FC2ブログ

■魔女の家 エレンの日記 (影崎由那)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] ホラー、原作ゲーム、ファンタジー
・構成 : 原作「ふみー」、カラー(4P)、4話収録、
      現在1巻まで発売中。
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「影崎由那(かげさき・ゆな)」センセの「魔女の家 エレンの日記 1巻」です。

ヒロイン特集1:包帯の「エレンちゃん」
※ヒロイン特集1:包帯の「エレンちゃん」

 【 構成・絵柄 】

2巻以降に続く長編ストーリー。
原作はフリーゲームのようで、検索したところあちこちヒットしました。
ざっと記事を読み、おおむね理解した感じ。
フリーなので、PC環境が合えば誰でもプレイできます。
興味を持った方は検索してみると良いでしょう。
ちなみに、ひでるさんはゲーム未プレイです。
…というか、あんな怖そうなのできません
アクション要素あるようだったし。
ちなみに、単行本の初見は検索前でまったく知識なく読みましたが、特に問題なく楽しめます。
そもそも前日譚ですからね。
2巻以降はどう描かれるのか分かりませんが…もしかしたら、ゲームのネタバレになってしまうのではないかなぁ。
どうなるんでしょうね。
なお、原作ゲームがホラーなため、当然単行本もそんなん
舞台は西洋で、時間はある程度昔な設定みたい。
タイトルそのまま喋る猫ほかファンタジーな要素あり、心理的にじわじわ~ではなく直接的。
センセの濃い目な作画もあり、↓表紙の可愛らしい女の子からは想像もできないような内容となっていました
得意でない方は絶対にやめたほうが良いと思います。

黒の目立つ、濃いめな色彩。
線も太めですね。
ジャンルもあって全体的に黒々しく、しっかりとした色づき。
コッテリとした原稿具合です。
それでも複雑過ぎず、目立つ乱れ・崩れもないため見辛さはありません。
漫画は引っ掛かることなくお上手で、物語に引き込まれます。
本当にちょろっとですが、コメディーちっくな描写もありました。
広めな輪郭と縦長目、まつ毛が濃いめ。
だいたい可愛らしい人物画なのですが、瞳の奥が深く。
特に後半ではちょっとした妖しさも感じられます。
表現は直接的であるものの、あまりグログロしさは強くないと思います。

 【 収録話 】 4話収録

生まれつき皮膚・関節などに病を抱えていた「エレン」
周囲にまともな医者はなく、またお金もありません。
小さいながら母の重荷となっている事を感じ、外で遊ぶことをやめたのです。
しかし、状況は好転せず。
その唯一面倒を見てくれていた母が、自分を捨てる気だと気付いた「エレン」は…。
と、だいたいそんなオープニング。

ヒロイン特集2:ドレスアップの「エレンちゃん」
※ヒロイン特集2:ドレスアップの「エレンちゃん」

前述したように、ゲームのプロローグ漫画。
そちらでは魔女として君臨している「エレン」が、
”いかにしてそうなったか”
が描かれています。
収録の最終話4話を見る限り、漫画の開始はゲーム本編からさらに10年くらい前のこと。
彼女が普通に人間(?)だった頃の風景です。
なんというか…読んでいてしんどいですね。
お話はプロローグの前半から中盤あたり、という感じでしょうか。
察するところ、次巻がメインかつ最終巻かな。
当然ながら救いなんてないと思われ。
今後はまた重々しく流れていくのだろうなぁ

いちおうネタバレしないように頑張りますが、多少なりとも書く部分もあるため。
興味のある方は、読んだ後のが良いと思います



カラー原稿のある1話。
1ページ目はゲーム本編での時間軸だと思います。
包帯だらけの「エレンちゃん」
まぁ、どうにもならん状況ですわね。
本来であれば、捨てられる前に死んでしまう運命だったかも。
持っていた人形とのシーン。
後々のファンタジーな描写なども見る限り、この時点で既にこと切れていて。
あるいは…全て妄想なのかも、って思いました。
母との関係でもそうですが、ああした言葉が浮かぶ、さらに暴力的に振る舞うあたり、”この頃からそうした傾向があった”、ということですか。
ストーリーに関わる、黒猫とのやり取り。
意外にそうした面もあるんですね。
なんというか、某物語シリーズのようでした。
そっちで解釈すると、猫に取り憑かれた、って感じなんでしょうか。

後半の展開は伏せますが、着飾ったお母さまはお綺麗でした。
きっと「エレンちゃん」も大人になったら美人になるんだろうなぁ。

ゲームでの舞台”魔女の家”での2話目。
状況などについては黒猫が説明してくれます。
すっかり包帯取れ、顔も普通に。
服も変わっていて、↓表紙のような可愛らしい姿となっていました。
妙な料理人が登場するまでは、まさに夢のような世界
多少違和感あるものの、だいたい3話目まで続きます。
「エレンちゃん」の明るい表情なども見れますよ。
ただ、そんなんが長く続くことはなく。
願い通り友達ができるのですが…という3話での展開から、実際の状況が描かれます。
ううん、悪魔的ですわねー。
「エレンちゃん」のような身の上でなく、例え大人でもアレに抗うことは難しいでしょう。

ヒロイン特集3:魔女の「エレンちゃん」
※ヒロイン特集3:魔女の「エレンちゃん」

そんな訳で、4話目からの「エレンちゃん」は魔女っぽくなっていきます。
こちらのでの笑顔は逆に恐い。
また、だんだん表情変化が薄くなり、しれっと冷めた感じになっていきます。
もともと美人顔だから妖しさ満点
こちらの、あちこちのカットは、ゲームでも表現されていたものみたい。
本編プレイしていれば、ああこれこれ、ってなると思います。
ラスト4ページからがポイント。
このお話(漫画)がなんなのか、冒頭シーンと繋がってきますよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、「影崎由那」センセでした。
本来であれば、こうした系統が得意でないひでるさんは手にも取らないのですが。
センセの漫画だったので、ゲットしてしまいました。
↓表紙も可愛らしかったですからね。
ただ、まぁ…なんらかを消耗するタイプのお話。
先日風邪ひいていましたが、体調悪い時には開かない方が良いでしょう。
続きも気にはなるのですが。
2巻は…どうしようかなぁ。




★「影崎由那(影山由多、影崎夕那)」センセの漫画紹介記事

すとれんじマンション
 変な住人の集まるマンションを舞台とした、高いテンションのコメディー話。
かりんairmail 影崎由那短編集
 人気連載「かりん」の番外編ほか、らしい異色な短編を収録。
ひぐらしのなく頃に 心癒し編
 ひぐらしシリーズのエピローグ話。昭和58年6月よりも先の世界。
おにいちゃん★コントロール] 【オススメ】
 やや病的なほどに兄ラブな妹「乃亜ちゃん」の連続話。
鏡面のシルエット
 宮廷での影武者ラブコメです。続きます。
たまにゃん Tama nyan
 猫タイプのロリ獣娘「たまにゃん」とのコメディー。続きます。
ソラ×リラ~宙色のリラと臆病な僕~
 宇宙人が登場するコメディー色の強いSFラブコメ。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ホラー コメディー ファンタジー

■姫とドラゴン (戦闘的越中)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ファンタジー、人外、凌辱、複数
・構成 : 12話+α話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「後日談」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「戦闘的越中(こんばっと・えっちゅう)」センセの「姫とドラゴン」です。

王女「ニーナ」、魔姫
※左:王女「ニーナ」、右:魔姫

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編です。
続編は…ないよね??
剣や魔法、そして怪物が闊歩するファンタジー系。
魔物の大将を倒すまでの、ストーリー漫画となっています。
配下の魔物女性らと次々対決していくような流れ。
正直なところ、そう優れたものではないですが…ちゃんと全ての切っ掛けについてキチンと説明されていたのは凄い
そうした意味でシッカリとした長編であると思います。
えっち系はこうしたものの定番で、ハード気味。
相手は人外ということもあるでしょう。
このジャンルがあまり得意でない人には、高いハードルではないかなぁ。

しつかりとした線と描き込み。
全体の色づきよく、濃淡はデジタルで濃すぎず、テカテカもしてなく。
丁度良いくらい。
コマ割りはだいたい中くらいですが、お話的に賑やかな描き方。
擬音なども飛び交い、かなりゴッチャリとしています。
バランスに優れ、崩れや乱れはなく丁寧であるため、それでも見易くまとまっています
あとがきによると、「絵柄はライトな感じを出そうと試行錯誤~」とあるそのまま。
人物画はリアル・漫画の中間というイメージ。
可愛過ぎることなく、うまく非現実感な仕上がりでした。
カラーでも大きく変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 12話+α収録

翼竜とオークらを引き連れ、突如王城を襲った竜姫「モレスト」
しかし、捕らた王とその妃では封印されている邪龍は開放せず。
続いて、その娘である王女「ニーナ」に目を付けました。
逃げていた「ニーナ」は魔法使い「プレティ」の進言に従い、儀式を始めたところ。
聖魔として召喚されたのは、東京秋葉原のメイドカフェにいた男子「半田よしお」だったのです。
「ニーナ」と”聖魔の契り”を交わした「よしお」は世界の救世主となったのですが…。
その直後、「モレスト」が襲撃してきたのでした。
大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

ファンタジー世界に召喚された現代の男子が、救世主として世界を救うというお話。
大まかには王道なファンタジーストーリーですね。
しかし、主人公は眼鏡で背が低い肥満体でキモオタな「よしお」
いわゆる勇者然とした恰好良さは微塵もなく…。
敵の能力を吸収する(※ドラゴンオーブ)ことで、ゲームのように特殊能力が使えるようになっていくのですが。
それがため、最終的にはトンデモな姿となっていました。
ドラゴンオーブの奪い合いは、先に達した方が敗れるというもの。
…で、敵は異形の怪物らもいるんですが、ターゲットとなる大将の魔姫らは文字通りに女性の姿。
また、召喚に立ち会った姫「ニーナ」の側近ら「プレティ」、「パイン」、「モモ」らも女性であり。
基本的にバトルは命の奪い合いでなく、えっちし合うものでした。
まー、非現実世界ともあって、それが結構ハードなんです。
出ずっぱりな側近たちは何度えっちしていたのやら、という印象。
なんだか心配(笑)
普通にしてる時のが珍しいくらいでしたよ。

シスター「モモ」
※シスター「モモ」

005:「第1話 召喚されたA-BOY」
儀式は単独プレイ、”聖魔の契り”はそのままえっちということで。
姫「ニーナさん」とのプレイが中心です。
↓表紙の右側が「ニーナさん」です。
ちなみに、彼女は「よしお」お気に入りなメイドカフェ店員「麗奈」とそっくりという設定でした。
この世界はたいていえっち方面で片がつく(笑)こともあり。
従者である魔法使い「プレティ」、騎士「パイン」、シスター「モモ」らも何等かの形でえっちな姿を見せてくれています。
さすがに手っ取り早くて助かる

037:「第2話 ふたなりゴブリンのイボっペニ」
竜姫「モレスト」に襲撃され、姫「ニーナ」を奪われてしまった一行。
さらに鬼姫「イピセル」率いるゴブリン勢に囲まれ、絶体絶命となってしまうのでした。
「イピセル」は褐色肌な貧乳女性。
いちおう角があり、またふたなりとなっていました。
あっさり退けられた「よしお」がため、従者の3名がえろえろ展開に。
ちっちゃいのがいっぱいいましたからねぇ。
そう、彼は儀式で魔物の攻撃は無効になるものの、攻撃手段も能力もないんですよねー。

061:「第3話 蟲姫セクティア緊縛地獄」
079:「第4話 巨乳アイドル似のスライム娘」
さて、その後に訪れた街をすっぽり巨大な繭で覆っていたのが…。
下半身が蜘蛛の蟲姫「セクティア」でした。
虫の大群とスライムに襲われ、あっさり捕まり、糸に連れ下げられ。
例によって3名はえろえろ展開に。
実にお約束で良いですね。
こちらは先の特殊能力が生きる、ゲーム展開のようになっています。
蟲姫「セクティア」の配下にはスライム族を束ねる軟姫「プールン」がおり。
連戦で彼女との戦いに。
今度はスライムかよぉ~!
とは「パイン」さんの台詞ですが、まさにその通り。
解放された刹那、3名らはスライムによるえろえろ展開に(笑)
わはは。
なお、「プールンさん」はトンガリ頭のちょっと太めな女性。
従者3名と共に、裏表紙に姿を見せています。
彼女とのやり取りは実にRPG的な展開になっていました。

095:「第5話 人間オナホと人間ディルド」
111:「第6話 ジャイアントよしおvs触手地獄」
127:「第7話 恐るべきオーブボム」
そうして着実に進む一行でしたが。
さて、竜姫「モレスト」に捕まった姫「ニーナ」は…という風景が見られるこちら。
彼女の母親も登場してました。
当然、こちらもエロい展開に。
その頃「よしお」らは1つ目巨人のサイクロプス、そして彼らを従える巨姫「ギガーナ」と対峙。
こちらでは3名+1は無事(そもそもサイズが段違いなの)なのですが。
彼はまさにタイトルのような感じに。
ただ、ああした取り込まれ系は小さい方が有利っぽいのはまたお約束です。
こうしてその能力をも手にした「よしお」なのですが…。
続いて登場した蠕姫(ぜんき)「ウネール」とは、これまたタイトルそのままという感じ。
前回無事だった3名+1は、キッチリえっちされてます。
こうしたファンタジーでの定番、触手えっちですね。
ドラゴンオーブやり取りの盲点(?)をついた、ドキドキ展開です。
なるほど、巨大化したのは好都合~は納得。
仲間のとある能力もあって逆転するのですが…触手えっちは7話まで続いています。
何故かは…ぜひ本編みてください。
鰭姫「フィーン」、翼姫「ハープ」はページの都合処理され。
(※実は再登場します)
続いて襲ってきたのは幻姫「ヘイル」
名前通り幻覚を見せるのが能力となっていて。
前話以上のピンチ展開となっています
定番がためか触手えっちが続くのはファンにとって嬉しいことでしょう。
やっぱり仲間もろともあーなるのが、ファンタジーものの醍醐味みたいなもんですから。

魔法使い「プレティ」、騎士「パイン」
※左:魔法使い「プレティ」、右:騎士「パイン」

143:「第8話 黄泉のグールとグルグル輪姦」
159:「第9話 決戦!! 死者の門」
故あって、ほぼ死んでしまった「よしお」
そこで、「プレティ」は“死人還し“の儀式を行うこととしたのでした。
「モモ」は生贄となり、「パイン」は門を開けるために餌食となり、あの世へ行く「プレティ」もまた…という、ハードえっちです。
そんな頃、黄泉の国では能力がなくなった「よしお」は複数プレイの餌食に。
ここはサービスみたいな感じですかね。
どうにか「プレティ」と再会を果たすのですが。
前話の流れで、様子の違う彼女とのえっち勝負になっています。

175:「第10話 NTRが召喚するマモノ」
191:「第11話 姫とドラゴン」
そんなこんなで、最終決戦エピソード。
姫「ニーナ」も無論登場し、盛り上げています。
彼女の発言がなにかと面白いので、見逃さぬように。
そりゃー、色々されていたでしょうからね。
こうした漫画で前述もしましたが。
“なにゆえ竜姫「モレスト」が反旗を翻したのか”、についてちゃんとした理由が設定されていました。
なるほど。
あの状況を見るかぎり、それも納得。
派手なプレイが展開されていましたよー。

なお、あとがきの後には4ページほどの描き下ろしがあり。
これが本当の完結エピソードとなっていました。
あるいはココがなければ、綺麗な感じに終わったかもしれないのですが。
結構なブラックテイストなので、なんだか微妙な読後感です
彼があんなんなので、印象はそう悪くないものの。
なかなかに気の毒でした。

 【 その他 】

以上、本日は「戦闘的越中」センセでした。
“超絶筆致の天才絵師”
なんて冠をつけられていました。
こちらで4冊目くらいでしょうか。
ひでるさんはこれが初見です。
今回きドがつくファンタジー系で、えっち展開なども含めて、てっきりキルタイムさん系かと思いましたが…。
リイド社」さんなんですね。
へー。
だいたい想定通りでしたが、まさか結末があーなるとは。
前述しましたけれど、あまりにあまりなので、続編があればいいかも。
(※それでも報われるかは疑問だけど)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー

■すとろべりぃタイム (神谷ズズ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ラブコメコメディー
・構成 : カラー(5P)、13話収録。
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵、加筆修正あり、
      一部描き下ろし「ひなちゃんのおねだり」、
      カラー描き下ろし「いたずらニャンコと小生意気~本当の私…?編~」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「神谷ズズ(かみや・ずず)」センセの「すとろべりぃタイム」です。

千景ちゃん、ありすちゃん
※左:千景ちゃん、右:ありすちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
タイトルの重複した、連続っほいものもあるんですが。
冒頭の2話は厳密に漫画ではありません。
詳しくは後述します。
厳密には11話の収録ですね。(紹介帯も11作品となっています)
ジャンルとしてはラブコメ
明るさあり、ラブ・コメどちらも強いもの…なのですが。
収録のうち1話は、最後にはっとなるどんでん返しが用意された、ちょっと怖いストーリーもありました。
まぁ、全体に極端なブラック調のはないので、ご安心を。
ただしプレイとしては、そこそこはっちゃけており、若干程度覚悟が必要(笑)
成年漫画に慣れた方であれば、まったく問題ないくらいですね。

クッキリとした細線での作画。
全体の色づき・描き込みはそこそこですが、とかく黒色が強く。
変化あるコマ割りで原稿自体も賑やかな構成であるため、コッテリとした味わいでした。
表現がだいたいラブコメちっくで、派手目なこともあるでしょう。
なんとなく、多少バラつきも感じますが。
かなり加筆・修正をされたらしく、読んでいてそう引っかからないくらいに安定していました。
人物絵は漫画らしい可愛らしい仕上がり。
だいたい皆さんバスト大きいのですが、雰囲気はロリっぽいですね。
漫画運びなども含めてある程度の癖があり、好き嫌いが分かれそう。
バランスは良く、小さいコマもしっかり描かれているのは良い感じ。
背景や小物なども人物と合っています。
判断については、イメージなども含めてそう変化はないので↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 13話収録

001:「まじかるラボ!~魔法のおもちゃ編~」 カラー
004:「いたずらニャンコと小生意気~本当の私…?編~」 カラー描き下ろし
冒頭カラーのこれらは、1ページ1枚絵で、テキストと共にストーリーっぽく並べられたもの。
(※ちなみに、「いたずらニャンコ~」は1ページだけです)
まぁ、漫画というよりイラストですわね。
ヒロインは同じなので、本編を見た後に再度見ることをオススメします。

005:「ラブダイブ」
水泳部合宿にて恒例の肝試し大会。
「竹内護」はそれを切っ掛けに先輩「氷室」と関係を深めようとしていたところ。
普段クールな彼女は、それ系が大の苦手であると知ったのでした。
やっぱり女の子にはあー怖がってほしいものですね
いかに水泳部とはいえ…肝試しまで水着というのはちょっと変な気も。
まぁ、サービスでしょうけどね。
(ちなみに、皆上着を羽織ってはいる)
恐さを紛らわす方法、としてえっち仕掛ける流れ。
実際合ってはいると思いますが、よくそんな提案に乗っかったなぁ。
もともと熱心なところを彼女には買われていて、また「護くん」も露骨にアピールし続けていたようなので。
(※おそらく「氷室さん」だけ気付いてない)
まあ、こーなるのは自然な流れなのでしょうね。

水泳部「氷室先輩」、「影倉さん」
※左:水泳部「氷室先輩」、右:「影倉さん」

021:「まじかるラボ!」
女の子へのアプローチを失敗し続けていた「港順平」
それを見ていたオカルト好きなちょっと変わったクラスメイト「影倉」は、
”恋愛運を上げてやろうか”
そう持ち掛け、なにやら怪しげなことを始めたのでした。
つばの広い帽子と杖・本、そして長いソバージュかかった髪という魔女ちっくな「影倉さん」
だいたい片目隠れてるのがいいですね。
制服姿と合って、非常に良かったのですが…儀式のメインどころはローションプレイみたいなもので。
それがためか、面積小さい水着姿になってしまうのでした。
うーん、できれば脱がせた結果にあーなって欲しかったかなぁ。
制服濡れようが、性格的にそう気にしないように見え。
後半のペース乱されてしまう「影倉さん」がポイントでしょう。

039:「ストロベリーは内緒の味」
生徒「小野寺花恋」にとある弱味を握られてしまった、教師「木下」
口止めの条件として彼女が提示したのは、”彼氏になること”だったのです。
彼氏というか、あれは性欲解消の相手ですわね。
「小野寺さん」はツーサイドアップな黒髪の女子。
ロリっとした容姿とは不釣り合いにバスト大きく、ありゃ持て余していそうだからなぁ。
先生はもうちょっと自制してください。

055:「トリぷる・注意報」
ダイエットを始めた「猪月(いつき)」
すると、そこにクラスの女子らが立ちはだかり、鉄橋下に連れていかれてしまったのでした。
“ぽっちゃり大好き四天王”
…だそうです。
それぞれ名乗りがあり、四天王といいつつ3名しかいない(1人はデート中)というのが楽しい。
複数えっちです。
見事にタイプ違うヒロインが揃っていましたよ。
いちおうメインは「石田秋」さん。
目立つキャラだったので、彼女単独でもお話つくれそう。

071:「かいかん・発明」
モノづくりが趣味で、いつしか若手発明家として仕事も入るようになっていた「芽衣子」
依頼で引き籠っていた彼女を届け物のため訪ねた幼馴染み「手塚祐助」はそこで驚くべき光景を目にしたのでした。
あんなん依頼するの頭おかしいと思う
その実験台は…まぁ、自ら試すのも当然。
それが切っ掛けで、幼馴染み同士の仲が進展する流れでした。
まぁ、良かったわねぇ。

087:「いたずらニャンコと小生意気」
バンドメンバーの「千景」と「瀧沢」
階段から2人して落ち、ふと気付くとそれぞれ入れ替わっていたのでした。
男女が階段から転げ落ちれば、入れ替わるというのは定番
汚れいたため、とりあえずお風呂に入ることとしたのですが…。
変な事されないよう監視するため、2人して入ることとなったのです。
切っ掛けは「千景ちゃん」となっていた「瀧沢くん」がお口なのですが。
自らのアレを口にするというのは、相当な難易度だと思う。
普通は手で~というのが自然ではないかなぁ。
短編でページ数もあるから仕方ないか。
物語の核たる黒猫が可愛い。

105:「ひなちゃんのおねだり」 一部描き下ろし
「雛菜」は家庭教師「一哉」とカップルになるべく、自らが作成したゲームに誘ったのでした。
いわゆるボードゲームで、止まったマスの指示に従うというもの。
(※指示は紙めくるまで分からない)
なんというか…彼女エロい娘ですね。
あのゲームどんな気持ちで作っていたのやら
思わず「一哉くん」も流されていました。
後半の2ページが描き下ろしで、バニーコスプレでのえっち。
どこからああした知識仕入れてくるんだろう。

127:「りとらいランデヴー~湯けむり大作戦~」
彼氏との2回目えっちがなく心配していた「ありす」
そんな彼女のため、「茉莉恵」・「直人」らは温泉旅行のWデートを企画したのでした。
タイトル通り、露天風呂です。
いちおう混浴とはいえ、他の利用客がいるかもしれないのでえっち始めないように。
「ありすちゃん」らは部屋にて。
彼氏「ひろ先輩」はちょっとイイ人過ぎ、弱気かなぁ。
荒い作戦ではあったものの、巧くいって何より。

147:「ずっとずっと愛してる」
昔の彼女「白咲美琴」によく似ていたため、デリヘルを頼んだ「刻人」
訪ねて来た彼女は「美琴」当人だったのです。
実は、オチで結構エグい真実が明らかになる、こわーいお話です
でもまあ、純愛系には違いないのか。
学生時代から。そこそこ時間が過ぎている、というのがポイント。
一瞬、オチは何がなんだか分かりませんでした。
あの重要な部分を1コマ内に収めちゃったのは、ページの関係で仕方ないのかなー。

「ずっとずっと愛してる」の切っ掛け
※「ずっとずっと愛してる」の切っ掛け

163:「さくらイマジネーション」
「涼」・「さくら」のカップル話。
ぶっちゃけ、冒頭は何が始まったのかと思いましたが。
端々にヒントがあります。
なるほど
まぁ、あんなに乱暴な漫画運びはないわねー。
いちおう、ここで詳細は伏せておきます。
三つ編みな「さくらちゃん」が可愛いです。

179:「どちらがオオカミさんですか!!」
遊園地にて着ぐるみに入って頑張る「水橋琴花」
休憩に入った彼女は、近いという理由で男子更衣室でくつろいでおり。
あまりに無防備な彼女に「浦安」は~という流れ。
事前に、
次の休憩ってあたしらだけ?
そう確認していたのですが。
まだカップルでなく、普段の「水橋さん」を察するに、彼にあまり気を使う雰囲気ないので。
あーなるのは仕方ないかも。
期待もしていたかな。
第三者がため、ロッカーら隠れる展開もありました。
えー、ちょっとロッカーが広すぎると思います(笑)
エロくていいですけどね。
なお、収録では最も古いものだそうで、「かなり修正してます」とあとがきに書かれていました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「神谷ズズ」センセでした。
こちらは2冊目でいいのかな。
↓表紙・裏表紙の賑やかな感じに引っ張られました。
見た目通りのラブコメ漫画群でしたよ。
純愛系、という文言にはやや疑問ありますけどね。
水泳部「氷室先輩」、オカルトな魔女ちっくな「影倉さん」らが好みなんですが。
読み終わって、最も記憶に残っているのは「ずっとずっと愛してる」でした。
あの2人は結局巧くいかないと想像され。
「刻人くん」がどんな運命となってしまうのか、ちょっと不安です。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツーサイドアップ コスプレ

■宵はじめ (こっぽり生ビール)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、11話収録(うち「見よるやろ?」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「もっと!見よるやろ?」、
      カバー裏にラフ絵、合間にSD絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「こっぽり生ビール(こっぽりなまびーる)」センセの「宵はじめ」です。

「屋代佳南」・「宮下晴香」、「夏目留華」
※左:「屋代佳南」・「宮下晴香」、右:「夏目留華」

 【 構成・絵柄 】

描き下ろしで連続となっていた以外、収録は全て短編での構成。
シリーズとかゲストみたいなこともありませんでした。
ただ、お話は”部屋に女子が来た”みたいなものが多くみられ…。
個人的にこのブログでは、勝手にシリーズみたいにくくらさせていただきました。
ジャンルは簡単にはラブコメ
コメディー部分はそう強くなく、ラブが中心の読み易い軽さの恋愛話です。
ただし、”軽い”と言ってもお話や心理描写はしっかりとしていて。
初々しさある、恋愛のドキドキ感が味わえます。
これが初えっちというカップルも多かったですね。
そのため、複数展開など妙なプレイはなく、そうした意味でも安心して読み進められるもの。
たっぷりと恋愛系な成年漫画が楽しめると思います。

しっかりとした線での作画。
全体の色づきは丁度良く、中間色から黒までの濃淡具合が絶妙。
そのため、濃い色の服などの描写がエロスでした。
描き込みは細かく、かと言ってクドさはないくらい。
コマ割りも細かく枠間も細め。
全体では軽すぎず、重くはなく、高い完成度の原稿でした。
特に隙は見当たりません
背景などもお上手で雰囲気あるもの。
落ち着いた漫画運びの、描写・表現は地に足ついたような、じっくり感あります。
特にバランス感覚は優れていて、引き絵なども違和感ありません。
人物絵は幅広・丸い輪郭で、漫画っぽい可愛らしさ。
肉付きよく、むちむちとしたスタイルです。
ちょっとしたリアルさと素朴さある、素敵な仕上がりです。
↓表紙などカラーより白黒絵のが断然良いので、判断はいくらかプラス判定でどうぞ。

 【 収録話 】 11話収録

001:「夜が更けるまでに」 カラー原稿あり
仕事から帰宅した「日立」
すると、アパートの前には隣の娘「神座真琴(かむくら・まこと)」が立っていたのです。
寒空の下、鍵を忘れたという彼女を家族戻るまで部屋に招くこととしたのでした。
ひでるさんが勝手に命名した、”部屋に女の子がやってくるシリーズ”の1つ目。
見ていて結構年齢差ある2人なのですが。
「真琴ちゃん」は、自らキス仕掛けるくらいに好意を持っていた様子。
まー、可愛いですねー。
どうしたら隣の娘とこんな関係になれるのか、後学のため「日立くん」がどうアプローチしていたのか聞きたいです。
なお、カラー原稿は本編直後の風景でした。
お口でいけるかどうか判断していたのかな。

021:「Reminder」
毎年の田植え・稲刈り時期に、田舎へ手伝いに来ていた「一太郎」
そちらの娘「華」とは、その度に関係していたのでした。
えっちにハマっている「華ちゃん」が可愛い。
口数はごく少なく、地味目な感じなため。
なんというか、エロス感が際立っていました
冒頭の走って来るところなど、良いですね。
なお、制服姿でしたよ。

「神座真琴」、巫女「藤島詩織」
※左:「神座真琴」、右:巫女「藤島詩織」

041:「ねがいごと」
浪人となっていた「恭介」は昔部活で一緒だった「藤島詩織」が巫女として働く神社へ、頻繁にお参りに行っていたのでした。
「詩織さん」は巫女然とした雰囲気でなく、今時な女子と言う感じ。
ポニーテールの可愛らしい娘さんです。
彼とはまだカップルでなく。
お互いに、なんとなーく好意を感じている~くらいかな。
そのため、彼女の家に入った際には、切っ掛け待ちみたいになっていました。
「恭介くん」はもう少し強気にいっても良いと思う。
収録ヒロインはバスト大きい娘が多いのですが、彼女はその中でもトップクラスかも
巫女服の時にはブラしてないみたいでしたよ。
良いおっぱいでした。

063:「ほんとのところ」
クラスの中では比較的地味目な存在である「芳野萌(よしの・あかり)」
そんな彼女と付き合う「松屋」は、友人らから興味と疑問を持たれていたのです。
いや、全然可愛いと思いますがね。
ショートカットもよく似合っていて。
本人は自覚なくえっち許容範囲が広く、積極的なのでした。
学校内でのえっち展開。
ちょっと怒った表情もまた魅力的です
可愛いなぁ。
オチとなっている体操着姿がまたえっちでした。

083:「宵のまにまに」
飲んでいたところ終電を逃してしまった「宮下晴香」・「屋代佳南」の2人。
そこで、「晴香」は強引に「石垣」のアパートに押し掛け、また部屋飲みとなっていくのでした。
部屋に女の子がやってくるシリーズ。
どうやら、「佳南ちゃん」も彼には好意持ってるのかな。
「晴香さん」がシャワー浴びるため2人きりとなった際には、そんな感じでした。
その彼女は頻繁に遊びには来ていたようですが、宿泊はこれが初めて。
お互いに、そろそろ…という雰囲気だったのではないでしょうか。
隣で「佳南ちゃん」が寝ている中のえっち展開。
中盤のやり取りが甘いですね
いちおう「佳南ちゃん」は最後まで寝ているようでしたが…そう簡単に寝付けるのか、ちょっと疑問
あるいはもし寝たフリだったら、この後にややこしい展開とか想像できそうです。

107:「見よるやろ?」
127:「もっと!見よるやろ?」 描き下ろし
課題がヤバい「夏目留華」は友人「花田美保」を呼び出したのですが。
その彼女もまだ課題を終えてなく。
手伝えない「美保」は自らの代わりに「溝口」を連れてきていたのでした。
そんな訳で、部屋に女の子がやってくる~ではなく、女の子の部屋にやってきた、というお話。
ツインテールにしている「留華ちゃん」
あれは課題がため、一時的に結んでいたみたい。
外風景・描き下ろしでは、下ろしたストレートの髪型が楽しめます。
丸出しな方言が特徴的な娘さんでした。
あれは山口弁、でいいのかな。
漫画開始時点でり、それぞれはかなり親しいらしく。
突然の男子来訪でも、「留華ちゃん」特に部屋着のまま彼を家に招き入れておりました。
距離感も近く、「溝口くん」をドキドキさせており。
結果、タイトルのような展開になるのでした。
あるいはそんなんも考慮して、友人「美保ちゃん」は彼にコンタクト取ったのかも。

描き下ろしはその後の2人。
えっち描写はないものの。
すっかりリラックスした「留華ちゃん」の姿が楽しめます。
まぁ、まずは彼呼び方から考えてみてはどうでしょうか。

131:「うちとけるよるに」
付き合って半年、という「柚子(ゆず)」・「柾木」のカップル。
仲は良好だったものの、まだ何もしていなかったのでした。
部屋に女の子がやってくるシリーズ。
泊る「柚子ちゃん」はパジャマ姿でした。
察するところ、お風呂なども済ませてるのではないかなぁ。
「柾木くん」は「柚子ちゃん」がイラっとくるくらい、煮え切らない男性
2人して寝た際の描写はその最たるものでしょう。
気持ち分からんでもないけど、ちょっと極端ですわね。
別にいきなり最後までしなくとも、おっぱい触ったりすればいいのに。
ただ、そうして溜めたことで、彼女のエロスを表面化させていました。
結果オーライですね。

151:「バイプレーヤー」
友人宅で仲間4名での飲み会。
酔っぱらった友人と「海原」は台所で始めてしまい。
残された「太田川」・「深山」もそれにつられるのでした。
友人カップルに触発される、成年漫画のセオリー話。
「深山さん」はいかにも大人しそうな娘なのですが。
シチュエーションとアルコールの力がためかな。
(※中盤で否定しています)
黒タイツがいい感じ
また、穿いていたスカート丈が短いので、見事なパンチラが楽しめます。

173:「酔ってでも。」
「降田」・「真坂」はバイトの同僚。
店が近いとかなんとか理由で、「真坂」は彼の家の宿泊も3日連続となっていた頃…と、だいたいそんな導入部。
部屋に女の子がやってくるシリーズ。
あのさ、私が三日も泊まった意味。分かってんだろ?
最終的にはそう言われてました。
見るからに「降田くん」はイイ人なのですが、よく我慢してたなぁ。
部屋着、短パンでの体育座りがセクシーです。
まぁ、目前であー座れれば、そのあたり視線行くのは当然よ。

清瀬さん
※清瀬さん

191:「おでむかえ」
帰省した「清瀬」を出迎えた「悠人(はると)」
自宅まで送ろうとしていたところ、「悠人」の自宅に行きたいと言い出したのでした。
部屋に女の子がやってくるシリーズ。
黒縁眼鏡な「清瀬さん」は、収録で唯一の眼鏡ヒロイン。
ぱっと想像される、真面目・高飛車のどちらでもなく。
絶妙なパランス感覚で可愛らしく描かれていました
車内の段階で既にラブラブな雰囲気ありましたが、部屋でも同様。
おそらく、学生時代からいい感じだったのではないでしょうか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「こっぽり生ビール」センセでした。
…まぁ、なんというか独特なお名前。
前述したように単行本の完成度もあり、ひょっとしたら別名義があるのでは。
そう思って検索しましたが、特にヒットせず。
これが初単行本というのは正しいみたい。
何はともあれ、おめでとうございます!
↓表紙は指舐めてる画なんですね。
カバー裏のラフ絵で気付きました。
(※それまで、男性自身を咥えてるのだと勝手に思ってた)
個人的には…ギャル巫女「詩織さん」を立てた方が良かったのではないかなぁ。
彼女、ぱっと派手で目立つので。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ショートカット ツインテール パンチラ ポニーテール

■しあわせっくす (虎助遥人)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、眼鏡、フェチ
・構成 : 初単行本、8話収録(うち「ふたり」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にラフ絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「虎助遥人(こすけ・はるひと)」センセの「しあわせっくす」です。

コスプレイヤー「大船真由奈」
コスプレイヤー「大船真由奈」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ連続話あった以外は全て短編。
連続話は別シチュエーション漫画で、繋がった2日間のエピソードとなっていました。
コレが収録でダントツ
詳しくは後述しますね。
他短編も含め、ジャンルとしてはラブコメ
ラブ・コメのどちらも強い感じ。
読んでいて感じたのは、導入は成年漫画でよくありがちなものなのですが。
後の展開には意外性があり、独特で面白い
どちらの漫画も、センセが信条としている部分が発揮されたものだと思います。
甘さが心地よいものでしたよ。
ところどころのフェチっぽいところも、お好きな方には刺さる部分でしょう。
読むにも楽しく、人を選びそうなのは次の絵かな。

柔らかな細線での作画。
描き込み・濃淡は適度なくらい。
全体の色づきなどもしつこくなく、見易い原稿。
コマ割りはやや細かく、変化やはみ出し・ぶち抜き多め。
その漫画について、見易い・見辛い時がありました
ただし、流れを阻害するほどではありません。
あとはコマ内の配置・引き絵がやや弱めかな。
人物画は漫画っぽい可愛らしさ。
お姉さんから若妻くらいがちょうど合致しそう。
キャラ設定の効果もあり、魅力的な仕上がりでした。
↓表紙などカラー絵があまり本編のイメージと合致せず。
判断については、カバーのカット絵のがいいと思います。

 【 収録話 】 8話収録

001:「ふたり」
031:「ふたり#」
夏休み中で、水泳部の練習は「平山」・「伊東」の2人だけでした。
しかも、修繕中で普段の更衣室は仕えず。
水着のまま校内を移動していたところ。
ちょっとした事故で、2人とも3階から下まで落ちてしまったのでした。
幸いなことに怪我はなかったものの。
落ちた途中に引っ掛かったらしい水着は、完全に脱げてしまっていたのです。
さてどうする!?

正直、切っ掛けはかなりはっちゃけたものでしたが。
後の展開がじっくりとした描写で甘く、秀逸な仕上がりのエピソードでした。
2話目もドキドキ感あってこれまた良く。
カップルができるまでのアレコレが追体験できるみたいな感覚。
四角眼鏡な「伊東さん」が可愛い。
個人的には2話目の彼女のサービスが刺さり、収録中でダントツにこの漫画が好き。
ぜひ「伊東さん」にはまた登場してほしいです。

伊東さん
※伊東さん

さて、切っ掛けの1話目。
全裸のまま、放り出された2人。
グランドにはサッカー部が練習しており、見つからぬまま通り過ぎるのはほぼ不可能という状況。
とりあえず開いていた体育倉庫に避難したのでした。

「平山くん」はなかなか男気あり、単独で着替えを取りに戻ろうと言い出したのですが…。
全裸の無防備な女の子を校舎裏に一人置き去りにするような人なの?
むむ、確かにそれもそうか。
そんな訳で、どちらも全裸なまま倉庫にて時を待つこととなったのです。
よかったっていうか…」のくだりがまた秀逸。
あの一言もあっ、後の展開がまた生きてくるのだと思います。
詳細は伏せますが、密着シーンがまた実に良い感じ。
だって、「伊東さん」がむちむちなんだもの。
大きく分けて2パターンのメイン部分も適度な緊張感あり、また良かったです。

さて、2話目はその翌日。
オチから続くエピソードとなっています。
私服姿の「伊東さん」はやり取りそのまま活発なスポーツ少女という感じ。
爽やかで初々しいですよ。
買い直しの水着試着の「どう?」がまたキュート。
いちおう店内なのですが、わざわざ見せてくれるというラブラブっぷりでした。
そんなこんなでのえっち展開が、前述した通りに最高。
ちょっと…本気で羨ましく感じました
競泳水着はイイですね(笑)
なお、中扉では制服姿でのえっちが見れるのですが。
あれはオチ発言によるものですかね。
ぜひこれも1エピソードで見たいです。

055:「ユウちゃん見捨てないで」
「ユウジ」が飲み屋で知り合った42歳の中年男性。
彼がまだ童貞だと聞き、付き合う「杏奈」にえっちの相手を命じたのでした。
特に「ユウジ」は見てるのが好き~とかいう性癖でなく。
最中に友人から呼び出され、途中退室していました。
…そんなんのドコが良いのだろう。
中年男性はイケメンとかでないものの、人間的には普通…まぁ普通(いや、彼よりは)
えっちの相性は良かったみたい。
オチはコメディーちっくなものなので、ご安心を。
結果的にはこれで良かったのでは。

081:「SSR彼女」
「二次元こそ至高」などと豪語していた「高見」
そうした発言を聞いていたクラスメイト「大船真由奈」
彼の信念を揺るがすべく、好きなキャラのコスプレをしてイベントにて誘いをかけてみたのでした。
”SSR”は「エスエスレア」とのことで、いわゆるスマホゲームのもの。
「真由奈さん」がコスプレしたキャラクターです。
三次元の良さというのはありますからねー。
彼が揺らぐのも、まぁ仕方ない事。
これまでの関係は不確かですが、似た趣味を持つということでなんとなく意識はしていたのかな。
わざわざコスプレして誘うくらいですから。
ため、えっち展開はやや強引な気もしましたが、漫画ジャンルがため当然でしょう。
やはりああした場面では虚勢を張らずに、素直になるのが大切
コスプレえっちに至っておりました。
普段の「真由奈さん」は、やや地味目な眼鏡女子なのですが…。
後半の展開が甘くラブラブしていて、ほっこり
良い読後感でした。

111:「まぐわいシエスタ」
輪仁寝具の営業「高嶋あかね」
ノルマが未達成な彼女は訪問販売にて強引に部屋に上がることに成功したのでした。
成年漫画でよく見かける、女性セールスのお話。
こちらも途中まではそんな感じなのですが…。
”絶対に眠れる枕”という販売していた「爆睡問題」の性能がため、ちょっと変わった展開になっていくのでした。
ほぼ魔法のようですね
寝てしまった「あかねちゃん」に色々するのは分かるのですが…。
この漫画の本当に面白いのはその後。
まさかあんな感じになるとは予想もしていませんでした。
オチも綺麗に決まっていたと思います。

141:「Missテイク」
間違って届いた荷物の中身は、透け祐なネグリジェでした。
受け取って開封までしてしまったため、どうしようかと机に置いていたところ。
仕事から帰宅した「小春」は「厚」の意思だと勘違いし、袖を通すのでした。
えっちな服でのプレイ漫画。
ありがちな展開ではあるのですが。
着てはみたものの、恥ずかしさが勝った「小春さん」が可愛い
ショートカットで活発っぽい娘さんでしたからね。
鏡での縦コマがいい感じです。
オチはコメディーちっくなもの。

159:「それでもキミが好き」
半年付き合っていた彼女から、一方的にフラれてしまった「松原俊介」
同級生「早川久美子」から呼び出され、慰められつつ飲むこととなったのでした。
これまた成年漫画ではお馴染みな展開。
「久美子さん」が実にキュート。
優しく甘く、期待通りな展開です。
読んでいて非常に心地良いものでしたが…ラストには驚くべきどんでん返しが。
このカップルがどうなってしまうのか、こうご期待。
まぁ、そんなモンですよね。

営業「高嶋あかね」、紫乃さん
※左:営業「高嶋あかね」、右:紫乃さん

185:「君と夏の日を」
「Missテイク」と似た切っ掛けですが、こちらはセクシー水着を切っ掛けとしたお話。
成年漫画での水着デザインで考えると、そうエロエロしくないもの。
ただ、着る「紫乃」さんが日焼け跡なセクシー女性で、非常にイイ感じになってます。
わざわざ、あーまでして着てくれたならば。
やっぱり、なんらかリアクションはするべきでしょう。
いきなり彼女怒っていたので、具体的にどんなんだったかは分からないのですが。
そうした諸々があったためか、えっちは定番の浜辺プレイではなく、遊んだ後の室内。
水着下のサポーターや日焼け跡が素敵でした。
オチのあれも可愛いと思うんですがね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「虎助遥人」センセでした。
今回が初単行本でした。
おめでとうございます!
今回は何といっても冒頭の連続話「ふたり」でしょう。
何度も読み返したくなる、秀逸なお話です
↓表紙が「伊東さん」でなかったのは非常に残念。
彼女の水着姿のがカチっときたのではないかなぁ。
…というか、前述もしましたが、カバーの表裏どちらも、ロリっとしたバランスに見え。
あまり本編の良さが伝わり辛いものだと思います。







★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット コスプレ 競泳水着

■レイカは華麗な僕のメイド (ぐすたふ)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●〇〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] メイド、ラブコメ、主従
・構成 : 10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「おまけマンガ」、
      ヒロイン紹介、イラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぐすたふ」センセの「レイカは華麗な僕のメイド」です。

朝霧蓮見さん
※朝霧蓮見さん

 【 構成・絵柄 】

いきなりですが。
ざっと読んでいて、ストーリー面は一部カチッと理解し難いものでした。
単にひでるさんの理解力が弱いだけなのかもしれませんが、正直な印象を書きますね。

収録は1冊まるまるの長編。
いちおうストーリー調の長編となっています。
…が。
あまり連続長編のメリットを生かし切れていないように思いました。
後半に差し込まれていたヒロイン紹介にて、ようやくなんとなーく分かった感じ。
(※漫画内だけでそれは理解はできない)
ネタ振りもあるのかないのか、回収したのかしてないのか…。
メインヒロインの多面的なキャラもあって、より不可解な漫画と仕上がっています。
ただ変な話、成年漫画らしくえっちに比重あるので、あまりストーリー面を追いかける必要もありません。
読みたい方は避けた方が良いでしょう。
ジャンルはラブコメ
タイトルそのまま、メイドさんとのイチャイチャ話です。
紹介帯にはSだのMだのと書いてあり、実際そんな描写もありましたが。
そう強いものではなかったので、あまり期待し過ぎないように。
逆に言えば、はっちゃけたプレイはないので、ご安心ください。

しなやかな濃い線での作画。
全体の色づきはそこそこで、濃淡はやや強め。
描き込みはやや細かめでした。
中小のコマ割りは斜めや重なり、はみ出し・ぶち抜きなど賑やか。
それでも原稿の仕上がりは綺麗で、見易いものです。
人物絵はリアル・漫画の度合が適度なお姉さん系。
多少コメディー崩しもあり、やや差も感じますがだいたい許容範囲。
良いと思います
しかし、コマによってやや良し悪しあり、安定感は微妙。
他が良く描かれているため、ちょっとした力加減の抜けた部分が目立っていました。
基本的に好きな系統なのですが、なんというか…全力では支持できない感覚です。
ほぼ変化はないので、判断については↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

007:「レイカは華麗な僕のメイド」
215:「レイカは華麗な僕のメイド レイカの日記」 描き下ろし
父が他界し、その遺産を継ぐこととなった主人公「怜治」
親戚に育てられていた彼には他人のような存在だったものの、親は親。
こうして、一夜にしていくばくかの金と巨大な屋敷。
そして1人のメイド「レイカ」を手に入れたのでした。
すこぶる美人で有能なメイドでしたが、国籍不明、本名不明という謎な存在であり。
また、奉仕と称して事ある毎にえっち仕掛けてくるのでした。
ごく簡単にはひそんな感じ。

メイド「レイカさん」
※メイド「レイカさん」

美人メイド「レイカさん」との連続ストーリー。
遺産相続した「怜治くん」がメイド「レイカさん」との生活風景が描かれる1話目。
大きな屋敷、は言葉だけのものでなく、相当に広いお屋敷なのですが。
そこで面倒を見る使用人が彼女1人というのは、ちょっと違和感。
まぁ、これ以前も旦那様(※「怜治くん」の父親ね)と2人きりであったなら、そんなものか。
ご奉仕と称するえっち行為は日常的にしていたようだし、それで十分かも。
ちょっとSっぽいところが、また色々想像させられますね(笑)
メインは彼女に一目惚れをしていた「怜治くん」がデートに連れ出すというもの。
「レイカさん」の語りで、ちょろっとですがその独特さの理由が描かれていたので必見。
また、私服姿が見れます。

いきなりSっぽい攻めで始まっている2話目。
映画部の撮影で使う、露出大きいメイド服でのえっちです。
あちこち誤解している「レイカさん」が楽しい。
色々な表情見れましたが…いぢめてる際の彼女は楽しそう。
カラー原稿もある3話目は、部の皆で別荘へと向かうお話。
お金ありますね…。
特に2人とも事業とか金銭のやりくりみたいな描写ないですが、そのあたりは盤石なのかな。
(※というか、おそらく「レイカさん」は給与もらっていないと思う)
なお、こちらの別荘は”メイド依存症”な彼女のため、喫茶店仕様となっており。
夏場だけ開店しているものの、地元では評判となっていました。
えっちは浜辺プレイでカラー原稿に繋がっています。

前話にも顔を見せていた部員の1人「朝霧蓮見」さんが再登場する4話目。
同じくメイド服を着ており、眼鏡メイドとなっていました。
洗練された美人の「レイカさん」とは巧くキャラが異なっていて、いい感じ。
こちらは「怜治くん」の誕生日で、「蓮見さん」の助言を受けた「レイカさん」が慣れないプレゼントをするというもの。
デートですね。
私服で落ち着かないこともあってか、えっちでも「怜治くん」がリードしていました。
5話目は「蓮見さん」の主役回で、外伝的なエピソード。
バレンタインで部長に告白しようと考えた「蓮見さん」
メイド服を着てそのアパートを訪ねるのでした。
勝負がためか、眼鏡オフでやや雰囲気違う彼女。
彼がまたメイドフェチであったため、実に巧い事進んでいました。
まぁ、良かった…のかな
どーでもいいですが、避妊はしなさいよ。

こうした漫画の定番、「怜治くん」がメイド服を着て女装する6話目。
またそれが似合うというのもこうした漫画のお約束。
異常に楽しげな「レイカさん」が可笑しい。
主従関係忘れてそう。
そのままえっちに展開していました。
剃刀は怖いよ
オチがちょっと気になる感じです。
図書館での7話目。
場面に合わせたのか、「レイカさん」は眼鏡着用でした。
これはまたいい感じ。
ただ、発言はちょっとおかしなものでした。
見上げパンチラなど定番ネタはなかった(スカート丈長いからね)ものの、キッチリ館内でのえっちに発展しています。
あ、覗いた「蓮見さん」はセオリーでしたが。

眼鏡メイドの「レイカさん」
※眼鏡メイドの「レイカさん」

ポイントとなる8話目。
ここがかなり唐突感あって、違和感大きいのです
写真から、おそらく「怜治くん」は●●関係なのだと思いますが。
妙に雰囲気異なる、というか性格からして別人となっている「レイカさん」が描かれます。
詳細は伏せます。
えっちはお風呂プレイでした。
なお、最終話では元の「レイカさん」に戻っていて。
ややしっとりとしたエピソードとなっていました。
これはコレで良かったので、この後にある紹介部分が蛇足なようにも感じます
描き下ろしはタイトルそのまま、日記調に描かれたエピソード。
「蓮見さん」に作法教える部分がいいですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ぐすたふ」センセでした。
当ブログでは「放課後TOYフレンズ」を紹介しています。
2011年の単行本ですね。
すっかり覚えてなく、初見だと思っていました。
絵柄はともかく、やはりあの設定はかえって邪魔。
こちらに知らせぬまま、”単に独特なメイドさん”というのが良かったように感じます。
あれを知らされて、逆にモヤモヤしてしまいました。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■群青ノイズ ~初回版~ (きい)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 制服、ラブコメ、青春
・構成 : 9話収録(※一部に同一世界あり)
・おまけ: カバー裏にカラーあとがき・SD絵、合間にネタ絵、
      加筆修正あり。
※初回版のみ特典「下書きネーム集」 (208ページ)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「きい」センセの「群青ノイズ ~初回版~」です。

五月水瀬
※五月水瀬

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
エピソードには、ちらほら他キャラが登場しており。
同一世界な漫画になっています。
そうしたものかオマケかよく分かりませんが、ちらモブ的に顔を見せていたのも見掛けたので。
前巻ともども、あちこち探してみるのも良いでしょう
そう、そちらからの続きエピソードもありましたよー。
ごく簡単にくくるならば、ジャンルはラブコメとなるのですが。
はっちゃけ感は控えめ。
前巻と同様に、若い男女の青春模様という感じです。
紹介文言にあった、
”大人でも子供でもない彼女たちが雑音まじりの恋にもがく等身大ラブスト―リー”
…というのが、かなり的を得たものだと思います。
連続でなくともしっかり心理表現された、読むにも楽しめる漫画群。
↓表紙のような絵柄・雰囲気がお好きならば、まったく問題ないと思います。

初回版のみ、特典として単行本に収録した全ての下書きネーム集がついてきます。
付いてくる、のですが決しておまけ小冊子という扱いでなく。
それがため、定価は1404円とひとまわり高めなのです
編集者じゃあるまいし、ネームなんて…とか、まったく興味ない方にはやや高い買い物かも。
収録はまったく同じ漫画ですしね。
(※ただ、それがため完成品と比較できるのですが)
台詞は手書きされてるので、いちおう漫画としても読め。
また、短編「LOVERS」の前半は下書き段階のもので、完成品とはまた一味違う綺麗な原稿が楽しめます。
巻末にはセンセの作品解説もあり、そうしたアレコレが価格相当だと思えるかどうか、でしょうかね。

さらりとしたしなやか線での作画。
けっこう白比率があり、ぱっと見ではすっきりとした雰囲気。
色付き・濃淡は適度なくらい。
描き込みについては、必要最低限な細かさでした。
ごく丁寧で乱れ・崩れは見られず、スッキリと綺麗な原稿仕上がりです
全体的に過ぎないくらいな感覚。
人物絵もそんな感じ。
漫画っぽい可愛さながら素朴でリアルな空気があり。
そんな彼女らのアレコレには、なんとも言えないエロス感でした。
コメディー崩しはやや多め。
漫画運びにやや見辛いところもありましたが、些細な程度でしょう。
判断については、↓表紙・裏表紙。
または紹介帯のカット絵がオススメです。

 【 収録話 】 9話収録

003:「-10」
「みなみん」こと教師「一重」と生徒「栄代悠(えいしろ・ゆう)」のカップル。
夏祭りに出掛けていた2人は、顔見知りと鉢合わせしたため。
人込みを避けていくのでした。
ごく簡単にはそんな、お祭りエピソード。
視点は「悠くん」になっていて、タイトルの数値は年齢差
ヤキモキする気持ちはよーく分かりますが…こんな関係になってるのは凄まじい事
まぁ、社会人にでもなればそんなん無関係になるのですが、学生時代は仕方ないですかね。
成年漫画で祭り・浴衣となれば、当然野外えっちがお約束。
年上然とした「一重さん」が実に素敵でした。

なお、こちらの冒頭には「紗南」・「たえ」・「水瀬」らがちらと顔見せしているのですが。
(※「たえちゃん」は以降名前だけの登場もちらほら見掛けます)
1ページの祭りシーンには、その他にも見知った顔がありましたよ。

教師「一重さん」、マネージャー「二篠さん」
※左:教師「一重さん」、右:マネージャー「二篠さん」

023:「イレギュラー」
自らのミスで昨日の試合に敗れた野球部「宮琵(みやび)」
練習に出ず部室にてサボっていた彼にマネージャー「二篠歩(にしの・あゆむ)」は声を掛けたのでした。
前半には「二篠さん」のジャージ姿でのお尻のアップがあるのですが…。
これが秀逸
ついでにパンチラもしてたりしていて、間近にいた「宮琵くん」の気持ちがよく分かる(笑)
部室でのえっち展開です。
途中、邪魔が入って中断させられてしまうのですが。
待ってて…
の台詞と、再開するまでの静かなくだりが抜群なエロス感でした。

047:「トイレの小花ちゃん」
友人宅にてトイレを借りていた「小花」
ちょうど鍵が壊れており、またお兄ちゃんがギリギリで駆け戻ってきたため。
真っ最中に鉢合わせしてしまったのでした。
そんな訳で、学校の怪談とは関係ありません。
トイレで鉢合わせるというのは、なんとも言えない感覚ありますよね。
家族でもそんなんなので、他人ならば尚更。
ロリっとした雰囲気の「小花ちゃん」で、友人らもそうした感想なのですが。
ここでトイレえっちに誘ったのは、彼女からでした。
どういった経緯でそうなるのかは秘密。
まぁ、巧く運んで良かったね。
冒頭・オチでの下着脱ぎ・穿きする絵が好き

067:「LOVERS」
友人「紗南」の家に呼ばれていた「五月水瀬(さつき・みなせ)」
実は、格好良い家庭教師の彼を見せる目的だったのですが…。
ふと携帯を忘れていたことに気付いた「水瀬」が、取りに戻ったところ。
真っ最中だった2人と鉢合わせてしてしまったのでした。
概ねそんな導入部。

こちらの「水瀬さん」が今回↓表紙となっている日焼け跡娘さん。
実は中扉(※表紙の続きみたいな絵です)、あとがき絵も彼女なのですが。
競泳水着から着替える直前…みたいな、あとがき絵がお気に入り。
あの、見えそうで見えてないというのが、何とも言えないエロス感ですよねー。
漫画の流れから、たぶん「水瀬さん」が忘れ物を取りに戻ったのは数分後程度だと思われますが。
「紗南さん」らは即えっち状態だったのかな。
あれで止めることなく、しかも見せつける彼がゲスい

さて、漫画のメインは当然「水瀬さん」のえっち展開なのですが。
ネタバレしちゃうので、新鮮に読みたい方はこののち↓下の「」部分まですっ飛ばしてください

 ・
 ・
 ・


おそらく初めて目撃した直接行為に、感情・性欲など乱されてしまう「水瀬さん」
そうした数ページがため、彼女のえっち展開は納得なのですが。
なにが悔しいかって…。
購入の切っ掛けにもなった↓表紙の「水瀬さん」が、あーんなチャラい野郎にえっちされてしまうのが、実に無念
ううう…。
他エピソードと違い、おそらくヤツに恋愛感情なんてないのだろうし。
せめて親しい男子の幼馴染みとかいれば、代わりを務めたかもしれないのですがね。


 ・
 ・
 ・

ここまで

「水瀬さん」の日焼け跡が実にエロくていい感じ。
ちなみに、シャワーシーンでは競泳水着姿も見せていましたよ。
ぜひ彼女にはもう一度登場して欲しいです。

109:「咲クLOVE-さくら-」
隣に住む元ヤンぽい「六飼桜子(むかい・さくらこ)」
恐いながらも綺麗な人だとも感じていた浪人生の主人公。
ちらほら顔を合わせるうちに、色々な面が見えてきて。
いつからか、彼女に想いを抱くようになっていたのでした。
元ヤンぽい方はたいていジャージ姿ですねー。
こちらの「六飼さん」も同様。
おそらく、何もなければ、単に気になるお隣さんというだけだったと思いますが。
失恋したらしい彼女がお酒と共にやって来たのが全ての切っ掛け。
収録の「イレギュラー」ほど強調されてはいませんでしたが、こちらもお尻のアップ絵があり。
彼に勢いを与えることとなっています。
まぁ、意思をしっかり伝えるのは重要ですわね。
その直後の髪解けた「六飼さん」の振り返ったコマが良き。

131:「解放区」
卒業まであと1日となった頃。
振られたという先輩を慰めるべく、「七倉」は彼の元を訪ねたのでした。
学校屋上でのえっち話。
方言が特徴となっており、博多弁…でいいのかな?
いかにも素朴な女の子という「七倉さん」が非常に優しくて素敵
まぁ、嫌な相手にあーはしないだろうから。
先輩「草丸」は知ってて彼女を焚きつけたのかな。

149:「≦ -不等号-」
お昼頃になると、しばしば教室からいなくなる生徒「八月朔日しおん(ほづみ・-)」
実は彼女は教師「氏家」と関係していたのですが…というお話。
「トイレの小花ちゃん」と同じ世界なようです。
そちらでベッドで寝ころんでいたのが、こちらのヒロイン「しーちゅゃん」こと「しおんさん」でした。
今回は「小花ちゃん」ともう1人が外野でやいやい言う役回りとなってます。
メイン回ともあってか、「しおんさん」は妖しい魅力を見せていて。
眼鏡の気弱そうな教師「氏家くん」にて楽しんでいました。
軽いSMちっくなものですが、そうプレイは振り切れていないので、ご安心ください。
センセの解説で確信しましたが、前巻「VAMP!!」との関連で良さそう。

六飼桜子、八月朔日しおん
※左:六飼桜子、右:八月朔日しおん

169:「お見舞いエトセトラ」
風邪で休んでいた「九堂マコ」
そこに、先輩「相田瑞輝」がお見舞いにやってきたのでした。
こちらは前巻収録の短編「コンティニュー」の続き漫画。
前回は彼女がお見舞いに行っていたのですが、今度は逆に先輩がお見舞いにやって来るというもの。
ツリ目が可愛い「マコちゃん」
雰囲気そのまま、猫耳フードのパーカーを羽織っていました。
枕を投げつけたことで、それまで着ていた寝間着との関係でパンチラするのですが。
それがえっちの切っ掛け。
だって目線がちょうどそのあたりなんだもの(笑)
私が平気じゃないんですッ!!
のくだりが好き。
収録では特にラブコメ色の強い短編です。

189:「つめたい雨、やさしい君」
「十美坂ちなつ(とみさか・-)」・「辻英生(つじ・えいしょう)」のカップル話。
ごく親しい友人グループの一員だった2人。
センセの解説によると、こちらの漫画は「LOVERS」の1年前という設定。
「紗南」・「たえ」らが顔を見せています。
突然の雨に降られた「辻くん」が急いで家に戻ると。
そこに、ズブ濡れになった「ちなつさん」がいたのでした、というのが切っ掛け。
お風呂えっちです。
まぁ、そもそもそんな状態で待っていた、異常事態であり。
ここでは書きませんが、なんらかあったのは事実。
オチはあーんな感じなのですが、巧くいけばいいですね。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「きい」センセでした。
こちらが2冊目。
初単行本「放課後バニラ」はブログで取り上げていました。
”快楽天表紙作家”
そんな冠は伊達ではありません
まー、高い完成度の1冊となっていました。
そもそも、ああした初回特典をつけるなど、出版社さんが力を入れるのも納得。
ひでるさんは「ワニマガジン社」さんのHPで発見し、密かに狙っておりました。
前述しましたが、あの↓表紙に撃ち抜かれたのですよ。
いわゆる漫画表現的な巨乳でない(それなりにサイズはあるのですが)透けたバストが良いですねー。
「水瀬さん」にはぜひイイ相手に巡り合ってほしいものです。
…あ、「紗南さん」もね。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー パンチラ 競泳水着

■真珠色の残像~家族が寝静まった後で~ (Clone人間)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 人妻、義母、巨乳、羞恥
・構成 : カラー(4P)、9話収録
      (うち「真珠色の残像~家族が寝静まった後で~」×8)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、カラー描き下ろし「観覧車」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Clone人間(くろーん・にんげん)」センセの「真珠色の残像~家族が寝静まった後で~」です。

何かある前の「百子さん」
※何かある前の「百子さん」

 【 構成・絵柄 】

表題作を中心とした単行本。
メイン以外には2話の短編があるのですが、うち描き下ろしのショートはメインのひと場面を抜き出したもの。
本編はこんな感じの漫画ですよー、という前フリみたいな感じでした。
もう1つは全く別のお話。
ただ、ジャンルとしてはおおむね似たものとなっています。
漫画は美しい人妻、義母とのエピソード。
↓表紙はあんな感じになっていましたが。
ヤリヤリでいかにも~という、エロちっく女性でないのがポイントでしょう。
スタイルはもの凄いんですけどね。
多少はっちゃけた部分ありましたが、そんなんも踏まえて現代ファンタジー的なエロスで良いと思います。
トコトンリアルさを追及したい方、ハードなプレイをお望みな方はよくよく吟味するのがいいかもしれません。

さらりとした柔らか線での作画。
黒がしっかり強く、全体の濃淡もやや強め。
描き込みはどちらかというとサッパリしていると思います。
漫画ははみ出し・ぶち抜きが多く、賑やか。
小コマ・引き絵などがザックリ描かれていて、コマによって差を感じました
それがメリハリ…とは言えない雰囲気で、なんとなく力入れ具合が弱く感じます。
人物絵がリアル調なので、また目立ってしまうんですね。
良い所も多いのですが、もうプラスで丁寧さを欲しいところでした。
表現的にやや引っ掛かるところもあります。
ただ、全体のお話を阻害するほどのレベルではなく、”もうちょっと感”がありますかね。
判断については紹介帯のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「観覧車」 カラー原稿・描き下ろし
007:「真珠色の残像~家族が寝静まった後で~」 7話
娘夫婦らと共に温泉旅行へ出かけた「百子」
娘「瞳」の夫「祐介」に、酔って勘違いしたという彼と関係してしまったのですが。
そもそも、この旅行自体が彼女を手に入れるために計画されたものだったのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

7話ほどの連続ストーリー。
回想などもありましたが、このお話は実は旅行の数日間だけのエピソードになっていました。
台詞に2泊3日とあり、ほぼ2日間での出来事なのです。
えらく濃密ですわね
いちおう4名の家族旅行で、それぞれ傍に相方がいるのですが。
まー、よくもまあ、あれだけ頻繁にえっちしたなぁ、と。
実際ならば、あちこち場面で妙な感じになることと思います。
漫画ですわね。
そもそも、あのくらいの年齢な娘がいる女性で、あーした容姿というのが最大の漫画要素なのかもしれませんが。
娘(妻)の「瞳さん」が年齢・キャラ的にも若く描かれているため、より「百子さん」の魅力が伝わり易いのかも。

冒頭の「観覧車」はカラー原稿の4ページ。
本編では2話、2日目の観覧車シーンの抜き出しとなっていました。
うん、ビジュアル的に最も派手でエロちっくな場面であるためかな。

何かあった後の「百子さん」
※何かあった後の「百子さん」

本編1、2話は初日を終え、旅館シーンから。
普通の状態(笑)な「百子さん」が見れる貴重なページなので、じっくり見ておきましょう。
美人です。
続いて家族風呂場面。
奥様「瞳さん」と一緒というならば分かるんですが。
この家族、全員一緒に入っているんですね。
まぁ、確かに家族風呂なのですけれど…あんなむちむちな姿で堂々とされたら、そりゃーたまらんですよ。
また、髪をアップにした姿が豊満なスタイルと合って、もの凄い感じなのでした。
あれは…お手付きする(される)のも仕方ないかしら。
前述したように、切っ掛けは一応アルコールを理由としたもの。
なるほど、言い訳としては無難。
その真っ最中、戻って来た「瞳さん」が真横あたりに陣取っているのですが。
普通は気付くだろうなぁ。
後半から2話目までは就寝後。
狙っていただけあって、さすがに「祐介くん」は手を緩めません。
相当にリスキーな行動だと思いますけどね。
前回は確認できなかった下着が見れます。
2話目のメインはカラー原稿にもあった観覧車シーン。
普通は…あーした組み合わせで乗らないだろうなぁ。
平然としている「瞳さん」もそこそこ問題だと思う。
だいぶ父親と親しい感じだったので、それがためかな。

3話目はまだ遊園地内。
ボートシーンです。
漕いでる「百子さん」は普通に服着ているのですが、そのむちむちっぷりが凄い。
お尻とかもいい感じですからね、彼女。
…で、当然そこでもおっ始めるのですが。
ボート遊びの湖なんて普通障害物などほぼないだろうし、周囲に人も大勢いる筈なので…あれは見られ放題だろうなぁ。
その途中、おそらく対岸でえっちしていた「健太」・「リカ」を発見した2人。
複数えっちに発展しております。
プレイの変化と共に、こちらのえっちは心理的に大きな影響を与えることとなっています。
(なお、カバー裏の絵はこちらのシーンです)
4話目はその日の宿泊場面。
コタツ内えっちです。
なお、ここでも真横には「瞳さん」がいるんですが。
気付かないですね。
あるいは…目前でシテても気付かないのでは(笑)
とか言ってたら、オチ部分で変化が。
さて、どうなる!?

ドキドキな5話目はその夜、家族風呂シーン。
…なのですが。
ここで回想が入ります。
若い頃の「百子さん」見れました。
こう見ると「瞳さん」は当然ながら似ているのですが…「百子さん」のがより清楚な雰囲気ですかね。
結婚後の2人についても描かれています。
ここはポイントなので、必見
詳細については伏せますね。
回想は6話まで続きます。
さて、ちょっとお話が開いてしまいましたが。
4話オチ部分での変化で、ドキドキ…の続きがようやく描かれる7話目。
こちらが最終話です。
2人がどうなってしまうのか、ぜひ本編にてご確認ください。

美帆子
※美帆子

181:「夫婦の在処」
思い当たる節がなかったものの、医師から妊娠を告げられた「美帆子」
色々考えるうち、ふと義子「亮介」に疑いを持ったのでした。
途中にお風呂シーンがあるのですが。
成人男女が並んで、足を伸ばして入れていたので。
相当に大きな湯船ですね。
一戸建てだったので、そもそも金持ちか、はたまたお風呂だけ贅沢にしたのかな。
20代で再婚したらしい「美帆子さん」
当時の「亮介くん」は8歳とあったので…現在はおおむね10年後くらいでしょうか。
察するところ40前くらいの年齢だと思われ、そもそも高い年齢ではないのですが。
だいぶ「美帆子さん」は若い感じでしたよー。
ただ、あの年齢の男と共に風呂へ入るというのは…ちょっと脇が甘いですね。

 【 その他 】

以上、本日は「Clone人間」センセでした。
当ブログでは「桃尻400%」、「Diamond」の2冊を紹介しています。
今回は…なんとなく、↓表紙の巨乳っぷりに釣り上げられました。
やっぱり人妻はむちむちがいいですよね。
(貧乳というのもそれはそれでいいものですが) 
ちょっとはっちゃけてはいたものの、良いストーリーでした。
あとがきではこの後について描かれていましたが。
個人的には、今回の切っ掛けからそこそこ陥落していくまで~のが楽しいので満足です。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー

■ひめはじめ (木谷椎)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ロリ、複数、学園
・構成 : カラー(8P)、10話収録(うち「れんあいげーむ」×2)
・おまけ: あとがき、ゲストページ

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木谷椎(きや・しい)」センセの「ひめはじめ」です。

七海ちゃん
※七海ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と2話ほどの連続モノでの構成。
連続話は前後編みたいな感じですね。
また、気付いたのは1箇所だけでしたが、ゲスト的な顔見せもありました。
あちこち探すと、ほかにもあるかもしれません。
↓表紙・紹介帯などから察せられるそのまま、ロリ系な単行本。
ひでるさんが考えるそっち系の王道で、小さい娘が大人の手練手管で色々されてしまうのが基本。
そこそこ同意得てるものもありましたが、強引なものもちらほら。
各話は援交から儀式、指導に催眠など様々なネタで仕上がっておりました。
絶望的なものばかりではないものの、ブラックな色もしっかり
メインジャンルともども、ある程度人は選ぶ1冊となっています
センセのファンの方でも、許容できるかどうか吟味いただいた方が良いでしょう。
ラブコメなんはなかったですからね。

しっかりとした強めな線の作画。
全体の色づきはしっかりしていて、ジャンルがためか濃淡は強め。
描き込みはやや細かいくらい。
極細な枠間でコマ割りはかなり細かめ。
原稿いっぱい、という印象でした。
ある程度メリハリがあるため、見辛い感覚はありません。
他作品と雰囲気異なっています。
楕円のゆるっと丸い輪郭で、華奢な体に大きめな頭のロリバランス。
深い黒目で可愛らしく仕上がっていました。
ややテキスト多めな印象。
表現もお上手で特に引っ掛かるところはありません。
カラーとはまた異なりますが、判断についてはおおむね↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「Lo-Fi(ローファイ)」 カラー原稿あり
父親の借金返済のため、「Iちゃん」とその母は集まりに参加することとなったのです。
白マイクロビキニ姿で準備万端な「Iちゃん」
複数男性に色々されてしまう展開です。
途中で台詞と足だけ母親が登場しているんですが。
どんな感じか見たかったなぁ。
描かないのはロリ系として徹底してますね。
暴走することなく、秩序がキッチリ保たれていて、彼女とのラストシーンなど読後感悪くないのが凄い
なお、カラー原稿はプレイ開始部分の抜き出しでした。

021:「せいかつ指導」
貧乏でお金なく、奉仕活動でも態度が悪い「七海」
教師「大森」はそんな彼女をせいかつ指導室に呼び出したのでした。
長い黒髪に吊りスカートが可愛い「七海ちゃん」
やってる事は単にエロいものなのですが。
教師は落ち着いた口調で丁寧かつ理性的で、なんだか誤魔化されますわね。
オチの怪しい雰囲気が好き

Iちゃん、「いちか」・「麻雪」
※左:Iちゃん、右:「いちか」・「麻雪」

039:「ひめはじめ」 カラー原稿あり
根匡の村の儀式”ひめはじめ”
今年”ひめ”を務めることとなったのは、薙野家の「亜矢」でした。
そんな彼女と村人らのエピソード。
いわゆる昔の風習・儀式系なお話で、若干見られる外の風景はノスタルジー感あるものでした。
仮面をつけた村人らに次々えっちされる、ハードなプレイ。
↓表紙の娘さんはこちらの「亜矢ちゃん」
そのままの和服姿で登場し、カラー原稿もちゃんとあり。
↓表紙に釣り上げられた方も満足いただけるだろう構成になっています。
なお、途中でお色直しがあり、ちゃんと裏表紙の服装も見れるのはポイント。
ちらほら前フリありますが、後半にまたひとクライマックスあるのでお楽しみに。
なんというか…凄いお話でした。

063:「れんあいげーむ」
081:「れんあいげーむ(over)」
クラスで浮いた存在になっている生徒をターゲットに、関係をしていた教師「小早川正義」
卒業した「清水由衣加」の次に狙った「里崎花音」も見事に攻略していく「正義」でしたが…と、だいたいそんな流れ。
前後編みたいな感じで、2話で1つのお話です。
生徒との疑似恋愛をゲームと称している「正義」
教師として、決して良い行いではないとは思いますが…。
そう無理やりでなく合意のもとであり(弱味に付け込んではいましたが)、また事を実に慎重に運んでいて。
彼女らの表情を見る限り、そう悪いとは言い切れないかも。
性行為抜きならば完璧なんでしょうけどねー。
いや、個人的にはいいストーリーだったと思います。
メインヒロイン「花音ちゃん」は可愛らしく、それでいて結構敏いところがあり。
後半での、ちょっとづつの変化と2人の結末に注目。
最後には、またひと驚かされすると思います。
ヤルねぇ、「花音ちゃん」

099:「お金じゃ買えない」
「いちか」・「麻雪」のWヒロイン話。
えっちな事されるが小遣いくれる「田中」の部屋に入り浸る「麻雪」
彼に言われるまま、友人「いちか」を紹介したのですが。
「麻雪」の年齢はもうすぐ「田中」の守備範囲から外れてしまう時期になっていたのでした。
男性のやってること、言ってることは最低なのですが。
ヒロイン視点になっており、恋する「麻雪ちゃん」の言動が可愛い。
ちょっとツンデレっぽいところが、またキュートなのです。
寂しく静かなオチとなっていて、どうにかしてあげたくなっちゃいますが。
まあ、あんな男性に関わり続けてても良い事はなさそうだからなぁ。

175:「ほんとうのあじ」
ロリっとした「ここあ」ちゃんの援交エピソード。
”ひかがみ”については、私も初めて知りました。
へー。
成年漫画は勉強になりますね(笑)
いちおう、「Google」の結果を以下に。

ひかがみ【膕】 ひざの裏側のくぼんでいる所。

そこそこの経験者で、実際は言葉遣いも乱暴な今時の娘さんなのですが。
おっちゃんにキッチリメロメロにされてしまう、王道展開です。
しっかり避妊しているところが楽しい。
まぁ、身体は大事にね。

139:「さいみん」
自称”催眠療法士”の主人公「合沢」のもとに来た「平坂珠洲穂(ひらさか・すずほ)」
両親は離婚し、育てていた父親を火事で亡くしていた彼女。
それ以降、心因性とみられる失声症、突然物を壊すなどの問題行動を起こすようになっていたのでした。
まぁ、なんとなく想像つくかな。
ただ、実際にあーしたものに直面したら…なんというか複雑だろうなぁ。
「珠洲穂ちゃん」はロング黒髪のお嬢様っぽい娘さん。
黒タイツが実にいい感じ。
さらにエロくていい娘さんなのですが。
最後にてキッチリ怖い思いをさせてくれました。
冒頭から見ると後半は生き生きしており、まぁ…いい傾向ではあるのか。

里崎花音、平坂珠洲穂
※左:里崎花音、右:平坂珠洲穂

155:「まるうぇあ」
バーチャルなネタなのですが。
少女誘拐事件の犯人追体験データ、とさらに非合法っぽいもの。
仮想世界は相当にリアルらしく普通なのですが、たまに差し込まれる現実絵が悲しい。
まぁ、でも実際に犯罪に手を染めるよりは健全なのか。
未来エピソードらしい、一歩進んだ攻防戦が見どころ。
あくまでも追体験なので、現実の”それを見てる男性の意識”が差し込まれていて。
お話を深いものにしていました。
オチはこうしたものの定番みたいな感じですかねー。
前述したように、あれはアレで良かったとも言えるかもしれませんが…なんだかげんなりさせられますわね。

175:「じゆう研究」
資産を手にした主人公は少女「槇原さやか」を拉致監禁したのでした。
タイトルそのまま、ヒロインとのえっち研究みたいな感じ。
ただ、”拉致監禁”という単語そのまま、暗く陰湿なもの。
”前の子がどうなったのか”
そのくだりがぞーっとさせられて恐ろしい。
(※ちなみに、先の「珠洲穂ちゃん」でした)
とりあえずは大人しくしてチャンスを待つべきなのでしょうけど…。
その間になにされてしまうのか、凄い恐怖感
オチはこうした漫画らしい、救い無いもの。
前話ともども読後感重いので注意。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度お馴染み「木谷椎」センセでした。
こちらのブログでは「乙女の恋愛情事」、「どっちもLOVE!?」、「Mind of Sisters」、「Lovely Colors」、「ももいろsutudy!」、「~異端幻想~ ダークレグナム」、「妹スワップ!
などを紹介しています。
今回は7冊目の単行本。
まさか、こんなガッチリとしたロリ系で1冊まとめてくるとは思いませんでした。
こうした時世に(笑)
↓表紙がエロくて素敵ですが、どちらかというと裏表紙のがヤバめな気が。
バーコードあるので書店ではひっくり返される筈なのだけど。
慣れてない方は買い辛いかもしれませんね。
あとがきによると、まだネタが豊富な様子でした。
(※ツイッターによると、長編の可能性もありそう)
次も期待してます。

ひめはじめ ひめはじめ (MD COMICS NEO )
                  (2017/5/26)
                  木谷椎
                  ※アマゾン登録なし


tag : ラブコメ ノスタルジー

■女教師に告ぐ (木静謙ニ)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] 巨乳、教師、人妻
・構成 : フルカラー(112P)、19話収録(うち「女教師に告ぐ」×4)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木静謙ニ(きしずか・けんじ)」センセの「女教師に告ぐ」です。

新妻「綾さん」、コーチ「谷山瑠衣さん」
※左:新妻「綾さん」、右:コーチ「谷山瑠衣さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
表題のシリーズもありますが、特に関連性はありません。
詳しくは後述しますね。
いわゆるフルカラー、オールカラーな単行本。
ちょっと厚みのある良い紙質で、通常単行本より重め。
金額は通常の成年系よりやや高いものの、総ページ数は112と薄く。
単純に1話あたりの単価は白黒単行本より高くなっています。
こうしたもののセオリーで、1話あたりのページ数は4~6ページと、ショートものの単行本でした。
(※8ページのもあります)
漫画と登場ヒロインのイラスト1枚というのが基本構成。
(※冒頭2話のヒロインイラストは、中扉ともくじ絵です)
たいがい即えっち系。
短いながらも、ストーリーは良いものも多く。
読み応え、まで要求されると厳しいですが、かなり頑張っていたと思います

濃い目な線・色彩での作画。
描き込みはちょうど良くらい。
枠間確保されたコマ割りですが、ぶち抜き・はみ出しは多く。
原稿は賑やかな仕上がりです。
彩色原稿なため、見易さは問題ありません
紹介文によると、「8年間に渡り描き続けた」とのことでしたが。
若干差はあるものの、もともとお上手な方で違和感なく。
いわゆるイラスト集な空気ではなく、しっかり漫画していました。
↓表紙・裏表紙のような、やや劇画色もあるリアルな人物画。
そうした感がため、アダルトな魅力の年上なヒロインがよくお似合いです。
むちむちとしたスタイルで楽しめました。

 【 収録話 】 19話収録

003:「女教師に告ぐ①体育教師皆川緑」 4
007:「女教師に告ぐ②数学教師南里遥」 6
015:「女教師に告ぐ③英語教師エミリー」 6
021:「女教師に告ぐ④美術教師麻生麗子」 6
いちおう表題作の「女教師に告ぐ」シリーズ。
各話に繋がりなく、”女教師”というテーマが同じだけ。
特にゲスト出演とか、世界観が同じとかの仕掛けはありませんでした。
あるいは、合流話みたいなのがもう1話あれば、もう少し世界観広がったんですが…。
ちょっと残念。

1話目「皆川緑さん」は体育教師ということで、ジャージ姿。
正体不明なマスク姿男性(おそらく生徒だという認識)から複数プレイを受けておりました。
冒頭からドえろいですね。
ちょっとサスペンスな要素もあり、数話中編でも良さそうでした。
2話目「南里遥さん」は特に数学は関係なく。
生徒「戸松」くんとの拒み切れないえっち関係が描かれた、教師ものスタンダードな内容です。
定番ですが、イイよね。
3話目は英語教師ということで、「エミリーさん」は外国人。
ちらほら英語がちりばめられていましたが…金髪にした方がもっとソレらしくなったのではないかなぁ。
オチが楽しい。
4話目の「麻生麗子さん」は美術講師ということで、ヌードデッサンです。
1コマ差し込まれていた着衣絵がエロくて好き。
あのバストは…授業にて気が散りそう。
※ちなみに、タイトル後の数字は漫画ページ数です。

体育教師「皆川緑」、英語教師「エミリー」
※左:体育教師「皆川緑」、右:英語教師「エミリー」

029:「てれウサ」 4
033:「フライト・プラン」 4
039:「Swimming class」 4
3話づつ区切りますね。
「てれウサ」はバニーコスプレをさせられた「笙子(しょうこ)」さん。
”普段は真面目でお堅い~”というコマの彼女とのギャップ具合が好き。
「フライト・プラン」はセオリーな、航空会社の特別サービスな漫画ですね。 
「Swimming class」は生徒とのシャワー室えっち。
どうせならば、もう少し競泳水着姿を堪能したかったんですがね。

043:「Singing&Dancing」 4
049:「ため息をつくと」 4
053:「嫁はつらいよ?」 6
「Singing&Dancing」は”歌姫”という「未玖」さんとマネージャーのえっち。
日本人離れしたセクシーさが売り、とのことで、突発えっちを受けるのも役目だそうでした。
あっさりスクープされそうね。
定番ですがオチが楽しい。
「ため息をつくと」はオフィス話で、個人的なお気に入り。
残業をする先輩のもとへ駆けつけた「川澄」さん。
わたし……が、さしいれじゃ、ダメですか?
とのことで、えっち発展しています。
あのぅ、より帰りが遅くなっちゃうと思うんですがね…。
最終ページのやり取りが甘く、一般系えっち漫画にありそうな感じでした。
「嫁はつらいよ?」は性欲強い古賀家に嫁いだ「綾」さんが、お祖父ちゃんの相手をするというもの。
ありえなくない…!?
とか文句を言いつつ、仕方なくえっちする「綾さん」が魅力的です
オチも定番ですが秀逸。
個人的には収録で最も好きな短編でした。
再構成して、連続話でぜひ見たいですね
なんのかんのと周辺男性らとえっちしちゃう「綾さん」、みたいな感じで。

064:「PINK★VACATION」 4
065:「Sexy dance」 4
071:「魅惑の実験室」 4
アロマオイルのマッサージからえっち発展する「PINK★VACATION」
漫画というより、AVモノでの定番ですかね。
ダンス教室のコーチ「谷山瑠衣」さんが複数えっちされる「Sexy dance」
ポニーテールの「瑠衣さん」が可愛い。
あまり無理やり感ないのもいいですね。
(ページ数の関係か、あっさり承諾してましたが)
ある意味男性らの願望みたいな作品だと思います。
いわゆる発明好きな女性「知恵」さんとの「魅惑の実験室」
おそらく、こちらの「知恵さん」が裏表紙担当だと思います。
怪しげな薬の副作用でえっちに流れていました。
普通っぽい下着がなんだか意外な気も。
実は収録でガッチリ眼鏡なヒロインは彼女のみです。

075:「需要と供給~Outsourcing of love~」 6
083:「恋色フィットネス」 4
103:「紗綾さんはことわれない」 8
「需要と供給」は会長からの命令で、元秘書で後妻という「麻子」さんとえっちするというもの。
シチュエーションがエロく、お決まりな台詞もあり、短いながらもよくまとまった1話でした。
先の「知恵さん」とは違い、ゴージャス感ある下着がいい感じ
「恋色フィットネス」は競泳水着がキツくなったという「里奈」さん。
先の「Swimming class」で見れなかった水着姿が堪能できるんですが…もう少し今風のデザインのが良かったなぁ。
「紗綾さんはことわれない」は収録で唯一の8ページ漫画。
甥「幸雄」の家庭教師を請け負った「紗綾」
ひょんな切っ掛けから、関係が続いてしまっているという2人です。
ちらと見えた「紗綾さん」の幅広なモッサリとした下着が逆にエロい
しかし、勉強進まなそうね…。

後妻「麻子さん」
※後妻「麻子さん」

087:「IDOL」 6
095:「Anemone」 4
099:「となりの瞳子さん」 4
これら3話は、出版社さんがあちこち異なるもののようです。
「IDOL」は先の歌姫「未玖さん」とは違い、純粋なアイドルだった「桜みさお」さん。
しかし、番組の打ち上げで飲まされて~という、ブラック展開な複数モノ。
アイドル衣装でのプレイが見たかったですが、展開上仕方ないかな。
「Anemone」はいわゆる喪服人妻なエピソード。
義姉「慶子」との定番的なプレイが楽しめます。
と言っても、これも漫画ではなくてAVでのセオリーですわね。
結構好きです。
「となりの瞳子さん」はいわゆる近未来でのお話。
射精が厳密に管理されるうんぬんとのことでしたが、テキスト多くてページ総数的にちと難しいですね。
単にご近所の年下男子とのえっちみたいな印象でした。

 【 その他 】

以上、本日は「木静謙ニ」センセでした。
おそらく未読ではないかと思いますが、ブログではこれが初めて。
今回は…フルカラー単行本だったので、手にしてみました。
濃い目なアダルト絵とオールカラーは相性が良いような気がしていたので。
(※「織田non」センセの印象ですかね)

せっかく複数話で表題にもなっていた「女教師に告ぐ」シリーズに、もうひと、ふた展開あれば読み応えがまったく違ったものになっていたかと思うんですが…。
ちょっと残念でした。
また、ヒロイン3名を並べた↓表紙も派手さあるかもしれませんが、イマイチ。
女教師感も薄いですし。
あれならば裏表紙のがそれっぽく(実際教師ではないのですが)、背景ストーリーも妄想できて良いような気がしました。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : サスペンス ポニーテール

■妹スワップ! (木谷椎)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、妹
・構成 : カラー(4P)、短編×11話収録(うち「妹スワップ」×3)
・おまけ: あとがき・作品解説、ゲストページ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木谷椎(きや・しい)」センセの「妹スワップ! いもうとといもうとをとりかえっこ」です。

妹「遥香ちゃん」、爆乳天使「みさきちゃん」
※左:妹「遥香ちゃん」、右:爆乳天使「みさきちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作の連続話と短編。
メインの中編は3話ほどの連続話で、2名のヒロインがそれぞれ担当した後に集合するという、スタンタードな構成でした。
そのほかは純粋な短編。
他単行本からのシリーズも1話ありましたが、繋がり要素は薄めなのでそう問題ないでしょう。
ジャンルはラブコメ。
タイトルもあって妹が目立ち、可愛らしくまとまっていました
基本的には明るいエピソード群でしたが…。
そう軽すぎることもなく、ちょっとした拘束プレイなどもあって、楽しめることと思います。

柔らかな線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、やや濃淡も強め。
描き込みは細かめですが、上下左右の隙間は比較的確保されていて。
白比率がそれなりにありました。
コマ割りは中小でそう複雑なものでなく。
枠間も確保されていること多め。
色はしっかりしていたものの、そうコテコテした印象はありません。
大きく丸い黒目なヒロイン画が特徴。
広い輪郭で漫画らしい可愛らしさでまとまっています。
妹ネタはピッタリですね。
背景や小物もしっかりしていて、作画は良好
漫画もお上手で、特に引っ掛かるような部分はありません。
カラーも綺麗でした。
そう変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

003:「妹スワップ」 3話 カラー原稿あり
兄「三枝春秋」と妹「三枝千歳」は体の関係もある、お付き合い中。
「千歳」としては、やはり普通のデートがしたかったんですが、さすがに世間体もあり控えていたところ。
それを聞いていた、成績優秀・運動神経抜群、そして金持ちの息子という「二階堂時次」から、
”休日に妹を交換する”
そんな提案をされたのでした。
彼も妹「二階堂なゆた」と、兄妹ながら同じく関係していたのです。
だいたいそんな感じ。

兄妹の近親カップルのお話。
最大のポイントはタイトル通りにスワッピングするということ。
妹を交換することによって関係は健全なものとなるんですが…実際のカップルは別という、なかなか不思議な関係が楽しめます。
良いアイデアだと思います。

1話目は「春秋くん」と「なゆたさん」
ロングヘアの「なゆたさん」は巨乳の美人で、初登場は拘束具をつけていました。
兄「時次」を「時兄さま」と呼んだり、なかなか面白い娘さん。
彼を信奉しており、今回応じたのはその命令であるため。
そんな訳で、「春秋くん」にはまったく心を開いておらず、硬い表情なのでした。
自ら服を脱ぐなど、えっちには協力的なんですけどね。
そうした頑なな彼女に言った台詞が見事
ううむ、「春秋くん」ヤルねぇ。

二階堂なゆた、三枝千歳
※左:二階堂なゆた、右:三枝千歳

一方の「千歳ちゃん」と「時次くん」は2話目にて。
貧乳・ツインテール(おまけに縞パン)と、可愛らしい彼女。
先の「なゆたさん」を見てれば想像できると思いますが、その趣味は偏ったものがあり。
デート後、ホテルに到着した早々に拘束されていました。
色々なアイテム使われていましたよー。
なお、そんな感じで前半はすっかり「時次くん」のペースだったんですが。
とある理由がため、後半に主導権を握っていたのは「千歳ちゃん」でした。
何があったかは秘密。
うん、「千歳ちゃん」はいい娘ですね。

そんなこんなで3話目はセオリーに4名でのえっち。
途中入れ替わったりなんだりしていましたが、ラブラブでしたよ。
それぞれ1、2話でキャラが示されていたこともあり、個性的なやり取りが良かったです。
オチにはなるほど、という発言が。
その後の4名どうなるか、ちょっと見たい気もしました。

057:「失恋?メリークリスマス」
クリスマスイブのデートにサンタのコスプレをして出掛けた「遥香」
しかし、待ち合わせ場所で撮影会みたいになってしまい。
その姿を見た彼氏にドン引きされた結果、不意にフリーとなってしまったのです。
こうして、「遥香」は兄のアパートへ押し掛けることとなったのでした。

もともと冒頭4ページはカラー原稿だったみたい。
まぁ、待ち合わせ場所にあんな格好で来られたら、普通は引くだろうなぁ。
たとえ撮影会になっていなくても。
…隣、歩けないよ
ちなにみ、サンタコスといっても、白髭爺なソレでなく、いわゆるミニスカサンタ。
胸元の露出あり、へそ出しでスカート丈もごく短く。
結構な勝負具合でした。
漫画は兄妹の近親関係で、1日棒に振った形の妹「遥香ちゃん」が仕掛ける話。
会話を見る限り…そう頻繁でないものの、これが初ではないのかな。
どちらもスムーズにえっちへと至っておりました。
オチのやり取りが甘いです

075:「妄想小説(2)」
図書館のどちらかにある、昔の文芸部員が書いたといわれる小説。
いわゆる官能小説なんですが、作品として気になる構成で。
発見した「深山(みやま)」・「村雲」の2人も興味をもっていたのでした。
ちなみに、こちらはシリーズものらしく。
初単行本「乙女の恋愛情事」に1話目がありました。
特に繋がりはないようなので、知らなくてもOKです。
…で、その続きを「深山さん」が書いていて。
それに気付いた「村雲くん」と、図書室えっちが発展していくというもの。
なんのかんの言ってたのに、寸止めで不機嫌になる「深山さん」が可愛い。
股間に百科事典落とすわよ」の台詞が好き。

091:「姫子ちゃんとお風呂!」
親が留守の間食事を作りに来てくれた「姫子」
なぜか、本日は積極的で…
”一緒にお風呂に入ってみない?”
そう「功」を誘ってきたのでした。
既に2人はえっち関係にあるものの、まだ明かり点けるのも嫌がるほど。
そんな訳で、今回はなぜだか積極的な彼女と、新鮮な感じになっていました。
マットプレイをしてくれてましたよー。
まぁ、冒頭に前フリあったので、そんな彼女の変化というのはだいたい想像する通りでしょう。
そのまま濃厚なお風呂えっちに発展していました。
オチでもプレイは発展しており、今後もそんな感じでいくのかな。
いきなりお風呂な展開だったので、全裸満載な内容でした。

107:「性的指導」
教師「小木」は指導と称して生徒「音無智恵」と関係していたのでした。
大雑把にはそんな感じ。
冒頭のディルドプレイが好き。
エロいですね
Mちっくなヒロインで、後半はよりハードなこととなっていました。
雰囲気とプレイはそんなんですが、これはラブコメですわね。

123:「ミルクエンジェルへようこそ」
メイド喫茶の特別招待クーポンをもらった「滝沢」くん。
店に行ったところ、可愛くて巨乳という好みなタイプの「みさき」ちゃんが相手をしてくれることとなったんですが。
その「みさき」こそ、同クラスで”万年掃除当番”というどんくさい女子「一ノ瀬」の素顔だったのでした。

眼鏡取ると美少女、というベタベタなネタですね。
夜サービスは完全に風俗店で…あれは許可が必要だと思います。
「滝沢くん」は普段の対応がため、その「みさきちゃん」に好意をもたれており。
”最後の処女メイド”とか”爆乳天使”などと呼ばれていた彼女と、直接行為に至っておりました。
しっかり全員に見られながらのえっちでしたよ。
しかし、こんな裏メニューあるところで働いてるのは、何故なんだろう。
ツインテールな同僚「舞島ありか」ちゃんが気になりました。

141:「道草の花」
田舎の学校へ赴任した教師「牧村衛二」
様々な年代の生徒がいる賑やかなクラスをもっていました。
そのうち、唯一の高校生「山咲早苗」は素朴な可愛らしさがあり。
「衛二」は過去の事件を思い出してしまうのです。
ノスタルジー感あるしっとりとした作品
セーラー服の似合う「早苗ちゃん」はお下げ髪な可愛いヒロイン。
結構パンパンに張ったバストがいい感じです。
単独プレイもありましたよ。
メインは後者裏にて。
ここは非常に良いシーンでしたが…雰囲気と裏腹にドえろい「早苗ちゃん」が素敵
オチの数年後も含めて、収録ではこちらが最もお気に入りです。

山咲早苗
※山咲早苗

161:「たびだち」
妹「鈴音」と兄の近親モノ。
こちらも元々はカラー原稿だったようなんですが…白黒なのが残念。
同じ近親ネタでも先の「失恋?メリークリスマス」と違って、そのエピローグという感じ
そのため、オチはそこそこ重量感あるものです。
制服姿の「鈴音ちゃん」
ただ、現役ではなく、そのサイズは合っておらず。
ヘソ出し状態でパツパツでした。
まぁ、お兄ちゃんへのサービスですわね。
ホテルでのえっちとなっています。

177:「なかよしのクスリ」
男性のが年上というカップルが並ぶ中、こちらはヒロインのが年上。
登場する「克美」くんはショタという年代。
父親の薬を飲んだところ、男性器が反応してしまい。
それに困った彼が、近所のお姉さん「りな」に相談するというもの。
”口が堅い”、がアソコも硬いに繋がるくだりが楽しい。
ソレをどうにかすべく、えっちに発展していました。
こちらはオチが綺麗にまとまっていたと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、お馴染み「木谷椎」センセでした。
今回が6冊目の単行本。
こちらのブログでは「乙女の恋愛情事」、「どっちもLOVE!?」、「Mind of Sisters」、「Lovely Colors」、「ももいろsutudy!」、「~異端幻想~ ダークレグナム」などを紹介しています。
今回は表題作を中心に、ラブラブな作品群でした。
妹2人が並ぶ↓表紙はパンチあって分かり易く、良かったと思います。
「千歳ちゃん」はもっと縞パン強調しても良かったかなー。
ただ、読んでいてぐさーと刺さったのは「早苗ちゃん」
数年後の光景は、もう少しじっくり見たかったですよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スワッピング ラブコメ ノスタルジー コスプレ ツインテール

■一求乳魂 (ごばん)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 巨乳、ラブコメ、ハーレム
・構成 : カラー(8P)、9話収録(うち「双球Loveシリーズ」×6)
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画「双球Loveアタック番外編」、
       カラー描き下ろし「双球Loveレシーブ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ごばん」センセの「一求乳魂」です。

後輩「小沢みさ」、小料理屋の娘「坂下奈々」
※左:後輩「小沢みさ」、右:小料理屋の娘「坂下奈々」

 【 構成・絵柄 】

収録はメインの連続話と短編。
メインはいちおうストーリー漫画でした。
複数のヒロインらと次々に関係を持ち、ハーレムとなっていくタイプ。
揉めたりなんだり、ややこしい展開にはなりません。
ある意味皆さん仲良く、楽しく分けあっていました。
短編も含めて、お話はラブコメなのですが。
とにかく、全てがおっぱいという印象
↓表紙に釣り上げられた人(←私です)が満足するだろう、巨乳漫画となっていました。
期待は裏切られません
ただ、お話としては正直それなり。
漫画・ストーリー重視の方は物足りないと思います。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき・濃淡については丁度良く。
描き込みも過不足は感じませんでした。
コマ割りは中小で変化もあり、賑やか。
巻末の漫画が14年で収録では古いものなのですが、最近の原稿のが比較的すっきりとしていた印象です。
最大の特徴は、前述もしております巨乳っぷり
漫画中にボールを抱えている絵があったんですが。
まるでボールを3つ持っているみたい。
凄いですよ。
ただ、その極端なサイズがため、人物絵にはバランスが微妙なところが散見されます。
服装を含めたバスト付近の表現も、①違和感なく見れる、②いわゆる漫画表現だがそれとして納得して見れる、③どうにも違和感ある、という3パターン。
ぜひここはもう一歩、二歩頑張ってほしいところでした。
売りの1つではあると思いますが、もう若干サイズ抑えてもいいのでは。
また、背景などを含めた引き絵が弱め。
動きある絵も同様。
ほとんどは問題なく描かれているので、勿体なく感じました。
まぁ、対象とする読者が分かり易いので、それが好きかどうか。
判断には↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 9話収録

003:「双球Loveレシーブ」 カラー描き下ろし
011:「双球Loveアタック」 5話
2組の「朝倉かおり」に想いを寄せていた「高橋」
クラスメイト「佐藤」は同じバレー部の知り合いだったこともあり、仲を取り持つことを約束したのですが。
その様子を見ていた部長「沙希(星野?)」は、彼を罠にかけ。
強引に部のマネージャーとして、欲求不満解消の道具にされてしまうのでした。
だいたいそんな感じ。

部活動をメインとした、学園ハーレムもの。
舞台はだいたい学校なのですが、授業などのシーンはほぼなく。
基本的には部活動風景オンリーです。
ただし、それも場所などは関係なしにえっちばかりしていて。
これがバレー部のお話だということすら、すぐ忘れると思います(笑)
当然ながら、部員らは巨乳揃い。
ユニフォームはブルマでコレもいい感じなのですが。
基本的には、やっぱり胸メインな描かれ方でした。
登場人物は主人公以外はずらりと女性が。
女子バレー部ですからね。
ほか男子は完全にモブ程度。
いちおう想い人がいながら、次々に別のヒロインらと関係していく(させられる)お約束はこちらも同様。
ただし、ポニーテールの「佐山」さんだけは本編で出番なく。
カバー裏の番外編にて描かれていました。
1話目でも目立つ反応をしており、もう少し続いた場合とかは彼女もヒロイン候補だったのかな。
ちなみに、メインの「朝倉かおり」は何度か名前を「浅倉」とも書かれていて。
どちらが誤植なのか、よく分かりませんでした。

朝倉かおり、恵美・部長「沙希」
※左:朝倉かおり、右:恵美・部長「沙希」

冒頭話「双球Loveレシーブ」はカラー原稿の描き下ろし。
8ページまるまるえっちシーンでした。
こうしたハーレム漫画のオープニングらしい内容ですわね。
(※全ヒロインの顔見せはなかったですが)
切っ掛けとなる1話目。
前述した”ボール持ってる絵”というのは、こちらの1ページ目の「かおりさん」です。
ジャージ姿ですが、実に良いおっぱいっぷり
メインヒロインたる印象をしっかり与えてくれています。
ただし、こちらの相手はカラー原稿でも相手をしていた部長「沙希」・「(春川?)恵美」という先輩2人。
強引さもありましたが、妙なプレイのない複数えっちで。
これはコレで…いい脱童貞という感じ。
どきどき撮影する眼鏡な「佐藤さん」がキュートでした。

ツインテールな後輩「小沢みさ」との2話目。
悪戯っぽくも可愛らしい彼女は、1話目からなんらかを感じとっていたようですが。
前回のビデオカメラを発見し、自らも経験すべく「高橋くん」に迫るというもの。
先輩達ほど大きくないですけど…
とか言っていたものの、背丈小さい割には立派なバストの持ち主。
可愛らしい後輩キャラです。
前話では初えっちでもあり、主導権は握られっぱなしでしたが。
こちらでは2人に仕込まれただろう技術を、キッチリ発揮していました。
おまけに、
ごめん!可愛くてつい…っ
とかなんとか、どさくさ紛れにそんな事を言ってたりしていて。
さすがはハーレム漫画主人公という感じでしたよ。
「かおりさん」はどうした。

3話目はクラスメイト眼鏡の「佐藤さん」
毎日、目の前であんなの見せられて…
そう回想していましたが、毎回撮影してたのかな。
照れた表情が可愛らしく、1話目の登場時と違っていかにもヒロイン然となっていました。
相変わらず先輩2人のオモチャとなっている「高橋くん」なのですが。
こちらでは、いままで控えめにしていた「佐藤さん」のかなり大胆な奪還作戦が凄い。
バレたらトンでもなく怒られるぞ。
(※ああした悪戯での常連であるらしく、部長「沙希さん」らが濡れ衣で説教されてました)
1コマ顔を見せていた保健医が可愛い

別荘で強化合宿、という4話目。
「恵美さん」の別荘のようですが、雰囲気そのままにお金持ちキャラ設定でした。
なお、こうした漫画でのセオリーでは海辺だと思いますが。
こちらは山奥です。
ただ、皆さん水着ではありました。
巨乳水着大会ですよ。
合宿の筈ですが、 皆できゃらきゃらと遊んでます。
漫画内でもツッコミありましたが、まるで部活動風景とならない、珍しい漫画。
多少打ち解けてはきたものの、メインヒロイン「かおりさん」とはここまでまだ何もなし。
今回の相手は、別荘の持ち主「恵美さん」と後輩「みさちゃん」
先の水着姿での複数えっちです。
前回は分からなかったものの、並んだことで2人のバストサイズ差がハッキリ描かれています。
いやぁ、「恵美さん」は本当に大きいですね。
途中から眼鏡の「佐藤さん」も参戦。
派手な複数えっちとなります。
さらに部長「沙希さん」も加わるんですが…ここは最終話に向けて、ひと展開がありました。
どんなんかは内緒ね。
そんなこんなで最終話。
まだ合宿中でのエピソードです。
今日から気合入れていくわよ!
そうした感じでスタートしていたんですが…まぁ、成年漫画ですからね。
バレーっぽい雰囲気ないまま、エロいプレイでの特訓となります。
ようやく「かおりさん」が相手ですよ!
ただ、あーまで拒否していた彼女といかにしてえっち展開となるのかは秘密。
何の関係があるんですかっ!?
うん、確かにその通りだ。
最後まで待たされただけ、たっぷりページにてのえっちシーンが堪能できました。

なお、カバー裏の番外編は完全なるコメディー調です。
「佐山さん」の競泳水着姿がセクシーでした。

161:「Please kiss me」
小料理屋の娘「坂下奈々」は好意を寄せていた「ひろ兄」の依頼で、商店街イベントの司会をすることとなったのでした。
会長から渡されたコスチュームは、水着のようなもの。
「奈々ちゃん」が童顔な割りに巨乳だったので、かなりエロチックにはなっていましたが。
そうでなければ、普通の水着かな。
どっちにしろ露出は大き目なのですが。
そんな水着の勢いも借りて、「奈々ちゃん」が積極的にアピールするのでした。
お母さまが美人だったので、彼女も数年後は負けない巨乳美人になると思います。

185:「Love cheering」
地区大会の決勝戦で敗れた「俊也」
マネージャーで先輩の「篠塚恵理」は、そんな彼を慰めるべく自宅へ誘うのでした。
いちおう付き合ってはなく、当然えっちもこれが初めての様子。
友人男子らの発言や態度を見る限り、2人がラブラブだとは認識されてるみたい。
まぁ、「恵理さん」はだいぶ分かり易そうだったからね。
誘っただけあって、いきなりえっち仕掛けておりました。
黒パンストが素敵。
ただ、こちらのメインはタイトルそのままチアリーディング衣装。
途中で着替え、爆乳チアリーダーとなっていました。
オチはキス部分で終わって良かったのではないかなぁ。

先輩「篠塚恵理」
※先輩「篠塚恵理」

209:「secret study」
先輩から海に誘われ、さっそく店で水着を選ぶ「のぞみ」
そこまでついてきた彼が水着を買ってくれたのですが。
豊満な彼女のスタイルに対し、もはや紐同然というデザインだったのです。
カラオケ店に連れ込まれ、着替えを要求されるのでした。
こうした漫画の王道で、恥ずかしがりつつも着替えてしまうヒロイン。
まぁ、服も瞬時に脱がされていましたからねー。
水着に着替えさせても、ヤル事は変わらず(笑).
ガッツリとえっちしております。
カラオケ店をラブホ代わりにしないように。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ごばん」センセでした。
もとネタは「碁盤」とかなんでしょうか。
ぱっと見でやはり「ごはん」と勘違いしますわね。
こちらのブログでは、「絶対乳域」、「乳色吐息」などを紹介しています。
あとがきに3冊目とあったので、いちおう全て紹介しているみたい。
とかく目立っていたのが、今回の↓表紙。
あれは店頭で実に分かり易く、大正解だと思います。
いや、良いおっぱいでしたねー。
邪魔にならず、「乳」の漢字がしっかり目立つタイトルの色彩・位置。
そして背景は白で処理され、キャラをできる限り前面とした構図は抜群でした。
過去2冊よりもダントツで素晴らしい仕上がりだと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ツインテール 競泳水着 ポニーテール

■声を聞かせて (きいろいたまご)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、学生、制服
・構成 : 初単行本、8話収録(うち「悪魔のささやき」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「きいろいたまご」センセの「声を聞かせて」です。

二宮萌香
※二宮萌香

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ前後編の他は全て短編。
カバー裏の前後(それぞれ1ページづつ)にて、収録話の後日談っぽいのがありました。
制服は全て別デザインで、残念ながら同世界話はなかったです。
ごく簡単にジャンルはラブコメ
要素ラブ・コメのどちらもそう目立たず、初々しさある恋愛話という仕上がりです。
単に明るく楽しいだけでなく、それなりに毒気もありました。
茜新社」さんのくくりは「COMICS 高」で、全て制服ヒロイン。
作画と合った、お話が楽しめることと思います。

すっきりとした線での作画。
濃淡は適度なくらいで白比率ありました。
描き込みはちょうど良いくらい。
変化の少ないコマ割りはやや細かめ。
枠間はだいたい確保されており、見易い原稿となっていました。
ティーンな若さある人物画は可愛く、素朴さのあるもの。
嫌味無く敷居も低く、万人に好まれるタイプだと思います。
あちこちのバランスに優れ、引っ掛かる箇所なく。
背景や小物なども違和感としつこさなく、人物とよく合ったものでした。
判断は紹介帯のカット絵が良いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

003:「ずっと前から」
マンションのお隣同士で、小さい頃からずっと仲良しだった「悠希」・「東弥」
最近はどうしても異性であることを意識させられていたんですが。
当の「悠希」は昔と変わらずに距離は近く、無防備なのでした。

単行本を代表するような、ドキドキラブコメ
あとがきによると、こちらがデビュー作品だそうです。
ショートカットと制服が可愛い「悠希ちゃん」
あのスカート丈だと、おそらく頻繁にパンチラしていたと思われ。
そりゃ、「東弥くん」も落ち着かないわね。
慣れ親しんだ相手でも、チラと見えるそれは魅力的なものです。
また、ごく距離の近い「悠希ちゃん」が凶悪。
実にいい緊張感からのえっち展開となっていました。
ご馳走様でした。

幼馴染みカップルの恋愛話で、”かくあるべき”という、スタンダードなまとまり。
正直目新しさはないですが、しっかり基本は押さえられており。
単行本購入者の期待通りな短編でしょう。

悠希、麻耶
※左:悠希、右:麻耶

023:「とらカブり??」
何かとちょっかいを出してくるクラスメイト「弥太(やた)」
揉めることも頻繁で、彼のことが大嫌いな「麻耶」でしたが。
2人して指導室に呼ばれた帰り道にて打ち解けたのを切っ掛けに、付き合うようになっていったのでした。

先の「悠希ちゃん」らと違い、もともと接点ない2人がいかにして付き合うこととなったか、というラブコメ話。
まさに”カップル誕生”というべきエピソードでしょう。
もともと嫌いだった相手と付き合う、というのは恋愛モノでのセオリー
「弥太くん」のあれこれ対応はいちいち刺さるだろうなぁ。
あの場面で変に格好つけず、ごく素直に喋ったのもボイント高いと思います。
覚悟していただろう「麻耶ちゃん」の可愛らしい下着に注目。

047:「悪魔のささやき」 前後編
収録唯一の連続話は、ちょっと怖いタイトル。
実際はそう恐怖感あるものではないのですが…。
他短編と違い、微妙にのあるストーリーとなっていました。

「美夏」と付き合うこととなった「三田春樹」
彼女には親友「二宮萌香」がおり。
どちらも大切に感じていた「美夏」は、3人で居ることを望んでいたのですが…という流れ。

微妙な三角関係を描いたエピソード。
眼鏡で地味目な「萌香ちゃん」と、やや太目な「美夏ちゃん」というWヒロイン。
前編は交際相手である、「美夏ちゃん」とのえっちです。
目前でイチャつきことで、「萌香ちゃん」に気を遣わせている、と感じていた「春樹くん」
一緒に帰るのを止める、と告げられた際の「美夏ちゃん」は、大きめのリアクションをしていました。
あのくらいな年齢特有の仲間意識か、はたまた過去になんらかあったのか。
当人は置いといて、周囲はやり辛いわね。
雰囲気変わった「萌香ちゃん」が家に訪ねて来るのが後編。
眼鏡好きな方は残念
(※髪解き、眼鏡は外しているのです)
彼女のアプローチで、なんのかんの「春樹くん」はえっちに流されてしまうのですが。
あれは仕方ないかなぁ。
オチ付近にて、何があったの明かされておりましたが。
「美夏ちゃん」の思惑とは異なる流れになっていく事もあり得ると思います。
今後の3名が心配。
直接描写はないので、読後感は悪くないです。
…モヤっと感はあるでしょう(笑)

089:「声を聞かせて」
こちらは内気で地味目なヒロイン「久々利(くくり)」さん。
変わった名前ですね。
ククリと聞くと…どーしても案山子の「玖吼理(ククリ)」が独特な起動音と共に頭を通り過ぎますね。
脱線したので戻します。
そんな彼女から告白されて付き合うこととなった「佐倉」くんのエピソード。
実はコレが表題となってます。
↓表紙は「久々利さん」でいいのかな。
「佐倉くん」の気持ちは、まぁ分かる・分かる。
できれば…もう少しゆっくり・じっくり付き合えれば、良かったのでしょうけれど。
いっぱい・いっぱいだったからなぁ、「佐倉くん」
いちおう、彼なりには頑張っていたとは思います。
ただ、いきなりアイテムは良くないぞ。
告白した「久々利さん」の視点でも見たいです。

113:「こんぷれっくす」
137:「たねも仕掛けもありません!」
あとがきによると、こちらの2話はコミックLO掲載な様子。
そのため、どちらもヒロインは学年下となっています。

前者「こんぷれっくす」は「鈴」と兄「正樹」の友人「祐介」のカップル。
「鈴ちゃん」はクセっ毛がコンプレックスな女の子。
からかわれていたこともあり、同学年男子は苦手としていましたが。
唯一昔からよく遊んでいた「祐介」だけは大丈夫だったのです。
まぁ、同学年男子はそんなもんですわね。
その点、「祐介くん」は「鈴ちゃん」の視点では大人に映ると思います。
彼も結構いっぱい・いっぱいなんですけどね。
どちらも初々しい反応で楽しい
これを切っ掛けに、少しでも彼女の意識に良い変化あればいいですね。
(少なくともそっち方面では同学年女子に差をつけたことだし)

後者「たねも仕掛けもありません!」は手品部の「衣美」と先輩。
いきなりえっちシーンで始まるのですが。
彼女のバストトップはいわゆる陥没であり。
おそらく初めて知ったらしい彼の無神経なリアクションに、腹を立ててしまうのでした。
わはは。
ざっと調べたところ、彼女のソレは仮性で軽いケース。
現在は5人に1人という割合で、ブラなどが原因だったりもするらしい。
「衣美ちゃん」はまだ成長期なので、今後改善されるかもしれませんよ。
先輩と共に治すこととなるんだろうなぁ。
(マッサージを繰り返すことで治ることも多いらしい)

なお、カバー裏の漫画2話は、こちらの2話です。
成長した2人が見れるんですが…「鈴ちゃん」は大人っぽくなりますねー。
「衣美ちゃん」はやや願望込みのようでしたが、バスト大きくなっていたので、治ってるかな。

鈴ちゃん、美咲
※左:鈴ちゃん、右:美咲

157:「社」
他収録話がラブラブ初々しいのに対し、こちらはヒロインが年上。
また、舞台が神社ともあって、かなり雰囲気異なる1話となっていました。
「美咲」と共に社へと入る「佳彦」
2人はそこで行為に及ぶのですが…終始落ち着いた物腰の「美咲」に対し、「佳彦」のやや荒れた態度だったのです。
その理由はオチ付近にて
漫画に漂う雰囲気で、成年漫画慣れしている人はだいたい何がためえっちになっているのか、想像できると思います。
収録で唯一の黒制服が素敵。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「きいろいたまご」センセでした。
こちらが初単行本なのだとか。
おめでとうございます!
高い完成度の1冊でした。
↓表紙などのカバーより、白黒絵のが雰囲気良いですね。
なんとなく「鬼束直」センセと似た絵柄は敷居広くて嫌味なく、好み。
そうロリロリはしてなく、リアル過ぎず「COMICS 高」はピッタリだと思いました。
次巻も期待してます。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ショートカット パンチラ

■いじらしいキミ (かろちー)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、幼馴染み
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、11話収録
      (うち「早くしてよねっ」×2、「最高のふたり」×2)
・おまけ: あとがき、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「かろちー」センセの「いじらしいキミ」です。

ユイちゃん(悠々白書)
※ユイちゃん(悠々白書)

 【 構成・絵柄 】

収録は2話ほどの連続モノが2つと、短編。
連続話はシリーズっぽいもので、同キャラの別シチュエーション話となっていました。
そのほか短編も含めて、ジャンルはラブコメ
ややブラック気味のもありましたが、極端に落ち込んでいくものではありません。
開始時点で馴染みが多く、あと一歩という関係。
ラブ度強めの甘さもあるお話群でした。
お話はオチがお上手だと思います。
ただ、個人的には…もう1つ、なんらかの色味が欲しい気もしました。

スッキリ線での作画。
全体の色づきはそこそこで、黒がきゅっと強め。
描き込みはあっさり過ぎず、かと言って濃くないくらい。
洗練された今風な仕上がりです。
ただし、初単行本なだけあって、原稿時期には開きがあり。
2012年から2017年までの収録となっていました
やや差を感じる2013年以前の漫画は5話ほど収録され、比率としてはやや多め。
やはり昔のものは強めでクッキリとした雰囲気でした。
確かに作画の差はあるものの、当時からお上手なので引っ掛かる印象はありません。
なんというかパンチもありますからね。
そんな訳で全体では不安定さもありましたが、判断についてはだいたい↓表紙・裏表紙で良いと思います。

 【 収録話 】 11話収録

001:「早くしてよねっ 温泉編」 カラー原稿あり
017:「早くしてよねっ」
幼馴染みの仲良し4名グループのお話。
うち「宏美」・「康介」はすでにカップルとなっていたのですが。
「小虎」・「佳奈」は昔からの親しさが故、お互い素直になれないままの関係が続いていたのでした。
収録順では冒頭話の温泉編はその後のエピソードです。
初出を見たところ、「早くしてよねっ」とは1年数か月ほど時期の開きがありました。
まずはそちら「早くしてよねっ」から。

お祭りに出掛けたいつもの4名。
「宏美」・「康介」らの後押しも受け、ようやく進展することとなるのでした。
成年漫画でお祭りならば、やっぱり野外プレイがお約束。
髪をツインテールにしていた「佳奈ちゃん」は立派なバストの持ち主でしたが。
「小虎くん」のアレは、「無駄にデカい」のでした。
ちなみに、「佳奈ちゃん」は大根をイメージしてましたよー。
オチのやり取りが仲良く・可愛らしくて好き。
温泉編は、4名で温泉旅館へと出かけたエピソード。
カラー原稿部分は、おそらく本編次の日の朝風景。
室内での浴衣えっちです。
本編はその前日で、夜の露天風呂プレイでした。
期待たっぷりな「佳奈ちゃん」がキュートです。
しかし、こう見ると彼女いいおっぱいしてるなぁ。
なお、切っ掛けはお隣の「宏美ちゃん」らを覗いたことでして、彼女のヌードが見れたのはいいんですが…。
この旅館、構造として問題あると思う

佳奈ちゃん、漫画家「奈々子さん」
※左:佳奈ちゃん、右:漫画家「奈々子さん」

037:「最高のふたり」
061:「もっと最高のふたり」
漫画家を目指す「凜」
姉の友人で昔馴染みな「奈々子」が現在漫画家として活動しており、そのアシスタントをさせてもらえることとなったのです。
ややショタ系っぽい色のある、年の差カップル話ですね。
「奈々子さん」は半開き目で、だらっとアンニュイな雰囲気の女性
裏表紙を先の「佳奈ちゃん」と2人して担当しています。
(↓表紙も「奈々子さん」だと思いますが、どうでしょう)
成長した「凜くん」は相変わらず素直で可愛らしく。
えっち系漫画も描く「奈々子さん」は、あっさり食べてしまうのでした(笑)
本編でも台詞ありましたが、彼のアソコが凄い。
ありゃ、男子連中の間でも話題になってそう。
タイトルそのまま、「奈々子さん」とは良いカップルになりそうでした。
オチのお姉ちゃんが楽しい。
分かってて向かわせたのかな。

続く「もっと最高のふたり」はコスプレ話。
資料とかなんとかいう名目で「凜くん」を女装させるのでした。
(なお、「奈々子さん」自身も制服姿)
前話の回想でも自らの制服着せたりするコマがありましたね。
疑惑をもっていた「奈々子さん」が罠を仕掛けるお話。
ただ、あれは「凜くん」の言い分も分かるなぁ。
ある程度ならば許されるだろうから、ヤっちゃっていいと思うけど。
制服えっちとなっていました。

なお、こちらのエピソードは続きがあるようです。
次の巻に収録されるみたい。

077:「ちゃんと見てよねっ」
近所の娘「梨花」の家庭教師をしていた「義則」
昔のイメージからすっかり成長した彼女に、女性を感じるようになり。
彼女の手袋に手を伸ばしていたところ…うっかりその場で鉢合わせてしまったのでした。
「早くしてよねっ」と似たタイトルですが、特に関係はありません。
ものが手袋なのは、単純に身近にあったため。
それを勘違いした彼女は、手袋プレイをしてくれていました。
もともとその気があったらしく、ぎこちなくともえっちはスムーズ。
あの下着は単に趣味か、それを想定してか、どっちでしょう。
なお、さすがに親にはバレバレだったようで、オチはそんなんでした。

093:「悠々白書」
幼馴染みの「ユイ」・「カズキ」
どちらも成年ゲーム好きで、2人してやっていたんですが。
遠慮のない彼女に、いい加減我慢できなくなってしまったのでした。
まぁ、近しい関係ならでは、という感じですね。
成年ゲーム好きな「ユイちゃん」
まぁ、漫画ですよ。
ああしたゲームを横からヤイヤイ女子に言われながらやってる「カズキくん」は大したもの
逆に言えば、それが普通にできるくらいに親しい関係だったんですね。
あれだけ露出度高い服なのは、いちおう彼女なりのアピール。
まぁ、良かったじゃない。
だいたい着衣のままですが、あれを完全に脱がさないままだったのは、なかなかマニアック。
オチの「ユイちゃん」がラブラブ全開で実にキュートでした
あの1コマ好き。

113:「You live with…」
129:「YUMEの島」
149:「僕が知ってるのと違う!」
これら3話は2013年のもの。
多少差を感じると思います。
叔母の家に預けられた「楪(ゆずりは)」くん。
「百合」さんに一目惚れをしてしまったのでした。
そんな導入部の「You live with…」
親族だと思うんですが、会うのはこれが初めて?
年齢いくつか知りませんが、だいぶ若々しく。
まぁ、あんなんと風呂場で鉢合わせたら、こーなるのも仕方ないかな。
「百合さん」も年上然とした、大人な対応してくれていました。

「YUMEの島」はコスプレえっち。
コスプレイヤー「YUME」こと「夕芽」は秘密にしていたソレをクラスメイト「桐山」に知られてしまったのでした。
要求がエスカレートしていく脅迫えっち。
ですが、彼女もノリノリなのでそうブラックな色はありません。
オチはああしたものでしたが、バレてさらに大変なこととなりそう。
座敷童だと名乗る女の子との「僕が知ってるのと違う!」
同人誌好きで年齢イコール彼女いない歴の「コータ」くん。
帰宅すると、部屋には「ユミ」という女性がくつろいでおり。
座敷童だと名乗るものの、ラフな格好で成長した彼女はまるでそれっぽくなかったのでした。
いちおう瞬時に和装へ着替えており、なんから人外の能力は持っている様子。
童貞で実際の女には興味ないとしている彼に、次々えっち仕掛けておりました。
オチで彼女が言ってたことはその通り。
性格もだんだん丸くなっていくかなぁ。

座敷童「ユミ」、「ユイちゃん」
※左:座敷童「ユミ」、右:「ユイちゃん」

171:「蠱惑魔Girl」
189:「スナオなカラダ」
これら2話は2012年のもの。
作画の雰囲気もガラっと変化しています。
「蠱惑魔Girl」はサークル飲み会で告白された彼女「ユイ」とのえっち話。
奥手な彼女で、まだキスすらしていなかったんですが。
万が一、とサイフに忍ばせていたゴムを発見されると…という展開。
「ヒロくん」は照れていましたが、あれは男性のたしなみ。
ちゃんとしていて、全然良いと思いますよ。
意外だったのは、「ユイちゃん」が暴走タイプだった点。
教室えっちです。
まぁ、彼女もアレ見て安心したのではないかなぁ。
収録でもっとも古い「スナオなカラダ」
旅行帰りで3週間ぶりに会った彼氏「恭」ちゃんと「由佳」さんのえっち。
場所構わずに仕掛けていましたが。
久しぶりともあってか、「由佳さん」もさして抵抗してなかったですね。
ラブラブで何よりだと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「かろちー」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
あらかじめ「ワニマガジン社」さんのHPで確認していました。
お話・絵柄は好みな感じで、おおむね期待通り。
やはり連続モノがいいですね。
周辺の女性なども目立って描かれており、あるいは別話と繋がってるかなーとか思ったんですが。
残念ながら、関連する描写はなかったです。
シリーズで続いていくのもあるようなので、各話の広がりに期待します。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール コスプレ アンニュイ

■スクールラブ.ネット (小梅けいと)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] オンライン、複数、ラブコメ
・構成 : フルカラー(148P)、19話収録(うち「ケンタウロスはひとりじゃデキない」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏もカラー別イラスト、加筆修正あり、
      一部描き下ろし「スクールラブ.ネット Prologue」、
      描き下ろし「スクールラブ.ネット Epilogue」、

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小梅けいと(こうめ・けいと)」センセの「スクールラブ.ネット school-love.net」です。

「シズちゃん」とヒロインズ
※「シズちゃん」と「スクールラブ.ネット」ヒロインズ

 【 構成・絵柄 】

しっかりとした紙質の、フルカラーな単行本です。
(※正確には、単行本の前後ページは質感異なる単色ページでしたが)
メインの中編漫画と、短編2話という構成。
カラー漫画のお約束で、単純な話数では19話とかなり多いのですが。
1話あたりは2から10ページほど。
だいたいは8ページですね。
メインの中編は各話ブツ切りのようですが、主要キャラの固定された連続タイプ。
同じエピソードが続くこともありました。
詳しくは後述しますが、設定がためえっち入り乱れる派手な画面
どちらもラブコメな楽しい仕上がりです。
プレイは複数が多く、一部マニアックなものもありましたが、大きく振り切れることはなく。
読み易いものでした。
ちらほら他作品のネタが差し込まれていたので、元を知ってればより楽しく読めるでしょう。

明るくポップな色彩。
フルカラー単行本では曖昧にされがちな背景もしっかり描かれており。
ややごっちゃりと賑やか。
細かいところまでしっかり、丁寧になっていました。
主に黒の細線で中小くらいにコマ割りがされています。
そこそこの変化あり、はみ出しは多め。
目立つ乱れ・崩れなく、彩色原稿がためか見辛さはありません
漫画もお上手で、表現など特に引っかかるところないです。
幅広な輪郭と横長な目と鼻が特徴的。
配置・大きさのバランス感よく、漫画らしい可愛さあるヒロイン画となっています。
多少の癖はあるものの、そう人は選ばないと思います。
判断は↓表紙・裏表紙そのままで問題ありません。

 【 収録話 】 19話収録

001:「スクールラブ.ネット」 17話
進化したVRゲームはオトナの娯楽となっており。
性行為も可能な18禁ソフトが人気で、学園を舞台とした「らぶすく」もその1つでした。
新人プレイヤー「シズ」は「K」、「ショウタ」らの案内で世界を満喫。
ネットワークのゲーム世界を堪能するのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

学園を舞台としたネットワークゲームのお話。
そもそものゲーム目的がえっちプレイにあるため、あちこち即えっちとなっています。
モブ、背景などもそんな感じで、センセお得意な仕上がり。
学園風景については、あくまでもシチュエーションの手助けという感じです。
また、そもそもほとんどの画面がゲーム内の出来事であるため。
非現実な、ファンタジーっぽい要素もありました。
それら要素と、前述したお話の連続要素がため、各話は短くとも漫画世界を堪能できる仕上がりとなっています。

まずはPrologueから1話目まで。
「シズちゃん」の初ログインから漫画の主人公「ショウタくん」の登場回です。
世界・舞台設定について書かれていました。
ぱっと分からなくても、読み進めるうちになんとなく理解できるので、特に問題ないと思います。
えっちのメインはどちらも「シズちゃん」
2週目で気付きましたが、なにげに1話目で案内していたのは「Kくん」でしたね。

りんかちゃん、12話の女の子
※左:りんかちゃん、右:12話の女の子

ドキドキ水着大会の2話目。
ちなみに「ショウタくん」は現在レベル226。
サーバー内では2番目という高レベル者なためか、イベントでは管理者の「先生」に依頼され、主催者側となっていました。
アナウンスを担当していた「シズちゃん」は故あって途中から参加。
「ショウタくん」とは初めて2人きりで、後の伏線みたいなラブラブえっちとなってます。
3話目はゲーム内授業風景。
眼鏡の「マユ」ちゃんが登場しています。
漫画内では珍しい大人しいタイプで、結構特徴的なキャラでしたが。
オチがあーなためか、登場はこの回だけ(…たぶん)
なお、制服についての説明もありました。
ゲーム内のイベント”レイドボス襲来”の4話目。
天使の姿をした女性体のキャラで、「シズちゃん」らが敵わない相手。
画面では確認できませんが、「Kくん」も敗れているらしい強敵です。
(※勝敗はえっち勝負な感じ)
そんな訳で、唯一残った高レベルな「ショウタくん」が対応するのでした。
こちらもお話の上では後々に関わる重要な回となってます。

5話目は新規ユーザー「なっきー」こと「なつき」さんの登場回。
「シズちゃん」のリア友で、えっちと共にアバター調整する流れ。
こちら以降はあまり目立たないものの顔を見せ続けています。
その流れで6話目は部活(サークル)勧誘みたいなお話。
そちらを見て回っていた「ショウタくん」が、”サイミン部”の女の子「りんか」に声を掛けられるという流れ。
なかなかにエロい仕組みで好き
ゲームならでは、ですねー。
妹プレイとなっていました。
「りんかちゃん」は特徴的な髪型で、こちら以降でもちらほら顔を見せてくれてます。
久しぶりに「ショウタくん」のログイン前が描かれる7話目。
大幅アップデートで追加されたのは、新エリア”ジャングル林間学校”でした。
皆のコスチュームも南国風になってます。
お話はピラミッド風の校舎を探検するというもの。
なにかカベから生えてるよぉ
…の部分がベタですが好き。
「シズ」・「なつき」・「りんか」などこれまでの登場ヒロインが登場し、複数展開となってます。

8話目はバグ対応する管理者「先生」の主役回。
これまでもちらほら顔を見せており、特徴的なキャラだったので気になっていた方も多いだろうと思いますが。
こちらでは彼女のえっちが堪能できます。
「ショウタくん」ともども拘束される危機的状況なのですが。
さすが管理者、という姿を見せてくれました。
購買部が描かれる9話目。
やっぱり課金あるんですね…
「ショウタくん」はどれだけ使ってるんだろう。
大当たりの「レアスキル10個詰め合わせ」を引き当て、購買部員に試すというもの。
ヒロインの購買部の女の子は左右を三つ編みにしたタイプ。
裏表紙にも登場してます。
こちらはオチの「シズちゃん」に注目。

10、11話は他サーバーから来たプレイヤーとの交流回。
白髪で褐色肌な「サラ」さんが登場。
前後編のような雰囲気で、彼女の主役回となっています。
11話目ではすっかり主要ヒロインとなった「シズ」・「なつき」・「りんか」らも登場し、お約束に複数えっちとなっていました。
彼女も特徴的なヒロインで、オチでの発言もあって再登場を期待したんですが…。

電車プレイの12話目。
えっち目的のゲームで、電車とくれば…どうなるかは想像し易いでしょう
乗客の皆が揃ってあーだと、いまいち楽しくない気もしますが。
こちらのヒロインはロングな黒髪(絵では藍色っぽい表現)で、正統派な美少女という印象でした。
13話目は文化祭の準備話。
とある切っ掛けがため、お馴染み3名と共にコスプレえっちとなってます。
やっぱり「シズちゃん」は別格扱いで良い雰囲気でした。
なお、こちらでは唐突に「おケイ」さんというヒロインが登場しているんですが…。
オチでハッキリと正体が書かれていたあのキャラでいいのかな。
前話を受けてか、14話目は久しぶりに「ショウタ」・「シズ」のカップル2人きり。
理科室プレイですね。
しかし…このアバターは中まで作りこんであるのか
(えっちメインのゲームだからかな)
…とか、見ていたら。
ちらと前にも示されていた(描かれていた)、最終話に続くエピソードとなっています。
どんなんかは内緒。
ラスト15話まで続き、大混乱となっていました。
キチンと前フリあったネタが有効活用されてるので、読んでいて”あー、そう言えば~”と前のエピソードが思い出されます。
描き下ろしEpilogueは2ページ。
その後の風景で、あれはアレで全然良いのですが…できればほか主要キャラのそれぞれも見たかったなぁ。
(描かれてないのでかなり長くなっちゃうか)

サラさん
※サラさん

131:「はっぴーぎふと」
139:「第一次接触」
その他短編は2話収録されていました。
前者「はっぴーぎふと」は8ページ。
付き合う「華」ちゃんとのえっちですが、男性視点で描かれていて。
彼女がこちら読者側に語り掛けるようになっています。
その秘密はオチにて判明。
個人的には妹「風(ふう)」ちゃんのが気になりました。
後者「第一次接触」は6ページ。
コミュニケーション研究会の「尾田」・「植樹」のえっち。
「尾田さん」はブルマだったので、あっさり脱がされたのがやや残念。
冒頭の恥ずかしげなコマがキュートです。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「小梅けいと」センセでした。
当ブログでは一般向け「狼と香辛料」、成年系「花粉少女注意報!」、「花粉少女2!」などを紹介しています。
成年漫画は7年振りだそうで、紹介帯にも書かれていました。
そうか、「花粉少女2!」は2009年の単行本なんですね。
こうした形態の単行本の宿命で、やや単価は高め。
セオリーではショートものばかりで、読み足りなさを感じるものですが。
前述したとおり、連続漫画で画面しっかり描かれていることもあって、そうした不足感はありませんでした。
あ、個人的には見開きタイトル画の右から2番目の日焼け跡ある女の子が好き。
そちらだけの登場が残念。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー コスプレ ファンタジー

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ