FC2ブログ

■AV嬢と妄想OL (あべつくも)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○ 
・独創性:●●●○○
・属性 : [一般] ラブコメ、眼鏡
・構成 : 短編×9話
      (うち「AV嬢と妄想OL」×2、「肉体開発された理由シリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、作品解説、カバー裏にネタ絵、合間にイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あべつくも」センセの「AV嬢と妄想OL」です。

深見星奈
※深見星奈

 【 構成・絵柄 】

収録は数話のシリーズものと短編。
連続話はどちらも繋がり弱く、基本的には各話で完結するもの。
多少前話の影響が残るくらい。
ほぼ同キャラの別シチュエーションとなっていました。
ジャンルとしては軽いラブコメ
必ずえっちシーンが差し込まれる一般えっち系でした。
こうした漫画のセオリーそのまま、登場人物は全体的に年齢高め。
ただ、オフィスとか職場が舞台であることは少なめ。
なんとなく、眼鏡ヒロインが目立っていました。
正直なところ、お話はえっち系のさっぱりしたもの
連続話も含めて読むタイプではありませんので、注意下さい。

細い曲線での作画。
全体の色づきや濃淡具合は適度なくらい。
描き込みも同様ですが、ややすっきり寄りだと思います。
コマ割りは若干細かめ。
上下左右に枠間がないのが特徴です。
目立つ乱れはなく、綺麗なまとまり。
コメディー色もあるためか、バランスが気になるところはありました。
人物画は漫画っぽい可愛らしさ。
男性はよりこざっぱりと見えました。
服装はもう少し質感がほしいところでしたが、小物背景はそう引っ掛かることなく。
絵的には十分なくらいだと思います。
カラーでも変化はあまりないので、判断は↓表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「AV嬢と妄想OL」 2話
会社の上司「岩崎」に憧れる普通のOL「林みこと」
そんな彼と2人きりで残業をしていたところ、
君の出ているAVが大好きなんだ
そうした告白をされたのでした。
そう、彼女の姉は人気AV嬢「森さゆり」で、姉妹はそっくりだったのです。

えー。
いちおう上司なのだし、せめて会社外にしてください。
(現代では、社内外関係なく立派なセクハラになりますが)
勘違いを逆手に取って、「みことさん」はえっちに発展させているんですが。
あんなんでもまだ好意は残ってるのね。
結構ゲスい感じでしたが
そんな訳で、こちらはオフィスえっち。
彼の反応を見る限り、なかなかお上手そうでしたが…お姉ちゃんの作品で勉強したのかな。

OL「林みこと」、後藤志織
※左:OL「林みこと」、右:後藤志織

2話目は風邪で休んでいた「みことさん」のお見舞いに課長「岩崎」が家を訪ねるというもの。
電話口で「熱下がった」と言っていたんですがね。
まぁ、一度えっちしてるし、そんなもんか。
”会社の人が訪ねてくる”
そう聞いていた姉「さゆりさん」が、今度は妹になり済まして出迎えるお話です。
似た者姉妹ですね
彼の話から1話目で何があったのか悟り、えっちに誘っていました。
途中から「みことさん」も目覚め、複数に発展。
どーでもいいですが、今後はどっちとも付き合いにくいですね。

045:「小林先輩の静かな夏」
大学を辞めていた先輩「小林」のアパートに足繁く通う「高野」
特に付き合うでなく、部屋を片付けたり、バイトの残り食材を共に食べたり、という関係でした。
従順な舎弟みたいな感じですね。
お話は彼女に振られた彼を慰めるべくえっちに流れるもの。
「小林さん」はしれっとした雰囲気の女性。
どっちかと言うと、彼女のが好意を持っていたのかな。
ああした、だれきった所を見せても普通に受け入れていたので。
なお、中扉はこちらの「小林さん」でした。
眼鏡ヒロインですよ。

063:「Boin Train」
巨乳がコンプレックスな「後藤志織」
急な雨に降られてしまった彼女は、満員電車で同僚「小林」と密着することとなり…というお話。
まー、目立つおっぱいですわねー。
これは漫画ですが、実際にこんなんいたら見られるのも仕方ないでしょう。
しかも、お話ではそんな彼女の服が濡れたことで透けていて
やや突飛な「小林くん」の行動も仕方ないか。
そんな訳で、電車内えっち。
途中で彼女は快楽がため受け入れてしまうんですが…
会社の人には内緒だからね
そんな台詞にやや違和感。
彼とも単なる同僚だったので、あれは嫌々のが良かったような。
なお、こちらでは珍しく周囲の方も気付き、ちょろっと参加していきます。

081:「Girls Next Door」
引っ越しの挨拶をしていた大学生「牧野周介」
隣の「深見星奈」に呼ばれ、電球の交換を手伝うこととなったのでした。
ネグリジェ…でいいのかな。
玄関に出た「星奈さん」はそんな格好で、しかも脚立の上に乗るという絶好のシチュエーション。
「周介くん」は下で支える役でした。
羨ましいですね(笑)
ツインテールの可愛らしい娘さんです。
かなり距離が近い方で、あっさりえっち展開になるんですが。
部屋にはもう1人「那月」がおり、複数に発展。
えっち漫画らしい、急転直下でそっちに流れていました。
ガツガツしてるなぁ。

099:「君にお届け」
2次元好きな女子大生「大塚亜里沙」と配達員のお話です。
年齢は違うものの、どうやら幼馴染みの間柄。
彼は配達の度に上がって休憩していたりして。
切っ掛け待ちみたいな感じでしたよ。
まぁ、彼としては色々探り探りだったかなーって気がします。
「亜里沙ちゃん」は眼鏡でショートカットの可愛らしい娘さん。
ショートパンツがキュートでした。

119:「僕が肉体開発された理由」
137:「彼女が肉体開発された理由」
155:「僕と彼女が肉体開発された理由」
風邪をひいていた「蜂谷」はナース「伊東由里香」に呼び止められ。
JAPAN製薬の治験モニターをすることとなったのです。
出迎えた新薬開発局の局長「咲良静(さくら・しずか)」、研究員「高嶋蘭子」らはさっそく薬を試してみるんですが。
なぜか、まったく違う効果となってしまったのでした。

ちらほら見かける、科学者が暴走するコメディー話。
1話目では風邪薬としていたものが、筋肉ムキムキになってしまうというもの。
男性自身もバキバキであったため、「蘭子さん」が助手「由里香さん」を脱がすことが切っ掛け。
データ取るとかなんとか言っていたのに、単に複数で楽しんでいました。
えっちに参加はして欲しいものの、タイプ的に「静さん」には記録取り続けてほしかったなぁ
「蘭子さん」はいかにも快楽に流されそうなので、いいんですが。

研究員「高嶋蘭子」、助手「伊東由里香」
※左:研究員「高嶋蘭子」、右:助手「伊東由里香」

2話目はアメリカ出張の「静さん」が送ってきた新薬を試すお話。
近々市販されるということで、「由里香さん」が試してみたところ…身体がムチムチになってしまうのでした。
駄目じゃん。
サイズ合わなくなった下着がえろい。
そんなん見ていた「蜂谷くん」からえっちに発展していました。
まぁ、それこそ試してみないとね。
複数展開がため1話では目立ちませんでしたが、貧乳で黒下着な「蘭子さん」が可愛いです。
3話目は不意な事故がため、「蜂谷くん」と「蘭子さん」が入れ替わってしまう、よくありがちなエピソード。
すぐ目前にいながら、「蘭子さん」の身体をさわさわする様が可笑しい。
ただ、彼女も似たようなもので、「せっかくだから」とかなんとか、彼女からえっちを誘っていました。
戻そうとは考えないのね(笑)
そこに事情を知らぬ「静さん」が参加するのでした。
入れ替わっているため、それぞれ違った反応をお楽しみください。
特に最終話っぽい雰囲気はなく、あるいはまた描かれることもある…かな。
個人的にはもうひとパンチ足りないように感じました。

 【 その他 】

以上、本日は「あべつくも」センセでした。
こちらのブログでは「あたふたLOVE!」、「はな*ぱれっ!」などを紹介しています。
これが…7冊目くらいになるのかな。
こうした一般えっち系で、連続話もあるのは個人的に好みなんですが。
どちらも悪くはないものの、全体的に軽い。
キャラ的にもややパンチが弱く感じました。

AV嬢と妄想OL (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)AV嬢と妄想OL (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2014/09/27)
あべつくも

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ショートカット

■みんなのお嫁さん (南北)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 性癖、眼鏡、年上、コメディーラブコメ
・構成 : カラー(6P)、短編×13話(うち「ピラミッドの定理」×2)
・おまけ: あとがき・作品コメント、カバー裏にカバーイラストラフ絵、
      合間にイラスト、一部描き下ろし「ピラミッドの定理」・「Nの純情」、
      描き下ろし「ピラミッドの摂理」、加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「南北(なんぼく)」センセの「みんなのお嫁さん She is a bride for my family!」です。

演劇部・部長「蘭子」、班長「サラ」
※左:演劇部・部長「蘭子」、右:班長「サラ」

 【 構成・絵柄 】

収録は1エピソードのみ連続モノで、他は短編という構成。
連続話は2話ほどのお話で、前後編みたいな2つで1つ的な感じ。
また、前話からの続き漫画も収録されています。
ショートでそうややこしいものでなく、見ていなくても問題ないでしょう。
普通のラブコメにあるような、好き・好き~での展開は少なめ。
なんというか、”独特な性癖”を持つヒロインが多く登場していました。
それでもコメディーちっくに表現されたもの多く、ほとんどは楽しく読み進められます。
色々と毒気のある作品群ですかね。
自分ではどうすることもできず、身悶えるみたいな描写が非常にお上手なので必見。
ほか、眼鏡率が比較的高めでした。

さらりとした柔らか線での作画。
黒が目立つ濃淡具合で、全体の色づきはちょうど良いくらい。
描き込みはしっかりしています。
綺麗な仕上がりでした。
コマ割りは細かく、変化も大きいものですが。
巧みな配置で、見辛さはありません。
どちらかと言うと勢いある漫画で、大きな乱れ・崩れはありません
(※1話のみやや雰囲気違うものもありました)
縦長な輪郭で、すっと通った鼻筋が特徴。
バランス面ではデフォルメ少なく、リアルっぽさある人物画です。
お姉ちゃん系ですね。
可愛い感じもお上手。
あのタイプの人物ながら、コメディー崩しにも違和感はなく。
背景や小物もよくまとまっていました。
上で括弧書きにしてますが、目立つ1話ほか各話若干の差があります。
いちおう、全体ではそう気になるほどではないと思います。
判断はカバーほか、紹介帯のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 13話収録

003:「しあわせのしわ」
またお見合いに失敗した「植田」
独学で占いをしている同僚「玉名芽瑠(たまな・める)」に女運を見てもらうこととしたんですが…とそんなお話。
冒頭の台詞、
私だって真面目にやってるんですよっ…
が楽しい、オフィスえっち話です。
照れた表情が可愛い、大人しめな印象の「芽瑠さん」
占い方がちょーっと変」と言われてましたが、なにゆえあーいきついてしまったんだろう。
よくよく見たら、お名前はヒントになっているんですね(笑)
どうにも限界となった「植田くん」からのアプローチ。
彼女のお友達が切っ掛けづくりをしてくれたのかなー。
オチの「芽瑠さん」が幸せそうで、なんだかじーんときてしまいました(本当)

019:「家族計画」
ぶっちゃけ、こちらは収録での注目エピソードだと思います。
「昭仁」は精子が作れない体質。
子供を切望していた彼や両親らは、その妻「やよい」には彼の弟「文昭」と子作りするか、離婚するかの選択を任せるのでした。
本編台詞にもあったそのまま、無茶苦茶な設定かつオープニングなお話
いかにも成年漫画って感じね。
ただ、これが不思議なことに
読み進めるうち…誰もが子供を望んでいる上、第一印象とは違った面を見せる「文昭くん」がため、なんだか変な感覚に。
彼は容姿あんなんですが、実はなかなかいい男子で。
漫画での「やよいさん」そのまま、受け入れてしまうという面白い仕上がりになっていました。

誰も不幸になっていないのが凄い(笑)
これは珍しい
ちょっと目からウロコ的な感覚で、コレがため全体の評価も一段上になったかも。
良かったです!!

芽瑠さん、やよいさん
※左:芽瑠さん、右:やよいさん

037:「イクぜっ!介抱少女」
「陽菜(はるな)」・「月乃」は風邪で3日も休んでいた「星崎」のお見舞いにアパートを訪ねたのでした。
1、2ページの並んだお尻にテンション上がります。
対称的なヒロイン2名ですね。
メインの「月乃さん」は四角眼鏡でおデコの広い、知的な感じ。
「陽菜さん」はお団子髪でテンションの高い、可愛らしい雰囲気でした。
なお、「月乃さん」には”真面目だけどドジっ子”という設定もあり。
お粥を作ろうとした彼女を巧い事阻止したり、洗濯シーンでもその不器用さを見せています。
もっと日常を色々追いかけると面白そうね。
なお、これがえっちに発展してしまうのも、彼女のドジがため。
どんなんかは内緒。
途中の三竦みみたいなコマが好き。
ああした場面では「陽菜さん」みたいなキャラが役立ちますねー。
また、オチがあんな感じになるとは思いもしませんでした。

055:「淫欲の演奏者」
天才的なヴァイオリンの技術を持つ「神馬(しんば)」くん。
しかし、何故か最近のコンクールでは1位を取り逃がしていたのです。
苦悩する彼に教える「恵理奈」は”音に艶がない”と指摘したのでした。
ああ、確かにその通りだと思う。
こうした系統なものは、技術とはまた別の何らかがありますよねー。
音楽に色気は必要でしょう。
特に彼は冒頭の台詞から、精神的にも良くない感じがありましたから。
そんな訳で、「恵理奈さん」とのえっち。
指摘するだけでなく、ちゃんと付き合ってくれるのが、素晴らしい点
えっちへ誘う際のやり取りでも、大人の女性たる余裕がありました。
これでどうなるのかなーって見ていたら…後半に驚きの展開が
ハチャメチャですが、コーチとしては優れていると言えるのかな。

075:「彼女は声に恋をする」
演劇部の新入部員「住吉」
遅刻頻繁でサボリも多く、顔もブサイクで可愛げもないという彼なんですが…。
部長「蘭子」は彼の声がめっちゃ好みで、性的な刺激を受けてしまうのでした。
声は重要な要素だと思います。
漫画では表現難しい部分ですが。
こちらの「蘭子さん」は彼の声が”身体に響く”という表現をしていて。
びくびくと反応する様が実にキュートでした
センセお上手ですねー。
本当は俺のこと好きなんでしょ?
という台詞後のコマとか。
えっち後のオチページが好き。

091:「恋愛否定主義」
学者の両親を持つ、B班の班長「サラ」
冷たい雰囲気ながら美人で知的と完璧な彼女でしたが…なぜか部下「天城」に反応してしまうのでした。
片目隠れそうなロングの金髪(?)とボディスーツのような服装が素敵な「サラさん」
いいなぁ。
できればカラーで見たかったです。
眼鏡掛けてるコマもあり、そんなんもいい感じでした。
先の「蘭子さん」は「住吉くん」の声でしたが、こちらの彼女はもう「天城くん」の全てに敏感になってしまっている感じ
前述してますが、こうした描写は実にお見事。
意識ではどうにもならない感覚に乱される「サラさん」が可愛いです。
あちこちで妄想爆発させていました
特にエレベーターでのシチュエーションが好き。

111:「ピラミッドの定理」
129:「ピラミッドの摂理」 描き下ろし
貞操観念が強くなり、”結婚するまでセックスしない”というのが当たり前となった時代。
成績は学年トップという「墨田」は同級生からの妬みがため、学力・体力共に劣る「中岡」とのえっちを強要されたのでした。
眼鏡美人な「墨田さん」
2人とも拘束されていて、行為もいじめる女性らに強要されてのもの。
非処女では結婚から就職まで困難な世間がため、それは最も酷いものなんですが。
中盤で「墨田さん」が笑顔を見せてから、彼女の逆襲が始まります
なるほどなぁ。
…で。
お話はこれだけでは終わらず。
後日談の描き下ろし「ピラミッドの摂理」に続きます。
こちらの主役は、いじめで中心的な存在であった「白川」さん。
時代はあれから数年後のこと。
詳細については伏せさせていただきます。
これは描き下ろしまで含めたエピソードでしょう。
ちょっと極端さはありますけどね。
まぁ、いじめは良くないってことですよ。

145:「みんなのお嫁さん」
皆で嫁さんを共有する風習が残る霧島家でのお話。
どこぞのAVみたい
メインは三男の嫁、むちむちした「さおり」さん。
ほか、褐色肌の「エリ」、その風習を研究するうち居ついてしまったという義姉さんの2人いるんですが、出演シーンはちょろっとだけ。
家事をやっている(家に残っている)こともあってか、ほぼ「さおりさん」だけが次々にえっちを受けておりました。
旦那との行為が半ページのみという状態でしたよ。
ちなみに、メインは義父との行為です。

165:「Nの純情」
心理学ゼミの先輩「いつき」に惹かれていた「柴田」
しかし、大学院に進んだ彼女は教授と結婚してしまったのでした。
やさぐれていた彼に、その教授から”いつきとのえっち”を依頼されたのです。
そんな訳で、憧れていた先輩とのえっち。
自らの台詞にもあったように、教授はおじいちゃんという年齢で。
あるいは自分が初めてでは、と考えていた「柴田くん」
感情の入ったえっちをしていましたが…最後に驚きの展開が。
そう、心理学だからなぁ…
なお、解説にあったとおり、こちらのみ作画の雰囲気が異なってました。

183:「魔法をかけて」
十年前放送され、今でも人気のある伝説的なアニメ”魔法少女マホちゃん”
海外でも人気は高く、来日した「リリ」も熱狂的なファン。
ひょんな切っ掛けで知り合った「エンドー」は、やや不安さのある彼女を案内することとしたのでした。
人妻ほか大人な女性が多い中、もっともロリっとした感じの「リリちゃん」
性格もそんな感じですね。
2週間の滞在で、仲良くなった2人は部屋にも案内するようになっていたんですが。
秘蔵のエロ同人誌を発見されたのが切っ掛け。
ふんわりとした髪が可愛い。
まぁ、ロリっとしてるのも雰囲気だけだからねぇ
いいんじゃないでしょうか。
ラストの「リリちゃん」が魅力的でしたよ。

外人「リリちゃん」
※外人「リリちゃん」

199:「恋人ルールクライマックス」
8ページほどのショートです。
以前の「セックスはしない」というルールはなくなった筈でしたが…より厳格になってしまった「みずほ」さん。
その理由が可愛らしいです。
店長たまりませんね。
ラブラブで何より。
眼鏡は直接行為の際にオフとなっていたので、お好きな方は残念賞。

207:「乳福星」
大福飯店でウェイトレスをしている「ヤンメイ」ちゃん。
好意を寄せる「マー君」のため、自作のミニスカチャイナ服を着用したものの。
おっぱい好きな彼はよく分からん理由で、彼女を振っていたのでした。
「ヤンメイちゃん」は”小学生から変わらず”という貧乳さんなんですね。
彼の理屈は分かるような、そうでもないような。
常連客のおっちゃんらが探してきた秘伝のツボにて、巨乳化するのが切っ掛け。
紆余曲折あるものの、目出度くえっちとなっていました。
まだ彼らいる前なんですけどね。
(※皆「ちっ」と舌打ちしているのが楽しい)
オチはドコメディーです。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「南北」センセでした。
ブログでは「恋人ルール」を紹介しています。
成年系はこれが2冊目。
一般漫画も描かれていて、トータルでは5冊目くらいだと思います。
あの↓表紙はラフ2の変形ですかね。
印象深いエピソードのヒロイン「やよいさん」が飾っていました。
それでも「文昭くん」が人気だという解説が可笑しい。
個人的にはウェデイングな裏表紙が好き。
よくよく見たら、左はミニスカチャイナでしたが。


みんなのお嫁さん (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)みんなのお嫁さん (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2015/04/20)
南北

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー

■世界で一番愛してりゅ (Rico)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメコメディー
・構成 : カラー(16P)、短編×13話(うち「世界で一番愛してりゅ」×6)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「いつでもどこでも愛してりゅ」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Rico(りこ)」センセの「恋花えっちーず」です。

あゆみさん
※あゆみさん

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作と短編。
描き下ろしの漫画もその表題作となっていて、こちらは後日談でした。
いちおう連続話。
そうストーリーちっくなものではないものの、そこそこの繋がりがあり。
後半にはどうなる!?、ってハラハラさせる場面もありました。
まぁ、そう深刻なシリアスな展開にはならないので、ご安心を。
ジャンルは甘いラブコメ
どちらのカップルも関係は安定していて、ラブラブと楽しい仕上がり。
いかにも可愛らしい成年漫画でした
読み易いので、慣れてない方には最適なものです。
しかし、やや毒気は無さ過ぎ(良くも悪くも)なので、読みたい方には物足りなさがあるかも。

しっかりした太めな曲線での作画。
全体の色づきと描き込み具合はそこそこ。
濃淡は黒が強めです。
コマ割りは中小で、そこそこ収まり良く。
キッチリ丁寧に描かれているため、見辛さはありません。
安定感もありました。
広い輪郭で大きな目のロリっとした人物画。
ほぼ年齢度外視で、可愛らしーく仕上がっていました。
動きある描写などで、細かくは気になる部分もあるんですが。
全体の雰囲気がペカペカと明るく、コメディーちっくなのであまり気になりません。
そうした面では得するタイプの画風だと思います。
それがため癖は大きく。
好き嫌いははっきり分かれるでしょう。
そう↓表紙・裏表紙と変化はしないので、判断はそちらで問題ありません。

 【 収録話 】 13話収録

005:「私の中のおんなのこ」 カラー原稿
011:「立派な主の育て方」 カラー原稿
冒頭2話は6ページ、8ページというショート漫画です。

前者「私の中のおんなのこ」は眼鏡で貧乳な「まこと」さんとの初えっち。
センセの絵柄的にこのサイズは合ってる気がしました。
胸の小ささを気にしている彼女。
かわいいなって…
そう言った彼氏を意外に感じていましたが。
男性はそう巨乳好きではないですよ。
(若い頃はとにかくおっぱい、かもしれませんけど)
ただ、ああしてサイズを恥じる所が可愛らしいというのも事実。
「まことさん」にはぜひその感覚を持ったままでいてほしいものです。

後者「立派な主の育て方」はメイド「佐由理」とのえっち。
お前の手でアイツを…息子を立派にしてくれ
そう主人から言われていた彼女。
”ムスコを立派に”という勘違が原因(笑)
わははは。
メイド服は露出あるものでなく、スカート丈も長いもの。
その下はあんなエロい下着だったんですねー。
年上(たぶん)ながら経験値なく、本知識で頑張る様を堪能ください。

浅倉美里(みさと)
※浅倉美里(みさと)

019:「世界で一番愛してりゅ」
039:「文化祭編」
059:「保健室のナイショ」
077:「責任とってね」
095:「ずっと、ずっと一緒だよ」
203:「いつでもどこでも愛してりゅ」 描きおろし
こちらが表題作。
「鈴木太郎」・「浅倉美里(みさと)」のラブラブカップルのお話です。
↓表紙が「みさとさん」ですね。
中扉とリンクした感じになってます。
漫画は同キャラの別シチュエーションという風情でした。
2人は付き合っていて、既にえっちも済ませた関係。
変にライバルとかもおらず、2人の仲もごくごく良好で、甘い世界となっていました。

1話目は屋上えっち。
明け透けに昨夜のえっちを語る「みさとさん」
友達「歩美」ちゃんとのやり取りが楽しい。
えっちしてくるような宣言の後、2人して上がっていました。
(※「太郎くん」はズルズル引きずられてる状態)
彼女のラブラブっぷりが凄い。
シリーズでは、残念ながらカップルに至る経緯がなかったんですが…なにゆえそこまでになったんだろう
屋上フェンス越しで「見られちゃう…よお…」なんて言いつつのプレイです。
2話目「文化祭編」は学園祭でのエピソード。
メイド喫茶だったので、「みさとさん」はそんな格好。
先の「佐由理さん」着用のソレと違い、はっちゃけデザインでした。
ただ、近所にはさらに露出過多な店があり。
彼氏「太郎くん」がそちらにいたため、ちょっと険悪なムードになっています。
中学でのクラスメイト~という発言から、2人は高校でのカップルなのかな。
でも、あの格好した女子が知り合い男子を引き入れるというのは、結局好意を持たれているには違いなさそうね。
そんな訳で、仲直りえっち。
服そのままメイドプレイをしていました。
「歩美ちゃん」が楽しい。

3話目「保健室のナイショ」はひと騒動の切っ掛けとなる保健室えっち。
休み時間のたびにお菓子を食べていた「みさとさん」
どんなんか量るため、「太郎くん」が彼女を保健室へ連れていく流れです。
ずるずる引っ張るのが逆転してますね。
一度体重計にのった彼女は、少しでも軽くすべ、全裸になっていました。
気持ちは分からんでもないですが、そんな恥ずかしげもなく…
「太郎くん」の男性自身のサイズを測るのがえっちの切っ掛け。
(※彼女の全裸にムラムラ~ではないのよ)
保健室えっちになっていました。

急展開を見せる4話目「責任とってね」
特に隠していた訳ではなさそうですが、「みさとさん」の秘密が明らかになります。
大袈裟に書くと、そんな感じ。
前話の引きもあり、冒頭は緊迫したムードに。
まぁ、よくよく考えてみると…「みさとさん」があー育っているのだから……。
そう心配する事態にはなりませんわね

個人的にはもっと波乱あっても良さそうに思いましたが、そうした漫画ではないのでしょう。
詳細はいちおう伏せさせていただきます。
最終話「ずっと、ずっと一緒だよ」は、実はそれから期間が開いた、プロローグ的なもの。
冒頭は「みさとさん」の単独プレイでした。
どれくらい経過した設定なんだろう。
とりあえず、現在もラブラブっぷりは健在。
会うなりえっちに突入しております。
仲の良いことで。
こちらで驚いたのはオチ部分
「太郎くん」はいったい何者??
今どきの企業は●●なんてそう雇用しないものだと思うんですが…。
なお、描き下ろし「いつでもどこでも愛してりゅ」はそんなオチの続き。
いやあ、お気楽ですわねー。
相変わらずの「みさとさん」でしたが、服装だけはそれっぽくて。
ちょっとアンパランスっぽいあたりは逆にキュート。
あれは単に異なるプレイですわね。
あまり邪魔をしないように。

111:「エッチなマンガは好きですか?」
彼女「ともみ」は成年漫画家。
原稿で忙しい筈な彼女から「たすけて」と電話をもらった「まこと」
急いで向かったところ、「ともみ」は体調を崩していたのでした。
そんな感じで彼女を看病するエピソード。
身体を拭くのを手伝う「まことくん」
パジャマを脱ぐんですが…
なんか、エッチ以外で裸見られるのって…恥ずかしいね…
そんな事を言ってました。
どうですか、先の漫画の「みさとさん」
そうしたドキドキが彼にも伝わったのか、いちおう身体を拭き終わった後にえっち発展していました。(※再度パジャマ着た後ね)
前に「ともみちゃん」描いた漫画と似たシチュエーションということで、再現えっちです。
体調崩している相手に無理させぬように。

133:「おっぱい いっぱい ゆめいっぱい」
大学で会った「斉藤涼」に一目惚れをした「あゆみ」
友人に仲介を頼み、晴れてつきあうこととなったんですが。
その彼女曰く、”彼は巨乳嫌い”とのことだったのです。
まぁ、漫画映画でないので、サイズがどうの言うのは好みがどっちか、言うだけのことですよ。
好意持った相手がどうであれ、さして関係ないですわ。
…たぶん。
サラシで隠し、えっちも拒み続けていた「あゆみさん」ですが、遂に真実が露見してしまうのでした。
大学生ですからねー。
いちおう嫌いなんにもちゃんと事情がありました。
そっちもどんなんか見てみたい気が(笑)

149:「My Darlin」
付き合い始めてちょうど1年という”恋人記念日”な「優人」・「香澄」
そろそろ、と感じていた2人の初えっちエピソードです。
「香澄ちゃん」はビジュアル、性格(おおむね)ともに先の「歩美ちゃん」と似た感じ。
ラブラブでしたよー。
玄関での彼女が可愛い。
本人は複雑でしょうけど、感度良いのは実に素晴らしい事ですよ、ええ。

成年漫画家「ともみちゃん」、「はつみさん」
※左:成年漫画家「ともみちゃん」、右:「はつみさん」

167:「ココロの温度」
「はつみ」・「陽太」という幼馴染みの2人。
かなりの冷え性で、外にも遊びに行けない彼女。
それに付き合う「陽太くん」は好意を持っていたんですが。
会話のひょんなタイミングで「はつみさん」の気持ちを確認でき…という流れ。
お兄ちゃん」とか呼ばれてるのがポイント。
血縁ではないんですが、いい響きですね。
いざという所では「はつみさん」のが度胸あり、えっちに発展させていました。
実はずっとノープラだったらしい所が可愛い。
(あちこちの話から考えると、そうした頑張りも着込み具合がため目立ってなかったか)
なお、カバー裏はこちらの「はつみさん」と成年漫画家「ともみちゃん」だと思いまする

187:「告白!大作戦!!」
放課後に「明人」を校舎裏まで呼び出した「柚菜」
お茶に茶柱がみっしり立っていたため、”今日はツイてる”と彼へ告白を考えてたんですが。
突然靴紐が切れ、目前には黒猫が。
携帯を確認すると、13日の金曜日…と不吉なキーワードぱかり目にしてしまうのでした。
ツインテールな「柚菜さん」
前後折り返しに抜擢された、いかにも可愛らしい娘さんでした。
不幸は続き、故あって場面は校舎裏ではなく。
保健室での告白です。
何があったのかは秘密。
ただ、それがため自然にえっち発展しております。
良かったねー。
何やら気の早い「明人くん」が個人的に気になりましたが。

 【 その他 】

そんなこんなで「Rico」センセでした。
こちらのブログでは「はちゅ・えち」、「好きスキkiss」、「甘えんぼ」の3冊を紹介していました。
他に2冊、一般が4冊ありで今回は記念の10冊目。
おめでとうございます!
それがため、センセのブログでは特集ページがありました。
こんなブログより詳しい内容あったので必見。
独自の企画もされていたので、気になる方はぜひに。
そちらには購入特典のページあるんですけど…ピンク・ピンクしていているァンシー世界っぷりが目に眩しい。
あのイメージで成年漫画というのが凄い。


世界で一番愛してりゅ (ホットミルクコミックス)世界で一番愛してりゅ (ホットミルクコミックス)
(2015/04/18)
Rico

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■女尻ズム (木谷さい)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、お尻、コメディー
・構成 : カラー(4P)、短編×9話
      (うち「あな×シス」×2、「イタズラな姉」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏におまけ漫画、
      描き下ろし「おまけ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木谷さい(きたに・さい)」センセの「女尻ズム」です。

表紙のヒロイン
※表紙のヒロイン

 【 構成・絵柄 】

収録は2話ほどの連続話と短編。
連続話は繋がりそこそこある、別シチュエーション話という印象です。
その後どうなったのかなー、って好奇心を満たしてくれます。
ポイントになりそうなのは描き下ろし。
↓表紙の女の子のエピソードでした。
容姿・色彩・構図ともに優秀で目立っていて、非常に良い感じ。
彼女は収録の短編には登場しておらず、漫画は描き下ろしなのでした。
連続・短編どちらも目立っていたのはお尻
えっちもソッチ系が多く、趣味が合うならばまったく問題なし。
どちらも明るいラブコメ話なので、普通に読んでも楽しめるでしょう。

しっかりとした線の作画。
濃淡・描き込みはだいたい適度なくらい。
全体の色づきもいい感じで、見易い原稿です。
ちょっと気になったのが、コマの繋がり。
たまに飛ぶような印象を受けました。
また、乱れないものの、バランスには気になるところがちらほら。
そのあたりは、あえてデフォルメしている感じもあるので、好みの問題かも。
表現はやや大袈裟ではっちゃけており。
えっちジャンルを含めて、そうした部分が肌感覚と合うかどうか確認するのが良さそう。
過去単行本も含めて豊富にサンプルのある「コアマガジン」さんのHPが良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

005:「あーんバランス」
お隣の人妻「琴乃」さんとのお話。
そっち趣味な「涼」くんは思わず”ご褒美”とか言ってましたが。
そう、ご本人が思う以上にデカ尻好きな男性はいるもんですよ。
あのピチピチなズボンの感じが素敵。
冗談みたいなじゃれあいから、ふとえっちに発展していく流れずが良かったです。
ラストページの「いいや、このまましちゃおう…」が好き。

人妻「琴乃」、妹「いおり」
※左:人妻「琴乃」、右:妹「いおり」

029:「フィールドオブドリームセックス」
先の体育風景をネタに体育用具室で独りえっちしていた「北見」
しかし、その模様は「京川」に目撃されていたただけでなく、動画撮影されていたのでした。
そっち方面に興味津々な彼女は、消去かする代わりにとあるお願いをしたのです。
容姿はいいんだけど色気がねーよな
そんな評価をされていた「京川さん」
ショートカットの活発な娘で、どちらかというと同性にモテそうな雰囲気。
一人称も「ボク」でしたよ。
ただ、そのイメージない彼女だからこそ、ああした行為がえっちですわね。
後半のゾクッ、ゾクッとなっている際の耐える「京川さん」がキュート。
なお、こちらは普通(?)にえっちです。

053:「あな×シス」 2話
辞書を借りるべく妹「いおり」の部屋に入った「健」
そこで見たのは、お尻えっちな雑誌の数々。
戻った彼女から叩きだされたものの、趣味を知ったためか執拗に監視されることとなってしまうのでした。
トイレとかお風呂の隙間から覗くコマがちょっとホラーちっく。
最終的には寝込みを襲われていました。
暴走気味でこれまた怖いですね。
ツインテールの可愛らしい娘さんなのに…。
途中から攻守逆転し、「健くん」のペースになってました。

そうした感じで関係した後の2話目。
いままで犬猿の仲であった「いおりちゃん」が微妙に親切になってたりして。
まだツンデレちっくですけどね。
こちらでは「健くん」が彼女の反応を確かめたことで、ツインテール解いてストレートになってます。
髪型はこの方が似合うかなぁ
えっちはお風呂に彼女が乱入するという切っ掛け。
ガッチリとしたロリ体型でヤバめ。
まぁ、何を訴えているのかバレバレなので、応えてあげてください。
両親酔いつぶして安心感あるためか、絶叫してましたよ。

101:「電車デケデケ」
田舎のローカル線でのえっち展開。
学校帰りで、乗客は「菜子」・「マヤ」・「色葉(いろは)」という昔馴染み3名のみ。
暑さでだらける「マヤ」が下着丸出しにしていたところ…目のやり場に困った「色葉」は石になっていたのでした。
そんな感じでコメディーちっくに発展していくお話。
乗客は3名だけかもしれないですが…いちおう運転手もいるんだよ。
止め役だった「菜子さん」が参加したため、3名での複数展開になっていました。
念のため、こちらもお尻ではなく普通にえっちです。

123:「Ride on You」
保健室で寝ていた「川原」くん。
彼を格好良いと感じていた「夕凪」さんは、その顔面で独りえっちをしたところ相性良く。
何度か借りているうち、ついにバレてしまったのでした。
だいたいそんな流れ。
…そりゃ、バレるわ
しかもココはいちおう学校なんですが。
既に何度かシテいたらしく、秘密裏に何回できたのか聞きたいでいすね。
言ってるコトはドえろいものの、半ば告白している(されている)ようなもので。
「川原くん」の許可も得たため、「夕凪さん」は思う存分してみるのでした。
ひとの顔をなんだと思ってるんでしょう(笑)
普通に可愛いんだけどなぁ。
あーまでしていて、緊張感あるオチがなんだか初々しくて楽しい。

149:「イタズラな姉」 2話
反応が面白い、ということで、義姉「塔子」からよく悪戯をされていた「淳」
兄(旦那)の「哲也」は頻繁に仕事で遅く、2人きりというのを利用し…。
寝ている彼女に、こっそり悪戯をしていたのです。
だいたいそんな感じ。
寝込み襲うパターンですね。
メインは結婚記念日で2人きりというシチュエーション。
旦那はいつものように仕事で、アルコールで寝てしまうという切っ掛け。
まぁ、実は気付いていたんですけどね。
「塔子さん」からのあの台詞は救いでした。
なお、こちらの「淳くん」はお尻好きです。
常習化するか、どうかという2話目は、「哲也」が珍しく帰ってくるという展開。
少なくとも「淳くん」はもう歯止めきかない感じ。
旦那を目前にしつつ、台所でこっそりえっちです。
あれでバレないのは…漫画ですね。
実は気付いていながら、あえてほったらかしていたのかと思いましたが。

夕凪さん、義姉「塔子」
※左:夕凪さん、右:義姉「塔子」

191:「おまけ」 描き下ろし
こちらが前述しました、↓表紙の女性。
多くのヒロインを押しのけて表紙をゲットしていました。
ビジュアル的に最も良く(…と思う)、漫画が描き下ろされていたのは嬉しいこと。
やっぱりカバーの方はどちからに登場してほしいですよね

漫画はカバー裏から続くもの。
そのため、実質7ページほどのショートです。
落し物のサイフを届けてくれた後輩に、お礼として下着を脱いで見せたところ…というお話。
想定外に彼がそっち(お尻)趣味だった、というもの。
確かに、普通はそーなると思いませんわね(笑)
そのまま直接行為へと突入してしまうのでした。
反応がまた可愛らしいので、お楽しみに。
なお、カラーの中扉両面もこちらのヒロインで、かなりの優遇具合でした。

 【 その他 】

そんなこんなで「木谷さい」センセでした。
こちらで4冊目とのこと。
ブログでは「ジョシアナ」を紹介してます。
ネタは好き嫌いあるものですが、漫画は楽しくえっちでした。
良かったです。
ひでるさんはそっち趣味ないですが。
なお、某書店で購入したところ、「あな×シスafter」という後日談冊子がついてました。
黒ストッキングでしたよー。

女尻ズム (メガストアコミックス)女尻ズム (メガストアコミックス)
(2014/04/19)
木谷 さい

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ショートカット

■恋花えっちーず  (アスヒロ)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、眼鏡
・構成 : 短編×9話。
・おまけ: あとがき、ヒロイン集合4コマ、イラスト、
      カバー裏に作品解説
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「アスヒロ」センセの「恋花えっちーず」です。

治子さん、詩乃ちゃん
※左:治子さん、右:詩乃ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
特にシリーズとかでは…ないですよね?
皆さん個性的で、他シチュエーションなども想像できそうな、強さあるキャラでした。
巻末にはヒロインが全員集合する4コマが9話ほどあり。
お話も繋がっていて、後日談的な要素もあります。
ジャンルはラブコメ
既に付き合っているカップルも多く。
ややこしさのない、どちらも明るく楽しい仕上がりです。
プレイ的にも変に振り切れてはおらず、人を選ばないものでした。
特徴はその巨乳具合。
皆さん立派なので、お好きな方はより楽しめるかも。
また、こちらも眼鏡率が高いので、そうした趣味の方にも宜しいかと。

しっかり線での作画で、綺麗な仕上がり。
濃淡、全体の色づき加減、描き込み具合などなど、どちらも丁度良い感じ。
不足感はなく、すっきりさもありました。
中小なコマ割りで適度な変化あり、漫画を盛り上げています。
見易くて引っ掛かる個所も特になく、非常にお上手でした
漫画らしい可愛さありつつ、極端なデフォルメでない人物絵。
これがまた癖なくていい感じ
表情なども優れ、台詞が自然に頭に入ってきてました。
コメディー崩しもお上手。
巻末の4コマも良かったですよ。
前述したように巨乳揃いでしたが、バランスにも違和感ありません。
カラーでも雰囲気そのままなので、判断にはそちらか。
紹介帯のカット絵が参考になるでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

005:「告白」
思い切って「古川」さんに告白した「松代」くん。
しかし、見事に振られてしまい、以後なんとなく気まずい雰囲気となっていました。
それでも図書委員の2人は顔を合わせる機会が多く、その日も2人きりで作業をしていたところ。
ひょんな偶然から、彼女の意外な姿を見ることとなったのです。
図書準備室を舞台とした作品。
ヒロインが脚立上で作業、男子が下で支えるというお約束なシチュエーションがありました。
「古川さん」は眼鏡・みつ編みの地味目な雰囲気。
それでいながら、2コマ目の脚立上の全身絵では膝の上・上というくらいにスカートは短く。
こりゃー絶好のシチュエーションだなぁ、って思っていたんですが。
次のページで驚き
なるほど。
タイトルは「松代くん」でなく、「古川さん」のものでもあるんですね。
ただ、それがためにわだかまりがなくなり、えっちに発展していました。
男子は概ね受け入れてくれるとは思いますが、あとは性癖の度合いが2人バランス良いかどうか、かなー。
この漫画は皆さんそうでしたが、「古川さん」も立派なおっぱいで。
持て余してたのかな。
後半4コマでもいい味出していました。

図書委員「古川さん」
※図書委員「古川さん」

025:「Let’s こすぷれーしょん」
「治子」と付き合って1年という「行徳」
一大決心をした彼は、コスプレえっちをお願いしたのでした。
土下座までしていました。
ああ、まぁ、分かる分かる。
どうせじわじわ脱がすんですけどねー。
メイドカフェ・ルシアンの制服、ということでメイド服。
ちょっと強気なキャラですが、「治子さん」よくお似合いでしたよ。
そもそも冒頭から「発情モードなんだぞ~」と言ってたこともあり、そのままコスプレえっちに。
彼女も結構ノリノリでした。
中扉のカラーイラストは「治子さん」でいいんでしょうか。

047:「アンバランスな君に恋して」
団地のお隣さんで昔馴染みな「詩乃」
感覚的には妹みたいな彼女でしたが…なぜかバストの発育は素晴らしく。
巨乳好きな「カズ兄」は我慢の限界となりつつあったのでした。
タイトルはロリ巨乳であるため。
解説によると、太めでもなく”おっぱいだけ大きい”というこだわりがありました。
「詩乃ちゃん」は可愛らしい眼鏡の娘。
言動から察するに、色々アピールはしていたようでした。
漫画では自ら服をまくって見せるという、直接的なことをしていましたが。
まあね、それくらいしないと手を出し辛いですよ。
いちおうお兄ちゃん的存在なのだし。
ただ、「カズ兄」はちらほら怪しい言動あったので、タイミング的には良かったかも
初々しい「詩乃ちゃん」を堪能下さい。

071:「強引すえぜん計画」
テスト勉強で彼氏の家に呼ばれた「百地」さん。
両親は旅行で不在と聞いていた彼女は期待いっぱいだったんですが。
アピールに気付かないのか、「清司」くんは普通に勉強していたのでした。
まあ、これはほったらかしにし続けていた彼氏が悪いかなぁ。
この漫画でもとっくに気付いていたらしいので、なかなか意地も悪い。
とっととお手付きしなさいよ。
いちおうコレが初えっち。
「百地さん」は成年漫画ラブコメに最適そうな、表情豊かで面白い娘さんでした。
オチなどいかにも彼女らしいですね。

なお、センセのブログにてこの2人の単行本発売漫画が描かれていました。
気に入った方はぜひ。

093:「ボクらにだけは別の顔」
教師「北川」と付き合う「春原誠二(すのはら・せいじ)」のエピソード。
学校では美人ながらキツイ印象で知られる彼女。
素の姿は動物好きで可愛らしいものだったのです。
現役教師と付き合う、実に羨ましい「誠二くん」
学校とは違う表情の彼女が可愛い。
いいなぁ。
えっちにも寛容でお預けなどもしておらず。
しょうがない奴だなぁ
とかなんとか、あっさり手伝ってくれていました。
えっち後の一言が好き。
実にイイ感じの美人・年上女性というヒロインでした。
オチもいいですねー。

113:「ぽちゃってハニー」
帰郷していた彼女「美鈴」はまだ戻っておらず。
冬休みは1人で過ごすか、とか思っていたところ。
外出した「トモくん」は、ダイエット中の彼女とばったり会ったのでした。
女の子だねぇ。
たぶん↓表紙はこちらの「美鈴さん」
漫画であるためか、適度な肉付き具合です。
あれくらいならば、大丈夫よ(笑)
バストも大きくなったようでした。
お腹とか太ももとかに色々してましたが…あれは怒られそうですね。

135:「イタカノ」
ひょんな流れから、ネットゲームで知り合った女の子とえっちすることとなった「ぺー吉」こと「淳平」くん。
初対面の「アカリン」こと「あかり」さんは、想像よりも明らかな年上だったのでした。
そんな、リスクたっぷりな事を…
野郎でなかっただけ、良かったと思いましたが。
年齢について気にしている「あかりさん」
(※後半の4コマでもそんなネタでした)
彼からすれば相当な年齢差でしょうけど、社会出たらそのくらい問題ないですよ。
頑張って若い格好をしているのが楽しい。
軽い羞恥プレイですねー。
そもそも目的そんなんだったので、えっち展開はスムーズ。
お姉さんな割に不慣れなため、「淳平くん」が頑張っておりました。
オチではそれなりな服装になっていましたが、別に登場時のでも個人的にはいいと思う。

157:「アフターアイドル」
アイドル「若葉彩音」とプロデューサーのえっち話。
こうしたネタのセオリーはマネージャーさんなんですが…似たタイトルのゲームを意識したためな様子。
なるほど。
漫画の描き方も、極力男性は目立たず。
「彩音さん」は読者へ語りかけるように描かれてました。
ちょっと独特な雰囲気に仕上がってます
解説を読むと、また違った感覚で読めるかも。
絶対に計算だと思います。

美鈴さん、従姉妹「鈴ちゃん」
※左:美鈴さん、右:従姉妹「鈴ちゃん」

179:「夢は三食昼寝付き。」
従姉妹「鈴」ちゃんとのえっち話。
後の4コマでもネタにされていましたが、こちらだけダントツに原稿時期が古いです。
そのため、他と比べると差はあるんですけれど。
センセ、当時からお上手ですね。
時期の開きあっても、そう違和感はありませんでした。

留年したらしい彼女は、手に職で生きていくと考えたのですが。
その技術とは、「エッチ☆」だったのです。
あたし、これでも人気者なんだよ
そんな事を堂々と言い放っています。
彼女が辿ってきたこれまでを想像すると…ううむ、そっちのが漫画ネタとしてはいい感じが(笑)
なんというか、エロスですね。
田舎凄いなぁ。
さすがに手慣れており、彼をリードしていました。
ほぼ自らでしたもんねー。
めでたく嫁になったそうで、まぁ、よかった・よかった。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「アスヒロ」センセでした。
こちらが3冊目。
ブログでは以前に「恋色おっぱい」、「愛がいっぱい エロはおっぱい」の2冊を取り上げています。
”おっぱい”の文字が外れちゃいましたねー。
残念。
しかし、この「えっちーず」ってタイトルから、「陽気婢」センセの同名単行本を思い出しました。
よく知らない友人が、見て”ナンダソレハ”みたいにえらく驚いていて。
はっきり印象に残っていました。
珍しく。
普通の方には、明るさ・軽さ・エロさ、と三拍子揃ったそんなんが不可思議なものに映るのかなぁ。
私にはいい響きなんですけどね。


恋花えっちーず (メガストアコミックス)恋花えっちーず (メガストアコミックス)
(2015/04/18)
アスヒロ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー コスプレ

■いいなりアクメ  (ドウモウ)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、M
・構成 : カラー(8P)、短編×11話。
・おまけ: その後のドM葵さん&あとがき、折り返しに4コマ「アオイさん」、
      カバー裏に漫画「宝くじで百万円当たりました」、加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ドウモウ」センセの「いいなりアクメ 」です。

委員長さん
※委員長さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろし漫画などもなかったですが、カバー裏スペースは漫画となっていて。
収録「バイオレンスけんかっぷる」のお話でした。
特に繋がりとかなく、別シチュエーションですね。
(※そうエロいものではないですが)
それぞれジャンルとしてはラブコメ
各ヒロインのキャラが強く、個性的で楽しく仕上がってます。
プレイも様々。
ただし、そう変な色はなく(たぶん)、飽きずに楽しめるでしょう。
皆さんむちっとしたスタイルなので、特にそんなん好みな方にはオススメ。

クッキリとした柔らか線での作画。
濃淡はデジタルな具合ですが黒は強めで、全体の色づきはしっかり。
描き込みは細かめでした。
コマ割りは比較的細かさあり、太めな枠線と極細でも枠間あるのが特徴。
ページは賑やかで前述した色使いがため、かなりコッテリとした味わい
濃さあるものの丁寧なため綺麗に仕上がっています。
また、バランスに優れていて、小さいコマも自然。
迫力もあって、特に引っ掛かる所もありませんでした。
実にお上手
横長でタレがちな目のヒロイン画。
太いまつ毛が印象的。
巨乳でむちむちっとした肉感的なスタイルです。
癖があるため、そこが好みに合うかどうかでしょう。
カラーでもほぼ変わらないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いと思います。

 【 収録話 】 11話収録

001:「拘束バスツアー」 カラー原稿あり
「星」・「日野」のカップル。
彼は拘束えっち好きで、また「日野さん」も実に良い反応をするため、常習化していたんですが。
修学旅行のバス中でもいきなり始め出したのでした。
吸盤付きの手錠で窓ガラスに拘束される流れ。
こちらはカラー原稿があるんですが、そちらは旅行前。
彼女曰く、「フワフワ可愛いの!」という、モールのような手錠で拘束されてのプレイでした。
普通のえっちを目指すべく、可愛らしい下着でしたよ。
さて、本編はいちおう他生徒もいるバス内。
修学旅行のバス内なんて浮かれた状態が普通なので、実際は即バレるだろうなぁ。
しかもサービスエリアでは下車せず、そのままペットボトルへの放尿プレイも。
さすがに怒っていた「日野さん」の反撃にご期待ください。、

021:「マゾヒスティックコミュニケーション」
クールなバイト仲間「葵」に告白したものの、あっさり断わられてしまった「野々宮」
そんな彼女が店長とえっちしている所を目撃し、それが理由かと諦めていたところ。
しかし、その店長が遠方に転勤となったため、再び告白をしたんですが…というお話。
巻末4コマにも登場する、しれっとしたところが楽しい「葵さん」
裏表紙そのまま、服装下が実にエロくて素敵でした。
店長との関係についても語られています。
なるほど。
ノーパンなのはそれが為ですね。
先の「日野さん」と並ぶ、単行本を代表するようなMっぷりでした。
こうしたお話で毎回思うんですが…性癖合わせるのは大変だぞー。
驚きつつも、「野々宮くん」頑張ってましたが。
オチの「葵さん」がまた可愛らしく、折り返し4コマも良く、ぜひ他のシチュエーションが見たいカップルでした。

日野さん、葵さん
※左:日野さん、右:葵さん

041:「おしかけプロポーズ大作戦」
山間の小さな集落で民宿「牧野屋」を経営する「奈緒」
実は元カノである彼女なに再び交際を申し込むべく、「則秀」はそちらを訪ねたのでした。
気付いていつつも、普通にサッパリとした接客する彼女が楽しい。
部屋でのやり取りから、ちょっと特殊なコタツえっちとなっていました。
下半身だけ出てる様がエロい。
なんのかんの言いつつ、途中から誤解も解けてラブラブな雰囲気に。
まぁ、ヨリ戻って良かったねー。
オチでのネタばらしが温かでいい感じ

061:「生徒会長の弱点」
美人なのに誰とでも気さくに接する生徒会長「松原」
話好きで、喋り出すと止まらない彼女はえっち最中でも変わらず。
付き合う副会長の彼は、黙っててもらうようお願いしたのでした。
ああ、分かる。
満足してないのでは、って感じますからねー。
”口閉じてる姿からレア”とか言う彼女。
頑張ってるところが可愛らしいです
ああした姿は、ちょっとぐっときますね。
いちおう、最中に喋り倒している理由も描かれていました。
オチが楽しいです。

081:「夢のナカでイカせてっ!」
後輩「春日井」と付き合って半年という主人公。
そろそろ、という考えと裏腹に彼女はえっちに対して理性的で理想を持っていて。
勝手に彼を信奉しているような所もあるため、無理矢理にもできず。
どうにもできなくなった彼は、彼女の寝込みを襲ってしまうのでした。
あんな感じで真横で眠られたら、そりゃー手を出すのが自然。
みこちらのポイントは、そこそこまでスルものの最後までは我慢した点。
結局のところ、後始末の甘さからえっち発展となるんですが、ギリギリまで隠し通すことには成功していて。
コッソリしていた事を”相性の良さ”と誤魔化した事も幸いし、よりラブラブとなっていました。
そうした嘘ならばいいんじゃないでしょうか。
頭のリボンとか靴下から下着まで、可愛らしくまとめている「春日井さん」
ちょっとめんどくさそうな気がしてしまいました。

101:「バイオレンスけんかっぷる」
結婚資金から3万円を抜き、怪獣フィギュアを買ってきた「圭一」
それがため「あゆむ」と喧嘩となってしまうのでした。
まぁ、安くはないかもしれませんが。
車とか時計とかの趣味より安上がりなのでは。
喧嘩最中の電気アンマからのえっち発展。
ボキャブラリー乏しいところが可愛いです。
なんのかんの仲良しですねー
タイトルあんなんでしたが、単なるノロケえっちにも見えます。

121:「ストレスアクメちゃん」
性欲が高まりっぱなしで、受験勉強にも身が入らなくなってしまった委員長さん。
直接行為をすべく、露出大きい服装で街中へ出掛けたものの。
ナンパされ方も分からず困っていたところ…クラスメイトの「陣内」が通りかかったのでした。
脱いだ方がマシなレベルだ
とか言われてますね。
立つ場所と時間を変えれば即望み通りにはなるんでしょうけれど。
雰囲気的に、まったく見当違いなんだろうなぁ
普通知り合いは避けるところなんですが、限界となっていた彼女は「陣内くん」を相手としたのでした。
なにがそーさせたのか、かなりドエロい委員長さん。
彼とでは発散し切れなさそうに思いました。
そう、冒頭では”イケイケ系男子”とか評されていた「陣内くん」の本来の姿に注目。
こちらも、めんどくさそう。

139:「酔いどれトライアングル」
タイトル通りの複数えっち話。
初彼女「明日香」と共に自宅まで来た「信二郎」
出張で近くに来ていたという従姉「橘琴美」がいたのでした。
いつも飲んだくれている彼女は”誰彼かまわずセクハラしてくる”という厄介な酒癖の持ち主だったのです。
そんな訳で、2人のえっちに「琴美さん」が介入するという流れ。
巨乳揃いなヒロイン中、やや小さめ(それでも十分デカい)な「明日香ちゃん」
控えめで可愛らしい割に自ら主導しております。
「琴美さん」が参加した後も頑張ってました。
えっちバトルみたいな雰囲気よ。

159:「愛欲スプラッシュ」
先輩「光」とは付き合って半年という「能勢亮二」
皆から頼りにされる、スマートな姿に憧れて告白。
晴れて付き合うようになったんですが…お口などではあるものの、まだ2人の間に直接行為はなかったのでした。
実は欲情した際の乱れっぷりがため、「光さん」は過去に恋愛で失敗しており。
なるたけ、その姿を見せまいとしていたんですね。
そうしたギャップこそがいいと思うんですが
歴代彼氏は視野が狭いというか好み違うのかなぁ。
まだ処女だというのが楽しい。
あの身体ではさぞ持て余していることと思います。
徹夜続きな「亮二くん」から半ば強引に迫られる切っ掛け。
ビジネススーツ下の黒い下着がセクシー。
1コマだけなのが残念。
さて、結局は乱れまくってしまう「光さん」を彼は受け入れてくれるでしょうか。

後輩「春日井さん」、先輩「光さん」
※左:後輩「春日井さん」、右:先輩「光さん」

177:「このあと滅茶苦茶セックスした」
少し会話した程度の男性でもたちまち虜にしてしまう「堂島悠里」のお話。
タイトルはいつからか、よくネットで見かけられるようになったもの。
健全な絵もたちどころにエロスにしてしまう、素晴らしい効果ありますよねー。
本編のほとんどは彼女のえっちシーン。
次々に色々な男性らと関係していました。
関わったら大変そうだなぁ。
職場のシーンが好きです。
実際のところは分かりませんが、そうした雰囲気ある女性はたまに居ますよね。
淡々と第三者視点で進む、独特な雰囲気のある漫画に仕上がってます。

197:「発情イッポン!」
バレー部で”脳筋女”と言われている「綾瀬」さんとの屋上えっち。
コンドーム知らなかった。
まあ、ずっとスポーツに打ち込んできたらあり得るか。
彼がああした反応になるのも納得。
いい加減関係を深めたいと考えていた「綾瀬さん」からのお誘いです。
スポーツ少女とは思えない、立派なバストが素晴らしい。
試合の時とんさぞ邪魔そうね。
…というか、あのスタイルでどんな感じになるのか、ユニフォーム姿が見たいと思いました。

 【 その他 】

そんなこんなで「ドウモウ」センセでした。
あとがきによると、通産3冊目の単行本。
こちらのブログでは「セックスのち両想い」を紹介しています。
ネタ的に好みなため、前回よりもいい感じでした。
書店では↓表紙に引っ張られて、ぱっと手にしていましたが。
いやあ、肉感的ですねー。
ただ、生徒会長「松原さん」は白黒絵のが好みです。
個人的にはやっぱり「葵さん」かなぁ。
本編もいいんですが、あの4コマが決定的でした。


いいなりアクメ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)いいなりアクメ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2015/03/30)
ドウモウ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ

■ふくらみ 乙女の恋いろは (みこくのほまれ)

★まんがデーター [12.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●◎○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [一般] ラブコメ、おっぱい、メイド喫茶
・構成 : 10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: 描き下ろし(?)おまけまんが。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みこくのほまれ」センセの「ふくらみ 乙女の恋いろは」です。

ふくらみ・ガールズ
※ふくらみ・ガールズ

 【 構成・絵柄 】

一般のえっち系。
単行本1冊まるまる続く長編です。
いちおうストーリーになっているんですが、ヒロインは4名ほど登場していて。
それぞれ数話づつを受け持ち、メインとなる方がバトンタッチしていきます
(※3名×3話で、最後はもう1名のエピソードですね)
ジャンルとしてはラブコメ
メイド喫茶(っぽい)に勤務している、各ヒロインの恋愛模様が描かれていました。
まぁ、甘さあるものなので、関係はそう複雑でありません。
各話でイチャイチャしつつ、最終目的は直接えっち。
そのため、サービスカットは多いものの、各話は近い行為までで寸止めされるのでした。

太めでやわらかな線の作画。
こざっぱりした描き込みで、濃淡もあっさり気味です。
全体での色づきも淡く、白め。
ただし枠間がなくなること多く、原稿としては賑やかでした。
良く描かれているコマもありましたが、大半はさらりとした感覚
乱れ・崩れのうち、特にバランス面で気になる個所があります。
可愛く描かれてはいるんですけどね。
漫符はパンチ弱く、流れも飛ぶ印象で、何度か戻って読みました。
輪郭の広い人物画で、小さい鼻と八重歯など歯が特徴。
可愛らしくまとまっており、もう少し頑張ってほしい漫画面をいくらか抑えています
軽いラブコメで一般えっちという単行本なので、このライトな感覚は合っているとも言えるでしょう。
判断については、SD絵ですが裏表紙のが近いと思います。

 【 収録話 】 10話収録

003:一分咲き 「幼なじみはFカップ」
023:二分咲き 「巨乳再び」
043:三分咲き 「うみのなか」
冒頭からこちらの3話は巨乳の「うみ」ちゃん担当。
↓表紙の娘さんですね。
ショートカットそのまま元気なタイプで、お相手「たっくん」こと「拓人」くんは彼女の幼馴染み。
ノックもせずに部屋へ入るという間柄でした。
「拓人くん」が巨乳好きな原因も、どうやら「うみちゃん」らしく。
思春期がかためか、冒頭では多少距離感はあったものの、”切っ掛け待ち”という雰囲気です。
1話目は彼女の寝込みを襲う「拓人くん」
まぁ、彼の部屋で隣でガッチリ寝ちゃってたからなぁ…そのあたりがまだ子供っぽい、分かってない感じですわね。
当然ながらそれで目覚めるんですが、この時はさすがに驚いた顔を見せていました。
続く2話目。
昨日のことを考える「うみちゃん」は、モヤモヤを吹き飛ばすべくまた「拓人くん」の部屋に向かうのでした。
邪魔もあったのでしょうけど、ここでの台詞は前回言うべきですね。
やはり寸止めはあるんですが、もう直前まできていて。
直後の3話で直接えっちに至るのでした。
前述したように、開始時点で既にカップルというべき2人なので。
妹がタイミング悪いくらいで、流れはごくスムーズでした。
日数的にも2日くらいですね。

うみちゃん、千砂子さん
※左:うみちゃん、右:千砂子さん

063:四分咲き 「さわっていいよ」
083:五分咲き 「全部さわって」
103:六分咲き 「見て聞いてふれあって」
こちらはツインテールな「まり」ちゃんを中心としたエピソード。
おっぱい好きらしく、冒頭では1話でも見られた「うみちゃん」とのイチャイチャが見れます。
ご本人も幼い顔の割に大きいんですけどね。
Eカップだそうですよ。
お相手の「季実彦」くんは店の常連で、ちょっと太めな男子。
…えー、察しの良い方、その通り。
親しくなる切っ掛けも”おっぱい”でした。
また、彼はいわゆる美少女フィギュアを趣味としているんですが、それがため部屋を訪れる展開になるのです。
なんというか、「まりちゃん」いい娘だなぁ。
あちこちリアクションに優れ、変な表裏なく、あーした趣味にも抵抗感まるでなく。
ここでは伏せますが、とある事柄にも怒ることなく、逆に嬉しいとか喜んでおりました。
その後のサービス展開で、自ら胸を見せてたりして。
お楽しみに。
続く5話は「うみちゃん」とほぼ同様な切っ掛け。
ただし、彼女が部屋に来るのは日常でしたけど、「まりちゃん」の場合はまだちょっとした知り合いというだけですからね。
行動力もある娘さんで、「季実彦くん」には願ってもない女性でしょう。
とある理由で店に顔を出さなくなっていた、彼の部屋に突撃した「まりちゃん」
コスプレ趣味ということで、そのままの格好で訪ねていました。
あのまま外歩いて来たのか。
…まぁ、あの性格ならば全然気にしないか。
特に邪魔も入らないシチュエーションで、直接行為に流れても問題ないと思われるんですが、やっぱり寸止め。
何がためかは内緒。
4話目でちらと言っていた、声優目指す彼女が見れる最終6話。
まだ付き合うとか告白とかなんとかはないものの、「まりちゃん」はごく当たり前のように部屋を訪ねてます。
近い行為までしていた「季実彦くん」の感覚は完全に過去形で、それ以上は望んですらなく。
えっちに発展していく過程を、”夢でも見てるんだろうか”と称していました
なんというか、良かったねぇ。

123:七分咲き 「ノーブラちっぱい」
143:八分咲き 「やめられない止まらない」
163:九分咲き 「恋するブラジャー」
こちらは「ちさちゃん」こと「千砂子」さん。
前者2名と違って落ち着いたタイプで、ロングの黒髪が特徴。
…で、貧乳
それがためかノーブラで接客もしており、前6話では開いた胸元からバストトップがちら見えしてました。
あれは男性にとって拝みたくなるようなシチュエーションですねー。
彼女のお相手も店の常連客で「ミツル」くん。
他と違って、誤解から「千砂子さん」の印象は”感じ悪い”というものでした。
それがなにゆえ変化するのかお楽しみに。
なお、こちらは「千砂子さん」のお風呂にての独りプレイです。
とある理由でいままで無口だった彼女が、よく喋るようになる8話目。
モヤモヤっとしたものを確認しようと行動するのは、「うみ」・「まり」と同じ感じ流れですね。
こちらの2人はお互いコンプレックスがあったんですけど、それを共有し合うことで急速に接近するのでした。
そう考えると、7話オチでのあの行動は正解でしたかね。
唐突さはあったものの。
こちらのサービスは成年漫画のようなネタです。
詳細は伏せときますが、実に羨ましいシチュエーションでした。
まさか自ら下着脱ぐとは。
そんなこんなで、タイトル通り「千砂子さん」がブラをつける9話目。
まだ彼氏ではない、とか言いつつも、感覚としてはもう近い感覚だったのでしょう。
意外なお誘いから、えっちに流れます。
初々しいですよ。
ただし、その最中にて、なかなか男前な「千砂子さん」が見れるので注目です。

まりちゃん
※まりちゃん

183:満開 「ちっちゃくておっきい」
最終話は新キャラの店長「塩沢」さんのお話。
”ちっちゃい体におっきなおっぱい”
という彼女。
まあ、身長もあってかロリロリっとしてましたよ。
…まぁ、そんなキャラとしては別にいいんですが
いままでまったく顔を見せず、ここになって唐突に追加されたというのは、連続話として微妙
どうせならば、「前田千石」センセ(女神荘ぱにっく!)とか、「なもり」センセ(ゆるゆり)みたいに、それを逆にネタにしてしまうような工夫がほしかったです。
あるいは、定番ではありますが3組カップルの後日談とかのが良かったのでは。

「塩沢さん」の相手は厨房の「佐藤」くん。
やっぱり年上相手には多少みっともなくても直球が一番でしょう。
描き下ろしかな。
巻末にはヒロイン3名での「おまけまんが」がありました。
この単行本の結末としては、先の10話目ではなく、やっぱりこうしたものだと思います

 【 その他 】

そんなこんなで、「みこくのほまれ」センセでした。
ブログで紹介したのは2冊。
ボク☆すき」、「とくもり」ですね。
どっちも今回と同じ一般えっち系でした。
ざっと調べたところ、12冊目くらいのようです。
今回は↓表紙の「うみちゃん」に引き寄せられました
漫画の代表ヒロインですからねー。
ソフトなエロス具合が爽やかでした。
個人的には3名そろった中扉も好きです。
裏表紙にしてほしかったなぁ。

ふくらみ 乙女の恋いろは (芳文社コミックス)ふくらみ 乙女の恋いろは (芳文社コミックス)
(2014/04/16)
みこくの ほまれ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール コスプレ バストトップ

■お兄ちゃんとあかるい近親計画  (うた乃)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、妹、近親、貧乳、年下
・構成 : 短編×12話(うち「妹がいつまでたっても起きない~」×2、
      「妹が剃ってと言うので」×2、「突然降って湧いた遺産~」×2)
・おまけ: あとがき、「密室と少女と甘いお薬・おまけ」、
      「Hypnotic Loveおまけ~その後~」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「うた乃(うたの)」センセの「お兄ちゃんとあかるい近親計画 」です。

望月湊、束紗
※左:望月湊、右:束紗

 【 構成・絵柄 】

収録は2話ほどの連続モノと短編。
センセのブログによると、同人誌をまとめたものだそうです。
ファンで持っている方は要注意。
ただし、あちこちの修正に、ちょっろっと加筆・描き下ろしもあるので、気になる方はダブったとしても問題ないと思います。
そうした出元がためか、お話によってページはバラついていて、短いものもありました。
12話中7話が表題通りの兄妹近親もの。
全体的にラブコメ調で描かれ、表題とおりに暗さはなく。
可愛くまとまった作品集でした。
そのほかエピソードも基本的に年下で年齢差あり、妹ちっくではあるでしょう
貧乳傾向でロリっとした色もありますので、そんなんお好きな方は是非に。

しっかりとした濃い目な線での作画。
全体の色づきはそこそこで、白いところもちらほら。
濃淡は黒が強めで描き込みは軽め。
コマ割りは細かめで賑やか。
枠間はだいたい確保されていてました。
時期が新しいだろう絵は洗練されてスッキリ気味。
そう強くはないものの、作品によってやや差がありました。
ぱっちりとした大きな黒目が特徴。
幅広な輪郭の漫画らしい可愛さです。
小物や背景はさっぱりとしていて、服も質感なく弱い。
細かいですが、漫画でも流れ・構図でちらほら気になるところがありました。
ただ、読み辛くはないのでご安心下さい。
カラーイラストは白黒絵よりソフト傾向。
どっちかというと、裏表紙のが近いと思います。

 【 収録話 】 12話収録

005:「妹がいつまでたっても起きないのでイタズラしてみた」
023:「お兄ちゃん、起きて。」
妹「香奈」との近親もの。
タイトル通りに寝込み襲う展開。
よく寝るうえ1度寝たらなかなか起きない彼女。
当初は面白がってイタズラしていただけでしたが…というのが切っ掛け。
ああ、たしかに1回踏み込んだら歯止めきかなくなるだろうなぁ。
先っぽだけ…
というのはこうしたネタでのお約束。
無論それで済む訳もなく、ガッツリ寝込みえっちになっていました。
気付いた(起きた)際のリアクション、その後まではリアルではないでしょうか。
そちらでは前半ほぼ寝ていた「香奈ちゃん」視点の2話目。
黒髪ツインテールの可愛らしい娘ですね。
出張帰りで寝ていた兄の寝込みを襲うという、立場あべこべとなったお話。
男女での寝込みプレイ手順の違いに注目です
女の子ですねー。
しかし、普通に親の居る家なんですが、バレてないのかな。

037:「妹が剃ってと言うので」
055:「妹が剃ってと言うので2」
友人らと海へ出掛けるという妹「美咲」
仕事休みの兄にムダ毛の処理をお願いしてきたのでした。
喜んで!という感じのオープニング(笑)
実際の兄妹でこんなやり取りないんだろうなぁ。
既に水着姿な彼女の股間をまじまじと見つめる兄、というオモロイ構図になっていました。
剃毛から実際のプレイに発展する流れ。
最中の「うそつきぃ…っ」のくだりが好き。
続く2話目は、そうしたタイトルですが剃毛はなく、「美咲ちゃん」の寝込みを襲うもの。
えっちはしているものの、先のカップルとは異なる結末に注目。
実際はこうでしょうね。

妹「双葉」
※妹「双葉」

061:「お兄ちゃんにオトナにして貰おう!」
大学のサークル合宿についていくという妹「双葉」
”子供は連れていけない”という台詞に反応した彼女は、トンデモな行動を取るのでした。
登場妹の中で、最もやり取りが楽しい娘さん
子供イコール処女という発想はオッサンですね。
よりによって大根で突き破ろうとしていました。
そんな訳で、仕方なく(笑)えっちに発展しています。
オチもコメディーですね。

075:「これまでも、この先も」
6ページのショート。
どちらかメイン話があるのかな。
夏休みを利用して兄のアパートに来た「千里」さんとのお話です。
まぁ、ページ数もあって、即えっち展開でした。

081:「Hypnotic Love」
実はお兄ちゃんが好きな妹「彩花」
成長から、素直に感情表現できないようになっていて、つい悪態をついてしまうのでした。
調理実習で作ったカップケーキもなかなか渡せぬまま。
そのうち、TVでやっていた催眠の番組で彼女自身がかかってしまったのです。
催眠えっちですね。
もともと好意もっていたので、全然OK。
チェック柄の下着がキュートでした。
オチの距離感がいい感じ。
1ページネタ絵ですが、巻末のあとがき前にその後の2人が描かれてますよ。

101:「無垢で処女な筈の君は開発済み?」
幼馴染みの兄的存在「宗兄」に好意をもつ「望月湊(もちづき・みなと)」
下校の彼を見つつ1人でするのが日課となっていたんですが。
親から依頼された、と勉強を見てくれることとなったのです。
ガッチリとオモチャ挿入したままの「湊ちゃん」
いいプレイですね
ただ、「宗兄」が落ちていたコントローラーでバレるという展開はAVみたいでした。
わはは。
ぐるぐる目の「湊ちゃん」がキュート。
ふんわりとした髪をポニーテールにしているのも可愛い。
ただ、「宗兄」は目前の彼女にさぞびっくりしたでしょう(笑)
まぁ、なんのかんの巧くいって良かったわね。

131:「密室と少女と甘いお薬」
夜のエレベーターにセーラー服姿の美少女と閉じ込められるというもの。
セーラー服の上に白衣を羽織っていて、独特な口調の「束紗(つかさ)」
自ら調合していた試作品の媚薬をもっていたんですが。
それを、普通の飲み物と勘違いした彼を諦めさせるべく一気飲みしてしまい…。
どうにも止まらなくなってしまうのでした。
近親系ではないんですが、シチュエーションなども個人的に好み。
エレベーターで可愛い女の子と2人きりになると、なんらか妄想しますよね(笑)
雰囲気そのままの控えめバストがいい感じ。
本編後に1ページおまけが追加されていましたよ。

147:「いじわるしないで、せんせい」
文化祭を一週間後に控え、張り切る生徒会長「葉月」
付き合っていた教師とキスしていたところ、生徒がやってきて。
取り急ぎ机下に隠れてもらったんですが…というもの。
羞恥プレイですね。
こうしたシチュエーションとなった男性は、ほぼ大多数がああするでしょう(たぶん)
この漫画のポイントは、「葉月さん」がその最中に生徒「長谷川」から告白されている点
細かい心情描写がイイ感じ。
先生は複雑だろうからなぁ。
オチでやや機嫌悪い「葉月さん」が実に良いです。
またいぢめたくなりますね。

生徒会長「葉月」、ミルカ
※左:生徒会長「葉月」、右:ミルカ

165:「突然降って湧いた遺産は異国の少女」
189:「えっちな下着は好きですか?」
フリーター「須賀吏一」が家に戻ると、銀髪碧眼の女の子が抱きついてきたのでした。
そんな訳で、1億という遺産と美少女がいきなり手に入る、漫画らしいオープニング。
頭の整理もつかぬままでしたが、彼女「ミルカ」は風呂場に入ってきて~という流れ。
まぁ、勘違いして当然。
ただし、そうエロエロはしておらず、初々しく可愛らしい反応
キスねだるコマがキュートでした。
後半の弁護士とのやり取りが楽しい。
そりゃそうだ(笑)
彼女の昔がちらと描かれた、続き「えっちな下着は好きですか?」
下着を買いに行く流れなんですが。
エラいエロ下着をチョイスしておりました。
店のお姉さんに選んでもらった、とのことでしたが、普通あんな下着置いてないですよね?
(よく知りませんが)
そのままえっち発展していました。
前話で曖昧だった部分が補完されており、2話続けて見るのがオススメ。

 【 その他 】

以上、「うた乃」センセでした。
成年系同人誌が活動のメインのようでしたが、どちらもオリジナルなようで。
単行本化し易いんですかね。
こちらが2冊目でいいのかな。
ひでるさんはたぶん今回が初見でした。
成年漫画らしく、えっちに比重あるんですが。
どちらも前後をもう少し見たい気がしました。
好みな作画なので、次巻も注目したいと思います。


お兄ちゃんとあかるい近親計画 (KAIOHSHA COMICS)お兄ちゃんとあかるい近親計画 (KAIOHSHA COMICS)
(2015/04/04)
うた乃

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ポニーテール

■少女廻り (宮原歩)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ファンタジー、学園、恋愛
・構成 : カラー(4P)、5話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮原歩(みやはら・あゆむ)」センセの「少女廻り」です。

謎の少女「ミレン」
※謎の少女「ミレン」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
ストーリーを通じて登場するのは、謎の少女。
彼女がナビゲーター的に進むのか、という感じだったんですが。
1話目での印象とは違い、結構繋がりのある、しっかりとしたストーリーになっていました。
過去に戻ったりなんだりする、ファンタジーな漫画。
ラブコメと言う単語の軽さはなく、全般的に静かでしっとりめ。
全般的に重く・暗く、結構な重量感もあったので、苦手な方は要注意
いちおう、読後感は悪いものではないで、ご安心ください。

強い線での作画。
濃淡では黒が目立って強く、全体を引き締めている印象です。
そのほかの色づきはそこそこ。
描き込みは細かいですが、過ぎるほどではありません。
コマは中小で重なりが多く、枠間はほぼなく。
作画具合もあって、かなり賑やかなページとなっていました。
それでもデジタルで丁寧さもあり、見辛くはないと思います。
切れ長な黒目の人物画が特徴。
ミステリアスなキャラはロングの黒髪と共にセンセの絵にピッタリ合いますね。
バランス面とか構図・配置など、なんとなーく引っ掛かるのはいつも通り。
それも重箱の隅程度で、漫画に違和感はなく。
迫力も安定感もあり、多少の癖が問題なければ大丈夫でしょう。
判断については、裏表紙のカット絵か、「ティーアイネット」さんのサンプルが見易いです。

 【 収録話 】 5話収録

”絶望の現実を救うことができるとすれば…それは過去を変えることでしかありえない…”

ネット上に流れる不思議な都市伝説の1つ。
午前3時ちょうどに、もう一度会いたい人物を想いながら命を絶つ。
すると、「ミレン」という少女が現れて過去の世界に連れて行ってくれるのでした。
ごく簡単ですが、だいたいそんなん。

学園を舞台にしたファンタジー恋愛漫画。
1から3話まではオムニバス形式で、謎の少女「ミレン」の力を借りて現実を変えるべく過去に戻るというもの。
基本的には良い結果となる筈なんですが。
2話から早くも雲行きが怪しくなり、以降はラストエピソードへと繋がっていきます。
最後が「ミレンさん」自身のお話となるのは、こうしたネタのお約束。
この各話の運びは見事でした
オチ前の台詞とか、なるほどという感じ。
よくまとまった漫画に仕上がっております。

三園菜々、芙蓉さゆり
※左:三園菜々、右:芙蓉さゆり

003:「未練の刻<第1話> ~憧れのクラスメイトと~」
昔から人と関わるのが苦手で仕事もうまくいかない「岸田友則」
自殺を考えた彼は、過去に強い未練があり。
どうせならば、とネットに流れていた都市伝説を試してみようと考えたのです。
漫画の基本となるべき1話目。
確かにそんな感じ(笑)
主人公「岸田くん」は学生時代、同クラスの「三園菜々」に憧れていました。
容姿は無論のこと、優等生でスポーツが出来るアイドル的存在。
そんな彼女から不意に声を掛けられた彼は、日曜日図書室に来てほしいとお願いされたのです。
まぁ、行かないかなー。
行かないだろうなぁ。
でも本を返しに行くって大義名分はあるのか。
頑張って行こうよ。
…とかなんとか。
ああした成年漫画な展開になるかどうかは置いといて、誰しも似たような経験はあるだろうと思われ。
そうしたあるある的な意味で色々と想像もし易く、優れたネタの1話目
「ミレン」によって過去へ戻った「岸田くん」
ここでのポイントは、ちゃんとこれまでの記憶を持っていること。
ほかの漫画にありましたが、記憶なくしてたら前と同じ行動取るでしょうからね。
しかし、「菜々ちゃん」はエロいなぁ。
性的なことに対する興味を本を通じて「岸田くん」に気付き、妄想膨らませていたのかな。

045:「未練の刻<第2話> ~水泳部の幼なじみと~」
亡くなった幼馴染み「芙蓉さゆり(ふよう・-)」
面倒見良い娘で、よく「裕貴」を気にかけていたんですが。
ちょっとした口論をしていた彼は、自殺とされた彼女の直接原因ではないか、と周囲から言われるようになっていたのでした。
そんな感じで、「さゆりさん」が死ぬのを止めるべく、「ミレン」の力を借りようとするもの。
前半部分の「裕貴くん」に注目。
ちょっと前フリになってますね。
同じく記憶を持っていた彼は、水泳部の彼女が1人亡くなっていたプールへと向かい。
そこでのやり取りがため、えっち発展しています。
巨乳設定な「さゆりさん」のスクール水着姿がいい感じ。
こんなの毎日ぶらさげてんのかよ、という重量感のようです。
ムチムチでしたよー。
そのままプールえっちになっていました。
オチはあんな感じでしたが…いちおう想いは通じいて関係性も変化しており、彼のああした性格は幼馴染みで付き合いも長いのである程度把握はしていると考えられ。
なんらかトラブルには当然なるかもしれませんが、同じ結末までにはならないと思うのだけれど。

085:「未練の刻<第3話> ~内気ないじめられっ子と~」
クラスでいじめの対象になっている「高島マミ」
「ユウジ」は彼女とは小学校が同じで、ちょっと遊んだことがある程度の関係。
どうすることもできなかったんですが…ある日、いじめでずぶ濡れになっていた彼女を目撃した彼は~と言うお話。
3話目ともあってか、エンディングに繋がる重要な情報が冒頭に。
また、お話も今までとは流れが異なっており、「ミレン」の力で過去に~という漫画ではありませんでした。
えー、詳細は伏せますが。
全編えっちシーンが豊富で、また今までと違ってラブい色はなく。
非常に後味の悪いエピソードとなっています。(※良い意味で)
まぁ、冒頭もそうでしたが、今回は最終話の前フリ的なお話。
続く4話でも2人登場するので、どんな感じになっているのか、ご期待下さい。

高島マミ、ココロ・春江
※左:高島マミ、右:ココロ・春江

125:「未練の刻<第4話> ~発情少女に囲まれて~」
167:「未練の刻<最終話> ~未練の少女~」
そんな訳で、前フリ後の最終エピソード。
こちらの主人公は「ユウジくん」の兄「トオル」
4話目は流れとしてはだいたい同じなんですが。
決定的に異なるのは、「トオルくん」が都市伝説な存在である「ミレン」に覚えがあること。
そのため、幻想世界での2人のやり取りもこれまでとはまったく異なるものとなっています。
過去に戻った彼は、委員長「春江」、「ココロ」、「岬」というタイプ違う女の子らとの複数えっちに。
しれっとしてますが、こう見ると…「ミレン」はえっち好きなのねぇ(笑)
ただ、あのプレイはいいんだか、悪いんだか、という感じでしたが。
直接続く最終話。
まぁ、あれがイイとは思わないわな。
再び「ミレン」と接触を試みる「トオルくん」は無事再会。
意外な形でのえっち展開になっていました。
控えめなバストが可愛いです。
そもそも、”赤い花の髪飾り”は、彼女の想いそのものという感じですし。
オチは綺麗にまとまっていました
あの指絡ませるシーンはぐっときますねー。

 【 その他 】

そんなこんなでお馴染み「宮原歩」センセでした。
ティーアイネット」さんの新刊情報を見て驚き。
こないだ読んだばかりだと思っていたんですけれど。
(※そのうちアップしますが、「彼氏なんていらないけど~」も読んでます。)
仕事早いなぁ。
やっぱりスピードは大切ですよね。
ただ…なんか、惜しい。
今回は1冊に実に巧くまとまっていて、ラストも良い感じで、決して悪いとは思わないんですが。
どうも、もうひとパンチ足りない、欲しい感じがしてしまいました。


少女廻り (MUJIN COMICS)少女廻り (MUJIN COMICS)
(2015/04/03)
宮原歩

商品詳細を見る



★「宮原歩」センセの漫画紹介記事

霜枝さんちの明るい食卓
 初単行本。霜枝家の母子とイチャイチャな初単行本。1冊まるまるの長編です。一般。
望月さんの恋文
 初の短編集。ビジネス系が多めでした。一般。
はんまめいど!
 主人公の失った記憶とは!?という、スイミングスクールでのラブコメ長編。一般。
この会社はおかしすぎる!?
 菓子メーカーが舞台の陰謀渦巻くオフィス・ストーリー。一般。
ラブあねえっち
 2歳違いの義母「高村花苗」と2人きりで生活という「あねママ!」を収録。初の成年系。
恋色おとめ
 幽霊ヒロインとの「僕だけが彼女に触れられる」を収録。成年。
いつでもどこでもどんなことでも
 フェチっぽい要素あるラブコメ短編集。短編「Hなこと言ってみるテスト」が楽しい。一般。
ハメあいゲーム
 ゲームヒロインが実体化するファンタジー長編。成年。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー スクール水着

■ねとられ乳ヒロイン (蒟吉人)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] コメディー、人妻、コスプレラブコメ、眼鏡
・構成 : カラー(8P)、短編×11話
      (うち「カヤ姉iシリーズ」×4、「愛妻戦士マイティ・ワイフ」×4)
・おまけ: 作品解説、設定「愛妻戦士マイティ・ワイフ」、加筆修正。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蒟吉人(こん・きっと)」センセの「ねとられ乳ヒロイン」です。

人妻「泉カヤ」
※人妻「泉カヤ」

 【 構成・絵柄 】

収録は中編と短編での構成。
その中編は表題作と、以前単行本から続いているらしいシリーズもの。
メインとなる連続話は、変身ヒロインが活躍するアクション漫画。
まぁ、実際のところバトルシーンなんてちょろっとだけですけどね。
各話完結で、様々なシチュエーションが楽しめるタイプです。
シリーズ中編もだいたいそんな感じ。
各話で色々な衣装となっており、コスプレちっくな色がありました
ちなみに、どっちも人妻設定です。
短編で登場していたヒロインは2名が先生で、当然ながら年上。
裏表紙の女子高生が唯一の同い年(くらい)ですね。
タイトルに”ねとられ”とあるので、不安に感じる方がいるかもしれませんが。
どっちかというとコメディー調に流しており、要素としてはさほど強くはありません
なにしろ、その対象だろう2人が天然っぽい方なので。
また、不確かな、相手がまだ定まりきらない恋愛関係と違って人妻であり、ほぼその感覚はありませんでした。
特に気にせずとも大丈夫。
あ、逆にお好きな方は、ちょっと期待外れになってしまうかも
そっちのが注意。

しっかりとした線での作画。
全体の色づきはそこそこですが、黒髪が少ないこともあってかそう黒は目立たず。
白比率あり、スッキリとした味わいです。
描き込みは不足感ないものの、そうコテコテした風情でなく。
原稿は派手めでけっこう賑やかでしたが、見辛さはありませんでした。
乱れとか崩れもほとんどなかったです。
バランスはデフォルメあり。
ヒロインもたっぷりなアダルト具合で、個性の強いもの。
男性も同様で、変に目立つことも多く。
そのあたりの癖が問題ないか、どうかが判断の分かれ目だと思います
カラーでもそう変化はないので、カバーイラスト。
あるいは裏表紙は黄色に隠れてカット絵があるので、そちらがサンプルに良いでしょう。

 【 収録話 】 14話収録

007:「愛妻戦士マイティ・ワイフ」 4話
近隣の平和を守る、”愛妻戦士マイティ・ワイフ”
その正体は人妻「朝日奈マリー」なんですが…。
パワーの源である”ラブ・エナジー”は、妻「マリー」の秘密を知らない旦那の精液。
最近は夜の生活が希薄になってきており、危機的状態が続いていたのでした。
大雑把にはそんなお話。

変身ヒロイン「マイティ・ワイフ」こと「朝日奈マリー」と、怪人「チェリー・ボウイ」のバトルを描いた漫画。
なんとなく「アリスソフト」さんの某ゲームを思い出しますが。
こちらは人妻。
また、パワーの源はいちおう愛情タップリというのがポイントとなっているため、誰の精液でもOKではないのです。
2話目で旦那の同僚にサレた時は、僅かな量(1メモリ)しか溜まっていませんでした。
単にえっちすりゃーいいのではないんですねー。
まあ、実際のところ成年漫画なので、バトルシーンはちょろっとだけ。
なんのかんのとえっちに発展しております。

愛妻戦士マイティ・ワイフ
※愛妻戦士マイティ・ワイフ

1週間ご無沙汰だという1話目。
変身した直後のラブ・エナジー残量は、2メモリくらいでした。
ウルトラマンなどと違って変身時間を示しているのではなく、パワーそのものの値であるらしく。
攻撃はまったく効かず、えっち展開になっていました。
変身ヒロインのコスチュームなままというのはやっぱり良いものですね。
その最中がTV中継されてるのが可笑しいです。
生中継とか言ってましたが、ガッツリ18禁だよ。
なにやら負け続けているらしい2話目。
パワーはたまらないものの、怪人にえっちをされることで逆に相手のエネルギー源を絶つこととなり。
結果的には撃退しているのでした。
そんなこちらは、前述したように旦那の同僚とのえっち。
ちょうど怪人「チェリー・ボウイ」が出現したことで、仕方なくえっちに流されるのでした。
彼が気をつかった(?)ことが逆に巧くいかない展開がまた素敵
普通に見たら、ドえろい奥様ですよ。

珍しく「マイティ・ワイフ」絶好調という3話目。
「集まった観衆もこれにはガッカリだ!」
そんな実況と、ブーイングの皆が楽しい。
ここでは3話にして初めて(笑)彼女の超必殺技が見れます。
あれはアレで良いかも。
ただし、その勢いがつきすぎて、無人島まで飛んで行ってしまうという展開でした。
えろい貝殻ビキニでしたけど、変身後は全裸になっちゃったりするパターン?
それはまた違った展開ができそうですが、単に1戦交えた後だったのかな。
えっちは切実で、脱出のため。
男性がああした雰囲気(※本編でぜひ確認下さい)であるためか、なかなかパワーがたまらず。
連続でサレてしまう、どっかの凌辱モノみたいなお話になってます。
それでいいのか、変身ヒロイン。
オチはお約束ですね。
バトル無しの最終4話。
「マイティ・ワイフ」のコスプレ撮影会のイベントに旦那を発見。
勘違いされ、モデルとされてしまうのでした。
と言うのも、会場に怪人「チェリー・ボウイ」の宿主たる気配を察知したため。
発見するべく、そのまま潜入を続けるんですが…そもそもイベント自体がマトもなものでなく。
複数えっちに発展するのでした。
インチキながらちゃんと「マイティ・ワイフ」のコスプレしていて、画面としては最も派手なもの。
中盤のおバカ展開が実に良い感じ。
ちょっと格好良いところを見せてくれましたが…結果としてそれが切っ掛けとなるのでした。

いちおう収録はこんな感じ。
明るいストーリーでコメディーとかパロディーちっくな要素もあり。
こうしたヒロイン話がお好きな方に刺さるだろう漫画でした。
ひでるさんも好みです。
ぜひ続編が見たいですね。

003:「カヤ姉inビーチ ~AV編~」 カラー原稿
093:「カヤ姉inビーチ」
115:「カヤ姉☆バレーボールに挑む」
135:「喪服のカヤ姉」 カラー原稿あり
24才子持ちの人妻「泉カヤ」さんの短編群。
過去単行本から続くシリーズとのことでした。
丸い眼鏡なヒロインですが、オフなこともちらほら。
”姉”の漢字そのまま、お姉さん然とした包容力ある可愛らしい方でした。

冒頭「カヤ姉inビーチ ~AV編~」はカラーのショート。
続く本編の別パターンですね。
オチは「ジュン」くんが飾っています。
「カヤ姉inビーチ」は、そのAV編がいかにして撮られたか、みたいな感じ。
家族で海水浴に来た「カヤ姉」
息子「タケシ」が寝ていたAV嬢に怪我をさせた(…と言っても大したものでないですが)ため、代わりに出演することとなってしまったのでした。
まぁ、どう見ても「カヤ姉」のが売れ線ですからね。
監督・スタッフの連携は見事
何のかんの言いつつ、あっさり出演してしまう「カヤ姉」も素晴らしい。
そんな訳で、浜辺でのえっち展開。
いちおう近くに旦那もいる筈なんですが…。
こちらは途中から眼鏡オフになってます。

ブルマ姿の「カヤ姉」が見れる、「カヤ姉☆バレーボールに挑む」
奥様に嫉妬されて、練習をたてにいびられてしまい。
倒れてしまった彼女をコーチが解放するという流れ。
いきなりおっぱい丸出しで、撮影されてるんですけど、気付かない「カヤ姉」が素敵。
可愛いなぁ。
バレーをやるため、こちらでは終始眼鏡オフの状態。
格好も手伝って、なんだか女学生のようにも見えます。
こうしたスポーツものの定番で、マッサージを切っ掛けとしたえっち展開。
ええい!ちらっと見ちまえ!
というコマが好き。
喪服姿の「カヤ姉」が色っぽい、「喪服のカヤ姉」
義父の葬儀に出た「カヤ姉」は、その借金を肩代わりすることとなってしまうのでした。
幽霊となっていた義父が憑依したことでのえっち発展。
まぁ、アレを傍から見たらエロい女性にしか映らないだろうなぁ。
前後にガッツリされていました。
途中の旦那がまってく役立たないのが楽しい。
しかし、喪服えっちというのは…どこまで着崩すか、難しいですね

155:「先生と山田君の後日談」
カンニングを疑ったことを切っ掛けに、生徒と関係してしまった女教師。
念のため、と買っていた検査キットを発見した彼氏は勘違い。
なんと、フラれてしまったのでした。
そんな訳で、根本原因である彼に絡むうち…という流れ。
実はこちらも過去単行本からの続編です。
先生は眼鏡ヒロインのうち強めなタイプ。
グチを言って引っ越しを手伝わせ、挙句酒の相手をさせていました。
えっち展開は酔っぱらったことが切っ掛け。
まぁ、咥えるまでは自分でやっていたので…自業自得か。
ただし、オチを見る限り策であった可能性もありそうね。

175:「ピンクスクリーン」
本日で閉鎖となる映画館に訪れた常連客の2人。
うち、彼女は感受性が高く、内容によって気絶することもあったほどなんですが。
館長は2人の仲を進展させるべく、ポルノを上映したのでした。
だいたいそんな切っ掛け。
ロングな黒髪とカチューシャが似合う、清楚なヒロインとのエピソード
他短編とはやや異なる風情で、個人的にお気に入り。
裏表紙の彼女ですわ。
黒パンストが素敵。
他に客もおらず、映画館でのえっち発展。
上映している台詞の言うとおりにしてしまうところがポイント。
いちいちその言うことを聞く彼女が実に可愛く、単なる便乗えっちだけでないのは見事でした。

先生、黒髪の女の子
※左:先生、右:黒髪の女の子

195:「人魚がペットになった日」
水泳部のむちむちな臨時顧問「ミラ」先生とのお話。
”練習にならない”
というのはその通りですね。
「ミラ先生」は褐色肌で髪色薄い、ギャルっぽい風情なんですが。
およそ教師っぽくない、面積小さめな水着なのでした。
むちむちですよ。
ポロリもありました。
先生から逃げる部長さんを捕まえるシーンが可笑しい。
うっかり入ってしまった流れで、プールえっちに発展していました。
周囲に部員がいたため、後半は当然ながら複数です。

 【 その他 】

以上、「蒟吉人」センセでした。
ひでるさんはたぶん、こちらが初見。
このブログ作業であらためて見て気付きましたが。
「ねとられ乳ヒロイン」の”乳”は「new」で読ませるんですね。
わはは。
単行本は↓表紙の感覚から手に取ったんですが。
正解でした。
メインは期待通りの好みなネタで、また短編も良かったです。
「ピンクスクリーン」のヒロインもキュートでしたよ。

ねとられ乳ヒロイン (いずみコミックス)ねとられ乳ヒロイン (いずみコミックス)
(2014/04/28)
蒟 吉人

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : アクション ラブコメ コメディー コスプレ

■ピス is らぶ (高城ごーや)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 尿、ラブコメ、貧乳、妹
・構成 : 初単行本、短編×8話。
・おまけ: あとがき、カラーイラスト、
      描き下ろし(たぶん)「おまけのオムツ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高城ごーや(たかしろ・ごーや)」センセの「ピス is らぶ Piss is Love」です。

駒鳥きらら
※駒鳥きらら

 【 構成・絵柄 】

収録は中編と短編が1つずつ。
メインは同キャラのそれぞれ別シチュエーションという雰囲気。
特にコレというストーリーではなく。
お得意の放尿ラブコメが色々なパターンにて展開されておりました。
楽しく読めるラブでコメなところは短編も同様ですね。
徹底してます
なお、詳しくは後述しますが…。
連続話は途中で追加の新キャラによって冒頭の設定がほぼ崩されていて。
それがため、どう落ち着くのか読めない、ふわふわっとしたストーリーに感じられました。
プレイ的には良かった面もあるかもしれませんが。
お話としては、”悪くないけど…微妙”と言う印象。
その点では、ネタ・キャラを含めて、収録の短編のが良かったです。
とりあえず、尿好きかどうかが大きなポイントには違いありません。
それ系では明るく爽やかさもあり、抜群に読み易い仕上がりだと思います。

強い線での作画。
枠線を含めて黒が強く。
全体の色づきもしっかりしていました。
描き込みに不足感はなく、丁度良いくらいでしょう。
枠間は小さく中小コマで原稿はごっちゃり。
そのプレイもあってか、コッテリ具合な漫画です。
人物絵はふっくら頬で広い輪郭。
そして適度なくらいの顔パーツ具合となっていて、可愛いお姉さんという感じ。
小物・背景などのバランスに優れ、メリハリ具合も良く。
そうした点で気になる個所はありませんでした。
漫画もお上手で迫力あって引っ掛かる所はなく、サクサク読み進められます。
最大の問題はやっぱりプレイの癖かもしれませんね。
判断については、表紙裏のカット絵が参考になるでしょう。
どっちかと言うと、カラーより白黒のが良いと思います。

 【 収録話 】 14話収録

005:「にょうカプ!」
057:「にょうとも!」
095:「にょうしゅぎょ!」
145:「にょう×コン」
「高木ゆう」こと「雄哉」が即売会で知り合った、「白露ハルン」こと「春香」
お互い初参加同士で隣のサークルとなっていたんですか、ジャンル・属性がぴったり一致しておりました。
そうした縁で交流が始まったんですが、飲み会の席でちょっとしたやり取りがあり。
ギャラリーのあおりも手伝い、尿作家同士でバトルすることとなってしまったのでした。
しかし、実は「雄哉」はリアルでは未経験だったのです。
大雑把にはそんな感じ。

これらはタイトル異なりますが、全て同じシリーズの連続話。
お互い、同人誌の漫画家さんという設定でしたが。
意外にそんな要素は薄く。
続く2話目「にょうとも!」でもう1人のヒロイン「駒鳥きらら」が加わってから、彼女のキャラに全てが圧倒されるような感じになってます。
あとがきに、”主役張りに目立つキャラになった~”と書かれていましたが。
良くも悪くも確かにその通り。
彼女がため、メインの「春香さん」が霞んでしまったように見えました。
出すにしても、個人的にはせめて2話くらいはカップルの2人だけで色々させてあげたかったなぁ。
ロリロリっとした明るい彼女が好みな方には良いかもしれませんが。

「白露ハルン」こと「春香さん」
※「白露ハルン」こと「春香さん」

カップル成立話の「にょうカプ!」
普段の生活であり得る範囲の描写~とはセンセの言葉。
「春香さん」と知り合ってからコミュニケーションを交わすようになり。
飲み会でのああしたシチュエーションもあり得そう。 
販売部数では「春香さん」に圧倒されていたため、「雄哉くん」が意地になってしまうのは当然。
しかし、彼女もまったく引きませんでしたねー。
やっぱりギャラリーが多数いたのが原因が。
ここでのやり取りはヒロイン然としていて、非常に良いものでした
そんなこんなでのえっち発展。
結局、真実を明かすのは事後のことなんですが。
まぁ、似た者同士で良かったねぇ。

そんな訳で、「きららちゃん」が参加する「にょうとも!」
公園で野外プレイをしていた「春香」・「雄哉」
前半は2人。
しかし…よく出るなぁ。
「春香さん」の放尿シーンがたっぷり楽しめます。
そこにいきなり加わる、同性癖の「きららちゃん」
瞳の中のハートマークがポイント。
くるくるツインテールで貧乳のロリロリっとした娘(ちなみに「春香さん」は巨乳)でしたが、
これでも立派な大人の女性なのですぅ
とのことで。
複数でのプレイに発展しています。
いちおうえっちに対しても積極的でしたが、「春香さん」の制止で直接行為はありません。
かけたり擦ったり程度ですね(笑)

「にょうしゅぎょ!」は「きららちゃん」の提案で”おしっこ修行”をするというもの。
日常でトイレに行かず、その度にプレイをするという感じです。
「雄哉くん」のを「きららちゃん」が飲むというのを皮切りに。
あちこちでプレイとなります。
ここでのポイントは、まだ常識的な感覚ある「春香さん」
頑張って夜まで我慢していたりして…身体に悪そう。
また、前話でもちらと描かれていましたが、「きららちゃん」に対して不安を感じる様がリアル。
女の子だねー
そんな嫉妬を受ける当人「きららちゃん」はお仲間が出来てよほど嬉しいのか、あちこちで飲んで・出して、を繰り返しておりました。
髪下ろした時のが可愛いです。
キャラが弱くなっちゃうか。
なお、すっかり忘れてましたが、冒頭では久しぶりに漫画の話題が出ていました。

最終エピソード「にょう×コン」は…コンがお話のメインですが、どんなんかはいちおう内緒。
そう意外なものではないと思いますけどね。
「春香さん」が「きららちゃん」に相談を持ちかけ、彼女のために色々セッティングするという流れがため。
やはり目立っているのは「きららちゃん」
いままで描かれなかった彼女の秘密もちらと明かされておりました。
最後は当然ながら複数プレイ。
意外にも「きららちゃん」とは直接行為ないままなんですが。
ラストまで自然とカップルの間に普通に入ってましたよ。
たぶん描き下ろしだと思いますが、本編後の「おまけのオムツ」も必見。

義妹「真理奈」
※義妹「真理奈」

183:「こたつの中で…?」
元旦にて義妹「真理奈」と過ごす兄。
両親は初詣に出掛けており、こたつで2人きりでいるうち~というお話。
開始時点で既に関係している2人。
尿意を感じた「真理奈」はこたつから出たくないため、兄にコップで受け止めるようお願いするのでした。

ふんわりとした髪の毛の「真理奈ちゃん」が可愛くて好き
なんだか「えのあきら」センセみたい。
そのキャラとか八重歯とか。
この娘いいなぁ
また、こたつをめくった際のパンチラが非常に良いんですね、醍醐味ですよね。
おしっこ出るところわかる?
とかなんとか、いちおう兄に対して物凄い台詞を言ったりしてました。
ただ、コップだけでは容量が足りず…というのがえっちへの切っ掛け。
こたつ入ったままのプレイが素敵。
現実にはなかなか難しいでしょうけど、あんなん漫画ならではですねー。
後半はまた物凄い体勢になってましたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで「高城ごーや」センセの最新刊でした。
こちらが5冊目の単行本。
ブログでは、「にょう☆どう?」、「天使のおしっこ」、「にょうけんっ!」、「おしっこ×おしっ娘」などを紹介していました。
変わらぬおしっこネタですね。
”おしっこ伝道師”とか紹介文にありましたよ。
凄いなぁ。
前述してきたように、正直メインはあまり刺さらなかったんですが。
短編の「真理奈ちゃん」にぐさーと刺されました
短編ならでは、の良さがあることは承知してますが、ぜひまた登場してほしいです。


ピスisらぶ (MUJIN COMICS)ピスisらぶ (MUJIN COMICS)
(2015/04/03)
高城ごーや

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール パンチラ

■純情みだら (包)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] コメディーファンタジーラブコメ
・構成 : 初単行本、カラー(12P)、短編×9話。
・おまけ: あとがき、カラーイラスト、
      描き下ろし「純情みだら」 加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「包(つつみ)」センセの「純情みだら」です。

地縛霊「宮田春奈」
※地縛霊「宮田春奈」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
描き下ろしありますが、本編の後日談とかではなく、また別の短編でした。
↓表紙の娘さんな漫画ですね。
いかにもラブコメっぽい雰囲気なんですが、ジャンルはコメディー
ちょっと独特な個性のあるキャラが登場してます。
特に男性キャラは童貞率高く、変なキャラとして結構振りきれていて。
悪目立ちしているのが多いですね。
そうした感じなので、読み手によって刺さるかどうか大きく変わりそう
どちらも楽しく描かれており、読み易さはあると思います。

しっかりとした線での作画。
濃淡・全体の色づきは適度なくらい。
描き込みにも不足感はありません。
枠間なくなったり、重なったりと大小コマは複雑で細かめ。
はみ出し・ぶち抜き多く、原稿はごっちゃり賑やかでした。
ややあっさりという感じもありますが、絵は綺麗な仕上がり。
しつこさなく、良くまとまっていました
小さいコマとか引き絵でもバランスを保っていていい感じです。
ただし、漫画という面ではもう1歩、2歩足りない。
絵と吹き出しの配置、漫画の流れなど、ちらほら見辛さがありました
身長ある人物画で、全体縦長な印象。
どっちかというと漫画らしい可愛さで、お姉さん系です。
濃厚な色気はないものの、爽やかさあるもの。
結構コメディー崩しもあったので、人を選んでしまうかも。
判断については、そう変化ないので↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

007:「ドーテイハンター妹」 カラー原稿あり
兄妹の近親モノ。
いわゆる中二病でウザい感じながら、意思の弱い兄「春」
30歳童貞を達成していまったんですが。
そんな事を呟いていたところ、妹「さや」に聞かれてしまったのでした。
リアクション大きく、面白い彼。
あの感じでは…まぁ、「さやちゃん」も友達紹介できないわね。
そうした兄とは裏腹に、タイトルそのまま彼女は”童貞を美味そうと感じる”ほどの熟練者。
「さやちゃん」からえっち仕掛ける流れです。
義理、という単語なかったので、キッチリ実兄妹の筈ですが…まったく躊躇なく脱ぎ、ぱっくりしている彼女が凄い。
あのぅ、そんなんならもっと早くに相手してくれればいいのに(笑)
オチも凄い。
童貞とか関係なく、とりあえずえっち好きなんだろうなぁ。

妹「さや」、幼馴染み「梶原みのり」
※左:妹「さや」、右:幼馴染み「梶原みのり」

031:「坂本さん家の心霊現象」
上京した「坂本聡介」は、女性の霊が現れると有名で格安な物件に引っ越してきました。
もともと寺生まれで自信もあった彼にとって、霊は大したことない存在でしたが。
地縛霊「宮田春奈」は、彼の予想以上に面白い感じだったのです。
なぜかメイド服姿の彼女。
実は「聡介くん」には女装趣味があり。
それも彼の私物で、勝手に借用されていたのでした。
一見普通そうなのに…この単行本マトモな男性少ないなぁ
他の住人は姿や声が完全に認識できなかったようですが、「聡介くん」はさすが寺の息子さん。
バッチリ見れて会話が出来るだけでなく、殴ったりなんだりもできました。
そんな訳でえっちにも至るのです。
初対面時の「春奈さん」は抜けれなくなったと壁に挟まった楽しい状態
この隣に下半身だけ出ている様は個人的に刺さるネタです。
悪戯してて抜けちゃうんですけどね。

このくるくる動いて喋りも達者な地縛霊「春奈さん」が良く、シリーズにもできそうな感じでした。
彼の趣味的にもコスチュームに困らないと思われ、色々シチュエーションが想像できます。

051:「淫魔のおしごと!」
普通の恋愛に憧れる淫魔「パオラ」
しかし、その母に連れられ「藤原優太」の精液を採取することとなったのでした。
いきなり全裸で、独りプレイ最中だったと豪語している「優太くん」
またそんなんか(笑)
とりあえずお口で頑張った彼女に、えっち仕掛けるというもの。
まっったく淫魔っぽさがない「パオラさん」が可愛い。
絵的にそう小さくないですが、漫画では貧乳という設定でした。
1回戦の後、本性が発揮されたのかキャラが変わるのでお楽しみに。
なかなか恥ずかしい通り名をつけられていましたよ。

075:「ねばー☆ネバー」 カラー原稿あり
”どっちが朝食として相応しいか”
それを判断してもらうため、とある男性の元に納豆の精、オクラの精という2人が押し掛け、えっち勝負をするというもの。
複数えっちですね。
せっかくカラー原稿部分もあるので、服装とかもう少しそれぞれ元ネタの特徴が発揮されて欲しかったなぁ。
いちおうそんなんあったものの、見た目はごく普通の女の子だったので。
オチではもう1人、ロリっぽい娘が顔を見せるのでご期待下さい。
どーでもいいですが、ひでるさんはどっちも苦手食材です。

099:「残念系彼女」
二次元好きな「杉本浩平」が見るに、ビッチとなってしまった幼馴染み「梶原みのり」
同じクラスになって、ギャルゲー的な展開は望めないと思っていたところ。
なぜか最近の彼女はやたら可愛らしいキャラになっていたのでした。
変な要素を取り込んだがため、大変オモロイ感じになってる「みのりさん」
思わず「エロゲかよ!!」とか突っ込まれていました。
ああ、それだ。
ヒロインが変な人という珍しいエピソードです。
ただしそんなんでもさすがに経験値は高く。
「浩平くん」を手玉に取っていました。
野外えっちですよ。

121:「欲求不満の榊さん」
物静かで真面目な生徒「榊」さん。
実は教師とえっちしてるようなセックス中毒だったのです。
うっかりそれを目撃してしまった「門倉」くん。
どっちかというと引いてる彼に対し、弱味握られた、口止めとかいう名目でえっち仕掛けるのでした。
そんなエロい「榊さん」のエピソード。
もの凄い積極性で、なるほど確かに中毒なのかも。
えっちにもそんなんでしたが、成績も良さそうね。
「門倉くん」との相性良く、漫画ではえっち相手が彼に落ち着くという感じでした。
ただ…普通に考えて、童貞だった彼とのえっちが教師とのソレに勝るというのはファンタジーかなぁ。

141:「付き合うってこういうこと?」
図書室でのえっち展開。
付き合いたての「悠」と「草太」
土曜日に彼の部屋に誘われ、えっちな想像をしていたんですが。
それは彼氏「草太」も同様で、場所関係なく思わずえっち暴走してしまうのでした。
そんな感じの甘いカップル話です。
眼鏡と太い眉毛で、どちらかという野暮ったいヒロイン「悠ちゃん」
いかにも文系って感じでした。
冷静になり、謝った「草太くん」でしたが…結局止めることはできず、そのままえっち発展。
ちらほら他の生徒もいる中でのプレイです。
本棚のすぐ反対側とかにも人いたりするんですけどねー。
実際にやったらバレるでしょう。
(あるいは、気付いても避けるかな)
あれで嫌われなくて良かったねぇ。

「榊さん」、「悠ちゃん」
※左:「榊さん」、右:「悠ちゃん」

165:「ちょっと待ってよ睡魔ちゃん」
お兄ちゃん」とか言って抱きついてくるのは睡魔「すいま」ちゃん。
明日にテストを控える彼は、その誘惑から逃れようとするんですが…というもの。
まぁ、勉強中は些細な事でも気が散りますからね。
性的なことで人を深い眠りに誘う、恐ろしい「すいまちゃん」
ツインテールでビキニ姿なんですが…察するところ、羊なイメージでしょうか。
事後に一言言ってましたけど、デキる女性ですね。

189:「純情みだら」 描き下ろし
表題作のこちら。
登場するヒロイン「遥」さんは↓表紙の娘でした。
グレーのセーラー服もいいですね。
なんだかノスタルジー感あって。
お客さんいないし
とか言われてましたが、喫茶店なのかな。
営業中に店主「祐司」へ彼女からえっち仕掛けるという流れ。
いちおう付き合ってるらしい2人は、「遥さん」がベタ惚れ。
営業中に仕掛けるのは、彼としては迷惑だと思うんですが。
そっちのが興奮する、とのことでした。
そりゃそうでしょうけど、どこで覚えたんだろう。
そもそもの原因は「祐司くん」っぽいなぁ。
オチのあれはもう1話描けそうですね。
即座にエロい展開になってそう。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「包」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
紹介帯には期待の大型新人と書かれていましたが。
漫画描き始めて3年くらいらしく、単行本はペース早め。
出版社さんの期待が伺えます。
個人的に刺さるトコロとは異なるものの、漫画は面白かったです。
人外の皆さんは…正直もうひとデザイン欲しい感じ。
その点、地縛霊「春奈さん」はコスプレで得していたかも。
普通のエロい女性らはしつこさなく、ぱっと見でそう感じさせず、いい塩梅だったと思います。


純情みだら (メガストアコミックス)純情みだら (メガストアコミックス)
(2015/03/31)


商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ラブコメ ツインテール ファンタジー ノスタルジー

■ブルージェンダー 歪んだ愛欲の日々 (江戸屋ぽち)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 百合、学園、サスペンス
・構成 : カラー(4P)、8話収録(全て表題作・1巻完結)※続巻あるかも。
・おまけ: あとがき・おまけ漫画、描き下ろし「ブルージェンダー Be mine.」、
      カラー描き下ろし「ブルージェンダー プロローグ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「江戸屋ぽち(えどや・ぽち)」センセの「ブルージェンダー 歪んだ愛欲の日々」です。

奥村あどり
※奥村あどり

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編です。
そのうち描き下ろしの1話は、別のキャラにスポットを当てた外伝エピソードでした。
しっかりとしたストーリーのある連続話。
精神に突き刺さるような、重量感がありました
サブタイトルもあんな感じなので、勘違いはしないと思いますが。
キッチリ人は選ぶタイプだと思います
成年漫画ではあるもののジャンルは百合系で、よりそんな感じ。

サラリとした線の作画です。
薄めな色彩のデジタルな雰囲気。
描き込みはそこそこ。
背景に花を背負ったりして、結構賑やかさもあるんですが。
淡い色がため、全体はすっきりな印象です。
丁寧さはあるものの、やや線には不安定さもあり。
バランスが微妙なところがちらほら。
ただしお話を邪魔するほどでなく、勢いもあるのでそう気にはならないでしょう。
キャラ絵は尖った顎に大きい目、独特な鼻が特徴。
漫画らしい可愛いものですが、シリアスな場面ではさっと冷たく
緊張感もありました。
判断については、カラーだと↓表紙。
あるいは紹介帯裏面のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 7話+外伝収録

名門女子校の文芸誌にて、小説を発表している「ハル」こと「平原明(ひらはら・はる)」
女の子同士の恋愛模様が書かれたそれは、校内で”百合小説”と呼ばれて人気なのでした。
そんな彼女の友人「奥村あどり」
恋する少女」を自称する彼女は、よくラブレターの代筆を頼んでいたんですが。
その恋愛依存症には病的な面があり。
2人には性的な関係もあったのでした。
大雑把にはそんな感じ。

平原明、新聞部「尾竹紅緒」
※左:平原明、右:新聞部「尾竹紅緒」

成年系な百合漫画です。
しかも1冊まるまるというもの。
いやぁ、そんなジャンルができる世の中になったんですねー。
えっちシーンをキッチリ挟みつつも、そのストーリーは単純なものでなく
女性同士の友情・愛憎劇がたっぷり含まれておりました。
次々に明らかになる事実は、最終的にトンデモなこととなってます。
もの凄いですよー
当然ですが、このお話部分が漫画の最大のキモとなっているので。
ハッキリ言って、ここで書けないことばかりです。
困った。
そんな訳で、良さが伝わり辛いかもしれませんが、ネタバレしないよう遠回りしますのでご了承ください。
(※それでも未読の方は↓先に進まない方が絶対に楽しめると思います)
えっちシーンが目立つものの、良質なサスペンス百合漫画となってました。

冒頭のカラー原稿は描き下ろし。
「ハル」・「あどり」のえっちシーンですね。
続くフィルム調での2人は…後で誰だか判明しますんで、ここはさっと流してください。
そんなこんなで1話目。
タイトル部分は「ハルさん」の書く小説イメージですね。
眼鏡でショートカットな彼女は繊細な男性っぽいビジュアルで。
その小説とも合って、なるほど女性陣から人気だというのも納得。
告白もされてたりして。
後半は、はっちゃけてた「あどりちゃん」のもう1つの表情が見れます。

告白が成功したという「あどりちゃん」
それを受けた「ハルさん」が自分の気持ちに気付いてからの2話目。
新聞部の後輩「尾竹紅緒(おたけ・べにお)」が登場。
インタビューを受けてます。
当然ながら、「紅緒さん」も「ハル」に想いを寄せる1人。
ここは顔見せくらいですが、中盤は出番が増えるのでお楽しみに。
えっちは校内での「ハル」・「あどり」
”こんな状態のあどりを男の元になんて…”
とは、その通りだと思いました。
が。
オチでの「あどりちゃん」に驚くと思います

小説が書けなくなってしまう「ハル」
冷静を装う彼女に、いつものテンションで接してきた「あどり」は~という3話目。
前半は2人のえっち…までには至らず。
相変わらず「あどりちゃん」が何やら怪しげ。
メインはその後訪ねて来た「紅緒さん」でした。
まぁ、そりゃ気付くわね。
その直後の4話目。
黒髪な新キャラ「史(ふみ)」が登場してます。
彼女は「紅緒」の友人で、漫画ではかき回す切っ掛けを作る役回り。
描写としては軽いものですが、こちらも当然百合的な願望を持つ方でした。

その助言を受け、「紅緒」・「あどり」の直接対決に発展。
普段の可愛らしい彼女とは違う、ドス黒い部分を見せる「あどりちゃん」に注目です。
生半可なんでは太刀打ちできないですね。
また、過去描写も差し込まれ、その目的らしきものがなんとなーく見えてくるかな。

スクール水着な「ハル」・「あどり」が絡み合うオープニングの5話目。
小説世界と混ざった感じなのかな。
「あどり」を求める「ハル」は、ほとんど初めて彼女の部屋を訪ねるのでした。
ここからがクライマックス。
「あどりちゃん」がその本性を発揮。
いままでの行動について語り始めるのでした。
故あって、6話途中までは彼女の単独プレイ。
黒さと共にその弱さも吐露しており、続くお話は良い感じだったんですが…

こわいよ「あどりちゃん」
※こわいよ「あどりちゃん」

真相判明の最終7話。
ここは「あどりちゃん」の過去エピソード。
重要な新キャラなども顔を見せていますが、どんなんかは伏せときます。
えー、↑上では”1巻完結”と書いてますが、オチから察するに続きがある雰囲気
どうだろう。
そうすんなり事は運ばないでしょうけど、なんとか巧くしてあげたいですね。
描き下ろし「ブルージェンダー Be mine.」
こちらは「奥村伊織」・「神近ノエ」の外伝話です。
その詳細は本編にてお願いします。
続きあるなら、これ重要なエピソードになりそうですね。

 【 その他 】

そんなこんなで「江戸屋ぽち」センセでした。
なんだか久しぶりな感じ。
前回は2012年でしたよ。
こちらのブログでは、成年系「純愛かたろぐ」、「純愛くろにくる」、「きゅんきゅんスイッチ」、そして百合姫コミックス「アオイシロ-青い城の円舞曲-」などを紹介していました。
これが10冊目くらいなのかな。
どうかな。
書店でセンセの名前を発見し、なんとなく手に取ったんですが。
まさかこーんな話だとは思わず、驚きました
続きありそうなので、この先どうなるのか期待したいと思います。

ブルージェンダー 歪んだ愛欲の日々 (XOコミック百合シリーズ)ブルージェンダー 歪んだ愛欲の日々 (XOコミック百合シリーズ)
(2014/04/25)
江戸屋ぽち

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 百合漫画 ショートカット スクール水着 サスペンス

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ