FC2ブログ

■やっちゃうの!! (yam)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ロリ、ラブコメ、妹
・構成 : カラー(4P)、11話収録(うち「海の家のアルバイト」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・漫画、

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「yam(やむ)」センセの「やっちゃうの!!」です。

「心愛ちゃん」
※「心愛ちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1話の連続モノ以外は全て短編での構成。
連続モノは前後編で、同時刻の別場面をそれぞれ切り出したものになっていました。
雰囲気そのままなロリ系単行本。
LOでは第207弾となってます。
このご時世で凄いなぁ。
ヒロインらは今時な娘という感じに描かれていて、たいてい主導権を持っています。
また単に強いだけでもなく、ちょっと年相応の可愛らしさを見せてくれるのがポイント。
えっちだけでなく、実に人間的に生き生きと描かれてますね
ごく甘いものも良いですが、押し引きの具合がちょうど良いくらいだと思います。
また、のジャンルがため妹キャラも多いのですが。
近親関係については、躊躇ないものばかりでした。

さらりとした細線での作画。
描き込みはややさっぱり目ながら目立ちはしてなく。
全体の色づきはあり、濃淡は若干濃い印象でした。
コマ割りは中小で極端な変化なく。
枠間もだいたい確保されていました。
結構収まりは良かったです。
大コマが効果的で、迫力とパンチ力のある漫画具合ですね。
表現は派手ですがバランスに優れていて。
コメディー崩し多いものの、お話と馴染んで良いメリハリとなっていました。
たるんとした曲線の輪郭で頭大き目のロリ系人物絵。
白目の範囲が広い独特な目が最大の特徴で、なんともいえない生意気さを醸し出しています。
あれでちゃんと可愛くも描かれるところが凄い点だと思います
癖は強いんですけどね。
カラーでも変化は少なく、判断については↓表紙・裏表紙で大丈夫です。

 【 収録話 】 11話収録

003:「こんがり妹っくす!」 カラー原稿あり
両親が帰省している中での妹えっち話。
夏バテしている犬のため、庭先でビニールプールへ水を張っていたところ。
妹「まりか」が涼みにやってきたのでした。
↓表紙右側の娘ですね。
もともと別にプールへ行く予定だったらしく、ちゃっかりスクール水着着用しています。
お兄ちゃんとは既にガッツリ関係にあり、展開はスムーズでした。
カラー原稿部分はそのえっち抜き出し。
メインでは共にプールへ行く予定だった友人「トモ」ちゃんが登場。
庭先から覗かれてるシチュエーションとなっています。
(※気付いたのは兄だけ)

027:「妹の友達はサンタクロース」
妹「みゆ」の友人「イブ」ちゃん。
クリスマスの日、上の階から窓伝いに降りてきたんですが、間違えて兄の部屋のベランダに到着していたのです。
何階建てのマンションか知りませんが、危ないことするなぁ
(※背景の雰囲気から、少なくとも2階から1階ではなさそう)
いちおうサンタコスプレのようでしたが、
ネコ?悪の女王?
…とか称された、はっちゃけた恰好をしています。
本来ならば何事もなく終わったかもしれませんが…ちょうど彼が1人プレイの真っ最中だったこともあり、誤魔化しえっちです。
興味出てくる年齢なのか、まじまじ見つめてましたけどね。
素直に要求に応じてくれていました。
ラストページでは大人の階段を1段進んだような、いい表情しています。

妹「まりか」、「イブちゃん」
※左:妹「まりか」、右:「イブちゃん」


041:「ねこっかぶり」
離婚した姉が連れてきた娘「心愛(ここな)」
当初はおしとやかなお嬢様然とした物腰でしたが。
1週間もすると、叔父「たかし」には本性を見せるようになっていたのです。
まぁ、それだけ心許されたってことですわね。
(※祖父母にはまだ猫かぶってるようなので)
あたし賢いから~」なんて発言もありましたが、実際そうなのだと思います。
メインはお小遣いせびる「心愛ちゃん」がサービスしてくれるというもの。
叔父さん、あっさり釣られ過ぎだよ…。
そんなんだから、1週間程度であーした態度になっちゃうのだろうけど。
生意気な言動でしたが、年相応の可愛らしいところも垣間見え。
途中からはまた印象が変わると思います
特にラストページはキュートでした。

061:「バレエ・レッスン」
バレエ教室に通って3カ月という「横山美佳」
友人らの柔軟に驚いた彼女は、その1人「エリ」の”家でもパパに手伝ってもらって”という発言を参考に、早速自宅でもチャレンジすることとしたのでした。
向上心あって実に結構
せっかくヤル気を見せていたのだから、あの場面で母親には協力してほしかったですね。
漫画じゃなくなっちゃうけど。
そんな訳で、申し出をしてきた兄に協力してもらうこととなったのです。
だって兄貴体よくさわってくるし--キモイ
そんな発言を「美佳ちゃん」がしていました。
ガッチリバレてますよ、お兄ちゃん。
そんなん言われてもエロスを前面にしてくる彼は凄い。
いちおう妹なのだが。
なにが良かったのか、いちおう成果も出てたりしていて。

081:「海の家のアルバイト」 前後編
海の家でバイトする男子ら4名。
他の3名とは同じ趣味で知り合っており、前年度はイイ思いをしていたとのことで参加していたのですが。
同じく初参加の「文香」が泣き出してしまったため、落ち着かせようと2人して部屋を離れることとしたのでした。
前半は6名の複数えっち風景。
成年漫画的な、派手で慣れたえっちがたっぷり見れます。
ただ、漫画のメインはこちらではなく。
後編は「文香ちゃん」を連れた主人公の同時刻風景となっていました。
えろい漫画ではありますが、なんというか昔話ちっくな良い教訓という風情もあり
ああした場面でも流されることなく人間的に対応した彼が、最終的に良い思いをしていました。
えっちに慣れきっていた様子だった他の3名にも良い影響を与えてます。
ちょっとイイ話

123:「夏休みの塾」
塾講師と生徒「朋美」ちゃんのエピソード。
↓表紙の左側の娘で、そちら同様にガッツリとした日焼け跡がポイントとなっています。
2人は既に関係しており。
えっちするたび、スタンプ押してたりしてました。
ヤバいなぁ。
「朋美ちゃん」は今時な娘で、なんのかんの生意気にしていたものの。
気さくで女子にも人気な彼に、なんとなく苛立ちを見せてる姿が可愛い。
オチの流れまでよくまとまっていました
まぁ、勘違いして当然。

141:「拾ったメモリー」
「ちひろ」ちゃんの目隠し・複数えっち。
彼女中心の描き方で、やや趣が異なっているんですが。
その理由はオチにて明らかになります。

161:「ゆきあそび!」
同じアパートに住む鍵っ子「美優」
くるくると素直で可愛らしい娘で、面倒を見てあげていたことで慕われており。
そっち趣味の彼としては、色々とネタ提供してくれる彼女とはいい関係でした。
雪が積もったその日、”家の鍵を落とした”という彼女を外に放置する訳にもいかず。
自らの部屋にて服を乾かすこととしたのでした。
いちおう、冒頭時点では近所の良いお兄さんしていました。
(内心どう考えていようとも)
そのため、部屋に連れ込んでも何もせずにいたのですが…えっち展開は彼女の好奇心がためでした。
登場ヒロイン中、表情豊かでリアクションも可愛い、楽しい娘さん。
ただし、そんな漫画みたいな女性は存在しないのでした(←漫画ですが)
いちおう、そうした素振り・態度は見せていなかったのですが…それがためあのオチはちょっと恐ろしい。

「横山美佳」、「美優」
※左:「横山美佳」、右:「美優」

179:「妹が来た!」
ずっと離れて暮らしていた腹違いの妹「美也子」
親の事情で、父の元で生活することとなり。
仕事の関係でよく留守にしている父に代わって、彼女の面倒を見ることとなっていたのです。
冒頭の挨拶コマは見事なミスリード
男と共に行方くらますような親に育てられたのだから…まぁ、こんなんか。
関西弁なので、よりエグい感じに仕上がってます。
ただし、まだ可愛さもあり。
前半の”夢じゃなかった”という初シーンでの対応はキュートでした。
漫画のメインは共に水風呂へ入るというもの。
「美也子ちゃん」はスクール水着です。
そちらでの行為色々はとりあえず置いといて…。
やり取りは遠慮のないごく親しいものとなっており、その点では良かったなぁ、と(笑)

197:「妹は急に止まれない!?」
ふつうの女の子になるの
何かあったのか、妹「夏子」はそう宣言し、兄とのえっちから卒業することとしたのでした。
ただ、それまでガッツリ関係をしていたらしく。
成年漫画では主に男子の役割となる、”我慢し切れなくなって誘う”という役割となっています。
久しぶりの行為に満足する様を堪能ください。
エロいなぁ。
なにげにお母さまが美人でしたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「yam」センセの単行本でした。
あとがきによると、こちらが3冊目の単行本。
そうでないような気もしていたんですが、こちらが初見だと思います。
それまでは、表紙の強い癖に躊躇させられていたんですが。
今回↓表紙には釣り上げられました。
いいですわね、日焼け跡(笑)
やはり癖を感じる絵柄ではあったものの、ロリっ娘の悪戯っぽい表情がタイトル・シチュエーション、そして全体のバランスなどと巧い事収まってました。
なお、カバー裏のイラストも同場面でのものとなってます。


やっちゃうの!! やっちゃうの!! (TENMACOMICS LO)
                  (2016/12/26)
                  yam
                  ※アマゾン登録なし




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー コスプレ スクール水着

■まん・ぴく (八尋ぽち)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、むちむち、褐色肌
・構成 : カラー(16P)、短編×11話(うち「ギャ~ルフレンド」×2)
・おまけ: カバー裏にあとがき・別絵、カラーイラスト、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八尋ぽち(やひろ・ぽち)」センセの「まん・ぴく」です。

姫宮さん
※姫宮さん

 【 構成・絵柄 】

収録は、1話だけ連続モノあった以外は短編。
そちらもガッツリとしたストーリー漫画ではなかったです。
ジャンルはラブコメ
想い通じて初体験というパターンも多く、甘さのあるお話群となっていました。
どっちかというとバスト寄りですね。
やや独特なアプローチもありましたが、そう振り切れるようなものはなく。
全体的に読み易く仕上がっていました
ただ、漫画を読みたいという方には、正直なところやや物足りなさがあるかもしれません。

しっかりとした線での作画。
黒色がはっきりと強く、全体の色づきは適度なくらい。
描き込みはやや細かめでした。
コマ割りは小コマ多く、はみ出し・ぶち抜きも多め。
表現なども派手で迫力あり、賑やかな仕上がりとなっています。
デジタルでキッチリしているためか…変な話、どことない硬さを感じるところがありました。
ある意味丁寧さあって、悪いとも思わないのですが。
小コマがそんな印象です。
人物絵は漫画っぽい可愛らしさで、むちむちっとしたスタイル。
バスト大きいものの、絵とよく合っていて、このあたりでの違和感はありません。
適度なくらいのデフォルメ感だと思います。
カラーイラストが収録されいるだけあって、さすがにお上手。
白黒とはまた異なる雰囲気なのですが、判断には問題ないでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

005:「カラフル・ギャ~ルフレンド」 カラー原稿
011:「おあずけ・ギャ~ルフレンド」
これら2話は連続したお話。
セオリーでは、カラー原稿の方が後のストーリー(派手ですからね)ということのが多いのですが。
こちらの場合、収録順とお話の順序が合っていて、読み易いです。

卒業式に後輩の姉妹「渚」・「芹那」から告白された主人公。
どちらか選べなかったため、2人と付き合うこととなったのです。
「カラフル・ギャ~ルフレンド」はカラー12ページ。
察するところ告白を受けてから、あまり日がたっていない風景なようです。
積極的な姉「渚」に対し、妹「芹那」は無口で控えめ。
さらに、”体のどこを触ってもまったく反応しない”のでした。
どっちかと言うと「芹那ちゃん」がメインのお話。
彩色原稿でその魅力が増しています
いいですね、彼女。
見た目ではいかにもギャルっぽい彼女の方が大人しい、というのは漫画ですねー。
(髪も染めているのか金髪でした)
「芹那ちゃん」がこうも無反応になってしまったのには、とある事情があり。
それが破られた後の表情がまたすこぶる良く、ひでるさんは断然「芹那ちゃん」派です。

2話目「おあずけ・ギャ~ルフレンド」はテスト勝負に負け、1週間ほどえっちお預けとされてしまう「渚さん」というもの。
こちらでも相変わらず「芹那ちゃん」がキュート。
えっちお預けと同時に、”勝者と先輩の行為を見なければならない”というルールもあったため。
何気に前半部分は「芹那ちゃん」がたっぷりでした。
オチの「渚さん」が可愛い。
2人楽しそうなのでいいですが…どっちか選んであげなさいよ。

「芹那」・「渚」、「黒川さん」
※左:「芹那」・「渚」、右:「黒川さん」

037:「覗ハメ」
同じ塾仲間の後輩「広瀬」さんと他人のえっちを覗くこととなるお話。
彼女には複雑な事情があり。
そうした背景もあり、面倒見良くMちっくな先輩に仕掛けるというものでした。
ショートカットな「広瀬さん」が積極的でいいですね。
特に付き合ってる訳でもない女子に、あー手を組まれると意識するだろうなぁ。
しかも他人の行為を目の当たりにしてる状況ですから。
あんな彼だからこそ心地よいというのは、なんだか納得。
いい人見つかって良かったね。

057:「天使のご褒美」
幼馴染み「姫宮」を昔から守っていた「クローズ」こと「黒須」くん。
2人が進学したのはらくがきだらけのバカ学校で。
彼女もしばしば危険な目に遭っていたんですが、そのたびに彼が助け。
いつものご褒美をもらっていたのでした。
三つ編み眼鏡という地味目な「姫宮さん」なのですが。
行為の時は髪を解き、眼鏡も外しちゃうのね。
そんなんお好きな方は残念。
”2人きりとなるとキャラが変わる”というのをビジュアル的にも表現した結果でしょう。
なにげにおっぱいも見せてくれてます
「黒須くん」曰く「隠れS」とのことで、したたかな面も見え。
冒頭での危機とかも、案外1人でも適当に突破できそうな気もしました。
持っているアイテム的にも↓表紙は「姫宮さん」でしょう。

075:「酔いKiss」
バイト仲間「白井愛理」に想いを寄せていた「灰島」
飲み会の席にて、同じくバイト仲間の「黒川」から言い寄られたのも断り。
約束していたプレゼントを渡すべく、彼女の元へ走ったのですが…というもの。
冒頭からひでるさんは「黒川さん」のが好きでしたが。
特に4ページ目の仕事シーンとか。
その正体が予想以上に酷いもので、なんだかホッとしました。
傷心な彼に「黒川さん」が優しい。
まぁ、ギリギリで分かって良かったねぇ。

095:「パイフレンド~運命の白い乳~」
昔から性欲が強く、女子おっぱいを触りまくっていた「優太」
かなりの迷惑者であった彼に、「アリス」は自らの胸を提供することとしたのでした。
おっぱい揉まれても表情はそのままで、「何も感じないわ」と言っていた彼女。
ネタ的には、おおむね「芹那ちゃん」と同じ。
ああして途端に反応してしまうところがキュートなのです。
昔から揉まれまくっていたためか、ハーフなためか、ロリっとした外見とは裏腹な巨乳っぷりが見事でした。
オチでの、ああした反応されると逆にどうにかして触りたくなりますよね。

111:「根浴・混浴」
全国各地の温泉巡りが趣味の「夏美」
連休を使い、待望の秘湯輪煮温泉へとやってきたのでした。
しかし、そこは混浴だったのです。
キッチリ男性客ばかりなのが楽しい。
AVなどでもそうですけど(あれはヤラせもありますが)…普通、あーも若い女性が入ってきたら、あまりジロジロ見ないようにするのがマナーであり、反応としてもそうしたものなのですが。
こちらの場合は、皆じっくりその姿を凝視しておりました。
かなりのプレッシャーですね。
その中の男性客から酒を勧められるのが切っ掛け。
酔っぱらい温泉えっちとなりました。
当然皆さんも参加し、複数展開となっています。

131:「インポくんと夏目ちゃん」
女性の前でどうしても勃たず。
振られ続けて5人目となっていた頃。
わらにもすがる思いで、催眠術で治療するというマネージャー「夏目」に従うこととしたのでした。
お下げ髪が可愛い「夏目ちゃん」
言動もちょっと面白い娘さんでした
仕掛けた当人が催眠状態となってしまうパターン。
ただ、それが結果的に彼のモノを元気にさせたので、結果オーライという感じ。
そもそも「夏目ちゃん」も彼に好意をもっていたようですし。
オチから続いてもう1話描けそう。

149:「副会長GAL☆デビュー」
もともと生徒会長だった「小山」
しかし、
”ギャルにいじめられたい”
そんな性癖に気付いてしまった彼は。
進学し、ヤンキーのパシリとなっていたのです。
また、同じく前の学園で副会長としてコンビを組んでいた「恋ヶ窪」もまた、以前とは打って変わってギャルそのものとなっていたのでした。
冒頭話「芹那ちゃん」に続く、褐色・ギャルなヒロインという「恋ヶ窪さん」
おそらく、2ページ目でなにゆえ彼女があーなってしまったのか、予想できると思います
可愛そうなので、早いトコ気付いてあげてください。
優等生らしく、キッチリ勉強しているところが健気。
今後もまた彼には振り回され続けそう。

マネージャー「夏目」、元副委員長「恋ヶ窪さん」
※左:マネージャー「夏目」、右:元副委員長「恋ヶ窪さん」

165:「初初モンスター」
事故寸前で助けたことで、ゼミで一緒だった「青木あいり」と付き合うようになった「太一」
初えっちにまで至ったものの、その後の彼女はなぜか素っ気ないのでした。
まあ、彼女も初めてなのだから細かい事気にする余裕ないわね。
今なら電話なりメールなり、色々と間接的にコンタクト取る手段は考えられ。
お互いもうちょっと歩み寄れば、こんな誤解せずに済んだかも。
…初めてだからか。
なにはともあれ、仲直りできて良かった。
雰囲気とは逆のエロい体がいい感じ。
いいなぁ。
AVとか出演したら人気出そう。

187:「おっぱい超常現象」
オカルトに傾倒してしまった「鉄兄」
見向きされなくなってしまった「真」は、
第三の目ができた
そんなネタで彼に近づいたのでした。
…と、色々と前フリはありましたが。
ごく簡単には、自らの体をもって幼馴染みの彼を振り向かせるという話。
女体も神秘ですからね。
見事に彼の興味を引き寄せていましたよー。
しかし、なにゆえ「第三の目」なんてややこしいものチョイスしたのかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「八尋ぽち」センセでした。
こちらのブログでは、「ラブマチオ」、「はめぺろ HAME・PERO」、「ちゅぱ・シャワー」、「正しい魔術の遊び方」を紹介しております。
一般系も含めて5冊目でいいんでしょうか。
あめでとうございます!

あとがき読みました。
漫画家さんのリアルな実態が垣間見え、興味深いものでした。
お悔みもあったようですが、プライベートの充実は何よりですね。
そうした色々経験も踏まえた次回作を期待しています。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット

■おしおきするよ (八神秋一)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●◎○○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 主人公目線、ハーレム、SM、制服
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、8話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「おしおきするよ step番外編」、
      カバー裏に別絵、射精管理グラビア、紹介帯でイラスト変化(折り返しも含む)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八神秋一(やがみ・しゅういち)」センセの「おしおきするよ」です。

おしおきするよ・ヒロインズ
※おしおきするよ・ヒロインズ

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
いちおう連続ものですが、ストーリー性は弱め。
プレイに比重が置かれています。
ヒロインは4名ほど登場し、基本的には各話でバトンタッチしていくタイプ。
前後のやり取りで他ヒロインもちらと顔を出したりしていました。
完全に女性側が主導権を握っていて
出す・出さないが管理されてしまうなど、ジャンルはソフトSMな感じです。
漫画の描かれ方が主人公目線で独特
喋っているのはほぼヒロインのみ。
特にえっちシーンでは、画面のこちらに向かって語り掛けるような構図となっています。
”読者イコール主人公”なんですね。
いちおう主人公たる男性も描かれ、たまに喋ったりもしているのですが。
これはこれで新鮮なのですが、読み手はキッチリ選ぶと思います。

さらりとした線での作画。
全体はデジタルな色づきで、濃淡はやや濃いめ。
しっかりした描き込み具合でした。
中コマに小さいコマが重なっているようなコマ割り。
枠間はたまにあるくらいで、全体はコッテリとした仕上がり。
漫画に勢いがあるだけ、やや丁寧さには欠けていて。
小さいコマや、繋がり部分にて分かり辛いことが多かったです。
漫画を読んで…というか追っていて、ちらほら難解で読み返してしまいました
ちょっとテンポ微妙でしたね。
漫画の描き方が特殊さあるので、もう少ししっかり、分かり易く描いて欲しいところでした。
幅広く輪郭でまつ毛が濃く、目の大きい人物絵。
漫画らしい、可愛らしいものです。
↓表紙などカラーはだいぶスッキリしていて、白黒絵とはやや差がありました。
裏表紙背景のカット絵も合わせて確認いただければ。

 【 収録話 】 8話収録

005:「おしおきするよ」 7話
183:「おしおきするよ step番外編」 描き下ろし
アパートの隣りに住む幼馴染みの美人姉妹「早乙女春香」・「早乙女愛夏」
その姉「春香」に勉強を教えるため、部屋を訪ねた主人公。
ふと見つけた彼女の下着を奪ったのがバレてしまい、逆らえなくなった彼。
1週間がまんできたらご褒美あげようかな
その台詞に従い、下半身を彼女に管理される日々となってしまうのでした。
だいたいそんな感じ。

ヒロインらとのえっちな日々が描かれる長編。
ストーリーはごく軽い程度で、連続話タイプですが明確な目的とかなんとかはありません。
(※そのため、いちおう最終話は「FINAL」となっていましたが、好評だったら続くかも)
基本的には即えっち系。
ほとんどページは、そのプレイ描写となっていました。
漫画の描かれ方も、前述したように特殊なもの。
会話もやり取りではなく、女性が一方的に喋り続けていて。
あまり見られない、独特な色の仕上がりです。
なんというか…アイドルとかAVでの1人芝居みたいな感じよ

姉妹「早乙女春香」・「早乙女愛夏」
※姉妹「早乙女春香」・「早乙女愛夏」

登場人物は5名だけ。
4名のヒロイン以外は主人公たる彼だけで、モブキャラ程度もほとんど姿を見せません。
その彼すらも、あまり顔見せてないんですけどね。
とある体パーツだけは頻繁に登場してましたが(笑)

女性らの主導によって、色々えっちな事されてしまう男子という構図。
彼が気弱でごく従順なMちっく男子であるためか。
女性陣らはそれによって皆S気質を刺激されているらしく。
下半身の管理・お遊びに夢中になっていました。
「春香さん」にちょっと嫉妬するような描写はあったものの、ラブとかなんとかの要素は薄め。
描き下ろし漫画にもあったように、皆で巧い事シェアをしているみたい。
前半はともかく、ヒロインの増えた後半では我慢というより、溜めるのが困難そうな様子でした。
また、ちゃんとフルネームのあった女性らに対し、彼については名前すらなく。
これも読者が主人公というルールに沿ったものだと思われます。

1話目は隣の女子「早乙女春香さん」
2人は同い年のようですが、彼のが勉強できるみたい。
(※「春香さん」は言動・漫符などあやしい)
自らの下着を握りしめていた彼と鉢合わせたのが、そもそもの切っ掛け。
言ってくれれば貸したのに♪
とかなんとか、なかなか度量ある「春香さん」です。
よくハートも飛ばしており、ちらと過去描写らしいカット絵も挟まれ。
いちおう、昔から好意はあったんだろうなぁ。
1週間ほど我慢させた後のえっちでした。
2話目は学校での描写。
彼が図書委員、「春香さん」ら姉妹はバトン部であったのが判明します。
↓表紙はそのコスチュームなんですね。
こちらはそのバトン部コスでのえっち展開。
ふりふりなアンスコがえっちです
ちらほら図書委員「藤原千秋」さんの姿も見えました。

3話目は再び姉妹のアパート。
ツインテールな妹「早乙女愛夏ちゃん」がえっち担当です。
巧い事姉「春香さん」を追い出し、マーチングバンド衣装でアピールしております。
なかなかの策士っぷりでした。
あまり見られないですが、このマーチングバンド衣装はまたイイモノですねー
(※ちらとですが、裏表紙右上のカットにて確認できます)
えっちについては、姉妹そっくり。
寸止めないだけ「愛夏ちゃん」のが優しいか。
もしかして、彼女らの両親がそんなんなのかな。
しかし、シャーペンは…怖いよ。
そんな訳で、姉妹と共にお祭りへ出掛ける4話目。
2人とも浴衣姿です。
成年漫画でお祭りとなれば、野外えっちがセオリー。
こちらでは定番の神社境内でした。
2人から攻められるえっち。
後半の「春香さん」に注目ください。

さて、5話目は図書委員「藤原千秋」さんとのえっち。
彼女との縁は、実は前話にあるのですが、ここでは伏せておきます。
収録ヒロインでは彼女がもっともお気に入り。
セミロングな黒髪で、制服(ブレザー)の黒、そして下着も上下黒というトリプルブラックな仕様です。
また、バストは「愛夏ちゃん」と並ぶ見事な貧乳っぷりなのでした。
切っ掛けがため、彼女は”おしおき”と称してのプレイ。
いままでと違い、風紀委員に証拠として提出するべく、出されるように促されてしまうのでした。
その流れで、6話目は風紀委員「岸美冬」さん。
1年生ながら委員のトップで、女王と呼ばれる権力者な彼女。
そんな「美冬さん」から指導される展開です。
当然えろい事なのですが…いわゆる結束バンドにてアソコをがんじがらめにされるというもの。
その前にソーセージ真っ二つにしていたりして。
男性陣は背筋が凍るプレイでした。
この「美冬さん」はやや出番が少ないのが残念。
もう少しじっくり見たかった。

図書委員「藤原千秋」、風紀委員「岸美冬」
※左:図書委員「藤原千秋」、右:風紀委員「岸美冬」

いちおう最終の7話目はその後の主人公という感じ。
学校生活から帰宅後まで、1日の様子を描いているんですが。
その方々にて”おしおきえっち”をされていました。
いいんだか、悪いんだか…。
描き下ろしは最終話から直結するような流れで、複数プレイです。
「春香」・「千秋」の2人にやり取りありましたが、せっかく全員集合したのだからもう少しそれぞれで喋ってほしかったなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「八神秋一」センセでした。
どうやらこちらが初単行本の様子。
おめでとうございます!
ネットでの紹介でなんとなく気になり。
長編連続話でもあったので、探してゲットしてきました。
まさか、こんな独特な漫画とは思いませんでしたが。
些細な点ですが、かなり幅広な折り返しが良かったです。
カラー絵がお上手なためかな。
できればマーチングバンド衣装の「愛夏ちゃん」がカラーで見たかったなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ツインテール

■はじめてえっち (ユズハ)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、初体験
・構成 : カラー(4P)、短編×11話。
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ユズハ」センセの「はじめてえっち」です。

小田さん、石岡さん
※左:小田さん、右:石岡さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
カラー原稿の冒頭話はショートものですが、それ以外は普通の長さの短編でした。
基本的にはラブコメなお話群。
タイトル通りに初体験なエピソードも多く、初々しい漫画となっています。
性格などはっちゃけた面白い娘さんが目立ってました。
お話はそんな感じに青春していますが、スタイルは破壊力あり。
ぼいん・ぼいんなバストが特徴的。
個人的に、ちらほら貧乳っぽい娘が対比みたいにいるのは良かったです。
そう際立つストーリーはなかったものの、あっさり過ぎることもなく。
ここはちょうど良いくらいかと思います。
今後はシリーズもの、連続話が見たいですね。

濃い目のゆったりした曲線。
全体の色づき・濃淡具合はそこそこか、やや強め。
描き込みも適度なくらいだと思います。
コマ割りは細かめで変化あり、賑やかな原稿具合。
ヒロインのスタイルとか表現もあり、コッテリとした味わいでした。
多少の乱れや崩れはあり、そう期間はないもののお話によっても感じ。
単行本では不安定気味。
ただ、漫画に勢いあるタイプで、些細な事はあまり引っ掛からないと思います。
太いまつ毛と透き通るような目、枠をはみ出す見事な巨乳が特徴。
(※小さい娘もいますが)
えっちで良いですね。
カラーとやや異なるので、判断は紹介帯のカット絵がいいでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

003:「きもだめしラブモーション」 カラー原稿
肝試しに挑む先輩と「あいり」
怖がりな彼女は「えっちなことすればお化けは逃げる」という知識を生かし…という流れ。
4ページに合った、オモロイお話。
確かにそんな話を聞きますが、本当なんでしょうかね。

009:「いちゃlove大作戦」
年下の幼馴染み「かりん」
最近はやたら積極的に迫ってきていたんですが。
ある日帰宅したところ、メイド服で待ち構えていたのでした。
窓から行き来できるラブコメ距離ですね。
「かず」くんにとっては昔馴染みで、妹のように近い存在であったがためか手を出し辛かった様子。
また、「かりんさん」のはっちゃけた性格もあるのでしょう。
支えてあげたくなるくらいに重そうな巨乳が見事でした。

029:「あめのちはれ」
とある大雨の日。
古書店に勤める「三田宗介」は、店先で雨宿りをしていた女性「西園寺幸子」を店内へ迎えたところ。
家出をしてきた、という彼女を思わず本気で叱ってしまうのでした。
ぱっと気になったんですが。
お嬢様は自らの紹介で「私…いわゆるお嬢様で…」なんて、わざわざ言うかなぁ。
叱られた彼女から子作りを手伝うようお願いされたのが切っ掛け。
こちらの「幸子さん」も立派なバストの持ち主。
特にこの際はずぶ濡れで、シャツは透け透けだったため、当然そちらから。
発言そのままお嬢様らしく、決して慣れていないものの。
えっち頑張っておりました。

かりん、ゆうき
※左:かりん、右:ゆうき

045:「おるすばん」
フラれた友人と居酒屋で飲んでいた「しゅん」
彼の家で続きをすることとなったんですが。
到着後にその彼女から呼び出しがあり、家では彼の弟らしい「ゆうき」と帰りを待つこととなってしまったのでした。
気まずい空間ですわね。
友人はそのまま帰って来ず、沸いたお風呂を”男同士”で共に入ろうと提案したんですが。
そこで「ゆうき」が女の子だと知ることとなったのです。

収録中では好きなパターン。
普通ならば、「ゆうきさん」は女だと否定するだろうし、また共にお風呂には入らないと思うんですが。
いくら男っぽいからって、失礼だよね~
そんな発言から察するに、男だというのは言われ慣れていて。
大胆にも共にお風呂へ入ったのは、兄がいるのである程度の耐性もち、また驚かせてやろうという悪戯心がためかな。
「しゅんくん」もまた初女体に興奮したのか、かなり無遠慮にガンガンお触りしていました。
そんなこんなで、お風呂場にてのえっち発展。
最中では可愛らしい面も見え、この後2人がどう付き合っていくのか見たいですね。

067:「がんばれ!小田さん」
見事な貧乳っぷりで、その手のマニアから実は人気な「小田」さん。
憧れな先輩「田中」が、巨乳女子「大木」のバストを評価したことを受け、”巨乳研究部”を訪ねてみることとしたのでした。
そんな訳で、部長「高比良」から”誰もが巨乳になれるマッサージ”を受けることとなったのです。
ツインテールで苺柄な下着がキュートな「小田さん」
ちなみに、体育時間そのままだったので、ブルマ姿です。
成年漫画でマッサージとくれば…当然、そのまま直接行為に発展。
巨乳とか言ってましたが、貧乳の良さを教えてもらうこととなるのでした。
そう、それはソレでいいもんですよ、ええ。

089:「ヘンタイかのじょ」
頭もスタイルも良く、清楚系美人と称される「美城千花」
しかし、幼馴染み「山口習」はその完璧美人の真の姿を知っていたのでした。
まぁ、タイトル通りですね。
学校制服下では、えっちアイテムを仕込んだりしています。
AVか漫画か、って世界ですよ。
(漫画ですが)
彼女に勉強を見てもらうべく久しぶりに部屋に行くのが切っ掛け。
行為に付き合っていた「習くん」ですが、告白すると共に普通のえっちを提案する流れ。
まぁ、受け入れてくれる相手がいるのは幸せなことでしょう。
ただ、オチもあんな感じだったし…この後のアレコレで「千花ちゃん」が満たされるかどうか。
ある程度は彼女に寄せる必要ありそう。

109:「見た目とちがうの!」
こちらも幼馴染み「石岡」・「木野」のカップル。
そのギャルっぽい容姿から、男女関係凄そう、という目で見られていた「石岡さん」
地味目な「木野くん」とお付き合いしていたものの、まだ処女だったのです。
そんな訳で、招待された彼の家での初えっち展開。
いままで拒否していた「石岡さん」が頑張っています。
可愛いですね。
学校での振る舞いから耳年増っぽいところが可笑しい。
まぁ、おっぱい大きいから体験してみるのもいいでしょう。

129:「ふわふわしょーこ」
彼氏「まさくん」と喧嘩してしまった「祥子」
コンプレックスであった身長をナンパしてきた男性に褒められたため、つい誘いを受けてしまうのでした。
”とろけるイチャラブ新星”
センセはそんな冠の持ち主なのですが。
こちらの漫画は浮気エピソードです。
苦手な方は気を付けて。
彼氏は自業自得な感じですかね。
まぁ、ナンパ男はそれなりの人物に思え。
完全に遊びならばいいものの、「祥子さん」にコントロールするほどの力量は無いように感じるので。
今後がもの凄く心配
もし続編あれば、”ふわふわ”なんて冠では済まないと思う。

153:「ごほうび★せんせーしょん」
171:「××コンプレックス」
紹介帯にも書かれていた、陥没なヒロインの登場する2話です。

「ごほうび★せんせーしょん」は家庭教師「しずか」と「けいくん」こと「朝倉圭一」のカップル。
成年漫画でお馴染み、ご褒美えっち。
既に試験は終了し、89点という高得点で見事にご褒美となったのです。
こちらの漫画のポイントは、ご褒美からえっち発展しない点。
それがため、お互いのラブラブ度合が伝わるように工夫されていました。
ただ、オチがあんなんで。
まさか、今回のエピソード全てが妄想ではなかろうか。

百合さん
※百合さん

生徒会の先輩「百合」と付き合う「山田」
しかし、彼女からはえっちっぽい行為を拒否し続けられており。
友人の助言を受け、強引に迫ることとしたところ…という「××コンプレックス」
だいたい「百合さん」がなぜえっちを避けてるのか、想像できるかと思います。
前話は陥没について言及なかったですが、こちらの漫画はソレがメイン。
世の男性はそのくらい許容できるってば。

195:「せんせい、教えて」
合コンで再会した「桃子」は、家庭教師での元教え子。
つつましやかだった胸は立派に成長していて。
ふと意識した主人公は急ピッチで飲んだため、その場で倒れてしまったのでした。
気付くと、「桃子さん」が下半身をぱっくりしている状態。
もともと好意があったらしく、彼女からすれば願ったり叶ったりというところでしょう。
あるいは、偶然ではなかったりして、とか思いましたが。

 【 その他 】

そんなこんなで「ユズハ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
手に取った決め手は…やっぱり↓表紙ですね。
薄く白っぽい色彩で、店頭でもすっきり目立っていました。
肌色メインで寝室なので、白系でまとめるというのも良い判断。
(ほかの表紙の色彩によっては負ける可能性もあるかな)
そちらの彼女、ぱっと目につくバストに釣り上げられたのです。
髪の長さと色、タレ目で破壊力ある巨乳っぷりから、あれは「かりんさん」でしょうかね。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール

■パコりシェア (夢乃狸)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 複数、ラブコメ、巨乳
・構成 : カラー(8P)、短編×12話(うち「ばななといちご」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「夢乃狸(ゆめのたぬき)」センセの「パコりシェア」です。

「ミノリ」・「陽ノ花」
※「ミノリ」・「陽ノ花」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
カラーの描き下ろしがあり、そちらが本編のプロローグ話なので。
そちらが連続話っぽい感じです。
ジャンルとしては簡単にはラブコメ
ややシリアスなものもありましたが、基本的には即えっちの明るいテイスト
最大の特徴はとかく複数えっちに発展すること。
だいたい描かれてるヒロインはえっちに参加していました。
皆さんバストも大きく、派手で濃厚な絵が続きます。
良くも悪くも特徴的で、人をある程度選ぶものだと思います。

しっかりとした濃い線での作画。
濃淡はデジタル調でやや濃いめ。
全体の色づきはキチンとしており、描き込み具合も比較的細かめ。
中小の変化大きいコマ割りは枠間なくなること頻繁。
よくハミ出していて、賑やかな原稿となっていました。
巨乳揃いで、複数えっちばかりというプレイ的なこともあり。
かなりコッテリとした味わいとなってます。
ちょっと人を選ぶかもしれません。
広い輪郭でくりっとした目の漫画っぽい、可愛らしい人物画。
鼻は描かれていること多く、強めな恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴的です。
目立つような乱れはなかったものの、バランスはやや独自なものがあり。
違和感まではないですが、ちょっと気になる箇所が目につくかもしれません。
カラーとそう変化はないため、判断については↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 12話収録

001:「ばななといちご Prologue」 カラー描き下ろし
005:「ばななといちご」
家庭教師「サトル」と姉妹のえっち。
カラーの描き下ろし「ばななといちご Prologue」では、妹「葉奈々(ばなな)」と「サトルくん」のえっちが描かれていました。
おそらく、家庭教師のたびにああした調子で。
本編「ばななといちご」で描かれていたような、姉「伊智檎(いちご)」の背中にての行為となるのでしょう。
アレは気付かない方が変。
そんな訳で、姉「伊智檎さん」もあっさり混ざっての複数プレイです。
妙にノリ良い方ですね。
特に「葉奈々さん」も嫌がらなかったので、複数プレイとなっていました。
ヒロイン2人の名前が気になるかと思いますが。
本編でもそれは触れられ、後半えっちでのポイントとなっています。

葉奈々、「るい」・「ちさと」
※左:葉奈々、右:「るい」・「ちさと」

025:「Debut!!」
服装をおしゃれにすべく、勇気を出した「拓巳」
その店は、店長「平本彩香」・店員「三森アキ」という派手な女性2人がいたのでした。
彼の気持ちは分かる・分かる。
なんというか、気圧されますわね。
暇なのか、店の方針なのか、2人して接客についてます。
普通は着替えるのくらい自分でやると思うんですが…オチを見るかぎりわざとか??
途中から参加する娘「沙也香」ちゃんが可愛い。

045:「大切なムスコ」
母親とのお出かけがキャンセルとなってしまった「翔」
「るい」・「ちさと」の姉妹が預かることとなったのでした。
絵的に、この「翔くん」はそこそこの年齢に見えたんですが。
実際の年齢としては、もう気持ち幼いくらいなんでしょうか。
機嫌悪い彼をなだめつつえっち発展していました。
2人とも巨乳なので、おっぱい系
そろそろ興味持つくらいの年齢なのかな。

069:「チラ見え左手薬指」
同窓会にて再会した4名は2次会になだれ込み。
まだ独身であった、「ヒデアキ」のアパートに集合したのでした。
女性陣「あみみ」・「まり」らは既に子供もおり。
なんとなく想像した彼がトイレで独りシテいたところ…と言う流れ。
まぁ、彼女らもかなり酔っぱらってたからね。
最初は「まり」だけでしたが、気付いた「あみみ」・「タカヒロ」らも参加して複数展開に。
トイレの個室で4名が混ざり合っておりました。
何もそんな狭い場所に集まらなくても
(というか、最初の絵からやや空間広がったように感じます)
オチでの「まりさん」がなかなか凶悪。

085:「私の家はここですか」 カラー原稿あり
なんらか事情ある、家出した女子らが集まるアサノ邸。
オーナー「アサノ」に身体で宿代を払えば宿泊できるというシステムで。
「ミノリ」・「陽ノ花」の2人もそちらに身を寄せることとしたのでした。
ほか、「臣菜」・「絵梨子」・「うみ」という女性陣が登場。
次々にえっちしてました。
確かにある程度の重さはあるものの、これはセンセの解説にもあったように救いのお話。
とりあえず、こちらに身を寄せてた方が彼女らは幸せでしょう。
いちおう避妊もしていたし。
まぁ、彼がどう金銭を工面しているのかなど、ちょっと不安な面もありますがね。

109:「好きな事シてイっていく」
ネット配信TV「エッチいぶにんぐ」の「わかな」は、パートナー探しのため秋葉原までロケにやってきたのでした。
街頭・突然えっちみたいな感じ。
途中からカメラの「あきら」も参加していました。
やっぱり複数発展しています。
ぶっちゃけ、彼女のが好みだったので、嬉しい。

129:「当選!!S・E・X★girls~アナタのお家でPAKOります!~」
”トト・エスイーエックス・ガールズ”の「ふわ」・「きりえ」・「あざみ」らは、当選者の家を訪ねたのでした。
ごく簡単ですが、そんな話。
凄いタイトルですね(笑)
上がりこんでのやり取りが可笑しい。
まぁ、普通は引くでしょうねー。
発言からいちおう彼女らAV女優らしく、来る相手によってはテンション上がるかも。
こっちは素人なので、1人で十分かな。
見開きページ「順番に…」の3段構成が非常に良かったです。
デビューしたてという「ふわちゃん」が可愛い。
オチが好き。

149:「放っておけないニクいやつ」
新卒・同期入社で温泉旅行に来た4名。
いつも優しく面倒見の良い「和宏」くんに、「理恵」・「さち」・「恭子」らは無礼講として甘えてもらうこととしたのでした。
しかし、女子3名の中に男子1名というのは、一見羨ましいですが。
相当に精神力ないともたないだろうなぁ。
露天風呂での複数えっち。
まぁ、確かに…あれは女子らが楽しいだけかもしれませんね。
後回しになってる「理恵ちゃん」が可愛い。
ただ、オチのあれは…机の高さはそうないと思われ、ちょっと違和感が。

169:「↑つゆだく★エロベーター↓」
エレベーターに2人の女子「聖かんな」・「来栖くるみ」らと閉じ込められてしまった「天城徹」
なぜかエアコンも止まり、既に30分が経過したそこは極限状態となっていたのです。
3名のうち、「徹」・「かんな」はマンションの隣部屋で名前も知っている間柄。
助けも来ない中、暇つぶしを兼ねてえっちに発展しています。
そもそも「くるみちゃん」は彼氏と、「徹くん」はえっち本を購入した帰りでの出来事であり、気分的にはそっち寄りだったのでした。
汗だくえっちですね。
オチが楽しいです。
あまり無理しないように。

187:「ひと押しアンサンブル」
「孝弘」と初デートにこぎつけた「れん」
ただし、1人では心細く、友人らを誘ってトリプルデートとしたのでした。
友人カップル「ゆうり」・「みなみ」らに流されてえっちに至るもの。
あのう、いちおうカラオケ店なのですが…
雰囲気は乱交っぽくなっていましたが、パートナーは変わっておらず。
同室3組のえっちでした。

トト・エスイーエックス・ガールズ、美緒
※左:トト・エスイーエックス・ガールズ、右:美緒

205:「G以上H未満!」
誕生日にえっちという約束をしていた「銀次」・「美緒」のカップル。
しかし、「美緒」は試合中に足をケカしてしまったのでした。
そこで2人は…という流れ。
10ページとやや短く、即えっちな短編。
ただ、怪我がため2人して見せ合うというものになってます。
漫画なので、なんのかんの直接行為に発展するかと思っていましたが。
ちゃんと寸止めしていた「銀次くん」は偉い。

 【 その他 】

そんなこんなで「夢乃狸」センセでした。
今回が…6冊目くらい??
ブログでは「jc-t 孕みたい系女子」を紹介しています。
ワニマガジン社」さんからは、こちらが1冊目。
紹介帯に「乱」の漢字がありましたが。
まー、ことごとく複数に発展する漫画ですわね。
派手で成年漫画としては良いとは思いますが。
もう少し、焦らすというか、じわじわしたテイストが欲しく思いました。
皆さんえっちへのハードルが低すぎ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ

■オンナのホンネ (やまみち)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、眼鏡、謹慎
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、短編×11話収録
      (うち「ホンネシリーズ」×4)
・おまけ: あとがき、カバー裏に表紙リンク絵、 
      描き下ろし「おまけマンガ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「やまみち」センセの「オンナのホンネ」です。

教師「高安雅美」
※教師「高安雅美」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編という構成。
単行本の表題はその連続タイトルからのものです。
3名のヒロインが登場し、各話でバトンタッチしていくタイプ。
最後4話目は勢揃いする、成年漫画のスタンダードな構成となってます。
それ以外の短編も含め、ジャンルとしてはラブコメ
紹介帯では、”おっぱい”・”お肉”と、むちむち押しとなっています。
確かにそんなんで、妹キャラも立派な巨乳っぷりでした。
ほか、なにげにヒロインは眼鏡女子が多く
センセの好みなのかな、って印象。
そっちお好きな方も楽しめるかも。
なお、全体的にはお姉ちゃん寄りだと思います。
変なブラック要素なく、プレイも同様。
近親関係でもラブラブ終わる、読み易さある漫画群となってました。

収録は2004年から2015年と大きく開きがあり。
各話でそこそこ差がありました
結構落差を感じる07年までの原稿が3話、安定している15年までのが7話。
もう1話は前述しました描き下ろしという内訳。
むちっとした感じは初期頃から変わらず、画風は早めに確立されていたみたい。
クッキリとした強めな線での作画。
濃い黒色で、全体の色づきもちゃんとしてました。
描き込みはおおむね過不足ないくらい。
コマ割りは変化少なく、それなりにコマ内に収まっていた印象です。
(※最近の原稿はごっちゃり感が強くなった感じ)
コテコテ、の一歩前くらいの濃いめな原稿具合でした。
背景や小物は馴染んでいて、キャラの動き表情も良く。
漫画もお上手です。
前述したようにバラつき多少あるものの、判断は↓表紙で問題ありません。
紹介帯もセットで確認いただければ。

 【 収録話 】 10話収録

005:「オンナのホンネ」
029:「ナホコのホンネ」
053:「ヒロミのホンネ」
077:「ミンナのホンネ」
下着を拾っていた弟「伸一」と鉢合わせた姉「可菜」
犯罪に走る前に性欲処理をする、と自らそのはけ口となることを宣言したのです。
一方、久しぶりに幼馴染み4人が揃った際。
お隣の「奈保子」は妹「裕美」の想いを代弁しつつ、彼に応じたのでした。
だいたいそんな感じ。

切っ掛け「オンナのホンネ」は唯一タイトルに名前が出なかった姉「可菜さん」
いつもあたしの胸見てたでしょ?
そちらのコマから察するに、なんとなくアプローチはしていたみたい。
まぁ、いちおう姉弟だし。
好意あったとしても、そう簡単には関係できないわね。
名前呼ばれる後半に注目。

妹「裕美」、姉「可菜」・姉「奈保子」
※左:妹「裕美」、右:姉「可菜」・姉「奈保子」

お隣姉妹とのえっちが描かれる「ナホコのホンネ」・「ヒロミのホンネ」の2話。
まずは姉「奈保子さん」
幼馴染み4名集まっての飲み会、その後のお話です。
眼鏡の優しいお姉さんという彼女も実姉「可菜さん」同様に巨乳で。
こちらのエピソードでは、耐えられなくなったシャツのボタンを弾け飛ばすというシーンまでありました。
まぁ、服パンパンになっていたからなぁ。
彼女もまたその気あったのか、あらかじめノーブラで。
酔った彼女を介抱していた「伸一くん」が、おもわず触ってしまう流れ。
この時点で想いを寄せていたのがこの「奈保子さん」で。
思わず彼がコメディー崩れするくらいになっていました。
ちゃんと妹を立ててるのはさすがお姉さんですね。
続いてその「裕美ちゃん」とは5日後。
故あって、彼女の独りプレイ場面に鉢合わせるという切っ掛け。
成年漫画なので、単独行為は見られるのがセオリー。
前話で姉「奈保子さん」から想いを聞かされており、またこの際に彼女が持っていたモノがため、あっさりえっち発展しています。
幼い雰囲気ながら、意外なほど巨乳なのは、さすがに「奈保子さん」と同じ血統。
ただ…その場であっさり流されているような「伸一くん」はどうかと思う。

そんなこんなで最終「ミンナのホンネ」は複数えっち話。
やや中途半端であった、姉「可菜さん」の決着エピソードでもあります。
現実には、お隣で年齢の近い「裕美ちゃん」とくっつけばいいのですが。
本編でも指摘されていたそのまま、「奈保子さん」も混ざっていて。
さらに、実姉ながら、「可菜さん」も結局加わることとなるのでした。
どんな流れなのか、は伏せておきますね。
ラストに相応しい、派手な絵をお楽しみに。

101:「ふたりでんしゃ」 カラー原稿
カラー4ページのショート漫画。
電車内で2人きりとなったカップル「沙織」・「洋平」
終点まで時間があり、迫ってきた彼女とえっち発展するのでした。
どうやら学生のようなんですが。
眼鏡なヒロイン「沙織さん」は巨乳で色っぽく、OLさんみたい
特に時間設定は夕方頃だと思われるので、肌色やや薄いかなーって思いました。
最初とラストのコマはひょっとして使いまわし??
なお、描き下ろし漫画ではページ少なかったから、と見開きをページを1人で頑張っています。

105:「ナイショにシましょ」
訪ねて来た憬れていた姉の友人「藍子」
部活で遅くなるという姉がため、先に家まで来ていたんですが。
1人では退屈、と「孝人」の部屋にて待つこととしたのでした。

こちらが最も新しい原稿時期の短編。
眼鏡でストレートな黒髪の「藍子さん」
自信もあるのか、胸元は大きく開けており。
真面目というより、断然エロい印象でした。
(※ブラもしていない)
私だけ初めてじゃ、恥ずかしいもの
そんな事を言ってましたが、年上らしく言動には余裕があり。
やはり初めての彼を積極的に誘っていました。
彼女としても「孝人くん」を満更でもないって思っていたみたい。
帰宅したお姉さんは真っ最中の部屋前で「藍子さん」と電話で話しているんですが。
あれ、普通は気付くものではないかなぁ。
(部屋からの音はだいぶ良い感じに漏れていたし、ああまで近いとそれと分かりますよね)
オチを見る限り、実際に気付いていなかったようですが。
それと察してもまた面白そうですね。

123:「ギブミー単位!!」
”勃起持続症”という体質に悩む「和臣」
それがため、体育の授業はできる限り避けたいところでしたが。
担当教師「高安雅美」は診断書を用意しても納得されず。
顧問の水泳部が終わる頃を見計らって、話し合いを考えていたところ…というもの。

検索してみました、”勃起持続症”って実際にあるんですね。
数時間以上持続している状態でソレと判断されるようなんですが、かなり深刻。
早いところ病院へ行ってください、って診断書あるから行ってはいるのか。
(※持続勃起症が正式みたいでした。またタイプによって緊急度は違うみたい)
漫画では当然ながら重症ではなく。
それに興味があった教師「雅美さん」がえっち仕掛けてくるというもの。
やはり眼鏡な彼女。
水泳部顧問がため、競泳水着姿でした。
彼女もまた相当にバスト大きいので、水泳部の男子は目の毒でしょうねー。
教師ながら、なかなかはっちゃけた言動で。
彼とのえっちを楽しんでいました。

143:「シモベなカレシ」
恋人「江里子」と楽しんでいた「晃弘」
そこに会社の飲み会で終電を逃した、という彼の姉「綾乃」が訪ねてきたのでした。
姉・恋人みたいなんがお好きですね。
なお、この2人どちらも眼鏡ヒロインです。
お好きですね。
気持ちは分からんでもないけれど。
追い返せないか、と耳打ちしてくる彼女はどうかなぁ…。
実は姉とも関係のあったため、「綾乃さん」に誘われて複数展開に発展するもの。
やはりおっぱい大きいので、やや分かり辛いですが。
描き下ろしなども見る限り、恋人「江里子ちゃん」はそう年齢高くないようでした。

163:「仁美のゆううつ」
姉「小松仁美」・弟「信彦」という近親カップルなお話。
「仁美さん」はブラコンだと自覚があり。
2人暮らしの弟「信彦くん」を受け入れてしまうのでした。
やはり眼鏡な「仁美さん」
いちおう、直接行為はこれが初めてのようでしたが。
胸触られる、揉まれるのは”日課”だというくらいに常習化していました。
まぁ、逆に遅かったくらいかも。
急な雨で洗濯物が全滅したため、彼がもっていたチャイナドレスを着るのが切っ掛け。
ややサイズ小さいらしく、むちむちでしたよー。
ありゃ、触らない方が不自然。
前述したように自覚あった「仁美さん」がため、オチではラブラブっぽくなっていましたが。
その際の「信彦くん」に注目

姉「小松仁美」、看護師「小林美冴」
※左:姉「小松仁美」、右:看護師「小林美冴」

187:「白衣の元カノ」
盲腸で入院した「亘」は、そこで看護師となっていた元カノ「小林美冴」と再会。
担当となった彼女に剃毛されることとなったのでした。
野郎の剃毛なんて、どーでもいいです。
まぁ、漫画ではそんなん描かれず、えっち発展していましたが。
いくら見知ったモノであっても、がっつり握っちゃーダメよね。
こちらが最も古い原稿で、雰囲気もこちらだけ結構違っていました。

203:「おまけマンガ」 描き下ろし
収録ヒロイン総登場の複数えっち。
まぁ、まさにオマケという感じですね。
こうした場合では、誰が何処でえっちされてるのか探すのが楽しい。
いちおう12ページほどあり、派手で結構なボリューム感はあるものの。
もうちょっとストーリーっぽさがあった方が個人的には好みでしたが。
(全員出さなくても良いので)
ラストページの全員の顔が並んだコマは…ちょっと怖い気も
…やっぱり眼鏡率高いですよね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「やまみち」センセでした。
あとがきによると、デビュー12年での初単行本とのことでした。
おめでとうございます!
たしかに…ゆっくりでしたか。

こちらを手に取ったのは、↓表紙のおっぱいに引っ張られたためですが。
最終的な決め手は、やはり裏表紙。
これ、裏表紙はちょうど逆側からの視点になってるんですねー。
ココに巧さを感じたのですよ。
ちなみに、カバー裏はそれぞれ服を脱いだものに変化するので、お楽しみに。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : ラブコメ コメディー 競泳水着

■おとなのまねごと。 (山崎かずま)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、貧乳、学園
・構成 : カラー(4P)、短編×12話収録
     (うち「Discord-Complex People-」×2、「スーパーセクスプレス!」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、
      描き下ろし「スーパーセクスプレス!アフター!」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「山崎かずま(やまざき・かずま)」センセの「おとなのまねごと。」です。

超高速旅客列車乗務サービスアイドル「アイビス」
※超高速旅客列車乗務サービスアイドル「アイビス」


 【 構成・絵柄 】

収録は短編ほか、2話ほどの連続が2本。
前後編モノと描き下ろしが別シチュエーションという連続漫画がありました。
だいたいは学園モノで、ラブコメな仕上がり。
コメディーちっくなのもありますが、全体的にはそうはっちゃけておらず。
かと言って、シリアス過ぎることもなく…。
そう重量感ないくらいの、恋愛話ですかね。
妙なプレイはなく、楽しさありつつも甘いばかりでなく。
ぺかぺかと軽過ぎないので、漫画を読みたい人にはオススメです。
ヒロインはロリというほどは振り切れてませんが、貧乳揃いで基本はそっち寄り
逆に言うと、タイトル・↓表紙からの雰囲気ほどロリロリとはしていないので、注意ください。

柔らかな細線での作画。
デジタルな色彩はさっぱりとした淡いもの。
描き込みはやや軽いものの不足感はありません。
コマ割り中小で変化そこそこあり、比較的枠間はしっかりあるものの賑やか。
全体的にはちょうど良いくらいのまとまりです。
黒い吹き出しのえっち台詞が特徴的。
配置に若干引っ掛かるところもありましたが、漫画はおおむね問題なく。
目立つような崩れ・乱れなどはありません。
コメディー部分もお上手。
人物絵は丸い輪郭で、頭大きめのロリっぽい可愛さ。
バストは控えめで漫画ちっく過ぎず、お腹から腰回り付近がむちっとしていてエロス
こうした人物のバランス感覚に独特さあり、気になる人がいるかもしれません。
判断については、↓表紙そのままで問題ないでしょう。
あるいは「コアマガジン」さんのHPにあるサンプル絵が参考になるかと。

 【 収録話 】 12話収録

003:「まなびや」 カラー原稿
美化委員「加山みか」のお仕事は清掃・片付けなどのほか、男子・男子教師の性処理も含まれていたのでした。
いわゆる委員業務えっち。
「みかちゃん」は楕円眼鏡なおっとりした雰囲気の女の子。
いかにも、という吊りスカートがいいですね。
お仕事については疑うこともなく前向きに頑張っていて。
あっ、すぐ用意しますね
とかなんとか準備良く、ページ数の制限もあるためか即えっちでした。
それがため、どんな下着穿いてたのか分からないのが、ちと残念。

007:「弩田舎」
父親の転勤で、超ド田舎に引っ越した「りな」
学校では男子らと遊ぶ約束をしたんですが…。
昔の風習も残る村
そこで彼女はその意味を知ることとなるのでした。
切っ掛けはいわゆる夜這いプレイ。
こうした現実を見ると、前半の女性教師の台詞がやたら意味深ですね。
彼女も…色々経験してきたんだろうなぁ。
(※ちなみに、眼鏡とオデコで先の「みかちゃん」の成長後みたいな雰囲気あります)
なんのかんの「りなちゃん」も楽しそうで。
「タケル」、「アキラ」に色々されたことで、続くお気に入りな彼には主導権を握っていました。

りなちゃん、浜田愛
※左:りなちゃん、右:浜田愛

031:「Discord-Complex People-」 前後編
「らぶちゃん」こと「浜田愛」、「のの」こと「松本ののか」の友人エピソード。
「らぶ」は貧乏で大人しい親友「のの」をいつも気にかけており。
ふと思い立って、自ら付き合う近所のお兄さん「にー」を紹介したのでした。

えっち部分は置いといて、実際にありそうなネタです。
日焼け跡の可愛い「らぶちゃん」が↓表紙担当。
「にー」との間には金銭のやり取りがあり、援助交際的で余裕もあり。
雰囲気そのまま、同年代とはひと回り大人な雰囲気でした。
冒頭のような強さ、「ののちゃん」に対するあれこれは、精神的な余裕がためなのかも。
前編のメインは、その「ののちゃん」
紹介されてのえっちで、初々しい言動がキュート。
センセは”おなか”と書かれてましたが、むちむちとしたスタイルで、お兄さん的には抱き心地良さそうでした。

そんなこんなで、後編。
ううむ、女の子だねー
緊張感ある流れでしたが、いちおう読後感は良いものなのでご安心ください。
オチがああで、なんだか幸せ
こうした漫画のセオリーそのまま、複数えっちが描かれておりました。
「らぶちゃん」の日焼け跡はもう少し強調した方が分かり易かったのでは。

079:「恋愛の才能」
仲間内でも競争率の高い「安部みか」にクリスマス前で告白をした主人公。
まったく自信なかったものの、なぜかOKをもらい。
付き合うようになって2カ月たった今でも、不思議に感じていたのでした。
うん、まぁ…おおむねそんなものではないかなぁ。
ショートカットの「みかちゃん」は、さっぱりとした言動の親しみやすそうな娘さん。
なるほど、彼女は男性陣らにとって魅力的に感じるでしょう。
そうした性格であるため、空気を読みつつ気を回す彼に好意をもったのかも。
ちなみに、タイトルは”恋愛の才能”でしたが、えっちも上手なようでした。
いいなぁ。

099:「土曜日、お部屋で。」
デジカメを購入した主人公は付き合う「藤野しおり」ちゃんから撮影の許可をもらい。
さっそくビキニへ着替えさせたのでした。
制服が冬服っぽかったので、ビキニでマフラーという恰好はいちおうの寒さ対策なのかな。
こうしたエピソードのセオリーで、嫌々言いつつもしっかり着替えてくれてる「しおりちゃん」が素敵です。
バストそう大きくないものの、良い肉付きな彼女。
ビキニ姿がなんとも言えないエロス具合となっていました
ああして恥ずかしプレイしたがる気持ちも、わかる・わかる。
いわゆるカップルのハメ撮りです。
この漫画はラストページが好き。

115:「スーパーセクスプレス!東京-大阪間」
221:「スーパーセクスプレス!アフター!」 描き下ろし
不景気がため、乗車率が下がっていた鉄道会社。
そこで導入したのが、”超高速旅客列車乗務サービスアイドル”という「アイビス」だったのです。
大阪へ出張となった男性は、「西野こだま」ちゃんメインのチケットを当て。
彼女らのサービスを受けることとなったのでした。

今回収録の中でもっともお気に入りなのがコチラ。
巻末の描き下ろしがこちらの別シチュエーションで幸せ。
「こだま」・「ひかり」・「のぞみ」という3人娘で、「ひかりちゃん」が新人という設定。
これが初担当なのか、どぎまぎ・おずおずとしてるのが可愛いです。
メインである「こだまちゃん」は、しれっとした言動のツインテールなロリちっく娘。
先輩の貫禄、とか言われて余裕あった彼女が乱れる姿が良いですね。
お口ではシテくれてましたが、「ひかり」・「のぞみ」らはメインでないためか、まざっていたもののサポートのみ。
次の話で”性欲モンスター”とか言われてる「のぞみさん」のガッツキっぷりが凄い。

描き下ろしは新人「ひかりちゃん」のメイン話。
タイトル通り、業務後の風景です。
密かに狙っていた同僚かつ同棲相手「つばさ」くんと、ついに一線を超えるべく帰宅していたところ…という流れ。
えっちシーンあるものの控えめで、コメディー色の強い漫画でした。
ため、「ひかりちゃん」の直接シーンも…実はなかったりして。

ありがちかもしれませんが、列車名のついたヒロインらが可愛く、キャラも濃く。
彼女らのやり取りも非常に楽しい仕上がり
制服デザインほか周辺設定など、もうひと押しあれば良いシリーズになっていきそう。
逆に言えば、プラスなんちゃらがまだ足りないような気も正直あります。
続きあればいいな。

137:「歓迎光臨!テンテン飯店」
成年漫画によくありがちな中華食堂店でのチャイナ服えっちもの。
店主の病気が治るまで、「テンテン」が店を守ることとなったのでした。
台詞語尾の「アル」、「」のほか、実際の中国語まで交じり。
雰囲気あるものの、やや読み辛い感じです。
(※中国語は枠外に日本語訳があります)
ごく丈の短いミニスカチャイナ服の「テンテンちゃん」
控えめスタイルが可愛い。
来店した悪意ある客に乗せられ、えっちしてしまうのでした。
純粋とも言えますが、ちょっと頭弱すぎるなぁ。
オチあんな感じでしたが…おっちゃんに戻ったら客足遠のくだろうしねぇ。

159:「gKsnN4q」
タイトルなんだろう、って思いましたが。
解説によると、「じこしょうにんよっきゅう」なのだとか。
へー、なるほどなー。
ライブチャットで自らの独りプレイ映像を配信している「みく」にハマっていた「藤井」
放課後、クラスメイト「四谷久美子」から呼び出された彼は、意外な事実を知ることとなるのでした。
根暗女とか称されていた「久美子さん」
目が三角目でそうした雰囲気もありましたが、ぜんぜん可愛いく描かれてます。
…片目隠れる髪型とか(笑)
映像もほぼそのままな様子なので。
ああした喋り方とか声色がため、同一人物とは思われなかったのでしょう。
その驚きがためか、ぶっ飛んでるような彼女に圧倒されたのか、終始「藤井くん」が喰われているような感じ
拘束もされており、エロスというよりも狂気な感じがしました。
台詞を見る限り、彼女とちゃんと向き合えればその闇を解消できそうな気もしますね。
まぁ、頑張れ。

藤野しおり、あゆみちゃん
※※左:藤野しおり、右:あゆみちゃん

179:「侵略襲来!お嬢様」
高笑いと共に突然部屋へやってたきた女性「柴宮兎蘭(しばみや・とらん)」
昔泣き虫だった彼女を「宗太」はよくかばっており。
当時の約束そのまま、今度は彼女自身が彼を助けるべくやってきたのでした。
18年…この日のために磨き上げた技を…
という台詞はコメディー展開の前フリでしたが。
性格面では別人というまでになっており、実際に頑張っただろう雰囲気はありました。
(良いか悪いかは置いといて)
かなり控え目なスタイルが楽しい。
お風呂えっちで素に戻った彼女も見れ、なんだかひと安心。
ただ、漫画は執事「木村」ほか、かなりテンション高いコメディーな仕上がりです。

199:「光」
ふとした切っ掛けから、大人の男性と知り合った「あゆみ」
彼に教えられて関係をもって以降、頻繁にその部屋へ向かうようになっていたのでした。
成長する「あゆみちゃん」に対し、時間の止まった彼というお話。
他と違ってごくシリアスなお話です。
下手すると、現実にもこんなんありそうね。
まぁ、あれで縁切れてよかったのでは
読んだひでるさんの解釈が合っているかどうか、よく分かりませんが…。
むちむちっとしたスタイルの典型的な美少女という「あゆみちゃん」がキュートでした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「山崎かずま」センセでした。
こちらのブログでは「プチチチズム」、「美少女謝肉祭」、「H.O.M.E」、「楽園の果実」、「ポルノスターより愛をこめてっ」などを紹介しています。
あとがきによると、成年系はこれで6冊目。
一般系を含めると、10冊になるのかな?
二桁冊達成おめでとうございます!

そう、前巻「ポルノスターより愛をこめてっ」の出来栄えが非常に優れていたんですよねー。
未見の方は、ぜひどうぞ。
今回の↓表紙も、そちらと同様に裏表紙まで含めた1枚絵なんですが。
陽が差し込む教室内で女の子と2人~、みたいな色々妄想かき立てられるような感じで好き。
(脱いだ制服とか惨状から察するに、ひとプレイあった後かな?)
個人的には「アイビス」3人娘のカラーも見たい気がしました。
シリーズにできそうだし、彼女らは次の出番がある…といいなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール ショートカット

■ちゅぱ・シャワー (八尋ぽち)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、複数
・構成 : カラー(16P)、短編×13話(うち「発情スイッチ」×3、「はめまショー」×3)
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画「武田の彼女は誰なんだ裁判」、
      描き下ろし「発情スイッチ ~after~」、加筆修正あり。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八尋ぽち(やひろ・ぽち)」センセの「ちゅぱ・シャワー」です。

大空たくみ
※大空たくみ

 【 構成・絵柄 】

収録は2つのシリーズものと短編。
シリーズのうち1つは、メインの短編とショート2本。
後日談が2エピソード、みたいな感じです。
もう1つは普通に連続話。
いちおう連続形式になっていたんですが、裏表紙の配置そのままメインヒロインは2話目以降の彼女ですね。
その他短編も含めて、ジャンルはラブコメ。
そうコメディーっぽさはなく、傾きはえっち寄り。
可愛らしいヒロインらの、むちむちっとした良い肉付きをお楽しみください。
甘いだけでなく、若干のブラック要素あるのがポイントです。

強さあるクッキリ線での作画。
濃い黒で全体の濃淡もしっかり。
描き込みはそう細かくないものの、変化あるコマ割りで枠間もあまりなく。
また、ぶち抜き・はみ出しも多く、かなり賑やかなものでした。
液体描写なども派手目ですね
ただ丁寧さあって、全体に安定感もあるため、そう見辛い印象はありません
五角形輪郭で、黒目の大きい可愛らしい人物絵。
むちっとしたスタイルの漫画らしい、可愛いものです。
漫画などもお上手ではあるんですが…。
個人的には、どことない硬さを感じました。
まぁ、重箱の隅程度なので、特に気にしなくて良いでしょう。
判断については、カラーでもそう変化ないので、↓表紙・裏表紙で問題ないです。

 【 収録話 】 13話収録

003:「発情スイッチ」 前後編(※前編はカラー原稿)
043:「発情スイッチ ~after~」 描き下ろし
結婚して10年。
様々なプレイを試したものの、妻「咲稀」の反応はなく。
6年間ほど全寮制の学校へ行っていた妻の妹「未来」も同様に不感症だと思われていたんですが。
彼女は耳が弱点であることを知ってしまったのでした。

タイトル後編となっていますが、カラー原稿の前編が後日談。
4ページのショートですね。
外で洗濯物を干す彼女に入れたまま、というドエロい行為をしていました。
まぁ、奥さんあーであれば、多少は仕方ないか。
後編はそれに至るまでのお話。
メロメロになる「未来ちゃん」を楽しめます。
それがバレない訳もなく、オチそして描き下ろしへと繋がっていました。
まぁ、結果オーライですかね。
ちなみに、↓表紙が「未来ちゃん」でした。
個人的には…ショートカットで貧乳な「咲稀さん」のが好き。

妻の妹「未来」、「松坂零子」
※左:妻の妹「未来」、右:「松坂零子」

007:「メガ×チン」 カラー原稿
カラー6ページのショート。
薬局で3Lという特大サイズのコンドームが売れたため、店員さんが確認するというもの。
馬のモノじゃない!!
とか言われてました。
10人に1人くらいしか入らない、とのことで。
それはソレで苦労しそうだなぁ。
ちなみに、こちらの店員さんは入る側。
わざわざ店閉めてお試しをしていました。

013:「私の妹エッチな目で見ないで」 カラー原稿あり
叔母の娘「つくし」と関係している「サト兄」
完全なロリ趣味で、彼女が成長した今ではその妹「蒼葉」に興味を持つようになっていたのでした。
寝てる彼女に襲いかかりそうでしたよ。
あれはヤバいなぁ。
台詞によると、そもそも「つくしちゃん」もまだ訳分かっていない頃にお手付きされた様子。
それがためか、胸パンパンでした。
趣味はそんなんでもえっちに問題はないらしく、カラー原稿部分ではお風呂、本編では帰宅後に制服姿での彼女とシテおります。

047:「妹姫と奴隷君」
半年前、父親の再婚がため3名の妹ができた「卓也」
長女「初音」・次女「静音」は家で権力を持ち、彼をまるで性欲処理の奴隷として接していたんですが。
三女「寧音」は誠実・まじめで、自然と彼女に好意をもったのでした。
ちょっとした描写ですが、母親に止める感じはなく。
最も年下の「寧音ちゃん」があーなるのは仕方ないか。
エロい姉妹だなぁ。
なお、えっち好意については、いちおう親には秘密にしていましたが。
メインは姉妹らが出掛け、「卓也」・「寧音」の2人きりとなったところから。
色々な事情は分からんでもないですが、それを「寧音ちゃん」に当たるのは違うのでは。
ただ、意外なことに彼女もそれを望んでいたことで、えっちに発展していました。
あんなオチになっていましたが、「卓也くん」大変そう。

067:「公開はめまショー」
087:「全員はめまショー」
111:「公開はめはめショー」
女の子4名からいじめられていた「武田」
彼女「奏(かなで)」は勇気を出し、彼を助けようとしたんですが。
大勢は変わらず、目前でのえっちを強要されてしまったのでした。
そんな訳で、タイトルが「公開はめまショー」なのです。
大人しそうな顔をしていながら、バスト大きい「奏ちゃん」
彼女とのえっちが4名の想像を超える激しさだったことで、予想外にお話が発展していくのでした。
わはは。
ちなみに、「武田くん」の持ち物はサイズ大きいらしい。
続く「全員はめまショー」は4名のうち「松坂零子」さんのエピソード。
彼氏はいるものの、痛がったことで未体験なままであり。
それがため、前話の台詞にも繋がっていたのでした。
未経験だと悟った「武田くん」がため、えっち発展しています。
さすがに「奏ちゃん」があんな反応するだけあって、お上手。
相性も良いようでしたが…「武田くん」のあの発言はどうなのか。
後半は複数えっちになっていました。
そんな訳で、シリーズ最終話「公開はめはめショー」
「零子さん」との拘束えっちなんですが。
タイトル公開とあるそのまま、羞恥プレイになります。
オチ前のあの展開は想像できたことですけれど。
どーでもいいですが、本来の彼女「奏ちゃん」の存在がどんどん希薄になっていくような
おまけのカバー裏にも注目。

131:「ラブ・ほじる」
冴えない中年「七福」とアルバイトながら店ではアイドルであった「北川愛子」のカップル。
彼女は半ば無理矢理ながら店長が手をだしており。
なんというか、ネトリちっくなエピソードです。
タイトルのソレは、彼が耳ほじるのを得意としていたため。
漫画以前の関係がどの程度か、だいたいを想像するくらいしかできませんが。
バストに手を伸ばすのは、やや早急過ぎに感じました。
ページも決まってるんですけどね。

151:「Sweet雷雨」
従妹「柚」と「智也」のカップル。
昔と違って、すっかり生意気になっていた「柚」でしたが。
雷を苦手にしていたのは変わらず、またそれを切っ掛けに意外な事実を知ることとなったのでした。
10歳年下の血縁者にプレゼント渡してえっち迫るというのは、どうかなぁ。
多少遊んではいたようですが、本質的なところは以前と変わることなく。
可愛らしいところを見せてくれました。
まぁ、そもそもある程度でも好意なければ、あーはしないか。

167:「ひなちゃんおまちかね」
彼氏「カズ」くんと久しぶりのデートなった「ひな」ちゃん。
なぜかWデートになっていたんですが、その最中にえっちなコトを仕掛けてきたのでした。
コートの下全裸で~なんてお願いしていました。
良い趣味だなぁ(笑)
結局普通の格好でしたが、水族館でのデート中にもちらほら手出しをされてます。
まぁ、彼との電話で独りえっちしていた、というだけあって、「ひなちゃん」もなかなかエロい娘さんで。
後半は自らコート下の服を脱いでおりました。
ただ…あの行為がすぐ隣まで来たのに気付かれないというのはいかにも漫画ですねー。
オチ部分の「ヤダ…気付いてたの?」が可愛い。

従妹「柚」、ひなちゃん
※左:従妹「柚」、右:ひなちゃん

187:「テレたりミリタリー」
サバイバルゲーム好きだった「康司」
やめて彼女ができた弟「とおる」に習い、自らも足を洗おうと考えたんですが。
同じサバゲー仲間であった隣の女の子「大空たくみ」から続けるよう説得されたため、その追及をかわすため彼女が魅力的になったと嘘をついたのでした。
「康司くん」は、”男みたいな女”とか言ってましたが。
ちょっと大きめなミリタリー服とか、全然可愛いんですけどね
(リアルに描かれても困りますが)
雰囲気と違って、バストも大きめでした。
あの若干脱がせたくらいが最も良かったので、ほぼ全裸になってしまう後半がなんだか残念。
口調がガラリと変わるところは良かったんですが。
保護キャップ」はちゃんと用意しておきなさい。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「八尋ぽち」センセでした。
当ブログでは、「ラブマチオ」、「はめぺろ HAME・PERO」、ほか一般系の「正しい魔術の遊び方」などを紹介しております。
こちらで4冊目ですかね。
今回の単行本で気になったのはあとがき部分。
ですか。
しかも毛抜きって…確かに漫画に入れづらい要素ですねー。
アンダーヘアならば、どうにかなると思いますが。

ちゅぱシャワー (WANIMAGAZIN COMICS SPECIAL)ちゅぱシャワー (WANIMAGAZIN COMICS SPECIAL)
(2014/11/01)
八尋 ぽち

商品詳細を見る






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ショートカット アンダーヘア

■jc-t 孕みたい系女子 (夢乃狸)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 援交、妊娠
・構成 : 短編×12話。
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、加筆修正あり、
      描き下ろし?「jc-t 孕みたい系女子 プロローグ」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「夢乃狸(ゆめのたぬき)」センセの「jc-t 孕みたい系女子」です。

教師「進藤美優」
※教師「進藤美優」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作の中編と、短編群。
メインは連続話で、ストーリー調。
2組のカップルについて、描かれておりました。
短編も含めて、タイトル通りなお話群
ただし、そちらから感じられるようなブラックさは意外となく。
プレイ的にも、あまり極端なものはありませんでした。
いちおうジャンルはそんな系統であるので、お好きでない方はご注意ください。
漫画はラブコメほど軽さなく、かと言ってそれほど重々しくもありません。
適度なくらいの重量感だったと思います。

しっかりとした強めな線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡はやや強め。
描き込みも同様で、こってりな味わい。
コマ割りは細かく、変化も多め。
かなり賑やかに仕上がってます。
個人的に配置など原稿内でのバランスで気になるところありましたが、それも些細な程度。
派手目でしたが表現などに違和感はなく、引っ掛かる個所もなく。
巧く漫画を描かれていました。
人物絵はふっくらと幅広めで可愛らしいもの。
ジャンルもあってか、むちむちっとしたスタイルです。
そんなんお好きな方にも刺さるかも。
また、内蔵描写がちらほら見られたので、そんなん苦手な方は要注意。
背景や小物も全体と合っていて、過不足はなく。
全体的に作画は良好なものでした。
そう変化はなかったので、判断については↓表紙・裏表紙が良いでしょう。

 【 収録話 】 14話収録

001:「jc-t 孕みたい系女子」 前中後編
127:「jc-t 孕みたい系女子 ボテ腹編」
227:「jc-t 孕みたい系女子 プロローグ」 描き下ろし?
友人「詩織」の紹介で、「美花」は援助交際の相手「多村亮治」と会い。
そこで初対面な彼とガッチリ最後までイタしてしまうのでした。
一方、娘「美花」の成長を感じていたその父親。
同年代の「間々崎優亜」に誘われるまま、関係を持ってしまうのです。
ごく簡単ですが、そんな感じ。

いちおう、どっちも切っ掛けは援助交際的。
それでタイトル通りな行為までしてしまい、セオリーであればヤリ捨てな雰囲気たっぷりなんですが。
不思議なことに、ちゃんと責任から逃げないのがこの漫画のポイントでしょう
無論避妊はすべきですが、命中したらちゃんとしましょうねー、という感じ。
そうした意味では教育的な漫画と言えるかも。

美花、優亜
※左:美花、右:優亜

前編は「美花ちゃん」と援交の相手「亮治くん」
友人「詩織さん」の影響が大きく、実際に彼を紹介したのも彼女。
ううむ、アレでいいの?
実際、彼女自身も中年と付き合って命中までしていて。
言ってることが口ばっかりでないのは良いのか、悪いのか…。
ただ、彼女の助言と、巻末にあるプロローグ(これが描き下ろし?)で描かれていた彼氏への不満がため、「美花ちゃん」も同様にえっちしてしまうこととなるのでした。
清楚で可愛らしい外見
とは友人「詩織さん」の台詞でしたが、あーんな娘が援交もそうですが、彼氏とガッチリとしたえっちしちゃってるのが凄い
こちらでは、ホテルと自宅、さらには車内プレイまで描かれていました。
数ページ程度ですが、次にメインとなる父親とのお風呂シーンにも注目。

中編は娘「美花ちゃん」と同学年という「間々崎優亜」が登場。
娘と”手をつないで”登校していた父親に興味を持った彼女から誘う流れ。
女の子が足全開にして座らないように(笑)
なお、前編では「美花ちゃん」のバストに対し、「成長途中な感じが~」なんて台詞ありましたが。
その台詞はこちらの「優亜ちゃん」にこそ当てはまる感じよ。
お話は”嘘だぁ”ってな雰囲気の大胆な電車内プレイから、ホテル内えっちに展開しております。

後編は会話に出ていた旅行エピソード。
冒頭のタクシー内プレイは、まるでAVのよう
「美花ちゃん」もそれを受け入れちゃうのね。
旅館部屋でのえっち。
彼女も感じたそのまま、露天風呂でなかったのは意外でした。
なお、こちらの中盤では驚くような展開に。
察せられる方もいるでしょうけど、いちおうこの場では伏せておきます。
ぶっ飛んだ、もの凄いカミングアウトが見られますよー。
それ以降は複数展開に。
読者待望(?)だろう描写もありました。
「jc-t 孕みたい系女子 ボテ腹編」はタイトル通りな後日談。
「美花」・「亮治」のカップルで、お腹目立つようになってきていた彼女とのデートが描かれてます。
ほぼえっちしまくってるだけなんですけどね。
オチでは全員集合し、それぞれのその後が見れるようになってます。

151:「デキちゃっティーチャー」
教師「進藤美優」は生徒「遊佐貴人」の告白を受け入れ。
進展した結果、誕生日の行為でどうやら妊娠してしまったようなのです。
…教師なんだから、せめて避妊しなさいよ
さすがに年上だけあって、色々考えていたんですが…その際を思い出した「貴人くん」に迫られ、教室プレイに。
しかたないなあ…
とか言ってたものの、えっち発展してしまうのでした。
前髪ぱっつんなボブカットの「美優先生」
童顔ながらもバストは丸々と大きく、そりゃー生徒にモテるだろう感じ
ああしてえっちに流されちゃうあたりもそうですね。
オチを見る限り、あの後がちょっと心配。
がんばれ。

173:「行動が描いたどうしようもないストーリー」
本を見ながら歩いていた「田部ひかり」
うっかり先輩「雨宮指人」と激突し、眼鏡を無くしてしまい。
また、怪我をしていたので、保健室まで連れて行ってもらうこととなったのです。
えー、「ひかりさん」は眼鏡ないと歩けないほどの視力ではあるんですが。
さすがに、差し出されたのが消毒液か、男性自身か、分からん訳ないでしょう。
こんなんなるか。
もしかしてこれ…
って遅いよ。
初見だった「ひかりさん」が興味を引かれため、えっち引き続く流れ。
後半では眼鏡を見つけ、着用していたのでお好きな方おめでたう。

田部ひかり、珠
※左:田部ひかり、右:珠

197:「デルタ」
「珠(たま)」と結婚していた「渉」
頑張っていたもののなかなか子供が出来ず、幼馴染み「恵(けい)」 に相談するのでした。
「恵ちゃん」とはそうしたプライベートな事を話せるくらい親しいものの、いちおう友人関係。
どうやら、彼女は好意を持って(引きずって)いるようでしたけどね。
お話メインはその後の「珠」・「渉」のラブラブえっち。
じっくり間を置いていたのが、いい効果となってました。
ただ、「珠さん」は”友人”と言っていた「恵さん」に会いに行くことを不安に感じていたようで。
買い物に出て偶然会った、というのがそんな感じですね。
なお、当初は裏表紙のように髪をアップにしているんですが、途中で自然に解けていくのがまた可愛いです。
なお、「恵さん」の後日談は某書店のおまけ小冊子にありました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「夢乃狸」センセでした。
こちらが5冊目くらい。
たぶんひでるさんはこちらが初見です。
正直なところ、今回もタイトルからどうしようか店頭で迷ってたんですが。
こうしたネタながら、そうブラックでなかったのは本当に意外なものでした。
(※まぁ、そう明るくハッピーなものばかりでもないですが)
ヤリ逃げな描写もいちおうなく。
そうした感じでの読み辛さはありませんでした。
逆にタイトルで派手な描写を期待した方には、やや物足りない所があるかもしれません





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■ヴァニラエッセンス (大和川)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、学園
・構成 : カラー(6P)、短編×9話収録。
・おまけ: あとがき、合間に作品解説・ラフ絵、カバー裏に表紙ラフ絵、
      大和川アーカイブ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大和川(やまとがわ)」センセの「ヴァニラエッセンス」です。

生徒会長「相馬真雪」、真奈ちゃん
※左:生徒会長「相馬真雪」、右:真奈ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編による構成。
あとがきによると、”同じ学校で行われるお話”とのこと。
ただし、見たところ舞台・制服が同じというだけで、他作品との関連を示すようなテキスト・事柄はありませんでした。
できれば、ちら、程度でもいいので、片隅に出演して欲しかったですね。
(※結構頑張って探したんですが、ないと思います。…たぶん)

ちなみに、今回の↓表紙・裏表紙は折り返しを含めて横長な1枚絵となっていて。
ヒロイン全集合した、唯一の共演部分となっています。
それぞれ服装・小物もあるため、誰だかすぐ判断できるようになってました。
ややポーズ異なるカバー裏のラフ絵もいいですね。
隅には男性陣の顔も見えますよ。(全員ではなかったですが)
話戻します。

ほぼ学校内、部活動などの場面となっていて、概ね初夏から春の卒業シーズン風景が1冊にまとまっています。
ジャンルはラブコメで振り切れるような描写無く、読み易い仕上がり
どちらも楽しく読み進められるものでした。

柔らかな細線での作画。
濃淡はやや淡い雰囲気で、全体の色づきも丁度良いくらい。
描き込みは細かさあるもののしつこくなく、見易いまとまり。
丁寧で乱れ・崩れのない、綺麗な原稿でした。
コマ割りはやや細かめながら、適度に枠間あり配置も見辛くなく。
この点について引っ掛かる所はありません。
小さい個所も丁寧で、服装は無論のこと小物・背景も違和感なく。
漫符などの表現も過剰過ぎず、あっさりでもなく。
漫画部分もお上手でした
キャラ絵はどちらかというと漫画ちっくな可愛さあるもの。
極端に振り切れることはなく、適度なバランス具合で。
そう人は選ばないと思います。
↓表紙などカラー絵はやや異なるので、判断は紹介帯のカット絵も参考にするのが良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

007:「イケナイアソビ」
学校で、なにげなく拾ったSDカード。
そこには大量の盗撮映像が保存されていました。
よく見知った校内で、知った顔もあるそれに「美幸」はハマってしまい。
自らも録画機器を片手に、校内で隠し撮りをするようになってしまったのでした。

眼鏡で黒髪ロングという、優等生然とした「美幸さん」
なかなかエグい趣味持っちゃいましたねー。
捕まらないように気をつけて。
…と、お話はもともとの持ち主と接触するのが切っ掛け。
まあ、似たような場面の盗撮しているだから、いずれ合うのは当然か。
撮影中の手ぶれ部分の推理が楽しい。
そう、彼女は撮ってる間に自分でもシテるんですね。
ハマったのは、おそらく撮影でなく覗き見つつスル行為ではないかなぁ。
パートナーと出会い、今後はよりエスカレートしていきそう。

美幸さん
※美幸さん

035:「マル・ゲーム」
容姿端麗・成績優秀、剣道部の主将でインターハイで優勝までしているという、完璧な生徒会長「相馬真雪」
ついでに、推定Hカップという彼女はまさに高嶺の花という存在で。
仲間とのゲーム勝負に敗れた「高幡良介」は、前に好きだと言っていたこともあり罰ゲームで「真雪」に告白することとなったのです。
”どうせ断わられるだろうし、当たって砕けよう”
そう考えていたところ…という導入部。

生徒会長「真雪さん」は、センセがあえてセオリーを外したため。
クセッ毛みたいなショートカットで、しれっとした目(解説ではジト目ぎみ、と書かれてます)という、やや不思議系な雰囲気漂うヒロイン
告白に応じた彼女が(おそらく)無言でキスしてくる、という行動とも合って、独特なキャラとなっていました。
ゴメンなさい、それだけしか知らない
そうは言いつつも、接触なかった彼のフルネームからクラス、部活まで記憶しているのが凄い。
なるほど、勉強できそうだなぁ。
その淡々とした感じのまま、直接行為に至っております。
途中ではあったものの、ちゃんと事情を説明した彼は偉い。
「真雪さん」は独自のテンションを持っており、付き合うにしても今後大変そう。

057:「難易度設定 very easy」
中身不明なクレーンゲームで、女性用のエロ下着をゲットした「稔」
それを付き合う「真奈」に渡していたところ。
口では色々言っていながら、ちゃんとそれを穿いて登校していたのでした。
眼鏡の可愛い「真奈ちゃん」
”爆乳ながら上は脱がぬまま”
そうした設定が漏れたため、反響大きかったらしく。
センセの解説でそれに触れられていましたけれど…場所は学校の保健室(しかも午前中だ)なため、着たままのがリアルだと思います。
制服からでも、その大きさはざっと判断できるので。
全体も若干ふっくらですよね、「真奈ちゃん」

忘れていた体育の授業に気付き、不意に体調不良を訴えたことから「稔くん」が確認したのが切っ掛け。
まぁ、そりゃ見ない方が失礼ですもんね。
エロ下着はともかく、そうはっちゃけていない、真面目そうな雰囲気の彼女がおずおずとスカートめくられてるシチュエーションが素晴らしい
そのまま保健室えっちに発展しています。
ほ…ほめたってなんも出ないぞ
そんなんに対する台詞が良かったです。
機会あったらぜひ使ってみたいものでした。
なお、こちらにはさらにエロ下着が登場するんですが。
後半の2枚は「真奈ちゃん」が自ら取っているところがポイント。
しかも、わざわざ持っているというのは…どちらかのタイミングで使おうと思ってたためですよね。

081:「ただいまプール清掃中」
水泳部の補欠組「拓磨」はプール掃除を申しつけられたんですが。
なぜか彼1人だけで他メンバーは顔を見せておらず。
部のエースにして彼女である「和泉野アキラ」は選抜組なため、本来は近所のプールで練習している筈でしたが…なぜか、掃除に来ていたのでした。
ショートカットに日焼け跡という活発な彼女とのお話。
制服下にビキニを着ており、冒頭では濡れ透けシーンがポイントになっていました。
清掃の確認に来た顧問教師から隠れた際、彼の股間へ手を伸ばしたことがえっちの切っ掛け。
~毎日シゴかれてな
そんな教師の台詞がなにげにリンクしていて楽しい。
最中の「アキラさん」の台詞がまたエロくて素敵。
ちょっと、そのシーンも漫画で見たいですねー。
日焼け跡ってさ~
個人的にその台詞が刺さりました。
うん、確かにそんな感じだ。
オチで判明する事実にも注目。

107:「Trip on Trip」
修学旅行で風邪をひいてしまい、1人留守番となってしまった「佳香(よしか)」
夜に部屋へ付き合う「坂本」が来ていたところ、ふと同部屋の女子らが戻ってきてしまい。
慌てて布団の中へ隠れることとなったのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。
せっかくの旅行に男同士でふざけたいだろうに、「坂本くん」は優しいなぁ。
だって、暑かったから…
そう言う彼女は下は下着だけ(上はシャツにジャージ姿)
布団内に隠れた彼が何もしない訳はないですね。
女子友人ら周囲にいる中でのえっち展開。
声を出さぬよう頑張る「佳香さん」が実にキュート
ドキドキの好きなシチュエーションではありますが、あまり病人に無茶させちゃダメよ。

123:「Touch me if you can!」
付き合い始めて2ヶ月という「広瀬阿貴」・「武内建児」
そろそろ~、と関係の進展を考える「阿貴」に対し、ロードレースで彼女に負け続けていた「建児」は…。
「自転車で勝てない限り、今後お前には指一本触れないから!」
そんな宣言までしていたものの、10連敗という結果に。
なお意地をはり続ける彼に対し、会話の端で「阿貴」はふとひらめいたのです。

そんな感じで、サイクルウェアが堪能できる漫画。
なにしろ、1コマ目は「阿貴さん」のお尻アップでしたから。
さすがはセンセ(笑)
なお、タイトル扉絵もそんな感じでした。
レーパンの下は普通スッポンポンでしょ?
また、漫画中ではそんな発言もしており。
実際に”ギリギリまでずらして見せてくれる”コマが秀逸です。
ありがとうございました。
みつ編みが可愛い「阿貴さん」
どちらかというと幼い印象の髪型なんですが、スポーツウェアとも合って爽やか。
そんな感じの彼女から積極的に迫られるというのはイイものです。
慣れてないながらも、勢いで頑張っていました。
そんな彼女に対し、意固地な彼がなんだか悲しい。
気持ち分からんでもないですが、あの勝負は惜しい雰囲気すらなかったからなぁ。

151:「はつもうで」 カラー原稿
初詣に出掛けた「佳菜」・「賢治」のカップル。
除夜の鐘が鳴る中、彼女は野外で仕掛けてきたのでした。
カラー原稿4ページのショート。
108回どうの言ってましたが、そんなシタら「賢治くん」カサカサになっちゃうぞ。
2人は灯篭付近でえっちしてましたが、基本的には道沿いにあると思われ。
(※必ずしも道沿いにあるとは限らないですけどね)
初詣という時期も考えると、往来はそこそこ人がいる筈。
大胆ねぇ。

ちなみに全員集合のカバー絵では、背表紙付近にこちらの「佳菜ちゃん」居ました。
一瞬、いないと思いましたが。
縦置きにすると最も目立つんですね、この位置。

佳香さん、広瀬阿貴
※左:佳香さん、右:広瀬阿貴

155:「ユー・ガッタ・スター」
2学期の末頃という時期に転校してきた「戸倉亜莉栖(とくら・ありす)」
活動している部員は1人だけ、という天文部へ入部しました。
その先輩と2人きり天体観測などをしているうち、いつしか付き合うようになっていたんですが。
”受験生なのでおあずけ”
そんな事を言ってキス止まりだった彼女が、不意にえっち仕掛けてきたのでした。
大雑把にはそんな感じ。
最後まで読むと…まぁ、ドップリとした甘さあるお話という事が判明。
先輩(このお話の男性ね)、ずいぶん恥ずかしい事を口にしていました。
あまりの甘さに衝撃(笑)
「亜莉栖さん」もそんな感じでしたが…彼女は事情がためかな。
外は雪が積もる夜での、屋上えっちです。
吐息も白く描かれており、結構寒そう。
風邪引かないようにね。

185:「はやく提出してね」
卒業文集がまだ未提出な「霧島由利乃」
自由登校期間に登校し、原稿を前にしていたんですが。
ふと居眠りとなってしまったのでした。
うたた寝する彼女を前に、彼氏「ヒデ」はふとした悪戯心からちょっかい出しているうち~というお話。
他学年は普通に授業最中という、平日・日中の学校内えっち。
教室えっちはよくあるシチュエーションですが、あまり現実的でないこと多く。
その点、こちらの”自由登校期間”というアイデアは、なるほど、と納得感がありました。
確かにそれならば普通に2人きりがあるかも。
あまり音立てるのは危険ですけどね。
寝ている「由利乃ちゃん」が可愛い。
そりゃ、エロい事もしたくなりますわ。
直接行為は「由利乃ちゃん」のが積極的で、廊下に出る判断も彼女のもの。
廊下は…周囲に音伝わっちゃうと思いますよ。
この「由利乃ちゃん」はカバー絵のが大人っぽいですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「大和川」センセでした。
ブログでは「AQUA BLESS」から、「Witchcraft」、「たゆたゆ」、「たいへんよくできました?」、そして「Powerプレイ!」と紹介しているんですが。
前巻「Powerプレイ!」は2012年の2月頃。
おおよそ3年ぶりの単行本でした。。
書店店頭でお名前見つけ、何気なく手に取っていましたが。
そういえば久しぶりでした。
今回、個人的に楽しかったのはあとがき部分。
大きなイベントが3つほど~ということで、興味深い内容が書かれていました。
世界進出おめでとうございます!
そんな時代になっているんですねー。
なお、某書店の購入特典である小冊子もあとがき漫画みたいなもので、裏話が読め。
そんなん好きな人は必見。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ショートカット

■生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! (柚木N’)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●◎○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [一般] コメディー、露出、生徒会
・構成 : 原作「稲光伸二」、カラー(4P)、5話収録、
      現在1巻まで発売中。
・おまけ: 折り返しにコメント、あとがき(原作・漫画)
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「柚木N’(ゆずきえぬだっしゅ)」センセの「生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! 1巻」です。

朝葵高校・生徒会
※朝葵高校・生徒会

 【 構成・絵柄 】

2巻以降に続く長編。
各話完結の長編タイプで、繋がりはそこそこ。
とりあえず、今のところは大きなストーリーの流れは感じられませんでした。
ジャンルはコメディー
はっちゃけた変態ちっくな可笑しさです。
一般漫画ながら、ヒロインの全裸がバンバン描かれる珍しい単行本。
詳しくは後述しますが、そんなんでもエロス色は薄く。
とりあえず裸が見れればOK、みたいな人以外はそう魅力的に映らないと思います。
直接シーンのない一般えっちで、やや下品に針がふれた感覚でした。
そう凝ったお話とか、目新しいモノはないものの。
読んでいて面白い漫画ではありました。
ネタにやや特殊さあるので、人はキッチリ選ばれますが。

サービスカットが売りの漫画にしては…作画がイマイチです。
連載がためでしょうか。
成年系で見られたセンセの良い所がまったくありませんでした。
ざっと読みましたが、頭で考える普通ラインよりも低い感じがします。
強めな線の作画。
全体の色づき・濃淡は丁度良いくらい。
描き込みはややすっきり目。
絵は全体的に平たく、ぺったりとした印象。
バランス微妙に見えるところがちらほらあり、引き絵は特に酷い。
メリハリとは違う、明らかに力具合が弱いコマもよく散見されました。
アクションコメディー描写なども空振りな感じがします。
背景・小物は読んでいて引っ掛かってしまうほどで、全く質感はありません。
正直、良い所を探すのが難しいくらい
↓表紙の良い感じに引っ張られないように。

 【 収録話 】 5話収録

”中庭の女神像に処女の脱ぎたてパンティを捧げると女神が救いの手を差し伸べる”
朝葵高校に伝わるそんな伝説。
実は共学となった現在を憂う生徒会会長「神村ルナ」が、学園を守る愛の戦士「ミスティック・ハート」を操り、男子らとの問題を解決していたのです。
副会長「矢神さゆり」こそがその「ミスティック・ハート」でしたが…露出度が日増しに上がるそのコスチュームから、”ドM仮面”と生徒らに恐れられていたのでした。
超がつくほどの恥ずかしがり屋な「さゆり」
その羞恥心が限界を超えた時…抑圧されていた人格が現れ、無敵なドS超人となるのです。
ごく簡単にはだいたいそんな感じ。

生徒会を中心とした学園モノ。
サービスシーン豊富なえっちコメディーです。
あらすじなどでちらほら書かれているように、エロスというよりは変態として表現されていて。
その弾けっぷりが可笑しさに繋がっています。
いちおう一般漫画ながら、かなり直接的で驚き。
バストトップは無論のこと、開始早々に全裸を晒しておりました
(※無論、肝心な部分は誤魔化されてはいます)
変態がテーマのコメディーなんで、それで間違いないんですが。
個人的には、もっとじんわり滲むような羞恥のあるエロスが見たかったなぁ。
照れる↓表紙でちょっとそんなんを期待したんですけどねー。

”ドM仮面”こと「ミスティック・ハート」
※”ドM仮面”こと「ミスティック・ハート」

「さゆりちゃん」を支配する会長「神村ルナさん」が非常に良いキャラで、見ていて楽しいんですが。
他の生徒会の面々がキャラが弱め。
特に生徒会議長兼風紀委員長「宮主静香(みやす・しずか)」、生徒会会計「小渓マイ」ですね。
次巻以降で目立ってくるのかもしれませんが…いまいちパンチありません
単行本後半に顔を見せる新聞部、闇の生徒会みたいなライバルらをもっと早く出した方が良かったかも。
まぁ、それらも特に目新しさないんですけど、絡み方によっては面白くなりそうな存在でした。

カラー原稿もある1話。
冒頭では襲われていた女の子を登場しただけで助けているんですが。
その女の子にも引かれていました
でも、コスチュームうんぬんならばMというより露出狂のが近いような気もします。
語呂が悪いのか。
昼食風景では、徹底的に優先・優遇される女子と隔離された男子らが見れました。
何らかやらかす男子は当然悪いんですが、この朝葵高校にも問題がありそうですね。
依頼者は盗撮されて脅されていた陸上部2年「澤本いつき」
その犯人をアニル研究会の生徒だと疑い、さっそく「さゆりちゃん」は「ミスティック・ハート」として向かうのでした。
挑発目的で、よりエロいコスチュームに注目。
よくやるなぁ。
後半はちょっとした展開あり、ほぼ全裸となってしまうんですが。
生徒会面々の反応を見る限り、ああして彼女が豹変したのは初めてのようです。
ちなみに、生徒会書記「通山いずみ」さんが参謀的な娘でして。
彼女が色々と策を巡らせれば、あーした作戦でなくとも良さそうなんですが…会長「ルナさん」がつまんないか。

2話はいつの間にか友人らから仲間はずれにされていた2-C「相原裕美」
こちらでは依頼者が下着脱ぐシーンから見れます。
なかなかいい感じ(笑)。
即座に誰だか見極める「ルナさん」が楽しい。
数人の男子に囲まれる、危機的状況。
また衣装デザインが変わっていた「ミスティック・ハート」
コスチュームにはとある仕掛けがあり、こちらでもモロ出しに。
羞恥より恐怖が勝ってしまってる…
とは、その通りだろうなぁ。

3話は付き合っていた相手に裸の画像をアップされそうになっている、という2-A「小日向唯」
事情を聞き、一度は断ろうとした会長「ルナさん」に注目。
いちおうキッチリとした考えというか、信念があるんですね。
結構言いたいこと言ってる「さゆりちゃん」が面白いです。
ここでの「ミスティック・ハート」はもともと囮役。
犯人との接触は偶発的なものでした。
そのため、生徒会の面々がモニタしていないところで捕縛されてしまうという危機的状況になっています。
おっぱいで許してくれない…!?
そんな感じで、バストは許容範囲となってる様が凄い。

前回の映像鑑賞で始まる4話。
なんのかんの、「さゆりちゃん」が好きなんだろうなぁ。
愛情歪んでますが。
新聞部部長「有坂美和」が登場。
漫画でよくある新聞部という感じ。
過激なネタ集めに躍起になっており、「ミスティック・ハート」こと「ドM仮面」を操っているのが生徒会だと睨み、接触してくるのでした。
とかげのしっぽ切り、のくだりが好き
ここは初めて依頼者が登場しない回。
スクープのいざこざから男子柔道部らに捕まった「美和」を助けるため、自ら「ミスティック・ハート」となる「さゆりちゃん」ですね。
しかし、もうあの程度の露出では恥ずかしさを感じないのか
今後が心配(笑)

副会長「矢神さゆり」、新聞部「有坂美和」
※左:副会長「矢神さゆり」、右:新聞部「有坂美和」

5話はまたまた新キャラ。
闇の生徒会を組織する、いわゆる”男の娘”である「明智剛介」が登場。
女の園で女子とイチャイチャ喋るのが夢だった
…という百合趣味な彼は、身体検査の盗撮を計画するのでした。
「ミスティック・ハート」がマトモ(?)に活躍する珍しい回です。
いちおう、キッチリ全裸にはされるんですが。
毎回依頼を対応していくのもマンネリになりそうなので、前回新聞部とか彼の組織とか、次巻はより幅広がるかもしれません。

 【 その他 】

以上、毎度お馴染み「柚木N’」センセでした。
ブログでは↓下にずらりと並べた漫画を取り上げています。
一般はこれが初ではなく。
店頭で見つけて、結構期待していたんですが。
うーん。
やっぱりコメディーが違うのかな…。
読んでいて面白くはあったんですが、作画が思いのほか悪く
エロス具合も想像とは程遠く、個人的には刺さりませんでした。
あ、このネタは実写だったらいいかも。
ほぼAVになっちゃうだろうけど。


生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! (チャンピオンREDコミックス)生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている! (チャンピオンREDコミックス)
(2015/03/20)
稲光伸二

商品詳細を見る


★「柚木N’」センセの漫画紹介記事

12[椎葉さんのウラの顔。
 成年。孤立気味な「椎葉さん」の秘密を知ってしまい…という5話ほどの表題作を収録。
11[姉恋 ANE-KOI
 成年。ストレートなお姉ちゃんラブコメです。表題となってる中編がメイン。
10[姉・コントロール
 成年。お姉ちゃんに催眠術をかけることでトンデモ展開となる中編を収録。
9[アナザー・ワールド
 成年。なかなか重たいお尻えっちな中編漫画です。オススメ。
8[CHANGE!!
 成年。女装、性転換なネタが多く収録された作品集。
7[お姉コレ
 成年。お姉ちゃん系の多い短編集。
6[エス・カノ
 一般。5話の連続「天敵カノジョ」を収録。強い女性に弱い男性という、逆転構図なラブコメです。
5[フェチの品格
 一般。センセ初の一般向け短編集です。
4[めちゃLOVE☆
 成年。母から姉、妹など、近親系でまとまった短編集です。人妻な2人が良いですね。
3[シシュンキのアレコレ
 成年。初の連続話「ユーレイ部員」、中学生「安藤さん」の「先生、ロリコン~シリーズ」などを収録。
2[めちゃ姉!
 成年。お姉ちゃん系でまとまった短編集。ラップ越し~なんてネタもあります。
1[明るいエロス計画
 成年。初単行本。みつあみ眼鏡な優等生「柳瀬智さん」などが登場してます。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー バストトップ アクション

■最近この世界は私だけのモノになりました…… (唯登詩樹)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] SF、セクシー、ファンタジー
・構成 : 18話収録、(※現在は2巻まで発売中)
・おまけ: カバー裏にイラスト。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「唯登詩樹(ゆい・としき)」センセの「最近この世界は私だけのモノになりました…… 1巻」です。

ヒロイン特集1:世界で1人の「美希さん」
※ヒロイン特集1:世界で1人の「美希さん」

 【 構成・絵柄 】

2巻以降に続く長編もの。
えっち系一般漫画です。
ヒロインはほとんど半裸みたいな状態で、サービス的にはまったく問題ありません。
そう頻繁でないですが、直接行為も普通に描かれてます。
設定もあって、単独プレイが多いですね。
向かう結末は不確かなものの、ストーリー漫画。
多い全体話数から察せられるかもしれませんが、各話はショートくらいの長さ。
ページ数が各話でバラついていて、冒頭の1話は36ページほどでしたが、そのほかはだいたい10から8ページくらい。
直接繋がっているものもあれば、完全に場面が切り替わっていることもありました。
ジャンルとしてはSF…でいいのかな。
深刻な事態で、それに押しつぶされる描写もありましたが、なんのかんの頑張ってます。
そう暗い展開はなく、読み易い漫画であるかと思いました。

すっきりとしたデジタルな作画。
全体の濃淡はしっかりしていて、色は適度なくらい。
描き込みも丁度良いと思います。
コマ割りは比較的大きめ。
乱れとか崩れなく、丁寧さあって綺麗な原稿です。
背景や小物はあっさりしていながら、違和感はまったくなく。
独特な静かさある間の漫画運びと同様で、個性的な仕上がりでした
お上手なので特にマイナス点はないものの、癖はあるので…好き嫌いあるかもしれません。
グランドジャンプ」のWEBサイトには試し読みもありましたので、判断には最適。
そちらでは、もともとカラー原稿だった1話が見れましたよ。

 【 収録話 】 14話収録

朝、眠りから覚めた女子大生「美希」
なぜか電気は点かず、電話も通じず、風の音以外はまったく聞こえず…。
不可解に思いつつ1週間ほど周囲を散策した彼女は、この世界で自分たった1人だけとなっていたことに気付いたのでした。
ごく簡単にはそんなオープニング。

突如世界で1人となってしまった女の子の長編漫画。
謎の多いお話です
とりあえず1巻の時点では、何が起こったのか、どうなっているのか、ほぼ分からぬまま。
なんとなーく周辺の状況が把握できてきたかなぁ、というくらいの進み具合でした。
これはヒロイン「美希さん」のある特徴も要因となっています。
どんなんかは本編にて。
そのうち詳細とか切っ掛けが描かれるでしょう。

界で1人、と書きましたが、実際には異なっていて
1巻での登場人物は、いちおう3名(※正確には4名です。回想は除く)ほどおりました。
うち、1名は今のところ正体不明。
もう1名はマトモに出てくるのがずっと後の11話ということで、ほぼ「美希さん」だけで進んでいきます。
寂しさを紛らわせるためか意外に独りごとは多く、モノローグも同様。
読むところそこそこあるため、特殊な舞台設定でしたが漫画としては普通に読み進められます。
とは言っても、街中な背景に1人だけという絵はどこか違和感があり。
なんとない不安とか不可思議さを醸し出しておりました。
このあたりはファンタジーな過去作品と似て、やはりお上手ですね。

36ページほどの長い1話目。
いきなりネグリジェのサービスでした。
紹介帯にもありましたが、街でうろつく彼女は下着姿。
いちおう1週間ほど散策した結果ではあるのでしょうけど、大胆ですね。
これもサービスか。
途中でランジェリーショップを見つけ、えろいバニーにコスプレしていました。
ほか、回想シーンからオモチャを使っての独りえっちなども差し込まれ、そっち方面の絵は十分
後半では他の人間を発見するんですが…その際の彼女の行動に注目です。
こうした世界なので、多少の相手でも共に行動するのがセオリーなんですが。

ヒロイン特集2:走る「美希さん」
※ヒロイン特集2:走る「美希さん」

これ以降は各エピソード10ページ以下と短く、できるだけネタバレを避けたいので。
以降はこざっぱりと書きますね。

その男性との後に何があったか、台詞にて書かれてる2話目。
絵として見たい気もあったんですけれど(笑)
ホットパンツのお尻がキュート。
いきなり走っている3話目。
何故かは秘密。
前話の流れもあってか、下着姿でうろうろしてます。
4話目は夕方から夜という時間帯。
こちらでは、彼女が暗闇を怖がっていることが軽く示されます。
久しぶりに独りえっちも描かれてました。
”世界に1人”という状態での、トイレ事情が描かれる5話目。
なかなか切実です
なるほど。
こちらは12ページとやや長く、池でのお風呂シーンなどがありました。
直接続く6話まで、”他の人の存在”がなんとなく描かれます。
どうやら先の1話に登場していた彼ではないようなんですが…この正体不明さんが、当面では大きな謎となっています。
前回ノーパンだったので、7話目は下着選び。
また面積小さい下着をチョイスしてましたよ。

雨が降っている8、9話は回想話。
ここでは「美希さん」の制服姿が見れますよー。
彼女には兄がいるんですが。
ちょっと危険な場面が描かれていました。
もしかしたら、この実兄とのことは後に繋がってくるのかも。
さすがに孤独に耐えられなくなってきているような10話目。
独りえっちがいっぱい・いっぱい。
5話にもあった、もう1人の存在がまたちらと示されます。
続く11話はまた夜のエピソード。
暗闇で襲われてしもう、ドキドキ展開となってます。
こちらでは2人の男子が登場。
そのうち1名は1話目で登場していた太めな男性で、もう1名は依然として謎のまま。
助けられた流れで、その太めな男性と行動することとなる12話。
あんた」とか呼ばてれるため、いまのところ名前は不明。
こちらでは、ちらほら存在を示されているもう1人の彼が拠点としている部屋を発見するんですが。
…なかなかゾっとする絵ですよ。
そんな訳で、この街から離れようとする13話目。
まぁ、そうなるのも仕方ないかなぁ。
気持ち悪いよね。
行き当たりばったりな「美希さん」とは違い、なかなか頼りになる彼。
ソーラーカーなんて調達してきていました。
また、いままで暗闇に怖がるような描写ありましたが、それがやや病的であるらしいことが判明します。
続く14、15話はドライブ中。
ちょっと揉めたりするんですが、ささやかな「美希さん」の抵抗がキュート。
しかし、前話もそうでしたが…周囲に男いるのに格好はあのエロいままなんですね。
謎の男性が再登場する15話。
木陰でのトイレ中に襲われそうになるという流れ。
変わらず顔は見えぬままでしたが、普通っぽい体格ですね。
あれは…●なのでは??
先の部屋の状態といい、変な性癖がありそう。
川へ水を汲みに行く16話は…いいおっぱいでした(笑)
とりあえず。
センセの巧い水描写を堪能下さい。

1巻での最終17、18話。
魚とか鳥や虫すら見かけていないと彼の言葉がありました。
世界はどうなっちゃったんでしょう。
こちらは、トンネルを目前にぐずる「美希さん」がメインです。
トンネルの距離は先が見える程度で、彼が先行するんですが。
16話の水辺の時と同じく、ちょっと不思議な感じがありました。
なんらかありそうですが、まだ謎のほとんどは解明されぬままですねー。

ヒロイン特集3:着替える「美希さん」
※ヒロイン特集3:着替える「美希さん」

1巻のラストでは、また実に気になる終わり方でした。
次巻が、というよりこの話がどう進んでどんな終わり方をするのか。
期待して2巻を待ちたいと思います。

 【 その他 】

以上、「唯登詩樹」センセでした。
今回は一般系の単行本。
実に分かり易いタイトルですね。
個人的には好きな系統のネタで、楽しめました。
予想以上にサービスシーンもありましたからねー。

カバー裏がちょっと気になる感じ。
漫画があんなんなので、外から見てる読者に気付いた、ってことかな。
次巻でこっちに寄ってきたり、話しかけてきたら面白いなぁ。

最近この世界は私だけのモノになりました…… 1 (ヤングジャンプコミックス)最近この世界は私だけのモノになりました…… 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/08/20)
唯 登詩樹

商品詳細を見る




※現在は2巻まで発売中。

★「唯登詩樹」センセの漫画紹介記事

・[あね my sister+
 …「My Sisters」から続きほか8話ほどの中編「IVNO」も収録
・[るりるり~双子の事情~
 …双子姉妹の1冊まるまる長編。
・[My Sisters] 【オススメ】
 …2話の中編シリーズによる、久しぶりの成年単行本。[成年]
・[シテ…ほしいの
 …「内田美咲」先生のシリーズを含む、フルカラー漫画集。[成年]
・[My doll house
 …女装ラブコメな長編。サクサク進む楽しい漫画です。
・[Hな…
 …フルカラーのショート漫画集。[成年]
・[SWing-style 2巻 1巻] 【オススメ】
 …スワッピングを題材にした、長編漫画。オススメ。
・[MAIの部屋
 …フルカラーのちょっぴりえっちでセクシーな日常コメディー。全3巻。
・[いけないよゆう子さん] 【オススメ】
 …オフィスを舞台にしたビジネスえっち長編。全2巻。これもオススメ[成年]


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : コメディー ファンタジー コスプレ

■よこしまむすめ (よこしま日記)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉さん、ノスタルジー
・構成 : 初単行本、短編×13話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏にリンク絵・別絵、
      描き下ろし「サマーアタック オマケ」、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「よこしま日記(よこしまにっき)」センセの「よこしまむすめ」です。

先輩「咲恵」、兄嫁「美琴」
※左:先輩「咲恵」、右:兄嫁「美琴」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
いちおう4ページの描き下ろしがあり、本編の補完となってました。
タイトルそのままおまけ的で、後日談というほどではありません。
あれはアレで面白いものでしたが。
ジャンルはいちおうラブコメ
他に、ぱっと具合の良い単語がなかったので、とりあえずそのようにしましたが。
そうラブラブでなく、コメディー描写も軽いものでした。
かと言って恋愛話ほどの深さはなく…ややどっちつかずな印象
だいたいの話は16ページほど。
えっちシーン含めることを考えると、短編ではなかなか難しい事と理解してますけど。
正直なところ、優れた作画を生かしたストーリーではないと思います
もっとフェチっぽい描写があれば、また違うかもしれませんが。

クッキリとした細線での作画。
素朴なタッチ・雰囲気があり、なんとなくノスタルジーな感覚。
全体の色づきは適度なくらいですが、濃淡は強く。
特に黒がきゅっと強め
細かさあるコマ割りで、枠間もなくなること頻繁。
丁寧さによって濃厚というほどでないものの、ソースのような濃いめの味に仕上がってます。
背景や小物がお上手で、そうした要素もあるのでしょう。
特に服装は見事で、しっかりとした描き込みで見事な質感がありました。
バランスに優れていて、小さいコマも丁寧。
個人的にはコマの繋がりに違和感も感じましたが、些細な程度です。
やや横幅ある人物絵。
ふっくら輪郭では可愛らしくまとまっているものの、極端なデフォルメはなく。
そう人は選ばないものでしょう。
判断は↓表紙のそのままな判断で問題ありません。

 【 収録話 】 13話収録

001:「凜として!」
付き合う「健介」・「凜」のカップルの初えっち話。
↓表紙はおそらく、こちらの「凜ちゃん」だと思います。
カバー裏はそのリンク絵なんですが。
表裏で2コマ漫画となっており、それから察するに彼女で良いだろう、と。
↓表紙の服装が陸上部ユニフォームみたいでややこしいんですよね。
えっちでいいんですが。
話脱線しました。
2人は剣道部の部長・副部長。
いわゆる漫画における剣道娘でちらほら見られる、硬い口調の女の子。
今どき「無礼」なんて台詞を普通に言うのは、某新聞社のドンくらいしか記憶ありません。
ラブホでのえっちで、怖気づくだろうと判断した「健介くん」がシャワー中に乗り込むのが切っ掛け。
ポニーテール解くのは流れとして当然なんですが、なんだか残念な気が(笑)

017:「三人あそび」
1つ年上で幼馴染みのお姉ちゃん的存在「楓」・「律子」
よく一緒に遊び、勉強もしていたんですが…成長してからはえっちもするようになっていたのです。
そんな訳で、タイトルそのままWヒロインの複数もの。
「楓さん」は眼鏡で真面目な雰囲気でしたが、「律子さん」は髪色薄く制服もいじっており、だいぶヤンチャな印象。
ただ…そうした見た目は当てにはならず、いかにも遊んでそうな「律子さん」のがえっち面で差を付けられていました。
まぁ、「楓さん」のが生き上手っぽいからなぁ。
実際、大学受験を控えて、離れて行こうとしていた様子でした。
(※オチを見る限り、あるいはしたたかに逆転狙ってたのかもしれませんが)

凜、明希
※左:凜、右:明希

033:「サマーアタック」 オマケ描き下ろし
スポーツ推薦でその名門校へ行っていた「明希」
「タケシ」は土日で帰省した彼女と久しぶりに再会したところ、女性らしく成長していたのでした。
ノスタルジーな雰囲気のある作品。
ショートカットでいかにも体育会系っぽい「明希ちゃん」
前半で蹴っ飛ばした際には、なにするのかと思いましたが。
それを切っ掛けに、セオリー通りの河原えっちに突入していました。
なるほど、仲良しだ
告白前の照れ隠しでもあるのかなー。
オチのバレーコスチュームに刺さった方のためか、オマケ描き下ろしはそんなんです。
単純なえっちではないんですけどね。
彼女の興味深い内面が伺えますよ

053:「日比谷荘の陽子さん」
日比谷荘で隣に住むお姉さん「陽子」とのえっち。
「惣介」くんとは夕食を共に…してるだろうと思うんですが、どうでしょう。
ともかく親しく話をするくらいの間柄。
そんな「陽子さん」が付き合っている男性は正反対というべき粗暴なタイプで、別れようとしていたんですが…という感じ。
安アパートのようだったので、隣の声は筒抜けですわね。
たぶん、今までも同様な事があったのだと思います。
ここは男らしさを発揮する「惣介くん」がポイント。
本当は色々めんどくさい事もあるんでしょうけれど、そういった要素はすっ飛ばしていて。
驚くほどのラブコメっぷりなオチとなってました。

069:「雨の日の心得」
前の話とは違うと思うんですが、男性は「惣ちゃん」、女性は「陽子さん」というお名前。
あるいは続きものか、どちらかの妄想に突入しているのか、って思いましたが…特にまるで関係はないみたい。
見合い帰りな「陽子さん」とのアレコレ。
まぁ、仲直りえっちですわね。
和服姿が素敵
ちゃんと下着も着けてなかったですよ。
それに合わせてわざわざ和傘を買ってくるとは、ヤルねぇ。

085:「椿の季節」
「椿」に告白した「徳一」
彼女は返事しないまま逃亡し、その後グレてしまったのでした。
見かねた友人「桃」がお世話を焼くという流れ。
分からんでもないですが…告白から既に3年後。
めんどくさい女だな
そんな台詞がありましたけど、まさにその通り。
なんなんだろう。
あるいは「桃さん」が絡むかと思いましたが、そんな事もなく。
ラブラブで終わっていました。

105:「アイスの味」
先輩「咲恵」と付き合って半年に同棲することとなった「智直」というカップル話。
モノローグがやたら意味深で、深読みしつつ見ていましたが。
短編ですし、ページ数的にも細々描かれることありませんでした。
初々しさなくなるのは残念ながら当然。
まぁ、「智直くん」的には色々思うところあるのでしょうけれど。
「咲恵さん」は先輩ながら、眼鏡の可愛らしい娘さん。
わざわざシャツ着せて一緒に風呂へ入るというのは、同棲始めたばかりだというのに随分マニアックな要求でした。
お前がそんなんだからエロくなったんだろ
後半のタンクトップ・ジーンズ姿が好き。

125:「ふたりの部活動」
漫画研究部の「大介」と、とある切っ掛けで部室によく顔を出すようになった「山村八重」のお話。
まぁ、居心地良かったんでしょうね。
前半のアレは痛い所突かれたなぁ。
言い訳並べたててる際の「八重さん」がキュートでした。
ほぼ分かってないぞ。
えっちは彼女のお誘い。
冒頭でもそんなんでしたが、オチにて理由が語られていました。
最後の台詞はあんなんでしたけど、またそのうち来るのでは。

141:「兄嫁」
兄嫁「美琴」の寝込みに、ついキスをしてしまい。
それをネタに、「トオル」は彼女に逆らえなくなっていたのでした。
義姉のつまみ食い話ですね。
本当に嫌ならば、そもそもマッサージさせないでしょう。
すっかり怖気づいてしまった彼に、今度は「美琴さん」から仕掛ける展開。
もう前後あれば、また印象違ったかもしれないんですがね。
ちなみに、家を空けてるお兄ちゃんは特に浮気とかでなく、本気で仕事が忙しい様子でした。
たぶん。
帰ってきた際の「トオルくん」を見たいです。
ちょっと複雑だぞ。

157:「あゆみビースト」
陸上部の先輩「あゆみ」
大会が近付くにつれ、高まる気持ちを期待の1年「東」にて解消していたのでした。
直接行為でなく、一方的に彼がいじられてます。
まぁ、単独行為のお手伝い程度ですねー。
漫画では最近頻繁になってきた、ということで「東くん」が逆に迫るというもの。
いっつも生殺し」とはその通り。
どうやら、おっぱい直に見たのもこれが初のようでした。
そりゃ、色々溜まるわ。
手をなかなか出さなかったのは、モテる彼がためかなぁ。

175:「ナースと犬」
看護師「久枝」さんとのえっち話。
タイトルから察せられるかもしれませんが、彼女はSちっくな女性。
医療行為もそこそこに、完全に彼を調教しておりました。
”今日の診察結果発表”が楽しい
そんなんだから、ああしたオチに繋がるのでしょう。
可愛らしい方でしたよ。
彼女の着るナース服のスカート丈はごく短く
冒頭シーンでは、普通に椅子に腰かけてるだけなのにパンチラしていました。
ちょっと動くだけでたくし上がってきちゃいそう。

看護師「久枝」
※看護師「久枝」

191:「訪問者」
人妻「静江」を訪ねてくる元彼。
過去には調教されていたようで、結婚した後もその関係から逃れられないのでした。
人妻えっちなんですが。
名前は落ち着いた感じの「静江さん」は可愛らしく。
実際若妻ではあるようなんですが、2ページの姿はまるで女学生のようでした。
まぁ、いぢめたくなるようなオーラですわね。
旦那が早めに帰宅したりするかなーって期待していたんですが、特に何事もなく。
もうひとパンチ欲しい気がしました。

207:「まきさん」
片想いの「まき」さんは先輩の彼女。
しかし、なぜか部屋にずかずかと上がり込んできていたのです。
相当に信頼されてるのね。
ただ、部屋に来続けるというのは、多少なりとも好意があるのだと思います。
逆にこちらの気持ちも伝わっていたのかも。
ロングスカート下の黒下着・ガーターベルトの組み合わせがエロい。
この漫画はそれに尽きると思います
オチはあんな感じでしたが、その後に会った2人を見てみたい気が。

 【 その他 】

以上、本日は「よこしま日記」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
紹介帯には叙情派と書かれていました。
なるほど、確かにそんな感じの雰囲気。
濃い目なタッチで、なんとない説得力が溢れていたと思います。
…ただ……。
全然悪くないと思うんですが、コレといったパンチは他に見当たらず
読み終わった後ほぼ何も残りませんでした。
ちょっと肌に合いません。
各話のストーリーも、”叙情派”という冠は…やや重い印象。
もう少し色が出ればまた違うと思うんですけど…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ポニーテール パンチラ ノスタルジー ショートカット

■ろりおた (やみなべ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ロリ、ラブコメ、ショートカット
・構成 : 短編×7話収録(うち「ろりおた」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画「歪んだ願望後日談」・「俺とボクのモノローグ後日談」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「やみなべ」センセの「ろりおた logical libido orgasm time」です。

晶ちゃん
※晶ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は表題の1話が連続となっているほかは、全て短編。
ページにして1ページ程度ですが、カバー裏も漫画になっていて。
収録2話分の後日談が描かれています。
こんなん良いですね。
表題作品は前後編みたいな感じでした。
話数にして7話と、正直なところそう多くないんですが。
ざっと調べたところ、少ないものでも1話につき22ページほどあります。
平均では27.1ページほど、とやや長め。
(※↓下記”収録話”のタイトル右に調べたページ数残しました)
読み応えは問題ありません。
ジャンルはラブコメなロリ系統。
凌辱っぽい感じはほぼありませんでしたので、ここでも好き嫌いが分かれそう。
まぁ、雰囲気そのままキュートさあるお話群ですよ。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき良く、濃淡はやや濃いめな印象。
描き込みも細かめです。
コマ割りは中くらいで比較的大きく。
枠間もだいたい確保されていて、見易い仕上がりです。
丁寧さと共に迫力もありました
軽くなりがちな背景・小物も良く描かれてます。
服装はロリっと可愛い人物絵に合ったものだと思います。
ジャンルがそうした特徴的なものであるため、人を選ぶでしょう
漫画運び良く、引っ掛かる個所もこれといって見当たらず。
コメディーもお上手でした。
そう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 7話収録

001:「ろりおた」24
025:「ろりおた おかわり」28
アニメ好きな「駿河仁」は某電器街で妹の友人で昔馴染みな「夢瑠(めろ)」と鉢合わせ。
話題のアニメ「魔法少女ミルキィ☆カフェ」が好きであるという共通の趣味を見つけ、急接近。
共に見た回がたまたまお色気回だったこともあり、妙な空気になってしまうのでした。
男性はパンチラ好きだと思いますが、「夢瑠ちゃん」がしたソレはパンモロですよ。
その後のくだりで、実に可愛らしい反応をしていました。
そもそもこの2人も幼馴染みで、妹「大河」の関係でちらほら顔会わす機会もあり。
趣味は似通っていたため、お互い全然問題ないでしょう。
お兄ちゃん」とか呼ばれていて、そりゃー「仁くん」もたまらないと思います。
裏表紙が「夢瑠ちゃん」ですね。

前話オチから続く、2話目「ろりおた おかわり」
こちらは妹「大河さん」の視点になってます。
付き合うようになった兄と友人「夢瑠」がため、ついに行動を起こしたのでした。
ツーサイドアップな髪型がいかにもツンデレちっくな「大河さん」
本来の趣味をひた隠しにしていた、あの徹底っぷりは見事
(※兄との会話など、バレてなかったのは凄い)
コスプレえっちへ至ろうとしていた2人のもとに、ライバルキャラに扮した「大河さん」が突入する展開です。
さすがに「夢瑠ちゃん」は想いを察していたようで。
それに驚いた様子なく、複数えっちに発展しています。
まぁ、仲良しで何より。

夢瑠・大河、近江蒼華
※左:夢瑠・大河、右:近江蒼華

053:「歪んだ願望」26
公園で休憩していたサラリーマン「丸木戸」
ふと昔を思い出し、”エロ本の隠しスポット”であったトイレ裏に行ってみたところ。
ちょうど本に熱中していた3名ほどの女の子と鉢合わせ。
うち、逃げ遅れた「間礼緒」は思わず漏らしてしまったのでした。
そんなんが切っ掛け。
あの場面で、この行動も正しいのかどうか。
(※トイレ連れ込んだ段階で、下手すれば警察に通報されてるかもしれませんね)
実際、まったく抵抗しない彼女に、本来の目的とは違う行為に至っておりました。
彼女の性癖に合わせ、中盤あたりから凌辱ちっくなプレイに。
事後の笑顔が素敵でした。
良い・悪いは置いといて。

オチでは残りの2人も登場。
カバー裏の後日談にて、その3名とのプレイが描かれていました。
目にハートマーク浮かばせる「礼緒ちゃん」がエロ可愛いです。

079:「俺とボクのモノローグ」30
進学で制服姿を見せた「晶」
「淳」とは物心ついた時から一緒の友人で。
その性格もあって、特に意識はしていなかったんですが。
始めて見た彼女のスカート姿に、女性だという認識をするようになったのでした。

ううむ、お年頃ですねー。
↓表紙、中扉はこの「晶ちゃん」かな。
こうした経験はないですが、気持ちは分かる・分かる。
その後、親の助言もあってスカート穿いてるんですが、生活態度は変わらぬためパンチラ見放題なのでした。
アレはいいなぁ。
いちおう、下着はしっかり女の子してるんですけどね。

切っ掛けは「晶ちゃん」のちょっとした悪戯心から。
んー、まあ遅かれ早かれ、という感じだし、良かったかなー。
本人も「早い方がいいだろ」と言ってましたので。
えっちに至るまでのやり取りがまた、いかにも彼女らしくて楽しい
なんとなく、読んでいて昔「わんぱく」センセが描かれていた「スカート適齢期」を思い出しました。
(※話とか違いますが)

なお、こちらも後日談がカバー裏にあり。
進学後の2人が描かれていました。
このカップルいいですねー。
ぜひ続きが見たいです。

109:「絶頂ク年 射精す年」28
大晦日、「不二」家では付き合いのあるご近所さんらが集まって大宴会となっていました。
そこでお隣の1人娘「近江蒼華」に久しぶりで再会。
現在は疎遠ですが、昔はよく懐いてくれていた彼女。
大学受験を控える「鷹」が、勉強のため部屋に戻っていたところ。
その「蒼華」が訪ねて来たのでした。
無口ではんてん・ジャージ姿という「蒼華ちゃん」が可愛い。
独特な雰囲気ある娘さんですね。
コタツにちょこんと座る姿がキュート
えっちのお誘いは彼女から。
個人的には”最後の理性が打ち勝った図”のくだりが好き。
余計エロいよ
後半の素を見せる「蒼華ちゃん」がまたいい感じなので、お楽しみに。

137:「Peaceful loss of virginity」22
妹「沙々美」を溺愛する姉「美香」
”まだ処女でお子様”
そう言われて落ち込んでいた彼女のため、自らの知り合いで信頼できる男性「石田」を召喚。
妹「沙々美」の初体験の相手をさせることをお願いしたのでした。
「美香さん」が貸しだしたらしく、「沙々美ちゃん」はブルマ姿。
いい感じです(笑)
大人しく、ちょっとたどたどしい感じが実にキュートでした。
そりゃ、撮影したくなって当然。
なめるの!?
のコマが好き。
さぞ気が散るだろうなぁ。
ただ、「石田くん」は多くの知り合いからチョイスしただけのことはあって、なかなか良い男性。
キッチリ相手役を努めておりました。
やり取りで可愛らしいところを見せてくれた「沙々美ちゃん」ですが、オチでは意外な1面も。
女の子ってオソロシイですね。
また、当然参加するだろうと思っていた「美香さん」が加わらなかったのは意外。

お嬢様「浦戸亜留架」・メイド長「神羅」
※お嬢様「浦戸亜留架」・メイド長「神羅」

159:「ヴァンパイア・プリンセス」32
名家「浦戸」家に執事として採用された「久下月伴太」
その際にメイド長「神羅」が言っていた決まりごとは、どう聞いても吸血鬼要素満載でしたが。
夜中に見回りをしていた「伴太」は、お嬢様「浦戸亜留架」が隠れて血を啜っている現場を見てしまったのでした。
自らも命が危ないと感じた彼は、「亜留架」の指示を従順にこなしていたところ。
ご入浴のお世話をすることとなったのです。
だいたいそんな感じ。

あとがき絵もこの2人ですね。
独特の古風な喋り方をするお嬢様「亜留架さん」
八重歯がキュート。
お風呂場でのとある出来事を切っ掛けに、彼女の”えっちなお戯れ”が続き。
最終的には寝所へ呼ばれるという流れ。
さすがにグッタリしていました。
メイド長「神羅さん」が実に良いキャラクター。
夜伽で呼ばれた際も控えており、こりゃえっちの手伝いで複数発展するかと思いきや。
撮影だけで参加はてくれず、カケラも脱いではくれませんでした。
ううむ、残念。
先の「美香さん」もそうでしたが、妙齢な女性が脱がないのはロリで徹底してますねー。
(※そう言えば、えっち撮影する行動も同じだった)
こちらのオチが実に楽しく、いい感じでした。

 【 その他 】

以上、本日は「やみなべ」センセでした。
こちらが5冊目となる単行本。
ブログでは以前に「痴炉利主義」を取り上げでいます。
今回は何と言っても 「俺とボクのモノローグ」の「晶ちゃん」でしょう
ややベタなものですが、アレはいいなぁ。
特に、今回手に取る切っ掛けとなった↓表紙がヤバい。
またそんなイメージを残しつつめくった中扉が…ソレと繋がってはいないものの、事後処理みたいな絵で実に良い感じ
野外イメージというのが、また色々想像を掻き立てますわねー。
続きはやや難しさあると思うので、再構成して3話くらいの中編になればいいなぁ。

ろりおた(セラフィンコミックス)  ろりおた(セラフィンコミックス) 
                        (2015/8/6)
                        やみなべ
                        ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : サラリーマン ツーサイドアップ ラブコメ コメディー コスプレ パンチラ

■快楽ほりっく (夕霧)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] むちむち、凌辱、学園
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、短編×12話収録(うち「インモラル・レッスン」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「インモラル・レッスン EX」、
       カバー裏にヒロイン紹介、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「夕霧(ゆうぎり)」センセの「快楽ほりっく」です

教師「佐々木洋子」
※教師「佐々木洋子」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろしが後日談となっており、そちらにはひと仕掛けがありました。
詳しくは下記作品紹介にて。
可愛らしい絵柄なんですが…ジャンルとしてはハード傾向
結構ブラックな要素があり、オチで文字通り堕ちたりしていました。
書店紹介の”ハードエロスの頂点”は間違ってはいません。
いちおう、漫画はそんなんばかりではなく、プレイとしてそう振りきれるようなものは無かったですが(たぶん)
好き嫌いはあるかな。
版権モノからくのいち、主婦など幅広さのある作品集ですね。

なお、こちらには特設告知ページ(↓ソレ)があったんですが。
ボイスつきの作品サンプルもあって、非常に力の入ったものです
気になる方は無論のこと、そうでない方も見てみる価値ありだと思います。

アヤネエ


強く太さもある線での作画。
描き込みはだいたい適度なくらい。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡は作品の空気感もあってか濃い目。
重なるようなコマ割りで、えっち時表現・漫符などもあって、原稿は賑やか。
コッテリ濃厚さある仕上がりです
人物絵は広い輪郭でややタレ目がちな可愛らしいもの。
むちっとした抱き心地良さそうなスタイルがいい感じでした。
普通にしてれば一般漫画みたいな風情もあるんですが、前述したようにハードめ。
そんなギャップが楽しめることと思います。
なお、あとがきによるとしっかり加筆修正されたようで。
単行本として安定感がありました。
特にひっかかる個所もなく、漫画はお上手。
これはジャンルが合うかどうか、だと思います。
カラーでも極端に変化しないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 12話収録

003:「美女と野人」 カラー原稿
007:「Fall to Heaven!」 カラー原稿
これら2話はカラー原稿のショート漫画です。
まず「美女と野人」は、とある帝国の闘技場でチャンピオンとなった奴隷「ブライトン」に、美女「リタ」が与えられるというもの。
いかにもアッチ系っぽい、実写でも見たい感じな「リタさん」の服が素敵。
彼女も”強い子供を産む”だけに存在しているようで、えっちしているものの双方の感情は伝わってきません。
そうした意味では重い話よね。
オチはあーなるんですが…ひょっとして女を知ったことが原因かなーって思いました。

後者「Fall to Heaven!」は、、資産家高崎家の財産を狙うメイド「摺木・カトリーヌ・冴子」のお話。
ツインテールの可愛らしい娘さんです。
冒頭は威勢良かったものの、えっちでは主人1人によってメロメロにされており。
事前調査もだいぶ甘いらしく、果たして正気でいれるのは今のうちかなー、って印象。
漫画ではそこまで描かれてなく、オチもブラックではなかったですが。

011:「Crazy Bad Hip」
いつもの通学路で、ふと女性に誘われたんですが。
そんな彼女「篝山京子」さんには、怖い系な職業の彼氏がいたのでした。
いちおう美人局、ではないものの、無事で良かったねーって感じ。
こうした漫画では珍しく、主人公の彼はただ行為を見てるだけ。
(しかも途中退席している)
わざと下着落して誘う「京子さん」がエロい。
言動を見る限り、欲望に忠実で特になんも考えていないんだろうなぁ。
彼氏だという男性も、強面な割に訪ねて来た際には花束持っていたりして、振り回されてる感がありました。
なお、多くのヒロインから↓表紙に抜擢されたのは、こちらの「京子さん」です。

篝山京子、くのいち「はつね」
※左:篝山京子、右:くのいち「はつね」

029:「インモラル・レッスン」
213:「インモラル・レッスン EX」 描き下ろし
「進路について話がある」
そう教師に呼び出され、特別面談室に行った「秋月まなみ」・「花川さや」の2人。
そこには、学園に多くの寄付をしているという資産家の中年がおり。
”肉体奉仕の性教育実習”を持ちかけられたのでした。
トンデモなお話ではありますが。
意外に現実で近いことはやってそうな気もしますねー。
いちおう意思を求められていたものの、先輩が失踪したとか妙な授業とか黒い噂があるようで。
また、2人のうち「まなみさん」は意外に積極的であったため、承諾することとなったのでした。
奥にまたスペースがあり、即えっち。
この学園大丈夫か? 
善人でもイケメンでもないものの、資産家というそのまま懐が深く、妙なプレイなども強要しておらず。
後の特典なども見る限り、良い事ずくめでした。
こうした漫画にしては珍しくブラック感のない仕上がりです。

そんな訳で、描き下ろし「インモラル・レッスン EX」では2人からコンタクトを取ったらしいエピソード。
豪華クルーザーで南の海をクルージングしつつのえっちです。
まぁ、女性が群がるのも当然か。
オチでは、収録のとある短編との関係が示唆されていて。
そっちでのヒロインの行動についての補足みたいになっていました。
この描き下ろし部分も含めて、暗さなく良かったです。

053:「地獄くのいち極楽堕とし」
暗殺に向かったくのいち「はつね」ですが、相手頭領のが上手で。
相手の術中にはまり、捕縛されてしまったのでした。
成年漫画にありがちなセクシーなものでなく、もこもこっと着膨れするような忍者服が逆にいい感じ
外観では男女の区別分かり辛いくらいね。
(バスト部分がふっくらしてはいましたが)
即座に死のうとしたもののそれも阻止され、えっち拷問されてしまうのでした。
あるいは逆襲するのかなーって思っていましたが…解説によると武闘派とのことで。
そのまま陥落してしまうのでした。
バストふっくらとしたむちむちスタイルで、それ使わない手はないと思うんですけどねぇ。
(実際、最初にお手付きしたのは頭領だったし)
なお、某書店購入では小冊子があり、こちらエピソードの続編となっていました。
その妹「ツバキ」が登場してましたよー。

077:「人妻ごろし」
夫「幸一」が長期出張に出掛け、義父と2人きりとなった妻「城崎由美子」
それから、ちらほら性的アピールをするようになり…と言う流れ。
現実にありそうなお話。
まあ、直接行為までないにしろ、セクハラされるというのはちらほら耳にします。
(それらがどこまで真実か知りませんが)
いかに義父とはいえ、あれはぶっ飛ばして良いレベルとは思いますが。
「由美子さん」は可愛らしい方で、そのまま流されてしまうのでした。
おっさん元気だなー
彼女にとって、やや相手が悪かった感じ。
そもそも喋りは悪人そのものという感じでしたよ(笑)

097:「淫売少女ディーラー」
「ハルカ」・「ユキ」という友人らと売りサークルで儲けていた「朝倉綾乃」
しかし、本職の方々に目をつけられることとなり、ついに実力行使をされてしまうのでした。
色々と手はもっていたようですが、相手のが上手でしたね。
先の忍者モノと似た流れで、こちらは現代版というところか。
ヒロイン「綾乃さん」らが気の毒ではあるものの。
結局、似たり寄ったりのつぶし合いなので、そう同情感はありません。

121:「許嫁は繁殖期」
男性からの告白を”許婚がいる”という理由で振りまくっていた「上杉恵奈」
誰もが半信半疑であったものの、許婚は真実であり。
その相手は、同クラスの男子「内村大樹」だったのです。
収録では珍しい(笑)、ラブコメなお話
正面に座る彼女に、”色々大きくなっちゃって…”そう感じてる「大樹くん」が楽しい。
既に2人は同棲生活を始めていて、「恵奈ちゃん」のが断然ラブラブ。
うーん、まぁ新婚生活みたいなのに憧れる年齢ではあるのかなぁ…。
昔馴染みでそもそも好意を持っていたようだし。
そのため、えっちでも年頃男子の「大樹くん」がやや引くくらいに積極的
ゴムの使用も彼女から拒否していました。
いいなぁ。
事後のやり取りがまたいかにも2人幸せそうで、心休まります。
特に前話が酷かったので(笑)

145:「清楚系セックスジャンキー」
某サイトで知り合い、ついにその「タエコ」という女性に会えることとなった「佐藤」
えろい文章とか時代遅れなセンスから、あまり期待していなかったんですが。
待ち合わせに現れた「久木妙子」は清楚な美人だったのです。
会って早々ホテルに連れ込んでいる「妙子さん」
たどたどしい感じでありつつも、しっかりえっち主張はしていて。
ううむ、えろいなぁ。
アグレッシブにされておりました。
オチのああしたやり取りは可愛いんですけどね。

許婚「上杉恵奈」、「久木妙子」
※左:許婚「上杉恵奈」、右:「久木妙子」

169:「発情とれーにんぐ」
性教育で子供相手に失態を演じた教師「佐々木洋子」
そのため、体育教師「山岡」の特別指導を受けることとなってしまったのでした。
まぁ、教える側はある程度経験値は必要ですわね。
ああしていっぱい・いっぱいになる様は、またそれはソレで良い光景なんですが(笑)
わざわざ撮影し、生徒ら(…と言っても3名だけですが)にリアルタイムで見せる「山岡」
生徒ら口軽いだろうから、数日後には首飛ばされるのでは?
こちらの注目は最後のページ
指導を受けた「洋子さん」の色っぽいさまが楽しめますよ。
ちなみに、購入の切っ掛けとなったのは、裏表紙の「洋子さん」がためです。
あれは指導後の授業風景ですかね。

189:「ランス01 光を求めて」
なんで「ランス」の漫画なんだろう。
リニューアル発売されてたから、その際の宣伝を兼ねて、って事かな。
アリスソフト」の協力も得ているらしく、ちゃんと「ランス」しておりました
お好きな方はより、楽しめると思います。
よく知らない方は…まぁ、ファンタジー世界な漫画という考えで、特に問題ないでしょう。
お話は酒場の娘「パルプテンクス」さんの救出イベント。
色々と欲張らず、その部分だけ切り出したのは正解だったと思います。
(※そのため、「シィル」ちゃんの出番が僅かでしたが)

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「夕霧」センセでした。
こちらが初単行本。
おめでとうございます!
なんだか、購入時はベテランさんだと勘違いしていました。
どなたと間違ったんだろう。
記憶はアテになりませんね。
ただ、収録された漫画群は高い完成度があり。
そうとは感じさせないような、全体の仕上がりでした。
やっぱり加筆修正は良かった
むちむちっとしていて、ふわふわ柔らかそうな肉付き具合で好きな絵柄。
個人的にはもう少しラブコメちっくのがいいんですけどねー。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール ファンタジー アリスソフト

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ