FC2ブログ

■人妻な彼女 (コア助)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [一般] 人妻、巨乳、むちむち
・構成 : 短編×9話収録。
・おまけ: あとがき・あとがき漫画、ゲストページ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「コア助(こあすけ)」センセの「人妻な彼女」です。

女医さん、人妻「長谷川さん」
※左:女医さん、右:人妻「長谷川さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
タイトル通り人妻とのえっちストーリーです。
1話完結で、進行としてはラブコメちっく。
旦那いる女性も多いですが、背徳・深刻みたいなキーワードなく。
皆さん、えっちを楽しんでおりました
そう人妻然としてないのは、読み手にとって良し悪しかも。
各ヒロインは、まるっとした立派なバスト具合が特徴的。
らしい、むちむち感が味わえます。

太く濃さのある線での作画。
濃淡はデジタルな感じでやや薄め、全体の色づきはそこそこ。
描き込みは丁度良いくらいだと思います。
結構細かいコマ割りで賑やかな原稿具合。
目立つ乱れ・崩れはなく、安定しております。
表現は全体的に軽めで、コメディーちっくなもの。
若干引き絵が弱いですね。
人物絵は幅広な輪郭でしっかりとした鼻筋、大きめな目が特徴。
可愛いっぽい雰囲気のヒロイン像となってます。
バストの大きさがためか、やや動きに硬さを感じるところがありました。
(そう大きな違和感というほどではありませんが)
一般えっち系でよくまとまったタイプだと思います。
そう変化はないものの、↓表紙・裏表紙よりキュートな印象です。

 【 収録話 】 9話収録

005:「隣の痴奥さん」
お風呂に虫が出た、とのことで助けを求めてきた隣の人妻「吉川」さん。
向かった「玉井」くんは、ひょんな拍子で彼女に突き飛ばされ、怪我をしてしまったのでした。
ああして隣に助けを求めるというのは…そこそこ付き合いはあったのかな。
ただ、あのほほ全裸みたいな格好(タオル巻いてるだけ)で玄関まで来るのは凄い。
まぁ、漫画かなぁ…。
後にお詫びを兼ねて訪ねて来た際にも、透け透け・ノーブラという姿だったので、そっち方面に無頓着なのかも。
(※ちなみに下も穿いてなく、誘う切っ掛けとしています)
買い物に付き合うのを「デート」とか言っており、はっちゃけエロ人妻でした。
持て余してたのかな。
ショートカットの可愛らしい人でしたよ。

隣の人妻「吉川さん」
※隣の人妻「吉川さん」

025:「親子カンケイ」
突然訪ねて来た少女「珠希」は、高校時代付き合っていた先輩「早苗」の娘でした。
母から「和史」が父親だと聞かされていものの、本人に自覚はなく…と、そんなオープニング。
妙な展開でのWヒロインもの。
もともと付き合っていた「早苗さん」はまだいいとして。
娘「珠希ちゃん」があーまでするのが、ちょっと弱いなぁ。
現在の夫に不満あるらしく、色々愚痴っていたようではあるんですが…じわじわ洗脳されてったという事か。
母「早苗さん」の血を受け継ぎ、「珠希ちゃん」も立派なバストの持ち主。
自信もあるようで、あっさり胸ひらけかしてましたよ。
オチでは衝撃の一言が

043:「真夜中の人妻病棟」
胃潰瘍だと診断された「佐藤」
不摂生な生活を正す意味もあって、無理矢理入院させられてしまいました。
霊が出る、という冗談混じりのような噂を看護師より聞かされていた彼は、夜中のうめき声を確かめに行ったところ…そこには先の先生がいたのです。
だいたいそんなん。
美人女医さんとのえっち展開。
夜勤が続いてストレスが溜まっていたとのこと。
そりゃそうだわね。
えっち漫画での単独プレイは目撃されるのがセオリー、ということで、こちらもそんなん。
せめて鍵かけるとかなんとか、対策してください。
冒頭はストレスがためか、キツイ表情で描かれていましたが、なかなか可愛らしい方でした。

063:「発情妻とオナニート」
大家の子「まさと」にピアノレッスンすることとなった人妻「長谷川」さん。
彼はいわゆるニートで、部屋は散らかり放題。
足の踏み場もない状態だったため、片づけを始めたところ…驚くべき行動をみせたのでした。
いきなり押し倒されたりしなかったのは良かったものの。
凄い事するなぁ。
そんな危険な場所へ、あーんな状態で行ったならば、そりゃーえっち発展するのが当然。
きゃ!なんで!?
なんて可愛らしい仕草してる場合じゃないでしょ。
まぁ、後半は彼女もノリノリでしたけどね。

081:「気持ちいい社員寮」
どうにか就職できたものの、「飯島久道」の配属先は見た目もボロい社員寮の管理人。
住人「琴音」・「ミサキ」はどちらも女性であったため、こき使って追い出そうとしたんですが…彼は意外な才能を見せたのでした。
あの仕事っぷりを見るに、彼の配属先は実に適正なもの
人事部が凄いのかな。
(※いかに社員寮とはいえ、あの程度の規模で社員1人をつけるのは会社裕福なのか、2人がよほどの重要人物なのか…)
もともと男嫌いでタイミングも悪く、追い出すことに必死な眼鏡の「琴音さん」に対し、早い段階から「ミサキさん」は心を許しており。
双方の思惑を手玉に暗躍した彼女によって複数えっち展開になってました。
いいなぁ。
しかし、この会社メインの仕事はなんなんだろう。

099:「赤い糸ごっこ」
”赤い糸が見える”という会社員「間島」
その相手は…人妻で彼の上司だったのです。
漫画の表現として、その糸は結局描かれていません。
本当かいな。
ヒロインである上司の課長さんは、凛とした美人。
対称的に彼はパッとしない雰囲気なのですが。
こうした話では珍しく仕事できる男性
占い師のアドバイスを受け、志願して残った残業中でも役立っていました。
さすがね
とか言われてましたよ。
えっちへの切っ掛けは相談を持ちかけたことから。
ちょっと面白いので、この後は敢えて伏せておきますが…彼女の台詞に注意し、じっくり見てみましょう。

121:「人妻・美音子の悪戯」
旦那との喧嘩が牽引で、地元に帰ってきた、母親の親戚「美音子」さん。
「紡(つむぐ)」くんとは昔馴染みの関係でした。
彼にとっては頭の上がらない姉的な存在。
買い物に付き合わされたりしていたものの、その一方で性的な事も彼女から教わっていて。
こちらでは久しぶりのお誘いが切っ掛け。
まぁ、あんなんずっと目にしてたら、そりゃ溜まらんわね。

上司の課長さん、ファミレスの店長さん
※左:上司の課長さん、右:ファミレスの店長さん

139:「恋敵は斉藤さん」
ファミレスの店長に恋するバイトの「菅野」くん。
しかし、彼女には”普段は家でゴロゴロしてる”という「斉藤さん」と言う名のヒモ彼氏がいるという噂があったのでした。
眼鏡のさっぱりとした美人という店長さん。
1人呑みじゃつまらん」と誘われたのが切っ掛け。
酔いつぶれた彼が店長宅で介抱されるんですが…本編で描かれてたそのままベタな展開でのえっち発展でした。
だいたい想像できるとは思いますが、「斉藤さん」の正体もキッチリ判明します。

157:「湯けむりW人妻旅情」
目前で恋人に振られた「智生」
その様が気の毒であったため、学生時代からの友人「鈴香」らは彼を誘ったのでした。
ちょっと雰囲気異なる女性らとの温泉えっち。
人妻との複数でした。
なにげに卓球シーンが好き。
黒髪の女性は最後まで名前がわからず、ちと残念。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「コア助」センセでした。
こちらのブログでは「おとなのこ」、「ゆるふわビッチ、「熟れ処女」などを紹介しています。
別名義「阿久津俊」の単行本も含めて、こちらで5冊目くらい?
今回は人妻でまとまった単行本。
センセ描かれるむちむちっとしたスタイルと合っていて、いい仕上がりでした。
バランスも良かったです。
↓表紙の女性は冒頭話の「吉川さん」ですかね。
ポーズと配置はいいものの、下着デザインがちと色気に欠けるもので残念。
色もあーかなー、ってひょっとして単行本が一般系なため??
本編では下着着けてなかったですが。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット

■ろりくりごはん (上田裕)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ロリ、コメディー、寝込み
・構成 : カラー(8P)、短編×12話。
・おまけ: あとがき 
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田裕(うえだ・ゆう)」センセの「ろりくりごはん」です。

若菜ちゃん、お隣の「ゆりあちゃん」
※左:若菜ちゃん、右:お隣の「ゆりあちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
特に世界とかなんとか、繋がっていることもないみたい。
冒頭のカラーがショート漫画でした。
ジャンルはLOくくりそのままなロリ系。
”LO7冊目はダテじゃない”
そう描かれていましたが、いわゆる王道なそっち系ではなく。
一言で表現するならば、コメディーになるでしょうか。
プレイにハード気味なのもありましたが、いわゆる凌辱色はほぼなく。
明るさありつつも、さほどラブラブという訳でもなく。
どこか冷めたようなところあり、淡々とえっちに進んでいます
そうした可笑しさですわね。
特に今回は冒頭話から寝込みプレイが多く見られました。
いかにも可愛いヒロイン群ながら、それだけでないのが現代的で楽しい
センセのファンな方にはいつも通りな安定感ですが、初見の方は注意。

すっきり細線での作画。
全体の色づき・濃淡具合はちょうど良いくらい。
白比率もあり、スッキリとした画面です。
描き込みに過不足なく、コマ割りは比較的大きめ。
枠間ほか余白がだいたい確保されていて、そうごっちゃり過ぎないのが特徴です。
細かい部分まで丁寧で、目立つような乱れ・崩れはなく。
綺麗にまとまっていました
描かれている部分のメリハリにも優れ、背景や小物はあっさりとした作画でしたが気になりません。
人物絵は幅広輪郭でふっくら頬、大きさある目が特徴。
ロリっとした可愛さです。
皆さん見事なまでの貧乳揃いですが、線の妙がため不思議なほど女の子していました。
概ね彩色でも変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙でもんだいないでしょう。
紹介帯のカット絵も参考にどうぞ。

 【 収録話 】 12話収録

003:「ためしどり」 カラー原稿
スマホを変えた兄はその最新なカメラ機能で寝ていた妹を試し撮影するのでした。
カラー8ページの冒頭話。
最近のは機能充実してますからねー。
寝込み襲われたこともあってか、ほぼ無抵抗な妹さんが可愛い。
パジャマ姿でしたよ。

011:「教育者の亭主」
小学校の教師を嫁に迎えた主人公。
新婚早々に職を失ったこともあり、彼女の通う学校近くに住居を構えたところ。
生徒らが頻繁にやって来るようになり、専業主夫の負担が増していたのでした。
ただ、本当の問題はそれ以外にあったのです…。

こちらのヒロインが裏表紙の彼女。
成年漫画のカバーながら、まったく脱いでいないところが凄い
ショートカットのボーイッシュな娘で、当初は主人公も男子と間違えていた様子。
意外にしたたかで、子供・女子という特権を巧い事利用して、えっちに発展させていました。
成年漫画の男性ながら、いちおう彼はギリギリまで回避しようとしていたんですけどねぇ。
短パン下の黒タイツがエロス。
あの中途半端な脱ぎ方とか、よく男性を分かってる感じがしました。
収録でこちらが最もお気に入りです。
危機的なオチをどうにか回避してもらって、続きがぜひ見たい作品でした。

「教育者の亭主」ヒロイン、「めぐみちゃん」
※左:「教育者の亭主」ヒロイン、右:「めぐみちゃん」

033:「二択風俗」
全て二択でプレイが決まっていくという、風俗店エピソード。
指名を選択し、「めぐみ」ちゃんとのプレイとなっています。
所持品と首から下げた選択肢で察するに、↓表紙はこちらの彼女で間違いないでしょう。
ちなみに、その選択も本編中に登場してます。
さっぱりと明るい娘で、お仕事を頑張っていました。
ラブラブプレイはいいですねー。
あれはまた指名したくなるなぁ。
無粋なこと聞いちゃだめなんだって
の台詞が好き。

051:「おふとんのなか」
真冬の休日に妹「由依」と布団内でダラダラする、というお話。
…というか、2人で寝てるのね……。
冒頭話と似て、こちらも眠気たっぷりな彼女にえっち仕掛けるもの。
ただ、こちらは今までお手付きしていない、健全な関係。
なんとなく隣にいた彼女にえっち仕掛けた兄と同じく、「由依ちゃん」もまるで抵抗する素振りもなく。
勝手にやられてるだけだからいいや…
とか言ってました。
それでいいのか、女の子(笑)

067:「工事のおにいさん」
家のコンロ取り換えで来た業者のお兄さんと、留守番の「朱里」ちゃんのカップル。
業者の方はおっちゃんでなく、彼女がイケメンだと色めき立つような男性。
イイ男は得ねー
作業を眺めていた彼女が、うとうと眠ってしまうのが切っ掛け。
爽やかな顔しつつも彼はその気満々で、えっち仕掛けるのでした。
モノローグでのやり取りが基本です。
ポニーテールが可愛い「朱里ちゃん」の初々しい様がキュートでした。

085:「加藤さんの黒歴史」
保健の先生に相談を持ち掛けた「加藤菜月」
友人らにトンデモな告白をしていた2年生の頃の黒歴史をどうにかしたいという内容。
机角ですね。
まぁ、モノは違っても、皆なんらかでヤってるから気にしなくて大丈夫よ。
…たぶん。
教師ながら、
どうせ今もやってんだろ?擦りつけ
とか言っただけでなく、無理やり擦りつけさせようとしていました。
あんなんバレたら大変なこととなっちやうぞ。
そのままえっち発展しています。
「菜月ちゃん」自らずりずり動いて、ぎゅっと合わせるシーンが好き。
オチがまた楽しい。
本気であの口どうにかしないと、クビになりそう。

103:「いっぱいにしよう」
布団の中で完璧に着替える特技を持つ「若菜」ちゃん。
制服脱がずに水着になれるほか、ランドセルを背負ったまま脱ぐことも出来。
裸ランドセル状態(※マフラーだけしてる)な彼女のおねだりに、サービスしてもらうというのが切っ掛け。
…と、ここまでは普通(?)なのですが。
いちおう詳細伏せますが、ひと落ち着き後からトンデモな展開に。
ランドセルいっぱいにしたらおもしろいかな?
そう誘ったのは、そもそも「若菜ちゃん」でしたからね。
オチが楽しい。

119:「冷やせ!」
お隣の「ゆりあ」ちゃんが転んだ拍子に持ってきたスープをこぼしてしまい。
自らもかぶってしまったため、シャワーで冷やすこととなったのでした。
ロングの黒髪と吊りスカートが可愛い「ゆりあちゃん」
そのままシャワーで冷やすので…着衣・透け透けというネタとなっています。
あまり露骨過ぎない透け具合がリアルですが、これは良し悪しかなぁ。
エロいな、これ
そう言ってましたけど、ブラしててもエロいと思いますがね。
お互いさらに脱ぎ始めたのが切っ掛け。
彼女がそもそも好意もってたため、スムーズにえっち発展していました。
初々しいあちこちのリアクションがキュートですよー。
収録では最もラブコメちっくで、読み易いお話。

135:「プロ妹訓練」
”レンタル彼女”の妹版をやってみよう。
そんな訳で、妹をツインテールにしてメイド服を着せ、プロ妹となるべく特訓をするのです。
今時の女子は…アイス程度で納得するかなぁ。
これじゃ風俗になっちゃう、とか軌道修正もしていたんですが…。
別にいいんじゃね?
そう自ら変更したため、えっち特訓となるのでした。
未経験なため、棒読みっぽいあえぎ声シーンが可愛い。
また、それとは異なる後半の本気な彼女にも注目。

プロ妹訓練中
※プロ妹訓練中

153:「お兄ちゃんのおちんちん」
妹「真子」の友人「七海」
お兄ちゃんを気に入ったという彼女が誘惑と始めたため、「真子」は複雑な心境になってしまうのでした。
「七海ちゃん」はさして年齢変わらないようなのに、マセてるのね。
かなり積極的なアプローチをしていました。
あれは「真子ちゃん」にとって分が悪い。
いちおう複数ですが、成年漫画ながら妹とは軽いタッチ程度であったのがなんだか意外。

169:「アイドル立志伝」
ジュニアアイドル「由梨」ちゃん。
お仕事を得るため、事務所方針に従っていたところ。
いつしか、本人もそれに染まってしまうのでした。
彼女の変化っぷりが楽しくもオソロシいエピソード。
どんどん慣れていく「由梨ちゃん」が怖いです。
ただ、ファンはあれだけゴり押されていても冷静らしく。
枕だけではどうにもならないでしょうね

187:「ひとりがいいの」
妄想好きな「大島絵里」ちゃんのお話。
冒頭に描かれていたそのまま、全て妄想シーンですね。
ただ、可愛い顔して結構過激なプレイを想像していました。
拘束で複数です。
こちらのオチが好き

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「上田裕」センセでした。
折り返しに描かれていた冊数から、こちらが7冊目ですかね。
当ブログでは↓下に並べた通り、ひととおりを紹介しています。
全て揃ってるのかな。
こちらを書く際に、毎度のようにページ数を書いていたら。
折り返しの目次に「加藤さんの黒歴史」がまるまる抜け落ちていたことを発見。
急遽追加されたとかかな。
…いや、ページ途中だから単にミスか。
今回は圧倒的に「教育者の亭主」がお気に入り。
彼女に名前無かったのが残念ですよ。

ろりくりごはん ろりくりごはん (TENMACOMICS LO)
                  (2016/6/28)
                  上田裕
                  ※アマゾン登録なし




★「上田裕」センセの漫画紹介記事 すべて成年系

かちんこちんこあくま
 記念すべき初単行本。オマケ満載です。
とびだせ!こあくま
 2冊目。タイプ異なるWヒロイン漫画「どっちか選んで」を収録。
ちんちこちんこあくま
 3冊目。やや長めのカラー漫画3話ほか、短編群。
ろりまんガー
 4冊目。インパクト高い短編「おまつり伝説」を収録。
よい子はしちゃダメ!
 5冊目。援交連続話「こどもチェーン」を収録。
なかよしりぼん
 6冊目。小○生AV女優「和葉ちゃん」ほかの短編群。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット ポニーテール

■僕が芸能3姉妹の性奴隷になった結果 (ほんだありま)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、ハーレム、姉妹、巨乳、芸能界
・構成 : カラー(4P)、9話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、合間・巻末に別絵、

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほんだありま」センセの「僕が芸能3姉妹の性奴隷になった結果 3姉妹のオモチャ2」です。

久住3姉妹
※久住3姉妹

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編です。
同キャラによるお話群での構成で、エピソードは1話完結。
場面・参加者など、シチュエーション異なるえっちが描かれていました。
良し悪しな色々なものが渦巻く芸能界を舞台としてはいたものの、基本的に皆さん自由に振る舞われていて
業界色はそこそこで、裏切りや陰謀などのブラックさはありません。
違う場所で魅力を発揮している3姉妹という設定は、もっと様々なことを想像できるんですけどね。
ラブ色はあったものの、特定なカップルは誕生しておらず。
男子は1名だけで、えっちも複数プレイが頻繁に描かれています。
まあ、派手さのあるラブコメですかね。
それがため、長編ながら心理描写に深さはなく。
純粋にえっちを楽しむべき仕上がりとなっていました。
読むタイプではありません。
あのタイトルから、過剰な期待を持ってしまうのも危険。
明るく楽しい、らしい成年漫画だと思います。

しなやかな曲線での作画。
ある程度の白比率があり、全体の色づきはそう濃くないのですが。
描き込みが細かく、また中小の変化あるコマ割りで。
また、はみ出し・ぶち抜きも頻繁なため、かなり画面は賑やかでした。
お話の流れで複数プレイも多く、それがまた原稿がゴッチャリする要因ともなってます。
色彩そこそこなので、コッテリとまでは至らないんですけどね。
ヒロインらはおっぱい大きく、腰回りもむちむちとしてた肉感的な描かれ方。
細めな輪郭でトンガリ顎な顔部分ほか、全体的にデフォルメは大きめ。
ほぼ問題はないものの、バランス感覚には独特さがありました。
そんな感じで個性が確立され、気になる乱れや崩れはないものの。
人はやや選んでしまいそう。
個人的にはもう何パーセントかの落ち着きあっても良いように思いました。
判断については、そうカラーと変わらないので、↓表紙・裏表紙で良いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

元アイドル歌手で事務所社長の母「久住節子」を筆頭に、アナウンサーの長女「久住知秋」は、グラビアアイドルの次女「久住優夏」、アイドルの三女「久住美春」という3姉妹のいる芸能一家な親戚「久住家」
そこに居候していた「久住冬真(くすみ・とうま)」は、制約・ストレスの多い彼女らの”オモチャ”となっていたんですが。
そんな彼も、自らの個性を生かした”オモチャ系男子”として芸能界デビューすることとなったのでした。
だいたいそんな感じ。

3姉妹のオモチャ」の続編。
センセ曰く「芸能界編」とのことでした。
単に舞台がそっちになっただけでなく、毎回なんらかの芸能界要素を入れているそうです。
そんな華やかな設定なのですが、キャラはほぼ3姉妹(プラス母)に限られていました。
名前が出たキャラもほんの僅かだけ。
それもえっち対象にはならず、関係してるのは必ず久住家の誰かでした。
まぁ、仲良くシェアしている感じ。
前回は次女「優夏さん」がポイント的な存在でしたが、既に彼女ともえっち関係にあり。
基本ハーレム状態で、愛情にも偏りはほぽ見られず、特定な女性とのなんらかもなく。
そうした点での盛り上がりには、残念ながら欠けていたと思います
成年漫画的で、ここは良し悪しですかね。
ストーリーを見る限り、主人公「冬真くん」の成長らしきものが描かれていましたけれど…。
描写として特に前面とはなっておらず、いじられキャラな野郎が存在感を発揮する過程は見ていて(特に男子には)刺さるものではないと思われ。
単にシチュエーション異なるエピソードが続いていた、という印象でした。
全然悪くはないものの、せっかくの長編スタイルを生かし切れてはいなかったと思います。

アナウンサー「久住知秋」、事務所社長「久住節子」
※左:アナウンサー「久住知秋」、右:事務所社長「久住節子」

紹介話的な1話目。
前巻を読んでいなくても、すんなり漫画世界の設定が理解できるようになっていました。
3姉妹ほか母も登場し、いきなり複数えっち発展してます。
「冬真くん」に対する、男性陣らの反応が楽しい。
そうだろうなぁ。
ファンのコメントも辛辣で、あるいは身の危険あるかもしれませんね。

アナウンサーの長女「久住知秋さん」との2話目。
何度かパンチラが描かれていましたが、かなり短いスカートを穿いており
あれは周辺男子は気になるだろうなぁ。
朝の顔としいう彼女ですが、メインとなるラジオ番組も持っており。
”えっちに叱る”という、スペシャルウイークでのお話。
放送中での羞恥プレイですね。
彼女の個性が巧く発揮されていて、いかにも人気ありそうでした。
グラビアアイドルの次女「久住優夏さん」との3話目。
初の外国、サイパンでの撮影にテンション上がる彼女がキュート。
かなり面積小さめなビキニ着てましたよ
ハードな撮影でのご褒美はまっ昼間での海えっちでした。
いかに外国とはいえ、スタッフとかなんとかの目があると思うのだけど。
(こうした漫画なので、スキャンダルとかなんとかな描写はありませんが)
アイドルの三女「久住美春」との4話目。
最も芸歴長いらしい彼女は、コンサートからバラエティ、ドラマ制作発表などなど精力的に活動。
お前ってホント仕事量も内容もスゴイのな…
共に行動していた「冬真くん」も思わずそう言ってました。
そんな彼女にマッサージからのえっち発展。
確かに、「美春ちゃん」の場合ははけ口となってる彼の存在は小さくないのかも
アイドル衣装でのプレイです。

3姉妹でCDを出すこととなった5話目。
既にコンサートなどをやっているアイドル「美春ちゃん」はパーフェクト、アナウンサー「知秋さん」も声のお仕事がためか良かったものの。
グラビア「優夏さん」と「冬真くん」は、歌以前に声量からして問題あったのです。
そんな訳で、母「節子さん」の指導で特訓するというもの。
大自然の中でえっちして声出す、って…まぁ、成年漫画だからなぁ。
コーチ役としてノリノリだった「節子さん」もちゃっかり後半で参加してます。
6話目はそのCD発売記念のライブ風景。
皆さんライブ専用のコスチュームでしたよー。
さすがに慣れてる「美春ちゃん」に対し、ほか3名のテンションが楽しい。
また不安に感じる「優夏」・「冬真」らとは、異なる内容でおかしくなっている「知秋さん」が可愛いです。
そうした皆を心配し、「美春ちゃん」がえっち提案する流れ。
本番前なのですが。
あんな状態でステージ出るならば、リラックスするのが良いかと。

「美春ちゃん」の出演する同性愛ドラマの練習に付き合う7話目。
今回「優夏さん」はお休み。
「冬真くん」を含め、皆さん黒セーラー服がキュートです。
お話し中でもポイントとなる役回りでしたが、先輩役「知秋さん」がよく似合っていました。
そのまま配役で出演できそう。
妹「美春ちゃん」のため、お姉さんらしい配慮を見せてます。
まぁ、結局は複数プレイになっちゃうんですけどね。
3姉妹で温泉旅のレポートをするという8話目。
ただ、「美春ちゃん」はインフルエンザでお休みとなったため、アイドル声優「桃囲奈々」が参加しています。
ここまできて、ようやく久住家以外の名前のある主要キャラが登場しました。
眼鏡が可愛いふんわりとした方で、なるほど代役としては最適。
スタイルも良かったですし。
ここにも「冬真くん」が付いて来ているんですが…彼は「奈々ちゃん」のファンだったんですね。
お風呂は混浴で、入り口で「冬真」・「奈々」が鉢合わせてます。
その際のリアクションが楽しい
あれは嬉しいことでしょう。
こうした漫画に登場する女性なので、その際に全裸は描かれていたものの、さすがにえっちにまでは至らず。
デレデレしてる彼に腹を立てた「知秋」・「優夏」との露店風呂えっちでした。

グラビアアイドル「久住優夏」、アイドル「久住美春」
※左:グラビアアイドル「久住優夏」、右:アイドル「久住美春」

遂に「冬真くん」にスポットが当たる9話目。
活動1年。
姉妹のおかげで、ちらほら使われていたようなので…。
「美春ちゃん」曰く、「最近ボチボチいるわよ、お兄様のファン」というように、ファンクラブなどもできていました。
まぁ、多少イイ気になるのは、当然なことでしょう。
人間だもの。
そのファンらにちょっと嫉妬した「優夏」・「美春」とのえっち展開。
ロケ車でのプレイとなっています。
オチが楽しい。
最終10話目は、この漫画らしい派手な展開です。
「冬真くん」にも結果が出ており、パーティーとなっていました。
ラブラブでなにより。
カップルとしては、本人が発言していたそのまま、「優夏さん」が最も近いかもしれませんね。
たいてい中心に描かれていましたし。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ほんだありま」センセでした。
2冊目きました。
あとがきによると、こちらが20冊目の単行本だそうです。
おめでとうございます!
凄いですね。
当ブログでもその何冊かを紹介していました。
続編ですね。
ただ、いつもの事ながら、すっかり記憶なくなっていて…。
店頭で見た際は、”どっかで見た感”だけ残っており。
実際に読むまで、あるいはダブってしまったかもと思っていました。
よくよく見たら”3姉妹のオモチャ2”って表記もありましたよ。




★ほんだありま センセの漫画紹介記事

オトメ御開帳] 成年
 センセの初単行本。触手甲子園が収録されているのはこちら。
運んでニャンコ!] 一般
 メイド風コスプレが売りの引っ越し屋「ネコネコ引っ越しセンター」の長編。
ハミ+コン!] 一般
 ハミコン神「ハミ」が出現する、ゲームパロディー漫画。 
侵スベカラズ!!純血特区!] 一般
 なんちゃら耳なヒロインがわんさか登場する長編。 全5巻。
もりあげ7(全2巻)] 一般
 町おこしなハーレム漫画。タイトル通り7名のヒロインが登場します。
人妻結び Hitodumamusubi] 成年
 人妻らとのラブコメです。同じ世界観のオムニバス形式でした。
3姉妹のオモチャ] 成年
 芸能界に身を置く3姉妹らとのハーレムラブコメ。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ パンチラ

■ないしょのおまじない (蒼井遊美)

★まんがデーター [9.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●◎○○
・漫画 :●●○○○
・独創性:●●○○○
・属性 : [成年] ラブコメ、貧乳、
・構成 : カラー(4P)、短編×10話。
・おまけ: あとがき、ゲストページ、描き下ろし「彼女の事情」、カラーイラスト、
      カバー裏にあとがき漫画・作品解説、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蒼井遊美(あおい・ゆみ)」センセの「ないしょのおまじない」です。

アイドル「愛里」
※アイドル「愛里」

 【 構成・絵柄 】

描き下ろしも含めて、収録は全て短編。
追加エピソードも普通の短編で、他とは特に関連ないものです。
↑上で属性をいちおうラブコメとしましたが。
そうラブもコメも強くはありません。
可愛らしい絵柄なんですが、意外にも甘い雰囲気は薄く
エピソードによっては、ちょっと毒気があったりもしました。
このあたりは人によって良し悪しかも。
ただし、全体的にお話は弱め。
分からんでもないんですが、もうひと描写足りない印象です。
絵自体の説明力が不足しているのかも

すっきりとした細線での作画。
全体の色づきはやや弱く、濃淡もごく薄め。
白比率が高い原稿具合です。
描き込みもごくサッパリ。
それがためか、ペターと平たい絵柄になってます。
バランスにも弱さがあり、個人的にはちらほら気になるところがありました。
小物とか服とか、とにかく全てにおいて質感に欠けていたのは辛い。
全体的によく描かれているところと、弱めなコマとの落差が大きく…。
なんというか、不安定な印象です。
収録自体も11年10月から14年5月と幅が広め。
修正もされたようなのですが、ご本人も書いていたようにイマイチ安定してません
もうひと落ち着きすればいいかなー。
最近の原稿はいい感じなものの、収録では3話ほど。
絵的にはカバーで判断して良いと思います。
ただし前述してきたようなんで、いくらかマイナス判定のが正しいかと。

 【 収録話 】 10話収録

007:「Cage」
お嬢様「ロベリア」とお医者様のエピソード。
病気だという彼女。
いつももらう薬は、なにやら怪しげなもので。
力が抜けた彼女はえっちな事をされていたのでした。
ふんわりとした長髪が可愛い「ロベリアさん」
大人しそうな、お嬢様然とした、娘さんです。
裏表紙がこちらの「ロベリアさん」でした。
あくまで治療行為という前提で、えろい台詞言わされたりしてましたよ。
頭がそこそこ回るのは、良いか悪いか。
こちらはページで巧くまとまっていたお話だと思います。

お嬢様「ロベリア」、クラスメイト「佐伯由布子」
※左:お嬢様「ロベリア」、右:クラスメイト「佐伯由布子」

023:「ぼくの喪女子さん」
地味でコミュ障気味なクラスメイト「佐伯由布子」
ただ、「羽鳥」はそんな彼女が時折見せる寂しげな表情に気付き、惹かれていたんですが。
放課後の教室で、彼女と…というお話。
えっちまでのくだりをすっ飛ばし、いきなりお口なシーンから。
まぁ、限られたページ数がため、そうした対応も必要なのだと思いますが。
他の短編も含めて、全体的に説明不足な気がします
眼鏡な「由布子さん」は”取ると可愛い”というお約束設定。
素顔を見せるのを嫌がっているのがポイントになっていました。
眼鏡も可愛いんですけどね。

039:「僕のアイドルはとにかく世界で一番可愛い」
アイドル「愛里」とマネージャー「上野」のエピソード。
えー、オチで言ってた彼女の台詞が全てだと思います。
冒頭で機嫌が悪い彼女。
気持ち分からんでもないですが、それがダメならアイドルなんてできないよー。
駄々をこねる彼女に対して、えっちで満足させると言う流れ。
男前ですね。
これが初めてとのことなので、そうすると不満ぶちまけたのも初だと思われ。
やっぱりいい対応でないな。
ステージ衣装なままのプレイです。

055:「妹にはかないませんっ!」
妹「梓」が年頃になったこともあり、家を出て1人暮らしを始めた主人公。
しかし、そこに当の本人は足繁く通ってきており。
いつしか関係していたのでした。
そんな感じの近親モノ。
もうちょっと前後が見たい感じですね
あるいは「梓ちゃん」視点でのエピソードか。
口悪いものの、えっちではメロメロになってしまう様がキュート。
オチのくだりは好き。

071:「悪魔のような彼女」
バイトに行くべく部屋を出た主人公。
玄関前には、見知らぬ女の子が座っており。
”変質者に襲われたと叫ぶ”
そう脅され、やむなく部屋に入れることとなったのでした。
そんな娘とのえっち展開。
なかなか唐突ですね。
短編なので、これで良いように思わない訳でもないんですが。
説明不足なため、なんだかよく分からんというのが正直なところ。
ツインテールな貧乳さんでしたが、ああした発言を含めて慣れた感じ。
悪魔に例えていたものの、良い思いもしたからいいじゃない。

087:「ボタンがほしいの!」
卒業する先輩「加藤」へ第2ボタンを貰うべく押し掛けた「瀬戸晶」
しかし、タイミング遅く制服のそれは1つも残っておらず。
落ち込む彼女に、別のモノを上げることとしたのでした。
どーでもいいですが、彼モテるのね。
しかし、これでいいのか。
単にボタンをもらいに来た彼女に、ガッツリえっちしちゃうトンデモ話。
実は「加藤くん」には深い事情があったんですが。
それにしても、あれはない。
先に言葉で伝えたって下さい。

103:「放課後調教倶楽部」
生徒「須藤真琴」から告白された理科教師。
”大好きな先生の為なら、私は何だって出来ます”
そんな文面があったので、調教ちっくなプレイを強要するのでした。
タイトルあんなんですが、そう重さはなく
コメディーちっくに仕上がってます。
オチのやり取りを見る限り、いろいろ言いつつ「真琴さん」も若干楽しんでいるのではないかなぁ。
放課後とありつつも、授業中でのプレイです。
結構なサイズのモノを突っ込まれてましたよ。
まぁ、普通は音でバレるよねー。

119:「いつもふたりで。」
姉の結婚相手の連れ子「ミカ」と同居して7年という「裕」
姉らは結婚後に交通事故で亡くなっており、彼女を引き取っていたのでした。
えー、詳細すっ飛ばしますが、お風呂えっち。
なんのかんの、えっちし続けている彼。
まぁ、今さら葛藤したって遅いよぅ。
彼女言ってた「まだ来てない」というのは、精神的なものが影響してるのでは。
幼少期の描写は1カットだけ詳しくは不明ですが。
いちおう現在は安定しているようなので、結果的に良かったのかな。

「悪魔のような彼女」のヒロイン、姪「萌」
※左:「悪魔のような彼女」のヒロイン、右:姪「萌」

135:「ないしょのおまじない☆」
帰省した「耕太」は、成長した姪「萌」と再会。
皆が買い出しに出たため、彼女と2人きりで留守番することとなったのでした。
遊び疲れて、いつしか寝てしまった「耕太」
ふと目を覚ますと、「萌」が無防備な姿で乗っかるように寝ていたのです。
こちらが表題作。
そうすると、↓表紙は「萌ちゃん」でしょう。
制服っぽいもの着てましたが、彼女はいくつ設定なのかな。
言動は結構幼い印象でしたけど。
ただ、いかに起きないとはいえ…あーしちゃダメだろー。
オチもそんな感じでしたが、絶対にバレるぞ

151:「彼女の事情」 描き下ろし
とあるカップルのえっち話なんですが…最後に驚くような描写が。
「千穂」ちゃんの声が大きいから、とTVつけながらえっちしている2人。
それも事実なんでしょうけど、オチを見る限り他の目的がためかも。
まだ慣れぬまま頑張る「千穂ちゃん」が可愛い。
8ページの描き下ろしでした。

 【 その他 】

本日は「蒼井遊美」センセでした。
こちらはどうやら2冊目の様子。
他にもイラストのお仕事をされていました。
別名義「吉井遊美」で活動されていた時期もあるようです。
ひでるさんは今回が初見。
絵柄は最近の作画が良いですね。
あんな感じで安定してくればいいと思います。
白くスッキリした原稿も、それはそれで別にいいんですが。
(※そうした雰囲気は、いかにも「久保書店」さんという印象)
お話にもう少し引っ張る力…えーコレというポイントが欲しいところでした。
次巻に期待します。


ないしょのおまじない (ワールドコミックススペシャル)ないしょのおまじない (ワールドコミックススペシャル)
(2015/02/28)
蒼井 遊美

商品詳細を見る

★現在アマゾン登録なし(16/06/21)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■巫女的恋愛ノススメ (はらざきたくま)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 巫女、ラブコメ、複数、ファンタジー
・構成 : 短編×10話(うち「依代学園シリーズ」×5)
・おまけ: あとがき。 
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「巫女的恋愛ノススメ」です。

教師「月子さん」、美朔ちゃん
※左:教師「月子さん」、右:美朔ちゃん

 【 構成・絵柄 】

今回もまた巫女ジャンルな単行本です。
念のため、前回の「巫女のいる町r」を再度ざっと見てみましたが。
ゲスト的な顔見せも含めて、関連するような事柄はなかったと思います。
たぶん。(違ってたらすみません)

前々回単行本の紹介ショートな1話を除いて、ヒロインは巫女揃い。
実にさまざまなタイプの巫女さんがいました。
各話はだいたい短編なのですが、1部のエピソードはシリーズのようになっていて。
単行本の半分は世界観が同じである、同舞台の漫画でした。
多少の繋がりがあるので、会話とか見逃さないように。
登場は巫女さんなのですが…成年漫画だけあって、えっちには実に貪欲で。
たいてい女性側からのお誘いになっていました。
複数プレイが多く描かれているのも特徴。
また、若干ですがファンタジーな描写もあったので、お楽しみに。
えっちはともかく(笑)、ストーリー的に大きく振り切れるものはなく。
それぞれ読み易い漫画が揃ってました。

しなやかな極細線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡はやや濃いめ。
作品ジャンル・雰囲気がためですかね。
描き込みは細かく、あちこち丁寧。
良いデジタル具合の綺麗な原稿に仕上がっています
コマ割りは結構細かく、変化も大きいので賑やかなんですが。
それでも全然見易いですね。
幅広で独特な丸さのある輪郭が特徴の人物絵。
特徴的な目と描かれる鼻などのバランスは適度なもの。
広い輪郭への絶妙な配置で、可愛くかつリアルっぽく仕上がっていました。
表情も良くコメディー崩しも適度。
小物や背景もよく合っていて、服装の質感にも優れ。
特に液体表現も素晴らしいものでした。
判断については、↓表紙などでも良いのですが。
綺麗な原稿サンプルが見れる「ヒット出版社」さんのHPがオススメ。

 【 収録話 】 10話収録

003:「依代学園の初体験」
依代学園の生徒会長「伊勢崎照子」はまだ未経験だという庶務補佐「姫野乙女」のため、彼女の想い人である「辛島」を呼び出したのでした。

こちらのキャラ・舞台が他エピソードにも登場するので、依代学園シリーズとしてくくっています。
収録での1話目。
説明では、「巫女や神職を目指す人が来る」という学園で、鳥居をくぐった先に校舎が見えました。
正装は当然ながら巫女服のようですね。

思った以上に積極的じゃない
そんな生徒会長「伊勢崎さん」の台詞にもあったそのまま、結構な即えっち展開です。
こちらの「姫野さん」が今回の↓表紙を飾る女子。
スタンダード髪型・雰囲気で、いかにも巫女っぽい容姿のキャラクター。
彼と2人きりにされて戸惑いつつも、えっちに至っておりました。
モニタしていた「伊勢崎さん」も「狛」・「稲荷」の男子生徒らと複数行為を始めていますね。
後に言っていたように、恋のお手伝い話なのかと思いきや…。
後半には驚くようなえっち展開となります。
それもあっさり受け入れてる「姫野さん」は凄い。

033:「初めての巫女と留守番」
両親の旅行中、神社と子供「冬治」・「夏樹」の面倒を見ることとなった「清子」のエピソード。
近所のお姉さん的存在なのかな。
巫女服の「清子さん」は名前そのまま涼しげな美人です。
アレ…夢じゃないのか…な…
起きたてな「冬治くん」のそんな発言に注目。
ああ爽やかそうに見えながら、実はエロエロな女性だったのでした。
賽銭箱のシーンとか、まぁ人の家でよくやる。
いちおうアレで初めてとのことでしたが、ちょっとは我慢しなさいよ。
だいたい想像(期待?)通り、「夏樹くん」も交じっての複数展開となるんですけれど。
あれは彼の心に変な感情を植え付けてしまいそう。

清子さん、「中津左沙美」・「中津右沙美」
※左:清子さん、右:「中津左沙美」・「中津右沙美」

055:「カイガンの巫女」
カタカナだと分かり辛いですが、「海岸」です。
海辺の町の小さい神社へ届け物を頼まれていた「辺津誠」
出迎えたのは若い巫女「中津右沙美」・「中津左沙美」の姉妹だったのです。
冒頭の巫女服脱いで水着になるシーンは…じっくり見たかった。
「目立っちゃってるよ」そんな発言ありましたが、当然のことでしょう。
ただ、勝手にアレンジしているのか、袴の丈は膝上でミニスカートのようになっていて。
特にショートカットの「左沙美さん」は胸元も緩めでエロい雰囲気なのでした。
「誠くん」は勘違いしていましたが、ヤル気満々で、事が済んだ早々にえっち発展しています。
なんと、巫女漫画ながら3連発で複数えっちでしたよ。
(※今回は女性2人に男性1人でしたが)
彼の枕元の本とオチに注目。

ちなみに、神饌(しんせん)は神様に献上する飲食物のこと。
「湍津姫」は「湍津姫命(たぎつひめのみこと)」で、九州の海洋神のようです。

075:「巫女のホンブン」
こちらは依代学園シリーズの2話目。
生徒会の会計補佐「沖津心」さんのエピソードとなっています。
図書館司書の男性に想いを寄せる彼女は、今日もそちらへ足を向けたのでした。

生徒会長「伊勢崎照子さん」が再登場。
教師「天野」とのえっちが差し込まれていたので、どうやら1話目オチから直接続いたエピソードなようでした。
さて、こちらのメインは「沖津さん」
彼に始めて巫女服姿を披露したようなんですが、その下は…。
この間先生に教えてもらったこと…
そんな台詞から察するに、関係はけっこう前から続いていたみたい。
後半はおそらくは彼女の期待とおり、見事な縄化粧姿とされていました。
巫女服を脱がさぬままで、ドえろい。

095:「巫女と噂と蔵の中」
こちらは依代学園シリーズの3話目。
蔵にあった宝物でパニックとなる、お決まりパターンな漫画。
”ちょっとエッチになる”なんて効果がまた、いかにも、って感じですよね。
「月子」らが探していた”カミウバの鏡”は噂にあった”カムイシトゥキ”と同じものであったらしく。
直視した彼女は、どうにも止まらなくなってしまったのでした。
ヒロイン「月子さん」は依代学園の教師です。
髪をポニーテールにした、眼鏡巫女ですね。
まぁ、目前であんな状態になったら、そりゃお手付きするのが当然。
手伝っていた「住吉」くんらとの複数展開になっていました。

115:「退屈巫女のお留守番」
留守を頼まれた巫女「美朔(みのり)」
しかし、神札所は寒く、人も来ず。
言いつけに逆らい、居間のコタツでサボっていたところ。
おはぎを届けに「末彦」がやって来たのでした。
だらけ姿が可愛い、ショートカットの娘さん。
巫女ながらまたえっちに対して貪欲で、お腹が満たされた彼女は「末彦くん」を誘うのでした。
こたつ内攻防戦みたいなえっちが好き。
お互いのリアクションが目前に見えて、盛り上がりますわね。

135:「まぼろしの巫女」
受験生の主人公は街中で2人の巫女から、
合格祈願していかない?
そう声を掛けられたのでした。
風俗かよ!
みたいに突っ込みたくなりました。
稲荷神社がためか、なんちゃら耳のある巫女2人。
カバー裏の彼女らですね。
短編話のヒロインだと思っていましたが…この単行本中にて、おそらく予想しないだろう場面で再度顔を見せてくれます
よく覚えておきましょう。
先の海辺の巫女さんらと同じく、お誘いえっちでした。
なお、どっちに~で彼がチョイスしたのはショートカットの彼女でした。
彼女も丈の短い袴だったので、確かに気になりますものね。

155:「あこがれの巫女」
依代学園シリーズの4話目。
「諏訪栞」が憬れていた相手は生徒会長「伊勢崎照子さん」だったのです。
行為を覗いていた「栞ちゃん」に気付いた「姫野さん」の一言が可笑しい。
こちらのメイン「栞ちゃん」は太めな眼鏡とベリーショートな娘さん。
彼女の想いを知った「伊勢崎さん」は、”すべては模倣から始まる”ということで、彼女にもえっち体験させるのでした。
結局それかい(笑)
いままでのシーンもそうでしたが、「伊勢崎さん」をよく見ていた「栞ちゃん」の一言に注目。
見逃していた方は、シリーズ1話目から見直してみましょう
はい、ひでるさんも戻って見返しましたよ。
オチはやっぱりあーなるんですね。

175:「祭りの巫女」
そんなこんなで、こちら依代学園シリーズの5話目が最終話。
下駄箱に入れられていた手紙に頬を染める生徒会長「伊勢崎照子」
初めて見る表情に戸惑う後輩らは、その友人で副会長「北島天穂」に訪ねてみたところ。
彼女の最終的な目的が明らかになるのでした。
これが、冒頭にちらと単語が出ていた「祀宮祭(まつり)」ですね。
そこに選ばれたのは、生徒会長「伊勢崎」、副会長「北島」の2人と。
「本物の処女」とか言ってる初登場の後輩「宇佐美々子」を加えた3名でした。
いかにも儀式ちっくな複数展開です。
なるほど、こんなオチになるんですねー。
全然ブラックとかではないですが、はっちゃけ巫女えっち漫画からやや想像できない、静かな終わり方でしたよ。

生徒会長「伊勢崎照子」
※生徒会長「伊勢崎照子」

197:「はなぞの」
タイトルそのまま、単行本「はなぞの」の紹介漫画です。
発言が楽しいですよ。
一部は単行本用に変更したのかな。
なんで今更??ってのは作中で「華」さんも突っ込んでいましたが。
「すみれ」ちゃんが相変わらず可愛くて良かったです。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「はらざきたくま」センセでした。
また巫女単行本で幸せ
店頭にて発見した際は、あるいは前回の再発売本かと警戒してしまいました。
お話の繋がった前回も良かったんですが…。
各描写がより深いような感じがしていて。
今回のがお気に入りです。
個人的には教師「月子さん」が好きだったので、再登場しなかったのが残念。
また、カバー絵の使いまわしばかりだったのがどうにも寂しいです。





★「はらざきたくま」センセの漫画紹介記事  

巫女のいる町r
 巫女だらけの1冊目。同一世界な漫画群となっています。
リスナー the listener
一般系。とあるラジオ番組をテーマにしたお話群。心地よい恋愛話でした。
はなぞの
 久しぶりの成年系単行本。1冊まるまるの長編ですよ。
桃色団地の日情
 桃色団地シリーズを収録。未完漫画もありました。
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット ファンタジー ポニーテール

■まぐ愛せっくす (宮社惣恭)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉さん、付喪神
・構成 : 短編×10話(うち「付喪神さまシリーズ」×4)
・おまけ: あとがき・作品解説・イラスト、カバー裏に制作過程。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮社惣恭(みやしろ・そうすけ)」センセの「まぐ愛せっくす」です。

付喪神「如月」
※付喪神「如月」

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものと短編によるもの。
メインは同キャラですが繋がりはそこそこ。
連続ストーリーではなく、シチュエーションの異なる各話で構成されていました。
詳しくは後述しますが、ほか単行本のキャラも登場する、賑やかな漫画です。
ファンの方には嬉しい仕様でしょう。
また短編のうち1話は、今回のメインとも関連ありますが、とりあえずは過去シリーズと深く絡むものでした。
そのほかはおおむねファンタジー要素のない、現代劇です。
あ、1話だけやや雰囲気の異なるエピソードもありますね。
特に短編群はえっち重視で、ストーリーは正直な印象
楽しいラブコメで、読み易さあるだけ意外性は薄く。
連続話よりも好き嫌いがあるかもしれません。

しっかりとした細線での作画。
濃淡具合から、全体の色づき、描き込みまで適度なくらい。
コマ割りは中小。
しっかり枠間があり、収まりも良いです。
最近では珍しく端の枠間も確保されていました。
目立つ乱れや崩れはなく安定していて、見易い原稿具合だと思います。
やや鋭角ちっくで、黒目で縦長な人物絵。
コメディー崩しなど、くるくる変わる表情で、漫画寄りだと思います。
ロリっとしたヒロインもお上手でしたが、基本的にはお姉さん系。
若干の癖はありますね。
背景や小物はさっぱりながら、違和感なく。
丁寧かつ派手さある漫画具合でした
やや癖はありますが、そうマイナスなものではありません。
↓表紙などカラーは、気持ち雰囲気が違うので。
判断については、「S2COMIX」のサンプル絵がオススメです。

 【 収録話 】 10話収録

007:「付喪神さまのいうとおり」
027:「付喪神さまの憂鬱」
047:「付喪神さまは傷つかない」
067:「付喪神さまと付喪神さま」
087:「ヒメハジメ」
骨董品店「ムラサキ堂」のレジ前に置かれている陶器。
いかにも価値が低そうに見えるためか…
”なぜそんな目立つ場所に置くのか”
などと、よく疑問がられていたのでした。
そう言われつつも、若き主人「和真」が場所を移動しない理由。
彼を昔から気に入っている、「如月」が付喪神である器だったのです。
だいたいそんな感じの「付喪神さまシリーズ」です。

1話で決着がつくシリーズで、読み易いと思います。
センセ曰く「スターシステム的なシリーズ」というそのまま、他単行本のキャラもちらほらゲスト出演していました。
知っている方にはより楽しいと思います。
そう深くは絡まないので、いちおう知らなくても大丈夫
さて、導入の1話目「付喪神さまのいうとおり」は基本となるカップル話。
商品価値のない見栄え、とか言われていましたが。
付喪神「如月さん」の、
そう見せるように頑張った
…という発言を信じると、実は相当価値ある器なのかもしれませんね。
ここはレジ下えっちが好き。
あとがき前のイラストはこちらのプレイを彷彿とさせるもので、エロくていい感じ(笑)

「水無さん」、付喪神「クゥスティア」
※左:「水無さん」、右:付喪神「クゥスティア」

2話目「付喪神さまの憂鬱」では「和真くん」をほぼ独占する彼女にほかの付喪神らが不満をぶちまけるという流れ。
女性同士のこうした対立は大好物なひでるさん。
複数を前に、まったくひるまない「如月さん」が素敵。
なお、彼女のあちこち発言を裏付けるような、実力差をわずか数コマで見せつけてくれました。
なるほど、独占できる訳だ。
その後の「和真くん」とのやり取りでは、打って変わってやたら可愛らしくなってしまう様がキュートです。
「水無(みな)」さん登場の3話目「付喪神さまは傷つかない」
いきなり豆大福をぶつけてくるなど、荒れていた彼女。
凄い高度な~」という発言が楽しい。
なるほど、傍からそう見えてたりしたら、恥ずかしいわね。
レベル的にさして問題ないと考えているらしく、こちらの「如月さん」は寛容でした。
スタイルで比較しても控えめな「水無さん」とのえっち。
結構あっさりお手付きしている「和真くん」が凄い。
あんなんならば、もっ早くにこうした関係になっていそうな気もしました。
”本物の人間とは初めて”とか言ってましたよ。

巫女「神楽さん」が専門外なので、と持ち込んだティーセット。
そこにはゴスロリな「スティア」こと「クゥスティア」が付喪神として憑いていたのでした。
そんな4話目「付喪神さまと付喪神さま」
とんでもない値打ちモノ
…という評価であった彼女。
3、4流では敵わない、とか豪語していましたが、「如月さん」を見る限りそうなのでしょう。
ただし、えっち関係では自ら誘ってはいたものの、あまり経験ないらしく。
明確な差が感じられました。
しかし、そんなんにもあっさり応じている「和真くん」は凄い男性ですわね。
オチの「如月さん」のコスプレが好き。

年明けの繁忙期を乗り越えた巫女「神無(かんな)」
ねぎらう「春人」と酒の席でのえっち発展するという「ヒメハジメ」
漫画としては別ですが、シリーズとしては同じ。
なんちゃら耳とか「九本のうち八本までは覚醒~」という台詞など、お狐さまですかね。
こちらには”縛り付けられている”ようなのですが、その仕込みをしたのが「お山の社の巫女さん」のようでした。
ただ、生活に馴染んでおり、「春人くん」との関係は良好で…甘いえっちとなっていました。

107:「悩ましきはカラダ」
お気に入りだったAV女優「澤部眞霜(さわべ・ましも)」の撮影スタッフとなった「東海林依人」
撮影後、ばったり出会った彼女から、
ちょっと…付き合ってもらえないかしら?
そう誘われたのでした。
だいたいそんな感じで、憬れな女優とのプライベートえっち。
撮影中では、たいてい満足できなかったという彼女。
冒頭でイライラしていた理由はそれなのですが。
外見的に好みすぎ、という彼とは相性も良かったらしく。
撮影より激しかったのでは、なんてこととなっていました。
まぁ、漫画ですが…こんなん男性的には嬉しい事ですよねー。
なお、今回の裏表紙はこちらの「眞霜さん」
AVパッケージを参考にしたそうです。

127:「もーにんぐしょっと」
お隣に住む、幼馴染みで姉的な存在「子々(ここ)」
目覚めるといつも「桃也」の隣で寝ており、なかなか覚醒しない彼女にえっちかたがた相手をしていたのでした。
いわゆる、窓から互いの部屋を行き来できるラブコメ距離です。
2人はすでに恋人関係となっており。
まぁ、イチャイチャを見せつけられてるような感じですわ。
スタイルの良い、年上お姉さんなのですが。
全身覆うウサギ着ぐるみを寝間着としている彼女。
漫画のほとんどは寝ぼけた、だらけた姿で描かれていたので。
オチの姿は良いギャップとなっていました
それがため、2人がこーなる前どうだったのか、見たい気がしました。

147:「うそつき天然とド天然」
夜に「航平」のマンションを訪ねて来た「潮(うしお)」
家の鍵を無くしたという彼女を一晩泊めることとなったのです。
実は…なかなか手を出してこない彼にしびれを切らせた「潮」は、お泊りでの関係進展を狙っていたのでした。
まぁ、優しい彼で良かったじゃない。
ただ…成年漫画の男子ながら、あの場面でお手付きしないのは凄い。
いいスタイルしてるのだから、せめておっぱいくらい触ったってあげてください。

潮さん、文寧さん
※左:潮さん、右:文寧さん

163:「捕食する者される者」
鍵を閉め忘れていた「鴫野理緒」が戻ったところ。
玄関にスーツ姿の女性(※「文寧」)が寝ていたのでした。
酔っぱらったエロい女性かにーら、いきなり襲われる素早い展開。
自ら黒ストッキングを破り、喰っております。
久しぶり」とか言ってましたね。
後半の酔いが覚めた所が好き。
前話もそうですが、こちらのオチも特にひねりとかなく。
スタンダードなものでした。

183:「眞夏の夜の夢」
学校にていきなり男女が激しいえっちをしている、変化球な短編。
オチがあるので、いちおう詳細は伏せますが。
まぁ、タイトルでなんとなく想像できるかと思いますけどね。
黒セーラー服のヒロインが妖しくてえっちです
周囲の背景に注目。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「宮社惣恭」センセでした。
当ブログでは「プラトニック50/50」、「ちちみこ!-淫乱処女草子-」、「ふぇちち!」、「やまとなでしこちちへんげ」、「しりちちみだら」などを紹介していました。
やはりシリーズものですね。
特に決着というか、ひと段落っぽい話ではなかったので。
まだ付喪神シリーズは続いていくのかな。
今回はキャラ出揃ったという感じだったので、それぞれやり取りが活発化すると楽しいと思いました。
次巻も期待します。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー コスプレ

■Beauty Mark (竹下けんじろう)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] ミステリアス、眼鏡紳士、コメディー
・構成 : 6話(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「竹下けんじろう(たけした・けんじろう)」センセの「Beauty Mark」です。

女優「八的撫子」
※女優「八的撫子」

 【 構成・絵柄 】

いきなりですが。。
いちおう頑張りましたが…今回の漫画はそこそこ伏せてしまうと、書きたい部分がまるまる使えなくなってしまうので。
すみません、ある程度のネタバレはしちゃっています
未読の方はくれぐれもご注意を。
絶対に新鮮なまま読んだ方が面白い漫画なので。


それではいきます。

1巻完結の長編話。
複数回登場する女性もおりますが、基本的にヒロインはバトンタッチしていくタイプです。
いちおう毎回登場する男性がいるものの、彼の立ち位置は”重要な脇役”
各話に顔を見せるヒロインらを中心に、お話は進行しています。
大雑把には問題解決型で、1話中にて完結するストーリー(最終エピソードのみ2話)
いままであまり類似のない、斬新な切り口の漫画となっていました
詳しくは解説部分にて。
直接シーンのある、一般えっち系(実は毎回ではありません)
いかにしてそのシーンを漫画に組み込むのか、普通は悩ましいところなのですが。
こちらは、ド直球で逆に爽やか。
またそんな所が、ほんのりとしたコメディーちっくに仕上がっていて、楽しさもある仕上がりでした。

強い線での作画。
デジタルな色彩で、全体的な色づきはしっかりしています。
描き込みはややさっぱり目。
コマ割りは基本的なもので、枠間はしっかり確保されてます。
やや濃さあるものの、すっきりと見易い原稿具合
個人的にはコロコロとか少年誌みたいな印象でした。
人物絵は縦長で鋭角的。
なんというか、表情・動きに若干カタイ感じもあります。
背景や小物などは合っていて、違和感なく。
特に背景は良く、漫画を盛り上げていました。
カラーだと雰囲気異なりますが、おおむね↓表紙の判断で良いでしょう。

 【 収録話 】 6話収録

口元にホクロのある女性に近づき…
私とセックスしていただけませんか?
突然そう言い放つ、謎の男性「センジュヨシカズ」
彼の目的は何か、何を求めているのか…。
と、かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

基本的には1話完結のお話。
ヒロインは各話でバトンタッチしていくタイプですが、前述したように主人公視点はそれら女性側。
毎回登場の男性「センジュヨシカズ」は、設定そのまま謎な存在で。
突然女性らの前に現れ、えっちするまでその周囲に居続けるのでした。
代表的な先の台詞そのまま、対応は実に紳士的。
無理やりはなく、変な策を弄することもなく、全てがスタイリッシュ。
最初は当然ながら驚かれていたものの、どちらのエピソードでも相手が納得するまで尽くし、えっちにまで至っております。
発言あんなんですがごく爽やかで、見ていて心地良いですね。
あとがきにてセンセが描かれていたそのまま、えっち系での男性なんてほぼどーでも良い存在だという意識ありましたが。
こちらを見て、考え変わりました。
今まであまり見られなかったアプローチで、楽しめると思います。
躊躇しているなら、ぜひ取り上げて欲しい1冊です

風俗嬢「みるく」、店主「加山あけ美」
※左:風俗嬢「みるく」、右:店主「加山あけ美」

1話目は元大物子役という「八的撫子(やまと・なでこ)」
成長して以降、大人の演技を要求されていて。
ちょうど女優として伸び悩んでいた彼女の前に、謎の男性「センジュヨシカズ」が現れたのでした。
黒髪・カチューシャの可愛い「撫子ちゃん」
まだ処女とのことでした。
芸能界なんて所にいながら、意外ですね。
事務所が厳しかったのかな。
歩道橋で転んでしまった彼女を助けたのが出会い。
最上階という高さでしたが、彼女をガッチリ受け止めてお姫様抱っこをしていました
力も結構あるみたい。
格好良いなぁ。
彼女の口元にホクロあったので、えっちをお願いしているんですが。
断られると、ここはあっさり引き下がっています。
後の展開を見る限り、この後周辺に出没するようになるのかもしれませんね。
ただ、自分を芸能人だと気付かず、また演技に悩みもあった彼女は、結局彼に応じることとなるのでした。

2話目は電車内でお尻を触られていたOL「妹瀬しのぶ」
そんな彼女を救ったのが、謎の男性「センジュヨシカズ」なのでした。
しかし、気弱な彼女は声を上げることできず、また間違いであれば免罪だと逆上した男に押され、訴えを引っ込めてしまうんですが。
それを見ていた彼が、練習を持ち掛ける流れ。
彼女はコンプレックスであった口元のホクロをファンデーションで隠しており、前半はそれに気づいていないんですが。
女性に対しての接し方は基本的に変わらないんですね。
途中でそれを知った彼が例によってえっちを持ち掛け、それに応じるという流れでした。
性格や男性に対する認識も改まったようで何より。
なお、1、2話のオチはどちらか女性を決まり文句で口説くシーンなのですが。
どちらも事の背景が気になる感じとなってます。

3話目の「みるく」さんは雑誌に載っていた風俗嬢。
やはり口元にホクロがあったため、謎の男性「センジュヨシカズ」が彼女を指名してくるという流れ。
ただし、いちおう本番はNGなので、あっさり断られるのですが。
こちらの場合は、1週間連続で通い続けるなんて事をやっていました。
ちょっと怖いかも(笑)
2回目の際もお決まりな台詞を口にしていたので、とりあえず毎回言ってはいたのかなぁ。
そののち、ぱっちり指名をしなくなるのですが。
後半で示される、その理由が凄い
ここは面白いので、伏せさせていただきます。
ひでるさんは収録のうち、このエピソードが最も好き。
あれは…惚れるでしょー。
なお、いままでとは異なるオチにも注目です。

4話目は小さい飲み屋の店主「加山あけ美」さん。
相当に年上な女性なのですが、やはり口元にはホクロがあり。
そんな彼女にも、まったくブレることなくお決まりな台詞を口にしていました。
凄いな、彼
こちらでもあっさり断られているんですが。
その後、無給で店の手伝いを1年ほども続けていたようなのです。
なお、今回エピソードはターゲット女性が特殊であるだけでなく、お話自体も変化球的で。
主人公となる視点は、1話目のヒロイン「撫子ちゃん」なのでした。
彼が事後に呟く台詞に引っ掛かっていた彼女。
噂話を辿って、発見した彼が先の飲み屋にいたんですね。
さて、メイン部分は”漫画らしい処理”がされているので、不安に感じた方も御安心を。
いちおう「撫子ちゃん」も隣の部屋で、単独プレイでサービスしてくれてます。
こちらのオチでは、謎の男性「センジュヨシカズ」の目的が描かれているので、見逃さぬように。

OL「妹瀬しのぶ」、神社の娘「みずほ」
※左:OL「妹瀬しのぶ」、右:神社の娘「みずほ」

最終エピソードとなる5、6話は神社の娘「みずほ」ちゃん。
事故に遭った宮司(父親)の代理で来たのが、、謎の男性「センジュヨシカズ」なのでした。
その前に、ふと口元のホクロを確認しているんですね。
ほかでも口元に囁くようなシーンありましたが、かなりの美声らしく。
まだ経験ない「みずほちゃん」は”子宮に響く”とか、コメディーみたいなこととなってます。
面白い娘ですね。
ただ、こちらではそれが逆に作用してしまい。
どうにも意識するため、彼を徹底的に避けるようになり。
お決まりな台詞を伝えれないこととなってしまうのでした。
意外な展開です。
なお、そんな2人がいかにしてえっち至るのか、これまた予想外な珍しい流れから。
「みずほちゃん」は未経験が故、えろい娘さんですもんね。
さて、最終話の相手もそんな「みずほちゃん」
前話での反応がため、彼が身の上を語るというラストに相応しいものとなってます。
5話ではかなりはっちゃけていた彼女でしたが、事情がためシリアス。
緊張感もある良いエピソードとなっていました。
ある程度までの謎は開示されていますが、全てつまびらかにはなっていません。
ただ、曖昧さを残しているがため、妙に後を引く、印象深い漫画となってました。


 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「竹下けんじろう」センセでした。
当ブログでは「Bless You!(※「竹下堅次朗」名義)」、「Ryoko」、「あまガミ」などを紹介しています。
いちおう裏表紙にあらすじがありましたが。
それを読まなかったひでるさんは、オムニバスな一般えっち系だと勝手に解釈していたんですね。
まさか連続話だとは思わず、またこんな漫画とは予想外でした。
ただ、前述してきたように、これが実に楽しい。
男性キャラのパンチ力でも、漫画を十分にけん引できるんですね。
ほかエピソードとかも見てみたいですが、ネタ的には一発ものかなぁ。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ミステリアス

■姉の秘密と僕の自殺 (楓牙)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] オカルト、姉、近親、サスペンス
・構成 : 6話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、キャラ解説。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「楓牙(ふうが)」センセの「姉の秘密と僕の自殺」です。

姉「澤田人見」
※姉「澤田人見」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
骨太なストーリー漫画となっていました。
例によって、他単行本とも繋がりがあり。
そこそこ顔を出しているキャラほか、ちらと顔見せ程度で登場している方もおりました。
いちおう、未見でも問題ないよう描かれてはいましたが。
知っていれば、またより楽しめること請け合い。
巨大な人物相関図が出来上がるので、ぜひ揃えてみては?
ジャンルはオカルト近親えっちですね。
霊とかなんとか、”タイトルそのまま”というネタが描かれていました。
謎が謎を呼ぶ、サスペンスちっくな緊張感もあります。
読むだけでも十分に楽しめるでしょう。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき、濃淡具合は適度なくらい。
描き込み具合も過不足なく。
全体に白比率もあって、さっぱりとした印象がありました。
かなり細かいコマ割りと、確保された枠間が特徴的。
枠内への収まりも良く、原稿を見易くまとめていました。
静かで内面的なストーリー要素もあってか、テキスト多め
表現などもやや抑え目で、良くも悪くも大人しい漫画運びです。
人物絵もそうした漫画と同様に落ち着いたもの。
そうエロエロしてない所が、逆に良いと思います。
背景や小物もさっぱりな雰囲気。
引き絵にはやや弱さありましたが、そのどちらも引っかかるほどではありません。
判断については、「ティーアイネット」さんのHPか、裏表紙のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 6話収録

005:「僕と彼女と幽霊と」 6話
姉「澤田人見」とも疎遠で、生きていることも楽しめず。
つまらない毎日を過ごしていた、主人公「澤田圭壱」
死ぬ事ばかり考えていた彼は、転校してきたばかりの不思議な女性「富永琴音」から声を掛けられました。
訳の分からないことを喋っていた彼女はその後、住むマンションにまで押し掛けてきて。
「圭壱」がよくつまずく原因を、”霊のため”だと看破したのでした。

ごく簡単にはWヒロインの長編漫画。
「琴音」・「圭壱」という主要な2人は霊視ができ。
オカルトな描写もありました。
そう怖さを煽るものではなかったですが、得意でない方は注意
主要キャラは前巻から引き続き登場の「多田美咲」さんほか、そう多くはなく。
それがため、凝った仕掛けもある、深いお話になっていました。
後半に明かされる色々で、そうなのかー、って唸ると思います。
再度読み返して、2周目で新たな発見ができるだろう、お得なタイプですわね。
そんな訳で、どうにもネタバレになってしまうため、ココであまり細かくは書けません
また、ぶっちゃけ…ひでるさんの解釈が合っているかどうか、あまり自信ないというのもありますが。

富永琴音
※富永琴音

さて、今回漫画で重要な要素となっている生霊(霊)について。
今回ブログを書くにあたり、いくつか抜き出してみました。
こうしたオカルト漫画の場合、”それとどう接することができるか”、というのは小さくない要素ですよね。

とりあえず、見ることができるのは作品中で「琴音」・「圭壱」・「美咲」の3名。
ただし喋ることはできず、ある程度の意思疎通ができるくらいの存在でした。
そのほか、
◎先入観を取り除けば、霊にも触ることができる。また、気迫でなんとかなる様子。
◎人の魂の量は常に一定。
 霊に憑かれることで魂のバランスが悪くなり、生霊が出やすくなる。
 (押し出されるようになるそうです)
◎生霊が出て欠けた状態だと、体が弱くなる、多重人格みたいになる。
◎霊に憑かれるとその部位が悪くなっていく。
 取り除いても、そこにダメージが残るので、完治はしない。
◎10歳以下の霊はさまよったりしない。(=そこらの霊にはいない)
◎死ぬ気で死ぬから、自殺した人の方が成仏早い。
◎生霊は目的果たしても、自分では戻ってこれない。
 似た相手を探して、また同じことする。

…という解説が作品中でありました。
そのいくつかは、本編にガッツリ関わるポイントとなっていたので、覚えておくと良いかもしれません。

では早速1話目から。
メインヒロイン「琴音さん」とのえっち。
↓表紙では分かり辛いですが、髪を三つ編みにしている彼女。
何もないところでブツブツ言っていた」、といわれてる変人です。
後にて判明しますが、初対面時も訳の分からない事を言っており、”変わった娘”な感じが爆発してました。
あれは自殺願望ある「圭壱くん」でも逃げ出すのが当然。
その後の自室ベランダ描写は必見です。
怖いよ
ああした行動がため…そもそも……彼女の存在からして疑っていましたが。
考えすぎでしょうか!?
雨が降ったため、ずぶ濡れになっていた「琴音さん」が服を脱ぎ出すのが切っ掛け。
黒パンストは脱がないで欲しかった(笑)
自らも自殺願望あると話した彼女から、
死ぬ前に経験しておきたいって思わない?
とかなんとか、男性みたいな誘い方をされていました。
いいなぁ。

2話冒頭は、たぶん前話の後半部分だと思います。
関わってくるのはもうちょっと後のことですが、ちょっと記憶にとどめておきましょう。
眼鏡姿の「琴音さん」が見れます。
…が、その理由に驚き。
もともと素質あったようですが。
彼女と関わり、レクチャーされたこともあってか、普通に霊を見れるようになった「圭壱くん」
頭スッキリした、という彼は生活面でも変化があり、苦手にしていた姉「人見さん」との距離が近くなっていました。
それが切っ掛けでのえっち展開なんですが、その相手は「琴音さん」
私の体好きな時に使って
そんな台詞がエロいです。
また、こちらは制服姿での着衣プレイ(学校内です)なので、前回とはまた違う感覚で楽しめると思います。

「美咲さん」が登場する3話目。
「琴音」からの伝言を伝えるかたがた、簡単に霊についてのレクチャーがされていました。
…と、そんなんより……どうにも様子のおかしい、姉「人見さん」
顔がこの漫画での霊表現がされており、ちょっと怖い
だいぶ慣れてきていた「圭壱くん」は、冷静に分析していたほか、
これはこれで、かわいいと思えてきた
とか言ってました。
うわ、凄いな。
過去の記憶が蘇ってきていた「圭壱くん」
そんなんほか、起きていた色々を知っていたらしい「人見さん」からのお誘いえっちとなっていました。
驚くべき事態でしたが、後半の「琴音さん」とのデート話にて、さらに驚かされることとなります。
あ、ショートパンツのラフな私服がキュートでしたよ。
そのオチから直接続く4話目。
嘘か本当か、過去のあれこれが語られ始めています。
うー、このあたりから、詳細な所は伏せさせていただきます。
こんがらがってくると思いますが、とりあえずひと通り読んでみて、再度頭から読み直すのをオススメします。
いつもの調子で語る「琴音さん」が怖いですね。
こちらエピソードは特に盛りだくさんで。
詳しい「美咲さん」からの解説ほか、オチ部分での「圭壱くん」にも注目。
なお、この目まぐるしい中、えっち担当は姉「人見さん」でした。

対決★Wヒロイン
※対決★Wヒロイン

「圭壱くん」の記憶もだいぶ戻り、かなり核心部分へと近づく5話目。
えっち担当は「琴音さん」
こちらでは完全な全裸がたっぷり見れました。
実に良いくらいの肉付きで、エロい。
ただ、お話はそんなんに喜んでる暇もないくらいに、ドカドカ進みます
最終話まで超特急ですよ。
ここで好きなのは、「琴音」・「人見」の直接対決シーン。
ひでるさんはこんなん大好きなのです(笑)
まぁ、達観してるっぽいだけ、明らかに「琴音さん」のが優勢でしたが。
別れ際の2人の会話も非常に良かったです。
最後にはまた驚くような展開になっていくものの、ここでは冒頭と比べてかなり成長した「圭壱くん」の姿が見れました。
ちょっと感動的
どうなるかドキドキしましたが、とりあえず穏やかなオチで良かったです。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「楓牙」センセの最新刊でした。
こちらで12冊目くらい?
当ブログでは「男の子女の子」、「兄と妹の事情。」を紹介しています。
今回もあの↓表紙に引っ張られました。
むちむちしていて「琴音さん」可愛いですよね。
ただ…あのタイトルとか、裏表紙のあらすじには若干の不安を感じました。
まだあの漫画の影響が強く残っているので…(本当)
まあ、裏表紙の「人見さん」がため、結局手放さなかったんですけどね。
ちなみに、センセが「風雅システム」に勤務されていたと知って驚き。
うわ、そうなのか!!
「アマランス」持ってましたよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ サスペンス ショートパンツ

■潜熱 せんねつ (Pennel)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメノスタルジー
・構成 : 初単行本、短編×13話(うち「潜熱」×2、「いちばんシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「顕熱」・「旦那さまのいちばん」、加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Pennel(ぺんねる)」センセの「潜熱 せんねつ」です。

受付「美奈江さん」
※受付「美奈江さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
いちおう2本ほど連続エピソードもあるんですが、どちらも描き下ろしによるものでした。
一方は別シチュエーションな後日談で、もう一方はサブキャラに光を当てた外伝的なお話です。
ごく簡単にジャンルはラブコメ
はっちゃけ感というか、コメディーっぽさはそこそこ。
静かでしっとりとした淫靡さのある、落ち着いた恋愛話
…という方が正確かもしれません。
現代的なビル群ではなく、縁側・診療所・神社…という、ノスタルジーさはポイントの1つ。
これがフェチっぽいものと重なり、よりえっちな空気となっていました。
派手ではないものの、たっぷりとしたエロス描写が楽しめると思います

強い黒線での作画。
全体の濃淡具合はしっかりしていて、色彩はやや濃いめ。
描き込みはしつこくない程度の細かさです。
中小のコマ割りは組み方色々。
賑やかでしたが、イイ具合でコッテリとまではしていません。
見事なバランス感覚だと思います
あちこち違和感なく、また引っ掛かることもなく、軽やかなテンポで読み進められるでしょう。
背景や小物もお上手。
特に背景は、そう主張していないながらも、ストーリーを補完するようなものでした。
これが前述した、ノスタルジー感に繋がっているのだと思います。
人物絵はふっくら丸顔の可愛らしいもの。
各顔パーツは比較的デフォルメ強くなく、鼻もしっかり描かれているのが特徴です。
表情から動きも良く、特にこちらでもマイナス点はありません
↓表紙・裏表紙のカラー絵は色彩がためか明るく、白黒絵とはやや異なる雰囲気。
紹介帯のカット絵も見辛いので、あらかじめ「ワニマガジン社」さんのHPをチェックしておくのが良いでしょう。

 【 収録話 】 13話収録

003:「潜熱」
019:「顕熱」 描き下ろし
幼馴染みカップルのお話。
風景・小物にノスタルジー感あり、懐かしい雰囲気たっぷりでした。
真夏、家の縁側でだべっている2人。
昔から暑さに鈍い
とありましたが、基本的に女性はそんなもんですよ。
(※筋肉量の違いなのだとか)
不意な事故で、水浸しになってしまった彼女が切っ掛けとなっていました。
ああ、こんなんよくある。
それが珍しく汗をかいているように見え、冒頭にあった体温の話題とも直結し…。
えっち発展するのでした。
過去映像も重なっての、彼女からのお誘いが素敵
昔から変わってないですね。
なお、汗ネタは最中にもあり、なるほどという印象です。
続く「顕熱」は描き下ろしで、その後日談。
こちらは冬の風景。
受験生で勉強する彼に、夏に着れなかった水着姿で誘うというもの。
白い水着は透けちゃうぞ。
コタツえっちとなっており、こちらでも汗ネタがちゃんと絡められていました。

なお、あまり見ない単語だったので、調べてきました。
(※どちらも「コトバンク」より抜粋)
・潜熱:せんねつ
→ 物質の状態変化のとき、温度変化を伴わずに吸収または放出される熱量。
・顕熱:けんねつ
→ 物質の状態を変えずに、温度を変化させるために費やされる熱量。

「潜熱」のヒロイン、鈴子
※左:「潜熱」のヒロイン、右:鈴子

027:「先生のいちばん」
043:「旦那さまのいちばん」 描き下ろし
松井接骨院の医師「諒(りょう)」と昔馴染みな女の子「鈴子」のお話です。
陸上をやっていた「鈴子ちゃん」は、足をひねったことで彼と再会。
察するところ、年上な彼には昔から惹かれてたのかな。
受付「美奈江」との関係を誤解したこともあって、積極的に迫っています。
足のくだりも「鈴子ちゃん」の考え過ぎっぽいですが。
それがため、良いシーンが差し込まれました(笑)
スポーツ少女なので、ジャージほかそれっぽい服装がえっちでした。
描き下ろし「旦那さまのいちばん」は、オチ部分でその正体が判明していた「美奈江さん」の主役回。
半開きっぽい目としれっとした雰囲気が特徴の彼女なのですが。
前話ではまっったく想像できない、バニーコスプレで旦那を出迎えるというもの。
ああした姿をしていながら、特に何事もなかったかのように普通な「美奈江さん」が素敵。
もしや普段着からあーなのか、って思いましたが。
オチではまた、意外な発言をしています。
うわ、ほか衣装での「美奈江さん」のえっちを見たいなぁ。

049:「教えて依子さん」
”背が高くてスタイルの良い美人”という「依子」
しかし、その一方では無表情、あまり喋んない、ちょっと怖いという不思議系な要素も持ち合わせていて。
告白をOKされて付き合うこととなった「楢崎」も、その言動に悩まされていたのでした。
えっちで、また面白い「依子さん」
告白時、フェンスへ逆に追い詰められてしまうような「楢崎くん」が楽しい。
その翌日の対応がまた良かったです。
ああしたアプローチしかできない、不器用な娘さんなのかな。
毎回問いかけてはいるものの、主導権はほぼ彼女の側にあり。
じわじわプレイを発展させていました。
まぁ、オチで説明されてましたが、ラブラブで何より。

067:「書架陰の秘密」
書架陰、なんて単語あるのかな、って念のため調べてみましたが。
特になく、単純に本棚の影という意味を洒落た響きの言葉にしたみたい。
祖父の代わりに店番をしていた女の子と、その常連客のえっち話。
独特な喋りのヒロインは日焼け跡のスポーツ少女でした。
あの冒頭のくだりは…エロス。
ただ、その後のさっぱりとした対応は、いかにも体育会系ですねー。
店頭での羞恥プレイみたいになってました。
オチにて語られる、彼が入店する切っ掛けとなった部分が好き。

083:「月灯りに眠る」
家庭不和となったらしく、預かることとなった従妹「月子」
彼女に依頼され、一緒に寝ることとなった「守」は成長した彼女の意外な姿を見ることとなるのですが…というもの。
「月子」がエロスでいい感じ。
前半の布団シーンとか、たまんないですわね。
成年漫画の男性ながら、「守くん」はなかなかの好青年で。
昔の彼女と重ね、「月子さん」の真意をくみ取っていました。
(※オチの表情を見る限り、巧く対処できたのだと思います)
彼、やや太目ですけどねー。
ああした事を既にしていながらも、照れてる「月子さん」がキュートです。

103:「Stay Home」
付き合って半年というカップル。
雨の日に橋下で子犬を拾ったのでした。
そんな切っ掛け。
子犬ともどもズブ濡れになったため、「綾」はお風呂に入ることとしたんですが。
段階飛ばし過ぎよ、こんなの…
という、実にラッキーな光景に(笑)
まぁ、彼女は喋りそのまま不器用そうだったので、関係を発展させる良いタイミングとなっていました。
男性「一(はじめ)」くんは、その名前から「ワン」と呼ばれているんですが。
子犬と絡めて、良いネタになってます。
センセ、こうした言葉遊びみたいなのお好きですね。

119:「恋するカラダ」
男性の筋肉美が好きな「上条」さん。
水泳の際に見たクラスメイト「木場」くんのそれに惚れ、告白することとしたんですが。
彼は友人らの意見が一致する、堅物な男性だったのです。
体目当て?
の台詞が楽しい「上条さん」はちょっとふっくらとしたヒロイン。
むちむちしたスタイルで、「おっぱいでも触らせれば?」という助言そのままソレを最大限に利用しています。
告白はあっさり拒否されてしまったものの、想定していた事らしく。
美術部員である彼女は、彼をモデルに絵を描くことを承諾させたのでした。
当然、ヌードですわね。
こんなん、男女逆であればありがちなお話なんですが、女性側が主導となっていることで、コメディーっぽくなっています。
オチのあんなんもまた想定できることですけど、それでいいのか。

135:「階段のキミ、踊り場の雪」
住むマンションの最上階は入居者がおらず。
そちらに至る階段を、「基樹」は自らの場所として私物化していました。
その日も毎度のごとく、最上階へと向かったところ。
女性の先客がいたのでした。
こちらのヒロイン「茉莉弥」さんが裏表紙の彼女。
ショートカットの可愛い娘さん。
初対面時は彼女の独りえっちを覗いていただけで、言葉を交わしたのは2日目のこと。
越してきたばっかでさ
という彼女は自ら昨日の事を持ち出し、不公平だと「基樹くん」に同じことを強要するのでした。
ううむ、えっちで良いですねー。
どうしよ、うーん……」という台詞付近のくだりが、またエロい。
直接行為になるのは、おそらく3日目のこと。
冒頭シーンもこちらの抜粋ですかね。
ほぼ外で緊張感もあるプレイとなってました。
ちなみに、吐く息が表現されていましたが。
冬なので、あの場所は結構寒いと思いますよ。

上条さん、茉莉弥さん
※左:上条さん、右:茉莉弥さん

153:「あねキス」
隣の家に住むお姉ちゃん的な幼馴染み「秋穂」
「憲一」とは子供の頃からよくキスするような関係でしたが。
毎朝キスで起こしてくる彼女のソレは、最近より濃厚なものになっていたのでした。
あれいいなぁ。
中途半端に元気になっちゃう(笑)ので、逆にやり辛いか。
「秋穂さん」はちょっとはっちゃけた、丁寧な喋り口調のヒロイン。
年上ながら、可愛いお姉ちゃんです。
酔っぱらった彼女から仕掛けられる流れ。
まぁ、「秋穂さん」としてもタイミングを計っていたんでしょうね。

169:「ボクの視線×キミの視線」
恥ずかしがりなのか、やたらガードの硬い彼女。
キスすらまだという清い交際から進展させたい「ハル」は、膝枕をお願いしたのです。
漫画でちらほらある、難攻不落なヒロインとのエピソード。
膝枕(※しかもうつ伏せ)はOKなので…単に脱ぐのがダメみたい。
おっぱい時の拒否っぷりは、ザリガニのような反応でした。
そんな訳で、着衣えっち
まぁ、彼女としても、どうすべきか考えていたようなので。
彼氏として、巧く立ち回っていたと思います。
おめでとう。
なお、こちらの話がデビュー作のようでした。

185:「ぬるいあめ」
神社で絵を描いていた同じ学校の男子生徒と、偶然に知り合ったヒロインのお話。
収録中では、甘くないエピソードなのですが。
絵描きの彼が非常に恰好よく、青春してます
ううむ、優しいですね。
厳しい現実も描かれてはいましたが、精神的に救われるのは小さくないことでしょう。
彼女にはまた良い事あればいいな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「Pennel」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
加筆修正の結果でもあるとは思いますが。
作画・お話共にハイレベルな、優れた完成度の1冊でした。
面白かったです。
センセの漫画はノスタルジー感強く、変な話ですが”全体的にそう洗練されていない雰囲気”がまた大きなプラス材料になっていました。
バニーな「美奈江さん」と、引っ越し「茉莉弥さん」がお気に入りです。
また、個人的な事なのですが。
直前に読んだ漫画が、かなりぶっ飛んだトンデモ内容だったので…。
こちらの青春ラブコメ話が実に心地よく。
穏やかな心で楽しめました。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ノスタルジー コスプレ ショートカット

■愛・めると (カミタニ)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、コスプレ
・構成 : 短編×11話(うち「Black and White」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「Black and White -after-」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「カミタニ」センセの「愛・めると」です。

従姉「ユキ姉」
※従姉「ユキ姉」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
1話だけ描き下ろし(たぶん)があり、エピソードの後日談となっていました。
単行本はいちおう一般系。
各話に必ず直接行為のある、一般えっち漫画です。
漫画はだいたいラブコメジャンルで、ほぼ社会人キャラ。
コスプレちっくな色が特徴となっていました。
…と、ここまではごくセオリーな一般えっち単行本なのです。
出版社さんの宣伝文句も、
”ココロの奥底から熱くなる甘いあま~い恋模様☆10の属性を持つ女性たちが繰り広げる恋愛体験をアナタへ…☆”
なーんて感じでしたし。
…ただ。
詳しくは後述しますが、収録の冒頭話が”かなり癖のあるもの”で。
どうしても、そのイメージが、次以降のエピソードにも付きまとってしまうのです
これは構成の失敗ではないかなぁ。
苦手そうな人はちょっと注意。

やわらかな線での作画。
濃淡は濃すぎず、薄過ぎず。
ふんわりとした黒色の、スッキリとしたものでした。
描き込みもそう細かくなく、さっぱり気味です。
コマ割りは中くらいで大きめ。
重なったりぶち抜いたりしていますが、枠間は確保されていました。
そこそこ白比率があります。
人物絵はリアル・漫画のうち、ややリアル寄り。
輪郭は広めですが、顔パーツのデフォルメは小さく、鼻もしっかり描かれています。
お腹あたりの描写が良く、えっちです。
ただ、そうした人物絵に対して、小物・背景などは比較的あっさりしており。
服などもイマイチ質感不足でした。
人物も↓表紙・裏表紙のクオリティあるものの、良いだけ若干程度の乱れ・崩れを強く感じてしまい。
全体的に、やや勿体ない印象です

 【 収録話 】 11話収録

003:「Black and White」
183:「Black and White -after-」 たぶん描き下ろし
学園男子が選ぶ、”お嫁さんにしたい女子ナンバー1”という「ナナコ」
幼馴染みであった「京介」は地味ながらそんな彼女と付き合う、羨ましい男子。
手を繋ぐだけで照れるという彼女がため、まだキスまでしかしていないという彼。
しかし、「ナナコ」は…彼に秘密にしていることがあったのです。

ううむ、どこまで書いてよいのやら…。
ぶっちゃけ、この本でひでるさんをトラウマちっくに追い込んだ作品です。
前述したように、こちらが1つ目に位置しているので。
後々のエピソードでも、
後半トンデモな事態に落としこまれるのではないか??
いつ裏切られるのか?
…とかなんとか、かなり警戒しつつ読んでしまいました

お話としては全然良い(?)んですけどね。
えー、ある程度の耐性がないと、同じ感覚に陥るかもしれません。
ちょっと注意ね。
おそらく描き下ろしだと思う、後日談「Black and White -after-」は8ページ。
また、こちらはより読後感悪く終わりますよー。

ナナコ、陸上部「愛」
※左:ナナコ、右:陸上部「愛」

021:「汗と匂いと先輩と」
陸上部の先輩「愛」に憧れる「木谷」
話す機会を得るべく、2人して片付けをしていたところ…というもの。
ショートカットのボーイッシュな女性。
引き締まった身体が魅力的でした。
彼女の中でひと段落ついたがため、「木谷くん」の気持ちに応えてくれたのかな。
日焼け跡がいい感じです。
陸上のコスチュームはえっちですよね。
ちなみに、裏表紙が「愛さん」です。

039:「ダイエットに効く●●な方法」
元モデルという美人な妻は、掃除も洗濯も申し分なく。
過ぎた相手だと、当初はやっかまれたものですが…今ではすっかりサボり癖がつき、肉付きよくなってしまったのでした。
”結婚前の服を着れなければ旅行中止”
そんな理由での、ダイエット話。
まあ、だいたいそんなもんですよね(笑)
えっち系漫画でやせるとなれば、直接行為を頑張るのはお約束。
30分のえっちで、15分ジョギングしたのと同じ効果
とか言ってました。
本当か?!
検索してみたら、確かにそんなんもヒットしていましたが。
むちむちしたスタイルでしたが、本人が言うように”抱き心地良さそう”なレベルです。
美人ではあるので、コレくらいなら、まぁ。

057:「水の中」
従姉「ユキ姉」から水泳を教わる、「カズくん」のエピソード。
彼は単なるカナヅチではなく、幼少期のトラウマがため泳げなく。
その切っ掛けを作ったのが、教える「ユキ姉」なのでした。
無理して溺れたことで、2人の距離はごく近く。
自然にえっちに流れていました。
ただ、あーして水中で良い思いをすれば、恐怖心は克服できるかもしれませんね。
結構大きなバストだったので、競泳水着姿が魅力的。
ただ、水の描写がイマイチなのが残念でした。
人物絵がリアルちっくなため、ちょっと目立ってしまうのです。

075:「麦酒売りの女」
「ナツ」は球場の観客席を回り、ビールを売る売り子さん。
販売成績トップだったんですが、ライバル「えみ」は色仕掛けで数を伸ばしており。
徐々に2人の争いはエスカレートしていくのでした。
いちおう、露骨に仕掛けた「えみさん」に対し、当初の「ナツさん」は偶然でのこと。
ただ、そんなんに刺激されて、水着で対抗したことで、止まらなくなってしまうのです。
お色気作戦で結構売れたな
そんな発言もありました。
ひでるさんも球場へ行きますが…やっぱり女性から買いますからねぇ。
サービス過多であれば、余計に買っちゃうかも(笑)
こちらの場合は、それがえっちにまで至ってしまう流れ。
まぁ、ここは漫画ですねー。
オチのあれは想像ついてしまいました。

093:「巫女の祝祭」
神社でお気に入りの巫女「ミコト」さんに会うことを楽しみにしていた「松本」くん。
特にそれ以上の期待はしていなかったんですが…。
ある日、泣いていた彼女が相談をもちかけてきたのでした。
ちょっとズレ気味な、四角眼鏡なヒロインです。
隙ありそうなタイプの彼女が言ったのは、なかなかトンデモなもの。
エロゲ脳が活躍しますね(笑)
ただ、だからと言って彼とのえっちに発展するのは漫画だなぁ。
生娘、とは思えない、むちむちっとしたスタイルをお楽しみに。

111:「グアムin練馬」
グアムへの海外旅行を目前にしながら、仕事が入ってしまい。
やむなく、それを諦めることとなってしまったのでした。
これは酷い。
彼女「なお」さんが大荒れ、というのも当然。
仕事の度合いがどんなんだか分かりませんが、なんとかならんものかなー。
冒頭では、彼ら荷物と共に空港にいる状態でしたから。
あの程度で済ませてくれた、ああして楽しくしてくれた「なおさん」は、逆にいい娘さんだと思います。
えっちへの流れもスムーズでしたし。

129:「逆転夫婦」
アナウンサー「安永めぐみ」の旦那「優一」はいわゆる主夫。
”仕事を応援してくれる旦那さん”
そんな評判だったものの、彼女は変にイラついており~と、そんな感じ。
まぁ、たまに女性はあーなりますよねー。
…あ、ごめんなさい。
うそです。
家事くらいまともにやってほしいわっ!!
そう怒ってましたが、よくやってましたよ。
残り物を使うのだって当然のこと。
ちゃんとお風呂か食事か、って出迎えてましたし。
いちおう誤解は解けて、野外えっちに発展しています。

147:「深夜のオフィスで…。」
深夜のオフィスを警備巡回する「藤堂」
屋上まで来た彼は、飛び降りようとしていた女性を発見。
フラれて酔っぱらっていた彼女の愚痴に付き合うこととなったのです。
若く見られる、という彼女。
まぁ、年下だと思っていた女性が年上だと分かったら、ちょっと考えるところはあるかなぁ。
いや、真面目な話。
事が結婚とかなんとかに至ったら、申し訳ないですが重要な要素になっちゃいますからねー。
彼が若く、キチンとそれに付き合ったため、屋上えっちに発展してました。
黒下着は、実年齢っぽく見せるためかな。
むちむちっとしていてロリ巨乳っぽく、分かり辛いですが身長も高くはないようで。
モテる要素あるから大丈夫よ。

オフィスの女性、「鈴」
※左:オフィスの女性、右:「鈴」

165:「コスってナース」
店長の発案で、喫茶店ながらナースコスプレをすることとなった「鈴」
見せに来た彼女に、付き合う「なつき」は辛辣な批評をしていたところ。
本番の彼女は、より面積が少なくなったコスチュームで挑んできたのでした。
もともとは普通のナース服でした。
それが、肩出し、谷間見せ、お腹から腰ぎりぎり開いたという服装。
ドえろいですね。
ただ、まあ夏祭りイベントで盛り上げるには、それくらいやってもいいかなーって思いましたが。
彼氏「なつきくん」としては、穏やかではないでしょうね。
休憩に入った2人のえっちです。
個人的には忍者かバニーが好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「カミタニ」センセでした。
同名義では、こちらが4冊目になるのかな。
ブログでは成年漫画「艶まん」を紹介しています。
これは↓表紙に釣り上げられて、ゲットしたんですが…。
そのヒロイン「ナナコさん」によって、大きく心を崩されるという(笑)
たしかに、そちらも視線は冷たい感じですよね。
冷静に見てみると。
ただ、変な話それがため、一般えっち系でも独特な色合いに仕上がっていたとも思います。
苦手でなければいいかも。





愛・めると (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)愛・めると (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2015/02/06)
カミタニ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー 競泳水着 ショートカット コスプレ

■変身 emergence. (新堂エル)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 問題作、ハード
・構成 : 7話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: カバー裏にゲストページ、一部描き下ろし「4話」、
      加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「新堂エル(しんどう・える)」センセの「変身 emergence.」です。

ヒロイン特集1:使用前・使用後の「咲ちゃん」
※ヒロイン特集1:使用前・使用後の「咲ちゃん」

 【 構成・絵柄 】

「内容が少々人を選ぶものになってしまいました」
とは、センセのあとがきでの言葉なのですが。

…いや。

全然”少々”ではないですね
今回もまた、ある程度の耐性が必須だと思います。
特に何かしらで気分が沈んでいる方は、避けた方が無難。
かなり振り切れた描写があるので、エロいとかなんとかいうレベルではないですね。
少しづつ読んだところで、さして変わらないだろうから…。
とっとこ一気読みして、ぱーっと気分新たにした方がいいかもしれません。

紹介帯によると、
雑誌掲載時に公開不可だった過激箇所も解禁した
とかありました。
確かに、ちらほら問題になりそうな場面があります。
本気で読める耐性があるかどうか、自分自身で相談するのがいいと思います。

漫画は1冊まるまるの長編。
しっかりとした連続ストーリーで、主人公たるヒロインを中心に進んでおりました。
既に前述しているように、かなりハードでぶっ飛んだシーンが目白押しです。
気を付けて。
これをエロく見れる人は逆に凄いというくらい。
はっきり言って、お話にはカケラくらいの希望すらなく、そうしたのがお好みな方にはなかなか見られない、貴重な1冊であるかも。

黒色のしっかりとした線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、お話ジャンルもあって画面は濃い目。
描き込みはちょうど良いくらいです。
細かいコマ割りながら枠間はしっかり確保されていて。
コマ内への収まりも良いため、イメージよりもガチャガチャとはしていません
センセ独特のバランス感はあるものの、それ以外は乱れ・崩れもなく。
洗練された、迫力のある漫画に仕上がっていました。
背景や小物も良いので、雰囲気がまたお話を手助けしていますね。
(それがため、よりストーリーに引っ張られてしまうんですが)
縦長な人物絵で、鼻付近の描き方に特徴。
くりっとしたツリ目が可愛いです。
カラーでもそう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で大丈夫。
あるいは、紹介帯のカット絵も同時に見ていただければ。

 【 構成・絵柄 】

人との接触が得意でなかった「吉田咲」
進学と共に考えを改めて頑張った結果、見事入学式にデビューを果たしたのでした。
友人も増え、男子からも注目されるようになった「咲」
しかし、目立つようにはなったものの、もともと人付き合いに慣れていないままの彼女は、声をかけてきた男性とそのまま関係してしまい。
この過ちを切っ掛けに、自らの運命をも狂わせてしまうのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

ヒロイン特集2:ギャル化した「咲ちゃん」
※ヒロイン特集2:ギャル化した「咲ちゃん」

残酷な運命に翻弄されてしまうヒロインを描いた、長編漫画。
えっち担当は「咲ちゃん」のみ。
次々に男性が変わるんですが、お話が進むにつれて彼女自身もタイトルそのまま大きく変化していくのが特徴
そのため、単独ヒロインですが、お話に単調さは全くなく。
まさに怒涛な勢いで、ラストまで突っ走っておりました。
なんというか。
「パ」がつく犬の登場する、有名な世界名作劇場が霞んでしまうほどに悲劇的な展開です。
まー、周囲に集まった男性陣が、ことごとくカスばかりなんですね。
普通は誰かしら、どこかしらに、ある程度でも真っ当な人間がいそうなものなんですが…。
ラストも展開に見合うものなので、読後感は異常に悪いです。
影響を受けてしまいそうな方は、要注意
ひでるさんもこうしたの苦手なので、なんだか全身が重たい感じです。

1話目冒頭での「咲ちゃん」はふちの太い黒眼鏡と三つ編みという、確かに地味目な娘さん。
周囲に対する心が表れているのか、口もへの字ですね。
そうした彼女が一念発起し、見事周囲の評価を一変させておりました。
ここまでは、ちょっとイイ話
母親の対応も良かったと思います。
(※父親の反応にも注目)
ここで、中扉に描かれていた3名が同一人物だと分かるんですね。
凄い。
彼女が不幸だったのは、垢抜けた結果”目立つほどに可愛くなってしまった”こと。
下心もある野郎の「モデルさん?」はともかく、友人らの「良い家のお嬢様っぽい」はそう的外れではないと思います。
無論、鵜呑みにするべきではないですがね。
初ナンパされた彼女は、ここでも”頑張って”しまい。
結果として、そもそも名前すら知らなかった相手と関係してしまうのでした。
薬込みで。

女の子との付き合いはお金がかかる、という2話目。
いわゆる援交なんですが、ああした際は慣れた友達と一緒の方が良かったのでは。
ぐるぐる気を遣ってるので、あるいは自ら断ったのかなー
「熊谷」と名乗る中年と会うこととなった「咲ちゃん」
さすが、札束はガッチリ持ってました。
それで誘われた彼女は、あれよあれよという間に…。
ああした際の「大丈夫だって」はアテになりません。
ただ、この時の行為がまた、次の展開となってしまうのでした。
前話オチから直接続くような3話目。
2話冒頭で話していた彼女らならば、うまく言いくるめたりするものなんでしょうか。
写真はある程度の証拠ではあるものの、中で何やってたかまでは分かんないですからね。
よく芸能人らが言い訳で使うように。
こうした際、どうにも対処を誤ってしまうのが「咲ちゃん」なのです。
アドベンチャーゲーム苦手そうね。
こちらの自宅シーンでは、久しぶりに眼鏡姿の「咲ちゃん」が見れます。
家だとそっちのが楽なのかな。
こちらのエピソードは、実は彼女にとって大きなターニングポイントというべき回でして。
ちらほらとした過ちあったものの、まだ平穏だった「咲ちゃん」の生活が大きく崩れてしまうのでした。
まさに”逃げ場なし”ですね。
詳細は伏せますが。
学校はともかく、家でのアレは重い。
漫画の流れというのはあるんでしょうが、普通「咲ちゃん」はああ言われず、守られるものだと思います。
多少すれ違いもあったようですが、それまでの言動を見る限りでは。

ここまで不幸になっても、まだ4話目です。
単行本の半分にも到達してないんですよ、コレが(笑)
ちょっと忘れてたかもしれませんが、1話目で知り合っていたナンパ男「ハヤト」と生活するようになっていた「咲ちゃん」
ある意味当然かもしれませんが、既に学校へも行ってません。
ここでも、また間違った方向に頑張ってしまう彼女。
えっちシーンもエロスというより、ややグロさある雰囲気になってます。
裏表紙のように、タトゥーが入り、黒髪でなくなってしまうのもこちらから。
えらい変貌っぶりですよ
こうした関係の結果が…という5話目。
当然ですが、遅いくらい。
あるいは、漫画内の時間もそう経過はしていないようなので。
とっくにそうなっていたのを、今になってようやく認識したのかも。
「ハヤトくん」の対応はある意味期待通り。
こちらでは、金銭目的で2話目に顔を見せていた「熊谷」と連絡を取るんですが。
今の咲ちゃんは自分で自分の価値を下げている……
そうした台詞は、実に真っ当なもの。
あるいは…このおっちゃんとの付き合い続けてた方が、まだ幸せだったかも。
後半では「ハヤトくん」がよく入り浸っていた店にて、さらにトンデモな展開が待っていました。
これ大丈夫なの!?
ああした現実から、2ページ見開きの美しい場面に切り替わるところが実に印象的です。
ちらほら、芸能人が引っ掛かる事件見かけますが。
その瞬間だけは、ああした気分になるのでしょう。
こわい・こわい。

ヒロイン特集3:最終形態の「咲ちゃん」
※ヒロイン特集3:最終形態の「咲ちゃん」

最終エピソードとなる6、7話目。
いままでも十分酷かったですが、さらに状況が悪化してます。
店の主人「小幡」がまたエグい。
まぁ、彼はああして商売しているんだろうからなぁ。
それを切っ掛けに「ハヤトくん」と分かれた「咲ちゃん」
どん底な光景となってました
ここでやっとこ、考えを改めているんですが…時既に遅く。
ああ、読むの疲れる。
皆さんもお疲れさまでした。

あ、ロッカー前で声を掛けてきた面々に注目。
見覚えあるかな??
彼らもそのうち似たような運命になることを望みます。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「新堂エル」センセでした。
今回ので5冊目でしょうか。
こちらのブログでは「TSF物語」、「新堂エルの文化人類学」などを紹介しています。
今回、見知ったお名前だったので、反射的に手を伸ばしてしまいましたが。
ううむ、紹介帯の色々をしっかりチェックするべきでしたね。
これは辛い。
ある意味成年漫画ですか。
慣れないまま下手に読むと、世界観変わってしまいそうでした。
綺麗な↓表紙に誤って引っ張られないように(笑)
裏表紙が現実ですよ。
…あ、カバー裏の「撮影風景?」が温かく、なんだかコレで心落ち着いた気がします。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : アドベンチャー

■KILLER QUEEN (紙魚丸)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] コメディー、サークル、ショートカット、眼鏡
・構成 : カラー(4P)、短編×12話(うち「女王シリーズ」×6)
・おまけ: あとがき・餃子レシピ、カバー裏にキャラクター設定資料、
      描き下ろし「描き下ろしの女王」、カラーイラスト。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「紙魚丸(しみまる)」センセの「KILLER QUEEN」です。

女王シリーズ・ヒロインズ
※女王シリーズ・ヒロインズ

 【 構成・絵柄 】

収録は単行本の約半分あまりを占めるシリーズものと短編。
描き下ろし、冒頭のカラー原稿は2ページほどで、話数としては適度だと思います。
とあるサークルでの、Wヒロインな漫画がメイン中編。
各話完結で、繋がってはいるものの連続性のない、シチュエーション変化なタイプです。
ヒロイン複数で競い合うみたいなエピソード群。
短編も含めて、全体的にいわゆるラブコメみたいなドキドキ場面はなく
コメディーちっくの、行き当たりばったりなえっち展開です。
ある程度ブラックさありつつも真っ黒ではなく。
複数ほかややハードなプレイもあったりしていて、ちょっと人は選んでしまうかも。
ただ、どちらもしつこくない、さっぱりとしたえっち話に仕上がっています。
あちこちお上手なので、楽しく読めるでしょう。

すっきりとした細線での作画。
全体の色づき、濃淡具合はちょうど良いです。
ややあっさり気味ですが、描き込みも同様。
コマ割りはだいたい基本的で、しっかり枠間も確保されていました。
非常に見易く、不足感ない仕上がりです。
やや大仰な気もありますが、漫画もお上手
表情から動きまで優れていて、バランスも良好です。
特に引っ掛かるところはありません。
媚び過ぎない人物絵は縦長で、さっぱりとした印象。
お好きなのか、ショートカットの娘が多く。
漫画中でやってる事とは裏腹に、そう女性を強く前面にしたものではありません
このあたりの感覚が、個性かつ楽しさに繋がっているように思いました。
また、そんな娘が大いに乱れるエロい光景が良いんですけどね。
カラーだと濃さあって、白黒画の良さがあまりでていません。
脳内にて線画に変換しての判断でどうぞ。
いちおう↓表紙が最も参考になるかも。

 【 収録話 】 12話収録

004:「デコ・ハメ」 カラー原稿
中扉のカラーイラストからの2ページショート漫画。
まぁ、イラストのおまけ的な漫画でしょう。

007:「コップの中の女王」
027:「風呂の中の女王」
049:「自宅の中の女王」
061:「招かれざる女王」
081:「コスイベントの女王」
101:「描き下ろしの女王」 描き下ろし
大学生となった「藤代文子」が所属したのは、男子ばかりの漫画研究部もといテレビゲーム研究会でした。
それがため、唯一の女子部員である彼女は階層の頂点にいたんですが。
「畔上綾香(くろうえ・あやか)」の入部から、その地位が危ういものとなってしまったのでした。

ちらほら耳にするようになった、いわゆるサークルの姫を女子2人で争う連続話。
後に台詞であった、
値下げ戦争の焼け野原
という表現がまさにピッタリ。
先日読んだ「BOX!-パンドラデイズ-/佐伯」でも似たようなエピソードありましたが、そちらより砕けていて、コメディー的、成年漫画ちっくな仕上がりです。
後から来た「畔上さん」が名前そのまま黒々しいヒロインで、明らかに「藤代さん」を挑発していて。
彼女もまた、それに対抗してしまうんですね。

タイトルにもあるように、あの程度の狭い世界で…なんというか見苦しく。
正直なところ、あまり好みではありません。
揉めたりなんだりの漫画としては面白いんですけどね。

藤代文子、畔上綾香
※左:藤代文子、右:畔上綾香

全ての切っ掛け「コップの中の女王」
コスプレの露出競争までは良かったんですが。
えっち同人誌の参考に~と、お口にしちゃう「畔上さん」がトリガーとなってました。
また、「藤代さん」がやや引いてた男子を無理矢理に引きずり込んでましたからねー。
冷静になったオチでの会話は、まさにその通りでしょう。
「風呂の中の女王」はサークルでの温泉合宿話。
ただ、前話で既にでえっちしているためか、こちらでも露天風呂で早速始めており。
AVの企画モノとか称されていました。
なお、策にはまったらしい、「藤代さん」は遅れて到着。
相変わらず「畔上さん」が黒いですね。
あーも自信満々な事を言い残していながら、ちゃっかり戻ってきてましたね。
普段どう考えて行動してたのか、彼女の主役回あっても面白かったかも。

初の「藤代さん」オンリーなお話「自宅の中の女王」
タイトル通りに舞台は「藤代さん」のアパート。
夏休み中、不意にサークルの男子「小林」が訪ねてきたのでした。
「小林くん」は1話目で回し飲みされてた、眼鏡の彼。
よくよく見ると、初体験ほか温泉回でも真っ先に手を出されていて。
いちおう、気に入られてはいるのかな。
単にえっち目的での訪問でしたが、2人のやり取りは近くてイイ感じでした。
まぁ、あのサークル在籍中はどうにもならないでしょうけど。
新キャラ「双葉リナ」が登場する「招かれざる女王」
興味ある、と訪ねてきていた「リナ」は漫画の話題も男子と合っており。
「藤代」・「畔上」の2人は危機感を持つのでした。
この2人は在籍してるものの、そっち知識はあまりないのね。
そんなんで楽しいのかなぁ。
真実を知って驚く「リナ」なんですが…面白いのでこの後の展開は詳細は伏せときます。
コスプレイベントに参加する、最終話「コスイベントの女王」
これが、↓表紙・裏表紙でのコスチューム。
帽子・学ランのほかは、サラシとローレグな下着のみ。
いいですね
こちらの主人公視点は、サークルとまったく関係のない一般の男子。
2人が競うようにしていた、SNSを見ており、イベントに参加したというわけ。
イベントでも普段とまったく変わることなく、取り囲んでいた男子らとのえっち。
いちおう個室てに1人づつ対応していて、主人公の彼ともえっちする流れでした。
普段顔を合わせないこともあってか、素で喋っている「藤代さん」に注目ください。
2ページの描き下ろし「描き下ろしの女王」は相変わらずな2人を描いたショート。
…うーん、「畔上さん」、本当は「藤代さん」のこと好きなんではないかなぁ……。

103:「アナザーファイトクラブ」
ストリートファイトのメッカ”萩原ビル”
野良試合で相手がいなくなった格闘少女「草薙京子」は、ついにそちらへ足を踏み入れたのですが。
対戦相手「麻倉マキ」はいきなりえっち始めてしまい。
よくよく確認したところ、こちらは地上最強の雌を決めるKONOMANの会場”荻原ビル”だったのです。
勘違いに気付いた「京子」でしたが、負けず嫌いなため「マキ」の挑発にあっさり乗っかってしまうのでした。
いちおう初体験なのに、いいのかそんなんで
ただ、勝負好きなのは「マキさん」も変わらず、後半では乗ってきた「京子」に対抗して危険なことをやってたりして。
バカがっ!」付近のくだりが楽しい。
確かにそうだわね。

123:「仕事明けだから、しょうがない!」
アシスタント「佐伯」・「ゲル山」という2人に協力してもらい、単行本作業を完成させたエロマンガの先生「ハルコ」
解放感でいろいろぶっちゃけていた彼女は、溜まっていた性欲を爆発させるのでした。
単行本「JUNK LAND」に収録された「資料じゃ仕方ないね?」に続くシリーズもの。
一度は帰る姿を見せていた「佐伯くんく」がキチンといるのが楽しい。
複数えっちとなっていました。
確かに色々できたとは言え、3日はちと高すぎでは!?

143:「隣のサキュバス」
訪ねた来た「福村」さん。
曰く、「サッキュバスとしてザーメンを頂いて生活しているんですね」
とのことで…なんのかんのえっち仕掛けられてしまうのでした。
じゃあそれで
そうした発言を良くしていましたが、現実にサッキュバスかどうか、よく分からない「福村さん」
コレという能力も見せず、オチでのやり取りなども全然それっぽくないのですが。
ああした、否定を受け流すような発言は逆に本物っぽいかも。
いちおう角があり、それっぽい恰好ではありましたが。
まぁ、可愛い娘とえっちできて良かったねぇ。
ご近所さんなので、今後も関係続きそうでした。

159:「雨の日には」
エロ本の自販機が設置されている小屋。
監視カメラなどなく、その日は結構な雨で人気はなく。
そんな好条件だったので、受験勉強に疲れていた「明子」は自らの露出趣味を満たしていたところ。
そこに、男の子がやってきたのでした。
昔はちらほら見かけたものですが、このコンビニ乱立し、ネット社会となった今ではどうかなー。
旅行へ行った際に地方で見かけましたが、それも数年前のことなので。
さて、人気の無い条件が重なっているということは…購入する側にとっても都合良く。
鉢合わせするのは当然かも。
室内での独りプレイでは満足できず、全裸に雨合羽で周囲をうろついたりしていました。
確かに雨で気持ちいいかもしれませんね。
スイッチ入っていた彼女が自ら誘う流れ。
引き気味な彼が楽しい。
まぁ、実際あったらそんなんだろうなぁ。

サッキュバス「福村さん」、「NOBさん」
※左:サッキュバス「福村さん」、右:「NOBさん」

181:「都合400ccの愛」
ネットでやり取りしている仲間の忘年会に参加した「ホンゾー」くん。
男性ばかりかと思われていた中、「NOB」さんは現実に女の子で。
おっさんらがド下ネタで盛り上がる中、彼女も会話に参加したんですが…という流れ。
何があったか、かなり自己評価の低い「NOBさん」
確かに洗練された派手さはないものの、ブスではないと思いますよ。
もっさりとした上着にショートパンツという組み合わせも、お似合いでした。
成年漫画なので流れはあーでしたが、オチに至るシーンなど、ちょっとイイ話
…たぶん。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「紙魚丸」センセの最新刊でした。
これが4冊目くらい?
当ブログでは、「JUNK LAND」を紹介しています。
今回ですが。
はい、↓表紙に思いっきり釣り上げられてしまいました。
女の子の学ラン姿はいいですよね
店頭では耳までには気付きませんでしたが、ちゃんとそんなエピソードもあって良かったです。
なお6月には、一般漫画「惰性67パーセント」の2巻も発売されるとのことでしたよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット コスプレ

■猫なカノジョと犬の僕 (けろりん)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] ラブコメ、お姉さん、巨乳
・構成 : 短編×8話収録(うち「三崎京子シリーズ」×2、
      「かわいい。シリーズ」×2、「大津道子シリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、作品解説・ラフ絵、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「けろりん」センセの「猫なカノジョと犬の僕」です。

倉見綾子
※倉見綾子

 【 構成・絵柄 】

収録は2話程度の連続ものと短編。
連続話は、おおむね前後編みたいな感じ。
3本のうち2つは、メインとなるヒロインも変化しています。
ジャンルはだいたいラブコメもの。
ただし、短編の2話はちょっと雰囲気異なっていて。
収録のうち1話は、結構なブラック漫画でした。
ただし、いちおうほとんどのエピソードは楽しく仕上がっており。
お話も深さのある、読めるものが揃っています
漫画は一般系ですが、普通に直接行為も描かれるもの。
ただし、毎回直接シーンある訳ではないので、そちらも注意ください。
(※近い場面はありますが)

やわらか線での作画。
描き込みは過不足なく、見やすいもの。
全体の色づきもちょうど良く、デジタルな濃淡具合。
コマ割りはそう変化なく、比較的枠間は確保されています。
丁寧でかつ洗練された原稿で、賑やかでもキッチリまとまっていました。
配置など細かな点ほか、表情にアクション絵。
背景・小物などなど適度なバランス感覚があります。
決して強すぎず、かと言って手抜きさなく、漫画のお上手な方。
テンポ良く進み、お話世界に没頭できるでしょう。
人物は縦長ながらふっくら感もあり、鼻筋しっかりとした鼻、ぽてっとした唇が特徴。
お姉さん絵ですね。
ちょっと癖はあるものの、特にマイナス要素はありません
↓表紙などカラーでもほぼ変化ないので、判断はそちらで良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

003:「そんなこといえない」
025:「サイレント スノー ストリーム」
「大津」と「三崎京子」は中学からの腐れ縁。
高校から大学まで同じでした。
高校時代で派手になった彼女とは、特に親しくもなかったんですが。
故あって、彼女の友人「長沢」のアドレスを聞くべく久しぶりに声を掛けたところ…。
交換条件として、
じゃあ、いっぺんヤラして?
彼女からそんな事を言われたのでした。

眼鏡の地味な男子と、ソバージュで派手な女子というカップルです。
そもそも彼女の出した条件がえっちだったので、お話はスムーズに展開していました。
ああした外見とは裏腹に、「京子さん」はだいぶ可愛らしいところがあり。
漫画のセオリーを忠実に再現してくれていました。
オチを見る限り、「長沢さん」はわざとああした発言したのかな。
なお、漫画後のページでは、学生時代の「京子さん」が描かれていて。
お話中にあった、”そっぽ向いてる”、”こっち向いてる”がページで連続していたので、ペラペラとめくることによって”「大津くん」の疑似体験”ができるようになってます。

三崎京子(と「長沢さん」)、美丘さん
※左:三崎京子(と「長沢さん」)、右:美丘さん

大雪で電車が止まってしまったので。
「大津くん」のアパートに泊まることを考えた「京子さん」でしたが。
帰宅困難となっていた「長沢さん」もおまけで付いてきていたところ。
同じアパートだった「堀之内」もやってきたのです。
…と、そんな感じで、狭い空間に男女4名が集合する「サイレント スノー ストリーム」

何かを察した「長沢さん」が、コタツめくるくだりが好き。
”自分の汚れっぷりが嫌になっちゃうな”
とかありましたが、その通り。
この「京子さん」というキャラは、素が描かれるごとに可愛らしくなってきますねー。
いいなぁ。

一方、外観とは裏腹に穢れた大人な「長沢さん」
気を遣って、彼女狙いであった「堀之内くん」を連れて彼の部屋に向かうのです。
前話も女性からのお誘いでしたが、こちらも同様。
ただし、
堀之内くんが心配なんだよね…
発言そのまま、という感じの展開でした。
ううむ、肉食系ですね。
チャラい感じだった彼が、防戦一方になっているのが意外。
告白もばっさり斬り捨てられていました。
お気の毒。

047:「海へ行くつもりじゃなかった」
妹を駅まで送り届けた「朝野静二」
昔馴染みの懐かしい顔、「美丘佐知子」に再会したんですが。
声を掛けられた彼女は、なぜかぽろぽろと泣き出してしまったのでした。
後半で驚くべき事実が判明する、ドキドキ話。
ちらほら違和感が伺える前半~中盤部分を見逃さぬように。
…なーんて、ファンタジーな事がそう簡単に起こったりはしないんですけどね。
爽やかな良いオチでした。
カバー裏はこちらの駅舎です。
ひでるさん地元駅もあんなんでしたよ。

069:「ねこかわいい。」
089:「いぬかわいい。」
お隣の3つ年上な幼馴染み「倉見綾子」
久しぶりに浪人生「宮山芳信」を訪ねて来た彼女は、猫を飼わないかともちかけてきたのですが。
色々な感情が渦巻いていた彼は、
じゃあ、おっぱい触らせて
そんな交換条件をだしたのです。
ごく簡単にはそんな導入部。

リア充、ビッチと「芳信くん」に陰口言われていた「綾子さん」は、確かに派手目な女性。
まぁ彼女は年上だし、彼は浪人中だし…差をつけらてる、って考えになるのは自然か。
立場・年齢どちらも微妙な時期ですから、扱い難しいわね。
告白とは全然違うものの、素直に言った台詞が凄い。
まぁ、切っ掛けとしてはアリかなぁ。
彼女のが年上だし。
2人と同じく、親しくなっていく犬「ポポ山」さん・猫「ペペ」さん(命名はオチ前)にも注目。
特に犬「ポポ山さん」は直接行為に発展する、合間部分で見事な橋渡し役をしていました。
犬ならでは、ですわね。

「いぬかわいい。」はその続編。
双方で1エピソードという雰囲気で、前後編的な漫画ですね。
えっちはしたものの、あちこち曖昧なままの2人。
”そういうのいったことない”
どちらもそんなんですが、真逆な理由が楽しい。
まぁ、「芳信くん」が言うべきですよ。ええ。
後半での言葉運びは、最悪でしたけどねー。
気になってるのは分かるけど、まずそっちじゃないでしょ。
最中とか犬「ポポ山さん」が目立っているんですが。
こちらでは、猫「ペペさん」が重要な役回りとなっていました。
あれがなければ、もしかしたら2人そのまま終わっていたかもしれませんね。

111:「All is Fool of Love」
就職が決まった義姉「ミチコ」
家を出ることとなった彼女に、「マサフミ」は…という流れ。
”好きなひとのしあわせなんて願わない。成就など望まない。深みに嵌って堕ちていけばいい”
そうした、どこか引っ掛かる冒頭のモノローグそのまま、ブラック色なエピソード
実はもう1人、この漫画には眼鏡のヒロインが登場しているんですが、それを言ってるのがその彼女でした。
ううむ、ひねくれてるなぁ。
義姉「ミチコさん」に対する想いは、これまでしっかり抑えてきたようで。
突然の「マサフミくん」の行動に狼狽える、たっぷりな背徳感ありました。
たぶん…収録では、もっとも濃いエロス度合いだったと思います。
成年漫画でこうしたのはよくある流れなんですが。
こちらのオチは現実的。
とりあえず、収録のラスト漫画でなかったのは幸いでしょう。
読後感重くなっちゃうよ。

義姉「ミチコ」、主任さん
※左:義姉「ミチコ」、右:主任さん

133:「素直になれなくて」
153:「みんなあなたのせいよ。」
経理に通訳、社長秘書までこなす主任さん。
そんな彼女を尊敬し、また憬れていた「扇田」くんでしたが。
彼女は結構な巨乳であり、つい胸ばかり見てしまうこともあって、あまり良いイメージを持たれていないようだったのです。
そんなんを聞かされていた同僚「大津道子」
酔っぱらった彼のスマホを拝借し、ちょっとした悪戯をしたのでした。

収録では唯一のオフィス系ラブコメ
2話の連続なんですが、実はまるまる「大津道子さん」のエピソード、という感じです。
「素直になれなくて」は、いちおう主任さんと「扇田くん」のカップルがメイン。
あのまま放置されていれば、ほぼ間違いなく関係は進展しなかったと思いますが。
仕事・恋愛で水をあけられていた「大津さん」が、つい余計なことをしてしまうのは面白い。
また、それを切っ掛けに2人がくっついてしまうというのが、また(笑)
確かにメールは低俗な文面なのですが。
ちょうど主任さんも年齢や想いなどに悩んでいた最中だったので、良い切っ掛けになっちゃったかもしれませんね。
見る限り、どうやら主任さんの趣味嗜好とも合致していたようでしたが。
続く「みんなあなたのせいよ。」は、「大津さん」の主役回。
もやもやしたまま夜の職場に戻ってきたところ、真っ最中な2人と鉢合わせてしまったのでした。
うっかり前回キューピット役となってしまった彼女。
確かに言動”おもしれー”女性ですね。
この場面では、清掃業者の「高梨」もいたのですが。
1人でなかったのは幸い
彼女にも明るい兆しが見え、よかった・よかった。
なお、収録冒頭話と同じく「大津」って苗字でしたが。
特に関係はないみたい。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度おなじみ「けろりん」センセでした。
いや、やっぱり巧い方の漫画は一味違う
ぱっと漫画に引き込んでくれるので、なんというか”読んでる感”がないんですよね。
今回は繋がりない短編集でしたが、そんなんまっったく気になりません。
面白かったです。
…あ、あとがきによると、こちらで8冊目。
当ブログでは「幸福荘の優しい恋人」、「愛だ恋だのいってないで」、「ピンクトラッシュ」、「ラブフール」、「キャットウォーク」などを紹介しています。
最近はリリース早くて嬉しいです。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ アクション

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ