FC2ブログ

■好きに使っていいよ (いとうえい)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、フェチ、年上女性
・構成 : 11話収録。
・おまけ: 巻中おまけマンガ、合間にネタ絵、カバー裏にラフ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いとうえい」センセの「好きに使っていいよ」です。

義母「美羽」
※義母「美羽」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
各話は16から20ページで11話とボリューム的には普通くらい。
連続モノがないのはちょっと寂しいですかね。
収録のエピソードらは、ストーリーよりもえっちに比重があった印象です。
ジャンルは簡単にはラブコメ
開始時点でカップルとなっている男女が多く、甘めな傾向でした。
プレイは様々でも、ほぼブラック感はありません。
安心して読めるお話群となっています。
やはり今回もポイントとなっているのは、そのフェチ感で。
ポイントとされて描かれているものほか、ちょっとした服装・下着やプレイ描写などにもそうした色があり。
趣味趣向が合致する方ならば、ちょっとしたコマがもの凄く刺さると思われます。
特に裏表紙は独特でセンセらしいなぁ、と。

しなやかな細線での作画。
濃淡は黒が鮮やかでやや強め。
描き込みは細かめですが、過ぎない程度だと思います。
コマ割りは中小で変化あり。
賑やかさはありましたが、丁寧で綺麗に見易く仕上がっていました。
服装、特に下着などの描写はえっちでお見事。
漫画らしい可愛さのある人物画は、エロスと爽やかさを持っていて。
ちょっとしたコマが、心揺さぶる雰囲気あるものとなっています。
漫画も色々な表現あり、テンポに優れていてお上手。
多少のがあるので、↓表紙・裏表紙で確認するのをオススメします。

 【 収録話 】 11話収録

003:「小悪魔的進路相談」
カップル「知佳」・「勇吾」のイチャイチャえっち話。
「知佳ちゃん」は冒頭時点では進路指導を控えた身なのですが。
えっちでドロドロになった下着、黒タイツそのまま(いちおう拭いてはいた)、学校へ向かうのでした。
マフラーを巻いており、冬場のようなので多少問題なさそうですが…。
室内は暖房で暖かいので、匂いそうね。
ちなみに。
作中で「知佳ちゃん」が言っていた”センターシーム”とは、縦方向の縫い目のことだそうです。
知らなかった。
まだまだ…勉強不足ですね。
詳しすぎるのもどうかと思いますが(笑)
おそらく年下のようですが、えろい娘で。
メイン時には寄り道して穿き替えた、という小さめな黒の下着となっていました。
黒(タイツ)・黒(下着)でアンダーヘアがはみ出してるのがいいですね。
オチはある程度想像できるかな。
まぁ、「知佳ちゃん」の言動見る限り、「勇吾くん」が気付いた頃にはしっかり外堀埋められていそう。

知佳、絢香
※左:知佳、右:絢香

019:「中身は国産100%!!」
「清香」は海外通販を幼馴染みの兄ちゃん「和宏」に頼んだのですが。
なんと、下着の通販だったのです。
タイトル”中身”のルビは、”おっぱい”となっていて。
バストのあまりの育ちっぷりに、日本製では対応できなくなっていたのです。
「清香ちゃん」の語るリアル巨乳なお話が楽しい
ホック数などはへー、って感じ。
(検索したところ、矯正下着も多いらしいですが)
どうやら、Eあたりから減ってきて、Gカップ以上になると極端に少なくなる、とあり。
両方で3kg近くあるんだからっ
その発言も踏まえて調べたところ、おおむねHカップくらいなんでしょうかね。
親しいものの、2人特に付き合っていたとかではないようで。
えっちに至る流れが、巨乳の苦労を語る「清香ちゃん」が勢いで~というのが楽しい。
幼馴染みで関係もごく近いようだったので、これもタイミングの1つかな。
巧い事いったようで、良かったね。

035:「あなただけForever」
カップル「絢香」・「悠真」のイチャイチャえっち話。
冒頭の「知佳ちゃん」らと基本似ているんですが、「悠馬くん」は最中の撮影をしていて。
目隠しや縛りなど、彼の意向とそれに合わせただろう「絢香ちゃん」の努力がため、さまざまなプレイをしていました。
そあうした自分の動画を改めて見てる(見せられてる)のが素敵
基本的には、そうしたドエロいお話なのですが。
クライマックス部分での「絢香ちゃん」の告白が非常に印象的であり。
妙なまでに爽やかな読後感あるエピソードとなっていました。
「絢香ちゃん」可愛いなぁ。

059:「恋心Uncontrollable!」
進学を機に上京してきた従妹「怜奈」
アパートが決まるまで、という予定はずるずると延長。
同居が普通になっていた頃…「政徳(まさのり)」は部屋に落ちていたSDカードを発見したのです。
その中身には~という流れ。
年下な筈ですが、どこか妖しい大人っぽい色気のある「怜奈ちゃん」
SDカードはいい加減気付かない「政徳くん」に焦れて、わざと落としていたのでしょう。
えっち方面には積極的な「怜奈ちゃん」に翻弄されるような作品。
あまりの急展開に彼引いてましたねー。
えっちのお誘いも(勝手に)慣れているだけあって、直接的。
ううむ、えろいよ「怜奈ちゃん」

075:「無花果の実る家」
義母「美羽」に恋心を抱き続けていた「佳」
引っ越し、独り暮らしを決意していたのですが…。
荷造りの最中のハプニングから、ついに関係してしまうのでした。
そんな近親えっち話。
”無花果”で「いちじく」です。
花が咲かずに実が成ったように見えるため、とのことでした。(※Wikipediaにて確認)
「美羽さん」が母になったのは、冒頭の回想シーンから察するにそこそこ年齢な様子。
それでも「義母さん」と呼んでおり、これまでも良好な間柄であっただろうことが察せられます。
子供好きなのかな。
彼女も「佳くん」を実の息子のように気に入っていたようでした。
そのため、冒頭では大いに困惑していたのですが。
独り暮らしをさせたくない、という気持ちからある程度応じているうちに…という時間と共に変化していく様がえろい。
メインは台所で後ろから~というシチュエーションでした。

095:「愛さえあればお尻だって!?」
ファミレスでのカップル「澄香」・「和希」
「和希」はお尻好きで、「澄香」はなんのかんの開発されてしまっていたのでした。
漫画冒頭時点ではもうだいぶ慣れてきていて。
閉店後の事務所でのプレイとなってます。
もうちょっとしっかり制服姿見たかったなぁ。
広いオデコと眼鏡の「澄香さん」は知的美人さん。
メインはその後、自宅に帰ってのお尻えっちとなっていました。

111:「寝てる間にお借りします!!」
従姉「桜子」は業界で名の知れた、才色兼備の美人社長。
彼女にアルバイトとして雇われていた「春馬」は、時給アップを条件に住居マンションの掃除をしていたのです。
家ではだらしない「桜子」は酔い潰れて寝ていること多く。
いつからか「春馬」はそんな彼女の寝込みを襲うようになっていたのでした。
先の従妹「怜奈ちゃん」とは逆パターン
まぁ、注目の会社社長ともなれば、飲んだりなんだりすること多いだろうからなぁ。
ただ睡眠でなく、酔い潰れての爆睡なため、まったく気付いていないようでした。
「春馬くん」は”いつもの記念写真”とかなんとか、事後に撮影をしていて。
それこそ先の「怜奈ちゃん」と同じく、あえて見せるか、あるいは露見してしまうかで、もう1話展開を見てみたいです。
知った後は、性欲解消という名目でまた時給アップになりそうな気もしました。
オチでの眼鏡・スーツ姿が可愛らしいので、ぜひオフィスえっちを見たいです。

129:「やさしい嘘と本心と」
地味目な事務員(←たぶん)という「由紀」とのえっち話。
新人「日野」くんとは関係が何回目か、という感じ。
必死に誘った彼に応じ、公園・アパートでのプレイとなっています。
公園後、「身だしなみ整えてるから」とわざわざ先に帰宅していた「由紀さん」
冒頭は仕事帰りらしく、派手さない、野暮ったい服装なのですが。
アパートにて出迎えた際の変化が凄い
さすが、年上女性という感じ。
下着もエロいものでしたよ。
オチもらしい感じですね。

145:「恋人はおくち!?」
バツイチという「小夜子」に想いを寄せる「翔太」
年齢差もあり、前向きではない彼女でしたが。
離婚原因の1つを知る彼は、彼女の”変な性癖”というポイントを突くのでした。
タイトルもあるように、お口ですね。
物腰穏やかで、落ち着いた大人の女性という「小夜子さん」
離婚原因ともなっており、言動を見る限り頻繁に要求(笑)したんだろうなぁ。
冒頭は録画風なコマ表現なのですが、どうやら彼女からのお願いみたい。
喫茶店でのトイレえっちでした。

161:「ダレのモノ?」
こちらも年上女性とのエピソードで、スーパーで働く「浜田舞子」さんとのカップル。
男性の彼はバイト、就活中。
冒頭が職場でアイテム使用のプレイだったこともあり、軽く勘違いさせられるのですが。
2人はラブラブで、「舞子さん」も年齢差を気にしつつもだいぶ依存しているようでした。
こちらはオチ前にてのひと展開がポイント。
収録でいくつかあった年上女性とのカップル話で、1つの結果を示したような感じになっていました。
「由紀さん」、「小夜子さん」らもあの後同じようになればいいですね。

美人社長「桜子」、浜田舞子
※左:美人社長「桜子」、右:浜田舞子

177:「日常恋愛」
付き合って3年という「梨沙」・「達哉」のカップル。
1限が休講となった「達哉」は、「梨沙」と朝えっちにて時間を埋めることとしたのでした。
前話「ダレのモノ?」のオチにて、パンツ姿な「舞子さん」のお腹回りがえっちなのですが。
こちらの冒頭は、お尻がためズボンが上がらない(穿けない)「梨沙さん」というシチュエーションが描かれており。
いや、構成お上手だなぁ、って感じました。
…たまたまかな??
付き合い長く、お互いよく知る安定した2人のえっちが見れます。

ポイントは何度かコマに見切れていた花。
これがオチ部分にて、ぱっと目を奪われるような美しい光景を演出しています。
はっちゃけた作品もありましたが、これがため巻末にてふっと落ち着き。
単行本としての完成度が高まったようでした
おまけマンガが巻中となったのも、これがためかなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は毎度おなじみ「いとうえい」センセでした。
最近は一般系も多いセンセなのですが。
ちゃんと成年系もリリースあるのは嬉しいこと。
ありがとうございます。
今回もおまけ漫画が収録されており。
例によって、センセがご自身のフェチ感について語っておられるのですが。
なんだか、巻数が進むごとに悪化しているような…
今後の単行本にはそんなプレイが描かれることとなるのかな。
期待しつつ次を待たせていただきます。



★「いとうえい」センセの漫画紹介記事

秘密の関係
 初見で刺さった6冊目。小さい教師「あゆみちゃん」など、いまだに好みな単行本です。
少女図鑑
 5冊目くらいの短編集。母親もありますが、全体的には年下系。絶版かな。
少女図鑑DX
 上記よりサイズの変更・2話追加という再販本。
LOVE!!恋の翼を探して
 近親・百合・ふたなりなどの要素ある、四角関係な恋愛長編。
恋の涙と愛の蜜
 明るいコメディータッチなフェチ短編集。
キスより大切
 「LOVE!!恋の翼を探して」の外伝も収録された、色々な短編集。
ぷりプロ ~Princess+Propose~
 お姫様との同居ラブコメな長編。おまけ要素も充実。
お姉さんじゃダメかしら?
 お姉さんがメインの年上系。知らぬうちに弟を自らの好みに洗脳する姉「京さん」が最高。
ぶらこんッ!?
 近親関係をテーマにした一般系。あとがき漫画も秀逸です。
お気に召すままご主人サマ
 駄メイド「リンさん」の一般系。頻繁にパンチラほかサービスカットも多めです。
その唇で囁いて
 先輩、先生など、年上系な短編集。コメディー「好きすき大スキ」もこちらに収録。
貴方を吸ってもイイですか?
 ヴァンパイアな複数ヒロインとの長編。どっちかと言うとコメディー色が強めです。
変質フェティシズム
 こだわりたっぷりのフェチ描写が見どころ。描き下ろし「お嬢さんはケモノさん」は人を選ぶもの。
恋人以上・嫁未満
 いきなり2人の嫁候補が押し掛けてくる一般系。
花のさえずり
 だいたい年上女性が揃った短編集。フェチ要素たっぷり。
今宵、都市伝説をご一緒に!
 怪奇系の都市伝説を題材にしたコメディー漫画。全1巻の一般。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ アンダーヘア

■この愛は、異端。 (森山絵凪)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] ファンタジー、悪魔、ラブコメ
・構成 : 7話+おまけマンガ収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、カバー裏におまけマンガ「4、5話」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森山絵凪(もりやま・えな)」センセの「この愛は、異端。 1巻」です。

ヒロイン特集1:四宮淑乃
※ヒロイン特集1:四宮淑乃

 【 構成・絵柄 】

2巻以降へ続く、ストーリー漫画です。
個人的な感覚ですが…。
そう引っ張っても中だるみしそうなので、続くの2、3巻くらいではないかなぁ。
悪魔の登場するファンタジーもの。
舞台は現代・日本で、その存在のみが異質という感じですね。
契約の対価がキス、愛撫となっており。
いまの所直接行為はない(カット絵的には存在します)ものの、直前までの描写はあり。
期待通りなサービス描写がタップリあります
ヤング誌掲載作品ですからね。
意外にバスト大きい、というヒロインの全裸もあるため、そっちの期待は問題ありません。
漫画の進行もだいたいはラブコメちっくに描かれ、読み易さもありました。
ただ、悪魔だけあって当然ながらブラック要素もあり
きゃらきゃら楽しくエロいだけでないので、得意でない方はご注意ください。

しっかりとした強い線での作画。
ジャンル・設定もあってか、全体の色付きや濃淡はごく濃いめ。
描き込みはしっかりしていて、コマ割りも縦横で細かく。
オタフクソース、みたいなコッテリとした味わいです。
タッチなども独特で良いのですが、好き嫌いは分かれるでしょう。
横長目が特徴な人物画。
表現でリアルさと漫画っぽさが両極端という感じなのですが。
それがためか、たまーにバランスが気になるところがありました。
↓表紙のような、綺麗にまとまったところも多いので、やや勿体ない感じ。
重箱の隅程度なんですけどね。
判断はカット絵のある紹介帯か、サンプルが読める「ヤングアニマルDensi」のHPがオススメです。

 【 収録話 】 7話+おまけ収録

もともと非常に運の良い子供だった「四宮淑乃」
しかし、家族旅行の際に交通事故で両親は死亡。
車外に投げ出された「淑乃」のみ奇跡的に助かったのですが。
その後は多額の借金に親戚の家を転々となってしまうなど不幸続きで、自殺まで考えていたところ。
偶然、古本屋で見掛けた1冊の本によって悪魔の召喚に成功。
自らの体を対価に悪魔「べリアル」と契約し、彼と共に過ごすこととなったのです。
(※「べリアル」だと呼びづらいため、略して「バアル」と呼んでいる)

悪魔が登場する、現代ファンタジー話です。
漫画世界には天使の存在もあるようですが、今のところ姿を見せているのは悪魔のみ。
それぞれ人間体をもち、人に紛れて生活している様子。
そのため、剣や魔法でドンパチ☆みたいなことはありません。
基本的にはラブコメっぽく、エロい悪魔との同居話が描かれるのですが。
「淑乃ちゃん」が契約した相手は悪魔に違いはなく。
普段の優しくお人好しな雰囲気と共に、らしい残忍さや狡猾さも示されています。
これが、一見安定している彼女の生活に、なんとない影を落としているのでした。
いつかちゃんとした人と結婚して~
そんな台詞を2話で言っていましたが。
平凡な幸せは難しいのか、はたまた同居長い悪魔に情がわくか、今後の展開に期待しましょう。

ヒロイン特集2:悪魔と「淑乃ちゃん」
※ヒロイン特集2:悪魔と「淑乃ちゃん」

1話目は現在までの説明と、彼女が18歳の誕生日を迎えたところまで。
可愛らしい「淑乃ちゃん」
両親事故後、親類の家を転々としているのですが。
そのほとんどがゲスくてげんなりします。
ただ、彼女は生まれる前から悪魔「べリアル」にターゲットとされており。
後々の描写などを見る限り、あれは…当人らの意思でないかもしれませんね。
契約を絶対とする悪魔がゆえ、彼女の保護者としてはある意味最強
甘え・反抗のどちらも優しく受け止め、果てはアルバム作成なんてしています。
非常に仲良い親子にしか見えませんね。
彼女を引き取る際の親族らとの交渉も、いわゆる魔力で黙らすようなことはしてなく。
感覚的に普通の親よりも優秀。
ぱっと見では、よかったねぇ、って感じなのですが。
本日より契約の対価が変わります
18歳となった彼女は、久しぶりに彼が悪魔であることを再認識することとなるのでした。

2話目では20歳となっている「淑乃ちゃん」
また契約の対価が変わり、よりエロちっくになっていました。
下着姿がまたキュート
いいですなー。
本来の悪魔「べリアル」の姿、みたいなのが見れます。
“お仕事”とか言ってました。
まぁ、普通にサラリーマンやってる訳もないのですがね。
この際、「淑乃ちゃん」の魂がどれだけ魅力的であるのかについても、示されています。
対価が変わったことで、「バアル」・「淑乃」の関係にも変化が。
コメディーちっくでない、2人のやり取りを堪能ください。
前話から顔を見せていた、人間の男子「旭蒼也」はここで接触。
「バアル」との関係が微妙になったこともあり、彼との関係が進展していくのでした。
飲み会でのやり取りに注目。
うーん。
あーんな事言ってた「淑乃ちゃん」なのですが。
脇…甘そうね……
個人的に「蒼也くん」みたいな奴こそ軟派野郎にしか見えないんですけどね。
そこに介入する「バアル」は流石ですね。
「蒼也くん」とのデートが描かれる4話。
男性が苦手だと言っていた「淑乃ちゃん」なので、あーしたアプローチは正解でしょう。
こちらでの「バアル」とのやり取り、”天使”というキーワードに対する部分が実に楽しい。
今はただあなたが欲しいから、あなたが望むような男を演じているに過ぎない
という台詞はその通りなのですが。
まぁ、現在の「淑乃ちゃん」が耳を貸すわけもなく。
また「バアル」も口で巧いこと言い含めることはできず、悪魔らしい手段をとっていました。
色々難しいですね。
一方、「蒼也くん」なのですが。
こちらの対応はいいですね。
ほら、「淑乃ちゃん」の親類らも同じことされたのかなー、って思いました。

デッサン修行で旅行へと出かける5話目。
温泉旅館ですね。
こちらのポイントは、なんといっても「淑乃ちゃん」の露天風呂シーン。
いいおっぱいでした
なお、前半部分でのお仲間らとのシーンはお話的に結構重要なのでは。
後半にはなぜか「バアル」が登場し、いつもの感じに。
ビッグマグナム、じゃーねーだろー。
3日ほど不在にする、と「バアル」が言い出す6話目。
他の悪魔が登場するほか、天使らの情報なども描かれています。
今後は元上司という天使「ラファエル」が関わってくるのかな。
悪魔「サタン」との違いはポイント。
こうした部分が、あるいは良い結末になるのでは、って期待感をもたせてくれます。
どうなるんでしょうね。
こちらの後半がラブコメちっく(だいたいね)で好き。

ヒロイン特集3:巨乳な「淑乃ちゃん」
※ヒロイン特集3:巨乳な「淑乃ちゃん」

収録の最終7話は夏祭りエピソード。
浴衣にわくわくする「淑乃ちゃん」がキュート。
女の子ですねー。
その一方、じわじわ追い詰められる「蒼也くん」
こちらはもう一歩くらいでしょうか。
また、オチ付近ではひでるさんお気に入りのくだりがあります。
最後まで目を離さぬように。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「森山絵凪」センセでした。
こちらは2冊目の単行本。
ひでるさんは今回が初見です。
独特な絵柄で、前巻も気にはなっていたんですが…。
購入の決め手は、やっぱり・ハッキリ”エロス感”がため、ですね。
その点では期待通りで、ひと安心(笑)
どちらにも流れそうな雰囲気のある、悪魔「バアルくん」もいい感じ。
いちおう元天使でもありますからね。
どう展開・決着となっていくか、次巻も楽しみにしています。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ファンタジー サラリーマン

■制服JK (井上よしひさ)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 緊縛、ラブコメポニーテール、学園、縞パン
・構成 : カラー(6P)、8話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・漫画「トウカデレ」、

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井上よしひさ(いのうえ・よしひさ)」センセの「制服JK」です。

担任講師「尾瀬原」、妹「小麦」
※左:担任講師「尾瀬原」、右:妹「小麦」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
キャラのゲスト出演などはなかった(…と思う)ものの、ちょっとした絵のお遊びみたいなのがあります。
じっくり読むと、また違った発見あるかもしれませんよ。
ジャンルとしては緊縛モノ。
いわゆる日本旅館とかで…和服の人妻を縛って云々~みたいな。
そんな単語から想像されるような暗く緊張感ある色は薄く、明るくえっちなラブコメ調となっています。
そっち系にあまり免疫ない人でも安心(?)して読める仕上がりです。
導入には良いかも。
”初心に帰る”という理由からポニーテールの娘が多めなほか、縞パンとかコスプレとか色々なフェチ感でも楽しめることと思います。
プレイに嫌悪感なければ、コレというは見当たらず。
幅広くオススメできる1冊です。

しっかりと強い線での作画。
全体の色づき・描き込み具合は適度なくらい。
濃淡はやや濃いめになると思います。
テンポに優れた漫画運びで表現なども良く。
プレイ的には苦しさもある筈なのですが、エロく楽しく表現されていました。
コメディーな部分もお上手。
それでいて軽すぎることはなく、読むに違和感はありません。
メインというべき縄表現もお見事です。
可愛らしいヒロインらのそうした姿を堪能ください。
白黒絵とはまた違うんですが、判断については↓表紙・裏表紙で大丈夫です。

 【 収録話 】 8話収録

003:「エロマンガおかみ」 カラー原稿あり
デビューして3年というエロ漫画家「岩瀬」
ネームにつまった彼は、旅館での自主カンヅメを選択し、久田見旅館へ赴いたところ。
出迎えた女将「久田見葉(くたみ・よう)」は、制服姿だったのでした。
↓表紙の娘です。
お話中でもそれを仕上げる作業が描かれていて、なかなか面白い趣向。
…というだけではなく。
とあるポイントにもなっていたので、お楽しみに。
さすが、「井上よしひさ」センセ、という感じ。
メインは制服姿な女将「葉さん」を縛り上げてのえっち。
下着の柄がいかにも、って感じで可愛い。
なお、↓表紙では教室内ですが、漫画では当然ながら旅館部屋内です。

031:「月曜日のタイツ」
毎週月曜日だけ黒タイツな女子「黒沢藻琴(くろさわ・もこと)」
寒がりであるならば、毎日でも良い筈なのですが。
決まって月曜、ごくたまに火曜も黒タイツという彼女の正体は??
そんな、日常のふと疑問であった事なエピソード。
”ちょっと気になる事”ってちらほらありますよね。
こうしたお話好き。
えー、勿体ないので詳細は書きませんが。
男子からの視線に気付いていた「藻琴さん」からのお誘いみたいな展開。
なお、故あって普段は黒髪ストレートですが、えっち時にはポニーテールでした。

「戸倉泉」、生徒会執行部
※左:「戸倉泉」、右:生徒会執行部

057:「足くせの悪い女の子」
「戸倉泉」は身体の柔軟さが自慢の女子。
しかし、普段からパンチラし放題という、壊滅的に足癖が悪かったのでした。
それを直すべく、クラスメイト「平川」と特訓しているうちに…という流れ。
そうです、足を縛ろう~からの緊縛展開。
いちおうパンチラを恥ずかしがっている「泉ちゃん」なのですが。
普段から染み付いた癖がためか、ぴったり足を閉じていることができないのでした。
(※スパッツとかは「暑いからやだ」とのこと)
周辺男子的には実に有り難い彼女。
気になる「平川くん」としては心配でたまらないのでしょうけれど…その妄想がエロい。
そのまま伝えてましたが、引かれそうね。
拘束された(した)彼女とのえっち。
まぁ、彼の部屋に普通に行ってる「泉ちゃん」が、嫌ってることはないのでしょうけど。
…ちゃんと告白してからシなさいよ。

105:「我が校40年のあゆみ」
ちょっとしたポイントがため、収録順序と違って先にコチラを紹介しています。
創立40周年となった学園。
生徒会長「沼田あかぎ」直々の依頼を受けた、写真部の男子は記念アルバムに載せるという写真撮影をすることとなったのでした。
会長「あかぎ」さんの制服ほか、「栗原」さんはブルマ、「川古」さんはスクール水着と3パターンが楽しめる、実に目に優しい良い作品(笑)
撮影のため、プールでの水のかけっこ、準備運動での反り返り、サンドイッチ状態でのパン喰い競争などが楽しめます。
後半は複数プレイとなっていましたよ。
なお、えっち時に拘束されてるのは写真部の彼です。

081:「変態と言ったお前が変態」
129:「制服 Jyo Kyoshi」
男子らの荷物から新体操モノのエロ本を発見した「鷹栖」
生活指導の教師へ渡すべく没収したのですが。
放課後に1人居残っての練習の際、ふと気になってページをめくるうち…という流れが前者「変態と言ったお前が変態」
お馴染みレオタード緊縛です。
彼女を目撃した男子3名らが、復讐するべくえっち仕掛けていました。
え…?なんでやめるの…?
というくだりが秀逸。
ただ、そうした台詞も含め、オチにて真相が明らかになるのでした。

補修となった「内川」が教室を訪ねたところ。
女子らによって制服姿となっていた担任講師「尾瀬原」の姿があったのでした。
そんなんが後者「制服 Jyo Kyoshi」
設定資料では”ゆるふわポニテ眼鏡”と称されていた「尾瀬原さん」
制服姿ほか、普段の教師スタイルでも可愛いです。
そんな彼女とマンツーマンで補修というのは…ある意味ご褒美かも。
制服サイズが合ってなく、ボタン弾け飛ばしたのが切っ掛け。
(※その前にパンチラもありますが。…あの丈に慣れてないんだろうなぁ)
咄嗟に彼女が取った対策がよりエロくなるという、嬉し楽しい展開です
まぁ、あーした展開になっても不思議ではないですね。
なお、こちらで「内川くん」が緊縛プレイの説明に使っていたのが先のエピソードで男子らが持っていた本と同じもの(こちらはそのネット版みたい)
同じ世界観かもしれません。
また、オチでの画像は「月曜日のタイツ」の「藻琴さん」でした。

くノ一「百瀬」
※くノ一「百瀬」

153:「制服くノ一JK拷問」
化学化講師「黒川富太」が脱法ドラックを製造している。
そんな疑惑を掴んだ学園は、くノ一「百瀬」に調査を依頼したのでした。
裏表紙が「百瀬さん」です。
制服・くノ一が楽しめるお話。
逆さまになっている(ぶら下がっている)のはお約束かな。
その際、当然スカートはめくれているんですが。
他の目がないためか、ショーツ全開となっているのが良いですね。
彼女も縞パンでしたよ。
期待通りに捕縛され、緊縛えっち展開に。
お約束なのですが…オチでの一言に納得。

177:「Watashino Beer-sales Costume(WBC)」
”野球場のビール売り子フルセット”
そんなんを所持していた妹「小麦」は、野球中継を楽しんでいた兄の元へビール販売にやって来たのでした。
実際にセット持っていたら、やりたくなるだろうなぁ
金額言われて荒れるのは、球場でないためでしょう。
…高いんですよね。
ベルトで緊縛状態となった彼女に仕掛ける流れ。
おっぱいのくだりが緊迫感もあって良かったです。
最終的にお兄ちゃんの言い分も描かれるのですが…そんな理由で妹に襲い掛かっちゃーダメよ。
(※深く考えてみると、勢いでシテしまった近親えっちを誤魔化すための方便かもしれませんが)
なんとなくエロい1コマ目が好き。

 【 その他 】

以上、本日は「井上よしひさ」センセでした。
毎度お馴染みです…が
あとがきによると、成年単行本は3年振りだそうです。
そうなんですね。
紹介文面には、「拘束漫画のスペシャリストが描く~」とありました。
今回は何冊目かの緊縛ネタな1冊なのですが。
まー、手を変え品を変えで毎回もの凄いアイデア量だと思いました。
ミステリーちっくな「月曜日のタイツ」、ゆるふわな「制服 Jyo Kyoshi」がお気に入りです。




★「井上よしひさ」センセの漫画紹介記事

上野カンナの発情研究室] 一般
じょしてつ] 成年
TEACHER×TEACHER] 成年
拘束違反] 成年
マゾシャン Mazocian] 成年
○○デレ[まるデレ] 2巻
○○デレ[まるデレ] 1巻
縛姫-シバラレヒメ-] 成年
縄士―NAWASHI―] 成年
Escape Creator] 成年
おじいちゃんは少年探偵


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ パンチラ ポニーテール スクール水着

■ヒミツデレ (にぃと)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、メイド、複数、ハーレム、妹
・構成 : 初単行本、カラー(6P)、11話収録
      (うち「ヒミツデレシリーズ」×6、「アキナデレシリーズ」×3)
・おまけ: カバー裏に別絵・漫画「トウカデレ」、
      描き下ろし「オヨメデレ」・「セバスデレ アフター」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「にぃと」センセの「ヒミツデレ」です。

メイド「雫」
※メイド「雫」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続シリーズと短編。
230ページを超えるボリュームです。
11話のうち、9話は2つのシリーズものとなっており。
大きく分けると、4本のお話群でした。
描き下ろし2話はどちらもシリーズでのエピソード。
なお、2本あるシリーズのうち、表題作の1つ(裏表紙の娘ら)は完結していましたが、もう1つはまだ続くかもしれません。
カバー裏である程度補完されていましたが、どうでしょう。
ジャンルとしては明るく楽しいラブコメ話。
ラブ、コメのどちらも強め。
複数ヒロインと関係していく、ハーレム的な要素もありました。
関係はどちらも良好で妙なブラック展開もなく、読み易い作品です。

しなやか細線での作画。
デジタルの淡い色使いですが、どちらかと言うと濃淡は濃いめ。
描き込みは細かすぎず、あっさりでもなく、ちょうど良いくらい。
中小コマ割りはしっかり枠間も確保されております。
ただしぶち抜き・はみ出し多く、派手目で賑やかな原稿となっていました。
広い輪郭に大きい目の漫画らしい可愛らしさある人物絵。
バストはたっぷりと大きく、良いスタイルです。
表現に引っ掛かる箇所なく、コメディー崩しもお上手。
メリハリ具合も適度にあり、しつこくない綺麗な原稿でした。
↓表紙などカラーもお上手ではあるのですが。
そちらより白黒絵のが個性あって良いと思います。

 【 収録話 】 11話収録

003:「エリエデレ」
029:「ビビデレ」
057:「ヒミツデレ」
067:「シズクデレ①②」 
111:「オヨメデレ」 描き下ろし
女性が人口の7割を占めるという、少男多女化社会。
希少扱いされるようになった男性は、成人となった際には1人だけメイドが貰える、という夢のような社会になったのでした。
主人公「あるじ」はちょうど20歳。
なんと、確率1%以下というSSランクのメイドを引き当てたのですが…。
システムエラーによって、「雫」、「愛莉絵(えりえ)」、「bibi」という3名のメイドが鉢合わせ。
1年以内に1名を選ぶこととなったのでした。

メイド3名とのドキドキ同居話。
タイトルを見れば、どういう順序で攻略(?)し、誰がメインヒロインなのか分かると思います。
また、オチもなんとなく想像できちゃうかなー。

1話目はお姉さんタイプの「愛莉絵さん」
優しく物腰穏やかな彼女なのですが。
わざとなんです…よ…?
そう耳元で呟くシーンが抜群
あれは…男性陣あっさり陥落するでしょう。
寝床で思わずおっぱい触るのが切っ掛け。
逆側には「bibiさん」もあり、ちょうどサンドイッチな状態。
寝れなさそう。
…というか、あのシチュエーションで触らない男性はよほど変だと思いますが。
水着に着替えた彼女とのお風呂プレイがメイン。
また面積の小さい、ドえろい水着でしたよ。
2話目「ビビデレ」は褐色肌・外人メイドの「bibiさん」
片仮名喋りが特徴的
故あって、彼女と2人きりで海へ出かける展開です。
こちらの水着は標準的なもの。
(※スタイル良いのでえろく見えますが)
一見、そのままの元気でよく分かっていないタイプかと思いましたが。
意外な本性を隠していましたよ。
どんなんなるかは、ぜひ本編にてどうぞ。
オチの表情が秀逸です。

メイド「bibi」・「愛莉絵」、秘書「セバス」
※左:メイド「bibi」・「愛莉絵」、右:秘書「セバス」

3話目の表題作「ヒミツデレ」は、「愛莉絵」・「bibi」とのその後。
混雑列車内で色々されてしまった(笑)「あるじくん」は、2人をトイレに連れ込むのでした。
先のエピソードではどちらも水着姿でしたが、こちらはキッチリメイド服
良かった。
そういえば、あのままだとせっかくのメイドの良さがいくらか弱まっちゃいますからねぇ。
複数えっちでした。
4、5話目「シズクデレ」はメインヒロインである「雫さん」
やっぱりメインの娘はえっち引っ張るものですからねー。
初対面時の反応からも、メインたる存在感がありました。
山奥の温泉旅館へ行く旅行エピソード。
こりゃー露天風呂プレイか、と思いましたが、部屋でのえっちです。
まぁ、全裸よりこっちのがいいですけどね。
どことなく機嫌悪そうだった彼女ですが、いわゆるツンデレなためでした。
誰?」のくだりが好き。
彼女の過去についても描かれ、こうなるに至った経緯も丁寧に説明されていました。
なお、「愛莉絵さん」はその優れた推理力によって、間接的にえっちをリードする役割となっています。
「雫さん」は不慣れですからね。
後半付近では複数プレイに発展しています。
描き下ろし「オヨメデレ」は後日談話。 
最後に背中だけ登場していた、Sランクメイド「イマリ」さんの報告みたいなスタイル。
コメディーっぽい絵だけでしたが、彼女はえっち参加してないのかなぁ。

115:「アキナデレ」
147:「セバスデレ」
167:「セバスデレ アフター」 カラー原稿あり・描き下ろし
父親の死後、若くして御堂財閥を継ぐこととなった「御堂みつる」
有能な秘書「セバス」もおり、事業は順調なようでしたが。
双子の妹「御堂秋菜」・「御堂冬華」のうち、「秋菜」は兄に対する好意を自覚するようになっていて。
それと共に体もおかしくなりつつあったのです。

こちらは財閥・御堂家でのアレコレ。
「秋菜」・「冬華」なんて双子がため、最終的には複数展開か、と思いきや。
描き下ろしを含めた3話のうち2話は、秘書「セバスさん」がゲットしていました。
ちょっと意外
(※ただ、このタイプ好みなひでるさんにとっては嬉しい誤算でしたが)

1話目「アキナデレ」は双子の妹のうち「秋菜ちゃん」
もう1人「冬華ちゃん」もツインテールの可愛らしい娘なのですが、脱がずに終了。
そのうちメイン話も描かれるのではないかなぁ。
(※カバー裏漫画は彼女の話ですが、出番1コマだけでしたよ)
出来る妹がエロ暴走する、みたいな展開。
まぁ、真面目そうな娘なので、意識ふっ飛ぶくらいの事がない限り難しいでしょうからね。
「みつるくん」も危険な兆候ない訳ではないようでしたが。
優秀な秘書もおり、基本的に彼から手出しはしないだろうと思われます。

2話目「セバスデレ」は秘書「セバスさん」のヒロイン回ですね。
ショートカットに半開きな目と冷静沈着な物腰が特徴。
ぶっちゃけ、収録でもっともお気に入りです。
「みつるくん」にとっては仕事のパートナーだけでなく、身の回りの世話ほか性知識の与えてくれた姉のような存在。
ただ、えっちに関しては経験少ないのか自己中心的なようで、彼に避けられたりしていました。
そんな「みつるくん」が逆襲するような展開がメイン。
最終コマが実に良い表情をしていましたよ。
「セバスデレ アフター」はカラー原稿もある描き下ろし。
まさか下戸だった「セバスさん」
そんな訳で、こちらは酔った彼女とのえっち展開でした。
「みつるくん」には、ぜひ仕事中に手出してほしいなぁ。

175:「カノ×2デレ」
「四十栄浅黄(よとえ・あさき)」・「五鬼継黒乃(ごきつぐ・くろの)」、そして「シロ」の3名は幼稚園からの友人同士。
それぞれ性格異なるものの仲は良く、共にゲーム研究会に所属していました。
ふとゲームの合間に立ち上げたスゴロクゲームは”呪いのゲーム”と称されるものであり。
部屋に閉じ込められた3名は、クリアのため様々なお題にチャレンジするのでした。
Wヒロインな漫画。
命令に従わないと進めない~みたいなネタはよく見ますね。
こちらはオチである程度説明されていた(部屋と時計)ものの、”ダイスが回らない(ゲーム進まない)”のは仕様のようで。
なんらか呪い、っぽい事はありそうです。
仲良しではあるものの、さすがに男女だけあって体の接触はなかったらしく。
前半の手をつなぐ、頭撫でるみたいなものでも、可愛らしい反応になっています。
「黒乃さん」は置いといて、社長の愛人と噂ある「浅黄さん」もなので、幼馴染み感あって盛り上がります(笑)
最終的には猫コスプレの2人とえっちになっていました。
名前そのまま、「黒乃さん」の黒下着・タイツがキュートです。

ゲーム研究会「五鬼継黒乃」・「四十栄浅黄」、水泳部「二木夏凛」
※左:ゲーム研究会「五鬼継黒乃」・「四十栄浅黄」、右:水泳部「二木夏凛」

211:「カリンデレ」
水泳部のエースとして人気を集める「二木夏凛(ふたつき・かりん)」
そんな彼女と付き合うこととなったのは、後輩「中村翔」でした。
彼からの告白にOKをしたのが切っ掛けなのですが、2人きりになるとごく大人しく。
付き合って一カ月になるのですが、まだ手さえと繋ぐこともしていなかったのです。
そんな2人の初えっち展開。
本来は「翔くん」がリードするべきなのでしょうけど。
そういうキャラではないみたい。
ヘタレだといじられていましたが…それが故告白OKしたんでしょうけどね。
一方の「夏凛さん」も先輩とはいえ1学年上というだけ。
こちらも可愛らしいです。
メインはロッカー内の密着えっち。
先の「シズクデレ」もそうでしたが、こうした閉じ込められ系はお上手。
ぜひこんな競泳水着な女子と閉じ込められたいですね(笑)

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「にぃと」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
「COMIC E×E」の甘デレマイスターに相応しい完成度でした。
よかったです。
なお、こちらはちょっとした偶然で久しぶりに某書店で購入したのですが。
なんと、小冊子の漫画がおまけとなっていました。
しかも、単行本未収録の24ページものボリュームです。
なんとなくですが、おまけ冊子でここまでページあるのは初めてな気がします
間に合うならば、そちらでゲットするのが絶対的にお得でしょう。
さすが大手は違いますねー。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット コスプレ 競泳水着

■淫形の館 ~快楽に堕ちる少女達~ (宮原歩)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●◎〇〇
・属性 : [成年] 調教、妹
・構成 : カラー(4P)、5話収録(うち「淫形の館」×4)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「宮原歩(みやはら・あゆむ)」センセの「淫形の館 ~快楽に堕ちる少女達~」です。

凪、小春
※左:凪、右:小春

 【 構成・絵柄 】

収録は全4話、単行本の概ね8割くらいを占める中編と短編。
話数は少ないですが、1話あたりのページ量は多く、読み応えは問題ありません。
メイン中編は、いわゆる調教話。
だいたいタイトル通りで、各話でヒロインが変わるタイプです。
いちおうメインたるストーリーもあるのですが、そう骨太なしっかりとしたものではなかったです。
詳しくは後述しますね。
もう1つ短編~といっても38ページくらいあり。
通常の短編感覚では、2.5話くらいの長さでした。
こちらは兄妹の近親系で、甘いラブコメ的。
同時収録なネタとしては、やや差があるかと思います。
とはいえ、メイン中編もそうハードなものではなく…。
調教ネタが好きな方には、物足りなさがあるかもしれません
よくよく吟味するのがいいかも。

しっかりとした黒細線での作画。
デジタルの綺麗な原稿で、全体はツヤっとした色彩ながら黒はしっかり強め。
描き込みは過不足ありません。
枠間など白比率あり、丁寧で見易く仕上がっていました。
背景や小物などもしっかり描かれています。
人物画は横長で鋭角な目が特徴。
広い輪郭で肉付きの良いスタイルで、可愛らしい仕上がり
表現なども良く、ほぼ問題ないでしょう。
作画に強さあり、やや硬めに見えるのはいつも通り。
そのあたり、好き嫌いがあるかもしれません。
判断については、あまり変化ないので↓表紙で大丈夫。
あるいは裏表紙の背景のカット絵がオススメです。

 【 収録話 】 5話収録

003:「淫形の館」 4話
格差の広がりによって、一部の金持ち以外の女性は売られることが当たり前となった世界。
こうした女性らは、よりその価値を上げるべく“飼い主の希望に添うよう調教”されており。
調教済みの彼女らは「淫形(ドール)」と呼ばれていたのでした。
主人公「海人」は、「女を幸せにするのが俺の仕事」という信念を持つ、一流の調教師。
女性らを調教する彼は、とある女性を探していたのです。
ごく簡単にはそんなお話。

ちょっとハード目なえっち話。
それでも拘束したり、アイテム使ったりするくらい。
モロなそっち系と比較すると、さほどハードではありません
レベル違いにはご注意ください。
全4話のお話で、ヒロインも4名。
各話の繋がりは軽く、全体のストーリー性も弱め。
メインであろう「小春」ちゃんとのエピソード、正直なところ…大したものでなく。
巡り巡って結局は自らに突き付けられる、というのはありきたりな感じでした。
全150ページ以上もある連続話にしては、目新しさなく、意外性もなく普通。
やはりもうひと要素欲しい気がしました。

北条里桜、赤石さち
※左:北条里桜、右:赤石さち

1話目、依頼を仲介している「凪(なぎ)」さんが連れてきたのは、ご令嬢「北条里桜(ほうじょう・りお)」
冒頭から名家に嫁いだ姉のことを口にしており…ちょっと前フリが露骨過ぎた感じ
強気でえっちに不慣れな彼女を調教していく様をお楽しみください。
基本的には拘束・目隠しプレイですね。
なお、カラー原稿部分は3名ヒロインとのダイジェスト的なもの。
「小春ちゃん」についてはオチでちらと示される程度でした。

2話目は和服・ショートカットの「赤石さち」
昔いじめられていた、ということでかなりの怖がりで、終始怯えていました。
そんな彼女の真意を解き明かす、みたいな展開。
お話的にはこちらがもっとも読み応えあるかも。
さすがに「海人くん」は一流と呼ばれる調教師だけあって、前回とは違い優しくソフトに対応しています。
そのうち、とある違和感を覚え~という、ちょっとサスペンスっぽい展開でした。
なお、「小春ちゃん」については作中にインパクト残る形で描かれており。
ハッキリ最終目標ということが示されておりました。

3話目は…こちらではいちおう伏せますね。
(購入した人は、カラー原稿部分であっさり分かると思いますが)
ちょっと正体不明っぽい方。
ぶっちゃけ、僅かな登場だけの「小春ちゃん」よりも、えっち感としては強め
ただ、いきなり全裸というのは、いまいち拍子抜け。
プレイボーイなど海外セクシービデオみたいで、プラスの盛り上がりに欠けますね。
また、せっかくページ数はあるのだから、彼女との馴れ初め~みたいなのが示されなかったのも残念でした。
オチ部分の対話が印象的なのですが、死んだ訳ではなく…ちょっと大仰ではないかなぁ。
そう濃密な関係性とは思えず、例えばメモに予めしたためてあったとか、その程度のがリアルだったのでは。

当然ですが、最終4話目は「小春ちゃん」
和装の似合う、黒髪な美人です。
女の子を色々調教してきた「海人くん」にしては、ずいぶん可愛らしい事を言っていました。
調教師となった切っ掛けにもなっていたのですが。
まぁ、これも好意がためですかね。

謎というか、ポイントがもう1つくらいあれば、また違って見えたかもしれません
個人的な話ですが、読んだ当初は1冊まるまるの単行本だと勘違いしており。
続く「いもうと恋心」の漫画が始まり、あまりの異なる雰囲気に、
実はこれまで妄想の世界だったのか!?
そんな勘違いをしかけましたが…。
(※「小春ちゃん」と次の妹「結衣」ちゃんは黒髪の可愛らしい娘で、似てるところもあったのよ)
もうひと展開足りないかなぁ。

妹「結衣」
※妹「結衣」

161:「いもうと恋心」
両親は仕事で忙しく、家ではほぼ兄と2人きりという「結衣」
家事を引き受け、世話を焼く彼女は好きな兄の妻という感覚も抱いており。
それは夜の行為にまで発展しつつあったのです。
寝込みを襲うヒロインなお話。
ショートカットの妹「結衣ちゃん」は可愛らしい雰囲気とは裏腹に結構積極的で大胆
両親が不在がち、という特殊な環境がためですかね。
気付かれたかも、とか思いつつも、変わらず続けている様が可愛らしいです。
立場が逆になる展開は正解だと思いました。
あるいは、彼女になんとないえっち感を植え付けた張本人が彼であったら、なお良かったかも。
できれば、最初に「結衣ちゃん」が寝込みを襲うところを見たかったですが。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「宮原歩」センセでした。
同時発売の「史鬼匠人」センセの単行本と共にゲットしてきました。
そちらが1冊全ての長編だったので、勝手ににこちらも同じだと考え。
前述した通り、「いもうと恋心」のお話を最終話だと一瞬取り違え、
“近親関係の罪悪感からくる妙な妄想が「淫形の館」のお話”
みたいに、壮大な勘違いしていました。
それがいいかどうかは別にして、パンチあるはっちゃけラストがあっても良かったかな、と思いました。
4話だけの駆け足ストーリーで、基本となる調教パターンが2名だけと少なかったのも、全体に影響していたと思います。
もうなんらかパンチが欲しかったですよ。




★「宮原歩」センセの漫画紹介記事

霜枝さんちの明るい食卓
 初単行本。霜枝家の母子とイチャイチャな初単行本。1冊まるまるの長編です。一般。
望月さんの恋文
 初の短編集。ビジネス系が多めでした。一般。
はんまめいど!
 主人公の失った記憶とは!?という、スイミングスクールでのラブコメ長編。一般。
この会社はおかしすぎる!?
 菓子メーカーが舞台の陰謀渦巻くオフィス・ストーリー。一般。
ラブあねえっち
 2歳違いの義母「高村花苗」と2人きりで生活という「あねママ!」を収録。初の成年系。
恋色おとめ
 幽霊ヒロインとの「僕だけが彼女に触れられる」を収録。成年。
いつでもどこでもどんなことでも
 フェチっぽい要素あるラブコメ短編集。短編「Hなこと言ってみるテスト」が楽しい。一般。
ハメあいゲーム
 ゲームヒロインが実体化するファンタジー長編。成年。
少女廻り
 しっとりとした雰囲気の恋愛ファンタジー。1冊まるまる続く長編。一般。 
彼氏なんていらないけどエッチがしたい!
 こじらせ女子らが登場する長編。各ヒロインのお話が繋がっていきます。一般。 
アイドルの卵は勉強中
 アイドルの卵なヒロインらとのドキドキ同居ストーリー。一般。
彼女たちは暴かれた
 ちょろっとサスペンス要素もある長編漫画。成年。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット サスペンス

■ギャルトモハーレム (史鬼匠人)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ハーレム、ギャル、複数
・構成 : 4話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: イラスト、カバー裏にキャラ表、合間に日常風景。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「史鬼匠人(しき・たくと)」センセの「ギャルトモハーレム」です。

情報デザイン科
※情報デザイン科

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
話数的には4話と少ないのですが、1話あたり50ページほどもあり。
単行本のページ量は問題なく、読み応えある作品です。
ジャンルとしては、タイトルそのままハーレム系。
詳しくは後述しますが、登場ヒロインらはギャル属性。
これがえっち展開をスムーズにしているほか、漫画の味付けの核部分ともなっていました。
先に書いちゃいますが、優しい仕上がりなので構えなくとも大丈夫。
泣きはしませんでしたが、ちょっと感動的な面もある、良い漫画でした。
強くオススメしておきます

強めな色のしなやかな曲線での作画。
描き込みや色づきは概ねちょうど良いくらい。
濃淡はデジタル色彩で、こちらも濃過ぎず・薄過ぎず。
中小のコマ割りは細かく賑やかさあり、全体ではややコッテリ感もありました。
表現や流れなどに引っかかる箇所ありません。
どちらかと言うとお話の勢いで牽引するタイプ。
ヒロインらは生き生きと可愛く描かれていて、多少ザックリとした絵などもあまり気にならないと思います。
そうした点は実にお上手で、長編漫画も良い方向に作用していました。
↓表紙のカラー絵は、正直作品の魅力を出せてなく。
裏表紙・背景漫画カット絵が見辛いのも、ややマイナスかなー、という印象。
いくらか脳内でプラスしてもらうか、“一話まるごと試し読み!”のある「ティーアイネット」さんのHPにて判断するのが良いでしょう。

 【 収録話 】 14話収録

003:「ギャルと友達はじめました」 4話
成績がため普通科の進学クラスから情報デザイン科にコース変更した「田辺」
しかし、そちらは女性ばかりで、いわゆるギャル属性な娘ばかり。
その雰囲気に圧倒され、居心地の悪さを感じていたところ。
近くの席にいた「リカ」こと「此先理香(このさき・りか)」が積極的に話かけてきたのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

いわゆるギャルなヒロインらとのお話。
成年漫画ではハーレム系になるでしょうか。
ぱっと見あり得なさそうな、正反対というべき男女の組み合わせながら…。
最終的にはハーレム状態にまでなるという、男性のみたいなお話となっていました。

主人公「田辺くん」は、小さいキツネ目に四角眼鏡で肥満体系。
おまけにマイナス思考で消極的~といった感じ。
「リカちゃん」曰く、
”テンプレなキモオタって感じ”
という男性です。
こうした漫画の場合、眼鏡外す、髪とか整え直す、あるいはダイエットするなど、なんらかのプラス要素で格好良くなったりするものですが。
こちらの「田辺くん」は、基本的にそのまま
女子への慣れがため、後半に性格は多少の改善が見られたかなー、というくらい。
また、容姿は置いといても男性自身の魅力(笑)によって、女子らに好かれるというパターンも成年漫画ではあるのですが…。
複数回イケる、絶倫という程度。
ハーレム漫画には必須な要素ではありますが、特にサイズがあるとか、えっちは上手みたいな要素もありません。
ほとんど女の子らが主導権を持っていて、マグロ的にされるがまま~という雰囲気でした。
こうした徹底ぶりが、お話の完成度を高めていたと思います

「ケーナ」ほか調理コース、「ハナ」ほか服飾コース
※左:「ケーナ」ほか調理コース、右:「ハナ」ほか服飾コース

ヒロインはメインの「リカちゃん」を含めて14名が登場。
ややお話的に目立たない娘もおりましたが…。
華やか・賑やかに描かれていて、いかにも女子クラスっぽいリアルさがありました。
「田辺くん」は先の容姿から「きもっち」というあだ名をつけられています。
外観から知った知識を当てはめた結果というだけのようで、特に蔑むとかなんとかではないみたい。
実際、世話焼きな「リカちゃん」は当人の意識は関係なく、普通かつ積極的に接しておりました。
なにしろ、会った当日にえっちしちゃってますからね。
彼女ほか仲良い周辺の娘らはおおむねそんな感じなのですが。
クラスのほか女子は冒頭ではさして関心ない様子であり。
おそらく…「リカちゃん」の存在がなければ、孤立して空気の如く大人しく過ごすか、あるいは耐えられなくなってまたコース変更となっていたと思います。
実際、作中でも“その場から逃亡する~”という選択肢を選んでいて。
その度に、彼女によって救われておりました。
いい娘でしたよー
彼女みたいな女子に出会うことができれば、幸せな人生を歩めそうですね。
個人的には服飾コースの「ハナ」さんがお気に入りです。

コース変更からの1話目。
成績が理由となっていましたが、回想の1コマから察するにあまり良いクラスではなかったみたい。
教室に入った際の見開き2ページ・半コマの描写が見事。
ギャルギャル・女子女子しており、あれは普通の男子でも気後れしてしまいそう。
そのうち「リカちゃん」は編入について認識あったらしく、またクラスで唯一接してくれています。
ああした状況なので、多少過剰気味でも有り難いことですね。
その友人らと共にカラオケに誘われるのですが。
この一連のくだりが実に見事なので、ご期待ください。
もったいないので、ここでは伏せますが。
「リカちゃん」とのえっちはその後。
さすがに経験あるらしく、リードしてくれています。
全身綺麗な褐色肌でスタイルも良く、あるいは外人の血もあったりするのかな。

2、3話目は選択授業の風景です。
なお、1話目、3話目の後には「電車にて」という女の子らの日常風景みたいなのが差し込まれているんですが。
ちゃんとストーリーと繋がっており、サービスカットもあるので見逃さないように。
選択授業の1つめは、共にカラオケに行った「リカちゃん」の友人らが所属する美容コース。
「クルミ」・「ミナミ」の2人は双子かな。
「リカちゃん」が明け透けにえっちについて語っていたことが功を奏し、他女子らに興味を持たれるようになっています。
たっぷりおっぱい、という感じでした。
続いては調理コースなのですが、こちらの5名とはいままで会話なく。
また、「レオ」さんに強い態度を取られたことで、さっそく弱気になっています。
先の美容コース時とは正反対で、あれも仕方ないだろうなぁ。
ちなみに…漫画中の台詞にもありましたが、教師の存在感が薄い学校ですね。
基本的にはアウェイなのですが、「ケーナ」さんはある程度興味を持っていたらしく、彼女とのえっちを切っ掛け(※無論、ここでも「リカちゃん」の存在が大きい)に巧い事いってました。
あれは、ちょうど調理が一段落していたことも大きかったかな。
こちらのオチも優しいです。

続いては個人的なお気に入り「ハナさん」の所属する服飾コース。
ロリっとした「アリア」ちゃんがデザインした、という水着試着かたがた、プールで遊ぶという流れ。
ため、見た目にも華やかな回となっていました。
こちらには「リカちゃん」と親しいグループのうち、「カオル」さんがいます。
共にカラオケへも行っているのですが、彼女は一歩引いているような性格。
特に橋渡しはしてくれていないものの、「ハナさん」ほかこちらの女子らはノリ良い娘らが揃っていて、いじってくれています。
皆で更衣室に入ってからがメイン。
中盤の「カオルさん」、そして白スクール水着での「アリアちゃん」に注目です。
最後はデザインコースなのですが。
ここは実際の単行本にてご確認ください。
最終4話に繋がる、ポイントとなる場面になります

此先理香
※此先理香

ラスト4話目は文化祭風景。
クラス14名それぞれと接し、イベントでの皆と楽しく接しておりました。
相変わらず、基本的には受け身なんですけどね。
「リカちゃん」が素敵でしたよ。
メインはその後、全員参加での打ち上げ風景です。
こちらは「リカちゃん」の家とのことでしたが…「ハヅキ」さんの台詞にも注目。
ひとイベントもあるのですが、えっちはハーレムものラストに相応しい展開です。
こちらの切っ掛けが「ケーナ」・「ハナ」の2人というのは…まさに性格ですわね。

 【 その他 】

そんなこんなで「史鬼匠人」センセでした。
こちらのブログでは、「if ~時限の彼女~」、「常春の少女たち」を紹介していました。
3冊目「僕はバイブで彼女はオナホ」も読んでいるんですが、そちらはまたどちらかのタイミングで紹介しますね。
タイトルにもある“ギャル”の単語はそのイメージ強く、拒否反応あるかもしれませんが。
そのイメージから逸脱せず、特に不快感を与えない描写・ストーリーは見事
良かったです
もうちょっと皆の学園風景を見たい気になりました。
番外編みたいなのがあればいいなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : スクール水着

■かなえて!ゆりようせい (源久也)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [百合] コメディーラブコメ
・構成 : 14話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき漫画「あとがきマン。」、折り返しにコメント、
      カバー裏に別絵、合間にキャラプロフィール。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「源久也(みなもと・ひさなり)」センセの「かなえて!ゆりようせい」です。

学生寮の2人
※学生寮の2人

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
1話あたり8ページでのエピソードとなっています。
ちょっと短め。
話数としては14話ほどありました。
多くはあるものの、全体では148ページとやや薄めな単行本です。
なお、収録のうちタイトル異なる最終話のみ4ページでした。
特に明記されていませんでしたが、描き下ろしとかかな。
ジャンルは百合コメディー
ゆりゆりっとした甘いラブコメ描写と共に、いちおう妖精らしいファンタジーな存在コメディーちっくに流していました。
センセのファンであれば、おおおむねいつも通りで問題なし。
そこそこコメディー寄りですよ。
そうでなければ、百合系が好みかどうか。
ただし、百合といっても皆さんオープンなので。
そっち系のセオリーである、同性を悩んだりなんだりは弱めです。
(※ちょっとはありますが)
甘いラブコメが好みかどうか、という感じですね。

強めで柔らかな曲線での作画。
濃淡はデジタルな黒色(※黒寄りな灰色という感じ)で、全体の色づきはそこそこ。
描き込みはすっきり気味です。
コマ割りは中くらいで横長の基本的なもの。
枠間など確保され、収まりも良く。
サッパリと見易い仕上がりになっていました。
”4コマ漫画的っぽい作画”が表現としてイメージし易いと思います。
ふっくら頬と大きく黒目な人物画。
頭は大きく華奢なスタイルでSDっぽく可愛らしいものです。
コメディー的ですが表現に優れ、漫画もお上手。
特に引っかかるような部分はありません。
判断については、特に変化はないので↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 14話収録

百合カップルに突如現れる、メルヘンな存在「百合妖精」
百合な願いを叶えるごとに押されるスタンプを溜め、一人前の百合妖精を目指すのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

「百合妖精(ゆりようせい)」、「白ゆりようせい」
※左:「百合妖精(ゆりようせい)」、右:「白ゆりようせい」

本人曰く「メルヘン極まりない存在」という「百合妖精(ゆりようせい)」
百合の花を持ったシスター姿の二頭身キャラです。
完全にコメディーな存在で、百合カップルをかき回しつつも、成就させていくような感じ。
ライバル「白ゆりようせい」はボケ倒す「百合妖精」に対するツッコミ役。
2人のやり取りはやがてクライマックスへと繋がっていくので、お楽しみに。

そのほか、各話の登場人物は基本的に普通の人間。
10話目に登場していた「百合女神」以外、ファンタジー感はありません。
毎度の事ですが、メインカップルは無論のこと、モブ的な人物までキッチリ女性ばかり
主人公(?)である「ゆりよゆうせい」以外は単発の出演…かと思いましたが。
先のライバル「白ゆりようせい」ほか、複数話ほど続くエピソードなどもありました。

0話目のカップルは…お天気キャスター「松前かれん」とアナウンサー「石狩さやか」という、どこかで見たカップル
ファン向けエピソードですかね。
時空ひとつ間違えてたわー!
とのことでした。
見知っている人には実に楽しい1話。
同じ調子で、これまでのカップルの前に現われて、関係引っ掻き回していく~というのも面白そうね。

1話目はスタンダードにミッション系学校に出現。
先輩に恋する「三鳥かおる」という、スタンダードなカップルでした。
魔法とかなんとかではない、願いの叶え方に注目。
不思議な「ゆりようせい」をいじる先輩が楽しい
2話目も同じく学園なのですが、先とは違う聖エリーゼ学園が舞台。
1人の生徒を”フルール”と呼び、生徒総出で憬れる、というまたよく耳にするようなシステムがあるのでした。
メインになりそうな”フルール”の女性「朱鷺子(ときこ)」は既に他女性とラブラブ。
さて、そしたら何の願いを叶えるのか、というのがポイントです。
なお、フルールな女性をサポートしていたのが、ライバル「白ゆりようせい」なのでした。
3話目も同じく聖エリーゼ学園。
まあ、百合な悩みはそうした学園が多いでしょうからね。
「わかば」を巡る三角関係で、開始から修羅場状態。
そこに、「ゆりようせい」・「白ゆりようせい」が介入するという流れ。
こちらもまた凄まじい解決方法でした。
「白ゆりようせい」が泣いて逃亡するのも納得。

4話目は学生寮。
それを聞く「白ゆりようせい」は過去に「ゆりようせい」と同室だったことで、2人のコメディーな過去が差し込まれておりました。
なお、こちらは特に解決はしておらず。
続く5話目も同じ学生寮でのエピソード。
ここで「ゆりようせい」が接触していたのが、前話の相手でした
こちらはオチが楽しい。
ちゃっかりしているうえ、なんのかんの解決もしてますからね。
6話目もまだ先の学生寮。
前話の続きみたいになっており、「ゆりようせい」から色々話を聞くというもの。
設定などの説明みたいな感じですかね。
納得しかけた!」が楽しい。

7話目は社会人カップル。
会話にもあったように、何かと直接的。
お話としてはこっちのが楽しいですね。
外観とは異なる「香夜子」・「三奈」のカップルが良い。
まさか「フタバの新作だー」ってほいほいついていくのも前フリだとは思いませんでした
解決は8話目。
こうしたのは超得意分野だと言う「ゆりようせい」が凄い。
珍しく(笑)キッチリとしたアドバイスで見事に解決しております。
なお、このエピソードもこれで終わらず。
2人のその後は9話目にて見れます。
さすがに成年系ではないので直接なシーンはありませんが。
テンション高い「三奈さん」としおらしい「香夜子さん」のリアクションでなんとなく想像しましょう。
情報操作のくだりが可笑しい。

わかば、「香夜子」・「三奈」
※左:わかば、右:「香夜子」・「三奈」

SNSなどの拡散がため、大忙しな10話目。
ついにスタンプが溜まり、妖精界へと戻されるのでした。
ここからが最終エピソードです。
上司のような「百合女神」が登場。
2人のがその後どうなるのか~お楽しみに。
詳しくは伏せますが、「白ゆりようせい」がキュートです。
「ゆりようせい」の同様な姿も見たかったですねー。
最後の最後での「メスカー像」が良かった。
なるほど。

 【 その他 】

そんなこんなで「源久也」センセでした。
こちらのブログでは「ふ~ふ」、「ろくじょ~ひとまの ねこがみさま」、「ゆりどりみどり」などを紹介しています。
いままで発売された単行本の中で、今回か最もお気に入り。
センセが得意とするコメディーな要素と、期待される百合要素がうまーく合わさった1冊だと思います。
面白かった。
せっかくあーした結末となったので、やはり他世界キャラと絡んでほしいなぁ。
個人的に好きな「学園近距離恋愛怪談」の2人とのコラボが見たいです。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ファンタジー コメディー

■あま・ナマ (赤城あさひと)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、学園、ファンタジー
・構成 : カラー(20P)、12話収録(うち「アマヤドリの山」×2、
      「イエスまん」×2、「会長はごかいちょー」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、描き下ろし「ヤマノカミの戯れ」
      一部描き下ろし「アマヤドリの山」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「赤城あさひと(あかぎ・あさひと)」センセの「あま・ナマ」です。

三崎志緒莉
※三崎志緒莉

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と2話程度の連続モノ。
話数のうちショート漫画もあるため、読みごたえとしては普通くらい。
連続話は後日談・別シチュエーション的な感じで、お話世界を追加でもう少し楽しめる感じ
個人的には満足でした。
ジャンルとしてはラブコメ
ブラックな色なく読み易く仕上がっているのですが、マニアなプレイも描かれております。
そう振り切れたものでなく、描写もソフトなので問題はないでしょう
数話ほどファンタジーなネタもありました。
また、1話は前巻と繋がりあるようだったので、そちらを読んでいればより楽しめることと思います。

しっかりとした黒線での作画。
描き込みはしつこくない程度の細かさ。
全体の色づきは良く、濃淡は濃いめ。
中・小コマが重なるようになっていて、はみ出し・ぶち抜き多く。
原稿は結構な賑やかさがありました。
色彩がため、コッテリとした味わいですよ。
それでも丁寧で引き絵なども違和感なく、軽くメリハリもあり。
漫画は見易く仕上がっていました。
コメディーとかシリアスな表現もお上手です。
なにより良いのは、可愛らしく描かれた人物画
頬ふっくらな幅広輪郭で、クリっとした目のの漫画らしいもの。
それでいてスタイルとのバランス感に優れ、爽やかな魅力とエロスがありました。
カラー原稿もお上手で、20ページあるのも納得。
白黒とは趣異なるものの、判断はそちらで問題ないでしょう。

 【 収録話 】 12話収録

003:「アマヤドリの山」 一部描き下ろし・カラー原稿あり
189:「ヤマノカミの戯れ」 描き下ろし
仕事に出かける「相馬」に、作り過ぎたから、とお弁当を渡した「宇美」
うっかりおかずを入れ忘れていたため、現場まで向かうこととしたのでした。
しかし、林業な彼の現場は深い山中で、午後からの雨もあって行方不明となってしまったのです。
彼女を探していた「相馬」は偶然「宇美」を発見したのですが…という流れ。

なぜか下着着けてなく、雨で濡れて上下透け透けな「宇美ちゃん」がセクシー。
雨宿りの場所と彼女の変化で、なんとなーく後の展開は想像できるかな。
いかにも美少女然とした彼女が積極的でエロい
カラー原稿部分は、えっちシーンの抜き出しでしたよ。

描き下ろし「ヤマノカミの戯れ」は、実はそちらと同じ舞台のエピソード。
父親に弁当を届けようとした主人公は、雨がため道に迷ってしまい。
迷子になっていたところ、着物姿の女の子に出会ったのでした。
こちらは察せられて良いと思います。
口では色々言っていた彼女ですが、結局助けてしまうところを見る限り結構お人よしなのかも
彼にはぜひもう一度山中で迷ってほしく思います。
やっぱり助けるのではないかなぁ。

宇美ちゃん、生徒会長「小森可憐
※左:宇美ちゃん、右:生徒会長「小森可憐」

029:「イエスまん」
049:「ノーまん」
学園祭の打ち上げでカラオケへ向かうこととなった一行。
その誰かがアルコールを持ち込んだことを切っ掛けに、大乱交大会となってしまったのです。
盛り上がる周囲から取り残された「島崎姫奈」は、同じくノリきれていなかった「信介」と共にえっち提案をされてしまい~という流れ。

ギャル容姿なヒロイン「姫奈ちゃん」は故あってそんな恰好をしているものの、ごく普通な女の子
場に合わせようとして、状況を悪くしてる様が悲しい
ある程度自分を出さないと大変なこととなりますよ。
これがブラック展開・陰鬱な漫画でなくて良かった(笑)
一方、「信介くん」は普通の容姿なのですが、かなりマニアックな性癖の持ち主。
確かに許可はある程度出ていたものの…多少は抑えなさいよ。
流されただけにも見えますが、なんのかんの「姫奈ちゃん」も対応できていて良かった。
続く「ノーまん」は、とある理由で、2人して旅館に合宿旅行に出掛ける、というもの。
お泊りデートとか、のんきに考えていた「姫奈ちゃん」に対し、「信介くん」の意思は違ったのでした。
大真面目な変態、って質悪そうだなぁ
教室での言動も周囲ドン引きしていましたよ。
台詞そのまま特訓という感じに責められておりました。
まぁ、いちおうラブラブで良かったね。

067:「会長はごかいちょー」
085:「会長のちょうきょー」
才色兼備・文武両道な生徒会長「小森可憐(こもり・かれん)」
しかし、実はセフレを多く持つギャルちっくなえっち女性であり。
ラブホから出てきたところを、副会長「石橋勝人」に目撃されてしまったのでした。

「可憐さん」は生徒会長という肩書について、”男性受けする”という理由を上げていました。
見掛けによらずエロい女性ですね。
そんな、軽い成年漫画なノリの「可憐さん」に対し、「勝人くん」の真面目な反応が楽しい
ただ、ちょっと触れた彼の男性自身のサイズと、何より口止めのため、無理やりに彼を試してみることとなるのでした。
生徒会長になる際もえろい事していたのかな。
あるいは…教師とか。
とりあえず、彼のモノが察したそのまま良く、いちおう決着着きそうな流れになっていましたが。
続く2話目はその後の風景。
4ページのショート漫画です。 
本性を隠さなくなった「可憐さん」がえろい。
コスプレをしていましたよ。

089:「仁義なきバレンタイン」 カラー原稿
こちらは4ページのショート漫画。
実家は和菓子屋の「千夜(ちや)」はバレンタインに水飴を「俊樹」へ贈ったのでした。
そんな訳で、水着・水飴なぬるぬるプレイです。
いちおう粘度を調整~とありましたが、ベタついて大変そうだなぁ。
オチが楽しい。
叱るポイントはそっちか

093:「スリーサムゲーム」 カラー原稿あり
ボードゲーム同好会の部長「天音久留美」が海から拾ってきたゲームをすることとなった、副部長「澤田大河」と部員「月島深雪」
プレイしていると、不思議なことが起こるようになり。
「久留美」はゲームを利用して「大河」との関係を深めようと考えたのでした。
しかと、エロいカードばかりですね、このゲーム。
(普通、始める前に目を通すものですが…まぁ、細かい事はいいか)
Wヒロインでノリ良い「深雪ちゃん」に対抗するうち、えっちがエスカレートしてしまうのでした。
バニーガール衣装が良いですね。
カラーで見れて良かった。

113:「少年の妄欲」
官能小説好きで妄想癖のある「佐藤」
「三崎志緒莉」とは同じクラスであるもののほとんと喋ったことはない間柄。
しかし、ひょんな偶然から同じく官能小説好きであることを知ってしまったのです。
それがためか、日々敵意むき出しの視線を受けることとなったのでした。
いちおう、独立した話としても十分楽しめますが。
これは前回収録の短編「少女の蜜欲」の続きですかね。
(※ヒロインの名前が若干違うようですが)
そうすると、「三崎さん」の視線はまた意味違うものかも、と想像されます。
なにやら怪しい行動する「佐藤」を心配した彼女が呼び出して問い詰めるのが切っ掛け。
オチの2人のやり取りが楽しい。
かなりお似合いなカップルではないでしょうか。
とりあえず語彙力つけるよう、ガンバレ

129:「反り」 カラー原稿あり
美術部の先輩らにカモフラージュ・アートの実験台とされた「木野慶太」
すると、そこに同じ美術部の「円恵梨香(まどか・えりか)」が姿を見せ、うっかり見つかってしまったのでした。
風景と自然に溶け込むようにするのがカモフラージュ・アートなのですが。
せめて下着くらいは履かせてあげてください。
こちらのヒロイン「恵梨香さん」も単なる女子でなく、曲線好きな”曲線性愛者(カーブフィリア)”という設定。
彼が元気になってしまったのは、バナナの曲線にうっとりした彼女を目の当たりにしたためでした。
彼女が言ってる専門用語は全て曲線なもの。
いちおう調べましたが、よく分かんないですねー。
曲線性愛者、というのは漫画のためセンセが作った造語のようでした。
彼のいわゆる男性自身の曲線が彼女のお眼鏡に叶ったため、えっち発展するのですが。
都合良いだけではなく、
意味わかんないですけど…
とか、ふと冷静になっていたのはリアル
そりゃそうだ。
ぐるぐる目が可愛らしいです。
なお、裏表紙は「恵梨香さん」です。

151:「来世で逢いましょう」
地獄に堕ちた「露葉雫(つゆは・しずく)」・「椎名伍郎」の2人。
みだらな性行為が好きな者が堕ちる衆合地獄の1つ”大量受苦悩処”いきとなった2人は、成仏のためSMえっちすることとなってしまったのでした。
死因がため、ボンテージ衣装の「雫ちゃん」が可愛い。
ただ、彼女にS資質がなかったため、「伍郎くん」が代わるという流れです。
なんというか…お気楽・幸せな地獄だなぁ。
なお、衆合地獄の1つ”大量受苦悩処”は実際にありましたが…罰はそんなんではない(串刺しとかです)ので、皆さんはご注意を。
コメディー調ですが、あのオチは結構恐ろしいものだと思います

露葉雫、図書館の鉄仮面「矢車菊子」
※左:露葉雫、右:図書館の鉄仮面「矢車菊子」

169:「鉄仮面」
”図書館の鉄仮面”こと先輩「矢車菊子(やぐるま・きくこ)」に恋する「明」
しかし、あだ名通り彼女の反応は芳しくなく、友人「栄子」は嫉妬作戦を試してみたのでした。
「菊子さん」はロング黒髪な文系美少女
その割りにバスト大きく、そりゃ「明くん」が一目惚れするのも納得。
ただ、嫉妬作戦後の彼女は予想外の反応を見せたのでした。
勿体ないのでここでは書きませんが…いいなぁ、アレ。
まぁ、結果オーライじゃない?

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「赤城あさひと」センセでした。
初単行本「いやらしいこ。」もこちらで紹介しています。
今回は2冊目の単行本ですね。
非常に高い完成度になっていたと思います。
良かったです
個人的に好きなのは、カバー裏の水たまりパンチラ絵。
実際にありそうでないので、なかなかないんですけどね。
次単行本とかで描かれないかなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ ファンタジー パンチラ

■制服のまま愛しなさいっ (坂上海)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ラブコメ、制服
・構成 : 初単行本、10話収録。
・おまけ: あとがき、合間にヒロインイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は坂上海(さかがみ・うみ)」センセの「制服のまま愛しなさいっ」です。

妹「上田早弥」、吸血鬼「エルヴィーネ=リタ=ブラウン」
※左:妹「上田早弥」、右:吸血鬼「エルヴィーネ=リタ=ブラウン」

 【 構成・絵柄 】

収録は9話の短編と、巻末のショート1話という構成。
巻末エピソードは収録ヒロインらが同世界に登場するもので、いちおう後日談っぽい色もありました。
レーベル「TENMACOMICS 高」で、制服な登場ヒロインが満載な1冊。
ギャルに実妹、フランス人から意識だけ未来へ進むお話のほか、吸血鬼なども登場してます。
メインは制服ですが、続くネタは様々。
短編ではあるもののキャラの個性も強く、楽しめました。
そう複雑さはないものの、別シチュエーションが気になる感じでしたよ。

しっかりとした強めな線での作画。
全体の色づき・描き込みはだいたい普通でしたが、黒が目立ち。
中小なコマ割りもあってか、原稿はコッテリとした味わいです。
おおむね枠間も確保されてるんですけどね。
初単行本ということで、一部短編は作画に若干の差を感じました。
だいたい2割くらいでそう大きなものでなく、気にしなくとも大丈夫だと思います。
それなりの身長と良い肉付きなスタイルの人物画。
爽やかさある美人絵ですが、漫画らしい可愛らしさもありました。
これが非常によく、作品のクオリティをしっかり支えているのですが。
引き絵ほか漫画部分に目立って気になるところが残り。
やや勿体ない印象です
ただ、逆に言えばマイナス点はそれくらい。
普通に読むにはまぁ、些細な程度なので。
全体の安定感が増せば、全体のクオリティが段違いに良くなるかと思いました。
紹介帯のカット絵が良いので、判断はそちらがオススメです。

 【 収録話 】 10話収録

003:「スィートフォン!」
付き合ってから、毎日シテいた「冬太」・「エレナ」のカップル。
それがため勉強は手に就かず”同じ大学へ行く”、という目標も霞みつつあったため。
決意した「冬太」は、デート・およびえっちを禁止としたのです。
…が、しかし。
どうにもおさまらない「エレナ」は、彼に反意させるべくえっちな写メを送り続けていたのでした。
こちらの「エレナさん」が↓表紙の娘。
ショートカットの爽やか美少女という感じ。
冒頭ページの立ち絵は、いかにもそんなんでした。
(ちなみに、スカート丈がかなり短い)
いきなり2ページ目から激しいえっちとなっているのが可笑しい。
しかも室内なのに制服着せたまま、というマニアックなプレイでした。
親がいるとか、そんな理由かな。
セオリーでは耐えられなくなるのはほぼ男子側なのですが、大学云々より刹那的な快楽をチョイスしていた「エレナさん」は素敵
名前からして、ハーフとかの設定なんでしょうかね。
そんなエロ写メ攻勢に一カ月耐え続けた「冬太くん」は偉い。
試験の後に家へ向かうまでの緊張感あるシーンが好きです。
先に大当たりして大学どころではなくなってしまいそう。

エレナ
※エレナ

021:「僕は妹に弱みを握られている」
実妹「上田早弥」に弱味を握られる兄。
彼女に従う日々でしたが…ある日クラスの女子に告白されたところを、「早弥」に目撃されてしまったのでした。
中扉が「早弥ちゃん」です。
こちらもポニーテールの美少女で、漫画で告白されてたのはお兄ちゃんなのですが。
彼女も頻繁に告白されてそうね。
たぶん、全て断るのでしょうけど。
いちおう、切っ掛けは下着をごにょごにょしていたお兄ちゃんとなっていましたが…。
後の彼女の言動を見る限り、誘うようなことをちらほらしていたのではないかなぁ。
(あるいは無意識に)
ドット柄の下着はなんだか生々しいですね。

041:「結理ちゃん揺るがない!」
文芸部「川上結理」に告白した「久能」
彼女は変わった娘で、
恋愛がよくわからない
そんなことを言い出した挙句、興味あるという体だけの関係をOKしてきたのでした。
男性としては実に都合の良い女子なのですが。
学生はやっぱり恋愛面も重視したいですよねー。
ただ、大判焼き、カミナリの場面では、年相応に可愛らしい顔をみせており。
なんというか、本気で恋愛というものを分かってなかっただけなのかな、という印象でした。
まぁ、これで一歩大人に近づいた、ということなのでしょう。

063:「プリンセス of the ブラッド」
援交かたがた血を吸っていた吸血鬼「エルヴィーネ=リタ=ブラウン」
うっかり空から落ちた際に同じ学校(制服)の「高守八代」に声を掛けれられたのでした。
もくじ絵はこちらの「エルヴィーネさん」
こうした妖しい美人もお上手ですね。
お話は予想外にえっちで反撃され、メロメロになってしまう流れ。
彼の実家がため、この後の2人どうなるのか面白そう。

083:「ギャルフレ」
毎晩違う女性を連れ込んでいた父親。
本日の女性はいかにもギャルちっくな「佐谷奈りんご」でした。
嫌悪感を抱いていた「清太」ですが、父親の指示で「りんご」に勉強をみてもらうこととなったのです。
裏表紙がこちらの「りんごさん」
特徴的ですね。
褐色肌なギャルで、虎縞下着は本編と同様。
喋りは容姿そのままという感じなのですが、■■学園の生徒というのは伊達でなく。
彼の数式間違いをあっさり見つけるなど、確かな学力の持ち主でした。
格好良いなぁ。
距離感はごく近く肉食であり、なんのかんのえっち発展しています。
こちらの漫画はオチが好き
まぁ、そりゃそうだよねー。

105:「あなたでなければ いやなんです。」
陸上部の先輩「あゆり」に憬れていたマネージャー「大悟」
ミーティングということで、家に誘われたのですが…。
いつもの雰囲気からは想像できないほど部屋は荒れ、ズボラな私生活が垣間見えたのでした。
「あゆりさん」は特に隠そうとはしておらず、部屋にも普通に呼んでおり。
食べ方なども含め、あーした娘なのでしょう。
たぶん学校生活でもそうした、ある意味男前な一面が見えていたと思うんですが…学年違うようだし、部活が一緒くらいでは分からないのも当然ですかね。
ただ、彼だけを部屋に呼ぶなど好意はもっており、えっち発展していました。
それならば、ちょっとくらい体裁整えなさいよ。
(ああして明け透けなところも魅力なのだろうけど)
なお、制服の下も陸上ウェア着っぱなしで、これもズボラならではなのですが。
ここでは単なるご褒美となってましたよ。

125:「フレンチキス」
「ナゴミ」の家にホームステイをしている、フランスから留学してきた「コスタンス・ウェベール」
「カルチャーを伝えたい」
そんな意思のあった彼女は、誰彼構わずキスし続けていたのでした。
原稿時期がちょっと古めなんでしょうか。
雰囲気は先の吸血鬼「エルヴィーネさん」と近いものがある美人さんです。
スタイルも良く、男子的には…キスよりもバストの当たる肩あたりが楽しそう。
「ナゴミくん」がどうにも落ち着かないのも当然だと思います。
いちおう彼女も初めてなようでしたが、えっちではリードしてくれていました。

147:「かずさScramble!」
写真部の合宿で水着モデルとなった「かずさ」
撮影後、なぜか部屋で縮こまっていた「恒」を発見した彼女は、すぐにその理由を知ることとなったのでした。
ツーサイドアップな「かずささん」がヒロイン、なのですが。
共に合宿に参加していた褐色肌の先輩「姫川」さんが気になりました。
センセはこうした女性がお上手ですね。
いちおう、2コマほどえっちシーンがありましたよ。
メインは彼女らのえっちにあてられてしまう、というもの。
当初の切っ掛け「…いいよ」を「恒くん」が誤解する流れはリアルで良いと思いました。
実際にこうした勘違いはありそう。

佐谷奈りんご、陸上部の先輩「あゆり」
※左:佐谷奈りんご、右:陸上部の先輩「あゆり」

167:「ブレザーぱらどっくす!」
朝起きたら、体が高校生になっていた「野垣進」
訪ねてきた幼馴染み「長濱みずか」に事情を話したところ、本当かどうか確かめてみることとなったのでした。
こうしたネタで小さい男子が意識だけ大人になるというのは珍しいかも。
戸惑う彼にえっち仕掛けるのはどうかと思いますが…成年漫画ですからね。
ただ、最中に「みずかさん」が聞かせていたエピソードを見るに、ああした行動も納得。
まぁ、仕方ないわね。
彼女の話を聞いていた「進くん」が成長し、また同じ場面になった際にちらと思い出し~なんて展開も面白そうでした。

187:「Re:制服のまま愛しなさいっ」
こちらは単行本の描き下ろし…かな。
6ページのショートもので、作中に登場していたヒロイン「佐谷奈りんご」、「上田早弥」らが同じ世界で描かれていました。
「りんごさん」は相変わらずね。
「早弥ちゃん」はお兄ちゃんとラブラブでした。
お話後の”その後の2人”が優しいです。

 【 その他 】

そんなこんなで「坂上海」でした。
こちらが初単行本のようです。
おめでとうございます!
とりあえず「茜新社」さんのHPで見かけた↓表紙に釣り上げられました。
エロくて実に良い表紙だったと思います。
(※事実「エレナさん」は予想以上のえっち女性でした)
人物画はそちらと差はなく、非常に良かったのですが。
あとは…細部ですかね。
もうすこし丁寧な描写で安定してくれば、次のステージが見えてくると思います。
次巻も期待してます。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツーサイドアップ ラブコメ ショートカット ポニーテール

■抱きしめたい。 (飴沢狛)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、ロリ、貧乳、人外
・構成 : 初単行本、10話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、加筆修正あり、
      合間にヒロインイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「飴沢狛(あめざわ・こま)」センセの「抱きしめたい。」です。

ざしき少女
※ざしき少女

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
お話は様々で、メイドや人外ヒロインほか、近所のお姉ちゃんに義妹、同級生に部活後輩などなど。
全体的には年下傾向で、ロリっとした娘が目立っていました
バストの大きさも大小で色々。
幅広い反面、全体にコレという強いフェチ傾向なかったのは良し悪しかもしれません。
お話は簡単にはラブコメですが、コメディー調は控えめ。
女性のがえっちに積極的で、暴走してるような娘もおります。
作画の雰囲気もあってか、お話にはっちゃけ感は弱く
そう凝ったものでもないのですが、静かで濃密なエロス色がありました。
なおブラック傾向はなかったので、そこはご安心ください。

しっかりとした濃い線での作画。
処理もあってかコッテリとした色彩で、描き込みは過ぎない程度に細かめ。
コマ割りは枠間ないこと多く、またはみ出し・ぶち抜きも多く。
結構賑やかな仕上がりです。
それなりに白比率あるため、コテコテ~というほどではありませんが。
幅広な輪郭で黒目が大きい、可愛らしい人物画。
スリムでもふっくらとした肉付きがありました。
巨乳・貧乳どちらもお上手。
素朴な魅力があり、どちらかというと年下キャラのが合っているように感じます。
コメディー調を含めて表情に優れ。
多少気になるところもありましたが、漫画もお上手でした。
原稿時期の差はやや感じる程度で、特に問題ではありません。
↓表紙などカラーでは結構雰囲気異なるので、判断は紹介帯のカット絵などのが良いと思います。
個人的には白黒絵のが魅力的に映りました。

 【 収録話 】 10話収録

003:「モーニングメイド」
ちっちゃいメイド「アンジュ」とご主人様「フランツ」の起床えっち。
タイトルそのままですわね。
やっぱり起こしに来た相手とのえっちはセオリー。
たいがい準備万端だろうし(笑)
↓表紙がヒロイン「アンジュちゃん」
大きめなキャップ(←ざっと検索したのですが、いまいち正式名称分かりません)装着時と、外した時の変化がまた可愛い。
最終的には彼の命令となり、えっちしてしまうのでした。
まぁ、あんな子が朝起こしに来たならば…男子はたいがい同じことするだろうなぁ。
羨ましい限り

メイド「アンジュ」、生徒「花月」
※左:メイド「アンジュ」、右:生徒「花月」

023:「ざしき少女」
妖怪らしい。
…という”ざしき少女”とのお話。
もともと部屋に住み着いていた彼女は、”えっちした相手を幸運にする”という能力をもっていたのでした。
いわゆる座敷童の女の子版か。
黒いパーカーみたいなのを羽織っている、ロリっとした彼女。
ずっと下半身丸出しではないと思うので、普段どんな感じか興味あります。
(※能力などから察するに、あるいはそのままかも)
こうしたものの定番の1つで、彼が優しく普通に接しているようで。
ラブラブえっちとなっています。
漫画は既に深い関係だったので、切っ掛けがどんなんだったか見たいです。

041:「上手なペットの躾け方」
ペットの擬人化みたいなお話。
猫耳と尻尾のある「みい子」
半裸のような感じですが、いちおう服は着てます。
まとわりつく彼女と、いつしかえっち発展する流れ。
オチはいかにも、という感じで楽しい。
ああしたものですよね。

061:「習いごとフェティシズム」
書道教室の生徒「花月」に密かに想いを寄せる講師。
居残った彼女から月謝を渡されたその時。
彼女の雰囲気が一変したのでした。
重度の手フェチなんです
そんな訳で、「花月ちゃん」が彼の手を前に暴走する流れ。
そもそも先生も彼女をネタにしていたので、願ったり叶ったり。
黒い下着着けてたりして、「花月ちゃん」は見た目に以上に大人っぽい娘なようでした。

085:「幼馴染みにご用心?」
「さより」・「そういち」は幼馴染み。
かなり親しくやり取りし、勝手に部屋に入ってくるような間柄でした。
いちおう直接行為はまだだったものの、近い行為まではしていたのでした。
切っ掛けはお口で真っ最中な「さよりちゃん」に、「そういちくん」が質問したため。
距離が近すぎるため、ああした会話はなかったんだろうなぁ。
「さよりちゃん」は雰囲気的に、なんの前触れもなく咥えていそうだし。
(合間ページに、成長する「さよりちゃん」が描かれていました)
「そういちくん」はこの後も色々大変そうですが、頑張って。

103:「僕らのヒミツ」
隣の家のお姉さん「恵美奈」と「圭太」のカップル。
窓から互いの部屋を行き来できる、ラブコメ距離な2人。
視点はおおむね「圭太くん」
彼のが年下なので、まだ子供扱いされていて、主導権も握ってはないのですが。
もう少し…かな。
いちおうオチがあーで、読んでるこちらはひと安心。
ただ、「圭太くん」は同年代では相当な手練れになっていると思われ、これからモテるのではないかと思いました。

127:「Winter Vacance」
海やプールに行けなかった「奈々」と「隆成」
せっかく買ったから、という水着を着てお風呂場でイチャイチャするのでした。
やっぱり水着だからこそ、って感覚ありますよね。
照れと不機嫌さはあったものの、アレで何もない事などありえず。
当然、えっち展開はごくスムーズでした。

145:「猪突猛進一途愛!」
放課後好きな人「成瀬」の机で単独プレイをするのが日課の「結城千夏」
体育で彼の蹴ったボールが直撃し、保健室まで連れられたのですが。
想い人を間近にし、抑えきれなくなってしまったのでした。
保健室えっち。
先の「花月ちゃん」と同じくえっち暴走するタイプでした。
何はともあれ、「成瀬くん」が保健係で良かったですね。
暴走してぐるぐる目になってる「千夏ちゃん」が楽しい
まぁ、机でスルのが日課になってるような娘ですから。
とっとと告白でもすればいのに。
切っ掛けこんなんですが、巧くいって良かったねぇ。

結城千夏、妹「慧」
※左:結城千夏、右:妹「慧」

169:「ビンカンときどき恋愛占い」
幽霊部員ばかりで、「ちひろ」と先輩ほぼ2人だけの占いサークル。
…なのですが。
冒頭からいきなり「ちひろちゃん」はおっぱい丸出しで。
占いとかなんとか名目あるものの、単にエロいことしてるだけですね。
ふわふわした髪の「ちひろちゃん」は結構な巨乳女子。
いかにも流され、いじめて系な雰囲気なのですが…オチでのはっきりとした態度が可笑しい。
その調子でえっちも拒否しなさいよ

181:「繋-ケイ-」
母方の連れ子で妹の「慧」
可愛く毎日のように告白されている彼女でしたが、いつからか義兄と関係していたのでした。
時期的なこともあってか、危ういバランスなカップル。
前半でのやり取りは他愛ないものだと思うんですが。
お兄ちゃんの反応に不安を見せる「慧ちゃん」が重い
後半にはそうした台詞もありました。
ちょっと彼女は心配。
まぁ、こうなっている以上、覚悟はするべきですわね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「飴沢狛」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
おめでとうございます!
ワニマガジン社」さんのサンプルは「モーニングメイド」のひと場面でしたが。
まさにコレが購入の切っ掛けでした。
「アンジュちゃん」はべらぼうに可愛いですねー。
彼女ほか「ざしき少女」、妹「慧ちゃん」など、どっちかというとロリっとした娘のが合っているように感じました。
濃い色彩がまた漫画の雰囲気ともよく合っていたと思います。
そのうちデジタルになっちゃうのかなぁ。
どちらか続きあれば嬉しいです。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■お兄ちゃんそんなにショートパンツ好きなの? (Noise)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ショートパンツラブコメ、貧乳、眼鏡
・構成 : 10話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏にリンク絵・コメント。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Noise(のいず)」センセの「お兄ちゃんそんなにショートパンツ好きなの?」です。

妹「おとぎ」
※妹「おとぎ」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
タイトルそのまま、登場ヒロインのほとんどがショートパンツ着用しています。
お好きな方にはたまらない1冊でしょう。
LOくくりで、いちおうロリ系統ではあるのですが。
いわゆる王道なそっちと比べてやや年齢層は高め。
えっち経験者も多く、展開もラブコメちっくで明るさあるものでした。
↓表紙とかタイトルのノリそのままなので、間違うことは少ないと思いますが。
毎度のことながら、ジャンル違いにはお気を付けください。
そう、全体的に貧乳のが比率は高めなのですが、巨乳な娘も登場してます。
眼鏡率も変わらず高く、そうした色々要素が合致するかどうか、がポイントになるでしょう。
問題なければ、お話・絵柄ともに高い完成度な単行本です。

しっかり丁寧な線でのさくが。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡は適度なくらい。
描き込みも過不足は感じませんでした。
太目な枠線で枠間はそこそこ確保あり。
ちょっと重なってたりするのが特徴的です。
むちっとした肉付きのり可愛らしいヒロイン画。
ぱっちり目の漫画らしい可愛さある娘のほか、大人っぽい横長目や”目つき悪い系”という瞳小さいヒロインなど様々
個人的には変化あって楽しめるのですが、人は選びそうですね。
漫画は表現良く、テンポとメリハリがあって読み易いもの。
特に引っかかるところはありません。
判断については、おおむね↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「お店屋さんごっこ」
実妹「おとぎ」はお兄ちゃんに”お店屋さんごっこ”を持ち掛けてきたのでした。
冒頭話に相応しい、はっちゃけ妹さんです。
↓表紙はこちらの「おとぎちゃん」
エロいことを吹き込んだところそれにハマってしまい。
今では遊びにも取り入れてくる~という設定。
そう、”お店屋さんごっこ”のお店メニューはそっち系なものだけなのでした。
そのため、既に経験者…というか熟練者な域である「おとぎちゃん」
生きてはいけるよね」みたいな発言もしており、重症レベルでエロスに傾いておりました。
えっち目的のごっこ遊びな割りに、色々凝った設定あるのが可笑しい
セット料金云々の部分が好き。
彼女の将来がちょっと心配。

023:「もこもこふわりん」
隣に住んでいた妹のような女の子「深雪」ちゃんとのお話。
こちらも既にえっち込みで付き合っている関係。
半年ぶりに再会した彼女を新居に招く、という流れ。
タイトルは冬場でもこもことした服を着ているため。
また、成長期の真っただ中らしく、半年のうちに彼が驚くようなバストサイズになっていた、というのもあるでしょう。
いわゆるロリ巨乳ですね。
ツインテールな髪型と半開きな目、そしてえっち最中も外さないマフラーがポイント。
通常しれっとした態度ながらラブラブな様がキュートでした。

深雪、川崎真央
※左:深雪、右:川崎真央

041:「天使の恋人」
人気アイドルグループ「エンジェリックガールズ」の最年少メンバー、「みおみお」こと「川崎みお」
彼女の大ファンであった教師の新しいクラスに、本名「川崎真央」という彼女がいたのでした。
八重歯が可愛い
通常時の眼鏡・黒髪な姿のがいいですね。
誰にも気付かれなかった、というそんな状態から看破したのが切っ掛け。
既に芸能界にいるだけあってマセた娘で、”秘密がばれたので保険”と称してキスしたりしていたので。
2人が付き合う流れも自然…なのかな。
いちおう担任教師と生徒でもあるんですがね。
メインはアイドル状態の彼女と楽屋えっち。
ファンにはのような展開ですわね。
部屋使わせてあげることもよくあるし
そんな台詞が闇深いなあ。

059:「それいけ!ぶっかけ3人組」
男子らに対し、強い態度で接することができる「鮫島」さん。
「小梅」・「小室」・「小鳥遊」という男子3人組は、そんな彼女に日ごろの恨みを晴らすべく悪戯を仕掛けるのでした。
典型的なお調子者である「小室くん」、知恵袋で策士な「小梅くん」、大人しく真面目な「小鳥遊くん」という3名。
そのうち、「小鳥遊くん」に好意を持っていた「鮫島さん」は、その呼びかけに応じて策に堕ちてしまうのでした。
子供らのやり取りなので、他愛ないものなのですが。
いわゆる電気アンマからエロい方向に発展。
まぁ、それであーした反応になるくらい成長してるってことですかね。
途中で割って入る「小鳥遊くん」は凄い勇気の持ち主なのですが。
追い詰められての行動が成年漫画でした。
ごめんね…?」という発言も訳分かんなくて楽しい。
3対1ですが、直接えっちは「小鳥遊くん」だけで、他はタイトル通り。
そんなんでも意中の相手だったがためか、ああしたオチが羨ましい。
あんな切っ掛けですが、普通に付き合っていくんだろうなぁ。

079:「Girls Gift」
訪ねてきた妹「望美」とクリスマスを楽しむ兄。
プレゼントの話題で「かわいい女の子とイチャイチャ~」なんて失言をしたことで、彼女にをつけてしまったのでした。
ちょっとキツめな顔と眼鏡が特徴の「望美ちゃん」
他ヒロインはえっち熟練者ばかりの中、彼女は発言と裏腹に初々しい反応。
お兄ちゃんも止まることなく、
…すまん、無理だ
とかなんとか、そのままガッチリえっちしちゃってました。

097:「お庭のプールサイド」
裏表紙を飾る日焼け跡」が眩しい「青葉彩夏」ちゃん。
庭のビニールプールで遊ぶうちにえっち発展するんですが…あのくらいな年齢の彼女に対し、結構プール大きいですね。
なお、「彩夏ちゃん」のバストもかなり立派なものでした。
スクール水着がパンパンですからね。
急に膨らんだらしいソレに対する発言から、この2人もすでに色々していた様子。
”2人でよくやっている”、という遊びからのえっち展開。
正確な発言は伏せますが、誰かに聞かれたら大変なこととなりそう。

115:「友達の彼氏」
友人「愛美」に最近できたという彼氏「利樹」
紹介したい、という彼女がため「法子」は彼と対面したのですが。
その彼「利樹」は”一目惚れした”といきなり「法子」にキスをしてきたのでした。
キャラ的に可愛いというのは「愛美ちゃん」で、漫画の主人公「法子ちゃん」は眼鏡でやや地味目なデザイン。
ただ、背丈あり、スタイル良いというのは確かにそうですね。
三角関係のドロ沼っぽい設定ですが、いちおう彼の言う「一切手出ししていない」というのは事実らしく。
また、「法子ちゃん」の複雑な感情もあってか、「利樹くん」との関係は意外にも急速に発展していくのでした。
可愛いと認める「愛美」より選ばれたこと、好意を持つ「愛美」を取り戻せたこと、ですかね。
この漫画で最も盛り上がるだろう初えっち展開が数コマであっさり終わってしまったのが…ちと残念
まだ不信感いっぱいな彼に迫られる様が見たかったのですが。
前後編とかにして、じっくり描いてほしかったなぁ。
なんだか黒いオチが好き。

135:「セレブなお子様」
タイトルとおりにお坊ちゃま「朱法院忠継」とお嬢様「二ノ宮睦月」というカップル。
前半の水たまりのくだりが好き。
てっきり足場になるのかと思いましたが(笑)
メイド「美鈴」さんに知恵と経験をつけられ、ひと皮むける、みたいな流れ。
彼女とのえっちは、当然割愛。
なかなかの美人メイドさんだったんですが…まぁ、これは仕方ないか
メインは「睦月ちゃん」とのえっち。
彼女もまた口ばかりで実経験なく、初々しい様が可愛い。
ああした娘なので、「忠継くん」はやはり先に経験値上げるのが必要ですね。
ただ、オチの「睦月ちゃん」はいかにもという感じで魅力的でした。
強いね。

マオ、小山田貴子
※左:マオ、右:小山田貴子

155:「こどもえっちはマニュアル通りに」
幼馴染み「コウ」・「マオ」のカップル。
2人でえっち動画を見るうちに、という王道展開。
お互い好き勝手に言い合える、かなり親しい関係な2人。
言動から察するに、いちおう「マオさん」のが年上みたい。
素晴らしいまでの貧乳っぷりでした
彼も夢中になっていましたよ。
どちらも初体験なため、タイトル通りに初々しいえっちです。

175:「フ女子のたしなみ」
幼馴染み「小山田貴子」・「並木」のカップル。
彼女はいわゆる腐女子で喋りもそんな感じ。
普通にしてれば可愛い眼鏡女子なんですけどね。
そんな彼女を意識しまくっていた「並木くん」がえっちに誘う流れ。
本編でも突っ込んでいましたが、えっち最中のああした喋りはキツイ
故あってお尻プレイなのですが。
なんというか…徹底してるなぁ。
オチとかもそんな感じ。
今後も大変そう。

 【 その他 】

そんなこんなで「Noise」センセでした。
こちらが8冊目の単行本。
もうすぐ二桁ですね。
当ブログで過去に紹介した単行本は↓下にずらりと並べさせていただきました。
ショートパンツを冠とした単行本もこれで4冊目。
↓表紙と折り返しのパンチラはお約束になったみたい。
あのチラ感が実に見事
いいですね。
当然ですが、紹介帯を外した方がより見やすく、堪能できるでしょう。
折り返しにはこれまでの単行本紹介があったのですか、それらと比較すると今回はややソフト目なんですね。
裏表紙がエロいのはその補完かな。


お兄ちゃんそんなにショートパンツ好きなの? お兄ちゃんそんなにショートパンツ好きなの? (TENMACOMICS LO)
                  (2017/6/28)
                  Noise
                  ※アマゾン登録なし


★「Noise」センセの漫画紹介記事

Loliplex!
 記念すべき初単行本。名言も飛び出す「とある女の子の悩みのお話」を収録。
ももいろノイズ
 2冊目。寝顔が可愛い妹「小春」ちゃんの「ももいろ寝息」などを収録。
ただし二次元に限る
 3冊目。将棋部を舞台とした全4話という連続話「詰んデレ」を収録。
じぇーえす☆じぇーしー
 4冊目。妹「蛍」とその友人「あいり」・「ももこ」らの「とりぷるシリーズ」を収録。
近所の子がショートパンツを履いて俺を誘惑してくるんだが
 5冊目。ショートパンツを冠とした1冊目。”話題のロリ巨乳漫画”を収録。
ショートパンツの女の子の発育が良すぎる件について
 6冊目。「アンナさん」の「アメリカンスタイル」2話を収録。
ショートパンツと色イロ
 7冊目。「鈴木京子さん」ほか眼鏡っ娘の比率が高め。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ スクール水着 ツインテール パンチラ ショートパンツ

■ラぺコーポの憂鬱 (EBA)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●◎○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 凌辱、アパート、ハーレム
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「EBA(えば)」センセの「ラぺコーポの憂鬱」です。

105号室「太井さん」
※105号室「太井さん」

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編。
ただし、お話はメインとなっている表題作と、主人公の前日譚を描いた外伝みたいなお話の2本立てとなっています。
だいたい”全て表題作”って表現で、間違いないだろうかと思いました。
漫画は6話、4話ほどで、どちらもボリューム的には問題ありません。
ネタとしてはちょっと差がありましたけどね。
詳しくは後述します。
ジャンルはどちらも凌辱系。
ちょっとハード目な描写もありました。
ただし、よくあるそうした漫画と比べて、ひでるさんの感覚としてはソフトめ
完全に拘束・調教まではなく、受け入れていて。
そのあたりの描き方が、人によってあるいは期待と異なる可能性があると思います。

さらりとした細線での作画。
全体はデジタルの淡い色づきで、灰色の柔らかな濃淡具合。
描き込みはややあっさり目。
ただ、不足というほどではありません。
はみ出し・ぶち抜きは多め。
コマ割りは細かく、だいたい枠間は確保されています。
漫画ジャンルからしてみれば、だいぶスッキリとした仕上がりでした。
広い輪郭で小さい目鼻の人物絵。
頬が大きく、若干縦長気味です。
横顔が特徴ありました。
皆さんバストが大きく、それもあってバランスに影響があります。
動きのある絵もたまに微妙なところ見られました。
癖も非常に強く、読み手を選ぶものです。
判断については、カラーでも大きく変化はないので↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「ラペコーポの憂鬱」 6話 カラー原稿あり
都内で駅から徒歩5分、格安家賃で築10年のアパート「ラペコーポ」
夫婦かシングルマザー限定、家主からの審査といった要素があるものの、希望者は後を絶たなかったのです。
しかし、そんな好条件の裏には、大家「井仲田吾作」のとある思惑があったのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

表題作となる1本目は、アパートを舞台とした正統派(?)な凌辱モノ。
冴えない中年オヤジが暗躍しつつ、周囲の女性らを次々に手に入れていく。
そんな様は、どことなく…某成年ゲームちっくな雰囲気を感じました。
おそらく、知った方であればひでるさんと同じ感覚を持つのではないかなぁ。
そっちの場合は、相手を支配するためこまめにネタ収集をして屈服させていましたが。
こちらの主人公「田吾作くん」は、巨大な息子を持ち、えっち技術が優れていて。
行為によって、相手をほぼ陥落させてしまうのが大きく異なる点。
そのため、多少強引に事を進めることも多く(これは単にページの都合かもしれませんが)、また4話オチでは大変なこととなったりしているのです。
多少ワキが甘いかな

「古閑光」、「白鳥優姫」
※左:「古閑光」、右:「白鳥優姫」

1話目は201号室の「古閑光(こが・ひかる)」 
↓表紙ではもっとも後方で背景化している彼女ですが。
登場ヒロインのうち、唯一カラー原稿にて登場していました。
裸エプロンで背中から、ってシチュエーションですね。
彼女との切っ掛けは家賃滞納。
と言っても1カ月だけなんですが、
家賃の滞納はその額の2割を1日遅延するごとに加算~
そんな契約書のふざけた記述がため。
どこか相談すれば無効にできそうな気もしますが…コレがため「田吾作くん」に従うこととなってしまうのでした。
むちむちっとしたスタイルが素敵な「光さん」
かなりの巨乳っぷりでした。

2話目はややサバけた感じの女性105号室の「太井」さん。
管理人室にての「光さん」とのえっちを覗いてしまうのが切っ掛け。
こうしたところが甘いんですね、彼。
共に覗いていたロリ人妻「白鳥優姫」との共通認識は”超でかくない?!”ということ。
実に良いモノをお持ちなようでした。
興奮冷めやらぬうちに彼女の部屋を訪ね、その態度・表情から巧みに仕掛けておりました。
先の「光さん」と違い、ほぼ合意えっちです。
以後、この「太井さん」は彼に最も素直に従う1人となるのでした。
直接繋がる3話目は共に覗いていた「優姫さん」
ロリっとした童顔で可愛らしいんですが、スタイルはしっかり大人。
なかなかのおっぱい具合でした
「太井さん」と共に無理やり仕掛けております。

4話目は「優姫さん」の姉「笹内令花」
あまり似てないですね。
眼鏡な「令花さん」は知的美人な女性でした。
様子のおかしい妹「優姫さん」の後をつけ、「田吾作くん」を確認しています。
甘いですね
鍵とかかけなさいよ。
ただ、急なことで「令花さん」も準備しきれておらず、あっさりその手にかかってしまうのでした。
拘束えっちです。
これがため、共に現場にいた「優姫さん」が完全に陥落することとなっているのが巧い。
(※その前はいちおう意識では抵抗していたのです)
しかし、こちらのオチにて急転直下。
最終エピソードへと続くこととなるのでした。

そんなこんなで5、6話。
正確に5話が最終話で、6話目はおまけエピローグという雰囲気。
こちらのヒロイン「貴島智里」ほか、全ヒロインが登場しています。
あんなん目前に、傍観者となってる皆が恐ろしい
「田吾作くん」凄いですね。
これがため、自然とあちこち甘くなってしまうのかも。
なお、最終話でも複数展開はなく、順にそれぞれとの行為が描かれています。

121:「井仲田吾作の憂鬱」 4話
同時に収録されたこちらは、「田吾作くん」の過去が暴かれるお話
青年時代の彼ですね。
実は井仲病院の息子だったりする彼。
なるほど、お金持ってるんだ。
…というか、「親の七光り」言われていたものの頭も良いらしく。
実際に卒業後は医師としても働いていたようです。
単なるブサイク中年ではなかったんですね。

1話目はいちおう彼女とされていた「鳳凰路千早」
過去描写がため、昔のバブル期みたいな感じ。
当然ながら彼女のえっちはなく。
彼女の真意が明かされる場面は、なかなか酷い展開です。
うーん、結果女性があーなっても、彼に同情しちゃうなぁ。

「鳳凰路千早」、「奈々」
※左:「鳳凰路千早」、右:「奈々」

また、その最たるものが2話目。
そこからもう少し時間が経過し、幼馴染み「奈々(菜々?)」と結婚した「田吾作くん」の日常となっています。
(※ちなみに、彼女名前が「奈々」・「菜々」と2つ出ていて、どっちが正しいか不明です)
眼鏡の可愛らしい娘なのですが…これが……。
中盤から、あっと驚くトンデモな流れになっていました
まあね、親しい同士であれば、ああしたぶっちゃけトークをするものですが。
そんなんを考慮しても、内容が酷い
ううむ。
ため、続く3話目では義母「三保」をターゲットとしているんですが。
話の流れから、これは無理からぬところでしょう。
前話では好き勝手にやっていて、良い印象でなかった「田吾作くん」
しかし、彼の過去をたどるこちらシリーズでは、かなり印象が変わると思います
ちょっと同情しますね。
あるいは、「奈々ちゃん」と巧くいってればなぁ。
4話目は再び「千早さん」
再会した彼女も既に結婚しており、前シリーズへと繋がるようなお話とになっていました。
ふー、一気に読むとやや疲れますわね。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「EBA」センセでした。
こちらが11冊目くらいでしょうか。
ラブコメが好きなので。
紹介帯の文言など、おそらく合わないかなーという印象でした。
それを乗り越えて手にしたのは、↓表紙のおっぱいに釣り上げられたため。
実に良い感じですよね。
長編っぽいなぁと判断したもの理由の1つです。
ただ、まさか…こんなお話だとは思いませんでした。
単純な凌辱モノでなくて良かったですが、彼の青年期の話での酷さがどうにもねぇ…。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ

■隣のお姉さんとヒミツのインドアライフ (松波留美)

★まんがデーター [7.0/20.0]
・絵柄 :●●〇〇〇
・お話 :●●〇〇〇
・漫画 :●〇〇〇〇
・独創性:●●〇〇〇
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉ちゃん
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「松波留美(まつなみ・るみ)」センセの「隣のお姉さんとヒミツのインドアライフ」です。

桜井琴葉
※桜井琴葉

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
軽いラブコメ話として仕上がっていました。。
独特な趣味を持つ、変わったヒロインがポイント。
詳しくは後述しますが…。
深さはなく、連続の良い部分を生かせてはない印象で。
まとめれば、短編になってしまいそうな感じでした。
期待したんですけどね。
そのようにストーリー問題なのですが、続く作画もイマイチなのでした。

バランス悪い箇所ちらほらありましたが、人物絵はそう悪いとは思いません。
気になったのは、漫画部分
これの違和感が大きい。
コマ間の繋がり、コマ内の配置やバランスなど、あちこち引っ掛かります。
コメディー崩しなとの表現も微妙。
お話の弱さをより強調してしまっている感じでした
引き絵や動きのある絵が弱いのは、こうしたもののセオリー。
なんというか荒いですね。
もう少し、丁寧さが欲しいです。
↓表紙などカラー絵は、白黒原稿の良い部分がでたもの。
人物画の判断にはそれで良いのですが、漫画は難あるのでご注意ください。

 【 収録話 】 10話収録

大学生となった「岡部勇人」は上京して一人暮らしを開始。
その隣には姉弟のように仲の良かった近所のお姉ちゃん「前川美紗」が住んでいました。
”美人でしっかり者である彼女の近くに住む”
それは彼が一人暮らしを許可されたの理由にもなっていたんですが…。
オタクになった
再会した「美紗」は、それがため別人のようになっていたのでした。

昔馴染みお姉ちゃんとのえっち生活みたいな長編。
4話目で「桜井琴葉」が登場し、Wヒロインとなっていました。
登場人物はほぼその3名のみ。
「勇人くん」は学生ですが、学校風景はほぼなく。
インドアなヒロイン「美紗さん」がためか、舞台はだいたい誰かしらの部屋内。
ぶっちゃけ、外出シーンすら稀でした。
(※アパート玄関付近とかならある)
キャラ・空間が限定されていますが、軽いラブコメ調で心理を深掘りしていくような感じはなく。
いわゆるオタク(腐女子)のあるあるとか、濃いいエピソードが描かれることもなく。
中途半端というか、設定が生かされていない印象
これならば腐女子でなく、レイヤーとかにして…。
毎回コスプレえっちにした方が、漫画として盛り上がったかもしれません。

腐女子な「美紗さん」
※腐女子な「美紗さん」

再会となる1話目。
引っ越し後に挨拶へ向かった「勇人くん」をだらけた恰好で玄関から顔を出した「美紗さん」
ガッカリする気持ち分からんでもないですが、部屋着だしあんなものでは?
ただ、今時の安アパートでもスコープとかついている昨今。
あーした、下着丸出しみたいな恰好で来客者に対するのは違和感
2話目の外出時はキチンとした服装しており、そもそもマナーの問題で腐女子は関係ないですからね。
いちおう若い女性なのだし。
また、曜日勘違いしていたとはいえ、隣で引っ越ししていれば、ガタガタ音する筈だと思うのですが。
こんな時間に~
そんな台詞と共に出てきていましたが、背景はまだ真っ暗でなく。
あれは単に時間感覚も狂っていた、ということなんでしょうかね。

資料、という名目で男性自身を見たいと言い出したのが切っ掛け。
2話目にて同人誌を作ろうとしていることが明らかになっており、それがためだと分かるのですが…。
年上なのだから、もう少し巧く誤魔化して依頼できないものか。
また、絵の才覚もないようだったので、資料以前の問題が大きく。
好意ない訳ではないのでしょうけど、弟みたいな相手とわざわざえっちする展開も変な感じでした。
同人誌漫画家という設定ならばまだ理解できるんですけどねー。

なお、2話目も裸の資料と言い出したのが切っ掛け。
その割りにデッサンせず、写真撮ろうとするわけでもなく。
単にえっちしたかっただけのように見えます。
既に関係した間柄とはいえ、相変わらず部屋着は下着丸出しでノーブラと、誘っているような恰好でした。
脱がす際とか下着の線が楽しいので、ジャージのズボンは穿かせててもいいように思うんですがね。

実は美大の「勇人くん」
同人誌は小説に変更したものの、表紙はイラストが欲しい「美紗さん」
彼にイラストを依頼したところ、モデルにされてしまうのでした。
描いて欲しいポーズ~
そう言っていたところ、裸エプロンで登場しています。
…前回同様、単にお誘いなのでは?
なお、この回はモデルの際に眼鏡オフとしていました。

「桜井琴葉さん」登場の4話目。
(正確には3話目オチから顔見せていましたが)
冒頭で「美紗さん」はTVを見ているのですが…なぜか眼鏡オフ。
…ダテ?
外出時から察するにコンタクトなのかな??
「琴葉さん」は「美紗さん」と知り合いで、親しくしている2人を目撃し、「勇人くん」に興味持つというもの。
明確に彼を狙っており、えっち展開はスムーズでした。

収録では唯一のコスプレな5話目。
前回の「琴葉さん」との件もあり、今度は「美紗さん」がえっちに誘うというものなのですが。
まだ自らの気持ちを否定する彼女が選択したのは、バニーコスプレでした。
そんなん持ってるのね
6話目は「勇人くん」から「美紗さん」に迫る展開。
彼が切っ掛けというのはこれが初かなぁ。
同人誌作る、ってのは…もういいのかな。
ゲーム見せられるために呼び出す、ってのもやよく分かんないですね。
興味もったら「大人しくしてて」とか言ってるし。

7話あたりから最終エピソードに入っています。
えっち関係は続いているものの、恋人を否定する「美紗さん」
悩んだ「勇人くん」は、ふと顔を合わせた「琴葉さん」に相談するのでした。
また彼女があーした性格なので、あっさりえっち展開に。
8話でもそんな感じ。
えっちの相性は悪くないようでしたからね。
実際にはこれで三角関係のような感じになっているんですが。
「美紗さん」は自ら恋人でないと言い切っており、モヤモヤした気持ちに思い悩むのでした。
学生じゃーないんだから
あれだけ関係しておいて、そうすると単なるセフレになっちゃうぞ。

近所のお姉ちゃん「前川美紗」
※近所のお姉ちゃん「前川美紗」

直接対決になるのが9話目。
友人ではないようでしたが、知り合いなヒロイン同士が絡むのはこれが初めて。
ただ、もう少し2人のやり取りあった方が、良かったかもしれませんね。
やけに物分かり良く、「琴葉さん」のが優等生みたい。
わざわざ「美紗」・「勇人」を引き合わせたのも、お膳立てしたんだろうしなぁ。
ちらほら示されているように「美紗さん」は腐女子なのですが。
男性との恋愛はそれとはまた別だと思われ、興味ないような表現は極論では。
ごく近しい幼馴染みだった、ということですわね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「松波留美」センセでした。
こちらのブログでは過去に「着エロfull」、「姉姉妹」などを紹介しています。
今回手に取ったのは、興味あるネタだったため。
↓表紙の眼鏡・ジャージ姿は良かったんですが…。
ううむ、残念だなぁ。
感覚としては、以前とほぼ変わらなかったです。
合いませんでした。







★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ

■ひめはじめ (木谷椎)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ロリ、複数、学園
・構成 : カラー(8P)、10話収録(うち「れんあいげーむ」×2)
・おまけ: あとがき、ゲストページ

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木谷椎(きや・しい)」センセの「ひめはじめ」です。

七海ちゃん
※七海ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と2話ほどの連続モノでの構成。
連続話は前後編みたいな感じですね。
また、気付いたのは1箇所だけでしたが、ゲスト的な顔見せもありました。
あちこち探すと、ほかにもあるかもしれません。
↓表紙・紹介帯などから察せられるそのまま、ロリ系な単行本。
ひでるさんが考えるそっち系の王道で、小さい娘が大人の手練手管で色々されてしまうのが基本。
そこそこ同意得てるものもありましたが、強引なものもちらほら。
各話は援交から儀式、指導に催眠など様々なネタで仕上がっておりました。
絶望的なものばかりではないものの、ブラックな色もしっかり
メインジャンルともども、ある程度人は選ぶ1冊となっています
センセのファンの方でも、許容できるかどうか吟味いただいた方が良いでしょう。
ラブコメなんはなかったですからね。

しっかりとした強めな線の作画。
全体の色づきはしっかりしていて、ジャンルがためか濃淡は強め。
描き込みはやや細かいくらい。
極細な枠間でコマ割りはかなり細かめ。
原稿いっぱい、という印象でした。
ある程度メリハリがあるため、見辛い感覚はありません。
他作品と雰囲気異なっています。
楕円のゆるっと丸い輪郭で、華奢な体に大きめな頭のロリバランス。
深い黒目で可愛らしく仕上がっていました。
ややテキスト多めな印象。
表現もお上手で特に引っ掛かるところはありません。
カラーとはまた異なりますが、判断についてはおおむね↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「Lo-Fi(ローファイ)」 カラー原稿あり
父親の借金返済のため、「Iちゃん」とその母は集まりに参加することとなったのです。
白マイクロビキニ姿で準備万端な「Iちゃん」
複数男性に色々されてしまう展開です。
途中で台詞と足だけ母親が登場しているんですが。
どんな感じか見たかったなぁ。
描かないのはロリ系として徹底してますね。
暴走することなく、秩序がキッチリ保たれていて、彼女とのラストシーンなど読後感悪くないのが凄い
なお、カラー原稿はプレイ開始部分の抜き出しでした。

021:「せいかつ指導」
貧乏でお金なく、奉仕活動でも態度が悪い「七海」
教師「大森」はそんな彼女をせいかつ指導室に呼び出したのでした。
長い黒髪に吊りスカートが可愛い「七海ちゃん」
やってる事は単にエロいものなのですが。
教師は落ち着いた口調で丁寧かつ理性的で、なんだか誤魔化されますわね。
オチの怪しい雰囲気が好き

Iちゃん、「いちか」・「麻雪」
※左:Iちゃん、右:「いちか」・「麻雪」

039:「ひめはじめ」 カラー原稿あり
根匡の村の儀式”ひめはじめ”
今年”ひめ”を務めることとなったのは、薙野家の「亜矢」でした。
そんな彼女と村人らのエピソード。
いわゆる昔の風習・儀式系なお話で、若干見られる外の風景はノスタルジー感あるものでした。
仮面をつけた村人らに次々えっちされる、ハードなプレイ。
↓表紙の娘さんはこちらの「亜矢ちゃん」
そのままの和服姿で登場し、カラー原稿もちゃんとあり。
↓表紙に釣り上げられた方も満足いただけるだろう構成になっています。
なお、途中でお色直しがあり、ちゃんと裏表紙の服装も見れるのはポイント。
ちらほら前フリありますが、後半にまたひとクライマックスあるのでお楽しみに。
なんというか…凄いお話でした。

063:「れんあいげーむ」
081:「れんあいげーむ(over)」
クラスで浮いた存在になっている生徒をターゲットに、関係をしていた教師「小早川正義」
卒業した「清水由衣加」の次に狙った「里崎花音」も見事に攻略していく「正義」でしたが…と、だいたいそんな流れ。
前後編みたいな感じで、2話で1つのお話です。
生徒との疑似恋愛をゲームと称している「正義」
教師として、決して良い行いではないとは思いますが…。
そう無理やりでなく合意のもとであり(弱味に付け込んではいましたが)、また事を実に慎重に運んでいて。
彼女らの表情を見る限り、そう悪いとは言い切れないかも。
性行為抜きならば完璧なんでしょうけどねー。
いや、個人的にはいいストーリーだったと思います。
メインヒロイン「花音ちゃん」は可愛らしく、それでいて結構敏いところがあり。
後半での、ちょっとづつの変化と2人の結末に注目。
最後には、またひと驚かされすると思います。
ヤルねぇ、「花音ちゃん」

099:「お金じゃ買えない」
「いちか」・「麻雪」のWヒロイン話。
えっちな事されるが小遣いくれる「田中」の部屋に入り浸る「麻雪」
彼に言われるまま、友人「いちか」を紹介したのですが。
「麻雪」の年齢はもうすぐ「田中」の守備範囲から外れてしまう時期になっていたのでした。
男性のやってること、言ってることは最低なのですが。
ヒロイン視点になっており、恋する「麻雪ちゃん」の言動が可愛い。
ちょっとツンデレっぽいところが、またキュートなのです。
寂しく静かなオチとなっていて、どうにかしてあげたくなっちゃいますが。
まあ、あんな男性に関わり続けてても良い事はなさそうだからなぁ。

175:「ほんとうのあじ」
ロリっとした「ここあ」ちゃんの援交エピソード。
”ひかがみ”については、私も初めて知りました。
へー。
成年漫画は勉強になりますね(笑)
いちおう、「Google」の結果を以下に。

ひかがみ【膕】 ひざの裏側のくぼんでいる所。

そこそこの経験者で、実際は言葉遣いも乱暴な今時の娘さんなのですが。
おっちゃんにキッチリメロメロにされてしまう、王道展開です。
しっかり避妊しているところが楽しい。
まぁ、身体は大事にね。

139:「さいみん」
自称”催眠療法士”の主人公「合沢」のもとに来た「平坂珠洲穂(ひらさか・すずほ)」
両親は離婚し、育てていた父親を火事で亡くしていた彼女。
それ以降、心因性とみられる失声症、突然物を壊すなどの問題行動を起こすようになっていたのでした。
まぁ、なんとなく想像つくかな。
ただ、実際にあーしたものに直面したら…なんというか複雑だろうなぁ。
「珠洲穂ちゃん」はロング黒髪のお嬢様っぽい娘さん。
黒タイツが実にいい感じ。
さらにエロくていい娘さんなのですが。
最後にてキッチリ怖い思いをさせてくれました。
冒頭から見ると後半は生き生きしており、まぁ…いい傾向ではあるのか。

里崎花音、平坂珠洲穂
※左:里崎花音、右:平坂珠洲穂

155:「まるうぇあ」
バーチャルなネタなのですが。
少女誘拐事件の犯人追体験データ、とさらに非合法っぽいもの。
仮想世界は相当にリアルらしく普通なのですが、たまに差し込まれる現実絵が悲しい。
まぁ、でも実際に犯罪に手を染めるよりは健全なのか。
未来エピソードらしい、一歩進んだ攻防戦が見どころ。
あくまでも追体験なので、現実の”それを見てる男性の意識”が差し込まれていて。
お話を深いものにしていました。
オチはこうしたものの定番みたいな感じですかねー。
前述したように、あれはアレで良かったとも言えるかもしれませんが…なんだかげんなりさせられますわね。

175:「じゆう研究」
資産を手にした主人公は少女「槇原さやか」を拉致監禁したのでした。
タイトルそのまま、ヒロインとのえっち研究みたいな感じ。
ただ、”拉致監禁”という単語そのまま、暗く陰湿なもの。
”前の子がどうなったのか”
そのくだりがぞーっとさせられて恐ろしい。
(※ちなみに、先の「珠洲穂ちゃん」でした)
とりあえずは大人しくしてチャンスを待つべきなのでしょうけど…。
その間になにされてしまうのか、凄い恐怖感
オチはこうした漫画らしい、救い無いもの。
前話ともども読後感重いので注意。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度お馴染み「木谷椎」センセでした。
こちらのブログでは「乙女の恋愛情事」、「どっちもLOVE!?」、「Mind of Sisters」、「Lovely Colors」、「ももいろsutudy!」、「~異端幻想~ ダークレグナム」、「妹スワップ!
などを紹介しています。
今回は7冊目の単行本。
まさか、こんなガッチリとしたロリ系で1冊まとめてくるとは思いませんでした。
こうした時世に(笑)
↓表紙がエロくて素敵ですが、どちらかというと裏表紙のがヤバめな気が。
バーコードあるので書店ではひっくり返される筈なのだけど。
慣れてない方は買い辛いかもしれませんね。
あとがきによると、まだネタが豊富な様子でした。
(※ツイッターによると、長編の可能性もありそう)
次も期待してます。

ひめはじめ ひめはじめ (MD COMICS NEO )
                  (2017/5/26)
                  木谷椎
                  ※アマゾン登録なし


tag : ラブコメ ノスタルジー

■ちいサイズ (まるころんど)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ロリ、貧乳、日焼け跡、お姉ちゃん
・構成 : 初単行本、8話収録(うち「三匹のろっさん」×3)
・おまけ: あとがき、4コマ「エロマンガ描きの日常①~④」、加筆修正あり、
      カバー裏に4コマ「エロマンガ描きの日常⑤~⑧」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「まるころんど」センセの「ちいサイズ」です。

「美結」、「秋本柚」
※左:「美結」、右:「秋本柚」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話というかシリーズものが1本と、短編での構成。
シリーズは切っ掛けエピソードと、その後だろう別シチュエーションな前後編です。
続く短編も含め、悪い大人が小さい娘をうんぬん~という、ロリ系の王道漫画でした。
その他も大枠ではそれらと同系統であるものの。
同級生、義妹、義娘、お姉ちゃん…という感じで、義妹以外はロリが前面となったものではありません
先のうち義娘には弟がいて、こちらも”お姉ちゃん”であったため、収録ラストの友人のお姉ちゃんと共に感覚としてはそっち系でした。
えっちは無理やりというか、完全合意とは言い難いものが多く、複数プレイもちらほら。
そうハードではないものの、ラブコメとかソフトなものでないので、苦手な方はご注意を。
個人的には…↓表紙の娘、友人のお姉ちゃんという、明け透けであっさりシテくれるお話のが楽しめました。

緩やかな濃い線での作画。
全体はデジタルな色彩で、そうした独特な灰色具合です。
やや濃淡には濃い目、描き込みはサッパリ気味。
コマ割りは中小で細かさあったものの、そこそこ枠間と白比率があり。
先の処理もあって、賑やかでも原稿はすっきりとしていました。
目に見易い仕上がりだと思います。
人物画は細身でやや頭大き目。
各顔パーツはそれほどデフォルメなく、絶妙なバランス感覚でした。
なんというか媚びすぎないくらいの、漫画らしい可愛さです。
表情などは良く、コメデイーほか表現も良好。
ちらほら力具合の抜けたコマがあり、そこは読者によって良し悪しかもしれません。
初単行本ですが、加筆修正もあってか各話安定しており。
そのあたりは問題ありません。
判断については、おおむね↓表紙・裏表紙で良いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

001:「三匹のろっさん」
027:「三匹のろっさんふたたび 前後編」
ロリ少女を求めて彷徨う中年3名のお話。
とりあえず、決して真似しないように。
あくまでも漫画内の表現なので。
1話目「三匹のろっさん」は、続く前後編のプロローグ的なエピソード。
ろっさん、が何を意味しているのかは後に語られるので、とりあえずは置いといて。
ショッピングモールに到着した3名。
おそらくはいつものように自由行動で、活動(これも軽犯罪)していたところ。
万引きしていた「なつき」を目撃してしまったのでした。
三人一緒だろ
とかなんとか独り占めにすることなく仲間意識が強く、そこは心地良いのですが。
あとは最低。
ネタはAVなどよく見られる手口で、弱味を握られた上で複数の大人に脅迫されるのだから、気の毒ですね。

なつき
※なつき             

「三匹のろっさんふたたび 前後編」はそんな3名が温泉旅館へと出かけたお話。
いちおう混浴でしたが他に人影なく、ガッカリしていたところ。
「沙織」・「詩織」という双子姉妹がやってきたのでした。
温泉では故あって邪魔が入り。
後にショートカット・日焼け跡な「沙織ちゃん」が続きをされてしまう流れ。
「詩織ちゃん」をかばう発言が感動的なのですが。
後編は当然ながらその「詩織ちゃん」も、再び巻き込まれてしまうでした。
再び露店風呂での複数えっちです。
このまま終わってしまうのですが、3名の後日談は他エピソードにて語られていました

075:「家出っこな少女の絵本」
”家出少女を保護する”
そんな名目で女の子に手を出す中年のお話。
典型的、という「美結」がそれに引っ掛かってしまうのでした。
まぁ、ただほど高いものはない、って事ですかね。
ああして笑顔で近づいて来る奴ほど、信用できないものなのですが…。
いちおう、調査票をキチンと残しているところが可笑しい。
オチで親はああした対応になっていましたけれど、「美結ちゃん」の態度とかなんとかで気付けないものかなぁ。
制服姿がキュートでした。

099:「彼女のひえらるきー」
明るい性格の天然キャラでクラスでは人気の「ユズ」こと「秋本柚」
何気ないスキンシップと無防備さがため、特に男子からは好かれており。
クラスでは最下層な「もやし」こと「森ヤスシ」もその1人なのでした。
ある日公園で彼女と出会い~という流れ。
先の3話は黒々しいものでしたが。
こちらは、男子らに勇気を与える素晴らしいエピソード
ヒロイン「柚ちゃん」が実に良い娘。
公園の言動に注目ください
ああした娘、たまにいますわね。
後半での展開は一発逆転みたいで、実に心地良いもの
(※特に男子間ではあーしたものでの差は尊敬されると思う)
なお、↓表紙はこちらの「柚ちゃん」です。

121:「いもうとな少女の絵本 みさきちゃん編」
嫁「美佳」の実家に住んでいる「てつお」
彼女の妹「みさき」は隣の部屋におり。
隣からの声で悶々としていたところ…というもの。
先の「沙織ちゃん」と同じく、ショートカット・日焼け跡が可愛い「みさきちゃん」
興味を持つ年齢でもあるのでしょう。
そうした反応を見逃さない「てつおくん」が凄い、そしてエロい。
最中のやり取りはごく明け透けで、普段も親しくしているのかーと想像しました。
もしかしたら、姉妹で好みが似通ってるのかもしれませんね。
~編とあったので、今後は別の娘でのエピソードとか描かれるのかな。

145:「アンバランス」
元義父との関係を続ける「菜々子」のお話。
ポニーテールが可愛い「菜々子ちゃん」
面倒見も良く、良くも悪くも物事理解できる年齢がため…こーなっちゃったかな。
またそんな彼女を利用する義父は最低なのですが。
冒頭から悩んでいた「菜々子ちゃん」がとある切っ掛けで爆発するところがクライマックス。
まあ、もともとアンバランスな頃に、彼女の場合はまた色々複雑な事情がありますからね。
願わくば彼女に幸せが訪れますように。
良いお姉ちゃんで、ビジュアル的には最もお気に入りです。

菜々子ちゃん、「サトル」のお姉ちゃん
※左:菜々子ちゃん、右:「サトル」のお姉ちゃん

169:「雨の日のお姉ちゃん」
突然の雨に雨宿りをしていた「サトル」・「タケシ」
そこに「サトル」のお姉ちゃんが通りかかり、家まで3人で走って帰ったんですが。
皆でお風呂に入ることとなったのです。
こざっぱりとした、親しみやすい女性
弟「サトルくん」ともごく普通に関係しており、友人「タケシくん」も受け入れてくれてます。
羨ましいなぁ。
姉弟だったらあんなの普通だよ、どこの家でもみんなやってるよ
そんな発言がありました。
いやいや、やってませんってば。
タイトル通り、なぜか雨の日にしか相手をしてくれないのですが、理由はオチにて。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「まるころんど」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
紹介帯に「商行誌で発表した8作品を完全収録!!」と描かれていて。
なにゆえわざわざ念押しするんだろうと思いましたが。
なるほど、既に同人誌で支持を得ていたんですね。
HPにお邪魔したところ、発売にあたっての加筆修正について書かれていたんですが。
双子の髪型をまるまる手直しされていて、驚き。
(※当然かもしれませんが、シルエットや遠目なコマもすべて変更されてます)
お疲れさまでした。

ちいサイズ ちいサイズ (セラフィンコミックス)
                  (2017/5/29)
                  まるころんど


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット ポニーテール

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ