FC2ブログ

■イロンナ カンケイ (サエモン)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、幼馴染み、学園
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、
      12話収録(うち「カワルカンケイ」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「カワルカンケイ ~after~」、
カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「サエモン」センセの「イロンナ カンケイ」です。

幼馴染み「久住怜奈」、茶道部部長「黒川雪奈」
※左:幼馴染み「久住怜奈」、右:茶道部部長「黒川雪奈」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろしが後日談であり、いちおうそちらが連続モノ。
表題と似たタイトル複数ありますが、特にシリーズとか、同一世界とかではありませんでした。
詳しくは後述しますね。
ジャンルはおおむねラブコメ
コメディー要素は薄く、ラブ度合が高め。
それなりに甘さもありましたが、過ぎるほどではないと思います
お話やプレイには振り切れるようなものなく、また軽々しくもなく。
万人が読み易い仕上がりでしょう。

しっかりとしていて強さもある線。
全体の色づき・濃淡も同様で、濃い目にまとまり。
描き込みも細かさありました。
コマ割りは中コマに小コマがずらりと並ぶような風情。
変化もあり、はみ出しも頻繁です。
先の色彩と共に、コテコテっとした原稿でした。
それでもバランスに優れ、あちこち丁寧さもあり。
特に見辛いとは感じません。
人物絵は縦長気味で鼻の処理に特徴。
清潔感ある、お姉さん絵となっています。
表現は一部コメディーちっくで、派手さもあり。
人によっては気になる方いるかもしれません。
その他は特にマイナス点なく、良好でした
↓表紙・裏表紙のカラー絵はややすっきりしているので。
判断については、紹介帯のカット絵か、「ワニマガジン社」さんのHPがオススメです。

 【 収録話 】 12話収録

001:「カクレタカンケイ」 カラー原稿あり
061:「カワルカンケイ」
121:「カラダノカンケイ」
185:「モドルカンケイ」
205:「カワルカンケイ ~after~」 描き下ろし
今回タイトル「イロンナ カンケイ」の元となっただろう作品群。
言葉そのまま、様々な男女カップルが楽しめます。
なお、似たタイトルばかりですが、連続したものではありません。

1つ目の「カクレタカンケイ」はカラー原稿もある冒頭話。
「成沢」・「宮村」は幼馴染み。
既に彼女から告白されていたものの、奥手で戸惑った「宮村」は部活を理由に返事を延期。
部活引退後の旅行にて、改めて告白されて付き合うこととなったのですが。
どちらも彼女からのアプローチだったのがなんとなく気恥ずかしく、周囲には秘密にしていたのでした。
そのため、隠しているのは「宮村くん」のちっぽけなプライドだけのこと。
まぁ、気にし続けてくれていた友人に言い出し辛いのは分からんでもないですが。
共に旅行までしていた親しい関係なのだから、隠す方が失礼だと思います。
ちゃんと言ってあげなさいよ。
カラー原稿部分は、おそらくその旅行えっち風景。
可愛らしい顔していますが、「成沢さん」は積極的。
あんなイイ娘を焦らさないように。
本編メインは部屋での久しぶりえっちでした。

061:「カワルカンケイ」
205:「カワルカンケイ ~after~」 描き下ろし
身寄りをなくした恩師の娘「西條歩美」を引き取った「悠一」
養子も考えたものの、彼女の要望もあって同居人として共に暮らし続け。
いつしか、学校を卒業する年齢にまでなっていたのでした。
↓表紙はおそらくこちらの「歩美ちゃん」で、描き下ろしもあることから”カンケイシリーズ”でのメインだろう作品です。
それぞれの容姿から察するに、結構な年齢差があるみたい。
まったくの他人が人1人預かるには…審査とかなんとか面倒事があると思います。
(※ネットでざっと調べたところ、養育里親とかになるのかな?)
これが漫画のように異性の場合、また厳しそうですね…。
世間の目もあるだろうし。
いちおう、成長した「歩美ちゃん」を見る限り、キッチリと育てただろうことは間違いありません。
成年漫画がため、ラブラブえっちになっていくのですが。
あるいは、独り立ちできる年齢になった彼女が、”関係を切らさないようにするため”身体を使った、なーんて考えてしまいました。
まぁ、妄想のし過ぎか。
漫画は一緒にお風呂で告白と言う流れです。
こうなる前の2人も、どんなだったのか見たい気がしました。
描き下ろし「after」は6ページの後日談。
晴れてカップルとなった2人のラブラブえっちが見れます。
卒業式に制服で~とか、羨ましいなぁ。

恩師の娘「西條歩美」、生徒「四条あずさ」
※左:恩師の娘「西條歩美」、右:生徒「四条あずさ」

121:「カラダノカンケイ」
交際を続けていた彼女から突然振られてしまった教師「大塚」
ちょうどそんな場面を生徒「四条あずさ」に目撃されてしまい。
なし崩しに、彼女を家に泊めることとなってしまったのでした。
実は”いい所のお嬢様”らしい「四条さん」
男性の弱い部分を目前にしたのが切っ掛けかなー。
しかも、ある程度見知った、大人の男性ですからね。
興味かたがた、ほっとけなくなったのだと思います。
本来であれば、「大塚くん」も職業柄お手付きは絶対NGなのですが。
突然振られた直後でしたから、こちらも仕方ないでしょうね

185:「モドルカンケイ」
世間が卒業式を迎えた頃。
「彰(あきら)」は別れた元カノ「楓」と再会したのでした。
いちおう嫌われたとかトラブルとかでなく。
突然、遠方に引っ越すと告げられ、自然消滅となっていた2人。
彼女の頬に注目。
最中の発言などから察するに、当時の彼女は色々あったんだろうなぁ。
居酒屋前後での、楽しそうな彼女が全てですね。
何にせよ、巧い事いって良かった

023:「友達以上恋人寸前!」
毎回テストの点数で勝負をしていた幼馴染み「久住怜奈」と「滝本」
今回は”何でも言うこと聞く”という条件だったので、本気を出した「滝本」が勝利。
見事、「怜奈」を裸エプロンとしたのでした。
何言ってるのよ、脱ぐわけないでしょ!!
ということで、彼女はスカートは制服のままなのですが。
(※厳密には靴下も穿いている)
かえって、エロいと思います
料理をお願いしていたところ、思わず後ろから…という流れ。
うん、まぁ…分かる分かる。
また「怜奈ちゃん」が結構バスト大きかったですからね。
そのままえっちに発展していました。
そもそもそんな恰好をするということは、ねぇ。
後半がラブラブです。
ラストページのやり取りがまた甘いですね。

041:「黒川さんとの休み時間」
茶道部の部長「黒川雪奈」
同じクラスとなった「白河」は彼女が気になり、徐々に話すうちに打ち解け。
今では、毎日手作りのお弁当を作ってもらえる、カッブルとなったのでした。
「雪奈さん」は落ち着いた物腰の美人さん。
片目隠れる髪型で、収録では最もお気に入りです。
カバー裏はこちらの「雪奈さん」かな。
そちらでは着物でしたが、本編では制服姿。
お昼にて食事後のえっちとなっていました。
既に常習化した後で、展開はスムーズ。
いいなぁ。
「白河くん」も撃墜されていましたが、ラストページのやり取りがやたら可愛いです。

077:「Puppies of LOVE」
小さい頃より、海外からよく遊びに来ていた「マリー」
成長した後に下宿することとなった彼女は、「ゆうじ」にいつもべったりなのでした。
距離が近いのは、外人ヒロインの定番。
漫画は一緒に寝るのが切っ掛けです。
まぁ、スキンシップ過多とはいえ、好意をもっていない訳もなく。
えっち展開はごくスムーズでした。

101:「ストレス発散のススメ」
家も席も隣同士という、幼馴染み「美幸」
いつも彼女にテスト対策をしてもらっていた「晃介」
この日は両親不在だったため、いつものように勉強した後にえっちをお願いしたのでした。
眼鏡姿が知的な「美幸さん」
…1回だけ…だからね…
とか言っていたものの、やはり成年漫画なので。
ガッチリえっちとなっていました。
テストは結局どうだったんだろう。

137:「そんな先輩が好き」
眼鏡・ショートカットな先輩「桂木静流」と「関本」のカップル。
部屋飲みからのえっち発展です。
だいぶリラックスしている「静流さん」
色々都合がいい」とのことで、ノーブラでした。
えろいですね。
普段の白衣姿でのプレイも見たかったなぁ。

先輩「桂木静流」
※先輩「桂木静流」

153:「特等席」
年下の幼馴染み「穂花」
小さい頃から親しく、よく「直樹」の膝の上に乗るのが大好きでしたが。
成長した今もそれは変わらず、日曜になると遊びにやってくるのでした。
私の椅子」とか言われていた「直樹くん」
あーも成長した後だと、色々と大変(笑)
漫画ではおっぱい触るのが切っ掛けなのですが。
ゲームに熱中し、お尻グリグリ動かされたりしたら…ねぇ。
当然好意もあり、えっちについては問題なし。
あるいは、期待されてたかな。

169:「Time Limit」
卒業まであと半年という頃、父親は急に転勤が決定し。
時期が悪いと気遣った父は、近所のおじさんに頼んで居候させてもらうこととなりました。
そこで、久しぶりに再会した年上の幼馴染み「あゆ姉」はすっかり大人の女性になっており。
想いを募らせた「中原京」はそれを察した彼女から、とあるゲームに誘われたのでした。
プレイを10分間我慢したら本番行為、というもの。
まぁ、あれだけでも十分って気もしますけどね。
ずっと寸止めというのも厳しいか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「サエモン」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
…って、最近はまた初の方多いですねー。
「サエモン」センセの単行本は、予めサンプルをチェックしていて、購入は決定していたのですが。
(※ちなみに、サンブルのヒロインはお気に入りの「黒川雪奈さん」なのです)
これが、書店に行ったら売り切れていたのか、どこにも見当たらず。
後日別のところでようやくゲットできた次第です。
セールス好調なのかな。
次は連続モノとか見たいですよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット

■トロラヴァ Melty・lover (SAVAN)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、眼鏡、黒下着、むちむち
・構成 : カラー(8P)、12話収録(うち「鳳学園執行部シリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、作品解説、カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「SAVAN(さばん)」センセの「トロラヴァ Melty・lover」です。

鳳学園執行部「鳳京香」
※鳳学園執行部「鳳京香」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つシリーズものがあるほかは短編での構成。
シリーズものはえっち相手がお話ごとに変わってタイプ。
繋がりそこそこあり、連続したストーリーともなっていました。
まぁ、3話で起承転結みたいな感じですかね。
短編は名家のお嬢様にメイド、そして忍者まで、様々なヒロインが登場してます。
既にカップルという関係多く、えっち展開は早め。
比率としてはラブコメ目立ち、そうでないのもちらほら。
ブラック要素は多少あるものの、ドロドロした部分は控えめです。
とりあえず、むちむちとした肉感ある女性らのえっちが堪能できる作りになっていました。
↓表紙からは強いエロスを感じると思いますが、漫画は読み易く仕上がっています。
男女ともなんとなく眼鏡率が高く、好みならばよりいいかもしれません。

そう、↓表紙のカラーは実にいい感じなのですが。
ちょっと雰囲気があり過ぎで、判断には適していません
漫画はもう少し軽め(良い意味で)だと思います。
しっかりとした線で、黒が目立つ濃淡。
描き込みもしっかりあり、丁寧で綺麗な仕上がりでした。
人物画は広い輪郭で黒目勝ちで横長な目のお姉さん系。
可愛い・美人のちょうど中間くらいな感覚。
漫画の最大の売りだと思います。
着衣描写も良いのですが、早く脱いでしまいがち。
フェチ度はいまいち、もう少し…ではないか、と。
また、漫画にてやや分かり辛いところもあります。
ただし、全体では大きなマイナス点はなく。
裏表紙のカット絵が良ければ、手を出すべき単行本でしょう。

 【 収録話 】 12話収録

001:「LOVELY NEIGHBOR」 カラー原稿
日本・ロシアのハーフ女性「クリス」と「賢次」のえっち短編。
8ページでショートではやや長め。
日本の多様なエロコンテンツがため、えっちになったという設定。
ううむ。
エロゲ風えっち、というプレイがメインなのですが。
さして変化なく、もうひとアイデア欲しい気がしました。

009:「ギュってする夜」
告白してOKをもらった「楓」と深い関係にもなったんですが。
普段の彼女はまったく変わらず、「ユウキ」はやや拍子抜けしたのですが…という流れ。
2人はバスケ部なのかな
メインは居残り特訓からの発展。
ふとしたタイミングで女子になってしまう「楓ちゃん」がキュート。
いや、良いお尻でした。
体育用具室のえっちです。
閉じ込められないように注意。

楓ちゃん、鳳学園・理事長さん
※左:楓ちゃん、右:鳳学園・理事長さん

029:「痴立!鳳学園執行部」
049:「わたしのオカズになりなさい」
069:「メスでオトメな女王様」
私立「鳳女子学園」の風紀委員で顧問となった「鳳京香」
別名”鳳学園執行部”は校則違反者にえっちで罰と快楽を与えていたのでした。
赴任した教師「サイトウ」はこの異常な光景に驚きつつ、「京香」の命には逆らえず”教育指導を”行うのでした。

1話目は教師「サイトウくん」が執行の手伝いえっちに加わるというもの。
相手はバレー部・茶道部の百合カップル。
女学園ですからね。
複数プレイになっていました。
えっちで快楽はいいとして、あれが罰になるのかなぁ。
そんな訳で、2話目は「サイトウくん」が理事長に廃止を直訴するというもの。
ここの理事長というのが…眼鏡のエロい女性。
なんと、「京香さん」の母親でした。
裏表紙が彼女かな。
ありゃ、駄目だわ。
イクのを我慢できたら合格
ということで、えっち勝負みたいな展開になっています。
(ただ、合格でも検討レベルなのですが)
むちむちとしたスタイルが素敵。
なお、途中で眼鏡オフになるのですが、ここがポイントです。
3話目は…お待たせしました「京香さん」とのえっち。
↓表紙は無論こちらの「京香さん」です。
詳細はいちおう伏せますが。
ああした女性が実は~というのは成年漫画のセオリーみたいなもんですね。
オチ後の光景が見たいです。
母親と取り合うようになるのでは。

089:「ピュアトラップ」
男性から情熱的にナンパされたところ。
プロポーズだと勘違いしたヒロインは、ホテルへ直行するのでした。
こうした漫画では珍しく太目な男性。
ボブカットでかなりムチムチしたすたいるの女性が可愛い。
なんと、初めてなようでした。
基本男性の視点で、ヒロインの思考はよくわからず。
ぜひ、彼女視点での解答編(?)が見たいです。

109:「さなえサンは発情期」
娘「ミカ」と付き合う「ケン」
しかし、その母「さなえ」は彼をつまみ食いし、1度関係を持っていたのでした。
漫画は2回目えっち。
胸元開き、スカート丈もかなりの短さで。
やっぱりこんなのよくないわ…
とか言ってましたが…どの口が言ってんだ、という感じよ。
黒下着と黒パンストが実にいい感じ。
どちらかというとセンセは脱がすの早めなのですが、こちらでは黒パンストのお尻がしっかり堪能できました。

121:「淫性遺伝子」
母の不倫現場を目撃した「あかね」
単身相手の男性と交渉し、それを止めさせようとしたのです。
成年漫画をよく読まなくとも、どうなるか理解できますわね。
ショートカットで日焼け跡が可愛い「あかねちゃん」
日焼け跡はビキニ水着のようで、遊びによるものかな。
結構際どい面積なようでしたが。
ぱっと見の容姿と違い、黒い下着なんて身に着けていて
親同様、結構えっちな娘なのかなぁ。
「あかねちゃん」の今後が心配です。

137:「アネモネの咲く夜に」
収録では唯一和風な雰囲気の短編です。
(※後に忍者とか出てきますが)
名家「西園寺家」は名ばかりで衰退しており。
その娘「リツコ」は「九条家」に嫁ぐことが決まったのでした。
彼女を娘時代から見守っていた庭師「テツ」
彼女に想いを抱きつつも、身分の違いもあり当然それを心の奥底へ沈めていたのですが…というお話。
さすがにこのページ数では、お嬢様の行動に唐突感がありますね。
よくある”ご主人さまとメイド女性”な漫画の逆パターンで、和風テイストの味付けという感じか。
意外にむちむちとしたスタイルの「リツコさん」がエロい。
オチはあーしたものでしたが、個人的にはその後の困難さだけが見えてしまいます
男性側から持ち掛けるのはどうかと思う。

157:「好き!センパイ大好きッ」
ショートカットが可愛い水泳部キャプテン「しおり」
大会中我慢していた、先輩とのえっちに至ったのでした。
スポーツ少女っぽい容姿ながら、えっちにハマっている彼女。
即えっち…というか、冒頭から真っ最中です。
スクール水着っぽい水着の濡れた濃淡具合がよかったので、できればもうちょっと着た状態でなんらかあって欲しかったなぁ…。

175:「Kiss Me Dear」
幼馴染みながらメイドの「凜」
出張先から戻った名家の御曹司「若」に厳しくあたりつつも、一カ月ぶりの彼に甘えるのでした。
こちらの「凜ちゃん」もショートカットで、かつ男性が眼鏡くんなので。
先の「しおりちゃん」続編かと思いました。
(※髪型は若干違う)
本人の発言で、「凜ちゃん」はメイドのようなのですが。
秘書とか執事っぽい、クラッシックな服装が可愛い。
黒の下着、ガーターベルトがまたよくお似合いです
そんなんに周囲ウロウロされたら…そりゃ、えっちしたくなるわね。
平時キツく当たる彼女が、えっち時にはメロメロになってしまう様を堪能ください。

ピュアトラップのヒロイン、忍者「かなでさん」
※左:ピュアトラップのヒロイン、右:忍者「かなでさん」

191:「月夜で忍妊」
現代に生きる忍者のお話。
子孫断絶の嬉々に瀕していた忍者の一族。
そのため、「かなで」は一族の中でも若い優男との子作りを依頼されたのでした。
よくある現代忍者モノとは違い、単にえっち対決みたいなお話。
眼鏡でグラマラスな「かなでさん」
むちむちしたスタイルが素敵。
当初ポニーテールにしていましたが、前半に髪解いています。
胸元大きく開き、丈の短いエロスな忍者服だったので…あっさり脱いでしまうのが残念。
やっぱりセオリー通りに、捕まってピンチシーンを迎えてほしいところでした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「SAVAN」センセでした。
こちらが初単行本とのようです。
おめでとうございます!
初なんですね。
作画・お話はしっかりとしていて完成度もあり、そうとは思えない出来栄えでした。
むちむちとしたヒロイン画は好み。
次もぜひ見たいと思います。
前述してきたように、全体的に脱ぐのが早く感じていて。
ぜひ、もう数コマ我慢してほしく思います。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット ポニーテール ボブカット スクール水着

■女主任・岸見栄子 (小武)

★まんがデーター  [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] OL、オフィス、コメディー
・構成 : カラー(8P)、11話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 見栄子&ぷりん設定資料集、合間にイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小武(しゃおうー)」センセの「女主任・岸見栄子 1巻」です。

ヒロイン特集1:主任「岸見栄子」
※ヒロイン特集1:主任「岸見栄子」

 【 構成・絵柄 】

2巻以降に続く長編漫画。
コレという主になるストーリーはなく、基本的には1話完結のタイプです。
一般ながらサービスカットの頻繁なえっち系。
ただし、近いところまではあったものの直接シーンは一度もなかったです。
パンチラとかバストトップは頻繁にありました。
ジャンルとしては、OLさん主役のビジネス話。
普通にえっち行為で契約取る、みたいにはっちゃけた描かれ方となっています。
問題解決な漫画展開ですかね。
多少出世を気にする場面もありましたが、いわゆる熱血サラリーマン風ではなく。
独特の間ある、コメディー漫画という印象でした。

強さとゆるやかさのある線での作画。
滲むような独特の色彩で、白比率もそこそこ。
コマ割りは細かさあるものの、枠間はしっかり確保されております。
独特なタッチは全体的に柔らかな印象でした
カラーでもその雰囲気は変わらず、だいたい↓表紙・裏表紙の感じです。
ゆるりとした輪郭と大きい目、丸い鼻が特徴。
コメディー崩しも多く、普段は漫画っぽく可愛らしいものなのですが。
大コマで描かれるサービスカット部分は、前述した個性ある雰囲気と合って絶妙なエロス感。
直接行為なくても、十分にエロスを堪能できると思います
癖はそれなりの強さがあるので、あちこちで確認するのをオススメ。

 【 収録話 】 11話収録

株式会社竹六の総務部第3課。
課長「椎名」と共に商談に挑む、主任「岸見栄子」のお話です。
1、2話目はカラー原稿。
それぞれ4ページのショート漫画となっていました。
もともとはこんな感じで連載していく計画だったのかな
1話目は契約破棄を言われた課長「椎名」が、「見栄子さん」を使って意思を変えさせるというもの。
命じられてあっさり脱いでる「見栄子さん」が凄い。
オチでの台詞を見る限り、完全に納得しての行動ではないようなのですが。
そちらのオチで言われていたそのまま、主任となった「見栄子さん」
会長へ挨拶に行くのが2話目。
…社内でもヤル事変わらないのか……。
ほか同性から嫌われてそうですね。

3話目からが白黒原稿。
だいたい16から20ページという構成になっています。
巨乳な同僚「石川ぷりん」が初登場。
彼女とは同じ課でもあり、仲は良いようです。
ターゲットは巨乳好きだという、角川物産の部長。
1話目もそうでしたが、課長「椎名くん」は取引先のそんなんばっかり調べてるのかな。
(※確かに、ある意味取引では絶大な効果もありそうですが)
そんな相手がため、自らの貧乳っぷりに悩む「見栄子さん」
確かに大きくはないでしょうけど、貧乳ってほどでもないのでは。
いちおうブラでちゃんと谷間できてましたからね。
こちらは「ぷりんちゃん」のアドバイスもあり、契約に至るという流れでした。
おっぱいは偉大だ

ヒロイン特集2:お尻の大きい「見栄子さん」
※ヒロイン特集2:お尻の大きい「見栄子さん」

眼鏡を題材とした4話目。
課長「椎名くん」から眼鏡を用意しておくよう命じられた「見栄子さん」
相手が眼鏡フェチね
そんな判断をしていました。
やっぱり…ああした事には抵抗感ないのか。
課の「ぷりんちゃん」、男性社員「本田」くんも巻き込み、ノリノリで眼鏡を選んで楽しんでいました。
入り込み易い質なのか、何故だか性格まで変わっている「見栄子さん」が楽しい
ああしたエロス願望みたいなのが潜在的にあるのかな。
メインは得意先にていつものように。
なにゆえ眼鏡なのか、判明するのでお楽しみに。

素晴らしい見上げパンチラで始まる5話目。
特に気にする素振りもない「見栄子さん」は凄い。
それくらい何でもないのかな。
写真についても抗議する様子もなく、日常会話的にスルーしておりました。
変わった娘だ
あんなん同じ課にいたら、仕事に手つかなそうですね。
メインはノーブラ・ノーパンの”超クールビズ”状態となった「見栄子さん」です。
もちろん、それも契約が関わる重大なお役目なのですが。
ここで注目なのが、課長「椎名くん」と「ぷりんちゃん」の会話。
そうか、彼女にはまったくそうした対応させないんだ。
「見栄子さん」があーなっているのは、その性格がためなのかな…。

6話目の冒頭はいきなりプレゼンシーンから。
これまでのアプローチと比べると、だいぶソフトだと思いますが。
無事契約成立。
課長「椎名くん」の業績は凄いこととなってるのでは。
空調の故障でだらけきっている社内。
「ぷりんちゃん」も、珍しくサービスしてくれてます。
ああした中で、いつもとまったく変わらない「椎名くん」が凄い。
営業を兼ねて海水浴、というぶっ飛んだ7話目。
そんなんあるかいな
漫画ですねー。
「ぷりんちゃん」も同行し、ビキニな水着でその巨乳っぷりが堪能できます。
5話目でもそうでしたが、まったく抵抗しない「見栄子さん」とは逆で彼女のガードは固いのね。
中盤では卓球で遊んでいました。
オマケでついてきたのね。
後半は浴衣な「見栄子さん」の業務対応。
相手がため、今回もいつもよりかなりソフトなものでした。
しかしどーでもいいですが、とぼけた娘さんですわね。

いつものような営業シーンから始まる8話目。
当然ながら、2人きりにされた「見栄子さん」が脱ぎ始め、久しぶりにドエロい展開なのですが。
なんと、鉄板だったその展開が通じない相手が登場。
「見栄子さん」の反応が楽しい。
冒頭でもそうでしたが、口すべりやすい娘さんですね。
いちおう商談での席なのですが。
その後、調査不足を素直に謝罪する「椎名くん」
いい上司ですね。
ああいう接待はもう見飽きてるんですけどね
そうした強敵相手に、「見栄子さん」は再戦することとなるのですが。
「椎名くん」がどういった作戦を取ったのか、お楽しみに。

前話オチの流れか、冒頭から「ぷりんちゃん」がピックアップされる9話目。
まぁ、おまけエピソード的な扱いなんですけどね。
こちらの商談シーンでは、「見栄子さん」のテニスウェアなコスプレ姿が見れます。
無論、アンダースコートがしっかり楽しめるようになっていました
さりげなく胸ディスられてるのが可笑しい。
ちょっとイイ話(?)ちっくになっていました。
なぜか熱心に素振りしている「見栄子さん」が楽しい。

ヒロイン特集3:商談中の「見栄子さん」
※ヒロイン特集3:商談中の「見栄子さん」

いきなりやや変態的に迫る「木屋野部長」が登場する10話目。
カメラ趣味らしく、「見栄子さん」にセクハラみたいな事をしていました。
契約のため、モデルをすることとなった彼女。
なにげに拒否したりもするんですね。
結構ノリノリにやっていたように見えるのだけれど…オチでは意外な行動をとっています。
まぁ、結局は出さずに終わったようなのですが。

11話目では、「ぷりんちゃん」もときめくイケメン社長「松平」が登場。
そんな相手に対し、まったく記憶に留めない「見栄子さん」が凄い。
彼はなにげに「椎名くん」とも知り合いでした。
収録でのラストに相応しい、ドキドキ展開
オチでの「見栄子さん」は普通っぽかったですが、あの朝方の場面でどう考えたんだろう。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「小武」センセでした。
おそらく、こちらが初見だと思います。
今回は…ビジネス話のようだったので、手をだしてみました。
いや、「見栄子さん」はいいですねー。
最近のトレンドと違い、おっぱい控えめサイズというのがまた良い感じ。
また、あくまでも漫画では彼女がメインとなっていて。
巨乳の「ぷりんちゃん」はほぼノーサービスという扱いも良かったです。
2巻目以降はどうなるんでしょう。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー コスプレ パンチラ バストトップ アンダースコート クールビズ

■近親痴・漢白書 (沢尻メロウ)

★まんがデーター  [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、近親、電車内、羞恥
・構成 : カラー(4P)、6話収録。
・おまけ: あとがき、
※FC2禁止ワードにかかるため、表題を若干いじくっています。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「沢尻メロウ(さわじり・めろう)」センセの「近親痴・漢白書」です。

妹「堂本ちえり」
※妹「堂本ちえり」

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編漫画。
連続したストーリータイプで仕上がっていました。
ネタはタイトルそのまま、濃いものですが。
お話の基本はだいたいラブコメちっくです。
ラブは強くコメは弱め(※ああした世界はある意味コメディー的かもしれませんが)
単語の響きから想像されるブラックさはありません
はっちゃけた部分あり、ファンタジーっぽい都合の良いところもありましたけれど。
甘さとエロスが同居しつつ、そう前後に違和感のない、優れた連続話として仕上がっています
ああしたネタが不得意でなければ、オススメできる1冊です。

しっかりと強さもある線での作画。
濃淡はデジタル的ながらやや濃さあり、全体もキチンとした色づき。
描き込みはあっさりとした点も感じられました。
コマ割りは中小で、1ページ、2ページまるまるみたいな大コマもあります。
比較的枠間は用意されていて、コッテリした味わいをやや中和していました。
リアル色ありつつも可愛らしさある人物絵。
若干硬さを感じる部分もありましたが、おおむね問題なく、キュートに描かれています
ただし、引き絵や小コマは軽く。
背景や小物なども、もうひと、ふた頑張り欲しい気もありました。
そのあたりが安定すれば、また次のステージが見えてくるかも。
判断については、「ティーアイネット」さんの単行本なので裏表紙が良いと思います。

 【 収録話 】 6話収録

学生時代の帰り道。
「堂本ヒロ」は姉「奈々」と同じ混雑した列車に乗っていました。
姉からの提案で、その際にお尻を触らせてもらったのを切っ掛けに…。
いつしか、「ヒロ」はそうした性癖を持つようになってしまったのでした。
現在、「奈々」が結婚した後も車内での行為は変わらず続いており。
また、交流SNS「GROUPY」でも相手を求めていた彼は、そこで知り合った「マミ」をターゲットとしたのですが。
ちょっとした偶然から、そうと知らぬまま妹「ちえり」に仕掛けてしまったのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

えー、まぁ凄いタイトルですね。
新たなアプローチでの近親ラブコメ
いちおう、近親についてはタブーとして描かれており。
いわゆる、ソレ系ラブコメの軽いテンションなものではありません。
ただ、表題のWタブーな単語から肌で感じられるだろう、重くダークな雰囲気は作品中にはなく。
また、もう1つのタブーについても、なんというか…羞恥プレイの1つみたいな感じで描かれています。
電車内ではそれぞれ他人として振る舞っているため、
”いかにして超えるか”
という、高いハードルの近親関係を打破する手段ともなっていました。
なるほど、これは巧い。
さすが、「沢尻メロウ」センセ。

麻美とちえり
※麻美とちえり

登場人物はそんな兄妹カップルが中心。
友人「麻美」にはメインとなる回もありましたが、姉「奈々」などは登場からごく僅か。
2人の心理変化がしっかり描写されています。
現代におけるファンタジー長編が堪能できるでしょう。
あくまでも漫画なので、くれぐれも実際に行動しないように

切っ掛けとなる1話目。
カラー原稿部分は、おそらく4話目あたりでの風景だと思います。
やっぱり「ちえりちゃん」は白黒原稿のが可愛いかなぁ。

性癖が開花することとなった、お姉ちゃんとの行為。
「ヒロくん」の年頃では、かなり強い刺激でしょう。
まぁ、道を踏み外すのも当然か。
察するところ、お姉ちゃんはあれ以前に経験あるようで…。
既に性癖を持っていたと思われます。
巻き込んじゃダメよ(笑)
姉「奈々さん」は今でも彼とそうした事を続けていて、描写では直接行為にまで至っておりました。
旦那より云々~という台詞ありましたが、当然でしょう。
うーん、決して良いこっちゃないでしょうけど、ソレとしてどちらも割り切っており、まったくの他人よりは明らかにリスクは少なく。
自分ではどうにもできない性癖なんて領域なため、ほかが健全に流れるならばそれもアリか
ただし、「ヒロくん」については交流SNSでの相手に実行する(※カキコミ全てが本物とは限らない)など、戻れない所にまで足を踏み入れてしまっていましたが。
いや、後の描写から察するに、それはお姉ちゃんもかな。

SNS上で知り合った「マミちゃん」とのプレイ。
到着駅の人の流れで、実は彼女とはぐれてしまうのですが…そうとも気付かず、目前の相手に続けてしまったのが、全ての始まりとなっています。
あの、”ちょっと違う感”を抱きつつ、手を出したのは非常に危険
それこそ大変なことになっても不思議ではないのですが、ある意味彼女で良かったかもしれませんね。
なぉ、受ける妹「ちえりちゃん」は「ヒロくん」にはっきり気付いており、彼はそうと知らぬまま~というのがポイントです。
結果的に、実姉から開花させられた性癖は、続いて実妹のそれを気付かせることとなってしまうのでした

妹「ちえりちゃん」のスカート丈が変に短くなったことに気付く「ヒロくん」
後から追いかけたものの、ギリギリ間に合わず。
同好の士が多く乗車している列車に、彼女は誘うような恰好で乗車することとなってしまうのでした。
後半の描写から察するに、キチンとした長さであればターゲットには選ばれないらしく。
これまでは正規な身だしなみで、そうしたのに遭わなかったのかな。
可愛らしい「ちえりちゃん」がため、複数との行為になってます。
お兄ちゃん好きを再認識する回ではあるんですが…これも結構危険
あれだけで済んで、良かったねぇ。
そうした意味で、前回直接行為までしていた「ヒロくん」は…。

後半は家にて「ちえりちゃん」の寝込みを襲うもの。
普段ならば、間違いなくお手付きはしないと思われますが。
友人(※彼も同好の士)の指摘もあって、彼女の変化を認識したがための展開です。
実は寝てない「ちえりちゃん」としては、朝と同様にお誘い実験。
だから、あれで正解
直接までシテしまうのは漫画ですが、それがためオチでの「ちえりちゃん」の言動が目立っておりました。

そんな訳で、表には出さないものの…という3話目。
冒頭では、今度は「ちえりちゃん」に夜の寝込みを襲われていました。
朝方にはまた別の女性が。
忙しいですね(笑)
お話は交流SNS主催のバスツアーに誘われるというもの。
立っている電車とは違い、隣の席に座る女性へのアプローチとなっています。
健全ではないけど、ツアーという企画ならば健全か。
相手はツインテールに髪型を変えていた、「マミ」こと「麻美ちゃん」でした。
いやぁ、偶然ねー。
「ちえりちゃん」とはごく親しい友人で、あっさり正体も見破られてしまった「ヒロくん」
それがため、お話はさらに発展することとなるのです。
水上ライブでのイベントに「麻美ちゃん」から誘われる4話目。
「ちえり」・「麻美」というWヒロインの眩しい水着姿が楽しめるボーナス回となっています。
前半は日常の続き。
「ちえりちゃん」の激しい登校風景が描かれておりました。
なにしろ2話目であーしたこととなってますからねー。
いちおう「ヒロくん」がベストポジションを得てはいたものの。
他男性からも手を出されるという、はっちゃけプレイです。
ああした後に、涼しい顔して教室で普通に会話している「ちえりちゃん」が凄い。
「麻美ちゃん」が暗躍してましたよ。
メインは水上ライブでの行為です。
「ちえりちゃん」は髪をポニーテールにしており、これまた新鮮でキュート。
2人を相手にしている「ヒロくん」が素敵。
全てを知る「麻美ちゃん」に対し、そうとは知らない「ちえりちゃん」がポイント。
オチ付近のぶっちゃけ友人トークが優しく、温かいです。

登校の「ちえりちゃん」
※登校の「ちえりちゃん」

とある事件の起こっての5話目。
このあたりから最終エピソード、クライマックスです。
「ヒロ」・「ちえり」の兄妹は、急遽電車にて長距離移動することとなったのでした。
席が向かい合わせになっているクロスシート。
これまでは、いちおうどちらかが気付かぬフリをしておりましたが…。
今回は、”しっかりお互いを認識した上でのプレイ”です。
時間が遅く、終電も近いため他に乗客はほぼなく。
かなり大胆なことをしていました。
ついにここまで来ちゃったかー

そんなんを受けての最終話。
姉「奈々さん」とのその後風景なども描かれ、エピローグ的な雰囲気です。
そして、妹「ちえりちゃん」とは…どうなってしまうのか、ぜひ本編にてご確認ください。
「ちえりちゃん」はいい娘だなぁ、というのがヒントね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「沢尻メロウ」センセでした。
トータルでは5冊目…で良いのでしょうか。
こちらのブログでは、「エロゲー彼女 ~エロカノ~」を紹介しています。
そちらと同じ長編漫画ですわね。
こうしたネタでのラブラブ漫画というのは新鮮。
オチがまた素晴らしいものだったので、気になった方はぜひに。

印刷か

ちなみに、最終話なのですが。
4ページほど、極端に色の薄いページが差し込まれてました。
(↑そんな感じ)
これは印刷ミス的なものでしょうか…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール ファンタジー ポニーテール

■プロトタイプ マドモアゼル (40010試作型)

★まんがデーター [18.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメコメディー、言葉、積極的
・構成 : 初単行本、カラー(16P)、11話+α収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説、加筆修正あり、
      描き下ろしアフターストーリー×4。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「40010試作型(しまんとしさくがた)」センセの「プロトタイプ マドモアゼル」です。

渚ちゃん
※渚ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
うち4話ほどには、短いものの後日談が描き下ろしされていました。
冒頭2話はカラー原稿で、ショートですが8ページほどあり。
満足できるボリューム感だと思います。
紹介帯では、「ヘンタイ」+「カワイイ」で”変カワ”と書いてありました。
ぱっと示すには、そんな文言でしょうかね。
大くくりだとコメディー色の強いラブコメもの。
えっちに寛容・積極的な娘が多く、そんなんがコメディー要素となっています。
特に女性陣らの遠慮容赦のないエロ台詞群が凄い
(※当然、全てそうしたものではないですが)
やり取りなど読んでいるだけで楽しく、ある程度のブラックさとフェチ感もあり。
面白く読めてエロい成年漫画群となっていました。
あまりそこかしこで見られるものとは違うので、ちょっと興味持った方はぜひお試しあれ。

ぱっと見での感想は…濃い絵柄。
↓表紙の色彩そんな感じでしたが。
裏の紹介帯のカット絵がまたさらにコッテリとしたものだったので、店頭でどうしようかと正直迷っていました。
実際に読んだ感想としては…。
ああした色彩は漫画を盛り上げる1つの要素なので、気にしなくても大丈夫
実際、描き下ろしページは本編に比べてだいぶ白さがあり、どことない物足りなさを感じたほどです。
漫画ネタに合った色合いなのでしょう。
描き込みもクドすぎないくらいにしっかり。
服装から背景・小物に至るまで、特に引っかかるところはありませんでした。
作品時期は2011年から2015年。
加筆修正もあってか、そう落差は感じませんでした。
若干の硬さはあったものの、小さいコマなども丁寧。
ヒロインらも可愛らしく仕上がっています。
判断については、おおむね↓表紙などのカラー絵で大丈夫。
あるいは「ワニマガジン社」さんのサンプル原稿が分かり易いです。

 【 収録話 】 11話+α収録

001:「In&Go」 カラー原稿
009:「伝説を継ぐモノ」 カラー原稿
どちらもカラー原稿で8ページというショート漫画です。
前者「In&Go」はこの単行本を総括したような内容。
エロい女子+普通の男子というカップルでした。
一見すると静かで凜とした雰囲気のヒロイン「瑠璃」
”深窓の令嬢”という単語がピッタリ当てはまるような女性なのですが、その実態は…エロい単語をずらずら並べる変態だったのです。
ああした女性がエロいキーワードを羅列するのはいいものですね
口にすることで、自分自身でテンション上げてるんだろうなぁ。
黒い下着がいかにもという感じでした。
巻き込まれる「太郎」くんが楽しい。
後者「伝説を継ぐモノ」は”伝説のカメラ”をゲットしたという「修」が幼馴染み「アキ」を被写体にして撮影するというもの。
ツインテール・ピンク髪で可愛らしい「アキちゃん」
水着+ニーソックスという恰好をさせられていました。
遠慮なく脱がしているのは凄いなぁ、と思っていたら…オチの前フリとなっていました。
短いながらもよくまとまった作品だと思います。

こより、樽間唯
※左:こより、右:樽間唯

017:「コヨリポ」 +描き下ろし2ページ
「健」と付き合う「こより」
方言でぽわぽわした雰囲気の「こより」がため、お子様カップルだろうと友人らから思われた2人でしたが。
実際の彼女は重い煙草を吸い、下ネタ大好きな女子だったのです。
今回の↓表紙が「こよりちゃん」
せっかくの黒パンストが文字に隠されているのが残念。
ただし、本編もそのまま黒パンストで、ちらほら見える下着がいい感じ。
野外での軽いプレイとメインのトイレでえっちがあります。
辞書の文字面でスイッチ入ったりしていたので、彼氏の不安は当然でしょう。
オチの女子2人の会話が楽しい
なんとなく、冒頭の「瑠璃ちゃん」に見えましたが…どうでしょう。

ちなみに下ネタは置いといて、煙草については彼女の近くにいれば臭いで分かるのでは、と思いました。
描き下ろしでは制服姿の「こよりちゃん」が見れます。

043:「ユイユルイ」 +描き下ろし4ページ
いつも不特定多数の男子に囲まれている「樽間唯(たるま・ゆい)」
もともと女子人数の少ない学園で、可愛く性に寛容な彼女は人気者だったのです。
そんな彼女をいつも遠巻きに見ていた「太一」でしたが。
図書室からの帰り道、珍しく1人だった彼女と鉢合わせしたのでした。
しかも、ノーパンでモロ見えという(笑)
えろい娘だなぁ
日常場面でも「唯ちゃん」はあちこちのお触りOKなようで、基本的にえっちを易々と受け入れ、拒まない娘でしたが。
彼女のポイントは”童貞”でした。
ちょうど「太一くん」で大台、とのこと。
好きねぇ。
トイレえっちとなってます。
オチが優しいですね。
鉢合わせた際も名前をしっかり把握しており、単にエロいだけではないのでしょう。

描き下ろしはパンチラ狙いの年下男子を喰っちゃうもの。
過去回想がなにげにエグいです。
オチがいいですね。
申告ないだけで、前カウントにも混じってると思う。

071:「DACDAC★SCREEN」
カメラの画像がそのままスクリーンへ大写しになることを知った「慎二」
視聴覚室へ彼女「英里」を誘ったのでした。
そんな訳で、”表情と局部を同時にコマ内に収める”ことに成功しています。
なるほど、巧い表現だ。
AVとかにも生かせそうなネタですね。

089:「コッソリインサート」
昔からよくゲームをしに来ていた隣の「渚」
それは成長した後も変わらなかったのです。
普通のラブコメ成年漫画であれば、彼が手を出すのを待ってるとかなんとか、なのですが。
「渚ちゃん」は先の「唯ちゃん」と同じく性に奔放で、経験豊富なエロい女子。
あくまでも「サトル」くんは遊び相手に過ぎず、直接行為についてはあっさり拒否していました。
彼女の胸を目撃したのが切っ掛け。
揉んだのが初めて、と言っていたので、これまでは本気でお手付きなしだった様子。
なんというか、凄いな。
直接は拒否されたものの、素股にてOKを貰うこととなるのでした。
そんな訳で、タイトルみたいな流れになるのね。
このパターン好き。
あと絶対挿れんなよ
……
というやり取りもいいですね。
ぜひやってみたいですねー。
(※無論、約束は守らないのですが)
あのオチはちょっと意外なものでした。

109:「見抜いてダーリン」 +描き下ろし2ページ
コスプレイヤー「紗季」とカメコであった「吾郎」
よくイベントで顔を合わせるうちに親しくなり、付き合うこととなったのですが。
お互い初めてということもあって、初えっちに失敗。
以後、恋人関係は継続していたものの、セックスレスとなっていたのです。
しかし、性欲旺盛な「吾郎」はついに我慢できなくなり。
”見抜き”を提案してみたのでした。
見抜き、なんて言葉あるんですね、調べてみました。
おお、こちらの意味でもちらほらとは引っかかる。
よくよく考えたら、物事の本質を見極める~みたいなのでも使ってましたわね。
”究極の愛の行動”
という彼の台詞も、なんだか説得力がありました。
まぁ、関係破綻するならば、ある意味健全だし、いいのでは。
ちゃんと話し合うことが重要ですからね。
同棲して三カ月とのことだったので、愛されてる証拠みたいなもんですよ、ええ。
しかも、それがためカップル間の問題も解決することとなってました。
良かったねー。
描き下ろしでは相変わらずな2人を見れます。

135:「誘蛾灯」
預かることとなった友人夫婦の娘「紫子(ゆかりこ)」
居候で立場の弱い彼女にお手付きをしていったことで。
人見知りで大人しく優しかった彼女は、すっかり様変わりしてしまったのでした。
他と違ってコメディー要素薄く、静かなエロスが楽しめる作品。
収録でのお気に入りです。
「紫子さん」はロングな黒髪にややツリ目という、典型的な美少女。
そんな彼女からの辛辣な罵り台詞が楽しめます。
あとがきにてセンセも書かれていましたが。
スリップはいいですよねー
最近はほとんど見かけることなくなってしまいましたけれど。
視点は男性側で、”壊してしまった”というモノローグがあるのですが。
「紫子さん」も楽しげで、ああして思ったこと自由に言えるのは良い事でしょう。

153:「Secret Brown」
田舎に従妹「夏那」とのえっち話。
気だるい夏になんとなく始まるような展開です。
日焼け跡が眩しい「夏那ちゃん」は収録ヒロイン中、最も若い設定。
扇風機だけの状況で、服を着崩していて。
軽く挑発もしてますわね。
最終ページのやり取りが好き。

紫子、従妹「夏那」
※左:紫子、右:従妹「夏那」

171:「時間を止めるっす!」 +描き下ろし2ページ
部活の後輩「椎名真希」
些細な事から結構な嘘まで、言うことを鵜呑みにする面白い女子でした。
面白い動画を取るべく、”時間を止めれる”というリモコンを渡してみたところ。
彼女は思いもしない行動を取ったのでした。
解説にて”ダントツ一番アホな子”と言われていた「真希ちゃん」
先輩な彼は聞いたことない、ということでしたが。
ああした行動はやっぱり女の子ですね。
冒頭「瑠璃ちゃん」みたいな娘のエロ展開もいいですが。
こうした、まるでそのイメージなかった娘のソレもまたいいものでした。
オチがいかにも彼女らしくて楽しい
描き下ろしでは「真希ちゃん」のあっけらかんとした顔の裏にあるエロ妄想を堪能できるものでした。
ああした事言わない方がいいのに。

189:「ヨヨギ マドモアゼル」
大学受験に失敗し、予備校へ行った「森本」
教室で彼が目にしたのは、”一風変わった勉強法を独自に取り入れる大財閥のご令嬢”だったのです。
性的刺激で集中・記憶力が高まる、とのことでしたが。
ああされていて、平然と勉強できるということは…さして性的刺激を受けてないのでは。
実際、彼に代わった際にはメロメロにされてましたからね。
でも、本来の目的である勉強はさっぱりになっちゃいますが。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「40010試作型」センセでした。
名前をどう読むのかと思いましたが。
「しまんとしさくがた」で良いみたい。
どうしてそんなんになったんだろう。
こちらが初単行本とのことでした。
おめでとうございます!
紹介帯にて、
「こんな面白エロいの見たことない。」
…そう書かれていましたが。
たいがい大仰であるソレが正しいというのが凄いこと。
確かに面白くエロいものでした。
あとは…やっぱりセンセのリリースのスピードでしょうか。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール コスプレ

■あらわ たわわ (シオマネキ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ラブコメ、人妻、おっぱい
・構成 : 12話収録(うち「ナマ妻シリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に「侑香さんパターンガバーラフ」、
      加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シオマネキ」センセの「あらわ たわわ」です。

教師「大月さん」、「まゆかさん」
※左:教師「大月さん」、右:「まゆかさん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ連続あった以外は全て短編。
連続話はいちおうオチで繋がったもので、行為がより発展するパターンです。
その他は関連のない短編。
人妻の多く登場するラブコメ話。
ヒロイン設定がためラブ色は薄く。
女性のがよりえっちに傾倒しており、コメディーちっくに流れていました。
明るく軽さのある人妻モノという感じでしょうか。
肉付きよく、皆さんいいおっぱいをしているんですが。
いわゆるパンツ姿も多く、バストに負けない良いお尻具合でした。
えっちで分かり易くで楽しい仕上がりでしたが。
個人的にストーリーはもう一、二歩と頑張って欲しく感じます。

しっかりとした線での作画。
やや黒は強めですが、全体の濃淡・描き込み具合はすっきり寄り。
コマ割りは細かく変化もあり。
枠間ありますが、賑やかさのある原稿となっていました。
メリハリもあり、小さいコマもそう違和感はないのですが。
たまに、ちょっと引っ掛かるようなバランスも見られます。
やや不安定に感じました。
大きく横長な黒目とふっくらとした頬の人物絵。
どこか素朴さもある爽やかな色気で、近所のお姉さん的なヒロインです。
むちむちとしたスタイルがまた魅力的。
表情などはコメディー崩しも含めて自然なもの。
服装などもうひとフェチ感あれば、より刺激的になるかと思います。
↓表紙はカラーの良さが強いため、判断は紹介帯か「ワニマガジン社」さんのサンプルが良いと思います。

 【 収録話 】 12話収録

001:「ひめおと」
マンションの隣に住む「露樹侑香」
仲良くさせてもらっていた「悠人」でしたが、彼女の股間付近から妙な振動音が聞こえ。
どうにも気になってしまうのでした。
メールだった…
というすかしが楽しい。
大人しそうな容姿の「侑香さん」がため、逆に妙なエロス感があり。
公園での展開に繋がっていました。
突然、後ろから声をかけないように(笑)
コート下が大変なこととなっていました。
ただ、その切っ掛けがあまり説得力ないものだったのは非常に残念。
蛇足ではないかなぁ…。
いちおう人妻があーまでしてしまう背景は、もっと深いものだと思います。
なお、カバー裏はどちらも「侑香さん」が描かれていて。
表紙・裏表紙のシチュエーションを彼女がやっているものでした。
当初は「侑香さん」の予定だったのかな。

019:「保育士だって…」
保育士の先輩「美保」さんとのえっち。
採用初日の「隆」は子供らに翻弄されただけでなく、うっかり彼女のバストを目撃してしまい。
子供らの前でガチガチにしてしまったのでした。
あれはなかなか恥ずかしい。
ただ、さすが「美保さん」はベテラン保育士で、見事に子供らを誤魔化していました
大人しそうな容姿でしたが、なかなかの肉食っぷりで。
特別研修という名目で、彼を味わっていました。
採用前からその目的だったというのが凄い。
体力もつようガンバレ。

露樹侑香、書店の奥様「本田美里」
※左:露樹侑香、右:書店の奥様「本田美里」

037:「はじめてのひとづま」
お隣に住む「大沢」さんのえっち話にあてられた「雪野」
単独行為をしていたところ、訪ねてきた宅配業者にうっかりそのままの姿で応対してしまい。
また、隣の息子「アキラ」とも鉢合わせてしまったのでした。
切っ掛けは「アキラくん」がトイレ借りに飛び込んできたためですが。
まぁ、隣とはいえあの勢いで訪ねては駄目よ。
彼の変化を察して、えっち誘う流れ。
奥手そうな「雪野さん」でしたが、スタイルは良く。
また自信もあるようで、自らおっぱいアピールをしていました。
本当にやっちゃった…っ
という反応が楽しい。
あんがい、最初はそんな感じかもしれませんね。
前フリからのオチが楽しいですが、単独プレイとそれはまた別モノだから減らないと思う。

055:「ヒミツのバイト」
個人経営の小さな書店のオーナーの奥様「本田美里」
店は閑散としており、なぜ複数名のバイトを雇っているのか、疑問に感じていたところ。
「宏太」はある日の出勤でほかバイト男性と「美里」の行為を目撃してしまうのでした。
だいたいそんなお話。
そう、えっち目的なのですが。
実は、こちらのエピソードには重要なもう1つの秘密があるのです。
どんなんかは内緒。
狭いレジ内での攻防戦に注目。
いいおっぱいでした。

071:「WWIFE」
マンションの両隣に住む双子人妻「エリ」・「リエ」とのお話。
Wヒロインですね。
どちらも中央に住む「ヒロ」くんにご執心らしく。
2人して喋り倒した挙句、えっちに発展させていました。
複数です。
あんなんでは逆にどっちがどっちか分からなくなっちゃうよ。

089:「淫香先生」
優秀だったものの、不登校となっていた生徒「菊田」
教師「大月」が彼の家を訪ねてみたところ…その理由を知ることとなるのでした。
香水の匂いプンプンにさせた、ギャルちっくな教師「大月さん」
初登場時のお尻がいい感じでした
まぁ、お尻もそうですが、あんな胸元開けた教師いないわね。
「菊田くん」が不登校になった原因が自分であると知り、えっち仕掛ける展開です。
あー見えて、先生が主導権握れず流されてしまうのは、なんだか意外。
ただ、下着はもう少し普通っぽいのが良かったなぁ。
教頭とのやり取りが楽しく、ほかシチュエーションが見たいです。
たぶん、なんのかんの偶然に評価上がる人ではないかしら、と。

107:「ナマ菓子の味」
125:「ナマ妻の味」
お菓子作りを趣味としていた「まゆか」
旦那が甘いものを苦手としていたので、お隣の「優弥」にあげていたのでした。
ある日、新作のケーキで誘われて部屋にお邪魔したところ~という流れが「ナマ菓子の味」
収録では唯一の連続モノです。
エプロンをしていながら、たっぷり巨乳が目立つ「まゆかさん」
たっぷりな黒髪の可愛らしい方です。
なんですが…えらい肉食系
仕掛けたのも彼女からで、主導権もほぼ握ったままでした。
成年漫画でケーキ系だと、舐めプレイがお約束。
話題に出ていた洋菓子教室を始めてからの2話目「ナマ妻の味」
変わらず肉食な「まゆかさん」
こちらは2ページ目からえっち展開です。
しかも縛りプレイです(←彼が縛られるのね)
教室の日であったため、途中で放置プレイみたいになってましたよー。

143:「おねがいされたら…」
「友梨」とひょんな偶然から関係した「俊」
それが忘れられなかった彼は翌日また部屋を訪ねたのでした。
押しまくって正解ってことですかね。
いちおう彼女は人妻なので、やんわり断ったところ、
おっぱい、もう一度見せてもらっていいですか?
そう告げるのが切っ掛けでした。
言ってみるもんですわね
結果的に公園露出みたいな展開となってます。
じわじわエスカレートする様がいい感じでした。
「友梨さん」が可愛らしくて好き。

161:「淫・ザ・ビーチ」
仕事がため旦那の実家に置いて行かれた「優海」
「隆也」は田舎でも知っている人の少ないビーチへとそんな義姉を連れていったのでした。
いわゆる乱交スポットでのエピソード。
ヤル気満々ですね。
ビーチには常連「カオリ」ちゃんもおり、彼女も巻き込んでの複数展開。
「優海さん」の服装が適度な露出具合で魅力的でした。

173:「はめワザ」
ゲーム好きな「真由香」と「壮太」のカップル。
収録では唯一の眼鏡ヒロインです。
元同じ部活の先輩・後輩という関係。
現在の「壮太くん」は彼女のマンションへ頻繁に通っており。
だいぶ無防備な恰好で出迎えていたので、かなり信頼されている様子。
ただ、えっちについては本編が初らしく、「真由香さん」はどぎまぎする彼を楽しんでいるようでした
最中でもゲームをしようとする様が楽しい。
最後のギリギリで眼鏡オフとなるんですが…「真由香さん」は眼鏡あるほうがいいなぁ。

真由香さん
※真由香さん

191:「恥ずかしガール」
ひょんな切っ掛けで極度な恥ずかしがり屋の「森ハスミ」と親しくなった「吉岡」
しかし、教室で会話をした彼女は限界となって倒れてしまい。
保健室へと連れていったのでした。
そんな流れでの保健室えっち。
彼女の意外な姿を見ることとなる回想シーンがいいですね。
一瞬スカート下に入れてるのかと勘違いしましたが。
犬が可愛いです
恥ずかしがりですが魅力的なバストの持ち主で。
目前で寝る「ハスミちゃん」の胸をうっかり触ってしまうのが切っ掛け。
恥を克服とかなんとか言ってました。
場所はいちおう普通の時間での学校だし、本当ならバレて大変なこととなるだろうなぁ。
今後「ハスミちゃん」には良い学生生活となりそうね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「シオマネキ」センセでした。
こちらのブログでは「突発性淫行症候群」、「公然ワイセツ彼女」、「少女から娼女へ…」などを紹介していました。
こちらが6冊目くらいでしょうか。
平仮名のタイトルが目立っていました。
擬音みたいですよね。
そんなんに合致した、人妻モノのが良かったです。
エロ過ぎない容姿が素敵。
また、教師「大月さん」は設定をもう少し確定させれば連続話でも行けそうに思いました。
なんのかんのエロスで問題解決する(…で、誤解した周囲が評価を上げる)、みたいな。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■おしかけっ!マイハニー (しのぎ鋭介)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち
・構成 : 短編×5話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しのぎ鋭介(しのぎ・えいすけ)」センセの「おしかけっ!マイハニー」です。

新妻菜々美
※新妻菜々美

 【 構成・絵柄 】

漫画は1冊丸々の長編。
カチッとしたストーリーでなかったものの、繋がりはそこそこあるものでした。
あとがきによると、もともと短編で描いていたものをシリーズ化した様子。
深く、凝ったものではありません。
紹介の文言では、”圧倒的嫁キャラ”と書かれていました。
お世話好きな彼女とのラブコメ話、という仕上がりです。
甘いですよー
特に極端な描写は無く、サクサク読み進められました。

柔らかな線での作画。
全体の色づきはそこそこで、淡い具合です。
描き込みはすっきり気味。
コマ割りは中くらいで大きめ、1ページでだいたい2、3段。
原稿は良くも悪くもサッパリとしています。
背景や小物などはキャラ絵と合ってました。
引き絵なども違和感なく、適度なメリハリ。
そうした作画がため、漫画もどこか淡々とした空気です。
個人的には、コマ内配置とかアクション描写で引っ掛かるところがありました。
キャラ絵はふっくら縦長で目も大きく、漫画らしい可愛さあるもの。
適度なむちむち具合で健康的な肉付きです
振り切れ過ぎことなく、優れたバランス感覚。
癖はありますが、あまり人は選ばないと思います。
判断については、カラー絵ほかカット絵のある裏表紙が良いでしょう。

 【 収録話 】 5話収録

003:「おしかけっ!マイハニー」
047:「なりゆきっ!ハネムーン」
085:「ないしょでっ!ツインズ」
133:「いきなりっ!ユアマザー」
161:「おねだりっ!マイハニー」
目つき鋭く、悪い人相がためよく誤解される「平和田優平(ひらわだ・ゆうへい)」
ある日、電車内でチカンされていた「新妻菜々美」を発見。
どうしたものかと見ていたところ、その加害者が彼に睨まれていると勘違い。
結果、彼女の危機を救ったんですが…報復とばかりに、階段から蹴り飛ばされ、骨折してしまったのでした。
それを知った「菜々美」は、お詫びとばかりに彼の身の回りの世話を始めたのです。
大雑把にはそんな導入部。

同級生とのラブい日々を描いた、長編漫画。
主人公「優平くん」はその顔がため誤解され易いという設定で、損することのが多かったんですが。
ヒロイン「菜々美ちゃん」に会ってから、何かと日常は好転していくのでした。
ただし、不幸体質はさして変わることなく。
本編でも、色々な災難にあっています。
まぁ、よく怪我してましたよ。
本人は無意識ながら、そんな感じでとかく手がかかるため…女子力の高い彼女には変な話ですが付き合い甲斐ある男性
また、そもそも「菜々美ちゃん」が世話好きだと思われるので、相性はピッタリ。
短期間でも急速に関係が深まっていったのは、それも要因の1つでしょう。
漫画では他ヒロインらも登場。
献身的な彼女がいつつも、そうした皆ともちゃっかり関係をしてしまうのは成年漫画ですよねー。
個人的には「菜々美ちゃん」と徹底的に色々なプレイをしてほしかったですが。

母「新妻留々子」、「香穂」・「香奈」
※左:母「新妻留々子」、右:「香穂」・「香奈」

そんな訳で表題タイトルの冒頭話「おしかけっ!マイハニー」
”どう見ても1人や2人殺してそう”
そんな噂を、男子からされていた「優平くん」
打ち解けてないですね。
「菜々美ちゃん」とは同級生なので、彼も武仁学園の2年生。
次の2話目が夏風景なのでこちらが春頃だとすると、クラス替えしてスグ頃なのかな。
そうしたらあり得るか。
不良だという噂もあり、彼もまた器用なタイプに見えないので…誤解は解けてないままかも。
チカンしていたサラリーマンより階段で蹴り落とされた彼。
そのため、左手は包帯で固定、右手は指すら見えず、吊った状態。
まったく手は使えなく、お世話し易い切っ掛けとなっていました。
女の子がお弁当作ってくれる、というのは男子にとってたまらないシチュエーション。
ありゃ、たとえ嫌いな相手だとしても好きになるわね。
また「菜々美ちゃん」は徹底しており、家に押しかけて夕食の準備・食べる手伝いまでしています。
料理は得意そうだし、そんなん好きなんだろうなぁ。
さらに「優平くん」は父子家庭らしく、ますます「菜々美ちゃん」がお世話し易い環境が整っていたのでした。

話の流れから、お風呂にまでやってくる「菜々美ちゃん」
この時点で、彼女は全裸にタオル1枚だけという恰好なんですが…うーん、まだ水着を着ていても良かったかなぁ。
あの年代の男子にとって、間近な水着というんでも、十分な刺激だと思います。
耐えられなくなっての独りプレイは、成年漫画らしく彼女にガッチリ目撃されてしまうんですが。
次の日もちゃんと家までやってくる「菜々美ちゃん」
いい娘だ。
ちょっと照れたような表情がキュートです
…で、この際もお風呂でお手伝いとなるんですが、ここでタオル1枚だけという方がよりインパクトあったのではないかなぁ。
そんなんが続き、結果的にお風呂えっちとなっていました。
キチンと打ち明けていた「優平くん」は偉い。

2話目「なりゆきっ!ハネムーン」はえっち後の2人。
タイトルそんなんがためか、気が早いですけどトビラ絵はウェディングドレス姿の「菜々美ちゃん」でした。
彼女から海に誘われた「優平くん」
今回はその人相の悪さがため、2人きりで海へ出掛けることとなっていました。
「菜々美ちゃん」ノリノリで、それこそ”ハネムーン”とか言っており。
ここまでは実に願ったり叶ったりの展開。
ビキニ(下はパレオというのはなんだかリアル)でしたよ。
海で揉めるくだりはなかなか楽しい。
そうしたゴタゴタがため、穴場という離れ島へ行くこととしたんですが…ちょっとした不幸が重なり、遭難してしまったのでした。
ここでも怪我している「優平くん」
そんなんとか展開とか、いかにも漫画だねぇ。
ただ、それをトリガーに彼女のパレオを外させることとなってます。
浜辺でのえっち展開。
オチはまたいかにも漫画ちっくなものでしたよ。

「ないしょでっ!ツインズ」は夏休み後半。
「菜々美ちゃん」の祖母が暮らす田舎へと行く2人なのでした。
仲良いなぁ。
例によって出会い頭は誤解から。
まぁ、儀式みたいなもんですわね(笑)
彼女の案内で水辺へと来た2人。
成年漫画で田舎・水辺と並べば…当然ながらえっち展開。
泳いでみます?
そう言った「菜々美ちゃん」はあっさり下着姿となっていました。
布面積は似たようなものですが、やっぱり前回の水着とはビジュアル違ってエロい
また目前で脱ぎ出してあーなったら、ただ普通に遊ぶって感じにはならないだろうなぁ。
「優平くん」いいなー。
なお、タイトルそのまま祖母の家には双子の姉妹「香奈」・「香穂」がおり。
覗き見ていた2人が、彼に迫る展開。
おそらく、普通であればなんのかんの退けられると思うんですが。
とあるトラブル(笑)がため、彼女らに抵抗できぬまま流されてしまうのでした。
わかった、内緒にしておく!
そんな台詞が楽しい。
まぁ、これ成年漫画ですからね。

詳細は伏せますが、とある事故で再び入院してる「優平くん」
お世話のしがいあり過ぎです!
そんな台詞を「菜々美ちゃん」に言われてました。
夏休み終了後は「菜々美ちゃん」家に帰ってしまうので、その間を母「留々子」がお世話することとなったのです。
そんなんが「いきなりっ!ユアマザー」
姉妹でも通用しそうなほどに若い容姿の「留々子さん」
(※実際、そんな発言もしている)
また、娘の相手に向かって、
母である前にオ・ン・ナよ
とか言っており、気もかなり若い様子。
いきなりそんな宣言されても、どうリアクションすれば良いのか…。
はっちゃけ母に、実の娘「菜々美ちゃん」もやや困り顔でした。
トイレのお世話で、男性自身を見た際の「なるほど」が楽しい。
身体を拭くくだりでは、明らかに余計な行動をしていましたが、その後ナース服を着てきた「留々子さん」はついにえっち仕掛けるのでした。
ただ、そこは年上女性。
なかなか意地悪いのが嫌らしい。
浮気とかなんとか言われてましたが、それはアンタもだよ。
次2人きりになるタイミングがなんだか恐ろしいですね。

水着の「菜々美ちゃん」
※水着の「菜々美ちゃん」

これが済んだらお風呂にしましょうか
とかなんとか、すっかり慣れたお風呂えっちから始まる最終話「おねだりっ!マイハニー」
いままで彼女のペースで進行していたので、ひと立ち止りするようなお話。
まぁ、「菜々美ちゃん」は最初から極端だからなぁ。
彼女にひと呼吸置かせるためにも、こんなんは必要なくだりだったと思います。
結局、名前は書かれなかったものの、またまた新キャラ登場。
今回のお話の切っ掛けになるんですが。
あるいは、”他世界の「優平くん」の可能性”みたいな感じ。
顔とは裏腹に結構彼は優しいので、そのうち彼女できそうですよね。
漫画では微妙でしたが、クラスにも時間と共に馴染んでいくでしょう。
ちなみに、こちらでは「優平くん」また大変な怪我をしており、それがお話のポイントになっていました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「しのぎ鋭介」センセでした。
ざっと検索したところ、5冊目でいいのかな。
こちらのブログでは「シスプレ」、「委員長の恋人」、「揺れる濡れる」、「少女のいろは」という4冊を紹介していました。
今回は1冊まるまるのラブコメ長編。
せっかくヒロインが強いので、個人的には双子、母親はいなくてもいいかなー、って気がしました。
最終話のキャラも、あのまま終わりというのはやや勿体ない気がしました。
次回は学園モノとのことだったので、そちらも期待しております。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ サラリーマン

■愛玩ビュッフェ (柴七世)

★まんがデーター [11.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●◎○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、コスプレ
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、12話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏にラフ絵、カラー描き下ろし「誘う花」、
      加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「柴七世(しばななせい)」センセの「愛玩ビュッフェ」です。

バイト「あおい」、香奈ちゃん
※左:バイト「あおい」、右:香奈ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろしは収録話のえっち部分を抜き出しカラー原稿としたもの。
雰囲気はありそうでしたが、連続とかゲスト的なものありませんでした。
純粋に短編群となさています。
だいたいはラブコメっぽく、明るさあるえっち話。
一部ブラック気味のものもありました。
とかく皆さん良いおっぱい具合なのが特徴
また明確にコスプレではなかったものの、スクール水着とか猫耳などそれっぽいコスチュームでのえっちは多めでい。
概ね問題ないとは思いますが。
個人的に、お話はやや理解し辛いのもありました。

強い線での作画。
デジタルな色彩ながら濃い目で、全体の色づきもしっかり。
描き込みは適度なくらいですが、どちらかというとスッキリ気味。
コマ割りは変化少なく、おおむね枠間が確保されていました。
原稿時期は14年から16年。
加筆修正もされているようですが、各話に差がそれなりにありました。
昔のがすっきりとしてますね。
幅広な輪郭で縦横に大きい目の人物絵。
漫画らしい可愛さあるものです。
スタイルは細身ながら、まるまるとしたバストが特徴的でした。
漫画表現と引き絵に弱さあり、背景や小物も微妙。
人物絵が悪くないだけ、ややもったいない印象です。
カラーですが↓表紙がごく近かったので、判断についてはそちらがオススメ。

 【 収録話 】 12話収録

003:「誘う花」 カラー絵きおろし
えっちシーンを抜き出したカラー原稿部分が描き下ろし。
裏表紙のヒロインなのですが…彩色での差があって、逆にマイナスな印象です。
「友加里」をお祭りデートに誘った「健太」
しかし、待ち合わせには彼女が誘ったらしい姉「美穂」もついて来ていたのでした。
そのマイペースさは花火中でも変わらず、周囲の状況に共に気付いた「美穂」といい雰囲気になってしまい…というもの。
浴衣えっちですね。
成年漫画で祭りであれば、野外プレイがセオリー。
こちらもそんなんです。
切っ掛けは花火がよく見えるというスポットへ行ったところ、周囲の茂みから妙な声が聞こえてきたというもの。
まだ3人の時にああした行動はかなり大胆だと思いましたが…オチにて驚くべき事実が判明していました。
そうなのかー
「友加里ちゃん」があんな感じなのも、そう育てられたんでしょうね。

姉「美穂さん」、風紀委員「深山凛」
※左:姉「美穂さん」、右:風紀委員「深山凛」

025:「ろくでなしRHAPSODY」
生徒・教師のどちらからも恐れ・避けられていた「鬼塚エリ」
転任した主人公は初日張り切っていたひともあり、目について彼女を叱ったところ生徒指導に祭り上げられてしまったのです。
その一方、当人「エリ」からは妙に懐かれてしまい、部屋にまで顔を出すようになっていたのでした。
可愛くていいじゃない。
そのままであれば、熱血教師と生徒のお話になりそうだったんですが。
教師の主人公がオモロイ趣味をもっており、コメディー要素も強くなっていました。
まぁ、「エリちゃん」からしてみれば、いい切っ掛けになっていたと思います。

043:「風紀を守れ!深山凛」
どこからともなく現れる風紀委員「深山凛」
彼女にまたエロ漫画雑誌を取り上げられてしまった「小柳」は掲載漫画家「タンポン定食」の魅力を語ることで取り戻そうと考えたのですが。
委員の教室で彼女はこっそりその漫画を読んでいたのです。
同好の士だったんですね。
凌辱メインの作家さんとのことで、「深山さん」は彼の言葉を曲解しておりました。
成年漫画脳ですよ。
女の子がそんなんというのは…いいものですね
彼女の台詞もそうした感じで、「小柳くん」とは相性良さそうでした。
オチがあんな感じだったので、まだ続くかも。

061:「佳織のスク水大作戦!」
海へと出かけた仲良し4人組。
性癖がロリに傾倒していた「タケシ」を更生させるべく、スクール水着を着ていた「佳織」
「由依」・「健吾」のえっちを目撃した2人は、「タケシ」から意外な台詞を聞かされたのでした。
なかば告白みたいなもんですね。
男女2人づつの4人で、順当に2組のカップルが出来て幸せ
浜辺えっちになっています。
彼を惑わしただけあって、「佳織ちゃん」は良いおっぱいでした。

079:「昼下がりの若妻」
前から目を付けていた人妻「井上麻美子」と関係することに成功した配達員「田中」
以後何度か通っていたのですが、彼女からこの関係を止めたいと申し出てきたのです。
よろめき人妻漫画ですね。
あーは言ったものの…という流れ。
ああした強引な手段取るだけあって、「田中くん」は流石よく分かってらっしゃる。
完全に彼の手の平の上という感じでした。

097:「ポーカー・フェイス☆あおい」
喫茶店のバイト「あおい」は可愛いものの、あまり表情変化しない女の子。
よく食器を割っていたので、冗談で”次やったらオシオキ”なんて話をしていたところ。
その直後にまた割った彼女は、自らオシオキを志願してきたのでした。
露出大きいメイド服みたいなコスチュームが可愛い。
客の忘れ物であるリモコンローターを使ってのおしおきプレイです。
仕事最中はまったく変化なかった彼女が、実は~という流れ。
漫画ではなかったですが、業務後の彼女を見る限りでは…実際のところちょこっとでもピクっとか反応していると思われ
流れは変わっちゃいますが、そんな様を見たかったですね。
「あおいちゃん」が可愛くて好き。

113:「夏希の夜の夢」
昔馴染みのお姉ちゃん的存在「夏希」とのえっち話。
主人公「直哉くん」は霊感あるとのことで、オチがあるのかなーって見ていましたが。
オチなくストレートだったのは、逆に意外。
そしたら、「夏希さん」は深夜の学校プールで何やってたの?
描かれていた彼女の性格から。
「翔太」くんを利用して彼を誘ったとも考えられますが、特に言及なかったですね。

129:「教えて香奈先生」
成績低下し続けていた「賢二」
それを見かねた母親は、隣の優等生「香奈」に家庭教師を依頼したのでした。
ロリっとした雰囲気の彼女ですが、
全科目オール5以外とったことないわ
とかなんとか、かなり優秀な様子。
学年は下のようでしたが、少なくとも彼より勉強できるのでしょう。
そんな鼻高々な彼女に、エロ知識をふっかける流れ。
成年漫画なので当然な流れではありますが…年下相手にそんなんか(笑)
ツーサイドアップの髪型と八重歯がロリっとキュートな「香奈ちゃん」
そのままえっちしてしまうのでした。
オチを見る限り、えっち知識もそのうち彼の及ばぬところまでいってしまいそう。

147:「ありのままの女教師春香」
前回と違い、こちらの「竹下春香」は実際の教師で日本史担当。
生徒から人気な彼女とそっくりなネット画像を手に入れた「笹見」は相談と称してその画像を見せてみたのでした。
まぁ、仮にも教師が。
あんな特徴的な位置のホクロそのままに、ネットに裸体をさらしているのだから…何らか思惑あって不思議ではないですわね。
「笹見くん」は学年トップの成績なようでしたが…やや思慮足りないかな。
(※逆にそれがためかも)
オチはちょっと恐怖を感じるものとなっていました。

165:「百恵の下半身・カルテ」
昔馴染みの近所のお姉ちゃん「高峰百恵」と入院した病院で再会した「ゆうじ」
夜遅くの病室にやってきた彼女に、別れ際に約束したことをお願いするのでした。
成年漫画とはいえ…あんなエロいナース服はないでしょ
いやらしい目で見過ぎじゃない?
とか言ってましたが、そうなるのが当然。
年下なので、この場面はあれで正解だと思います。
ちょっと顔を見せていた眼鏡の「音無」さんが気になりました。
彼女もなにげにいいおっぱいですね。

183:「とろけるまんごぉ」
八百屋の店番を頼まれた「秀幸」とバイト「紗枝」のお話。
うっかり最高級マンゴーを駄目にしてしまった「紗枝」
彼に言われるままえっちな事をさせられてしまうのでした。
口ではあーでしたが、実際好意はあったようなので…いい切っ掛けだと思います。
ただ、あのオチは分からんでもないですが、唐突感あり。
商品にならなくなったマンゴーの顛末について描くべきでは。

奈留ちゃん
※奈留ちゃん

199:「ねことなる」
猫「コハル」と仲良くなりたい「奈留」
飼い主「聡一」から”猫の気持ちになることが重要なんじゃないか”と言われて猫マネをしてみることとなったのです。
猫耳を装着し、彼とじゃれたりしていましたが…。
ダメ元で、という案に「奈留ちゃん」が応じたため、えっち発展しています。
まぁ、年頃の男女なので、逆にこんなんが健全か。
猫耳プレイとなってます。
最新ではないものの、個人的に絵としてはこのくらいが一番好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「柴七世」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
見掛けた↓表紙ではなく、裏表紙に釣り上げられました。
定番ですが、やっぱりいいもんですよね。
そちらほか、良かった部分もあちこちにあったんですが…。
全体的にはもう一歩、二歩という感じ。
個人的にはオチが特に合わなかったです。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー コスプレ スクール水着 ツーサイドアップ

■おにれんぼ (さいこ)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 学園、ゲーム、強引
・構成 : 8話収録(うち「おにれんぼ」×4、「弁護士ママ」×2)
・おまけ: あとがき漫画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さいこ」センセの「おにれんぼ」です。

柔道部「北川さん」
※柔道部「北川さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作と前後編、短編という構成。
表題作は4話ほどの連続話なのですが、W主人公でおそらく同時刻での別場面が2話づつ分割で描かれていました。
詳しくは後述しますが、描写とかなんとか諸々が実に適度なくらいでまとまっていて。
さすが、メイン漫画という感じです。
個人的には1冊まるまるだと勘違いしていたので、4話だけなのは残念さがありました。
それ以外はストーリー性弱く、強引な展開のもの。
きっちり人を選ぶ漫画なので、得意でない方は気を付けて
まぁ、そうした方はタイトルとか↓表紙の段階で手は出さないと思いますが。
表題作はそうハード描写ないため、あるいは逆に物足りなさを感じるかもしれません。

さらりとした線での作画。
濃淡具合はそう濃くなく、全体の色づきもスッキリ傾向です。
カバーはイラストはコッテリとしたものだったので、意外な白さでした。
描き込みもどちらかというとあっさり目。
収録話は概ねそうした傾向で、あまり差はないものでしたが。
巻末収録の1話だけ、段違いに黒く濃い原稿となっていました。
ある程度漫画っぽさもありますが、人物絵はリアル寄り。
ただし、男子は崩れること多く気になりました。
また、乱れはともかくバランス悪い箇所がちらほらあります。
良いコマもあるので、もう少し丁寧さがあればより良かったのですが。
↓表紙・裏表紙は濃い目なカラーで、白黒絵より良いもの。
判断はある程度で考えるのが良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

005:「おにれんぼ」 4話
たいくつな学園生活を過ごしていた「川野一樹」と「金子澤健二」
そんな2人に、見知らぬ男子「奥森」が声を掛けてきたのです。
人生ヒマしてんなら、おもしれぇゲーム参加してみねぇっスか!?
そう誘われたのでした。
怪しさを感じつつも、”学園女子とヤリまくり”との言葉に2人は参加を決意。
夜の学園へと足を運んだのでした。
ごく簡単にはそんな導入部。

幼馴染み「真緒さん」、平田さん
※左:幼馴染み「真緒さん」、右:平田さん

いわゆる「鬼ごっこ」で、捕まえた女性を自由にできるというもの。
なにゆえこんなゲームが学園で行われているのか。
女生徒らはなぜ参加しているのか。
声を掛けてきた「奥森」の正体は。
…など、一連の疑問はほぼすっとばかしていて。
漫画はそのゲーム自体を描いておりました。
(※いちおう、参加女子は”イイ稼ぎ”になっている様子でしたが)
4話のうち前半が「一樹くん」、後半が「健二くん」のそれぞれ状況となっています。
彼ら、参加後は完全に別行動なんですね。
1、2話担当の「一樹くん」は無料のお試し後に参加費を支払っていて、なんというかノーマル(っぽい)ストーリーなのですが。
3、4話担当「健二くん」は、だいたいの説明がされたこともあってか、特殊ルート。
手持ちが足りなくて、参加費を満額支払えなかったんですね。
できれば、もう1話くらい追加して、あの夜が明けた次の日の学園風景を見てみたい気もしましたが。
(※あとがき漫画でちらと伺い知ることできますが)

お試しの20分で学園内を捜索する「一樹くん」
彼が教室で最初に発見したのは、”クラス一番人気”と言われる「平田」さんでした。
冒頭でも2コマ姿を見せていますね。
人気と言われるだけあって可愛く、性格も普通(←はっちゃけた女子多めなのです)
当初はドッキリかも、とか不安たっぷりな彼でしたが、正式参加を決意させる切っ掛けとなっていました。
そう考えると…「平田さん」はそうした餌的な役目だったのかもしれませんね。
ルールが提示されての2話目。
普段とは異なる学園風景が描かれていました。
次に発見したのが、眼鏡女子「水原裕子」さん。
地味目ですが、学生らしく可愛らしい娘でした。
彼女はあとがき漫画にてオチにもなっていたので、お楽しみに。
故あって、次に捕らえたのは幼馴染み「真緒」さん。
ショートカットで気の強い女子でした。
ゲーム内での登場とか、いかにもという感じ。
冒頭・オチでのやり取りを見る限り、「真緒さん」にとっては彼で良かったんだろうなぁ。

そんな感じで正しい(?)っぽいルートを選択できた「一樹くん」に対し。
3話からの主人公「健二くん」は参加費の半額すら支払えず、”エクストラコース”に参加することとなるのでした。
本来のA~C棟ではなく、D棟のみが範囲となっているんですが。
なるほど、金額安い理由がよく分かりました。
詳しくは内緒
そんな訳で、彼は捕まえるではなく、”捕まった”というのが正解。
重量級という柔道部の巨漢女子「北川」さんです。
漫画なので、だいぶ可愛らしいく描かれていますが…実際はもっと過酷だろうなぁ。
えっちする、ではなくされてしまうパターンでした。
ああした流れがため、まさか後半があーなるとは結構意外でした。
また、こうした決して美形とは言い難い女子との行為で2話も割いたセンセ、編集さんは凄い

いちおうゲームというルール内でのやり取りで、そう黒々しくはなく。
まだ、描かれていない部分とか、シチュエーションなども多いと思われ…。
この4話で終わらせてしまうのは勿体ないエピソードだと思います
タイトルの文言も怪しく・妖しく、良いパンチ具合でした。

113:「弁護士ママ」 前後編
弁護士の母をもつ「英一」
友人「成宮」・「小林」・「酒井」らと遊んでいたところにちょうど帰宅した彼女は予習をしていなかった彼を叱るだけでなく。
友人らに対し、「レベルの低い人間」などと暴言を浴びせたのでした。
そんな態度に腹を立てた3名は…というもの。
彼らの行為自体は、決して良いものではないのですが。
切っ掛けとなった彼女の言葉はだいぶ汚く挑発的なもので、あれは自業自得
弁護士なのに。
後編はそうした中、塾から呼び戻した「英一くん」を目前としたプレイとなっています。

ちなみに。
タイトルぱっと見で、一瞬「このどんと」センセかと勘違いしてしまいました(笑)
ただ、よくよく見ると「士」と「マ」だけですわね。

弁護士の母、「かえり道」のヒロイン
※左:弁護士の母、右:「かえり道」のヒロイン

163:「おかし隊」
キャバクラ勤務の女性が帰りの電車にて襲われるお話。
ただ、それだけなのですが。
何も喋らないまま近づいて来る男性、まるで反応しない周囲など、そうした無機質さが妙な恐怖となっていました。
恐ろしいですね
後半は普通に台詞があり、単なる強引な複数プレイになってしまうんですが。
これならば、最後まで何も喋らぬままのが良かったように思います。
特にあれだけ空いてる車内で、目前に立たれるのは…おっかないよ。
まぁ、「店の恰好のまま出ちゃった」という彼女もだいぶ露出過多な服装でしたけどね。
せめて何か羽織りなさいよ。

185:「かえり道」
夜道で襲われていた女性を助けた主人公。
よく見ると、勤務する学校の生徒であり。
分厚い眼鏡で普段は隠されていた素顔は可愛らしく、また彼女は半裸なままで。
眼鏡がないと何も見えなくて…
そうした発言と、ちょぅどマスクをしていたことをチャンスだと感じ~という、ミイラ取りがミイラ状態なお話。
ストーリーの流れがためか、夜道という設定がためか、他エピソードと違い黒々しい原稿です。
単に原稿時期が違うためかな。
描写もハードなもので、かなりパンチある仕上がりでした。
カバーの雰囲気とも合ってます。
ラストまで救いなく、そのまま一直線なお話なのですが。
”見えない”と言ってもぼんやりは分かるのだし、彼普通に声をだしていたので…たぶん正体はすぐ判明しちゃうと思います。
せめて彼の未来が不幸なものとなればいいな。

 【 その他 】

以上、本日は「さいこ」センセでした。
こちらが4冊目くらいだと思います。
ひでるさんは今回が初見。
前述した表題の響きと↓表紙に釣り上げられました。
あのコッテリ色彩が良かったので。
ただ、白黒原稿の白さにはちょっと驚きましたが。
見易くていいんですけどね。
漫画とも合っていました。
できれば表題なネタ1本でいってほしいなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ショートカット

■なんでここに先生が!? (蘇募ロウ)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、女教師、ハプニング
・構成 : 11話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、折り返しにコメント、おしえて児島先生!!、
      カバー裏にリンク絵、描き下ろし「課外授業 実習」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蘇募ロウ(そぼ・ろう)」センセの「なんでここに先生が!?」です。

ヒロイン特集1:さすが鬼の児嶋だよ!
※ヒロイン特集1:さすが鬼の児嶋だよ!

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編漫画。
後日談となる描き下ろしを含めて、11話の連続モノとなっていました。
もともとは単発読み切りだったものが、好評により連載になった様子。
漫画もそれを反映したストーリーとなっていて。
前半はどこからでも読める単発エピソードなのですが、中盤からはそれを踏まえつつストーリーっぽさも加えられていました。
特に巻数表記はなく、ラストもまとまったものでしたが。
ネットで見たところ「1巻」と書かれていることもあり、あるいはまだ続く可能性あるのかな。
一般のえっち系。
直接行為までは至らず、その直前まで。
”限界に挑んだ”
そんな紹介帯そのままサービスカットは頻繁。
バストトップまでしっかり描かれています。
良いおっぱいでした

強さある線での作画。
描き込み・濃淡具合は適度で、背景などもしっかり描かれています。
バランスに優れ、引き絵やコメディー崩しなどでも違和感ありません。
コマ割りは細かく、枠間は確保されています。
横線の幅は太目ですね。
はみ出しは見かけましたが、全体的には収まりよく。
乱れなく丁寧で見易い原稿具合でした。
人物絵は漫画らしい可愛さあるもの。
むちむちっとしたスタイルで魅力的なバストを描かれていました。
一般えっち系なので、爽やかなお色気となってます。
コメディーちっくな処理など、多少好き嫌いあるかもしれませんが。
基本的には高いレベルでまとまった漫画だと思います
ヤンマガ」のHPにて試し読みがあったので、気になった方はそちらを確認するのが良いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

厳しい指導で色々な噂をもつ国語教師「児嶋加奈」
生徒らには”鬼の児嶋”と呼ばれ、恐れられているのですが。
なぜか主人公「佐藤一郎」とは、頻繁に妙な場所で鉢合わせており。
実際の彼女は天然ドジッ娘で、えっちなハプニングに発展してしまうのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆるラッキースケベな漫画。
その相手が、という冠の恐怖な噂が絶えない女教師というのがポイントになっています。
一般漫画で、良い寸止め要素となっていました。
あれが単に可愛らしいだけの先生だったなら…ああしたシチュエーションで、男子は自制できなくなっちゃうでしょうからね。

ヒロイン特集2:酔っぱらう「児嶋先生」
※ヒロイン特集2:酔っぱらう「児嶋先生」

変な場所で遭遇しているところから開始し、
怖えぇえーっ!!
なんでこの人○○でこんな威圧感だせんの!?
さすが”鬼の児嶋”だよ!!
そうした定番文句にて彼女の武勇譚が語られ。
より「一郎くん」が委縮する中、「児嶋先生」の天然ドジっぷりが炸裂し、エロい方向に発展していくというのがお約束
2人の意外な関係ほか、とある人物の思惑が見え隠れする中盤あたりから、それが徐々に崩されつつラストへ向かう流れとなっていました。
途中から連載に切り替えたとのことでしたが、実に巧くまとまっていたと思います

読み切り時代らしい1~4話。
ここまでは基本構成に忠実な展開となっています。

初遭遇の1話目は男子トイレの個室にて。
なるほど、この頃は「児嶋先生」あんな顔だったっけ。
リアルには描き慣れたということなのでしょうけど、「一郎くん」の先生像、彼女自身の意識という双方の変化がため、魅力的に見えてくるようになったのかもしれませんね。
(巻末では「成長」の一言で終わらせていましたが)
なにゆえ「児嶋先生」が男子トイレにいたのか、2人して個室に入っていたのか。
①女子トイレが清掃中だった。
②「一郎くん」は落ち着いて用を済ませたかった。
③鍵は壊れていて、開いてしまったが、閉めたら今度は開かなくなってしまった。
といった理由がため。
…似たシチュエーションのお笑いのコントありましたが。
まぁ、普通は2人して入る以前に扉を閉めるものですけどね。
この場面で狼狽えることもなく、威圧できる「児嶋先生」は大したもの。
不良らを黙らせているというのも納得。
(密かに彼らの間ではアイドル扱いされてそう)
オチまでの流れが見事でした。

2話目は修学旅行での男湯にて鉢合わせ。
ウトウトしていた「児嶋先生」は、男女の入れ替わり時間までそのまま過ごしてしまったんですね。
うっかりしてるなぁ。
そんなんあるかいな、とか思いつつネットで検索してみると。
結構間違えて~なんて話がヒットしてしました。
実際にもあるんですね。
前回はトイレでしたが、こちらはより進んで全裸状態。
それでも騒ぐことなく(いちおう)冷静な彼女はやはり凄い
ほか男子らにバレてしまう中盤からが熱い(笑)
なお、彼の意中の相手「アヤ」ちゃんはこちらだけの出演でした。
ちらとでも後半に絡んできても面白かったかも。

3話目は保健室。
サボり目的で保健室へやってきたところ、風邪で休んでいた「児嶋先生」と鉢合わせてしまったのでした。
1、2話目と比べて、遭遇場所としては普通…なのですが
ベッドで寝ていたらしい彼女は上着を脱いでおり、これはまた刺激的。
サボりを誤魔化すべく、彼女の看病をしていた「一郎くん」
病状が悪化してきたので薬を探したところ、座薬しか見つからなかったのでした。
…そんな展開です。
わはは。
これまでも刺激的な姿を見ている彼でしたが、今回はまた別格
まるで成年漫画のようなシチュエーションで楽しい。
一応、彼目隠しで挑むんですけどね。
1話同様、下着は黒色でしたよ。

田舎の母の実家で遭遇するという、4話目。
ここは何かとポイントになっているエピソード。
母親が子守(※「一郎くん」の妹)を頼んだ知り合い、というのが「児嶋先生」だったのです。
キチンとした状態(笑)で2人鉢合わせるのは、これが初めて。
今回は妹がいますがね。
子供らしく、遠慮ない反応をする妹さんが可笑しい。
メインは庭での水遊びです。
実家に学生時代のしかなかったんだ…
そんな「児嶋先生」はビキニの水着姿。
左右紐だったりして、なかなか刺激の強いデザインでした。

あとがきによると、短期連載となったのが5話目から。
下校時に突然夕立となり、雨宿りに立ち寄ったコインランドリーが舞台。
そこには、びしょ濡れになった「児嶋先生」がいたのです。
期待通りに透け透けでした。
詳しくは省略しちゃいますが、服が乾くまで彼の着ていたシャツを借りることとなった「児嶋先生」
下着にシャツ1枚に、なんてお泊りな恰好になっていました。
エロいよ。
雷で鳴ってからがメイン。
上の方にあったブレーカーを肩車で操作しようという展開です。
ブラも外していたらしいことがここで判明。
天然か、よほど信頼されてるのか、おそらくは前者なのでしょう。
かなりバタバタとした展開となっています。

教師モノでよくありがちな図書室での遭遇となる6話目。
見上げパンチラ、はしご堕ちなどのお約束サービスが満載です。
「一郎くん」が放課後の図書室なんぞに顔を出したのは、後輩からラブレターをもらったため。
…意外とモテるのね、とか思っていましたが。
コレが非常に巧くオチへと繋がることとなるのでした
落ちかかった先生を受け止めたことで、実に良い体勢となっています。
前回に続いて、羨ましいタッチ具合でした。

近所のマンションにて鉢合わせる7話目。
引っ越してくる”母親の知人”を手伝うということでしたが。
そう、その知人というのは「児嶋先生」だったのです。
こちらの大半は先生の過去描写。
前半で差し込まれる定番の流れも、変化していました。
えー、ここはポイントとなるお話なので、詳細は伏せておきます。
「一郎くん」の小さい頃は…どことなく今の妹「詩緒」と似てますね。
これまたオチが見事でした。
8話目は「一郎くん」の部屋に「児嶋先生」がやって来たというもの。
親が知り合いとはいえ、本来ならば問題となってしまいそう。
あれくらいの年頃の男子部屋は、危険がいっぱい(笑)
勘弁したってください。
(ただでさえ、彼寸止めばかりなのだから)
定番の流れはまた非常に巧い事コメディー展開となっていました。
とある思惑がため、「児嶋先生」がベロベロに酔っぱらってしまうのがメイン。
普段気を張っているためか、かなり可愛らしくなってしまう彼女を堪能ください。
また、「一郎くん」はよく我慢したと思います。
破裂しちゃうぞ。

ヒロイン特集3:天然ドジな「児嶋先生」
※ヒロイン特集3:天然ドジな「児嶋先生」

9話目は文化祭風景。
おばけ屋敷をやることとなり、その古井戸にて鉢合わせるというシチュエーション。
こちらも定番の流れを使ったコメディーがあります。
「児嶋先生」はミイラ役のようでしたが…全裸に包帯だけという恰好は、怖いというよりエロい。
こんな恰好だとは思わなかったんだ!
そう言ってましたが、提案した生徒は大したものですね。
(※女生徒かな)
これまでのやり取りもあり、ラブコメしてます。
結構なドキドキシチュエーションなのですが、基本設定がためこの難局を乗り越えるという展開がまた見事でした。
ほか生徒らにとって、おそらく普通のお化けなんかよりよほど恐怖の対象でしょうから。

最終の10話は南の島。
ラストなので詳細は伏せておきます。
なお、「児嶋先生」は水着姿なのですが、4話目と同じデザインなのがなんだか嬉しい。
彼女の性格から、水着をいくつも所持していないだろうし、また急ぎだったようだし。
そうした姿で、またはっちゃけ展開となるのでお楽しみに。
ある意味本番行為よりもエロいよ。
ラストがありがちな2人の~でなかったのは、個人的に良かったです。
まだ早いですよね
描き下ろし「課外授業 実習」は一人暮らしを始めた「一郎くん」という後日談。
ラブラブですが…そうか、あんな美味しいシチュエーションでもまだなんだ。
ここは逆に遅いかもしれないよ。
(※後に判明しますが、これは先生の方に問題アリでした。ちゃんと保健体育勉強したほうがよさそうね)
いつもの”ゴゴゴ…”がセオリーと異なる場面で描かれてるのが楽しいです。

これで終わってしまうのが、ちと残念。
ただ、あまり長くしてもワンパターンになってしまうことも考えられ。
前半で基本の流れをカチッと確立し、その後ストーリーちっくにセオリーを崩していくなど全体は絶妙にまとまっていました。
長さは丁度良いくらいなのかもしれませんね

 【 その他 】

以上、本日は「蘇募ロウ」センセでした。
ひでるさんはこちらが初見。
ざっと調べたところ、セールスも好調で重版となっているようです。
おめでとうございます!
店頭でふと見かけた”やわらかおっぱい”という文言に引っ張られて手にしました。
↓表紙はもっとバストを中心にしても良かったかも。
なお、センセは自身のTwitterにて”買うのが恥ずかしいなら裏表紙~”と書かれていましたが。
紹介帯の裏面は↓表紙よりも刺激的なコマが抜き出されていましたよ。
判断には実に良いものでしたが。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー パンチラ バストトップ

■一日奴隷さん (佐伯)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、SM、巨乳
・構成 : カラー(12P)、12話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、4コマ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐伯(さえき)」センセの「一日奴隷さん」です。

罰ゲームの「小橋さん」
※罰ゲームの「小橋さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
カラー原稿のショートも含め、12話での構成となっていました。
プレイで分割されたような前半と、決着に向かう旅館バイトからの後半という感じ。
後半のがよりストーリーちっくになっています。
奴隷、なんてありますが、漫画の基本はラブコメ
タイトルで期待した方は、やや物足りなさを感じるかもしれません。
(※あとがきによると、ダーク路線の可能性もあったみたい)
基本的には、楽しく読めるラブコメ話という感覚のが正しいかと思います。
特に前半は強いコメディー要素がありました。
シリアスさあるラスト付近とは空気感からして異なってますね。
プレイはラブコメ的でないため、そのあたりが許容できるかどうかが鍵でしょう。
個人的な感覚ですが、はっちゃけ感はあったものの、そう露骨な描写はなく
ソフト目なので、間口の広さはありましたが、それ故に好き嫌いも出てくると思います。
読める漫画でもあり、そうしたのが好みな方にもオススメ。

”期間が長い”とセンセがよく書かれていました。
原稿の雰囲気は、確かに差が感じられるものです。
双方見比べると歴然なのですが。
もともとお上手で、過去原稿の雰囲気はあれはアレで良いものがあり…。
そう気にはならないと思います。
(前述したように漫画のテンションにも差があるので)
スッキリとした線での作画。
描き込みゆ全体の色づきは適度で、濃淡はやや淡いもの。
コマ割りは細かく変化もありましたが、丁寧で白比率もあり。
またメリハリ具合も適度にあるため、原稿は見易い印象でした。
判断については、どっちかと言うと裏表紙のが近いと思います。
白黒絵のが良い雰囲気なので、いくらかプラス判定でどうぞ。

 【 収録話 】 12話収録

大学のゲー研サークルでの麻雀対決には、
”負けた方が1日相手の奴隷になる”
…という罰ゲームのルールがあり。
「西森巧」の国士に振り込んでしまった「小橋伊織」は、ドSな彼の1日奴隷となったのです。
振り込みマシーンと称される彼女は、しばしば彼の奴隷を担当することとなり。
いつしか、そのプレイに馴染んでしまうのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

SMなプレイなどもあるラブコメ長編。
ドSな「西森くん」と、じわじわM気質を開花させていく”奴隷さん”こと「小橋さん」のラブストーリーですね。
やや振り切れたプレイあったものの、お話は読み易く仕上がっており。
タイトルや↓表紙で構える方もいるでしょうが、間口は広めだと思います

005:「はんせい奴隷さん」 カラー原稿 
冒頭話はカラー6ページのショートもの。
漫画ネタの基本展開おさらい、みたいな分かり易いもの。
既に2人の関係は出来上がっており、時系列的では収録話の後半頃だと思います。
制服みたいな服装の「小橋さん」がキュート。
”反省中”の看板持ち上げる冒頭のくだりが好き。

小橋伊織
※小橋伊織

011:「いちにち奴隷さん」
こちらがサブタイトルそのまま、続くストーリーでの冒頭話です。
既に2人はサークルに所属していて、いきなり「小橋さん」が麻雀勝負で負ける場面から。
(※あんな役を狙っていた「西森くん」は強いというよりちょっと異常)
しかも奴隷って一体何をさせられるやら…
そんな反応もあり、どうやら奴隷体験も初のことのようでした。
メイド服での家事労働ですね。
アイスを食べさせる場面では、当初の「小橋さん」の気持ちが垣間見えています。
そんなんがため、後半の展開になるのでしょう。
(それでも2、3回ほど肩透かしされているのが楽しい)

029:「おしおき奴隷さん」
冒頭は既にプレイ中。
スクール水着にコート、マフラーという恰好で買い出しさせられていました。
(※ちなみにアイテムも装備)
先輩「青山」に会うのは、その買い物中。
傍から見れば、まさかそんななっているとは気付きませんわね。
巨乳でのスクール水着姿が素敵
結局「青山くん」には事がバレてしまうんですが、理想的な流れとなっています。
いちおうマフラーがボタンに引っ掛かったようではあるものの、胸元パンパンだったのも少なからず要因としてありそう。
えっちは階段踊り場にて。
毎回感じますが、声…響きそうね。
「小橋さん」も”ぽわん”なんて擬音出していましたが、追いかけてくれていたのはなんのかんのラブい部分だと思います。

047:「かいはつ奴隷さん」
065:「おそうじ奴隷さん」
オープニングからはっちゃけているコチラ「かいはつ奴隷さん」
察しの良い方はサブタイトルでピンとくるかもしれません、そう、お尻えっちです。
ただし、前話にて先輩「青山くん」にプレイが露見していたのが幸いし、とある理由にて負けない「小橋さん」が見れます。
…でも3位なんですけどね、彼女。
弱いなぁ
技術ないのか、はたまた某「豊臣くん」のようにひたすら運がないのか。
あるいはどっちもないのかな。
実際、”とある理由”がなくなった際には、キッチリ負けて罰ゲームとなっていました。
律儀に予習をしていたため、プレイはすんなり。
裸エプロン(いちおう水着着用)な「小橋さん」を楽しめます。
オチなど、ああして彼の一挙手一投足にいちいち反応してるあたり、ラブラブですよね。
なお、続く「おそうじ奴隷さん」はそのオチから発展したエピソード。
1話のメイド服が再び登場。
今回はまたしっかり確認できますが、「小橋さん」は凄いおっぱいサイズですね。
特異なやつだからさ
という台詞と共に不穏な展開に。
詳細は伏せておきますが、結末があーで安心。
どうなっちゃうんだろうとハラハラしました。

077:「はらはら奴隷さん」
そんな訳で、こちらのサブタイトルもはらはら(笑)
部室で「小橋さん」が出会ったのは、元部員にして「西森くん」の叔母「向島紗耶」でした。
優しい笑顔の物腰穏やかな女性なのですが。
さすがに彼の血縁とあって、漫画では最強(凶)なキャラクターでした。
まんまと勝負に持ち込まれ、コテンパンにされてしまった「小橋さん」
そんな訳で、こちらは「紗耶さん」が主導となったプレイです。
ノーブラでニットのワンピースを着せられていました。
さらに、途中からトイレを我慢するようになってしまい…と、まさに最悪な状況に
あれは酷い。
ここでも駆け付けた「西森くん」に助けられ、またえっちされていました。
お話でのクライマックス温泉旅館編の切っ掛けにもなっています。

099:「おあずけ奴隷さん」 カラー原稿 4ページ
4ページのカラー原稿で、温泉旅館編での前日譚です。
犬プレイでした
どっちも楽しんではいたようですが。
よくあんなん着るなぁ。

103:「はたらく奴隷さん」
125:「のぞきみ奴隷さん」 前後編
157:「めかくし奴隷さん」
これらがお話のメイン旅館バイト編です。
まずは「はたらく奴隷さん」から。
「はらはら奴隷さん」での件がため、「紗耶さん」の実家旅館にて中居見習いとなってます。
着物姿もよくお似合い。
前半では”仕事はしっかり教えてもらい、へんな事はされず、仕事も難しすぎず甘くなく…”と安心していましたが。
前話同様、単にそれは序の口なだけでした。
割った湯呑みと同じ数で~
とか笑顔な「紗耶さん」がエグい。
仕事最中のアイテムプレイありましたが、こちらのメインは後半の剃毛シーン。
「紗耶さん」との百合プレイに発展しています。
オチが愉快ですね
ちょっと、じゃないでしょ。

前後編での「のぞきみ奴隷さん」はその続き。
なぜか旅館にいた「西森くん」らと再会。
前半での先輩「青山くん」とのやり取りは、ストーリー始まって初と言っても過言ではない、穏やかな時間となっています。
分かり易い反応の「小橋さん」が可愛らしいです。
間近にいたら、なるほどいぢめたくなるかも
タイトル”のぞきみ”とあって、別カップルの行為を覗き見しつつの展開。
前後編もページ数があるため、どんなカップルが出来上がっているか、だいたい察せられると思います。
素晴らしいほどの貧乳っぷりを堪能ください。

叔母「向島紗耶」
※叔母「向島紗耶」

旅館バイト編のラスト「めかくし奴隷さん」
なんだか久しぶりに「西森」・「小橋」カップルでのプレイです。
詳細は伏せますね。
故あって、目隠し・緊縛などなど、ややハード目。
最終話前での、越えるべき山場という感じですかね。
タイトルに引っ張られた方も満足できるだろうものになっていたと思います。
…ただ、あれであっさり流れるほど人は単純ではなく
もう1話続くこととなるのでした。

199:「そつぎょう?奴隷さん」
最終話です。
コメディーで展開してきた漫画ですが、こちらはシリアス。
もろもろ決着する場面ですからね。
いままではあちこち引っかき回す、お騒がせキャラだった「紗耶さん」が年上らしい役回りとなっています。
無論、いままでのテンションは変わらずでしたけどね。
心なしか「西森くん」も格好良く描かれてました
巻末4コマがまた楽しいです。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「佐伯」センセでした。
こちらのブログでは成年系「よわよわ YOWAYOWA」と一般系「BOX! -パンドラデイズ-」を紹介しています。
こちらで5冊目で合ってるのかな。
先の「BOX!」からまたよく見かけるようになり、嬉しいです。
発売は11月30日だったようですが、周辺書店の店頭に見掛けず。
先日ようやくゲットできました。
正直なところ、今回のカバーはイマイチな印象。
特に裏表紙はガチャガチャしているだけで、視点も定まらない感じ。
↓表紙も白黒絵の良さが発揮されていないと思いました。
巨乳は確認できて良いんですけどね。

ちなみに。
単行本の記事を書く際に、センセのブログにお邪魔して吉報を知りました。
おめでとうございます!
ウチと同学年です。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー スクール水着

■魔法少女の親友 (シズ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [一般] 4コマ、コメディー、魔法少女、学園
・構成 : 16話+α収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 折り返しにコメント、合間にネタ絵、設定資料集、
      カバー裏に4コマ「もしもナミちゃんが魔法少女になったら ~もしナミ~」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シズ」センセの「魔法少女の親友 1巻」です。

平野ナミ
※平野ナミ

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続く長編。
4コマ漫画の形式ですが、お話は繋がっていて。
ひとジャンルとなったストーリー調な4コマです。
基本的には、1ページに1つ4コマがあるもの。
幅広で横長なコマとなっています。
最近よく見ますわね。
1話あたり10ページ。
うち、1ページは扉絵で、もう1ページはネタ絵。
メイン部分は8ページなので、単純に1話あたり8本の4コマ漫画があり、数としてはざっと32コマくらいでした。
ジャンルはコメディー
魔法少女モノのセオリーを崩した可笑しさです。
詳細は後述しますね。

漫画は4コマ形式なのですが。
描き方は普通っぽく、はみ出しほか、よくキャラがコマをぶち抜いていました。
そうキッチリ枠内に収まってないのです。
また、たまに3コマ形式になったり、お話の主要部分では普通のストーリー漫画調にて描かれたりもしていました。
やや太さのある線で、濃淡はそこそこ。
漫画形式もあって白比率は高く、描き込みも軽いので見易く仕上がってます。
枠の広さがためか、人物ほかコマ内も4コマっぽいデフォルメではありません。
(※コメディー崩しの時はそれっぽいです)
↓表紙などは枠無関係で彩色イラストなため、判断にはやや適していません。
紹介帯の抜き出し4コマが良いでしょう。


 【 収録話 】 16話+α収録

主人公「平野ナミ」がふとTVで見た銀行立てこもり事件。
それを解決した魔法少女「フレーズ・プランタン」の顔は…お隣に住む親友「春崎イチゴ」だったのです。
母親ほか友人らはそれに気付かなかったものの、その後の「イチゴ」の言動はバレバレで。
皆のために頑張る彼女のため、「ナミ」は「イチゴ」の保護者として頑張ることとしたのでした。
だいたいそんな感じ。

魔法少女のいる世界でのコメディー4コマ。
主役は当然ながら、その魔法少女…ではなく。
タイトルそのまま、その友人であるのが最大のポイント。
なんというか。
通常、”そのお話世界はそうしたもの”、というお約束をもとに進み、細かい事柄についてはほったらかされるのですが。
こちらの場合、ふと読者が感じるだろう違和感について、キッチリツッコミを入れてくれます
そうした系のお話に詳しい方は無論のこと、あまり知識ない方でもふふふと楽しめると思います
セオリーを外した漫画ですね。

魔法少女「フレーズ・プランタン」、「冬海チヨコ(ショコラ・イベール)」
※左:魔法少女「フレーズ・プランタン」、右:「冬海チヨコ(ショコラ・イベール)」

そうしたネタ部分と共に、強い個性をもったキャラたちが最大の特徴。
詳しくは後述しますね。
通っているのが女子学校なのか、男性の姿はあまり見られず。
主要キャラも大半は女性ばかりとなってます。
さほど甘い色はないのですが、派手できゃらきゃらと楽しげな雰囲気でした。
そうした中、突っ込み役はほぼ「ナミちゃん」だけ。
ほかキャラは基本的に小ボケ・大ボケを真面目に繰り返しており、おもしろ珍道中みたいな状態
読者目線で「ナミちゃん」が頑張って訂正してくれます。

常識人な主人公「ナミちゃん」
世話好きで、ボケ倒す周囲に振り回されて苦労していました。
父親があーしたはっちゃけキャラなためかな。
(※16話にて登場しています)
「イチゴ」ほかライバルキャラの「冬海チヨコ」まで、なぜか彼女には正体がバレバレで。
マスコットキャラ(妖精)との会話シーンにも鉢合わせたりしています。
そうした才能があるのかな
魔法少女「ショコラ・イベール」のマスコットである黒猫は迷子であったところを保護したりしてました。
後半では先輩魔法少女2人の正体もあっさり見破っていて。
(※まぁ、バレバレなのですが)
「イチゴ」・「チヨコ」の2人とは違って、より気を配りつ立ち回る姿が楽しいです。

魔法少女「フレーズ・プランタン」こと親友「イチゴちゃん」
ふりふり衣装好きの可愛らしい娘で、「ナミちゃん」はそれにつられたのでは、と分析していました。
裏表紙の4コマ「もしもナミちゃんが魔法少女になったら ~もしナミ~」はそんな彼女とは真逆なやり取りで、よく性格が出ていたと思います。
ちょっとおバカっぽいですが、優しく頑張る正統派。
ただし、ライバルな魔法少女「ショコラ」との直接対決ではそうした性格がためか、圧倒されていました。
こうした点も定番ですね。
彼女のマスコットであるウサギも、そんな「イチゴちゃん」の性格に付け入る1人。
コメディー漫画なためかセオリーと違い、腹黒いキャラとなってます。
この世界では魔法少女らの活躍がTV中継されているんですが、それすらも計算のうちだった様子。
「ナミちゃん」に保護されてた猫と違って1巻ではやり取り少ないのですが、良いキャラですね。

「クルミ」・「レモン(シトロン・エテ)」
※「クルミ」・「レモン(シトロン・エテ)」

だいたい学園が舞台となっていて。
魔法少女らの描写は少なめ。
「チヨコさん」ほか「クルミ」・「レモン」の2人もたいてい学園姿でした。
マスコットの「パンダ」と「犬」もどんな性格か気になりますね
あの2人がまた非常に個性的だったので。
現在、「イチゴちゃん」の陣営が魔法少女3名と多数で優勢なようですが、「チヨコさん」のほうも何らか計画あるようで。
今後どうなっていくのか、ストーリー的にも楽しみです。
これでラストがドシリアスだったりしたら、また見応えあるかも。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「シズ」センセでした。
別名義「高橋シズカ」というのもありますね。
4コマ漫画はどうにも得意でないひでるさん。
じっくり見れば気付いたかもしれませんが…。
すみません、それと気付かずゲットしてしまいました。
それでも楽しく見れましたよー
先輩らが良かったので、次もゲットしてこようと思います。
ただ…普通のストーリー漫画のが良かったなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー

■おねShow Time! (皐月芋網)

★まんがデーター [11.0/20.0]
・絵柄 :●●○○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、近親、家族
・構成 : 短編×9話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「皐月芋網(さつき・いもねっと)」センセの「おねShow Time!」です。

スパガール「源茜」
※スパガール「源茜」

 【 構成・絵柄 】

収録はほぼ短編。
最終話は単行本キャラの何名かが集合する、オマケ的なエピソードでした。
描写はそう多くないものの、ちょっと後日談的な感覚もあります
やっぱりこうしたものあると、得した気分ですね。
なお、カバー裏も漫画となっており、お話の別シチュエーションなどがありました。
そちらから察するに…前単行本のキャラもいるみたい。
ちょっとですが、知っていればより楽しいでしょう。
お話はコメディーがやや強めなラブコメ。
近親ネタもあり、そのうち家族での集団えっちが2話ほど。
目立っていたのはそのあたりですかね。
そう悪くはないものの、今回は次の絵の不安定さに邪魔されてしまった印象です。

しっかりとした線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡はやや強め。
デジタルな色具合です。
コマ割りは中くらいで比較的大きく、枠間はほとんどありません。
はみ出し・ぶち抜きが多く、原稿は賑やか。
目立つ乱れはそうないものの、崩れは目立ち
人物のスタイルに顔、引き絵などバランス面はかなり気になりました
良い感じに描かれているコマもあるんですが、もう少し安定感が欲しいところ
明確な時期はなかったものの、収録の原稿時期にはそこそこの幅あるらしく。
それも原因の1つになっているかもしれません。
新しくなるにつれて、安定はしてきているようなので。
問題ないならば、次巻まで待つのもいいでしょう。
絵の判断については↓表紙ほか紹介帯がオススメです。

 【 収録話 】 9話収録

005:「step child swapping」
お互い伴侶を亡くしていた「正史」・「育音」
それぞれの子供「篤郎」・「依音菜」らとの関係も良好で、惹かれあった2人は再婚して家族となりました。
そんな4名の温泉旅行話。
家族風呂に皆で入る~という切っ掛け。
本来は、子供ら結構微妙な年齢ですから…。
こーも巧くはいなかないでしょ。
(※そもそも、変に気を使って旅行に行かないかも)
しかし、「篤郎くん」が元気になるのは仕方ないとして、「正史くん」がビンビンになってしまうのは。
恥ずかしぃなぁ
趣味を「育音さん」に誤解されるぞ。
ただ、変な意味成年漫画的に理解ある母娘で。
タイトルそのまま、スワップ的なえっち展開となってました。
「正史」・「依音菜」、「育音」・「篤郎」という組み合わせね、いちおう。
「依音菜ちゃん」が可愛らしいですよ。
ちなみに、カバー裏漫画は「正史」・「依音菜」の別シチュエーションえっちでした。

交川育音、姉「品川雅」
※左:交川育音、右:姉「品川雅」

031:「姉は下品に美しく」
容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で美人という姉「品川雅」
そんな姉から、「男子に嫌われているのではないか」という相談をされた弟「雅彰」
非の打ちどころない彼女がため、近寄りがたい印象であるのが原因なんですが。
色々考えた彼は、”下品さが不足している”という指摘をしたのでした。
ああ、確かにそうかも
勉強できる割りに「雅さん」は可愛らしい方で、言われるがままにしていました。
まぁ、普通な顔して実姉にエロい事させようという彼はちょっと変ですがね。
ちょうど制服(ブレザーね)を着ていたので、そのまま近親えっちに突入するのでした。
途中のスイッチオンされた際の「雅さん」がキュートです。

053:「なかすりスパガール」
多くの男性と知り合うべく、バイトで”垢すり”をする「源茜」
しかし、希望するようなイケメンとはなかなか出会えなかったんですが。
それならば、と年下の男の子「高大」に目をつけたのでした。
褐色肌と九州地方らしい言い回しが特徴の「茜ちゃん」
”ぶっちゃけ頭良くない”とか自認してるのが楽しい
垢すりの衣装はシャツにホットパンツという格好で、ブラもしておらず。
実にいい透け具合でした。
えっち相手「高大くん」は少年でしたが、持ち物はなかなか立派(笑)
「茜ちゃん」を満足させるものでした。
オチもコメディーなもの。
ただ、必ずしも父親と同じになるとは限らないですよ。

073:「おねぇがいいツインズ」
タイトルロゴから某アニメを彷彿とさせるこちら。
「広瀬美愛」は双子の弟「優羽」・「宏輝」らからえっちを持ちかけられたのでした。
結局流されて承諾してしまったものの、3ヶ月待つようお願いしたのです。
そんな感じの近親モノ。
それぞれ太さ異なるアイテムを購入した「美愛ちゃん」
”いままで2人平等だったから”
という理由でしたが、変なところに律儀なんですね。
ジャンケンでもさせときゃーいいじゃない。
(※男性側としても、他のモノとくっつくのは嫌だわ)
特訓2ページ後が2人との複数プレイ。
さすがに漫画とあって(笑)、器用に3名同時えっちをしていました。
実際は難しいんだろうなぁ。
オチではまた難度高そうな約束をしてます。
3ヶ月で間に合うの?

093:「もすきゅーと」
夏になると、”もすきゅーと”という少女らが突然現れ。
男性の精を求めて、付きまとうのでした。
特にお口でしてくる「アカイエカ(通称エーカ)」は、20歳前くらいな容姿。
人懐っこい「ヒトスジシマカ(通称スージー)」は、15歳前くらいな容姿。
…だって。
まぁ、そう言った種類の女性っぽいのがウヨウヨいる、不思議な世界。
どこからともなく出現、ということで当然家の中にもおり。
主人公「昇」くんはちょうど精通を迎え、先の2タイプほか”激レア”という巨乳「スージー」の3名らに複数えっちされるという流れ。
妙な設定ですが、はっちゃけてて可笑しい
もう少し広げても、色々想像できそうでした。
ただ、元々のモデルがアレだけに…オチはお約束っぽいものですかね。

115:「LuncH Attack!」
毎朝、正体不明な手作り弁当箱が手紙と共に下駄箱に入っていて。
いつものパンに飽きていた「木元貴史」は、戸惑いつつもそれに手をつけ、いつしか期待するまでになっていたのでした。
普通は食べるのに勇気いるだろうけど…学校内だし、手紙もあるから多少は安全か。
実際、ヒロイン「及川明梨」さんは料理はお上手なようだったので、下手な告白より効果あるかもしれません。
まさに餌付けですわね(笑)
そんな訳で、その後のアレコレ詳細はいちおう伏せますが、校内・屋上でのえっち展開です。
あまり捻りないのは、良し悪しか。
個人的にはやや物足りない印象でした。
なお、カバー裏の漫画から察するに…お姉さんの漫画もあるのかな。

135:「あいけん!」
まだランドセルな年齢の少女「犬飼愛理」にマジ告白をした大学生「乾賢治」
それにしれっとした対応をした「愛理」は、”面白そうだから”とペット扱いしたのでした。
以後、毎日コキ使われるのを喜んでいる彼。
もともとそうした性癖だったと思われ、そうしたら判断は間違ってなかったという事かな。
良かったじゃない。
寝込みを襲うえっち展開。
まぁ、都合良い相手とはいえ、いちおう成年の立派な男ですから。
油断し過ぎちゃーダメよ。
ただ、気付いた「愛理ちゃん」もうろたえることなく。
飼い主としてのしつけえっちとなっていました。
生意気な口調の彼女がメロメロになる様を堪能下さい。
年齢相応の見事な貧乳っぷりでしたよー。
オチでは可愛らしい一面も見せておりました。

及川明梨、犬飼愛理
※左:及川明梨、右:犬飼愛理

157:「橘さんちの性活」
妻「橘美沙」の誕生日にプレゼントを贈った夫「博之」
「優花」・「健太」という子供らもプレゼントを贈るとのことでしたが…。
なんと全裸にリボンという姿で登場したのです。
…と、そんな感じで、冒頭話と似た家族えっちモノ。
ただし、こちらは全員がガッツリ血縁という、ドがつく近親関係なのでした。
なんというか。
漫画ですねー。
この日のため特訓していたという「優花」・「健太」の姉弟。
基本的に姉「優花ちゃん」が指導しているんですが、そのもともとは母「美沙さん」
”理想の男性自身がある”という話を聞いていたんですね。
わはは。
母親思いのいい子じゃないか…
という父「博之くん」の台詞がまた楽しい。
そのまま家族えっちとなっていました。

181:「in one」
こちらは単行本ヒロインらが集合する、オマケ的なお話。
6ページのショートです。
特に記述なかったですが、もしかしたら描き下ろしかも。
くじ引きの結果、皆とえっちできる権利を獲得したのは「なかすりスパガール」に登場していた「高大くん」
「育音」・「美沙」という人妻から始まり、続いて「優花」・「美愛」の2人。
すっかりエロくなった「品川雅」、そして最後は元々の相手「源茜」という流れでした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「皐月芋網」センセでした。
あとがきによると、こちらが2冊目の単行本。
ひでるさんは今回が初見になります。
これはまさに↓表紙で引っ掛けられたパターン。
派手で良いと思います
画面いっぱいに描かれていて、スペースの無駄はなく。
ポップな色彩がぱっと映えていて。
そうエロエロしくもなく。
(※いちおうバストトップが見えているものの)
嫁とか親に見られても、普通にスルーされそう。
…たぶん。

おねShowTime! おねShow Time! (TENMA COMICS) (TENMAコミックス)
                  (2015/6/27)
                  皐月芋網

                  商品詳細を見る
                  ※アマゾン登録なし。

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー バストトップ

■My Sweet Mistress (シュガーミルク)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] SM、年上、ショタ
・構成 : 9話収録(うち「軍人さんシリーズ」×3)
・おまけ: カバー裏に「シュガーミルク先生に軍人3部作質問コーナー」、
      合間に描き下ろし後日談・コメントあり、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シュガーミルク」センセの「My Sweet Mistress」です。

将軍「エリーゼ」
※将軍「エリーゼ」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つシリーズものと短編です。
シリーズものは同キーワード・設定でのお話となっていて、それぞれストーリー・キャラは別。
世界も同一かどうかもハッキリしていません。
そのほか短編も含め、SMなジャンルでした。
年齢問わずどちらの男性も女性陣から攻められていて、ドMな傾向
”服従の悦びを教えよう”
そんな紹介帯文句はそれがため。
プレイは相当に振り切れたものがあり、慣れてない方は要注意
結構ドギツイ描写もありました。
そうした趣味な人向けな仕上がりだと思います。
正直、ひでるさんも肌に合わず、そうした意味で読み辛い箇所がありました。
また2ページほどですが、各短編には後日談の描き下ろし、センセのコメントがありました。
(※シリーズ漫画はカバー裏におまけ漫画があります)

しっかりとした線での作画。
全体の色づきは丁度良いくらいで、濃淡はやや強め。
描き込みも適度で、コテコテとした印象はありません。
だいたい枠間は確保されていましたが、重なりほか変化が大きく。
はみ出し・ぶち抜きなども多く、賑やかな仕上がり。
色彩面とちょうど良い感じだと思います。
しっかりとした鼻筋の美人なお姉さん絵。
ただしリアルというより漫画っぽさ寄りで、可愛らしいヒロインも違和感ありません。
画風と漫画ジャンルがため、乱れは目立ちやすいタイプ。
引き絵にもやや微妙なところがありました。
それでもネタ面には非常に強いパワーがあり、漫画にも勢いがあるため。
読んでいて、あまり細かいところは印象に残らないと思います。
判断については、カバーほか紹介帯のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「trochos」
029:「CANDY」
049:「DROPOUT」
これら3話は同じキーワードが登場するシリーズもの。
女性の軍人さんらと、”従軍慰安夫”という男性が登場します。
ヤバめなキーワードですね。
お話としては、直接繋がりがあるような、ないような~という感じでした。

少佐「アルベルタ・デーゼナー」が登場する「trochos」
目を負傷した二等兵「レネベスター」は、従軍慰安夫とされてしまうのでした。
なかなかエグい光景でしたが。
そうか、男女逆にしたら成年漫画ではちらほら見られる絵になりそう。
前半は主人となった「アルベルタさん」ではなく、その友人「コリーナ」さんら3名からの攻め。
痛そうなのは男女どっちでもヤダなぁ
前述しましたが、プレイ内容はまったく合わないものでした。
やはりそっちの趣味ある方以外は避けた方が良いと思います
趣が変わるのは後半から
そう、漫画世界は戦時中設定なので、そんな現実も描かれていて。
単なるMなえっち漫画というだけでもありません。
オチはちょっといい感じのものでした。

少佐「アルベルタ・デーゼナー」、大佐「マリー・ロンベルグ」
※左:少佐「アルベルタ・デーゼナー」、右:大佐「マリー・ロンベルグ」

「CANDY」は裏表紙にて描かれている、ツインテールなロリ女性。
こちらは戦後の設定。
終わったものの、”黄金札”での徴兵招集は続けて行われており。
主人公「ティモバルテル」の元にも札が届いたのですが、なぜか紫色でした。
連れられた先にいたのが、将軍「エリーゼ」だったのです。
こっちは軍服SMプレイという感じ。
戦後ですからね。
権力を持つらしい彼女は、男性らのハーレムを築いており。
彼もその1人とされ、色々なプレイを体験しています。
いちおう既婚者設定というのがポイントかな。
オチでああした事を言えてるので、いくらか心落ち着きます。

大佐「マリー・ロンベルグ」が登場する、シリーズ最終話「DROPOUT」
徴兵後、危険思想とのことで従軍慰安夫にされていた「ユリアン・ベッカー」
実は彼は元総統の息子であり、死後に総統に祭り上げられてしまうのでした。
先の2話と違い、総統という役職があり、大佐「マリーさん」もその秘書であるなど、だいぶ待遇の違うコチラ。
そのため、「マリーさん」はいちおう形だけで従っているんですが…なるほど。
詳細は伏せますけれど、これまた非常に独特なお話。
ストーリーでは3話のうちもっとも良かったです
プレイは前2話に負けない、ハードなものでしたけれど。

077:「おままごと」
ごく簡単には、2人の母親にされる男の子「千尋」というもの。
女の子が欲しかった、という理由で彼も女子扱い。
あの環境で育ったら、常識とはかけ離れた存在になるだろうなぁ。
ちなみに、先ほどはさっと流しましたが(漫画本編でもそんな感じです)
”2人の母親”は双子の姉妹で、コメントによるとお姉さんの実子なようでした。
メインは映画館、続いてホテルでのプレイです。

101:「犬の生活」
入社して半年になるものの、怒られてばかりの「勝村」
呼び込みに連れられて初風俗となったそこはSM倶楽部であり。
現れた女王様「リコ」は、会社での上司主任「桜木」だったのです。
いいですね。「桜木さん」
冒頭で平時でのスーツ姿を見てるので、そちらでのボンテージ衣装がより映えていました。
プレイはタイトルそのままポチ呼ばわりで、Mのスペシャルコースという風情。
果ては社内でもやってましたが…そこはキッチリ境界線を引いて欲しかったなぁ。
なんのかんの願いを叶えた彼は凄い。
後日談の描き下ろしはややコメディーちっくでしたけれど。

123:「ママごっこ」
友人「浩介」の母「典子」に想いを寄せていた「健人」
遊びに行った際、下着を掴んでいたところを鉢合わせしてしまったのでした。
漫画なのでそれなりに可愛く描かれていますが、やや太目で人妻然とした「典子さん」
途中、プレイに若干の脱線(笑)はあったものの、他エピソードと比べてだいぶ普通。
それでも紐だのなんだのと、そこらの成年漫画ではあまり描かれないようなのも含まれていましたが
描き下ろしの後日談がまたはっちゃけてました。

141:「お姉さんと遊ぼう」
結婚して子供が出来たものの。
そうした現状に不満をもち、セフレを探していた「圭」
心の隙間埋めてあげる
彼の愚痴を聞いていたらしい女性「アリス」が、ふと声を掛けてきたのでした。
これは自業自得かな。
「アリスさん」はSMの女王様。
前半の台詞に引っ掛かるものがあったらしく、プレイ内容もそんなん。
まさに躾という感じですね。
男性側としては読んでいて心地良いものではないですが。
漫画についてはコレで良かったのだろうと思いました。
後日談がなかなかエグい。
ただ、彼にとってはアレのがいいかもしれませんね。

女王様「リコ」、「アリス」
※左:女王様「リコ」、右:「アリス」

167:「えんじぇるびーすと」
主人公はバス運転手。
先輩の異動で配属となった場所は、総合病院と団地、そして病院で働く看護師さんらの寮を結ぶ路線でした。
利用客は老人か若い看護師さんら。
当初は現役ナースさんらに胸躍らせていたのですが、やがてこちらの恐ろしさに気付いてしまうのでした。
そんな流れで複数女子らとのプレイ。
ただ、こちらの単行本なので男性側が主導権を握れる筈もなく、女性らに好き勝手される流れです。
揉んでるだの剃るだの言う、看護師2名のやり取りが可笑しい。
実際もそんなんなのかな。
さらに、清楚な雰囲気で主人公が”天使”だと密かに慕っていた「前園」さんも加わり、4名での複数プレイに発展。
オチと後日談が良かったです。
なんのかんの彼楽しそうだし、あれで良かったのかもしれませんね。

189:「eclosion」
旦那は浮気していて夫婦仲は冷め、日々持て余していた人妻「みゆき」
出勤での電車にて、包茎で悩んでいる男の子「石倉隆夫」を発見し…という流れ。
小さい男子に色々しちゃうショタ色の強いエピソード。
あとがきには”ソフト攻め”と書いていましたが…そうか、これがソフトなのか…。
入れるだのなんだの言うくだりが苦手で、どうにもダメ。
直接行為もなく、あんなん嫌だ。
後半は女装でのプレイでした。
まぁ、2人幸せそうなのでいいか。

 【 その他 】

以上、本日は「シュガーミルク」センセでした。
おそらくはこれで5冊目の単行本。
当ブログでは「ぱいぐるみ」、「シュガーホール」の2冊を紹介しています。
今回はまさに表紙に釣り上げられました。
軍服姿の女性はいいですねー
特に↓表紙に選ばれた「アルベルタさん」は凛々しく高貴な雰囲気で。
ああして媚びてないところが素敵。
そう、成年漫画のカバーなのに、ああして肌色少ないのは珍しいこと。
あとは……ネタが合えば最高だったんですが…。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール コメディー

■夜にとろける (志摩時緒)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、恋愛、学園
・構成 : 16話収録(「制服の恋人」×3、「こいはやみ」×5、
      「夜にとろける シリーズ」×8)、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、合間にイラスト、カバー裏にカラー別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「志摩時緒(しま・ときお)」センセの「夜にとろける 1巻」です。

愛ちゃん、旭さん
※左:愛ちゃん、右:旭さん

 【 構成・絵柄 】

収録16話ほどありますが。
大きく分けて3エピソードな単行本です。
表題もそのうちの1つ。
全てラブコメ話で、周囲に見掛けそうな人物・舞台設定となってます。
漫画っぽい、極端なものはありません
だいたい学生さんなので、青春恋愛話ですわね。
また、冒頭からの年の差カップル漫画以外は、群像劇みたいな感じ。
一般漫画で描写ごくソフトなものでしたが、登場するのが年頃のカップルばかりなため。
バストトップからえっちシーンまでちらほら描かれています
こうしたそれっぽくない雰囲気の単行本なので、ちょっぴりドキドキ(笑)
なお、巻数表記があるので、まだ続くようです。

すっきりとして乱れのない、綺麗な線での作画。
白比率は多めで、濃淡はちょうど良いくらい。
描き込みはあっさり気味ですが、不足感はありません
コマ割り変化少なく枠間はしっかり。
上下の感覚などは広めでした。
全体も丁寧で安定しており、見易い原稿です。
頬が広く、のの字っぽい目が特徴の人物絵。
顔パーツなどデフォルメ具合はそう強くありません。
コメディー崩しも適度なくらいで、人を選ばないものです。
カラーでも変化はないですが、紹介帯裏のカット絵が判断には良いと思います。

 【 収録話 】 16話収録

003:「制服の恋人」 3話
1話あたり4、5ページのショート。
塾講師の先生と付き合う「愛」ちゃんのお話です。
いちおう彼女の家族とも面識あり、家族ばかりの誕生日会に出席していたりしました。
恋人としてではなく、家族ぐるみで親しい近所のお兄さん扱い~
なんて台詞もありましたが。
個人的な感覚では、ある程度周知の仲ではないかなぁ。
妹、少なくとも母親あたりは、口に出さずとも察していそうな気がします。
1、2話は積極的にアピールする「愛ちゃん」
3話目が誕生日会で、精一杯に頑張る初々しい姿が見れます。
なお、前シリーズ「あまあま」には2人の前日譚があるそうです。

「速水くん」・「小岩井さん」
※「速水くん」・「小岩井さん」

020:「こいはやみ」 5話
3~7、あるいは10ページと、回によってページ数が大きく変わるシリーズ。
学生な男女3名づつ、仲良し6人組の恋愛模様という風情です。
(※カバー裏にて、カラーなそれぞれを見ることができます)
そのメンバーのうち「速水」・「小岩井」という2名が付き合うことを宣言。
それを切っ掛けに、それぞれの関係に動きが出てくるのでした…みたいな感じです。

1、2話は付き合う「速水くん」・「小岩井さん」のそれぞれ視点です。
「速水くん」サイドな1話目は男性なら大方感じるだろうもの。
うん、確かにそう思う。
2話目はそれに合わせた「小岩井さん」サイドなんですが。
ああしたもんでしょうね。
いい娘だと思います。

そんなこんなで、ほか4名に対して交際宣言をする3話目。
髪の毛を結ぶ「大塚」さんは「速水くん」に好意を持っていて。
同じくトーン髪な男子「伊藤」くんは、やはり「小岩井さん」を想っていたのでした。
そんなんでも、2人を認めざるを得ない友人関係が優しい
また、残った2人の意外な台詞に注目です。
4話はその”残った2人”である「旭」さんとまだ名前の出ていない彼をメインとした続き。
お互い気遣い、ぎこちない雰囲気です。
そんなところ「伊藤」くんから、また6名の関係をひっかきまわすような台詞が出てしまうのでした。
収録での最終5話目は不意に物語のキーとなってしまった「旭さん」視点。
表面上では普通を装うものの、若干緊張感ある6名が描かれています。
お話ひと段落という感じのエピソードでした。
今後どうなってしまうんでしょう。

053:「夜にとろける シリーズ」 8話
薬局にてバイトする「杉新太」
そして店では先輩ですが、年下な「松本純香」というカップルのお話。
タイトルに季節ある前半のお話は、同人誌にて発表されていたものです。
収録の他エピソードのうち「制服の恋人」は年の差があり、「こいはやみ」は学生でまだ初々しさあるお付き合いでした。
そうした点、こちらのカップルは「新太くん」は大学生であり、イチャイチャ感たっぷり
もやもやしていたものを吹っ飛ばしてくれることと思います。
えっちシーンからそうした話題も多め。
一緒にお風呂入ってたりする、ラブラブっぷりを見せつけてくれていました。
基本的に舞台はだいたいバイト先、「新太くん」の部屋、「純香さん」の学校風景というところです。

松本純香
※松本純香

なお、1話だけですがこちらにも別視点、「純香さん」のクラスメイト男子のお話がありました。
この感じはまた、誰しも経験あることではないかなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「志摩時緒」センセでした。
こちらが9冊目くらいの単行本。
ひでるさんは今回が初見です。
書店をウロウロしていて見つけました。
なんとなーく引っ張られたんですね。
ラブコメな内容も期待通りでしたが。
2巻は「夜にとろける」のシリーズだけ続くのか、他も同時に続いていくのか。
はたまた、また別の漫画が始まっちゃったりするのか…。
そんなん気になるので、次もまたぜひ探そうと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー バストトップ

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ