FC2ブログ

■恋色フラグメント (六壱)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、複数
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、短編×10話収録(うち「とら☆ぱら」×3)
・おまけ: あとがき、合間に作品解説、
      カバー裏に「はいぱぁ☆しすこん ぜろ!」・「はいぱぁ☆しすこん」イラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「六壱(ろくいち)」センセの「恋色フラグメント」です。

天子さん
※天子さん

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編。
3話ほどの連続話はWヒロインもので、成年漫画お約束な構成でした。
ほか、カバー裏には前日譚というか幼少期頃の漫画が描かれた短編、さらには別ヒロインがゲスト出演している漫画もあります。
だいたい漫画はラブコメ調
一部にえろい女性の漫画があり、そちらはやや趣異なるもの。
そうハードでなく、またブラックでもないので、見辛さは感じないと思いますが。
可愛いものばかりではなかったので、要注意。
貧乳もおりますが、おおむね巨乳揃いなのでおっぱい系な方にも良いかと。

ふんわりとした柔らか曲線での作画です。
デジタルな色彩で淡い灰色。
そうテカテカもしておらず、全体の色づきはシッカリ目。
コマ割りは中小で枠間なくなること多く。
はみ出し・ぶち抜きも頻繁で、かなり賑やかな仕上がりです。
擬音とか漫符でコテコテとしていました。
勢いに優れる半面、丁寧さはやや弱く。
引き絵やバランス面で気になる個所があります。
全体の安定感は極端でないもののそれなり
良くも悪くも絵に個性あるタイプなため、好き嫌いがはっきり分かれるでしょう。
やや違いますが↓表紙の判断で良いと思います。

 【 収録話 】 10話収録

003:「ぱい/すら」 カラー原稿
カラー原稿8ページの冒頭話。
こちらがデビュー作とのことでした。
いきなり彩色原稿だったんですかね。
他に本編あるのかなーって思いましたが、お話としてはこちらだけ。
巨乳な眼鏡女子「千羽」ちゃんとのエピソード。
タイトルそのまま彼女に荷物持たせて、いわゆる“パイスラ”を楽しんでおりました。
そのサイズがため、「考」くんの吹き出しが隠されてる配置が可笑しい。
おっぱい大きいですからねー。
いかにもいぢめたくなるような娘で、後半はトイレえっちに発展してました。
わざわざシャツ着せたまま(ノーブラです)、鞄背負わせたまま、というのがエロい。
ただ、オチはもう少しソフトな方が彼女らしいかと思いました。

011:「とら☆ぱら」 3話
兄のアパートで時間を潰していた妹「小鞠」とその親友「ミナ」
しかし、「ミナ」は熟睡してしまい。
彼女が寝起き悪いこともあって、そのままにしてきたところ。
事情を知らぬ兄が帰宅したのでした。
家に帰ると、いきなり見知らぬ女の子が寝ている、というシチュエーション。
あの場面では可能性高いだろう妹「小鞠ちゃん」に連絡取るべきかなー。
まぁ、何はともあれ股間出しちゃーダメよ。
起きぬけでぶっかけられてた「ミナちゃん」がエロい娘だったため、あっさり許されてえっち発展。
とりあえず漫画は彼女主導でしたが…その後の詳細は3話まで持ち越しです。

「ミナ」の嘘報告に引っ掛かった「小鞠」は早速兄のもとへ向かうのでした。
2話目は翌日の風景です。
「ミナちゃん」と違って貧乳・ツインテールな「小鞠ちゃん」
今まで何事もなかったものの成年漫画的な感情あり。
先の嘘を鵜呑みにしたこともあって、リミッターを外してしまうのでした。
ただ、兄に向って「オクテでオタク」、「ヘタレ」とかなんとか、言いたい放題でしたがね。
こちらでも「小鞠ちゃん」のが積極的なんですが、ラブラブで先とはまた違ったえっち具合になっています。

そんなこんなで最終3話。
無論複数えっちで、親友とか言ってた「ミナちゃん」とのえっち対決みたいになってます。
遠慮やめたこともあって、「小鞠ちゃん」の強い独占欲が見えました。
漫画のメインは、ひと段落した後の、「もう1回ッ!!」から。
1話オチ部分の「ミナちゃん」がどんなんだったか、分かるようになってます。

「ミナ」と妹「小鞠」、妻「和栗さん」
※左:「ミナ」と妹「小鞠」、右:妻「和栗さん」

075:「あまこちけっと」
101:「制服系おまヨメ」
こちら2話はほぼ別エピソードですが、「あまこちけっと」の前半にヒロイン「和栗」さんらがゲスト出演していました。
同世界なんですね。
しかも、後日談となっているのは大きなポイント。
順序としては収録順で逆なんですが、楽しい仕様ですね。

前者「あまこちけっと」は花やの店員「天子(あまこ)」さんのお話。
誰にも優しく美人なお姉さん的存在、「天子さん」
”なんでも1つだけお願い叶えてあげる”
そんな「あまこチケット」なるものを皆に配布していたのでした。
共に働く「恵太」は彼女に憧れをいだいていたんですが…というもの。
冒頭はいかにも美人なお姉さんという風情で、彼がそうした感情になるのも当然。
ただ、チケットは男性らにも配られており。
前半終わりくらいから、その裏の顔が描かれておりました。
羞恥に複数などのほか、”いつでもどこでも”みたいな回数制限なしのお願いでも良いらしく。
オチの「恵太くん」の年相応なお願いとの差になっておりました。
実情知ったら、発狂してしまうのでは??

後者「制服系おまヨメ」は先に触れた「和栗さん」のエピソード。
小さく可愛らしい新婚さん女性。
昔の制服を発見した「和栗さん」はそれを着て、旦那「宗」くんを出迎えるのでした。
サイズ的にはほぼ問題なさそうなところ、バストだけきついというのがポイント。
ほか成長しなかったんですね(笑)
ロリ巨乳で人妻な「和栗さん」でした。
最近忙しかった、という彼にも刺さったようで、目出度くえっち発展していました。
まぁ、新婚さんなんでいいんじゃないでしょうか。
ラブラブえっちで、プレイを見せつけられ。
まさに、もう好きにしてください~みたいな感じでしたよ。

123:「お姉ちゃんの放課後じょーそー教育」
男子ながら可愛らしい顔立ちで、女性からの人気高い「十波集(となみ・あつむ)」
女子と親しげに喋っていた彼を目撃した姉「カオリ」
お仕置きが必要、と溺愛している彼にとある指示を出して呼び出すのでした。
お姉ちゃん「カオリさん」は眼鏡美人で、彼の通う学校の教師。
宿直室でのプレイになってます。
”とある指示”というのは、女装させること。
漫画なのでポニーテールのウィッグも抜群に似合っており、見た目としては女子同士のプレイみたい。
なお、ちゃっかり折り返し部分でカラーに描かれたりしていました。

147:「アレみたいなことシてみたい!!」
親が出掛けていて、独りプレイの真っ最中だった「伝」
ご飯作りに来た幼馴染み「阿澄」と鉢合わせしてしまうのでした。
まぁ、成年漫画の単独行為は見られるのがセオリーですからねー。
ただ、2人の関係を発展させるには最適なタイミングだったらしく。
興味津々だった「阿澄ちゃん」がグイグイと迫ってくる流れです
まぁ、お互い恥ずかしいついでで、一線越えるのはいいんじゃないでしょうか
始めて男性自身を見た彼女のリアクションが可愛い。
お父さんのとか見てないんかな。
結構な巨乳さんで、えっちについても彼女からのお誘いでした。
いかにも幼馴染み然とした可愛らしい娘で、オチ以降もちょっと見てみたいですね。

167:「はいぱぁ☆しすこん」
大会連覇がかかる空手部のエース「森藤竜吾」
そんな彼がいまだに勝てないのは、姉「奏」だったのです。
まぁ、漫画ですわね。
ポニーテールな姉「奏さん」は143cmと小さいながらも巨乳さん。
可愛らしい容姿な割に、どこかで見たような必殺技を数々習得しており。
幼少期より弟「竜吾」くんをボコボコにしていたのでした。
その頃の風景がカバー裏に。
どんな姉弟だ。
いつものように反撃され、落ち込む彼に”なんでもお願い聞いてあげる”と言ってしまったのが切っ掛け。
名字も同じだったし、彼女は実姉だと思うんですが。
何の躊躇もなく、スクール水着着せるところがヤバい。
なくしたと思ってた小学校のスクール水着!!
とのことで、結構昔から邪な欲望があったようでした。
それは「奏さん」も同様らしく、近親ながらあっさりとしたえっち発展です。
水着が小さく、バストはまったく収まっていませんでしたよ。
オチはあんな感じでしたが、カバー裏で実現しています。

姉「奏さん」、大間名はゆる
※左:姉「奏さん」、右:大間名はゆる

191:「はゆるちゃんのおじさんはんとだいあり~」
公園で休憩していた営業マン2名。
猫と戯れていた女の子「大間名はゆる」に、ふと声を掛けられたところ…と、そんな導入部。
いきなりのスプレーで昏倒させられた男性2人が目覚めた際には、ホテル内で全裸で縛られていたのでした。
女子1名でどうした、とか思いましたが、
はゆるはここの超オトクイサマだから電話一本で~
なんて台詞もあり。
おそらく、支配下な男性は大勢いるんだろうなぁ。
ロリっとした容姿な割にエロく、Sちっくで、しかもかなりのタフさを見せていました。
悪い娘で見ていておしおきしてあげたいですが…どうにも底知れぬ感じがするので、生半可な事すると反撃喰らいそうで怖い。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「六壱」センセでした。
あとがきによると、こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
ふわっとした柔らかな線がポイントだと思います。
カラーながら↓表紙もその画風が発揮されていて。
店頭でも、ぱっと目に入りました。
パステルな色彩が当たりだったかな。
スタンダードな構成ながら連続話良かったので。
次の単行本も期待してます。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール ポニーテール スクール水着

■魔法人妻マナミ (LINDA)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] 魔法少女、人妻、コメディー
・構成 : 9話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「LINDA(りんだ)」センセの「魔法人妻マナミ」です。

変身前「真奈美さん」
※変身前「真奈美さん」

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編漫画。
前半はオムニバスっぽくエピソードが続き、コメディーちっくでしたが。
中盤3話にて趣きが変化してからは、ストーリー漫画のようになっています。
コメディー色は完全になくなった訳でないものの、前半よりだいぶ真面目(?)な描かれ方になっています。
最大の売りは魔法少女姿の人妻ヒロイン。
リアルさあるセンセの絵柄なので、期待されるだろうエロス感はたっぷり
パンチラ程度であれば頻繁。
また一般系ながらいちおう直接行為も描かれていて、中盤あたりまでは巧妙に隠されていたバストトップも普通に描かれるようになっています。
いいですね
ただ、変な話ですが前半1、2話より魔法少女っぽさは薄くなったかもしれません。
なんというか、戦隊ヒロインみたいな印象でした。
…あ、最近の魔法少女はバトルから、こんなんでいいのかな。

柔らかな細線での作画。
描き込みは細かめ。
濃い目な濃淡で黒が強く、画面はどっしりと重い印象です。
コマ割りは細かく、枠間はあってもかなり細い程度。
こってりとした原稿具合となっていました
コメディーに崩れたりもしていましたが、人物絵はリアルさあり。
背景や小物もそれに合った、しっかりとした作画です。
派手目かつ濃厚な癖強いものなので、人は選ぶと思います。
判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

旦那「まさお」の給与が30%カットになってピンチな大崎家。
息子「公介」もおり、ちょっとでも家計を助けるべく妻「真奈美(マナミ)」はパートとして働くのですが。
もともと魔法少女として世界を守ってきた彼女には些細な悪も見逃すことができず。
結果、失敗ばかりしていました。
そんな頃、学生時代の元カレ「松村」と再会。
良いムードになるのですが…そこには恐ろしい陰謀が隠されていたのでした。
大雑把にはだいたいそんな感じ。

いわゆる魔法少女モノの派生ネタです。
もしも魔法少女が”少女”ではなく、色気満々の人妻だったら…という漫画。
成年漫画での短編も含め、こうしたの他にもちらほら見かけるようになりましたねー。
奥さまは魔法少女」あたりからかな。
ヒロイン「真奈美さん」は仲間らと共に世界を救った魔法少女。
ご近所の問題へ介入するようなんでなく、バトルものなのです。
そのため、中盤からは悪の組織が姿を見せ。
冒頭話からは想像できない、意外な展開となっていました。
他の仲間とか、あるいはよくあるライバル魔法少女とか出てくれば、また違った展開にもできたかもしれませんね。

若い頃の「マジカル・マナミン」
※若い頃の「マジカル・マナミン」

この世の悪と闘う魔法少女。
見ていると、人の危機だけでなく不貞行為なども察し、自動変身してしまうのでした。
「帰ってきたウルトラマン」方式ですね。
(微妙に違うところもあるけれど)
通常のそんなんでは、変身前後は同一人物とは認識されないものだと思いますが。
こちらの場合は「真奈美さん」だと気付かれ、恥ずかしい恰好だけでなく”魔法少女”と名乗るのが図々しいみたいに描かれていました。
特に1、2話ですね。
てっきり、最後までそうした雰囲気で進むのかと思いましたが。

そんな訳で、コメディー色の強い1、2話。
スーパー、そしてファミレスで働く「真奈美さん」です。
同僚の若い女子がえっちな事をしかかり、それを察して魔法少女「マジカル・マナミン」に変身してしまう流れ。
若い娘さんらの素なリアクションが楽しい。
一方、男性らがあーなるのは魔法の影響か、はたまた別のなんらか要素によるものか。
まぁ、それぞれ性癖はあるでしょうけれど、基本的に皆さんそう嫌いではないと思います。
エロくていいよね(笑)

どちらもクビになった「真奈美さん」がパチンコ店で働く3話目。
だんだん働く店が真っ当でなくなっていく印象だったので、てっきりそのうち風俗にでもなるのかと思っていましたが。
こちらは趣が変化する、切っ掛けとなった1話です。
若い頃の「真奈美さん」の活躍も差し込まれていました。
どーでもいいですが、当時からエロいですね、彼女。
前回までの流れでストレスをため込んでいたらしく、客のセクハラに切れてしまうのでした。
わはは。
結構な危機展開なのですが。
自らが言い出した事が切っ掛けであるためか、自動変身はしないんですね。

続く4、5話目は学生時代の元カレ「松村」くんとのエピソード。
不倫危機って感じです。
人妻モノがお好きな方には最も刺さるだろうくだりですわね。
サッパリとしたなかなか格好良い男性。
(なお、旦那「まさお」はここまで台詞だけの登場で、姿を見せていないままです)
いままでギャグっぽい扱いだった魔法少女コスチュームにも引くことなく、いい雰囲気になっていました。
ここのオチは新キャラ登場で、意外な展開です。

魔法少女「マジカル・マナミン」
※魔法少女「マジカル・マナミン」

6話からが最終章。
まず、いままでほとんど顔すら見せていなかった「まさおくん」の意外な過去・正体が明らかになります。
なるほど。
冒頭話にあった「夜もめっきりダメだし…」というのは、ああした理由もあるのかな。
悪の組織のトップ「エクスタス」はまだいいとして、直属の部下の名前が見るたびに可笑しい。
7話目では再び元カレ「松村くん」登場。
あっさり誘いに乗ってる「真奈美さん」が悲しい。
そうした油断もあってか、大変なこととなってしまうのでした。
8、9話はお話・えっち面どちらもクライマックスに相応しいもの。
はっちゃけた所もありましたが、巧くラストに繋がったと思います。
果たして「真奈美さん」がどうなってしまうのか、ご期待ください。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「LINDA」センセでした。
こちらのブログでは「セキララ彼女」、「ウラ女子。~新人女子マンガ編集者の場合~」などを紹介しています。
先日の「ウラ女子。」が良かったので、こちらもゲットしてきました。
…というか、ぶっちゃけ↓表紙に釣り上げられました。
いいよね、人妻な魔法少女
1、2話はコメディー調でやや違うかな、って思いましたが。
途中からストーリーっぽくなってきて良かったです。
他の魔法少女らは…どうしてるんでしょうね。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー パンチラ バストトップ

■乱乱♪おにくまつり (六角八十助)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、巨乳
・構成 : カラー(4P)、短編×12話(うち、「ふでおろしックス」×2、
      「おコタだらだら」×2、「イタズラすくすくノート」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にラフ絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「六角八十助(ろっかく・やそすけ)」センセの「乱乱♪おにくまつり」です。

ロリ先輩
※ロリ先輩

 【 構成・絵柄 】

収録は連続モノと短編。
2話ほどの連続は異なるシチュエーションでの漫画でした。
基本的にはコメディー色の強いラブコメ
だいたい女性陣のがえっちに貪欲で、特に↓表紙の2人は単行本を代表するような存在。
いちおう、そんなんばかりでないものの…キャラが強く目立つんですよね。
複数などはあったものの、ぱっと見と違って振り切れるようなプレイはなく。
お話にもブラックさはありません。
皆さん、意外にラブラブしており、読み易いものが揃っていました

さらりと柔らかな曲線でのさ作画。
色づきはしっかりしていて、濃淡はデジタルの色彩ながらやや強め。
描き込みはちょうど良いくらいだと思います。
コマ割りは細かく、はみ出し・ぶち抜きが頻繁。
枠間あるものの、コマ内に収まりきっていないため、原稿はかなり賑やか
キャラのスタイルもその要因でしょう。
その人物絵は、幅広い輪郭で横長な目にふっくらとした頬がポイント。
漫画らしい可愛さでした。
最大の特徴は、迫力あって濃厚なむちむちの肉付きです。
デフォルメあるもののバランスは崩れておらず、引き絵なども良好。
背景・小物には違和感なく。
表現やコマ配置なども安定してまとまっており、コレというマイナスは見当たりません
カラーでもそう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙。
あるいは紹介帯のカット絵がいいと思います。

 【 収録話 】 12話収録

005:「肉欲!ふでおろしックス」
025:「集合~!ふでおろしックス」
タイトルそのまま筆下ろし好きな女子「上田」・「松本」
経験ある男には見向きもしない彼女らでしたが、童貞な「箕輪」くんが声を掛けたところ。
速攻で体育用具室へと連れていかれたのでした。

1話目「肉欲!ふでおろしックス」のえっち相手は黒髪な「上田さん」
「箕輪くん」に余裕ないため、「松本さん」は今回お休み。
2人きりとなったので、恋人ちっくなプレイをしてくれていました。
オカズ用に、と彼のスマホで自らを撮影してくれてるのがまたエロい。
また、そんな彼女が後半では可愛らしいところを見せてくれていました
続く「集合~!ふでおろしックス」はふわふわ金髪の「松本さん」
筆下ろしをしてくれる上級生、は噂となっていたんですが。
「下條」くんが憬れていた「松本さん」こそ、噂の当人だったのでした。
彼の告白につきあった友人ら2人を巻き込んでのえっち展開。
さすが熟練者だけあって、見事に3名を相手にしていました。
なお、人数いるため途中から「上田さん」も参加してます。
純粋な彼がためか、オチは爽やかなものになってます。
良かったねぇ。

「松本」・「上田」、お嬢様「西園寺君枝」
※左:「松本」・「上田」、右:お嬢様「西園寺君枝」

049:「みんなのおくさん」
母子家庭でいままで免除されていた町内費の回収に奥様「小田」さんが回るというもの。
いきなり冒頭ページでおっぱい揉まれていて、なんだろうって思いましたが。
なるほど、お触りOKなんですね。
あらら、手伝いましょうか?
なんて発言もあり、ごくスムーズなえっち展開です。
センセのむちむち絵はこうした可愛い人妻にもピッタリですね。
後半では若い男子らとの複数プレイとなっていました。

065:「わたくしを召し上がりなさい!」
美術部の「高村正太」に一目惚れしたお嬢様「西園寺君枝」
しかし、”変人”と称される彼には拒否され続けていて。
万策尽きかけていた彼女は、色仕掛けをするのでした。
ドリル髪がいかにもお嬢様っぽい「君枝さん」
下着もそれっぽいデザインでした。
彼が手を出したのは、なんとない興味から。
ちょっとした羞恥プレイっぽくもなっていました。
オチを見る限り、なんのかんのこの後は巧くいきそうですね。
本気を見せたのがよかったのかな。

083:「おコタだらだら」
095:「オフィスむらむら」
就職活動中、記録的な大雪に遭ってしまい。
さらに道にも迷って、半ば遭難し掛けていたところ。
昔の同級生「理緒」に「青木」は助けられたのでした。
2人してコタツに入っていたところ、流れでえっちに至るというもの。
おっぱいが目立って大きく、また服めくって見せてくれていましたからね。
汗だくなコタツえっちです。
普段あまり表情変化ない「理緒さん」の最中の顔に注目。
無事就職できた「青木くん」
残業で帰れないと連絡を入れたところ…なぜか仕事終わりの「理緒さん」が差し入れと共に現れたのでした。
そんなんが2話目「オフィスむらむら」
守衛もいるオフィスに、あっさり入って来れてる「理緒さん」が凄い
(※ちなみに、彼女の仕事は工事現場での交通整理)
やはり汗だくで、透けたシャツを見ていたところ…というえっち発展。
いちおう照れている様がキュートでした。
前回と違ってラブラブな彼女を堪能ください。
しかし、仕事中ノーブラなんですね。

111:「ミルクおねえさんセット」
喫茶店ウェイトレスなお姉さんとのお話。
あちこち手を出していたお姉さん。
当人はすっかり忘れていたものの、客の男の子「ケイくん」にもアプローチしていて。
真面目に交際を考えていた彼の下心を見極め、えっち仕掛けるのでした。
まぁ、役者が違うって感じですね。
かなり露出大きい恰好で、エロさ満点
もっとお客来ても良さそう気もしますが…ああしてしばしばクローズになるためかな。
ぐるぐるな男の子が楽しい。

127:「ぷに×ぷに合戦」
ツインテールのロリっとした先輩に色々される、羨ましいお話。
察するところ、大学とかの映画部か何かでしょうか。
残念ながら、努力して撮った作品は選考から落ちてしまい。
後輩のアパートにて泣きじゃくるのでした。
可愛い容姿とは裏腹に男前な性格で、自分ではなく協力してくれたスタッフらの無念を嘆いていました。
喋りも独特ですね。
後輩男子との体格差も相当あったんですが…主導権はそのロリ先輩。
黒ストッキングが素敵です。
なにやらチラ見えしていた下着の面積がやたら小さいと思っていましたが…撮影で使用した水着だったようです。
(撮影してたのはエロ系か?)
えっち後の甘えた姿と、凛々しいオチのギャップがまた素敵
ぜひ他シチュエーションで見たいです。

143:「おもてなしっ!」
仕事に疲れて家に帰宅した「大樹」
本日は「ここな」温泉旅館開店です
とかなんとか、奥様が旅館女将となって出迎えてくれたのでした。
ずいぶんオモロイ方ですわね。
シチュエーションはそんな感じにはっちゃけているものの。
2人でのお風呂は初めてらしく、根負けした彼はエロいサービスをお願いするのです。
そんな訳でソープちっくなプレイ。
当人も楽しみつつ彼のストレスも解消されており、ラブラブで実に良い話。
いい奥様でした。

後輩「秋田チヨ」、「チカコ」
※左:後輩「秋田チヨ」、右:「チカコ」

159:「おにくはみはみ」
彼女「みのり」の後輩「秋田チヨ」と部屋で帰宅待ちをしていた「米沢盛夫」
”すごい食べる子”
そんな噂は聞いていたものの、「盛夫」の手に食いついてきたのでした。
タイトルはそんな「チヨちゃん」がため。
当たり前ですが完全に食べてはおらず、口に含んではみはみ・もぐもぐ…と、してるんですね。
口寂しいのかな。
ただ、わざとか天然か、最終的には彼の男性自身にまで手を伸ばしていて。
彼女自身も脱ぎだしたため、彼女いながらえっち発展していました。
先に食べてたのはわたしです!
とかなんとか、えっちに対する考え方も独特。
オチが楽しい。

001:「しりカツっ!」 カラー原稿
175:「イタズラすくすくノート」
夏休みで帰省していた「タツにい」の家へ遊びに来る「チカコ」
彼女の発育はすこぶる良く。
寝込みにおっぱい触られたことで、興味を持った「チカコ」は次の日も彼の家で寝たふりをするのでした。
あとがきにて、”にてるようでにてなーい”とか前話のヒロイン「チヨちゃん」と共に描かれていた、「チカコさん」のお話。
はい、ひでるさんも名前を確認しに戻ってます。
日焼け跡が実にキュートな「チカコさん」
彼女は言動がまた面白いですね。
ウソ寝もバレバレでしたが、当然か。
カラーの冒頭話「しりカツっ!」もこちらの2人。
彩色原稿の「チカコさん」は南国少女っぽくて魅力的です。
タイトル通りにお尻メインで、ぱちぱち叩かれてまた違った感覚に目覚める様をお楽しみください。

 【 その他 】

以上、本日は「六角八十助」センセでした。
こちらが2冊目の単行本。
ひでるさんは今回が初見となります。
手を取った切っ掛けは、あの↓表紙がため。
まぁー、ドエロいもので店頭でも目立っていましたよ。
(※裏表紙も含めて)
また本編もそんなんに負けないくらいの内容でした。
なんというか、”脱いでなくてもエロい絵柄”ですわね。
多少控えめなくらいがバランス取れそうな感じ。
そうした中、「ぷに×ぷに合戦」のロリ先輩は収録の他ヒロインらとはやや毛色が異なっていて、なんだか印象に残りました。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】





tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■ウラ女子。~新人女子マンガ編集者の場合~ (LINDA)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] 漫画業界、眼鏡、むちむち、コメディー
・構成 : 9話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「LINDA(りんだ)」センセの「ウラ女子。~新人女子マンガ編集者の場合~」です。

ヒロイン特集1:悩める新人編集者「橋本凜」
※ヒロイン特集1:悩める新人編集者「橋本凜」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
表題になってい「ウラ女子。」はシリーズとなっていて。
今回はそのうち4冊目となる単行本。
これで完結だそうです。
それぞれのエピソードは特に関連性ないようなので、他を読んでいなくても大丈夫(たぶん)
設定舞台がアイドル、モデル、キャバクラ…と続いてきており、今回は漫画業界。
漫画家たるセンセが良く知る世界ですね。
それがため、自らの世界をどのように描かれるのか、期待が高まります。
連続性のあるストーリー漫画。
相当なはっちゃけ感ありましたが、しっかりもしています
一般系ながら直接行為までキチンと描かれていて、当然ながら最大の売りはそちら。
ピンと来た方は、ぜひ手を伸ばしていただければ。

しっかりとした強い線での作画。
黒が強く、全体の色づきも濃いめ。
描き込みもしっかり。
中小がコマが重なり、入り乱れるようなコマ割りで。
ごく細な枠間でなくなることも頻繁。
そうした原稿構成と色彩がため、かなりコッテリとした仕上がりです。
付け加えると、むちむち肉付きの良いヒロインと、癖強い男性絵が、それに拍車をかけてる感じ。
単行本はいちおう一般系なんですが。
そのコテコテ感がため、より濃厚なエロス具合に錯覚するでしょう。
パンチ力ある、派手な漫画が堪能できます。
お好きな方は無論、そうでない方にもチャレンジする価値あると思います。
カラーでも変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 9話収録

「コミック ヤングストーム!」の新人編集者となった「橋本凜」
世界一のマンガを生み出す
そう考えていた彼女でしたが現実は厳しく、多忙な毎日に翻弄されておりました。
そんな彼女を見ていた編集長「江波」は、巨匠「真鍋城山(まなべ・じょうざん)」の担当編集に彼女を抜擢。
憧れていた漫画家に会えることに胸躍らせていた「凜」は、業界の現実を知るのでした。
大雑把にはそんな感じ。

えっち寄りではありますが。
熱血編集者漫画という雰囲気となっていました。
ヒロインが業界の色々な事に翻弄されつつも成長していく姿が描かれていました。
センセ自身もあとがきで述べられていましたけれど。
まぁ、実際にはこんなんないですよねー。
特に今の時代では。
なんというか、
”こんな感じではないの?”
…とかなんとか、その世界に居ない私らが妄想するような、ぶっ飛んだストーリーになっていました。
↑上の属性部分にコメディーと付与したのは、そんなんがため。
AVみたいな感覚で読むのがいいのではないかなぁ。

ヒロイン特集2:仕事を頑張る「凜ちゃん」
※ヒロイン特集2:仕事を頑張る「凜ちゃん」

導入の1話目は新人編集者「凜ちゃん」の現状。
学生時代の絵もあり、成長具合が見れます。
眼鏡ある方が似合ってるかな。(学生時代は裸眼)
スタイルもパンチある素晴らしいものとなってます。
可愛らしい彼女でしたが、それだけではなく。
セクハラしてきた漫画家「ペロキチ」に、キッチリ反撃するしたたかさも持ち合わせていました。
こうした要素が後の彼女に繋がるのだと思います。
メインは編集長「江波」のセクハラ。
こっちでもかーい(笑)
いちおう、ちょっと脅した程度の雰囲気でしたが、生乳揉みまくってたりして
普通ならば、訴えられて大変なこととなりそう。

巨匠漫画家「真鍋城山」が初登場する2話目。
イケメンで優しい最高の男子
とかなんとか、学生時代にその容姿を想像していた「凜ちゃん」にとっては酷な容姿の彼(笑)
”漫画家って生き物は才能ある奴ほど性格歪んでる”
”人間のクズほどおもしろい漫画描く”
そんな編集者らの発言が可笑しい
センセ、どこぞからクレーム言われそうね。
当然「真鍋」もそうした男で、「凜ちゃん」はその目前で服を脱ぐこととなってしまうのでした。
どうなる!?ってところで3話目。
うん、まあ…確かに、インスピレーションは…………ぱっと出るかも(笑)
「凜ちゃん」は他の小さな編集プロダクションから派遣されている設定で、その弱みもあり。
「真鍋」の担当を続けると決意するのでした。

”全てのネームが一人よがりだが、何とも言えない爆発力みたいなものを感じさせる”
編集長「江波」にそう言わせていた新人漫画家「牧村伸也」が正式にお話に絡んでくるのが4話目から。
このあたりから、新人・巨匠の対比が見られるようになります。
「凜ちゃん」大変ですね。
また、詳しい部分はいちおう伏せますが。
直接シーンが描かれるのもこちらからです。
あんな漫画家いるかいな
本気で怒られそう。
ちらほら顔を見せていた先輩編集者「赤坂」さんについてピックアップされるのが5話目。
「凜ちゃん」よりお姉さん然とした容姿で、デキル美人編集者という女性なんですが。
やっぱりなぁ…。
なお、期待された方、ご安心ください。
こちらの「赤坂さん」のえっちシーンもちゃんと描かれてましたよ。

「真鍋」・「牧村」が接触する6話目。
嫌な予感が…しますよね?
ね??
まだ女性経験のなかった彼でしたが。
そのアドバイスがため、良くも悪くも一皮剥けてしまうのでした。
悪い大人だなぁ。
ここが漫画でのひとポイントになっています。
また、そうしたのに囲まれている「凜ちゃん」がいい娘で。
彼の才能を引き出す切っ掛けとなってしまうのです。
いいなぁ。

ヒロイン特集3:エロスに流される「凜ちゃん」
※ヒロイン特集3:エロスに流される「凜ちゃん」

そんなこんなでの7、8話目。
すっかり変貌してしまった「牧村くん」に注目。
まぁ、あんなんが一度だけで終わる筈もなく。
すっかり成年漫画ちっくになってます。
ページも多く、エロス度が増していて
ここの2話好き。
また、「凜ちゃん」自身も吹っ切れる切っ掛けをつかむ、最終話へと繋がる重要なエピソードでもあります。
確かに、彼女は語っていた夢を実現している存在ですからね。
ああした直接の反応も制作に関わる1人として、心揺さぶられるものでしょう。
最終の9話目がどうなるか、お楽しみに。
ちょっと髪切って、大人っぽい雰囲気な「凜ちゃん」が見れます。

 【 その他 】

以上、本日は「LINDA」センセでした。
こちらのブログでは「セキララ彼女」を紹介しています。
正直なところ、あまり絵は合わないんですが…。
今回は↓表紙の眼鏡な「凜ちゃん」の爆乳に釣り上げられました。
ううむ、いいおっぱいですよねー。
シリーズで発売されていたのは知っていたんですが。
他の”いかにも”って雰囲気な皆さんより、こちらの地味目なヒロインのが刺さりますよね。
…どうでしょう??
あ、前述しましたが、漫画編集者って設定も購入の後押しとなった要因です。
おそらく、面白く描かれているのではないか、と。 





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■気まぐれ花びら (れぐでく)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、探偵、学園
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、短編×13話収録
      (うち「TANTEI明智悟美シリーズ」×3、「鷹無さんシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、加筆修正あり、描き下ろし「鷹無さんには敵わない」、
       カラー描き下ろし「でぃてくと・えれくと」、 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「れぐでく」センセの「気まぐれ花びら」です。

保健室の魔女「桝川美里」、「鷹無さん」
※※左:保健室の魔女「桝川美里」、右:「鷹無さん」

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものと短編。
描き下ろし漫画が2本あり、どちらも収録漫画の関連話となっていました。
シリーズものは、連続でなくて別シチュエーション。
うち1話は成年漫画で珍しい探偵ヒロインもの。
カラー原稿の描き下ろしも良く、漫画世界が広がるようでした。
詳しくは後述しますね。
そのほか短編なども含め、おおむねジャンルはラブコメ
どっちかというと、コメディーのが強めです。
えっちについては、感情よりその場に居合わせた相手という感じ。
ブラックな色は薄く、暗さはなく。
変に振り切れるような展開・描写もないので、読み易くまとまった1冊だと思います。

強さある線での作画。
全体の色づき加減、濃淡具合はどちらもちょうど良い感じ。
描き込みも過不足ありません。
コマ割りは中小でそこそこ変化あり、はみ出し・ぶち抜きちらほら。
ただし丁寧さがあり、そう見辛いほどではありませんでした。
流れや表現には引っかかるところなかったですが、引き絵・動きのある絵など、たまに違和感あるコマが散見されました。
期間は12から15年とそこそこの開きあったものの、加筆修正がためか差はそう感じません。
人物絵は小さいもののしっかり描かれた鼻、広めな輪郭が特徴。
可愛さのあるお姉さん系ですかね。
適度な程度のむちっとした肉付きあるスタイルです。
キャラはおおむね良好で、個人的には下着のデザインなど凝っていたのが良かったです。
カラーでもそう変化しない方なので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 13話収録

003:「でぃてくと・えれくと」 カラー描き下ろし
101:「淫楽TANTEI明智悟美」
119:「蜜偵・ワークス」
パーティーがあった次の日の早朝、屋敷で殺害されていた「鷺沼長晴」を発見。
被害者は両手をベッドに縛り付けられ、鋭利な刃物で胸部を一突きにされていました。
そんな事件を担当することとなったのが、探偵「明智悟美」だったのです。
「淫楽TANTEI明智悟美」はだいたいそんな流れ。

「悟美さん」はショートカットのさっぱりとした美人。
中扉でカラー絵を見れます。
刑事「大林」は彼女に誘われ、事件を再現することとなったんですが…という流れ。
いきなりエロくていいですね、「悟美さん」
パンスト越しの下着がセクシー。
ただ、彼女も闇雲にえっち仕掛けている訳ではなく。
言ってたそのまま検証もしており、えっちでスッキリした後は解決までしておりました。
「悟美さん」凄いなぁ。

警視総監「黒武」の依頼で、彼の娘「奈々」の恋人「紀藤康介」の素行調査をすることとなった探偵「明智悟美」
それをまったく隠さず、2人の前に姿を見せた彼女は…”男のことが全部わかっちゃう”ということでえっちを持ち掛けたのでした。
そんなんが2話目「蜜偵・ワークス」

前回で台詞のあった「お偉いさんのお気に入り」というのは警視総監ですかね。
こっちでもそんなん相手にガツガツ迫ってるなぁ。
今回は事件現場でないためか、冒頭はセクシーなドレス姿。
かなり露出あっていい感じでした
その影響か、「奈々ちゃん」もサバけた娘さんで。
私も混ざれば浮気にならない、との理由で「悟美さん」の申し出を了承。
複数えっちになっています。
いいなぁ。
楽しみつつ、こちらでもプロフェッショナルなところを見せてくれました。

探偵「明智悟美」・「奈々ちゃん」
※探偵「明智悟美」・「奈々ちゃん」

単行本では冒頭に位置する「でぃてくと・えれくと」はカラー描き下ろし。 
こちらでの「悟美さん」はセーラー服姿。
そう、彼女の過去風景話なのでした。
先の2話を見た後に再度確認すると、また違った感覚で読めると思います。
こちらでは探偵「江戸川渉」の助手として登場。
悩む彼の手助けをしようとくっついていた「悟美さん」がお手つきされるという流れ。
この頃はさすがに初々しいですね。
チェック柄の下着が年相応な感じで可愛い。
オチではメイン話と同じく、非凡な才を見せておりました。

いや、「悟美さん」良いですねー。
成年漫画でこうした探偵ものはなかなか見られないので、新鮮でした。
(端役みたいなんでは記憶ありますが…)
また、ひでるさんはサスペンスものが好きなので。
できれぱ…シリーズ化、あるいは長編で見たいです。
コメディー・シリアス織り交ぜた感じで、謎部分をもうひと押し強化していただければいいなぁ。

009:「保健室の魔女」
生活指導担当で鬼の神内、略して”鬼神”と呼ばれる教師「神内」
一方、保健医「桝川美里」は生徒らから人気で、小さく可愛らしいため「保健室の魔女」と呼ばれておりました。
「神内」のストレスを感じた「美里」は保健室に招き、
とっておきの解消法がありますけど、試してみます?
そう持ち掛けたのでした。
まぁ、たいていこういうパターンだと、一見幼いっぽい女性のがエロいものですわね。
冒頭にも顔を見せていた生徒「澤屋」・「鳴元」らが加わる複数展開。
男の子の性欲は分かりますが…注意されたのは学校へ持ち込んだことだと思いますよ。
ちょっと残念だったのは、”鬼神”と呼ばれる「神内先生」がどんな下着だったのか分からなかった点。
いきなり全裸だったんですよ。

029:「鷹無さんには触れられない」
209:「鷹無さんには敵わない」 描き下ろし
”夏休み前に彼女いない歴=年齢に終止符を打つ”
そう考えた「賀村」くんは、憬れ女子のナンバー1である「鷹無」さんに告白を決行。
すると、まさかのOKをもらい、晴れて恋人ができたんですが…触ろうとすると、なぜか露骨に避けられてしまうのでした。

目次のカラー絵が「鷹無さん」です。
付き合っている彼女のこうした態度は…。
成年漫画でのセオリーなので、慣れた方にはおそらく想像つくと思います。
手料理が食べたいと、彼女の部屋に上がることが切っ掛け。
ズルいよ…」とか言われるのもそうなんですが、「賀村くん」は土下座してお願いしており。
プライド捨てて、あーまでしてるのだから、正直に言うべきだわね。
キス程度でガクガクになってる「鷹無さん」がキュート。
また最中にも可愛らしい発言をしていました。

描き下ろし「鷹無さんには敵わない」は2人で海へ行くエピソード。
まぁ、本編オチとか彼女は近くにいるだけでダメそうなので。
ああ展開するのは当然のこと。
しかし、「鷹無さん」はだいぶエロい女性になってましたねー。
浜辺えっちです。
オチでの彼女はお約束
面白いので良いと思います。

047:「残業ぱらのいあ」
調子が悪くなったという課長のパソコン
そっち方面に強い「塩咲果奈美」は1人残業で復旧作業をしていたんですが。
エラーの原因はエロサイト閲覧だと判明。
どんなんかと、見ていたところ…という流れ。
お好きな方には貴重な眼鏡女子という「果奈美さん」
ただ、後方折り返しのカラー絵もそうですが、中ごろで外してしまいました。
ううむ残念。
実は居残っていた「畠村」・「田園」らに目撃され、えっちに発展するというもの。

漫画の展開やオチがため、どこまでだか不確かな感じになっていましたが。
ラストカットから、時間夜には違いない(朝になってたとかでなく)と考えられ。
それから考えれると、あれだけの人数が残っているのは、あり得ないと思います。
(よほど計画的に「果奈美さん」を狙ったのでないならば)

065:「レンアイ的帰納法」
”日本数学界期待の星”そう呼ばれている数学科助教授「相良那々佳」
そんな彼女を従姉にもつ「遥人」は、同じ大学へ進学しておりました。
従姉弟同士で同じ大学であることに疑問を持っていた「那々佳」は、ふとその理由を聞いてみたところ。
尊敬していて進学に選んだという内容を、「那々佳」は好意だと誤解してしまったのでした。
恋愛に疎い数学フェチの変人が故でしょうか。
もうえっちに至らないとおさまらないような状況になっていてました。
普段凛々しい年上女性のカワイイ所が見れる、良い作品。
彼女はタイトのミニスカートを着用していて。
個人的には、前半部分のパンチラがお気に入り。
たぶん、普段もちらほら見えていたのではないかなぁ。
前半の折り返しは「那々佳さん」だと思いますが、服からバストがまろび出るような絵で魅力的でした。

083:「吸inパッション」
コンビニでいつもトマトジュースを買っていたことから”吸血鬼”と従業員らにあだ名されていた主人公。
しかし、彼は実際に吸血鬼だったのでした。
漫画はうっかりあだ名を言ってしまった女性従業員がお詫びかたがた追いかけてきて、帰り道を一緒するというもの。
部屋にも招かれ、ちょうど良いと吸血すると共にえっち仕掛ける流れ。
まぁ、あんなむちむちしたスタイル見せられたら、何らかするのが普通ですよね。
たとえ人外でも。
ネタとしては正直ありがちなもので、オチはひでるさんの予想通りでした。
これを1話目として、2人のその後とかのが面白いかも。

137:「見たい!見せたい!感じたい」
学校から帰ろうとした「曽我太輔」は、
ちょっと私の前で射精してくれん?
そう、クラスメイト「三条未散(さんじょう・みちる)」から言われたのでした。
冒頭の名前間違い、2人の喋りなどから察するに…「未散さん」が転校してきて数日、みたいな印象を持ちましたが、どうでしょう。
”見せる代わりに恋人になる”
みたいな条件でしたが、いちおう健全なお付き合いが前提。
とはいえ、ソレのため下着姿とか見せてくれてたりしていて。
いかに「太輔くん」が大人しい男子であっても、いずれ関係してしまうのは当然のこと。
その際はまた「未散さん」がサービス満点でしたからねぇ。

155:「未恋-Crosser-」
事故で入院していた「塚川マサト」
思い出に残る橋へ来たところ、やはり恋人との思い出をもつ女性がいたのでした。
長い黒髪の魅力的なヒロイン「クゼ リヨコ」に突然迫られるという野外えっち。
「マサトくん」には恋人「アヤ」がいるんですが。
…まぁ、あんな迫力ボディに誘われたら、拒めないわね。
これ、実は意外な結末を迎える、ちょっと不思議なエピソードとなっています。
途中の台詞などにヒントあります。

数学科助教授「相良那々佳」、「三条未散」
※※左:数学科助教授「相良那々佳」、右:「三条未散」

173:「スタティックLOVE」
お隣に住む「坂咲佳鈴(さかざき・かりん)」はなぜか家電と相性悪く。
ひょんな切っ掛けで知り合っていた「多田」は、そのメンテで良く呼ばれていたんですが。
その原因は彼女の”静電気体質”にあったのです。
これがどうえっちに結び付くのかと思っていたら。
静電気が溜まり易い、って理由でガンガン服脱いでくという流れでした。
なるほど。
そんな天然っぷりがキュートな「佳鈴さん」
オチでもそんな感じでした。
個人的には黒タイツも一緒に脱いでしまったのが残念。

191:「雨やどりのきまぐれ」
表題の”きまぐれ”のキーワードがある短編。
突然の雨にバス待合室で雨宿りを考えた「火宮(ひのみや)」
そこには先客、同じように服を濡らしていた「神住絢音(かみすみ・あやね)」がいたのでした。
大人しく目立たない、いつもの学校とは雰囲気異なる彼女は~という流れ。
ブラも透けていたんですけれど…鉢合わせた際の彼女はスカートを絞っており、ショーツがちら見えしていて。
まぁ、同級生の女子が、しかもキャラと異なるデザインの下着だったりしたら、そりゃー男子はたまんないですわねー。
こっちのが素なのかな。
積極的に仕掛ける彼女に対し、ギャップに狼狽える「火宮くん」はやや引き気味。
えっちへの切っ掛けたる”口止め料”も「絢音さん」から言い出しておりました。

ちなみに…バス待合室が公園のトイレみたいな絵で気になりました。
ためしに検索して写真とか見てみましたが。
ビジュアル的にわかりやすいので、ノスタルジーっぽいものにしちゃっても良かったのでは

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「れぐでく」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
おめでとうございます!
前述しましたが、えっち探偵「悟美さん」が良かったです。
描き下ろしの若い姿も見れて満足。
なお、裏表紙は背景・シチュエーションから「雨やどりのきまぐれ」の「絢音さん」だと思いましたが…。
カバー裏の表面もやっぱり「絢音さん」なのかな??
他に容姿の近い方おらず、折りたたみ傘を片手にしていてエロ下着だったので、たぶん間違いないと思うんですが。
センセのお気に入りなのかな。
また、↓表紙は「未恋-Crosser」の彼女「リヨコさん」…でいいのかな??
こっちも消去法で、そうだと思いましたが、わかんない。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ショートカット パンチラ ノスタルジー サスペンス

■恋色に哭いた声を聴かせて (リブユウキ)

★まんがデーター [8.5/20.0]
・絵柄 :●●○○○
・お話 :●●○○○
・漫画 :●●○○○
・独創性:●●◎○○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、巨乳
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、短編×14話
      (うち「恋色に哭いた声を聴かせて。」×2、「はとほるの庇護」×2)
・おまけ: あとがき、ゲストページ、描き下ろし「約束のホルス」、
      カバー裏に作品解説。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「リブユウキ」センセの「恋色に哭いた声を聴かせて」です。

くのいち「京」、「エルハール=アル=ヴァーティン」
※左:くのいち「京」、右:「エルハール=アル=ヴァーティン」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編。
ただし、連続話と言っても、後日談のショートがあるくらい。
基本的には全て短編という感じですね。
ジャンルはラブコメ
紹介帯には”ストーリーテラー”と書かれていましたが。
あちこちの描写は早く・軽く、ちょっと誇張が過ぎるかと。

ただし、こちらの単行本の問題は作画だと思います
ぱっと見では、今風の洗練された雰囲気でイイ感じなのですが。
普通に見始めると、あちこちにが散見されました。
個人的には、お話側にも影響を及ぼしてしまうレベル。
作画・漫画どちらもいま一歩、二歩というところです。

細線のデジタル画。
濃淡はそう強くないものの、全体の色はしっかり。
白比率は高くありません。
描き込みもあっさり傾向。
ページに目一杯詰め込むような描き方があり。
上下左右の隙間なく、枠間ないことも頻繁です。
コマ割りも賑やかで、はみ出し・ぶち抜きが多く。
全体としては、淡い色彩ながらかなりごっちゃりとした印象となっていました。

収録時期は2011年から2014年とそれなりの開き。
ただ、初単行本らしく落差がありました。
人物絵は可愛く描けています。
ただ、バランスが悪く、違和感があります
特に目立っていたのは胸。
巨乳な娘さん多いんですが、バストがくっついているような感じ。
(※パーティーグッズのつけ乳みたいに見える時がたまにありました)
動きあるコマとか服装の描き込みや質感も甘く、平べったいです。
たまに差し込まれるコメディー崩しも強く、人を選びそうなポイント。
引き絵がまた非常に気になるバランスです。
作風もあってか丁寧さもあまり感じられず、漫画運びもイマイチですっと頭に入ってこず
なんというか、台詞を探して読むような感覚でした。

良い雰囲気あるものの、悪いところが目立っていて。
結果として、全体はマイナスに傾いてます。
次をちょっと躊躇してしまいそうです。

 【 収録話 】 12話収録

003:「恋色に哭いた声を聴かせて。SP」 カラー原稿
007:「恋色に哭いた声を聴かせて。」
バンドを組む「杏南(あんな)」・「拓人」のカップル。
センセはこうしたネタがお好きなようで、あちこちにその熱が見えます。
ツンデレっぽい「杏南ちゃん」
なんというか、ややこしい性格ですね。
えっち展開についても、1人で暴走していったようなもの。
外ではずっと罵倒し続けられるんだろうなぁ。
冒頭の漫画はカラー原稿のショート。
その後のラブラブしたものが描かれていました。
あの娘の性格から、隠しごとは下手そうな気がするので。
他メンバーはさぞやり辛いのでは。

杏南、吉野真希
※左:杏南、右:吉野真希

029:「初恋告白モラトリアム」
お姉さん的な幼馴染み「吉野真希」
自分の想いに気付いたものの、現在は学校にて教師・生徒という関係でもあったのでした。
幼馴染みのお姉さんが学校教師というのはポイント高いですね。
距離の近さが羨ましい。
告白を受けた際のリアクションがまたキュートです。
あれは「真希さん」も同様な想いだったため、だからかなー。
そんな訳で、学校の応接室にてえっち発展していました。
気持ちは分からんでもないですが。
いいのか、それで。

049:「えっちな忠犬忍法帖」
くのいち「京」とのお話。
ページが足りないのか、冒頭から相当な駆け足っぷりで忙しい
崩しも多く、コメディーな漫画であるのはいいんですが。
単にバタバタしているだけで、伝わり悪いです。
せめて前後編暗い欲しかったですね。
好みなネタで、良さそうな雰囲気もあるんですが…もうちょっと落ち着きあった方がいいのでは。
えっち最中に分身しており、さらにごっちゃりしていました。

069:「じゃすてぃふぃけーしょん!!」
バレンタインなど関係ない、と図書室に引き籠っていた「高野纏(たかの・まとい)」
しかし、そこに想い人「大林和樹」が顔を出し、チョコをねだってきたのでした。
眼鏡の可愛い「纏ちゃん」
地味目ながら、むちむちっとした実に良いスタイルでした。
ここが勝負時だと考えた彼女。
なかなか思い切ったことをしていました。
いいんじゃないでしょうか。
ぶっちゃけ、あー言っていた「和樹くん」も内心バクバクかもしれませんしね。
そんな訳で、図書室でのえっち発展です。

085:「DRINK and ROCKET:DIVE!」
隣の部屋に住む「漆間やえ」は酒乱で。
その日もかなり酔っぱらっており、ずぶ濡れなまま「良平」の部屋に突入してきたのでした。
冒頭の”捕まえた”というコマが分かり辛く、胸を押しつけられてるイベントが弱い。
酔った彼女が積極的なのはいいんですが、胸を開く流れが早い。
やっぱり、意識がそちらに向いていると理解したから脱ぐべきでは。
えっちシーンは長めにあったので、そうした点では楽しめるでしょう。

107:「ain’t afraid to peeing ぴーいんぐ」
非常階段に閉じ込められてしまった「灰野ありさ」
トイレも限界というところ、憧れの「宏」に助けられたんですが。
2人きりというチャンスに告白してきた彼がため、我慢ができなくなってしまうのでした。
あのタイミングで漏らすというのは、非常に大きなイベントだと思うんですが。
さしてリアクションなく、あっさり終わってしまうのは成年漫画でも変
お互いにもっと何らかないのかなぁ…。

123:「はとほるの庇護」
193:「約束のホルス」 描き下ろし
密かに憧れていた「エル」こと「エルハール=アル=ヴァーティン」はエジプト人とのハーフ。
喫煙中だった「三太」は教師の接近がため彼女と倉庫へ隠れたところ。
妙に距離が縮まり~と言う流れ。
褐色肌なヒロインが非常に良い雰囲気な作品です
もともとの色なため、脱いでも同様。
おかっぱな黒髪との相性も良く、可愛らしい方でした。
故郷の掟だという、腹下のタトゥーがまた魅力的ですね。
隠れて接近する展開はいいんですが、流れに丁寧さがなく
なんだかガチャガチャしていて妙な感じ。
普段の彼女が可愛かったので、もう少し日常描写ではっちゃけて欲しい気がしました。
巻末の「約束のホルス」は描き下ろし。
いちおう話数にも咥えましたが、2ページ程度のものなので、期待し過ぎないように。
民族衣装っぽい彼女とのえっちでした。

141:「呼んで、ちゅーして、ぎゅってして。」
後輩「謠」を部屋に呼んだものの、草食系で手を出す雰囲気がなく。
「みのり」は自ら迫ることとしたのでした。
むちむちなスタイルでしたよー。
まぁ、年上なんで巧いことリードしたって下さい。
いきなり薬を使うのはどうかと思いますが。

19:「こんじゃくこんこん!」
田舎へ帰省した「大槻文彦」
ふらと出掛けた近所の夏祭りにて、自分の名前を知る、見覚えない女の子と出会ったのでした。
太い眉毛が特徴な「葉月」ちゃん。
狐面の不思議な彼女からい、きなり迫られるという流れでした。
よくある、思わせぶりな漫画。
オチがあーならば、即えっち展開は違うかなー
正体不明なまま終わらせて良かったのでは。
また背景が弱いため、ノスタルジーな点も薄いです。

葉月
※葉月

175:「Cruelty And The Beast」
付き合って半年というう「古巣谷ゆあ」は、イイ雰囲気になるもいつも寸止めで。
「哲郎」は思い切って訪ねてみることとしたのでした。
まぁ、仲は良いのだから、直接聞いてみるのは良い事。
その理由は、一種の性癖みたいなもの。
どのくらいの強さか、次第で妥協できるかどうかかなぁ。
どうせならば、もっとパクパクいって欲しい気もしました。
なお、作画面では最も落差が大きいです。

 【 その他 】

以上、「リブユウキ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
確かにそんな感じの1冊です。
ヒロインらは好みな感じだったので…。
個性も発揮できそうな2冊目以降がどうなるか、という感じです。
↓表紙とかもいい雰囲気なんですよねー。
裏表紙は白黒原稿のような粗が散見されますが。

恋色に哭いた声を聴かせて。 (メガストアコミックス)恋色に哭いた声を聴かせて。 (メガストアコミックス)
(2014/07/31)
リブユウキ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ノスタルジー ラブコメ コメディー

■ラブトライクEZR (椋蔵)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] コメディーラブコメ、即えっち、複数
・構成 : カラー(8P)、10話収録(全て表題作)
・おまけ: 4コマ、カバー裏に別絵、カラー描き下ろし「#01 Rin Turn!」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椋蔵(りょうぞう)」センセの「ラブトライクEZR」です。

天王寺ローサ
※天王寺ローサ

 【 構成・絵柄 】

収録は全て表題作。
1冊まるまるの単行本となっています。
ストーリーでガッチリ組まれるものではなく、各話の繋がりはそこそこ。
以前単行本と同じシリーズものです。
説明とかまったくないのは残念でしたが、前巻を知らなくても大丈夫でしょう。
(※知っていれば、見知った顔が見れます)
色々女性は登場してますが、メインのヒロインが牽引する形。
様々なシチュエーションでえっちされまくる様を堪能するような感じでした。
詳しくは後述しますね。
コメディー色の強めなラブコメで、派手なえっちが多いはっちゃけ漫画。
お話は正直なところそれなりですがパンチ力あり
ぱっと見の想像以上に楽しめる仕上がりでした。

さらりとした線での作画。
色づき全体に適度なくらいですが、濃淡はそう強くなく。
かと言ってデジタルな灰色ともやや異なる、やや薄めな色彩感覚。
描き込みは若干軽め。
ただ、コマ割りは中小で細かく、枠間なくなることも頻繁で。
吹き出しも多く、かなりごっちゃりとした原稿になっています。
変化は少ないので流れ見失ったりはしないものの、見辛さはあるかなぁ。
ジャンルもあってか、コメディー崩しはそこそこあり。
バランスはそう悪くないですが、乱れを感じるところは目につきました。
メリハリと言えるかもしれませんが、力の入れ具合の差もあって、全体は不安定さもありました。
まぁ、そもそも勢いで押しまくるようなタイプなので。
そういった部分を含めての個性かもしれませんが。
カラーとそう差はないので、判断は↓表紙・裏表紙。
うっすらですがカット絵のある裏表紙が参考に良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

ハーフの巨乳転校生「天王寺ローサ」
モテまくっていた彼女でしたが、本命「帯辻くん」にフラれてしまったのです。
断る理由であった、”好きな人がいる”という相手は、学園ではアイドル的な存在であった「美津羽凛(みつわ・りん)」
ただ、彼女は「虎太郎」、「郁巳」、「レイ」という彼氏っぽい3名のほか、勘違いしたような男子も多数おり。
どうにも困った「ローサ」は、自らに告白してきたうちの1人「タコくん」こと「田呉」を使ってより詳細な調査を始めたのでした。
だいたいそんな感じ。

コメディー強めなラブコメ(いちおう)ですね。
とかく、次々に別の男とえっちしちゃう「凛ちゃん」が特徴です。
まっったく相手を選ばず、あれだけドえろいのにダークな要素は微塵もなく。
ある種の爽やかさすら感じさせるという、奇跡的なヒロインでした。
そうですね。
近いのは、「The Great Escape/尾崎未来」の「杉本あいちゃん」みたいな感じ。
ただ、その「あいちゃん」は好きな人ブレませんが(…まぁ、いちおうね)、こちらの「凛ちゃん」は彼氏からして3名もおり。
また、ことごとく別の人とえっちしてしまうのが物凄い。
エロいですね。
その彼氏ら出番そこそこでして、男子の主要キャラは「田呉くん」なのでした。

005:「#01 Rin Turn!」 カラーページ描き下ろし
カラー原稿部分が描き下ろし。
こちらは珍しく彼氏らとのえっちです。
また、今回単行本の切っ掛けというべきエピソードでした。
…あ、1話目だから当然か。

「凛ちゃん」・「郁巳くん」のえっちから、続いて「虎太郎くん」が参戦。
続いて後輩「レイくん」も参加しております。
カラー原稿は最後のコマに注目。
本編は、なにゆえカラー原稿のえっちに至るのか、というくだり。
途中で「伊勢蘭子」・「取吹琉未(とりぶき・るみ)」など前回のキャラも顔を見せてます
あの「ローサさん」が混乱するまでの流れが実に楽しい。
まぁ、そうなるだろうなぁ。
なお、本編とカラー原稿部分は台詞も合致する別視点になっているので、お楽しみに。

続いて主要キャラ「タコくん」こと「田呉」くん登場。
ただ、この後はほとんど顔が描かれないんですけどね(笑)
「ローサさん」にそそのかされてのえっち発展。
しかし、「凛ちゃん」はガード弱いなぁ…。
んなワケあるかぁッ!!
という台詞と共にプレイが進展しておりました。
オチに注目。
こうしてファンを増やしていくんですね。

美津羽凛
※美津羽凛

031:「#02 Lay your hands!」
前半は男子更衣室で「レイくん」とのえっち。
ただ、直接行為のギリギリでコーチ「可児江」から声を掛けられてしまい、えっち未遂。
とりあえず、「凛ちゃん」をロッカー内に隠すのでした。
集合を促された彼は、部屋から退室。
その後に「凛ちゃん」がコーチに見つかるという流れです。
前述したように、えっちの直前だったため。
準備万端な彼女に勘違いしてしまうのです…と、そんな流れ。
まぁ、コレは多少仕方ないか。
言ってることとしては、コーチのが理あるので。
(※彼ちょっと変ではあるものの)
これはもうダメだー、というギリギリで、ひと展開が。
どんなんかはいちおう秘密。
こんなパターンが続くこととなるのでした。

049:「#03 Turn Call! Call Turn!」
尾行する「田呉くん」に「凛ちゃん」が気付くのが冒頭。
あれは職質かけられそうだなぁ。
助けを求めた先は、3番目の男「虎太郎くん」…なんですが。
こちらのえっちは「唯登詩樹」センセが昔よく得意とされていたジェットコースーター展開です。
やたら背の高い男性に助けられるものの、抱きかかえられた「凛ちゃん」はそのままえっちされてしまうのでした。
そういったフェロモンでも出してるのでは?
公園隅にて野外プレイです。
男性は顔が描かれない(コマからはみ出す)ほどの高身長で、ややアクロバットみたいなこともやってましたよ。
前述したようにオチはパターンであるものの、しっかりお口を使ってるところに注目です。

067:「#04 Don’t Shake Me!」
冒頭は「郁巳くん」とのえっち。
保健室ですね。
カーテン越しにしっかり居る「田呉くん」が可笑しい。
それに気付いた「凛ちゃん」もまた止めてとか言わず、そのままえっち見られて(見せて)おりました。
ただ、それだけで終わる訳もなく(笑)
カーテン越しえっちに発展。
向こうには彼氏がいるというのに、物凄い事しますね。
なお、ひとスッキリした「郁巳くん」は居眠りしちゃうんですが。
お…起きて
とかなんとか言いつつも、カーテン向こうの行為にまったく抵抗しない「凛ちゃん」がドえろい。
後半はまた別の男子「早乙女」くんがたまたま保健室に入ってきて。
お尻丸出し(しかも準備万端)であった「凛ちゃん」にえっち仕掛けるのでした。
目覚めた「郁巳くん」の悲劇が楽しいですね。
男子は想像したくもない光景でしょう

085:「#05 Outlaw Saloon!」
こちらは再び「郁巳くん」
前回の事情がため、「琉未さん」・「凛ちゃん」の2人で口直しえっち。
一応郁巳の彼女私なんだけど…
とか言うコマ前後が好き。
お前が言うか(笑)
部室にての複数プレイとなっています。
前回同様に余計なメンバーが混じってはいるものの、いちおう彼氏以外の男性とはえっちしない、大変珍しい回でした(笑)
…で、こちらのポイントは「田呉くん」と共に「ローサさん」が覗いていること。
なかなか成果を上げない彼に呆れ、直接彼女も参加したのでした。
察しの良い方その通り。
初めて目の当たりにする直接行為に、「ローサさん」は思わず”成年漫画な行動”を取ってしまうのです。
これが後々のお話に繋がっていくこととなるのでした。

103:「#06 Trial Trouble!」
「虎太郎くん」と共に帰宅し、えっち展開になるエピソード。
いちおう”その場”には他の男女はおらず。
カップルでイチャイチャしている、また珍しい展開でした。
…が。
当然それだけで済む筈はなく。
家に父親の友人だというおじさん「天尾」が訪ねてくるのでした。
自らの部屋に通していた「虎太郎くん」とは、その前にえっちしかかっていて。
ノーパンだったを気付かれ、「天尾」にもえっちされてしまうのです。
まぁ、気付かれるというか、露骨にスカート内覗いたんですけどね。
(※そもそもは部屋に落ちてたショーツを発見されたのが切っ掛けですが)
そんなんでも、友人の娘であるためか、強引に押し倒してえっち発展はしておらず。
故あって「虎太郎くん」の居る自分の部屋とおじさんの居る居間を行き来し、それぞれのプレイが進展するようになっていました。
なんのかんの途中で止められるのは凄い。
下着着けぬまま、あんなモジモジと内股で来られたら、そりゃーえっちOKだと判断するのも当然でしょうねー。

121:「#07 In the low side!」
「反町」くんと共に体育当番となっていた「凛ちゃん」
その機会を逃さぬよう、「ローサさん」がトラップ仕込むというお話。
期待通りに、あっさり引っ掛かる「凛ちゃん」が可愛い。
網で釣り上げられるようになっているんですが、勝手にエロくなっていく展開。
流石だ。
そう時間をかけずとも、拘束プレイのようになっていました。
普通の男子っぽく見えていた「反町くん」の本性が示される、
ワザとだ!!
のコマが楽しいです。
また「凛ちゃん」の下着が縞模様で実にいい感じ。
釣られたままのえっちです。

なお、オチ前3ページは例によって「田呉くん」となんですが。
窮地から救われたこともあってか、「凛ちゃん」はよりドえろい感じでした。
ここのくだりは好き。

ガードゆるゆる「凛ちゃん」
※ガードゆるゆる「凛ちゃん」

141:「#08 Adultery! (Rin side)」
163:「#09 Adultery! (Lorser side)」
179:「#10 Love Strike!」 雑誌未掲載作品
こちらが最終エピソードです。
凛ちゃんに人生をめちゃくちゃにされた~
そんな事を言って迫る「猿田彦」くん登場。
敵意を向けられる冒頭はちょっと意外でしたが、コメディー漫画なため。
彼女が良すぎて、他では反応しなくなった、というものです。
まぁ、そんなんだわね(笑)
漫研部室でのえっち展開。
お、おっきくするだけだよ
とか言いつつお尻見せたりしていました。
それだけで済む訳ないじゃない、と思っていたんですが。
よくある成年漫画のそれと違い、「猿田彦くん」の男性自身は本気で反応しないらしく。
「凛ちゃん」はオカズとなるべく、自ら服脱いだりもしてくれるのでした。
サービス満点です。
いい娘だー。
詳細は伏せますが、後半は意外な展開になります。

続く「#09 Adultery! (Lorser side)」は同じ時間帯での別場面。
タイトルとおり、ついに「ローサさん」です。
毎度の如く、「田呉くん」と「凛ちゃん」を見張っていた彼女。
ずっと前フリがありましたが、どうにも我慢の限界になり…という流れ。
次々誰彼構わずしちゃうのも良いですが、これはまた初々しさあって良いですね。
オチで前話と繋がるような感じになり、最終話に。

そんなこんなで収録でのラスト「#10 Love Strike!」
詳しくは内緒ね。
とりあえず、故あって「凛ちゃん」の魔法少女コスプレが見れます。
まぁ、最中なので着替えた段階でおっぱい丸出しではあるんですが。
すっかり存在を忘れかかっていた、「帯辻くん」再登場。
どうなるかと思いましたが…さすがはタイトルを冠とするエピソード
実にらしい展開となってます。
派手な複数えっちが楽しめますよー。
なんのかんの巧くいった…のかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「椋蔵」センセでした。
こちらブログでは、前巻「ラブトライク」のほか、「イロドリ COLORFUL DREAMS」、「レイズデイズ」、「ユーフォリアジュース」、「グケグテ  GKGT」、「アクトレスアクト」などを紹介しています。
コレ、続いていたんですね。
よくよく見ると、前巻と出版社も違ってました。
前回は「若生出版(ワコーコミックス)」さんでしたが、今回は「コアマガジン(メガストア)」さん。
なんか大人のやり取りあったんでしょうか。
この雰囲気だと、シリーズまだ続いたりするのかも。
出番あるものの実は直接絡むこと少なかったので、「ローサさん」とのやり取りが見たいなぁ。
良いWヒロインものにもできそう。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー コスプレ

■世界で一番愛してりゅ (Rico)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメコメディー
・構成 : カラー(16P)、短編×13話(うち「世界で一番愛してりゅ」×6)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「いつでもどこでも愛してりゅ」
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Rico(りこ)」センセの「恋花えっちーず」です。

あゆみさん
※あゆみさん

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作と短編。
描き下ろしの漫画もその表題作となっていて、こちらは後日談でした。
いちおう連続話。
そうストーリーちっくなものではないものの、そこそこの繋がりがあり。
後半にはどうなる!?、ってハラハラさせる場面もありました。
まぁ、そう深刻なシリアスな展開にはならないので、ご安心を。
ジャンルは甘いラブコメ
どちらのカップルも関係は安定していて、ラブラブと楽しい仕上がり。
いかにも可愛らしい成年漫画でした
読み易いので、慣れてない方には最適なものです。
しかし、やや毒気は無さ過ぎ(良くも悪くも)なので、読みたい方には物足りなさがあるかも。

しっかりした太めな曲線での作画。
全体の色づきと描き込み具合はそこそこ。
濃淡は黒が強めです。
コマ割りは中小で、そこそこ収まり良く。
キッチリ丁寧に描かれているため、見辛さはありません。
安定感もありました。
広い輪郭で大きな目のロリっとした人物画。
ほぼ年齢度外視で、可愛らしーく仕上がっていました。
動きある描写などで、細かくは気になる部分もあるんですが。
全体の雰囲気がペカペカと明るく、コメディーちっくなのであまり気になりません。
そうした面では得するタイプの画風だと思います。
それがため癖は大きく。
好き嫌いははっきり分かれるでしょう。
そう↓表紙・裏表紙と変化はしないので、判断はそちらで問題ありません。

 【 収録話 】 13話収録

005:「私の中のおんなのこ」 カラー原稿
011:「立派な主の育て方」 カラー原稿
冒頭2話は6ページ、8ページというショート漫画です。

前者「私の中のおんなのこ」は眼鏡で貧乳な「まこと」さんとの初えっち。
センセの絵柄的にこのサイズは合ってる気がしました。
胸の小ささを気にしている彼女。
かわいいなって…
そう言った彼氏を意外に感じていましたが。
男性はそう巨乳好きではないですよ。
(若い頃はとにかくおっぱい、かもしれませんけど)
ただ、ああしてサイズを恥じる所が可愛らしいというのも事実。
「まことさん」にはぜひその感覚を持ったままでいてほしいものです。

後者「立派な主の育て方」はメイド「佐由理」とのえっち。
お前の手でアイツを…息子を立派にしてくれ
そう主人から言われていた彼女。
”ムスコを立派に”という勘違が原因(笑)
わははは。
メイド服は露出あるものでなく、スカート丈も長いもの。
その下はあんなエロい下着だったんですねー。
年上(たぶん)ながら経験値なく、本知識で頑張る様を堪能ください。

浅倉美里(みさと)
※浅倉美里(みさと)

019:「世界で一番愛してりゅ」
039:「文化祭編」
059:「保健室のナイショ」
077:「責任とってね」
095:「ずっと、ずっと一緒だよ」
203:「いつでもどこでも愛してりゅ」 描きおろし
こちらが表題作。
「鈴木太郎」・「浅倉美里(みさと)」のラブラブカップルのお話です。
↓表紙が「みさとさん」ですね。
中扉とリンクした感じになってます。
漫画は同キャラの別シチュエーションという風情でした。
2人は付き合っていて、既にえっちも済ませた関係。
変にライバルとかもおらず、2人の仲もごくごく良好で、甘い世界となっていました。

1話目は屋上えっち。
明け透けに昨夜のえっちを語る「みさとさん」
友達「歩美」ちゃんとのやり取りが楽しい。
えっちしてくるような宣言の後、2人して上がっていました。
(※「太郎くん」はズルズル引きずられてる状態)
彼女のラブラブっぷりが凄い。
シリーズでは、残念ながらカップルに至る経緯がなかったんですが…なにゆえそこまでになったんだろう
屋上フェンス越しで「見られちゃう…よお…」なんて言いつつのプレイです。
2話目「文化祭編」は学園祭でのエピソード。
メイド喫茶だったので、「みさとさん」はそんな格好。
先の「佐由理さん」着用のソレと違い、はっちゃけデザインでした。
ただ、近所にはさらに露出過多な店があり。
彼氏「太郎くん」がそちらにいたため、ちょっと険悪なムードになっています。
中学でのクラスメイト~という発言から、2人は高校でのカップルなのかな。
でも、あの格好した女子が知り合い男子を引き入れるというのは、結局好意を持たれているには違いなさそうね。
そんな訳で、仲直りえっち。
服そのままメイドプレイをしていました。
「歩美ちゃん」が楽しい。

3話目「保健室のナイショ」はひと騒動の切っ掛けとなる保健室えっち。
休み時間のたびにお菓子を食べていた「みさとさん」
どんなんか量るため、「太郎くん」が彼女を保健室へ連れていく流れです。
ずるずる引っ張るのが逆転してますね。
一度体重計にのった彼女は、少しでも軽くすべ、全裸になっていました。
気持ちは分からんでもないですが、そんな恥ずかしげもなく…
「太郎くん」の男性自身のサイズを測るのがえっちの切っ掛け。
(※彼女の全裸にムラムラ~ではないのよ)
保健室えっちになっていました。

急展開を見せる4話目「責任とってね」
特に隠していた訳ではなさそうですが、「みさとさん」の秘密が明らかになります。
大袈裟に書くと、そんな感じ。
前話の引きもあり、冒頭は緊迫したムードに。
まぁ、よくよく考えてみると…「みさとさん」があー育っているのだから……。
そう心配する事態にはなりませんわね

個人的にはもっと波乱あっても良さそうに思いましたが、そうした漫画ではないのでしょう。
詳細はいちおう伏せさせていただきます。
最終話「ずっと、ずっと一緒だよ」は、実はそれから期間が開いた、プロローグ的なもの。
冒頭は「みさとさん」の単独プレイでした。
どれくらい経過した設定なんだろう。
とりあえず、現在もラブラブっぷりは健在。
会うなりえっちに突入しております。
仲の良いことで。
こちらで驚いたのはオチ部分
「太郎くん」はいったい何者??
今どきの企業は●●なんてそう雇用しないものだと思うんですが…。
なお、描き下ろし「いつでもどこでも愛してりゅ」はそんなオチの続き。
いやあ、お気楽ですわねー。
相変わらずの「みさとさん」でしたが、服装だけはそれっぽくて。
ちょっとアンパランスっぽいあたりは逆にキュート。
あれは単に異なるプレイですわね。
あまり邪魔をしないように。

111:「エッチなマンガは好きですか?」
彼女「ともみ」は成年漫画家。
原稿で忙しい筈な彼女から「たすけて」と電話をもらった「まこと」
急いで向かったところ、「ともみ」は体調を崩していたのでした。
そんな感じで彼女を看病するエピソード。
身体を拭くのを手伝う「まことくん」
パジャマを脱ぐんですが…
なんか、エッチ以外で裸見られるのって…恥ずかしいね…
そんな事を言ってました。
どうですか、先の漫画の「みさとさん」
そうしたドキドキが彼にも伝わったのか、いちおう身体を拭き終わった後にえっち発展していました。(※再度パジャマ着た後ね)
前に「ともみちゃん」描いた漫画と似たシチュエーションということで、再現えっちです。
体調崩している相手に無理させぬように。

133:「おっぱい いっぱい ゆめいっぱい」
大学で会った「斉藤涼」に一目惚れをした「あゆみ」
友人に仲介を頼み、晴れてつきあうこととなったんですが。
その彼女曰く、”彼は巨乳嫌い”とのことだったのです。
まぁ、漫画映画でないので、サイズがどうの言うのは好みがどっちか、言うだけのことですよ。
好意持った相手がどうであれ、さして関係ないですわ。
…たぶん。
サラシで隠し、えっちも拒み続けていた「あゆみさん」ですが、遂に真実が露見してしまうのでした。
大学生ですからねー。
いちおう嫌いなんにもちゃんと事情がありました。
そっちもどんなんか見てみたい気が(笑)

149:「My Darlin」
付き合い始めてちょうど1年という”恋人記念日”な「優人」・「香澄」
そろそろ、と感じていた2人の初えっちエピソードです。
「香澄ちゃん」はビジュアル、性格(おおむね)ともに先の「歩美ちゃん」と似た感じ。
ラブラブでしたよー。
玄関での彼女が可愛い。
本人は複雑でしょうけど、感度良いのは実に素晴らしい事ですよ、ええ。

成年漫画家「ともみちゃん」、「はつみさん」
※左:成年漫画家「ともみちゃん」、右:「はつみさん」

167:「ココロの温度」
「はつみ」・「陽太」という幼馴染みの2人。
かなりの冷え性で、外にも遊びに行けない彼女。
それに付き合う「陽太くん」は好意を持っていたんですが。
会話のひょんなタイミングで「はつみさん」の気持ちを確認でき…という流れ。
お兄ちゃん」とか呼ばれてるのがポイント。
血縁ではないんですが、いい響きですね。
いざという所では「はつみさん」のが度胸あり、えっちに発展させていました。
実はずっとノープラだったらしい所が可愛い。
(あちこちの話から考えると、そうした頑張りも着込み具合がため目立ってなかったか)
なお、カバー裏はこちらの「はつみさん」と成年漫画家「ともみちゃん」だと思いまする

187:「告白!大作戦!!」
放課後に「明人」を校舎裏まで呼び出した「柚菜」
お茶に茶柱がみっしり立っていたため、”今日はツイてる”と彼へ告白を考えてたんですが。
突然靴紐が切れ、目前には黒猫が。
携帯を確認すると、13日の金曜日…と不吉なキーワードぱかり目にしてしまうのでした。
ツインテールな「柚菜さん」
前後折り返しに抜擢された、いかにも可愛らしい娘さんでした。
不幸は続き、故あって場面は校舎裏ではなく。
保健室での告白です。
何があったのかは秘密。
ただ、それがため自然にえっち発展しております。
良かったねー。
何やら気の早い「明人くん」が個人的に気になりましたが。

 【 その他 】

そんなこんなで「Rico」センセでした。
こちらのブログでは「はちゅ・えち」、「好きスキkiss」、「甘えんぼ」の3冊を紹介していました。
他に2冊、一般が4冊ありで今回は記念の10冊目。
おめでとうございます!
それがため、センセのブログでは特集ページがありました。
こんなブログより詳しい内容あったので必見。
独自の企画もされていたので、気になる方はぜひに。
そちらには購入特典のページあるんですけど…ピンク・ピンクしていているァンシー世界っぷりが目に眩しい。
あのイメージで成年漫画というのが凄い。


世界で一番愛してりゅ (ホットミルクコミックス)世界で一番愛してりゅ (ホットミルクコミックス)
(2015/04/18)
Rico

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■発情ヤリすぎこれくしょん (Lapis Lazuli)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、野外、コスプレ
・構成 : カラー(8P)、短編×11話。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Lapis Lazuli(らぴすらずり)」センセの「発情ヤリすぎこれくしょん」です。

霧さん
※霧さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
同一世界みたいな繋がりもなく、純粋な作品集でした。
ジャンルとしてはラブコメ
えっちに慣れたヒロイン多く、そう嫌な素振りもなく色々なプレイをしてくれてます
野外とかコスプレみたいなのが目立ちましたよ。
スッキリとしたお話の流れで、変なややこしさはなく。
だいたい↓表紙・裏表紙での期待通り、魅力的なヒロインらとのアレコレを楽しめます。
短いながらキャラに強さあり、続きが読みたくなる感じでした

強めな線での作画。
濃淡は適度なくらいですが、全体の色づきはシッカリしていて。
描き込みはやや細かめ。
細かいコマ割りで、はみ出し・ぶち抜きなど原稿は賑やか。
結果、なかなかコッテリとした仕上がりです。
枠間はけっこう確保されてるんですけどね。
クリっとした黒目が可愛い、漫画らしい人物画。
処理で凹凸表現柔らかな、むちっとした肉感的なスタイルです。
服などもえっちっぽく描かれてました。
たまにバランス面で気になるところもありましたが、些細な程度。
読む上でそう引っ掛かるような個所はなかったです。
判断については、だいたいカラーでも大丈夫。
あるいは、紹介帯のカット絵が見易いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

005:「exception!」 カラー原稿
ヌードビーチっぽいのがあるらしい。
そう友人から聞かされた「涼太郎」
さっそく行ってみると、女性は1人しかいなかったんですが。
際どい水着の「麻」は撮影していた彼に気付き、誘ってきたのでした。
だいたいそんな感じ。

あ、いちおうそこには厳格なルールがあり、撮影はOKなのです(配信はNG)
「麻さん」は裏表紙の髪長い女性ですね。
本編ではみつ編み。
完全な初対面にも関わらず、あっさりとしたえっち展開でした。
なんらか裏があるのかなーって見てましたが、そのまま終了
彼の友人もグルで、”カップルになるための作戦だった”というほうがしっくりくるかなぁ。
まぁ、そんな所に露出過多なビキニ着て来るというのは、えろい女性であるのだろうけど。
浜辺えっちでした。
あのオチから、もう1話描けそうね。

025:「やりのこし」
年末を迎えていた「冥(めい)」・「透(とおる)」のカップル。
やり残していたことを行うこととなり…という流れ。
「透くん」の心残りは当然ながらえっち系。
どう調達してきたのか、某マジックミラーな車で「冥ちゃん」をバニーコスプレにしていました。
成年漫画のお約束で、驚いてるコマでは既に着替え終わっていて、車内でスタンバイ済みだという(笑)
ギャラリーもちらほら集まってきている中での露出プレイでした。
まぁ、マジックミラーなんで見えてはいないんですけどね。
個人的にバニーの場合はお尻を堪能したいんですが、描き方はだいたい正面位置です。

冥ちゃん、めぐちゃん
※左:冥ちゃん、右:めぐちゃん

041:「そういう気分」
アスレチック施設のある公園(?)までデートに出掛けた「一心(いっしん)」・「めぐ」
楽しく遊んでいた2人でしたが、とある切っ掛けで「めぐ」はスイッチが入ってしまったのでした。
この単行本には眼鏡名当時要しますが、そのうちパンチラ担当な「めぐちゃん」
かなり丈の短いものを着用しており、縞パンがあちこちでチラチラしてました。
アクティブで可愛らしい娘ですね。
えっち展開も彼女からのお誘い。
アソコを縄で刺激したことが切っ掛けです。
そのまま野外えっちに発展。
子供が遊ぶところでのプレイ、を楽しんでおりました。
施設を有効利用してましたよー。

061:「しゅくだい!」
081:「ちぃおっきい」
特にこの2話には繋がりなどはありませんが。
ヒロインらがあとがき絵で並んでいました。
前者「しゅくだい!」は付き合う従妹「まお」との夏休み風景。
計画的に宿題を終わらせていた「信二」に対し、「まお」はまだ手つかずな状態で。
自由研究の題材をえっちにすれば良いのでは、と考えたのでした。
正確に何歳か分かりませんが、バカ野郎ですね。
ただ、そんなんでも学術的な要素あれば評価貰えると思いますが…2人のしたことは、コスプレとかプールとか祭りなど、単にシチュエーション変えてのプレイ。
どーでもいいですが、そこから何を提出したんだろうか。
後者「ちぃおっきい」はお隣の「霧」さん。
彼女に恋する「小山郁」は自分の背丈にコンプレックスを持っており。
やっぱり大きい方がいいですか!?
思い切って、そう聞いてみたところ。
それを男性器サイズだと考えた彼女は、年頃だしと勘違いしたまま彼のズボンを脱がすのでした。
年下相手にエロい発想ですねー(笑)
「霧さん」は収録眼鏡ヒロインのうち、丸眼鏡の可愛らしい方。
場所が家内なためか、ノーブラなシャツにホットパンツという刺激的な格好です。
そもそも彼女が男性器を露出させたため、成年漫画らしくお口から発展。
勘違い続くまま、年上女性らしい優しさあるえっちでした。

101:「ハメハマ!」
義妹「藍紗(あいさ)」と相思相愛な「羽山宗助」
えっちはいつもお尻で終わっており、そろそろ直接~と考えた彼は、カップルに人気だというプライベートスポットへ彼女を連れだしたのでした。
あれ、単に施設充実したラブホですよね。
縞模様ビキニな「藍紗ちゃん」が実にキュート。
可愛らしい顔に似合わぬスタイルです。
ほんと仕方ないなぁ、兄さんは…
とかなんとかの台詞が良い。
そのままお風呂えっちになっていました。
なお、なにゆえ今までお尻であったか、の答えもちゃんと描かれてましたが。
なかなかドえろい発想がためでしたよ。

121:「WALL!!」 カラー原稿
受験生「間柱蓮」はとなりから聞こえる独りえっちの声に悶々としていたんですが。
その声の主が色っぽい「椿綾音(つばき・あやね)」だと知り、直接訪ねてみることとしたのでした。
玄関先で、いきなり露出させて見せつけた彼。
もし間違いだったら、しっかり警察のお世話になるシチュエーションですね(笑)。
あれで部屋に引き入れる「綾音さん」もかなりのエロ女性。
”性欲強過ぎてお付き合い続かない”
とあったので、果たして彼が継続して満足させることができるかどうか…。

141:「付喪神」
ナンパ失敗した「大和」
帰り道で助けた猫は付喪神「椿」だったのです。
精を糧とする彼女は、えっちしたいという彼の申し出に快く応じたのでした。
偶然かな、また「椿さん」ですねー。
猫耳神様とのえっち。
尻尾もありました。
いちおう和服を着てますが、露出過多なデザイン。
「大和くん」は人間ながら神様「椿さん」が驚くほどの持続を見せ。
どうなるのかなー、って思っていたら、驚きの結末となります。
あれは良かったのかなぁ。

157:「うぉーきんぐ」
食べるの好きな「未知」は年末年始での行動からダイエットすることとなり。
彼氏「大志」とウォーキングしていたところ…というお話。
走る「未知さん」はスパッツ姿。
非常に良いお尻でした
彼氏があーなるのも納得。
確かにその場でしたいですわね(笑)
「未知さん」はなかなかノリ良い娘で、野外ながらあっさりOKしてくれていました。
魅力的なお尻で、個人的には収録ヒロインで最もお気に入りです。
裏表紙のもう1人が彼女ですね。

義妹「藍紗」、「未知」
※左:義妹「藍紗」、右:「未知」

179:「実験バカ」
実験部の教授(通称)はえっち漫画の通りになるか、助手(通称)の彼と共に実験するのでした。
収録眼鏡ヒロインのうち、知的でツリ目なタイプ。
白衣でのえっちがいい感じ。
そうした雰囲気の割に、なかなか可愛らしいこと言ってましたよ。 
背丈小さいようだったので、また異なるシチュエーションでみたいですね。

193:「こういうはじまり…」
ずっと好きだった、と「椎名葵」から告白された「天川滝(あまかわ・たき)」
しかし、彼の返事はNOで。
ずっと独身でいこうと思ってた
とまで言われてしまったのです。
そこで、「葵」はセックスフレンドになると提案したのでした。
なかなかエロい妥協案がいいですね。
「葵さん」それっぽい雰囲気ないのに。
裏折り返しでカラー絵が見れます。
様々なプレイも従順に従っていましたが、そこまでの好意はやや重い気が(笑)

 【 その他 】

そんなこんなで、「Lapis Lazuli(らぴすらずり)」センセでした。
「うみょんげ」という名義もあるようですね。
こちらのブログでは、以前に「Metamorphose~メタモルフォーゼ~」を取り上げています。
今回は…ざっと見たところ、8冊目くらいでいいんでしょうか。
↓表紙のヒロインに釣り上げられました。
髪型とか色彩が良く、構図もきちーっと収まっていていいですね。
赤白の服装はなんだか巫女さんみたいで、和洋折衷な感じ
ただ。
たぶん、この娘本編には登場していないと思います。
(※実は探しつつ読んでいたひでるさん)
ちょっとがっがり。


発情ヤリすぎ・これくしょん (ポプリコミックス)発情ヤリすぎ・これくしょん (ポプリコミックス)
(2015/02/21)
LapisLazuli

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コスプレ パンチラ

■きて!みて!イジって! (嶺本八美)

★まんがデーター [18.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●● 
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ロリ、コメディーパンチラ
・構成 : 短編×10話(うち「来て!見て!イジって!シリーズ」×4)
・おまけ: あとがき、ゲストページ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「嶺本八美(りょうもと・はつみ)」センセの「きて!みて!イジって!」です。

平子清香(上)・大谷一穂(下)
※平子清香(上)・大谷一穂(下)

 【 構成・絵柄 】

収録は表題のシリーズものと短編群。
表題のエピソードはメインが1話、キャラの1人にピックアップした外伝っぽいのが1話、描き下ろし2本という構成。
繋がりはなく、それぞれ独立したお話ですね。
そのほか短編を含めて、ジャンルはコメディー
くくりがLOなので、登場ヒロインは皆そっち系です。
…なんですが。
ひでるさん考える、ガッツリとしたロリ系(小さい娘が大人に無理矢理エロスみたいなん)よりも年齢は高めで、えっち展開もやや違う印象。
前述したように、コメ色が強く、はっちゃけ度も高く
そのあたりが好みと合致するか、どうかですかね。
そう、パンチラ描写が多めなのも特徴だと思います。

しっかりとした細線での作画。
全体の色づきはそこそこで、黒は強め。
基本的な描き込みは適度なくらいだと思います。
コマ割りは中小で、端の枠間がほとんどなく。
枠内は賑やかで、原稿全体でもかなり賑やかでした。
小さいコマや引き絵もバランス良く丁寧で、背景や小物も巧く、違和感なく。
安定感もあり、綺麗にまとまっています
人物は幅広めな輪郭で、顔パーツはデフォルメ小さめ。
黒ぶち眼鏡な娘が特徴的ですね。
動きや表情が良く、可愛らしいものでした。
判断については、そうカラーと変化ないので↓表紙・裏表紙で大丈夫です。

 【 収録話 】 10話収録

003:「おっちゃんとあそぼ」
「恵」ちゃんは”おっちゃん”と呼ぶ近所のお兄さんと親しく、彼の部屋でしばしば遊んでいて。
家庭環境が複雑であり、その日は宿泊する気満々だったのです。

そこそこ長い髪を後ろで縛ってお下げにしている「恵ちゃん」
活発な可愛らしい娘ですねー。
ただ、前述したようにその両親は色々あるようで。
年齢の割に、大人びた面も見せていました。 
そのためか、泊まることを反対された際、無理矢理・したたかにそれを承諾させています。
そうだ!宿代の代わりにあたしのこと好きにしてもいいよ?
ついでにそんなことを言っていましたが…実は結構本気だったことでえっち発展。
目隠しブレイです。
おっちゃん的には、辞退させるべく怖がらせようとしていたんですが。
「恵ちゃん」が頑張ったことで、止まんなくなってしまうのでした。
水玉模様が素敵
ガッツリされてしまうので、お楽しみに。
オチがまた良く、冒頭話に相応しいラブコメ度合いでした。

031:「来て!見て!イジって!」
063:「先生が子供の頃ってどんなでした?」 描き下ろし その1
067:「地味なメガネっ娘の私がいかにして派手なぱんつを穿くようになりしか」
187:「先生にえろ動画をあげたい!」 描き下ろし その2
収録では唯一のシリーズもの。
2週間ほどの教育実習を終える「瀬田友康」
パンツ好きな彼はクラスの女子14名のうち13名のパンチラを目撃していたんですが。
唯一、清楚で最も好みであった「蒔田希(まいた・のぞみ)」だけは見れなかったのでした。
しかし、そんな「希」を含めた「平子清香(たいらこ・きよか)」・「大谷一穂」ら3名よりお別れ会に誘われたのです。
だいたいそんなオープニング。

蒔田希、千里
※左:蒔田希、右:千里

属性で書いた、パンチラたっぷりなエピソード。
クラス女子のうち、彼がパンチラ好きだとこの3名は看破していたんですね。
インパクト出すべくわざわざ気をつけていた、という「希ちゃん」が可愛い。
数ページほどパンチラ(モロですか)祭りみたいになってましたよー。
当然のように、そのまま複数えっちに発展。
特にコタツ内でのシチュエーションが好き。

描き下ろしのその1は教育実習「瀬田くん」が学生時代の風景。
授業中にも関わらず、連続で3名のパンチラをゲットしておりました。
こちらの行動から、教育実習で13名見た~というくだりが偶然とか何とかでなかったことが伺えます。
ちゃんと授業しなさいよ。
その2は、ヒロイン3名が彼にえっち動画を送ろうとしている風景。
当初「希ちゃん」だけだったところに「清香さん」を絡めて変化を出し。
いまいち弱いということで、撮影していた「一穂ちゃん」が加わるという流れ。
そう、演出は彼女がやっており、さすが経験者(後述)というところを見せていましたよ。

続く短編「地味なメガネっ娘の私がいかにして派手なぱんつを穿くようになりしか」は、登場ヒロイン3名のうち、地味目な眼鏡っ娘ながら派手な下着を着けていた「一穂ちゃん」の主役回。
彼女には「千里」というはっちゃけた可愛いモノ好きな叔母がおり。
「一穂ちゃん」にも何かと着せ替えを強要してくるのでした。
年上なお姉さんに流れるままされてしまう、百合えっち。
どうやら「千里さん」自身、下着で恥ずかしい思いをしていたらしく。
服装にも気を使っていました。
あれでいいかどうか不明ですけどね。
再度前話を見てみると、なるほど「一穂ちゃん」は慣れた所が見えましたよ。
描き下ろしとかこちらも良かったので、ぜひ各ヒロインのピックアップをやってほしかったです。

095:「誘声からきたお兄ちゃん」
下校途中、見知らぬ男性から声を掛けられた「真由」ちゃん。
よくある手口ですが、部屋にまで上がっちゃー駄目だよー
コタツに入るんですが、しっかりカメラ仕掛けられていました。
真似しないように。
中盤からは衝撃展開。
謎の覆面男にガッツリされてしまいます。
そんなんでオチは急転直下で驚き。

119:「しおんさん台風にのる」
図書館の返却日に台風が…というお話。
ぶっちゃけ、その設定でえっち展開にはなりそうにないんですが…実にはっちゃけ展開でエロスになってます。
どうなるかは、面白いので伏せます。
えー、縛られたりするんですけどね。
悪天候にもかかわらず、ちゃんと返却に向かう「詩音」さんが偉い。
ただ、あの場面は親止めないとダメでしょう。
しかもミニスカートだったし。
(玄関時点でパンチラしてたよー)

135:「放課後IXAしまSENKA?」
タイトルは「ほうかご・いくさ・しませんか?」と読みます。
男女で激しく対立するクラスにて、女子側のリーダーである「鬼柳みゆき」さん。
日直だった彼女が1人でいるところを見つけた男子らは、チャンスとばかりに彼女を襲うのでした。
…といっても、当初はくすぐってただけなんですけどね。
このあたりの描写は、なんというか年相応で安心(笑)
下着モロ出しではありましたが。
相当な数の男子に取り囲まれていて、全裸にされたあたりからはさすがに気の毒に感じました。
オチはどうなるのかなーと思いつつ読み進めると、意外な展開に。
まぁ、少しは成長したということかな。

155:「密室の運動会」
運動会でトイレに行った「池上舞」
しかし、個室に見知らぬ男が乗り込んできたのでした。
8ページのショート短編。
活発そうな「舞ちゃん」が可愛いんですが。
これ、実は結構恐いお話ですね。
ああされたら、どうにも対処できないだろうしなぁ。

恵ちゃん、鬼柳みゆき
※左:恵ちゃん、右:鬼柳みゆき

163:「チカン・トレイン -淫行・テンタクル-」
タイトルそのまま、触手と痴漢が合体した、お好きな方にはたまらないだろう短編。
”宇宙人の存在が当たり前になった”
そんな未来な舞台設定であるものの、いまだ列車に痴漢が出没するのでした。
中学生になり、リニア通学となったヒロイン「ミララ」
母親から「エロチカン星人」に気をつけるよう言われたものの…という流れ。
2コマ程度ですが、お母さんがヒット(笑)
気をつけるよう娘に言うシーンで、ちょっと照れた表情が実にキュート。
経験者ですね。
しかし、運悪く混みあう車内で間近に位置してしまうのでした。
かなりメインシーンにページが割かれていて。
しかも、かなりの数に這い回られてたりしてしまうのです。
お好きな方は大満足でしょう
未来でも特に対策ないんですねー。
ああしたオチもどことなく現代的に感じました。

 【 その他 】

そんなこんなで、久しぶりな「嶺本八美」センセでした。
前巻が2009年09月ということで、あとがきにもあったように5年振り。
そうなのかー。
ブログでの紹介は一般系「恋愛かがく実験」と成年系「恋愛かがく実験」です。
これが9冊目くらいですかね。
この単行本らしい、はっちゃけた↓表紙ですね。
背景の黄色とタイトルのフォント、ヒロインの表情コメディーちっく。
いちおうバスト見え、下着も脱げたりしているんですが…。
えっちの直前とも、くすぐられた直後とも見える、絶妙なラインが素晴らしく感じがしました。
なんというかエロ過ぎなく、普通でなく、という。
…とか、勝手にそう思ったんですけど、どうなんでしょう。

きて!みて!イジって! (TENMA COMICS LO)きて!みて!イジって! (TENMA COMICS LO)
(2014/09/26)
嶺本 八美

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー パンチラ

■ちちにくりん (竜太)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳
・構成 : 短編×12。
・おまけ: あとがき、ゲストページ、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「竜太(りゅうた)」センセの「ちちにくりん」です。

「聡美さん」のお母さま、鮫島さん
※左:「聡美さん」のお母さま、右:鮫島さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
だいたいは読み易いラブコメ話となっています。
うちラブ要素は印象として薄め。
コメディーもそう強くはないんですが、お話の展開としてはそっち系です。
全体的に、ヒロインがあっさり応じ過ぎな気がしました
ここは読者にとって良し悪しかな。
そう読ませる漫画の印象ではありません。

そして作画なんですが。
やっぱり目立つのはそのおっぱい
素敵な大きさと迫力でした
これ眺めてるだけで幸せな気分になりますわ。

絵的にややタレ気味ではあるんですが、リアルさあり。
なんというか、たっぷりとした巨乳が重力に引かれてる様が絶妙に描かれておりました
適度にデフォルメもされているんですけどねー。
お腹から腰回りにかけてのぼってり感も見事。(←当然そうしたキャラですが)
大きめがお好きな方にはいいでしょう。
…で、終わってしまうと胸の話だけになっててしまうので、もう少し。

強めのしっかりとした線。
概ね大きいコマ割りで、描き込みは適度なくらいでごっちゃり感はなく。
濃淡はやや濃いめでしょうか。
原稿は最近のものばかりで構成。
そう落差はないものの、やはり最近のが繊細で垢ぬけたような印象でした。
キャラは縦長な描き方で、すらりとした縦線な鼻が特徴。
どっちかというと年上ヒロインのがよくマッチしています。
表現・漫画についてもそう悪くはないと思うんですが。
個人的にはちらほら見返す個所があり、もう一歩というところ。
判断については、白黒のがお上手なので、カバーからいくらかプラス点で良いでしょう。

 【 収録話 】 12話収録

003:「やっぱり乳が好き」
「克美」とのえっち直前で叔母「多佳子」と鉢合わせしてしまった「賢三」
怒って彼女が帰ってしまったため、慰めてもらうという展開です。
「克美さん」が機嫌悪くしたのは、「多佳子さん」を勘違いしたため?
窓を横切る「多佳子さん」という前半のコマもよく分かりません。
全開にしたままえっちしようとしてたのかな。
よく分かりません。
切っ掛けがイマイチではあったものの、「多佳子さん」の肉付きは非常に良い感じ。
おっぱい見るクセ相変わらず~
とか言ってましたけど、そりゃ癖ではないと思う。

019:「性夜物語」
クリスマスにビキニサンタのコスプレをした「鮫島」さんと複数えっちなお話。
あの格好は寒いというより、正気を疑いたくなるようなもの。
せめて店内でしょ。
そんな訳で、店内へ逃げ帰った彼女が「栗山」くんにぴたとひっついたことで、営業中えっちに発展しています。
このシチュエーションはいいですねー。
途中で気付いた「林田」くんも参加しているんですが、店はいいのか(笑)

恵ちゃん
※恵ちゃん

035:「デリバリーヘルプ」
デリヘルを頼んだ「真田」くん。
家に来たのは、昔告白して断わられていた家庭教師の先生だったのです。
まぁ、願ったり叶ったりですね。
土下座までするのも納得(笑)
もともと家庭教師らしく、えっちをリードしてくれていました。
本来は本番NGなようでしたが、巧い事直接行為に持ち込んでましたよ。

051:「樽ドルマスター」
娘「小島聡美」が勝手に応募していた、モデルオーディション。
それに無事通過してしまったため、やむなく選考会に出掛けたんですが…なんと水着審査まであったのでした。
収録ではこちらが最も良かったです。
「聡美さん」のお母さまは実に良い肉付きで
そのビキニ姿の破壊力は相当なものがありました。
ああ、スタイル良ければいいってものではないですわね(笑)
男らのやる事にもそう抵抗することなく、あっさりえっちに流れておりました。
カメラの前でピースとかさせられていましたけど、ありゃ完全にモデルではなくAVですよ。

069:「ヤル気のダシ方!」
町内会の行事、草むしりに無理やり連れてこられた「千秋」さんの野外えっち話。
草むしりとの交換条件でお尻を触らせてあげる、という切っ掛け。
どーでもいいですが。
草むしりに来たというのに、「千秋さん」は上下と下着(ショーツ)だけしか着てないのね。
しかもスカートだったし。
せめてブラくらいはしてきなさいよ。
途中でお父さんが来たりする、ドキドキえっちでした。
オチがいまいちぼんやりとしてたかね。

085:「兄様のフェロモン」
帰省した主人公は昔馴染みのお隣さん「恵」の家を訪ねたのでした。
フェロモンというか、匂いフェチっぽい描かれ方。
お兄ちゃん」とか言ってる「恵ちゃん」が可愛く、また穿いてる黒パンストも素敵。
彼もなかなか脱がさなかったので、いいお尻具合が堪能できます。
なお、ほぼ巨乳揃いな単行本ですが、「恵ちゃん」はそう大きくはありませんでした。
容姿的に正解だと思います。

103:「ローションキャプチャー」
タイトルそのままローションえっちなお話。
ヒロイン「環」さんとは窓越しに部屋を行き来できるラブコメ距離でした。
まぁ、かなり親しかったようなので、切っ掛け待ちという印象。
なかなかトンデモなところに鉢合わせはしたものの、あれで良かったか。
「俊介」くんもいい場面で一言掛けていましたわね。
ただ、タイトルもあーなので、絵的にはもう少しベタベタ・ぬるぬるな方が良かったなぁ。

119:「ガンガンやろうぜ!」
先の原稿から2011年度のもの。
ちょっと雰囲気がもっさりしてるかな、とはっきり感じるのはこのあたりからですね。
某有名ゲームを想像するタイトルですが、ゲーム会社に勤める企画の2人がやり取りからお泊りになってしまう流れ。
眼鏡で巨乳な「橘」さんです。
アルコールもあって、夜に色々直接的なことを言って、シテいたらしく。
また、彼女も好意をもっていたため、あっさりえっち展開となってます。
地味目で真面目そうな雰囲気ある「橘さん」
結構彼が遠慮なかったようで、ちょっと怒っているんですが…そこがやたら可愛いです。
オチのポフッ、も素敵。

137:「酔虎伝」
酔っぱらった先輩「有紀子」の相手をする「新之助」
本来は彼女の妹「睦美」に好意を寄せていたんですが、ちょっとした冗談を切っ掛けとして「有紀子」に味見をされてしまうのでした。
彼の息子が予想以上に大きかったんですね。
トイレ内のえっちで、予行練習をさせてあげる、みたいな名目。
オチではあの後うまくいったようではあるんですが…平然としている「新之助くん」はなかなかの大物かも。

153:「にゅうがくせい」
万引きがため、生活指導室に呼び出された「本間」くん。
盗ったものは粉ミルクだったんですが、その理由は、
どうしても母乳の味を確かめたくて…
というものだったのです。
うむ、なんだかエロい空気がしますよね。
こちらの先生はちょうど出産したばかりということで、そのおっぱいをもらうこととなったのでした。
ページ数がためか、初回の描写をいきなり飛ばしてしまったのは残念。
たぶん、ドキドキ感あるだろうと思うんですが…。
それに先生がハマってしまう展開なので、行為を想像してじんわり母乳が滲むとか、びゅーびゅー飛ばすとか、もうひとフェチ要素が不足していたと思います。

169:「顔より男根!」
「薫子」・「浩美」の複数えっち話。
これはコメディーですね。
まぁ、「薫子さん」が人気なのは納得。
策を弄した「浩美さん」が自滅する流れも良いんですが…個人的にはまったく刺さりませんでした。

叔母「多佳子」、叔母「和美」
※左:叔母「多佳子」、右:叔母「和美」

189:「甘栗むいちゃいました」
収録ではもっとも古い原稿の漫画。
引っ越した叔母「和美」を手伝う「優一」
しかし、「和美」はお菓子好きで、サボってばかり。
そこで、そのお腹まわりを指摘したところ、荷物そのままで逃亡してしまったのでした。
そんな訳で肉付き良いヒロインとのえっち話。
お互いの掛け合いは言いたこと言っており、かなり親しい雰囲気。
姉弟みたい。
台詞から初えっちだと思うんですが、かなりこざっぱりしているのがつまんないですねー。
少しでもいいから躊躇してほしかったかな。

 【 その他 】

以上、「竜太」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
またいきなり完成度高いですねー。
紹介帯には”だらしな爆乳作家”とか冠をつけられていました。
まぁ、おおむねそんな感じとは思いますが…。
もう少しカチッとした何らかをつけてあげたいですわね。
次の単行本も期待してます。

ちちにくりん (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ちちにくりん (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2013/02/28)
竜太

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ラブコメ コスプレ

■アクトレスアクト (椋蔵)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] コメディーラブコメ、女装、集団
・構成 : 9話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: カバー裏に4コマ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椋蔵(りょうぞう)」センセの「アクトレスアクト 1巻」です。

成沢和奈
※成沢和奈

 【 構成・絵柄 】

2巻以降まで続く長編ストーリー。
寮を舞台にした集団漫画で、主人公以外は皆女性なので。
ハーレムっぽい色もありました。
まぁ、そう良い目ばかりではないんですけどね。
ジャンルとしてはラブコメ
女の子は複数登場してましたが、他に惑わされることはなく。
メインヒロインとの距離を縮めております。
そう障害はないものの、独特な設定がため、その歩みはゆったり。
派手に展開していきそうなのは、2巻以降のようでした。

成年漫画も描かれる「椋蔵」センセなんですが。
意外にもサービス描写は少なめ
谷間のアップは多いんですけどねー。
このあたりの詳細はまた後述しますけど、いちおうバストトップまでしっかり描かれてます。
描かれない系統だと思ったので、個人的には驚きでした。

サービスは薄くとも、登場する女性陣は魅力的。
すらりとした身長で、漫画らしい可愛さあるもののデフォルメは強くなく。
透明感ある、爽やかなお姉さん絵になってます。
そのタッチもサラリとしていてシャープさあるもの。
そこそこ色づきありますが、黒は強くなく。
描き込みもコテコテしない程度でまとまっていました。
ただ、そうしたカチッとまとまった画風がためか、なんとなくカタさみたいなものを感じることがあり。
ちょっとした力の入れ具合の変化とか、細かいところが目立ちやすいと思います。
些細な程度なので、普通に読むには問題ありません。
カラーでも変化は少ないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう

 【 収録話 】 9話収録

003:第1幕「オンナのようなオトコをつれて」
女性と見間違うほど綺麗な顔を持つ「国井貢」
その容姿がため、学生時代には彼女に振られ、社会人となった今は上司に迫られてしまい。
激しく拒否をした結果、なんと解雇されてしまったのでした。
その帰りの電車にて。
友人らと飲んでいた「貢」は、夢にうなされて隣に座っていた「成沢和奈」に裏拳を直撃させてしまいました。
鼻血をたらしつつも謝罪を受け入れた彼女。
交換条件として、所属する劇団”ネコマネキ遊劇団”の芝居を見に来てくれるようお願いされたんですが…それが突然の中止に。
責任を感じた「貢」が、リーダー「新堂麗羅」にお詫びをしたところ、劇団の雑用係として働くこととなったのです。
しかも、皆が住む女性寮に女装して入れられたのでした。
ちょっと長くなりましたが、だいたいそんなん。

女性だけの寮に住み込む、ハーレム系なラブコメ漫画。
男子であることを隠し、そちらに女装で乗り込んでいるというのがコメディーになってます。
ハーレムと言っても、住む女性が揃って個性的なため、その対象には微妙であり。
また、”バレるとどうなるか分からない”、というドキドキもあって、ラブは控えめ。
本編でも「貢くん」が言ってましたが、イマイチ色っぽい展開になりません
(※当然ながら、ない訳ではない)
逆に、正ヒロインとの距離は確実に縮まりつつありました。
特殊な環境下でのラブコメという感じかな。
また、皆さん劇団員ではありましたが、演劇要素はかなり低め
たいてい寮内が場面となっていて、そんなんは設定の1つという程度でした。
2巻以降はまた変化あるかもしれませんが。
ただ、そう長々と続くようには見えませんでした。

ネコマネキ遊劇団
※ネコマネキ遊劇団

導入の1話目は、女装して寮に乗り込むところまで。
じっくりページを割いて経緯が描かれております。
リーダー「麗羅さん」はこうした漫画のお約束というべき、強く強引なキャラクター。
まんまと、この滅茶苦茶な条件をのませておりました。
一方、メインヒロインの「和奈さん」は個性的な面々に負けない、可愛らしい方
そんな彼女の初見が、いきなり鼻血たらしてるというのがコメディーでした。

031:第2幕「女子寮で眠るための方法について」
女子寮に入った夜の風景を描いたこちら。
あっさり「和奈さん」に見破られたのは意外。
もっと引っぱるかと思ったんですが…その後の色々を見る限り、なるほど早い所味方がいないと、トンデモない場面で露見してしまいそう。
(※現実には、その他要素で騙し続けるものではないのでしょうけど)
彼のカツラをかぶって喋る「和奈さん」がキュート。
2週目で気付きましたが、この際の彼女の言動は納得感あるものでした。

後半に登場するのが、劇団員の1人「浅尾志乃」
既に声優として成功しており、確かに客寄せの要因になっていそう。
彼女は「和奈さん」にラブラブで、2人のいちゃつくシーンは見どころになっています。
ほぼ眼中にない、「貢くん」への対応が可笑しい。

051:第3幕「ポリエステルの白夜に踊れば」
冒頭から喋り続ける姿が独特な「有栖川璃々」さんの登場回。
1人でボケ倒しており、最も際立つ個性の持ち主でした
相手するの疲れそう。
(そのくせ鋭さもありそうだし)
その後に登場するのが、劇団員の5人目「赤杉千夜」
こちらはサバサバとしたボーイッシュなタイプで、ここ数話のポイントになる”「和奈さん」の彼氏について”を語っていました。
そんな彼女は変わらず協力的で、言動も楽しく。
あのやり取りはヤバいですねー。

071:第4幕「遊劇団はカーニバルの口笛を吹く」
後半の”大巨乳中継”が可笑しいこちら。
寮に劇団員5名が集合し、改めての顔見せとなってます。
そうした中、ちらほらギリギリの話題を振ってくる「麗羅さん」
良いキャラですね。
バレるってば。
アルコールも入り、場が荒れてくるんですが…ここでは「貢くん」にいきなりの危機と最大のチャンスが
あれは…気付かないものかなぁ。
ジャッジが「璃々さん」だったので、あるいは気付いていながら~という展開もありそう。
チャンスについては、ぜひ単行本でどうぞ。

091:第5幕「ガールズレイヤー・1」
タイトル扉では皆でチアガールに扮しているんですが。
どっかの一般えっち漫画みたいでしたよ(笑)
そんな訳で、だいぶ寮に馴染んできているこちら。
後半のバイトする「和奈さん」がメインでした。
ファミレスの服装はもっと可愛いのでも良かったのでは。
1話に顔を見せていた友人らがまた登場してます。
「姫子」さんはもっとガッチリ言わないと彼はずっと気付かないままだと思いますよー。
その点、「貢くん」は頑張ってました。

111:第6幕「ハッピーソングが聴こえる場所」
そもそもハーレム状態のはずなのにラッキースケベイベントが少なくねぇか?
とは「貢くん」の台詞でしたが、その通り。
何しろ、パンチラ程度でもちょっとだけでしたからねー。
(※その原因がまた可笑しいので、ご期待下さい。なるほど)
そうした前フリあってか、収録でも屈指のサービス回
なんと、紆余曲折あって「和奈さん」と一緒にお風呂という展開になります。
ここでも「璃々さん」がまた実に良い動きを見せていましたよー。

131:第7幕「初夏にして君とわかれ」
「志乃さん」の台詞、
オトコの気配がする
…を切っ掛けとしたこちら。
こうした危機的場面で、「麗羅さん」は助けるどころか、またギリギリを示しますわね。
後半では、さすがリーダーというところを見せていましたが
前話の続きで、「和奈さん」の反応が可愛い。
なんのかんの言いつつ、だいぶ仲良いです。

浅尾志乃、有栖川璃々
※左:浅尾志乃、右:有栖川璃々

151:第8幕「ガールズレイヤー・2」
171:第9幕「ガールズレイヤー・3」
こちらは第5幕の続き、「和奈さん」の秘密について描かれております。
それがどんなんかは伏せておきますね。
5幕などもそうでしたが、「貢くん」の頑張りが少しづつ効いてきたかな。
ああしてちらほら言われてれば、そりゃー彼女も悪い気はしない筈。
また収録のラスト9幕では、見事な策を披露しています。
これは…惚れるだろー。
次巻ではデレる「和奈さん」が見られるかな。
その彼女ですが。
腕組まれた時の「貢くん」が実に可笑しい。
まぁ、男性はドキっとしますよね、ああしたタイミングでは。
彼女はかなりのサイズなんでねぇ。

 【 その他 】

そんなこんなで、「椋蔵」センセでした。
こちらでは「イロドリ COLORFUL DREAMS」、「レイズデイズ」、「ユーフォリアジュース」、「ラブトライク」、「グケグテ  GKGT」…と、紹介しています。
たぶん他にないっぽいので、こちらで6冊目。
初の連続モノですね。
ちらほら書いてきたそのまま、えっち描写は少なくて残念でしたが。
漫画としては非常に良かったです。
いままでの単行本で最高の出来栄えだと思います
サービスシーンは控えめで正解だったのかも。
あとは2巻以降がどうなっていくか、ですね。


アクトレスアクト 1 (芳文社コミックス)アクトレスアクト 1 (芳文社コミックス)
(2013/09/17)
椋蔵

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ コメディー パンチラ バストトップ

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ