FC2ブログ

■ぷにスジ・こロリん (智沢渚優)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ロリ、近親
・構成 : 短編×10話。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「智沢渚優(ともざわ・しょう)」センセの「ぷにスジ・こロリん」です。

最上瑠奈、瑞海知真
※左:最上瑠奈、右:瑞海知真

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編群。
LOシリーズそのまま、ロリ漫画です。
年の差もあり、個人的にはちょっと強めだと思います。
それでも、ヒロインらはある程度積極的で、同意がある事も多く。
いつもの「智沢渚優」センセからしたら、大分ソフトな印象でした
派手な凌辱・調教みたいな黒いプレイはそう多くなかったです。
まあ、全然ラブコメとかではないんですけどね。
あーした作画なんで、やっぱり”可愛いものをいじめたい”みたいな心理にさせられて。
そうした読者の期待に応じたようなイメージのお話であり、漫画となってました。
読後感が悪いものばかりでないものの、そう温かいものもなく。
面白いタイトルと可愛らしい↓表紙ながら、人を選ぶ単行本だと思います。

強めな線の作画。
色づきはしっかりしていて、濃淡は強め。
描き込みは適度なくらいでしょう。
コマ割りは細かく、変形から重なり、はみ出し・ぶち抜きなど多く。
枠間あるものの、原稿はなかなか賑やか。
プレイ的なこともあって、こってりした雰囲気がありました。
大きい黒目と丸っこい輪郭、スタイル。
小さい鼻・口と強い恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴です。
いかにも漫画という可愛らしいものでした。
作画にはメリハリがあり、バランスにも優れていて引っ掛かるところはなく。
癖はあるものの、特にマイナス点はありません。
↓表紙などカラー絵がやや白黒原稿のソレとかけ離れているため。
判断については、紹介帯裏のカット絵がいいでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「ポイントご利用は計画的に」
娘「深香(みか)」の学校では学芸際をやっていたんですが。
成長するうちに冷たくなっていた彼女は、
”絶対に来ないで”
父親にそう言い残していたのでした。
それでも、娘の晴れ姿を見るべく変装して学校へ行ったところ。
「深香」の友人「希由(きゆ)」に保護者用のカードを見せると、驚くべきサービスを受けることとなったのです。
だいたいそんなん。
まあ、あれくらいの年頃はああした反応が当然でしょう。
いや今もかわいいが
の台詞がなんだか楽しいです。
前半での見せ場は「希由ちゃん」
娘に負けない可愛らしい娘さんでしたが、まるで躊躇することもなく、ガッツリえっちしてました。
読んでいて気になるのは…。
友人「希由ちゃん」がこんなサービスをしているということは、娘「深香ちゃん」はどうなっているのか?ですよね。
そのあたりはぜひ本編にて。

029:「あまろり!」
週1のタイミングで家を空ける姉。
物騒なため、弟「千矢」は娘「紗希」をその間預かっていたのです。
昔、年の離れた姉に面倒を見てもらっていた彼は、肉親以上の感情を抱いていて。
成長するうち姉にそっくりとなった「紗希」に、当時の想いを重ねてしまうのでした。
漫画開始時点で、2人は既に関係済み。
どんな切っ掛けだったのか、ぜひ初えっちを見たかったですねー。
あの年下の女の子に、「さきねーちゃん」と甘える姿はなかなかのインパクト。
ただ、当然ながら良い年齢な彼が単に甘えるだけで済む筈もなく。
そのままえっちに至るのでした。
大きなリボンが可愛い「紗希ちゃん」
どう吹き込まれたのか、年上男性を相手にキチンとお姉ちゃんしてました
偉い、いやエロいなぁ。
なんというか、母性くすぐられるんでしょうかね。
個人的には名前間違えた際の反応が好き。

希由ちゃん、姪「紗希ちゃん」
※左:希由ちゃん、右:姪「紗希ちゃん」

045:「お義父さん、なんて…。」
娘「希和(きわ)」と義父のお話。
先の2話と違って、こちらは脅迫にての関係でした。
結構早い段階でのお手付きだったようで、もともと「希和ちゃん」がターゲットだったのかな。
メイン部分は友人らと旅行に出掛けた妻(母)の居ぬ間に、2人して温泉旅行に出掛けるというもの。
そこそこ年齢な「希和ちゃん」と共に男湯に入るプレイでした。
これが…かなりエロちっく
むちむちではないものの、他の客からは「ムネけっこーあるなァ」という台詞もあったりして。
現実にどんな感じなのか想像できませんが、周囲の男性はさぞ落ち着かないだろうなぁ。
露天風呂から、休憩室などでのプレイでした。

069:「告白らぷそでぃ」
クラスの同級生「間衣亜(はざま・ねあ)」さんに告白した「尾根」くん。
しかしタイミング悪く、返事をもらう前に教室へはいってきた「江倉虎」・「毛良恵乃」、「阿藤修」・「宇部」というカップルらが、えっちを始めてしまったのです。
咄嗟に教卓下へに隠れた「間」・「尾根」は、出るに出れなくなってしまい~という流れ。
ガッチリ位置が合ってたとはいえ、「間さん」は大胆ね。
先にどうすんのか返事しなさいよ(笑)
いつ気付いてたのか、隠れているのを他4名に発見された2人は、複数えっちに巻き込まれるのでした。
この流れでのオチが楽しいです。
ちなみに「宇部さん」は途中で「宇辺」と誤植ありましたよ。

087:「コーカンひみつえにっき」
大家の娘「三葉」ちゃんは空き室で独りえっちをし、その日記をつけるのを日課としていました。
しかし、その空き部屋に、新しい住人「尾根有志」が入ってしまったのです。
置きっぱなしにしていた日記などをこっそり回収しようとしたんですが、時すでに遅く。
しっかり読まれていただけでなく、レクチャーまでされた書き置きがあったのでした。
年齢は異なるものの、前回に続いて男性の主役は「尾根くん」
もしかしたら、成長後とかのエピソードかなーって思いましたが…。
まったく関係ありませんでした。
この中見られてたらしゃかいてきまっさつだったよ
とか言いつつも、書かれていたアドバイスにその場で従う「三葉ちゃん」
面白い娘さんですね。
部屋に戻ってきた「尾根くん」は、意外なほどの年下相手に躊躇することなく、直接指導するのでした。
事前に散々独りえっちしていただけあって、予想外だったようですが。
オチの1ページがまたいい感じ。
この後も関係続いていくんだろうなぁ。

109:「ほんとのタマ遊び」
バレーボール選手「押屋珠」に憧れ、追いかけていた男性。
ついには、彼女の控室の盗撮にまでこぎつけたんですが…彼女はそこで、独りえっちを始めてしまったのでした。
アイドル的な目線だったかな。
そうした彼女の痴態に、「違う!」とか言ってました。
なるほどなぁ。
他の男性としてたらショックでしょうけど、いいじゃん独りえっちくらい
バレーコスチュームとハチマキが特徴の「珠ちゃん」
可愛く、目立つ存在であったみたい。
なかなか度胸もあるようで、突然その場に現れた男性にも、冷静に対応してましたよ。

121:「泡沫の卒業輪廻」
学校を卒業となった「最上瑠奈」は、教師「赤井」に最後の姿を見せに来たのでした。
6年間ずっと担当したらしく、感慨深いものがあるでしょう。
いいシーンですね。
ただ、これは成年漫画なので…「瑠奈ちゃん」はその目前で下着を脱いでしまうのでした。
そうしたオープニングの漫画なんですが。
途中で教師が増え、複数えっちみたいになります。
その際にひとスパイスがありまして、より派手な感じになってました。
どんなんかは秘密。
ロングな黒髪の「瑠奈ちゃん」は正統派な美少女という感じ。
ちょっとファンタジーちっくな色もあって、良かったです。
オチも優しいですね。
…男性に。

143:「ちまっと支払いのーりょく!!」
万引きで捕まってしまった、「瑞海知真」と店長のえっち。
AVみたいな設定ですわね。
ただ、実は結構な捻りのある作品です。
漫画は3部構成のようになっていて、わざわざ捕まる彼女が面白い。
少しづつハードになっていきます。
…と、そこはいいんですが。
オチは衝撃的なもので、読後感は微妙。
あれは、なんだかネトラレっぽい気がしますね(笑)

163:「姦計・父娘ンパ」
父親らの飲み会に一服盛り、えっちなことを勉強していた従姉妹「恵音(えね)」・「亜衣」らのお話。
寝込み襲って男性自身いじくる、みたいな感じ。
なんというか、凄いですね。
言ってくれればサンプルになりますよ。
いちおう恋愛感情っぽいものもあるようですが、まだ直接えっちには至っておりません。
そうして続けてた行為が、崩壊するのがメイン。
「恵音ちゃん」の台詞がエグいですね。
辛かったよ、ホント
じゃーないでしょー。
こちらで注目なのは、ほぼ無関係っぽかった「亜衣ちゃん」のお父さんのオチかな。

「理夢」・「里久」
※「理夢」・「里久」

185:「学園おこのみdinner」
裕福な家庭の娘らが通う「路利根学園」
院長に引き取られていた「理夢」・「里久」らは、好意もあってそちらに通っていたんですが。
ある日、優秀だった娘を祝福するパーティー”児童慰労会”に出席できることとなったのでした。
短いながら、いかにもセンセらしい短編
まぁ、2人がもともと身寄りない娘で。
学園が金持ち相手~という設定から、どんな事が行われるのかだいたい想像出来るでしょう。
何事にも表と裏があるとはいえ。
大小あるかもしれませんが、この世の中実際に行われていそうで怖いですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度お馴染み「智沢渚優」センセでした。
下に並べたとおり、ブログでは何度も取り上げてます。
ついに蜜色ではなくなっちゃいましたねー。
また、紹介帯には、
”ロリ漫画界の大御所、LOレーベルで初の単行本化!”
とありました。
そうか、LOではなかったのか。
なんだか意外ですね。
(※他は「コアマガジン」さんの単行本。蜜色シリーズはそっちで継続されるかな)

ぷにスジ・こロりん (TENMAコミックス LO)ぷにスジ・こロりん (TENMAコミックス LO)
(2014/04/25)
智沢 渚優

商品詳細を見る



★「智沢渚優」センセの漫画紹介記事 すべて成年系

 [蜜色の蝕幼飼育] 
 [蜜色樹るり] 
 [蜜色の舞姫] 
 [蜜色ミルクホール] 
 [蜜色に溶ける欠片
 [蜜色の刻印
 [蜜色幼辱館] 
 [蜜色幼夢淫] 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー

■リスナー the listener (はらざきたくま)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、ラジオ、ショートカットノスタルジー
・構成 : 短編×9話(うち「新シイ夜ニ」×2)
・おまけ: あとがき。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「リスナー the listener」です。

汲美、香織
※左:汲美、右:香織

 【 構成・絵柄 】

収録は表題のシリーズものと短編。
メインはとあるラジオ番組をテーマにしたお話群です。
1つのエピソードに前後編ありましたが、各話に直接の繋がりはありません。
どうやら世界観は同じであるみたい。
登場人物は社会人ばかりで、ドロっとした色のない、心地よい恋愛話です。
メインの題材がラジオであるほか、レトロゲームや昔ながらの喫茶店など、ノスタルジー感ある仕上がりです。
ラブコメ度合いは短編もシリーズと同様に可愛らしいものでした。
…巻末の1話以外ですが。
一般のえっち系で、おおむね各話に直接シーンのある単行本。
ですが、基本的にはお話重視で、描写もソフトです。
それでもセンセの線自体がえっちなため、そっち目的な方も十分楽しめるでしょう

スッキリとした極細線での作画。
全体の色づきは適度で、濃淡はデジタルな淡い色具合です。
描き込みは細かいながらもごっちゃり感なく。
繊細・丁寧なタッチで、非常に綺麗な仕上がりです。
コマ割りは中小で複雑さなく、白比率もあり。
安定した、見易い原稿でした。
人物絵はすらりと背丈あるスリムなスタイル。
やや丸っこい輪郭と小さい顔パーツの特徴的なものでした。
表情や動きも良く、また服装から背景、小物もお上手。
特にこの点で問題は見られません。
多少癖があるため、それが好みかどうか、でしょう。
判断にはカット絵のある紹介帯がオススメ。

 【 収録話 】 9話収録

003:「電波少女」
023:「アカイデンパ」
045:「コエルデンパ」
069:「新シイ夜ニ…」 前後編
これら5話がラジオ関連のエピソードです。
各話にてそれがポイントになっていました。

巨大なアンテナを片手にした眼鏡なヒロイン「美波」が特徴的な「電波少女」
表紙でもいいような目立つビジュアルでしたけど…やや幼いか。
あとがき絵が彼女ですね。
髪はツインテールのと目立つキャラで、タイトルの文字面もなんだかイイ感じ(笑)
残業をしていた「国元」は、”強い電波がひろえる穴場”ということでビルに不法侵入していた「美波」に出会ったのでした。
ああした場面で投稿したメールが読まれるというのは漫画ですわねー。
屋上えっちになってました。
幼い容姿でしたけど、実際はそう年齢変わらないのかなぁ。
オチは期待に叶うものだと思いますよ。

美波、初美
※左:美波、右:初美

団地の幼馴染み「湊」と「静香」の「アカイデンパ」
タイトルだけ見ると、なんだか恐怖漫画のようですが…。
”赤い糸のラジオ版”と聞けば、だいたいどんなお話か想像つくでしょう。
親の再婚がため、「湊くん」とは離れてしまう「静香さん」
成長して独り暮らしを始めた彼と再会する流れ。
ちょっと期待してる「静香さん」が可愛い。
まぁ、たとえそうでも、男性は簡単に本当の事は言わないですよ。
2つのキスシーンに注目。
先のエピソードと同じラジオ番組が流れる「コエルデンパ」
クセっ毛なヒロイン「持田初美」は昼食後にフリマで古いラジカセを購入。
すると、同僚の「萩原」がその機種に大きな反応を見せたのでした。
読んでいて、実に心地よいお話。
中古のラジカセを、
可愛かったから買ってきちゃった
という「初美さん」
今どき何に使うのか~という反応が普通の中、それを懐かしむ「萩原」
感性が合うというのは、心地よいものですよね。
外回りの仕事に出た彼をわざわざ待っていた「初美さん」が素敵。
いい娘さんです。
話すうち、彼女は昔の知り合いを思い出すんですが…なんとその本人だったのでした。
顔見知りだったんですね。
両親が離婚というモノローグもキチンと前フリでした。
最後のコマに注目。

ラジオシリーズの最後は前後編「新シイ夜ニ…」
パーソナリティーの言葉に魅せられ、ラジオDJを目指す「松野汲美」
しかし、元々無口で大人しい彼女は、オーディションから落選し続けていたのでした。
前後編でえっちシーンは1回だけという、ストーリー重視なエピソード。
まぁ、これで最後ですからね。
↓表紙になっているのが、こちらのヒロイン「汲美さん」です。
付き合う「和己」は北海道への転勤が決定。
彼に付いていくかどうか、という所で他の女の影も見え…仕事か恋愛か、人生の岐路に立たされるのでした。
ちらほら流れていたラジオ番組のDJ「国島佳介」が登場。
迷う彼女を導く、かっちょえー役回りでしたよ。
こうした漫画なので、恋愛についてはさして問題なし。
後半は爽やかなお話になっていました。
最後の彼女は「静香さん」かな。

111:「恋のボーナスステージ」
とあるレトロゲームを取り上げることとなった雑誌社。
しかし、稼働期間が短く、メーカーも既になく。
八方塞がりだったところ…「小野修一」は幼馴染みの店で見た記憶があり。
久しぶりに昔馴染みな「香織」の店を訪ねてみることとしたのでした。
そんな、懐かしいゲームがポイントとなっているエピソード。
似たような感覚を持つ方は、ただ読んでいるだけで心地よさのあるお話
なんだろ、こうしたのも一種の青春というやつですかねー。
ゲームお上手な「香織さん」が可愛い。
明け透けで付き合い易さあるものの、どうも近過ぎる印象ですね。
ある程度時間たっての再会は、ある意味良かったのかも。
ちらほら無防備なところがまたキュートでした。
えっち直前の2人並んで座っているところが、じんわりとした緊張感もあって好き。
なんというか、よかったねぇ。

135:「ハイカラ」
喫茶店「ハイカラ」で働く「千代」
ひょんな切っ掛けから、「高須」はそちらに通うようになっていました。
祖父の経営していたそちらを継いでいた彼女でしたが…という流れ。
店名そのまま、みたいな和服の「千代ちゃん」が可愛い。
冒頭ではその長い袴がめくり上がってパンチラしていましたが。
相当な風でないとあーはならないですよねー
個人的にはカチューシャも好きなので、容姿的には収録で最も好み。
閉店後の店舗内でのえっちです。
なかなか大胆で、彼女からのお誘いでした。
やっぱりあの場面で手伝ったのが大きかったかな。
オチは展開とぴったりマッチした、素敵なものでしたよ。

159:「いつかきっと…」
「伸ちゃん」・「実子(みこ)」の幼馴染みカップル。
帰省…したのかな。
久しぶりに田舎の実家へ戻った彼は、「実子」に再会したのでした。
ノスタルジー感ある作品。
やはりショートカットな「実子ちゃん」が可愛い。
これはお互いの両親をも巻き込んだ作戦なのかなー。
久々でも変わることなく、ごく自然にえっちに流れていました。
ややバスト控えめなところがキュートです。

石浜ミサト
※石浜ミサト

183:「マンねり」
最近マンネリ気味だった「石浜ミサト」
朝の占いで”初めての事に挑戦してみましょう”と言われたのを切っ掛けに。
ノーパンで出掛けることを試してみたのでした。
前述しましたが、こちらのみエロス度合いの高い作品です。
ああ、こんな人多くいそうだなぁ。
「ミサトさん」は彼氏もいるようなんですが、そちらもマンネリ状態。
どうせならば彼を巻き込むのが安全だと思うのだけど…あんなんだと難しいか。
彼女は単に外出だけでは満足せず、レンタルビデオ店へと出向くのでした。
驚きました
ちょっと極端ですかね。
こうした場合、漫画そのまま男性のがうろたえてしまうでしょう。
今後も続いてしまいそう。

 【 その他 】

そんな訳で「はらざきたくま」センセでした。
こちらブログでも↓下に並べたそのまま、何冊か紹介しています。
一般系ですね。
個人的にラジオとはまっったく縁がなく。
作品中のややこしい単語・機材、はたまた一部のネタには、ぱっと分からないものもありました。
(※白い服でうずまき模様、はネット検索でコレかな、というのを発見)
ただ、基本的にはラブコメで、ヒロインはさすがというべき可愛らしさがあり。
なんのかんの楽しめました。

リスナー (芳文社コミックス)リスナー (芳文社コミックス)
(2014/11/15)
はらざきたくま

商品詳細を見る



★「はらざきたくま」センセの漫画紹介記事  

はなぞの
 久しぶりの成年系単行本。1冊まるまるの長編ですよ。
桃色団地の日情
 桃色団地シリーズを収録。未完漫画もありました。
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ノスタルジー ツインテール ショートカット パンチラ

■敏感セーラー症候群 (佐倉まふみ)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 制服、ブラック、学園、近親
・構成 : 初単行本、短編×10話。
・おまけ: あとがき、カバー裏にヒロイン集合絵・作品コメント、加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐倉まふみ(さくら・まふみ)」センセの「敏感セーラー症候群」です。

「柊マナ」・「柊カナ」
※「柊マナ」・「柊カナ」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
連続話はありませんでした。
お話はだいたい学園モノで、皆さん制服姿であるのが最大の特徴。
可愛らしい作画なんですが、どちらにもブラックな要素があり
ラブラブしたものは少なめです。
収録では黒い要素の強いエピソードもあったので、苦手な方はちょっと注意。
セオリーなラブコメ然とした要素はごく薄いですね。
単純ではないものの、そう複雑でもなく。
続きモノでいのはそうした理由がためかも。
(※どっちが先かは置いといて)

スッキリとした線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、濃淡も丁度良いくらい。
描き込みも過不足ない印象です。
原稿の上下左右に枠間がないのは最近よくある感じ。
枠間は小さいものか、なくなることもあってページは賑やか。
ただ、加筆修正がためか安定感もあって、そう見辛くはありません。
人物絵はクリっとした目が特徴的。
どちらかと言うと可愛い系だと思います。
表情は良いものの、全身絵はたまに気になるところがありました。
引き絵とか背景・小物もやや弱め
コマ内のバランスとか配置が個人的には引っ掛かりました。
表現などが分かりにくいというほどではありません。
判断については↓表紙か、あるいは「S2COMIX」のサンプルが良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「≠R」
母「律子」が亡くなって1ヶ月。
普通に日常生活は送れるものの、父親はそれがため壊れており。
その娘を「律子」と呼び、妻であると思い込むことで精神を保っていたのでした。
そんな感じの、おもーい空気での近親話。
実は収録の中でも1、2を争うほどのブラックなネタでした。
ぱっと見で、現在の「律子さん(娘ね)」には嫌がっている素振りなく。
えっちも積極的に応じていました。
ガッツリ「おとうさん」って呼んでいるんですけどねー。
まぁ、それで自分の親が普通に生活を送れるのならば、と自らを犠牲にしているのかと思ったところ。
最後に恐ろしい真実が描かれています
優れたな近親モノですよ。

律子さん(娘)、生徒会長「草壁あきら」
※左:律子さん(娘)、右:生徒会長「草壁あきら」

021:「凸凹バカップル」
成績優秀・スポーツ万能で生徒会長という「草壁あきら」
まさに高嶺の花、という彼女が付き合う彼氏「小宮山直人」は、”学園イチのバカ”として有名だったのでした。
まぁ、案外そんなもんですよ。
家で勉強~がえっちに発展するお約束な漫画。
したらちゃんと勉強する…?
そんな質問をしていましたが、するわけないじゃん(笑)
やっぱり問題解けたらえっち、と誘導するのが正しいんだろうなぁ。
オチあんなんでしたけど、普通あの程度で急激に点数落ちるなんてならないですよね。

041:「満月のプール」
中学生時代に、部活での逆恨みからいじめを受けていた「芳乃」
それがため、進学していた高校でも不登校を続けていたところ。
心配した幼馴染みの「優」は気晴らしに、と彼女を夜の学校に連れていったのでした。
…と、冒頭話とは打って変わって、甘さのあるエピソード。
カラー中扉は「芳乃さん」ですね。
現在引き籠りでしたが、ポニーテールでそうとは見えない雰囲気。
水泳部で目立っていただけあって、実際も活発な女の子のようでした。
まさか制服の下に競泳水着を着ているとは。
あれ…泳ぐ気満々だったということですか(笑)
そんな訳で、プールでのえっち展開。
まぁ、なににせよ彼がいい人で良かったねー。

061:「お兄ちゃんと私」
成績優秀・スポーツ万能で生徒会長…という兄を持つ「香織」
学校で優等生だった彼は、裏では妹を好き勝手に弄んでおり。
その日も彼氏「青山」にバラすと脅されたため、従うこととなったのでした。
そうした流れでの近親・凌辱モノ。
わざわざ体操着(ブルマ)に着替えさせるのね。
言いつけで、下着もつけてないようでした。
体育用具室でのえっち。
ここでは伏せますが、最大の見せ場はオチ部分です。
これまた黒々しいお話でしたので、お楽しみに。

079:「籠の鳥」
お嬢様学校「聖アイリス学園」にて化学教師をしている主人公。
その美貌で学園内でも有名な「和泉鴇子(いずみ・ときこ)」から、進路相談を依頼され、指導室に向かったところ…という流れ。
生徒・教師のカップルです。
髪の毛はベタ塗りでなく、色素薄い感じのヒロイン。
そんな娘にノーパンで迫られるという、男性が羨む展開でした。
いちおう彼教師なんですが、ちょっと陥落するのが早いかなぁ。
もう少し説明のあった後でも、良かったかなと思いました。
結構唐突感があったので、前フリみたいなのがもう少し欲しかったです。

099:「M.Ⅰ.X」
文化祭の出し物で喫茶店をしていた2-Aのクラス。
そちらで裏メニュー”ミックスジュース”を注文すると、委員長との乱交に参加できるのでした。
隠れ巨乳という彼女はツーサイドアップで目立つ容姿。
当初は眼鏡キャラだったようですが、こっちで正解だったかも。
セオリーな委員長とは違いますが、今風ですかね。
個人的には某ツンデレちっくな魔術師がダブりました。
冒頭では彼女には相談なく~という感じだったので、オチのあの対応はどうにも変

117:「SAILOR or BLAZER?」
「柊カナ」・「柊マナ」という双子姉妹から告白を受けた主人公。
えっちの相性でどっちと付き合うか決めることとなったのでした。
えー、ほぼ初対面ですよね?
(※電車で顔を合わせていた程度)
えろい女子校生だなぁ。
双子はそれぞれ違う学校に通っているようで。
タイトルそのまま、セーラー服とブレザーという違いがありました。
確かにどっちも捨てがたいですわね。
そんな訳で、脱がさぬままの複数展開でした。

137:「ニンフェットの自画像」
母親の元愛人で売れない画家「こーへい」くん。
いまだ家に居候していた彼に、美術の宿題という自画像を頼むのでした。
髪型ツインテールで冒頭は幼い雰囲気だったんですが。
絵のモデルに、と片膝立ててから、ガラリと変化する点に注目。
そのギャップにぐざーやられる人も多いかと。
えっちに突入すると、台詞にもあったそのままロリロリとした感じでしたよ。

和泉鴇子、「ニンフェットの自画像」の女の子
※左:和泉鴇子、右:「ニンフェットの自画像」の女の子

153:「透子」
「小林」と付き合う「透子」
自宅に招いた彼と初えっち、というタイミングで。
丁度帰宅した父親がその現場にはち合わせたのでした。
そんな衝撃シーンから始まるこちらがデビュー作とのこと。
↓表紙はこちらの「透子ちゃん」ですね。
男性は凍りつくシチュエーションですよ
その父親に拘束された彼は、驚くべき光景を目にするのでした。
…と、そんな訳でこちらも父娘の近親もの。
わざわざ見せて、過去もバラすという黒々しい描写が。
そんなんならば、家に連れてくるべきではなかったかなぁ…。
部屋に鍵かけとくこともしておらず、どうにも脇が甘い感じ。
なお、お口は鍛えていたようですが、直接行為はしていなかったようで。
こちらが初えっちとなってました。
場面としては最悪ですけどね。

173.:「水玉恩返し」
下校時、雨の日に見かけていた可愛い女の子。
その日はお互い傘を持っていなかったこともあり、部室にて雨宿りを提案したのでした。
ああ、その声を掛ける勇気を持てるかどうか、ですね。
ただ、その娘はちょっと変わっていて。
いきなりお礼をされ、そのままえっちに突入するのでした。
タイトルからも察せられるように、昔話ちっくな報恩譚(ほうおんたん)エピソード。
なるほど、現在男性にはえっちのが刺さるか。
男女逆であれば、直接前の台詞がもっとしっくりくるかな
男性は基本そう気味悪いとは感じないと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで「佐倉まふみ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
今回はネットで見た↓表紙のショートカットな「透子ちゃん」に引っ掛けられました。
(※ちなみに紹介帯で2パターンが楽しめます)
中扉も良かったですよ。
なお、センセにつけられてた名が”渋谷の女帝”とのことで。
なんだろう、とセンセのツイッターをざっと見てきました。
漫画から受けていた印象とはやや違い、不思議な感じ。
まぁ、そんなもんですかねー。

敏感セーラー症候群 (富士美コミックス)敏感セーラー症候群 (富士美コミックス)
(2014/12/25)
佐倉 まふみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ショートカット ツインテール ポニーテール 競泳水着

■あそべるカラダ (ぼっしぃ)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、水着、むちむち
・構成 : カラー(32P)、短編×16話(うち「あねあねシリーズ」×4、
      「ユリちゃんシリーズ」×3、「シェアリングシリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、加筆修正あり、カバー裏はリンク・カラー絵、
      描き下ろし「あねあねぷれい」・「あそべるからだ」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぼっしぃ」センセの「あそべるカラダ」です。

受付「春香」
※受付「春香」

 【 構成・絵柄 】

今回も全224ページというブ厚い単行本でした。
うち、カラーも32ページほどあり、やはりずしーっとした重量感
ショート漫画もあったものの、収録は16話と多く、またシリーズもあるため、読み応えのある仕上がり。
巻末のエピソードは同キャラ・設定での純粋な連続話。
そのほかのシリーズものは、メインのお話に描き下ろしなどのショートが加わっているような印象です。
短編も含めて、基本的にはラブコメ
若干趣き違うのもありましたが、だいたいは楽しいものです。
フェチっぽい色もあり、特に水着好きな方はカラー原稿が刺さるかと。

乱れのないシッカリ線での作画。
全体の色づきあり、濃淡はやや濃いめという印象でした。
描き込みは細かすぎず、あっさりでもなく。
コマ割りは中小くらいで、枠間あるものの上下左右にはほぼ隙間ありません。
丁寧で安定感もあるためか、賑やかでも見易い原稿となっています。
あ、後述しますが、1話古い原稿あったので、それくらいかな。
幅広輪郭で小さい鼻の可愛らしい人物絵。
目は横長で黒目勝ち。
巨乳な娘も多いですが、むちむちっとしたスタイル。
お得意の水着も多く描かれてます。
コメディー崩し多めで、表情豊か。
配置のバランスでちらほら気になるところもありましたが、そう引っ掛かるものではありません。
判断については、白黒原稿とはやや異なるんですが。
だいたい↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 16話収録

023:「あね洗」 カラー原稿
シリーズものがあるため、やや順番が前後しています。
こちらはカラー原稿のショートです。
「ゆま姉」と一緒にお風呂に入るお話。
いちおう水着を着ているんですが、ブラインドな状態でちら見えしていました。
逆に着ているがため、エロいというパターンです
また、そもそもそっち目的なため、背中流すとかなんとかでえっち発展。
タイトル通りですね。

029:「復讐さん」 カラー原稿あり
いじめで体育用具室に閉じ込められた「大森」さん。
半信半疑ながら復讐アプリにアクセスしたところ、”復讐さん”を呼び出してしまったのでした。
そんな感じの、プチ・ファンタジーなエピソード。
”復讐さん”はパンツ1枚・四角眼鏡の腹がポッコリと出た中年オヤジ。
簡単には、その”復讐さん”に好き勝手されるような印象です。
カラー原稿部分は召喚シーン。
ガッツリ「大森さん」もえっちされてます。
カラーでの制服がいい感じ。
神出鬼没で、見える・見えないを制御できるなど特殊能力があるようで、いじめグループ「東雲美姫」、「須藤真里子」、「下井美奈」らを次々に撃破しておりました。
そこまでは、まぁいいんですが…前半でもちらと見せていましたが、「大森さん」はなかなかのお人よしで。
最後にいらぬオマケに繋がっていました。

従姉「ユミ」・「ミキ」、「ユリちゃん」18歳
※左:従姉「ユミ」・「ミキ」、右:「ユリちゃん」18歳

001:「アクマデ天使姉」 カラー原稿
009:「大自然子作りバスツアー」 カラー原稿
053:「あねあねぱにっく」
069:「あねあねぷれい」 描き下ろし
親が年始旅行の間、「よしゆき」の世話焼きにくる従姉「ユミ」・「ミキ」
魅力的なお姉ちゃんらに挟まれつつも、特にイベントなどはなく。
2人とのエロい夢をよく見ていたんですが…というお話。

巨乳な従姉「ユミ」、褐色肌な従姉「ミキ」というWヒロイン漫画です。
裏表紙の2人ですねー。
ちなみに、そちらとリンクしたカラー裏表紙はまたドえろいので、お楽しみに。

単行本での冒頭話「アクマデ天使姉」
8ページのショートで、本編の補完エピソードみたいな感じ。
”今夏のきろく”はこちらの絵ですね。
2人の白黒具合が彩色原稿でより目立つようになっていました。
続く「大自然子作りバスツアー」もカラー8ページのショート。
時間軸としては最も新しいのかな。
タイトルそのまま、野外えっちを目的としたバスツアーに3名で参加するもの。
2人は水着姿で、「ユミさん」はシャツ+極小ビキニ、「ミキさん」はハイレグな競泳水着です。
川辺での複数えっちになってました。

シリーズのメイン「あねあねぱにっく」はだいたいカラー原稿「アクマデ天使姉」と同じ流れ。
「ユミさん」とは裸エプロンの彼女とのとろとろえっち、「ミキさん」とは拘束してのオモチャプレイとなっていました。
彼いくつか知りませんが、趣味マニアックですね
描き下ろし「あねあねぷれい」はその後日談。
4ページのショートで彼へのネタバラシみたいな感じでした。

017:「こんがりやきにく」 カラー原稿
072:「あそべるからだ」 描き下ろし
075:「JKF」
「ユリ」ちゃん14歳の時に、親公認の仲となった「いっせー君」
18歳で高校を卒業するまで手は出さない~そんな宣言をしたため、ずっとお預け状態が続いていたのでした。
だいたいそんな感じ。
多くのヒロインから↓表紙をゲットしたのが、こちらの「ユリちゃん」でした。
親との約束を死守しようという彼に対し、ちょうど興味ある年頃か彼女は積極的なアピールをしております。
いいなぁ。
そんなこんなで、カラー原稿の「こんがりやきにく」は日焼け跡な「ユリちゃん」
うーん…ネタは好きなんですが、せっかくのそれも極小ビキニの跡で、その場で着ているのもまた極小水着でした。
あまり良さが伝わりません
えっちはそのエロ水着からの発展です。
時系列としては、こちらが最も新しいものかな。
描き下ろし「あそべるからだ」は4ページのショート漫画。
当時14歳という「ユリちゃん」の寝込みを襲いかかる…という流れでした。
いちおう手出してもOK、とか言われてたんですけどねー。
ただ、寝てるあの年齢の娘にあーするのはどうかと思いますが。
「JKF」がこちらシリーズのメインというべきお話。
卒業式後、いつものように「いっせー君」の部屋を訪ねた「ユリちゃん」
すると…というもの。
「あそべるからだ」などの前フリが生きており、彼の行動に納得
あまりの変化に「ユリちゃん」が驚いてましたね。
まだ心の準備がどうこう言っていたので、まずはエロ水着を着せていました。
未処理な下半身がいい感じ。
そこから剃毛プレイに発展してました。
ムダ毛だけ、がつるつるにされるのはお約束(笑)
そのままえっちに流れております。
途中で「ユリちゃん」怒ってしまうんですが…まぁ、あの年齢の娘ならば当然か。
ほどほどにね。

095:「七瀬さんの生態」
スーパー”じゅんぺい”で働く「七瀬」さん
店長「順平」とはえっち関係にあり、業務のご褒美もソッチでもらっていたのでした。
お話は彼の寝込みを襲う流れ。
本当にお好きなんですね(笑)
実は「順平くん」は起きていたんですが、様子見で寝たふりをしてる状態。
言動を見る限り、彼のモノとしてもそうなんでしょうけど、「順平くん」にもいちおう好意を持っているみたい。
相手が寝ているのをいいことに、好き勝手してましたよー。
起きぬように~とか、まったく気にしないのが凄い
オチページが楽しいです。

111:「オナ・トモ」
趣味がAVと独りえっちという「翔太」は、職場で誰も近寄らないという”良いポイント”を発見。
そちらで独りするのを日課としていたんですが。
ある日の昼休みに向かうと、社内で人気の高い受付「春香」がそこにいたのでした。
まぁ、誰しも発散は必要ですからね。
実は彼と同類で、その発見を切っ掛けとして急に親しくなるという、なんとも羨ましいシチュエーション。
とっかかりは何であれ、やはりコミュニケーションしてみるものですね(※漫画ではありますが)
2人して動画を持ち寄り、見せ合っていたところ…と、次は当然そうだろう、という展開。
実際のところAVはファンタジーなんで、そうした異なる点を踏まえつつ、巧い事いってました。
良かったねぇ。
オチにして示されていたことがちょっと気になりますが。

131:「イケメン教祖様にご用心!」
宗教を題材にしたもの。
友人「ゆず」の誘いで、見学しにきた「凜夏」は教祖から直々に指名を受けたのでした。
女性は皆ふんどし姿で、階級が上がるごとに幅が狭くなるというシステム。
なるほど、教祖の隣にいる2人はほぼ紐という状態でした。
儀式という名目でのえっち展開。
台詞に「術の効きが弱い~」とあり、何らか手段は用いている様子で。
「凜夏さん」には、教祖がイケメンに見えるという効果が出ていました。
あのくるくる目を見る限り、ヤバそうですねー。
実際こんなんあるんだろうなぁ。

147:「連休の彼女達」
こちらの短編のみ2008年とダントツに古い原稿。
(※出版社が異なるためかな)
当時からお上手だったと分かる半面、さすがに最新の単行本に収録されると差が大きいですね。
「ミホ」、「アカリ」、「トモ」の友人3名が連休中に何があったか報告するというお話。
しれっとしている「トモちゃん」が最も過激でした。
”せいいっぱいの笑顔”のコマが好き。

留学生「ヴァネッサ・アンダーソン」、フィリピンパブの「リア」
※左:留学生「ヴァネッサ・アンダーソン」、右:フィリピンパブの「リア」

163:「快感シェアリング」
183:「性感シェアリング」
203:「好感シェアリング」
上京してきた「牧野良太(リョウタ)」が住まいに選んだのはシェアハウスでした。
しかも、単に共同生活をしているだけでなく、それぞれの身体もシェアしていたのでした。
だいたいそんなん。
一般えっち系漫画みたいなお話ですね。
もともとは男性1名、女性3名という構成なんですが、
(2号室)フィリピンパブで働く「リア」
(3号室)両親アメリカ人ながら日本育ちという「ボブ」、こちらが唯一の男性でした。
(4号室)アメリカからの留学生「ヴァネッサ・アンダーソン」
(5号室)中国人のバイト戦士「王麻美(わん・まーめい)」
…と、1号室に「良太くん」が入るまではほぼ「ボブ」の独占状態。
いいなぁ。
1話目は彼が戸惑いつつそのルールに染まっていくというもの。
物件案内時点で、「ボブ」・「ヴァネッサ」のえっちを目撃。
歓迎会とかなんとかで、お風呂場に侵入してきた彼女とえっち発展しております。
いちおう水着着てたんですが、極小面積で、あっさり脱いでいました。
途中から「ボブ」も加わって複数に。
2話目からは「麻美さん」が登場
ショートカットのややキツ目な彼女とはマッサージからのえっち展開でした。
当初の物言いが消えてメロメロになってしまう様が楽しめます。
3話目はもう1人、「リアさん」の登場回。
すっかり「良太くん」とのえっちに慣れてしまい、あまりがちだった「ボブ」
最年長という「リアさん」に甘えることとしたのでした。
褐色肌で小さい彼女が可愛い。
平らな胸、とか言われていた、控えめバストがまたいい感じ
このシリーズ、もっと彼女の登場が早くても良かったかなーって思います。
特に終わったという感じもないので、あるいはまだ続くのかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ぼっしぃ」センセでした。
単行本は通算7冊目とのことでした。
そのうちブログでは「水着彼女」、「お嬢様はHがお好き」、「ちゅーちゅーちぇりー」、「Radical GoGo Baby!」、「桃尻女子」…と、紹介しておりました。
あれ、1冊少ない。
そう気付いて、検索してこたところ…ありました。
コレ「ふた部!MIX」ですかね。
同人誌で発表されたものをまとめた、ふたなりシリーズだそうです。
まあ、特に急がなくていいかなぁ。


あそべるカラダ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)あそべるカラダ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/12/20)
ぼっしぃ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー ショートカット 競泳水着 コメディー

■パコパコしちゃう (草津てるにょ)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 人妻、ラブコメ、巨乳、お風呂
・構成 : カラー(6P)、短編×11
      (うち「すい~つ・ホーム」×3、「ママ・くらべ」×4)
・おまけ: あとがき、表紙ラフ絵、カバー裏に作品解説、
     描き下ろし「メス・ママ(一部)」、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「草津てるにょ(くさつ・てるにょ)」センセの「パコパコしちゃう」です。

千秋、ゆかり
※左:千秋、右:ゆかり

 【 構成・絵柄 】

収録はちょっとした中編と短編。
連続モノのうち、1つシリーズは前巻からの続き。
ストーリーは強くないため、知らなくても大丈夫ですが。
キャラとかそれぞれの関係とか説明は薄く、やはり知ってた方がアドバンテージあるでしょう。
もう1つの連続は、色気たっぷりな人妻もの。
2組のカップルが登場するんですが、それぞれ関係があり。
最終話のオチへと流れていくくだりも、実にいい感じでした
そうした一方、短編は”寄せ集め”というセンセの言葉そのままという感じ。
連続モノと比べると、やはりいくらか見劣りしてしまう印象です。

さらりとした細線での作画。
描き込みはそこそこ。
そう濃くはないものの、濃淡も適度なくらい。
枠間なくなること頻繁で、ページはごっちゃり気味です。
やや見辛さもあるかな。
乱れや崩れを感じる部分もあり、とくにバランスは目につきます。
ただ、コマが大きめで迫力があり。
変な話、読むにはそう問題ではないと思います。
無論、好みもあるのでしょうけど。
収録は2011年から2013年。
そう目立つような差はないものの、個人的には全体の色彩具合とかぱっと見でのパンチ力が大きく異なるかな。
判断については、カラーでも変化はないので。
↓表紙か裏表紙、あるいは小さいですが紹介帯のカット絵が参考になるでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

007:「奥様禁猟区」 カラー原稿
6ページのショートもの。
奥様とそのメイド「アイラ」が私有地の浜辺に入っていた男の子とえっちする、という流れ。
まずは面積小さいビキニの奥様。
ポニーテールで褐色肌なため、なんというかアマゾネスちっく。
続いての「アイラさん」は金髪でストレート。
同じくビキニなんですが。
ヘッドドレスと水着のフリルなどがメイドっぽい雰囲気でした。

シスター「唯奈さん」
※シスター「唯奈さん」

013:「ユキちゃんの日常」 カラー原稿あり
向かいの教会に住んでいたシスター姉妹「唯奈」・「ユキ」(※実はひとネタあります)
教会が全焼してしまったため、2人を引き取ることとなり。
「孝一」は彼女らと同じ屋根の下で暮らすこととなったのでした。

いわゆるシスターもの。
「孝一くん」の持っていたエロ小説を隠し読んでいた「唯奈さん」と鉢合わせ。
その流れでえっちに至るのでした。
”禁書”扱いなえっち本が楽しい。
慎ましやかな生活(たぶん)をしていただろう割りに、「唯奈さん」のスタイルは抜群で。
えらいむちむち感がありました。
まぁ、あの身体では持て余すでしょう。
カラー原稿部分はえっちシーン。
彩色原稿が間に合って良かった。
タイトルそのまま、「ユキちゃん」のモノローグっぽくなってました。
その流れで、後半のメインは「ユキちゃん」
とある秘密があり…お風呂でのえっちに発展。
核心に触れてしまうので伏せますが、1話で2度おいしいお話になってます。

001:「なまカノ」 カラー原稿
053:「すい~つ・ホーム」
069:「すい~と・デビル」
こちらは「うぶカノから続く、”謎のすい~と・ホームシリーズ”です。

巻頭を飾る「なまカノ」は時系列的には本編の後のエピソード。
チアリーディング部の部長「千秋」さんとの拘束えっち。
ひもパンを切っ掛けにしたお話で、6ページのショートものです。
「すい~つ・ホーム」がその「千秋さん」とのメイン。
娘「比奈子」の父親は「ゆかり」とお風呂に入ったことを「千秋さん」に咎められてしまうんですが。
ちょっとしたアクシデントもあり、そのままえっちに発展してしまうのでした。
「比奈子ちゃん」とのお風呂に介入した「千秋さん」はビキニ姿。
なんのかんの言いつつ、2人してそっち方面へ流したという印象です。
オヤジ元気だなぁ
口では色々言っていたものの、えっちで途端に可愛らしくなる様をお楽しみください。
「すい~と・デビル」は友人「ゆかり」ちゃん
良い具合に日焼けしており、スクール水着と日焼け跡が実にいい感じ。
周囲をぐるぐるしてた小さい「比奈子ちゃん」がキュートです。
こちらのメインは前述した日焼け具合であるのは間違いないんですが…。
実は中盤の飲尿シーンが最大のポイントだと思います
いや、あれはまた普通にするのよりもえっちだ。
ここに5ページも割いているあたり、センセの力の入れ具合が分かります。
これはいいなぁ。

また、冒頭の「比奈子ちゃん」は夢オチなんですが…。
ちょっと心を鷲掴みされるような勢いがありました。
次あたりは、そっちに行ってくれたらいいなぁ(笑)

089:「パツ禁」
留学してきたという「植村クリス」さんとのお話。
センセ曰く、「ぬるい展開」というこちら。
「土屋」・「長谷川」というチャラい男子2人が電車内で彼女の寝込みを襲うというもの。
2人サングラスでおっさんちっくなんですが…風俗へ行こうとしてるためでいいのかな。
ただ、絵的には学生に見えず、またヒロインが金髪の外人さんなため、なんだか変な感じ。
電車内だというのに普通にえっちしてたりして。
展開・オチなども含め、ぬるいというよりも軽い。
複数えっちです。

109:「ちち・まみ」
家庭教師を始めて2年。
その教え子には姉「芽衣」がおり。
ある日、居間で無防備に寝ているところに鉢合わせてしまったのでした。
もういいや、舌入れちゃえ
そうしたコマが楽しい。
えっちと共に書かれるモノローグが体験記っぽい風情です。
「芽衣ちゃん」は幼いのに立派なバストをお持ちで。
まぁ、あんな薄着で寝てたら、確かめない方が嘘ですわねー。
しかし、ページ数がためか、あまりパッとした反応なく。
流れも独特な時間感覚となっていて、漫画が読み辛い印象を持ちました。
あれは、普通に描かれたほうが良かったかも。

129:「ママ・くらべ」
149:「ママ・トリ」
169:「ママ還り」
189:「メス・ママ」 描き下ろしあり
「京介」の友人「祐也」
実は年上好きで、「京介」の母「真奈美」に憧れており。
半ば冗談ともとられたため、告白は空振りだったもののお酒の相手をすることとなり。
週末になると晩酌に付き合うのが常となっていました。
そうするうちに…というのが「ママ・くらべ」

友人母親とのラブコメシリーズ。
ちなみに、「ママ・トリ」では「祐也くん」の母「志保梨(しほり)」が登場するんですが。
その付き合う相手が「京介くん」なのでした。
お互いの母親をクロスさせてるんですねー。
ちなみに、「真奈美さん」は現在フリーでしたが、「志保梨さん」は旦那もいる立派な人妻。
不倫関係となっています。
また、皆(4名)で温泉へと出掛ける最終話「メス・ママ」では…期待通りな展開になってました。
詳しくは内緒ね。

真奈美、志保梨
※左:真奈美、右:志保梨

「ママ・くらべ」は「祐也」・「真奈美」のカップル。
こちらの「真奈美さん」は四角眼鏡の知的美人です。
告白はあっさりフラれたものの、その後の頑張りに拍手。
まぁ、努力賞ですわね。
えっちに至るあのじわじわっとした流れが好き。
”長いストロークうんぬん”というのがエロいです。

「ママ・トリ」は「京介」・「志保梨」のカップル。
「志保梨さん」はタレ目のおっとりとした物腰の美人さん。
前回からの流れで、「京介くん」は母「真奈美」らの行為を目撃してしまい。
モヤモヤがおさまらなかった彼は、その気持ちを「志保梨さん」にぶつけるのでした。
多少の強引さもあり、こっちのが展開は早め。
黒ストッキングを穿いていたんですが、脱がさなかったのはさすがでした。拍手

「ママ還り」も「京介」・「志保梨」
その後も関係が続く2人を描いておりました。
合計3パターンが楽しめます。
後半のボディコン衣装も顔と似合ってない感じが逆に好き
なお、こちらでは最終話に繋がる展開があるので、お見逃しなく。
最終話「メス・ママ」は2組カップルでの旅行話。
お風呂での母親2人の会話がそれっぽくて楽しい。
えっちなんは置いといて。
2人との浴衣えっちもいいですが…ここはやっぱり後半のマッサージからの流れでしょう。
オチもいい感じでした。

やっぱりセンセの絵柄は年上女性、人妻との相性はすこぶる良く
シスターとか日焼け跡なども捨てがたいんですが、個人的にはこのシリーズがお気に入り。
前述した最終話に繋がっていく流れも、非常に良かったです。

 【 その他 】

そんなこんなで、「草津てるにょ」センセでした。
こちらのブログでは、「ペットライフ」、「うぶカノ」、「その時、彼女は…」を紹介しております。
今回ので16冊目くらいだと思います。
違ってたらすみません。
今回も魅力的なおっぱいでした。
正直なところ、センセの絵柄はそう肌にぴったり来ないんですが。
あのバストと漫画の雰囲気がお気に入りなのです。
シリーズが気になった方は「うぶカノ」も是非どうぞ。

パコパコしちゃう (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)パコパコしちゃう (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/02/01)
草津てるにょ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ スクール水着

■ふたりよがり (由浦カズヤ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、複数
・構成 : カラー(4P)、短編×10話(うち「プリティシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、作品解説、加筆修正あり、
      一部描き下ろし「いいコといいコト」、「堂々ダーリン」、「つまあそび」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「由浦カズヤ(よしうら・かずや)」センセの「ふたりよがり」です。

従妹「マリ」
※従妹「マリ」

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものの連続話と短編。
連続話は前単行本から続くもの。
詳しくは後述しますが、特に知らなくても大丈夫でした。
ヒロインが可愛らしいので、個人的にオススメ。
そのほか短編も含め、だいたいジャンルはラブコメです。
どっちかというと、慣れた女性のが目立っていましたよー。
また、表題作などブラックっぽいネタもあったので、得意でない方は注意。
話数にしてはページ数多く、読み応えのある仕上がりでした
もうひとパンチくらいあっても良いかも。

しっかりとした濃い線での作画。
黒色も強く、全体の色づきもしっかり。
描き込みは細かめ。
そこそこ枠間とか白比率もありましたが、小さいコマ割りでやや賑やか。
豊かな表情と丁寧さのある漫画となっていました。
小物とか背景もバランス良いものです。
背丈ある人物絵で、おおむねお姉さん系。
綺麗な方から可愛らしい娘までお上手でした。
そう気になるような癖はなく、作画も安定しており、幅広く好まれそうなもの。
判断については、紹介帯のカット絵がいいと思います。

 【 収録話 】 10話収録

001:「淫活プラクティス」 カラー原稿あり
「ともみ」との結婚式を控えた主人公。
独身のうちに~、と同僚「秋山」に言われて出会い系に手を出すようになっていたところ。
その誘いで、彼の知り合いだという「桃華」と複数えっちをすることとなったのでした。
カラー原稿部分は、出会い系で巧くいった際の光景。
2人の女性とのえっちでした。
本編の白黒部分では、奥様…になる予定の「ともみさん」が登場。
野暮ったい格好で眼鏡と単にまとめただけの髪で、彼がげんなりする様が描かれているんですが。
その強さがためか、なんだか後の展開が読めてしまいました
あるいは全部がそうだったのかなーって思ったりもしましたが、そこまでではない様子。
「秋山」に連れてこられた「桃華ちゃん」は”いかにも”という垢抜けた娘さん。
男子2人を撃破していましたよ(笑)
この後どうなるのか、ちょっと見てみたいですね。

桃華、先輩「立花さん」
※左:桃華、右:先輩「立花さん」

017:「いいコといいコト」 描き下ろしあり
前話「淫活プラクティス」のカラーページの娘が気に入って~、とあとがきにありました。
そちら冒頭でえっちしていた娘をピックアップしたのがこちら。
確かに容姿からキャラまで同じ人でした。
コレは言われないと気付かないですねー。
(※名前とかヒントもなかったので)
ちなみに、男性も前巻からの再出演だそうですが。
野郎は分かんないしどーでもいーや。

息子「ゆう太」を迎えに来た「細川」
そのおねだりもあって、保母「ハルカ」さんと”裸ごっこ”をすることとなったのでした。
息子ナイス、というべき展開
一方の息子が眠ると、もう一方のムスコがおきる、というのが楽しい。
「ハルカさん」は前半では可愛らしい感じなんですが、スイッチ入った後半は前話を彷彿とさせる印象。
あれはいいですねー。
オチに顔を見せていた彼の奥様がまたちょろっと出演では勿体ないくらいの美人さんでしたよ。

035:「プリティ&ビースト」
055:「プリティinワンダーランド」
大学生となった従妹「マリ」が部屋を見つけるまで預かることとなった「タカヒロ」
しかし、その想いを知った彼は関係してしまい、そのまま同居を続けていたのでした。

ショートカットと博多弁(…でいいと思う)が可愛らしい「マリちゃん」
裏表紙も彼女でした。
実は前巻「イビツナ」に収録された、「スリービングプリティ」の続編でした。
あらすじ2コマくらいでまとめられていましたが、そうややこしさないためいきなりこちらでも大丈夫。
1ページ後のいきなりえっちが楽しい。
しかし、彼女のためを考え、我慢して自粛したところ~という流れ。
まぁ、分からんでもないですが、それならばちゃんと伝えないとダメよ。
それに向こうは若いのだから。
我慢のためのAVが役に立っている様がいいですね。
えっちは共同作業(笑)

2話目「プリティinワンダーランド」はショッピングに出掛けるエピソード。
試着室えっちですね。
店員がオススメした服装を見る限り、相当幼く見えるのかな。
ミニスカートとかショートパンツが似合いますね。
途中で水着を試着していたことを切っ掛けとして、ノーパンなまま街を歩くこととなったのでした。
これは願ったり叶ったりなプレイ
普通にあーはしてくれないだろうしなぁ。
えっちでは言葉で遊んでいました。
可能であれば、もう少し「マリちゃん」を見たいですね。

075:「堂々ダーリン」 描き下ろしあり
気が強いヒロインと穏やか男子という、セオリーなカップル話。
センセがあとがきで述べていたのは、その通りだと思いました。
ぬいぐるみとか並べてそうですよねー。
気が強いバイト先の先輩「立花」さんと、その舎弟のような「倉田」くん。
飲み会で彼女に絡む同僚を止めたところ、あっさり反撃されてしまい。
結局「立花さん」に助けられ、家で介抱されるという展開。
告白を受け、急激に可愛らしくなるところがポイントです。
いいなぁ。
中盤あたりの勘違いなくだりが非常に良かったですよ。

099:「蒼い眼のナデシコ」
日本のお祭りを楽しむ外人「ケイト」・「リリ」のエピソード。
知る人ぞ知る、かなまら祭りを題材とした作品でした。
ひでるさんも経験しております。
盛り上がりはかなりのもので、漫画のように外人さんも多く。
取材に訪れていた海外番組の姿なども、ちらほら見かけました。
お近くにお住まいな方は、ぜひ一度お試しください。
さて、漫画ではさばけた「ケイトさん」とは裏腹に、「リリさん」は慣れておらず。
異文化に目を白黒させていたところ、「大志」くんが助けるという流れ。
確かに、祭り周辺はどちらも男性器ばっかりでしたので…彼女があーなるのは納得。
「リリさん」は小さくて控えめな可愛らしいヒロイン。
半ば騙すようなえっち展開になってます。
まぁ、あんな反応されると、ちょっといぢめてみたくなりますわね(笑)
オチの反応もキュートでした。
まぁ、祭りはそもそもそうしたものだろうしなぁ。

121:「つまあそび」 描き下ろしあり
タイトルそのまま、奥様2人の息抜きえっち、みたいな印象。
「由梨」・「真奈美」の2人は声を賭けてきた若い男性らと飲みの席を共にすることとしたのでした。
そんな導入。
場所は個室居酒屋でしたが、序盤戦はそちら。
いきなり場面が変わってましたけど、あれは追い出されたのかな(笑)
太めな「真奈美さん」は冒頭では落ち着いた感じなんですが。
進行と共に垢抜けていくような様をお楽しみください。

141:「ふたりよがり」
こちらが表題作。
↓表紙を飾る2人なんですが…そちらを見ていると、後の漫画展開が読めてしまうかな。
とか思いましたが、いちおうネタバレを避ける意味で核心には触れぬようにします。
眼鏡で可愛い「瑞希」さんと「菜摘」さん。
親友という2人は公園で友人のえっちを目撃。
それを切っ掛けに、2人も百合な関係へと発展するのでした。
目撃後の「菜摘さん」モノローグに注目です。
セオリー的には、「瑞希さん」のが主人公っぽいんですけどねー
実際のところ、確かに彼女のが物腰穏やかで可愛く、モテるのかも。
あーしたオチになったのは成年漫画だからでしょうか。
もっと黒い終わり方でも良かったように思いました。

リリさん、先輩「麗奈さん」
※左:リリさん、右:先輩「麗奈さん」

173:「はずかしばり」
ラグビー部のマネージャーで先輩「麗奈」さんとのデート話。
ややソバージュかかったような髪とふんわりした服装で、気品も感じさせる可愛らしい彼女。
なんのかんの言ってましたが、付き合ってくれるのは脈ある証拠でしょう。
ただ、誘った「直也」くんがややテンパっており、期待したように展開はしなかったのでした。
あれを許してくれる「麗奈さん」が優しい。
ただ、そんな彼女が中盤から意外な姿を見せるのでした。
面白いの、でどんなんかは内緒。
可愛らしい下着着けてるのに…。
オチのあの返事もセンス良く、巨大なレベル差を感じました。
たぶん「直也くん」は歯が立たないでしょう。

189:「はじめてのつづき」
「なっちゃん」・「ケンちゃん」という初体験カップルの再会話。
単に懐かしの再会でなく、別れ際での約束が大きなポイントになっています。
当時と現在のえっちがおり混ざる描かれ方。
いやぁ、「なっちゃん」はよく成長しましたねー。
おっぱいとか
小さいコマですが、「タプッ」の絵が好き。
ちなみに、舞台は神社でノスタルジーイ感もありました。
野外えっちになってます。

 【 その他 】

そんなこんなで「由浦カズヤ」センセでした。
こちらが2冊目。
「大分時間がかかり~」
あとがきにはそんなコメントありましたが、
初単行本の前巻「イビツナ」は2012年3月頃でした。
紹介帯が縦長めなので何かあるかなーって思っていましたが。
特になかったです。
タイトルとセンセのお名前が小さめになったくらい。
そのためか、紹介帯を取るとややパンチ欠けるような気がしました。
個人的には折り返し(あるいはあとがき背景絵)のが好き。

ふたりよがり (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ふたりよがり (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/12/20)
由浦カズヤ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ショートカット

■お姉さんの性生活についての考察 (えびふらい)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、お姉さん
・構成 : 短編×8話。
・おまけ: あとがき、あとがき漫画「最近の怖かった事」、ゲストページ、
      作品解説「俺語り」、折り返しに著者近影。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「えびふらい」センセの「お姉さんの性生活についての考察」です。

姉「綾乃」
※姉「綾乃」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
タイトル通りにお姉さん系な単行本です。
実姉もおりましたが、広義な意味でのそれですね。
妹とか同級生なヒロインもおります。
どちらにしろタブー感はほぼなく、明るいラブコメ調。
センセの作画自体がむちむちっとしたものですが。
お話からして太めっぽく描かれており、肉付き良い女性がお好きな方にはより刺さるかもしれません。
軽く読み易いのは良い点ですが、即えっちっぽくストーリーとしては弱め。
じっくり読みたい方には、やや物足りなく感じるかも。

強くしなやかな細線での作画。
全体の色づき、濃淡はだいたい適度なくらい。
描き込みも同様ですが、ややあっさり気味でしょう。
コマ割りは大中で比較的大きめ。
白比率もあるので、スッキリとした見易い仕上がりになっていました。
輪郭は横に広く丸め。
目も横長で、しっかりとした鼻筋が特徴の人物絵です。
漫画らしい可愛いものでした。
細身でも肉付き良いスタイルで、むちっと弾力ありそうな肌感覚
背景や服・小物なども違和感ありません。
漫画にやや硬さを感じましたが、些細な程度。
判断については、だいたい↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

005:「其処への招待」
仕事から帰った「拓海」
その玄関前には、隣の住人「百瀬」が新聞紙にくるまって寝ていたのを発見。
おヨメにもらってぇ~~~
目覚めた彼女はそんな事を言い出したのでした。
だいたいそんなオープニング。
ちょっと見知ってる程度なお姉さんとのえっち。
本編でそう意識なかったですが、台詞から察するに多少太めなのかな。
むちむちっとした、可愛らしい方でした。
言動から察するに、できた年下とは相性良いと思います。
なお、おっぱい触ってたとか言われてましたけど。
せっかく起こす場面に遭遇したら、なんとなーしに胸付近へ手を伸ばすものでしょ。
役得役得。

隣の住人「百瀬さん」、姉「篠原亜希」
※左:隣の住人「百瀬さん」、右:姉「篠原亜希」

027:「極上Bauch」
付き合い始めて4ヶ月という彼女「富津美咲」との初えっち話。
いままで拒否されてきたようですが。
その理由は「おデブだから…」だって。
他ヒロインより、確かにややふっくらと描かれてますね。
「薫」くんが言ったそのまま、それを承知で好きなのよ。ええ。
そんな訳でめでたくえっち発展。
ただ、オチのあれは直後に言うべきではないなぁ。

045:「らぶあね」
頭脳明晰、スポーツ万能の優等生「篠原亜希」
しかし、その実態は…
日々のストレスを実弟で発散して何が悪い!?
とか豪語する、弟「隆行」にとってはトンデモな姉だったのです。
学校では眼鏡にお下げ髪と、しっかり優等生している「亜希さん」
家ではやや後ろあたりで髪をまとめてツインテールっぽくなっていました。
裏表紙は「亜希さん」でしょうか。
基本はっちゃけてましたが、照れ隠しという意味もあるのかな。
ページ半分を使ったコマでの一言は、不意にドキっとさせられます。
ちょっとしたタイミングで素を見せられるのはヤバいですねー。
「隆行くん」は彼女できなさそう。

063:「四畳半の眠り姫」
最近姉「綾乃」がやたベタベタしてきて、困っていた「健」
ある日帰宅すると、自分のベッドで寝ている彼女を発見し。
普段からのモヤモヤもあって、思わず寝込み襲ってしまうのでした。
そんな感じの姉弟漫画。
こちらの「綾乃さん」も2タイプの髪型があり、冒頭はカチューシャで髪をまとめていましたが、本編ではお下げ髪。
ちょっと幼く見えますね。
↓表紙はこちらの「綾乃さん」だと思います。
あれは短パンでなく下着のようなんですが…調べたところ”ボーイレングス”でいいのかな。
ああいうのは逆にえっちよね(笑)
ラブラブえっちになっていました。

087:「ねこ」
「慎」のもとを訪ねてきた「菜々」
いちおう2人は付き合っているものの、1ヶ月ほど放置されていたのでした。
仕事中だった彼をそのままにしつつ、えっち発展。
自由な感じでタイトルそのまま猫みたいな女性。
1ページ目でも”にゃはーん”なんて擬音と共に登場していましたよ。
そんなんなので、後半にて気持ちを吐露する場面がいい感じです。
こういう女性彼女だったら大変だろうなぁ。

111:「荊の園」
彼氏「晶」を女装させた「霧来遥(むらい・はるか)」
住む女子寮へ彼を招待したのでした。
似合ってるよ
なんて台詞ありましたが。
実にその通りで、こちらに登場する他ヒロイン(※「遥ちゃん」以外はちょろっと出演程度ですが)の誰よりも可愛らしく描かれていました。
女装させたくなるのもわかる・わかる。
えっち最中に友人「美樹」が訪ねてくるという、女子寮ならではというネタもありました。
あのオチからもう1話描けそうですね。

135:「とりぷる」
猫耳な妹らとの複数えっち漫画。
冒頭からコスプレしているんですが、そっち目的だったため。
即えっちなエピソードとなっています。
髪をポニテっぽくしている活発な娘が妹「あづさ」で、もう1人が姉「つばさ」
2人してお兄ちゃん取り合っていました。
男性的にはやっぱり「つばさちゃん」かなー。
実はタイトルに注目なお話です。

「菜々」、「結城真琴」
※左:「菜々」、右:「結城真琴」

155:「突撃!隣のお姉さん」
四角眼鏡とぽってり唇が特徴的な「結城真琴」さん。
通称「まこ姉」は隣に住む自称家事見習い。
帰宅した「タカ」くんは家を締め出されていて。
それに気付いた「まこ姉」に誘われ、お隣で時間をつぶすこととしたんですが。
彼女からえっちに誘われたのでした。
特に付き合ってるでもなく、そう色っぽい感覚もない彼女。
意識してない相手でもドキドキしますわね。
その突然えっちの理由はなんとなく示唆されます。
この後の関係は彼次第かなー。

 【 その他 】

そんなこんなで「えびふらい」センセでした。
9冊目くらいになるんでしょうか。
長く活動されており、この単行本が初のフルデジタル本だそうです。
もしかしたらどこかで見ているかもしれませんが…おそらくこちらが初見。
手に取ったのは↓表紙がため。
透けてはいるものの、ガッツリ見えている訳ではないんですが。
むちっとしたスタイルと濡れた感じが実にえっちですねー。
ひでるさんはその下乳からお腹あたりが最も刺さりました。
いいなぁ、あれ。
あ、裏表紙もそんなところがお気に入りです。

お姉さんの性生活についての考察 (メガストアコミックス)お姉さんの性生活についての考察 (メガストアコミックス)
(2014/12/10)
えびふらい

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール コスプレ ボーイレングス

■魔女×ショタ (瀬奈陽太郎)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、ショタ、ファンタジー
・構成 : 短編×11話(うち「魔女×ショタ」×10)
・おまけ: 描き下ろし「おまけ漫画 編×ショタ」、カバー裏に別絵、
      折り返し絵はカバー有無で変化。
※限定版はドラマCDつき

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「瀬奈陽太郎(せな・ようたろう)」センセの「魔女×ショタ」です。

弟子「エステル」
※弟子「エステル」

 【 構成・絵柄 】

収録はほぼ1冊まるまるの長編。
前回の連続話「姉はショタを好きになる」の番外編が巻末に収録されていました。
どうせなら、ひとまとめのが良かったんですが…こうしたのは単行本の宣伝的に描かれためなのかな。
ともかく、全て合わせて200ページを越す、たっぷりボリュームな1冊です。
メインは繋がり軽い連続話。
森に住む魔女とその弟子を中心に、色々キャラが介入してひと騒動~みたいなもの。
だいたい各話でそのエピソードは終わるタイプです。
タイトルそのままショタ系。
主人公である男の子を中心にしたお話群です。
ジャンルとしては、コメディー色の強めなラブコメになってました。

しっかりした線の絵柄。
やや黒は強く、描き込みも細かめです。
コマ割りも同様に細かく、ページはけっこう賑やかであったものの。
丁寧な作画で乱れ・崩れはなく。
原稿は綺麗な仕上がりで、特に見辛さはありません。
背景や小物もお上手。
ファンタジーな雰囲気が良く出てます。
あちこちのバランス良く、漫画も含めて引っ掛かるところはありません。
身長ある人物絵で、顔パーツもデフォルメは大きくなく。
漫画らしい可愛さと共にリアルっぽさがあります。
基本的にお上手でマイナス点はなく
多少の癖はあるものの、そう問題ないでしょう。
カラーでも大きな差はないため、判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。

 【 収録話 】 11話収録

003:「魔女×ショタ」 10話
ケモノ憑きな主人公「ナギ」
魔女「カリン」に拾われてその弟子となり。
今では、”森の薬屋”を手伝い、二次調合のほとんどを任されるまでになっていたのでした。
だいたいそんな設定。

ファンタジー世界なラブコメ話。
淫魔は登場してましたが、いわゆる怪物などは姿を見せません。
魔法とかバトルな描写もなく、世界はいたって平和。
物語の舞台が現代でない、というくらいの認識で大丈夫です。
ただ、急に成長するとか、姿が変わるとかファンタジーっぽい色はありました。
漫画は「ナギくん」が中心。
メインの「カリンさん」ほか各話にヒロインが登場しますが、皆さん年上。
ジャンルもあって、基本的にだいたい彼が喰われるパターンになってます。

魔女「カリン」
※魔女「カリン」

1話目は魔女「カリンさん」との初えっち。
見開きの風景描写がいい感じです。
カラー部分の見下ろし絵と共に、どこぞのゲームみたいな雰囲気でした。
あらためて見返すと、この時の「カリンさん」はちょっと怖さもありますね。
まだ「ナギくん」が幼く、ここまでお手付きできぬまま我慢をしていたためかなぁ。
彼には”ケモノ憑き”という設定があり、この後もちらほらそれが示されます。
そのオチから続く2話目。
とある理由により、猫の姿であった淫魔「リリィ」が本来の姿を取り戻すというもの。
いままで猫と思っていた彼女と会話でき、単純に喜ぶ「ナギくん」
ああ、そんな反応はリアルかもしれませんね。
えっちは「リリィさん」
途中で髪の色が変色・伸びてるのは、直接行為がためかな。
コメディな最後のページが好き。

3話目は原料を提供する「カイエン」とその付き添いである少年「アル」こと「アルジェント」が訪ねて来るというもの。
ここはショタものらしい展開でした。
「アルくん」は髪みつ編みにしていて。
あるいは…実は女の子だった、なんて期待をしましたが、さにあらず。
その趣味な方、お楽しみに。
いちおう、「カリンさん」とのえっちもあり。
ポニーテールで私服っぽい姿が楽しめます
4話目は薬の効果で、大人になってしまう「ナギくん」
基本設定がため、単に”大人になってびっくり”というだけでないのがポイント。
えっちは珍しく彼主導です。
ちょっと様子がおかしい「カリンさん」という5話目。
妙な入れ知恵してくるおばちゃん登場。
その発想によって、「ナギくん」は前回に続いてコスプレです。
シリアスな前半と異なり、後半のえっちはコメディーちっく。
たまには師匠らしいカッコイイところも見せないとね
そんな台詞が良いです。

久しぶりに「リリィさん」が登場する6話。
同じく淫魔である「ネメスィ」が登場。
複数えっちに発展してます。
淫魔らしく尻尾を使ってましたよ。
独り悶えてる「カリンさん」が楽しい。
すっかり変なキャラが定着してました
7話目は一休み的な軽いエピソード。
ちょうど5話とは逆に、やたら可愛くなってる「ナギくん」です。
こちらは露天風呂えっちでした。
髪をアップにしていて、実に色っぽいですよ。
最終エピソードというべき8~10話目は「カリンさん」の師「ヴィルケ」、弟子「エステル」が訪ねてくるというもの。
師匠「ヴィルケさん」のが幼い(この時は)のは、こうしたもののお約束ですね。
えっちは弟子「エステルさん」
彼女もケモノ憑きということで、えっちの切っ掛けはそんなん。
あまり表情の変化ない彼女が魅力的です。
その裏で2人の師匠が面白いですよ。
~慰めてやるから
とか言ってましたが、2人のプレイも見たかったなぁ。
9話目の「エステルさん」との野外えっちが個人的にお気に入り。
木陰に「ナギくん」を立たせ、自ら動く様がえっちでした。
「ヴィルケさん」が本性を見せてからの最終話。
こちらは7話と同じ露天風呂えっち。
成年漫画らしい展開をお楽しみに。
ただ、師匠「ヴィルケさん」は小さい姿で参加してほしかったなぁ。
あーだと、元のキャラキャラとした良さがなくなっちゃうので。

師匠「ヴィルケ」
※師匠「ヴィルケ」

029:「姉はショタを好きになる 番外編~界くんの一番長い日~」
こちらは前回単行本の番外編。
ブルマ姿な「亜麻音」、ビキニ姿の「聖」に取り合いされる「界(かい)」くんというもの。
お風呂でのえっちです。
2人にサンドイッチ状態にされ、羨ましい限り。
基本的にストーリー性ない短編なので、シリーズ知らなくても大丈夫でしょう。

 【 その他 】

そんなこんなで「瀬奈陽太郎」センセでした。
ブログでは「マルいも!?」、「官能の方程式」、「姉はショタを好きになる」を紹介しています。
ショタを続けてきましたね。
また「官能の方程式」に続く初回特典のドラマCDおめでとうございます。
まー、キャストも凄かったです。
描き下ろしのエピソードもありましたので、限定版の意味は大きいと思います。

魔女×ショタ【限定版】 オーディオドラマDVD付き (富士美コミックス)魔女×ショタ【限定版】 オーディオドラマDVD付き (富士美コミックス)
(2014/01/31)
瀬奈 陽太郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー コメディー コスプレ ポニーテール

■アネートイモート (椿十四郎)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 近親、ラブコメ、妹、姉
・構成 : カラー(4P)、短編×8話(うち「熱愛症候群」×2)
・おまけ: 合間にイラスト、カバー裏にラフ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椿十四郎(つばき・じゅうしろう)」センセの「アネートイモート」です。

友人「さなえ」・姉「ゆかり」
※友人「さなえ」・姉「ゆかり」

 【 構成・絵柄 】

収録はほとんど短編。
連続になっているのが1エピソードありましたが、同キャラが出演するという程度。
男子は同じですが、別ヒロインになっていました。
ジャンルはお得意の近親モノ。
タイトルそのまま、姉・妹のエピソードが収録されていて、妹5名に姉2名。
(※ほか、姉の友人が1名おります)
比率的に妹のが多いです
近親ですが、タブーな認識はあまりなく。
お話はだいたいラブコメ調なんですが、ラブもコメも弱め。
興味そのままに関係してしまう~、という印象でした。
どちらも軽めなお話なので、じっくり楽しみたい方には物足りなさがあるかも。

しっかりとした強さもある線での作画。
全体の色彩はさっぱりとしていて、白比率が多め。
黒は線同様に濃く、ポイントのようになっています。
描き込みはスッキリ目でコマ割りは比較的大きく。
コマへの収まり良く、ゴッチャリ感がありせん。
全体はこざっぱりと綺麗にまとまり、見易い原稿となっていました。
目立つ乱れや崩れはなく、安定。
小物や背景も作画にあったもの。
人物絵は縦長・四角気味で幅広な輪郭のもの。
やや平たさがあり、独特な感じになっています
好き嫌いはあるでしょう。
ティーアイネット」さんの単行本なので、判断については裏表紙のカット絵が見易いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

003:「し~っランド ホ・テ・ル」 カラー原稿あり
えっち関係にある妹「真優(まゆ)」と兄「宏太」
最近はマンネリ気味だったんですが、家族旅行に出掛けた夜に…という話。
親が寝ているすぐ横でのプレイです。
そりゃードキドキしますわね。
誘ったのが「真優ちゃん」であるのが凄い。
途中、母親が起きるんですが…どうなるか、お楽しみに。
オチが黒々しいです。
カラー原稿部分はえっちシーン抜き出しでした。

妹「真優」、妹「華枝」
※左:妹「真優」、右:妹「華枝」

033:「ヒキコモラル」
引き籠りの妹「亜希子」は兄に男性自身をしゃぶらせて欲しいとねだったのでした。
ものすげぇーお話でした。
先の兄妹よりもいくらか年齢は上。
眼鏡なヒロイン「亜希子さん」は”引き籠り”という設定そのまま、髪ぼさぼさ。
ちゃんと整えれば可愛いかもしれませんが…ややマニアックな容姿(笑)となってます。
えっち最中もシャツ着たまま。
なんというか、女性っぽさが弱いのでした。
最初のお願い時には土下座したりしてましたよ。

057:「兄懐っこい」
数年間別居していた両親が仲直りし、また一緒に住むこととなりました。
そのため、一時離れていた妹「華枝(かえ)」と同居することとなったんですが。
久しぶりに再会した彼女は、見違えるように成長していたのでした。
個人的に兄妹のカップルであり得そう(だと思う)シチュエーション
女の子のこの時期は成長著しいですからねー、
えっちに興味あった「華枝ちゃん」のお誘いが切っ掛け。
お兄ちゃんとしても気になっていたので、問題なく流れておりました。
途中の、
もう~お兄ちゃんのバカぁ~~…
の台詞が良いですね。
彼女のぶっちゃけトークが見どころでしょう。

081:「くるくるオナペット」
お兄ちゃんとのえっちを妄想していた妹「奈々美」
その日は家族が皆出払っており。
ここぞどばかりに、兄の部屋で独りえっちしていたんですが…なんと兄が出掛ける日は1日違っていたのでした。
そんな訳で、ガッツリしていたところにお兄ちゃんが入ってくるシチュエーション。
思わず泣いちゃう「奈々美ちゃん」がリアル。
ただ、それに対するお兄ちゃんのぶっちゃけ度合いが凄い。
冒頭の脱衣所鉢合わせでは、なんともないような感じだったのに…。
あるいは、ちょっとした優しさがためかな
まぁ、そうでありつつも、結局はガッツリえっちしちゃうんですけどね。
成年漫画だし。
後のカミングアウトが面白いので、お楽しみに。

なお、もくじのページ数が981になってましたよ。

111:「熱愛症候群」 前後編
姉「ゆかり」の漫画をよく借りていく弟「けん太」
その目的が、過激なエロシーンであると看破していた「ゆかり」は、自身の興味もあってからかってみることとしたのでした。
前編はだいたいそんな感じ。

こちらと次が収録での姉モノですね。
四角眼鏡な「ゆかりさん」が優しく教えてあげる、みたいなパターン。
いや、途中からのめり込んでしまうので…あまり優しくはなかったかなー。
そんな、妹漫画とは違ったエロっぷりをお楽しみ下さい。
続く後編。
こちらでも姉「ゆかりさん」とえっちを続けている「けん太くん」なんですが。
だいたい7ページで描かれるそれが、前編と明らかに異なっている点に注目
どんなんかは内緒。
えっち相手は故あって友人「さなえ」さん。
ショートカットのまた雰囲気違うお姉さんでした。
こちら、近親ばかりの単行本にて、唯一血縁ではない健全なヒロインです。
「さなえさん」のペースで漫画は流れていくんですが…「けん太くん」だけでなく、姉「ゆかりさん」の凄さが分かるお話になっていました。
ああ、これがため前後編にしたのかな。
オチでの余裕たっぷりな彼が恐ろしいです。

妹「奈々美」、姉「小野寺麗子」
※左:妹「奈々美」、右:姉「小野寺麗子」

161:「性積アップ↑」
姉「小野寺麗子」にエロ本を没収されてしまった弟「小野寺健太」
成績も下がるばかりで、厳しく言っておこうと考えていたところ。
自らの下着に手を伸ばす彼と鉢合わせたのでした。
細部は若干異なりますが、「くるくるオナペット」の逆シチュエーション。
ああした行動は男の子。
完全に思い切れないところを含めて(笑)
こちらのお姉ちゃん「麗子さん」があーした行動になったのは、他と違って彼を心配しての事。
途中から目的変わっちゃうんですけどねー。
あのオチは期待通りだと思います。

191:「吉井家兄妹のH事情」
こちらは6ページのショートもの。
兄が妹「亜子」とのプレイを撮影しているという設定で、独特な仕上がりになってます。
「亜子ちゃん」は方言丸出しで、容姿も独特な感じでした。

 【 その他 】

以上、「椿十四郎」センセでした。
ブログでは「姉妹みっくす」、「近親相姦ってイケナイ事だからしたくなるんでしょ?」、「シスター←→シスター」、「my妹しーくれっと」などを紹介しています。
こちらが9冊目のようです。
センセのHPに詳しい情報があったので、検索するのをオススメ。
今回はめずらしい↓表紙ですね!
じんわりシャツが透けている程度で、まったくエロスな要素がなく。
出版社さんはよく許可したなぁ。
裏表紙はいつもの感じなんですけどねー。

アネートイモート (MUJIN COMICS)アネートイモート (MUJIN COMICS)
(2014/12/05)
椿 十四郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ショートカット

■奉仕委員のおしごと (胃之上奇嘉郎)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 学園、コメディー、複数、即えっち
・構成 : 短編×10話(うち「おしごとシリーズ」×3)
・おまけ: 合間にイラスト、カバー裏に表紙ラフ絵、加筆修正あり、
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「胃之上奇嘉郎(いのうえ・きよしろう)」センセの「奉仕委員のおしごと」です。

”奉仕委員”の「辻林凜」
※奉仕委員”の「辻林凜」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題シリーズと短編群。
ジャンルとしては…コメディーでしょうか。
そう言っても、ギャグが散りばめられてるものではなく。
本編キャラが普通にやってる事が非常識で、見ていて可笑しい~みたいな感じ。
ラブい色はごくごく薄く。
えっちはだいたい作業的というか、流れにまかせてという印象。
そんなところが、エロスなんですけどね
各話はよくある導入ながらも、そこらで見れるようなお話でなく。
良くも悪くも個性的。
キャラも個性があり、短編話でも印象に残るもの
ややブラックな色もありましたねー。
そうした感じなので、多少人は選ぶと思います。
タイトル・↓表紙の雰囲気で違和感なければ大丈夫でしょう。

お話と同様に絵柄も個性的です。
しっかりと強さのある線での作画。
描き込みはだいたい適度なくらい。
全体の濃淡はしっかりしていて黒が強く。
細かいコマ割りもあって、全体はコッテリとしていました。
原稿は08年から14年とかなり幅が広め。
ただし、もともとお上手ですが手直しもされているようで、期間あってもそう違和感なく見れると思います。
とかく非常にパンチ力のある漫画。
それでいて今風の繊細な感じもあり、独特なタッチながら優れたバランス感覚。
表情から動きのある絵まで、良いものでした。
カラーだと若干違うんですが、判断はだいたいカバー絵か、紹介帯のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「日直のおしごと」
035:「奉仕委員のおしごと」 前後編
こちらがメインの”おしごと”シリーズ。
まず、前者「日直のおしごと」は眼鏡で巨乳の「江藤綾音」さん。
不純異性交遊は学園での禁止事項となっているんですが。
性欲を持て余した生徒・教師は、集中力を保つため。
日直による”奉仕活動”を受けることが許されていたのでした。
校則じゃ仕方ないよね
…皆さんそんなテンションなのが可笑しい。
漫画での日直は「綾音さん」と「安部」さん。
普通に歩く廊下でのえっちが異常な感じ。
途中の生徒会長「川崎愛」さんはとあるポイントでのバロメーターみたいになっていたので、覚えておくように。
教室の各時間から、呼び出されたトイレでのプレイをこなしていた「綾音さん」
英語教師「ディック・マグナマラ」とのえっちから、大いにペースは乱されてしまい。
後半はぐちゃぐちゃでしたよー(笑)
なお、彼女と共に放課後を迎えたメンバーのうち、もっともロリちっくな「葦原萌」ちゃんに注目。
彼女のその後がラストページに描かれています。
またそちらの学園風景も見たいですね!

日直「江藤綾音」、陸上部「柏木香織」
※左:日直「江藤綾音」、右:陸上部「柏木香織」

続く「奉仕委員のおしごと」は前後編。
だいたい同じ(笑)なんですが、今度は日替わりの日直でなく”奉仕委員”となっていて。
範囲もクラスから学校全体に拡大しているのが最大のポイントとなっていました。
ヒロインは小柄でお下げ髪な「辻林凜」さん。
しれっとしていて、いわゆるジト目っぽい、独特な表情の娘さんです。
冒頭では前回ヒロイン「綾音さん」がまた英語教師に。
後方でのやり取りが可笑しい。
冒頭で「凜さん」は無関係なんですが、好みな担任教師「春日」の依頼で奉仕委員に任命されてしまうのでした。
(※もともと委員の「若林」さんは妊娠のため、ってそりゃそうか)
そんなこんなで、同じく委員で先輩の「仁久丸泉(いくまる・いずみ)」さんと活動に出るという前編。
説明していた際の通り魔みたいなえっちが凄い。
失礼しますッ!!
じゃねーだろー。
個人的なお気に入りは、途中で見かけた陸上部「柏木香織」さんの部活シーン。
日焼け跡と陸上部ウェアがキュートな彼女は、過激な練習をしていました。
スタート時の「用意!!」あたりが好き。
「凜さん」のえっちは柔道部に捕まってから。
目的地のレスリング部に着くまで、絵的には2回でしたが…実際は何度だったんだろう。
背丈小さい彼女のえっちは、先の「綾音さん」とはまた違った感覚で良いですね。

注目の後編も実は同じ日(笑)
宿直の教師への奉仕も委員の仕事ということで、レスリング部の面々にヘロヘロにされた「凜さん」の活動はまだ続くのでした。
宿直は人間離れした体育教師「ゴリ山」こと「群山」と、彼女の憧れ担任教師「春日」
いきなり「泉さん」をハメた「ゴリ山」と違い、爽やかな対応の彼。
その目前で、化け物のような体育教師にエロい事される~というのが前半のポイント。
着替えがチアリーディング部のコスチュームということで、お風呂後はコスプレ・ストレート髪な「凜さん」が見れます。
裏表紙の姿がそんなん。
非常に可愛らしく、それもあって頻繁に「ゴリ山」にサレていました。
いままで、まったく手を出さなかった教師「春日」でしたが…というのが後半。
面白いので、どんなんかは内緒にします
この際の「凜さん」がまた魅力的でしたよー。

097:「せんせいわかりません!」
「順一郎」は「会田真帆」の家庭教師。
彼女の母「真美」と昔馴染みで、逆に彼女の生徒だった彼。
「真美」には告白したこともある「順一郎」でしたが、今では「真帆」に気に入られていて。
その日は何故か大した刺激もなかったのに、男性自身が元気になっていたのでした。
大雑把ですが、そうした導入部。
下着とか服装は年相応という感じの「真帆ちゃん」
なかなかのヤリ手で、色々なアイテムなどを用いて彼をえっちに流しておりました。
お話時点で彼とは一度関係しており、これは2戦目。
ただ、まだ慣れてはいないようで、えっちでは初々しい可愛さを見せています。
いちおう収録カップルではいい感じ

オチがまた楽しい。
まぁ、そう簡単におさまらないだろうしなぁ。

121:「セカンドワイフ」
「小梅」と結婚した「竹也」
新居への引っ越し最中に訪ねてきたのは、お隣の妹的な存在「桜」でした。
小さい頃からベッタリだった彼女は、その頃に約束した事をいまだに覚えており。
2人きりになると、いきなり暴走を始めたのでした。
「桜ちゃん」のしらっとした笑顔が恐ろしい作品
普通にしてれば可愛いのに…。
小さいコマですが、紐の下着を脱ぐシーンが格好良い(笑)
故あって2人して押入れに入るんですが、その際もガツガツ迫っていました。
後半でキレる「竹也くん」が楽しい。
危機一髪シーンもあったので、ご期待下さい。

143:「マン研!」
部費・部室の停止が通達された漫画研究部。
それを回避すべく、部長「大童貞男(おおわらわ・さだお)」は救済策としてあげられた”活動実績”を出すことをほ考え。
部員「田和輪満(たわわ・みちる)」にひと肌脱いでもらい、エロ同人誌を作ることを考えたのでした。
だいたいそんなオープニング。
これから部活漫画が続きます。
背丈あってぬぼーっとした「満さん」がヒロイン。
あっさり了承した彼女は1年生「田中一」に好意をもっていて。
資料撮影にかこつけ彼に仕掛けるんですが…その間に部長「貞男」が割って入るのでした。
別に拒むこともせず、受け入れるんですけれど。
あからさまに嫌そうな表情の「満さん」が楽しい。
後半は色々とコスプレしていましたよー。
あのオチはお約束ですね。

165:「精イッパイの笑顔」
特訓と言いつつ、コーチからセクハラ・パワハラを受けていた新体操部「牧ヒトミ」のエピソード。
ショートカットで三角目な「ヒトミさん」
天性の柔軟性を持ちつつも、極度のアガリ症であり。
精神力と笑顔をつけるべく、エロい特訓をされていました。
というか、レオタードが既にいやらしくて素敵。
ちゃんと着ている彼女も相当ですね。
なにが彼女をあーさせるんだろう。
コーチ膝上での「開脚して腰を上げろ」のシーンが好き。
先ほども似たような感じのコマがありましたが。
いちおう結果も出たようで何より。

177:「明日はV」
地区大会の予選を明日に控えた野球部。
しかし、毎日の厳しい練習がため、9人ギリキリの部員らは疲れ果てていたのでした。
そうした彼らを見たマネージャー「花咲ミキ」は彼らを勇気づけこととしたのです。
だいたいそんな感じの、こちらも部活モノ。
複数えっちですね。
目に星浮かばせたような「ミキちゃん」は、ちょっとズレた熱血さがあり。
文字通り身体を張って頑張っていました。
オチはたぶん期待通りだと思います。

会田真帆、新体操部「牧ヒトミ」
※左:会田真帆、右:新体操部「牧ヒトミ」

197:「いとこと!」
豊かなバストが目立つ、美人国語教師「宮本雛子」
「藤井ヨシト」とは従姉同志という間柄で、近所ということで彼の家に居候していたのでした。
学校では広いおでこと眼鏡の凛々しい彼女。
「ヨシトくん」にラブラブで、家では「ヨシトきゅん」と呼びつつ、強引に迫っていたのです。
あのくらいの年頃男子には、願ったり叶ったりな気もするんですが。
ちとエロ過ぎるのかな。
年上なのだから、もう少し余裕もってアプローチしてください(笑)
彼の入浴中にスクール水着で侵入する様が楽しい。
紆余曲折ありつつも、そのままえっち発展していました。

197:「お嬢様がみてる!?」
いつも誰かに見られている。
そう感じていた、「白井カズキ」
家の周囲でメイドを見かけた、というクラスメイト「堺」は姿を消し、やがてクラスメイト全てが居なくなったころ。
その正体、憧れのお嬢様「姫ノ宮みさお」が姿を見せたのでした。
ストーキングをしているお嬢様とのお話。
ぬいぐるみに変わっていくクラスメイトが可笑しい
ほぼされるがまま、という感じでしたが…ぶっちゃけ、あーしてシタ後にも彼女に認められたのは幸運だったかも。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「胃之上奇嘉郎」センセでした。
漫画はなんだか見たことあるような気もしましたが、たぶん誰かと勘違いか。
初見だと思います。
一般での名義は「中村嘉宏」さん。
成年コミックでは12年ぶりの単行本だそうです。
トータルでは11冊くらいの様子。
手に取った切っ掛けはあの↓表紙ですね。。
どちらも”おしごとシリーズ”となっていて↓表紙はメインであった「綾音さん」・「凜さん」で、裏表紙はお話中に顔を見せていたサブヒロインらとなってます。
誰が何処にいるのか、探す楽しみがありますよ
なお、カバー裏は若干ポーズや配置が異なり、2度楽しい仕様でした。

奉仕委員のおしごと (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)奉仕委員のおしごと (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/11/30)
胃之上奇嘉郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ショートカット コスプレ スクール水着

■僕は彼女の実験体! (ズッキーニ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] コメディー、巨乳、複数、近親
・構成 : カラー(6P)、短編×7
      (うち「彼女は僕の実験体!」×4)
・おまけ: あとがき、表紙ラフ絵、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ズッキーニ」センセの「僕は彼女の実験体!」です。

人造人間「2子ちゃん」
※人造人間「2子ちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題シリーズと短編。
表題シリーズは、同キャラによるオムニバスという感じ。
繋がりはそこそこで、各話完結なお話でした。
実験ネタということもあって各話の変化は結構大きく
はっちゃけコメディーな漫画です。
収録されている短編は、どちらも近親ネタ。
ラブっぽい部分はあっても、いちおうタブーという描き方です。
シリーズとは違ってシリアスさあり、強引なものもありました。
ただし、そう黒々しくはないので、読み辛さはないと思います。
どちらも成年漫画のお話としては十分なものでしょう。

多少のデフォルメはありつつも、身長ある人物絵が特徴。
鼻や口がしっかり描かれ、リアル寄りです。
それでも硬くなり過ぎることなく、漫画っぽい可愛さもありました。
ただし、そうしたリアルさがため、ちょっとした部分は目に付き易く。
ちょっとしたバランスが気になることあり、逆に損をしているところもあるかと思います。
強い黒で描き込みもあり、こってりした作画。
コマ割りも細かめで、賑やかな印象です。
目立つほどでないものの、良い人物絵に対して背景や小物が迫力負けしてしまう感じがしました。
また、吹き出しの配置で、上下の差はあっても右から左に流れてないコマがあり。
個人的にはちょっと引っ掛かりました。
重箱の隅程度の細かいところなんですけどね。
だいたいカラー絵でもいいんですが、軽い傾向なため。
判断については、裏表紙のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

005:「彼女は僕の実験体!」 4話

”天才”という名の”天災”
そんな美人科学者「京子」は、自分の興味あることにごく素直で。
了承も得ないまま、助手「悟」を実験体にするのでした。
だいたいそんな感じ。

年齢下がる、性別の変更、果ては人造人間というように、かなり自由自在。
科学と言う名のファンタジー漫画ですね。
好き勝手やる科学者に助手が巻き込まれるという流れ。
こうした漫画のセオリーです。
コメディータッチで読み易さもあり、期待通りな仕上がり。
ただ、人造人間「2子」ちゃんがなかなか可愛らしく、後半の登場(3話)が惜しい気がしました

科学者「京子さん」
※科学者「京子さん」

1話目は、助手「悟くん」が子供になってしまうというもの。
主要キャラだと言うのに、本来の姿を1コマも見せぬまま幼い姿で登場しているので…。
ぱっと何が起きたのか分かり辛いですかね。
冒頭の吹き出しも読み辛い文字なんで。
男性の生殖器にも興味あるということで、えっち発展。
白衣姿の「京子さん」が実に良い感じ。
凛々しさと可愛らしさがありますよね。
科学者らしいえっちを見せてくれました。
途中で眼鏡外すのは人によって良し悪しかも(笑)

2話目は性別の変更。
前話オチ部分での「京子さん」の台詞に期待したんですが…まぁ、仕方ないか。
(※いちいち伏せてしまいますが、後にその期待は形を変えて叶うこととなります)
今度は女の子となってしまった「悟くん」
ショートカットの可愛らしい感じになりました。
今回は「京子さん」も参加していて、こちらは凛々しい男性に。
2人が会うシーンは…やや漫画っぽいかなー。
自分に起きた状態からぱっと想像できそうな気がしますが。
そのまま出掛けて、試着室での序盤戦。
どーでもいいですが、ちゃんと女物の下着をつけていた「悟くん」が楽しい。
あれは「京子さん」のかなぁ。
メインは野外。
今回は2人の利害が一致した結果で、盛り上がっていました。
すっかり女の子な「悟くん」をお楽しみください
2話目ですが、違う漫画みたいですよ。

3話目にして、ようやくマトもな姿で登場できた「悟くん」
朝方に彼の寝込みを襲っていた、”小さい京子さん”みたいな女の子こそ、人造人間「2子ちゃん」でした。
ついに生命体を完成させてしまいました。
凄まじいですね。
その「2子ちゃん」と「京子さん」が並んだ絵が素敵。
そのまま3名でのえっちに発展しておりました。
いいなぁ。
よくよく考えると、普通の状態で「京子さん」とえっちするのも今回が初でしたよ。
「2子ちゃん」を目前にいつも流されるだけだった、男らしい「悟くん」が見どころです。

最終話はちょっと趣が異なり、完全にファンタジー世界です。
「悟くん」らの作ったゲームのモニターを「京子さん」が行うという切っ掛け。
バーチャルですが、当たり前のように怪物とのえっちになってます。
ここで可笑しいのが「2子ちゃん」
今回、彼女は「悟くん」と共に計画側なんですが、同じように楽しんでいます。
…えろいなぁ。
なお、その一方で現実世界の「悟くん」が意外な行動を見せておりました。
あのオチはお約束ですわね。

各話ちょっと変化が大きいのは良い所でもあると思うんですが。
もう少し色々と見たい気がしました

127:「相姦ツインズ」
双子である姉弟の近親もの。
姉「鈴」は弟からの異常な視線を感じ、警戒していたんですが。
父親の出張で両親が1ヶ月ほど留守にすると、弟は本性を現したのでした。
冒頭では、どっちかと言うと普通の姉弟よりも仲悪い雰囲気。
あれは双子という要素もあるのかなぁ。
そんな感じで、ラブ要素のないこちらは脅迫えっち。
歪んではいるものの、弟はいちおう好きなんでしょうけどね。
まあ、成年漫画でなければこーしたのが普通か。

157:「ほれて・おそわれて・Two lovers」 カラー原稿あり
「幹久」は姉「美樹」の友人「林原朱里」に家庭教師をお願いしました。
美人でスタイル抜群な彼女に、ほぼ一目惚れだったんですが。
それを察した「朱里」は彼をリードしつつえっちしていたところ…姉「美樹」と鉢合わせたのでした。
そんなこんなで、実の姉弟を含む複数えっち
実姉ということもあるのか、「美樹さん」のが大人しい感じでした。
カラー原稿部分はその後の風景。
眼鏡も凛々しい女教師に扮した2人とのえっちです。

姉「鈴」、母「亜子」・「鈴」
※左:姉「鈴」、右:母「亜子」・「鈴」

195:「相姦家族2」
母子の近親もの。
前巻に同タイトルあり、そちらからの続きモノであるようです。
既に母「美咲」と関係していた「聡」
クラスメイト「優一」・「政義」の相談を受け、それぞれの母「亜子」・「鈴」との機会をセッティングしたのでした。
タイプ異なる母子えっち。
なぜか「亜子さん」はスクール水着、「鈴さん」は体操着(ブルマ)でした。
彼らのリクエストなのかな。
それぞれは初えっちで、覚悟が出来ている息子らとは裏腹に、困惑する母親が見どころ。
途中まで頑張る「鈴さん」が良い感じ。
最終的には3組でのプレイになってました。

 【 その他 】

そんなこんなで「ズッキーニ」センセでした。
こちらが2冊目。
ひでるさんはこちらが初見。
なんとなく↓表紙の眼鏡な「京子さん」に引っ掛けられました。
あの凛々しい眼鏡と雰囲気異なる大きなリボンがいいですよねー。
残念だったのは、1冊まるまるそのエピソードでなかったこと。
表題タイトルが好みだったので。

僕は彼女の実験体! (MUJIN COMICS)僕は彼女の実験体! (MUJIN COMICS)
(2014/02/07)
ズッキーニ

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ファンタジー ショートカット スクール水着

■きらきら Twinkling love in my heart. (Hamao)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、年下
・構成 : カラー(8P)、短編×14話(うち「しすたぁずタイフ~ン」×2)
・おまけ: あとがき、合間に作品解説、加筆修正あり、
      描き下ろし「しすたぁずタイフ~ン+」 
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Hamao(はまお)」センセの「きらきら Twinkling love in my heart.」です。

大学生「佐久間さん」
※大学生「佐久間さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろしが1話あり、それで連続話となっています。
ジャンルはラブコメ
コメディーは控えめですね。
だいたい明るく甘い感じの作品群ですが、そうでないのもありました。
凝ったストーリーでないものの、変化あってありきたりでもなく。
読み易く完成度の高い漫画群です。
個人的には各所にカチっと刺さる所を感じましたよ。

これで2冊目なんですが。
相変わらずの高い画力・漫画で、特にコレというマイナス点はありません。
安定感も増し、隙の無い仕上がりでした
強めな線で黒色も濃め。
描き込みは適度なくらい。
全体の色づきはしっかりしていながらも、適度に白比率もあり。
原稿はコッテリですが、見辛い印象はありませんでした。
どちらかというと漫画らしい可愛さある人物画。
縦横自在で極端なデフォルメ感はなく、幅広い好みに対応できそうなもの。
表情や動きに違和感なく、コメディー崩しも適度なくらい。
強いて言うのであれば…もう若干服装にこだわりを注入して欲しいくらい。
そのプラスなんちゃらには欠けているかなーって思いました。
漫画として引っ掛かる部分なく、メリハリもいい感じ。
判断については、原稿サンプルのある「ワニマガジン社」さんのHPか、カット絵もある裏表紙かな。

 【 収録話 】 14話収録

001:「Happy End?」 カラー原稿
カラー原稿の冒頭話はショート4ページ。
ヒロイン2名との浜辺えっちです。
後方折り返しの方ですね。
2周目読んだ際に、あるいは「しすたぁずタイフ~ン」のお姉さんかと思いましたが…別人でした。

005:「tiny heart」 カラー原稿あり
臨海合宿の前日「小田」さんは不注意から「藤沢」くんの足を怪我させてしまい。
それがため、見学していた彼にじっと付き添っていたんですが。
気を使われていることに疲れた彼は事をチャラにするべく、
おっぱいを揉ませてくれ
そう言い出したのでした。

黒髪ロングで典型的美少女然とした「小田さん」
白のビキニがまた可愛らしい。
振り返った際のパーカー下にチラリと見えるお尻が好き(笑)
意外にも承諾した彼女の胸を触るうちに…という典型的なえっち展開。
いちおう奥に移動したものの、ガッチリ目撃されてるところが楽しい。
しかも、しっかりクラスメイトでしたよ。
えっ後半の発言勘違いが好き。
オチの「小田さん」がまたキュート。

「小田さん」、「茜さん」
※左:「小田さん」、右:「茜さん」

025:「きらきら」
よくよく見たら、こちらが表題作なんですね。
口が悪い幼馴染み「茜」
あんた冴えないから、もっと格好良くなってよ!
そんな事を「大地」に言い出したのでした。
ごく簡単ですが、そんなオープニング。
漫画内でも”可愛い”と書かれていましたが、その通り。
いちおう、「私の為に頑張ってよぉ」とか、そうした発言をされていて、関係としては良好。
パッカリ開いた胸元がセクシー。
こんな2人がえっちに至る経緯が楽しい。
なるほど、と思いました
同じような境遇にある男子は、試してみるといいかも(笑)
個人的には「茜さん」の黒パンストをもっと堪能したかったんですが…シチュエーション的に仕方ないか。
ちょっとした心境変化を見せる後半のくだりが良かったです。
ちなみに、ひでるさんお気に入りな↓表紙はこちらの「茜さん」ですよ。

041:「SUMMER DAYS」
去年、親戚の「春日美優」を夏の間預かることとなった「裕助(ユウ)」
一見楚々としたお嬢様でしたが、毎日のように独りでシテいて。
それを知り、覗いていた彼は誘われるまま関係を続けていたのでした。
しかし、夏が終わると彼女との関係はバッタリなくなっていたんですが…という流れ。
結婚式で久しぶりに再会した2人のエピソード。
黒ドレスの「美優ちゃん」が可愛い。
年上な彼を翻弄する妖しい役回りなんですが、「拗ねちゃったの?」のくだりが非常に良い感じ。
オチがまた可愛らしいので注目。
裏表紙は「美優ちゃん」でしょう。
いくつか知りませんが、大人っぽく見えますね。

063:「裸のままで」
町内会で恒例の温泉旅行に出掛けた男性。
皆が寝静まった夜、1人静かに温泉に入っていたところ…。
隣の娘「比奈」ちゃんは「女湯に虫がいた」とかなんとかで、男湯に入ってきたのでした。
いいシチュエーションだなぁ。
もうシッカリ女の子している「比奈ちゃん」
いちおう、幼少期には一緒にお風呂に入ったりしていた仲。
傍目には羨ましいだけですが、彼の立場としては微妙か。
とかなんとか言いつつも、あっさりお手付きする彼が凄い。
(※現実にはページ数がためかな)
シャンプーだってば!!
そのままお風呂えっちに発展しています。

079:「さてぃすふぁくしょん」
小学校の同窓会に出席していた「姫子」は、初恋で幼馴染み「学」と再会。
いい感じであった2人は、そのままホテルに直行したのでした。
あのラブラブな感じで、ページめくった後の台詞が楽しい。
シャワー浴びて冷静になったようでした。
気をつけよう
不感症だという彼女とのえっち展開なんですが…全然そんな雰囲気なく。
やっぱり元彼がダメだったのかな。
収録ヒロイン中でも特にバストが大きく描かれ、ぐいーと伸ばす様が楽しい。
開始時はあんな感じでしたが、なんのかんの巧い事まとまっていました。

095:「リリス」
春に隣へ引っ越してきた大学生「佐久間」
1人暮らしな彼女は隣人たる主人公を頻繁に頼ってきていたんですが。
G退治を任されていた彼がふと見ると、彼女はすっかり寝ていたのでした。
この単行本は比較的皆さん脱ぐのが早いんですが。
こちらは寝込みを襲うシチュエーションもあってか、着衣プレイが楽しめます。
下着のくだりが好き。
目覚めた「佐久間さん」はあーしたテンションで、ほっとひと安心。
えっちに発展していました。
見たいですか?」のコマがいいですねー。
良いアングルをいただけました
個人的には、
半分はお礼のつもりでぇ…もう半分はヒミツです…
の台詞が刺さりました。
素敵なセンスですわね。
余裕ある言動そのままなオチが楽しい。
あれはレベル高いぞ。

111:「黒の華」
美人店長「撫子」と2人きりの書店を楽しんでいたバイト「遠藤」
しかし、そこに社会経験を積ませようと彼女の親戚「牡丹」が加わったんですが。
口も態度も悪く、辟易としていたところ…という冒頭。
ラブコメなお話ばかりの単行本で、唯一毛色の違う作品
ツインテールな「牡丹さん」は年下の割に妙な経験値があるようで。
意外な方向に突き進んでいました。
黒下着の彼女が妖しい。
どこであーした事柄を覚えたんだろう。
センセのコメントから察するに、あれはアレで彼女なりの好意なのかも。

129:「しすたぁずタイフ~ン」
207:「しすたぁずタイフ~ン+」 描き下ろし
収録では描き下ろしで連続となっている唯一の続きモノ。
「好美(よしみ)」と付き合う「三井奈々」は、彼をはじめて家に招待したんですが。
不在を確認した筈であった2人の姉「佳奈」・「利奈」は何故か家におり。
いつも通り、彼にちょっかいを出していたのでした。
そんな訳で、肉食系なお姉さんに流されてしまうエピソード。
まぁ、あの場面で席を外してしまった「奈々ちゃん」が意外。
学習能力ないなぁ。
あんな姉らと一緒にしていたら、えっち発展が当然でしょう。
いちおう頑張った「好美くん」に拍手。
後日談の描き下ろしは8ページのショート。
今度は彼の部屋へ招待されたんですが…というもの。
気合の入った、可愛らしい服装の「奈々ちゃん」
後半は予想通りでしたが、彼女メインで描かれていました。
前回えっちシーンなかった彼女の補完話ですね。

049:「二人の夜」
学園祭の前日、クラス委員「ゆきのん」こと「白森雪乃」と夜通しで最後の詰めをしていたところ。
夜って甘えたくなるんだよね
横になっていた彼女は、そうキスをねだってきたのでした。
作業は彼の部屋でやっていたようなので、シチュエーション的には全然OKでしょ。
ちょっと驚いたりしてましたが、モノローグのくだりを見る限り、そんな場面を楽しんでいるみたい。
恥ずかしいという理由で後ろから。
逆に願ったりですけど、これはコレで恥ずかしいのでは。
ちなみに。
場面は彼の部屋だったと思うんですが…なんだかオチと合致しないですね。
やっぱり学校なのか?

157:「恋さかり」
係長「君島」の家で飲んでいた「光太郎」
その娘「藍子」とは両想いであり、父親が酔い潰れて寝てしまったため…という流れ。
ホットパンツが可愛い
いちおう「光太郎くん」としては、キスだけで帰ろうとしていたんですが。
「藍子ちゃん」のお誘いをもらえました。
いちおう勉強もしていたという、彼女の初々しい様をお楽しみください。
オチにてひとネタが。

「姫子さん」、「映さん」
※左:「姫子さん」、右:「映さん」

173:「花より映えて」
花見に出掛けたサークルメンバー。
1年振りの新人を飲ますべく強引に迫っていた彼らを止めたのは、足役の「映(あきら)」でした。
同じ高校の出身で、実は付き合っていた2人。
彼女の機転で、買い出しに出掛けたのでした。
車内えっちです。
ショートカットな「映さん」が可愛い。
この動き辛い場面で、またさらに脱がし辛そうなパンツ姿がまた良い感じでした。

191:「シンシアリーアフェクション」
”男らしくない”
そんな理由でフラれてしまった「けい」
よく相談に乗ってもらっていた1つ年上な部活の先輩「なな」は、
お姉さんが”男らしくなれるおまじない”をかけてあげよう~~♪
そう言って、キスしてきたのでした。
やや大きめな丸眼鏡が、やたらキュートな「ななさん」
そのまま彼女主導でのえっちに発展していきました。
これはコレでいいんですが。
オチのあれとか、なんだか計算ちっくで嫌だなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「Hamao」センセでした。
こちらブログでは初単行本「スイーツスウェット」を紹介しています。
成年漫画はこちらが2冊目。
1年10ヶ月ぶりだそうです。
一般も出されているようなので実際にはこれで3冊目ですね。
前回に続いて、また銃弾を受け止められそうなくらいなブ厚さのある単行本
読み応えありました。
また↓表紙が良いですね。
エロス度合いは低いものの、セクシー感はあり。
どこぞのファッション誌にそのまま使えそうでした。

きらきら (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)きらきら (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/11/30)
Hamao

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ショートカット

■お姉ちゃんの中においで (中山哲学)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉ちゃん、巨乳、むちむち
・構成 : 短編×9話(うち「おねえちゃんといっしょ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画(恵子・香田)、
      描き下ろし「あねえちゃんとおふろでいっしょ」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中山哲学(なかやま・てつがく)」センセの「お姉ちゃんの中においで」です。

インストラクター「川平杏」
※インストラクター「川平杏」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
描き下ろし6ページにて本編の後日談があり、連続みたいになってました。
タイトル通りにお姉ちゃん系な作品群。
実姉もおりましたが、広義な意味でのソレです。
同級生ヒロインも性格的に女性のが優位(※男性が可愛い感じね)で、それっぽいカップル。
ジャンルはラブコメで、どちらもそう強くないタイプ。
重々しさのない、明るさある軽めなお話です。
皆さんむちむちっとしたスタイルで、そんなん好みならば良いでしょう。

強い線での作画。
濃淡でも黒がぐっと目立っていました。
なんだか。
変に作画が濃くなっている印象
以前からそんな雰囲気はあったものの、こうも癖ある感じではなかったように思うんですが…。
ジャンルがためですかね。
これはコレでありでしょうけど、人は選ぶでしょう。
だいたいカラーでも変化しないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いかと。
目が大きく、丸くむちむちっとしたスタイルの人物絵。
バランス面で気になる所があるのも相変わらず。
もう少し丁寧さがあればいいんですが。
前述した癖は個性ともいえるので、好みな方は全く問題ないです。

 【 収録話 】 9話収録

007:「おねえちゃんといっしょ」
175:「あねえちゃんとおふろでいっしょ」 描き下ろし
風邪をひいた「智樹」は家族の里帰りに同行できず。
その間は親戚「優子」に面倒を見てもらうこととしたのでした。
裏表紙が「優子さん」ですね。
ううむ、確かに「一緒にお風呂~」と言い出すには、年齢が違うか。
いちおう、身体は反応していたものの、まだ女性に完全な興味を持ってはいないみたいでしたが。
そうした微妙な年ごろな彼に、「優子さん」が優しく素敵。
まさしく”年上女性に優しく教えてもらいました”という流れです。
巧くまとまるオチが楽しい。
描き下ろしは彼の願いそのまま一緒にお風呂というエピソード。
遊び半分みたいな彼に対し、鼻息荒い「優子さん」が楽しい。
まぁ、2人の年齢的にそんなもんか。

華沢美咲、人妻「恵子」
※左:華沢美咲、右:人妻「恵子」

027:「飯店恋模様」
明るく行動的な同級生「華沢美咲」に憧れていた「里田志信」
彼女と同じ名前の中華店へ行ったところ、そちらは彼女の実家で。
「美咲」はチャイナ服で手伝っていたのでした。
…あのくらいの規模ではコスプレにしか見えませんね。
丈が短い上にスリットも大きく、かなり露出ある格好。
そうした意味で人気ありそう。
(※台詞には「しか無い」なんて発言ありましたけど)
成年漫画なので、ある程度は許容できますが。
変に積極的な「美咲さん」のキャラは、読んでいてちょっと違和感ありました。
会話したのもこれが始めて、っぽいカップルですからね。
あの場所でのえっち発展も妙な感じ。
まあ、そこまで気にしちゃダメか。

047:「よろめき年の差調教」
タイトルそのままに、人妻「恵子」を近所の男の子「良介」が調教しているというお話。
切っ掛けは「恵子さん」がなんとなしにつまみ食いしたこと。
それが今では立場が逆転~とかなっていましたけど。
漫画ですね。
さすがに何度かえっちした程度で、あの年齢の男の子があーも変貌はしないでしょう。
あの大量なエロアイテムは、やっぱり「恵子さん」が揃えたのかな。
そうすると、彼をあーなるよう誘導したのも彼女か。
野外でドえろいプレイをしてました。
「良介くん」の今後が実に心配。

067:「北見さんと日笠さん」
成績優秀で器量も良い先輩「日笠陽香里(ひがさ・あかり)」から呼び出された「神崎」
放課後に保健室へ行ったところ、そこには「北見風子」がおり。
なぜか彼女からいきなりキスをされたのでした。
そんな感じで、年上なWヒロイン漫画です。
先行はちょっとクセのある髪をショートにした「北見さん」
彼はとしては完全に犯された側ですね。
泣かせちゃダメでしょ
一方の「日笠さん」はロングヘアの美人な方。
ちょっと性格的に問題ありそうでしたが(笑)
いかにも漫画っぽい流れでしたが、そのまま最終的には複数えっちに発展していました。

091:「杏コーチと個人メドレー」
スイミングスクールのインストラクター「川平杏」
最近見学が多くなってきた「高木」にその理由を聞いたところ…という流れ。
またカップ増えたみたいね
…とか言われていた、巨乳な「杏さん」
↓表紙とか中扉に描かれていたのはこちらの彼女。
見事なおっぱいと競泳水着は実に相性良いですねー。
彼が休んでいた理由は可愛らしいもの。
他の皆からバカにされていたようでしたが、大丈夫。
あと数年もたてば、皆からの尊敬と羨望を受けることとなるでしょう(笑)
漫画での「杏さん」も同様。
脱ぐ・脱がせる際の台詞が楽しい。
わざわざプールに場所を移してのえっちでした。

115:「まさか姉でイクつもり?」
予備校で夏季講習を受けることとなった「進」
その際、近所で1人暮らしをする姉「沙樹」のアパートにて寝泊まりすることとしたのでした。
そんなこんなで、まさにタイトル通りな作品。
変に女をアピールしている「沙樹さん」
その秘密はいちおうオチにて書かれるんですが…アレはいいのかな。
姉ちゃんの部屋は一緒に暮らしていた頃とは違い、知らない女の人みたいな匂いがした
そうしたモノローグがありました。
なんだかリアルで、この部分は非常に良いと思います。
多分に彼も意識していましたが、そうした感覚あってこそ近親えっちが成り立つのでしょう。
あれで受験は成功するのかな。

135:「あの子は脅迫者」
男性教師との行為を生徒「南条」に目撃されてしまった教師「香田直美」
慌てた彼は生徒の口封じを「直美」に命じ、言われるまま生徒指導室まで呼び出したのでした。
眼鏡と黒下着が色っぽい教師「香田さん」
年増とか失礼なこと言われてましたけど、あれくらいがいいんじゃない。
素直に打ち明けた「南条くん」が切っ掛け。
年上女性にはそれで押しまくるしかないでしょう。
後半はアップにしていた髪を解き、また雰囲気の違う「香田さん」が見れます。
カバー裏では「恵子さん」との共演(?)がありましたよ。

教師「香田直美」、副会長「高城更紗」
※左:教師「香田直美」、右:副会長「高城更紗」

155:「キヨイカラダ」
親公認の許婚同士、生徒会の会長「霧島」と副会長「高城更紗」
成績優秀で絵柄も良く、”お似合いな2人”と皆から噂されていたんですが。
実際、高城家は援助を受ける側で立場が弱く。
いちおう直接行為だけは許してもらえていたものの、「更紗」は彼の無茶な要求に耐えていたのでした。
そうした折、同じ生徒会の「宮原秀樹」と2人きりになり。
会長とは全く違うタイプで、自らを純粋に慕う彼に…という流れ。
憧れていた先輩女子が、目前でスカートまくり上げてノーパンだったら驚くだろうなぁ。
比較対象の「霧島くん」は、なかなか最低っぽい男子。
それでも無理矢理えっち仕掛けない、マトモさはありましたが。
見たところ「更紗さん」はお姉さん然とした方なので、「宮原くん」は好みな相手だったのでしょう。
バレると大変そうですが、あんな関係が続けば安定するかもしれませんね。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度お馴染み「中山哲学」センセでした。
これが6冊目で合ってますかね。
そしたら、↓下に並べたそのまま、いちおう全てチェック済みかも。
前述したように、なんだか濃いですね。
正直なところ、↓表紙もちょっと違う感じ。
バスト大きいためバランスに違和感あるのかな。
結構好みな感じだったんですが…。
もう少し落ち着くよう祈ります。

お姉ちゃんの中においで (TENMA COMICS)お姉ちゃんの中においで (TENMA COMICS)
(2014/11/28)
中山 哲学

商品詳細を見る




★「中山哲学」センセの漫画紹介記事

抱いて…
 ロリ巨乳な母「早苗さん」が目立つ短編集。
たぷラブ
 メイドで教師でもある「留美子さん」、前回から続く母「早苗さん」も登場。
ミルクドール
 姉「真琴さん」が幼児退行してしまう中編「あねいもうと」ほかを収録。
三つ編みスレイブ
 調教ちっくな表題作を中心とした単行本。「あねいもうと」の後日談もあります。
アナタノモノ
 教師・母親ほか天狗など多種多様なヒロインが登場する短編集。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コスプレ 競泳水着

■思春期ラヴァー (ねんど。)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメコメディー、妹
・構成 : カラー(5P)、短編×10。
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ねんど。」センセの「思春期ラヴァー」です。

校長代理「六条日花璃」
※校長代理「六条日花璃」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
はっちゃけたコメディー要素の強いラブコメ話です。
ロリ系ではないものの、絵柄の可愛らしさがためか兄妹な設定が多く。
センセがあとがきで語っているそのまま、ダメ兄比率が高いのです。
面白さはあるものの、個人的に刺さるネタからは外れていて。
またそれが頻繁なため、どうしても似たり寄ったりという印象が残りました。
あのコメディー具合が巧く刺さるかどうか、がポイントかもしれません
なお、近親ですが背徳感みたいなのは皆無なので、そこに期待はせぬように。
それ以外は逆に女の子が暴走するようなお話多く、個人的にはそっち系のが肌に合いました
コメディーちっくなのは同じなので、やはりセンスが合うかどうかが鍵になるでしょう。

強い黒の曲線な作画。
コテコテとはしていないものの、それがため引き締まっているような印象です。
全体の色づき、濃淡としてはそこそこ。
結構枠間が確保されていて、白比率もあり、スッキリとした見易さがありました。
描き込みもだいたい適度なくらい。
不足感は特にありません
全体丸い印象なヒロイン絵。
ふっくらとしていて、悪戯っぽい八重歯が特徴です。
ジャンルとしては半ばというところですが、ロリ系統。
ツインテール・サイドテールな髪型が似合う可愛らしいもの。
よくSDにもなってますね。
その崩しが大きく、コメディーちっくな要因。
ため、そのあたりが気になってしまう方もいそうでした。
そう大きく変化はしないため、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

005:「床オナお兄ちゃん」
タイトルそのまま、妹の下着で床オナしていた兄。
妹「みゆう」はそれを発見し、跨って首を絞めたんですが…という切っ掛け。
口が達者なダメ兄の1人目。
首はともかく、逆に気持ちいいというのは分かる分かる。
そうだろうなぁ。
後半の下着で酩酊状態はえっちへ流す特殊設定。
抱きつかれて暴れるくだりが楽しかったので、個人的にはその部分がイマイチ刺さりませんでした。
前フリにもなっているんですけどね。

妹「みゆう」、妹「悠里」
※左:妹「みゆう」、右:妹「悠里」

025:「イモウト・ダツイ・プロジェクト」
お風呂に入っていた妹「沙耶」
そんな彼女の服を取り上げ、なんのかんのと騙して見事裸エプロン状態にしたのでした。
口が達者なダメ兄の2人目。
ただ、こちらの彼はいちおう妹の面倒を母親に代わってみており、多少趣が異なるんですが。
“お兄ちゃんっ子にしたて上げた”
とか言っている分、実は他よりも質悪いんですけどね。
そんな訳で、ツインテールな妹のロリ裸エプロンです。
あの微妙な似合ってなさ(個人的にはやっぱりむちむちだと思う)がいいですよね。
ただ、オチのあれは違うと思いますが。

045:「お兄ちゃんは心配性」
自分の名前が書かれていた、バイトの採用通知を発見した妹「くるみ」
それに身に覚えのない彼女は兄を問いただしたところ…という切っ掛け。
口が達者なダメ兄の3人目。
自分のニートを棚に上げ、妹を働かせようとしただけでなく、紹介料を搾取しようとしている根性が凄い
気持ち良いくらいに徹底してるなぁ。
ここまでハチャメチャなのに、なんのかんのと言いくるめる彼はまたさらに凄い。
そんな訳で、接客特訓からのえっち展開でした。

065:「お兄ちゃんだけど性欲さえあれば問題ないよねっ」
どこかで聞いたようなタイトルの短編ですね。
卒論を仕上げていた兄。
それを邪魔した妹「悠里」は、いつものようにえっち仕掛けるのでした。
こちらは妹がはっちゃけてる漫画。
性的なもの以外に、こづかいもせびっていたりして。
やや極端さはあるものの、こっちのが現実にいそうな気がしました。
…あ、えっちなところは除いて。
そんな訳で、お誘いは「悠里ちゃん」から。
あーまで悪態ついていた彼女のえっちな姿はなんだかいいものですね(笑)

085:「生徒会の封印」
生徒会長「御行芹(ごぎょう・せり)」にストーカーのようにべったりな後輩「涼白鈴奈(すずしろ・すずな)」
実は2歳下の従妹で、2人の間にはとある秘密があったのでした。
詳細は伏せますが…こちらはオモロイ設定ですね。
はっちゃけてるのは相変わらずなんですが。
「芹くん」にラブラブな「鈴奈ちゃん」
彼は2次元にハマっているんですが、それも「鈴奈ちゃん」が仕掛けた事によるものなのでした。
そんなこんなでのオチはお約束ですがいいもので、楽しい作品。
生徒会という設定も活用されているんですけど、さほど重要でなく。
そうしたのを踏まえて、また別のシチュエーションなどでもいけそうな気がしました。

105:「ニートのお兄ちゃんが変態すぎて苦労が絶えない」
タイトルそのまま、口が達者なダメ兄の4人目。
ヘンタイ・シスコン・ニートの三重苦という彼は帰宅した妹「日向子」の匂いかいだりしてました。
…うわ、ダメそう。
ただ、小説家とかなんとかいう妄言に“応援する”とかあっさり言うあたりが、可愛い。
他の妹さんらと違い、操縦し易そうですねー。
実際、本編ではトンデモな催眠術にガッチリかかっておりました。
えっちはそれが切っ掛け。
オチが楽しい。

125:「元クラ。~元クラスメイト~」
こちらは中学生時代のクラスメイト「河瀬なつみ」と数年振りに再会というお話。
現在「裕紀」と彼女は高校生。
かなり久しぶりの再会ですが、あっさり自宅へ招いてしまうほどの間柄でした。
しかし、「なつみさん」はなんと結婚もしていたのです。
いいシチュエーションですね。
聞いた彼はドキドキ落ち着かないだろうなぁ。
漫画を見ていると、彼との関係がどうの言うよりも彼女が明け透けな様子。
実際、えっち仕掛けるのも「なつみさん」からでした。
胸でサレた後の「裕紀くん」が楽しい。
ガンバレ、男子。
オチのやり取りは、ほぼお誘いと同意味ですね。
何もしないと逆に怒られそう。

145:「ストレンジ・デイズ」
校長の孫でやりたい放題な「六条日花璃(ろくじょう・ひかり)」と幼馴染み「吉田和希」のエピソード。
ツインテールと八重歯がキュートな「六条さん」
従順な相棒「野口」さんとのやり取りが良い感じです
でも取り巻きは1人だけなんですねー。
また、ツンデレちっくなややこしい娘さんで、どっちが本当なのか「和希くん」を前にコロコロ態度を変えていました。
好きであるのは間違いないのだろうけど。
校長代理(祖父が入院中なため)、の腕章で好き勝手にしている様が楽しく、色々なシチュエーションで見たい作品でした。
この話がお気に入り。

165:「あの日の杉原の気持ちを僕達はまだ知らない。」
眼鏡で地味目な「杉原」さん。
友人「原口」は彼女の“隠れ巨乳”っぷりを目ざとく発見し、「カズヒロ」にそれを教えたため。
幼馴染みである彼は、なんだか女性として意識してしまうのでした。
「杉原さん」は強気ながらえっちな話題には弱そうなタイプ。
一度その胸をもみしだけば、俺の気がすむんじゃね?
とかなんとか、そんな彼女にストレートな言葉をぶつけたのは正解。
いいなぁ。
ただ、そのままえっちに流れなかったのは意外。
そんな強さある「杉原さん」が可愛いです。
ちなみに、ここでは伏せますがオチもちょっと意外なものでしたよ。

杉原さん、近野春奈
※左:杉原さん、右:近野春奈

185:「HONEY」 カラー原稿あり
優等生という言葉そのままという「近野春奈」
授業中、居眠りをしていた「田中」は彼女から“体調悪い”という設定をつけられ強引に授業から抜け出され。
訳も分からぬまま保健室でえっちの相手をつとめたのでした。
手の届かない存在だと思っていた彼女からの行為に驚いたものの、その後は何事もなく。
ちらほら意識していたところ…という切っ掛け。
まぁ、相手に選ばれるのだから、少なくとも好意は持たれていたのでしょう。
色々言われてはいましたが。
作中よりもオチの1ページが甘いですよ。

 【 その他 】

以上、「ねんど。」センセでした。
ブログでは「MAID GRAFFITI」、「めがねでHで小生意気!」、「未成熟しょうじょ図鑑」、などを紹介していました。

今回、読んでいてなんだか違和感を感じていましたが…。
このブログ書く際に判明。
すみません、購入の段からガッチリ「たまちゆき」センセと勘違いをしておりました。
記憶弱いとはいえ、どうも大変に失礼を致しました。
間違えぬよう頑張ります。


思春期ラヴァー (メガストアコミックス)思春期ラヴァー (メガストアコミックス)
(2014/01/31)
ねんど。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ