FC2ブログ

■制服至上主義-冬- (はらざきたくま)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 制服、ラブコメ、着衣
・構成 : カラー(24P)、8話収録。
・おまけ: あとがき、描き下ろし「至上制服図鑑・完全版」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「制服至上主義-冬-」です。

愛野愛、掛川由比
※左:愛野愛、右:掛川由比

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
タイトルそのまま制服なネタでまるまる1冊となっています。
学校も別なので、特に繋がりはありません(…と思う)
収録は8話で、ヒロインは9名。
ヒロイン2名の複数えっちが1話あるのでした。
(※ちなみに、複数としては男子2人を相手にするのも1話あります)
お話はラブコメで、ブラック展開や変に振り切れるようなこともなく。
読み易いものが揃っていました。
かと言って単純な薄いものでもなく、それぞれお話としても楽しめるのは間違いありません。

さて、単行本のメインなのですが。
そうした漫画群もいつも通りに素晴らしいのですけれど…今回はなんと言っても、巻末の描き下ろし「至上制服図鑑・完全版」だと思います
間違いありません(たぶん)
良い紙質のカラー18ページ。
作中に登場した各ヒロインがモデルとなっており、制服のポイントなどについて記載がありました。
軽くデフォルメされた小さい彼女らもキュートです。
それだけならば、たまに見られるようなおまけなのですが。
こちらは、その説明と共に、”汁気多いえっちなカット絵”もあるのでした。
こーれーが凄い。
本編の使いまわしでなく、また本編ストーリーに沿ったようなものとなっていて。
まさに、成年漫画なおまけなのでした。

しなやか細線での作画。
細かく隙のない描き込み。
適度な濃淡具合でデジタルな色彩。
全体の色づきはしっかりしていますが、白比率もそれなりにあり。
賑やか目な原稿ですが、丁寧でバランスにも優れ、見易い仕上がりでした。
人物絵はするりとした卵型輪郭で、全体的に縦長。
細身のスタイルで、はっきりな鼻筋に丸っとした横顔が特徴。
単行本のメインたる制服描写は、しわと色味が絶妙です。
背景や小物とも合って、違和感ありません。
静かで落ち着きある漫画となっていて、コメディー描写もソフトなもの。
やや癖はありますが、圧倒的な画力がため問題ないと思います。
判断については、↓表紙・裏表紙でほぼ変わらないので問題ありません。
特に裏表紙は背景がカット絵になっていたので、オススメです。

 【 収録話 】 8話収録

003:「第一区:亜暈女子高等学校/日吉奏」
入学式を迎えた「日吉奏」
お世話になった講師に”一番最初”の制服姿を見せるべく、早朝の学習塾に足を運んだのでした。
「奏ちゃん」は↓表紙でメインとなっている彼女。
黒セーラーが可愛いです。
(※裏表紙でも中央に位置しているので、センセのお気に入りさんなのかな)
”一番最初”は徹底していて、学習塾にて着替えをしていました。
そのため、カラー原稿部分は着替えシーンです。
下着姿が楽しめますよ。
脱がすのもいいですが、ああして着るくだりも…また良いものでした。
素朴な雰囲気ながら大胆で、彼女は単に制服姿を見せに行っただけではなかったのです。
入学式間に合うかなー、って見ていましたが。
なお、こちらだけでなく単行本全体に言えることですが、完全に脱ぐことのない着衣えっち
当然と言えばそうなのですが、こうした徹底ぶりは嬉しいです。

音羽ミチル、古庄恵
※左:音羽ミチル、右:古庄恵

027:「第二区:棚葉高等学校/音羽ミチル」 カラー原稿あり
制服がちょうど冬服に変わった頃。
「音羽ミチル」が偶然出会った郵便配達員は、過去の記憶に覚えがあったのでした。
2名いる眼鏡ヒロインのうち、お下げ髪な娘。
制服のデザインも含め、どちかというと大人しく可愛らしい雰囲気です。
…と、そんな娘が。
配達員を待つ玄関でいきなりおっ始めていて、驚き
レターセットが似合う文学少女っぽいのに!
ありゃー、配達員の「桜橋」くんも驚いたでしょう。
台詞から察するに、独りプレイは慣れたことなのかな。

051:「第三区:真野技術高等学校/柚木日名子」
廃部がかかった、ARDF競技部。
「柚木日名子」は幼馴染み「清」・「静」の2人に特訓の協力をしてもらったのですが。
とある条件を出されていたのでした。
ARDF競技というのは、アマチュア無線の電波による方向探査競技だそうです。
いわゆる三角関係なエピソード。
成年漫画なので、やっぱり複数えっち展開なのでした。
ううむ、欲張りだなぁ。
エピソードに他女子が出てこないので分かりませんが、同性の間では浮いてそう。
「日名子さん」はロングな黒髪の美少女然とした娘さん。
あんな娘が幼馴染みというのは実に羨ましい。

077:「第四区:県立羅湾高等学校/古庄恵」
赴任早々3年生の担任となった講師「草薙」
慣れるため放課後の学校をうろうろしたいた彼は、教室で1人たたずむ生徒「古庄恵」を発見したのです。
講師・生徒のえっち関係エピソード。
ショートカットの「恵さん」はちょっと独特な空気感ある娘さん。
なお、あとがき絵は彼女でした。
成年漫画で単独プレイが目撃されるのはお約束。
ただ、彼女の場合は~と思っていたら、ビンゴ(後の台詞より)でしたよ。
こちらのオチが非常に気になってます。
文言から「恵さん」ではないと思うのですが…妹さん?

103:「第五区:私立壱岐学園高等学校/愛野愛」
「誠」に恋する「愛野愛」
他の女子と話す彼を浮気だと判断し、保健室のベッドに拘束したのでした。
ツインテールの可愛らしい娘なのですが。
あれは…付き合うに落ち着かないなぁ。
あんな状況でも冷静な「誠くん」を見る限り、あんなん頻繁なようです。
オチがまたオソロシイものでした。
どーでもいいですが、彼モテるのね。

127:「第六区:県立七弐高等学校/掛川由比」
学ラン男子好きでわざわざランクを落として入学した「掛川由比」
彼女曰く”絶滅危惧種IB類”の学ラン男子らを堪能していたところ。
学校で再会した先輩「静波」が着ていた学ランは”絶滅危惧種IA類”の変形学ランだったのです。
ベリーショートな眼鏡ヒロインのもう1人。
妙に詳しい学ラン知識が楽しく、収録でのお気に入りです。
↓表紙にも顔を見せてますね。
制服は最もオーソドックスな白セーラーで、カラー・白黒絵どちらもパンチ力がありました。
彼女学ラン好きですが、いちおう「静波くん」という個人にも反応してます。
トイレ個室での単独プレイがいい感じ。
なお、カラー絵ともども縞パンでした。

153:「第七区:私立緋美百合女子学園/金谷佳織・家山薫」
元旦に1人暮らしをしている従兄「千頭匠(せんず・たくみ)」の男性自身のサイズを偶然目撃した「金谷佳織」
制服女子の存在価値を確認するため、友人「家山薫」と共に「匠」のアパートに向かったのでした。
唯一のWヒロイン回。
女子の人数が多い複数えっちで、全体を仕切っていたのは「佳織ちゃん」です。
まぁ、制服女子2名に囲まれる夢のような展開
幸せメーター」どうの言ってるページの並んだ姿がエロくて素敵。
最初は「佳織ちゃん」なんですね。
やっぱり顔見知りのが興奮するか(笑)
本物以外はいろいろ~
なんて台詞が好き。
何入れてるんだ。

家山薫・金谷佳織


183:「第八区:県立愛楠高校/下泉蘭香」
父親の会社が破産し。いろいろ環境が変わってしまった元お嬢様「下泉蘭香」
しかし、庭師の息子「抜里清秋(ぬくり・せいしゅう)」は以前と変わることなく、彼女に従っていたのでした。
2タイプ制服姿が見れるこちら
冒頭は”ちょっと有名ななお嬢様学校”のものですね。
「蘭香さん」は親が馴染んでいる~、という話をしていましたが。
いや、貴女もだいぶ順応早いと思いますよ。
彼に元気づけられ、お礼と称して~という流れ。
こちらの「蘭香さん」もなぜか↓表紙・裏表紙に顔を見せています。
オチの感じなどを見る限り…アクティブ一家なようなので、またお嬢様に返り咲きそう。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度おなじみ「はらざきたくま」センセでした。
ヒット出版社」さんのHPを見た際から、同時期発売のうち第1ターゲットではあったのですが。
こちらの期待値を、さっと飛び越していただきました。
ありがとうございます。
漫画は無論、やはり巻末の制服図鑑でしょう。
良い事はぜひ真似していただきたく思います。
あの、一般単行本かという、エロス無しの↓表紙もなにげに凄いですね。
出版社さんにも拍手。
ぱちぱちぱち★

あとがきを読み、ふと探してみましたが…。
1冊目の「制服至上主義」は2010年の単行本でした。
センセの代表作「黄金色舞台」よりちょっと後のリリースでしたよ。
「夏」も期待しています。




↓こちらが前巻
制服至上主義

制服至上主義


★「はらざきたくま」センセの漫画紹介記事  

巫女的恋愛ノススメ
 巫女だらけの2冊目。単行本の半分くらいが同舞台の漫画群です。
巫女のいる町
 巫女だらけの1冊目。同一世界な漫画群となっています。(2冊目と繋がりないと思う)
リスナー the listener
一般系。とあるラジオ番組をテーマにしたお話群。心地よい恋愛話でした。
はなぞの
 久しぶりの成年系単行本。1冊まるまるの長編ですよ。
桃色団地の日情
 桃色団地シリーズを収録。未完漫画もありました。
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ベリーショート ラブコメ コメディー ショートカット ツインテール

■父と娘の性愛白書 (堀出井靖水)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 近親、父子、ロリ、貧乳、ラブコメ
・構成 : 初単行本、7話収録(うち「綴ちゃんの処女喪失」×2)
・おまけ: あとがき、質問コーナー漫画、カバー裏に漫画、
      合間に解説・マンガメーキング。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「堀出井靖水(ほりでぃ・やすみ)」センセの「父と娘の性愛白書」です。

あーりゃん、夕美
※左:あーりゃん、右:夕美

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と連続モノが1つ。
うち、連続話は前後編のタイプで、2本で1話という感じ。
話数は少ないのですが、それぞれ20ページ以上あり。
読み応えとしては問題ありません。
くくりLOでヒロインはロリちっく。
ただ、なんというか…ガチガチのそっち系でないので、期待し過ぎないように。
おおむね↓表紙の感覚で、どっちかというと貧乳ジャンルのが正しいと思います。
また、タイトルそのまま父娘の近親系でまとまっているのが特徴。
アプローチは各話それぞれなのですが、ラブラブでオールOKという軽すぎなのとは違います
1話だけですが、真っ暗なブラックネタもあります。
逆に言うとそれだけ。
詳しくは後述しますが、前後編がじっくりした描かれ方で良かったので、ジャンル的に苦手でない人はオススメです。

しなやかな細線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、黒はやや強め。
ややあっさりとした感じでしたが、描き込みは丁度良いくらい。
小さめに並ぶコマ割り。
収まり良く、枠間もだいたい確保されていました。
小コマほか一部弱い部分もあり。
若干分かり辛く感じるところも見られました。
人物画はリアル調を含んだ漫画っぽいもの
それゆえ、ちょっとしたコマは気になり易いと思います。
特にヒロインは特徴的で、なんというか可愛すぎないのがポイント
いや、可愛らしいんですけれど、”その言動で魅力を増している”、みたいなもの。
おおむね↓表紙などのカバーイラスト、紹介帯のカット絵で判断できるのですが。
多少判断の幅を広げても良いと思います。

 【 収録話 】 7話収録

003:「なゆちゃんの成長記録」
「古鳥那由(ふるとり・なゆ)」は父親と”成長日記”と称して定期的に撮影を続けていたのでした。
こちら「那由ちゃん」が↓表紙の娘さん。
溺愛する父親に全力で応えた結果、みたいな感じ。
親がライン越えちゃうと、こーなるのかなー。
正しい形なんだ」とかなんとか言ってましたが。
絶対に違うと思うよ。

古鳥那由
※古鳥那由

025:「あーりゃんの家族遊戯」
「あーりゃん」は学校で兄妹の行為がタブーであると知ってしまったのでした。
凍り付くクラスの風景が楽しい
それを知った彼女は、兄との行為を拒否するのですが。
頼った先がまたカオスでした。
タイトルもあるので、だいたいは想像できるかなー。
だめなんだからね?
そう、NG出しつつ誘う様が賢いですよ。

049:「タミさんの恋愛成就」
”キスしているところを想像して、イヤじゃなかったら。その人とは付き合ってもうまくいく”
そうした話題に心当たりがあった「タミさん」こと「夕美」
その相手とは…実の父親だったのでした。
父子家庭で、家事ほかしっかり母親役を務めていた「夕美ちゃん」
やたら長い前髪と、丁寧な喋り方が特徴です。
裏表紙の娘ですね。
いい娘でしたよ
よくあー育てたなぁ。
やや天然入った独特な娘で、アプローチが可愛らしい。
えっちに至るのは…あの場合は仕方ないか。
そんな訳で、母親役というか、妻役までも完璧にこなしてしまうのでした。

071:「舟さんの父娘姦計」
再婚した義父と巧くやっていた「舟(しゅう)」
しかし、帰宅したところ実父がおり、過去の酷い記憶が蘇るのでした。
ベリーショートの体育会系な娘さんの凌辱エピソード。
収録ヒロインの中で「舟さん」は最もバストがあるかな。
救いのない展開で、気の毒な感情が先になってしまうので…この手の話はどうにも苦手です。
ブラックなのがお好きな方はいいかも。
前話とのギャップが凄いよ。

093:「かなめちゃんの正体不明」
昔はよく甘えて来た1人娘「かなめ」
しかし、今では反抗期か素っ気なくなっており、その対応に父親が頭を抱えていたところ。
ある日帰宅すると、酔っぱらった彼女が出迎えたのでした。
そんな感じで泥酔な娘とのえっち。
確かにチューハイは間違って飲むかもしれませんね。
ああした酔い方は、今後が心配です。
よく分かってないのが面白・怖いですよ。
前半の奥様が優しく、なんだかこちらもほっこり。
ちょっとしたことでも、ああした対応は嬉しいですわね。

かなめ、持原綴
※左:かなめ、右:持原綴

137:「綴ちゃんの処女喪失」 前後編
成長した今でも、父親と風呂に入っていた末娘「持原綴(もちはら・つづる)」
表面上は冷静を装う父でしたが。
実は、娘の裸に限界が近い状態だったのでした。
ある日、お風呂に一緒に入っていたところ…と、そんなエピソード。
いろいろ収録ありましたが、断然こちらだと思います。
これは良かった

娘「綴ちゃん」視点での近親えっち話。
前後編でページ量もあり、経緯が細かくたっぷり描かれているのが特徴です。
前編は、一晩・数時間の出来事が42ページほどになっていました。
シーンは概ね全ての切っ掛けになるお風呂と、出たその後。
「綴ちゃん」はラブラブではなく、普通に父親とのお風呂を楽しんでいた様子。
マイペースで周囲の意見には流されない娘のようです。
ガチガチだった父親のソレを知った際のやり取りも独特
恥ずかしい、って感情は当然あるのね。
普通ならば、それで何事もないと思われますが、そこは成年漫画。
どうせならばじっくり見たい、と要求されてから変な感じになってしまうのでした。
…まぁ、当然か。
いちおう、直接行為はして…いません、でいいのかな。
ただし寸止めではなく。
ガッチリ入ったりはしてしまうのですが、あれで止めれたのは凄い。
お風呂後の「綴ちゃん」がキュートでした。
眼鏡いいよね。
後編はそのもやもやっとしたものを解消する、解決(?)編です。
いちおう家には妻・姉らがいるため、ホテルでのえっち。
「綴ちゃん」はドレスアップしているので注目。
また全然雰囲気かわりますねー。
残念ながら今回も眼鏡オフなので、期待した方は残念。
(※前編もメインはお風呂シーンなので、ほぼ眼鏡オフなのです)
オチの2人の感じがリアルっぽくて実にいい感じ。
まぁ、たまにはスルんだろうなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、「堀出井靖水」センセでした。
こちらが初単行本になるのかな。
おめでとうございます!
ガッチリ父娘で揃えられ、漫画・ヒロインも独特。
↓表紙とかも何とも言い難いエロス感で、思わず手に取ってしまいました。
漫画はいまいち刺さらないかなー、って読んでいたところ。
最終「綴ちゃん」に撃墜されました。
あれだけで、買ってよかったという感じよ。
彼女の他シチュエーションが見たいです。

父と娘の性愛白書 父と娘の性愛白書 (TENMACOMICS LO)
                  (2017/9/28)
                  堀出井靖水
                  ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ベリーショート

■女神さまのいうとおり (廣瀬良多)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] ブラック、名言・格言
・構成 : 8話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、イメージ画、合間にイラスト・名言。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「廣瀬良多(ひろせ・りょうた)」センセの「女神さまのいうとおり 1巻」です。

ヒロイン特集1:初登場の「アケミさん」
※ヒロイン特集1:初登場の「アケミさん」

 【 構成・絵柄 】

2巻以降に続く長編。
基本的に1話でひと完結するタイプ。
いちおう、今のところは。
特に流れていくストーリーはありませんでした。
それぞれ話の中心となるゲストキャラが、何らかの機会でメイン女性らと絡むもの。
ブラック感に溢れるお話です。
そう真っ暗ではないものの、決して明るくはなく。
かと言って、どこぞの笑っているセールスマンなどと違い、破滅に導く訳でもありません。
(※場合によってはそれっぽいこともしてる)
なんとも…一言で表現し辛い漫画なのです。
どこまで表現できるか微妙ですが、詳しくは「収録話」の部分にて記述します。
毎回直接シーンのある、一般えっち系。
ただ、そちらは過程の一部程度で、メインではないため。
期待する方は、センセの別漫画のがオススメです。

作画はいつも通りの安定感。
今回は作品の雰囲気もあってか、黒が強く濃いめな仕上がり。
変化少ないコマ割りで収まりも良く、枠間など白比率しっかりもあり。
コテコテっとはしているものの、見辛さは全くありません。
丁寧・綺麗な背景がまた見事。
雰囲気たっぷりで、漫画の完成度を高めておりました。
そうした点が重要な大人な漫画ですからね。。
人物絵はどっちかと言うと漫画っぽいものなんですけれど。
ただ、それらが巧く合っていて、違和感はなく。
前後のコメディー描写、クライマックスのパンチ力など、見事でした。
↓表紙は…個人的にバランス・配置・配色などなど、漫画の良さをまったく伝えられてないもので驚き。
なんであんなのにしたんだろう。
そのため、判断はプラス評価で良いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

運河沿いにあるとある廃喫茶店。
現在はアパートになっており、そこには浪人生「浦成(ウラナリ)」と自由奔放な女性「アケミ」が済んでおりました。
毎夜眠れない、という彼女は廃喫茶店に迷い込んできた男性に添い寝をお願いするのでした。
ユかなり大雑把ですが、だいたいそんなお話。

いわゆる問題解決な漫画です。
毎回、ややこしい問題、というか…なんらかの事情ある男性がゲストとして登場して。
一晩過ごした「アケミさん」が、誰かしらの名言と共に彼らを斬り裁く、いや捌く、みたいな感じ。

そのため、つい先ほどに”問題解決”と書いたものの。
各話でほぼ解決なんてしておりません
基本的に救うことはなく、どっちかというと絶望させてるかなー。
本編の台詞にもあったそのまま、「アケミさん」は、
何もしてくれない
…のでした。
神様であるとか、超常的な力などがある訳でなく。
賢く聡いだけの、おそらくは普通の女性であり。
その知識をもって男性陣の痛い所を、ぐっさり突き刺してくるのでした。

ヒロイン特集2:日常の「アケミさん」
※ヒロイン特集2:日常の「アケミさん」

1話目は会社の金を女に貢いだ経理の中年。
オチ5ページ前までは、ああこんなお話かー、って感じだったんですが。
あのばっさりとした斬りっぷりが凄い
驚きました
ただ、この漫画の基本形というべきお話で、冒頭に相応しい、分かり易いエピソードです。
2話目は威勢の良い、トラックの運ちゃん。
交通事故がため仕事は休みになってしまい、愚痴言いかたがたふらと訪ねてくるというもの。
前話ほどばっさりではないものの、傍からあの「アケミさん」を見てると恐怖・狂気を感じるだろうなぁ。
3話目は女子校生を相手にしている塾教師。
いちおう、毎度の如く一言ズバッと言っただけなんですが。
破滅へ向け最後のひと押しをしたみたい
いちおう彼は後悔してないだろうと思われ、それが多少の救いか。
4話目は珍しく浪人生「ウラナリくん」の知り合い、元クラスメートの「竹中」くん。
レベルだのグレードだのを気にして、女性をとっかえひっかえしているような男性。
こちらでもやっぱり辛辣な言葉で斬られてはいるんですが。
彼の場合、あれでひと落ち着きしてるのかも
あるいは本気で好かれたかもしれませんが、「アケミさん」としてはオチの台詞そのままだろうなぁ。

5話目は自らをSだと言い、荒っぽいえっちを豪語しているチャラい男性。
切っ掛けは、「アケミさん」らがよく通っていたラーメン屋のおばちゃんを彼が壊したため。
敵討ち、みたいな感情はおそらくないのでしょうけど。
さすがはエロス女王、みたいな格好良いところを見せてくれます。
6話目は日本文化好きなインテリっぽい外国人男性。
あなた……死んでるの?
いきなり、そう声を掛けてる「アケミさん」が凄い。
まぁ、慣れ親しんだ人でないと分かんないよね、そんなん。(←どこまで常識なんだろう?)
先のエピソードと同じく、”やり込められてほしい”ゲストであるためか、容赦ないのが逆に痛快
言ってることもその通りだと思います。
7話目は奥様に浮気されてる男性。
女性を妻にしたものの、当時からの二股を続けていたのでした。
カメラのくだりは想像通り。
これはまぁ、プレイみたいなもんだからなぁ…。
そういったのがお好みなのでしょう。
さて、収録では最終となる8話目。
詳細は伏せますが、を越えてしまっていて。
いままで登場した男性の中でも、最悪というべき相手でした。
ただ、気の毒で同情できる面も多々あり…こちらの「アケミさん」は実に優しい。
不意にちょっとウルってくるような、イイ話でした
収録話でコレが最も好き。

ヒロイン特集3:斬る「アケミさん」
※ヒロイン特集3:斬る「アケミさん」

だいたいそんな感じ。
シタリ顔な女性にやりこめられて毒気抜ける、みたいな図は…。
正直男性陣にとっては、あまり気持ち良いものではなく。
事前のえっちシーンとかエロスではあるんですがね。
どこか、彼女の手の平の上で踊らされてるような感じがしていて、正直なところひでるさん読後感は微妙なものでした。
なるほどなぁ、って部分も多々あったんですけどね。
そうした、モヤモヤとしたものを逆に楽しめるくらい度量ある方向けでしょうか。

 【 その他 】

そんなこんなで、「廣瀬良多」センセでした。
えー、「艶々」センセですね。
店頭でぱっと↓表紙を目にした際。
違う名前に一瞬戸惑いましたが…自分の目を信じて正解でした。
作品の雰囲気が異なる訳でなく、なにゆえ名義違うんだろう
あるいはあとがきに何か書いてあるかなーって思いましたけど、なにもなく。
よく分かんないままでした。
ううむ。

さて、今回の単行本なんですが。
前述したように、ひでるさんはあまり刺さっておりません。
同じ聡い女性でも、やっぱり「うしろのまなざし」の管理人「マナミさん」みたいな方のが良いです。
「アケミさん」は怖いよ



★「艶々」センセの漫画紹介記事

ラブラブ巫女さん かすみの杜」(一般) 
 えっちで解決、な巫女さんラブコメ。全2巻。
たとえば母が」  「6巻[完結]」(一般) 
 母「緑川美晴さん」とのアレコレを描いた傑作。全6巻。
となりのとなりのお姉さん」(一般) 
 お隣の色っぽいお姉さん、高校教師なお姉さんというWヒロインモノ。全2巻。
久枝さんの背徳日記
 ちらほら描かれていた「久枝さん」シリーズと短編を収録。
ボクノアイジン[限定版]
 母親・教師が2人づつ登場。限定版はCDドラマつき。
我妻姉弟 純情編」 「我妻姉弟 背徳編
 姉「我妻綾子」さんとの近親モノ。実姉で人妻です。
はだかのくすりゆび」(一般) 
 着物姿も素敵な人妻「戸田翠」の不倫長編。全3巻。
家政婦のミツコさん」(一般) 
 旦那の借金を返済する人妻「満子さん」のメイド・コメディー。全2巻。
はたらく人妻さん」(一般) 
 オムニバスの人妻・職業えっちな表題作と中編を収録。
密やかに熟れる花」(一般) 
 閉鎖的な村での人妻えっち漫画。1巻完結で導入には最適。
ものかげのイリス」(一般) 
 インパクトたっぷりな導入の、重たーいお話。現在は1巻まで。
三日月がわらってる」(一般) 
 小さな島の学校へ赴任した女教師とのラブコメ。センセの漫画ではソフトめ。
ひるがお」(一般) 
 老舗旅館でのアレコレ。1巻で主人公は人の行為を見ているだけ、というのがポイント。
たとえば母がExtra 黒」(成年) 
 「たとえば母が」のサイドストーリー。赤・黒と2冊発売されたうちの1冊。
あの夜のささやきが。」(一般) 
 「はだかのくすりゆび」の続編。その後の「翠さん」がどうなってしまうのか!?
うしろのまなざし」(一般) 
 覗きがテーマの漫画。管理人のいる下宿には秘密があったのです。
落日のパトス」(一般) 
 隣に越してきた年上女性は学生時代の副担任でした、という長編。
 

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー

■「あねと…」 (船堀斉晃)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 調教、姉、複数
・構成 : 短編×10話収録(うち「あねと…」×6)
・おまけ: あとがき、イラスト、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「船堀斉晃(ふなぼり・なりあき)」センセの「「あねと…」」です。

姉「瑞姫さん」
※姉「瑞姫さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作の連続話と短編。
メイン中編はいちおう連続ストーリー。
詳しくは後述しますが、お話はややはっちゃけ感が強く。
エロス的には良いかと思いますが、お話としてはぶっ飛んだ、ファンタジーなものでした。
他短編らも同様にハードなえっちが特徴
各プレイに甘さはなく、どちらも振り切っている感じ。
ものによってはブラック要素もあり、調教とかなんとかでソレに染まってしまうような流れ。
タイトルから、姉弟のよくあるえっち漫画を想像してしまうと危険。
そもそもファンの方はラブい展開を期待しないでしょうけれど、初見の方は気をつけてください。

しっかりとした丁寧な線での作画。
全体の色づきや濃淡具合は丁度良いくらい。
描き込みについても過不足は感じません。
コマ割りは比較的大人しく。
収まりも良く、枠間などのスペースもキチンと確保されています。
ジャンルから、複数とか液体描写など派手目な画像が多いものの…そう見辛さはありませんでした。
背景や小物などもお上手で、優れた作画です
人物絵はお姉ちゃん系で漫画寄り。
鼻がしっか里描かれていて、目の描き方に特徴。
えっち描写がハード気味で、いわゆる白目に近い感じまでの表情が描かれていて。
バッチリ人を選ぶものだと思います
バランス感覚に優れていて、表情・アクションも良く。
作画面はそちら以外にコレという問題は見当たりません。
判断については↓表紙・裏表紙で大丈夫。
えっちシーンについては「コアマガジン」さんのサンプルを見るのがいいでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「あねと…」 6話
美人の姉「瑞姫」がいる「政臣」
彼の誕生日に友人「田沼」・「宮川」らが集まってくれたんですが。
彼らの目的はそのお姉ちゃんでした。
不在であった彼女の部屋に入り、色々堪能していたところ。
タンスの中からえっちなアイテムを発見したのでした。
間悪く、ちょうど「瑞姫」が帰宅し…という流れ。

ハードな姉弟のえっちストーリー。
とかく派手なプレイに目を持っていかれがちですが。
オチまでに別の側面が見えてくるお話になっています。
ただ、かなりはっちゃけ感あるため、連続話の割に精神描写が薄くなってしまったのは残念
「政臣くん」とか友人らは…なにか相当に欲求不満あるのかな。
どうにも、やや振り切れ過ぎな印象ばかりでした。
成年漫画とはいえ、個人的には違和感です。

「瑞姫」、「茜」
※左:「瑞姫」、右:「茜」

導入の1話目。
姉「瑞姫さん」がいくつかアイテムを持っていたのは事実。
今まであれで独りプレイしていたのかな。
エロい下着~
とか言われていたそのまま、下着は黒のセクシーなもの。
ここで、いちおう直接的な表現をしているんですが…まぁ、事バタバタと展開していたので、気にはとまらないか。
友人らも巻き込んでの複数プレイに発展してます。
ただし、オチのコマで描かれていた絵はまるでバッドエンドのようで…。
なにゆえあーまでしてしまったのか、疑問。
露出プレイとなる2話目。
オモチャ仕込んだまま、ほぼコート羽織っただけで出掛けておりました。
AVの見過ぎな感じ。
ただ、前回のオチ絵と比べたら、だいぶ普通ですね。
よくよく見て、やはり「瑞姫さん」はキチンと口にしているんですが。
やっぱり行為最中に言うってのは、違うんじゃないかなぁ。
後半の「政臣くん」を見る限り、まるで伝わってないですね。

姉「瑞姫さん」とは高校時代の友人という「茜」さんが登場する3話目。
実は「政臣くん」の担任教師でもあるのでした。
ショートカットのさっぱりとした美人。
進路指導で家に来たところ…驚く光景を目にするのでした。
はっちゃけてるなぁ。
「政臣くん」の気持ちもなんとなーく分からんでもないですが。
その目前でのえっち展開になっていました。
ただ、これは前フリ
続く4話目は先の進路指導後の光景です。
担任である「茜さん」に相談を持ちかける「政臣くん」
あんなん見せられた後、ああした提案をされたら。
実際のところ、女教師らはどう対応するのかなぁ。
なお、こちらでの「茜さん」はジャージ姿。
ズボンずらしてちらと見える下着が可愛い
ほぼ初心な彼女に対し、実姉を使って急速に経験値を積んだ「政臣くん」というのがポイント。
ああなってしまうのは、仕方ないところでしょう。
…でね。
ここでも「政臣くん」はそんな彼女に対し、何やらぶっ壊れたような、不可解なプレイをするのでした。
いきなりハードですねー。
友人らも含めて、ちょっとおかしいと思います。
成年漫画とはいえ、さすがに。

担任「茜さん」の調教続く5話目。
ここから6話までが最終エピソードになります。
そんなプレイを受けたためか、すっかり雰囲気変わってしまっていました。
もう半ば壊れてしまった感じ
また、そんな彼女に対する「政臣くん」もご主人様然となってます。
ある意味、周囲の環境に適応したと言えるのかな。
生徒同士の会話がまた空恐ろしいです。
後半はまた派手な複数えっちになっていました。
さて、すっかり最近出番がなくなっていた、一方の姉「瑞姫さん」
後半に登場し、お話に絡むこととなるのでした。
詳細は伏せますが、こちらも当然複数えっち。
姉弟の変化していく表情・心情に注目下さい。
途中の頑張っている「瑞姫さん」が凄かったです。
オチはやや唐突な気が
今それか、って気がしました。
友人「茜さん」に”ブラコン”とか言われていたお姉ちゃんが以前は(その当時)どんなんだったのか、見たかったですね。

111:「パンドラ」
旦那と夜生活が減り、物足りなさあった「高木」さん。
ママ友「木下」さんからリラックスサロン「パンドラ」という店を紹介されたのでした。
あれは金額どれくらい取られてるんだろう。
イケメン担当の「シュウ」は何やら特殊な技術を持っているらしく。
当初はいぶかしがっていたものの、そのテクニックにあっさり陥落してしまうのです。
よわいなー…というか、あのテクをぜひ身につけたいですよ(笑)
やや都合良くいき過ぎな気もしますが。

129:「篭絡温泉~恥辱の湯~」
旦那と共に社員旅行へ出掛けた「中原香菜」
しかし、部屋に戻ると、そこには部長「野島」ほかお歴々の面々が。
そんな中で旦那は土下座していたんですが。
曰く、”君達夫婦には一千万を横領していた嫌疑がかけられている”とのことだったのです。
だいたいそんなオープニング。
ひでるさんは、てっきり旦那もグルなのだろうと思ってましたが…。
彼のリアクションを見る限り、そうではないみたい。
(※あれすら演技だったら、もの凄いですね。必殺でそんなネタがありましたけど)
疑惑は結局晴れてはおらず、お話は全額返済・不問にする条件としてえっちに発展しています。
実際に横領はしてたのかな。
ただ、そんなんで服脱ぐように持ちかけるというのは…ゲスいなぁ。
こんな会社であるかいな。
また、単にエロいことされるんでなく、宴会芸みたいな事させられていましたよ。
個人的には経理の「佐倉」さんが好き。

153:「P.T.A」
クジ引きで「P.T.A」の役員になった「加須愛理(かぞ・あいり)」
その後の飲み会にて、何やらクジを引かされたんですが…。
目前で驚くような懇親会が始まったのでした。
ごく簡単にはそんなん。
いちおう、
進学に有利なの
ということで、「愛理さん」と共に”教頭先生”担当となった「本条」さんは積極的。
まさしく大乱交な絵となっていました。
他と違うのは、皆さん自分の意思でそうしている点。
当初戸惑っていた「愛理さん」も、教頭お上手であるためかあっさり受け入れておりました。
ただ、会合あるってメールであんな顔してたらそのうちバレると思う。

中原香菜、琴音
※左:中原香菜、右:琴音

172:「秘密にしてね・番外編」
そのまま同タイトルの単行本「秘密にしてね」の番外編です。
いちおう、読んでいなくても大丈夫。
漫画を読んだ方はより楽しめるくらいの感覚です。

友人「和美」の噂を耳にした「琴音」
そこで、映画研究部を訪ねてみたところ…という導入。
あれは驚くだろうなぁ。
潜んでいた男性らにその場面を撮影されてしまい。
映像の回収を目的に、勝負に応じてしまうのでした。
彼女も例によって、よく分からん自信持ってますね。
そうそう我慢できるものではないですよ。
ただ、あのシチュエーションではどうにもならんのかなぁ。
流れとしてはよくある感じなんですが、あのオチは見事。

 【 その他 】

そんなこんなで「船堀斉晃」センセでした。
これで何冊目くらいになるんでしょうか。
当ブログでは、一般系「媛神様のおしごと1巻2巻」、成年系「淫縛病疼」、「秘密にしてね」、「歪み拗らせ愛」などを紹介しています。
前述してきましたしたが。
今回はまた特に振り切れ度合いが強く、合いませんでした。
漫画とか絵柄はすこぶる好みなので、ある程度覚悟して手にとってはいたんですが。
ううむ、成年系はちと難しいのかなぁ。



あねと

「あねと・・・」 (ホットミルクコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : ショートカット

■おんなのこぱーてぃ。 (へんりいだ)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ロリ、ラブコメ、複数、妹
・構成 : カラー(48P)、16話収録(うち「ゆなひな・ついんず」×2)
・おまけ: あとがき、カラーイラスト、カバーはリバーシブル・特殊仕様、
      カバー裏にカラーイラスト、加筆修正あり。
※初回特典「へんりいだ スタンプシール」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「へんりいだ」センセの「おんなのこぱーてぃ。」です。

和田ことな
※和田ことな

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ連続がありましたが、その他は基本的に短編。
単行本が独特で、リバーシブル仕様のカバー(※しかも文字・星がツルツルとした処理です)、1ページ目のスマホな構成(これ開くともくじが出てきます)など、実に凝ったつくり。
成年漫画もここまで来たか、という豪華仕様になっていました。
さらにページ量も多く、カラーページもふんだんに盛り込まれています。
それがためか、価格は1500円と通常よりもやや高め
ただし、漫画・イラスト、その他たっぷりなので、満足いただけるだろう単行本でした。
あとはロリジャンルが合うかどうか、ですかね。
ひでるさんが考える王道ロリ漫画は少なく、最近の主流(?)である”経験あって積極的な娘”なエピソードが多めです。
また漫画はシチュエーション重視。
前後がどうとか、流れるストーリーっぽさは薄めでした。
ヒロインはひたすらに可愛らしいのですが、プレイはそこそこ振れるので、そこはご注意ください。

ちなみに、紹介帯には、”300ページOVER、フルカラー60ページ超”とありましたが。
ページ量は…ギリギリ300ページくらいなのでは?
実際に数えるの面倒なので、やってはいませんが。
また、カラーページはどう数えても60ほどはなく…まさか落丁とかではないですよね??

さらりとした柔らかな曲線での作画。
全体の色づきは丁度良く、黒も強すぎなく濃淡具合も適度なもの。
描き込みは過ぎないくらいの細かさでした。
大幅に加筆・修正をした同人誌作品が8話、ということで。
おおむね1ページ1コマみたいな形式の漫画がちらほら見られました
普通の漫画は比較的細かいコマ割り。
結構原稿は賑やかですね。
ヒロインは丸い輪郭でふっくら頬、丸い黒目のロリっとした可愛らしさ。
着衣プレイも多いためか、スタイルはあまり気になりません。
人物は↓表紙・裏表紙をそのまま判断で問題ありません。
全体の雰囲気づくりとパンチ力に優れ、特にキャラの表情はお上手
ふと大人っぽく見えたりすることもありました。

 【 収録話 】 16話収録

003:「あにまる王国へようこそ!」 カラー原稿 
007:「ごとーち★ごほーし」 カラー原稿
どちらもカラー原稿でのショート漫画。
前者は4ページの1発ネタ。
仕事中だったサラリーマンが気付くと、なんちゃら耳の女の子らがいる森に迷い込んでいたのでした。
納期ギリギリらしい彼が可笑しい。
オチはあーだったけど、現実には戻れないのかな。
後者はもう少し長く8ページ。
地下アイドル「かなっぺ」が、皆を元気づけるべくエロかわ路線に走るというもの。
元の清純派不思議ちゃんな姿での歌が独特。
あれを貫けば、本気でそのうち大成するかも。
集まってるファン3名がエロくなった彼女に応援かたがたえっち仕掛ける流れ。
サイリウムと一緒だよ、みたいな台詞ありましたが…全然違うと思う(笑)

017:「飴のゆびわ」
近所のお兄ちゃん的存在「たっくん」と姉妹のエピソードです。
妹「ちな」が彼を慕う姿を見ていた姉「しより」は自らの昔を思い出してそれを聞かせたところ。
「たっくん」は意外な反応を見せたのでした…という、24ページの短編。
まぁ、ここで「しよりちゃん」が妙齢の女性であれば、まだ綺麗にまとまるのですが。
おそらく「ちなちゃん」より数年上くらいなようなので、彼のガツガツした感じにどうにも違和感があり。
そんなんがコメディーちっくなのです。
成年漫画ですもんね
さすがに困惑している「しよりちゃん」のモノローグが真っ当
いまだに嫌っている訳ではなく、そのままえっち発展しております。
チョーシこいて数年後の「ちなちゃん」に手を出さないか心配。

「なぎさ」・「まりあ」、「妹、借りた」のヒロイン
※左:「なぎさ」・「まりあ」、右:「妹、借りた」のヒロイン

041:「おしかけ!すとりっぷ」
変わった友人「まりあ」の誘いで、彼女を家まで連れて来た「なぎさ」
彼女の兄も巻き込み、とある練習をするというのですが…という30ページの短編。
まぁ、タイトルで分かりますかね。
彼女の母親がそっち系な人らしく、影響を受けた「まりあちゃん」は性風俗についてべらべらと語っておりました。
この「まりあちゃん」のキャラが実に良く、面白い娘で楽しい
あるいは、彼女だけでも十分なのですが。
この漫画のメインは、そんな変わった友人を利用した妹「なぎさちゃん」なのです。
詳細は伏せますね。
ああした超特殊シチュエーションなので、近親えっちにもそう違和感はありません。
個人的には、なんとなくじわじわ触り始めて~みたいな前提が欲しい気もしましたが。
オチではまた「まりあちゃん」の魅力全開でした。

071:「紗枝1■歳」
10ページのショート。
「紗枝」ちゃんとのプレイがおおむね1ページ1コマみたいな形式で描かれます。
ただひたすらにエロいですね
彼女の撮影風景みたいな感じになっており。
7ページからはインタビューということで、普通の漫画っぽい形式に変わります。
人によって好き嫌いあるかも。

081:「ゆなひな・ついんず」
098:「ゆなひな・ついんず AV」 カラー原稿
双子の姉妹「ゆな」・「ひな」とお兄ちゃんの16ページ短編。
開始早々に2人して咥えている光景。
言動から「ゆな」・「ひな」からえっち仕掛けたようで、お兄ちゃんはほぼされるがまま。
防戦一方となっていました。
オチが悲しい
せめて見つからんようにしたかったわね。
台詞から察するに、彼女らもなんらかアイドル活動をしているっぽく。
続く4ページのショート「ゆなひな・ついんず AV」は動画撮影プレイとなっていました。
カラーなんですが、他の彩色原稿と違ってふんわりポップな色使い(カバー裏みたいな)となっています。

113:「ないしょのデートプラン」 カラー原稿あり
ツインテールな「唄乃(うたの)」ちゃんとの街中羞恥プレイなエピソード。
こちらは40ページと長く、後半にはカラー原稿もありました。
背景から察するに、デート先はお台場かな。
前半はショッピング。
アイテム仕込まれた「唄乃ちゃん」が頑張っています。
必死に我慢する姿がキュート
後半は観覧車でのプレイです。
そちらも含んでオチ部分はカラー原稿の8ページとなっていましたが…ここが秀逸
見開き2ページが印象的でした。
とじ込み部分がはっきり見えないのが無念ですね。
ちょっとは彼女がやり返さないと。

161:「妹、借りた」
1人暮らしが寂しいので、ペットでも飼おうかと友人に相談した主人公。
それなら、と冬期休暇に入る彼は、妹を貸してきたのでした。
そんな16ページの短編。
要するに体よく面倒を見させられることとなった訳なのですが…という導入部。
ネタ的に好みではないですが、実に優れた漫画です。
画面はドえろく、トンデモなんが続いております。
しかし、それを経てのオチがまさに素晴らしく
なんだか、もやもやと妙な後引き感がありました。
コレは凄い。
14日目の彼女の表情が最高です。

177:「可愛く撮って」
トビラ絵を含めてこちらは19ページの短編。
アイドル活動をしている「和田ことな」と撮影隊の「裕」のカップルです。
撮影がひと段落し、ほかスタッフが休憩に入って2人きりとなり…という流れ。
”ふと垣間見える「経験済み」の目がたまらない”
そんな評判らしい彼女は、まさしくその通りらしく。
絶曲的に彼に仕掛け、かつリードしていました。

197:「もなか」
2人の兄と妹「もなか」ちゃんの近親エピソード。
ホント性格違うよね
そうした発言そのまま、タイプ違う兄らとの複数プレイが描かれています。
どっちもどっちかなぁ。
上の兄には結構な扱われ方をしていたようなのですが。
まったくペースを維持して崩さない「もなかちゃん」が凄い。
それがため、兄「和樹」くんにはあーした感じになってしまうんだろうなぁ。
ちょっと気になる兄妹だったので、ぜひ別シチュエーションが見たいです。
なお、トビラ絵を含めてこちらは19ページの短編となっています。

215:「Custume・Present」
誕生日なので、”何でも着てくれる”という約束をしてしまった「萌夏」
そんな訳で、エロいこと含めて彼に色々されてしまうのでした。
トビラ絵を含めて18ページの短編。
いちおう従順に従いつつ、色々考えている「萌夏ちゃん」が可愛い。
”某ラ〇ドのJKコス”がいいですね。
女の子だなぁ。
まー、様々なコスプレされられてのプレイとなっていました。
どちらも単なるえっちではないので、たっぷり楽しめることと思います。

233:「何も聞かずに泊めて下さい。」
そんな台詞から始まる22ページの短編。
カラーにもなっている、1コマ目にあたる扉絵が雰囲気たっぷりで秀逸。
宿泊条件として、冗談半分にえっちさせてくれたら~と言ったところ、彼女「まのか」が受け入れたことでのお話です。
彼が看破していたように、家出するような娘ではなく。
「まのかちゃん」はただひたすらに可愛らしいです。
条件としていたこともあり、遠慮なくえっち仕掛けておりました。
登場している男性がやや粗暴なところあり、導入からヒヤヒヤ読んでいましたが。
後半のネタばらしがため、読後感はたっぷりの甘さを得られます。

「萌夏」、「まのか」
※左:「萌夏」、右:「まのか」

255:「100RTされたらえっちします」
付き合う「ゆあ」がネットにアップしていた裏垢には驚くべき内容が書かれていたのでした。
18ページの短編です。
そんなイメージない娘だったので。
まぁ、驚くだろうなぁ
ただし、それがため我慢していた事がしやすくなるという、成年漫画な展開です。
いちおう彼もあえて控えていたようなのですが…難しい。
お互い気持ちを伝えられて良かった。

273:「真夏のおしりびっち」
14ページのこちらも、ほぼタイトルとおり。
かなり慣れているようで、
飽きちゃったんだもん
というのが切っ掛け。
しかも、色々自ら調達もしてきていました。
えろいよ、「真夏ちゃん」
援交かと思っていましたが、「いつもお家で~」なんて発言もあり。
ヤバさが増しますわね。

287:「じょじ」
こちらは3パターン・3ページのショートエピソード群。
「MEET YOU! 遠足密輸大作戦★」は妹「ちえり」ちゃん。 
んな所に入れたら、気になってしょうがないでしょ(笑)
しかも開けちゃってたし。
「ふたごえっち」は双子「みう」・「うみ」のうち、「みうちゃん」とのえっち。
寝てる彼女の真横でのプレイでした。
「うらはらびっちーず」は派手な服装の「あやの」・「まりあ」とのプレイです。
いちおう「まりあちゃん」がメインで描かれていました。
オチは「あやのちゃん」です。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「へんりいだ」センセでした。
こちらが2冊目。
初単行本「はつこいりぼん。」もなかなか力の入った単行本でしたが。
今回はまた凄いですね。
まさに”ぱーてぃ”という冠に相応しい、豪華な仕上がりとなっていました。
店頭で見て、正直驚きました。
前述しましたが、ずっしりと重いんですよ、この単行本。
戦国武将図鑑か?というくらいの厚さと重量感でした。
唯一、指摘したいところは…カバーのバーコード部分ですかね。
あれがカバーに印刷されてるのは勿体ない。
紹介帯とかではダメなのかなぁ。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ツインテール コスプレ サラリーマン

■好きな人ができた! (雛咲葉)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ
・構成 : カラー(8P)、短編×13話収録(うち「野草の唄」×3、「雨ときどきシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、作品解説、描き下ろし「野草の唄~エピローグ~」・「雨ときどきイヌ」、
      一部描き下ろし「アンサンブルは桜色」、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「雛咲葉(ひなさき・よう)」センセの「好きな人ができた!」です。

葵さん
※葵さん

 【 構成・絵柄 】

収録は2、3話ほどの連続ものと短編。
描き下ろしはその連続モノのエピソード。
1つはよくある後日談・別シチュエーションものですが、もう1つは重要なエピローグ話。
エロスないものの、シリーズの完結らしい、シリアスさもある漫画でした。
そのほか漫画はだいたいラブコメなジャンル。
ペカペカとしたコメディー調なものもありましたが、だいたいは落ち着きあるお話です。
描き下ろしページも多く、ボリュームを感じる1冊でした。

さらりとした極細線での作画。
全体の色づきは良く、デジタル彩色ながら黒はやや強め。
若干ツヤツヤっとした雰囲気ね。
描き込みも過ぎないくらいでした。
コマ割りは中・小ではみ出し・ぶち抜きもありましたが、比較的収まりは良い感じ。
枠間はなくなる事多く、色彩と描き込み具合もあって、ややコッテリとした印象です。
なんというか…いかにも「ワニマガジン社」さんな絵柄という感じ。 
(※良い意味で
気持ち濃いものの背景も良く、服装具合なども人物と合っています。
引き絵が多少気になるかなー、という程度でした。
また、そう引っ掛かるほどではないですが、漫画部分はたまに分かり辛い点がありました。
人物絵はふっくらとした漫画っぽい可愛らしさ。
黒髪とか和服なヒロインらがいい感じ
だいたいカラーでも変化は少ないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 14話収録

003:「アンサンブルは桜色」 描き下ろしあり
同じ吹奏楽部で知り合った「篠目(しののめ)」・「一宮」
卒業生代表として、2人でアンサンブルを奏でることとなったのです。。
相手である「篠目」は見た目可愛く演奏も上手であるものの、性格に問題があり。
あまりの言い草に腹を立てた「一宮」は、パートナーから外れることを宣言したところ…と、そんなオープニング。

こちらは前巻「いま君に恋してる」の表紙を飾っていた女の子のお話です。
うーん、できればそっちに収録して欲しかった。
期待して手に取る人もいるのだろうし…。
あ、でもこれで前巻の宣伝にはなってるのか
連続モノって訳でないし、気付く人は勝手に気付いて小躍りするだけだろうし。
そうした意味ではいいかも。

ロングな黒髪のお嬢様ちっくな「篠目さん」が可愛い。
ただ、「一宮くん」も驚いていたそのまま、ちょっとお話は唐突感がありますね。
できれば、もうちょっとページが欲しかったです。
カラー原稿部分はえっちシーンの抜き出しでした。
なお、ピアノ上でのプレイなんですが…楽器を足場にしちゃダメ。

篠目さん、ハル
※左:篠目さん、右:ハル

021:「真夏の迷い」
離婚した両親らはまだゴタゴタしていたため。
娘「葵」は夏休みの間田舎に預けられていたのでした。
そんな感じのノスタルジー風景満載なお話。
成年漫画で田舎とくれば、川辺のえっちがお約束。
こちらもそんなん。
ちょうど「葵さん」がクラスで唯一25メートル泳げないということで、川辺にて泳ぎの練習をしており。
そちらへの流れはごく自然。
何歳くらいなんだろう。
スクール水着を着ているんですが、かなりのパツパツ具合でした。
いいおっぱいしてましたよ、ええ。
知り合った遠縁の「竜也」くんがお相手。

039:「ハルとボク」
姉の荷物持ちとして旅行に同行した「拓海」らはとあるペンションに到着。
経営するイケメン兄弟らには末の弟「ハル」おり。
彼から釣りに誘われ、なんとなく仲良くなっていたんですが。
その「ハル」は、実はボーイッシュな女の子「遥香」だったのです。
女の子扱いされ、照れる様がキュート。
いいなぁ。
メインは彼女と露天風呂で鉢合わせ。
意外なのは、まったく動じない「遥香さん」
隠すこともそこそこで、動揺しているのは「拓海くん」でした。
兄が多いから慣れたのかな?
あの反応は密かにテンション上がりますねー。
「遥香さん」はショートカットで、成長途中みたいなスタイル具合
えっちへの流れがやや早いかなー、と思いましたが、可愛かったのでOK。

057:「憧れの人」
ちょっと突っ張っている女の子「麗奈」と喫茶店の中年男性のカップル話。
えっちの時まで「オッサン」言うなー。
(※まぁ、名前「新山雅人」を知るのは、その後でしたが)
彼はああした娘に惚れられるだけの度量と落ち着きのある男性。
えっちにも慣れており、そのあたりもバッチリ。
あ、ちなみに「麗奈ちゃん」は初めてだそうでした。
可愛いなぁ。
プレイ中にもだいぶ可愛らしい事を言ってたので、お楽しみに。

077:「野草の唄」
097:「野草の唄~桜花怒涛~」
211:「野草の唄~エピローグ~」 描き下ろし
地主「浅葱(あさぎ)家」の好意で、書生として住み込み・勉強をさせてもらっていた「慎(しん)」
浅葱家には、お嬢様「紗織」がおり。
その家庭教師もしていたことで、いつからか「慎」は彼女から好意を持たれていたのです。
しかし、「紗織」には実業家と結婚の約束があったのでした。

鮮やかな黒髪とリボン、そして矢絣模様の和服が実に素敵な「紗織さん」
彼への好意を前面にしており、お嬢様然とした容姿ながら結構大胆な誘い方をしていました。
まぁ、「慎くん」の立場を考えるに、あれくらいの覚悟で誘うのは吉。
婚約話もありましたからねー。
そんな彼が折れてえっちにまで至ってしまうのは…そうややこしい事ではないけど、ポイントでもあるのでここでは秘密にしておきますね。
同見ても悲恋になりそうな2人でしたが。
オチではあの大胆さを再び見せられることとなります。
ヤルねぇ。

続く「野草の唄~桜花怒涛~」は…その後の風景。
えー、詳細はやっぱり伏せますが。
こちらは野外えっちがあったりします。
あのくらいの時代から察するに、相当ぶっ飛んでますね。
前話よりも甘い仕上がりなんですが、ちらほらシリアスなシーンも見え隠れしておりました。
描き下ろし「野草の唄~エピローグ~」は最終話らしいシリアスなもの。
そうした中、とある新キャラ見れるのでお楽しみに。

117:「あくとONチャイナ娘」
元気で可愛い看板娘「メイ」がいながら、怪しげな店主がためかいつもガラガラな中華店。
そちらの常連客で「覚」は、商店街の新年会で披露するというカンフーアクションの出し物を手伝わされてしまうのでした。
卵型の人形みたいな店主、彼を囲うネズミらはなんなんですかね。
徹底的にコメディーなエピソード。
えっちは演技からの発展なんですが、「メイちゃん」もノリノリでした。
変な話
ただ、オチでなにゆえあんな事仕掛けていたのか判明します。
「メイちゃん」が知ったらどうなるんだろう。

135:「美女で野獣」
旦那の従弟「大輝」はラグビーをやっていて、筋肉質な男性。
そんな彼は引っ越し先のトラブルで部屋に入ることができず、ひとまず近所であったこちらにやってきたのです。
出迎えた「志穂」は最近旦那とご無沙汰であったため、予行練習とかナントカ理由付けて味見することとしたのでした。
だいたいそんな感じ。
タイトルはまさに「志穂さん」を表現したもの。
やや引いていた彼に構わず、ガツガツえっちに持ち込んでおりました。
可愛らしいのに、肉食系ですねー。
旦那とご無沙汰ってのも、あるいはそんな彼女がためかもしれません。

151:「白衣の気持ち」
「悟」の入っていたゼミは、生徒が彼1人だけという不人気なところ。
そちらの准教授「白井」は普段ローテンションで、どよどよしているんですが。
その日はキラキラとした笑顔でいきなり抱きついてきたのでした。
眼鏡で白衣な「白井さん」
テンション上がっている原因は、
STOP細胞が初めて反応してるのよぉ!
というもの。
まぁ、何やら話題になったような感じですねー。
その切っ掛けが彼の精子だったため、サンプルとして提供することとなったのです。
実際にそうだったら、やっぱりひとヌキするんだろうか(笑)
「白井さん」は文系ながら、白衣下に着てるのは下着程度なようで。
ガッチリ谷間を見せてました。
あれ人気出そうな気もしますが、普段はそうした点もまったく感じさせないような雰囲気なのかな。
「悟くん」もここぞとばかりに、提供をネタにしてプレイを発展させていました。
えっち後の彼女が可愛い。
いぢめ甲斐ありそう。
また別のネタで、ガッチリえっちしてあげたいです。

167:「依り代の見た夢」
神社の御神木に登って町を見るのが好きだった「和」
幼馴染みな神社の娘「鈴音」も上げようと手を伸ばしたところ…するりと手は滑り、彼女は落っこちてしまったのでした。
そんな感じの、ちょっぴり不思議なエピソード。
御神木なんてものに余計な事するのが間違いだわねー。
まぁ、彼ではなく、彼女の想いを感じたソレが手助けしたのかなぁ。
巫女な「鈴音ちゃん」が可愛いですが、あの袴姿で木登りはやめた方がいいと思う。。

浅葱紗織、朝桐つつじ
※左:浅葱紗織、右:朝桐つつじ

187:「雨ときどきネコ」
205:「雨ときどきイヌ」 描き下ろし
雨の中、神社へと向かう「高村司」
すると、家にいる筈の飼い猫「シロ」はおらず…雨でびしょ濡れになっていた女の子がおりました。
ツナ缶を喜んで食べる、同じ場所に絆創膏がある。
…などの類似点から、シロの化身では?と考えるのでした。
そんな感じで、猫ちっくなヒロイン「朝桐つつじ」とのえっち。
前述したようにびしょ濡れ、透け透けな状態で、
…寒い」とくっついてきたのが切っ掛けです。
ショートカットの可愛い娘さんでしたよー。
縞模様の下着がまた素敵。
結局、彼女がなんなのかは伏せておきますね
描き下ろし「雨ときどきイヌ」はその続編。
やはり雨の日、捨てられていた仔犬と出会った「高村司」
さすがに連れて帰ることはできなかったものの、見捨てることもできず。
せめて、と持っていた傘を屋根にして帰宅していたんですが。
ふと気付くと、猫・犬ちっくなそれぞれ娘が、彼の下半身を奪い合っていたのでした。
前話の関係でこちらも詳細は伏せますね。
いきなり全裸だったのは、ちょっと残念な気がしました。
ヒロインが可愛かったので、また違うシチュエーションで見たいです。

 【 その他 】

以上、本日は「雛咲葉」センセの単行本でした。
こちらは「いま君に恋してる」に続く2冊目。
さっぱりとしたカラー画がいいですね。
正直なところ、↓表紙より前方折り返し絵のが好き。
あれはアングル的にも刺さる方いるのではないかなぁ。
あるいは中表紙・もくじ背景画ですね。
「野草の唄」・「憧れの人」に出演した男女カップルの立ちえっちなんですが。
和風、洋風の対比みたいな感じで、前後にあったら可笑しかったのでは、って思いました。
そのまま使うのはまた違うのだろうけど。








好きな人ができた! (ワニマガジンコミックススペシャル)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー スクール水着 ショートカット

■放課後のささやき (雛咲葉)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、学園、ロリ
・構成 : カラー(24P)、11話収録(うち「人形の館」×2)
・おまけ: あとがき、作品解説、描き下ろし4コマ「番頭さん」、加筆修正あり、
      一部描き下ろし「Splash」、カバー裏にラフ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「雛咲葉(ひなさき・よう)」センセの「放課後のささやき」です。

瑠璃、あずさ
※左:瑠璃、右:あずさ

 【 構成・絵柄 】

収録は連続モノが1本あったほかは、短編での構成。
まぁ、同設定で別ヒロインでのお話であり、連続話というよりシリーズものですね。
そのほか、前巻からの続きが2話ほどあり。
既に見ている方ならば、連続っぽい感覚が味わえるでしょう。
(※いちおう、見ていなくても大丈夫だと思います)
さらに、描き下ろしの4コマ漫画は本編の別視点・その後となっていて、より深く楽しめるようになっていました。
あとがきによると、続いていきそうなお話もある様子です。
ジャンルとしてはラブコメ
↓表紙などはそのものですが、学園モノがやや多め。
また、唯一の連続話がため、ロリっとした雰囲気もありました。
だいたいは甘いものの、それなりにブラックな色もあるのがポイント。
各単行本収録もいいですが、ちょっとまとめて長めなエピソードが見たいですね。

しっかりとした線での作画。
デジタルな濃淡は全体の色づきがため、やや濃いめ。
立体的な仕上がりです。
描き込みも細かさあり、枠間もあまりないため原稿は賑やか。
流れで多少気になる部分も見えましたが、大きく引っ掛かるほどではありません。
綺麗にまとまっていました
人物画は広い輪郭とややツリ目な黒目、小さい鼻が特徴。
特にヒロインらにはどこか妖しい魅力もありました。
男性のがよりコメディーちっくですかね。
人物に関しては、服装なども含めて良好です。
多いだけあって、カラー原稿はお上手
白黒絵の魅力にうまーく色が加わった感じでしたよ。
そのため、判断については↓表紙。裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 11話収録

003:「黄昏の闇に塗れて」 カラー原稿
8ページのショート短編。
ヒロイン「鈴原柚葉」は↓表紙の娘。
夕暮れ時の校舎・教室えっち展開となっています。
「鷹宮」くんを誘ったのがそもそもの切っ掛け。
実は彼女にはとある秘密があり…というのがポイント。
これは続きがどうなるのか、見たいですね。

011:「Splash」 カラー原稿あり、一部描き下ろし
優勝の祝勝会をホテルで行うこととなった鰐大水泳部。
部員の「前田」はエース「白崎瑞希」の飲み物にアルコールを混ぜ、介抱かたがた強引に迫ってきたのですが。
警戒していた後輩「後藤和哉」がギリギリで彼女を助けたのでした。
老け顔、と称されていた「和哉くん」
よく頑張りました
「瑞希さん」とは普通の部員同士。
もともとノリの良い娘でさらにアルコールもあり、またえっち直前でかつギリギリで救出されたという諸要素がためか、積極的でした。
腕組まれたあたりでは、ドキっとするでしょうねー。
あーならば、後輩「和哉くん」もやり易くて助かる。
いつもは競泳水着のところにビキニ姿だったので、日焼け跡がいい感じ。
カラー原稿でもそんなんが楽しめましたよ。

白崎瑞希
※白崎瑞希

035:「ナズナの咲く頃」
山奥の温泉旅館「松葉屋」
半年前から若女将となった「吉野小春」と板前「三橋京介」のカップル成立エピソード。
続く4コマでは主役となっていましたが、サブキャラの番頭さんが実に良い立ち回りをしています。
おそらく第三者が介入しない限り、2人は同僚のままだったでしょうね。
”処女こじらせそうなのが密かな悩み”
…という「小春ちゃん」が可愛い。
女将なんて大変ですからねぇ。
露天風呂えっち。
どちらも器用なタイプでなく、流れもちょっとオモシロイ感じになっています。
感情表現が苦手、と言いつつも意識はしていただろう、「京介くん」はよく頑張った。
その後については4コマ、あとがき絵をご確認ください。
なにげに目次の背景絵は4コマの逆視点ですわね。

057:「人形の館」
075:「人形の館~桃華の気持ち~」
いわゆる娼館「人形の館」でのお話。
人形など一部は洋風でしたが、昭和初期くらいの日本が舞台。
「周藤桐彦」は借金がため「人形の館」で働く従妹を迎えにいったのでした。
なにゆえ、一度はわざわざ客として行ったんだろう
単に好奇心かな。
オチはあーんな雰囲気でしたが…彼女に色々と見透かされていそうね。
なお、あとがきによると「瑠璃ちゃん」は胸の大きさや頭身について、色々修正されたそう
あのくらいがデッドライン(笑)なんだ。
なお、続く「桃華」ちゃんのエピソードはプレゼント用の小冊子が元であり、もともと設定なようです。
なるほど。
よりロリっとした感じな「桃華ちゃん」です。
メインと違って、女性側の視点になっていました。

081:「スキ・フシギ・了解」 カラー原稿あり
それぞれ意中の相手に告白し、どっちもフラれてしまった「あずさ」・「和樹」の幼馴染2人。
途中雨が降って来たので、彼の家でシャワーを借りることとなったのです。
あとがきにて”不思議ちゃん”と称されていましたが。
独特な喋りとテンションのある「あずささん」です。
雨で濡れて透け透け状態な彼女。
カラー原稿もそのあたりからで、実にいい感じ。
面白い娘だったので、この話の前後が見たいですね。
「あずささん」がやや掴みどころない感じ(実際、透け透けの状態でも隠そうとしてなかったりする)だったので。
「和樹くん」は意識しつつも諦めざるを得なかったのではないかなぁ。

101:「Black Doctor White Nurse」
飼い犬にかまれてしまった医師「竜胆悠真」
練習台の意味もあり、新人看護師「橘ちとせ」に任せることとなったのですが…というもの。
噛まれるから点滴のくだりまでは、担当さんの実体験だそうです。
こわー。
最悪「ちとせちゃん」みたいな可愛らしい娘であれば、まだいいですけどね。
天然っぷりが炸裂してます。
パンチラ、というかモロでしたが、あのスカート丈だと頻繁にそんなんだと思います。
オチはあーでしたが、彼女色々な人にべらべら喋っていそう。

117:「ワルいヤツ」 カラー原稿あり
前単行本の「憧れの人」に登場していた喫茶店の中年男性「新山雅人」の過去エピソード。
彼が学生の頃ですね。
公園でへばっていた彼を人妻「渡会美雪」が助けたのが切っ掛け。
カラー原稿部分は後半えっちの抜き出しですね。
拘束プレイとなってます。
もともと不倫で年齢差もあり、どうにもならない関係。
こうした経験がため、後のエピソードに繋がるのでしょう。
ぜひ続けて見てみてください。

141:「ひみつ基地」
昔馴染み「七瀬香澄」と学園の図書館で偶然再会した「高木真也」
彼女とは昔秘密基地での思い出があったのでした。
裏表紙が「香澄ちゃん」です。
あーまで可愛く成長していたら、さぞテンション上がるだろうなぁ。
いわゆる”見せっこ”の続きを再開する流れ。
なかなか会えないね
そう言っていましたが、冒頭の再会から何度かは会っており。
お互い、もう少し喋りたいと考えていた頃なのかな。
切り出したのは彼女から。
「真也くん」もあの頃を回想していましたが、それは彼女も同様だったのでしょう。
スムーズなえっち展開でした。
どーでもいいですが…場所は図書館の本棚裏みたいなところであり。
まだ生徒いる時間だったようなので、外にバレバレだったと思います

七瀬香澄、遥香
※左:七瀬香澄、右:遥香

159:「クラミツハの神」
タイトルの”クラミツハ”は日本神話で水関係の神様なのですが。
「阿幾」の操る案山子(※「神様ドォルズ/やまむらはじめ」)のイメージですねー。
「岩崎正吾」は浜辺で全裸の女性「海」を拾い、助けました。
彼女は「服が海に流された」と説明したのですが…と、そんな導入部。
浜辺には人魚塚というのがあり、ファンタジーな要素もあるお話です。
登場からして、「海」はどうにも人魚ちっく。
ただ、そのままストレートって事はないですわね。
えっちはやや唐突感あるかなぁ。

179:「ハルとボクの夏休み」
前巻「好きな人ができた!」に収録されていた「ハルとボク」の続編。
なかなか良かったので、続編は嬉しいですね。
今回の主役は「遥香さん」
夏休み中にバイトで来ていた「拓海」くんと夏祭りへ行くという流れ。
浴衣姿がキュートでした。
成年漫画で祭りとくれば、野外えっちが基本。
こちらの2人も同様。
彼女からお誘いでしたよ。
あとがきにて、「男の子っぽさがなくなってしまった」と書かれていましたが…。
前回からはちゃんと女の子してるので、それも当然かなーと思います。
浴衣なんて着てアピールしていたので、そのうち髪伸ばしたりしていそう

 【 その他 】

以上、本日は「雛咲葉」センセの単行本でした。
こちらは3冊目の単行本。
当ブログでは「いま君に恋してる」を紹介しています。
ちなみに、当単行本に関連したエピソードがある2冊目「好きな人ができた!」も読んでいます。
順序アベコベになりますが、近々アップしますね。
今回は「人形の館」はもう少し暗く、緊張感ある方が良かったかな。
「黄昏の闇に塗れて」、「Splash」、「スキ・フシギ・了解」、「ひみつ基地」といった学園モノ4本が個人的にはお気に入り。
特に「あずささん」が好みでした。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ 競泳水着

■みだLOVE♪ (林哲也)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、TS(性転換、性別反転)、コメディー
・構成 : カラー(4P)、5話収録、現在1巻まで発売中。 (※現在2017/8/4は2巻まで発売)
・おまけ: 折り返しにコメント、紹介帯で表紙絵変化、
      合間にキャラプロフィール・初期デザイン。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「林哲也(はやし・てつや)」センセの「みだLOVE♪ 1巻」です。

女性体な「了誓くん」
※女性体な「了誓くん」

 【 構成・絵柄 】

2冊目以降に続いていく長編。
コメディー要素の強いラブコメで、TS(性転換)ネタです。
詳しくは後述しますが、ファンタジーな要素もありました。
ラブコメ要素と共に、ポイントとなっているのがいわゆるサービス描写
ただし一般漫画なので、直接行為は無論のこと、肝心な部分も描かれていません。
主人公は容易にラッキースケベへと持ち込むことができる体質でしたが。
親と絡めることによって、”真面目で一途なキャラ”という設定が納得できるものとなっていて。
また、即別性へ変化してしまう体質もあり、巧い事一般漫画の範疇にとどまる、寸止め漫画となってます。
派手さのあるラブコメなTS漫画を楽しめるでしょう。

しっかりとした細線での作画。
描き込みから全体の色づきは丁度良く。
黒がしっかりした濃淡具合で、全体はスッキリと引き締まっていました。
賑やかな原稿具合でしたが、枠間もしっかり確保されていて。
派手ながらも見易く仕上がっています。
丸く大きい目と小さい鼻の、漫画らしい可愛さの人物画。
作品に合わせてよくコメディーに崩れ、くるくる表情は変化し、またよく動いています
若干バランス感が気になる部分もありましたが、些細な程度。
引っ掛かる表現などもありません。
設定もあってか、多少テキストが多めだったかも。
ほぼカラーと変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 5話収録

チャラチャラとした両親らを反面教師に、真面目に育った「安藤了誓(あんどう・りょうせい)」
家が近所の幼馴染み「鳳翔凰児(ほうしょう・おうじ)」、「姫宮恋咲(ひめみや・ひめ)」らとの関係も良好で、普通の学生生活を過ごしておりました。
しかし、17歳の誕生日を迎えたその日。
ひょんな偶然から、想いを寄せていた「恋咲」と事故的にキスをしてしまったところ。
「了誓」の体は、すっかり女性の姿になっていたのです。
それを目撃していた父親は、目前で母親に変化して見せ。
”淫魔の一族”であることを告げたのでした。
ごく簡単には、そんな導入部。

いわゆる性別反転のTS(性転換)な長編漫画。
主人公が淫魔の血を引く、ファンタジーな要素もありました。
とりあえずバトルとか怪物みたいな描写はないものの、ちらほら魔法とかなんとかは使われています。
性別反転で、ある程度「了誓くん」の素地は残っているものの。
人外の力によって男女の性別が完全に変化しているため、同一人物だと思われることもない完全な別人となっていました。

最大の特徴は、意思によってある程度は自由に性別が変えられる(変わってしまう)という点
淫魔の一族は”エナジー”という栄養素を摂取する必要があり、枯渇すると死んでしまうとのこと。
接種するには、人間との粘膜的接触が必要。
キスとか直接行為とかね。
さらにエナジーは2種類あり、女性からは女性源(アニムス)、男性からは男性源(アニマ)を得ることができ。
どちらかに偏ると、その性別になるのでした。

幼馴染み「姫宮恋咲」、静音三本柱「桜小路かなめ」
※左:幼馴染み「姫宮恋咲」、右:静音三本柱「桜小路かなめ」

その”性別が変わる”設定なのですが。
漫画1話目では「恋咲ちゃん」へキスした途端に(女性源を得て)女性となっていました。
また、その女性体なまま、おそらくエナジー枯渇していた際に「凰児くん」とキスし、また瞬時に男性体へなっています。
説明から察するに、ほとんど零の状態からどちらかエナジーがプラスされた途端に、別性となったようなのですね。
…が。
枯渇した時、例えば女性体で男性とキスして男性源(アニマ)を得て、ぱっと男性体になったとして。
まださらにエナジーを吸収し続けたい場合は、そのまま男×男のホモ行為を続けないとダメなの?
それがキス程度でなく、直接行為となった場合は…果たしてどうなっちゃうんでしょう
特に、自らが女性体だった時。
事のまっ最中に変化することも想像されるんですが…入ってたりなんだりしていたモノは、どーなってしまうのか(笑)
5話目でのシーンもそうでしたが、早めに変化するにしても…もうちょっとタイムラグあった方が現実的ではないかなぁ。
(※成年漫画ではないため、有効な寸止め要素となっていましたが)
まぁ、成熟体になれば任意で変化できるらしく、また転入手続きのくだりで「淫魔の力を使って~」ともあり、だいたいの疑問点は魔法で説明されちゃいそうです。
ちなみに、微量摂取した際には、部分的な変化をしていました。(※それも即変化)
ややこしい体質ですね。

カラー原稿の1話目。
冒頭ではいきなりパンチラが拝めるのですが。
あれは親父さんかな。
あるいは、他にも同族がいたりして…。
”モテるが女子苦手”という友人「鳳翔凰児くん」は、 名前漢字に「鳳凰」が入っており。
それ自体に、オス・メスみたいな意味もあるらしく、なんだか意味深な気がしました。
あるいは、彼も人間でないのでは??
女性となったばかりの「了誓くん」が可愛い。
↓表紙飾ってましたからね。
はっちゃけた設定がため、コウモリな使い魔「アルプ」が喋りたおしています。
テキスト多めでした。
また、皆さん感じる部分とは思いますが。
「凰児くん」の初恋の人は…おそらく女性体の「了誓くん」ではないかなぁ。

2話目冒頭は前話から直接続くもの。
幼馴染み「恋咲ちゃん」が面白い。
いい娘ですよね
なお、2人の部屋は互いの窓がぴったり合う、ラブコメ距離となっていました。
淫魔とかなんとか要素なければ、順当に彼女と巧くいっただろうと思います。
なお、無くなると死んでしまうエナジーですが。
渇してくると自動的に異性に対してチャーム魔法をかけ、もっと進むと異性・同性を無関係に振りまき、最終的には自分自身にかける、となっていました。
2、3話でも1話に続いて、それによるパニック描写があり。
「恋咲ちゃん」へのアプローチに繋がっていました。
照れるわりになかなか大胆
これが成年漫画ならば、間違いなくえっち展開でしょうね。
確かに彼女ならば事をバラしても問題ないと思います。

気を付ける「了華ちゃん」
※気を付ける「了華ちゃん」

とりあえず説明まわりが一段落した4話目。
ようやくTSモノらしい描写となります。
いくら一途だと言っても、年頃男子ですから「了誓くん」
ああするはお約束だし、ごく普通の反応だと思います。
…逆にちょっと遅いくらい。
使い魔「アルプ」に乗せられ、色々な衣装を着せられていました。
ブルマいいですね。
後半はバニー姿でトイレなんて展開になっていました。
サービス回かな。
収録での最終5話目は、彼の周辺について。
学園では”静音三本柱”と称される人気生徒の1人「桜小路かなめ」が登場。 
売れっ子読者モデルだそうです。
時代がためか、こうした設定多くなりましたね…
彼女とは後半に派手な絡みがあるので、お楽しみに。
「了誓くん」も”双子の妹”という設定にした、女性体「了華」としての初登校話にもなっています。
どーでもいいですが。
抵抗あるからと言って、あの短いスカートでノーパンというのはより恥ずかしいと思うのですが。
しかも、全校朝礼で派手なアクションしていたりして。
普通、ある程度周辺の人にはモロ見えていると思います。
なんというか、ガンバレ。

 【 その他 】

以上。本日は「林哲也」センセでした。
既に何冊か単行本を出されてるようでしたが、ひでるさんはたぶん今回が初見。
可愛く楽しい派手な漫画で。
決して嫌いではないんですが…個人的には、なんだかもうひとパンチ足りない。
なんだろう。
決して足りないとは思いませんが、なんというか奥ゆかしくじんわり染みるようなエロス分は漫画の作風もあって足りない。
前述した即変化にも引っ掛かってしまったので…。
また、色々考えた結果。
発芽を待っていたらしい親と使い魔によって全て説明されしまうんですが、ある程度訳分からぬ状態で引っ張って欲しかったかなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ファンタジー パンチラ

■初恋ショコラ (はるきち)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ラブコメ、幼馴染み、巨乳
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、8話収録。
・おまけ: あとがき・4コマ、ジゴ撮り(ヒロイン紹介・コメント)、
      カバー裏にジゴ撮り。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はるきち」センセの「初恋ショコラ」です。

バイト「志賀にこ」
※バイト「志賀にこ」

 【 構成・絵柄 】

収録は8話とやや少な目。
ただ、1話あたりのページ数が20以上とやや多く、読み応えは問題なし。
単行本の厚さも普通くらいで、薄くはありません。
全て短編で連続話などもなかったです。
タイトルそのまま、ジャンルはラブコメ
年齢とか関係は色々でしたが、だいたい初々しさあるもの。
特殊なプレイなく、ブラックさも弱く、明確な悪人なども登場せず。
安心して楽しく読み進められる仕上がりです。
お話は軽々しく、甘過ぎなくていいのですが、もうひと展開あってもいいでしょうかね。
なお、↑上の”ジゴ撮り”は、えっち後(ちゃんと本編に合わせた恰好・場面です)のヒロインイラストに、プロフィールとセンセのコメントが添えられたもの。
なかなか良かったので、ページに余裕あれは次もぜひ欲しいです。

すっきりとした線での作画。
描き込みはややあっさり目。
濃淡はデジタルな淡さあり、今風の綺麗な仕上がりです。
そのため、コマ割りはそこそこ複雑でしたが、見辛い印象はありません。
各話で作画も差もほぼなく、安定していました。
ただ、その見易さがため、パンチは弱く。
ガツンと揺さぶられるような印象がなく、良くも悪くも丁寧にまとまっていた感じ
表現やコマ運びとか、全然お上手なんですけどね。
人物画は横長目とややふっくらとしたスタイル。
皆さん立派なバストでした。
アンダーヘアはかなり薄いものの表現あります。
近所のお姉さんくというティーンくらいな可愛さで、アダルト感はいま一歩でした。
判断については、「コミックバベル」のサイトで試し読みができるので、そちらがオススメ。
カラーて゛もそう変化ありません。

 【 収録話 】 8話収録

003:「恋にみじかし」 カラー原稿あり
「岳(がく)」と「橘芽衣」は幼馴染み。
小さい頃から現在もずっと一緒だった彼女に、思い切って告白したところ。
彼女は意外な反応をしたのでした。
結婚の約束は小さい頃のことですからねー
「芽衣ちゃん」のああした反応は当然かもしれませんが。
なんというか、一度関係をハッキリさせるのはいい事だと思います。
彼の部屋にも普通に入り浸っているような関係ですからね。
まぁ、何にせよ関係が進んで良かった。
カラー原稿部分も2人のえっちシーンなのですが、理想と現実のうち前者となっています。
後のプレイと見比べましょう。

023:「ご主人様と呼ばないで」
学園で有名な美人「佐倉凜」
そんな彼女と付き合う「保志」は「ポチ」とあだ名される冴えない男性で。
”犬と飼い主”みたいに、実は主従関係あるのでは、などという憶測もあったのでした。
長い黒髪な美少女ながら、硬い物言いが特徴的な「凜さん」
知識豊富ではなかったものの、付き合う彼のため努力をしており。
メイド姿でのプレイとなっています。
AVでの恥ずかしさは分かりますが…、わざわざコスプレしてくれたのだから楽しまないと損よ。
相手年上なのだし。
「保志くん」の部屋には大きな鏡があり、それ使ってのプレイとかしていました。
センセも書いていましたが、黒セーラーでのえっちも見たいですね。
オチがあそこで終わってしまうのが残念。

佐倉凜、山辺由香
※左:佐倉凜、右:山辺由香

047:「セイクラベ」
「ユカ姉」こと「山辺由香」とバスケ部「小太郎」の幼馴染みカップル。
彼女のが常に身長高い設定で、タイトルはそれがため。
もうひと身長差あっても良かったかなぁ。
(後のプレイで、しっかり腰下げるみたいなのあっても楽しいかな、と)
ちょうど胸あたりに顔があるような感じ。
幼馴染み同士で、漫画開始時点で既に付き合っていて。
彼女と2きりでの居残り練習に誘うというのは、そりゃバスケもやるんでしょうけど、それだけでは済まないですわね。
(※いちおう、ほとんど初えっちみたいな感じです)
「ユカ姉」はスポーツ少女ですが、彼の存在がためかセオリーと違って性的なことにも慣れていて。
ドエライ下着身につけていました。
スパッツだけでも、エロイんですけどね。

071:「にこちゃんタイヘンです!」
こちらは、コンビニ店長「草野」とバイト「志賀にこ」のカップル。
彼女変わった名前だなぁ、って思って読んでいましたが。
後の”ジゴ撮り”での、センセのコメントを見て納得。
なるほど。
ツインテールでだらりとしたテンションの可愛らしい娘。
店長にラブラブなのですが、彼は優しく草食系で手を出されるような雰囲気すらなく。
もどかしさから、ギリギリ歯ぎしりしていました。
”尻の一つでも触るべきじゃないの!?”
とかなんとかありましたが、今はセクハラとか厳しいからなぁ。
バイトの娘に手出しなんてできないでしょ。
停電したのが切っ掛け。
しかし、直前であっさり復旧するのがまたいいですねー。
実際そうしたもんだと思います。
くるくる表情変わる「にこちゃん」が面白く、付き合った後も見たいカップルでした。
店長はなにかと振り回されそうね。

095:「二人の距離」
現在は予備校講師をしている「杜川泉(もりかわ・いずみ)」
彼女のアパートを訪ねてきたのは、元教え子である「田中」でした。
彼とは2年振りの再会。
新米教師時代に彼と出会い、とある問題を起こしていたのでした。
突然の訪問で、当人はすっぴん・ジャージで出迎えたことを後悔していましたが。
いや、アレはあれでいいもんですよ。
オチを見る限り、当時野球部エースという「田中くん」は結構注目される存在だったと思われ。
お互いタイミングが合ってしまったんでしょうね。
まぁ、彼の気持ちは分かる・分かる。
彼女的には、色々考えるところがあるのでしょうけど…スポーツ選手は年上女房が良いという話もあり。
モテそうなのにわざわざ訪ねてくるくらいなので、大丈夫ではないかなぁ。
女生徒みたいなヒロインばかりの中、収録ではダントツな年長者だと思います。

119:「アマヤドリ」
雨の日に出会った「因幡志希」とのエピソード。
いかに成年漫画とはいえ、登場男性はそれなりに年上だと思われ。
ある程度慮って、何もしないのもアリだと思うんですが。
”彼女を抱いていくらか金を渡す”
というモノローグ、現在の関係から察するに、ガッチリヤったのね。
そんなんでも、いちおう信頼されたのは…あの落ち着きある態度がためかな。
個人的にはもうひと展開不足している感じでした。

143:「ナツカゼ」
県外からの観光客も多い夏祭りの当日。
そんな日に「牧人」は風邪をひいてしまい。
一緒に祭りへ行くと言っていた幼馴染み「高町風音」との約束を果たせなかったのでした。
まぁ、体調不良なら仕方ないわね。
だからせめて泊まりくらい許してあげればいいのに。
彼女が祭りから戻ってきてからがメイン。
体調悪いのに、あーまでギンギンになってしまうのはちょっと恥ずかしいわ
ヤル気満々みたい。
そんなんに気付いた「風音ちゃん」がお口で~というのが切っ掛けでした。
汗かいて治るかと思ったんですけどね。

杜川泉、生徒「上田千代」
※左:杜川泉、右:生徒「上田千代」

167:「クチドメLover」
生徒「上田千代」と付き合う教師。
普段は物静かな娘なのですが、妙な場面を目撃されており。
それ以後、
全部私に処理させてください
そう言って、関係が続いていたのでした。
女子校での生徒・教師のカップル。
「千代ちゃん」はショートカットでちょっとツリ目気味な美少女。
雰囲気とは裏腹に結構な巨乳っぷりが素敵でした。
(※しかも陥没してる)
彼女のビジュアルもお気に入り
メインは体操着でのえっち。
ハーフパンツは…見た目のエロさに欠けますね。
(※脱いだ時の下着が補っていましたが)
これまで抜いてはいたものの、直接行為はこれが初めてでした。

 【 その他 】

以上、本日は「はるきち」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
絵柄もお話も良かったです。
ただ、なんというか、サッパリとしたところがあり。
一般系とか合いそうですね。
個人的には、もうひと個性というか、フェチ感ですかね。
そんなんが欲しい気がしました。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット ツインテール コスプレ アンダーヘア

■タイケン交差点X ~ホントにあった赤裸々秘話~ (八月薫)

★まんがデーター  [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●○○
・属性 : [一般] 投稿モノ、人妻
・構成 : 12話収録。
・おまけ: あとがき、表紙は立体仕様。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「八月薫(はづき・かおる)」センセの「タイケン交差点X ~ホントにあった赤裸々秘話~」です。

「八木明子」、元モデル「小宮花蓮」
※左:「八木明子」、右:元モデル「小宮花蓮」

 【 構成・絵柄 】

タイトルそのまま、体験投稿モノな作品集。
1話完結のごくスタンダードな構成です。
収録はキチンとした長さの短編が12本。
それがため、全200ページほどあり、ちょっと厚めな単行本となってます。
語り手は男女どちらも登場し、モノローグで進行。
ヒロインは人妻が多く、またその場限りという関係多め。
よく分かんないですが、それがリアルなのかなぁ。
逆にプレイは複数がちらほらあったりしていて。
漫画的な派手さがありました。

太く濃い線での作画。
全体の色づきはキッチリとしていて、濃淡は濃い目。
描き込みは適度にしっかりしています。
縦横に細かいコマ割りは基本的。
枠間はほぼ確保されていて、収まり良く。
はみ出したりすることも稀でした。
小コマも丁寧で、メリハリお上手。
劇画タッチな人物画は男女共にリアル調。
そうしたキャラと先の漫画具合がため、独特な雰囲気となっていました
お上手なのですが、タイプ的に人は選ぶのだと思います。
判断については、↓表紙そのままで問題ありません。

 【 収録話 】 12話収録

005:「性徴する教え子」
昔塾講師のアルバイトをしていた「及川留理子」
そこで知り合った生徒「沢井守」とは年賀状などでやり取りが続いており。
彼氏とうまくいってなかった「留理子」は、高校卒業だという彼に会ってみることとしたのでした。
持ち掛けたのは「留理子さん」から。
まぁ、そもそも呼び出したのが彼女からですからね。
いいなぁ
彼は勉強が苦手な方で、予備校時代も接触多かったというのはポイントでしょうね。
後半の野外プレイが好き。

塾講師「及川留理子」、「沢渡由紀」
※左:塾講師「及川留理子」、右:「沢渡由紀」

021:「ガマン汁トレーニング」
モテない理由を太めな体型だと考え、ジムに通うこととした「広田勇治」
トレーナー「小笠原友恵」は美人だったものの、言動は厳しく。
メニューについていくのが精いっぱいでした。
そんな頃、飲み屋で「友恵」と偶然鉢合わせ。
売り言葉に買い言葉という感じで、”瘦せれたらえっちさせてもらう”、という約束を取り付けたのでした。
要因そんなんでも、実際に痩せてしまうのは凄い事。
まぁ、ジムもいい宣伝になるだろうから、広告費だと思えばいいのかな。

037:「媚薬の不意打ち」
同窓会に出掛けた「沢渡由紀」
そこで、中高一緒だった仲の良い友人「岡島健介」と再会したのでした。
付き合ってはいないものの、かなり突っ込んだ話ができる友人関係。
当時の彼氏と微妙だった「由紀」は、近所であった「健介」のアパートへと向かったのです。
タイトル”媚薬”というのは、睡眠効果あるモカなんとか、を勘違いして”マカ”を飲んでいたため。
精力増強の効果があるんですね。
実際効き目あるので、夜生活に困ってきた男性は一度お試しください。
このエピソードで「由紀さん」があーなってしまったのは、その効果かはたまた状況がためか。
「健介くん」に襲い掛かるようにえっち発展していました。
彼は相手いるのかな。
オチから察するに、あの後「由紀さん」は彼氏と巧くいかないと思います。

053:「初めての4P」
夏休みで長期帰省していた「ヒロユキ」
仲間らとの飲み会によく参加していた「西田綾子」はノリ良い女性。
ある日、彼女ほか男子3名で部屋飲みしていたところ。
暑さもあって、野球拳が始まったのでした。
タイトル通りの複数プレイ。
ラップ巻くのは逆にエロくていいですね。
されるがままだなぁ。
まぁ、こうしたの初めてではなさそうだし、ある程度想定していたかな。

069:「深夜タクシー艶景色」
とあるスナックにてよく指名され、重宝されていたタクシードライバー「片山毅」
店に勤務する「アキ」とは良い関係。
ああして部屋に誘われても、乗っからないのが信頼されるんだろうなぁ。
ひとトラブルあり、彼女が店を辞めることとなるのが切っ掛け。
そのタイミングであればならOKか。
なお、年齢は二回りほど離れているようです。

085:「一人旅の罠」
シンガポール旅行に出掛けた「八木明子」のエピソード。
女性の一人旅、しかも海外というのはくれぐれも気を付けて。
まぁ、よく聞かれる、典型的な感じよね。
こちらも複数プレイ。
オチは非常にリアルだと思いました
怖いわね。

101:「義姉とお淫騒動」
妻の実家家業の醸造業を手伝っていた「来生隆作」
家業を継ぐ条件であったのですが、そこに義姉夫婦が出戻ってきたのです。
なかなか複雑。
奥様ともややすれ違いとなっていて…「隆作くん」の気持ちも分かる・分かる。
ああして一度話すのは必要だったんでしょうね
ただ、それが義姉「清子」とのえっちに発展するのは、やや漫画ちっく。
オチはあーでしたが、何かの拍子にまた。どうにかなってしまいそう。

117:「定点観測人妻ホイホイ」
妙なタイトルですが…。
工場裏の雑木林に捨てたエロ雑誌を目印に、人妻がやって来るためそんなんだと思います。
ビニ本という名称がなんだか懐かしい。
生コン工場に勤める「真島五郎」
先輩が必ず雑木林にエロ雑誌を捨てるのですが。
そこで妙齢な女性と野外プレイをしていた場面に鉢合わせたのです。
経験ない彼には刺激強いですわね。
登場するヒロイン「エミコ」さんがずっと拒んでいた理由は可愛らしいものでしたよ。

133:「股振り合うも他生の縁」
ファッション雑誌の仕事をしていたこともある「渡辺大介」
その際に知り合っていた、元モデル「小宮花蓮」から10年振りに呼び出されたところ。
2万で抱いてくれない?
そんなことを言われたのでした。
貸して、と言わず、わざわざそうした言い回しになったのはちゃんと理由がありました。
まぁ、確かにそうだわね。
彼女には赤ちゃんがおり、おっぱい飲ませているところを目撃して、意思を翻すという展開。
素直でいいですが、ちょっと恥ずかしいなぁ。
もっとスマートに事を運んでください。

149:「セクシャルパワースポット」
パワースポット巡りを趣味としていた「西村早紀」
SNSで知り合ったメンバーと、山岳信仰の神社へ出かけたのでした。
いちおうメンバーは男女2名づつ。
しかし、夕方での飲み最中にふと出た話題で、2名の男性らと向かったのですが…というもの。
まあ、アルコールも入ってたしねぇ。
浴衣はいいもんです
なお、3名の複数えっちでした。

「西村早紀」
※「西村早紀」

165:「交姦マッチング」
SNSの出会い婚活アプリを始めていた「北浦真由」
数人と会い、中にはいい感じになった男性もいましたが。
トップ写真が良かったのか、選り取り見取りでモテ期到来という状態だったこともあり。
出会いを楽しんでいたところ…「根津」というテレビ局勤務の男性と会うこととなったのでした。
タイトルから想像できるかもしれませんが、複数・乱交系。
まぁ、初回のデートが良かったからと言って、気を許し過ぎでしょうかね。
大っきい…」のくだりが成年漫画っぽいですよ。

181:「あるムラの性奇習」
こちらだけ、やや趣が異なっており。
主人公はメインの話とは関係なく、単に話の聞き手として登場しています。
偶然出会ったおじいさんのお話~ということで、時代も古め。
村での”夜這い”という習慣について描かれていました。
いちおうえっちシーンは2度。
うち1回目は無事成功していたものの、憬れのお嬢さんについては眺めるだけで終わっていました。
とりあえずあの後姐さんのところへ行ってそうね。
まだ間に合えば、ですが。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「八月薫」センセでした。
前ブログにて「ホテルで抱きしめて 悶絶セレブ編」、「浮世艶草子」、「女子アナ七瀬」などを紹介しています。
紹介するのは久しぶり。
店頭で見かけ、なんとなくセンセの体験告白漫画が読みたくなったんですよ。
なぜか、カバーは文字浮き上がった、立体仕様になっていて。
ちょっと驚き。
よくよく確認すると、女性も若干浮き上がっているんですね。
なんらかインパクトを狙ったんでしょうか。

ちなみにどーでもいい話なのですが。
中扉の白黒絵が結構なプレイ絵で、驚きました。
特に本編にはないのですが…次の単行本とかに出て来るのかなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


★お知らせ★
 週3回更新で続けてきましたが、どうにも時間が厳しく…。
 これからは水曜・日曜の2回、余裕あれば土曜を含めた3回の更新とさせていただきます。 
                                                         あおぶひでる


tag : ビニ本

■ぐらすとっぷ! (ばーるん)

★まんがデーター  [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、眼鏡
・構成 : カラー(6P)、9話収録。
・おまけ: あとがき、中扉は表紙とリンクあり、
      カバー裏に漫画「メガネっ娘描くのやめたの?って言われたので…」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ばーるん」センセの「ぐらすとっぷ!」です。

「横山薫」の先輩、店員さん
※左:「横山薫」の先輩、右:店員さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
前巻にもあったシリーズものほか、繋がってるっぽいのも1話ありました。
詳しくは後述します。
ジャンルとしてはラブコメ
ただし、収録のうち1話だけはバッドエンドなものもあったので注意。
ファンタジー要素な短編もありました。
前ほどではないですが、眼鏡女性は変わらず多く。
また、だいたいのヒロインは立派なバストの持ち主。
たっぷり感あり、目に優しいです。

すっきりとした細線での作画。
濃淡・描き込み具合は丁度良いくらい。
デジタルで綺麗に仕上がっていました。
コマ割りはやや細かく、よく重なるのが特徴。
原稿具合は賑やかです。
収録は15から17年。
安定感はありましたが、絵の表現がもう一歩、二歩という印象です。
粗探しをしているつもりはないのですが、特に前半2話はそんな感じで残念。
人物絵は個性が安定して慣れてきており、なかなかいい感じ。
幅広な輪郭はやや縦長気味、各顔パーツは小さめなバランス。
まだ硬さを感じるものの、よく仕上がっていたと思います
表現はやや大きく派手め。
それが引っかかるところもあり…自然にすっと見えるようになれば、また次の扉が開きそうでした。
判断については、紹介帯裏のカット絵がいいでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「Being late」 カラー原稿あり
カラー原稿から始まる、教師・生徒のカップル話。
なお、女性「由里」ちゃんが生徒で。
色々事情があるらしく、彼「マサ」のアパートに入り浸っているのでした。
前半はバス内のイチャイチャなのですが。
彼を知るほか女生徒と鉢合わせたくだりでは、「由里ちゃん」のアソコに指入ったままな筈なのですが…あれ左右変ですよね。
まさか、彼女らの目前で左右の手を入れ替えていたりして(笑)
他が悪くなかっただけ、その部分が実に残念でした。

生徒「由里」
※生徒「由里」

031:「オモイコミ女×ナガサレ男」
中華料理店の看板女性「鈴」と常連客「光太郎」のえっち。
冒頭にて、転んだ彼女を受け止めた際に、胸を触ってしまうシーンがあるのですが。
うーん、あのタイミングでは間に合わないと思います。
お茶零れてないのは、何気に凄いですね。
その後のドジっ娘描写は可愛らしいですが、お急須が脳天に直撃していて。
熱いもそうですが、相当に痛いだろうと思いました。
倒れた時は咄嗟に受け止めようとしていた「光太郎くん」の反応もなんだか不自然
もっと心配してあげて。
えっち切っ掛けはタイトルな通りで会話からだったので、あのくだりはまるまる不要だと思います。
なお、「鈴ちゃん」はミニスカなチャイナドレス。
思ってたよりずーっと大きいんですね」のコマが好き。

055:「オカズのトナリ」
隣の人妻「高城美沙」とのえっち話。
通常、隣に色っぽい人妻がいれば、気になっているのは男性「吉住」くんなのですが。
こちらの場合、どうにかしてやろうと考えていたのは人妻「美沙さん」でした。
ご無沙汰とはいえ、かなりガツガツしており。
時間かかりつつも、彼を誘導していました。
実際にこうした人もいるのかなぁ。
台詞によると、息子もいるのに。
二人目できちゃうかも…
じゃーないだろ。

073:「憑イてますネ」
女子校の後輩「横山薫」からストーカーのように付きまとわれていた主人公。
言い寄る彼女に対し、”ノーマルなのでその趣味はない”、と拒否していたところ。
驚くべき事実を知るのでした。
タイトルとは違い、特にオカルト色はありません
主人公の先輩さんは、硬い物言いの可愛らしい人。
せっかく黒タイツだったのに、あっさり脱がされてしまうのは残念でした。
オチあんな感じでしたが、ひょっとしてまだ続くのかしら。

097:「ゲームセンターの女。」
置いてある格闘ゲームのキャラ、通称「森さん」が好きで。
ゲームセンターの常連であった主人公。
しかし、改装のお知らせがあったため、残してもらえるよう店員さんへ聞きに向かったのでした。
前話とちがい、こっちのがオカルトちっくです。
まぅ、オカルトというより、ファンタジーと言ったほうが分かり良いか。
店の眼鏡女性とは即えっち。
彼の好きな格闘ゲームは某ファンタジー格闘ゲームで。
オチもそんなネタとなっていました。

117:「や〇しい旦那さま」
こちらは和風ファンタジーか。
風景は江戸とか時代劇風で、ヒロイン「シズク」は角の生えた女性。
角は額部分に小さく2つあり、尖った耳で褐色肌という以外はほぼ普通でした。
旦那さまと彼に仕える「シズクちゃん」のお話。
なるほど、タイトルはどっちの意味にでもなるのか。
巨乳揃いな単行本で、貴重な貧乳ヒロイン。
初回はオチに驚きましたが。
ぱっと見ると、普通なのですが…2周目にてじっくり読むと、前半からなんとなーくその正体・実態が透けてみえます。
裏表紙はその後の運命かと思います(そのため、読む前には見ない方が良いでしょう)が、できれば「シズクちゃん」には幸せになってほしいものです。

139:「姉弟だから no count!」
姉弟のラブラブえっち。
ノーカンにはならないと思いますが、いちおう義姉なのでOKか。
旦那を疑った義姉「真希」は、酔っぱらったまま「達巳」のアパートまでやってきたのでした。
あの甘える感じはアルコールでより強調されてるのかな。
コレがお話の流れでも巧く利用されており。
スムーズにメインのお風呂えっちとなっていました。
一石二鳥~というソレに、いままで難色を示していた「真希くん」があっさり従うのが可笑しい。
いいおっぱいでした。
なお、「真希さん」は眼鏡っ娘(…娘?)です。

義姉「真希」、教師「倉須愛」
※左:義姉「真希」、右:教師「倉須愛」

169:「とある教淫の成長記録」
理想をもって教師となった「倉須愛」
しかし、現実はなかなか厳しく、保健医の先輩「麻紀」に相談したのですが。
回答は斜め上のようなもので、また目前で生徒「高見裕貴」とイチャイチャし始めてしまったのでした。
前巻「メガネの処方箋」に続いて登場の「「倉須先生」です。
「裕貴くん」が「「倉須先生」の印象で上げたのは、①地味②眼鏡③おっぱいとのこと。
そうしたAVみたい。
立ち姿では巨乳が目立ち、野暮ったいジャージがかなりエロく見えました。
あれは…なんとなく気にしてる男子多いのでは。
目前で普通にえっち始める「麻紀さん」も相当にはっちゃけた人物。
あんなんに相談したのが失敗ですね。
ただ、処女であってもなくても説得力はさして変わらないと思いますよ。

189:「はんそくの女教師」
収録のうち8ページと、やや短め。
女教師のはっちゃけ授業という感じ。
特に関連するような名前・事柄などはないのですが…。
眼鏡の女教師で、髪型もごく近く。
前話「とある教淫の成長記録」の「倉須先生」後日談みたいな印象
(※ちなみに、原稿時期はこちらが2年ほど前でしたが)
むちむちな衣装で指名した生徒にエロいこと仕掛けるみたいに感じです。
非常に良いですが…授業全然進まないと思う。
↓表紙はこちらの先生かな。

 【 その他 】

以上、本日は「ばーるん」センセでした。
ブログでは「むすめがね」、「メガネの処方箋」という2冊を紹介しています。
今回タイトルですが。
軽く調べてみましたが、いまいちコレというのが見当たらなかったものの。
”グラス”は眼鏡の意味もあるので、そっち関係?
なんらかメーカーとかあるのかな。
人妻「美沙さん」のオチがあーで楽しかったです。
お好きなんだなぁ、と




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー 格闘ゲーム

■僕は彼女たちの淫らなオモチャ (星憑ネオン)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 女装、M、コメディー、複数
・構成 : 短編×8話収録(うち「可愛くなって、おもちゃになって」×6、
      「間違いの夜に」×2)
・おまけ: カバー裏にあとがき・作品解説、描き下ろし「間違いの夜に/翌朝」、 
      描き下ろし「可愛くなって、おもちゃになって/渚にて」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「星憑ネオン(ほしつき・ねおん)」センセの「僕は彼女たちの淫らなオモチャ」です。

堀切河家・美人三姉妹
※堀切河家・美人三姉妹

 【 構成・絵柄 】

収録はメイン・サブで2本のお話となってます。
表題に近いメイン話は、基本的には1話完結の連続モノ。
毎回相手となるヒロイン(…?)が変わっていくタイプでした。
もう1つは2話のエピソードですが、感覚的にはそれで1本という感じ。
直接の続きモノで、後日談というよりは前話を補完するようなものとなっています。
ジャンルはM、女装といった感じ
男性が弱く、ラブっぽい要素も薄く。
いちおうコメディーちっくな部分もあるんですが、過剰なおふざけ感はありません。
メイン話は”女装した主人公がヒロインらにガッツリいじられる”という、特殊な漫画でした。
その傾きが結構大きかったため、普通の方は合わないと思います
慣れない方が手を出すと、驚くこともあるでしょう。
なお、同時収録のサブ漫画はそちらと比べたら全然ノーマルなものでしたが。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき・濃淡具合は適度なくらい。
描き込みも同様でしつこさなく、いい感じ。
コマ割りは大~小まで複雑で、はみ出し・ぶち抜きも頻繁。
結構賑やかな仕上がりでした。
人物絵は縦長で漫画っぽさもある、お姉さん系のキャラ。
極端でないバランスな顔パーツのなか、小さい鼻が特徴。
悪い意味ではなく、のぺっとした感あるものです。
引き絵や小物がややあっさり気味
動きとか表情の動きで癖が強く、人を選ぶこともあるでしょう。
判断については、↓表紙などカラーでもそう変化はないんですが。
やはり裏表紙のカット絵がオススメです。

 【 収録話 】 8話収録

003:「可愛くなって、おもちゃになって」 5話
157:「可愛くなって、おもちゃになって/渚にて」 描き下ろし
1年間海外赴任することとなった両親。
それがため、「小井美貴(いさらい・よしたか)」は母が過去世話になったことのある堀切河(ほっきりがわ)家の厄介になることとなったのです。
読者モデルなどもしている、学校でも評判な美人三姉妹の居る堀切河家。
派手な女住まいの慣れない家で、男1人肩身が狭い思いをしていたところ。
何度か彼女らの着替え中に鉢合わせてしまったため、罰ゲームで双子「環(たまき)」、「円(まどか)」らより女装をさせられてしまったのですが。
その姿は…
お人形さんみたい…
思わず長女「紡(つむぎ)」がそう呟くほどの、美少女となっていたのでした。
長くなりましたが、だいたいそんな感じ。

Mちっくな女装な男子の連続モノ。
一部例外ありましたが、周辺に登場してるのは女性ばかり。
そんな皆と次々えっちにしてしまう、ハーレムっぽい要素もあるんですが…。
「美貴くん」が徹底したM気質なうえ、登場する女性陣は皆強さが前面になる娘ばかりで。
あまり羨ましさありません。
女の子らとえっちして幸せ~、というより、
”その道具に使われ、もて遊ばれてる”
という感じのが圧倒的に強いのでした。

また、彼は最近流行りらしい女装に傾倒していくんですが。
描き下ろしでは、男性がすうーっと引くような事にまで発展しています。
そうした、癖の強い要素らを許容できるかどうか、が鍵ですね。
ぶっちゃけ、ひでるさんは合いませんでした。
せめてフタナリなら、まだ良かったんですが。(←女性要素あるので)

風紀委員長
※風紀委員長

1話目は双子姉妹とのえっち。
着替え中などに遭遇し、ラッキースケベとか言われていましたが。
切っ掛けとなる部分は完全に罰ゲームありきで、彼がどういった扱いだったのか分かります。
まぁ、かしましい女性3名もいれば、立場は自然とあーなるか。
(※そもそも居候という立ち位置ですからね)
女装した当人が「スゴイ美少女がいる~」とかなんとか、後々の展開を想像させる発言をしていました。
髪型の異なる双子は、素晴らしいまでの貧乳で並んだ1枚絵がいい感じ。
なお、参加してないものの、「紡さん」も真横で1人シテいました。

その際の写真が学校掲示板に貼られた事から発展する2話目。
双子とは犬猿の仲という風紀委員長が登場。
その出どころを突き止めた彼女は、2人に会わせて欲しいと懇願するのでした。
わざわざ男性自身を露出させた「美貴くん」と会わせ、「環さん」の嘘からえっち展開に。
委員長もそうした願望ありましたからねー。
普段欲望を抑えていたらしい事もあってか、壊れたような中盤の描写が秀逸
ちょっと怖いよ。
2人は結構相性良いと思います。

読者モデル、という要素ありましたが。
3話目は「紡さん」の撮影風景でのお話。
登場するのは眼鏡のプロデューサー「米都」と、その”ドレイ”という「渚」の2人。
「美貴くん」について聞いていた彼女に、あっさり喰われてしまうのです。
バストは最も大きいのかな。
仕事出来そうな眼鏡の大人な女性で、付き従う和服の「渚」も…ムニャムニャ(いちおう伏せます)
そんな訳で、こちらも複数展開です。
えっちしてる、ではなく”されてる”、しかもかなり好き勝手にされてしまっているため、全く羨ましさありません。
さらに、後半では「美貴くん」の身にトンデモなプレイが襲いかかるのでした。

その影響か…ある程度の慣れが見られる4話目。
いままで味方ゼロな「美貴くん」でしたが、とある理解者の存在が大きいですかね。
2人して学校へ行った際、先の風紀委員長に見られてしまい。
これまたえっち展開になるのでした。
登場時点では硬い印象だった委員長さんなんですが。
もうスッカリ変なキャラです
風紀とかなんとか、まるで関係ありません。

そちらのオチからも続く最終話。
登場人物のうち、まだ直接行為していないキャラが1名いるんですが。
そちらの方がメインとなってます。
勿体ぶっていたものの、別にラブい要素はないんですけどねー。
最終話らしく、途中から双子・委員長も参加し、やはり派手な複数展開となっていました。
描き下ろしはタイトルから分かるように、「渚」とのアレコレ。
もうあのままトコトンまで進むしかないかなー。
まぁ、本人も楽しんでいるようだし、いいのか。

長女「紡」、プロデューサー「米都」・「渚」
※左:長女「紡」、右:プロデューサー「米都」・「渚」

159:「間違いの夜に」
179:「間違いの夜に/翌朝」 描き下ろし
教師・生徒のちょっとしたお話。
解説に”描き下ろしは補完エピソード”と書かれていましたが、確かに本編だけではややモノ寂しさがあり。
セットでのお話ですね。
まさにこれから縁交寸前だった生徒「佐藤」を発見した教師。
しかし、ホテル街をうろついていた事を逆手に取られて脅迫されてしまったのです。
だいたいそうした感じの流れで、オープニングでは既に事後。
実は教師側にも深い事情あり、彼女との行為に至ってしまうのでした。
冷めた言動が目立つ「佐藤さん」
発想元となる曲があるらしく、リアルさある今風なヒロインです。
そんなんでも、後半の言動が優しくていい感じ
描き下ろしはオチ直後の風景なんですが、これ以降の期待が持てる雰囲気でした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「星憑ネオン」センセでした。
↓下に紹介記事を並べております。
毎度お馴染みですね。
センセの単行本なので、特に深く考えもせず手に取りましたが。
今回は…ダメ
もう、見ていてエロス感なく、ただしんどいだけ。
やたら癖強い仕上がりでしたよ。
収録のもう1つ、「間違いの夜に」はいい感じだったんですが…。
↓表紙もタイトルとかガチャガチャしてますね。
パンチ弱いと思います。
そうした所から察するに、メインヒロインは「紡さん」なのかな。

僕は彼女たちの淫らなオモチャ 僕は彼女たちの淫らなオモチャ(MUJIN COMICS)
                  (2015/10/9)
                  星憑ネオン






★「星憑ネオン(さきうらら)」センセの漫画紹介記事  

おねだりパレード
 痴女シリーズ「痴女が恋しちゃダメですか」の続編。
蜜愛フルコース
 一般系り短編集。社会人向けなソフトえっち話。
蜜祭り
 山奥の村での”奇祭”を題材とした、ふんどし姿のヒロインらがポイント。
盲姫~めしいひめ~
 やや重いタイプの近親えっち漫画と、巨乳な従姉妹のエピソードを収録。
嫁まみれ
 痴女シリーズの最新作ほか、別単行本のキャラもちらほら登場しています。
淑女の融点
 通産で10冊目となる単行本。短編集ですね。
ときめき懺悔室
 痴女シリーズの結末「バースデイ」、中編「神さまのいうとおり」を含む単行本。
蒼のセカイと花咲くカラダ
 一時的に発症する特殊能力”コクーン”に翻弄される男女を描いた長編。
王女様キター(゜∀゜)ー!
  ネットで知り合っていた「ローラ」ば王国の姫でした、という中編など。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■学校でイこう! (牡丹もちと)

★まんがデーター [12.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●〇〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] コメディーラブコメ、巨乳
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、10話収録
      (うち「ポンコツシリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、描き下ろし「ポンコツネメシス」、
      カラー原稿描き下ろし「ガッコーの奇々快姦」  

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「牡丹もちと(ぼた・もちと)」センセの「学校でイこう!」です。

波川蓮
※波川蓮

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものと短編群。
描き下ろしも短編となっており、複数短編を繋ぐ集合話です。
ジャンルとしてはコメディー系。
派手ではっちゃけたものでした。
各話のタイトルとか、ご自身の名前などもそうですが。
言葉遊びみたいなのが頻繁です
元ネタを知っていれば、より楽しめることと思います。
これが…個人的にはまったく肌に馴染まない、合わない。
そう極端なマイナス面はないんでけどね。
馬鹿馬鹿しいコメディー漫画という仕上がりなので、そうしたのが好みでないとひでるさん同様に難しいでしょう。

単純に絵的な面ではそう問題ないと思います。
今風なデジタル画で、いかにも「ワニマガジン社」さんの単行本という印象。
ただ…漫画としては微妙でした。
コマの配置・構成がため、ぱっと分かり辛い部分がありました。
表現の大仰さコメディー色強いためだと思いますが。
これが個人的に合わない原因の1つ。
読む気をごっそり削がれてしまうほどでした。
男性陣も悪目立ちすること多く。
とかく強い癖がため、人によっては好き・嫌い分かれるでしょう。
なお、原稿時期はそう離れてなく、安定感はありました。
単純な絵柄では、↓表紙・裏表紙の判断で良いと思います。

 【 収録話 】 11話収録

003:「ガッコーの奇々快姦」 描き下ろしカラー原稿あり
よく学校でふざけていた「守山耕太郎」
彼がそうした馬鹿をやるのは、風紀委員長「喜多山慶子」が構ってくれる、という理由があったのです。
まあ、良くも悪くもなんらかの接点ないと関係始まらないですからね。
だいぶ耳が悪いのか、変な聞き違えをしている「耕太郎くん」
いかにも漫画的で……冒頭話から合いません…。
酷くわざとらし~く、感じてしまうんですよ。
対象とされる読者ではないんだろうなぁ。
委員長「慶子さん」は今回↓表紙をゲットしたヒロイン。
基本的に真面目な娘のようですが、硬すぎる雰囲気はありません。
彼女の台詞を聞き違えてのえっち発展。
もっと早くにこうなってても不思議でない感じでしたよ。
カラー原稿部分が描き下ろし。
本編の後日談えっちとなっていました。

風紀委員長「喜多山慶子」、巫女「佐伯貴子」
※左:風紀委員長「喜多山慶子」、右:巫女「佐伯貴子」

027:「人妻MIDNIGHT」
整備士「鈴木啓」が急遽担当することとなったのは、苦手にしている金持ちの美人人妻「豊川未来」の車でした。
調べていたところ、原因となるモノを発見したんですが…という流れ。
人妻からのお誘いえっち。
エロい女性ですね。
タイトルからの流れで、プレイ最中は車関連のものに置き換えられておりました。

045:「八つ袴村」
神社に1人留守番となっていた、神主の娘「佐伯貴子」
そこに好みなマッチョ男性「山村貞男」が願い事をしにやってきたのです。
巫女服が楽しめる1話。
女性に耐性ないという彼の言動を誤解し、えっち発展しています。
まぁ、お互い相性も良いみたいで、カップルとなれて良かったね、という感じ。
オチが甘いです。

063:「ダ・ヴィチン・コード」
年に1度の展示会を控えた美術部。
しかし、所属する男子3名「春郎(はるお)」、「裁斗(たいと)」、「為一(ためいち)」の3名はロクに準備もせず、いつものようにエロにうつつを抜かしていたのでした。
美術部顧問「萌香」は、そんな3名の無茶な理論に流されてしまうのです。
何でもお願いしてみるもんですね。
教師「萌香さん」はポニーテールで凛々しい女性。
美人ですが、やや敷居が高そうな雰囲気もあり、ああしたベタ褒めは効果的かも
かと言って、ああしてヌードにまでなってくれるというのは、漫画ですね。
飢えた動物みたいな彼らの前で全裸となれば、無論えっち展開のが普通。
複数プレイとなっていました。
オチはあーした感じなのですが、年頃男子な割りに淡泊ですわね。
(※それならば、もっと搾り取られるような表現があった方が良かったのでは)

083:「NANPA!」
ナンパ目的で海へ来ていた「霧氷流太(むひょう・りゅうた)」
うっかり寝て流されていた彼を助けたのは、地元マリンスポーツ代理店の娘「波川蓮(なみかわ・れん)」でした。
そんな訳で、ビキニの日焼け跡眩しいヒロインとのえっち話。
積極的な娘さんですね。
彼とのやり取りをセーフ・アウトで判定しているんですが、どちらにしろ楽しんでいるようでした。
意外に慣れてはいないのかな。
オチはコメディー的でずか、なくても良かったかも。

101:「鉄面探偵ナ淫トスクープ」
探偵事務所所長の娘「楚原藍子」と「麻生田郷太(おうだ・ごうた)」のコンビ話。
金融詐欺の容疑者を調査するため、彼女とは夫婦として隣の部屋に入ったのでした。
優秀な「藍子さん」
やる事ないと言ってましたが、会話での仕事は事務作業みたいなもので。
先輩として、肝心の場面で前に出れば良いのでは。
いままでクールだった彼女が、えっち関係では照れるところが可愛い
後半でもだいぶ可愛らしいところを見せてくれています。
偽装を続けるため、「仕事だ!」として行為に及ぶのが切っ掛け。
別に…あそこまでは仕事でないと思う。

157:「STAR SEX」
地球人を調査にやってききた、ヨクト星人の研究員「ヘミキプタ・マルギナタ」
”かなり性欲の強い個体”
ということで、研究対象として「揚羽鉄男」が選ばれたのでした。
いちおう1人プレイの常習者であれば、記憶のイメージはあると思う。
実際、「ヘミちゃん」に反応した際には、映像出ていましたからね。
ヨクト星人といっても、頭の変な飾りと小さな尻尾以外は普通に女性。
そのため、えっち展開もスムーズに流れていました。

173:「面接官と入射試験」
男性用性器具を開発している企業へ入社面接に来た「千草草太」
企画開発部門部長「本郷玲子」は彼の製品に対する熱いPRに感動し、試作品を試すようお願いするのでした。
無事合格かな。
こうしたもののお約束で、「玲子さん」自らがオカズとなってくれていました。
そう考えると…部長にまでなるにあたって、そうした事が頻繁にあったのかな、とか想像。
いいですねー。
黒パンストをあっさり脱いでしまったのが残念です。

189:「ナースの卸し事」
アルコール中毒専門病棟のナース「五斗蒔愛美(ごとまき・まなみ)」
元同級生な彼女は学生時代と変わらぬ破天荒っぷりで。
まだ未経験な彼には、えっちを餌に中毒を止めさせる方法をとったのでした。
えろいナースですね。
下着も黒でした。
彼については、この作戦は確かに効果的
最終ページが甘いですよ。
学生時代のやり取りが、もうなんらか絡めばまた良かったと思うのですが。

美術部顧問「萌香先生」、探偵事務所「楚原藍子」
※左:美術部顧問「萌香先生」、右:探偵事務所「楚原藍子」

119:「ポンコツバレンタイン」
137:「ポンコツサドンテス」
209:「ポンコツネメシス」 描き下ろし
男女双方から人気を集める、クラスのトップカースト「阿木川恵那」
そんな彼女から、「蛭川敬助」は不可解な嫌がらせを続けられていたのです。
持ち物は日々デコられ続け。
気付くと、地味な彼の全身はキラキラになっていたのでした。
そんなんが「ポンコツバレンタイン」

実は彼にぞっこんで、日々のそれはプレゼントだったんですね。
先に言え(笑)
タイトルそのまま当日はバレンタインで、手作りチョコと共に渡そうとしたのが切っ掛け。
彼は”イジられのプロ”を自称する独特な男性であるため、そのアプローチを曲解するのでした。
そんなんが、逆にえっち展開をスムーズなものに。
ううむ、「恵那さん」は本気で彼が好きなんだねぇ
何が気に入ったんだろう。
屋上えっちとなっていました。
続く「ポンコツサドンテス」は、それから半年後の風景。
ぱっと見冒頭はなんだか分からんと思いますが、気にせず読み進めてください。
保健室えっち。
前回のサブキャラであった「二ツ森勇次」・「坂本美乃」がめでたくカップルとなっていました。
それに触発されての展開。
ただし、いちおうメインは「敬助」・「恵那」の2人です。

その4名が生徒会室に召集される、描き下ろし「ポンコツネメシス」
はてなマークの2コマ目が楽しい
「美乃さん」だけマトもなんですね。
収録の冒頭話「ガッコーの奇々快姦」の風紀委員長「喜多山慶子さん」がゲストとして登場。
なるほど、よく見ると制服同じデザインでしたねー。
こんな複数いる状況で、生徒会長「城ケ根椛(しろがね・もみじ)」と副会長「後山」のえっち展開となるんですが。
なにゆえそう流れるのかは本編にてどうぞ。
前話ともども「悠子」さんがオチ担当となっていました。
彼氏ができる日は来るのか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「牡丹もちと」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
ただ、前述したように、漫画がいまいち合いませんでした。
むぅ…。
ただ、単行本キャラが集合した、描き下ろしは好みな仕上がりでした。
もくじ部分はカラーページなのですが。
成年漫画なのに男性だけで構成されてるのは、すこぶる珍しいと思います。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■ふしだらシェアハウス (ほんだありま)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●〇〇
・属性 : [成年] ラブコメ、ハーレム、むちむち
・構成 : カラー(4P)10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、イラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほんだありま」センセの「ふしだらシェアハウス」です。

水泳選手「百瀬凜」
※水泳選手「百瀬凜」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
ヒロインが各話バトンタッチしていく連続話です。
それぞれが抱えているなんらか問題をえっちにて解決してしまう、いわゆる問題解決型。
特にメインとなるようなストーリーはなく。
オチはこうしたハーレム漫画での定番で、ごくあっさりしたものでした。
ジャンルは軽いタッチのラブコメ話。
揉めたりなんだりはなく、ブラックとか特殊ブレイはありません。
(※特殊なプレイは…正直、ちょっとある)
ごく読み易い反面、内容もそれなり
様々タイプの女性らとの、色々なシチュエーションでのえっちが楽しめます。

さらりとしていて、強さもある線での作画。
デジタルな濃淡で色彩はやや淡いもの。
描き込みは細かさあり、大小で変化あるコマ割りも含めて、賑やかな原稿具合。
それなりに枠間は確保されていましたが、どちらかと言うと全体はコッテリした味わいです。
人物画は尖った髪・輪郭と大きい目が特徴。
むちむちとしたスタイルが良く、ぼってりとした大きいバストが魅力的でした。
漫画はコメディー崩しなどもお上手で、適度なメリハリ具合。
小コマでも違和感なく、バランスに優れています。
稀に気になるところありましたが、些細な程度。
癖は強い方なので、迷った方は裏表紙や紹介帯の漫画カット絵で判断ください。

 【 収録話 】 10話収録

進学した「大野啓太」
学生時代に家庭教師をしていた「如月真矢」の紹介で、彼女も住んでいる大学に近いシェアハウスに入ることとなりました。
そちらのほか住人9名は、皆女性ばかり。
唯一の男性となった彼は、タイプの異なる女性らと次々に親しくなっていくのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

あとがきに「めぞん一刻」的な~とありましたが。
いわゆる、アパートでの集団生活みたいな漫画となっています。
前述したように、主人公「啓太くん」以外の住人は全て女性。
各話ヒロインが変わり、最終話は全員での複数プレイというお約束な構成です。
特に彼が想い焦がれるような、メインとなる女性はおりません。
いちおう、↓表紙ほか目立って描かれるのは紹介した「真矢さん」
スペアキーを彼と交換しており、それもあってかえっち回数も多いのですが。
特に彼女という位置づけではなく。
その友人でOLの「野島理子」が性格もあって、多少そうした言動をしていたくらい。
皆さん独占欲は薄く、住み家と同様に彼を巧い事シェアしておりました
あっさりしてますね。

元家庭教師「如月真矢」、OL「野島理子」
※左:元家庭教師「如月真矢」、右:OL「野島理子」

ゴタゴタ、ドロドロしたややこしい展開にならない反面、お話はそれなり。
よく言えば明るいラブコメ漫画なのですが、読む深さはありませんでした。
なんというか、一般えっち系でよく見られるような感じですね。
個人的には…。
せっかくあれだけ個性的な面々が揃っているのだから、もう少しそれぞれヒロイン同士の交流とかやり取りが見たかった
ちょろっとは描かれているんですけどね。
集団生活なのですが、[もりあげ7]にあったような、関係性もあまりないんですね。
10名のヒロインはやはり多すぎではないかなぁ
主役なのに「啓太くん」はまた個性薄く。
良くも悪くも主張しない男子。
せめてヒロインの誰かを彼女認識でもしてくれれば、他女性とのえっちを避けようとしたり、嫉妬されたり、各キャラの人間味も増したかと思うんですが。
そのあたりが、実に残念でした。

住むシェアハウスは5階建て。
上に行くに従ってフロア面積が小さくなり、台形みたいな形。
1階はキッチン、浴室などの共有スペース。
部屋は2階から上に4部屋・3部屋・2部屋・1部屋となっていて、トイレは各部屋に設置されていました。
そのうち、5階に住む住人は”ほとんど会ったことのない謎の人”ということで「UMA様」と呼ばれていましたが。
あっさり9話で姿を見せており、その正体も驚くようなものではなく。
なんだか…謎とした割りに、勿体ない印象でした。

1話目はお隣203の元家庭教師「如月真矢」
カラー原稿を独り占めしています。
(※雑誌掲載時には、ほかエピソードでもカラー原稿あったようですが)
引っ越し話で、友人「理子さん」が挨拶程度で顔を見せたほかは、ヒロイン登場なし。
片付けが一段落した後に、”進学&新生活祝い”として、あっさり服を脱ぎだしていましたが。
これが初えっち。
家庭教師時代にはよく胸を見ていた、とのことでしたから、「啓太くん」にとっては悲願達成みたいなものだと思います。
良かったねぇ。

歓迎会の2話目は眼鏡のOL「野島理子」
冒頭ではスペアキーを交換した「真矢さん」が朝のサービスをしてくれていました。
黒いレースの下着がエロい。
歓迎会ということで、今後登場するヒロインらが一堂に会しています。
シェアハウスの追加説明もありました。
よくある漫画と違い、女の園に唯一の男子となった彼に異を唱える者なく
皆さん歓迎ムード。
そのうち、唯一浮かない表情をしていた「理子さん」を気に掛けるのが切っ掛けです。
あんな所にスマホ落とさないように(笑)
そもそも、手を伸ばせば拾えそうにも見えましたが…まぁ、些細なことか。
大胆な屋上えっちとなっています。
何に悩んでいたのかは、本編でご確認ください。

オチから続くような「理子さん」とのエプロン姿えっちで開始の3話目。
友人「真矢さん」が参戦し、複数対決えっちみたいになってます。
よくよく見ると、”恋人”という発言を、明確に否定してましたね、「啓太くん」
「真矢さん」は学生時代からの憬れな女性ではないのか…。
そもそも、彼女がまったくそうした雰囲気を見せてないため、心の中で線引きをした結果かもしれませんが。
複数プレイを目撃した水泳選手「百瀬凜」が今回のヒロイン。
(部屋は201で、他3名と同じ2階の住人なのです)
ショートカットで名前そのまま凛々しい雰囲気の「凜さん」
浴室の使用順序を利用し、お風呂えっちとなってます。
競泳水着を着用してました。
「真矢」・「理子」とは全く異なる、えっちに慣れてない彼女を堪能ください。

4話目は留学生「クロエ・ホワイト」
典型的な外人ヒロインという感じですね。
チアリーダーもやっているようで、裏表紙ではそんな衣装となっていました。
本編は浴衣姿なんですけどね。
(※7話冒頭でそんな姿でのえっちが見れます)
「啓太くん」が持っていたプラモで共通の趣味を発見し、「クロエさん」が部屋に招いたのが切っ掛け。
掛け軸や刀まで飾られている、その部屋が楽しい
ガチャガチャ色々混じったような喋りにも注目です。
よく知ってるなぁ。

5話目はシェアハウスでの最年長、保母「鈴木ちとせ」
彼女の切っ掛けとなったのは、またまた「真矢」・「啓太」のえっちがためでした。
(※ちょうど2人の部屋の真上が「ちとせさん」の303なのです)
保母の業務中にふと感じていたことを、彼に実践してもらう流れ。
赤ちゃんプレイですね。
収録で相当にはっちゃけたプレイなのですが…しっかり対応する「啓太くん」が凄い。
さすがはやりちん主人公
問題解決という意味でもしっかり役立っていました。

6話目はパティシエ「甘音亜美」
バツイチだそうです。
向かいに有名スイーツ店が出来、危機的状況となった彼女の店。
アイデアで悩む「亜美さん」は、男性の意見も取り入れるべく「啓太くん」に協力を依頼するのでした。
なにげに甘いものが苦手だった「啓太くん」は偉い。
それがため、ああしたえっち展開になったのかな。
さすがバツイチ女性。
ただ、お話はもうひとパンチ欲しいかなぁ…。

冒頭にて、「凜さん」・「クロエさん」・「ちとせさん」・「亜美さん」らとのえっちが見れる7話目。
「理子」・「真矢」らは複数プレイでした。
独占したいだろう「理子さん」は気の毒。
そうした、下半身中心の生活で日に日に衰弱していく「啓太くん」を見かねた看護師「園田唯」さんが診断するというエピソード。
「クロエさん」に続いて、個性的に部屋を飾っている彼女
ナース服のスカート丈が短いのは、コスプレ衣装がためかな。
(※本来のナース服は基本持ち出しできないと思う)
原因を問うた際の「啓太くん」をまっったく勘違いした彼女が、えっちに持ち込むという流れ。
看護師としてはまだまだなようですね。
(※部屋の位置が最も遠いのです。UMA様は除いて)
黒ストッキングが良かったのですが、あっさり脱いでしまったのは無念。

留学生「クロエ・ホワイト」、双子ゲーマー「ヒカル」・「キララ」
※左:留学生「クロエ・ホワイト」、右:双子ゲーマー「ヒカル」・「キララ」

双子ゲーマー「彼方ヒカル」・「キララ」との8話目。
初の女性双子プロゲーマーだそうです。
実際にこんな娘らいたら、広告塔として大いに業界から利用されそう。
こらちの2人は、異変に気付いた看護師「唯さん」の依頼によるもの。
えっち最中にもゲーマーらしい言動がみれます。
複数えっちですね。
姉妹ならではのやり取りが楽しいです。
「唯さん」がまた良いオチとなっていました。

遂に「UMA様」が姿を見せる9話目。
新年会イベントに彼女が顔を見せるという流れでした。
その正体は…いちおう内緒。
本編にてご確認ください。
とある理由で、「啓太くん」は既に彼女を知っていました。
最終話は…やや唐突かな。
複数えっちにするための展開かと。
それぞれ個性を発揮したえっちなのですが…なにげに、こうした場面では水泳選手「百瀬凜さん」がイイ味をだしていました。
ちゃんと性格が反映されていて嬉しい。
また、そんな彼女を導く女性も納得な人選でしたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ほんだありま」センセでした。
前巻から察するに、こちらが21冊目くらいでしょうか。
漫画のタイプとしてはいいんですが。
せっかくの長編なので、もうひとパンチ欲しかったなぁ。
3姉妹シリーズのように、もし続編があるならば、もう少しそれぞれのやり取りとか交流が見たいです。
双子姉妹や「真矢」・「理子」などが面白かったので。
なにげに、最終的には「凜さん」といい関係になっていきそう。
他男性と付き合うのも難しいと思うので。






★ほんだありま センセの漫画紹介記事

オトメ御開帳] 成年
 センセの初単行本。触手甲子園が収録されているのはこちら。
運んでニャンコ!] 一般
 メイド風コスプレが売りの引っ越し屋「ネコネコ引っ越しセンター」の長編。
ハミ+コン!] 一般
 ハミコン神「ハミ」が出現する、ゲームパロディー漫画。 
侵スベカラズ!!純血特区!] 一般
 なんちゃら耳なヒロインがわんさか登場する長編。 全5巻。
もりあげ7(全2巻)] 一般
 町おこしなハーレム漫画。タイトル通り7名のヒロインが登場します。
人妻結び Hitodumamusubi] 成年
 人妻らとのラブコメです。同じ世界観のオムニバス形式でした。
3姉妹のオモチャ] 成年
 芸能界に身を置く3姉妹らとのハーレムラブコメ。 
僕が芸能3姉妹の性奴隷になった結果] 成年
 芸能3姉妹の続編です。皆さん自由に振る舞っていました。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット コスプレ 競泳水着

■あつあつもちもち (東野みかん)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、ぽっちゃり、学生、制服
・構成 : 8話収録。
・おまけ: あとがき、解説「東野みかんのひみつ基地!」、
      描き下ろし「おっきな彼女につつまれたい」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東野みかん(ひがしの・みかん)」センセの「あつあつもちもち」です。

小春ちゃん
※小春ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろし漫画があり、本編の別シチュエーション話となっていました。
単行本は「COMICS 高」レーベル。
皆さん学生・制服で、基本的にはラブコメです。
2話ほどブラックなお話も収録されていました。
そうした各要素もより、明らかに目立っているポイントが…登場ヒロインのぽっちゃり感
漫画なので、キャラは普通でもある程度ふっくらしているものですが。
こちらの場合は、お腹回りなどもぽてっとしているのが最大の特徴
作品中でもわざわざ腹肉掴ませたりしてますからね。
そうしたむちむち感が好みかどうか、という単行本だと思います。

柔らかな曲線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、描き込み・濃淡具合は丁度良いくらい。
コマ割りは中小でそこそこ変化あり。
枠間はだいたい確保されているんですが、はみ出し・ぶち抜きが多く。
原稿は賑やかな仕上がりです。
太目で人物絵が目立つのですが、背景や小物も疎かでなく。
メリハリなども含めてバランス良く、全体の手助けとなっていました。
変に気になる箇所はありません。
丸い輪郭でむちむちとしたスタイルが特徴的で可愛らしい。
明るさあるラブコメ漫画はピッタリ。
どちらかというと、ロリっとした娘よりもお姉ちゃん系のがハマっていたと思います。
ややカラーとは異なるものの、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

003:「おっきな彼女に甘えたい」
高身長な彼女「茜」と付き合う「夏生」
同級生ですが身長差は大きく、自然と彼女に甘えるような形になってしまうのでした。
大きい彼女というのはいいですね
ちょううど胸あたりに彼の頭があり。
普通に抱き合うと、その巨乳に顔を埋めるような体勢になるのでした。
ラブラブえっちですね。
迫力ある「茜ちゃん」のスタイルを堪能ください。
描き下ろし「おっきな彼女につつまれたい」は4ページのショート。
彼女の部屋にてのラブラブえっちとなってます。
だいたい↓表紙からの続きみたいな感じでした。

茜、姉「ちか」
※左:茜、右:姉「ちか」

025:「お弁当と小春ちゃん」
付き合う「昇」は料理上手。
そのため「小春」はどんどんぽっちゃり体型になってしまうのでした。
収録作品で、太目を直接ネタとした短編。
まだそう太ってはいないですけどね。
お弁当作ったりもしている「昇くん」
良い主夫になりそう。
彼の語っていた、
この恰好が一番似合うんだよ
の部分は納得感ありました。
とりあえず「小春ちゃん」は間食を止めるのがいいと思いますよ。

049:「シャーベット・キス」
夏休み近く、だらける姉「ちか」
弟「健太」はしっかりとしていて、何かと彼女に代わってその世話を焼くこととなるのでした。
いちおう実の姉弟というカップル。
裏表紙が「ちかちゃん」
いいお尻ですね
ちょっと紹介帯が邪魔かなぁ。
本編でもそちらと同様でお尻・下着が切っ掛けとなっています。
らしくない、甘えてくるお姉ちゃんでした。
なにげに家事スキル上がっていくだろう「健太くん」はあののちモテると思う。

073:「彼氏にナイショで」
センセ曰く、”ライトな表現のネトラレ系”というこちら。
「勇太」は告白して憧れていた「灰谷ちゆり」と付き合っていたのですが。
彼女はほか男子らとの付き合いも継続していたのでした。
精神的には「勇太くん」とラブラブなのは嘘でないようなのですが。
肉体的にはほか男子ら3名との付き合いも捨て難いのかな。
タイトル・言動から察するに、「勇太くん」には内緒にしている様子。
漫画は知られぬまま終わっているのですが、知られた際に彼がどう反応するか。
初々しいだけ、ちょっと心配
なかなかの具合でした。

095:「Love Sickなお姉ちゃん」
タイトル”お姉ちゃん”ですが、こちらは実姉でなく近所のお姉さん。
隣に住む「雨音」は不在がちな母に代わり、よく「圭」の面倒を見てくれていました。
その日は風邪で寝込んでいた彼に付きっ切りで看病してくれていたのです。
収録で唯一の黒セーラー服女子です。
「圭くん」いいなぁ。
寒そうにしていた彼を温めてくれるのが切っ掛け。
あそこでわざわざブラ外しておっぱい出しているのは、いかにも成年漫画だと思います。
最終的にはえっちまで教えちゃう「雨音さん」
いちおう彼は病人だったのだけど。
お腹吸われるシーンありましたが、普通なら怒られそうね。

115:「暗闇ノ花ビラ」
浮気をテーマとした作品。
ただし、付き合う彼女はテキストだけの存在で姿は見えず。
そうした構成がため、だいぶブラック感は薄まっていました。
浮気相手は目立つ女子グループにいるクラスメイト「橘可憐」
彼がふとこぼした一言に反応し、えっちに誘うのでした。
まぁ、あの年代には刺激的でしょうねー。
派手な外見とは裏腹に、女の子しているのがまた凶悪。
けっこう本気だけど?
という前半の台詞はまさに本当だったのかもしれませんね。
コソコソしなければ、ごく普通のカップルなのですが…。

141:「お姉ちゃんの中でOしっこして!」 ※禁止ワードのため伏字にしてます。
こちらが「COMICS 高」でのデビュー作品、とのことですが。
また随分斜め上なネタをぶち込みましたわね。
しかも、ヒロイン「ショウコ」さんはだいぶ太めな女子で。
脱いだ際のおっぱい感が凄い
ややリアルさもありますね。
そこに尿なネタがブッ込まれるという、凄まじい作品でした。
あ、ついでに言えば、相手の男子「ヒロ」くんはまだ幼さあり、ややショタ色もあります。
ネタ的には盛りだくさんですが、好き嫌いはキッチリ分かれるでしょう。

雨音お姉ちゃん、バスで見かける女の子
※左:雨音お姉ちゃん、右:バスで見かける女の子

161:「サイレントバス」
収録ではこちらが最もお気に入り。
仕事帰りのバス内。
そこでいつも見かけるショートカットの女子学生。
彼女とは名前も知らない間柄でしたが、いちからか車内でえっちな行為をするようになっていたのでした。

抵抗せず、お互い触りあってるような2人。
最初がどんなだったのか、知りたいですねー。
下車後も会話などせず、あっさり別れるところがまた素敵。
車内でも言葉は交わさず、表情などだけのやり取り。
ちょっと怒ったような顔がキュートでした。
メインは珍しく混雑していた車内での立ちえっち。
じっとり汗ばむ背中のコマが良いエロス感
最後はあーんな感じになっていましたが…さすがに運転手は何も言えないか。
AV撮影じゃないんだから。
オチの1ページがまた意外なものなのですが、実に表情でしたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「東野みかん(ひがしの・みかん)」センセでした。
ざっと見たところでは、こちらが5冊目くらい。
当ブログでは、初単行本「世界は“ぽっちゃり”に満ちている」を紹介しています。
あとがきによると、成年漫画は初とのこと。
なんだか意外ですね。
意外、と言えば、今回収録のお気に入り「サイレントバス」
あれは実に良かった。
前述したようにラストは意外なものでしたが。
あの笑顔に男性陣は落っことされるでしょうねー。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ