FC2ブログ

■のんちゃんと××× (あまなつまこと)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、アイドル、コスプレ
・構成 : 短編×9(うち「のんちゃんシリーズ」×4、
      「あすかちゃんシリーズ」×3)
・おまけ: あとがき漫画、合間にイラスト。 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あまなつまこと」センセの「のんちゃんと×××」です。

のんちゃん
※のんちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作を中心としたもの。
他の収録もタイトルは短編っぽいですが、実はメイン話と世界観を共有したお話になっています。
ほとんどないものの、ゲスト出演もありますね。
漫画は軽いラブコメ話で、ほわほわした軽いえっちストーリー。
ラブよりもコメディーのが目立っており、またそれもはっちゃけたものではなく、なんというか小ボケみたいなもの。
ファンの方にはお馴染みな、そうした独特な色が合うかどうか、だと思います
なお、収録の短編はどちらも眼鏡系でした。

成年マークないものの、必ず直接えっちのある漫画。
そうドエロい描写はなく、可愛らしい描き方でした。
作画もそんなんですからね。

ふんわりとした線の絵柄。
軽いものの不足感ないくらいの描き込みは丁度良いくらい。
濃淡は淡く、全体の色づきはやや薄め。
白比率もあり、さっぱりとした漫画に仕上がっていました。
丁寧で安定しており、目立つ崩れはありません。
キャラは可愛らしい系統。
輪郭幅広ながら目は比率的に大きくなく。
軽く開く口が特徴です。
バストあってもスタイルは細身。
こちらもすっきりとしたヒロイン画になってます。
表現などにも引っ掛かるところはなく、特にちょっとした間が独特
ユルりとしたコメディー部分がポイントですね。
特徴あるので、人は選ぶかもしれませんが。
判断については、今回は↓表紙そのままで大丈夫です。

 【 収録話 】 9話収録

003:「のんちゃんとウサギ」
023:「のんちゃんとくのいち」
043:「のんちゃんと貧乏」
059:「のんちゃんといっしょ」
もともと事務所のアイドルながら、舞台女優を目指して引退。
劇団に所属し、自力で頑張ることとした「鈴木のん」
彼女に恋する元マネージャーの「一弥」は、仕事そっちのけで彼女のために奮闘するのでした。
だいたいそんなん。

あすかちゃん、麻衣ちゃん
※左:あすかちゃん、右:麻衣ちゃん

貧乏ながら、ほわほわした性格・容姿が可愛らしいヒロイン「のんちゃん」
大雑把にはそんな彼女とのえっち話です。
軽いコスプレ要素もありますね。
1話目、2話目はそんなんで、それぞれバニー衣装、くのいち衣装な彼女とのえっち。
特に1話目の頃は、「一弥くん」とはカップル前。
彼心配のあまりバイト先まで押し掛けてました。
まぁ、見ていて危なっかしいですからね、彼女は。
2話目はお色気ビデオ映画のエキストラ。
いちおうAVではないようなんですが、共演者がお手付きしようとしたところで「一弥くん」が駆け付けるというもの。
ああした咄嗟の判断はさすが本職ですね。
落ち込む「のんちゃん」が可笑しいです。

「一弥くん」も事務所を辞め、貧乏っぷりに拍車のかかる3話目。
ここは普段着です。
なかなか彼女は生活力ありそうね。
いい主婦になりそう。
また、そうした状況ながら、あれだけ面白いのも貴重。
だめっ!
の後の台詞が良かったです。
最終話は「のんちゃん」が住んでいたアパートが取り壊しになるというもの。
「一弥くん」と一緒に住むということで、タイトル「のんちゃんといっしょ」なんですね。
いちおうえっちもするんですが、いかにも同棲という雰囲気でした。

収録としてはここまでですが、特に最終話という風情なく。
またどこかで描かれるかな。

083:「おん/おふ」
103:「彼女には向かない職業」
123:「小悪魔Lv.1」
先の「のんちゃん」シリーズと世界観を同じくするシリーズです。
こちらのヒロイン「三日月あすか」は元グラビアアイドルで、現在は「敦彦」の嫁。
しかし、奥さんながらグラビア当時のように全てを見せてくれない彼女に不満を持っていたのでした。
そんなんが「おん/おふ」

旦那の不満を察知した「あすかちゃん」は、頑張って水着・エプロンで出迎えるんですが…。
まぁ、仕事だと頑張れる、というのは分かる気もしますね。
カメラを使ったプレイがえっちです。
「のんちゃん」シリーズよりもこちらのがエロスな仕上がりです
続く「彼女には向かない職業」は、OLコスプレをした「あすかちゃん」
家計簿つけたりするコマが可愛い。
いかにも「あまなつまこと」センセしてますね。
アフター5のシーンも可笑しい。
「あすかちゃん」は奥さんながら、「のんちゃん」よりも家事はダメそう。
なお、こちらにて「のんちゃん」がケスト出演してます。

もう1つ、「小悪魔Lv.1」は「のんちゃんとくのいち」でゲストであった男優「土岐圭吾」が主役のスピンオフ話。
海に来たものの撮影が流れた「圭吾くん」
れ宿泊することとした民宿の娘「麻衣」ちゃんは兄のビデオで見た「圭吾くん」のファンで、やたらとアプローチされるのでした。
頑張る彼女に対し、子供であるとつれない態度の「圭吾くん」と、ガッツリ興味を示すもさっぱりな監督「聖(さとし)」くんという3名の関係が楽しいエピソード。
浜辺での水着えっちとなってます。
ラブラブした感覚で、あのオチが凄い。

143:「フレームの奥には」
165:「かわいい化学」
こちら2話はシリーズとは無関係な短編。
前者「フレームの奥には」は、彼氏「雅人」のAV趣味を見た「葵」
バラバラなジャンルから、唯一の共通点”眼鏡”を発見したのでした。
そんな訳で、「葵ちゃん」は眼鏡をかけてきたのです。
会議室で下着脱ぐシーンが好き。
お約束で残業中のオフィスえっちとなってました。
後者「かわいい化学」は、化学の「園子」先生。
なお、彼女も眼鏡キャラでした。
生徒「海堂」くんとのえっちなんですが…見た目よりも可愛らしい人で、またしっかりしていました。
学校でのえっちも拒否していますね。
まぁ、そりゃ当然か。

葵ちゃん、園子先生
※左:葵ちゃん、右:園子先生

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「あまなつまこと」センセでした。
センセの漫画はお名前漢字表記の成年系からちらほら見ていました。
↓下に並べたそのまま、ブログでもずらーと紹介していて。
最近はほぼ一般ですねー。
漫画も絵柄も、”一般えっち系のラブコメ話”というジャンルぴったり当てはまってると思います。
収録のうち、「のんちゃん」、「あすかちゃん」どちらも終わったという感覚ないんですが。
今後も登場するのかな。

のんちゃんと××× (芳文社コミックス)のんちゃんと××× (芳文社コミックス)
(2012/10/16)
あまなつまこと

商品詳細を見る


★「あまなつまこと」センセの漫画紹介記事  すべて一般系

ナツカノ
 1冊まるまる使った長編。メインとなるヒロインがリレーしていく形式です。
さんぴ~っ! 3pieces!
 幼馴染み・義妹らとのラブコメ「さんぴ~っ!」8話を収録。
ぷりくり PuRiKuRi
 コスプレえっちな「ぷりくり」8話を収録。
ぷち☆うぃっち
 魔女「伊緒ちゃん」とのラブコメ「ぷち☆うぃっち」6話を収録。
りかちゃんはうす
 ロリ人妻「梨香ちゃん」とのラブコメ「りかちゃんはうす」8話を収録。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ラブコメ コスプレ

■せんせいと、わたしと。 上巻・下巻 (岡田コウ)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 恋愛、貧乳、学園
・構成 : 上巻:カラー(14P)・5.5話+「花や蝶や」、
      下巻:3話+短編4話、全2巻。
・おまけ: 上巻:なかがき、合間にネタ絵、描き下ろし「4話後」、
         カバー裏にキャラ解説・3コマ、
      下巻:合間にネタ絵、描き下ろし「エピローグ」、カバー裏にあとがき・3コマ、
      上下巻:加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田コウ(おかだ・こう)」センセの「せんせいと、わたしと。 上巻・下巻」です。

和久井さやか
※和久井さやか

 【 構成・絵柄 】

上下巻同時発売。
ということで、2冊で完結となる長編漫画をメインとした構成です。
教師・生徒の甘い、連続性あるストーリー漫画となっていました。
ここには、ラブコメという響きから想像されるような軽さなく。
センセの言葉、「王道少女漫画」というそのまま、こりゃー恋愛話ですわね。

上巻は短編も含めて、全てそちら関係なんですが。
下巻はページの半分以上がその長編関係であったものの、後半には無関係な短編が収録。
単行本のまとまりとしては微妙
やっぱり、はみ出したかなーという印象でした。
なお、収録の短編群は過去単行本と繋がりあるものがほとんど。
いきなりでも問題ないですけど、知っていればより楽しめるでしょう。
今回はあまり後味の悪いエピソードはないため、たっぷりセンセの可愛らしいヒロインが堪能できると思います。

やや強めな色の作画で、描き込みは非常に細かく。
細部まで丁寧で乱れ崩れはなく、安定しておりました。
下巻には過去原稿の漫画もありましたが、極端な落差ではなく。
楽しめるかと思います。
表現力も優れてますね。
特に今回はページ数もあるためか、普通はすっ飛ばしそうなところまで、キッチリ描かれているのがポイント
ヒロインとのえっちシーンが不足感なく描かれてました。
ロリバランスでややごっちゃりしているのが、人によって好き嫌いあるかもしれませんが。
個性を完全に確立されており、他には目立つマイナス点ありません。
↓表紙の雰囲気が問題なければ、手を出して大丈夫。
というか、出すべきだと思います。

 【 収録話 】 14話収録

上巻003:「ぶきような人」 1話~5話(2.5話)
生活指導も担当する、体育教師「篠田寛和」
もともと愛想の良い方ではなく、また過去の経験もあって、生徒には厳しく接しておりました。
そんな頃、「篠田」はカンニングをした「和久井さやか」を指導室まで呼び出したところ。
おずおずとした大人しい顔に似合わず、驚くようなことをしてきたのでした。
だいたいそんな導入部。

タイトルそのまま教師・生徒の恋愛話。
どちらのキャラも真面目であるため…逆に淫靡な雰囲気漂う、エロス長編となっていました
それは漫画運びについても同様。
お話・設定どちらもそう特殊なものではない(と思う)んですが、全8話と追加エピソードなどたっぷりのページを使って細部までじっくり描かれておりました
特にえっちシーンはそんな印象。
今回はネトラレな要素もないため、↓表紙のようなヒロインとのアレコレが安心して楽しめるようになってます。

森田柚花
※森田柚花

切っ掛けの1話。
反省文を持参した際にはガチガチであった「さやかちゃん」の、大胆な行動が凄い。
設定によると、身長は131とかなりの小柄っぷり。
見上げる顔が可愛いです。
ただ、まぁ「篠田くん」がそれにキレてしまうのも仕方ないかなー。
後に重要な役割となる「森田柚花」さんにもされたばっかりでしたからね。
その後の2話目は体育授業でのシチュエーション。
ブルマでないのは残念ですが、ジャージのがリアルっぽいですわね。
おずおず、など言葉数少ない彼女の擬音がキュート
ここは体育準備室でのえっちです。
頑張った「さやかちゃん」のオチでの表情に注目下さい。
カラー原稿の2.5話はなんといっても彩色原稿での「さやかちゃん」
地味目な制服と白い下着が素敵です。
かなり早く登校してましたね。

3話はいきなりトイレでのえっち。
「さやかちゃん」の真面目さがため、逆に「篠田くん」に変な疑念を与えてしまったかな。
後半のあれは校内だと思われますが、普通ならば誰かに見られてても当然でしょう。
そちらのラストから直接続く4話は、ついに家へ連れ込む展開。
玄関前後のでの描写が、実に良いエロス具合。
わふー。
転げ回りたくなりますわ。
ここは、センセが「4話のシチュエーションが描きたいが為に始まった~」というほどに力の入った回
いままで校内だったので、初めて遠慮なくできますからね。
たっぷりお楽しみ下さい。
描き下ろし「4話後」は、その後のお風呂での「さやかちゃん」でした。
上巻で最終となる5話は、「さやかちゃん」の詳細について。
家庭環境について描かれていたほか、なにゆえ「篠田くん」なのか?
そうした最大の疑問(笑)の回答、切っ掛けが描かれてます。
「柚花さん」がお話に絡んだところで、こちらは終了。
どうなる!?
と、ドキドキしながら↓下巻へ。

上巻159:「花や蝶や」 
こちらはサブヒロイン「森田柚花」さんを主役としたエピソード。
スタートはちょうど1話の冒頭部分ですね。
タイトルそのまま、ちやほやされて育った「柚花さん」に対し、おそらくは始めて厳しく接したのが「篠田先生」ということかな。
カラオケ店での複数えっち。
”こんなにモテる”
そう言う割には~という印象。
これを踏まえて、下巻の彼女が絡むお話を読んで下さい。

下巻003:「ぶきような人」 6~最終話
ついにお話にしっかり絡む「柚花さん」という6話。
ぱっと「さやかちゃん」との関係を看破するのは、やっぱり女の子。
ああしたシーンは大好き。
言動とは裏腹に可愛らしい「柚花さん」にも注目下さい。
上巻での収録「花や蝶や」に顔を見せていた2人も登場してました。
7話では、カンニングで呼び出された「さやかちゃん」が、なにゆえあーした大胆な行動をとったのか、が判明します。
なるほど、ここでも関わってたのね。
ここからが最終エピソードです。
ややこしくなった関係に、それぞれキャラがどうした行動をとるか。
学校屋上にて「柚花さん」・「さやかちゃん」らはどんな会話を繰り広げるのか。
ぜひ、単行本にてご確認下さいませ。
詳細は伏せますけど、「さやかちゃん」が徹底的に可愛かったですよ。

下巻139:「愚かしいもの」
「真紀」ちゃんと家庭教師のエピソード。
こちらは「チュー学生日記」のメイン中編「ぬくもりを」と世界観を同じにするお話です。
よくよく見ると、2人と共に「真紀ちゃん」も顔を見せてましたよ。
眼鏡でクールな彼女が、勉強する横で色々されるというもの。
とかく前半の着替えシーンが好き
彼女は黒タイツだったので、良いグラデ出してました。
脱がさないえっちもいい感じ。

和久井さやか、真紀ちゃん
※左:和久井さやか、右:真紀ちゃん

下巻163:「家族計画」
下巻179:「ウチの妹が相変わらずです」
下巻193:「恋するぱんつがでるゾ」
こちらの3話は09年のもの。
例によってセンセは恥ずかしいとかなんとか書いていましたが。
この頃のがロリっぽいかな。
確かに同じクオリティではないものの、連続して読んでもまったく問題ないくらい
もともとお上手な方ですわね。

「家族計画」は「藤本かすみ」ちゃん。
父が他界し、ふさぎがちだった母の機嫌が最近良かったんですが。
その原因が家庭訪問に来た教師であり、実は「かすみ」とも関係があったのでした。
メイン中編とは違い、教師に無理やりされているお話。
我慢する「かすみちゃん」が健気です。
でも、コレはいつかトンデモな事態に発展するのでは。
お母さまも可愛らしく、彼女の将来が楽しみ。

「ウチの妹が相変わらずです」は「恋するぱんつ」でシリーズとなっていた「もえちゃん」のお話。
映画館でのイチャイチャですわね。
こちらの注目は放尿シーン。
あれ、ほっといたらどーなってたんでしょうね(笑)
オチでの「もえちゃん」がキュートでした。

「恋するぱんつがでるゾ」も初単行本からの「藍子」ちゃん。
2話目でちょろっと顔を見せていたお姉さんの手助けで、「山下」くんとゴム付きえっちするという流れ。
なんというか、恥ずかしいなぁ。
相変わらずカチューシャな「藍子ちゃん」が可愛いんですが。
いや、ちゃんと避妊はしなさいよ(笑)

 【 その他 】

以上、「岡田コウ」センセでした。
センセの漫画は「恋するぱんつ」、「チュー学生日記」、「好きで好きで、すきで」とひととおり紹介しており。
これで4、5冊目ですね。
封入されていた紹介チラシで知りましたが。
いつの間にかアニメ「好きで好きで、すきで」になっていたんですねー
これは凄い。
しかし、何より驚いたのは、「好きで好きで、すきで」、「せんせいと、わたしと。」の2つが実写AVとなっていたこと。
うはー。
そんな時代なんですかねぇ
特に「せんせいと、わたしと。」は先に実写版を見つけていて。
なんだか変な感じでしたよ。
ちょっと、どんなんか見てみたい気も(笑)

せんせいと、わたしと。 上 (セラフィンコミックス)せんせいと、わたしと。 上 (セラフィンコミックス)
(2013/02/21)
岡田 コウ

商品詳細を見る


せんせいと、わたしと。 下 (セラフィンコミックス)せんせいと、わたしと。 下 (セラフィンコミックス)
(2013/02/21)
岡田 コウ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ 少女漫画

■過ち、はじめまして。 (色白好)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] 大学、不倫
・構成 : カラー(4P)、10話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき漫画、カバー裏に表紙ラフ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「色白好(しきしろこのみ)」センセの「過ち、はじめまして。」です。

朝雛清代美
※朝雛清代美

 【 構成・絵柄 】

一般系の長編ストーリー。
きっちり繋がりのある連続話ですね。
お話がしっかりしていながら、うまいこと各話に直接えっちシーンを配分されていました。
一般なので、さすがに絵的な過激さはないものの、シチュエーションは良く。
十分にエロスさはありました。
巻数表記そのまま、漫画は2巻以降も続くようです。

まるまる読み終わって。
キャラもそう多くはなく、お話の広がりから、そう長く続かないかなーという感じでしたよ。

可愛らしいヒロインですが、↓表紙の暗いイメージそのまま、ラブコメではなく。
そうブラックではなかったものの、ぺかぺか楽しげなものではありません
あとは今後の展開がどうなってしまうか、ですかねー。
個人的には巧くいってほしいんですが…どうだろ。

黒が強く、こってりとした濃淡。
お話のイメージもあってか、全体の色彩も暗めです。
線に目立つような乱れはなく、安定した絵柄でした。
描き込みも細かく、背景なども同様でリアル気味
ただしコテコテ過ぎず、一般えっち系としては適度なくらいのまとまりでしょう。
お上手ですが、個人的にはバランス面でちらほら気になるところがありました。
違和感ある、までではないですが。
キャラもだいたいリアル寄りですが、男女で大きく異なっていて。
ヒロインらは目が大きめで、可愛らしく描かれています。
どっちか極端なブレはなく、万人向けかな。
判断については、だいたい↓表紙などカラーでいいんですが。
実際のところ、裏表紙のが白黒絵に近いと思います。

 【 収録話 】 10話収録

主人公「吉田勇気」は、ちょっと地味目な大学生。
夜に研究室の前を通りかかった彼は、中からの声に気付いたんですが。
ふと覗いてみると、そこには教授「真木」と交わる同ゼミ「朝雛清代美」の姿があったのです。
爽やかな彼女の不倫現場に、衝撃を受ける「吉田」
思わずそれを本人に問いただしたところ、彼女の反応は予想以上に冷淡であり。
食い下がった彼を、意外にもホテルへと誘ってきたのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

朝雛さん
※朝雛さん

やや重めな雰囲気で進むお話。
そうドッカリとした重量感ではないものの、ラブコメではないため。
関係はガッチリあっても、感情はだいたい一方通行。
また、主人公である「吉田くん」の性格もあって、ぱっと明るくないので、どよーんとしています。
ただし、4話から出ていた新キャラ「井上」さんと接近してからは、やや穏やかになってました。
詳しくは後述しますが、問題を抱えつつも、普通の大学ラブコメちっくですよ。

001:第1話「目撃」 カラー原稿あり
025:第2話「告白」
こうした一般えっち系では珍しく、カラー原稿からのお話。
「朝雛さん」のえっち現場を目撃するというもの。
ああした隙間から見知った顔を見るのは興奮するだろうなぁ。
続く2話はその直後、次の日の様子。
「吉田くん」は基本女性にコンプレックスを持っていつつも、「清代美さん」には憧れていたんだろうなぁ。
図書館でのやり取りとか、いかにも彼らしいですね。
それを受けた「朝雛さん」の冷静っぷりがまた素敵です。

043:第3話「接触」
061:第4話「劣情」
そんな訳でいきなりヒロインとのえっちです。
アップにしていた髪の毛が解けるあたりがまたいい感じ。
オチが切ないですね
しかし、続く4話ではまた「朝雛さん」からお誘いが。
そうですね、「吉田くん」からはもう声掛けれないだろうから。
彼女としては、主導権を握ることで、自分と似たような状況にしたいのか。
こちらは夜の教室でのえっち。
前回と違って服脱がす、全裸にならないと、これまた非常にイイ感じ。
しかも下着なく、準備万端でした。
なお、後に主要キャラ(?)となるバイトの同僚「井上さん」はこちらが初登場です。

079:第5話「変化」
097:第6話「陽射」
115:第7話「動悸」
学校・トイレでのえっち。
前回は黒で大人っぽい雰囲気でしたが、こちらの可愛い系統もよくお似合い。
場所的にも体位は後ろですわね。
服とは対照的な黒のセクシーな下着は、後半のしゃがみパンチラのがドキっとします。
そちらのオチから、デートに行く6話。
えっちシーンは冒頭にあり、ちょっとした幸せが後半にてぶち壊されるようになっていました。
7話は彼女の部屋におよばれするお話。
男性陣が憧れる、流しでの彼女を後ろからという描写があります。
うん、彼がある本気でなければ、割り切った良い関係なんですが…それだと「朝雛さん」はさせてくれないだろうし。
こちらの最後の一言がグサーっときますよ。

井上さん
※井上さん

133:第8話「空転」
151:第9話「逢瀬」
171:第10話「不意」
そうした経験もあり、頑張る「吉田くん」
良い傾向ですね。
こう思い切るのがなかなか難しいところなんですが。
ただ、さっそくその変化は周囲に影響を与え、ちょい出演だった「井上さん」に意識をさせるようになっていました。
描写されるのは9話、10話ですね。
飲み会で打ち解けた彼女を送るという、絶好のシチュエーション
下着はチェック柄の可愛らしいものでしたよ。
この場面で手をつけなかったのは勿体なかったですが。
結果的に彼女のプライドを揺さぶり、より関係は良くなったような。
「井上さん」とは趣味も合うようですし、普通に学生生活を楽しめそう。
これで2巻はどうなるんでしょう。
「朝雛さん」が巻き返すのか?!

 【 その他 】

そんなこんなで「色白好」センセでした。
こちらのブログでは初単行本の「やわらかおんなのこ」を紹介してます。
こちらが3冊目になるのかな。
初の一般系で、連続単行本ですかね。
おめでとうございます!
絵柄の雰囲気とか、マークなしでも全然良いと思いました。

過ち、はじめまして。  1 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)過ち、はじめまして。 1 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
(2012/10/27)
色白 好

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ パンチラ

■星川銀座四丁目 3巻[最終巻] (玄鉄絢)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [百合] 恋愛、年齢差
・構成 : 8話+イントロダション・描き下ろしなど収録、全3巻。
・おまけ: あとがき、合間に解説・ネタ絵、描き下ろし。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「玄鉄絢(くろがね・けん)」センセの「星川銀座四丁目 3巻[最終巻]」です。

松田乙女、那珂川湊
※左:松田乙女、右:那珂川湊

 【 構成・絵柄 】

全3巻という長編ストーリーのうち、これが完結巻です。
実はブログで「星川銀座四丁目 1巻」、「星川銀座四丁目 2巻」と紹介してきており。
当初はどうしようかなー、って感じだったんですが、予想以上に良かったので今回も取り上げてみました。
ただし、最終巻なので細々ネタバレてしまう可能性はあり
そういったのが気になる方は、読まないのをオススメ。
気をつけますが。

また、ごく簡単に進める関係でややボリューム弱いため、ちょろっとですが「しまいずむ/吉富昭仁」も文末で触れてみました。

作画について、特にマイナス点はありません。
いつものように丁寧で安定しております。
小さいコマまでバランス良いです。
何よりも適度にメリハリがあるため、非常に見易く仕上がっています。
キャラはどちらかと言うと漫画ちっく。
動きや表情に優れ、生き生きとしていました。
特にこうした心理が重視される漫画では、いいですね。
最終話Bパートでの犬はちょっと驚きましたが…あれも表現の1つかなぁ。
お上手ですが、個性は強めであるので、人によっては好き嫌いがあるかもしれません。
芳文社」さんのHPにてチェック下さい。

 【 収録話 】 8話+α収録

不登校だった生徒「松田乙女(まつだ・おとめ)」
学校教師「那珂川湊(なかがわ・みなと)」は家庭に問題を抱えていた彼女を引き取り、共同生活を始めたのでした。
様々な事柄を乗り越えてきた2人に、今度は住居の問題が発生したのです。
かなり大雑把ですが、おおむねそんなん。

教師・生徒という年の差ある百合カップルのお話で、これが最終巻。
イロイロありつつ、キチンとした結末を迎えておりました。

ひでるさんもそうですが。
少女セクト」からファンになった方は、おそらく”深く納得するであろう展開”、そして結末でした。
…たぶん。
甘く、かと言ってそれだけでなく。
現実的なこともありながら、漫画らしいフォローも適度にあり。
決して道のりは簡単でなかったものの、巧く収まっておりました。

矢作日名、大濠観月
※左:矢作日名、右:大濠観月

それでは各話についてごく簡単に。
核心に触れないように書きますね。

003:イントロダクション
007:第14話
イントロダクションは14話での前フリ。
ここが住居についてのお話になっています。
「乙女ちゃん」はお風呂に不満があったんですね。
そんな訳で、2人のお風呂シーンから始まっていました。

015:第15話
前話にてちょっと顔を見せていた、新キャラ「日名」さんがポイントとなっています。
そういえば2巻でも「乙女ちゃん」の容姿について、
真っ青な瞳にあの髪、顔立ち~
…なんて台詞がありましたから。
同年代の娘さんにも刺さって当然なのでしょう。
一方、「湊さん」は変な行動をしておりましたが、その理由は次回にて。

031:第16話
4ページのショートもの。
久しぶりな顔も見えますが、メインはお布団での描写です。

035:第17話
059:第18話
再び「日名さん」が目立つエピソード。
やってることは置いといて、なかなか器用ですね。
ここは「乙女ちゃん」と「湊さん」の会話に注目。
冒頭からちらほら続いていた、何気ない一言が後々に繋がっています。
続く18話はその「日名さん」と「乙女ちゃん」
ちょっと驚きな展開でした。
絵的にはサービス回かな。
お話としては、そう浮ついたものではありませんが。

085:第19話
先のオチ部分からの展開。
最終話へと流れる序盤戦という感じですね。
先の男性も登場します。
個人的に好きなのは「日名さん」のもむもむ

111:最終話 Aパート
久しぶりに「湊さん」がメインとなるお話。
彼女の頑張り描写と、不在でも存在感を発揮する「乙女ちゃん」に注目です。
コレは良かった。
その後のネタ絵が可笑しいです。

125:描き下ろし
145:最終話 Bパート
161:マイファースト星川
読者的にぐっとくるのは、やっぱり描き下ろし部分ですかね。
「乙女ちゃん」が可愛いです。
Bパートはまた違った意味での良さがあると思います。
2人が登場しないマイファースト星川は、その他キャラの後日談という風情でした。

湊・乙女
※湊・乙女

「乙女ちゃん」はもともとしっかりした娘さんでしたが。
なんというか人間的に成長し、様々な出会い・経験から巧く生きるようになり。
彼女への依存度高い「湊さん」もまた努力をしており。
お互い最善だろう結果へと導いていました。
詳細はぜひ単行本でどうぞ。

星川銀座四丁目 (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)星川銀座四丁目 (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
(2013/02/12)
玄鉄 絢

商品詳細を見る


 【 その他 】

以上、「玄鉄絢」センセでした。
本来ならばセンセについてその他のことを書くコーナーなんですが。
今回は特別に同じ「芳文社」さんの百合漫画シリーズで、同様に全3巻で完結となった「しまいずむ」の3巻について簡単に。
「吉富昭仁」センセですね。
最後まで特に関係に変化はなく。
「遥」・「芳子」らが本当の相手(だと思う)に気付くのかなーと思いましたが、そんなこともなく。
変な話ですが、それがためいい感じなままの終わり方でした。
2巻からのカップル「アキラ」・「マリ」らと、新キャラらは結論が出ており。
彼女らのかわりになったかなー。
これで良かったような気もするし、もう少し結末っぽいのまで欲しい気もするし…どうでしょう。

しまいずむ (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)しまいずむ (3) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
(2013/02/12)
吉富 昭仁

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 百合漫画

■気持ちいい?×気持ちいい (上乃龍也)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、学園、羞恥
・構成 : ドラマCDつき、短編×12
      (うち「かわいい×○○シリーズ」×6、「教えてください×家庭教師」×3)
・おまけ: カバー裏にあとがき・ラフ絵、描き下ろし「かわいい×後日」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上乃龍也(かみの・りゅーや)」センセの「気持ちいい?×気持ちいい」です。

生徒会長「スズカ」、ミコちゃん
※左:生徒会長「スズカ」、右:ミコちゃん

 【 構成・絵柄 】

2本の中編をメインとした構成。
ドラマCDはそちら2シリーズのものです。
詳細は「その他」のところで書きますね。
だいたい半分ほどを占めるメインの中編は、連続感あるストーリー。
調教ちっくですね。
当初から、お互いより関係が深くなるという感じでした。
もう1本の中編は、ややコメディー寄り。
別シチュエーションでのえっちで、こちらは羞恥プレイちっく。
そこそこの連続性がありました。
ほか収録の短編は3話ほどあり、どちらも甘いラブコメなんですが。
シリーズものと同様で単にスイートなだけでなく、ノーパンだったり、お漏らししたり、と何らか味付けされてるのが特徴です。
どちらのヒロインも可愛らしく、良い仕上がりでした。

そうしたお話を助ける作画もまた実に良好
濃淡・描き込みの具合が適度なくらい。
細かいところを含めて全体的に丁寧でバランスも優秀なため、引っ掛かる個所がありません。
コマ割りとか構図についても同様。
読むにストレスは感じませんでした。
綺麗にまとまっているのに勢いも迫力もありましたよ。
後半に収録された短編がやや原稿時期古め。
詳しくは後述しますけど、やはり差はありますね。
些細な程度ですが。
全体でマイナス点となるのはそちらくらい。
後はまるで問題ありません。
…あ。
↓表紙・裏表紙どちらも、カラーは実際の白黒原稿よりパンチに欠けてます。
格段に漫画本編のが素晴らしい出来栄えでした。
ため、判断についてはプラス評価がいいでしょう。
ぜひ、立ち読みある「S2COMIX」などのサイトをご利用ください。

 【 収録話 】 12話収録

007:「かわいい×後輩」
025:「かわいい×彼氏」
041:「かわいい×変態」
059:「かわいい×嘘つき」
077:「かわいい×二人」
201:「かわいい×後日」 描き下ろし
こちらは生徒会長「スズカ」さんと、年下の可愛い生徒会員「森下」くんというカップルのお話。
話数は多いですが、こちらのシリーズは文化祭前から数週間を描いております。
そのため、それぞれ話はきっちり繋がっていました。

1話目「かわいい×後輩」は生徒会室えっち。
まー、まぁたエロい下着つけされられてますわね。
こちら前半にての台詞が、後々にも影響することとなるのです。
彼もあー見えて、色々思うところがあるんだろうなぁ。
2人の切っ掛けが描かれている「かわいい×彼氏」が2話目。
ドストライク、とありましたが、冒頭の「スズカさん」が実にキュート。
ありゃ、目を開け辛いですよ。
こちらは前話でもちょろっと触れていた、お尻をいじるプレイ。
なかなか彼女の期待に応えない「森下くん」がイヤらしいですわね。
それは無理だからっ
とか言ってたアレを着用している3話目「かわいい×変態」
アイテム使うだけで変態とは、失礼ですねー。
…あ、外に連れ出してるからか。そうか。
若い割になかなかの調教テクで、見事に「スズカさん」を焦らし、屈服させておりました。
限界を迎えた彼女の行動に注目下さい。

先の屋上えっちから直接続く4話目「かわいい×嘘つき」
こちらはトイレでのプレイなんですが…さっきの直後ですよね。
元気だなぁ。
すっかりお尻えっちに慣れた「スズカさん」を堪能下さい。
いぢめたくなりますわね
最終「かわいい×二人」は文化祭当日でのエピソード。
珍しく彼の本音が見れますよ。
お互いぶっちゃけて、より良い関係になりそうでした。
前話からの続きで不安を覚える彼女の表情が良かったので、もう少しあのまま楽しみたい気も(笑)
描き下ろし「かわいい×後日」は付き合って半年という後日談。
相変わらずで、色々とブッ込まれている「スズカさん」が楽しい。
ラストページもいかにもという感じで素敵。
ラブラブでしたよ。

新米教師「カオリ」、清水さん
※左:新米教師「カオリ」、右:清水さん

095:「教えてください×家庭教師」 全3話
家庭教師の先生が気になっていたツインテールな「ミコ」ちゃん。
思い切って彼女の存在を聞いてみたところ、「いるよ」との返事であっさり玉砕してしまいました。
しかし、その仲を訪ねてみたところ、妙なエロい話を普通にし始めたのです。
そう、彼は”仲”を”膣内”と取り違えていたんですね。
んなバカな(笑)

そうした1話から、毎回”ちょっとした台詞をエロい方面に曲解・勘違いする”というのがポイントになってます。
いちおう家庭教師とのえっち話であるものの、ほとんど勉強シーンはなく。
よくあるご褒美えっちという風情でもありませんでした。

1話目は教師が「自分のと比べなくても…」と言った事が切っ掛け。
爽やかな顔して、なにを言ってるんだ、コイツ。
ただ、あーまで自然にべらべらしゃべることできるのは、なんというか羨ましい気も。
こちらは椅子に座る「ミコちゃん」とのえっちです。
2話目は野外。
公園での羞恥プレイっぽくなってます。
前回オチでの会話から、下着選びしている「ミコちゃん」の扉絵がキュート。
でも、それならばスカート穿いてくれればいいのに。
3話目は浜辺。
またまた野外ですね。
彼が用意した水着はスカート付きのものなんですが、パンツ部分がまるまるなかったのでした。
それでもきっちり穿いてくれる「ミコちゃん」がいいですね。
お漏らしまでしておりました。

149:「No×Panties」
思わず”ちゃん”付けで呼びたくなる、可愛い新米教師「カオリ」ちゃん。
いつものようにからかいつつ話をしていた「三浦」は、ふとしたタイミングで彼女の秘密を知ることとなったのです。
パンツのまとわりつくあの感覚が…昔から好きじゃないからなるべく穿かずに…ずっと
…だって。
これはイイ!羨ましい!!
まぁ、下着の良さというのも当然あるんですが。
こちらの教師「カオリちゃん」の場合、”全然そんな雰囲気でない容姿”がため、その言葉の価値をだだ上げておりました
こんな先生に巡り会いたいですねー。
オチページでの”ぴら”も素敵でした。

167:「サイアク×おもらし」
183:「片想い×卒業旅行」
カバー裏のあとがきによると、こちらの2話のみ原稿時期が古く、前巻「モザイク×三姉妹」より前。
08年ころ、とのこと。
確かにややパンチが足りないと言うか、描き慣れていないというか…そんな感じ。
まあ、センセの場合は、先までの原稿がより優れているだけですけどね。

前者「サイアク×おもらし」は「清水」さん・「平井」くんのカップル。
憧れていた「平井くん」から休み時間に声を掛けられた「清水さん」
チャンス、とそのまま話し込んでしまったため、トイレに行けなかったんですが…次の授業時間ではほぼ限界に達してしまったのでした。
誰もが経験したことあるだろう、じわじわ近付く限界との戦い(笑)
こちらの「清水さん」は、なんとか耐えきってトイレを目前にまでしていたことが、後の悲劇に繋がったのでしょう。
どーでもいいですが。
トイレに駆け込もうとしている女子を止めちゃーダメだよ、「平井くん」
空気読めないって言われるぞ
いきなり腕掴むという強引さも、かなり非常識な気がしました。
ある程度の強引さは必要でしょうけどね。
いきなり舐め出す行為も、ギリギリではないかなぁ。

藤川さん
※藤川さん

後者「片想い×卒業旅行」は旅行先でのレクリエーション。
アルコールも入った一団は、王様ゲームを始めたんですが、胸に顔埋める、キスするなど、ことごとく「トオル」くんと「藤川」さんに当たるのでした。
いい友達らだなぁ。
女子との卒業旅行なんて羨ましいですね。
お風呂上がりで、ちょっと色っぽさもある「藤川さん」がキュートでした。
途中で「…いくじなし」とか言われてしまいましたけど、周囲に人いるのだし、許してやって下さい。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度お馴染み「上乃龍也」センセでした。
ちょうどコチラを読む前の単行本の出来栄えが微妙であったことも手伝って…。
やっぱりセンセは凄いなぁ、とつくづく感じました。
変な話、収録のシリーズは登場人物ほぼ2人だけで、”カップルのラブいえっちが繰り広げられているだけ”とも言えるんですね。
けど…それにここまで集中させられ、また一気に読み進められるというのは、完成度の高さ以外の何物でもないでしょう。
買って良かったです。
なお、こちらには前巻に続いてドラマCDが付いてます。
「かわいい×○○シリーズ」と、「教えてください×家庭教師」をまるまる収録(描き下ろしは除く)していて、全8話分というかなりのボリューム感がありました。
さすがに演技もお上手ですよ。
漫画のストーリーをそのままなぞるものなので、ページめくりつつ聴くのがいいかと。

気持ちいい?×気持ちいい ドラマCD付き (富士美コミックス)気持ちいい?×気持ちいい ドラマCD付き (富士美コミックス)
(2012/12/25)
上乃 龍也

商品詳細を見る




★「上乃龍也」センセの漫画紹介記事  すべて成年系
 [モザイク×三姉妹
  1冊まるまるという、初の長編。幼馴染み・高井3姉妹との同居生活です。限定版はドラマCDつき。
 [イッちゃう?×イッちゃう
  中編「泥酔シリーズ」、「いもうと×ゴコロシリーズ」を収録してます。
 [身体中、ヌルヌルです。
  センセもお気に入りらしい「アカリちゃん」のシリーズを収録。
 [××××まみれ] 
  2話の連続が多いラブコメちっくな作品集。
 [えっちぃカンジ
  3冊目。年上女性の目立つ作品集です。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール コメディー

■やわはだおとめ (いーむす・アキ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] お尻、むちむち、複数
・構成 : カラー(24P)、短編×14
      (うち「さきちゃん」×2、「青春オーガズム」×2、)
・おまけ: 奥付にあとがき、加筆修正あり、
      描き下ろし「オマケのオーガズム」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いーむす・アキ」センセの「やわはだおとめ」です。

キヨミさん、「しーぽん」・「りっちゃん」
※左:キヨミさん、右:「しーぽん」・「りっちゃん」

 【 構成・絵柄 】

主に短編群での構成。
冒頭にカラーショートがあり、そちらとの連続と共に、描き下ろしによる連続話もありました。
むちむちとした可愛らしいヒロインなんですが、そうラブいものばかりでなく。
意中の相手ではないカップルとのお話が多いです
ブラックとは違うんですけどね。
複数プレイも結構ありました。
なんとなくお尻が目立って描かれていたので、そっち系な方にはオススメです。
ただ、お話というかネタとしてはバラバラとしている印象です。

しっかりとした線の作画。
色彩はやや濃いめというくらい。
結構コマ割りは細かめで小さいものも多く。
また、はみ出し・ぶち抜き・重ねなど、ページは賑やかでした。
普通に見るにはそう問題ないんですが。
小さいコマとか動きの作画にやや崩れを感じました。
ヒロインはロリからアダルトまでお上手な方。
ティーンくらいの可愛らしい娘で、今回はどっち寄りでもないです。
ツリ目気味なところがキュートです。
皆さんむちむちとした肉具合でしたよー。
判断については紹介帯の裏面か、やっぱり「ワニマガジン社」さんのサイトでしょうね。。

 【 収録話 】 14話収録

003:「さきっぽレッスン」 カラー原稿
007:「みずあそび」 カラー原稿
013:「ラブヒップ」 カラー原稿
それぞれカラーのショート短編です。
実は4、6、8とページが増えていくのがポイントです。
まず、「さきっぽレッスン」は↓表紙・中表紙に顔を見ている女の子「さき」ちゃん。
勉強会でのえっちで、男性視点でのモノローグ調な進行となっていました。
「みずあそび」は競泳水着な「りお」ちゃんとのビニールプールえっち。
ちゃんと着替えシーンからあるのは良かったですが、もう少し水着の質感を楽しみたかったかなー。
「ラブヒップ」は兎の髪留めが特徴の「アミ」ちゃん。
かなりえっちな下着を着けさせられていました。
それはそれでいいものの…個人的には普通のショーツのが好み。
お尻好きな方にはそのアップがたまんないでしょう。

ゆきちゃん
※ゆきちゃん

021:「借り恋」 カラー原稿あり
「さち」と「みき」は友人同士。
しかし、「さち」の付き合う彼氏は「みき」とも関係していたのでした。
彼女の友人とえっちしてしまう、裏切り行為としては最低の部類に入るものなんですが。
オチに驚き。
ただ、現実にはあーまで余裕を保てるかどうか疑問ですね。
えっちのメインは眼鏡・お下げ髪の「みきちゃん」
カラー原稿部分のむちむちなスタイルが凄い。
後半は眼鏡オフでした。

039:「青春オーガズム」
209:「オマケのオーガズム」 描き下ろし
年上の昔馴染み「しぐれ」が立ちあげた”青春謳歌同交会”
呼ばれた「たいち」が思った同好会の漢字は間違いでなく、部室では隣に座る清楚な女の子「篠崎」と「しぐれ」がえっちしていたのでした。
そんな訳で、直接的なえろい部活でのお話。
この2人が裏表紙ですね。
借入部の体験えっちで、相手は「篠崎さん」
これはまた素敵な借入部ですわねー。
なお、彼は「しぐれさん」とえっち関係がありましたが、付き合ってはいない様子。
なんだか不思議な3名でした。
描き下ろしでは合宿と称して、「しぐれさん」の家でのえっち。
実は人数さらに増えての複数プレイとなるので、ご期待下さい。

061:「アネキあそび」
「キヨミ」さんと近所の男子3名という複数パターン。
見た目にはそこそこ年齢あるように感じましたが…男子らはより幼いなぁ。
漫画は独りえっちしてる彼女に、しつこく遊ぼうと誘う彼らがその場面に鉢合わせる展開。
3名の目前で大量に漏らすコマが秀逸。
キヨミのエロスに対抗するんだっ
とか言われてましたよ。

081:「はつのり」
彼女「ちひろ」さんとのえっちスペースを確保するため、自動車免許を取得したというエピソード。
車内えっちですね。
初めてであったので、ラストの台詞が見事にオチとなっていました。
ちなみに、「ちひろさん」は可愛いんですが…1コマ出ていた彼女の父親は怖い。

…あ、ついでにもう1つ。
センセ、自動車絵はあんまり得意でなさそうですね。

097:「処女同盟」
「りっちゃん」・「しーぽん」と呼び合う、仲良しな2人。
”いつも一緒”と言い合う2人でしたが、うち「りっちゃん」こと「柏木さん」は彼女が想いを寄せる「森田」くんを相応しい男かどうか、見極めるためえっちに誘うのでした。
冒頭2ページはゆりゆりとした雰囲気なんですが。
あっさり「森田くん」とのえっちに流れる「りっちゃん」が凄い。
また、漫画の途中までエロさが際立っていた彼女が、ちょっと雰囲気を変える中盤以降が秀逸
びっくりしました。
なお、こちらの「りっちゃん」と次のヒロインは収録で数少ないバスト控えめな方です。

113:「少女Y」
ヒロイン的にもお話的にも、今回収録の中で最も刺さった短編
小さい体が私のチャームポイントなんだから
そんなことを言いつつ、援交を続ける「ゆき」
真面目な告白にも応じない彼女には、とある秘密があったのでした。
貧乳でショートカットの可愛い「ゆきちゃん」
単にエロいだけでなく、またそうお金に執着している訳でもないんですが。
そんな彼女の過去と行動理由が明かされる、後半が非常に良いのです。
ここでは書きませんが…ラストページの一言が秀逸。
良かったです
「ゆきちゃん」には幸せになってもらいたいですが、彼女自身がそれを受け入れないんだろうなぁ。

133:「牝色シスター」
151:「はじめてのおかーさん」
どちらかというとティーンなヒロインが多い中、こちらの2人はアダルト寄り。
「牝色シスター」は色っぽいシスター「みさ」とのえっち話。
どーでもいいですが…あんなスカート丈の短いシスターはいないだろうなぁ。
バストサイズの割りにブラをしておらず、法衣にうっすら浮かぶバストトップがえろい。
こりゃ、たまんないわ
ほくろもセクシーですよ。
「はじめてのおかーさん」は「ゆうと」くんとその義母のお話。
彼の実母は既に亡くなっており、幼い「ゆうとくん」にとっては体験する初めての母親であるんですけど。
…なんてこと教えてるんだ(笑)
年齢差・体格差あり、えっちシーンはなかなかエグい感じ。
だいぶ人を選びそうなので、気をつけて。

175:「ソーセージ」
ツインテールなヒロイン「セリカ」と双子「タツヤ」・「シンジ」というカップル。
えろい彼女に2人が振り回されているような印象。
語尾に「ス」がつく喋りと、禁断症状とまで言っているドエロさがなんだか苦手です。
最中の電話も普通に出てましたわ。

シスター「みさ」、おかーさん
※左:シスター「みさ」、右:おかーさん

193:「ぱいぱんバースデー」
こちらも「さきっぽレッスン」の「さきちゃん」です。
タイトルのそれは剃毛するためなんですが。
わざわざ誕生日に野外でやるというのが凄い。
彼も股間出しっぱなしでしたけど、お互い風邪ひかないように。
橋の下でのプレイで、あまり目につかないような雰囲気で描かれてはいたものの。
かなり人通りあったので、実際のところはどうでしょうね。

 【 その他 】

そんな訳で「いーむす・アキ」センセです。
今回の単行本はやたら折り返しが長かったんですけれど。
いままで発売している単行本の紹介スペースとなっていました。
描かれてる色っぽい女性は未登場かな。
ちと残念。
なお、こちらで7冊目。
ブログではなにげに全部紹介していて、↓下にずらっと並べさせていただいてます。

やわはだおとめ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)やわはだおとめ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2013/02/01)
いーむす・アキ

商品詳細を見る



★「いーむす・アキ」センセの漫画紹介記事  すべて成年系

とろけるあそび
 6冊目。「オカズシリーズ」ほか短編群を収録。
モノノケアクメ
 5冊目。河童「マオちゃん」などの妖怪発情記シリーズを収録。
コイセヨオトメ
 4冊目。カラー原稿を多く収録。
とろけるからだ
 3冊目。温泉とか和服が良い短編集。
若奥様解放区
 2冊目。人妻「吉田あやこ」さんの連続話。
いとしのみゆ先生
 初単行本。ロリな新米教師「井上みゆ」先生の長編。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ツインテール ショートカット 競泳水着 バストトップ

■いろは坂、上がってすぐ。 (勇人)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●◎○
・属性 : [一般] ほのぼの、コメディーファンタジー
・構成 : 10話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 合間にあとがき、カバー裏に漫画「いろはちっく天国」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「勇人(ゆうと)」センセの「いろは坂、上がってすぐ。 1巻」です。

橘雫
※橘雫

 【 構成・絵柄 】

巻数表記のある長編漫画です。
ただ、1巻に収録されたラスト話のオチは非常に雰囲気の良い物で…。
このまま1冊で終わっても良かったかなー、って思いました。
まとまり良かったですよ

お話はちょっとイイ話ちっく。
ため、ひでるさんの肌には合わないんですね(笑)
カバー裏に書かれている”ハートウオーミング”がそのままな感じです
詳しくは後述します。
なお、長編でもきっちりお話の繋がるものではなく、各話で問題解決なタイプでした。

軽い書き込み具合で素朴な雰囲気。
濃淡はだいたい適度なくらい。
結構白比率があり、全体的にゆったりとしたテンポがありました。
乱れや崩れはなく丁寧で、見易い仕上がり。
キャラ絵はゆったりした輪郭で、小さい鼻に楕円な黒目。
だいたい、ゆるんとまとまってます。(←良い意味で)
漫画は特に引っ掛かるところなく、コメディー崩しなどもお上手。
ただ、癖は強いので、好き嫌いがあるかもしれません。
↓表紙・裏表紙にてご判断ください。

 【 収録話 】 10話収録

質屋を1人できりもみする看板娘「橘雫」
いわゆる買い取りではなく、預かった品物を担保として金額を貸すシステムなんですが。
彼女には品物に宿る想いを読み取る、不思議な能力があったのでした。
大雑把ですが、ごく簡単にはそんなん。

センセ独特な、素朴さのあるほのぼのちっく漫画。
心洗われるようでした。
ただ、あまりにそれが強く、いわゆる”悪人不在”なお話でして。
主要キャラが幼稚園児ならばいいものの、それが現役の女子高生ともなると…
さすがに、現代ファンタジーな感じです。
(※他作品「シスプラス」で登場している「姫苺」のような、黒さ持ったキャラがいない)

また、主人公は特殊能力を有していて。
品物に残る想いを読み取る、持ち主にフラッシュバックさせるという、そのままファンタジーな描写がありました。
そんなんを元に、利益も度外視で最善だろう結果を導くんですね。
ちらほら漫画で見られるような設定よ。
ひでるさんも1話、2話でそう考え。
正直なところ、否定的な、冷めた目でじとーって各話を見ていたんですが。

ああ、さすがは「勇人」センセ。
実に巧いことまとめあげてます

前述したように、根性ひねくれ曲がったひでるさんは好きなタイプの漫画でないものの、なんのかんのと最後までじっくり読まされてしまいました。
センセのファンなら、間違えないでしょう。
↓表紙の女子高生な制服に釣り上げられた人でも…案外楽しめるかも。
それっぽくはないものの、サービスもあったので。

こんなん
※こんなんですね。

003:第1品 「大きな腕時計」
ちらほら説明と基本なお話の流れになっているこちら。
いかにもスタンダードなお話というイメージでした。
(※この際は否定的に見てましたよ)
また、いきなりヒロインのお風呂シーンがあったりするんですが。
まー、えっち度低いですねー。
「月乃」さんはいいおっぱいでしたが。

025:第2品 「ちっちゃな親友」
こちらもいきなりお風呂シーンから。
番台に座る銭湯の息子「翔太」くんとお話をしているんですけど。
「雫ちゃん」は普通に全裸なのね。
彼はたっぷり意識してるというのに…。
いいんだか、悪いんだか。

043:第3品 「未使用のチケット」
バレンタインで、学校描写から始まるこちら。
「雫ちゃん」は「片桐悠」、「一華」といった友人ら3人組みでした。
やっぱり3名なんですね。
彼女の飼ってる黒猫がちらほら可愛いです。

063:第4品 「ひとりぼっちのピアノ」
こちらも学校でのエピソード。
ピアノな女の子が可愛らしいです。
ただ、後半のあれはいかにも漫画かな。

081:第5品 「照れ屋な目覚まし時計」
下着姿でうろうろ遊んでいた「雫ちゃん」
「翔太くん」に見られて、悲鳴を上げたりしているんですが。
”頭にショーツかぶって、はっちゃけていた姿が恥ずかしい”のであって、制服・下着な格好は平気なのね。
まぁ、全裸でも普通にしてたからなぁ。

こちらは、どっかで見たことあるキャラが登場する、サービス回です。
なにげに後日談となっていたので、知ってる方は小躍り下さい。

099:第6品 「ポケットの中の手紙」
115:第7品 「ボロボロのシューズ」
ボーイッシュな友人「悠さん」がピックアップされるエピソード。
この漫画では珍しくややこしい事態に発展するので、2話連続となってます。
ここは…先に指摘したそのまま、「雫ちゃん」のキャラがため問題大きくなるというもの。
やっと高校生っぽい感じになりました。
ピリっとした辛みがイイですね。
ただ、皆さん性格良いので、結局は丸く収まるんですけど。

135:第8品 「丘の上の桜」
町内会でのお花見話。
この作品中でも直接言われてましたけど、本当に際立って良い子ですもんね。
「翔太くん」はもっと頑張れ。

月乃、一華・悠・雫
※左:月乃、右:一華・悠・雫

145:第9品 「大将のチャンピオンベルト」
プロレス団体が関わるお話です。
ここはいかにも漫画という、現実味のない結末になってました。
収録では最も嫌いなエピソード
せめて今回くらいは、どうにもできないまま終わっても良かったと思うんですがねぇ。

161:第10品 「いろは坂の夜景」
友人らと銭湯に出掛けるというエピソード。
こちらでは胸の大きさで競う場面があるんですが。
そのジャッジを、「翔太くん」にさせておりました。
「雫ちゃん」はああしたキャラなのでいいですが、お仲間も相応に幼いんだなぁ。
それとも、彼が問題外なのか。
せっかくならば、厳密に勝敗つけてあげればいいのに

こちらのオチは非常に良い感じでした。
このまま終わってしまいそうなくらいでしたよー。

 【 その他 】

そんな訳で、「はなまる幼稚園」で一躍有名人となった「勇人」センセでした。
こちらのブログでは他に「シスプラス」も紹介してます。
発売時はそちらの2巻と同時発売で、キャンペーンやってましたよ。
ただ、QUOカードとか別にいらないなぁ…。
いつだったか、「井上よしひさ」センセがやってたみたいな合体漫画が読みたかったです。


いろは坂、上がってすぐ。(1) (ヤングガンガンコミックス)いろは坂、上がってすぐ。(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/07/25)
勇人

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ファンタジー

■ときめき懺悔室 (さきうらら)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、ミッション系、複数
・構成 : 短編×6(うち「神さまのいうとおり」×4、「バースデイ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さきうらら」センセの「ときめき懺悔室」です。

シスター「杏奈」
※シスター「杏奈」

 【 構成・絵柄 】

2本の中編による構成。
メインのお話は↓表紙・表題そのまま、シスターの登場するもの。
だいたいそのままのイメージで良いんですが、いわゆる”シスター服なヒロインとのアレコレ”はそう頻繁ではないので、期待のし過ぎには注意。
お話は軽過ぎず、かと言って重過ぎず、というところ。
↑属性でラブコメとしましたけど、実際はどちらのイメージもそう強くはないかと。
ちょっとですが、ファンタジーちっくなところがありました。
もう1つの中編は、センセのファンの方にはお馴染み痴女シリーズの最新作
もしかしたら、こちらが結末になっちゃうのかな、どうかな…。
詳細については伏せますけど、ちょっと深刻
そうですね。
いちおうどちらも読後感は悪くなってないので、ご安心を。
お話についてはさすがの出来栄えでした。

丁寧な線のさっぱり絵柄。
濃淡・描き込みは適度なくらいのまとまりで、過不足はなく。
見易いです。
ただし、重箱の隅をつつくと…多少ページがごっちゃりしている。
ぱっと分かり辛い小コマ、微妙なバランス…などがありました。
普通に読む分には問題ない程度ですけどね。
キャラはすらりとした縦長。
それなりにリアルさありますが、どっちかというと、漫画っぽい可愛さがあるかな。
お姉さん絵です。
コメディー崩れも違和感なく、表現については引っ掛かる部分もなく。
多少個性あるものの、そう人は選ばないと思います。
判断については、裏表紙のカット絵がオススメ。
読み終わった後であらためて見ると、結構ポイントになるシーンが切り取られていましたよ。
あるいは、「ティーアイネット」さんのHPにて「神さまのいうとおり」の1話が立ち読みできるので、便利です。

 【 収録話 】 6話収録

003:「神さまのいうとおり」 全4話

教師から女ばかりのミッション系女子校にやってきた教師「真近・サルバトーレ」
イタリア・日本のハーフながら、孤児として修道院で育てられたという彼は性に対して独特な考えの持ち主であり。
タブーとされていた性に悩んでいたシスター「杏奈」を手始めに、生徒たちにもなんのかんのとソレを教えてしまうのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんなん。

学園を舞台とした連続話。
メインの男性を中心としたストーリーで、各話に別ヒロインが登場しています。
周囲は当然おカタイ感じであり、えっち展開はちょっと強引。
まぁ、なんのかんのと巧くおさまっていましたけどね。
ちょっとですが、ファンタジーちっくな描写もありました。

麻宮祥子、深森千代乃
※左:麻宮祥子、右:深森千代乃

1話目は「杏奈さん」
生徒らの懺悔(告白)を何度も聞かされるうち、本人も持て余すようになってしまうという。
ああ、確かにそんなんあるかもねー。
こちらは期待通りにシスター服なヒロインとのえっち。
「杏奈さん」は非常にスタイルの良い方で、服の黒と合って素敵でした。
ちなみに、後半はベールを取っていて、こちらもまた良かったです。
2話目は生徒「麻宮祥子」さん。
伝説のスケバンという設定があり、学園でも数名の女生徒を従えているという彼女。
そのため、1話目の「杏奈さん」は教師「真近」にいきなりメロメロでしたが、「祥子さん」は冒頭ではキャラそのまま反発しています。
そんな彼女とのえっち展開は、やや特殊なシチュエーション。
まぁ、切っ掛けとか流れとか、「祥子さん」ならではですね。
服を脱ぐシーンが秀逸。

3話目は、ちらほら顔を見せていた眼鏡の生徒「繋瀬美繰(つながせ・みくり)」
ちょっとしたファンタジー設定でのえっち展開。
いままでは余裕あった教師「真近」も珍しく真剣で、えっち勝負みたいになっていました。
後半では故あって「杏奈さん」も参加しています。
そして最終となる4話目ですが…。
こうした漫画のセオリーは全員参加なんですが、こちらでは新キャラが登場しています。
教師「真近」は転勤を控えており、それを引き継ぐ神父「マルコ・アンドレセン」を主人公としたもの。
要するに先の3話から時間がたっており、また第三者からの視点になっているのです。
また、「マルコ」は男性としても「真近」と違っていて、性に不慣れな少年みたいなキャラ。
様変わりしていた学園に彼も影響されていくという流れでした。
なるほど、こんなんもアリですね。
特にラストにはびっくりしました。
ヒロインは、ロング黒髪でちょっと幼さも残る「深森千代乃」さん。
先の3名とはまた異なる、可愛らしい娘さんですよ。

149:「バースデイ」 前後編
姉「未来」、妹「望実」と、その父親による近親モノ。
主人公は「未来さん」で、お話の視点は彼女。
成績優秀でモデルのバイトもしているという妹「望実」は、家では実の父親とえっち関係にあったのでした。
当初は隠れてシテいたものの、最近ではわざと見せつけるようになっていたのです。
漫画は姉「未来さん」の誕生日祝いからの発展。
前編のオチにて、衝撃の事実が判明します。
そう、こちらが痴女シリーズの結末(?)になるもの。
特に後編で語られる色々は驚くような展開ばかりで、最後まで目が離せません
1からシリーズを見て来た方には、ぜひ確認してほしい漫画でした。
なお、初見の方には普通に父娘の近親モノとして読めるので、ご安心を。

妹「望実」・姉「未来」
※妹「望実」・姉「未来」

 【 その他 】

以上、「さきうらら」センセでした。
こちらで11冊目とのこと。
しっかりとしたお話づくりでゲスト出演、後日談なども多く、ひでるさんの肌にぴたーと合う方。
そんな訳で、単行本は見逃さないように気をつけていたんですが…。
巻末にセンセからのお知らせが。
今後は星憑ネオンとして描かせて頂きます
…だって。
うう、なんだか名前覚え辛いー。
どうやら成年で描き続けるには違いないようなんですが。
何か心境の変化があったんでしょうかねぇ。

★さきうららセンセの漫画紹介記事  
おねだりパレード
 痴女シリーズ「痴女が恋しちゃダメですか」の続編。
蜜愛フルコース
 一般系り短編集。社会人向けなソフトえっち話。
蜜祭り
 山奥の村での”奇祭”を題材とした、ふんどし姿のヒロインらがポイント。
盲姫~めしいひめ~
 やや重いタイプの近親えっち漫画と、巨乳な従姉妹のエピソードを収録。
嫁まみれ
 痴女シリーズの最新作ほか、別単行本のキャラもちらほら登場しています。
淑女の融点
 通産で10冊目となる単行本。短編集ですね。


ときめき懺悔室 (MUJIN COMICS)ときめき懺悔室 (MUJIN COMICS)
(2012/11/02)
さきうらら

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー コメディー

■スイーツスウェット (Hamao)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、液体
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、短編×14。
・おまけ: あとがき漫画、カバー裏に後日談漫画、
      イラスト、加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Hamao(はまお)」センセの「スイーツスウェット」です。

「足元に甘え猫」の見知らぬ少女
※「足元に甘え猫」の見知らぬ少女

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
冒頭はカラーのショート短編となっていました。
ただ、短いのはそちらだけ。
ほかは普通の短編群となっており、持って感じる重さそのまま、かなりのボリューム
十分な読み応えがありました。
お話はラブコメで、即えっち展開も多め。
比較的、初めてなエピソードが多かったかなー。
正直なところ、お話についてはもう少し前後の長さが欲しいような気がします。
ぱっと見て誰もが感じるだろう、絵柄の良さ、表現の巧さもあったので

そう、こちらの単行本の最大の売りは、その素晴らしい絵柄。
柔らかな曲線で、描き込みは細かく。
濃淡具合も丁度良く、中間色が効果的でふわりとした風情になってます。
また、それらは局部・液体描写にて存在感を発揮しており。
甘いとろとろえっちを演出しておりました。
凄いなぁ。
年上の方も登場しますが、ヒロインはだいたい漫画らしい可愛さ。
それぞれ絵柄からして個性を持ち、単にキュートなだけでないのもいい所でしょう。
細かい所まで丁寧で、服の質感も良かったです。
ほぼマイナス面はないんですが。
強いてあげるとすれば、ご自身で書いていたそのまま、全体の安定感かな。
漫画によって結構違って見えますね。
どちらもお上手なので、変な落差っぽくはないんですが。
あとはややごっちゃりしているのが好みと合うか、どうかかな。
カラーも見事。
ただ、白黒原稿とイコールではないので、判断は「ワニマガジン社」さんのサイトがオススメ。

 【 収録話 】 14話収録

001:「三人のお姫様」 カラー原稿
005:「しようか?」 カラー原稿
カラー原稿のショートもの2話ですね。
前者「三人のお姫様」は、”お姫様が3名”ではなく、”3名の男子が慕うお姫様”という意味あい。
面積小さめなチアリーディングコスチュームでの複数えっちでした。
後者「しようか?」は雨宿りえっち。
ヒロインのモノローグで進むような構成でした。
色々言っていましたが…あーも服透け透けでノーブラというだけで、貴女も十分にえっちだと思いますよ(笑)

009:「LOVER’S CONCERTO」
大学生「亜衣」ちゃんの課題がため、えっちがお預けだった「真樹和哉」
その2週間が終わり、久々のデートとなったんですが…なぜか彼の部屋に呼び出されてしまったのでした。
玄関の扉もまだ閉まりきらないうちの、えらく濃厚なキスから始まるというカップルえっち。
彼のため、透け透けブラを着用している「亜衣ちゃん」が可愛い。
ショートカットの可愛らしい娘さんですよ。
かと言って、ロングだった昔の1コマもまたイイ感じなんですが。
そりゃー、玄関からしたくなるわね。
そんな下着姿な扉絵が良かったです。

美術部の「三上明乃」、座間さん
※左:美術部「三上明乃」、右:座間さん

029:「足元に甘え猫」
仕事から帰った主人公は、自らの部屋の前に座り込んでいた見知らぬ少女を発見したのでした。
そんな切っ掛けからの、見知らぬヒロインとのお話。
額の広い優等生的な容姿ながら、挑発している様がキュート。
実際に初々しく、なんだか安心。
オチでは眼鏡姿の彼女が見れます。
あれもいいなぁ。
カバー裏の後日談は眼鏡のままだったので、ご期待下さい。

045:「スイーツスウェット」
真夏でクーラーが壊れた部屋にいるカップル、という成年漫画ではありがちな設定。
ただ、こちらの2人はまだ付き合う前。
「早乙女」さんの部屋でレポートを手伝っているところを見る限り、もともとかなり近しい関係ではあるようですが。
結構なサイズであるのに、ノーブラで対応しているところを見る限り…その気はあったんでしょう。
じんわり流れるようなえっち展開です。
お互いの仕掛けが判明するオチに注目
なお、今回の表紙はこちらの「早乙女さん」なのだとか。

061:「Show Me!!」
美術部の「三上明乃」に無理やり連れていかれた幼馴染み「タケル」
久しぶりに家へ来た彼女は、トンデモなお願いをしてくたのです。
単なるソレでなく、元気な状態というのがポイント。
まー、あの年齢の女の子が言うことではないわねー。
普段の「明乃さん」がまたカタイ喋り口調だったので、よりイイ感じ(笑)
だんだんノリノリになってくる彼女が素敵でした。
どーでもいいけど、下着は脱がさないのね。

077:「せくしゃるパニッシュメント!」
収録ヒロインで最も年齢高いのではないかなぁ。
家に居候することとなった叔母「涼子」さんとのお話。
成年漫画での独りえっちは目撃されるのがお約束です。
しかし、これはまたいい場面に出くわしたものですね。
こうしたイベントがなければ、なかなかそれ以上に発展しないでしょうから。
「ヤらせて」・「ヤラレル」の違いはあっても、いいことですわ。
あの後がまた色々と期待できそうね。

093:「緋薔薇にくちづけを」
後輩「座間」さんに呼び出された部長。
いきなり後頭部を殴られ、拘束されてしまったのでした。
ツインテールな彼女に色々されてしまう流れ。
人によっては、逆に至福の時間でしょう(笑)
漫画のネタとしてもそんなん。
後半の受け手になった「座間さん」がまたキュートなので必見。
カバー裏に続編もあるので、より楽しめると思います。
個人的には冒頭のパンチラが好き。

113:「隣に陽だまり」
社会人「新見」くんと、女子大生「佐倉」さんというお隣同士の2人。
まだ付き合っていない2人でしたが、「佐倉さん」は彼を部屋に招き、手料理まで振舞っており。
好意あって当然。
また、勘違いする「佐倉さん」が可笑しい
そのどちらも、間接的に告白してるようなもんですわね。
途中からはお風呂えっちに発展しております。

129:「気ままなフリーガール」
マンションの住人「天井みなも」との管理人のカップル。
こちらの「みなもちゃん」は、カバー裏で右下にいるピンク髪の娘さん。
着ているパーカーのフードをかぶっている様が実に可愛い。
気ままな、というタイトルそのまま、猫のような感じですね。
えっちへの流れもそんなん。
ため、彼がああしたプレイをしたくなるのも納得。
いいなぁ。
ちょっと本気で羨ましいですよ。

147:「Love Me Tender」
ダイエットをしていた「大浦りえ」さんのお話。
本編で「神宮司」くんも言っていましたが。
「りえさん」はそのくらいが可愛いと思いますよ。
バストと太ももの曲線具合はなかなか凶悪
1コマだけですが、スクール水着の絵がありましたけれど…あれはヤバい(笑)
漫画でのスパッツも良かったです。
ただ、脱がすのがちょっと早いよー。

163:「風を待つコスモス」
喫茶店を経営する従兄「良」が好きで、店を手伝う「凛」
小さい頃に結婚の約束をしていた彼女でしたが、彼としては家族という感覚で。
約束についても、すっかり忘れていたのでした。
ツインテールが可愛い「凛ちゃん」
スタイルについてどうのこうの言ってましたが、あのくらいスリムな方が合ってると思いますよ
既成事実を作るべく、初めてなのに頑張る「凛ちゃん」が素敵。
オチはあーした落ち着いたものでしたが、2人の別シチュエーションとか見てみたいです。
折り返し前後は「凛ちゃん」でいいのかな。

天井みなも、大浦りえ
※左:天井みなも、右:大浦りえ

179:「スタンド・バイミー」
幼馴染み「相太」を相手に、告白の練習をする「恵利」
男性が苦手な彼女に好きな人ができたと聞き、サポートをしていたんですが…とそんな導入。
ちょっとびっくり、「相太くん」はなかなか強引でしたねー。
よく漫画・映画などでもありますけど、幼馴染みの可愛い娘にあんなん言われ続けてたら好きになって当然。
「恵利ちゃん」も気付きなさいよ。

197:「星空の下の距離」
天文部の先輩と「黒川」さん。
酒の飲み過ぎで、天体観測中に倒れた彼を1人看病していたのでした。
本編でも言ってましたが。
まぁ、単独で残っている時点で好意はあるだろうからなぁ。
どうぞ、何度でも
というコマの「黒川さん」が実にキュート。
アルコールの助けもあり、えっちシーンではなかなか積極的なんですが。
素に戻った際の彼女がまた可愛かったです。

 【 その他 】

そんなこんなで「Hamao」センセでした。
こちらが初単行本だって。
うはー。
こないだも書きましたが、漫画の未来は神々しいくらいに明るいですね。
凄いなぁ。
三国志の呉みたい。
お話それぞれ全然良いものの、次は代表作となるような連続話が見たいです。

スイーツスウェット (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)スイーツスウェット (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2013/02/01)
Hamao

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール ポニーテール ショートカット パンチラ スクール水着

■にくまん娘 (わらしべ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、近親、学校、お尻
・構成 : カラー(4P)、短編×13(うち「僕の妹さま」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラーリンク絵、
      たぶん描き下ろし「おまけまんが」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「わらしべ(WARASHIBE)」センセの「にくまん娘」です。

妹「黒香」、三葉環
※左:妹「黒香」、右:三葉環

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
巻末の漫画(たぶん描き下ろし)はそのうちの続きになってました。
また、同キャラが出演している話もあります。
こんなん好き。
学園モノ多いので、もっとあって良かったかも。
お話のジャンルとしてはラブコメ
妹とか姉とか近親が多く、可愛らしいヒロインが揃っています。
だいたい即えっちで、後述しますが濃いめの描写がポイントでした。

太めな線の濃い絵が特徴。
色づきはしっかりしていて、黒も強め。
とかく派手な漫画の描き方で、しばしば枠間がなくなるほどにごっちゃりとしており。
画面はかなりの濃厚さがありました。
また、細かく局部を描かれているのが最大の特徴。
ヒロインのスタイルはむちむちで、デフォルメもされていて。
そうした作風とかキャラ絵がため、よりコテコテっとした雰囲気なんですね。
かなり癖のあるタイプなので、判断は慎重に。
カラーでも変化はないので、↓表紙・裏表紙で判断下さい。

 【 収録話 】 12話収録

005:「にくまん娘♪」 カラー原稿
冒頭が表題漫画で、カラー原稿のショート。
コンビニバイトなお姉さんとの即えっちもの。
タイトルの意味がなんでこんなんか、本編にて分かるようになってます。
注文するのが恥ずかしいですね。

009:「僕の妹さま」
205:「さわってこらえて」
まず「僕の妹さま」は、兄をオモチャ代わりにしている、妹「黒香」さんとの近親話。
↓表紙の娘さんです。
すっかり主導権を握られていた彼女に、逆襲する展開。
彼女の黒セーラー服がいいですね。
たぶん描き下ろしの「おまけまんが」は、彼女の寝込みを襲うもの。
なお、↓表紙ではドレスでしたが、どちらもそんなんではありません。
巻末の「さわってこらえて」は、痴漢対策で体に護衛術が染みついてる「美鈴」さんとのえっち。
なにげに「黒香さん」がゲスト出演していました。
その提案を受け、自らを拘束した状態でえっちしてもらうというもの。
やはり黒セーラーで、彼女はポニーテールがキュートです。

生徒会長「橘由真」、美鈴さん
※左:生徒会長「橘由真」、右:美鈴さん

029:「つゆだく!」
こちらも妹「螢」ちゃんとのお話。
妹然としたキャラで、お兄ちゃんがやや酔っぱらってるのが前話と違うところ。
また、えっちはこちらが初めてのこと。
可愛らしいですね。
諸条件が重なっての展開なため、お兄ちゃんは複雑そうでしたが…もう止まらんだろうなぁ。

049:「ぷらくてぃす」
初えっちを失敗したという先輩の彼女「佳澄」ちゃん。
自分の魅力が原因だと考えた彼女は、練習のためオモチャを仕込んでいたところ。
その変な様子に気付いた「宮本」は声を掛けたのでした。
ふにゃふにゃになっている彼女に、どさくさ紛れのえっち仕掛けるもの。
猫耳かと思いましたが、単に髪型でしたね。
寝取る展開なのでそう後味悪くないものの、収録ではブラック気味

069:「○○○は剣よりも強し!?」
武士を目指す「三葉環」さん。
秘伝を授けてもらうため、3日間のうちで師範から一本取ることとなったのでした。
無防備だろうと風呂場を狙ったところ、逆襲されてしまったのです。
冒頭で「環さん」を全裸(いちおうふんどしだけは着用)にしてるのが好き。
見たところ、彼女は結構えっちな目にあってそうなんですが。
なかなかノリ良く、そう抵抗してないっぽいのがいいですね。

089:「押入れの穴彼女」
アパートの隣に住む年上の「由美子」さん。
ボロアパートで壁に穴が開いており、AVを見始めるとそこから侵入してくるのでした。
手伝ってくれるという、ある意味ありがたく、ある意味邪魔な存在(笑)
そう言う時は…1人のがいいかな。どうかな。
お話は穴向こうに戻りかけたお尻に仕掛けるというもの。
ちらほら見かけますが、こうしたプレイ好き。
しかも、彼女が携帯で話している最中であるのがポイントです。

109:「ばらんすぼぉる」
タイトルそのまま下着姿でバランスボールをする姉。
それを手伝いつつ、えっち仕掛けるという流れ。
ゆるゆるとした可愛らしいお姉さんでした。
オチのアレは…運動にはならないでしょうねー。

129:「生徒会はつらいよ」
学園のアイドルという生徒会長「橘由真」
生徒会は彼女と会計「松本司」の2人きり。
天才・優秀なため、彼女だけでも問題ないと言われていたものの、実は2人きりだとだらけきってしまうのでした。
「司くん」の役割は”彼女にやる気を促すべく、えっちの相手をする”というもの。
まぁ、ラブラブですわね。
彼は役得だなぁ。
この漫画のポイントは、実際に彼女が優秀であるということ。
他にも色々シチュエーションが想像できそうです。

147:「犬ちっくラバー」
小型犬のように、あとをついてくる同級生「牧村みゆ」さんとのえっち。
2人きりだと激しいスキンシップを求めて来るということで。
じわじわ付いてくるのが可笑しいです。
小さくて可愛いですね。
彼はだいぶ好かれてましたけど、あれは確かに男前ですよ。

牧村みゆ
※牧村みゆ

167:「姉・穴・あなる♪」
タイトルそのままのお尻えっち。
そっち趣味な弟「幸弘」を更生すべく、それが気持ちいいかお姉ちゃんが試してみるという展開。
2週間でお姉ちゃんを調教してるみたい。
中盤の展開はいかにも成年漫画ですが…実際のところどうなんでしょうね。
私はよく分かりませんが。

185:「とりっくおあとりーと」
ハロウィンで玄関をあけると、ほぼ全裸の女性が立っていたのでした。
ちらほら漫画ではネタになってますが。
…ハロウィンはどうにも馴染み薄いなぁ。
えっち展開にはし易い題材かもしれませんけどね。
実はファンタジーネタですが。

        
 【 その他 】

以上、「わらしべ」センセでした。
こちらで5冊目の単行本。
ブログでは「エロちっくオトメちっく」、「肉欲穴ライズ」と紹介しております。
なんだか。
タイトルがだんだんエロくなっているような。
あとがきにて、センセ自身も
ひどいタイトルですね!
と書かれていましたよ。
まぁ、作風的にはピッタリだと思いますが。
次もぜひはっちゃけてほしいです。

にくまん娘 (TENMAコミックス)にくまん娘 (TENMAコミックス)
(2012/08/10)
わらしべ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ポニーテール ファンタジー

◆【DVD】 絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察

DVDとの出会いは一期一会…なのかな。
よく分かりませんが。
本日は「絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察」です。
まんがでなくてごめんなさい。

絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察 [DVD]絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察 [DVD]
(2012/09/19)
野中あんり、木村つな 他

商品詳細を見る


もう、タイトルが素敵ですよね。
基本的には、ネットで流れている映像そのまま。
検索すれば、ごく簡単にぱちーっと引っ掛かるでしょう。

こちらに収録されているのは、なんらか拾う、階段のぼる、窓ふき、自転車乗る…という4つ。
同時発売されたもう1つ「絶対にふらつかない吊り革の掴み方の研究と考察」はどれもシチュエーション弱く(パンチラ弱く)、わざわざ買うならば当然こちらでしょう。
”手を繋ぐ”なんて考察どーでもいいし

担当しているのは、「野中あんり」さん、「木村つな」さんの2人。
自転車(跨ぎ方)のみ「つなさん」ですね。
どちらもAVの方ですが、特にいかにもなサービスカットはありません。
だいたい、オープニング→実践→考察・結論→一言という流れの連続になってます。
細々とキッチリ確認した訳ではないですが、ネットの映像から変化はないと思います。
そっちで満足できるなら、特に買う必要ないかと。

DVD版での大きな変化は、別音声と特典映像
うち、別音声は声優「斎藤千和」さんの声で解説が加えられるというもの。
冷静な口調で淡々と、”どうやるかの説明”が入ってます。
動きが複雑(?)なのとか、解説してくれたのが分かり易い気もします。
というか、お遊び・雑談なく、普通に淡々と解説するだけなので…普通バージョンとそう変化はなく。
同じ感覚で映像が楽しめる半面、購入の動機となるにはやや弱いかも。
せっかくなので、某口調っぽく、冷静なツッコミとか入れてくるパターンも欲しかったなー。

映像の追加は「絶対に下着がみえない着替え方の研究と考察」で、より直接的。
担当「北川瞳」さんが制服から体操服(残念ながらジャージ)に着替えております。
映像は8パターンで、それぞれの時間はけっこう長め。
期待通りに楽しめると思います
ただ、個人的には…「あんりさん」のが良かった、巧かったので、その点でイマイチでした。

そちらとか、その他の研究・考察を見ると、なるほど「あんりさん」は喋りとか表情が実にお上手。
ふんわりとしていて可愛く、色気もありました。
先の”着替え方”はブラがちらほら見えるのがポイントなので…。
まぁ、「あんりさん」ではバスト不足なのかなぁ。
…ごめんなさい。


絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察 [DVD]絶対に下着がみえない拾い方の研究と考察 [DVD]
(2012/09/19)
野中あんり、木村つな 他

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 画像・動画
ジャンル : サブカル

tag : パンチラ

■僕の専用女教師 (東西)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 教師、年上
・構成 : カラー(8P)、短編×7(うち「僕の専用女教師」×4)
・おまけ: カバー裏にリンク別絵、合間に作品解説・イラスト、
      4コマ「ぼくせん!」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東西(とうざい)」センセの「僕の専用女教師(ぼくのせんせい)」です。

栗山先生
※栗山先生

 【 構成・絵柄 】

タイトルそのまま、ほぼ女教師モノで揃えられた単行本。
メインの中編はWヒロインのストーリーもの。
とろとろえっちなお話でしたよ
本編後にあった4コマも非常に良かったです。
そちらの2人も正反対でしたが、収録ヒロインは皆さん個性的。
短編ではお得意な近親モノもあったので、お好きな方はご期待下さい。
そちらの妹さんが唯一の年下ですかね。
可愛く描かれてました。

絵柄は相変わらず、丁寧で繊細。
描き込み・濃淡も丁度良いくらいでした。
コマへの収まりは良く、ページはごっちゃりとしておらず。
原稿は見易い仕上がりです。
大コマもポイントとなっていて、迫力もありました。
適度にリアルっぽさを残しつつ、漫画っぽい可愛らしさもある人物絵。
前述したように、年上・年下どちらもお上手です。
一部は違う方もおりましたが、地味ながらも色気のあるヒロイン画ですね。
あちこちのバランス良く、表現などにも引っ掛かる部分はありません。
判断については、「ティーアイネット」さんの単行本なので、裏表紙のカット絵が分かり易いです。

 【 収録話 】 7話収録

003:「僕の専用女教師」 全4話 カラー原稿あり
女教師「栗山」は、勤める学校に進学してきた「柿添」と再会。
彼は昔家庭教師をしていた先の生徒なんですが。
実は、彼の父親とは深い関係があり、成長した姿からその頃が思い出されてしまったのでした。
だいたいそんな感じ。

教師・生徒のえっちストーリー。
途中から若い実習生 「桃池梨果」さんが加わり、お話を盛り上げていました。
2人の甘い世界に、ちょっとした刺激が加わった印象ですね。
家庭教師時代の「栗山先生」も描かれるかなーと思ってましたが、登場数コマだけなのがちと残念
また外伝みたいに描いてほしいなぁ。

桃池先生、妹さん
※左:桃池先生、右:妹さん

1話目は入学式での再会。
式ということで、着飾った「栗山先生」がいい感じ。
額の広い美人ですね。
帰りに会ったのは偶然ですが、誘ったのは何か湧き上がるものがあったのでしょう。
一人称が「栗山先生」だからかもしれませんが、彼女のがより意識してる感じ。
…いや、同じくらいかな、どうかな。
先に手を出したのは「柿添くん」からでしたけど、いかにもなシチュエーションを提供してましたからねー。
彼もなかなか手慣れていましたよ。
続く舞台は学校で、初えっち後の2人です。
緊張感ある空気がドキドキしますね
前回とは違い、教師然とした地味目な服装がそれっぽい。
控えめなのが逆にキュートでした。
えっちな黒い下着でしたよー。

そんなわけで、関係がすっかり常習化しているのが2話目。
彼も大人しそうな容姿とは裏腹に、ドえろいプレイをしていましたよ。
まあね、相手が先生ならば、あーしたのはぜひともやってみたい、男の願望みたいなもの。
指摘されていたそのまま、座ったコマが素敵でした(笑)
そうした時に登場するのが、教育実習の「桃池先生」
髪がショートで若く、「栗山先生」とはまた全然違うタイプ。
男子のリアクションで、なるほど1人だけあーだと逆に気になるものでしょう。
彼女の性格もそんな雰囲気でしたもんね。
メインは彼女が言ってたプレイの再現。
放送室で頑張る「栗山先生」が良かったです。

3話目は遂に「桃池先生」が仕掛けてきます。
えろいなぁ。
進路指導室でのえっちで、彼女が主導。
かなりガツガツと迫っておりました。
正直なところ、ひでるさんは断然「栗山先生」派でして。
邪魔をしてくる彼女にはまるで刺さっていなかったんですが、お話後の4コマ「ぼくせん!」は彼女が主役で。
後日談なそちらではかなりはっちゃけており、それがため、キャラがはっきり見えた気がしました
三角関係の入り乱れる最終話。
あーした場面を前に、大人な対応をしてくれる「栗山先生」が素敵でした。
こーなって、驚く「桃池先生」が可笑しい。
それがためか、お話の結末をふんわりとしたものにしています。
良かったです。

135:「百瀬先輩はお悩み中」 カラー原稿あり
美人ながら男嫌いで有名な先輩「百瀬」さん。
ひょんな切っ掛けで知り合った「千々岩(ちぢいわ)」は、何かと気に欠けるようになったところ…というお話。
こちらはオフィスものですね。
センセのお話にしては、ややえっち展開が急ぎ過ぎ
もう少しページが欲しかったかな。
「百瀬さん」は可愛いんですけどねー。
途中でアップにしていた髪が解ける、最中に第三者が影響する、などえっちシーンもいい感じ。
ただ、彼女はパンツのが似合ってると思います。

159:「変身女教師春日先生」
実は収録で最もお気に入りなお話
昼間は大人しく真面目な教師「春日」
実は夜にイメクラでバイトしており、特に”女王様”のプレイは「なりきりコース」で一番人気でした。
そっちの仕事がためか、言われた職業に染まってしまう体質となっていた彼女。
補習を受けていた生徒「松方」のふとした一言がため、豹変してしまうのです。
タイトルに変身とあったそのまま、昼と夜ではまるで別人。
特に昼の教師での彼女は、本気で地味なおばちゃんという風情でした。
ありゃ、彼が冗談言いたくなるのも納得。
言われたそのまま、本気で女王様になってしまうのがこちらのポイント。
半分コメディーのようですね。
この続きとか別シチュエーションでの「春日先生」が見たいです。

春日先生
※春日先生

191:「思春期カルキュレーション」
ある日、妹の独りえっちを目撃してしまった兄。
それからというもの、彼女は両親が不在の時に決まってリビングで見せつけるようにソレをするようになっていたのでした。
センセお得意の近親ネタですね。
お兄ちゃんは…逆オカズなんですね(笑)
容姿は幼いんですが、真っ最中なためか妙な色っぽさがあり。
まー、耐えられる訳がないですわね。
来たァ、あっ
という部分が好き。
クライマックスの直接えっちでの会話がラブいです。

 【 その他 】

そんなこんなで「東西」センセでした。
こちらが3冊目。
ブログでは初単行本「Incest Taboo インセストタブー」、2冊目「人妻さんといっしょ」と紹介してます。
今回は女教師でしたね。
提案したのは編集さんのようでしたが、さすがによく分かってらっしゃる!
先の2冊とはまた違った魅力のある仕上がりでした。
もうちょっと女教師の別シチュエーションとかを見たいなぁ。

僕の専用女教師 (MUJIN COMICS)僕の専用女教師 (MUJIN COMICS)
(2013/02/01)
東西

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー

■ろりとぼくらの。 (クジラックス)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ロリ、ブラック
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、短編×10
     (うち「ろりともだち」×2、「学祭ぬけて」×2)
・おまけ: あとがき、合間にイラスト、カバー裏にボツ表紙&タイトル・キャラ表、
      描き下ろし「ろりともだち番外編 夏休みの少女達」、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「クジラックス」センセの「ろりとぼくらの。」です。

トイレの女の子、竹内ゆな
※左:トイレの女の子、右:竹内ゆな

 【 構成・絵柄 】

2エピソードほど連続話があるほかは、全て短編での構成。
そのうち、1話は描き下ろしにての連続となってます。
ジャンルは大人が小さい娘とえっちする、ロリ系。
そうした構図では、まさしく正当なそっち漫画なんですが。
お話といえば…可愛らしい絵柄とは裏腹のブラックなネタが満載。
それもやたら異常なプレイをするものではなく。
”事件を紐解いてみるとこんなんだった”
収録エピソードは、概ねそんな雰囲気のあるもの。
甘いラブコメを期待する方は、合わないと思います。
かと言って、結末は意外に読後感悪くないんですけどね。
何かしら消耗はしていると思いますが。

細線で作画で、原稿はけっこう賑やか。
大小かつ、ナナメ切りのコマ割りが特徴。
テキストも比較的多めな印象です。
描き込み・濃淡はだいたい適度なくらい。
その点で特に過不足はありませんでした。
前述したようにごっちゃりしており、黒も強めなのでややコッテリ気味です。
原稿時期が08年から12年とやや幅が広め。
それでも安定しており、そう各話に差は感じませんでした。
輪郭大きめで手足の華奢なロリバランスなキャラ絵柄。
そうした可愛らしいヒロインらが大人にガンガンされてしまう流れ。
絵柄よりも、そうしたプレイ的な癖のが目立つので。
そちらが許容できるかどうかでしょう。
だいたいの判断は↓表紙・裏表紙で問題ないと思います。

 【 収録話 】 10話収録

003:「がんばれ便所飯くん」
一時期話題になった便所飯を描いたお話。
こちらもそう明るい話ではないんですが、収録では数少ないハッピーエンドのものです。
ヒロインはファンタジーな存在なのでOKかな。
当初花子さんとかそういう系なのかと思いましたが。
ちらほら会話の端に正体がちらついてますね。
よくよく2周目で確認したところ、そもそも出現した場所からそんなんでしたよ。

小林のぞみ
※小林のぞみ

029:「らぶいずぶらいんど」
偶然、目の不自由な男性「坂本タケル」に会った「小林のぞみ」
テストの点が悪く落ち込んでいた彼女は自分自身が役立っていることに快感を覚え、自らを20歳と偽って彼と付き合うようになるのでした。
いちおうえっちはラブいもの。
ただ、オチはかなりブラックで、もの悲しいお話になってます。
世間を騒がすニュース記事のうち、あるいは…こうしたのもあるかもしれませんね。

055:「さよなら姦田先生」
どこぞの漫画のようなタイトルですね。
ロリ漫画家がリアルなものを描くため、ヒロイン「藤川咲」を参考資料にするというもの。
ただ、漫画家が現実にしちゃってどーするのよ!?という感じですよ。
途中の「はかどるかー!!」の部分が可笑しい。
オチはコメディーちっくなんですが。
お話は一直線にブラックで、真っ暗でした。

081:「JSえっち講座 女児ルーム編」 カラー原稿
「平山瑞花」ちゃんとのえっちショート。
カラー8ページの漫画になってます。
タイトルそのまま、モノローグなどで講座風になっているのがポイント。
実際に成功するかは疑問ですが、そう間違ってもないかなぁ。

089:「ろりともだち」
221:「ろりともだち番外編 夏休みの少女達」 描き下ろし
大学にて出会った同じ趣味の男2人が、ちょっとした事柄から次々に行為をエスカレートさせていくというもの。
タイトルは可愛らしいですが、収録で最大クラスの問題作
分かっていると思いますけど、実際にやらないように
あくまでも漫画ですよ。
主人公らは女の子を襲うべく、日本中を車で旅することとなるのですが。
出会うべきではなかった2人ですね。
単独なら…違っただろうなぁ。
じわじわ慣れてしまうあたりが、辺にリアルで実に怖いお話。
現実に事件として見るのも、あるいはこんな感じではなかろうか。
2人でしみじみ語り合うという、ラスト5ページが秀逸。
なお、描き下ろしはそれぞれヒロイン11名の本編ちょっと前の風景です。
うち唯一の非処女であった「亜理紗ちゃん」のみ3ページほどを割いてえっちシーンが描かれてました。

127:「学祭ぬけて」
155:「学祭ぬけて番外編 ニコニコ♪ゆなちゃん」
漫研の3名は学園祭にて出会った「竹内ゆな」とお友達になるのでした。
先ほどのお話同様、問題はあるんですが。
こちらの場合は、お互い抱えていた悩みが解決していることもあり、遥かに読み易い仕上がりです。
後半に言っていたことは本当だろうし、漫研の彼らも、努力した結果ではあるようだし。
まぁ、成年漫画なので、えっちはガッツリしちゃってるんですけどね。
冒頭などで示されていましたが、軽くない事情があるらしい「ゆなちゃん」が前向きになれるのならば…。
変な気休めの言葉より、ぜんぜん効果的なのかも。

165:「ロリ裁判と賢者の石」
強制わいせつの裁判にて、被害者「一之瀬みゆ」が事件そのものを再現されるというもの。
あまり他では見られないアプローチのお話。
裁判の流れから判決後まで、現実的ではないんですが。
描写を極端なものとしているだけで、被害者側はああしたものでしょう。
特に裁判途中の”証拠提出”の部分がエグい。
さっきの話もそうですが、この単行本大丈夫ですかね

一之瀬みゆ、木村真奈
※左:一之瀬みゆ、右:木村真奈

201:「まなでし!」
こちらだけ原稿時期が08年と古め。
公園で原稿を描いていた漫画家志望の男に、「木村真奈」が弟子入りするという切っ掛け。
これまたお互いがお互いの支えになっているという、いいお話。
無理矢理ではなく、えっちもラブいものです。
「真奈ちゃん」は眼鏡でみつ編みの可愛らしい娘でしたが、えっち途中では外して解くので、注目。

 【 その他 】

以上、「クジラックス」センセでした。
今回が初単行本とのこと。
”デビューから約4年~”と後書きに書かれていました。
そう、遅いってほどでもないのでは。
ただ、よくこうしたお話を思いつくなぁ…と。
かなりパンチの強いものなので、注意
ひでるさんは読んだ後に、どかーっとした疲労感がありました。
完成度は高いと思いますが、ちと合わなかったです。


ろりとぼくらの。


 ろりとぼくらの。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー コメディー

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ