FC2ブログ

■くりぃみぃパイ (emily)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメファンタジー、巨乳
・構成 : カラー(8P)、短編×10話(うち「Crystal Baby」×2、
      「Virtual x Real」×2、「ベビードールシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、ゲストページ、描き下ろし「Virtual x Real つづき」、
      カバー裏に作品解説・別絵。 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「emily(えみりー)」センセの「くりぃみぃパイ CreamyPie」です。

奥様「はるかさん」
※奥様「はるかさん」

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズモノと2話ほどの連続話、そして短編という構成。
2話の連続話のう、1つは前後編的なもの。
もう1つは描き下ろしで後日談となっているタイプで、こっちは別シチュエーションみたいな風情でした。
シリーズものは前巻からの続き。
詳しくは後述しますが、いきなりこちらからでも大丈夫でしょう。
そうした連続・短編を含め、ファンタジー色ある単行本。
舞台は異世界でなく、はっちゃけ描写は適度なくらい。
描かれるプレイなども同様で、癖はそうありません
ジャンルは甘さのあるラブコメ
基本的に女の子の可愛さでガンガン押すタイプです
ヒロインらの雰囲気が好みであれば、問題ないでしょう。

しなやかな極細線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、濃淡はさほど濃さなく。
デジタルな色彩でした。
描き込みはさっぱり気味。
コマ割りは比較的大きめで、枠間もあり。
複雑さもないため、そう見辛くは感じないでしょう。
ふっくら輪郭で目が大きく、鼻口が小さい、可愛らしい人物絵。
ややタレ目傾向ですね。
そう変化ないですが、コメディー崩しは多め。
若干力抜けたようなコマも同様。
メリハリとも取れるんですけど…個人的にはもう少し全体に丁寧さが欲しい気がします
あまり変化しないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。
幅狭いものの、紹介帯のカット絵もいいと思います。

 【 収録話 】 10話収録

005:「いきなり!アリスちゃん」 カラー原稿あり
主人公の元に現れた女の子「アリス・フェアリー」は、自分のことを「勇者様」と呼び。
彼女曰く、異世界から会うためにやってきたとのことだったのです。
そんな感じのオープニング。
あれは一般系ですが、「内村かなめ」センセの漫画で似たネタがありました。
ただ、こちらは成年系。
会って説明もそこそこに、いきなり男性自身に手を伸ばしてます。
肉食系だねぇ
ちなみに、今回の↓表紙が彼女です。
前半は制服姿でしたが、後半は元の姿に戻る「アリスちゃん」
それっぽいファンタジー服装は無論のこと、髪型も全然変わり、別キャラのようになってました。
童顔な割にバスト大きいですね。
えっち展開となるのは、そっち世界での事情がため。
たった一夜で、私の体を女の体にしちゃって…
という台詞がえろい。
連続話の1話目っぽい雰囲気でした。

アリス・フェアリー、アイドル「美香」・「美結」
※左:アリス・フェアリー、右:アイドル「美香」・「美結」

029:「Crystal Baby」 2話
アイドルデュオ「ビューティーフラワー」の「美香」・「美結」
うち「美結」はマネージャー「良太」と付き合っているんですが…なにかと「美香」も2人の間にちょっかいをかけてくるのでした。

裏表紙の2人ですね。
冒頭でのえっち相手は「美香さん」
バスト大きく、漫画では大人な立ち位置。
台詞から、あるいは人の持ち物だからより気になるタイプなのかな。
「美結ちゃん」が怒るのも当然。
えっち展開になるんですが、あれは完全に誤魔化しですね。
騙されちゃダメだ(笑)
2話目はグラビア撮影合間の自由行動描写。
デートだと言う「美結ちゃん」でしたが、なぜか「美香さん」が介入。
複数えっち展開です。
もともと2話構成で考えていた、とのことで「美香さん」のえっちシーンはこちらがメイン。
実彼女を目前にしながら、お先に頂いておりました。
仕事も同じだし、なんのかなんの今後も付きまとわれそうですね。
…というか、そもそも商品に手出しちゃダメだよ。

069:「心の道しるべ」
バス停で出会う彼「西村敬二」と過ごす、僅かな時間に幸せを感じていた「菅原葵」
しかし、告白は出来ず。
そのうち、彼は別の女の子の告白を受け、そちらと付き合うこととなったんですが。
数日のうちに別れていたのでした。
そんな感じで、傷心な彼を慰めるような展開。
漫画のページ制限もあるんでしょうけど…彼ちょっとあっさり乗り換え過ぎでは??
まあね。
突然の雨で制服透けた感じの「葵さん」は、確かに魅力的ではありましたが。
そのままバス停えっちに発展してました。
オチの1ページが好き。
学校で凄いことするなぁ。

089:「Virtual x Real」 カラー原稿あり
193:「Virtual x Real つづき」 描き下ろし
家が漫画に厳しい「真沙美」は、「しょうちゃん」の部屋でよく漫画を読んでいたんですが。
偶然置いてあった、えっち系同人誌の詳細を知っていたことを切っ掛けに…という流れ。
まだ2人付き合ってはいないようでしたが。
普通に彼の部屋で当然のように漫画読んだりしてるところをみる限り、昔馴染みとかなのかな。
彼女もえっちに興味あると知って、ハードル下がったのでしょう。
まぁ、普段の言動から、そもそも「真沙美さん」は嫌いである筈もなく。
良かったのではないかな。
なお、冒頭のカラーシーンは同人誌。
ファンタジー世界で「クリーム」ちゃんがボス戦前にえっちしちゃう内容。
長いツインテールと貧乳がキュート。
水色髪が可愛く、彩色原稿で良かったなぁ、って感覚です
なお、描き下ろしはファンタジー世界に入ってしまった2人。
バトルの前にテンション上げたい、と言ってたらしいことで、えっちに発展してました。
どっちも、あれで戦えるのか。

113:「風邪引くベビードール」
133:「純情ベビードール」  
高校時代の同級生「はるか」と結婚した「けーくん」
えっちながら無防備な彼女との生活を描いたベビードールシリーズです。
前巻「らぶコロン」に1、2話が収録されており、こらちは3、4話。
まあ、特にややこしい細かな設定ないので、事前情報なくても大丈夫でしょう。

「風邪引くベビードール」はそのまま体調崩した「はるかさん」
ラブラブですね。
熱下がった彼女とのえっちはいいんですが。
下着穿いて下さい
咳するたび~のシーンがいいですね。
オチはこうした漫画のお約束です。
学生時代の描写から始まる「純情ベビードール」
眼鏡かけてたんですね。
そんなんもいいなぁ。
ちらほら過去描写が差し込まれていました。
流れもあって、久しぶりに制服着てみた「はるかさん」
バストの大きさがため、シャツのボタン外してたというのはエロいなー。
そのままえっちに発展しています。
しかし、学生時代にあのシチュエーションで我慢した彼は凄い。
まだ続くようなので、今後のシリーズに期待しましょう。

153:「Ginger Cat」
先輩からGWの温泉旅行を持ちかけられた「宗太」
告白して付き合っているものの、なかなか進展はしておらず。
期待いっぱいだった彼は、そこで意外な事実を知ることとなるのでした。
タイトルでバレバレですが…。
いちおう、どんなんかは秘密ね。
可愛かったですよ。
いきなりえっち仕掛けられておりましたが。
あーされたら流されるしかないですよねー。
果たして今後どうなってしまうのか…子供とか。
まぁ、頑張れ。

真沙美、長峰ゆずは
※左:真沙美、右:長峰ゆずは

173:「リボンとチョコと愛する恋人」 
サッカー部のキャプテン「トモ」
彼女が出来てからもモテっぷりは変わらず。
”チョコのブラックホール”
そう揶揄されていたんですが、自ら告白して付き合う「長峰ゆずは」からは学校で貰えず。
準備があるから、と部屋に招待されたところ…という流れ。
いやー、成年漫画ですよ。
普段あまり感情を出さない「ゆずはさん」がやるのがまた良い
付き合う彼女としては、モテる彼にそう穏やかではないでしょうからね。 
オチのあの行動が好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、「emily」センセでした。
ブログでは「メガネっ娘恋愛指導」を取り上げています。
ざっと見たところ3冊目くらいなのかな。
一般漫画も描かれていて、活動の場を広げているようでした。
やっぱり成年系かなーって気がしますが。
こちらの裏表紙は、ひでるさん好きなヒロイン集合絵になってます。
さて、誰が何処にいるのか、ぜひチャレンジしてみてください。
髪型ほか、バストサイズが大きなヒントになるでしょう。
皆さん結構大きいですわね。
左端の恥ずかしげな2人がキュートでした。


くりぃみぃパイ (ポプリコミックス)くりぃみぃパイ (ポプリコミックス)
(2015/02/21)
emily

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ファンタジー

■ゆりどりみどり (源久也)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [百合] ラブコメコメディーファンタジー
・構成 : 短編×7話+描き下ろし。
・おまけ: あとがき漫画・作品解説「あとがきマン。」、折り返しにコメント、
      合間にネタ絵、描き下ろし漫画(4P)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「源久也(みなもと・ひさなり)」センセの「ゆりどりみどり」です。

「なな」と「エリー」
※「なな」と「エリー」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
描き下ろし漫画があり、各作品のコラボものになっていました。
後日談っぽく描かれてるのもあります。
”百合姫コミックス”のくくりそのまま、ジャンルは百合漫画。
たっぷりなコメディー要素と共に、ラブラブなのが最大の特徴です
そりゃー、身悶えるくいな甘さがありますよー。
また、それでいて”単に楽しく・あまったるいだけでない”のがポイント
百合ならでは要素はキチンとあるので、お好きな人も満足頂けるでしょう。
詳しくは後述しますが、百合系でも他では決して見られないような独特なアプローチでした。
オススメです。

強めな線でこざっぱりとした作画。
淡い色使いで白比率もあり、濃淡は薄め。
描き込みもコテコテとはしておらず、必要最低限みたいな印象です。
物語の雰囲気と合って、独特なほのぼの感がありました。
安定したコマ割りで、収まり良いもの。
見易い原稿です。
人物絵はゆったりとした輪郭と丸い目の可愛らしいもの。
ちょっと癖があると思います。
目立つ乱れとか崩れはなく、漫画表現も違和感なく。
ジャンルなどを含めて苦手な系統でなければ、特に問題ないでしょう
判断については、特に変化はないので↓表紙・裏表紙でどうぞ。

 【 収録話 】 7話+描き下ろし収録

005:「姫さま林檎を召し上がれ」
あまり裕福でなかった姫「マルス」は隣国の王に見初められ、嫁いだところ。
雪のように白い肌で好みドンピシャな娘「スノウ」がいたのでした。
…と、タイトルで想像できるかな。
いわゆる白雪姫を百合漫画化した、超ファンタジー
ちゃんと鏡の精も登場。
こちらも可愛らしい娘さん。
鏡ですが平面でなく、コントでの絵画みたいに上半身を鏡外へ出せるのですねー。
その鏡の精に「スノウ」と仲良くなる術を訪ねるのが切っ掛け。
それがため、原作(?)のように、いじわるな継母になったところ~という流れ。
思わず泣いちゃう「マルスさん」がキュート。
意外な展開でしたよ、ええ。
お名前の意味になるほど、って思いました。

021:「あたしとあなたと彼女のソファ」
ソファで「はるか」を待っていた「エリー」
帰宅した彼女は、新たな女の子「なな」を伴っていたのでした。
そんな感じで、三角関係っぽくなるドキドキ話。
ネタバレしないよう、詳細は伏せますね。
油断して読んでいたところ、前話以上の引っ掛け(?)がありました。
な、なるほど。
色々匂わす感じはありましたわね。
途中で「ななちゃん」はお風呂に入るんですが、全裸で再登場したのはちょっと意外。
不意にイイ貧乳を頂けました。

鏡の精、絵の少女・てけてけ
※左:鏡の精、右:絵の少女・てけてけ

039:「学園近距離恋愛怪談」
学園七不思議の1つ、
「階段の踊り場に夕方6時にいると、絵の少女が抜け出してきて殺される」
その絵の少女(霊)は、ちょうど窓越しの本校舎から見える「トイレの花子さん」とコミュニケーションを取るようになっていて。
ふとした好意をもっていたものの、地縛霊なため動くことはできず。
ただ窓越しにコンタクトを取ることしかできなかったのです。
そうした頃、幽霊騒ぎを問題視した学校側は、絵の撤去を決定したのでした。
だいたいそんな感じ。
個人的に収録で最も好きなエピソード。
まさか怪談話が百合漫画になるとは思いませんでした
さすがは「源久也」センセ。
先の「鏡の精」さんと2人して中扉をカラーで飾っていた「てけてけ」さんはこちらにサブキャラとして登場。
2人と違って移動できるため、重要な役回りになってます。
あとがき漫画の解説にも描かれてましたけど、確かにあれで正解かも。
制服の下はどうなってるのかな。
撤去される際のクライマックス部分は、不意に泣きそうになった(本当)くらい、物語に引っ張られました。
描き下ろし部分が楽しいです。

055:「世界は百合で満ちている」
2人で暮らす「あき」・「修子」は両想いの百合カップル。
一緒にいるだけで幸せだと思っていたところ、臨時ニュースが伝えたのは”百合婚の合法化”だったのです。
これまた他の漫画では見られない、ぶっ飛んだネタのエピソード。
伝えたニュースの女性がその流れでお天気お姉さんに告白する流れは小気味よく。
その後の新聞・雑誌や、専門誌「ユリシィ」まで実に楽しい。
こうして、にわかブームのようになってしまった百合婚について、それを望む「あき」が悩むのがメイン部分。
はっちゃけネタにキチンとした描写が混ざり、高い完成度ある1話です

073:「キサとサキとあかいいと」
こちらもファンタジー世界でのお話。
18歳の誕生日の朝に見えるようになる”不思議な赤い糸”
その先に繋がっている人が、運命の相手なのでした。
ちょぅど誕生日となった「サキ」は糸が双子の「キサ」に繋がっていたことを確認してはしゃぐのですが。
ギリギリ誕生日が1日違いの「キサ」はまだそれが見えていなかったのです。
猫耳っぽい髪型なヒロインですね。
まあ、どちらも両想いなんですが…素直でない「キサちゃん」が可愛い。
コッテリ、ド甘いお話ですよ。

089:「私のヒーローさん」
ヒーロー好きな「莉奈」とアクション女優(スーツアクター)な「汐」は、同棲するラブラブカップルなんですが。
仕事を重視する彼女がため、その好意を不安に感じていたところ…と、だいたいそんな感じ。
女性が戦隊モノのレッドをやるというのは、凄まじい大抜擢ですねー。
殺陣は間違えると大怪我になるので、注意散漫なのは危険。
RX」が楽しい。
ひでるさんその世代ではないのですが。
しかし、こうしたネタを百合漫画として仕上げるセンセはまた凄い。

「あき」・「修子」、「岸壁に百合の花は咲くか」の2人
※左:「あき」・「修子」、右:「岸壁に百合の花は咲くか」の2人

107:「岸壁に百合の花は咲くか」
彼女にフラれ、気付いたら断崖絶壁にいた…という、珍しく大失恋で始まるエピソード。
あとがきによると、最後のひねくれ、だそうです。
まぁ、なんのかんの言って甘いのには違いないんですが、こうした変化はいいですね。
深刻なお姉さんに対し、
ああ!確かに容量少なそうよね!
とか彼女に言われてしまう、体育会系な女の子が楽しい。
結構お似合いよね、2人。
良質な百合コメディーとなってました。

125:「ゆりどりみどり」 描き下ろし
127:「ゆりどりけもの」 描き下ろし
128:「ゆりどりかのじょ」 描き下ろし
描き下ろしは4コマっぽい雰囲気のショート。
実際、「ゆりどりけもの」と「ゆりどりかのじょ」は4コマ漫画です。
各作品のキャラがコラボするというもので、前述したとおり「姫さま林檎を召し上がれ」、「学園近距離恋愛怪談」、「私のヒーローさん」の3作品がコラボする「ゆりどりみどり」が実に面白い。
専門誌「ユリシィ」がまた出てくる、「岸壁に百合の花は咲くか」の後日談っぽい「ゆりどりかのじょ」も良かったです。

 【 その他 】

そんなこんなで「源久也」センセでした。
ようやく手に入れることができました。
ひと通り読み終わって思ったのは…やっぱりコッチだなぁ、と。
(※先に「ろくじょ~ひとまの ねこがみさま」を読んでいたのよ)
自由な発想での百合短編群で、個人的にハズレなエピソードはありませんでした。
全話集合しているカバー絵とか、描き下ろしもいい感じ。
あ、なにげに↓表紙のアレは描き下ろし「ゆりどりかのじょ」の続きになってるのか。
(登場カップル中、関係が微妙なあの2人は何を見るのかな)
百合長編「ふ~ふ」よりも楽しめました。
短編お上手ですねー。


ゆりどりみどり (IDコミックス 百合姫コミックス)ゆりどりみどり (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2014/11/18)
源 久也

商品詳細を見る




★過去に紹介した百合姫コミックス
★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ファンタジー アクション

■発情ヤリすぎこれくしょん (Lapis Lazuli)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、野外、コスプレ
・構成 : カラー(8P)、短編×11話。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Lapis Lazuli(らぴすらずり)」センセの「発情ヤリすぎこれくしょん」です。

霧さん
※霧さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
同一世界みたいな繋がりもなく、純粋な作品集でした。
ジャンルとしてはラブコメ
えっちに慣れたヒロイン多く、そう嫌な素振りもなく色々なプレイをしてくれてます
野外とかコスプレみたいなのが目立ちましたよ。
スッキリとしたお話の流れで、変なややこしさはなく。
だいたい↓表紙・裏表紙での期待通り、魅力的なヒロインらとのアレコレを楽しめます。
短いながらキャラに強さあり、続きが読みたくなる感じでした

強めな線での作画。
濃淡は適度なくらいですが、全体の色づきはシッカリしていて。
描き込みはやや細かめ。
細かいコマ割りで、はみ出し・ぶち抜きなど原稿は賑やか。
結果、なかなかコッテリとした仕上がりです。
枠間はけっこう確保されてるんですけどね。
クリっとした黒目が可愛い、漫画らしい人物画。
処理で凹凸表現柔らかな、むちっとした肉感的なスタイルです。
服などもえっちっぽく描かれてました。
たまにバランス面で気になるところもありましたが、些細な程度。
読む上でそう引っ掛かるような個所はなかったです。
判断については、だいたいカラーでも大丈夫。
あるいは、紹介帯のカット絵が見易いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

005:「exception!」 カラー原稿
ヌードビーチっぽいのがあるらしい。
そう友人から聞かされた「涼太郎」
さっそく行ってみると、女性は1人しかいなかったんですが。
際どい水着の「麻」は撮影していた彼に気付き、誘ってきたのでした。
だいたいそんな感じ。

あ、いちおうそこには厳格なルールがあり、撮影はOKなのです(配信はNG)
「麻さん」は裏表紙の髪長い女性ですね。
本編ではみつ編み。
完全な初対面にも関わらず、あっさりとしたえっち展開でした。
なんらか裏があるのかなーって見てましたが、そのまま終了
彼の友人もグルで、”カップルになるための作戦だった”というほうがしっくりくるかなぁ。
まぁ、そんな所に露出過多なビキニ着て来るというのは、えろい女性であるのだろうけど。
浜辺えっちでした。
あのオチから、もう1話描けそうね。

025:「やりのこし」
年末を迎えていた「冥(めい)」・「透(とおる)」のカップル。
やり残していたことを行うこととなり…という流れ。
「透くん」の心残りは当然ながらえっち系。
どう調達してきたのか、某マジックミラーな車で「冥ちゃん」をバニーコスプレにしていました。
成年漫画のお約束で、驚いてるコマでは既に着替え終わっていて、車内でスタンバイ済みだという(笑)
ギャラリーもちらほら集まってきている中での露出プレイでした。
まぁ、マジックミラーなんで見えてはいないんですけどね。
個人的にバニーの場合はお尻を堪能したいんですが、描き方はだいたい正面位置です。

冥ちゃん、めぐちゃん
※左:冥ちゃん、右:めぐちゃん

041:「そういう気分」
アスレチック施設のある公園(?)までデートに出掛けた「一心(いっしん)」・「めぐ」
楽しく遊んでいた2人でしたが、とある切っ掛けで「めぐ」はスイッチが入ってしまったのでした。
この単行本には眼鏡名当時要しますが、そのうちパンチラ担当な「めぐちゃん」
かなり丈の短いものを着用しており、縞パンがあちこちでチラチラしてました。
アクティブで可愛らしい娘ですね。
えっち展開も彼女からのお誘い。
アソコを縄で刺激したことが切っ掛けです。
そのまま野外えっちに発展。
子供が遊ぶところでのプレイ、を楽しんでおりました。
施設を有効利用してましたよー。

061:「しゅくだい!」
081:「ちぃおっきい」
特にこの2話には繋がりなどはありませんが。
ヒロインらがあとがき絵で並んでいました。
前者「しゅくだい!」は付き合う従妹「まお」との夏休み風景。
計画的に宿題を終わらせていた「信二」に対し、「まお」はまだ手つかずな状態で。
自由研究の題材をえっちにすれば良いのでは、と考えたのでした。
正確に何歳か分かりませんが、バカ野郎ですね。
ただ、そんなんでも学術的な要素あれば評価貰えると思いますが…2人のしたことは、コスプレとかプールとか祭りなど、単にシチュエーション変えてのプレイ。
どーでもいいですが、そこから何を提出したんだろうか。
後者「ちぃおっきい」はお隣の「霧」さん。
彼女に恋する「小山郁」は自分の背丈にコンプレックスを持っており。
やっぱり大きい方がいいですか!?
思い切って、そう聞いてみたところ。
それを男性器サイズだと考えた彼女は、年頃だしと勘違いしたまま彼のズボンを脱がすのでした。
年下相手にエロい発想ですねー(笑)
「霧さん」は収録眼鏡ヒロインのうち、丸眼鏡の可愛らしい方。
場所が家内なためか、ノーブラなシャツにホットパンツという刺激的な格好です。
そもそも彼女が男性器を露出させたため、成年漫画らしくお口から発展。
勘違い続くまま、年上女性らしい優しさあるえっちでした。

101:「ハメハマ!」
義妹「藍紗(あいさ)」と相思相愛な「羽山宗助」
えっちはいつもお尻で終わっており、そろそろ直接~と考えた彼は、カップルに人気だというプライベートスポットへ彼女を連れだしたのでした。
あれ、単に施設充実したラブホですよね。
縞模様ビキニな「藍紗ちゃん」が実にキュート。
可愛らしい顔に似合わぬスタイルです。
ほんと仕方ないなぁ、兄さんは…
とかなんとかの台詞が良い。
そのままお風呂えっちになっていました。
なお、なにゆえ今までお尻であったか、の答えもちゃんと描かれてましたが。
なかなかドえろい発想がためでしたよ。

121:「WALL!!」 カラー原稿
受験生「間柱蓮」はとなりから聞こえる独りえっちの声に悶々としていたんですが。
その声の主が色っぽい「椿綾音(つばき・あやね)」だと知り、直接訪ねてみることとしたのでした。
玄関先で、いきなり露出させて見せつけた彼。
もし間違いだったら、しっかり警察のお世話になるシチュエーションですね(笑)。
あれで部屋に引き入れる「綾音さん」もかなりのエロ女性。
”性欲強過ぎてお付き合い続かない”
とあったので、果たして彼が継続して満足させることができるかどうか…。

141:「付喪神」
ナンパ失敗した「大和」
帰り道で助けた猫は付喪神「椿」だったのです。
精を糧とする彼女は、えっちしたいという彼の申し出に快く応じたのでした。
偶然かな、また「椿さん」ですねー。
猫耳神様とのえっち。
尻尾もありました。
いちおう和服を着てますが、露出過多なデザイン。
「大和くん」は人間ながら神様「椿さん」が驚くほどの持続を見せ。
どうなるのかなー、って思っていたら、驚きの結末となります。
あれは良かったのかなぁ。

157:「うぉーきんぐ」
食べるの好きな「未知」は年末年始での行動からダイエットすることとなり。
彼氏「大志」とウォーキングしていたところ…というお話。
走る「未知さん」はスパッツ姿。
非常に良いお尻でした
彼氏があーなるのも納得。
確かにその場でしたいですわね(笑)
「未知さん」はなかなかノリ良い娘で、野外ながらあっさりOKしてくれていました。
魅力的なお尻で、個人的には収録ヒロインで最もお気に入りです。
裏表紙のもう1人が彼女ですね。

義妹「藍紗」、「未知」
※左:義妹「藍紗」、右:「未知」

179:「実験バカ」
実験部の教授(通称)はえっち漫画の通りになるか、助手(通称)の彼と共に実験するのでした。
収録眼鏡ヒロインのうち、知的でツリ目なタイプ。
白衣でのえっちがいい感じ。
そうした雰囲気の割に、なかなか可愛らしいこと言ってましたよ。 
背丈小さいようだったので、また異なるシチュエーションでみたいですね。

193:「こういうはじまり…」
ずっと好きだった、と「椎名葵」から告白された「天川滝(あまかわ・たき)」
しかし、彼の返事はNOで。
ずっと独身でいこうと思ってた
とまで言われてしまったのです。
そこで、「葵」はセックスフレンドになると提案したのでした。
なかなかエロい妥協案がいいですね。
「葵さん」それっぽい雰囲気ないのに。
裏折り返しでカラー絵が見れます。
様々なプレイも従順に従っていましたが、そこまでの好意はやや重い気が(笑)

 【 その他 】

そんなこんなで、「Lapis Lazuli(らぴすらずり)」センセでした。
「うみょんげ」という名義もあるようですね。
こちらのブログでは、以前に「Metamorphose~メタモルフォーゼ~」を取り上げています。
今回は…ざっと見たところ、8冊目くらいでいいんでしょうか。
↓表紙のヒロインに釣り上げられました。
髪型とか色彩が良く、構図もきちーっと収まっていていいですね。
赤白の服装はなんだか巫女さんみたいで、和洋折衷な感じ
ただ。
たぶん、この娘本編には登場していないと思います。
(※実は探しつつ読んでいたひでるさん)
ちょっとがっがり。


発情ヤリすぎ・これくしょん (ポプリコミックス)発情ヤリすぎ・これくしょん (ポプリコミックス)
(2015/02/21)
LapisLazuli

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コスプレ パンチラ

■変愛彼女 (天乃一水)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 特殊性癖、ファンタジー、複数
・構成 : 短編×7話(うち「変愛彼女」×3)
・おまけ: あとがき、カバー裏に「before...after」、スペシャルサンクス、
      描き下ろし「巻末オマケ漫画 世界のその後…」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「天乃一水(あまの・かずみ)」センセの「変愛彼女 ~やだ・彼氏のが他の娘に入っちゃってるう~」です。

羽黒雪奈、新道さん
※左:羽黒雪奈、右:新道さん

 【 構成・絵柄 】

収録はメインの中編と短編群です。
単純に話数としては少ないものの、各話ページ量は多く
読み応えはまったく問題ありません。
メインはおおむねストーリーある連続で、これちらも数の上では3話でしたが。
単行本のだいたい半分くらいを占める長さがありました。
全部で202ページくらい(?)のうち、104まではそのエピードでしたよ。
特殊な性癖を持つヒロインの話で、後述しますが独特なアプローチ
あまり見られないネタで、個人的には好き。
短編でも独特な性癖もつヒロインがいましたよ。
そのほか短編は、ファンタジー要素あるもの。
前半とは異なり、好き嫌いがあるかも。
ただ、特殊と言ってもそうブラックな色はなく、読み辛さはありません。
その点は問題ないでしょう。

クッキリとして強さある線での作画。
全体の色づき・濃淡具合は適度なくらい。
描き込みもだいたい丁度良い塩梅です。
強すぎず、あっさりでもなく。
コマ割りは中小で、ほぼ枠間はなく。
はみ出す、ぶち抜くなど、かなり賑やかなページの仕上がりとなっていました。
擬音などの文字とか、派手で力のある感じ。
目立つ乱れや崩れなく、勢いにも優れた漫画です
ただ、重箱の隅をつつかせてもらうと…。
やや引き絵に弱さがあるかなー、という印象。
人物絵は目鼻などしっかり描かれたタイプで、リアル・漫画の良いとこ取りというもの。
そう漫画・漫画はしてないんですが、シッカリ可愛らしさもありました。
そのリアル要素がため、前述したちょっとした所が目立ってしまう事はあると思います。
濃い目でパンチもあり、そう変な癖もないので幅広く好まれそう。
判断については、裏表紙のカットがかなり見易いのでオススメ。

 【 収録話 】 7話収録

005:「変愛彼女」 前中後編
「森谷録郎(もりや・ろくろう)」は清楚系なお嬢様である先輩「桃瀬ちかげ」と付き合っていたんですが。
えっちで満足させたとがなく、悩んでおりました。
現状に甘えてはいけない。
そう考えた彼は、「ちかげ」に直接聞いてみたところ…驚くべき性癖が明らかになったのでした。
だいたいそんな感じ。

単行本のおよそ半分あたりを占める中編。
すでに付き合っている「録郎」・「ちかげ」のカップル話ですね。
メインの「ちかげさん」が、表題な感じでかなり特殊な性癖なため、ややこしさあるんですけど。
それがため、もう1人のヒロイン「羽黒雪奈(はぐろ・ゆきな)」が巧いことハマるという面白い感じになっていました。

先輩「桃瀬ちかげ」
※先輩「桃瀬ちかげ」

「ちかげさん」の性癖が判明する前編。
普段眼鏡で、カチューシャの似合う優等生然とした彼女。
眼鏡オフ状態ですが、↓表紙の彼女ですねー。
真面目そうですが、えっちにも寛容ないい娘さんでした。
危機感を抱く「録郎くん」の心境は分かる・分かる。
付き合うのにはなかなか苦労しそうですが、あの乱れっぷりを見れば男性的にOKか(笑)
”面倒くさい人”
とか称されていたえっち後についても、可愛らしくていいですね。

そんなんを踏まえての中編。
彼女の性癖にも慣れ、学校での行為が日常となっていた頃。
それをネタとした、「雪奈ちゃん」が正式に登場しています。
義妹ながら「ちかげさん」をライバル視する彼女は、彼氏を奪うことを考えたのですが…というもの。
その様子で、ぱっと察する「録郎くん」
さすがは彼氏ですね。
強い態度を維持していた「雪奈ちゃん」の可愛らしいスタイルを堪能ください。
そんなんを目撃している「ちかげさん」のアレはまた凄い
最終の後編でも、まだあきらめていない「雪奈ちゃん」が関与。
彼女の過去について描かれております。
前話もそうですが、成年漫画でメインヒロインとなかなかえっちしないというのは実に斬新(笑)
いちおうエピソードはココで結末。
ただ、オチでの「ちかげさん」の笑顔が凄まじい。
なかなかの重症っぷりでした
この後どうなってしまうのやら。

105:「発恋コンプレックス」
教師「岡部」は太めな体型で、それもあってか体臭が強いらしく。
気付いた学生時代から色々手を尽くしたものの、改善される様子はなく…。
コンプレックスとなっていたのです。
そんな頃、授業中に生徒「新道」が倒れてしまったのでした。
自らが原因だと考えた彼は、教師を辞めようと考えていたところ、彼女は意外な言葉を口にしたのです。
だいたいそんな感じ。

えー、コレえろい漫画なんですが。
同様の悩みを抱える方に希望をもたらす、非常に良いお話
さすがに泣けはしませんが、温かな気持ちになると思います。
そう、ニオイというのは人によって受け取られ方は様々。
男性の汗のにおいとか、OKな女性もいるようなので。
(※無論。それも人それぞれなようですが)
それがああした、可愛らしい女性ならば最高。
舐めるだのなんだのの際、キラキラとした笑顔が印象的
オチもいい感じでした。
これから巧くいけばいいですね。

133:「聖夜の奇跡」
149:「召しませ!たまも御前」
179:「世界はキミのチ○コにかかっている」
収録のうち、ちょっと異質のファンタジー3作品です。
まず、「聖夜の奇跡」はタイトル通りのサンタ話。
サンタ「アヤ」がプレゼントを置いて家から出ようとしたところ。
壁抜けの装置(?)をトナカイに細工されたことで、お尻だけ引っ掛かってしまったのでした。
ひでるさん好きな、下半身だけが壁の向こうというシチュエーション。
最近のサンタは、壁抜けてくるんですね。
こわー。
ミニスカサンタな「アヤさん」は、ちょっと強気そうな娘。
可愛いです。
また違うパターンで見たいですね。
ただ、ちょっと残念だったのは…トナカイ(のコスプレしてるような男)の細工がもとでハマってしまったため、それを満足させるべくお口で始めているんですが。
直接えっちがその後であるという流れ。
やっぱり、意識外にある下半身の異変に気付いて驚く~というシチュエーションが見たかったので。

サンタ「アヤ」、妖狐「玉藻さん」
※左:サンタ「アヤ」、右:妖狐「玉藻さん」

人間の封印をようやく破った妖狐「玉藻(たまも)」
復讐の前に、まずは腹ごしらえと考えたところ…という「召しませ!たまも御前」
和服姿の似合う「玉藻さん」
ちょうど捕まえた男性がデリヘル待ちでテンション高く、またえっち技術も豊富であったことで、逆襲されてしまうのでした。
途中から普通に狐耳出てましたが…あれはいいのかな。
当初違和感を覚える描写もあり。
察するところ、この男性はなんらか能力があるという設定なんでしょうか。
普通は腹上死のところ、逆に精を奪ったりしていました。
小さくなった「玉藻さん」がまたキュート
ちゃんとそのままえっち(?)されちゃいます。

それらは、日常にファンタジーが混ざるという感じでしたが。
人類の存亡なんて大変な事態になっているのが「世界はキミのチ○コにかかっている」
強大な存在を破る力を持つ魔女、”強欲”の「アヴァリチア」を「ケンイチ」はえっちで満足させることとなったのです。
…とそこに、もう1人”色欲”の「ルークスリア」がさらに参戦してきて~という感じ。
「アヴァリチアさん」はとんがった耳以外は特に普通なんですが。
2人目「ルークスリアさん」はもともと先輩「漆原」な姿で彼の前に姿を見せていたことがあるとかなんとか、短編のこのページ数にしては設定が細かく、また現実的ではないもので。
ややページ不足かなーという印象です。
モノローグ多用してましたね。
複数えっち。
たぶん描き下ろしだと思われる「巻末オマケ漫画 世界のその後…」は本編の続き。
4ページのショートで、こちらも複数えっちです。
ここの要素も含めて、せめて前後編くらいで再構成してほしい気がしました。

 【 その他 】

そんなこんなで「天乃一水」センセでした。
こちらのブログでは、「淫凛女教師」を以前に紹介しています。
今回で9冊目でしょうか。
あとがきによると、漫画生活11年目突入と書かれていました。
お疲れ様です。
センセのHPにお邪魔してきましたが、単行本発売記念企画がありました。
購入した方はぜひ。
せっかく見つけたので、エントリーさせて頂きましたよ。
やっぱり「ちかげさん」か、黒髪ロングな「新道さん」ですかね。


変愛彼女~やだ・彼氏のが他の娘に入っちゃってるう~ (真激COMICS)変愛彼女~やだ・彼氏のが他の娘に入っちゃってるう~ (真激COMICS)
(2015/02/06)
天乃一水

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ファンタジー コスプレ

■彼女、恋して、セックス (内々けやき)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 
・構成 : 短編×12話。
・おまけ: あとがき、カバー裏に設定絵(?)、加筆修正あり、
      描き下ろし「むくちでかわいいおんなのこ」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「内々けやき(うちうち・けやき)」センセの「彼女、恋して、セックス」です。

鋤巳里見、安立さくら
※左:鋤巳里見、右:安立さくら

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
シリーズとかゲスト出演みたいなのもありませんでした。
描き下ろしも普通に短編でしたよ。
可愛らしいある作画なんですが、お話はラブコメというののが少なく。
いや、ほとんどなく
けっこうヒロインが流されるままにえっちされるというのが目立ちます。
中には、バッドエンドみたいなものもありました。
全然悪くはないものの、正直なところ個人的には苦手な部類。
真っ黒というほどでないものの、イヤーな読後感でしたよ。
まともにラブラブというのが少なく、人を選ぶと思います。

その作画も個性的。
強めな線で、濃淡はそこそこ濃いめ。
描き込みはそう細かくないものの、ページ全体はにぎやか。
中小のコマ割りではみ出し・ぶち抜きも頻繁でした。
漫符というか擬音が乱れ飛ぶイメージ。
派手でパンチがあり、勢いを感じます。
ただ、その反面キャラのバランスが悪いコマがちらほら
なんというか、極端に言うと”違う人に見える”こともありました。
時期はそう離れていないんですが、漫画によって雰囲気がやや異なります。
不安定ですね。
良く描かれたコマもあり、普通にはそう気にならないと思いますが…。
個人的に今回単行本はお話・作画どちらも刺さりませんでした。
なんでだろ。

 【 収録話 】 12話収録

003:「教え子≒肉奴隷≒ご主人様」
成年DVDを買った主人公「笹木」が出会ったのは、教え子「日立」でした。
しかも、彼女はコート下の全裸を見せてくる痴女プレイをしていたのです。
両親の会社が倒産したことで強要されているかと思いきや。
単に興味あって自らプレイをしており、先生なら適任とばかりにお願いされてしまうのでした。
本来は優等生らしく、そのギャップが実に愉快
いちおうこうなる以前から先生は興味を持たれていて、そうした意味でも適任だったみたい。
中盤からの学校でのプレイあれこれが良い感じでした。
収録で好きなエピソード。

「日立さん」
※日立さん

021:「幸せなひとたち」
幼馴染み「今日子」からお弁当をもらって上機嫌な「進也」
しかし、その裏で彼女は…という恐ろしいエピソード。
話が進むにつれ、「今日子さん」の真意がボヤけてきますが。
最後の彼が本命というのは真実なのかな。
同級生とか教師らとのことも知っていたので。
…もしかして、それも指示によるものだったりして。

037:「スキモテキデモキス」
なんだか恋の呪文みたいなタイトルね。
根暗で友人もいない「里佳」
しかし、なぜか最近は学園のイケメンらのアプローチが続いていたのでした。
そんな感じで、次々に男性からえっちされる「里佳さん」
なんというか、簡単だなぁ。
最終的には複数に発展してました。
まぁ、マトもに付き合う雰囲気ではないですよねー。
「里佳さん」は眼鏡女子ですが、ロングな黒髪で知的な雰囲気あり。
本人が思うよりモテるような気がします。

055:「ソナチネ心中」
自殺を考え、練炭を購入した「鋤巳里見(すきみ・さとみ)」・「鍬田和馬」の2人。
ひょんな偶然から知り合い、お互い自殺を考えていたことで意気投合。
居酒屋で話すうち、死ぬ前にえっちの相手を頼まれ…なんとなく承諾してしまうのでした。
こうしたシチュエーションで男性が考えそうな事ですが。
まぁ、本気で自殺考えてる方は、そういう思考にはならないように思います。
こちらの場合、知り合った2人は居酒屋で話しており、適度にアルコールが入ったこともありそう。
おっちゃんにサレてしまう「里見ちゃん」がキュートでした。
オチはお約束ですね。

075:「初恋ピーピング」
幼馴染みで、深い関係になりそこねた「天宮光」さんの行為を覗き見るようなエピソード。
彼女とはキスまでしていたものの、えっち直前で親にバレ。
それから疎遠になっていた彼女と久しぶりに会話する機会があり~という流れ。
男性視点で、モノローグが多用された構成。
そのため、体験記っぽい雰囲気がありました。

095:「変身相違」
真っ暗ではないものの、結構なブラックさあるオチで。
読んでげんなりした作品。
良い意味で
それがいいんですけどね。
まじめに学校とピアノの練習を繰り返していた「子音(しおん)」
しかし、ある日その日常に嫌気がさし、練習をやめ、彼氏を作って遊ぶこととしたのでした。
だいたいそんな切っ掛け。
別にそれ自体は全然問題ないことなんですが。
要するに遊び慣れてない印象です。
眼鏡で、どちらかというと地味な委員長タイプの彼女が激変する様をお楽しみください。
あーした娘も元々はこんなんかなぁ、って思いました。
オチがどうにも寂しいです。

115:「少女の一生の80分の1とセックス」
「隆」と付き合う「美弥」
バイトが忙しくなかなか会えない不満をメールで送信していたんですが。
ちょうど、”メールで縛ってくる女がウザイ”という会話が耳に入ってしまうのでした。
だいたいそんなん。
会話は別に「隆くん」が参加しているものでなく、隣から聞こえてきたもの。
まぁ、タイミング良くて不安になりますわね。
ただ、彼は会うなり話そこそこに即えっちで。
オチの雰囲気など見る限り、たぶん大勢の1人ではないかなぁ。
特に決定的な事は描かれていないんですけどね。

133:「恋はキラリ、弾けてトランジスタ。」
いつもえっちで気絶してしまう「美琴」は、彼が満足できているか不安であり。
友人のアドバイスを聞き、頑張るのでした。
そんな感じで、「美琴」・「ゆうくん」のラブラブカップル話。
まぁ、どうぞご勝手に~という雰囲気ですね
子供っぽい「美琴さん」の頑張りを堪能下さい。

149:「コーヒー・ブレイク・アウト」
可愛いと噂の駅前カフェの店員「麻耶」
そちらの客「相田」は交際を申し込み、OKをもらったんですが…というお話。
なにゆえ、わざわざ店長に了解をもらうのかと思ってたら。
そんな感じで、「麻耶ちゃん」の裏の顔が見れるお話。
”詩集をポケットに入れて、マイペースな雰囲気”
そんな前フリと丸眼鏡が効果的でした。

165:「むくちでかわいいおんなのこ」 描き下ろし
こちらが↓表紙の女の子かな。
中扉もそうだと思うんですけど、バランスの微妙な差がため、かなり印象違うんですよねー。
大人しく可愛い「三島ゆう子」さんのお話。
彼氏と幸せなえっちをし、家では兄とのえっちに溺れ、そして学校では教師に調教され…。
その皆から必要だとされている彼女なんですが。
スパッ、としたオチを迎えておりました。
ひでるさんの頭では、よく分かりません。
依存しているのは男性だよー、ってことなのかな。

駅前カフェの店員「麻耶」
※駅前カフェの店員「麻耶」

181:「フルフラクタルタル」
こちらは6ページというショート。
妻「美也」は旦那より年上の男性と関係があり。
また、夫も後輩の「葉子」としている、W不倫な夫婦の話。
お互いその事実を知っていながら~という流れでの穏やかなオチが味わい深いものでした。

187:「とおくへいきたい。」
同窓会に参加していた「土居」
車内で目を覚ますと、横に同級生「安立さくら」が全裸で寝ていたのでした。
彼女曰く、浮気した彼氏へのあてつけで遊んだということなんですが。
記憶ない彼は、もう1戦お願いするのでした。
謝罪の電話が来るまで、ということで日本を南下しつつえっちしまくる2人。
普段何してるんだろう、と思ったら上司から怒鳴られてたりして。
まぁ、漫画ですわね。
えっちはともかく、その後の逃避行というのが実に非現実的。
あーまでしといて、オチもやっぱりなぁというものでした。

 【 その他 】

そんなこんなで「内々けやき」センセでした。
ざっと見たところ、リリースはけっこう多いようでした。
えっち系では8、9冊くらいとのこと。
こちらで紹介したのは、そのうち「恋愛女子は前しか見ない!」、「発情楽園」の2冊。
そうマイナスイメージはなかったんですが。
今回は…前述したとおりですね。
すみません、刺さりませんでした。

彼女、恋して、セックス (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)彼女、恋して、セックス (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/04/01)
内々けやき

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : バッドエンド ラブコメ

■おんなの娘の日 (安治ぽん太郎)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、性別反転、ショートカット、調教
・構成 : 初単行本、短編×11話
      (うち「女の娘だから大丈夫!」×2、「百合の気持ち」×2)
・おまけ: あとがき、表紙は紹介帯で変化、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「安治ぽん太郎(あじ・ぽんたろう)」センセの「おんなの娘の日」です。

「桐島くん」、日向櫻子
※左:「桐島くん」、右:日向櫻子

 【 構成・絵柄 】

収録は2話くらいの連続と短編。
連続モノのうち、一方はそのまま前後編でしたが、タイトル異なるもう1つもそんな感じ。
2話で1エピソードという感覚ね。
短編も含めて、収録の各話は非常に特徴的。
前半は”男子がなんらか理由によって女子に変わる”というはっちゃけラブコメ、後半は調教ちっくでハードさあるもの。
ネタの差がやや大きめなので、ちょっと注意
好き嫌い出てしまいそうなので、よくよく吟味するのをオススメ。
問題なければ、お話は独特さある良いものなので。
たっぷり楽しめることと思います。

濃い線での作画。
そもそも枠線からして強めですね。
全体の色づきは適度なくらいですが、色は黒が目立ち。
普通くらいの描き込みでもコテっとした味わい
コマ割り細かく、はみ出し・ぶち抜きほか、重なったり枠間なくなったり、とかなり賑やか。
見辛いほどではないですが。
目が大きく可愛らしさある人物絵。
背丈あり、むちむちっとした迫力あるスタイルが特徴です。
漫画にも勢いがありました。
ただ、それがためか乱れ・崩れをちらほら感じ。
コメディー崩しほか、軽い作画もありました。
もう少し安定感あればいいですね
↓表紙・裏表紙は白黒絵と雰囲気異なるモノです。
判断には立ち読みのできる「S2COMIX」がいいでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「パニック×パニック」
いわゆる男女の入れ替わりモノ。
普通のおっさんだった主人公が、バスト大きめなJKと心が入れ替わってしまったのでした。
成年漫画の短編とあって、細かい所をさっと流しているのは正解かも。
こういったことにくわしい友人がいるんだ~
…って、どんなんだ(笑)
真っ先にトイレで独りえっちをしていたところ、元JKに見つかり。
そのままえっちに発展。
お話の流れもあるとはいえ、自らのものを咥えるのはちょっと勇気いりますねー。
元々の自分とのえっちもそうですが。
ひと段落した後の、後半の描写が楽しい。
ここまで軽く、深刻さがカケラもないのは珍しいです。

027:「女の娘だから大丈夫!」
051:「女の娘になったから大丈夫?」
「星沢翔(ほしざわ・かける)」は「一之瀬薫」の幼馴染み。
気が合うためよく一緒にいる友人なんですが…昔から中性的な容姿で、面倒見も良く。
クラスの女子らは嫁と称して、からかわれたりしていたのでした。
彼女がいない「薫」は、「翔」が女子であれば~とか考えていたところ。
オカルト研部長「赤羽みちる」が妙な提案をしてきたのでした。
だいたいそんなん。

入れ替わりJK、「薫くん」
※左:入れ替わりJK、右:「薫くん」

前話と違って、こちらは性別反転のタイプ。
ただ、ストーリー導入部分を裏切り、女性になってしまうのは一人称の「薫くん」
これがポイント。
気付いた時にはすっかり女性で、着ていた制服も女子のもの。
(※どうしたのか、下着とかパンストまで着用してます)
逆に「翔くん」にヤラれちゃう、というお話なのでした。
まぁ、お互い彼女はおらず。
あるいは、彼も同じこと考えていたかも。
最中の「薫くん」はだだ泣きでしたが、その心情なんとなく分かるかも(笑)
さっきのおっさんはいきなり楽しんでいたんですけどね。
とある理由で、えっちし続ける必要があったんですが…次第に心からして女の子になってしまう彼をお楽しみください
あー見えて「翔くん」はなかなかのマニアでして、色々なプレイをしていました。
オチが楽しいです。

続く「女の娘になったから大丈夫?」はその続編。
すっかり女の子で、らしい悩みを抱える「薫くん」
そんな頃、男子に戻れるチャンスを得るのでした。
詳しくは伏せますが、コメディーな前話と違って若干のシリアスさもあり。
なかなかに盛り上がっていた後編です
このエピソードは結構好き。
スクール水着えっちになっていましたよ。
作画にもより力が入ってます。

065:「嫌いなアイツを女体化作戦(失敗)」
勉強もスポーツも出来、エリートな学園生活を送っていた「桐島」
しかし、転校生「青江春人」はよりスペックが高い上、社長の息子ながら人当たりも良く。
あっさりその立場を奪われてしまったのでした。
そこで、怪しい薬を開発する両親を持つ「野口」から、女体化の薬をゲット。
彼に飲ませよう計画したんですが…解毒剤とセットのそれは、逆に入っていたのでした。

えー、設定では。
”解毒剤はそれだけで効き目なく、飲んだ人の精子を女体化した人に出さなければいけない”
なんて、成年漫画な仕様なのでした(成年漫画ですがね)
わはは。
そんな訳で、こちらも計画した方が女性になってしまうエピソード。
事情を聞いたとはいえ、元男子な彼にあっさりとえっち仕掛けようとする「春人くん」はちょっと変わった子ですね。
前話と違い、ちゃんと(?)男モノの下着です。
挑発に乗っかって、色々させられていましたよー。
そんなこんなで、どうにか男子に戻るんですが…衝撃のオチに注目
なるほど、という感じ。
もし続編あれば、先の「薫くん」みたいになっていそう。

089:「クリスマスの災難」
変身ヒーローに憧れていた「神咲アキラ」
幼少期、自称サンタという女の子にそれを頼んだところ…「助けて下さい」というキーワードで、女性になる身体にされてしまったのでした。
長じた彼の目前に現れた別のサンタは、能力を戻すため善行をしてポイントをためて欲しいと言ってきたのです。
だいたいそんなん。
割と楽しんでらした~
なんて台詞ありましたが…まぁ、確かに、ねぇ(笑)
服着替えたり(当然下着もチェンジ)、リボン着けたりしていましたよ。
サンタの言葉に従って、女々しさから自殺を考えていた男子を励まそうと考える彼。
なかなか前向きですね。
最中でもそんな感じでした。
当初の想像とは違ったでしょうけど、これはコレで良かったのでは。
まだ色々と想像できるので、後日談描けそう。

111:「本音彼女」
入学式で「日向櫻子」に一目惚れをした「神崎」
猛アタックの末、晴れて付き合うこととなったんですが…元々無口・無表情な彼女は、OKした後はよりそれが顕著となり。
なんだか避けられているような気さえしていたのです。
その気持ちに不安を抱いた「神崎」は、科学部から”本音を言っちゃう飴”を貰い。
「櫻子」に試してみたのでした。

ようやく普通のヒロインが登場(笑)
まぁ、彼女の性格と飴の効能から察せられるだろう流れです。
入学式ではロングでしたが、現在はショートカットで可愛い。
えっちでメロメロになっており、「神崎くん」も満足でしょう。
こちらのオチが良かったです。
今までのお話もあって、こちらもすっかり騙されてしまいました。

123:「約束の残り香」
カップルのお祭り話です。
お祭り風景で、浴衣姿とくれば…野外えっちが成年漫画のお約束。
こちらもそんなんでした。
しかも超セオリーで、神社が背景でしたよ。
幼馴染みで小さい頃から意識していたものの、成長するにつれて若干の距離ができていた「大成(たいせい)」・「早瀬ひより」
友人「浩介」・「なつみ」の協力を得て、お祭りの日に~という流れ。
「なつみさん」らは、2人きりになる切っ掛けだけでなく、えっちに至る雰囲気作りまで協力していました。
わはは。
気になったのは、ヒロイン「ひよりさん」
勝負と考えていたのか、大人しそうな顔して派手な下着でしたよー。
ちょっと驚きました。

139:「家庭教師 雇うなら美人がいい!」
品行方正・成績優秀で、大企業の令嬢という「白柳美琴(しらやなぎ・みこと)」
そんな彼女の家庭教師をすることとなったんですが。
人当たり良い姿は表向きなものだったのです。
ストレス発散で、好き勝手なプレイを行う彼女。
病んでるなぁ
しかし、家庭教師という彼女は、さらに高いレベルだったのです。
そんな訳で、生意気お嬢様の調教話。
縛ったりなんだりという、変則えっちが描かれてます。
どっちも女性なんですけどね。
ただ…あれでいいのか。

「千鶴」・「結愛」
※「千鶴」・「結愛」

157:「百合の気持ち」 前後編
お嬢様学校「聖撫子女子」に通う「結愛(ゆあ)」
”お姉さま”と慕う「千鶴」がとある男子グループに狙われたため、その身代わりになったんですが…という切っ掛け。
「千鶴さん」はなかなか度胸ある娘で、単身乗り込んでいました。
うーん、ただしこのケースでは蛮勇というものかな。
(※「大江山流護身術道場/KAKERU」での台詞はその通りだと思います。2巻だったかな)
パンスト越しの黒下着がセクシーでした。
続く後編では、すっかり堕ちてしまっている「千鶴さん」
そこに衝撃の事実が
ううむ、女性は怖いってことかな。
この2人はもくじ背景・裏表紙と、カラーを飾っているんですが、まさかこんな事になるとは。
やっぱりコノ手の漫画は話がどうにも個人的に合わないです。

 【 その他 】

以上、本日は「安治ぽん太郎」センセでした。
ぱっと見で、お名前どう読むのかなーって思っていましたが…なるほど。
センセはこちらが初単行本のようです。
ネタが好みでもあり、楽しめました。
紹介帯の文言から察するに、「パニック×パニック」と「百合の気持ち」が単行本のメインっぽく描かれていたんですが。
「百合の気持ち」とか家庭教師などの、ハードなのはどうも…。
性別変わるラブコメのが良かったなぁ。
連続話とかでも全然イケそうに思ったんですが。


おんなの娘の日 (富士美コミックス)おんなの娘の日 (富士美コミックス)
(2015/02/14)
安冶 ぽん太郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ショートカット コメディー スクール水着

■耽溺フェティシズム (まる寝子)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、フェチ、性別反転
・構成 : カラー(4P)、短編×12話
      (うち「薫るカノジョ」×2、「毎日が朝オンナ!!」×6)
・おまけ: あとがき・作品解説、
      カバー裏に「著者おきにいりのヒロイン・早川さん、七恵」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「まる寝子(まる・ねこ)」センセの「耽溺フェティシズム」です。

コスプレ「羽板さん」
コスプレ「羽板さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編。
うち、連続話は2話ほどの続きモノと単行本の半分を占める中編がありました。
2話のエピソードは、メインとその後日談という感じ。
カラー原稿ということもあって、ショート短編との連続です。
もう1つは6話ほど続く漫画で、前半3話がシチュエーションえっち、後半3話は最終話へ向けての連続ストーリーという印象でした。
単行本はタイトルにあるようにフェチっぽい色漂うもの
ラブコメちっくに描かれているため、奥ゆかしさではなく、はっちゃけ感が強いです。
連続ストーリーは、”フェチ”なんて言葉ではくくれない、また強い色あいのもの。
重々しく描かれてはいませんが、全体的に特殊な性癖みたいなのが続くので。
ある程度の耐性は必要だと思います。
好みでない方には、少々キツイお話群かもしれません。

クッキリとした強い線での作画。
描き込みは適度なくらい。
全体の色づきは線同様に濃い目ですが、黒はそう強くはありません。
コマ割りは中・大とやや広め。
多少の賑やかさはあったものの、そうコテコテではなかったです
作画は勢いで押す感じ。
多少の乱れや崩れはありましたが、引っ掛かるほどではないと思います。
バランス面でちらほら、かな。
またコメディーでの崩しは大きく、引き絵には弱さがあって。
個人的には漫画部分も含めて、もう少し安定感が欲しい気もしました。
女の子は可愛く描かれてたので。
↓表紙などカラーとそう差はなかったので、そのままの判断で良いでしょう。

 【 収録話 】 12話収録

005:「視せたがり妹」
過去の出来事がため、1人で家のトイレに入れない妹「七恵」
それ以来、兄は常に立ち会っていたんですが。
最近の彼女は、わざと見せるようなポーズを取ったり、時間をかけていたのでした。
いちおうお兄ちゃんがその原因の1つであり。
立場的に弱めなのはポイントでしょう。
主導権が「七恵ちゃん」にあるんですね。
実際にあーした露出癖に繋がってしまうか分かりませんが、通常の兄妹・性癖などを覆してしまう、妙な状態が続いていたのは事実
独りプレイもわざと見せてたのかも。
後半は公園でのえっちになっていました。
ちょっとエスカレートしていたのが心配。

妹「七恵」、チアリーダー部「早川さん」
※左:妹「七恵」、右:チアリーダー部「早川さん」

025:「薫るカノジョ」
045:「ますます薫るカノジョ」 カラー原稿
隣に座る「早川」さんの女の子らしい香りに惹かれていた「宮下」くん。
彼女が書いただろうメモを拾ったため、届けようと探していたところ、その本人と衝突。
巧い事その下着に顔を埋めるような体勢になってしまったんですが。
なぜか、彼女はなかなかどかず、目に染みるような刺激臭で意識を失うまでなってしまったのでした。
だいたいそんな導入部。
先の「七恵ちゃん」は露出でしたが、こちらの「早川さん」は匂い。
自分で嗅ぐのも好きだけど、人に嗅がせるのはもっと興奮する
とか言ってました。
何度かブログでも書きましたが、好意持つとかナントカに”相手が好みの匂いかどうか”は重要な要素だと思います。
そもそも、彼がこちらの「早川さん」意識する切っ掛けもそれそのものでしたよね。
ここで予想外(?)だったのは、彼女がのてフェチ的感覚。
5日モノとか言っており、当初の「宮下くん」は、
うわっ、汚なっ!!
そんなリアクションでした。
救いだったのは、そんな彼も目覚めてしまったコト。
普通なら幻滅して終わっても不思議でないところですが、なんのかんの巧いことまっまってましたよ。
なお、↓表紙の「早川さん」もそうですが、チアリーダー部な彼女はチア服でのえっちです。
後日談「ますます薫るカノジョ」はカラー原稿の4ページショート。
赤いチア服な彼女とのえっちで、より症状が増している(笑)様が見えます。
なんというか、ガンバレ

049:「発情テイスティ」
”謎味覚”と噂される「皆川乃々華」
付き合う「高嶋」と用具室で片付けをしていたところ…本当に好きなものを発見するのでした。
そんな感じで、こちらは味覚。
匂いと似たような部分はあるかな。
「乃々華ちゃん」は汗かいていた「高嶋くん」の味に興奮しており、そのままえっちに発展。
まぁ、教室で指舐めてた時点から、だいぶ怪しかったですからねー。
体育授業の後であったため、「乃々華ちゃん」はブルマ姿でした。
むちむちっとしたスタイルが似合ってます。
オチではより強いモノ想像していましたが…そのうちやってそう。

067:「日焼けもコスの一部です」
日焼けしていてギャル風な格好の「羽板」
彼女にはアニメのコスプレをする趣味があり、ひょんな切っ掛けでそれを知った写真部「香川」はモデルを頼むのでした。
タイトルそのまま、日焼けしているのは好きなキャラがため。
なかなか徹底しているようで、バストから大事な部分まで日焼けをしていました。
こうしたエピソードのお約束で、撮影するうち~という流れ。
ギリギリ狙って、ポロリするシーンが好き。

083:「恋した彼女は処女ビッチ」
比較的モテる方だった「水口」は今まで女の子に不自由したことはなく。
結果、好きとか惚れるという感覚を持たぬまま、成長していたんですが。
放課後、1人で本を読んでいた「斎川真奈」に一目惚れ。
身辺を整理し、彼女に告白して付き合うこととなったところ…と、そんな導入部。
「真奈さん」は眼鏡でみつ編み・お下げという、地味目な女子でした。
ただ、実はエロい女の子で、未経験であったものの関連本で知識を溜めた、いわゆる”処女ビッチ”だったのです。
まぁ、いいじゃない(笑)
えっちは後半ですが、ディルドで練習してた~みたいな発言もありました。
うわー。
ある意味、そんな彼女を開放してあげて良かったですね。
オチが楽しい。
そうしたもんですよ、ええ。

103:「毎日が朝オンナ!!」 6話
収録のうち、半分を占める中編。
”朝起きたら女の子になっていた”
そんな「一ノ瀬悠」くんを中心としたエピソードです。

1話目冒頭から、いきなり女の子になっている彼。
あちこち違ってて、軽くパニックだったよ
そんな事を友人に軽く話す彼は、制服はいちおう男子なまま。
下着は妹のを借りているそうです。
凄い順応性。
近々病院に…ともありましたが、いや即向かうべきでしょ。
学校なんて行ってる場合じゃないってば。
お話は写真部の友人「佐藤」に言われ、モデルをやるというもの。
はい、皆さんの想像とおり、撮るうちえっちに発展するという流れでした。
女子の制服とか、スクール水着とか、躊躇なく着てる彼は凄い
(まぁ、性別転換がメインの連続モノではないですからね)
比較的えっちもあっさり許してましたよ。
なお、オチであった要素はほぼここだけのものです。

まだ女性なままの2話目。
既に制服は女性モノになっていて、使用するトイレも女子用…と、一直線で女子に向かっている彼。
こちらは先のエピソードに出ていた「佐藤」の弟さん。
興味を持ち出す年頃の彼に、ボランティア~みたいなのが切っ掛けです。
ああしたところは男性かなー
性欲は増しているようで、その後のえっちはまぁ当然か。
いちおう人の家に遊び来ているという状態なんですけどね。
さらに1ヶ月が過ぎている3話目は、連続エピソードの定番である海水浴話。
変わらず女の子している「一ノ瀬くん」は、かなりキワドイビキニを着用してました。
それというのも、えっち相手に不自由していたため。
「佐藤」ではダメなのか(笑)
視線は感じるものの、なかなか手を出してこないため、自ら誘うようなコトをした結果の複数展開です。
日焼け跡がいいですね。

一ノ瀬悠、広幡こずえ
※左:一ノ瀬悠、右:広幡こずえ

新キャラ登場の4話目。
1ヶ月前に突然男性器が生えてきた、という「広幡こずえ」さん。
いわゆるフタナリですね。
ああ、この場合は「一ノ瀬くん」と違って、他に相談し辛いですねー。
特に彼女はお嬢様だということなので。
冒頭は電車内でのシーンなんですが、ニョキニョキと大きくなったソレを自分のお口で静めたりしていました。
わはは、どんだけ長いんだアレ。
そうした悩みを抱える「広幡さん」は、自分と違い境遇にある学園での有名人「一ノ瀬くん」に相談を持ちかけるという流れ。
スカートからあの太いモノを誇示するように出すのはなかなかの卑猥さ。
ナンダコレは(笑)
そのままえっちに発展していましたよー。
よくあんなんが収まったなぁ。
ちなみに、「一ノ瀬くん」は前話から続いて日焼け跡でした。
そんなこんなで、親しくなった2人直後が描かれた5話目。
「広幡さん」的に、彼の事象はまた興味深いものなのでしょう。
サイズ測るという名目で「一ノ瀬くん」をブルマ姿にしているんですが…やっぱりえっちに発展。
詳細は伏せますが、「もちろん嘘ですわ」の台詞が楽しい。
そこにもう1人混ざって…と、そんな感じです。
最終6話はその3名でアレコレ。
まぁ、仲良くてなにより。
それぞれ問題を抱える身ですが、ああして1人でないというのは幸せな事ですわね。
もう戻る気ないでしょ。
オチはまた衝撃的なものでした。

 【 その他 】

以上、本日は「まる寝子」センセでした。
こちらが5冊目の単行本。
当ブログでの紹介はたぶんコレが初めてだと思います。
フェティシズム、ってタイトルにあったので、ゲットしてきました。
まさか、後半があんな”はっちゃけ連続話”になってたのは予想外でしたが。
あれは、あれで、まぁ(笑)
カバー絵のうち、裏表紙がその3名なんですが、ぱっと見でそれと分からないのが凄い。
(紹介帯の配置もあったりして)
「広幡さん」のアレも意識しないと分かんないですよね。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コスプレ スクール水着

■Candy Puff (小宮裕太)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、近親、妹
・構成 : カラー(8P)、短編×14話
      (うち「ぼくは今日も、図書室の」×3、「蜂蜜シリーズ」×2)
・おまけ: 漫画「放課後デート」、カバー裏に別絵・漫画「おうちデート」
※初回限定版はフルカラーミニ画集

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小宮裕太(こみや・ゆうた)」センセの「Candy Puff」です。

妹「椿さん」
※妹「椿さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は若干の連続モノと短編。
単純に話は多いものの、ちらほらショート漫画もあります。
また、前巻などから続くシリーズものもけっこう見えました。
ジャンルは甘さのあるラブコメで、ストーリーはそうややこしいものでないんですが。
ある程度の前提あって描かれているため、やはり知識ある方が楽しめるのは当然
気に入った方は、後からでも揃えるのをオススメ。
また、ラブコメと言ってもコメディーな要素はほんのりというくらいです。
特殊なプレイなく、ややこしい展開もなく、カップルのイチャイチャをさらりと楽しめる単行本です。

その軽い雰囲気を支えているのが、この作画。
ふんわりとした優しい線で、濃淡は薄め。
白比率も広く、さっぱりとした原稿の仕上がり。
漫画のテンポは全然悪くないんですが、漫画には穏やかな空気があり。
なにやらゆったりとした時間感覚が味わえると思います。
漫符も柔らかめ。
そのあたりが特徴的で、癖も大きく、好みは分かれる部分でしょう
人物画も同様。
五角形な輪郭と透き通る目の漫画らしい可愛さ。
バストもあるんですが、スリムで華奢めなスタイルです。
目立つ乱れなどはないものの、バランスにも独特なところありました。
カラー絵でも大きな変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いかと。

 【 収録話 】 14話収録

003:「プラクティス ラン」 カラー原稿
カラー4ページという冒頭話。
「成宮孝明」のもとに家政婦として来たのは、優等生なクラスメイト「沢渡蘭奈」だったのです。
そんな感じの、シリーズなヒロイン「沢渡さん」です。
裸エプロンえっちです。
冒頭では割烹着だったんですが…わざわざソレに着替えさせる「孝明くん」がエグい。
まぁ、プレイですわね。
なお、2人は巻末の1ページ漫画にも登場してます。
これは描き下ろしかな。

007:「痴女とあたらしい王冠」
電車内で痴女「花菜子」と出会った「颯太(はやた)」くんのお話。
彼女は触ってくるだけでなく、触らせてもくれる素敵な女性。
あれだけ可愛ければ何でもOKですよね。
また、ちゃんと自らのスカートで受け止めてくれるのも男性的には有難いところ(笑)
ちらほら彼の前に顔を見せていましたが…まぁ、ラブいお話でしたよ。

花菜子、由比花菜子
※左:花菜子、右:由比花菜子

027:「ぼくは今日も、図書室の」 前中後編
新学期早々に学校を休んでしまった「颯太(はやた)」
クラスに馴染めずにいた彼は、図書室で会うようになっていた「由比花菜子」さんと親しくなっていくのでした。
そんな感じの連続話。
文系なヒロインですね。
不思議な事に図書室以外で姿を見かけることはなく、不思議に思った彼は…と続きます。
いちおう詳細は伏せときます。
お互いの状況がため、恋愛に発展するのはよく分かるんですが。
他からはどう見えてるのか考えると、恐ろしいですね
独りプレイみたいになってるのかな。
中編の冒頭もまさにそんな感じ。
あれは…下手すると「颯太くん」が変態ですね(笑)
同じく図書室でのえっちなんですが、前回と違って部屋をしめ切っているためより大胆になってます。
そんなこんなで後編。
まぁ、だいたいセオリーな流れだと思いました。
”帰り際にキスしたら怒られた”
というくだりが、なんだかほのぼのしていて心温まります
甘いエンディングですよ。

081:「蜂蜜ソーダ」
099:「蜂蜜ラテ」 カラー原稿あり
文化祭実行委員の「春名亜梨沙」と「桐島瑞記(きりしま・みずき)」
列候補した「亜梨沙」はクラス委員の兼任するアクティブな女性。
クジ運悪く決まってしまった「瑞記」でしたが、彼女との実行委員は楽しいものでした。
しかし、文化祭の当日に~というのが1話目「蜂蜜ソーダ」
「亜梨沙さん」は距離が近いのが良い所。
学生時代であーも自然に触れてくる娘はモテるだろうなぁ。
まぁ、彼女も好意があったのだろうけど。
保健室でのえっちです。
後者「蜂蜜ラテ」はその後のエピソード。
8ページのショートです。
前半は4ページの白黒原稿で、カラーに繋がっていく変則タイプ。
要するにえっちシーンが彩色になってました。

107:「先輩が彼女。〈弐〉」
文武両道にして才色兼備という生徒会長「藤宮桐香」
そんな彼女がメロメロになってしまうのが、付き合っている後輩「水原」くんなのでした。
タイトルに「弐」とあるように、こちらはシリーズモノです。
ただ、2人出会いも描かれているため、初見でもまったく問題ありません。
その出会い部分がまた可愛らしいので、お楽しみに。
後半は現在の2人で、放課後えっちでした。
オチのイチャイチャ感が羨ましい。
あーやってみたくなりますよね。

123:「空色ジュブナイル」
”何かを探している”
…という、森で出会った少女「ミミ」とのお話。
6ページのショート漫画です。
「カナタ」は彼女の正体が昔飼っていたペットだと思っているようなんですが。
なんだかパッと分かり辛いですね。
まぁ、ちょっと不思議なヒロインとのファンタジーでしょう。

129:「ぼくの愛くるしいいもうと。」 2話
妹「椿」とは昔から仲良し兄妹でした。
しかし、海外へ修学旅行へ行くこととなった彼女に、
パスポートを取る時にわかる事だから~
…と、実は自分が養子であった事実を告げたのでした。
そんな切っ掛け。
もともと兄妹としているときから、ラブラブでして。
”昔泣かせたことがある”、というのがなんなのだか、説明なくとも分かりますわねー。
ため、「椿さん」から積極的にえっちへと持ち込んでいました。
その直接の切っ掛けが、隣の席の娘に髪留めを悪戯で付けられていた、というもの。
ふと態度を変える様に注目です。
そんな訳で、えっち後の2話目。
冒頭は「椿さん」視点。
ラブい妄想で身悶える様が楽しめます。
前回の豹変をまた思い起こさせる、お兄ちゃんのクラスメイトと鉢合わせした所が秀逸。
やっぱり私の部屋お兄ちゃん閉じ込めていいよね?
とか言ってました。
兄妹として育ってきたのに、なかなかの壊れっぷりが見事。
オチも可笑しいです。
こりゃ、色々な意味で責任取るしかないですね(笑)

163:「あのねのね。4」
初単行本から、単行本をまたいで続いているシリーズの4話目。
「高梨仁矢(たかなし・にや)」くんと長女「紫夜」さん、次女「綺耶」さんという3名の色々ですね。
こちらは、えっちな気分で眠れなくなった「綺耶さん」
寝ぼけたフリして「仁矢くん」の寝込みを襲おうとしたんですが…そこには先客「紫夜さん」がいたのでした。
そんな感じで複数えっちに発展してます。
オチに驚き。

春名亜梨沙、鈴鹿・美鈴・鈴音
※左:春名亜梨沙、右:鈴鹿・美鈴・鈴音

169:「鈴の湯へようこそ」
185:「Translove」
この2話は収録でも古めな原稿。
「鈴の湯」の母「美鈴」から姉「鈴鹿」・妹「鈴音」という3名からモテモテという前者「鈴の湯へようこそ」
線濃さがあり、バランスもちょうど良く、ひでるさんはこの頃の作画が最も好み。
お話はそこそこに複数えっち。
母「美鈴さん」が若いですね。
娘の前でどうのこうの~という台詞が良い感じ。
やっぱり人妻にはそんなんが欲しいですよ。
なお、「美鈴さん」は裸エプロン、「鈴鹿さん」は水着、「鈴音ちゃん」はブルマでした。
後者「Translove」はより古いだろう雰囲気の作画。
見比べなくてもソレと分かるほどでした。
ヒロインは義理の妹「鈴夏」
テンション高く、自ら誘った”一緒にお風呂”なんですが、スクール水着で登場してました。
まぁ、これはコレで(笑)
きっとまたお兄ちゃんのでベトベトになっちゃうもん
といトンデモな台詞を言ってました。
その通りになるんですけどね。
お風呂えっちが楽しめます。

 【 その他 】

以上、「小宮裕太」センセでした。
こちらのブログでは「SWEET THANG」、「Dreamsicle[ドリームシクル]」の2冊を紹介しています。
単行本としては、こちらで3冊目。
前巻は2011年2月でした。
ゆっくりですねー。
今回は初回限定で小冊子がついてました。
雑誌で掲載されてたカラーイラスト集ですね。
ラストには「恋仄か」という漫画も収録。
「西塔」くんに想いを寄せる「芹沢曜子」さんの机角が楽しめました。
ショートでしたが、黄色の下着がキュートでしたよ。

Candy Puff 初回限定版 (ホットミルクコミックス)Candy Puff 初回限定版 (ホットミルクコミックス)
(2014/02/28)
小宮 裕太

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ファンタジー スクール水着

■Aサイズ (岡田コウ)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 貧乳、ショートカット、近親
・構成 : 短編×6話(うち「つまさきだち」×2)
・おまけ: 合間にあとがき・作品解説、加筆・修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田コウ(おかだ・こう)」センセの「Aサイズ」です。

奈央ちゃん、義妹「咲」
※左:奈央ちゃん、右:義妹「咲」

 【 構成・絵柄 】

今回の収録は前後編エピソード1本のほか、全て短編。
話数から察せられると思いますが…少なくとも各話ページ量は多く
全部で232ページほどあり、ブ厚いものです。
しかも、奥付までもがお話の一部分となっていて、無駄がまったくないのが凄い
また、出版社さんの宣伝文句によると、
”ほぼ全ページに加筆修正を加えた単行本エディション版”
とのことで。
非常に高い完成度の1冊となっていました
さすがは「岡田コウ」センセ、頭が下がります。

ジャンルのトップは、いちおう貧乳としてみました。
珍しくお姉ちゃんキャラがいたりするので。
お話は、センセどっちかと言うと、ブラックなのが多いんですが。
今回は…
「気がつけば、暗めなお話が多くて自分でびっくり~」
とか書かれてたように、ダークな雰囲気漂うエピソード群になっていました。
ネトラレっぽいのもあります。
それでも、短編がためか”より深刻になる前”で終わっており、連続話ほどの黒々しさはないと思います。たぶん。
変化球ですが、ラブいエピソードもありましたし。
ブラックなのが得意でない方は、ちょっと注意が必要ですかね。

ふわっとした極細線での作画。
濃淡は適度なくらい。
描き込み具合は細かく丁寧ですが、線の柔らかさがためかそうコテコテとはしていません。
ただ、台詞から漫符など、その描写は濃厚です。
えっちですよ。
コマ割りも細かめで、重なったり斜めだったり、ぶち抜き・はみ出しなど様々に変化してます。
丸っこい目と輪郭のロリ絵柄。
幾恵にも重なる恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴。
ああした可愛らしい娘のたっぷりなえっちシーンが見れるというのが、最大のポイントでしょう。
それでいて繊細な心情表現も巧く、お話に引っ張られます。
作画は安定していて特にマイナス点はなく。
↓表紙・裏表紙に違和感なければ大丈夫でしょう。
紹介帯にはカット絵もあったので、そちらも参考になると思います。

 【 収録話 】 6話収録

001:「つまさきだち」 前後編
「ひろくん」こと弟「真大(まひろ)」にべったりな姉「ちあり」
しかし、都内の進学校へ通うようになった最近は、なかなか構ってもらえず。
不満たっぷりだったところ…帰宅した「ちあり」は家に連れ込んだ女子とえっちする彼の姿を見たのでした。
簡単にはそんな切っ掛け。

姉「ちあり」
※姉「ちあり」

そもそも各話ページ数あるんですが、収録では唯一の連続エピソード。
可愛いお姉ちゃんを主人公とした姉弟の近親モノですね。
ラブコメという軽さではないものの。
収録の中では、後述する「かすがい」と並んでラブい部類でしょう。
「ひろくん」がえっちしていた2人。
うち、先輩「伊藤」さんは珍しくバストの大きい方です。
ちょっと分かり辛いですが。
鉢合わせた2度目は、帰宅を主張した「ちありさん」
それがため、近親えっちに発展するのでした。
ううん、また「ひろくん」は不器用ねぇ。
(そもそも実姉だからそんなんか)
いちおう、この時点ではまだお口のみです。
やっぱり実姉ですから。
いっぱい・いっぱいな「ちありさん」がキュート。
”お姉ちゃんの役目だから”
回数重ねるうち、そんな感じに使命感が出てくるのが楽しい。
直接行為の直前までになった、ラストのお風呂がラブいですよ。
そんな訳で後編。
こっちは「ひろくん」の視点ですね。
ギリギリまでいっていた2人が、一線を越えるまで。
流れのままデキそうだったところ、邪魔が入ったため帰宅後に約束をした「ひろくん」
実は彼もいっぱい・いっぱいだったことが分かり、なんとなく安心。
そんな彼に対し、「ちありさん」がイイ味だしてました。
そもそも、ああした所が好きなのでは(笑)

083:「クラスメイト」
クラスメイトで集まって勉強会をしていたところ。
友人「理子」が急な用事で帰宅すると、部屋には「奈央」と2人の男子だけになりました。
口が悪く雑な彼女は、彼らから”女子らしくない”という評価だったんですが。
付き合ってる男子「及川」との話題を切っ掛けに、妙な雰囲気となってきてしまったのです。
そんな感じの導入部。

多くのヒロインを横目に、見事↓表紙を勝ち取ったのがこちらの「奈央ちゃん」
(※ちなみに、本編の後半では「奈緒」と誤植が…)
友人「理子ちゃん」の言動では、「及川くん」とはなんとなく付き合っているくらいっぽく、ごくごく健全な関係である様子。
ネトラレちっくなエピソードですが、そこがまだ薄いだけ救いがあるかな(ないか)
設定とは裏腹に可愛い「奈央ちゃん」
あるいは普通の友人関係なまま、終わったかもしれません。
実は好きであろう「祐二」くんが、なかなかもどかしい感じ
(※解説によると、本人がそれに気付いていない可能性あり)
普段色気ないとかなんとか言ってるようですが、教室とか目で彼女追っかけてそうね。
センセはこうした男子好きですねー。
後半えっちでの「祐二くん」の言動に注目。
まぁ、せめて素直な気持ちをちゃんと伝えたってください。

131:「袋小路」
姉「綾香」は自由奔放で明るく、友人も多く。
結婚後にも、よく遊びに出掛けておりました。
一方、旦那の「達也」は正反対な性格で。
彼女が出掛けた間には留守番をしていたんですが…同居する義妹「咲」と関係していたのです。
いつからあーなったのかな。
派手な「綾香さん」と血が繋がっているとは想像できない、可愛らしい妹「咲ちゃん」
”いつまでたっても慣れない”
そんな言葉あったものの、漫画では既に常習化しているような状態。
えっちについて「咲ちゃん」は”怖い”と感じているんですが。
最初と違い、見知らぬ行為に対する恐怖でないのはポイントでしょう。

157:「モートンの熊手」
サッカー部「松原亮」は付き合っていた「内田奈々」に頼み、マネージャーをしてもらっていました。
しかし、部内恋愛禁止というルールがあり。
訪ねて来た彼の先輩「早川」らに巧い事言いくるめられ~と、そんな流れ。

収録では2つ目のネトラレちっくなエピソードです。
タイトル”モートンの熊手”の意味を調べてきました。
検索したら、結構ひっかかりましたよー。
どちらも望ましくない2つの選択肢から選ぶというもので、誤った二分法の例とされることが多い(※Wikipediaより)」
…だって。
なるほど。
1回目はさっと読み飛ばしてしまいましたが、部室に入って来た際の2人の会話
文字で巧妙に隠されてる部分ですわね。
実はあれが全てでした。
上体操着、下ジャージというマネージャー衣装の「奈々ちゃん」が実にキュート。
ちょっとおっとりした感じで、あれでは年上男子2人にはどうしようもないでしょう。
この後はまた大変なことになっていきそう。

マネージャー「内田奈々」、「佑季ちゃん」
※左:マネージャー「内田奈々」、右:「佑季ちゃん」

191:「かすがい」
まだランドセルな「佑季」は父子家庭。
一方、付き合う大学生「修」は母子家庭というカップルでした。
既に深い関係であった2人なんですが…母の様子から、「修」はそれが長続きしない事だと悟っていたのです。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

毒はあるものの、ラブラブで読み易い漫画ですかね
読んでいて、最もロリ感あった作品。
解説によると、「佑季ちゃん」は登場ヒロインで最も年下。
合ってました。
そんな娘が、あんなエロい事を…(笑)
勉強する彼女の背中からえっち仕掛ける様が羨ましいです。
メインは親が旅行に出掛け、「佑季ちゃん」がお泊りするというもの。
あの、訪ねて来たそのままな格好の彼女とのえっちが素敵。
もう……きたばっかりなのにぃ
そんな台詞を彼女に言わせておりました。
その後もお風呂、台所、と続くんですが、ご飯作った直後のえっちに注目。
年齢差はともかく、あるいは実際にもあり得そうなお話でした。
もしかしたら、それぞれ引き合わせてしまったのも2人だったりしてそう。
最後の着飾った「佑季ちゃん」が好き

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「岡田コウ」センセでした。
こちらのブログでは「恋するぱんつ」、「チュー学生日記」、「好きで好きで、すきで」、「せんせいと、わたしと。上巻・下巻」…と、紹介しています。
あとがきに6冊目~とあったので、無事コンプリート中のようです。
改めてみましたが。
まぁ、↓表紙はあんなだからねぇ。
ただし、そうブラック一直線なお話ばかりでなく、そこは良かった。
個人的には「かすがい」が最も好み。
オチ部分での「佑季ちゃん」にえっちしてほしい気もしましたが(笑)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ショートカット

■ズップリしちゃう? (アサヒナヒカゲ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、年上
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、短編×10話
      (うち「聞いてないよ!みずき先生」×2、「あなたとじゃない秘密の混浴風呂」×2、
        「トラレタ!?弱っちい悪友の生ハメ玩具になったママ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にSD絵、
      カラー描き下ろし「聞いてないよ!みずき先生 プール編」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「アサヒナヒカゲ」センセの「ズップリしちゃう?」です。

顧問「穂積さん」、人妻「恵美さん」
※左:顧問「穂積さん」、右:人妻「恵美さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は前後編のような2話連続が2本。
ほか、冒頭の描き下ろしされたカラー原稿は続き話で、連続のようになっていました。
それ以外は全て短編ですね。
お話としてはだいたいラブコメ
基本的にそうややこしくないんですが…連続話は不倫、ネトラレちっく。
そうドギツイ描写とかないものの、人は選びそう
ヒロインは教師、お姉ちゃん、人妻…という感じで全体的に年上が多く。
お好きな人はいいでしょう。
皆さんバスト大きめでした。

強めな線での作画。
全体の濃淡はしっかりしていて、黒はそう目立たず。
デジタルなコッテリ感でした。
若干ですがツヤっとしたところがあります。
描き込みは細々しくないものの、色づきがためかあまり気になりません。
コマは重なり多く、あまり枠間ないもの。
適度なくらいの賑やかさがあります。
人物絵は縦長輪郭で、鼻小さめ。
目は小さめのバランスで、可愛らしいお姉さん的な印象となってました。
(※お話もそうした感じが多め)
目立つような乱れはないものの、バストの大きさもあってか崩れはちらほら。
引き絵がやや弱いかな。
ただ、そう目に引っ掛かるほどの所はなく、各収録作品は時期がごく近く、安定傾向
だいたいカラー絵と差はないため、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「聞いてないよ!みずき先生 プール編」 カラー描き下ろし
007:「聞いてないよ!みずき先生」
屋上でダラリと寝ていた「まさと」
そんな彼を見つけた教師「みずき」は、来月の美術研修会に提出する絵のモデルを頼んできたんですが。
なんと、ヌードモデルだったのです。
まるで教師っぽさない、はっちゃけ先生「みずきさん」のエピソード。
スカートもえらく短く、下着は黒色だったりして…特に描写ではなかったものの、白いブラウスに透けて実際には相当なエロス感があると思います
とこまで本当か分かりませんが、特に「まさとくん」を気に入って、ではないみたい。
(嫌いではないのだろうけど)
一緒に脱いでいたため、思わず反応してしまった彼にえっち仕掛けるというもの。
いちおう、半裸ながらキチンと絵を描こうとしており。
あれは大きくなって正解だったか。

順序は逆ですが、カラー原稿部分は4ページの描き下ろし。
今度の提出は自画像とのことで、ビキニで自撮りをしているんですが。
何故か「まさとくん」もいるという(笑)
えらくパツパツな水着でした
流れとしては同じく、反応した彼に仕掛けるというもの。
気に入られたんだねぇ。

みずき先生、司書「上坂あんず」
※左:みずき先生、右:司書「上坂あんず」

027:「お姉ちゃん注意報発令中!」
…で、注目はこちらの作品。
冒頭ではお風呂から出たという”お姉ちゃん”が登場するんですが。
コレが先の「みずき先生」とソックリ。
てっきり先の話と同じシリーズだと思いましたが…別人?どっち?
最終的には髪をサイドテールっぽくしており、正面右あたりの髪の雰囲気から、別人なようでしたが。
お話は弟「亮」くんとの近親えっち。
いちおうコレが初めてなようなんですけど、近親なのにあっさりとしたえっち展開でした。

047:「司書さんの誘惑には逆らえない!」
地元図書館の司書「上坂あんず」が好みで、足繁く通っていた「早坂満」
ただ、告白する勇気もなく、ただ頻繁に本を借り・返していたところ。
友人から、”好みの男がいたら誘惑してくる司書がいる”という噂を聞いたのでした。
図書館モノのお約束、脚立支えるプレイが切っ掛け。
見ちゃい…ました?
とか言ってましたが、自らスカート上げてますよね。
後の会話でなんとなく納得はできるものの…やや「あんずさん」言葉とかエロ過ぎでは?
下着もどこで用意したのやら。

071:「瞳ちゃん家のお風呂に入ったら…」
友人「瞳」の家で共に勉強していた「うらら」
そこに彼女の双子の弟「健一」・「健二」がドロだらけで帰宅。
皆で風呂に入ることとなったんですが~という流れ。
漫画らしい、複数えっち展開。
スキンシップ、とか言いつつ、ガッツリえっちしていて。
普段からあーなんだろうなぁ。
彼らに教え込んだのは「瞳ちゃん」か。
2人あー見えて結構立派なモノを持ってたので、意外に年齢高いのかも。

089:「たまには顧問の言う事を聞いてよね」
陸上部の顧問「穂積」と「信治」は幼馴染みの関係でもあり。
かなり親しいそのまま~という感じ。
冒頭話と同じ教師・生徒のカップルですが、もともとの間柄もあって、より近しい印象。
いちおう冒頭時点では付き合ったりなんだりしてないんですが。
お互い切っ掛け待ちみたいなところがあったのかなー。
漫画ではタイミング合ったらしい、「穂積さん」から積極的に誘っておりました。
いちおう学校なんですけどね。
ちなみに、直穿きスパッツでしたよ。

109:「あなたとじゃない秘密の混浴風呂」 前後編
タイトルそのまま、浮気えっち漫画。
旦那と久しぶりに温泉旅行へ来た「恵美」さん。
しかし、彼はお酒であっさり寝てしまい。
楽しみにしていた混浴は1人ですることとなってしまったのでした。
そこに男性「達也」が入ってきたんですが、彼のモノは旦那より大きかったのです。
温泉にタオル巻いて入るのはマナー違反では??
混浴だからか。
試しにざっと調べたところ、場所によってはOKにしているところもあるんだって。
まぁ、今回は漫画の展開がため、でしょうけどね。
「達也」が入った時点ではキチン隠していたので、それを外して湯から出たことを”誘っている”と彼は感じるのでした。
そんなこんなでの温泉えっち。
久しぶりということもあって、ノリノリでした。
もうちょっと抵抗する素振りくらい見せて欲しかった気もしますが…。
後編はその後。
相変わらずな態度の彼がため、家に「達也くん」を招くというもの。
近所に住んでたんですね。
タイトルを守り、こちらもお風呂場でのえっち。
もともと水泳部ということで、「恵美さん」は競泳水着を着たりしていました。
ちょっとバストトップの描写があざと過ぎ。
もうちょっと自然な方がエロいのに。
しかし、家に浮気相手招くというのは…ねぇ。

157:「トラレタ!?弱っちい悪友の生ハメ玩具になったママ」 前後編
いじめられていた「信博」を助けた「陽介」
その後、やはりいじめを受けたらしい「信博」が家まで訪ねて来たんですが。
「陽介」は留守であったため、その母が代わりに対応したところ~という流れ。

「陽介くん」の母
※「陽介くん」の母

だいたいタイトル通りなお話。
ただ、その文言に「トラレタ!?」とあるように、いちおうネトラレっぽい色がありました。
まぁ、とは言っても「陽介」とは近親関係で、母子の描写もごく少ないので。
そう読み手が底まで落とされるようなことはありません。
回りくどい手段を用いた「信博」に対する嫌悪はあるでしょうけど。
童貞という理由でいじめられているため、「おっぱい見せて」というのが前編での切っ掛け。
いきなりえっちさせて、と言わないところがあざとい。
でも…あの年齢の男子がそれで済む訳はないですよね。
関係後の後編は、テスト勉強するという名目で2人して家に来るというもの。
勉強を教えるということで、同席した彼女に机下から悪戯するというの前半。
あの態勢で、巧いこと下着を脱がすのに注目。
というか、あれくらいの年齢で友人も隣にいるというのに、わざわざ母親に勉強教わるか??
(※まあ、そういう子だからああした関係なのかもしれませんが)
後半の様子が変だから見に行く、というのを「信博」がするのはさすがに変ではないかなぁ。
オチはあんな感じでしたが、露見した後でよりドス黒い漫画ができそう。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「アサヒナヒカゲ」センセでした。
一般漫画でも描かれていて、通産では2冊目。
成年ではこちらが初単行本。
センセのHPでは、発売日までカウントがされてたりしました。
ああ、なんとなく気持ち分かります。
↓表紙は「みずき先生」
カラー漫画もあり、白黒絵とはそう変化ないので、釣り上げられた人も問題ありません。
はっちゃけ教師でなかなか良かったので、もう1話くらい見たかったですね。


ズップリしちゃう? (メガストアコミックス)ズップリしちゃう? (メガストアコミックス)
(2015/01/31)
アサヒナヒカゲ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ サイドテール バストトップ 競泳水着

■ろくじょ~ひとまの ねこがみさま (源久也)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●○○
・属性 : [一般] コメディー、ドタバタ、猫
・構成 : 短編×11話(うち「ろくじょ~ひとまの ねこがみさま」×8、
      「秋蘭学園たべあるぶ!」×3)
・おまけ: あとがき、折り返しにコメント、カバー裏にリンク絵、合間にネタ絵、
      描き下ろし「猫神様の1日」・「たべあるぶ雑記」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「源久也(みなもと・ひさなり)」センセの「ろくじょ~ひとまの ねこがみさま」です。

「不動さん」・「美乃さん」
※「不動さん」・「美乃さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は大きく分けて2部構成です。
そのうち、1つめが表題作。
派手なコメディーで、4コマを繋げたような漫画運びが独特でした。
詳しくは後述します。
各話もだいたい繋がっていて、描き下ろしと追加の1話は番外編のようなもの。
もう1つは、表題とまったく関係のない部活動漫画。
こちらのが普通の漫画っぽい描き方ですね。
青春部活動モノ、という印象で、先のコメディーとはジャンルから全然異なっていました。
…で。
アマゾンの評価でも皆さん描かれているそのまま、”百合姫コミックス”のくくりですが、百合要素はまっったくありません
まぁ、あの↓表紙・裏表紙から、緊張感ある百合漫画を想像する方は少ないと思いますが。
ジャンル違いにはくれぐれもご注意を。
裏表紙には細かな説明があり、なかなか親切
購入前の指針になると思います。

柔らかなしっかり線での作画。
全体の色づきはしっかりですが、濃淡はデジタルな淡い色彩です。
描き込みは細かくなく、かと言っスッキリ過ぎず、というくらい。
漫画は4コマっぽい描き方で、大きめなコマ割り。
枠間や上下左右の隙間など、しっかり余裕も確保されています。
成年漫画ばかり見ていると、なんだか珍しい感覚ですね。
丁寧で目立つ乱れはなく、安定した作画
たゆん、とした輪郭で大きめな目が特徴。
ふっくらとしたスタイルの可愛らしい人物絵になってました。
なんというか4コマが似合う雰囲気です。
コメディー崩しは大きく、ちょっと癖はあるので人を選ぶかもしれません。
基本的には↓表紙・裏表紙の判断で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

005:「ろくじょ~ひとまの ねこがみさま」 6話
077:「大蔵出し謝恩祭」 同人誌
085:「猫神様の1日」 描き下ろし
不動産屋の友人「不動」と共に家探しをしていた「窪手美乃(くぼて・みの)」
強い霊感体質であった彼女は、魔除け(神棚)付きの物件を紹介してもらったんですが。
そこには「猫神さま」を名乗る、猫耳・巫女服の小さな謎の存在がいたのでした。
だいたいそんな感じ。

猫耳の幼女みたいな「猫神さま」とのコメディー
尻尾もありますね。
耳や尻尾あるものの、食べて喋って、ほぼ人間と同じ雰囲気。
”神”という割に神々しさはまるでなく、言動はやたら惚けていて。
「美乃さん」に激しく突っ込まれていました。
動物のように扱われてますわね。
(※投げたりしてる[カバー裏など]ので、それ以下か)

猫神さま
※猫神さま

漫画はストーリーのような、4コマのような、かなり変形したタイプ
最近の4コマで主流の、お話が流れていて。
各ページにそれぞれ表題があり(なかったりもする)、4コマ…くらいで区切られていました。
変わってますね。
特に読み辛さはなく、ジャンルもコメディーなので問題はないと思います。
まぁ、ちょこちょこオチがあるストーリー漫画、みたいな感じですかね。

1話目。
異質なものに慣れてる「美乃さん」
「猫神さま」にもまったく動じません。
漫画でも描かれていた、見えているか確認する方法が楽しいので必見。
眼鏡な不動産屋の「不動さん」がキュート。
色々ダメそうな感じがさらに良いですね。
なお、この初対面というべき回でも「猫神さま」は”投げ捨て”られているんですが。
2周目で、この頃がまだ穏やかであった事が分かりました。
コメディーですが、「美乃さん」の霊感体質が発揮される”今夜のフィーバータイム”がおっかないです。

嘘あらすじが楽しい2話目。
ちゃんとガラス修理の電話をかける「美乃さん」がリアルです。
前半は「不動さん」が持ってきた(?)という塩話。
即座に用意してくれるところが可愛いですね。
小さいですが、埋めるコマが好き。
後半は「この町内で一番お強い」というボス猫さん。
表情変化のない、マスコットっぽい猫なんですが、こうしたのがやたら強いというのはお約束。
霊にタップさせたりしてました。

お出かけの3話目。
ここは先の猫と「不動さん」のエピソードですね。
仕事中に遊んでいる姿がキュート。
ダメそう。
上司があーだからそんなんでいいのか。
給与いくら貰っているんだろう。
4話目は仕事する「美乃さん」
漫画家なんですね、彼女。
(※よくよく見たら、コレより前う描かれていました)
彼女のフルネームが書かれるのもこちら。
「猫神さま」がやたら物覚え悪い、という流れでの登場でした。
こちらでも猫が大活躍していて。
5話目にもその影響が出ています。
なにげにキッチリとアシスタントをしてるところが凄い。
ポイントとなる部分なので、しっかりと書けませんが…あのセリフ部分のネタに驚きました。
オチでは珍しく役立つ「猫神さま」が見れます。

そんなこんなで最終6話目。
5年前から~なんて台詞もあり、だいぶ時間経過した後の風景です。
住人は「美乃さん」でなく、眼鏡の男性。
初対面時の異なる対応に注目です。
やり取りもまた全然違っており、こうして住人変えつつ続けるのも良いかと思いました。
逆さまな「猫神さま」が面白いですよ。
なお、「美乃さん」がどうなったのか、も描かれているので、お楽しみに。

同人誌からの「大蔵出し謝恩祭」はキャラ集合なエピソード。
男性の名前が判明するのもこちら。
なお、こちらの漫画運びは普通の描き方です。
「猫神様の1日」は4ページほどの描き下ろし。
こちらは「美乃さん」との生活での抜き出し。
縦横無尽に役に立ってない(笑)様をお楽しみください。

たべあるぶ
※たべあるぶ

091:「秋蘭学園たべあるぶ!」 2話
141:「たべあるぶ雑記」 描き下ろし
こちらはもともと同人誌で発表された漫画。
高校の部活動なお話なんですが…すみません、ひでるさん苦手なタイプです
まったく刺さりませんでした。
少年漫画っぽい雰囲気で、しつこいですが百合要素なく。
先の漫画はコメディーで楽しく、百合でなくともコレはこれで…というものだったんですが。
(※登場人物も女性ばかりだし)
あの、変な熱さがまた個人的にダメなので…なんとなく分かるでしょうか。
人を選ぶと思います。
まぁ、そもそも同人誌の漫画ですからね。
ファンにはいいかも…って、もう同人誌持ってるか

 【 その他 】

そんなこんなで「源久也」センセでした。
こちらでは百合長編「ふ~ふ」を紹介しています。
こちらが3冊目でいいのかな。
いちおう単行本「ゆりどりみどり」も同時発売で、どっちかは4冊目。
(※紹介帯の並びではこちらが4冊目か)
ぶっちゃけ…本来はそっちを探していたんですが、立ち寄った書店でことごとく空振り。
ううむ。
こちらも面白いんですが、完全に普通のコメディー漫画ですからねー。
何度も書きましたが、くくりは百合姫コミックスなのに。


ろくじょ~ひとまの ねこがみさま (IDコミックス 百合姫コミックス)ろくじょ~ひとまの ねこがみさま (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2014/11/18)
源 久也

商品詳細を見る


★過去に紹介した百合姫コミックス
★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー 百合漫画

■ヌレスジ (いーむす・アキ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、複数、ニーソックス
・構成 : カラー(8P)、短編×13話
・おまけ: あとがき漫画「表紙の女の子」、カバー裏にラフ絵、
      加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いーむす・アキ」センセの「ヌレスジ」です。

みおりちゃん、優等生「佐倉さん」
※左:みおりちゃん、右:優等生「佐倉さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
いちおう、気付いたところでは2話のみ、若干の繋がりっぽいところが見えました。
お話は基本的にラブコメ
ただ、その内容はかなり幅が広く
通常のラブラブしたものほか、コメディー色の強いものから、フェチ色のあるもの、特殊性癖みたいなのまで様々。
お話によって、好き嫌いは出てしまうかと思います。
どちらにろ、暗く・ブラックさはないので、そう読み辛くはないでしょう。
そんなんありつつも、”各ヒロインのむちむちっとしたスタイル”は健在。
魅力は十分に堪能できると思います。

強めな曲線での作画。
濃淡は濃いめで全体の色づきも邪魔しない程度にしっかり。
描き込みは丁度良いくらいだと思います。
コマ割りは中小で複雑、ぶち抜き・はみ出しも多く、賑やか。
適度な勢いがありました
漫画運びも巧く、特に引っ掛かるところはありません。
むちむちっとしたスタイルのヒロイン画。
広い輪郭で、そうデフォルメ強くない顔パーツが特徴です。
ロリっとした娘から大人の女性まで、どちらも魅力的に描かれておりました。
背景とか小物はあっさりしたものですが、メインを邪魔せず。
全体の作画と合っています。
また、カラーが非常にお上手。
↓表紙・裏表紙も良いですが、そのクオリティなままの彩色原稿が秀逸でした。
前編カラーでも全然イケそうです。
白黒の良さとはまた若干異なるんですけどね。

 【 収録話 】 13話収録

001:「可愛すぎるAD新人みずき」 カラー原稿
こちらがカラー原稿の冒頭話。
前述したように、かなりイイ感じのカラー原稿。
こちらの新人AD「みずきさん」は、裏表紙ほか折り返しにも出ているんですが。
まぁ、タイトル通りに可愛過ぎ
何故か(笑)着ている服も露出過多で、あんなんでウロウロされたら、そりゃー現場の人間はたまんないでしょう。
AVで同様にADを~というネタのがありましたが、もう少し地味目のがリアル感あったかなー
だって、「みずきさん」は登場する女優さんよりカワイイんだもの。
そんなんが目前で”オナってる”というのが凄い。
派手な複数えっちに発展していました。
8ページほどのショートものですが、ヒロインの魅力で楽しめました。

009:「おてつだい」
引っ越しを手伝ってくれていた、妹の友人「みおり」ちゃんとのお話。
妹「たかこ」は早々にバックレており、彼女と2人きり。
あるいは気を使ってくれたのかなーって思いましたが、後の彼女を見る限り、そうではなさそう。
超ミニスカートな「みおりちゃん」
まぁ、引っ越しにあんな服装で来るあたり、ヤル気満々と言えるでしょう。
切っ掛けはお風呂を提供したことから。
あーもしれっと、堂々と入っていけば、一緒にお風呂できるのかな(笑)
えっ、ちょっ、大丈夫なの?コレ
…に対する返事がいい感じの誤魔化しでした。

隣の家の「未依ちゃん」
※隣の家の「未依ちゃん」

029:「かくれんぼしよっ!」
隣の家の「未依(みい)」ちゃんと仲良しな「ヒロ」
2人で遊んでいたところ、妻「まい」が探しに来たため、隠れることとしたのでした。
そんな感じオープニング。
奥様も可愛い方なんですが…「あのロリコンめぇ」という発言もあり、それで考えれば「未依ちゃん」のがいいのか。
あからさまに見せつける彼女が、若い割にあざとい
ノスタルジー感あるバス停でのえっちになってました。
成長期というバストが可愛い。

045:「田舎はする事が無い」
前話と並んで、ノスタルジー感ある漫画。
駄菓子・射的の店番なおねーさん「なつみ」とのえっち。
彼女自身を的にしたい、と申し出た「長瀬」くんらに対し、景品全部落としたら、と持ちかける流れ。
…で、結局支払ったのは3000円程度(1回300円)
普通にお金取った方が良かったのでは
むちむちスタイルでロールお下げ髪な「なつみさん」
”彼女を的”というのはその身体で遊ぶことでした。
あのシチュエーションで、直接行為をしないままちゃんと終われる彼らは実に理性的。
成年漫画なのに。
そんな訳で、中途半端だった「なつみさん」が逆にお誘いする展開です。
複数えっちでした。

063:「おもらしタイム」
079:「シルライブ!」
久々のデートながら、姉の子を預けられてしまった主人公。
そんな訳で、彼女「あみ」ちゃんと赤ちゃんのお守をすることとなったのでした。
出ないながら、おっぱい吸わせるシーンがいいですね。
何がどう刺さったのか、「あみちゃん」に請われてのおむつプレイに発展します。
あれは…エロいというのもありますが、なかなかに恥ずかしいわね。
よくやるなぁ。
なお、続く「シルライブ!」はお姉さんが言っていた”命懸けの用事”であるライブ漫画。
モッシュというのがあるんですね。
調べてみました。

モッシュ【mosh】
ロックのコンサートなどで、観客が激しくもみ合ったり、体をぶつけ合ったりすること。
goo辞書より) 

動画なども見ました。
まぁ、当然ながら、ここまでエロい展開にはなりませんわねー。
納得のオチでしたよ。

089:「いちご売り」
お金が必要な優等生「佐倉」は下着を売っていたんですが。
その日はよく知る「川崎」に売ることとなり~という流れ。
エロいですね。
結構なサイズあるのに、ノーブラなのが凄い。
なんのかんの言ううち、「ちょっとだけだよ」という了承を得ての切っ掛けです。
じわじわ直接行為になる展開がいいですね。
タイトルは名前にもかかっていると思いますが、もう1つ意味がありました。
オチのあれは特に無くても良かったのでは。

103:「天然寮母つきこさん」
むちむちスタイルで天然という、男性憧れな寮母「月子」さんとのお話。
動き易さを重視したのか、エプロンの下はシャツでミニスカートとなかなか刺激的で。
ありゃ、浪人生活が長くなってしまいそう。
いちおう、祖母が旅行へ出掛けている間の代理ということで、期間限定なんですけどね。
どうにも耐えられなくなった「田中」くんが寝込み襲うのが切っ掛け。
ほぼ犯罪ちっくなんですが、天然なので怒ることすらなく。
(※寝ぼけていた)
複数えっちになっていました。
最後までイイ娘さんですよ。

121:「欲の華」
その厳しさで知られる女課長「佐藤あゆみ」
冒頭で企画をはねつけていた部下「本田」とは恋人関係。
私生活での立場は、Mっ気ある彼女がため、ほぼ逆なのでした。
そんな「あゆみ」には妹「まゆ」がいたんですが、彼女とも関係していたのでした。
…と、なかなかに複雑なお話。
私生活、私服の「あゆみさん」がセクシー。
眼鏡がよくお似合いです。
姉がまだ完全に心を開いていない、と感じていた「まゆちゃん」
ため、あの行為は…いちおうお姉ちゃんの為みたいでした。
「あゆみさん」が素直になってからがメインです。
最終的には、収録でも際だったプレイになってましたよ。
「本田くん」はいちおう対応できていましたが、普通ならば難しそうですね。

寮母「月子さん」、課長「佐藤あゆみ」
※左:寮母「月子さん」、右:課長「佐藤あゆみ」

145:「イキたがりっ!」
えっちはしているものの、不満があった「あゆみ」
キャンプ地でのオリエンテーションで、写真部の「佐竹」と同じ班になっていた彼女。
うっかりえっち場面を撮影されてしまい、チクられないようにと彼を脱がすのが切っ掛け。
包茎なモノに目をキラキラさせてるのが楽しい。
後々の雰囲気を見る限り、確かに攻める方が合ってるのかも。
流れとしては気の毒なものでしたが、あーしてえっちで寝取るという展開は痛快なものですね。
メール拒否ったら~」の台詞コマが可愛いです。


167:「戸川っ!?」
えっちに飢えていた「戸川」さん。
同じクラスの男子「武田」・「上杉」の2人がやたら仲良いことで”薔薇関係”にあると考え、直接問いただしてみることとしたのでした。
変態色のあるコメディーですわね。
ヒロイン「戸川さん」もかなりぶっ飛んだキャラでしたが、男子2名も怪しさ満点。
無理矢理に「上杉くん」を押し倒し、えっちに挑んでおりました。
初えっち、それでいいのか(笑)
その後の「私じゃないんかい!!」が楽しい。
ううむ、変な話。

183:「オタノカノジョ」
ゲーム好きで腕前も凄い彼女「まゆ」
あっさり敗れた彼は、悪戯半分にマッサージするのでした。
パイ圧で手が抜けない
そんな台詞ありましたが、ツインテールでロリっぽい雰囲気ながら「まゆちゃん」は立派なバスト、かつお尻でした。
ゲーム機で両手が塞がっている彼女がため、やりたい放題。
まぁ、仲良さそうで何よりですわね。
後半のアニメ見る彼女が、”いかにも後ろからどうぞという状態”だったのがエロエロしいです。

205:「いねむりおとめ」
8ページで若干短め。
寝ている彼女「さき」の寝込みを襲うというもの。
ミニスカートはパンチラしていて、バストもその大きさがためか横になっていてもパンパンで。
まぁ、あれで手を出さない方が間違いですね。
こちらも仲良さそうで何より。

 【 その他 】

そんなこんなで「いーむす・アキ」センセでした。
紹介帯にもあったので8冊目でいいのかな。
過去単行本は↓下に並べたとおり、ずらりと紹介しています。
今回は、やっぱり↓表紙でしょう。
洋館で黒髪・ツインテールな彼女の振り向きエロスが最高
…とか思っていたら。
なんと、本編には登場しておりませんでした。
(※実はヒロイン顔見せのたびに表紙と確認していたひでるさん)
そんな読者の気配を察したのか、あとがき漫画で顔を見せてくれてました。
はー、良かった。
できればちゃんと服着てるところから、じっくり読みたかったですけどね。


ヌレスジ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)ヌレスジ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2015/01/30)
いーむす・アキ

商品詳細を見る



★「いーむす・アキ」センセの漫画紹介記事  すべて成年系

 [やわはだおとめ
 7冊目。貧乳・ショートカット「ゆきちゃん」が登場の「少女Y」ほか短編群。
 [とろけるあそび
 6冊目。「オカズシリーズ」ほか短編群を収録。
モノノケアクメ
 5冊目。河童「マオちゃん」などの妖怪発情記シリーズを収録。
コイセヨオトメ
 4冊目。カラー原稿を多く収録。
とろけるからだ
 3冊目。温泉とか和服が良い短編集。
若奥様解放区
 2冊目。人妻「吉田あやこ」さんの連続話。
いとしのみゆ先生
 初単行本。ロリな新米教師「井上みゆ」先生の長編。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール パンチラ ノスタルジー

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ