。
そうした色々経験も踏まえた次回作を期待しています。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット

■メスカノ 淫靡な牝彼女たちとの日々 (ウエノ直哉)

★まんがデーター [12.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●◎○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●◎○○
・属性 : [成年] お姉さん、百合カップル
・構成 : 短編×9話(うち「ユリマン」×5)
・おまけ: あとがき

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ウエノ直哉(うえの・なおや)」センセの「メスカノ 淫靡な牝彼女たちとの日々」です。

綾香さん、漫画家の彼女
※左:綾香さん、右:漫画家の彼女

 【 構成・絵柄 】

収録は単行本の半分以上を占める連続話と短編。
表題も概ね中編と近いものですかね。
メインである5話ほどの連続話は、同設定でヒロインが変わっていくようなタイプ。
続きモノの割りにストーリーは弱く、色々シチュエーションを楽しむという風情です。
その傾向は短編も同じで。
ざっと状況が示されて、即えっちみたいな傾向です。
成年漫画として、これで間違いではないとも思いますが…もう少しストーリー要素が欲しいですかね。
また、いろいろプレイ描かれている割りに、フェチっぽい要素は薄く。
正直なところ、全体やや物足りない印象でした。

しっかりとした太さもある線。
全体の色づきはしっかりしていて、黒色は強め。
描き込みは不足感なく、だいたいちょうど良いくらいでしょう。
大き目なコマ割りで、枠間も確保されていて。
枠内の収まりも良い感じ。
丁寧で乱れなく、キッチリ・スッキリとまとまった原稿具合です。
見易いと思います。
人物絵はリアルさあるものですが、過ぎることなく。
適度に漫画っぽく、可愛らしさもあります
ただ、そうした画風がため、ちょっとした描写でも違和感は強い印象になってしまい。
いくつか気になる箇所もありました。
判断については、カット絵もある裏表紙が良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

005:「彼女の匂いに魅せられて」
人一倍鼻が利く「雅也」
かなり正確に嗅ぎ分けることができるものの、さして得はしていなかったのですが。
隣に越してきた女子大生「綾香」の匂いは好みど真ん中で、最近は会うたびにそれを堪能していたのでした。
”普通の人よりずいぶんキツイ体臭”
とは「雅也くん」も感じていましたが、まさしく「綾香さん」としてはそれがコンプレックスだったのです。
他で読みましたが、相性の良し悪しというのは匂いの好みも重要なポイントになっているそうです。
それで考えると、2人の相性はすこぶる良いのでしょう。
特に「綾香さん」にとっては、有り難い存在だと思います。
よかったねぇ。
ちなみに漫画の切っ掛けは、部屋を間違えて入ってきたことでしたが…鍵かけないの?

麻美さん
※麻美さん

033:「EggEgg」
カップル「麻美」・「晴」のえっち話。
ほぼストーリーはなく、プレイが描かれております。
具体的にはお尻で、タイトルそのまま卵挿入したりなんだり。
ざっと見で5個くらい入れられてましたよ。
またヒロイン「麻美さん」がお下げ髪でいじめて系な娘さんなんで、より楽しめるかと思います。

055:「オカズ林道」
よくアダルト雑誌が捨てられている林道。
そこで独りでシテいたところ、通りかかった女性に鉢合わせてしまったのでした。
余計なお世話かもしれないけど~
と自ら言ってましたが、その通りですね。
現実ならばお互い気まずく、何事もなかったかのように離れるところですが。
ここで会話が発生するのは、漫画ならでは。
そこで、素直に謝って、理由を語ったのは正解だと思います。
こちらのヒロインは眼鏡の凛々しいタイプの女性。
えっち最中に外しちゃったこと、いきなり全裸だったのはちと残念
野外であの流れから察するに、ガンガン服は脱がないのではないかなぁ。
どんな下着だったか見たかったのに…。

073:「ユリマン」 5話
勉強も働くこともせず、日々を過ごしていた「和芳」
祖母「紅葉」の依頼で、そのマンション管理人を継ぐこととなったんですが。
”住人の詮索はしない”
そう言われた住人らは女性ばかり。
管理人となって早々、住人「涼」に引っ張られていくと…と、そんなオープニング。

1、2話は「涼」・「美咲」のカップル。
タイトル通り住人は百合な関係で、妊娠できないため。
「和芳くん」がその担当するというもの。
特に詳細は語られず。
マンション管理人の夜の仕事としてそんなんがあるため、彼が呼ばれた様子。
漫画もストーリー調にはなっておらず、性癖異なるカップルとのアレコレが描かれるのみ。
同設定で即えっちな連続話ですわね。
そう設定が強い訳でなく、各ヒロインも刹那的にえっちシーン描かれるだけなので。
正直なところ…あまり連続話にする必要はないように感じます。
この2人はごくノーマル。
初えっちの「涼さん」はともかく、「美咲さん」は男性との行為に逡巡していました。
こちらは、訳も分からずえっちに巻き込まれてる彼への説明回っぽいものです。

3、4話は「千代」・「幸子」のカップル。
えっちがより派手になっていて、2人の百合えっちから複プレイまで色々。
アイテム使ったりもしていました。
他の住人と違って男ともしてきたのよ
という台詞そのまま、どちらも男性に慣れていました。
それがため…普通の複数えっち話っぽいですね。
いちおう最終の5話は「香里奈」・「亜美」のカップル。
単に収録ラストなだけで、まだシリーズ続くのかどうか分かりませんが、特にラストという要素はありません。
「亜美さん」は「香里奈さん」に従っているという、SMな2人です。
Mな「亜美さん」はともかく、女王様でプライドの高い「香里奈さん」とはようやくお尻えっち。
目的である妊娠をいかにするのか、お楽しみに。

林道のお姉さん、涼さん
※左:林道のお姉さん、右:涼さん

189:「インテリアデザイナー」
「翔」くんの彼女は漫画家。
締め切り近く、またもともと片付けが得意でないため部屋は散らかり放題。
そこで、昔建築を学んでいた彼が、整理かたがた”住んでいる人のライフデザインに合わせた”ように配置を手直しするのでした。
いわゆるビフォーアフター的な大がかりなものでなく。
プレイし易いよう、考えて整理するくらいなものですが。
その説明かたがたえっちしていました。
まぁ、幸せそうで何より。
短編なのでいいと思いますが、正直なところもうひとパンチ足りない気もしますね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ウエノ直哉」センセでした。
こちらのタイミング巧くなく、連続となってしまいました。
どうもすみません。
こちらのブログでは「NUDITY」、「SQUALL」、「僕の前だけ痴女な彼女」などを紹介しています。
こちらが8冊目でしょうか。
…いや、別名義「神谷尚哉」を加えると11冊目くらいなのかな?
今回は↓表紙に引っ張り上げられました。
この方は…カバーのみですかね。
るるる。
せっかく大人っぽいヒロインがアダルトちっくで良いので、もうひと要素欲しく感じました。
とりあえず下着かなー。
皆さん即全裸が多いので…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : ビフォーアフター

■僕の前だけ痴女な彼女 (ウエノ直哉)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] 姉、アンダーヘア、近親
・構成 : 短編×6話収録(うち「彼女の悩みは僕の嗜み」×2、
     「それまでの物語、これからの物語」×3)
・おまけ: あとがき、解説「それまでの物語、これからの物語」、
      紹介帯でイラスト変化。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ウエノ直哉(うえの・なおや)」センセの「僕の前だけ痴女な彼女」です。

芽衣子、樹利亜
※左:芽衣子、右:樹利亜

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話2本と短編。
実質では3本のエピソードという印象です。
連続話の1つは前後編みたいなもの。
即えっちでストーリー性は弱く、異なるシチュエーションえっちが描かれます。
もう1つの連続話は、いちおうストーリーもの。
複数ヒロインがおり、各話でえっち担当が変わっています。
ぱっと見では、よくありそうな集団モノなんですが…ちょっと気になるところがありました。
詳しくは後述しますね。
基本的にどちらもえっち展開は早く、ストーリーは2の次という印象
逆に言えば、たっぷりえっちシーンの楽しめる仕上がりだと思います。
やっぱり成年漫画ですからね。

クッキリとした線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、濃淡では黒が強め。
描き込みも同様に丁度良く、過不足ありません。
コマ割りは大きめで変化は少なく。
枠間もしっかり確保されています。
丁寧で安定していて、原稿は見易く仕上がっていました。
漫画っぽさあるものの、リアル気味な人物絵。
綺麗に描かれています。
ただ、それがため、ちょっとした表情・アクションで気になる部分があります、
引き絵もやや弱め。
極端なデフォルメはなく、その点では問題ないでしょう。
白黒もカラーもそう差はないため、判断は↓表紙でも大丈夫。
裏表紙にカット絵もあるので、そちらと共にどうぞ。

 【 収録話 】 6話収録


007:「彼女の悩みは僕の嗜み~夏日~」
027:「彼女の悩みは僕の嗜み~冬日~」
3ヶ月前に彼女となった「宗方ゆりさ」
ついに初えっちとなったその時。
「肇」は彼女がアンダーヘアを剃っていることを知ったのです。
彼女曰く、ヘアが濃くて臭いもするので気になるとのことでしたが。
それを”勿体ない”と熱い思いをぶちまけるのでした。

彼が思いのほか変態ちっくで、コメディーな色もあるエピソード
↓表紙はこちらの「ゆりさちゃん」です。
ぶっちゃけ、2話あるもののストーリー性はなく。
ほぼえっちシーンで占められた、成年漫画らしい作品。
うち、エピソード夏日は剃毛後であるため、パイパンな「ゆりさちゃん」です。
興奮した「肇くん」にガッツリとしたえっちをされてました。
まぁ、彼女としてはそれがコンプレックスだったようなので、彼のあの反応は嬉しいものではないでしょうか。
傍から見ると可笑しいんですがね。

宗方ゆりさ
※宗方ゆりさ

エピソード冬日はその後。
察しの良い方その通り、こちらではアンダーヘアが戻った「ゆりさちゃん」が見れます。
確かに凄い。
ううむ、好き嫌いがハッキリ分かれそうな作品ですねー。
そんなんを写メにて撮影している「肇くん」が楽しい。
えっち前にはそのもさもさ具合で遊んだりしていました。
最終的には食べたりして。
良いんだか悪いんだか、よく分かんないですよ。
まぁ、「ゆりさちゃん」にはこのくらい極端でいいのかな。

049:「それまでの物語、これからの物語」 第3話
3組の姉弟の登場する連続話。
まさかの展開・オチとなる、問題作品となってました。
とりあえず、姉弟の組み合わせは↓こんな感じです。括弧内は特徴ね。

姉「芽衣子」(眼鏡) - 弟「孝之」(最も容姿が普通)
姉「樹利亜」(男好きで派手) - 弟「幹雄」(人が苦手)
姉「郁美」(ポニテでゴスロリっぽい服) - 弟「和史」(霊感強い)

それぞれ飲み会で始まる1話目。
上下でお話が同時進行しており、上は女性陣、下は男性陣。
ここで、だいたいキャラが掴めると思います。
えっち担当は眼鏡の「芽衣子さん」
お仲間との飲み会では、”男っ気なしの生活”とか言われてましたが。
実は弟「孝之くん」と関係していたのでした。
他の姉弟らがこぞって仲悪いため、より際だっています。
そんな訳で近親えっち。
そんなエロい体~
とか言われてたそのまま、良いスタイル。
練乳プレイとかしていました。

2話目冒頭は「芽衣子さん」らのえっち、続き。
前回は眼鏡オフでしたが、こちらでは眼鏡掛けてくれました。
こちらのメインは、セフレいっぱい「樹利亜さん」
ずらっと迎えに来てたりして。
うん、あれは弟「幹雄くん」の人苦手というのがよく分かる感じ。
そんな彼女の相手は…チャラい外見な霊感青年「和史くん」
なかなか格好良いところを見せてくれました
実はこの2人、昔からちょっとした因縁があり。
どうやら「芽衣子さん」がやたらえっちするようになった原因でもあるようでした。
まぁ、遠回りしたようですが、良かったねぇ。

3話目は残ったもう1人、「郁美さん」
こちらでは髪型ツインテールにしてますね。
男性と縁遠いという彼女。
妙な民芸品収集していたんですが。
そのうち、1つの形状・質感がピッタリだったんですね(笑)
ヒロイン3名で本人も言うそのまま、男の影がない「郁美さん」は…実に驚きな展開に。
ちょうど場に居合わせた「芽衣子」・「樹利亜」も巻き込まれ、複数えっちみたいになります。
何がどうなっているかは秘密。
ここだけページ数多く、実質2、3話くらいのボリュームがありました。
ただ、オチはかなりばっさりしたもの。
やっぱり構想はあるらしい、4話目が見たいです。

郁美、「玲奈」・「麗奈」
※左:郁美、右:「玲奈」・「麗奈」

179:「ダブルなおねだり」
”双子限定婚活パーティー”
それを切っ掛けに、2人の兄の奥様となった、双子の姉妹「玲奈」・「麗奈」
隣に住む2人は、兄らを見送った後に「龍太郎」の朝食を作りに来てくれるんですか。
えっちの相手もさせられていたのでした。
結婚相手としては申し分ないものの、唯一夜の生活だけが不満とのこと。
若さもあるのか、弟「龍太郎くん」は2人のお眼鏡に叶うようで。
複数えっちな展開です。
いちおう、髪の長いのが「麗奈さん」で、ショートカットが「玲奈さん」
絵的に派手なのは良いんですが…2人ともスタイル・服に代わり映えしないのが残念。
性格も描かれている部分ではそう変化なく、似たような雰囲気でしたからねぇ。
せめて服装くらい違っても良かったのでは。
ちょっと勿体なかったかと

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ウエノ直哉」センセでした。
ブログでは「NUDITY」、「SQUALL」を紹介しています。
だいたいは良かったです。
…ただ、やっぱり連続話ですね。
個人的にはどうにも物足りないです。
もやもやしました。
キチンと説明ページがあったのはいいと思いますが、それもよく分からない感じ。
ひでるさんと同じような感覚の方は、慎重に検討するのをオススメします。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール ショートカット アンダーヘア

■おしおきするよ (八神秋一)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●◎○○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 主人公目線、ハーレム、SM、制服
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、8話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「おしおきするよ step番外編」、
      カバー裏に別絵、射精管理グラビア、紹介帯でイラスト変化(折り返しも含む)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八神秋一(やがみ・しゅういち)」センセの「おしおきするよ」です。

おしおきするよ・ヒロインズ
※おしおきするよ・ヒロインズ

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
いちおう連続ものですが、ストーリー性は弱め。
プレイに比重が置かれています。
ヒロインは4名ほど登場し、基本的には各話でバトンタッチしていくタイプ。
前後のやり取りで他ヒロインもちらと顔を出したりしていました。
完全に女性側が主導権を握っていて
出す・出さないが管理されてしまうなど、ジャンルはソフトSMな感じです。
漫画の描かれ方が主人公目線で独特
喋っているのはほぼヒロインのみ。
特にえっちシーンでは、画面のこちらに向かって語り掛けるような構図となっています。
”読者イコール主人公”なんですね。
いちおう主人公たる男性も描かれ、たまに喋ったりもしているのですが。
これはこれで新鮮なのですが、読み手はキッチリ選ぶと思います。

さらりとした線での作画。
全体はデジタルな色づきで、濃淡はやや濃いめ。
しっかりした描き込み具合でした。
中コマに小さいコマが重なっているようなコマ割り。
枠間はたまにあるくらいで、全体はコッテリとした仕上がり。
漫画に勢いがあるだけ、やや丁寧さには欠けていて。
小さいコマや、繋がり部分にて分かり辛いことが多かったです。
漫画を読んで…というか追っていて、ちらほら難解で読み返してしまいました
ちょっとテンポ微妙でしたね。
漫画の描き方が特殊さあるので、もう少ししっかり、分かり易く描いて欲しいところでした。
幅広く輪郭でまつ毛が濃く、目の大きい人物絵。
漫画らしい、可愛らしいものです。
↓表紙などカラーはだいぶスッキリしていて、白黒絵とはやや差がありました。
裏表紙背景のカット絵も合わせて確認いただければ。

 【 収録話 】 8話収録

005:「おしおきするよ」 7話
183:「おしおきするよ step番外編」 描き下ろし
アパートの隣りに住む幼馴染みの美人姉妹「早乙女春香」・「早乙女愛夏」
その姉「春香」に勉強を教えるため、部屋を訪ねた主人公。
ふと見つけた彼女の下着を奪ったのがバレてしまい、逆らえなくなった彼。
1週間がまんできたらご褒美あげようかな
その台詞に従い、下半身を彼女に管理される日々となってしまうのでした。
だいたいそんな感じ。

ヒロインらとのえっちな日々が描かれる長編。
ストーリーはごく軽い程度で、連続話タイプですが明確な目的とかなんとかはありません。
(※そのため、いちおう最終話は「FINAL」となっていましたが、好評だったら続くかも)
基本的には即えっち系。
ほとんどページは、そのプレイ描写となっていました。
漫画の描かれ方も、前述したように特殊なもの。
会話もやり取りではなく、女性が一方的に喋り続けていて。
あまり見られない、独特な色の仕上がりです。
なんというか…アイドルとかAVでの1人芝居みたいな感じよ

姉妹「早乙女春香」・「早乙女愛夏」
※姉妹「早乙女春香」・「早乙女愛夏」

登場人物は5名だけ。
4名のヒロイン以外は主人公たる彼だけで、モブキャラ程度もほとんど姿を見せません。
その彼すらも、あまり顔見せてないんですけどね。
とある体パーツだけは頻繁に登場してましたが(笑)

女性らの主導によって、色々えっちな事されてしまう男子という構図。
彼が気弱でごく従順なMちっく男子であるためか。
女性陣らはそれによって皆S気質を刺激されているらしく。
下半身の管理・お遊びに夢中になっていました。
「春香さん」にちょっと嫉妬するような描写はあったものの、ラブとかなんとかの要素は薄め。
描き下ろし漫画にもあったように、皆で巧い事シェアをしているみたい。
前半はともかく、ヒロインの増えた後半では我慢というより、溜めるのが困難そうな様子でした。
また、ちゃんとフルネームのあった女性らに対し、彼については名前すらなく。
これも読者が主人公というルールに沿ったものだと思われます。

1話目は隣の女子「早乙女春香さん」
2人は同い年のようですが、彼のが勉強できるみたい。
(※「春香さん」は言動・漫符などあやしい)
自らの下着を握りしめていた彼と鉢合わせたのが、そもそもの切っ掛け。
言ってくれれば貸したのに♪
とかなんとか、なかなか度量ある「春香さん」です。
よくハートも飛ばしており、ちらと過去描写らしいカット絵も挟まれ。
いちおう、昔から好意はあったんだろうなぁ。
1週間ほど我慢させた後のえっちでした。
2話目は学校での描写。
彼が図書委員、「春香さん」ら姉妹はバトン部であったのが判明します。
↓表紙はそのコスチュームなんですね。
こちらはそのバトン部コスでのえっち展開。
ふりふりなアンスコがえっちです
ちらほら図書委員「藤原千秋」さんの姿も見えました。

3話目は再び姉妹のアパート。
ツインテールな妹「早乙女愛夏ちゃん」がえっち担当です。
巧い事姉「春香さん」を追い出し、マーチングバンド衣装でアピールしております。
なかなかの策士っぷりでした。
あまり見られないですが、このマーチングバンド衣装はまたイイモノですねー
(※ちらとですが、裏表紙右上のカットにて確認できます)
えっちについては、姉妹そっくり。
寸止めないだけ「愛夏ちゃん」のが優しいか。
もしかして、彼女らの両親がそんなんなのかな。
しかし、シャーペンは…怖いよ。
そんな訳で、姉妹と共にお祭りへ出掛ける4話目。
2人とも浴衣姿です。
成年漫画でお祭りとなれば、野外えっちがセオリー。
こちらでは定番の神社境内でした。
2人から攻められるえっち。
後半の「春香さん」に注目ください。

さて、5話目は図書委員「藤原千秋」さんとのえっち。
彼女との縁は、実は前話にあるのですが、ここでは伏せておきます。
収録ヒロインでは彼女がもっともお気に入り。
セミロングな黒髪で、制服(ブレザー)の黒、そして下着も上下黒というトリプルブラックな仕様です。
また、バストは「愛夏ちゃん」と並ぶ見事な貧乳っぷりなのでした。
切っ掛けがため、彼女は”おしおき”と称してのプレイ。
いままでと違い、風紀委員に証拠として提出するべく、出されるように促されてしまうのでした。
その流れで、6話目は風紀委員「岸美冬」さん。
1年生ながら委員のトップで、女王と呼ばれる権力者な彼女。
そんな「美冬さん」から指導される展開です。
当然えろい事なのですが…いわゆる結束バンドにてアソコをがんじがらめにされるというもの。
その前にソーセージ真っ二つにしていたりして。
男性陣は背筋が凍るプレイでした。
この「美冬さん」はやや出番が少ないのが残念。
もう少しじっくり見たかった。

図書委員「藤原千秋」、風紀委員「岸美冬」
※左:図書委員「藤原千秋」、右:風紀委員「岸美冬」

いちおう最終の7話目はその後の主人公という感じ。
学校生活から帰宅後まで、1日の様子を描いているんですが。
その方々にて”おしおきえっち”をされていました。
いいんだか、悪いんだか…。
描き下ろしは最終話から直結するような流れで、複数プレイです。
「春香」・「千秋」の2人にやり取りありましたが、せっかく全員集合したのだからもう少しそれぞれで喋ってほしかったなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「八神秋一」センセでした。
どうやらこちらが初単行本の様子。
おめでとうございます!
ネットでの紹介でなんとなく気になり。
長編連続話でもあったので、探してゲットしてきました。
まさか、こんな独特な漫画とは思いませんでしたが。
些細な点ですが、かなり幅広な折り返しが良かったです。
カラー絵がお上手なためかな。
できればマーチングバンド衣装の「愛夏ちゃん」がカラーで見たかったなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ツインテール

■彼女達の性交渉 (いのまる)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、コスプレ、お風呂
・構成 : 短編×7話(うち「せんとう少女」×2)
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いのまる」センセの「彼女達の性交渉」です。

ミコト
※ミコト

 【 構成・絵柄 】

収録は1本の前後編以外は全て短編。
話数としては少な目ですが、各話のページ数があって全体では普通くらいです。
お話は基本ラブコメ調。
どちらかというと女性のが積極的で、男性陣をぐいぐいえっちに引き込んでいました。
後半にブラック気味なもの、特殊舞台なお話もあり、それらは決して明るい内容ではないのですが。
そう黒々し過ぎることなく、全体は読み易く仕上がっていました
プレイとしてもそう振り切れてなく、オススメです。
ただ…あとがきほかオマケ要素が皆無であったのが、やや残念でしたよ。

クッキリとした太目な線での作画。
描き込みは細かさあるものの、しつこくなく。
色づきは全体でちょうど良く、濃淡も適度なくらい。
小物や背景は全体と合ってます。
背景は結構しっかりしていただけ、もうひと濃淡というか…ひと深さが欲しく感じました
人物絵は各顔パーツのバランス良く、リアルさあるもの。
そう劇画ちっく過ぎてもなく、可愛さあるお姉さん絵という雰囲気でした。
良いデフォルメ感なのであまり人は選ばないと思います。
やや漫画に硬さも感じますが、些細な程度。
あまりマイナス点はありません。
判断については、カット絵もある裏表紙が良いでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

005:「せんとう少女」 前後編
アパート大家の娘「凛夏」は、店子「椋太」に定休日であった銭湯に誘ったのでした。
雰囲気だいぶ色っぽく描かれていましたけど、↓表紙が「凛夏さん」
意中の相手であった彼に、ソーププレイをしております。
いいですね。
当初ビキニを着ているのが、いきなり直接過ぎなくていい感じでした。
まぁ、すぐにマットとローション持ち出していましたがね。
かなり思い募っての行動なようで、こうなる前の「凛夏さん」を見たく思います。
さぞ日々ヤキモキさせられてたんだろうと。

お出かけする「凛夏」の穴埋めで、銭湯の番台を任されることとなった「椋太」
役得との想像とは裏腹に、閑古鳥が鳴く状況にげんなりしていたところ。
その妹「千夏」がやってきたのでした。
姉「凛夏さん」と似て、積極的な「千夏さん」
あーされたら、見ない方が不自然だと思いますが。
こちらのエピソードでは、なにゆえこの冴えない中年に美人姉妹が恋することになるか、が描かれていました。
後半は「凛夏」も戻り、複数展開となってます。
コメディーちっくなオチが好き。

ちなみに有名な話とは思いますが。
漫画中にもあった、銭湯で「ぬ」の看板は「抜いた(ぬ板)」で、閉店の意味。
逆は「わ」となっていて、「沸いた(わ板)」で開店の意味だそうです。

凛夏、先輩
※左:凛夏、右:先輩

061:「野獣に美少女 」
温泉旅館へ泊まりに来た、「獅男」とその恋人たる先輩。
大男な彼とは逆に、彼女はかなり小さい娘で。
2人並んだ姿は、まさに親子というカップルなのでした。
親子というだけでなく犯罪(誘拐)にまで連想されてしまうのは気の毒。
似てないからね。
小さい先輩さんが実にキュート
せめてツインテールな髪型をやめれば、もう少し年相応に見えるかもしれないんですがね。
(お風呂ではお団子にしてます)
えっちでも積極的で、部屋に到着するなり始まっていましたよ。

089:「ミコト一本!! 」
柔道道場の娘「ミコト」と「忠司」のカップル話。
漫画中の台詞にもありましたが。
女の子の道着姿ってのはいいもんですよね。
ちょっとした喧嘩後の仲直りえっちです。
描写もありましたが、そのついでで毎回お互い技かけあったりしてそう。
お話は良かったんですが…問題はオチ部分
前話とほぼ同じネタでした。
せめて単行本内での配置は変えた方がよかったのでは。

117:「デリメイドちはる」
メイド喫茶で働く「チハル」は眼鏡・三つ編みで地味目な容姿。
メインではなく時給が安いため、ほかにデリヘル譲としても働いていたんですが。
その依頼先で待っていたのは、メイド喫茶の店長だったのです。
収録中でもっともブラック気味なエピソード。
喫茶では厳しい態度で叱っていた店長の、裏の顔という感じ。
非常に嫌らしくて楽しい(笑)
また、「チハルちゃん」がいかにもいじめて系な顔で、かつ立派な巨乳の持ち主で。
こうした展開はピッタリ。
指名来ないとか言われた増したが、ぶっちゃけメイド衣装もよくお似合いでしたよ。

145:「豚娘のお仕事 」
先輩の命令で、遠隔操作のローターを入れて全裸で豚の着ぐるみを着ける「沙希」
まぁ、バイトかたがたのプレイですわね。
頭のかぶりものは普通サイズですが、体はピッタリとしたスーツ状。
なるほど、全裸で着せたくなる訳だ。
子供に触られたりなんだりしていました。
ちゃんと仕事してください
えっちは倉庫室。
真面目な彼女の乱れっぷりが堪能できます。

チハル、リリア
※左:チハル、右:リリア

173:「サイレント・マリー」
過酷なカニ漁に挑んでいた新人「レイジ(零児)」
「明日の朝ついにマリーが来るぞ!」
仲間らがそう言っていた”マリー”とは、娼婦船「サイレント・マリー」を意味していたのでした。
指名した長い黒髪の女性「リリア」は同じ日本人で、初体験をすることとなったのです。
娼婦船ということで、皆さん露出大き目な服装なのですが。
「リリアさん」のみゴスロリ的なガッツリとした衣装です。
まぁ、メインヒロインですからね。
あれで下着穿いてなかったのは…ちょっと残念。
特にブラックなお話とかでないんですが、舞台設定がためこのエピソードだけかなり独特です。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「いのまる」センセでした。
こちらのブログでは「恥ずかし女」、「僕らのセックス」という2冊を紹介しています。
ざっと数えたところ、12冊目くらいでしょうか。
こちらは裏表紙で決め手となりました。
ヒロイン集合でいいですよね。
読んだ後に分かる、「リリアさん」が手にした船がまたいい感じ。
あ、あとこちらの紹介帯。
カット絵・ヒロイン名と共に簡単な解説まであり、非常に親切なものでした。
こちらも良かったです。







★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール

■じょりく!  (活火秀人)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] 陸上、ハーレム、コメディー
・構成 : 初単行本、7話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「活火秀人(かっか・ひでと)」センセの「じょりく! 1巻」です。

100m走「遠野美咲」、「天王寺桜子」
※左:100m走「遠野美咲」、右:「天王寺桜子」

 【 構成・絵柄 】

2巻以降へ続く長編ストーリー漫画。
基本的には小エピソードが続く感じ。
同世界・同部活でのお話で、登場キャラは女性ばかり。
部活でハーレムものという漫画でした。
練習でも試合のユニフォームを身に着けていて。
いわゆる、↓表紙・裏表紙に描かれる陸上のソレを堪能できます。
お好きな方は期待通りの展開だと思いますよー。
売りは雰囲気そのままサービスシーンという漫画ですが、描かれ方はコメディー寄り。
また、そんなんでも部活面ははっちゃけてばかりでなく、熱血スポ魂という風情。
読み物としても楽しめるようになってます。

柔らかな細線での絵柄。
描き込みはさっぱり気味で、濃淡も淡いデジタル色です。
枠間はだいたい確保されており、原稿はスッキリとした風情。
主人公の顔が濃いいので、ある意味ちょうど良いくらいかも
キッチリ描かれた筋肉などとは裏腹に、背景・小物はあっさり目。
大きな乱れはなかったですが、バランス面では気になるところがちらほらありました。
コマ割り・コマ内配置も同様。
スポーツ場面などの描写は違和感なく、迫力からスピード感まであります。
全体的にもう少し丁寧さが欲しいところでした。
カラーでも変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 7話収録

度重なる不運なケガで日の目を見ることのなかったオリンピック候補選手「金田武蔵」
月見大学の理事長「金田涼子」は、産休となった女子陸上部のコーチに彼を抜擢したのです。
その目的はライバル校に勝利すること…ではなく。
陸上ばかりで女性に不慣れな彼に耐性をつけることだったのでした。
大雑把にはだいたいそんなん。

陸上部を舞台とした、いわゆる熱血な部活動漫画。
2巻以降に続く長編で、いわゆる問題解決型。
サービスカット多めな一般えっち系です。
普通、そうした組み合わせだと、基本直接行為によって問題解決をするものですが。
こちらの場合、近いものは何度かあったものの、ほぼありません
(現在のところ、サブキャラで描かれていただけ)
ちょっと珍しいですね。

主人公以外は女性ばかりが揃っているというハーレムものっぽい面もあります。
ただ、基本としてピックアップされる女子は、1話ごとでバトンタッチしており。
同じ学園・部活動が舞台であるものの、他エピソードで顔は見せていましたが、あまりキャラ同士は絡んでいません
それぞれ担当種目が異なるのというのも理由としてあるでしょう。
主人公は熱血タイプで、暑苦しい筋肉男子。
ゴリラと称される悪い面での濃さがあり、コメディー要素の1つなのですが。
キッチリ、人を選ぶかと思われます
しかし、元オリンピック候補選手だけあって陸上では部員らを圧倒していて。
またえっちとか無関係に生徒らの結果を引き出しており、選手だけでなくコーチとしても優秀なようでした。

走り高跳び「小手澤マキ」、ハードル「早川めい」
※左:走り高跳び「小手澤マキ」、右:ハードル「早川めい」

1話はメインヒロインっぽい、100m走「遠野美咲」
↓表紙の娘さんですね。
コーチ「武蔵くん」は「好みじゃない」と言いつつも、素直な性格で幼少期に憬れた相手でもあり。
その走りを見て、ほぼ彼を受け入れておりました。
いかにも短距離走には不向きそうな巨乳っぷりで、それがコンプレックスかつ弱点となっている彼女。
分かり易くエロいです
スタート部分でのえっち展開。
バストに意識向きがち(笑)ですが、その指導は的確で。
キッチリ結果出ているところにも注目。
 
2話目は裏表紙を飾っていた走り高跳びの3年生「小手澤マキ」
色っぽい美人で後輩「すみれ」から慕われる彼女。
親が医者らしく、お嬢様っぽい雰囲気がありました。
100mに続き、高跳びでも素晴らしい見本を見せている「武蔵くん」
さすが元オリンピック候補選手
「マキさん」は雰囲気的にコーチに反発しそうなのですが。
休日練習に顔を出し、飛べなかった高さをクリアするなど熱心に指導する彼に心を開いておりました。
こちらは分かり易くマッサージからのえっち展開。
いちおうズボン穿いたままですが、あれはヤバいなぁ。

3話目は100mハードルでメイド付のお嬢様「早川めい」なのですが。
毎回冒頭で楽しませてくれる義姉の理事長「涼子さん」に注目。
これまでもだいぶ変でしたが、こちらの変態っぷりは凄かった。
面白すぎ
さて、これまでの部員は選手として優秀でしたが。
こちらの「めいさん」は「武蔵くん」が思わず”前代未聞”と言うほどのトンデモ選手でした。
休日返上の特訓にキチンと出ているなど、やる気はあるようなんですけどね。
そんなんがためか、こちらはえっち系らしいはっちゃけ指導な展開。
あれで思い切りができるかなぁ。

ライバル校との対抗戦が描かれる4、5話目は前後編みたいな連続ストーリー。
張り合う「兎大学」は「武蔵くん」と因縁があるコーチ「早乙女」ほか、100m走「美咲ちゃん」に対抗心を燃やすロール髪な好敵手「天王寺桜子」、また異なる変態で「涼子さん」と親しい理事長「赤羽葵」など明確に対するキャラが設置されていました。
ちなみに、ゴリラな熱血漢の「武蔵くん」に対して「早乙女くん」はイケメンで非道。
巨乳な「美咲ちゃん」に対し、「桜子さん」はド貧乳です。
わはは。
なお、「桜子さん」の取り巻きにエロい事されてた「美咲ちゃん」ですが。
相手のコーチ「早乙女くん」の告白を聞き、奮起することとなるのでした。
さて、彼女は「桜子さん」に勝利することができるのでしょうか。
勝負の行方をお楽しみに。

「兎大学」に勝利(と言っても100mと高跳びだけですが)したため、ご褒美の6話。
こちらのヒロインは高跳び「マキさん」と後輩「すみれさん」
いちおう作品中でもっとも近い行為をしているためか、彼女に変化が。
この時点では「美咲ちゃん」よりも好意持ってるのではないかなぁ。
また、それがためか「すみれさん」にもちょっとした変化がありました。
次の巻でまた動きありそう。

部長「井口すず」
※部長「井口すず」

理事長「涼子さん」の違った顔が見れる7話目。
いままでの変態っぷりが嘘のよう。
まぁ、常識的に考えて常時変態ではないでしょうが。
こちらのヒロインは走り幅跳びの選手で部長の「井口すず」
いままでケガをしていたの彼女が復帰するというエピソード。
こちらは全般的にえっちっぽいシーンなく、ちょっと意外でした。
彼女とのアレコレは次巻に持ち越しですかね。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「活火秀人」センセでした。
ざっと調べた感じでは…これが初単行本でいいのかな。
おめでとうございます!
えっち面では想像と違い、驚かされましたが。
あれは「武蔵くん」を慣れさせないための措置ですかね。
部長「すずさん」復帰の7話目ではちょろっとでしたが、キャラ同士の交流も見えたので。
次巻でやり取りが増えればいいなぁ。
とりあえず今後どうなっていくのか興味あるので、次巻も探そうと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー

■マイ・ディア・メイド (高津)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、メイド、褐色肌、コメディー、ショタ
・構成 : カラー(6P)、短編×8話(うち「マイ・ディア・メイド」×7)
・おまけ: 加筆修正あり、カバー裏に別絵・漫画「魔界にて」、
       描き下ろし「マイ・ディア・メイド アナザー、ビギンズ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高津(たかつ)」センセの「マイ・ディア・メイド」です。

「ディア」・「玲一」のやり取り
※「ディア」・「玲一」のやり取り

 【 構成・絵柄 】

収録は表題の連続話と短編。
描き下ろしは2話ほど収録。
表題作の関連で、ほぼ1冊まるまるのストーリーになってました。
短編は前巻の外伝的なもの。
いちおう未読でも問題ないですが、キャラ的にやはり知っていた方が楽しめるでしょう。
連続・短編のどちらもラブコメな漫画。
ラブもありますが、コメディーが強め。
メインの褐色肌なメイドさんの個性が非常に強く、キャラの個性で牽引されるタイプです。
褐色巨乳銀髪釣り目クール系メイド
とかなんとか、キーワードも満載です(笑)
そうしたヒロインら女性のが年齢高く。
逆に男性はまだ小さいため、ショタっぽい色もありました。

しっかりとした線での作画。
描き込みは適度か、ややすっきり気味という感じ。
濃淡についても同様。
コテコテとしてなく、丁度良いくらいの色彩感覚です。
枠間の確保されたコマ割りは、極端な変化もなく基本的。
原稿は見易くまとまっています
幅広な輪郭で、横長な目とふっくら頬の人物絵。
漫画っぽく可愛らしい仕上がりでした。
豊かな表情でコメディー崩しも優れていて、漫画もお上手です。
デフォルメされていて、若干コマ内の動き絵など違和感もありましたが、些細な程度。
癖があり、ジャンル的にも多少人を選ぶかもしれません。
判断については、↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

005:「マイ・ディア・メイド」 5話 カラー原稿あり
191:「マイ・ディア・メイド アナザー」 描き下ろし
199:「マイ・ディア・メイド ビギンズ」 描き下ろし
息苦しい実家の屋敷から出て、夢の一人暮らしを始めた「伊集院玲一」
しかし、そこには昔から苦手にしていたメイド「ディア」が付いて来ていたのです。
彼女曰く、
このお目付け役は奥様の命令ですので
…と、こちらの言うことには耳を貸さず。
2人きりの生活に息が詰まりそうになっていた「玲一」は、彼女が逃げるようセクハラ行為をしてみたところ…。
予想と違い、いつもの調子で要求にあっさり応じられてしまったのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

いわゆる坊ちゃん・メイドのお話。
ああしたお屋敷にて大事に育てられたおぼっちゃんの割りに、作品ではごく常識人な立ち位置の「玲一くん」
学校生活も普通に過ごしていて、体調を崩した2話目では「恵」ちゃんがわざわざお見舞いに訪ねてきていました。
周囲がはっちゃけているため、やり取りでは基本ツッコミ役となってます。
えっちへの流れは、前述したように彼にとって予想外なものであり。
こうした漫画の主人公としては、ごく理性的でした。
あれは…母親「美琴」の影響もあるのかな。
そんな彼とは逆に、メイド「ディアさん」は常識外な存在。
ただし、料理・洗濯は問題なく、また描写なかったもののアパートに荒れた様子なく。
掃除も無難にこなしているみたい。
えっちな事にも従順で、常に冷静に立ち振る舞っているなど、基本的にメイドとしては優秀
やや極端な点があり、ちょっと言動がズレてるんですね。
背は高いわ目つきは鋭いわ、口調が怖くて表情も変わらないわ
…というのが、冒頭時点での「玲一くん」の印象でした。
そんなだった彼女の、えっち時にて意外な反応が見れるのが、この漫画のポイントなのだと思います。

許嫁「西園寺真紀」、母親「伊集院美琴」
※左:許嫁「西園寺真紀」、右:母親「伊集院美琴」

2人暮らしで、「玲一くん」に限界が来ている1話目。
あの母親(4話登場)がよく許可、というかよく説き伏せたねぇ。
彼は働いていないので、当然費用は実家持ちだと思われ。
そう考えると、あれだけ人数居るメイドの1人や2人は付いて来るのが当然。
(※漫画では「ディアさん」を含め、少なくとも9名確認できました)
気持ち分からんでもないですが、誰かお気に入り1人ピックアップすれば良かったのに。
「玲一くん」が苦手としている「ディアさん」がお目付け役として選ばれたのは、ある程度従順で表裏なく、またキチンと報告してくるためかな。
あっさりと見せてくれる、初おっぱいの展開が好き。
ぼろん、と見せられるくだりは、服をゆるめる細かな所作まであった方が盛り上がったかも。
「玲一くん」のが引いてますね。
その後はお風呂でのプレイとなるのですが。
4話目でもあったように、お風呂とか一緒にメイドが入ってきそうな気もしました。
性的なことも、特に手ほどきとかされてなかったみたい。
後半の直接えっちと、その後のオチがまた良いですね。

2話目は体調を崩し、学校を休んでいる「玲一くん」
冒頭の「玲一くん」とのやり取りに注目。
あーして、キッチリ折れない所はまたメイドとして優秀です。
ゲームくらいやらせたって欲しいですが。
こちらは彼女を困らせようとしたところ、逆に追い込まれてしまう展開
クラスメイトの「恵ちゃん」が登場。
正統派ヒロインという雰囲気の可愛らしい娘さん。
彼との関係も良いようでしたが、特にお話には絡んできてません。
そんな彼女を目前にしながら、あのプレイはなかなかマニアック。
オチはこうしたネタの定番ですが、2人のやり取りが甘くて心地よいです。

許嫁「西園寺真紀」登場の3話目。
成年漫画なので、こうした複数展開は予想される通りなのですが。
もう少し、「玲一」・「ディア」の2人きり、別シチュエーションが見たい気もしました。
ツリ目で言動などもお嬢様然とした彼女。
許嫁とはいえ会うのはこれが初めてで。
苦手なタイプだわ
早々に「玲一くん」からそう言われております。
まぁ、そうだろうなぁ。
彼女を追い出すよう「ディア」に目配せしたところ、性教育実習と言う名目でえっち発展してしまうのでした。
成る程…中々の意地っ張りですね…
というコマが好き。
ちなみに、「真紀さん」は黒パンストを着用しているんですが。
なぜか下着穿いてないのね。

そんなこんなで実家に顔を出す4話目。
大勢のメイドがいるお屋敷で、何不自由なく過ごしていた筈の「玲一くん」
なにゆえ彼が一人暮らしなんて始めたのか、という疑問を解消するエピソードとなっています。
母親「美琴」さん登場。
裏表紙で右側に立つ方ですわね。
父親は既に亡く、どうやら彼女が1人(?)で育てていたようですから…あー過剰になるのもまぁ納得。
ほどほどにね…
(カバー裏の絵を見る限り、的中させちゃったのか?)
こちらはお風呂でのプレイ。
メイド「ディアさん」は段取りだけで、参加はしてません。

カラー原稿から始まる最終5話目。
そちらで見せてくれたポニーテールな「ディアさん」が可愛い。
実家の都合により、長期のお暇みを頂く事になりまして
彼女がそう言い出したのが切っ掛け。
ばかなの!?
のくだりが好き。
こうしたやり取りも、この漫画のポイントだと思います。
詳細は伏せますが、えっちは野外。
ちょっといい雰囲気だったのが、途端に成年漫画らしくなっております。
また予想外なオチが待ってるので、お楽しみに。
描き下ろしは後日談と、前日譚。
後日談は8ページほどで、えっちまみれなエピソード。
おそらく…読者の皆さんが、あったらいいなぁ、って思う(かもしれない)期待に沿った内容です。
これは、なかなかヤバい。
今後が心配です
前日譚は1ページ半ほどのショート。
これで最後にほっこりとした読後感になると思います。

メイド「ディア」
※メイド「ディア」

171:「王様アプリ ~杉野美保の秘密~」
テストの点が悪かった「杉野秀一」
おしおきかたがた、彼のスマホを取り上げた「杉野美保」
”言うことを何でも聞く”
という王様アプリのメールを発見。
当初は信じていなかったものの、それを切っ掛けに息子「秀一」は性格から言動まで改善されており。
従順に従う彼に、やがて秘めていた願望を発揮させてしまうのでした。
前巻単行本の別シチュエーション話ですね。
えー、すみません。
前巻は未見で、基礎知識ないままこちらを読みました。
ただ、そうややこしい事はなく、丁寧に描かれていたのでいきなりこちらからでも問題ないと思います。
魔法なアイテムで願望叶うパターンな漫画。
たいがい若い人がそれで失敗するものですが、年齢高くてもそれは変わらないか。
ブラックな描き方ではなく、読み易い仕上がりでしたけれど…なかなかエグいお話でした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「高津」センセです。
毎度お馴染み。
これが9冊目の単行本でいいでしょうか。
ブログの際にアマゾン見ましたが。
既に前述しておりますが、1冊見落としていたのを発見。
うわー
あとで探しに行かなければ。

さて、前回はお嬢様(ロリババア吸血鬼)とそれに仕える使用人でしたが、今回はご主人様とそれに仕えるメイドでした。
男女逆転という感じ。
↓表紙はあれで正解だと思います
「ディアさん」いいですよねー。
個人的にはもくじ部分のカラー絵が好きです。





★「高津」センセの漫画紹介記事

マンマ・ミーア!
 初単行本。母・姉など近親系がやや多めでした。
それは歴史にカかないでっ!」 
 エジプトちっくなで褐色肌ヒロイン(親子)の登場するお話。
さくらデモクラシー!」 
 眼鏡なヒロインとの昭和浪漫なラブコメ中編と短編。悪魔やふんどしなどもありました。
でぃーエッチ!~ひもろぎ百嫁語~
 妖怪・淫魔と、人外が揃った中編2本の単行本。
ハメフェス
 ふんどし姿の若い娘さんがずらり登場の問題作ほか作品集。
白雪騎士ホワイティ(30)
 正義の戦士”白雪騎士ホワイティ”の13年後を描いたラブコメ長編。
エリザ様ご用心!!
 人外な褐色肌お嬢様な中編ほか。 



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ポニーテール

■【流出】JSJCナイショの事案 (オオカミうお)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ロリ、凌辱、眼鏡、コスプレ
・構成 : カラー(8P)、短編×9話(うち「ヒトリアソビ」×3、「優等生」×2)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「オオカミうお」センセの「【流出】JSJCナイショの事案」です。

「眠兎ちゃん」
※眠兎ちゃん 

 【 構成・絵柄 】

収録は2~3話ほどの連続話と短編。
まとめると6エピソードで、やや少な目。
そうページ量があった訳でもないですが、全体ボリュームとしては普通くらいです。
LOのシリーズで、ジャンルは当然ロリ系。
ひでるさんが考える、そっち系漫画の王道という感じでした。
なんというか、大人な男性に好き勝手されてしまうヒロイン~という構図ね。
正しいロリ漫画(?)という仕上がりですわね。
そうして読み進めた先の収録最終話がまたあーなので、全体の構成としても実に見事
詳しくは(ある程度ですが)後述します。
あまり突飛なプレイはなく、そうした点での読み辛さはないでしょう。
あとは甘さがないお話群・ジャンルと合うかどうか、かな。

さらりとしたしなやかな細線での作画。
全体はデジタルの淡い色彩で、スッキリとした原稿です。
描き込みは必要最低限という感覚。
細かくないですが、かと言って不足感もなく、お見事なもの。
コマ割りは中小で、やや細かめなのですが。
先の色加減がためか、見易く仕上がっていました。
ジャンルによるデフォルメはありますが、あまり極端さはなく。
乱れ・崩れもなく、作画は安定していて良好
表情や表現などにも優れていて、引っ掛かるようなところはありませんでした。
癖はあるものの嫌味な点なく、ジャンルはあっても敷居は高くないと思います。
カラーでもあまり変化ないですが、判断には裏表紙のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「マルチ・プレイ」 カラー原稿
011:「ヒトリアソビ」
031:「フタリアソビ」
カバーを飾る単行本トップ2の1人目「楠木美由」
小さいお下げ髪の女の子で、ネット上では「みうみう」と名乗っていました。
えっちへの興味はさらに小さい頃からあり、知識・想像が増え膨らむに従って、単独行為の幅は広がっていたのでした。

お話上での1話目は「ヒトリアソビ」
当時、彼女はオンラインゲームにハマっていて。
また独り遊びについても、オンライン上でのチャットえっちに夢中となっていたのです。
たまにそんなんも耳にしますが、本当にやってる人はいるんでしょうかね。
電話ならば、まだ分かるんですが。
あJり知識ないんで詳細不明なのですが、カメラが起動してるとあーできちゃうもの?
それが切っ掛けとなり、続く「フタリアソビ」に発展してしまうのでした。
メインはコスプレえっちです。
もともと「美由ちゃん」もえっちへの傾倒強い娘で、学校とか公共の場でも楽しんでいたので。
遅かれ早かれ、あーなっちゃってたかな。
そんなこんなで、カラー原稿の冒頭話「マルチ・プレイ」に至るのでした。
規模そのものがタイトルとなっていて、こちらは複数えっち。
視点はイベント参加者の1人となっています。
その語りを信用するのであれば、いちおう参加はしていたものの、遠巻きにしていただけ。
まぁ、変な話普通の感覚もっていれば、あの現実に圧倒されるでしょうけどね。
2話目で着ていた魔法少女コスと似ているんですが、さらに布面積が減っていました。
彼女の今後が心配。

楠木美由、園田薫子
※左:楠木美由、右:園田薫子

051:「優等生」
073:「ユウトウセイ」
カバーを飾る単行本トップ2のもう1人「園田薫子」
この2人で、だいたい半分くらいページ量が割かれています。
旧家のお嬢様で、モデルのような長身、色々な部活の助っ人ができるほどの運動神経。
成績も優秀で生徒会の役員をして、読モ経験もあるというまさに万能な娘さん。
そんな彼女でしたが…とある切っ掛けから、サッカー部顧問「後藤」と関係を続けていたのでした。

いかにも、という雰囲気な「美由ちゃん」とは違い、ツリ目で美人っぽい「薫子さん」
ポニーテールとスパッツがまた活発さを印象付ける要素となってます。
切っ掛けは”スポーツ療法士”の資格を持つ教師「後藤」のマッサージがため。
資格あるのか…
単なるマッサージならば、あのくらいの年齢女子がそれを異性の中年から受けること稀だと思いますが。
医者相手ならば服を脱ぐ。
それと同じ専門性がため、優等生な「薫子さん」もああした事になってしまったのでしょう。
まぁ、彼にしてみれば、あんな小娘を操縦することくらい容易いのでしょうけど。
意識とは裏腹に、という2話目「ユウトウセイ」
舞台は「後藤」のアパートということで。
遠慮のないプレイが描かれていました。

091:「義父」
義父とえっちする「かりん」のお話。
今時な娘さんで、援交もやっていて。
驚いたことに、先にアプローチをしてきたのは彼女から。
(※再婚する前から、と目をつけていたのは義父も同じ)
そんな訳で、母親の目を盗んではえっちを繰り返していたのです。
オチ付近では「かりんちゃん」視点となっており。
しれっとしていた言動の裏にある彼女の本心が描かれていました。

115:「援々助ショウジョ」
援助交際をする「眠兎(みんと)」ちゃんのお話。
もさーっとしたパーマ髪と半開きの目、四角眼鏡な娘さん。
独特な雰囲気でしたが、タイトル通り彼女もまた援助する側なのでした。
ワタシにできないことをしている
そう言って妙な動画を投稿する彼(いちおうネットタレントらしい)に支援をしているようなんですが。
…アレの何がそんなに刺さったんだろう
まったくその雰囲気ないあの娘が、これが何度目かの行為であるというのが凄い。
着替えの2ページ見開き部分が良いですね。
スクール水着えっちとなっています。

137:「ゴースト」
プロもいるというSNS”イラ☆すたーずランキング”にて50位以内に入っている「夢桜羽うさこ」こと「浅井ノン」
クラス女子からも話題となっていたんですが…イラストは実際に彼女が描いたものではなく。
それに気付いた描いた本人より、脅されてしまうのでした。
丸眼鏡で可愛らしい「ノンちゃん」
まぁ、あの年齢頃は脚光を浴びたくなるものですわね。
いちおう「人前では描けない」という設定にしていましたが、なんらかタイミングであっさりバレちゃうと思うよ。
えっちは前半お口、後半はお尻使われるハード目なものとなっています。

かりん、桃菜
※左:かりん、右:桃菜

161:「覗く目」
収録のほかエピソードとはやや趣の異なる作品です。
兄夫婦宅に居候しながら就職活動をすることとなった「貴志」
久しぶりに会った姪「桃菜」はほどよく成長しており、彼の興味の対象となっていたのです。
日々の妄想はやがて現実での行動となり…というもの。
タイトルは彼がプレゼントしたぬいぐるみにカメラを仕込んでいた事によるもの。
ヤバいなぁ
ただ、「桃菜ちゃん」が友人「大河」くんを遊びに連れてくるのが漫画のメイン。
なんというか…こちらはネトラレな感覚なのでした。
得意でない方は注意。

さらに、オチには驚くべき仕込みがされていて。
収録の最終話にて、実に後味わるーく(笑)終えることとなります

 【 その他 】

以上、本日は「オオカミうお」センセでした。
あとがきによると通算4冊目、一般も含めるとたぶん7冊目くらいの単行本。
こちらのブログでは「ろり☆がぶぅ」、「ロリもぐもぐ!」の2冊を紹介しています。
いや、ネットとか援交とか、なかなかエグいお話群でした。
そうしたストーリー部分もそうなんですが、何よりも各ヒロインの服装がいかにもという感じで凄かった。
下着とか。

JSJCナイショの事案 【流出】JSJCナイショの事案 (TENMACOMICS LO)
                  (2016/10/28)
                  オオカミうお
                  ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コスプレ ポニーテール スクール水着

■ヒトヅマライフ (篠塚裕志)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 年上、爆乳、人妻、ラブコメ
・構成 : 短編×10話収録(うち「ワンタイムギャル」×3)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、描き下ろし「ワンタイムギャル その後」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「篠塚裕志(しのづか・ゆうじ)」センセの「ヒトヅマライフ」です。

「翔くん」のお姉ちゃん
※「翔くん」のお姉ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は、前後編が1話あったほかは全て短編。
描き下ろしはその連続話の後日談でした。
タイトルそのまま、人妻の多い作品集。
娘さんも顔を見せたりするんですが、えっち相手となるのはその親だったりするんですねー。
なお、収録のうち2話はお姉ちゃん系。
全体的には年上ヒロインというくくりになるでしょう。
紹介帯には「NTR」と書かれていました。
まったく的外れではないですが…ちょっと違うのではないかなぁ。
単に不倫話だったので、お好きな方は期待し過ぎないように注意。
ただそんなんでも、メインの連続話など、漫画はだいたい明るめな仕上がり
ブラックなんもあったものの、比率としては少なめ。
ラブコメっぽく描かれてるのもありました。
詳しくは各話部分にて書きますね。

さらりとした細線での作画。
描き込みはちょうど良いか、やや細かめ。
全体の色づきは適度なくらいで、そう濃淡は強くありません。
コマ割りは中小で複雑さはなく。
ぶち抜き・はみ出し多く、賑やかではあるんですが。
ジャンルなども含めて、意外にコッテリとはしていませんでした。
作画が洗練されてる、というのが要因かも。
ただし、それは最近の原稿に限った話。
収録は2015年から2007年とかなり幅があり、単行本全体ではかなり不安定
各話で結構なバラつきがありました。
例によって紹介帯のカット絵は最近のものだけなので、注意。
見れないほどでなく、あれはアレで違う味わいもあるんですが、新しい原稿との差は大きいですからね。
漫画っぽいところがありつつも、どっちかというとリアルさある人物絵。
その最大の特徴は、窒息してしまいそうなほどの爆乳です。
あのサイズを持ち合わせている割に、バランスは失うことなく。
巧くデフォルメ処理がされていたと思います。
↓表紙などカバーイラストはやや白黒絵と違うので気をつけて。

 【 収録話 】 10話収録

005:「ワンタイムギャル」 前後編
207:「ワンタイムギャル その後」 描き下ろし
娘「あや」の服を片付けていた「あいり」
ふと思い立って着飾ってみたところ、なかなかイイ感じであり。
試しにそのまま外出したところ、男性3名のグループにナンパされたのでした。
だいたいそんな流れ。

表裏のカバーを押さえ、描き下ろしもコチラのエピソードでした。
単行本を代表する作品ですね
表題にもカチッと当てはまる感じでした。
この話の良い点は、ドえろいもののブラックさがない点。
(…と書きましたが、あくまでも”ひでるさんの感覚では”です。人によっては良し悪しですね)
ヒロイン「あいりさん」はえっちに流されつつも、完全には溺れず。
最終的には主導権を握るため、読後感の良いものになっているのでした。

人妻「あいり」
※人妻「あいり」

前編では化粧してウィッグも着けているため、↓表紙などとはまったく異なる雰囲気。
バストサイズは全然違いましたが、さすが親子だー。
服装も露出あり、エロ目的な男子が釣れるのも当然な感じ。
ベタに王様ゲームからのえっち発展です。
男子3名からの複数。
結構ノリノリで、前述したようになんのかんの主導権は完全に失うことなく。
えっちを楽しんだ後、”とある事情”ですんなりとその場から立ち去っていました。

続く後編は黒髪なままの「あいりさん」が見れます。
前話の影響で、自ら慰めるなど、えっちになっていた彼女。
そんな頃、娘「あや」が付き合っている男性を家に泊める、と連れて来たんですが。
彼こそ、前話でナンパしてきた1人だったのでした。

いかに変装していたとはいえ、彼が言うように特徴的なので、バレて当然か。
「あやさん」はどうしてるのか分かりませんでしたが、正体突き止めた彼とのえっちに発展。
やっぱり「あいりさん」はこのままの姿のが魅力的ですね。
後半は夜でのプレイ。
娘「あやさん」はたしかにチョロい感じで、今後が不安(笑)
しかし、会話の端には出て来るものの、旦那さんはどうしてるんだろう。
そうした事情にほぼ触れないことも、漫画を軽くしている要因(良い意味で)なのでしょう。
ある意味弱味を握り、えっちでも好き勝手な彼でしたが…最終的には見事に立場を逆転させるので、お楽しみに。
どんなネタなのかは内緒。
描き下ろしはその後のエピソード。
母乳プレイなどが見れますが…結局えっちに発展していました。
「あいりさん」はやや髪が伸びており、こちらでは後ろで束ねているんですが。
そんな感じもまた良かったです。

061:「不真面目な妻」
085:「晒された欲求」
収録のうち、ブラックな結末となるのがこちらの2話。

まず「不真面目な妻」
旦那の帰りを待っていた「亜矢」
酔い潰れた彼を送って家まで来たのは、元カレ「秋人」だったのです。
いちおう、収録で最もネトラレっぽい雰囲気なのはこちら。
前述したように、ひでるさんには不倫話にしか見えませんが。
昔だいぶ遊んでいたらしく、「秋人くん」ともそんな感じ。
そのため、いちおう頑張ろうとはしていたものの、強引な彼に流されてしまうのでした。
まぁ、だいぶ持て余してそうなスタイルだからねぇ。
酔って寝ている彼の目前えっちになってました。

「晒された欲求」は女教師「彩」さん。
サボッていた「和田」・「橋本」が謝罪に訪れ、快くそれを受けたんですが。
補習で用具室に入ったところ、ネットの写真で脅されてしまうのでした。
あれは旦那の趣味なのかなぁ。
仕事着そのままの画像は、もう言い逃れできない感じ。
あれでは仕方ないか。
そのまま2人と複数展開に。
あーんな画像バラまいている割にえっちでは可愛らしく、悲劇的な仕上がりになってました。

111:「お姉ちゃんは特別」
131:「よめらいふ」
収録のうち、この2話のみお姉ちゃん系なエピソードです。
先の2話と打って変わって明るく、ラブコメちっくに描かれていました。

文化祭の準備で、朝早く登校した「桜井翔」
教室に着くと、実姉が後を付けてきていたことを知るのでした。
そんなんが前者「お姉ちゃんは特別」
そういう時絶対Hな事するじゃん
とか言われていたお姉ちゃん。
エロス全開ですね。
彼が早く出掛けたのは早朝デートではないか、と疑っていたんですが。
準備の相手「菊池」さんとは雰囲気良く、満更間違いという訳ではないみたい。
教室でのえっち発展。
わざわざ「菊池さん」の座席に移動して誘う様がドえろいです。
オチが楽しいですね。
その際の彼女の雰囲気からして、まだ続けられそう。

両親が旅行に出掛けるため、「政伸」は昔馴染みのお姉ちゃん「やよい」の家に向かうのでした。
そんなんが後者「よめらいふ」
近所のお姉さんです。
何かと物騒であるとはいえ…年頃の男女を同じ屋根の下に置く方が危険なのでは。
そもそも両親公認という仲なんでしょうか。
ただ、それだと…中・高とほぼ会っていない、という設定に違和感が。
近所ではあるようなのだし。
まぁ、いいか。
昔の約束も覚えていた「やよいさん」
彼の訪問を勘違いし、お風呂に向かわせるのが切っ掛け。
変なタイミングで昔を思い出す様が楽しいです。
エプロン姿がキュートでした。

151:「エロまま」
息子「了」とその母親のえっち話。
そう言ってるだけで、血縁でないのかなーって思っていましたが。
母子でないという描写は特にありませんでした。
豪雨となったその日、ママさんバレーの母を迎えに行くという切っ掛け。
髪ツインテールにしていて、ブルマ姿。
そうした姿だけでなく、性格も含めて若々しく。
全然母親には見えなかったですけどねー。
えっちも普通に始めてました。
なぜか母乳吹き出したりしています。

なお、カバー裏にはこちらの3名が描かれてました。
ううむ、やっぱり今の絵柄のが全然洗練されていていいですね。

「了くん」の母親、未亡人「南雲志緒」
※左:「了くん」の母親、右:未亡人「南雲志緒」

171:「Kick or Sex?」
「石和武」の同級生「若菜」の母「瑞穂」は、キックボクシングで鬼女と恐れられていた選手でした。
彼女に憧れていた「武」は、空手道場の息子。
その激しいスパーリングに付き合える唯一の存在として、重宝されていたのです。
彼が言ってたそのまま、確かに普段と練習中とは違うものでしょうね。
「瑞穂さん」むちむちなのに、だいぶ薄着だったこともあり。
スパーリング後の休憩中に、えっち発展していました。
髪をポニーテールにしている「瑞穂さん」の特徴は褐色肌。
どちらも特に躊躇もなく始まっていたので、これが初ではない感じ。
オチではなかなか怖い発言をされていましたよ。
同級生「若菜ちゃん」も気がありそうなので、続きも描けそう。

191:「二人の時間」
喫茶店「なぐも」はそもそも「南雲志緒」とその旦那と経営していた店。
しかし、パティシエであった彼が亡くなってから、潰れかけるほどになっていたんですが。
もともと店の常連客であった「大塚裕貴」が新たなパティシエとなり、持ち直していたのでした。
2人の年齢差はどれくらいなんだろう。
「志緒さん」は雰囲気だいぶ若々しく、2人並んでもさして違和感ないくらい。
献身的な彼を見るかぎり、まぁ好意は昔からあったんだろうしなぁ。
閉店後のえっちになっていました。
ただ、店内がどうのという部分は、ちょっと伝わりづらいですね。

 【 その他 】

以上、本日は「篠塚裕志」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
正直なところ、もっとドギツイ調教ちっくなものになるかと思ったんですが。
作画など意外なほどライトな感覚
ちょっと驚き。
エロス度合い決して低くないものの、女性が最終的には立場をひっくり返している「ワンタイムギャル」が個人的にはお気に入り。
ああした描き方もあるんだなーって思いました。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ツインテール ポニーテール

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ