FC2ブログ

■欅姉妹の四季 (大槻一翔)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] コメディー、日常、姉妹
・構成 : 6話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大槻一翔(おおつき・いちか)」センセの「欅姉妹の四季 1巻」です。

次女「朱美」、四女「瞳」
※左:次女「朱美」、右:四女「瞳」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続くお話。
いまの所は1話完結なタイプで、ストーリーが展開していました。
いわゆる日常生活を描いたタイプ。
クライマックスへ向かって一直線~、みたいなものではありません。
ただ、延々と続く訳でもないらしく。
タイトルそのまま、季節ごとの風景を描いていくようです。
詳しくは後述しますね。
漫画はコメディーちっく。
ダラダラ間延びする感じはなく、ストーリーもお上手
すんなり漫画世界を堪能できることと思います。
ひでるさんはこうした漫画ジャンルがあまり得意ではないのですが、こちらは楽しめましたよ。

しっかりとした線での作画。
黒色はやや強く、全体の濃淡は丁度良いか、やや白比率多め。
描き込みは背景や小物などしっかりしていましたが、こちらも過ぎないくらい。
コマ割りは細かく、変化は少な目。
枠間は確保されていて収まり良く、独特な空気感がありました。
表現などはなんとなく昭和漫画っぽい、どことなく懐かしいような印象。
小さいコマや引き絵に優れ、見事なバランス感覚です。
カバー裏は本編料理なのですが、これがまた見事でした。
カラーでも変化しないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 6話収録

日本の四季の移り変わりを、4姉妹とともに描く読切連作。
単行本第1巻ではいずみをフィーチャーしながら、初夏に過ごす4姉妹の様子が描かれていきます。
(※下記登場人物紹介も含め、「KADOKAWA」サイト 紹介文より)


特に思いつかなかったので。
かなり的確に漫画を紹介していた、サイトの文面を拝借してきました。
4姉妹の日常漫画ですね。
なんらか切っ掛け・事柄について、それぞれキャラが反応していく~みたいな感じ。
先ほどの文面、四季の移り変わり、とあったので4巻で完結?
初夏、とも書かれていたので、あるいは微妙な季節も合わせて、もう1、2冊くらい増えるのかな。
ピックアップするヒロインを各単行本ごとに変えていくのかもしれませんね。

【 欅姉妹、ほか登場人物 】

「睦実」   長女。料理が得意で、大声持ち
「朱美」   次女。スタイル抜群の読書家美女
「いずみ」  三女。運動大好きの正義漢。
「瞳」     四女。清楚で奥ゆかしく、手芸が得意。
「克斗」   隣の兄弟。
「鉄矢」   隣の兄弟。

三女「いずみ」
※三女「いずみ」

ほぼ家が舞台の漫画。
収録では、3話後半に映画館へと出掛けたくらい。
「いずみ」・「瞳」は間違いなく学生なのですが…話題にあったものの、学校描写はありませんでした。
そのため、↑上に残しましたが、登場人物も限られており。
隣の兄弟「克斗」・「鉄矢」らもようやく6話目で絡むのですが、そのほかはほぼ4姉妹でのやり取りになっています。
これは漫画開始の設定が現在の家に引っ越してきたばかり、という事情もあるかもしれません。
(※目次の背景絵では、家決めから引っ越しまでの風景が描かれています)
次女「朱美さん」が周囲の目を惹くほどの美人(3話)だったり、四女「瞳ちゃん」が男子の先輩に海へ誘われてたり、隣の「克斗くん」に関心持たれたりという描写はあったものの。
今の所は、恋愛・友人など人間関係のややこしい要素もありませんでした。


1話目は次女「朱美さん」の主役回。
落ち着いて読書がしたい彼女ですが、家内はなにかとほか姉妹がかしましい~と言う感じ。
初夏は三女「いずみさん」がピックアップされる季節なのですが。
姉妹立ち位置的なこともあってか、全体での主役・メインヒロインは「朱美さん」という雰囲気がありました。
本単行本でもよく登場していたほか、全体1話目だろうこちらも彼女を中心としたエピソード。
静かに読書をする「朱美さん」に対し、騒がしく料理する「睦実さん」、隣で腕立て伏せを(かつTV見てる)している「いずみさん」、そしてお裁縫する「瞳ちゃん」…と、それぞれのキャラ紹介のようにもなっていました。
これが場所を移動しても、誰かしらが邪魔しに来るという不幸。
日々ストレス溜まりそうね
洗濯物に対して皆無頓着なのはよくある事ですが、悲しい
誰か気付けよ。

2話目は今回単行本でのサービス回。
ここからは基本的に三女「いずみさん」視点でお話が進みます。
学校から帰宅し、シャワー浴びるまでが描かれているのですが。
下着姿からバストまでがあっさり描かれていました。
特に着替えシーンは彼女の性格が出ていて可笑しい。 
…ダメそう
そんな彼女を注意する「朱美さん」もまた実にらしい言動でした。
だいたい雑な「いずみさん」でしたが、一部の服はごく丁寧に扱っており。
その理由は~というのがお話のメインとなっています。

4姉妹の映画鑑賞の図が描かれたトビラ絵が楽しい3話目。
「朱美」・「いずみ」が2人して映画を見に行くこととなっていたのですが。
服のチョイスに困っている「朱美さん」
デザイン云々ではなく、単純に着る服がないのです。
バストサイズがため、ボタンを弾け飛ばしていました。
すご。
なんだか…彼女は1話目からイラつく描写ばかりですね…。
難儀な娘だなぁ。
ことごとく着る服がなかった彼女は、姉「睦実」の服を借りて出かけることとなったのです。
さて、この漫画では初外出となるのですが…周囲人々の反応に注目。
そうなんです、これまで姉妹との描写だけだったんですよね。
また、いつもは争っている妹「いずみさん」のリアクションも必見です。

土砂降りで家に閉じ込められている4話目。
こちらもまた「朱美」・「いずみ」で、2人して留守番というもの。
前回とは違い、いかにも家での姉妹していました。
まぁ、最も交わり辛いタイプだからなぁ。
(※「睦実」・「瞳」の場合は、過剰に「朱美さん」とは絡まないでしょうから)
「いずみさん」も冒頭そのまま筋トレとかやってればいのに。
彼女の身体能力の高さが伺えるエピソードでした。
あーですが、最終的にはちゃんとお姉ちゃんしている「朱美さん」に注目。

長女「睦実」
※長女「睦実」

珍しく「瞳ちゃん」が切っ掛けとなる5話目。
最も年下なので勘違いしますが、実は彼女もそこそこの年齢なんですよね。
こちらでは前話と違いお姉ちゃんしている「いずみさん」が見れます。
ちょっといままでにない反応でした。
まぁ、あーしたリアクションになるのは当然か。
危なっかしそうだからなぁ
読者側と同様、「いずみさん」らも彼女を実年齢より幼く見ていたのだと思います。
さて、後半から姉2人、「睦実」・「朱美」もこの話題に加わっていくのですが。
それぞれの対応をお楽しみください。
「睦実さん」はやっぱり長女ですねー。

収録の最終6話目はちらほら顔見せしていた隣の兄弟「克斗」・「鉄矢」のうち、年下だろう「鉄矢くん」視点となるエピソード。
外から見た欅姉妹ですね。
やはりひと騒動起こっているのですが。
発端はどうやら「いずみさん」な様子。
それぞれの性格が垣間見えるほか、こちらも最後は「睦実さん」でした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「大槻一翔」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめるでとうございます!
ざっと検索したところ…。
ラノベもご当人でいいのかな??
こちらにあとがきなどもないため、よく分かりませんでした。
センセは目次ほか表紙・裏表紙みたいな集合絵がお上手ですね。
特に目次の背景絵は2ページにてちゃんと物語の流れある絵がひとまとめとなっていて、宗教画みたい。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■あこがれの先輩を縛って逃げられなくして××× (井上よしひさ)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 緊縛、ラブコメポニーテール、先輩、コスプレ
・構成 : カラー(6P)、9話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に設定資料。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井上よしひさ(いのうえ・よしひさ )」センセの「あこがれの先輩を縛って逃げられなくして×××」です。

バレーボール部・エース「梢葉月」
※バレーボール部・エース「梢葉月」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
連続話はないのですが、ショートの1話はおそらく前回単行本の紹介漫画。
その他でも、ちらほら前巻が見切れたりしていました。
まだひでるさん気付いていない、繋がり要素とかあるかもしれません。
ごく簡単にジャンルは緊縛。
ただ、一般的(?)なソレ系と違い、漫画はラブコメちっくで陽性
じめじめ暗く張りつめた空気~、というのではありません。 
(※緊張感はこちらもあるかな)
その他にも多くのキーワードをもっており、ヒロインらのポニーテールもその1つ。
ううむ、徹底してますねー。
表題と並ぶ、ヒロインが先輩というシリーズは5話なので要注意
残りは外人、占い師など違いましたが、どことなくコスプレちっくなのも共通。
楽しく、こだわりも強く、そしてえっちな仕上がりです。

しっかりとした濃い線での作画。
全体の色づき・濃淡はやや強め。
描き込み・コマ割りは共に細かく、画面は賑やか。
先の色具合もあり、全体はコッテリとした味わいでした。
ペカペカとしたコメディー表現から、緊縛での強いエロス感は見事
表現や質感などがその手助けをしています。
カラー・白黒どちらもお上手です。
特にコレという隙はなく。
おそらく、ジャンルの好みで判断されることのが多いのでは。

 【 収録話 】 9話収録

003:「捕れたてファミレス先輩をぎゅうっと縛ったごちそう丼」
ファミレスの先輩、バイトリーダー「皇ひばり」
独特な制服が良く似合い、かつ店長から店を任させられるほど有能な彼女でしたが。
彼女をエロい目で見ていたバイトの後輩は、閉店後の店内で驚くべき光景を目にするのでした。
あれは…誰に縛ってもらったんだろう。
1人でできるものなのかな。
↓表紙にもなっていますが、あの可愛らしい制服と縄化粧が見事
エロいですね。
後輩くんがあーした行動に出るのも当然。
個人的には前半のパンチラが好き。
冒頭のカラー絵は、おそらく本編後の風景です。
調子乗っていましたが…「ひばりちゃん」は容姿・業務など有能であることをお忘れなきように。

バイトリーダー「皇ひばり」、チアリーダーのキャプテン
※左:バイトリーダー「皇ひばり」、右:チアリーダーのキャプテン

035:「チアガール先輩と真実を写すコラージュ」
ネットにエロいコラ画像を上げられていた、チアリーダーのキャプテン。
部員に疑われていた新聞部の男子をかばい、意に介さない器の大きさを見せていたのですが…という流れ。
扉絵が撮られた風景ですかね。
チアはあーして足上げたりなんだりするものなので…縄がチラ見えしたら、そりゃー物凄い勢いで拡散していくだろうなぁ。
こちらの彼女の場合、前話と違って趣味を共有できるパートナーを欲していたようなところもあったので。
コレはこれで良かったのでは。

059:「バレーボール先輩に緊縛バックアタック」
バレーボール部のエース「梢葉月」
その実力はマネージャー「本郷シンゴ」との特訓にあったのでした。
先の2話と違い、こちら「葉月さん」は既にパートナーを得た状態。
それがためかどうかは置いといて、実際にあちこち充実しているみたい。
センセがブルマではなく、短パン派なため、ユニフォームはそんなん。
それでもこだわりあって描かれているため、ピッタリとしていて実に良い感じでしたよ。
縛っているものの脱がさず、という特訓シーンが多くて幸せ。
後半はともかく、前半のアレは技術向上にいちおう役だっているかな。
タイトルにもなっている“バックアタック”に注目。

085:「ライフガード先輩をスパインボードに拘束」       
ライフガード部に配備されたスパインボード。
さっそく実際に使ってみることとなったのですが…実験台として挙手したのは先輩「宮丘」だけだったのです。
そんな訳で、スパインボードにガチガチに固定されてしまう「宮丘さん」
ネットで画像見ましたが、胸あたりをクロスにはしていたものの、あとはお腹・足付近の2本くらい。
あんな標本みたいにガチガチにはしないんでしょうね。
「宮丘さん」はまた競泳水着だったので、ドエロい感じになっていました。
部員3名の男子らがあーなるのは…当然成年漫画だからなのですが。
現実にあんなん横になったら、そりゃーたまらんでしょうねー。
直接行為はどうするんだろう、って思っていたら、外して組み替えていました。
まぁ、そりゃそうか。

109:「漫才部先輩を縛ってハリセンツッコミ責め」
先輩「狭山さやか」と「滝畑」は漫才部。
インパクトあるネタ、ということでガチガチに身体を縛っていたのですが。
練習中にエスカレートしてしまい…といった流れ。
とかく漫才部という設定が独特です
まさかの文科系。
中盤で縛りを強化している「滝畑くん」が楽しい。
そんなスキル持ってるんだ。
ちゃんとネタが進行しているのがいい感じでした。
なお、彼女はエセ関西弁で、制服下はブルマーでした。
しかし、どこまでステージ上で再現したんだろう。

125:「エロマンガスク水おかみ」
こちらは4ページのショート漫画。
前巻「制服JK」の宣伝漫画なのかな。
久田見旅館の女将「久田見葉」とエロ漫画家「岩瀬」
タイトル通りスクール水着姿でのプレイでした。

129:「ノーシバリノーライフ」
「丸壺」さんは付き合う「新保」くんに縛りプレイを試してみないか、と誘ったのでした。
1から3日までの日々を追ったもの。
だんだんプレイが過激になるのですが。
あれ、ここまでなんだ、とか相手に拍子抜けさせ、のめり込ませていくテクニックが凄い。
チラ見えする下着がエロくて好き。
二日目の「ぶっとばすぞー」はパロディー・コメディーの方ですわね。

丸壺さん、亀山さん
※左:丸壺さん、右:亀山さん

145:「JAPANESE SHIBARI is アート!(海外の反応)」
ホームステイでやって来た、金髪ポニーテールで青い目のカナダ人「エマ=フーバー」
日本のアニメ・漫画で勉強した、という彼女でしたが。
読んでいたソレらが偏っていたため、「SHIBARI」をだいぶ勘違いしていたのです。
彼女が見ていたものに注目
うん、確かにあんなん見続けてると、誤解されるか(笑)
ただ、ガッチリやってみせることができる「ツナトリ」くんは…。
日本のJKを表現している彼女の下着にも注目です。

169:「亀甲占いの亀山さん」
通学路途中にあった、亀甲占いのテント。
なんとなく入ってみたところ、ミニスカ巫女が出迎え。
一言も口にしていなかった、進路の悩みを言い当てたのでした。
まぁ、相手学生ならば、たいがいそんな悩みは持ち合わせているのでしょうけれど。
もしくは夢を叶えるため~」のくだりが凄い。
この漫画で“亀甲”なんて単語が出れば、当然ながら占いはそっち系。
どうやったか、まー器用に自らを縛り上げていました。
こちらのオチは爽やかさあって好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「井上よしひさ」センセでした。
またまたコッチ系な単行本。
表題のテキストだけ見ると、一瞬ダークな漫画群かと感じますが…。
(※カバー絵もぱっと見ではそんな感じですよね)
プレイはハードなものでも、漫画はいつも通りな楽しい仕上がりで安心。
あとがきに併記されていた注意書きが可笑しい。
まぁ、くれぐれも漫画と現実をごっちゃにせぬよう。





★「井上よしひさ」センセの漫画紹介記事

制服JK] 成年
上野カンナの発情研究室] 一般
じょしてつ] 成年
TEACHER×TEACHER] 成年
拘束違反] 成年
マゾシャン Mazocian] 成年
○○デレ[まるデレ] 2巻
○○デレ[まるデレ] 1巻
縛姫-シバラレヒメ-] 成年
縄士―NAWASHI―] 成年
Escape Creator] 成年
おじいちゃんは少年探偵] 一般


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ パンチラ ポニーテール スクール水着

■Curse Eater 呪詛喰らい師 (或十せねか)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ファンタジーボンテージ、複数
・構成 : 原作「Rusty Soul」、原案「蒼井村正」、
      8話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、カバー裏に4コマ「咲妃 愛の劇場」、
      登場人物・作品紹介、描き下ろし「Ex Outrageous Orgy Party」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「或十せねか(あると・せねか)」センセの「Curse Eater 呪詛喰らい師」です。

呪詛喰らい師「常盤城咲妃」
※呪詛喰らい師「常盤城咲妃」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
原作付きの単行本で、もともとは小説作品。
そちらのコミカライズでした。
ちなみに、小説の挿絵もセンセが担当していたそうで…。
これはファンも納得だろう人選だと思います。
ごく簡単には現代ファンタジー
多少設定にややこしさもあるためか、ややテキストは多めな印象。
ただし、単行本の冒頭には登場人物紹介、これまでの作品紹介などのページがあり。
初見の人にとっては、かなり親切な構成
無論、宣伝目的ではあるのでしょうけど、こんなんは良いですね。
作品世界に入り易いと思いました。
なお、今回単行本中で、完全に解決となった事件は1つだけ。
良くも悪くも後引かれる終わり方(2巻以降に持ち越し)なので、得意でない方はご注意を。

しっかりとした濃い線での作画。
全体の色づき・濃淡や描き込み具合はおおむね適度なくらい。
コマ割りは中小で変化あり、はみ出し・ぶち抜きほか枠線なくなることも多く、かなりゴッチャリとした感覚
派手で賑やかでした。
服装はもうちょっと質感プラスが欲しいですが、背景や小物は問題なし。
違和感あったのは引き絵ですかね。
ただしそう頻繁ではないため、気にするほどではないと思います。
人物絵は漫画らしい可愛らしさ。
ここは期待通りでしょう。
前述のようにテキスト多い印象でしたが、表現などにも引っ掛かる事なく。
大きなプラスは正直感じられないものの、極端なマイナス点もありません。
判断には裏表紙のカット絵が良いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

人の想いを糧とする半妖神「淫神(みだらがみ)」
”呪詛喰らい師(カースイーター)”という異名を持つ退魔士「常盤城咲妃(ときわぎ・さき)」
淫神を自らの身体に封じ込める使命のため、私立栖鳳学院に乗り込むのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

いわゆる女性退魔士のストーリー漫画。
戦う相手は「淫神」という半妖神で、いわゆる怪物などの系統ではなく。
人間ではないものの人型で、感覚としては精霊みたいな雰囲気でした。
異形な化け物、触手なども出てこなかったので、間違わないように。
作品の舞台は現代の日本。
主人公「咲妃さん」も自らを巫女だと称しているものの、それっぽい和服は着ることなく。
↓表紙などで見られる、紐状のエロいボンテージ衣装でした。
(※ただし、ウズメ流の正式な退魔装束らしい[2話])
また、呪術など駆使はしていたものの、バトルのような展開にはならず。
たいてい、えっち勝負みたいなイメージですかね。
正しく成年漫画してました(笑)

「恩田さやか」、「稲神鮎子」
※左:「恩田さやか」、右:「稲神鮎子」

007:「♯01 Priestess Came Back」
031:「♯02 God Incarnation」
サブタイトルもそんなんですが、「復帰初戦」、「長らく実戦から遠ざかっていた」など、久しぶりなようでした。
原作を知ってる方には、作品ストーリーのどのあたり~、ってのが理解できるのかな。
冒頭の登場人物紹介にて書かれていた「岩倉真司」も既に機関の人物として登場しています。
この1話目はまさに紹介・導入というストーリー。
住居のマンションにて早々に弱い淫神と対決となっています。
当初は余裕だったのが、ちょっとしたピンチになってしまうという、王道というべき展開
しかし、えっちなことで相手を満足させる必要があるものの。
直接行為で出されてしまうと、巫女の力を失ってしまう~という、ギリギリ感が良いですね。
術で躱す、なんてまさにファンタジーなことをやっていましたよ。
その後半から直接続く2話目は、指令で赴いていた栖鳳学院での対決。
そうか、発見するにもえっちなんですね。
こちらでも正しくピンチとなっていて。
詳細は伏せますが…穴三つという、異次元えっちが楽しめます。
個人的には収録でここが最も良かったなぁ。

057:「♯03 Girly Bitch」
081:「♯04 Exotic Goddess」
115:「♯05 Induce Pervert!」
147:「♯06 Double Dependence」
街をパトロールして発見した「恩田さやか」を中心としたエピソード群。
うち前半は3、4話、後半が5、6話となっています。
今回単行本にて、彼女はサブヒロインというべき位置付けなんですね。
3話はその初登場なのですが…あの「咲妃さん」が一目でヤバイと追跡したような状態。
凄まじいです
で、前半3、4話は彼女を調査する流れとなっていて。
えっちシーンは当然女性同士なため、百合ちっくなものです。
(その前にちょろっとですが「さやかさん」と男性の場面もありました)
「咲妃さん」は”封じた淫神の力を使うことができる”という、ゲームのような能力をもっていて。
いわゆるフタナリのようになって、対決しています。
えー、察しの良い方その通り。
ここのシリーズではたいてい攻め側となっていて、特に前半では男装までしており。
ひととおりで特に危機的状況にもなっていなかったのが、やや残念でした。

後半の5、6話も「さやかさん」
えろい彼女のアフターケア中です。
5話は学校での公開えっちから、電車でのプレイが描かれています。
うん、あんなあからさまな服装の女性は、逆に狙われないと思いますよ。
無論、漫画ではしっかりえっちされていましたが。
後半の5話では、故あって「さやかさん」との再戦。
こちらでは先の前半とは逆で、彼女がフタナリ状態となっているため…。
よかった(?)、今度はしっかり「咲妃さん」がえっちされる側となっています。
うん、こうした漫画はやはりこーでなくてはね。
続く6話が対決となるのですが。
憑いていた淫神がため、やはり攻め側に。
むぅ。
制御し切れない、という若干のピンチシーンありましたけど、ちょっと弱いかなー。

対決!「咲妃さん」
※対決!「咲妃さん」

179:「♯07 Intermission」
収録での最終話はひと休みというべきエピソード。
人物紹介にて書かれていた、「岩倉真司」・「稲神鮎子」らが顔を見せます。
原作知っている方には嬉しい展開でしょう。
シチュエーションは1話と似て、「咲妃さん」が油断しまくったためにピンチになってしまうもの。
まぁ、彼女もエロい女性だからなぁ。
マズイぞ!?
なんてお約束な流れが素敵(笑)
座標設定をミスって、実に面白いこととなっているので、お楽しみに。
なお、実は先のエピソード群でも「さやかさん」の謎は未解決なところがあり。
その解決編は2巻目以降となるようです。

204:「Ex Outrageous Orgy Party」 描き下ろし
4ページの描き下ろし。
「さやかさん」が出入りしていた店に、2人して赴くというもの。
なかなか振り切れ度合の高い、特殊で派手なプレイとなっています。
うーん、あれが楽しいのか…。
さすがに合いませんわね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「或十せねか」センセでした。
おそらくひでるさんは今回が初見。
キルタイムコミュニケーション」さんHPにて発見し、なんとなく気にしていました。
↓表紙もぱっと目立つ、インパクトあるものですね。
いいおっぱいです
面白くはあったのですが…。
前述してきたように、収録話・ネタのタイプがため「咲妃さん」が本気でピンチとなることが弱く、少なく。
同出版社さんのよくあるファンタジー成年漫画と比べて、もうひとパンチ、絶体絶命というべき危機が欲しい気がしました。
あ、「さやかさん」がお好みな方は楽しめるかも。

CurseEater

Curse Eater 呪詛喰らい師 (二次元ドリームコミックス) – アダルト, 2018/4/27


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー ボンテージ

■哀ドル伝説きらり☆ (うめ丸)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 地下アイドル、業界、方言、眼鏡
・構成 : 原作「山咲まさと」、カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、4コマ漫画、各話解説、カバー裏にリンク絵。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「うめ丸(うめまる)」センセの「哀ドル伝説きらり☆」です。

ライブアイドルグループ「LSA」
※ライブアイドルグループ「LSA」

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編漫画です。
地下アイドルグループについて描いており、全員ではなくそのうちの1人にスポットを当てたもの。
オムニバスではなく、キッチリとしたストーリー仕立てとなっています。
(※逆に言うと、裏表紙のような5人組ユニットですが、キャラの扱いには明確な差があります)
なお、作中では”ライブアイドルグループ”という名称も使ってました。
地下アイドル、だとなんだか怪しげだからかな。
詳しくは後述しますが、ちらほら聞かれるそうした微妙な立ち位置の団体であるため、いわゆる正統派なアイドル漫画とは違うのがポイントです。
表題そのまま、明るい描写ばかりではなく。
どっちかというと、ブラックな描写のが多くみられる作品。
ただし、いちおう、妙な振り切れたプレイはなく~。
ブラックさありつつも、どん底・真っ暗闇でもないので、そこはご安心いただければ。

強めな曲線での作画。
全体の色づき、描き込み具合は適度なくらい。
黒が強く、濃淡はコッテリした味わいです。
枠間あるものの、変化あるコマ割りで原稿は賑やか。
崩れを感じるところあったものの、漫画にパンチ力と勢いのあるタイプで。
細々とした部分は読んでいるうち些細な問題となるでしょう
背景や小物も良く、ライブシーンなど、しっかりアイドルしていました。
ああした部分に違和感ないのは、ストーリーで最大の助けになっていたかも
ふっくらとした輪郭で目の大きい、可愛らしい人物絵。
どちらかというと華奢なスタイルながら、たっぷりバストが特徴です。
はっちゃけた崩しありつつも全体的に表情は優れていて。
台詞もすっと頭に入ってきました。
多少の癖はあったものの、漫画部分に引っかかることありません。
カラーではいくらか異なるので、判断については↓表紙を脳内で線画変換していただければ。
裏表紙より↓表紙のが近いと思います。

 【 収録話 】 10話収録

5人組のアイドル「LSA(リトルスターエンジェル)」
”有名アイドルの候補生だった”、という「沙月」をメインとし、じわじわ注目度の上がってきているライブアイドルグループでした。
一員「希星(きらり)」は、厳しい金銭事情を抱えており。
それがため、まさに体を貼ることとなってしまうのでした。
大雑把にはそんな感じ。

アイドルを主人公とした、えっちストーリーです。
ただ、こちらはいわゆる一般的なそれと違って、”地下アイドル”なので。
ぱっと想像されるイメージとは異なっています。
なんというか光と影のうち、影側な感覚よ。
事務所も小さく、常にマネージャーがついてどうの、って事もなく。
漫画も成年系であるためか、結構グレーな描写なども描かれていました
(今後もそうメジャーにはなっていかないのだろうけど…あれら相当なスキャンダルよね)
なお、あまりよく知られていない地下アイドルですが、前半では「一口メモ」という解説も多く
その実態についてキチンと解説されています。
ほとんど知らない人が見ても大丈夫でしょう。

ヒロイン「希星ちゃん」は九州小倉市出身。
こうしたものの定番で、性格の良い頑張りキャラでした。
九州弁がキュートです。
ただ、メンバー内でファンから名前が上がらなかったりもしている、地味な存在として描かれています。
中心となっているのは「沙月さん」なんですね。
なかなか珍しい設定だと思います。
(いちおう、集合絵では3番手くらいの位置で描かれていましたが)
また、上京して1人暮らしをしているためか、厳しい金銭事情を抱えていて。
それがため、裏芸能界的な展開になってしまうのでした。
特に8話付近では、恐ろしい現実的な描写もあったので、お楽しみに。

「希星ちゃん」オン・オフ
※「希星ちゃん」オン・オフ

1話目は定番にファンの男性と。
カラー原稿部分は後半えっちの抜き出しなので、アイドル衣装がカラーで確認できました。
お家賃が足りないみたいなんで~
とか、そのままを言っちゃうんですね。
ああしたシチュエーションながら、ちゃんと手は出さないファンの彼は…凄い。
あれで流せば、おそらくえっち発展しない場面だったかもしれませんが、「希星ちゃん」はイイ娘であるためか。
ガッツリとサービスをしてしまうのでした。
ああした時間を取っているにも関わらず、特に現場が混乱していないのは…まだ、さほど人気が高くないって証拠なのかも。

地元での活動が描かれる2話目。
冒頭で仲良い「美空さん」に突っ込まれていましたが。
こちらでは、「希星ちゃん」のオフ姿が見れます。
三つ編み・眼鏡という姿は、ある特定のポイントにはぐさーと深く刺さるかも。
地元ながら逆風続きであった彼女を救ったのが、元担任の先生。
あれは泣けるくらいに嬉しいだろうなぁ。
(オチでも盛り上げに一役買っています)
そもそも学生時代に好意持っていた相手で、ひょんな偶然もあって、えっちに発展してしまうのでした。
いいな、先生。
しかし、きっちりゴム持っていたのは、単に大人のたしなみか、あるいはヤリちんなのか…。

オリジナルの新曲が決定した3話目。
喜ばしいことではあるものの、こちらを切っ掛けに「希星ちゃん」の周辺が微妙なものになってしまうのでした。
それに対するレッスン、衣装などのお金がない彼女は、「美空さん」の紹介で”造形の型取りモデル”をすることとなってしまうのでした。
胡散臭いですよね。
実際、フィギュアとかですらなく、アダルトグッズのそんなんで。
型取りのついでにえっちされてしまうのでした。
ここでそのプロな男性が色々言っていたそのまま、実は「希星ちゃん」のモノが凄いということが判明しています。

4話目は人気トップな「沙月さん」を主役とした番外編みたいなもの。
どっちがご馳走やら…
とか「美空さん」に言われていたそのまま、完全なる枕営業が描かれています。
こうした世の中なので、そう横行はしてないのでしょうけど…都市伝説とかではなく、実際にちらほらあるんだろうなぁ。
ステージ衣装持参で、中年を楽しませていました。
キッチリ・ちゃんとTVの仕事を取ってきてるのが凄い。

3話のグッズ社長さんの紹介で、違約金を稼ぐべくAV撮影に臨むという5話目。
妙な風向きになってきました。
「美空」・「希星」の2人がメイド衣装での出演で、複数えっちです。
カリスマ、というAV男優「佐藤鷹」が登場。
先のグッズレビュー書いていたのが彼だというのが楽しい。
それがためか、妙な縁ができてしまうんですが。
漫画での役回りは、個人的にちょっと意外なものでした。
なお、「美空さん」も久しぶりのえっちを楽しんでいます。
続く6話目も再び「鷹くん」
先のAVが発売前ながら話題を集めてしまい、彼に相談持ち掛けるという流れ。
まさかああした事言われるとは、意外。
へー。
でもAVのカリスマがああ言うくらいに凄いのか(笑)

切っ掛けを掴み、ちらほらTV出演するようになっていた「LSA」
しかし、「希星ちゃん」はとある問題がため、接待をすることとなってしまうのです。
そんな7、8話目。
中年男性とのえっちですが、まだ主導権がそこそこあった「沙月さん」の4話目とは違い。
完全に弱味を握られての行為です。
あれOKしちゃう事務所も凄い。
そのくらいな規模、ということなのかな。
実際に仕事は増えており、その男性はなかなかの実力者であるようなんですが。
まさに裏芸能界という感じ。
聞いてた以上ですよ
なんて台詞もあったので、彼女自身の凄さというのは、あるいは裏世界でかなり有名になってるのかも。
そんな仕事ちらほらやってましたからねー。

「希星ちゃん」ピンチ!
※「希星ちゃん」ピンチ!

9話目からが最終エピソード。
そんな訳で、詳しい部分は伏せさせていただきます。
簡単には…これまでで最大というべき問題に直面していた「希星ちゃん」
1人悩みを抱える彼女は…という流れ。
えー、眼鏡・三つ編みな「希星ちゃん」のえっちが描かれるのはこちらが初。
アイドル姿でない、ってのはポイントなのでしょう。
良いかどうかは別にして、いちおうひと落ち着き
読後感の良いラストになっていました。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「うめ丸」センセでした。
こちらが…3冊目でいいんでしょうか。
ブログでは同じ「エンジェル出版社」さんの「「巫女で昇天せて」を紹介しています。
どっちも原作付きの長編なんですね。
巻末にネタとなっていましたが。
「LSA」の他メンバー「天音」・「陽果流(ひかる)」の2人がほぼ空気であったのが凄い。
特に「陽果流さん」はカバー裏でも不遇な立ち回りでした。
ううむ、気の毒。
4コマでのやり取りとか、スポット当てても面白かったかも。
ただ、全員をある程度まんべんなく~ではなく、「希星ちゃん」のストーリーを追いかけたのは正解だと思います。


みっくすパーティ」





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 地下アイドル

■幾日 (幾花にいろ)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、社会人
・構成 : 初単行本、9話収録。
・おまけ: キャラ解説・4コマ、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「幾花にいろ(いくはな・にいろ)」センセの「幾日 IKUJITSU」です。

「松本みやび」、「小笠原千裕」
※左:「松本みやび」、右:「小笠原千裕」

 【 構成・絵柄 】

基本的には全て短編での構成。
連続話はありませんでしたが、巻末には細かいキャラ解説と4コマ漫画が全てのお話分用意されており。
(※9ページにしっかり描かれていました)
作品・キャラを深く理解することができます。
あんなん読むの大好き。
それを踏まえた上で、再度漫画を最初から読むと、2度楽しめることと思います。
また、一部お話は同一世界のようで…。
ゲスト出演や会話・モブなどで見切れていることもありました。
だいたい分かった、確実だろうのは↓下に書きましたが、3、4周とかしていくうちに、また新たな発見がありそうです。
”圧倒的リアル男女生態”とは紹介帯の文言。
まさにその通りで、日常展開での成功ルートという感じでした。
それぞれの背景がしっかりしているため、単純にみえても密度の高いストーリーになってます。

しっかりと濃い線での作画。
全体の色づきもキッチリとしていて、濃淡は強め。
描き込みも細かさありました。
コマ割りも細かく、良い収まりで変化は少なめです。
原稿はコッテリ気味でした
背景・小物、そして人物は適度なくらいに写実的でバランス良いもの。
分かり辛い、引っ掛かるような部分なく、表現から漫画もお上手。
丁寧さありつつも荒く流すようなタッチで、漫画に勢いを与えていました。
癖はあり、多少人を選ぶこともあるかもしれませんが…完全に個性を確立しており、見事なほどのレベルです。
特に隙はありませんね。
判断は↓表紙そのままで問題ないでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「発火 はっか」
「松本みやび」・「川島陽平」のカップルによる初えっち話。
「陽平くん」は背丈小さく漫画ちっくな丸っこい容姿。
一方の「みやびさん」は先輩ということで年上らしく、独特な喋り(京都弁?)とキツネ目の美人でした。
結構差のあるカップルです。
付き合ったのはコレ以前からのようですが、いまだにその理由も分からないらしく。
「陽平くん」もどぎまぎとしています。
そんなんも含めてお気に入りなんでしょうね。
えっち直前にあった「みやびさん」の心の声が楽しいです。
かなり可愛らしい方でしたよ。
オチのやり取りがいいですね。

027:「咬合 こうごう」
ゲーム仲間のチャットで知り合っていた「ぞん兵衛」が「鈴木広次」の地元に来ており。
共に食事することとなったのですが…。
「ぞん兵衛」こと「小笠原千裕」は名前・アイコンからは想像もできないような女子だったのでした。
どっちかと言うと、女子キャラが男子だった~というのが多いような気がしますが。
こちらの場合は、イカツイ雰囲気で男子だと思っていたのが可愛らしい女子だった、という逆のパターン。
いいですね、テンション上がりますね。
また、当人としてはあえて隠していた訳でない、ってところがまた素敵
それがため、「広次くん」も素で喋れていたんですね。
「千裕さん」は、少なくともリアルで会っても良いと思うくらいの好意はあったようですが。
その以上はどの程度だったのかなー。
ともかく今回のことで距離感は縮まり、急なことで車内えっちに。
初対面ではあるものの、チャットで喋り慣れていたこともあり、最中の会話もだいぶ砕けたものでした。

原一羽
※原一羽

047:「視野 しや」
067:「寄辺 よるべ」
喫茶店でよく会う、姿勢悪く本を読んでいる美人。
ひょんな切っ掛けで言葉を交わすようになったのですが、向こうもこちらを覚えてくれており。
「志賀壮人」は勇気を出して、彼女「黒川文乃」を誘ってみたのでした。
そんなんが前者「視野 しや」
「文乃さん」は服からも分かる、巨乳の持ち主。
姿勢が悪いのは、そのためですね。
頑張った「壮人くん」に応じてくれる彼女(その後バイトだったので、時間取れたのは夜中)が優しい。
本当にイヤならこんなトコまで来ません…
…あたりのやり取りがいいですね。
ちなみに最初は眼鏡なのですが、本を読む際だけ。
そのあたりの理由は巻末ページにありました。
「壮人くん」を意識するようになった理由は結構リアルだと思います。

後者「寄辺 よるべ」では、バイト先の「文乃さん」がちらと見えます。
「杁中(いりなか)隼人」・「原一羽」はは同じバイトの同僚。
「隼人くん」の部屋に、気になったアニメを「一羽さん」が見に行く、というのが切っ掛け。
彼女ギャルっぽい雰囲気なので、彼のああした対応はよく分かる。
頻繁にやって来ては私物置いて、徐々に増やしていくというのは常套手段ですわね。
えっち直前の、
ったく
という台詞に、彼女の心情が見えるようでした。
ただ、大きい・小さいという発言は非常にデリケートな部分(笑)なので、やめて欲しいなぁ。

087:「燦爛 さんらん」
107:「演色 えんしょく」
前者は付き合っていた「麻生田透」・「羽津雄大」のカップル話。
「雄大くん」は教師という職業柄、あまり人の居る場所は敬遠していたのですが。
ちょっと拗ねた彼女をデートに誘うくだりが素敵
格好良いこと言うなぁ。
前々から考えてはいたのかな。
最終ページに「みやび」・「陽平」のカップルが描かれてましたよ。

「透」・「雄大」のその後風景から繋がる後者。
こちらの「大高葵」・「鳴海善照」の2人は、「透さん」の同僚でした。
1、2ページ目の「葵さん」の変化に注目。
「鳴海くん」が驚くのも納得です。
誰だよ、って感じですわね。
先の「文乃さん」と同じく、「葵さん」も眼鏡は職場だけ。
眼鏡好きな方は、続けて残念賞。
「たぶんですが」とかなんとか、独特なテンションの持ち主である「葵さん」の誘い方がいいですね。
実際にあー言われたりしたら、仕事手につかなくなりそう。
また、料理・部屋で台詞では引いてたっぽい彼女が、なぜか逆壁ドン状態となっているのが楽しい。
「鳴海くん」引きまくってましたよ。
ラストの「一周しましたか」の台詞が好き。

125:「聞香 もんごう」
165:「引鉄 ひきがね」
振られてしまった「栄生(さこう)則武」が相談した相手「菊井早苗」
バッサリ切り捨てた彼女は、徐々に距離をつめてきており…というのが前者の流れ。
アルコールも入っているとはいえ、居酒屋えっちという素晴らしい展開となるエピソード。
外なんか出たら~
一言が光りますね、素晴らしいですね
「早苗さん」もアルコールの力が必要だったかな。
隣で屈み、胸元が見える(見せてる、ですよね)コマが好きです。
巻末の4コマがまたいいですねー。

「栄生さん」の職場風景から始まる後者。
テンション高く喋っていた「守山琴子」の趣味、サパゲーに参加することとなった「喜多山士(つかさ)」
ゲーム後、なんのかんの残された2人で反省会をすることとなったのです。
「士くん」が非常に良い男性。
いろいろ趣味ある「琴子さん」のが男子っぽい感覚の持ち主ですかね。
途端に饒舌になるところとか。
えっちの際にはだいぶ可愛らしい感じでしたよ。
オチでは先の「早苗さん」の姿も確認できました。

大高葵、守山琴子
※左:大高葵、右:守山琴子

145:「白猫 しろねこ」
付き合う「戸田川翠」・「大平大哉」の風景。
だらしない女子と面倒見の良い男子ですね。
巻末の解説で納得しましたが、「大哉くん」はモテるだろうなぁ。
そんな彼の相手が、タイトルそのまま猫っぽい「翠さん」であるのはセオリーかも。
細かい同士だとタイミング合わないでしょうから。
先の「視野 しや」にて喫茶店背景はこちらの2人でいいと思う。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「幾花にいろ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
先に「ワニマガジン社」さんのHPで単行本の↓表紙を見掛けていたのですが。
こりゃー、絵に自信ある(巧い)人の表紙だなぁ、と思ったところ。
うん、その通りでした。
単に絵だけでなく、漫画からお話まで完成度高いのが凄い。
天下を取れそうな感じがしました。
毎度のことながら、これだけお上手だとあっさり一般系に行ってしまいそうなのが怖い。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■俺の彼女を抱いてくれ (usi)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 恋愛、寝取り寝取られ、複数
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「usi(うし)」センセの「俺の彼女を抱いてくれ」です。

普通の「和花さん」
※普通の「和花さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
ラストまで一直線なストーリーものとなっています。
ほぼタイトル通りなお話。
ただし、描かれ方としてはそう深刻なものでなく。
複雑な心理も描かれているものの、漫画はライトで読み易い仕上がりでした
ラブコメものではなく、プレイとしてもある程度の特殊さがあり。
そもそもの設定が心をぐーっと締め付けるストレスあるものなので。
人を選ぶと思います。
それでも前述したように、シリアス過ぎないため、本格的な寝取り寝取られがお好きな方には物足りなさを感じるかもしれません。
色々とご注意を。

しっかりとした線での作画。
描き込みはややすっきり気味。
濃淡は黒が強く、若干濃い目でした。
コマ割りはやや細かさあり、はみ出し・ぶち抜きなどちらほら。
目立つ乱れはなく、綺麗にまとまった、見易い原稿です。
人物絵はある程度のデフォルメ感と、リアルさあるもの
今回は心なしか普段よりもそんな印象です。
おおむね可愛らしく描かれているのですが、たまにバランスが気になるところもありました。
ちょっとした事が気になり易い画風ですかね。
基本的にはカラーと変化はないため、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないです。

 【 収録話 】 10話収録

俺の彼女を抱いてくれ!!
友人「望月恭介」から呼び出され、そんな事を言われた「府和(ふわ)」
最高で5股という派手な女付き合いをしていた彼ですが、本気で好きな相手ができたらしく。
プロポーズを受ける代わりの条件が、
”他の男性に5回抱かれる事”
…なのでした。
あまり気乗りしない「府和」でしたが、紹介された彼女「浮田和花(うきた・のどか)」は好みド直球な女性であり。
結局、そうした奇妙な依頼を引き受けることとなってしまうのです。
ごく簡単にはそんなお話。

友人彼女とのえっちストーリー。
そうした設定では寝取りなのですが、お相手「和花さん」の心は友人「望月」にあり。
いくら好意をもっても、5回までの関係。
それ以後は相手のものになってしまう~という、寝取られっぽい要素もあるのでした。
多くはないものの、実際そうしたくだりもあったため、得意でない人は要注意
なにしろラブコメ漫画ではないですからね。
また、ヒロイン「和花さん」について。
↓表紙などが当然彼女です。
基本的には2人でのやり取り、えっちが描かれるのですが。
前半は初心で可愛らしかったのが、毎回加速度的にエスカレート(笑)していき。
最終的には、予想外にぶっ飛んだプレイにまで発展しています。
そう極端なものではないですが、耐性もある程度必要だと思います。

エロいぞ「和花さん」
※エロいぞ「和花さん」

導入の1、2話が1回目。
カラー原稿部分のえっちは…だーいぶ先、最終話からの抜き出しだと思います。
後々、同時に見ていくと楽しめるので、なんとなく覚えておきましょう。
友人「望月くん」とはバイト時代の同僚で、近所なためたまに飲んだりするくらい。
特別仲が良い訳でない「府和くん」が選ばれたのは、
お前なら信頼できるくらい真面目だし、彼女いねぇくらいつまらん奴だから安心なんだ!
とのことでした。
うん、だーいぶ下に見られてたようですね。
もっと誤魔化して言ってよ。
これで彼女だという人が、好みでなければ良かったのですが。
「和花さん」は名前のとおり穏やかな物腰の女性。
前述したとおり、えっちについては興味深々なようですが、会話を信じると今回が初体験だと思われます。
お風呂場では素股とお口。
直接行為は2話目でたっぷり描かれていました。
えろいですが、ちゃんと照れてくれるところがキュートです。

3、4話目が2回目。
「府和くん」が呼び出された先は、「望月くん」の家。
部屋には「和花さん」がおり。
不在だったので合鍵で入り、彼のコレクション(漫画と雑誌)を見ているうちにスイッチが入り…とのこと。
どーでもいいですが、本命の部屋でえっちしようと誘う彼女は相当ですね。
えっ、いいよ、わざわざ場所移さないで
特に罪悪感などもないらしく、そんな感じにあっさりとしていました。
なんというか、浮世離れした娘だなぁ。
逆にそれを意識していたのは「府和くん」
まぁ、同じ男性として、嫌ですわね。
それがためか、4話はあーした展開となるのですが。
どんなんかは内緒。

5話目はついに3回目。
彼の誕生日プレゼント選びに付き合うついでに…ということなのですが。
こちらでの「和花さん」に注目。
エロさが本格的になってくるのが、このあたりから。
相当なミニスカートでしたからねー。
恭くんの部屋で見た~
というやり取りが実に楽しい。
ちゃっかり剃毛とかしてる「府和くん」がなんだか悲しいよ。

6、7話目が4回目。
とかく正体不明な「和花さん」ですが、その秘密の一部が明らかになります。
ああした事をあっさり喋っているのが凄い
どう見ても一般人ではないですね。
はあ、そりゃ「望月くん」も真面目に就職しようとする訳だ。
浮世離れ~というのは、合ってました。
人に見られながらって~
そんな興味が沸いたらしく、友人「心美」さんを誘っての複数プレイ。
彼女もなかなかの美人です。
当然ながら、どちらとも直接行為となるのでした。
特にコレという特徴ない「府和くん」でしたが、こうした才はあるのね。

「心美さん」
※ 「心美さん」


8、9話目がついにラスト5回目。
最後のえっちは…どんなんか内緒にしておきます。
とりあえず、エロいこと大好きな「和花さん」なので。
少なくとも前回を上回るようなものになってました。
「府和くん」としては複雑か。
好意も抱いている訳だし、最後くらいは~って男性側は普通考えるでしょう。
また、そんな彼をまったく気に掛けてない「和花さん」は…残念ながら、やはりパートナーとして見ていないのかな。
悲しいなぁ。
オチでもごくあっさりとした挨拶だけ。
それがため、最終話に繋がるのでした。
まぁ、これくらいはね…。
「府和くん」もいちおう区切りをつけられたようで、よかった・よかった。
また、最後ページ、ラストコマのやり取りは楽しいものとなっていて。
なんというか、読後感は悪いものでないと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「usi」センセでした。
今回はお名前と共に、タイトルに引っ張られました。
かなり直接的なものでしたが、ややこしさある設定のお話なので。
良いと思います。
実際、ここに1人釣り上げられてますからね。
正直なところ、漫画はもうひと展開あっても良かったような気もしますが…。
これはコレで満足。
「和花さん」もあれくらいの情報のが色々想像でき、適当かと思いました。
願わくば、「府和くん」にちゃんとした彼女ができるといいな。




★「usi」センセの漫画紹介記事

 「さ~ち
 「さ~ち せかんど
初単行本とその続編。3巻目も発売され、長期シリーズとなっています。
 「おまかせナースフォース
元気無いといった患者さんらを癒す「ナースフォース」の活躍を描いた長編。
 「彼女にシよう!!
どちらかというとビジネス系。表題の中編ほか、短編群が収録。
 「幼なじみガール
幼馴染みとのラブコメ話の短編集。えっちは控えめ。
 「ほっとすぽっと
別名「月極仁」名義の1冊。成年系の短編集となっています。
 「夢見る派遣 苺ちゃん
有能な派遣社員の「日和見苺」さんを描いた長編。ばっさり終わるので注意。
 「隣の人妻 大家さん
人妻「里桜さん」とのラブコメ。失踪したという旦那がどうなっているのか??
 「快感ループ
 一般の短編集です。1話SFちっくなものがありました。
 「しりびっち
 前後編モノほかほとんどが複数という短編集。成年系です。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■放課後ハメ活日誌 (石鎚ぎんこ)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇 
・属性 : [成年] 学生、ブラック、ラブコメ
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、8話収録(うち「おじさんレンタ」×2)
・おまけ: あとがき、カラーイラスト(描き下ろし)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「石鎚ぎんこ(いしづち・ぎんこ)」センセの「放課後ハメ活日誌」です。

「ツバサくん」のお姉ちゃん
※「ツバサくん」のお姉ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は1つシリーズものと短編群。
レーベルは「TENMACOMICS 高」であり、学生で占められた1冊です。
ポップな印象のタイトルで、中には確かに明るい作品もあるのですが。
収録のうち、おおむね半分くらいはブラックな要素を強く意識させられるもので。
なんというか、読後感はそっち印象のが強いです。
ラブコメちっくなものもあったんですけどねー。
(※個人的にはそっちのが好き)
フェチっぽい要素もあり、そうしたストーリが故に漫画個性も強く。
ある程度好き嫌いが出るかもしれません。

濃い目な線での作画。
全体の色づきも同様で、濃淡もやや強め。
描き込みは丁度良いか、ややさっぱりとしていました。
コマをぶっちぎる、はみ出し・ぶち抜きが多く。
原稿は結構賑やかに仕上がっていました。
時期に開きあるようで、作品毎にやや差を感じます。
良く描かれているコマがある反面、乱れ・崩れを感じる箇所もあり。
表現は良くも悪くも派手目。
ちらほら見かける漫画っぽい崩しも好き嫌いありそう。
全体的にもうひと安定すれば、尚良いかと思いました。
判断については、↓表紙より裏表紙のが近いかも。
あるいは紹介帯のカット絵ですね。

 【 収録話 】 8話収録

005:「おじさんレンタ」
031:「おじさんレンタ case.秋山あかり」
悩み相談から力仕事まで、おじさんが依頼者のニーズに対応するというサービス”おじさんレンタ”
相談事があると依頼をしてきた「月島みつき」の願いは…性的なものだったのです~という1話目。
裏表紙に登場してる「みつきちゃん」
眼鏡・三つ編みの真面目そうな女子…なのですが。
後の彼女を示唆するように、前半からちょっと妖しい感じで描かれています。
当然ながら、「おじさんレンタ」は普通のお仕事。
本来、依頼人と関係することはご法度なのですが…まぁ、あー言われたら流されるのは当然。
ただ、相談を繰り返すごとに彼女はレベルアップしており。
おじさんに扱えるような娘ではなくなっていたのでした、
ちょっと恐怖感さえ覚えるようなラストを堪能ください。

月島みつき、秋山あかり
※左:月島みつき、右:秋山あかり

同じ「おじさんレンタ」の設定で、今度のヒロインは明るく可愛らしい「秋山あかり」ちゃん。
↓表紙の娘さんですね。
年下の彼氏がいるという彼女。
えっち時にリードしてあげたい、とのことで、その練習相手を依頼してきたのでした
まぁ、断らないよなぁ。
先の「みつきちゃん」と違い、キュートかつ派手目なルックス。
こちらは暗い雰囲気なく、お話としてはよくある成年漫画という感じでした。
なんだか…ひと安心。
オチ付近での「あかりちゃん」の反応が楽しい。
まぁ、あれくらいハッキリ言ってくれてる方のが、後々には安心かな。


053:「姉線 -まなざし-」
3つ年上の姉がいる「ツバサ」
もともと仲良かったものの、最近は疎遠気味。
その最大の理由は…なんとなく感じる、彼女からの熱い視線だったのです。
妖しいお姉ちゃんですね。
地味目ながらも美人で、ちょっとばかり近めな距離が危険な雰囲気。
当然ながら「ツバサくん」も実姉に好意はもっており、進むか戻るかどうしよう~というお話。
さて、結局最初のお手付きはお姉ちゃん。
やはり年上からでないと、なかなか難しいですわね。
共に育ってきた間柄ですから、よほどの事でもないかぎり実際にはこうした展開にはならないだろうなぁ。

077:「ドンくさい私が志望大へ推薦してもらうために、」
現在の成績では受験さえも難しい、という「宮下」
そんな成績は無論、学費面でも厳しさあり。
推薦をもらうべく、教師「奥村」からえっちな行為を受けることとなったのでした。
そんなんで進学したところで、まったく意味はないと思うけど…
費用は置いといて、成績も満たないようだったので、勉強しなさいよ。
そんな彼女に付け込む教師は最低ですが、推薦欲しさにそれを受ける彼女も同じこと。
後半の体操着姿がいい感じでした。
オチの台詞を一瞬逆の意味で捉えましたが、どうなんでしょう。

101:「ルーモアギャル→野本さん」
愛されビッチとして有名人な「野本」さん。
お金でえっちなことをさせてくれる~という噂があり。
珍しく1人だった彼女に、「村岡」は思い切って声を掛けたのでした。
褐色肌に金髪という、ギャルギャルした彼女。
制服にガーターベルトなんて…そんなエロい生徒はAVにだっていないですよ。
(※すみません、検索したらあっさりヒットした→「ガーターベルト女子校生/SOD」)
金額三千円しか用意できなかった彼に、特別に下着を見せてもらえることとなったのです。
これまでの作品は、どこか暗い影が付きまとうのですが。
「野本さん」はそうした要素なく、明るく面倒見の良い感じ
お話の流れは成年漫画の王道で、実は結構ヨイモノを持っていた「村岡くん」がえっちさせてもらえるというもの。
オチもそんな感じでした。

123:「若宮さんとブタ」
許嫁のような関係だった「大新田家タケル」・「若宮ちさと」の2人。
半ば無理やりに関係させられると、家同士の伝統もあって「タケル」の要求に従い続けることとなったのでした。
センセの描かれる男性キャラは、ちらほら悪目立ちしているのですが。
こちらの「タケルくん」は、タイトルそのままその最たるもの
漫画っぽいデフォルメなキャラクターで、なんだか…新作が出ていた「さすがの猿飛/細野不二彦」みたいな雰囲気です。
「ちさとさん」はポニーテールですもんね。
相性はすこぶる良いらしく、なんのかんの流されていくような感じ。
詳細は不明ですが、「タケルくん」はまぁ彼女従わせることが全てのような雰囲気あったからなぁ。
「ちさとさん」もあー落ち着いたようだし、これはコレで良い関係と言えるのかも。

147:「貧乳彼女とガッツキ彼氏」
ベリーショートなスポーツ女子「ひより」と付き合う彼のお話。
おっぱいが恥ずかしく、まだえっちさせてくれない彼女。
その理由は…タイトル通り。
おっぱいなんて重要なのは”誰についている”かだろ
とかなんとか、名言みたいなのも登場していました。
そう、それに貧乳好きも多いから、女性が気にするほど全然問題ないですよ。
「ひよりちゃん」はスパッツがまた魅力的。
また、こうした設定では珍しく卓球女子でした。(ほぼそのシーンないけどね)

野本さん、北条ほのか
※左:野本さん、右:北条ほのか

171:「放課後のマスターマインド」
司書教諭をしている教師。
そんな彼に、放課後相談したい、と「北条ほのか」は声を掛けてきたのでした。
2人は委員会ほか行事などでも頻繁に顔を合わせており、ある程度親しげに会話ができる関係。
彼女の相談(要求)は、ぶっちゃけ冒頭の「おじさんレンタ」と同様なもの。
あれ先生に見えるように工夫してたんですから
とか言ってました。
ちょっと…こうなるまでの経緯とか前後編、あるいは数話ほどの連続話で見たい感じ
(一般系になっちゃうかな)
ある程度策は弄していたものの、基本的に「ほのかちゃん」は可愛らしく、好意をもってくれており。
成年漫画的ですが、オチも妙なブラック感ないものでした。
そうしたラブコメっぽいお話・彼女のキャラなど、収録ではこちらがお気に入りです。
ちなみに、彼女の灰色下着は冒頭のカラーイラスト(もくじ)で堪能できます。

 【 その他 】

以上、本日は「石鎚ぎんこ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
紹介帯のカット絵がいい感じだったので、ゲットしてきました。
作画は前述した通り、ややバラつきあったものの。
好みな感じで、またよく動いていました。
より安定すると思われる次にも期待します。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ガーターベルト ポニーテール ベリーショート

■飼い姉 (おおとりりゅうじ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 姉、複数、ファンタジーラブコメ
・構成 : 短編×8話収録(うち「飼い姉」×5)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・漫画、加筆・修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おおとりりゅうじ」センセの「飼い姉」です。

魔女の「笠原さん」
※魔女の「笠原さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作と短編群。
表題作は5話ほどのストーリーで、姉弟モノなんですが。
単にそんなんだけではなく…。
タイトルの雰囲気から察せられるそのまま、調教ちっくなプレイがあります。
ハードなのが苦手な方は考えた方がいいかも。
一方、短編にはファンタジー要素があり。
異種族とのえっちもあったりしたものの、ラブコメっぽい色でした。
ちょっと単行本で全体でアンバランスな気もしますが、前半の混乱が後半で和らぐみたいな感覚もありますかね。
ただし、どちらも人を選ぶので、「ヒット出版社」さんのHPなどで吟味するのをオススメ。

強めな曲線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、そうしつこさないものの色彩は濃い目。
しっかりとした描き込みに漫符・擬音が乱れ飛び。
原稿はかなり賑やか
中小の変化あるコマ割りで、枠間は確保されているんですが、コッテリとした仕上がりです。
背景や小物も良く描かれ、あちこちのバランスも優れ。
コメディーほか動きのある絵も問題なかったんですが、見辛く感じる部分もありました。
人物絵は広い輪郭で丸い小さな目の、漫画っぽい可愛さ。
鼻から口付近も特徴的で、男性陣はややリアル寄り。
とかく派手でコテコテしていて、作画とは別に人を選ぶと思います
判断については、白黒絵とはまた趣違うんですが。
おおむね、↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

001:「飼い姉」 5話
1人暮らしを始める姉「雪菜」の引っ越しを手伝った弟「爽太」
ふと外していた際に彼の独りえっちを目撃してしまい。
興味をもってしまった彼女は、その行為を黙認することと引き換えに”男性自身を見せて欲しい”とお願いしたのでした。
だいたいそんなん。
後から考えると…そもそもの切っ掛けは、そんな他愛ない事だったんですね。
お話は姉弟との近親モノなんですが。
タイトルが示すそのまま、中盤からは予想外の大発展をしていく、凄まじいお話となっています。

姉「雪菜」
※姉「雪菜」

切っ掛けの1話目は弟「爽太くん」
お姉ちゃんは大学生のようなんですが、まだお付き合いはなかったらしく。
目撃・体験するのは弟のソレが初めて。
せめて経験あれば、また違った結末になっていたかもしれません。
ただ、興味そのまま進んだ結果、「爽太くん」のスイッチを入れてしまい。
ギリギリの行為までシテしまうのでした。
この時点では、いちおうお口までね。

2話目は「爽太くん」ほかお友達らとのシーンから。
先の単独行為そのまま、ちょうどこちらも興味持ち始める年齢で…。
前回果たせなかった行為を求め、再び姉の部屋を訪ねるのでした。
ここはチャンスというべきシーンがあります。
姉「雪菜さん」の本気で、一度は思い止まった「爽太くん」
あの勢いから、結構意外な気もしましたが…姉弟として育った2人ですから、実際にはそんなモノなのかも
ただし、これは成年漫画なので。
皆さまの期待とおり、つい了承してしまうのでした。
でも…後の行動を見る限り、お姉ちゃんが許してしまうのは、彼の計算のうちだったみたい。

転機となる3話目。
大学の先輩「日下」登場。
言動見る限り…「雪菜さん」は彼の何が気に入ったのか分かりませんが、部屋でえっちしていた2人。
それを目撃してしまった「爽太くん」は、大胆な行動をとるのでした。
寝込みを襲う展開。
とあるネタをちらつかせつつの拘束えっちでした。
その続きみたいな4話目。
目隠し・拘束プレイですね。
姉ちゃんが通販で買ってた~
なんて発言から察するに、そうした願望は少なからずあったみたい。
2話目で顔を見せていた友人らも参加し、複数プレイとなってます。
おかしくなってきました
ここで剃毛・露出など色々プレイをした結果が…最終話だと思います。
ほら、やっぱりあんな男だったじゃない。
発言を鵜呑みにすると、これも「爽太くん」の希望のようなんですが。
姿を見せないので、それが真実かどうか不明。
(※描かれていた1コマは本物かな?)
どこであーなってしまったのやら…。
最後はこうしたエピソードでのお約束みたいなオチになってます。

123:「初めては●と共に 卒業編」 (※●はハートマーク)
学校を卒業することとなった「笠原」さん。
彼女は代々魔女の家系で、魔力を得るためには”男の精”が必要なため。
教師「浜村」に想いを告げたのでした。
本編でも紹介ありましたが、過去単行本に収録されていた単行本「初めては●と共に」のシリーズもの。
丸眼鏡の可愛い「笠原さん」
魔女姿は…トンガリ帽子とマント以外は全裸なんですね。
ヤル気満々だ
(※なお、眼鏡はそのままでした)
定期的に精子を得る必要があると告げられた教師「浜村くん」の妄想が凄い。
普段どんなん見てるのやら…。
そうした想像されてた彼女(心の中を覗ける)でしたが、想いは変わることなく。
えっちに発展していました。
ああした妄想そのまま、どっちかと言うといぢめ甲斐ある雰囲気な彼女でしたが…。
さすが魔女とあって、なかなかしたたかな一面を見せてくれます。
ヒントは魔法学校も卒業が近い、ってところですかね。

147:「雪は、想い出の」
タイトルはしんみりした雰囲気ですが。
お話はそちらからは想像できない、なかなか奇想天外なものです
彼氏「ハルマ」と実家へ帰省していた「ホノカ」
マキ小屋から戻る際に、うっかり足を踏み外してしまい。
崖下へと転落してしまったのでした。
運良く雪洞らしきところに落ちたものの、外は猛烈な吹雪で身動きは取れず。
また、いつの間にか全裸となっていたのです。
いちおうここでは確信について伏せさせていただきますが。
漫画本編では冒頭からその話題が多く、いかにも登場するだろうお膳立てができていました。
過去にも接触あったようですし、守られているのかな。
まぁ、こうした漫画なのでガッツリえっちもして(されて)いて。
雰囲気からして、この後彼氏「ハルマくん」とは微妙な空気感になってしまいそう。

ホノカ、飼い猫「蘭」
※左:ホノカ、右:飼い猫「蘭」

171:「Nine Lives」
「城之崎愛莉」に恋する「充」
しかし、接触あるもののもうひと押しができず、告白できぬままだったのです。
そんなご主人を心配し、18年もの間共にいた飼い猫「蘭」は死後に人の姿を得て、彼を支援するのでした。
いわゆる恩返し的なお話。
下手すると数話で語られてそうなストーリーを1本に凝縮しています。
こちらの「充くん」は、よくいる主人公とは違ってアプローチはできており。
夏のキャンプでは彼女といい雰囲気になっていて、LINEほか電話番号もゲット。
メールのやり取りなどもしていました。
ほっといてもそのうち巧い事いきそうね。
むしろ、いつ声をかけていただけるかと
とは「愛莉さん」の発言。
どうやらタイミングとしてはやや遅かったみたい。
でも間に合った良かった
付き合う2人の日々は省略され、えっちは彼の部屋にて。
「蘭ちゃん」も途中参加していました。

 【 その他 】

そんなこんなで「おおとりりゅうじ」センセでした。
こちらのブログでは「TheBLACK MAGES」、「インクリメントRO」、「胎内温度」、「DNA×AND」、「Yah!透明人間」などを紹介しています。
↓表紙・タイトルから、おおむね想像はできていたんですが。
姉モノだったので、手に取りました。
「爽太くん」、暴走してましたねー。
こうした漫画では定番ですが、彼が友人らを呼びつけるのは違和感
途中の台詞にもあったそのまま、やっぱり独占したくなるものではないかなぁ。
そもそも想い無い先輩ならば分かるんですけど。
何が彼をあーも追い込んでしまったのやら…。


みっくすパーティ」


飼い姉 (セラフィンコミックス) コミックス – アダルト, 2016/2/12  おおとりりゅうじ (著)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ファンタジー

■おんなのこ解禁 (上田 裕)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ロリ、コメディー、近親
・構成 : カラー(8P)、13話収録。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田裕(うえだ・ゆう)」センセの「おんなのこ解禁」です。

小嶋さん
※小嶋さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
関連話や同一世界みたいなのもありませんでした(…たぶん)
くくりLOで、ガッチリとしたロリ系な単行本
基本的にはラブコメな感じなのですが、可愛らしい雰囲気とは裏腹にえっちには積極的で発想も今風なもの。
その妙に慣れた感じがギャップとなっていて可笑しく、漫画はコメディー的。
ゲラゲラではなく、”ふふふ”ってこみあげてくる感じね。
収録は13話と多く、カラー原稿漫画も8ページとやや長め。
そのほか短編も01話あたり16~20ページほどあり、読み応えは十分。
楽しめることと思います。
個人的にはおまけ要素が少なかったのが残念でした。

さらりとした細曲線での作画。
適度な色づき・濃淡具合で、描き込みも過不足はありません。
コマ割りは比較的大き目で白比率もそこそこ。
丁寧で目立つ乱れ・崩れなく、綺麗な原稿仕上がりです。
幅広な輪郭と丸く大きな目、小さい鼻のロリっと可愛らしい人物絵。
明るい表情、擬音・漫符などが特徴的で、やたらめったらな可愛らしさ。
↓表紙などに釣り上げられた方も満足頂けると思います。
漫画にはセンセ独特な間があり、それもまた可笑しさを誘っていました。
お上手ですね。
判断については、そう変化ないので↓表紙・裏表紙で大丈夫。

 【 収録話 】 13話収録

003:「中出し大好き」 カラー原稿
こちらはカラー8ページのショート漫画。
”気持ちいい事に罪悪感ない”という妹「芹香」とのえっち話です。
きもちくないもん!!
とか言って駄々こねる彼女は、なんというかコメディーですわね。
短いながらも、明るくえっちで。
いかにもセンセらしい仕上がりでした。

011:「公民館の読書室」
公民館には上級生用の読書スペースがあるのですが。
そこにえっちな本を置いておき、それぞれの反応を楽しんでいたのでした。
明るく描かれていますが、やってることは結構なブラックっぷり
軽く脅迫もしてますからね。
(※実際噂にもなりつつあり、結構危険な状態だと思いました)
何名か女子登場していましたが、メインは眼鏡な「稜羽(りょうは)」ちゃん。
なかなか積極的でイイ感じ。
まだ途中みたいなところで終わってしまうのですが、あの後は大丈夫かな。

031:「まずはお話だけ」
予定外に泊まり出張となった主人公。
さっそく女の子をチョイスして、会うこととなったのでした。
そんな感じで始まる、センセ得意な明るい援交話
登場する「美南」ちゃんは初めてとのことで。
ネタからは想像もできない初々しさで、やたらめったら可愛い。
お話だけ、という募集でしたが、なんというか脇は甘く。
あっさり「美南ちゃん」も乗っかっちゃっていました。
ちなみに、彼もこうしたエピソードの主役男性としては相当にイイ人ですけどね。

美南ちゃん、梨央ちゃん
※左:美南ちゃん、右:梨央ちゃん

053:「最後のおままごと」
両親が離婚で兄妹は別れ別れになってしまうこととなり。
思い残しがないように
そう言った兄は妹「聖奈」にえっち仕掛けるのでした。
ずっとしたかったんだよ
とかも言っており。
いずれ、仕掛ける予定だったのかな。
危ない兄貴だ。
いけない、と思いつつも応じてるツインテールな「聖奈ちゃん」が可愛いです。
ばん!
…のコマでは、一瞬どうなるかと思いましたが。
ありゃ、コメディーですわね。

069:「二人の先生」
検診の医師と担任教師が生徒「本間愛花」にえっち仕掛けるというもの。
複数プレイ話ですね。
今年一の安全物件です
とか言われてました。
漫画は2人の男性メインで、ヒロイン「愛花ちゃん」がどんな娘なのか、あまり描写はないのですが。
オチの発言みる限り、安全物件という単語の通りなのかも。

087:「パパとママの寝室」
いきなり声を掛けて来た「梨央」
寝室から追い出されたの
そう話し出した彼女は、父母のベッドを先に使うよう協力を依頼してきたのでした。
個人的には収録でこの娘がお気に入り。
父親に対する反応がまた可愛い。
そうなんだ(笑)
またその上でネタにしている男性は…悪い大人だなぁ。
しっかり痕跡を残していたところが凄い。
これを切っ掛けに大変なこととなっていきそう。

103:「おうちキャンプ」
兄の就活がため、恒例としていたキャンプがなくなってしまい。
拗ねた「里英」は、庭にテントを張らせて過ごすこととしたのでした。
ここで兄と共に一晩明かすというお話。
テントで寝るだけでも、そうした気分は味わえますもんね。
えっちはある程度余裕ができるくらいの回数をやっているらしく。
流れを見る限り、キャンプと共にソレを期待していたようです。
声を我慢すべく(直ぐ隣が家ですから)頑張る様がキュートです。

119:「カミナリこわい」
雷が苦手な「ももか」に、家に連れ込まれるエピソード。
あの状況でエロいことし始めるのは、なかなか凄い。
まぁ、ただ…恐怖心を打ち消すには有効な手段でもあるんでしょうけどね。
オチとか切っ掛けの家に上げたりなんだりしてるところを見ると、そもそも「ももかちゃん」の好みではあったのかな。

135:「父の日の白紙券」
父の日に娘「美琉(みる)」より色なお手伝いの券をもらった父親。
その中の1枚は白紙となっており。
なんでも書いていいよ
とのことだったので…えっちをお願いしたのでした。
寝込み襲ったので、パジャマ姿。
あの純粋な可愛らしい娘の父親とは思えない、色々おかしな男性ですね。
いちおう年齢的にソレがなんなのか理解しており、慌てていました。
キッチリやってましたねー。
あれで、あの大逆転みたいなオチは凄い。

151:「しかえし」
姉「ちさと」・妹「まりや」のエピソード。
とある切っ掛けで知り合った男性。
「ちさと」はそれを仕掛けた「まりや」に返すこととしたのでした。
タイトルそのまま仲はそう良くなく。
ライバルっぽい関係でしょうか。
(※ある意味ではよくある姉妹のカタチかなぁ)
姉「ちさとさん」は冷静なキャラで、あの淡々とした言動が素敵。
ちょっと「まりやちゃん」では対抗するに荷が勝ちすぎるかも。
だからあーした手段を取ったのか。
オチのアルバムが楽しい。

「栞さん」、姉「ちさとさん」
※左:「栞さん」、右:姉「ちさとさん」

167:「野良の恩返し」
部屋の前庭を遊び場としていた野良猫。
冬には部屋まで潜り込むようになっていたのですが。
それを追って、女の子「栞」も部屋に入って来るようになったのでした。
”冬は寒くてかわいそうだから、飼ってくれればなんでもする”
そう彼女が言い出したのが切っ掛け。
イイ大人が子供の”なんでも”にそう敏感に反応しないように
また彼女の得意なのがマッサージだという、実に都合の良い展開です。
幼そうに見えて結構知識もあるようで。
えっち前のセリフはなかなか刺激的だったのでご期待ください。

185:「第1回およめさんテスト」
恋する塾講師宅まで押し掛けた「小嶋」さん。
自らをお嫁さんにしてもらうべく、相応しいかテストしてもらうこととしたのでした。
リボンとラブラブなリアクションの可愛い彼女。
塾講師という彼は、
あんたが二十歳になった時、どうなってるかが見たいの
…ということで、えっちなことをしていくのでした。
まぁ、そうした方便とも考えられますが、その際の表情はしれっと真顔。
本気なのかも。
オチの「小嶋さん」がまた異常なまでに爽やかだったので、なんだかいい感じのお話かと錯覚します(笑)
何点つけたの?」のコマが好き。

201:「貧乏兄妹」
貧乏な兄妹。
兄はお金を稼ぐべく、都合の良い男性を見つけてきたのでした。
絶対にお兄ちゃんが守るからな!
そう言い放つ彼は、妹を差し出すような真似は確かにしなかったのですが…。
その手段は、ああ成年漫画だなぁ、って感じ。
妹「りか」ちゃんはジャージ姿だったので、できればその姿をもう少し堪能したかったです。
途中からお兄ちゃんの台詞は少なくなり、同席した男性の言葉ばかりになるのですが。
それがよりエロス感を増していました。
これはバッドエンドでないものの。
オチにブラック感あり、ビミョーな読後感になると思います。

 【 その他 】

そんなんこなで、毎度おなじみ「上田裕」センセでした。
こちらがおそらく9冊目。
次で二桁ですね、期待しています!
今回の紹介帯裏面には、”上田裕ロリ漫画のオススメポイント”というコーナーがあり。
その4項目が分かりやすくて、いい感じでした。
編集の方かな、素晴らしいアイデアだと思います。
初見の方向けに、全ての単行本で実装してほしいですね。


おんなのこ解禁 おんなのこ解禁 (TENMACOMICS LO)
                  (2018/3/28)
                  上田 裕
                  ※アマゾン登録あったけどなくなるかな



★「上田裕」センセの漫画紹介記事 すべて成年系

かちんこちんこあくま
 記念すべき初単行本。オマケ満載です。
とびだせ!こあくま
 2冊目。タイプ異なるWヒロイン漫画「どっちか選んで」を収録。
ちんちこちんこあくま
 3冊目。やや長めのカラー漫画3話ほか、短編群。
ろりまんガー
 4冊目。インパクト高い短編「おまつり伝説」を収録。
よい子はしちゃダメ!
 5冊目。援交連続話「こどもチェーン」を収録。
なかよしりぼん
 6冊目。小○生AV女優「和葉ちゃん」ほかの短編群。
ろりくりごはん
 7冊目。ボーイッシュな娘が可愛い「教育者の亭主」を収録。
なまいきハニートラップ
 8冊目。前後編「幸せになる方法」を収録。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツインテール バッドエンド

■玉キック (いのまる)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] 探偵、全裸、ファンタジー
・構成 : 原作「光永康則」、カラー(8P)、5話収録、
      現在1巻まで発売中。
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いのまる」センセの「玉キック 1巻」です。

美人探偵「黒住綾音」
※美人探偵「黒住綾音」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
現在のところ、1話完結のお話。
ちらほら謎や前振りがあり、おそらく後に回収されていくのだと思います。
(※そもそも、細かい説明はないまま進んでいました)
主人公は探偵業で、問題解決していくタイプ。
ただ、頭脳派ではなく肉体派となっており、タイトルそのまま蹴っ飛ばして破壊しています。
漫画の最大の特徴は…派手なエロス描写
一般系なのですが、全裸比率の非常に高いものとなっていました。
さすがに直接えっちはなかったですけどね。
↓表紙の女性に引っ掛かった方には、ぜひオススメな1冊です。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき、濃淡は丁度良いくらい。
描き込みはややスッキリでしたが、不足感はありません。
コマ割りは変化少なく、比較的収まりも良く。
ぶち抜きがちらほらあったものの、原稿は見易くまとまっていました。
小物が心持ち弱めでしたが、背景は良く。
人物絵も適度なデフォルメ感で、漫画寄りでしたが適度なバランス具合。
エロス・アクションシーンに違和感なく、引っ掛かるような箇所もありません
カラーでも変化ないので、判断については↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 5話収録

長身・巨乳・美脚の三拍子の美人探偵「黒住綾音」
”どんなモノでもぶっ倒す”という不思議な力のある「脚」を持ち、見合う金さえ貰えればどんな依頼でも引き受けていました。
彼女の相棒・自称「アドバイザー」という引き籠りが操作するwebカメラと向かったのは、男子禁制の通称「処女島」こと「諸常島」
12年に1度という奇祭へ潜入し、その謎を探るのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆる探偵モノ。
扱うのは殺人事件とかサスペンス的なものではなく、だいたいが潜入調査
美人女性であるのも重要なポイントになっており、その手助けとなっていました。
エロスな要素は毎回のお約束
直接行為みたいな展開はごく僅かでしたが、頻繁に脱ぐ・脱がされることとなっていて。
お話の後半では、たいてい全裸になっています。
アンダーヘアまでしっかり描かれていましたよー。

巫女「白姫」、警視庁「法条紅緒」
※左:巫女「白姫」、右:警視庁「法条紅緒」

「綾音さん」は探偵なのですが、前述したそのまま基本的には武闘派。
自信があるのか結構いきあたりばったりで、相手の術中におちることも多く。
いわゆるピンチシーンみたいな場面も頻繁でした
ここは読者の期待通り(笑)だと思われます。
そんな彼女をサポートするのが、謎の引き籠り男性が操るwebカメラ。
↓表紙でも真ん中あたりに描かれる、丸いやつですね。
主に知識とデジタル面で活躍していて、エロ方面以外は常識人。
正体はそのうち明らかになるのかな。
もう1人、↓表紙・裏表紙で気になった方も多いだろう、ロリっとした巫女「白姫」
彼女は1話事件の関係者で、そちらからレギュラー入りをしていました。
webカメラの彼と違って積極的に事件には関わらないものの、”浄化”という霊的な力でサポートというか、フォローしておりました。
こちらの彼女もまた謎が多く、各話にてもちらほら前フリのようなものがあり。
後のストーリーでになっていきそうな存在です。
きゃらきゃらとした賑やかし役ではなく、「綾音さん」と違って脱いだりはしないので。
気になった方はお気を付けください。

通称「処女島」での奇祭を追う1話目。
冒頭のカラー部分は「綾音さん」と相棒webカメラを紹介するような、小エピソードとなっています。
銭湯での盗撮犯調査ですね。
女湯への潜入なため、いきなりおっぱい祭りなのですが。
「綾音さん」の着替えシーン(※黒スーツから順序良く脱いでいく)もカラー2ページでバッチリ描かれていました
掴みはOK(笑)
メインの奇祭についての詳細は伏せますが。
なかなかぶっ飛んだエロス具合なので、ご期待ください。
あれ…誤魔化すことできないと思われるので、警視庁生活安全課「法条紅緒」さんともども未経験なのかなぁ。
「白姫さん」はいちおう祭りの中心人物たる人物なのですが、今回の事件とはほぼ未関係。
オチではちらと存在感を見せていました。

催眠術を使うマッサージ師と対決する2話目。
前回オチから直結しているようで、「白姫さん」は冒頭から登場。
あれは…「綾音さん」の能力である「脚」の秘密と関係あるのかな。
依頼のメインであるマッサージ師は、ハッキリ言って小物なのですが…。
危機的状況としては、前回を上回るものでした
ちょっと油断し過ぎよね。

南国プライベートビーチへ浮気調査に出かける3話目。
トップレスビーチなのですが、ワンピースの水着を着ていたため、巧い事全裸に
確か…こうした場所ではじろじろ見ないことがルールだったと思いますが。
そもそもの目的がえっち系なプライベートビーチだからかな。
なお、こちらでは1話ぶりに警視庁の「紅緒さん」も登場。
やはりワンピースの水着だったため、彼女も初全裸を披露していました。

「綾音さん」ピンチ!
※「綾音さん」ピンチ!

警視庁「紅緒さん」から始まる4話目は、ちょっと変則な構成。
ミステリーものっぽい冒頭がドキドキさせられます。
昔から残る風習”人さらい”が残る村へ潜入するエピソード。
こちらも祭りに参加するのですが…やはり全裸に。
(また、実はそれだけではないので、ご期待ください)
結構大がかりな展開で、オチも含みあるものでした。

収録での最終5話目は、フリーでお祓いの依頼を受けていた「白姫さん」に同行するもの。
雑居ビルでの幽霊祓いですね。
相手がそうした非現実なものなため、こちらの全裸展開も独特。
そもそも「綾音さん」は余計なことに首突っ込んだだけなのですが、大変なこととなっていました。
どーでもいいですが、「白姫さん」はすぐ助けてはくれないのね。
オチ部分に「諸常島」での会話が描かれており、彼女について気になる話がありました。
次巻ではそのあたりが中心になってくるのかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「いのまる」センセでした。
こちらのブログでは「恥ずかし女」、「僕らのセックス」、「彼女達の性交渉」という3冊を紹介しています。
それらは全て成年系。
今回は一般漫画でした。
…が。
まさかこんなにも全裸が多く描かれているとは、想像しませんでした
攻めましたねー。
読んでいて楽しく、色々気になる部分も残っているので。
次もぜひ手に入れたいと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー サスペンス アンダーヘア アクション

■あまいろおねえさん (いちこ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、夫婦、むちむち
・構成 : カラー(4P)、短編×11話収録
      (うち「俺んちのあのこ」×3、「官能小説的おくさま!」×2、
         「いただきます!」×2)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いちこ」センセの「あまいろおねえさん」です。

妻「美玲」、小松尚
※左:妻「美玲」、右:小松尚

 【 構成・絵柄 】

収録は数話ほどの連続話と短編。
3話ほど続く冒頭中編はいちおうストーリーっぽいもの。
そのほかは2話ほどで、シリーズっぽい印象です。
あるいは、今後続きを描かれても不思議ではない感じでした。
そうした連続な漫画も多いためか、全体的にキャラの魅力が前面に出てきていて
個人的には実にイイ感じ。
読後もカチッと印象に残るんですね。
ジャンルとしてはラブコメ
今回は約40パーセントほどが夫婦モノとなっており、やや重量感あるエピソードもありました。
…が、基本的にはブラックへと流れていかないので、ご安心を。
↓表紙のようにまるまるとした巨乳が目立つヒロイン群のうち。
後述する貧乳上司が可愛く、センセもお気に入りなようでした。

強さのある、しっかりとした曲線での作画。
全体の色づき、濃淡具合は適度なくらい。
描き込みはややあっさり気味で、なんとなく一般えっち系みたいな感覚です。
コマ割りは中小で、枠間はしっかり確保されていて。
結構収まり良く、見易く仕上がっていました。
丸く幅広めな人物絵。
ふっくら、むちむっとした肉付きで、漫画らしい可愛らしさ。
表情なども良く描かれています。
そうした人物は良いものの、小物・背景がサッパリ過ぎ
特に服装はこうした漫画でフェチ的要素の1つとなる部分なので、もうひと頑張りほしいところ。
特に小コマなどバランス面の弱さがあり、どうにも勿体ない。
あとちょっとの違いで、また全然違う感じにも見えてきそうなんですが…。
漫画表現で引っ掛かるまではないですが、こちらも同様。
ただし、それら結構細かい部分なので、普通に読むにはほぼ問題ないと思います。
雰囲気やや違うものの、判断は↓表紙・裏表紙で良いと思います。

 【 収録話 】 11話収録

003:「俺んちのあのこ」 3話
明日は仕事休みで、ちょっと呑んでの帰り道。
粗大ごみに混じって、女の子が捨てられていたのでした。
ふと目があってしまったがため、声を掛けられてしまったのです。
そんな切っ掛け。
”突然会った見知らぬ女子と同居する”
ラブコメものの王道パターンですねー。
お腹空かしていた彼女「メイちゃん」はショートカットでむちむちっとした女の子。
喋りも楽しい、犬ちっくな娘さんでした。
えっちに誘ったのは彼女から。
どっちも不慣れらしく、初々しいものです。
ため、間違ったりしていました(笑)
いいなぁ。

ちょっとの間泊めていただけたら…
そんなんが続いている2話目。
前回間違ったため、互いに次の切っ掛けが掴めず。
彼「高橋」くんの持ってた雑誌で勉強する「メイちゃん」が可愛い。
お姉さんプレイですね。
この時の彼女はタンクトップなんですが、横乳がまるでグラビアアイドル級。
谷間もたっぷりでしたよ。
あんなんが間近にウロウロしていて、なにもしない彼は凄い。
彼女の正体が判明する、最終3話目。
うーん、別にキッチリ説明なくても良かったかなぁ。
ラストもああした着地だったので。

メイちゃん
※メイちゃん

073:「きまじめ系!」
職場で上司の「小松尚」は「健司」の恋人でした。
同僚らとの飲みで体調を崩した彼は数日間休むこととなったんですが。
その詳細は「尚」まで伝わっていなかったのでした。
彼ら関係ないですが…ちゃんと伝達しなさい。
というか、「健司くん」もメールくらい打ちなさいよ。
「尚さん」が荒れるのも当然ですね。
ショートカットな彼女は仕事熱心であまり喋らない娘さん。
…でしたが、それにはとある理由があり。
3日間連絡なかった彼のアパートに押しかけて来た「尚さん」がため、発覚するのでした。
いちおうどんなんかは秘密ね。
(※そこが最も可愛い部分ではあるんですが)
オチでのやり取りもキュートでした。

055:「大好きなあなたへ」
089:「仲良し夫婦」
105:「官能小説的おくさま!」
127:「官能小説的おくさまアゲイン!」
これら4話が収録のうち夫婦モノ漫画です。

斎藤夫妻の「大好きなあなたへ」
旦那「道義」は交通事故がため入院中。
どうやらまだ完全に意識は回復しきっていないらしく、なかなか重たいシチュエーション。
ただ、妻「美玲」は献身的に彼を支えており。
下世話な職場での会話にも、本心を抑えて笑顔で対応したりしていました。
いい奥様ですね。
ページ数もあって、やや駆け足な印象でしたが、良いお話にまとまっていました。
描き方変えれば、ちょっと怖い話にもできそう(笑)

タイトルが似た「仲良し夫婦」はまた全然異なるエピソード。
「美枝」・「聡」の夫婦仲はまったく問題なかったものの、旦那は完全に満たされてはいなかったのでした。
性癖は難しいですね
ただ、どうせ後でバレるのであれば、キチンと相談した方がいいと思うよ。
完全に駄目なら早いか遅いか程度ですし、ある程度でも許容できる範囲あるなら望みもあるでしょう。
ゴムが切れてた、という理由で下着つけぬまま買い出しに誘うのが切っ掛け。
おめでたう。
この時点で拒否されなくて良かったねー
黒髪束ねた「美枝さん」はどちらかというと、美人ながらやや地味目な奥様。
照れつつ街中歩いたりなんだりしていましたが…そりゃ、興奮するだろうなぁ。
公園での野外プレイになってました。
ただ、近頃はなにかと物騒なので、ほどほどに。

「官能小説的おくさま!」はタイトルそのまま、官能小説家な妻「鈴音」さんとのお話。
収録の夫婦漫画では、最もラブコメしております。
自ら「かわいい奥様」とか言ってる「鈴音さん」が楽しい。
はっちゃけた娘さんですね。
出迎える姿とかテンションが毎回違ったりしていました。
旦那「秦」くんとの関係はすこぶる良好。
恋人同士そのまま、って感じ。
えっちの切っ掛けは裸エプロンで出迎えたため。
ただ、それでネタが浮かんでおり、仕事の助けにもなっていて、言う事なしですね。

さらに面白い続き「官能小説的おくさまアゲイン!」
出版社のパーティーに呼ばれた「鈴音さん」
ドレスアップしてました。
彼にべったりだけあって、会場でのああした対人描写は納得なもの
不器用そうですもんね。
しかし、この2人は…どう知りあって結婚まで至ったんだろう
続きは是非そのあたりを(笑)
そちらでの出来事がため、自らの作風について悩むというのがメイン。
相談を受けた旦那「秦くん」がどう回答するか、注目下さい。

145:「いただきます!」
163:「いただきます!2」
上司「加賀」に残業を手伝ってもらっていた「横田」
美味しそうにパンを食べる彼女の意外な一面を見てから認識を改め。
それからよく食事に行くようになっていたのです。
ある日の呑み屋で、珍しく酔っぱらっていた彼女は…という流れ。

食事を美味しそうに食べる女子は、それだけで可愛いく見えるものですわね。
それがたまたま上司であったのが、こちらの最大のポイント。
先輩「加賀さん」は小さく貧乳(※でもそこそこありましたが)な女性。
自己評価が低く、ああした堅い喋り口調もおそらく自分を強く見せるため身に付いたものではないかなぁ。
「横田くん」は彼女のプライベート、というか緊張解いた顔を見て、そのギャップに惹かれたのでしょう。
なかなか積極的で、呑みの席とはいえそれを口にしていたらしく。
彼女が酔っぱらったのは、それがため。
路地裏での野外プレイとなっていました。

官能小説家・妻「鈴音」、上司「加賀」
※左:官能小説家・妻「鈴音」、右:上司「加賀」

巨乳な派遣の娘が登場する2話目。
なぜか「横田くん」はターゲットにされていて、彼女から迫られて(いちおう仕事上ですが)おり。
先輩「加賀さん」をやきもきさせておりました。
彼の何がそんなに気に入ったんでしょうね。
視線を送ったりしていて、敢えて2人の間に割って入ってるようにも見えましたが。
なお、「加賀」・「横田」の関係は第三者にバレバレらしく。
皆の噂話と、牛乳ガブ飲みしている彼女が楽しいです
こちらは屋上えっち。
しかも会社なんですが…野外好きなカップルですね(笑)

179:「隣のママ姉さん!」
隣に住むお姉さん「なおこ」さん。
まるで実弟のように可愛がられていた「洋」は、人柄ともどもその大きなバストに魅力を感じていました。
ある日、ひょんな偶然から彼女宅で夕飯を御馳走になったんですが…というもの。
「なおこさん」は収録での眼鏡枠。
横長楕円でやや下に掛けていて、知的なお姉さんという感じ。
「洋くん」の気持ちがよく分かる、魅力的なバストの持ち主でした。
切っ掛けはありがちな一言なんですけど…。
気になったのは、「なおこさん」が訪ねたという医者。
”そりゃヤブ医者だわ”、とか読んだ際には思っていたんですが。
ブログ書く際に念のため検索してみたところ、肯定・否定どっちつかずな雰囲気
特に直接の関係はないようですが、ホルモン的とかなんとかは関わりあるみたい。
むむむ。
ちと脱線しました。
長袖ワンピースの服装がえっちだった「なおこさん」
夜間にちょっと買い出し、という雰囲気がためか、どうやらノーブラでした。
あれは服は着てる方がいいなぁ。
ただ、下着デザインが学生みたいなんだったのが、個人的にはちと残念でした。
先の先輩「加賀さん」は逆にあんなんが似合ってるんですけどね。

 【 その他 】

以上、本日は「いちこ」センセの単行本でした。
こちらで何冊目くらいでしょうか。
当ブログでは、「変態的な彼女」から、「アリス淫ワンダーランド」、「カノジョのオモチャ」…などを紹介しています。
まるっとしたキャラが好みなので、ちらほら手に取ってるんですね。
作画はかなり良くなってきていました。
あとがきに、
「今回はたくさん描きおろし~」
と書かれていました。
しかし…しっかり描かれていないので、どれがそうだか分かりません。
もっとアピールして良い部分だと思うのだけど。
紹介帯もスルーなのね…。

あまいろおねえさん

あまいろおねえさん (エンジェルコミックス)  2015/11/17 [アダルト] いちこ (著)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット

■死神坊ちゃんと黒メイド (井上小春)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] コメディーラブコメファンタジー、ブラック
・構成 : 14話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 折り返しにコメント、カバー裏に4コマ、
      描き下ろし「オマケ漫画」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井上小春(いのうえ・こはる)」センセの「死神坊ちゃんと黒メイド 1巻」です。

ヒロイン特集1:可愛いメイドの「アリスさん」
※ヒロイン特集1:可愛いメイドの「アリスさん」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
もともとは小学館の漫画サイト「サンデーうぇぶり」で連載されていたもの。
1話あたりのページが少ないのはそれがためかな。
(※ざっと数えたところ、扉絵を含めて10~22ページでした。たいてい10ページの回ですね)
そのため、話数14話ですが、単行本は全177ページくらいで、やや薄め。
ジャンルとしてはコメディー色の強いラブコメ
お話は日常の1場面を切り出したような感じでした。
ファンタジーな色もあります。
詳しくは後述しますね。
たいていは楽しくえっちに進行していましたが、ちらほらブラック要素もあり。
単にぺかぺか楽しいだけでなく、幅の広い漫画でした。
扉絵では前面に出ているヒロインが、実に可愛らしく魅力的に描かれていて。
そっち目的な方にもオススメです。

しっかりとした強さある線での作画。
漫画要素もあり、画面では黒が強く濃いめな濃淡具合。
描き込みは丁度良いくらいでしょうか。
枠間はキッチリ確保され、収まりも良く。
賑やか過ぎることもなく、基本的に見易い原稿具合です。
メインとなる舞台のお屋敷は小物・背景など良く、キャラに対して強すぎることもなく。
雰囲気あるものでした。
表現なども引っ掛かることなく、ジャンルがためやや大仰なところもあるかな~というくらい。
人物絵はふっくらとしていて、デフォルメされた漫画的な可愛らしさ。
やや癖ありますが、非常に優れたバランス感覚があり。
作中の登場人物そのまま、ふとしたタイミングでドキっと揺さぶられるようなところがありました。
基本的にカラーでも雰囲気は変わらず。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 14話収録

”触れたもの全てを死なせてしまう”
5歳の頃、魔女にそんな呪いをかけられてしまった「坊ちゃん」
それ以来、親は取り壊す予定だった屋敷を彼に与え、人気のない森に隔離したのでした。
そちらには幼少期から「坊ちゃん」に仕えるメイド「アリス」が共におり。
彼女の存在がため孤独ではなかったものの、触れられないことをいいことにしばしば逆セクハラを仕掛けられていたのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

厄介な魔女の呪いを受けた、「坊ちゃん」の日常を描いた漫画。
そうしたファンタジーな要素もありますが、いまの所は呪いの描写ほかちょろっとだけ。
(※11話の魔女の壺)
基本的には、メイド「アリスさん」とのちょっとえっちなラブコメとなっていました。
察するところ彼女は、「坊ちゃん」と同年代か、若干年上くらいかな。
彼には主従関係とは異なる好意をもっており。
発言にもあったそのまま、困惑する様、やり取りを楽しんでいるみたい。
良い性格ですね。

ヒロイン特集2:距離感近い「アリスさん」
※ヒロイン特集2:距離感近い「アリスさん」

ざっと読んだ印象だけですが…呪いかけたのは……彼女なのでは?
(あるいは母親だという本邸のメイド長か?)
彼があーなって、最も得しているのは「アリスさん」だけ。
好意ある彼を、まさしく占有できており。
ほぼ唯一の存在として、からかい・弄びつつ日々過ごせていましたからね。
呪いは邪魔な両親・友人ら一切を排除するための手段だったのではないかなぁ。
(※でも、彼女の耳飾りはロザリオなのですが)

そう、読んでいてもう1つ気になったのが、その”魔女の呪い”について
作品中、「坊ちゃん」はほぼ常に白い手袋を身につけているのですが…。
1話目では、その手で触った木を枯らしており。
どうやら、布程度で呪いは遮れない様子。
また、同話では飛んできた蝶を慌てて避けていて、本人が触るだけでなく向こうから触れられてもダメな様子。
(※それでも服越し)
木や花瓶の花については、呪いそのまま枯らしていました。
その一方、そもそも着ている服は問題なく、ブランコのロープ、ティーカップ、フォーク、手紙、ピアノ、バイオリン…などは触っても変化は見られず、OKみたい。
同じ地面上を歩くことも問題なく、扉やテーブルなどは共有できている様子。
また、13話で「坊ちゃん」は手作りシチューを振る舞っており。
それで考えると、触れた食材については枯れる・腐ることなく無事に調理されていたのだと思われます。
さらに「アリスさん」とりやり取りでは、上着を着せる、リボンタイを結ぶ(2話)、触っていた植物を受け取る(3話)、口移し・手渡しでもの食べる(4、10、13話)、彼の座っている椅子に手をつく(6話)、袖をつかむ(10話)…なども問題なく。
やや曖昧な印象です。
(手袋越しに振れるのはNGでも、服を隔てて触れることはOK??)
先の予測が正しいのであれば、単に「アリスさん」は呪い対象外なのかもしれませんけどね。
あるいは、そもそも呪いなんてかかっていないか。(※彼が触れたタイミングで魔法かけてるだけとか…)
まぁ、今後の展開に注目していきましょう。

”絶望と孤独に押し潰されてしまいそうだ”
そんな発言ある1話目。
なるほど、両親から5歳以降広い屋敷に隔離された彼は気の毒な身の上に違いないのですが…。
からかいつつも、そんな自分に好意をもって接してくれる可愛いメイドがおり
また、年老いつつも従順かつユーモアをもって接してくれる執事「ロブ」もおり(※8話から登場)
変な話ですが。
核家族化、晩婚化、非婚化などが問題となった現代社会では、本気で孤独な生活をしている方も少なくはなく
もっと深刻な、天涯孤独に苦しんでいる方と比べ、「坊ちゃん」は恵まれている方だと思います。
住む家と財産(まだいちおう親の金銭的支援はある様子)、そして音楽的な才能もあるようでしたからね。

昔の友人「フィリップ」が久しぶりに訪ねて来るという2、3話。
ラブコメ味の楽しい本作品ですが、ここは重い設定が前面に出た秀作
まぁ、普通そうだわね。
建前書いた手紙くれてる程度な方が、よっぽど優しい(本心は逆であっても)と思いますが。
その一方で、後半の「アリスさん」は可愛く、だいぶ癒されました。
個人的には…裏で「フィリップくん」に一言言い返して欲しかったなぁ。

4から7話は「アリスさん」とのイチャイチャとした様が楽しめる、お話の基本フォーマットというべき作品群。
午後のティータイムな4話、夜のダンスの5話、ピアノの6話、寝起き・朝食風景の7話という感じ。
前述したように、口移しでクッキー食べるのはOKなのね。
ダンス回では「坊ちゃん」が感じたそのまま、2人の繋がりみたいなものを感じました。
…やっぱり呪いかけたの彼女の母親ではなかろうか。
ここでは彼女からのご褒美的な台詞を聞けるのでお楽しみに。
続くピアノのあれは、それに対する返事みたいなものですかね。
7話の朝食では、彼が小食であることが語られますが。
その原因が久しぶりに重たいものでした。

執事「ロブ」が登場する8話。
可愛いメイドだけでなく、執事までいるんですね。
彼もまた「アリスさん」と同じく、「坊ちゃん」の呪いをまっったく気にしない、貴重なキャラクターでした。
面白いお爺さんです。
メイド「アリス」の住まいが見れる9話目。
彼女は屋敷内でなく、離れの物置小屋で寝ているんですね。
(※屋敷に部屋は無数にあるのですが、本人の希望による)
ヴェールのない、「アリスさん」の姿…というか、1コマだけ全裸も見れました。
部屋では服を身につけない主義、だそうです。
いいですねぇ。
ちなみに下着は黒色でしたよ。

ヒロイン特集3:逆セクハラな「アリスさん」
※ヒロイン特集3:逆セクハラな「アリスさん」

ピクニック、と称して「アリスさん」と周辺の森に出掛ける10話。
胸元からナイフを出していました。
おっぱい大きいですもんね。
オチが楽しい回です。
11話目は久しぶりに魔女について描かれる、ファンタジー回。
コメディーなんですけどね。
なんだ、あの壺。
ここを見る限りでは、呪いかけた魔女って「アリスさん」以外考えられませんね。
11話目は猫とのやり取り、12話目は「ロブ」の快気祝い回。
ドレスアップした「アリスさん」が見れますよ。
収録での最終14話は彼女とボートで流星群を見るという、デート話。
コメディー調ですがムードもあり、良い読後感となっています。
描き下ろしのおまけ漫画は「坊ちゃん」が「アリスさん」をスケッチするというもの。
14話と同じく、優しい回になっていました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「井上小春」センセでした。
こちらが初単行本になるのかな。
店頭で見た↓表紙の「アリスさん」に釣り上げられました。
正確には裏表紙ですけどね。
(※表紙の続き絵になってるのです)
髪型がため、右目が隠れることも多く。
そんなんも好き。
白目で、本来であれば恐怖を感じるものだと思うのですが。
彼女の場合は、実に巧い事妖しい美しさとなっていました。
自分の予想が合っているか、続きも追っかけたいと思います。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー

■すきあつめ (うえかん)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、積極的、むちむち
・構成 : カラー(4P)、8話収録(うち「二死満塁打者俺!」×2)
・おまけ: あとがき、カラーイラスト、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「うえかん」センセの「すきあつめ」です。

美侑
※美侑

 【 構成・絵柄 】

収録は1話前後編があった以外は、全て短編での構成。
ほぼ制服女子で、同一の世界観もありそうな雰囲気なのですが。
ざっと見では、関連するようなエピソードはなかったです。
ジャンルはラブコメ
紹介帯に書かれた”イチャラブ”そのまま、ラブラブした様が堪能できます。
とかくヒロインらのラブ度が高く・強く、積極的な彼女らがポイント
ブラックな要素は薄く、たっぷり甘くエロスな世界でした。
凝った要素はないものの、すっきり楽しめる成年漫画です。

すっきりとした線での作画。
全体の色づき、濃淡具合は丁度良いくらい。
描き込みも過不足なく、いい感じでした。
小コマが目立つ細かいコマ割り。
はみ出し・乱れ飛ぶ擬音もあり、ページは賑やか
それでもバランスに優れ、細部まで丁寧に仕上げられており。
見易い漫画具合でした。
表現なども明るく可愛く、ラブコメしています。
人物画は幅の広い輪郭、ふっくら頬と丸い目が特徴。
皆さん魅力的なバストで、むちむちとした健康的なスタイル。
肉感がえっちです。
そうしたのが好みな方には最高でしょう。
カラーより白黒絵のが味あるものの、そう変化はないので判断はそちらで問題ありません。

 【 収録話 】 8話収録

007:「二死満塁打者俺!」 前後編
野球部マネージャー「宇多」と付き合う「牧野」
三カ月になるものの、彼女が恥ずかしがり屋なためキスすらしていなかったのです。
友人らの助言をうけた「牧野」は、彼女を家に誘ったのでした。
そんな訳で、前編は「宇多さん」との初えっちエピソード。
彼女の言動が実に可愛い。
キス後に”ストライ~ク”な描写があるのですが、まさにそんな感じ
えっちに至るまでも慣れてなく、初々しいのです。
…が。
えっちがしたいです
後編では、すっかりハマってしまった「宇多さん」が見れます。
先と違いえっちに積極的で。
冒頭では大会前ということでお預けをくらっていて、不満爆発な彼女が見れました。
前回は自宅でしたが、こちらは部室でのえっち展開。
慣れたプレイ、初体験との差をお楽しみください。
「牧野くん」からOKが出た際の、にこーという表情が印象的です。

マネージャー「宇多」、「アキ」
※左:マネージャー「宇多」、右:「アキ」

057:「ああ愛しの年下彼女」
年下の恋人「アキ」と付き合う「秀行」
しかし、最近の彼女は普通に歩くだけでも距離をとる、家に来たがらないなど避けられているようで…。
あるいは他に好きな人ができたのでは、と疑っていたのでした。
年齢が一回り以上離れている、そうです。
ううむ、羨ましいですね。
彼女が避けているような態度をとっている理由は…成年漫画ではお馴染みなもの。
お互いしっかり話をしたことで誤解が解け、めでたくえっち展開に。
制服姿が実にいい感じ。
できれば脱がないままシテほしかったなぁ。
…しょうがないですね~
のコマが好き。

081:「急がばツッコメ」
ご近所の幼馴染み「美侑(みゆ)」
ラブラブ全開な彼女に対し、彼はつい素っ気ない態度をしてしまい。
それを不安に感じていた彼女は、媚薬を使って無理矢理既成事実作ろうと画策していたのでした。
試しに自分で飲んでみたら、動けなくなってしまったというもの。
そんな訳で、開始早々に彼女が限界となっており。
彼の膝でグリグリやるところが素敵
穿いていたパンツがぴったりとしたジャージっぽいもので、エロいです。
できれば、もう少しじっくり見たかった。
そんな「美侑さん」でしたが、冒頭では宇絵田曽学園の制服女子として男子らの視線を集める美人女子として描かれていました。

107:「密室ゆ~わく事件」
普段から喧嘩がばかリの「荒木」・「佐久間」
罰として居残り掃除を命じられてしまったのですが…その最中も揉めていたため、「荒木さん」はバケツの水をかぶってしまい。
また外から鍵を掛けられ、用具室に閉じ込められてしまったのでした。
「荒木さん」はポニーテールの活発そうな女子。
ブルマ姿でしたよー。
可愛いです。
体操着の透け具合は、なんと言うか漫画的でなく現実っぽい雰囲気。
ただ、現実には…ああしたちょっと見えるくらいが、最も興奮するんだろうなぁ。
淡々とした感じでしたが、彼女の行動はエロいもので。
”眉間に皴寄ってないと~”とは「佐久間くん」の感想。
普段の「荒木さん」がいかに突っかかってきていたかを想像させますが、それ故に惹かれるのは当然かも。
関係変化したその後の2人を見たいですね。

131:「only you!」
授業中までイチャイチャしており、クラスでは公認のカップル「本多」・「真田」
彼の友人らが興味本位に口を滑らせたことで、ちょっと険悪な雰囲気になってしまったのでした。
まぁ、男子連中は仕方ないかなぁ。
付き合う当事者として、あの反応は当然か。
ラブラブですね。
えっち最中、「真田くん」の携帯が鳴るのが漫画のメイン。
よくAVの企画でも見られるような羞恥プレイとなってます。
いちおう一段落した時でしたが、出ないんでも良かったのでは。
今の電話は性能良いので、最中の音でなんとなく分かりそうな気もしますが。
「本多さん」が興奮した内容がまた実にラブいので、ご期待ください。

155:「好きになってほしイモ」
学校で盗撮写真を買っていた現場を撮られてしまった「大崎」
「黒川」はそれネタに単独プレイを見せて欲しいと交換条件を突き付けてきたのでした。
他エピソードと違い、やや不穏なやり取りから始まるこちら。
わざわざ購入していた写真はどんなんなんだろう。
1コマ写真が見えているんですが、特にいかがわしいものではありませんでした。
また台詞から察するに、対象は学園女子ですが特定の娘を追いかけている訳でなく。
そこそこ頻繁に購入していたようでした。 
一方、脅迫する「黒川さん」は単に彼の独りえっちを見るだけ。
こういう流れだと、そのネタに自ら脱いで~なんて切っ掛けになりそうなのですが。
わざわざ購入していた雑誌を使わせています。
そう、導入段階では、まったく交わる要素のないカップルなのでした。
それがためか、えっちに至る経緯はやや強引。
「大崎くん」の行動はかなり問題で、聞こえたうめき声というだけで女子トイレに侵入。
また扉の隙間から「黒川さん」の状況が見えたというのも、かなり違和感
どんなつくりだ。
だいたい、その現場を誰かに目撃されたら、大変なこととなりますわね。
ちょっと異なる流れで彼女の発言も分かるのですが、経緯をもう一工夫してほしく感じました。

荒木、千夜
※左:荒木、右:千夜

179:「淫・ファイト!」
家庭教師「山内」が大好きな「千夜」
その好意は、変化した僅かな匂いに気付くほどであり…。
彼が合コンに出掛けていたことも言い当ててしまうのでした。
家庭教師の先生・生徒というカップル。
だいたい設定としては、「ああ愛しの年下彼女」と似た雰囲気。
「千夜ちゃん」はわかりやすくラブラブなのですが。
年齢差もあるためか、
先生からしたら、私なんて子供かもしれない~
そんな事を言っておりました。
合コン・彼女というキーワードで暴走。
いきなり目前で下着下げたりしています。
驚くよね。
そんな訳でえっち開始となるものの、途中まで勘違いしているところがポイントです。
彼は教え子相手にどうの言ってましたが、家庭教師ならば別にいいんじゃない?

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「うえかん」センセでした。
こちらが2冊目の単行本。
ひでるさんはたぶん今回が初見です。
ラブ度の強い、ラブコメ作品群で読んでいて楽しい。
収録の各ヒロインは、前述したようにむちむちしたスタイルの娘ばかりなのですが。
腰回りのたっぷり感がエロくて最高
1つ欲を言わせてもらえば…。
ヒロインのバリエーションに気持ちもう少し幅が欲しいです。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー ラブコメ ポニーテール

■あいとかえっちとかね (榎本ハイツ)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、
・構成 : 9話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: 描き下ろし「おまけ漫画」、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「榎本ハイツ(えのもと・はいつ)」センセの「あいとかえっちとかね」です。

ヒロイン特集1:ヒロイン「戸田可憐」
※ヒロイン特集1:ヒロイン「戸田可憐」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編モノ。
とあるカップルの始まりから結末までを描いております。
1話例外ありましたが、基本1名のヒロインが出ずっぱり
登場人物は限られていて。
ほぼカップル内でのやり取りにて進行していました。
詳しくは後述しますね。
ジャンルとしてはラブコメ
たいていは明るく爽やかなテイストであるものの、決して楽しいだけではなく。
ちょっとブラックな色が混じっていて、お話に適度な刺激を与えています。
一方、えっち面では様々なシチュエーションが与えられており。
たっぷりヒロインを堪能できるようになっていました。

濃さと強さのある線にての作画。
全体の色づきや濃淡具合は適度なくらい。
描き込みはしっかりしていますが、クドさはなく。
変化あるコマ割りは比較的大きく、見易い仕上がり。
特に背景や小物はいい感じでした。
漫画はややコメディー崩しが大きく、派手目な印象。
それもあってか、バランスはまちまち。
結構目立つとなっていたので、人は選んでしまうかもしれません。
パンチあるので、そう細かいことは気にならないタイプだとは思いますが。
↓表紙などカバーイラストは白黒絵とやや差があるもの。
白黒絵のが味あって良いですね。
紹介帯のカット絵が参考になるでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

005:「あいとかね。」 9話
「根岸隼人」は資産家の息子。
金銭的には裕福でしたが、義母との折り合い悪く、実父とも疎遠。
また、周囲の人間もほぼ金目当てであったため、かなりヒネた性格に育っていました。
「戸田可憐」は彼とは逆に貧乏ながら深い愛情で育てられており。
不良らから「隼人」を助けた「可憐」は、”愛を知らない”という彼と共にそれを探求していくこととしたのでした。
ごく簡単にはそんな導入部。

巨乳なヒロインとのえっち三昧、みたいなラブコメ長編。
登場人物はおおよそ3名ほど。
舞台設定がためか、モブ的な人もそう多くはありません。
基本的にはメインカップルの色々シチュエーションえっちとなっています。
具体的に理解はしていないものの、愛をたっぷり受けて成長した「可憐さん」が、その身体をもって「隼人くん」に愛を教えていく~みたいな感じ。
見ていて…やっぱりおっぱいは偉大だなーと思いました(笑)
母性の象徴みたいなもんですからね。

愛を知らない男子「隼人くん」
母親を早くに亡くし、父親は海外で仕事中。
義母
家は豪邸でしたが、いわゆるメイドなどもおらず、
ずっと1人暮らしなんです
…とのこと。
特に仲良い友人もなく、ちらほらお金で解決しようとする様が伺え。
おそらく、周囲からは敬遠されていたんだろうなぁ。
普通ならば、表面上は親しげな態度で皆近寄ってきそうなものですが。

ヒロイン特集2:スタイル抜群「可憐さん」
※ヒロイン特集2:スタイル抜群「可憐さん」

リボンが特徴のヒロイン「可憐さん」
可愛らしい容姿と、破壊力ある巨乳っぷりながら、バリバリの体育会系。
5話を見る限り、水泳部なんでしょうか。
特にヒーロー物が好きだなぁ
そうした台詞もあり、冒頭話の切っ掛けとなる部分も発言そのまま。
退散する面々は”あいつはめんどくせー”みたいな捨て台詞を残しており、おそらく普段から正義を実践しているみたいでした。
一方、家事スキルはなく(※しないぞ、という台詞もあり)、4話での自作ケーキも微妙な出来栄えです。
キップの良い、男前な娘さんですね。
そんな彼女がため、うじうじとして疑り深い彼と付き合い、真っ当な道へ引き戻せるのだと思いました。

2人の切っ掛けとなる1話目。
「可憐さん」は1ページまるまるの大コマ、パンチラなキックで登場しています。
この娘は無防備そうだから…周囲はいい光景目撃してそうだなぁ。
スカート丈もだいぶ短いので。
」とは言ったものの、それが何か知らない「可憐さん」
探求のために取った行動はキスでした。
レモンの味とか、可愛らしい発想もありました。
えっち発展はそんな彼女に乗っかった「隼人くん」から。
おっぱい気になりますからね。
その後の「可憐さん」はまた爽やかでした。
なお、単行本巻末には3ページの描き下ろし漫画があるのですが。
こちらの後日談となっています。

偶然2人で帰宅したため、「隼人くん」の家に寄っていくという2話目。
あの豪邸を見て、興味は持っていたものの。
彼に対する対応がまったく変わらない「可憐さん」は凄い。
家族なんてくだらない
そう言う彼に、膝枕で耳掃除してあげることとしたのでした。
目前に下着が(笑)
だからスカート丈短いんだってば
今回は「可憐さん」が文字通り一肌脱ぐのが切っ掛け。
またオチの言動は実に素晴らしいものでした。

3話目は冬休みの光景。
えっちをした2人でしたが、「隼人くん」は「可憐さん」の家も連絡先も知らず。
街をとぼとぼ歩いていたところ…せんべい屋でアルバイトをしていた彼女を見つけたのでした。
そんな訳で、バイト先でのシチュエーション。
ちょうど店長が出掛けたため、友人と見られた「隼人くん」も急遽手伝うこととなったのです。
この店、結構繁盛してますね。
「可憐さん」は黒パンストを穿いており。
見上げたそれに反応してしまうのが切っ掛け。
AVみたいな展開になっていましたよー。
じゃあ私がなんとかするから~
…とか、えっち事に対するハードルが低い「可憐さん」
1話目もそうですが、そうした系統も男前なのかなぁ。
無論、好意もった相手だということもあるんでしょうけれど。
バレンタイン話の4話目。
幼少期の「可憐さん」が見れます。
おばあちゃんの影響なのか。
故あって全身ケーキまみれになってしまった彼女をえっちに誘う流れ。
「可憐さん」は性格男前ですが、下着は毎回可愛らしいデザインのもの着用してますね。
オチは前話と同じく、ブラックな「隼人くん」でした。
こうした事が次のエピソードへと続きます。

5話目はちらほら存在を示していた、義母「根岸洋子」さんの登場回。
「隼人くん」の様子がおかしかったのは、彼女が原因であり。
こちらのエピソードでも途中までは、黒いオーラを見せていました。
あの疑心暗鬼な「隼人くん」をぱっと戻した「可憐さん」は凄い。
あれは最も聞きたかった言葉でしょうね。
なお、冒頭から「可憐さん」は競泳水着姿であり。
そのまま飛び出していたため、えっち時もその姿なのでお楽しみに。
オチでは「可憐さん」と「隼人くん」の初接触、好意を持つに至った経緯が見れます。

6話目からが概ね最終エピソードに突入。
彼があーまでひねくれてしまう最も大きい要因、義母「洋子さん」との対決・決着まで。
「隼人くん」は反発していましたが…。
ちゃんとした再婚相手で仕事も傾いている訳ではなく。
また、強引ではあるものの、いちおう血のつながらない彼にもキチンとした教育(※たぶん)を受けさせようとしていました。
こちらでは、悪役となっているのですが。
「洋子さん」の視点で見たら、あるいはまったく彼女のイメージが変わるかもしれませんね。
冒頭ではいきなり旅館風景、さらに浴衣姿の「可憐さん」が登場。
逃げたんですね。
結局というか、当然えっち展開になるのですが。
あそこでうじうじ考えを巡らせるより、よっぽど健康的でスッキリするかもしれません。
「可憐さん」の言動はこうした際には心地良いですよ。

ヒロイン特集3:浴衣姿の「可憐さん」
※ヒロイン特集3:浴衣姿の「可憐さん」

「可憐さん」の自宅が見れる7話目。
貧乏と言いつつも、ちゃんとした一戸建てで、ペット(猫)もおりました。
実際はあまり贅沢してない~くらいで、普通な家庭ですね。
風呂沸かすと言っていた彼女が、うっかり水道の蛇口とシャワーを間違え、ずぶ濡れになってしまうのが切っ掛け。
お約束な娘だなぁ。
お風呂でのえっち展開です。
衝撃展開が待っている8話目。
もったいないので、詳細は秘密です。
ちょっと驚きました
このラブコメな漫画では結構重たい事となるので、ある程度の覚悟はしておくように
最終話も当然その流れ。
「可憐さん」はいい娘で描かれていましたが、これまで見せない表情をしていました。
このカップルが果たしてどうなってしまうのか。
ぜひ単行本にてご確認ください。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「榎本ハイツ」センセでした。
こちらのブログでは、「柳田君と水野さん2巻」、「柳田君と水野さん」、「もうマンゾクでしょ!?」、「7×1 ナナにかけるイチ」などを紹介しています。
書店店頭で発見しました。
たぶん長編かなー、って手に取りましたがその通り。
「可憐さん」が巨乳で可愛く、良いキャラクターしていました。
センセはおっぱい描写がお上手ですね。
↓表紙は前回みたいにソレ中心にした方が良かったのでは??




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ 競泳水着

■ワケあり乱高♪孕峰ックス! (蒼惑う子)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●〇○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、学園(部活動)、複数
・構成 : 初単行本、9話収録(全て同一世界)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蒼惑う子(あおまどうし)」センセの「ワケあり乱高♪孕峰ックス!」です。

マネージャー「ユキノ」・「ミツキ」・「コハル」
※マネージャー「ユキノ」・「ミツキ」・「コハル」

 【 構成・絵柄 】

収録は1話続きモノがあった以外、全て短編という構成。
ただし、全話舞台を同じにした同一世界漫画となっていて。
関連している部分ほか、ゲスト的な顔見せなどが頻繁にありました。
(※掲載は「コミック高」なので学園話群です)
また詳しくは後述しますが…後半に位置した数話はこれまでのエピソードを総括、補完するような面もあり。
ひとまとめになった、”単行本としての完成度”は高いものです。
ジャンルとしては、ラブ・コメ要素が薄めなラブコメ群。
複数展開なども多く、タイトルなどから察せられるだろうエロス描写もキッチリあるのですが。
そうした系統にしては、キラリと光る仕掛けが用意された漫画でした。
いや、面白かったです。
雰囲気から、ちょっと苦手かもなー、と思った方でも、絵柄が合えばチャレンジしても良いかと思います。

さらりとした曲線での作画。
全体の色づきはそこそこで、濃淡はやや濃いめ。
描き込みはサッパリ目だと思います。
中小でコマ割りは変化も大きく、はみ出し・ぶち抜きが多い。
枠間なくなることもあり、賑やかな原稿となっています。
良くも悪くもメリハリが大きく。
非常に良く描かれている部分もあるのですが、小コマや引き絵は微妙なものが目立ちます。
もうちょっと全体での丁寧さが欲しいです。
ヒロインが巨乳揃いなため、バランスも微妙に映ることあり。
やや損をするタイプかもしれません。
ただし、ヒロインは魅力的に描かれていて、パンチ力も強く。
そうしたマイナス点を払拭するようなものです。
ちょろっとですが、判断は裏表紙背景のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「ご褒美タイム!」
055:「続・ご褒美タイム!」
男子水泳部の「タクミ」は全国大会経験者。
しかし、当人のヤル気は薄く。
廃部の危機を迎えていました。
それを見かね、彼をスカウトした張本人でもある女子水泳部「アヤノ」が話をしたところ。
先輩のそのエッチィ体目当てでこの水泳部に入ったッス
そんなことを打ち明けられたのでした。
「タクミ」は真面目に水泳をやる代わりに、ご褒美を要求するのですが…と、そんな感じ。

彼の発言そのまま、ダイナマイトバディな先輩「アヤノさん」の迫力ある競泳水着姿がたっぷり堪能できるお話。
↓表紙は「アヤノさん」ですね。
成年漫画ではお馴染みご褒美えっちパターン。
「タクミくん」は過去実績そのまま、真面目に練習をすると着実に結果を残しており。
指導としては…実に正しかったのかもしれませんね。
なんのかんの、ハマってしまう「アヤノさん」に注目。

「続・ご褒美タイム!」はその続編。
単行本は孕峰学園を舞台とした同一世界な漫画群で、ちらほらゲスト的な顔見せも多いのですが。
しっかり2エピソード割かれたのは、こちらカップルだけです。
単行本を代表するお話ですからね。
部のエース的存在になった「タクミくん」と、変わらずそのご褒美となっている「アヤノさん」
そんな関係が、ひと段階前進する、という漫画ですわね。
彼は好意を前面にしていたので、「アヤノさん」が完全に受け入れるという感じか。
なんとなく、彼が格好良く見えたりすから凄い。
次のエピソードに出演するチア部「カオリ」さんが良き相談相手として登場していました。
前話は全て水着でしたが、こちらでは制服姿も見れますよ。

水泳部「アヤノ」
※水泳部「アヤノ」

025:「淫臭チアガール!」
更衣室にて下着を盗んでいた「ミツオ」をとらえたチア部の部長「カオリ」、副部長「アヤノ」
しかし、彼はチア部の秘密を握っており。
立場は逆転し、2人は言うことを聞かなければいけなくなったのでした。
女子2人とキモい小太り男性の複数えっち。
「ミツオくん」は言動かなりヤバい感じの男性なのですが。
成年漫画のセオリーで、”モノ”は非常に良いものを所持しており。
興味をもった「アヤノさん」は積極的になっていました。
それに促されて、ポニーテールな「カオリさん」も参加しています。
せっかくチアリーダー衣装だったので、もう少しじっくりアンダースコートを見たかった気もしますが。
やはり2人とも立派なバストなので、そっちメインな描かれ方です。

077:「お貢マネージャー!」
サッカー部には、
”強化合宿で付き合ってもらった学校に「お貢」する”
…という、ちょっと変わったルールがあったのです。
新人マネージャー「ミツキ」は先輩「コハル」・「ユキノ」らとお貢に参加するのでした。
まぁ、要するにエロい行為で相手学園をもてなす、みたいな感じですわね。
ヤル気満々な顧問講師「シズカ」さんが楽しい。
慣れた先輩らに混じり、あわあわする「ミツキちゃん」が良いアクセントになっていました。
こうした成年漫画のマネージャー漫画で、自校の生徒でなく他校の生徒に~というのはあまり見られず、なかなか新鮮
また、前半はよくある乱交エピソードなのですが、ヒロイン「ミツキちゃん」は後半にまた見せ場があり…。
これが単に、エロいことが気持ちよくて「お貢」にハマるというより、説得力がありました。
成年漫画では珍しいもので、個人的には非常に良かったポイントです。

103:「新聞部の憂欝!」
女子バレー部を取材する新聞部の部長「ユウタ」
しかし、ちょっとした手違いもあり、着替えの真っ最中に鉢合わせてしまい。
部長「ミレイ」らにお仕置をされてしまうのでした。
複数えっち話。
お仕置とはいうもののそうハードなものではなく。
単に複数に好き勝手される~くらいのもの。
ツインテールの部長「ミレイ」、眼鏡の副部長「コトコ」、ショートカットの「アイカ」という3名で、容姿的には「アイカさん」が最もバレー部っぽい感じ。
冒頭の試合シーンも彼女でした。
そもそも着替え途中だったこともあり、ほぼ皆さん全裸なのですが。
やっぱり扉絵みたいなブルマ姿で対応してほしかったなぁ。

135:「ご贔屓モデル!」
顧問「マリエ」の依頼で、美術部部長「リオナ」は会員制の美術倶楽部に出席。
代々のしきたりである、ヌードモデルをすることとなったのです。
モデル、と言いつつもお触り放題で。
単にえっち相手という印象。
いちおう倶楽部内での直接行為は禁止で、そんなあたりは美術系っぽいですね。
…倶楽部オーナーは別なのですが。
なお、単にえろいことされるだけでなく、オーナーはコンクールや学校にも影響力があるようでした。
ううむ、実際にこんなんありそう
そのため、「リオナさん」もしたたかに利用している、という描かれ方になってます。
なお、依頼した教師「マリエ」もしっかり参加するので、アダルト好みな方はおめでたう。

151:「放課後ラブホけんしつ!」
ごく簡単には、幼馴染み「ミサキ」との保健室えっち話。
…なのですが。
もし、これが単体で存在する場合は、特に目新しさありません。
しかし、これまでの”孕峰学園”での様々なプレイ、えっち描写がため、こちらエピソードのごくスタンダードなラブコメ成年漫画が強い輝きを得ることとなっています。
切っ掛けからして純粋な恋愛話というのは、単行本中で異例ですからね。
「ミサキさん」の容姿も黒髪ロングの典型的美少女というものでした。
なお、中盤あたりでサッカー部顧問「シズカさん」が再度顔を見せています。

幼馴染み「ミサキ」、「ユイ」・「マイナ」
※左:幼馴染み「ミサキ」、右:「ユイ」・「マイナ」

179:「色情旧校舎」
孕峰学園、旧校舎で繰り広げられるエピソード。
先のエピソードで七不思議という単語が出ており、それに続くような感じ。
ヒロインは肝試しをすることとなった、「マイナ」と「ユイ」の2人。
「ユイちゃん」は部活終わりそのまま来たということで、チア衣装。
「淫臭チアガール!」ではちょろっと顔見せ程度でしたが、めでたくヒロイン昇格です。
旧校舎がどんなんかは…まぁ、皆さん想像されるそのまま。
実は単行本の総まとめみたいな位置づけにもなっており。
”なにゆえ孕峰学園が現在こんな感じ(笑)になっているのか”、が分かります。
オカルト研顧問の「ユリア」さんのバストは必見。

209:「夏祭り!」
前話は総まとめ、こちらは単行本キャラが全員集合する、エピローグ的な漫画です。
お話の中心は唯一の純愛カップル「リク」・「ミサキ」
先の短編の補完話ともなっていました。
そう意外なものではないのですが、なんだか…ひと安心。
巧いこと綺麗にまとまっていましたよ
祭りのあちこちにほかヒロインらも顔を見せ、その後どうなったか、が簡単に描かれてます。
当然えっちな事もやってます。
お好きねぇ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「蒼惑う子」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
同一世界な漫画群は個人的に好みなので、楽しまさせていただきました。
特にこちらは、全体についての補完がしっかりされている点が凄い。
単行本としての完成度がひと際高いものとなっています。
良かったです。
ただ、あとがきが一言だけだったのが、ちょっと残念。
ぜひ作品解説とか、センセのお考えが見たかったんですけどねー。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ツインテール ポニーテール 競泳水着

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ