FC2ブログ

■ぐらすとっぷ! (ばーるん)

★まんがデーター  [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、眼鏡
・構成 : カラー(6P)、9話収録。
・おまけ: あとがき、中扉は表紙とリンクあり、
      カバー裏に漫画「メガネっ娘描くのやめたの?って言われたので…」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ばーるん」センセの「ぐらすとっぷ!」です。

「横山薫」の先輩、店員さん
※左:「横山薫」の先輩、右:店員さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
前巻にもあったシリーズものほか、繋がってるっぽいのも1話ありました。
詳しくは後述します。
ジャンルとしてはラブコメ
ただし、収録のうち1話だけはバッドエンドなものもあったので注意。
ファンタジー要素な短編もありました。
前ほどではないですが、眼鏡女性は変わらず多く。
また、だいたいのヒロインは立派なバストの持ち主。
たっぷり感あり、目に優しいです。

すっきりとした細線での作画。
濃淡・描き込み具合は丁度良いくらい。
デジタルで綺麗に仕上がっていました。
コマ割りはやや細かく、よく重なるのが特徴。
原稿具合は賑やかです。
収録は15から17年。
安定感はありましたが、絵の表現がもう一歩、二歩という印象です。
粗探しをしているつもりはないのですが、特に前半2話はそんな感じで残念。
人物絵は個性が安定して慣れてきており、なかなかいい感じ。
幅広な輪郭はやや縦長気味、各顔パーツは小さめなバランス。
まだ硬さを感じるものの、よく仕上がっていたと思います
表現はやや大きく派手め。
それが引っかかるところもあり…自然にすっと見えるようになれば、また次の扉が開きそうでした。
判断については、紹介帯裏のカット絵がいいでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「Being late」 カラー原稿あり
カラー原稿から始まる、教師・生徒のカップル話。
なお、女性「由里」ちゃんが生徒で。
色々事情があるらしく、彼「マサ」のアパートに入り浸っているのでした。
前半はバス内のイチャイチャなのですが。
彼を知るほか女生徒と鉢合わせたくだりでは、「由里ちゃん」のアソコに指入ったままな筈なのですが…あれ左右変ですよね。
まさか、彼女らの目前で左右の手を入れ替えていたりして(笑)
他が悪くなかっただけ、その部分が実に残念でした。

生徒「由里」
※生徒「由里」

031:「オモイコミ女×ナガサレ男」
中華料理店の看板女性「鈴」と常連客「光太郎」のえっち。
冒頭にて、転んだ彼女を受け止めた際に、胸を触ってしまうシーンがあるのですが。
うーん、あのタイミングでは間に合わないと思います。
お茶零れてないのは、何気に凄いですね。
その後のドジっ娘描写は可愛らしいですが、お急須が脳天に直撃していて。
熱いもそうですが、相当に痛いだろうと思いました。
倒れた時は咄嗟に受け止めようとしていた「光太郎くん」の反応もなんだか不自然
もっと心配してあげて。
えっち切っ掛けはタイトルな通りで会話からだったので、あのくだりはまるまる不要だと思います。
なお、「鈴ちゃん」はミニスカなチャイナドレス。
思ってたよりずーっと大きいんですね」のコマが好き。

055:「オカズのトナリ」
隣の人妻「高城美沙」とのえっち話。
通常、隣に色っぽい人妻がいれば、気になっているのは男性「吉住」くんなのですが。
こちらの場合、どうにかしてやろうと考えていたのは人妻「美沙さん」でした。
ご無沙汰とはいえ、かなりガツガツしており。
時間かかりつつも、彼を誘導していました。
実際にこうした人もいるのかなぁ。
台詞によると、息子もいるのに。
二人目できちゃうかも…
じゃーないだろ。

073:「憑イてますネ」
女子校の後輩「横山薫」からストーカーのように付きまとわれていた主人公。
言い寄る彼女に対し、”ノーマルなのでその趣味はない”、と拒否していたところ。
驚くべき事実を知るのでした。
タイトルとは違い、特にオカルト色はありません
主人公の先輩さんは、硬い物言いの可愛らしい人。
せっかく黒タイツだったのに、あっさり脱がされてしまうのは残念でした。
オチあんな感じでしたが、ひょっとしてまだ続くのかしら。

097:「ゲームセンターの女。」
置いてある格闘ゲームのキャラ、通称「森さん」が好きで。
ゲームセンターの常連であった主人公。
しかし、改装のお知らせがあったため、残してもらえるよう店員さんへ聞きに向かったのでした。
前話とちがい、こっちのがオカルトちっくです。
まぅ、オカルトというより、ファンタジーと言ったほうが分かり良いか。
店の眼鏡女性とは即えっち。
彼の好きな格闘ゲームは某ファンタジー格闘ゲームで。
オチもそんなネタとなっていました。

117:「や〇しい旦那さま」
こちらは和風ファンタジーか。
風景は江戸とか時代劇風で、ヒロイン「シズク」は角の生えた女性。
角は額部分に小さく2つあり、尖った耳で褐色肌という以外はほぼ普通でした。
旦那さまと彼に仕える「シズクちゃん」のお話。
なるほど、タイトルはどっちの意味にでもなるのか。
巨乳揃いな単行本で、貴重な貧乳ヒロイン。
初回はオチに驚きましたが。
ぱっと見ると、普通なのですが…2周目にてじっくり読むと、前半からなんとなーくその正体・実態が透けてみえます。
裏表紙はその後の運命かと思います(そのため、読む前には見ない方が良いでしょう)が、できれば「シズクちゃん」には幸せになってほしいものです。

139:「姉弟だから no count!」
姉弟のラブラブえっち。
ノーカンにはならないと思いますが、いちおう義姉なのでOKか。
旦那を疑った義姉「真希」は、酔っぱらったまま「達巳」のアパートまでやってきたのでした。
あの甘える感じはアルコールでより強調されてるのかな。
コレがお話の流れでも巧く利用されており。
スムーズにメインのお風呂えっちとなっていました。
一石二鳥~というソレに、いままで難色を示していた「真希くん」があっさり従うのが可笑しい。
いいおっぱいでした。
なお、「真希さん」は眼鏡っ娘(…娘?)です。

義姉「真希」、教師「倉須愛」
※左:義姉「真希」、右:教師「倉須愛」

169:「とある教淫の成長記録」
理想をもって教師となった「倉須愛」
しかし、現実はなかなか厳しく、保健医の先輩「麻紀」に相談したのですが。
回答は斜め上のようなもので、また目前で生徒「高見裕貴」とイチャイチャし始めてしまったのでした。
前巻「メガネの処方箋」に続いて登場の「「倉須先生」です。
「裕貴くん」が「「倉須先生」の印象で上げたのは、①地味②眼鏡③おっぱいとのこと。
そうしたAVみたい。
立ち姿では巨乳が目立ち、野暮ったいジャージがかなりエロく見えました。
あれは…なんとなく気にしてる男子多いのでは。
目前で普通にえっち始める「麻紀さん」も相当にはっちゃけた人物。
あんなんに相談したのが失敗ですね。
ただ、処女であってもなくても説得力はさして変わらないと思いますよ。

189:「はんそくの女教師」
収録のうち8ページと、やや短め。
女教師のはっちゃけ授業という感じ。
特に関連するような名前・事柄などはないのですが…。
眼鏡の女教師で、髪型もごく近く。
前話「とある教淫の成長記録」の「倉須先生」後日談みたいな印象
(※ちなみに、原稿時期はこちらが2年ほど前でしたが)
むちむちな衣装で指名した生徒にエロいこと仕掛けるみたいに感じです。
非常に良いですが…授業全然進まないと思う。
↓表紙はこちらの先生かな。

 【 その他 】

以上、本日は「ばーるん」センセでした。
ブログでは「むすめがね」、「メガネの処方箋」という2冊を紹介しています。
今回タイトルですが。
軽く調べてみましたが、いまいちコレというのが見当たらなかったものの。
”グラス”は眼鏡の意味もあるので、そっち関係?
なんらかメーカーとかあるのかな。
人妻「美沙さん」のオチがあーで楽しかったです。
お好きなんだなぁ、と




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー 格闘ゲーム

■熟花の告白 ~オンナたちの都市伝説~ (大見武士)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [一般] 投稿モノ、人妻
・構成 : カラー(4P)、8話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがきマムガ、カバー裏にあとがきマムガ・つづき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大見武士(おおみ・たけし)」センセの「熟花の告白 ~オンナたちの都市伝説~」です。

変わった性癖ガールズ
※変わった性癖ガールズ

 【 構成・絵柄 】

いわゆる体験投稿モノな作品集。
好評だったらしく、前巻「淑女のひめごと ~オンナたちの都市伝説~」と同様に、”体験を語る女性らを集めて、順に喋ってもらう”という形式になっています。
やはりリイド社の編集者が聞き手として登場。
部屋に集められた他女性らが1人づつ語りだし、途中ではそれぞれのリアクションも見れます。
そのため、短編形式ではあるものの漫画世界では繋がっていて
収録8話のうち、4話づつ2本での構成になっています。
あくまでも漫画上の演出なのだとは思いますが。
もし、実際にそうした形式で行われていたら…聞き手のリイド社・編集者さんは役得ですねー。
編集者希望の人増えるかも。
今回はキッチリ1人1エピソードで、8名の人妻が登場。
2話続けての方はおりません。
「そう言えば…」みたいに、他のエピソードを受けてまた喋る~みたいな事あっても臨場感あって面白いかと思いました。

しなやかな細線での作画。
デジタルな色彩で、ふんわりとした中間色な濃淡です。
描き込みはやや細かめで、ちょうど良いくらい。
お話もあってか、コマ割りは中小で細かめ。
若干はみ出す部分もありましたが、収まりは良く。
だいたい枠間は確保されて、すっきり見易い仕上がりになっています。
しっかり鼻・口が描かれた人物絵は、漫画っぽくもアダルトな雰囲気
横顔が特徴的ですね。
つるりとして触り心地良さそうな肌具合です。
背景や小物もしっかりとしており、こうした漫画の空気感を支援していました。
漫画もお上手でテンポ良く読み進められると思います。
判断については↓表紙で問題ないですが…もうちょっと漫画寄りに考えていただければ。

 【 収録話 】 8話収録

001:Confession01 「高田槙子」さん(39歳)の場合
023:Confession02 「笹原春海」さん(36歳)の場合
043:Confession03 「真鍋杏里」さん(29歳)の場合
063:Confession04 「榎本瞳」さん(36歳)の場合

こちらは”浮気体験”をテーマに語るなグループ。
後半グループでの導入部にて、前巻「淑女のひめごと ~オンナたちの都市伝説~」のくくりが語られたりしており。
正確には、これが2巻目と言ってもいいかもしれません
特にそれ以外には繋がり描写なく、初見でもまったく問題ないのですが。

笹原春海、真鍋杏里
※左:笹原春海、右:真鍋杏里

1話目はベリーショートで巨乳の「高田槙子さん」
カラーページは見開きタイトルと、オープニング、彼女の語り出しで1ページづつ。
上京してきた友人の息子を喰っちゃうお話。
常識のブレーキは強かったですから…
そう言う彼女の切っ掛けが凄い。
生々しいリアルさあって…なんだか引く(笑)
肉食系ですね。
2話目は「笹原春海さん」は仲の良いお隣の息子さんと。
男性から手を出されるのが切っ掛けで、こっちのがスタンダード。
まぁ、お誘いと言うか、お手付き待ちみたいな感じですね。
あれでギリギリに拒否するのは酷いぞ
間際で押しとどまる彼はこれまた漫画でなく、リアルに感じました。

3話目はこの中では最年少の「真鍋杏里さん」
片目隠れる髪型がため、収録でのお気に入りです。
住人の9割が社員の家族、という団地が舞台。
ううむ、それ聞いただけでげんなりしますねー。
前半で語られる独自ルールみたいなのはちらほら耳にすることあります。
メインのあれは、やや漫画ちっくかなぁ。
ただ、オチでの一言は好き。
彼女と男女で3名の複数えっちとなっていました。
旦那は…もうひと頑張りしなさいよ。
4話目は「榎本瞳さん」
家庭を大事にする夫に2人の子供、穏やかな義両親…。
そうした、理想的な家庭にありながら、内心はドロドロしていくという。
仕事に家庭にと頑張る旦那さんらを奈落へ突き落すようなエピソードですね(笑)
ただ、前話同様にそれを告げていなかった訳でもなく。
そうしたものを理解する度量が必要って事なんでしょうか。
そんな彼女が頼ったのが、女性用性感マッサージ店。
プロだという男性がいちいちツボを得ているのが、なんだか憎らしいです。
オチのコマが秀逸。

083:Confession05 「黒川未来」さん(31歳)の場合
103:Confession06 「福島サチコ」さん(27歳)の場合
123:Confession07 「国分まひろ」さん(27歳)の場合
143:Confession08 「釘崎千夏」さん(26歳)の場合

こちらは”変わった性癖”というグループ。
今回単行本のメイン(個人的に)ですね。
漫画ネタがためか、前回グループより年齢層がひと回り下がっているのが特徴です。

5話目にあたる「黒川未来さん」は元漫画家。
順調な仕事とは裏腹に現実の人間関係はトラブル続きで、彼氏にも3連続で振られていた彼女。
そのストレス解消がネット露出なのでした。
彼女のメインは年下のアシスタントに告白されたことなのですが。
受けた「未来さん」の反応が楽しい
ただ、そうした反応だった彼女の変化が楽しい、漫画として最高なエピソードとなっています。
やっぱり押しですねー。
合間にちらほらあった編集さんのツッコミが楽しい。
6話目「福島サチコ」さんは他人との彼氏にえっちを見せる、というモノ。
スワッピングの変形というか、一方的な感じ。
漫画内では三者性愛、トロイリズムとか表現されていました。
検索すると引っ掛かりますね、なるほど。
相性バッチリという彼でしたが、”えっちだけは絶対的に合わない”という2人。
その歪みの原因が~という流れ。
その時々の相手はどーでもよくて
とのことでした。
オチが楽しい。

黒川未来、釘崎千夏
※左:黒川未来、右:釘崎千夏

7話目は小さい男性が好きでたまらない、という「国分まひろさん」
彼女自身は180cmという高身長なので、ある程度探せば見つかりそうな感じ。
実際、彼女は合コンなどを渡り歩き、積極的に活動していました。
たた、えっちを見る限り単に身長差というだけではなく。
その際、ちょっとSちっくなプレイとなってしまうのがポイント。
なるほど、簡単にはいかないですね。
こちらは会社の先輩から告白されるのが切っ掛け。
身長差は20cmと好みど真ん中で相性は良かったんですが…やはりえっちが問題。
関係を壊さないようそれを我慢していたのが、気付かれるという流れ。
まぁ…いきなりアレは男性側しんどいか
性癖合致する人も居そうだとは思うんですけどね。
ラスト8話目は「釘崎千夏さん」は男性の体臭好き。
ちょっと病的なので、目前にしたら引くかも。
洗濯どうするんだろう。
そんな彼女が、仕事で狭い部屋にて男性と2人きりになってしまうのが切っ掛け。
男性側もコンプレックスに感じていた事のようなので、これは万事巧く運んだ印象
良かったねぇ。
ただ、「千夏さん」のはじけっぷりはなかなかのモノでした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は毎度お馴染み「大見武士」センセでした。
投稿モノはこれで7冊目でしょうか。
すっかり投稿系漫画家さんという感じですね。
今回の単行本ですが…なぜかアマゾンに登録がありません。
性癖、の方がチェックされてたのかなぁ…。
あるいは、たまたまか。
いつもの「あとがきまムが」で荒れていたセンセがちょっと心配です。


熟花の告白 ~オンナたちの都市伝説~ 熟花の告白 ~オンナたちの都市伝説~ (SPコミックス(MEN'S GOLD))
                  (2017/2/9)
                  大見武士
                  ※アマゾン登録なし




★大見武士センセの漫画紹介記事  すべて一般系

淑女のひめごと ~オンナたちの都市伝説~
 ”えっち体験投稿”な作品集。語り手が集合して喋り合う描写が斬新です。
ぼくらのふしだら
 いつもと違う陰鬱としたストーリー。えっちサスペンスな長編です。
世にもHな都市伝説
 こちらも、いわゆる”えっち体験投稿”な作品集。5冊目。
ハル姉が僕に××する理由
 和風なファンタジーもの。恥ずかしがり屋な「ハル姉さん」がポイント。
ハルコさんの新妻レシピ
 アダルトグッズ好きな奥様との長編。1巻完結です。
いんデレお姉さん
 えっち体験投稿の漫画化4作目。なかなか手に入りにくくなっているようです。
三ツ星お姉さん
 えっち体験投稿の漫画化3作目。
月刊哀川編集長 1巻
 敏腕・編集長「哀川さん」とのラブコメ長編。
完熟ダイアリー
 えっち体験投稿の漫画化2作目。
完熟マインド
 えっち体験投稿の漫画化1作目。
ろーまじ Lotion Magic ~我が征くはぬめりの大海~
 ローション漫画3冊目。多少連続性あります。
ろーてく Lotion Technique ~輝くぬめりの宇宙へ~
 ローション漫画2冊目。こちらは長編。
ろーぷれ Lotion play ~ぬめりの中の小宇宙~
 ローション漫画1冊目。アパートに住む様々なカップルを描く。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : スワッピング

■間くんは選べない (板倉梓)

★まんがデーター  [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、二股、サラリーマン
・構成 : 5話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「板倉梓(いたくら・あずさ)」センセの「間くんは選べない 1巻」です。

「間くんは選べない」ヒロインズ
※「間くんは選べない」ヒロインズ

 【 構成・絵柄 】

2感以降へ続く長編。
まさにタイトル・↓表紙通りという、連続ストーリーになっています。
ジャンルとしてはラブコメ
そんな雰囲気で描かれていて、楽しく読み進められるものですが。
決して楽観できる事態ではなく、それなりのシリアスさがありました。
お話としては概ねこうしたもののスタンダード。
主人公たる男性の心理描写は細かくお上手で、読むに楽しめることと思います。
ちなみに、どうしてもある程度はネタバレてしまうと思うので。
わくわく新鮮に見たい未読な方は、↓この先に進まない方が良いと思います

やや強めのサラリとした線での作画。
白比率が高く、濃淡もスッキリ目です。
描き込みも同様ですが、特に不足感はありません。
コマ割りは基本的で変化少なく、収まり良く。
枠間も確保され、サッパリとした見易い原稿でした。
人物絵は細身で鼻まわりが特徴的。
平たく漫画ちっくですが、味のある素朴なものです。
表情や動きにも違和感はなく、癖はあるものの嫌味さなく。
万人に好まれる絵柄だと思います。
カラーとなってもほぼ変化はないため、判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。

 【 収録話 】 5話収録

ごく普通の26歳サラリーマンな「間和真(はざま・かずま)」
いままで彼女はなく、童貞な彼でしたが。
取引先の美女「里見あんり」に恋していた彼は、2人で食事した帰りにLINEで告白。
文書は即既読となったものの、返事は次の日となってもなく。
また、仕事で会った際も普段と変わるらず、振られたと考えていました。
同じ頃、電車で絡まれていたところを助けた女子校生「野々宮鏡香」
その場では素っ気ない態度だったものの、喫茶店でバイトをしていた彼女と偶然再会。
「鏡香」からのアプローチでLINEで交流するようになっていたところ、彼女から告白され。
付き合うこととなったんですが…その後、「あんり」からも連絡があり。
”ちゃんと考えた結果”としてOKの返事をもらったのでした。
こうして生まれてから彼女ゼロだった「間」は、瞬時に二股状態となってしまったのです。
すぐどちらかにフラれるはず
そう考え、2人との交際を始めたのですが~と、だいたいそうしたお話。

野々宮鏡香
※野々宮鏡香

あらすじ長くなってすみません。 
だいたい2話前半あたりまでの内容となっています。
よくあるWヒロインなラブコメ長編。
とりあえずセオリーな雰囲気で進行していくのですが。
収録の後半では、ぶっちゃけタイトルとは真逆な展開に…。
結構驚きました
今後どうなってしまうのか、2巻以降にて真価が発揮されるかもしれません。
感覚的には、2、3巻くらいまでかなーって思いましたが、どうだろう。

なお、とりあえず1巻時点ではヒロイン同士に面識なく。
三角関係にはなっていません。
そのあたりがポイントかな。
Wヒロインの間で右往左往~という感じでしたよー。

そんな訳で1話目。
冒頭は取引先の「あんりさん」との飲み場面から。
2人きりで距離も近く、なかなかイイ感じ。
社内よりはいいですが、取引先というのも何かと気を遣うもの。
どういった経緯でこーなっているのか不明ですが、「間くん」頑張ったのかな。
ちゃっかりLINEも交換していたりして。
なんとなくですが…言い出しっぺは彼女で、それがため告白しようとまで考えたのかと想像しましたが。
どうでしょうか。
(※ちなみに、その後の発言で「あんりさん」は特に彼氏という気はなかったようで。単に仕事仲間として誘われただけでしたよ、「間くん」)
また、告白するなら店先ではなく(そもそもあんな店では止めた方がいいと思うけど)、駅まで送る際のがいいと思うけどなぁ。

なお、もう1人のヒロイン「鏡香ちゃん」と出会うのは、この帰り電車にて。
「間くん」はちょうどLINE告白の返事なく、今後どうしようかと落ち込んでいたところで。
雰囲気とは意外なああした行動に出れたのは、そうしたモヤモヤとした心理状態がためかな。
ただ、この場ではクールな彼女に、追い打ちかけられてしまうんですけどね(笑)
交流は次の日。
飲みに誘った友人「広田」くんに拒否られたのが幸い。
偶然入った喫茶店にて、バイトをしていた「鏡香ちゃん」と再会。
先とはまったく異なる雰囲気・態度でより可愛い。
LINEでのやり取りが始まるのでした。
即レスは…単純に嬉しいものですよね
なお、そうして積極性ある娘で、告白は「鏡香ちゃん」から。
まぁ、年齢差とかなんとかで、「間くん」からは難しいですよねー。
(※本編台詞にもあるように、そもそもよく知らない間柄)

拒否する理由もなく、OKして付き合うこととなったのですが。
ちょうど、その後に実は熟考していた「あんりさん」から返事が届いてしまうのでした。
2話目は前話オチ直後から。
LINEにて返事と同時に、「あんりさん」からも電話が。
「間くん」は見習うように。
ああしたことは面と向かって、あるいは直接電話で伝えてください
憧れていた相手からの待望な返事なのですが。
タッチの差ではあったものの、いちおうこの時点では「鏡香ちゃん」と付き合っている状態。
順を追って説明しても…確かに難しいかなー。
こちらのメインは「あんりさん」との初デートまで。
ウキウキ楽しい、充実した日常を過ごす「間くん」が見れます。
何はなくとも、そうしたもんですよねー。
うん、気持ちよく分かりますよ、ええ。

3話目はデート話。
テキパキとしていつつも、可愛らしい「あんりさん」が素敵。
しかも、バスト大きいのです。
いいなぁ。
関係こーなる前から2人の会話は弾んでおり。
また、「間くん」も途中からはリラックスして喋れるようになったので、非常に良い雰囲気
去り際も1回目はあれで十分だと思いました。
ただし、良い事ばかりでないのは、こうした漫画のお約束です。
いちおう「あんりさん」も気を遣ってくれていましたけどね。
ああしたタイミングで声を掛けて来る男はどうかと思いますが。
宣戦布告ならば理解できるんですが、やっぱり揉めるのかなぁ。

里見あんり
※里見あんり

さて、「鏡香ちゃん」とのデートはその翌日。
その前に、彼女からLINEが入るのですが。
即電話し、素直に喋ったのは正解でしょう。
ここから続く4話まで、あまり出番なかった「鏡香ちゃん」がどんな娘なのか。
たっぷり見ることができます。
気さくな「あんりさん」と違って、ややとっつき辛い娘のようですが。
初々しく、可愛らしいです。
たまにギコちないものの、「間くん」はトークスキルあるらしく。
巧い事彼女を喋らせ、自然に受け手をこなしていました。
帰りの電車内がいい感じ。
くー、羨ましいなぁ、もう。

なお、描かれているセンセは女性のようですが。
実に見事なまでに、ああした男性の心理を描かれていました
きっと、思い当たるフシある方多いのではないでしょうか。

さて、お話がぐっと動き出すのは4話後半から。
前述しましたが、ちょっと驚き。
こうしたややこしい事になっていなければ、ヘタすればトントン拍子に関係は深まっていったかもしれませんねー。
漫画ですわね。
ただ、あーなったのならば、5話冒頭のやり取り前に彼女と決着をつけるべきだったと思います。
正直に話せば、分かってもらえたのでは?
……どうしよう
…じゃあないでしょ。
続きどうなってしまうのか、8月頃発売の2巻を待ちましょう。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「板倉梓」センセでした。
たぶん、今回が初見だと思います。
ふと書店で見て…なんとなく引っかけられたのです。
分かり易いタイトルと紹介帯の効果ですね。
ほぼ想像通りで、楽しめました。
ちょうどこうしたラブコメものが読みたかったんですよ
勝手に2人だと思ってますが。
さらにヒロイン増えたりしてややこしくなっても楽しそう。
個人的にきヒロイン同士のバトルを期待します。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ サラリーマン

■女教師に告ぐ (木静謙ニ)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] 巨乳、教師、人妻
・構成 : フルカラー(112P)、19話収録(うち「女教師に告ぐ」×4)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木静謙ニ(きしずか・けんじ)」センセの「女教師に告ぐ」です。

新妻「綾さん」、コーチ「谷山瑠衣さん」
※左:新妻「綾さん」、右:コーチ「谷山瑠衣さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
表題のシリーズもありますが、特に関連性はありません。
詳しくは後述しますね。
いわゆるフルカラー、オールカラーな単行本。
ちょっと厚みのある良い紙質で、通常単行本より重め。
金額は通常の成年系よりやや高いものの、総ページ数は112と薄く。
単純に1話あたりの単価は白黒単行本より高くなっています。
こうしたもののセオリーで、1話あたりのページ数は4~6ページと、ショートものの単行本でした。
(※8ページのもあります)
漫画と登場ヒロインのイラスト1枚というのが基本構成。
(※冒頭2話のヒロインイラストは、中扉ともくじ絵です)
たいがい即えっち系。
短いながらも、ストーリーは良いものも多く。
読み応え、まで要求されると厳しいですが、かなり頑張っていたと思います

濃い目な線・色彩での作画。
描き込みはちょうど良くらい。
枠間確保されたコマ割りですが、ぶち抜き・はみ出しは多く。
原稿は賑やかな仕上がりです。
彩色原稿なため、見易さは問題ありません
紹介文によると、「8年間に渡り描き続けた」とのことでしたが。
若干差はあるものの、もともとお上手な方で違和感なく。
いわゆるイラスト集な空気ではなく、しっかり漫画していました。
↓表紙・裏表紙のような、やや劇画色もあるリアルな人物画。
そうした感がため、アダルトな魅力の年上なヒロインがよくお似合いです。
むちむちとしたスタイルで楽しめました。

 【 収録話 】 19話収録

003:「女教師に告ぐ①体育教師皆川緑」 4
007:「女教師に告ぐ②数学教師南里遥」 6
015:「女教師に告ぐ③英語教師エミリー」 6
021:「女教師に告ぐ④美術教師麻生麗子」 6
いちおう表題作の「女教師に告ぐ」シリーズ。
各話に繋がりなく、”女教師”というテーマが同じだけ。
特にゲスト出演とか、世界観が同じとかの仕掛けはありませんでした。
あるいは、合流話みたいなのがもう1話あれば、もう少し世界観広がったんですが…。
ちょっと残念。

1話目「皆川緑さん」は体育教師ということで、ジャージ姿。
正体不明なマスク姿男性(おそらく生徒だという認識)から複数プレイを受けておりました。
冒頭からドえろいですね。
ちょっとサスペンスな要素もあり、数話中編でも良さそうでした。
2話目「南里遥さん」は特に数学は関係なく。
生徒「戸松」くんとの拒み切れないえっち関係が描かれた、教師ものスタンダードな内容です。
定番ですが、イイよね。
3話目は英語教師ということで、「エミリーさん」は外国人。
ちらほら英語がちりばめられていましたが…金髪にした方がもっとソレらしくなったのではないかなぁ。
オチが楽しい。
4話目の「麻生麗子さん」は美術講師ということで、ヌードデッサンです。
1コマ差し込まれていた着衣絵がエロくて好き。
あのバストは…授業にて気が散りそう。
※ちなみに、タイトル後の数字は漫画ページ数です。

体育教師「皆川緑」、英語教師「エミリー」
※左:体育教師「皆川緑」、右:英語教師「エミリー」

029:「てれウサ」 4
033:「フライト・プラン」 4
039:「Swimming class」 4
3話づつ区切りますね。
「てれウサ」はバニーコスプレをさせられた「笙子(しょうこ)」さん。
”普段は真面目でお堅い~”というコマの彼女とのギャップ具合が好き。
「フライト・プラン」はセオリーな、航空会社の特別サービスな漫画ですね。 
「Swimming class」は生徒とのシャワー室えっち。
どうせならば、もう少し競泳水着姿を堪能したかったんですがね。

043:「Singing&Dancing」 4
049:「ため息をつくと」 4
053:「嫁はつらいよ?」 6
「Singing&Dancing」は”歌姫”という「未玖」さんとマネージャーのえっち。
日本人離れしたセクシーさが売り、とのことで、突発えっちを受けるのも役目だそうでした。
あっさりスクープされそうね。
定番ですがオチが楽しい。
「ため息をつくと」はオフィス話で、個人的なお気に入り。
残業をする先輩のもとへ駆けつけた「川澄」さん。
わたし……が、さしいれじゃ、ダメですか?
とのことで、えっち発展しています。
あのぅ、より帰りが遅くなっちゃうと思うんですがね…。
最終ページのやり取りが甘く、一般系えっち漫画にありそうな感じでした。
「嫁はつらいよ?」は性欲強い古賀家に嫁いだ「綾」さんが、お祖父ちゃんの相手をするというもの。
ありえなくない…!?
とか文句を言いつつ、仕方なくえっちする「綾さん」が魅力的です
オチも定番ですが秀逸。
個人的には収録で最も好きな短編でした。
再構成して、連続話でぜひ見たいですね
なんのかんのと周辺男性らとえっちしちゃう「綾さん」、みたいな感じで。

064:「PINK★VACATION」 4
065:「Sexy dance」 4
071:「魅惑の実験室」 4
アロマオイルのマッサージからえっち発展する「PINK★VACATION」
漫画というより、AVモノでの定番ですかね。
ダンス教室のコーチ「谷山瑠衣」さんが複数えっちされる「Sexy dance」
ポニーテールの「瑠衣さん」が可愛い。
あまり無理やり感ないのもいいですね。
(ページ数の関係か、あっさり承諾してましたが)
ある意味男性らの願望みたいな作品だと思います。
いわゆる発明好きな女性「知恵」さんとの「魅惑の実験室」
おそらく、こちらの「知恵さん」が裏表紙担当だと思います。
怪しげな薬の副作用でえっちに流れていました。
普通っぽい下着がなんだか意外な気も。
実は収録でガッチリ眼鏡なヒロインは彼女のみです。

075:「需要と供給~Outsourcing of love~」 6
083:「恋色フィットネス」 4
103:「紗綾さんはことわれない」 8
「需要と供給」は会長からの命令で、元秘書で後妻という「麻子」さんとえっちするというもの。
シチュエーションがエロく、お決まりな台詞もあり、短いながらもよくまとまった1話でした。
先の「知恵さん」とは違い、ゴージャス感ある下着がいい感じ
「恋色フィットネス」は競泳水着がキツくなったという「里奈」さん。
先の「Swimming class」で見れなかった水着姿が堪能できるんですが…もう少し今風のデザインのが良かったなぁ。
「紗綾さんはことわれない」は収録で唯一の8ページ漫画。
甥「幸雄」の家庭教師を請け負った「紗綾」
ひょんな切っ掛けから、関係が続いてしまっているという2人です。
ちらと見えた「紗綾さん」の幅広なモッサリとした下着が逆にエロい
しかし、勉強進まなそうね…。

後妻「麻子さん」
※後妻「麻子さん」

087:「IDOL」 6
095:「Anemone」 4
099:「となりの瞳子さん」 4
これら3話は、出版社さんがあちこち異なるもののようです。
「IDOL」は先の歌姫「未玖さん」とは違い、純粋なアイドルだった「桜みさお」さん。
しかし、番組の打ち上げで飲まされて~という、ブラック展開な複数モノ。
アイドル衣装でのプレイが見たかったですが、展開上仕方ないかな。
「Anemone」はいわゆる喪服人妻なエピソード。
義姉「慶子」との定番的なプレイが楽しめます。
と言っても、これも漫画ではなくてAVでのセオリーですわね。
結構好きです。
「となりの瞳子さん」はいわゆる近未来でのお話。
射精が厳密に管理されるうんぬんとのことでしたが、テキスト多くてページ総数的にちと難しいですね。
単にご近所の年下男子とのえっちみたいな印象でした。

 【 その他 】

以上、本日は「木静謙ニ」センセでした。
おそらく未読ではないかと思いますが、ブログではこれが初めて。
今回は…フルカラー単行本だったので、手にしてみました。
濃い目なアダルト絵とオールカラーは相性が良いような気がしていたので。
(※「織田non」センセの印象ですかね)

せっかく複数話で表題にもなっていた「女教師に告ぐ」シリーズに、もうひと、ふた展開あれば読み応えがまったく違ったものになっていたかと思うんですが…。
ちょっと残念でした。
また、ヒロイン3名を並べた↓表紙も派手さあるかもしれませんが、イマイチ。
女教師感も薄いですし。
あれならば裏表紙のがそれっぽく(実際教師ではないのですが)、背景ストーリーも妄想できて良いような気がしました。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : サスペンス ポニーテール

■イロンナ カンケイ (サエモン)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、幼馴染み、学園
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、
      12話収録(うち「カワルカンケイ」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「カワルカンケイ ~after~」、
カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「サエモン」センセの「イロンナ カンケイ」です。

幼馴染み「久住怜奈」、茶道部部長「黒川雪奈」
※左:幼馴染み「久住怜奈」、右:茶道部部長「黒川雪奈」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろしが後日談であり、いちおうそちらが連続モノ。
表題と似たタイトル複数ありますが、特にシリーズとか、同一世界とかではありませんでした。
詳しくは後述しますね。
ジャンルはおおむねラブコメ
コメディー要素は薄く、ラブ度合が高め。
それなりに甘さもありましたが、過ぎるほどではないと思います
お話やプレイには振り切れるようなものなく、また軽々しくもなく。
万人が読み易い仕上がりでしょう。

しっかりとしていて強さもある線。
全体の色づき・濃淡も同様で、濃い目にまとまり。
描き込みも細かさありました。
コマ割りは中コマに小コマがずらりと並ぶような風情。
変化もあり、はみ出しも頻繁です。
先の色彩と共に、コテコテっとした原稿でした。
それでもバランスに優れ、あちこち丁寧さもあり。
特に見辛いとは感じません。
人物絵は縦長気味で鼻の処理に特徴。
清潔感ある、お姉さん絵となっています。
表現は一部コメディーちっくで、派手さもあり。
人によっては気になる方いるかもしれません。
その他は特にマイナス点なく、良好でした
↓表紙・裏表紙のカラー絵はややすっきりしているので。
判断については、紹介帯のカット絵か、「ワニマガジン社」さんのHPがオススメです。

 【 収録話 】 12話収録

001:「カクレタカンケイ」 カラー原稿あり
061:「カワルカンケイ」
121:「カラダノカンケイ」
185:「モドルカンケイ」
205:「カワルカンケイ ~after~」 描き下ろし
今回タイトル「イロンナ カンケイ」の元となっただろう作品群。
言葉そのまま、様々な男女カップルが楽しめます。
なお、似たタイトルばかりですが、連続したものではありません。

1つ目の「カクレタカンケイ」はカラー原稿もある冒頭話。
「成沢」・「宮村」は幼馴染み。
既に彼女から告白されていたものの、奥手で戸惑った「宮村」は部活を理由に返事を延期。
部活引退後の旅行にて、改めて告白されて付き合うこととなったのですが。
どちらも彼女からのアプローチだったのがなんとなく気恥ずかしく、周囲には秘密にしていたのでした。
そのため、隠しているのは「宮村くん」のちっぽけなプライドだけのこと。
まぁ、気にし続けてくれていた友人に言い出し辛いのは分からんでもないですが。
共に旅行までしていた親しい関係なのだから、隠す方が失礼だと思います。
ちゃんと言ってあげなさいよ。
カラー原稿部分は、おそらくその旅行えっち風景。
可愛らしい顔していますが、「成沢さん」は積極的。
あんなイイ娘を焦らさないように。
本編メインは部屋での久しぶりえっちでした。

061:「カワルカンケイ」
205:「カワルカンケイ ~after~」 描き下ろし
身寄りをなくした恩師の娘「西條歩美」を引き取った「悠一」
養子も考えたものの、彼女の要望もあって同居人として共に暮らし続け。
いつしか、学校を卒業する年齢にまでなっていたのでした。
↓表紙はおそらくこちらの「歩美ちゃん」で、描き下ろしもあることから”カンケイシリーズ”でのメインだろう作品です。
それぞれの容姿から察するに、結構な年齢差があるみたい。
まったくの他人が人1人預かるには…審査とかなんとか面倒事があると思います。
(※ネットでざっと調べたところ、養育里親とかになるのかな?)
これが漫画のように異性の場合、また厳しそうですね…。
世間の目もあるだろうし。
いちおう、成長した「歩美ちゃん」を見る限り、キッチリと育てただろうことは間違いありません。
成年漫画がため、ラブラブえっちになっていくのですが。
あるいは、独り立ちできる年齢になった彼女が、”関係を切らさないようにするため”身体を使った、なーんて考えてしまいました。
まぁ、妄想のし過ぎか。
漫画は一緒にお風呂で告白と言う流れです。
こうなる前の2人も、どんなだったのか見たい気がしました。
描き下ろし「after」は6ページの後日談。
晴れてカップルとなった2人のラブラブえっちが見れます。
卒業式に制服で~とか、羨ましいなぁ。

恩師の娘「西條歩美」、生徒「四条あずさ」
※左:恩師の娘「西條歩美」、右:生徒「四条あずさ」

121:「カラダノカンケイ」
交際を続けていた彼女から突然振られてしまった教師「大塚」
ちょうどそんな場面を生徒「四条あずさ」に目撃されてしまい。
なし崩しに、彼女を家に泊めることとなってしまったのでした。
実は”いい所のお嬢様”らしい「四条さん」
男性の弱い部分を目前にしたのが切っ掛けかなー。
しかも、ある程度見知った、大人の男性ですからね。
興味かたがた、ほっとけなくなったのだと思います。
本来であれば、「大塚くん」も職業柄お手付きは絶対NGなのですが。
突然振られた直後でしたから、こちらも仕方ないでしょうね

185:「モドルカンケイ」
世間が卒業式を迎えた頃。
「彰(あきら)」は別れた元カノ「楓」と再会したのでした。
いちおう嫌われたとかトラブルとかでなく。
突然、遠方に引っ越すと告げられ、自然消滅となっていた2人。
彼女の頬に注目。
最中の発言などから察するに、当時の彼女は色々あったんだろうなぁ。
居酒屋前後での、楽しそうな彼女が全てですね。
何にせよ、巧い事いって良かった

023:「友達以上恋人寸前!」
毎回テストの点数で勝負をしていた幼馴染み「久住怜奈」と「滝本」
今回は”何でも言うこと聞く”という条件だったので、本気を出した「滝本」が勝利。
見事、「怜奈」を裸エプロンとしたのでした。
何言ってるのよ、脱ぐわけないでしょ!!
ということで、彼女はスカートは制服のままなのですが。
(※厳密には靴下も穿いている)
かえって、エロいと思います
料理をお願いしていたところ、思わず後ろから…という流れ。
うん、まぁ…分かる分かる。
また「怜奈ちゃん」が結構バスト大きかったですからね。
そのままえっちに発展していました。
そもそもそんな恰好をするということは、ねぇ。
後半がラブラブです。
ラストページのやり取りがまた甘いですね。

041:「黒川さんとの休み時間」
茶道部の部長「黒川雪奈」
同じクラスとなった「白河」は彼女が気になり、徐々に話すうちに打ち解け。
今では、毎日手作りのお弁当を作ってもらえる、カッブルとなったのでした。
「雪奈さん」は落ち着いた物腰の美人さん。
片目隠れる髪型で、収録では最もお気に入りです。
カバー裏はこちらの「雪奈さん」かな。
そちらでは着物でしたが、本編では制服姿。
お昼にて食事後のえっちとなっていました。
既に常習化した後で、展開はスムーズ。
いいなぁ。
「白河くん」も撃墜されていましたが、ラストページのやり取りがやたら可愛いです。

077:「Puppies of LOVE」
小さい頃より、海外からよく遊びに来ていた「マリー」
成長した後に下宿することとなった彼女は、「ゆうじ」にいつもべったりなのでした。
距離が近いのは、外人ヒロインの定番。
漫画は一緒に寝るのが切っ掛けです。
まぁ、スキンシップ過多とはいえ、好意をもっていない訳もなく。
えっち展開はごくスムーズでした。

101:「ストレス発散のススメ」
家も席も隣同士という、幼馴染み「美幸」
いつも彼女にテスト対策をしてもらっていた「晃介」
この日は両親不在だったため、いつものように勉強した後にえっちをお願いしたのでした。
眼鏡姿が知的な「美幸さん」
…1回だけ…だからね…
とか言っていたものの、やはり成年漫画なので。
ガッチリえっちとなっていました。
テストは結局どうだったんだろう。

137:「そんな先輩が好き」
眼鏡・ショートカットな先輩「桂木静流」と「関本」のカップル。
部屋飲みからのえっち発展です。
だいぶリラックスしている「静流さん」
色々都合がいい」とのことで、ノーブラでした。
えろいですね。
普段の白衣姿でのプレイも見たかったなぁ。

先輩「桂木静流」
※先輩「桂木静流」

153:「特等席」
年下の幼馴染み「穂花」
小さい頃から親しく、よく「直樹」の膝の上に乗るのが大好きでしたが。
成長した今もそれは変わらず、日曜になると遊びにやってくるのでした。
私の椅子」とか言われていた「直樹くん」
あーも成長した後だと、色々と大変(笑)
漫画ではおっぱい触るのが切っ掛けなのですが。
ゲームに熱中し、お尻グリグリ動かされたりしたら…ねぇ。
当然好意もあり、えっちについては問題なし。
あるいは、期待されてたかな。

169:「Time Limit」
卒業まであと半年という頃、父親は急に転勤が決定し。
時期が悪いと気遣った父は、近所のおじさんに頼んで居候させてもらうこととなりました。
そこで、久しぶりに再会した年上の幼馴染み「あゆ姉」はすっかり大人の女性になっており。
想いを募らせた「中原京」はそれを察した彼女から、とあるゲームに誘われたのでした。
プレイを10分間我慢したら本番行為、というもの。
まぁ、あれだけでも十分って気もしますけどね。
ずっと寸止めというのも厳しいか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「サエモン」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
…って、最近はまた初の方多いですねー。
「サエモン」センセの単行本は、予めサンプルをチェックしていて、購入は決定していたのですが。
(※ちなみに、サンブルのヒロインはお気に入りの「黒川雪奈さん」なのです)
これが、書店に行ったら売り切れていたのか、どこにも見当たらず。
後日別のところでようやくゲットできた次第です。
セールス好調なのかな。
次は連続モノとか見たいですよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット

■僕は彼女たちの淫らなオモチャ (星憑ネオン)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 女装、M、コメディー、複数
・構成 : 短編×8話収録(うち「可愛くなって、おもちゃになって」×6、
      「間違いの夜に」×2)
・おまけ: カバー裏にあとがき・作品解説、描き下ろし「間違いの夜に/翌朝」、 
      描き下ろし「可愛くなって、おもちゃになって/渚にて」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「星憑ネオン(ほしつき・ねおん)」センセの「僕は彼女たちの淫らなオモチャ」です。

堀切河家・美人三姉妹
※堀切河家・美人三姉妹

 【 構成・絵柄 】

収録はメイン・サブで2本のお話となってます。
表題に近いメイン話は、基本的には1話完結の連続モノ。
毎回相手となるヒロイン(…?)が変わっていくタイプでした。
もう1つは2話のエピソードですが、感覚的にはそれで1本という感じ。
直接の続きモノで、後日談というよりは前話を補完するようなものとなっています。
ジャンルはM、女装といった感じ
男性が弱く、ラブっぽい要素も薄く。
いちおうコメディーちっくな部分もあるんですが、過剰なおふざけ感はありません。
メイン話は”女装した主人公がヒロインらにガッツリいじられる”という、特殊な漫画でした。
その傾きが結構大きかったため、普通の方は合わないと思います
慣れない方が手を出すと、驚くこともあるでしょう。
なお、同時収録のサブ漫画はそちらと比べたら全然ノーマルなものでしたが。

しっかりとした線での作画。
全体の色づき・濃淡具合は適度なくらい。
描き込みも同様でしつこさなく、いい感じ。
コマ割りは大~小まで複雑で、はみ出し・ぶち抜きも頻繁。
結構賑やかな仕上がりでした。
人物絵は縦長で漫画っぽさもある、お姉さん系のキャラ。
極端でないバランスな顔パーツのなか、小さい鼻が特徴。
悪い意味ではなく、のぺっとした感あるものです。
引き絵や小物がややあっさり気味
動きとか表情の動きで癖が強く、人を選ぶこともあるでしょう。
判断については、↓表紙などカラーでもそう変化はないんですが。
やはり裏表紙のカット絵がオススメです。

 【 収録話 】 8話収録

003:「可愛くなって、おもちゃになって」 5話
157:「可愛くなって、おもちゃになって/渚にて」 描き下ろし
1年間海外赴任することとなった両親。
それがため、「小井美貴(いさらい・よしたか)」は母が過去世話になったことのある堀切河(ほっきりがわ)家の厄介になることとなったのです。
読者モデルなどもしている、学校でも評判な美人三姉妹の居る堀切河家。
派手な女住まいの慣れない家で、男1人肩身が狭い思いをしていたところ。
何度か彼女らの着替え中に鉢合わせてしまったため、罰ゲームで双子「環(たまき)」、「円(まどか)」らより女装をさせられてしまったのですが。
その姿は…
お人形さんみたい…
思わず長女「紡(つむぎ)」がそう呟くほどの、美少女となっていたのでした。
長くなりましたが、だいたいそんな感じ。

Mちっくな女装な男子の連続モノ。
一部例外ありましたが、周辺に登場してるのは女性ばかり。
そんな皆と次々えっちにしてしまう、ハーレムっぽい要素もあるんですが…。
「美貴くん」が徹底したM気質なうえ、登場する女性陣は皆強さが前面になる娘ばかりで。
あまり羨ましさありません。
女の子らとえっちして幸せ~、というより、
”その道具に使われ、もて遊ばれてる”
という感じのが圧倒的に強いのでした。

また、彼は最近流行りらしい女装に傾倒していくんですが。
描き下ろしでは、男性がすうーっと引くような事にまで発展しています。
そうした、癖の強い要素らを許容できるかどうか、が鍵ですね。
ぶっちゃけ、ひでるさんは合いませんでした。
せめてフタナリなら、まだ良かったんですが。(←女性要素あるので)

風紀委員長
※風紀委員長

1話目は双子姉妹とのえっち。
着替え中などに遭遇し、ラッキースケベとか言われていましたが。
切っ掛けとなる部分は完全に罰ゲームありきで、彼がどういった扱いだったのか分かります。
まぁ、かしましい女性3名もいれば、立場は自然とあーなるか。
(※そもそも居候という立ち位置ですからね)
女装した当人が「スゴイ美少女がいる~」とかなんとか、後々の展開を想像させる発言をしていました。
髪型の異なる双子は、素晴らしいまでの貧乳で並んだ1枚絵がいい感じ。
なお、参加してないものの、「紡さん」も真横で1人シテいました。

その際の写真が学校掲示板に貼られた事から発展する2話目。
双子とは犬猿の仲という風紀委員長が登場。
その出どころを突き止めた彼女は、2人に会わせて欲しいと懇願するのでした。
わざわざ男性自身を露出させた「美貴くん」と会わせ、「環さん」の嘘からえっち展開に。
委員長もそうした願望ありましたからねー。
普段欲望を抑えていたらしい事もあってか、壊れたような中盤の描写が秀逸
ちょっと怖いよ。
2人は結構相性良いと思います。

読者モデル、という要素ありましたが。
3話目は「紡さん」の撮影風景でのお話。
登場するのは眼鏡のプロデューサー「米都」と、その”ドレイ”という「渚」の2人。
「美貴くん」について聞いていた彼女に、あっさり喰われてしまうのです。
バストは最も大きいのかな。
仕事出来そうな眼鏡の大人な女性で、付き従う和服の「渚」も…ムニャムニャ(いちおう伏せます)
そんな訳で、こちらも複数展開です。
えっちしてる、ではなく”されてる”、しかもかなり好き勝手にされてしまっているため、全く羨ましさありません。
さらに、後半では「美貴くん」の身にトンデモなプレイが襲いかかるのでした。

その影響か…ある程度の慣れが見られる4話目。
いままで味方ゼロな「美貴くん」でしたが、とある理解者の存在が大きいですかね。
2人して学校へ行った際、先の風紀委員長に見られてしまい。
これまたえっち展開になるのでした。
登場時点では硬い印象だった委員長さんなんですが。
もうスッカリ変なキャラです
風紀とかなんとか、まるで関係ありません。

そちらのオチからも続く最終話。
登場人物のうち、まだ直接行為していないキャラが1名いるんですが。
そちらの方がメインとなってます。
勿体ぶっていたものの、別にラブい要素はないんですけどねー。
最終話らしく、途中から双子・委員長も参加し、やはり派手な複数展開となっていました。
描き下ろしはタイトルから分かるように、「渚」とのアレコレ。
もうあのままトコトンまで進むしかないかなー。
まぁ、本人も楽しんでいるようだし、いいのか。

長女「紡」、プロデューサー「米都」・「渚」
※左:長女「紡」、右:プロデューサー「米都」・「渚」

159:「間違いの夜に」
179:「間違いの夜に/翌朝」 描き下ろし
教師・生徒のちょっとしたお話。
解説に”描き下ろしは補完エピソード”と書かれていましたが、確かに本編だけではややモノ寂しさがあり。
セットでのお話ですね。
まさにこれから縁交寸前だった生徒「佐藤」を発見した教師。
しかし、ホテル街をうろついていた事を逆手に取られて脅迫されてしまったのです。
だいたいそうした感じの流れで、オープニングでは既に事後。
実は教師側にも深い事情あり、彼女との行為に至ってしまうのでした。
冷めた言動が目立つ「佐藤さん」
発想元となる曲があるらしく、リアルさある今風なヒロインです。
そんなんでも、後半の言動が優しくていい感じ
描き下ろしはオチ直後の風景なんですが、これ以降の期待が持てる雰囲気でした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「星憑ネオン」センセでした。
↓下に紹介記事を並べております。
毎度お馴染みですね。
センセの単行本なので、特に深く考えもせず手に取りましたが。
今回は…ダメ
もう、見ていてエロス感なく、ただしんどいだけ。
やたら癖強い仕上がりでしたよ。
収録のもう1つ、「間違いの夜に」はいい感じだったんですが…。
↓表紙もタイトルとかガチャガチャしてますね。
パンチ弱いと思います。
そうした所から察するに、メインヒロインは「紡さん」なのかな。

僕は彼女たちの淫らなオモチャ 僕は彼女たちの淫らなオモチャ(MUJIN COMICS)
                  (2015/10/9)
                  星憑ネオン






★「星憑ネオン(さきうらら)」センセの漫画紹介記事  

おねだりパレード
 痴女シリーズ「痴女が恋しちゃダメですか」の続編。
蜜愛フルコース
 一般系り短編集。社会人向けなソフトえっち話。
蜜祭り
 山奥の村での”奇祭”を題材とした、ふんどし姿のヒロインらがポイント。
盲姫~めしいひめ~
 やや重いタイプの近親えっち漫画と、巨乳な従姉妹のエピソードを収録。
嫁まみれ
 痴女シリーズの最新作ほか、別単行本のキャラもちらほら登場しています。
淑女の融点
 通産で10冊目となる単行本。短編集ですね。
ときめき懺悔室
 痴女シリーズの結末「バースデイ」、中編「神さまのいうとおり」を含む単行本。
蒼のセカイと花咲くカラダ
 一時的に発症する特殊能力”コクーン”に翻弄される男女を描いた長編。
王女様キター(゜∀゜)ー!
  ネットで知り合っていた「ローラ」ば王国の姫でした、という中編など。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■学校でイこう! (牡丹もちと)

★まんがデーター [12.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●〇〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] コメディーラブコメ、巨乳
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、10話収録
      (うち「ポンコツシリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、描き下ろし「ポンコツネメシス」、
      カラー原稿描き下ろし「ガッコーの奇々快姦」  

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「牡丹もちと(ぼた・もちと)」センセの「学校でイこう!」です。

波川蓮
※波川蓮

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものと短編群。
描き下ろしも短編となっており、複数短編を繋ぐ集合話です。
ジャンルとしてはコメディー系。
派手ではっちゃけたものでした。
各話のタイトルとか、ご自身の名前などもそうですが。
言葉遊びみたいなのが頻繁です
元ネタを知っていれば、より楽しめることと思います。
これが…個人的にはまったく肌に馴染まない、合わない。
そう極端なマイナス面はないんでけどね。
馬鹿馬鹿しいコメディー漫画という仕上がりなので、そうしたのが好みでないとひでるさん同様に難しいでしょう。

単純に絵的な面ではそう問題ないと思います。
今風なデジタル画で、いかにも「ワニマガジン社」さんの単行本という印象。
ただ…漫画としては微妙でした。
コマの配置・構成がため、ぱっと分かり辛い部分がありました。
表現の大仰さコメディー色強いためだと思いますが。
これが個人的に合わない原因の1つ。
読む気をごっそり削がれてしまうほどでした。
男性陣も悪目立ちすること多く。
とかく強い癖がため、人によっては好き・嫌い分かれるでしょう。
なお、原稿時期はそう離れてなく、安定感はありました。
単純な絵柄では、↓表紙・裏表紙の判断で良いと思います。

 【 収録話 】 11話収録

003:「ガッコーの奇々快姦」 描き下ろしカラー原稿あり
よく学校でふざけていた「守山耕太郎」
彼がそうした馬鹿をやるのは、風紀委員長「喜多山慶子」が構ってくれる、という理由があったのです。
まあ、良くも悪くもなんらかの接点ないと関係始まらないですからね。
だいぶ耳が悪いのか、変な聞き違えをしている「耕太郎くん」
いかにも漫画的で……冒頭話から合いません…。
酷くわざとらし~く、感じてしまうんですよ。
対象とされる読者ではないんだろうなぁ。
委員長「慶子さん」は今回↓表紙をゲットしたヒロイン。
基本的に真面目な娘のようですが、硬すぎる雰囲気はありません。
彼女の台詞を聞き違えてのえっち発展。
もっと早くにこうなってても不思議でない感じでしたよ。
カラー原稿部分が描き下ろし。
本編の後日談えっちとなっていました。

風紀委員長「喜多山慶子」、巫女「佐伯貴子」
※左:風紀委員長「喜多山慶子」、右:巫女「佐伯貴子」

027:「人妻MIDNIGHT」
整備士「鈴木啓」が急遽担当することとなったのは、苦手にしている金持ちの美人人妻「豊川未来」の車でした。
調べていたところ、原因となるモノを発見したんですが…という流れ。
人妻からのお誘いえっち。
エロい女性ですね。
タイトルからの流れで、プレイ最中は車関連のものに置き換えられておりました。

045:「八つ袴村」
神社に1人留守番となっていた、神主の娘「佐伯貴子」
そこに好みなマッチョ男性「山村貞男」が願い事をしにやってきたのです。
巫女服が楽しめる1話。
女性に耐性ないという彼の言動を誤解し、えっち発展しています。
まぁ、お互い相性も良いみたいで、カップルとなれて良かったね、という感じ。
オチが甘いです。

063:「ダ・ヴィチン・コード」
年に1度の展示会を控えた美術部。
しかし、所属する男子3名「春郎(はるお)」、「裁斗(たいと)」、「為一(ためいち)」の3名はロクに準備もせず、いつものようにエロにうつつを抜かしていたのでした。
美術部顧問「萌香」は、そんな3名の無茶な理論に流されてしまうのです。
何でもお願いしてみるもんですね。
教師「萌香さん」はポニーテールで凛々しい女性。
美人ですが、やや敷居が高そうな雰囲気もあり、ああしたベタ褒めは効果的かも
かと言って、ああしてヌードにまでなってくれるというのは、漫画ですね。
飢えた動物みたいな彼らの前で全裸となれば、無論えっち展開のが普通。
複数プレイとなっていました。
オチはあーした感じなのですが、年頃男子な割りに淡泊ですわね。
(※それならば、もっと搾り取られるような表現があった方が良かったのでは)

083:「NANPA!」
ナンパ目的で海へ来ていた「霧氷流太(むひょう・りゅうた)」
うっかり寝て流されていた彼を助けたのは、地元マリンスポーツ代理店の娘「波川蓮(なみかわ・れん)」でした。
そんな訳で、ビキニの日焼け跡眩しいヒロインとのえっち話。
積極的な娘さんですね。
彼とのやり取りをセーフ・アウトで判定しているんですが、どちらにしろ楽しんでいるようでした。
意外に慣れてはいないのかな。
オチはコメディー的でずか、なくても良かったかも。

101:「鉄面探偵ナ淫トスクープ」
探偵事務所所長の娘「楚原藍子」と「麻生田郷太(おうだ・ごうた)」のコンビ話。
金融詐欺の容疑者を調査するため、彼女とは夫婦として隣の部屋に入ったのでした。
優秀な「藍子さん」
やる事ないと言ってましたが、会話での仕事は事務作業みたいなもので。
先輩として、肝心の場面で前に出れば良いのでは。
いままでクールだった彼女が、えっち関係では照れるところが可愛い
後半でもだいぶ可愛らしいところを見せてくれています。
偽装を続けるため、「仕事だ!」として行為に及ぶのが切っ掛け。
別に…あそこまでは仕事でないと思う。

157:「STAR SEX」
地球人を調査にやってききた、ヨクト星人の研究員「ヘミキプタ・マルギナタ」
”かなり性欲の強い個体”
ということで、研究対象として「揚羽鉄男」が選ばれたのでした。
いちおう1人プレイの常習者であれば、記憶のイメージはあると思う。
実際、「ヘミちゃん」に反応した際には、映像出ていましたからね。
ヨクト星人といっても、頭の変な飾りと小さな尻尾以外は普通に女性。
そのため、えっち展開もスムーズに流れていました。

173:「面接官と入射試験」
男性用性器具を開発している企業へ入社面接に来た「千草草太」
企画開発部門部長「本郷玲子」は彼の製品に対する熱いPRに感動し、試作品を試すようお願いするのでした。
無事合格かな。
こうしたもののお約束で、「玲子さん」自らがオカズとなってくれていました。
そう考えると…部長にまでなるにあたって、そうした事が頻繁にあったのかな、とか想像。
いいですねー。
黒パンストをあっさり脱いでしまったのが残念です。

189:「ナースの卸し事」
アルコール中毒専門病棟のナース「五斗蒔愛美(ごとまき・まなみ)」
元同級生な彼女は学生時代と変わらぬ破天荒っぷりで。
まだ未経験な彼には、えっちを餌に中毒を止めさせる方法をとったのでした。
えろいナースですね。
下着も黒でした。
彼については、この作戦は確かに効果的
最終ページが甘いですよ。
学生時代のやり取りが、もうなんらか絡めばまた良かったと思うのですが。

美術部顧問「萌香先生」、探偵事務所「楚原藍子」
※左:美術部顧問「萌香先生」、右:探偵事務所「楚原藍子」

119:「ポンコツバレンタイン」
137:「ポンコツサドンテス」
209:「ポンコツネメシス」 描き下ろし
男女双方から人気を集める、クラスのトップカースト「阿木川恵那」
そんな彼女から、「蛭川敬助」は不可解な嫌がらせを続けられていたのです。
持ち物は日々デコられ続け。
気付くと、地味な彼の全身はキラキラになっていたのでした。
そんなんが「ポンコツバレンタイン」

実は彼にぞっこんで、日々のそれはプレゼントだったんですね。
先に言え(笑)
タイトルそのまま当日はバレンタインで、手作りチョコと共に渡そうとしたのが切っ掛け。
彼は”イジられのプロ”を自称する独特な男性であるため、そのアプローチを曲解するのでした。
そんなんが、逆にえっち展開をスムーズなものに。
ううむ、「恵那さん」は本気で彼が好きなんだねぇ
何が気に入ったんだろう。
屋上えっちとなっていました。
続く「ポンコツサドンテス」は、それから半年後の風景。
ぱっと見冒頭はなんだか分からんと思いますが、気にせず読み進めてください。
保健室えっち。
前回のサブキャラであった「二ツ森勇次」・「坂本美乃」がめでたくカップルとなっていました。
それに触発されての展開。
ただし、いちおうメインは「敬助」・「恵那」の2人です。

その4名が生徒会室に召集される、描き下ろし「ポンコツネメシス」
はてなマークの2コマ目が楽しい
「美乃さん」だけマトもなんですね。
収録の冒頭話「ガッコーの奇々快姦」の風紀委員長「喜多山慶子さん」がゲストとして登場。
なるほど、よく見ると制服同じデザインでしたねー。
こんな複数いる状況で、生徒会長「城ケ根椛(しろがね・もみじ)」と副会長「後山」のえっち展開となるんですが。
なにゆえそう流れるのかは本編にてどうぞ。
前話ともども「悠子」さんがオチ担当となっていました。
彼氏ができる日は来るのか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「牡丹もちと」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
ただ、前述したように、漫画がいまいち合いませんでした。
むぅ…。
ただ、単行本キャラが集合した、描き下ろしは好みな仕上がりでした。
もくじ部分はカラーページなのですが。
成年漫画なのに男性だけで構成されてるのは、すこぶる珍しいと思います。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■トロラヴァ Melty・lover (SAVAN)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、眼鏡、黒下着、むちむち
・構成 : カラー(8P)、12話収録(うち「鳳学園執行部シリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、作品解説、カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「SAVAN(さばん)」センセの「トロラヴァ Melty・lover」です。

鳳学園執行部「鳳京香」
※鳳学園執行部「鳳京香」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つシリーズものがあるほかは短編での構成。
シリーズものはえっち相手がお話ごとに変わってタイプ。
繋がりそこそこあり、連続したストーリーともなっていました。
まぁ、3話で起承転結みたいな感じですかね。
短編は名家のお嬢様にメイド、そして忍者まで、様々なヒロインが登場してます。
既にカップルという関係多く、えっち展開は早め。
比率としてはラブコメ目立ち、そうでないのもちらほら。
ブラック要素は多少あるものの、ドロドロした部分は控えめです。
とりあえず、むちむちとした肉感ある女性らのえっちが堪能できる作りになっていました。
↓表紙からは強いエロスを感じると思いますが、漫画は読み易く仕上がっています。
男女ともなんとなく眼鏡率が高く、好みならばよりいいかもしれません。

そう、↓表紙のカラーは実にいい感じなのですが。
ちょっと雰囲気があり過ぎで、判断には適していません
漫画はもう少し軽め(良い意味で)だと思います。
しっかりとした線で、黒が目立つ濃淡。
描き込みもしっかりあり、丁寧で綺麗な仕上がりでした。
人物画は広い輪郭で黒目勝ちで横長な目のお姉さん系。
可愛い・美人のちょうど中間くらいな感覚。
漫画の最大の売りだと思います。
着衣描写も良いのですが、早く脱いでしまいがち。
フェチ度はいまいち、もう少し…ではないか、と。
また、漫画にてやや分かり辛いところもあります。
ただし、全体では大きなマイナス点はなく。
裏表紙のカット絵が良ければ、手を出すべき単行本でしょう。

 【 収録話 】 12話収録

001:「LOVELY NEIGHBOR」 カラー原稿
日本・ロシアのハーフ女性「クリス」と「賢次」のえっち短編。
8ページでショートではやや長め。
日本の多様なエロコンテンツがため、えっちになったという設定。
ううむ。
エロゲ風えっち、というプレイがメインなのですが。
さして変化なく、もうひとアイデア欲しい気がしました。

009:「ギュってする夜」
告白してOKをもらった「楓」と深い関係にもなったんですが。
普段の彼女はまったく変わらず、「ユウキ」はやや拍子抜けしたのですが…という流れ。
2人はバスケ部なのかな
メインは居残り特訓からの発展。
ふとしたタイミングで女子になってしまう「楓ちゃん」がキュート。
いや、良いお尻でした。
体育用具室のえっちです。
閉じ込められないように注意。

楓ちゃん、鳳学園・理事長さん
※左:楓ちゃん、右:鳳学園・理事長さん

029:「痴立!鳳学園執行部」
049:「わたしのオカズになりなさい」
069:「メスでオトメな女王様」
私立「鳳女子学園」の風紀委員で顧問となった「鳳京香」
別名”鳳学園執行部”は校則違反者にえっちで罰と快楽を与えていたのでした。
赴任した教師「サイトウ」はこの異常な光景に驚きつつ、「京香」の命には逆らえず”教育指導を”行うのでした。

1話目は教師「サイトウくん」が執行の手伝いえっちに加わるというもの。
相手はバレー部・茶道部の百合カップル。
女学園ですからね。
複数プレイになっていました。
えっちで快楽はいいとして、あれが罰になるのかなぁ。
そんな訳で、2話目は「サイトウくん」が理事長に廃止を直訴するというもの。
ここの理事長というのが…眼鏡のエロい女性。
なんと、「京香さん」の母親でした。
裏表紙が彼女かな。
ありゃ、駄目だわ。
イクのを我慢できたら合格
ということで、えっち勝負みたいな展開になっています。
(ただ、合格でも検討レベルなのですが)
むちむちとしたスタイルが素敵。
なお、途中で眼鏡オフになるのですが、ここがポイントです。
3話目は…お待たせしました「京香さん」とのえっち。
↓表紙は無論こちらの「京香さん」です。
詳細はいちおう伏せますが。
ああした女性が実は~というのは成年漫画のセオリーみたいなもんですね。
オチ後の光景が見たいです。
母親と取り合うようになるのでは。

089:「ピュアトラップ」
男性から情熱的にナンパされたところ。
プロポーズだと勘違いしたヒロインは、ホテルへ直行するのでした。
こうした漫画では珍しく太目な男性。
ボブカットでかなりムチムチしたすたいるの女性が可愛い。
なんと、初めてなようでした。
基本男性の視点で、ヒロインの思考はよくわからず。
ぜひ、彼女視点での解答編(?)が見たいです。

109:「さなえサンは発情期」
娘「ミカ」と付き合う「ケン」
しかし、その母「さなえ」は彼をつまみ食いし、1度関係を持っていたのでした。
漫画は2回目えっち。
胸元開き、スカート丈もかなりの短さで。
やっぱりこんなのよくないわ…
とか言ってましたが…どの口が言ってんだ、という感じよ。
黒下着と黒パンストが実にいい感じ。
どちらかというとセンセは脱がすの早めなのですが、こちらでは黒パンストのお尻がしっかり堪能できました。

121:「淫性遺伝子」
母の不倫現場を目撃した「あかね」
単身相手の男性と交渉し、それを止めさせようとしたのです。
成年漫画をよく読まなくとも、どうなるか理解できますわね。
ショートカットで日焼け跡が可愛い「あかねちゃん」
日焼け跡はビキニ水着のようで、遊びによるものかな。
結構際どい面積なようでしたが。
ぱっと見の容姿と違い、黒い下着なんて身に着けていて
親同様、結構えっちな娘なのかなぁ。
「あかねちゃん」の今後が心配です。

137:「アネモネの咲く夜に」
収録では唯一和風な雰囲気の短編です。
(※後に忍者とか出てきますが)
名家「西園寺家」は名ばかりで衰退しており。
その娘「リツコ」は「九条家」に嫁ぐことが決まったのでした。
彼女を娘時代から見守っていた庭師「テツ」
彼女に想いを抱きつつも、身分の違いもあり当然それを心の奥底へ沈めていたのですが…というお話。
さすがにこのページ数では、お嬢様の行動に唐突感がありますね。
よくある”ご主人さまとメイド女性”な漫画の逆パターンで、和風テイストの味付けという感じか。
意外にむちむちとしたスタイルの「リツコさん」がエロい。
オチはあーしたものでしたが、個人的にはその後の困難さだけが見えてしまいます
男性側から持ち掛けるのはどうかと思う。

157:「好き!センパイ大好きッ」
ショートカットが可愛い水泳部キャプテン「しおり」
大会中我慢していた、先輩とのえっちに至ったのでした。
スポーツ少女っぽい容姿ながら、えっちにハマっている彼女。
即えっち…というか、冒頭から真っ最中です。
スクール水着っぽい水着の濡れた濃淡具合がよかったので、できればもうちょっと着た状態でなんらかあって欲しかったなぁ…。

175:「Kiss Me Dear」
幼馴染みながらメイドの「凜」
出張先から戻った名家の御曹司「若」に厳しくあたりつつも、一カ月ぶりの彼に甘えるのでした。
こちらの「凜ちゃん」もショートカットで、かつ男性が眼鏡くんなので。
先の「しおりちゃん」続編かと思いました。
(※髪型は若干違う)
本人の発言で、「凜ちゃん」はメイドのようなのですが。
秘書とか執事っぽい、クラッシックな服装が可愛い。
黒の下着、ガーターベルトがまたよくお似合いです
そんなんに周囲ウロウロされたら…そりゃ、えっちしたくなるわね。
平時キツく当たる彼女が、えっち時にはメロメロになってしまう様を堪能ください。

ピュアトラップのヒロイン、忍者「かなでさん」
※左:ピュアトラップのヒロイン、右:忍者「かなでさん」

191:「月夜で忍妊」
現代に生きる忍者のお話。
子孫断絶の嬉々に瀕していた忍者の一族。
そのため、「かなで」は一族の中でも若い優男との子作りを依頼されたのでした。
よくある現代忍者モノとは違い、単にえっち対決みたいなお話。
眼鏡でグラマラスな「かなでさん」
むちむちしたスタイルが素敵。
当初ポニーテールにしていましたが、前半に髪解いています。
胸元大きく開き、丈の短いエロスな忍者服だったので…あっさり脱いでしまうのが残念。
やっぱりセオリー通りに、捕まってピンチシーンを迎えてほしいところでした。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「SAVAN」センセでした。
こちらが初単行本とのようです。
おめでとうございます!
初なんですね。
作画・お話はしっかりとしていて完成度もあり、そうとは思えない出来栄えでした。
むちむちとしたヒロイン画は好み。
次もぜひ見たいと思います。
前述してきたように、全体的に脱ぐのが早く感じていて。
ぜひ、もう数コマ我慢してほしく思います。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット ポニーテール ボブカット スクール水着

■女主任・岸見栄子 (小武)

★まんがデーター  [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] OL、オフィス、コメディー
・構成 : カラー(8P)、11話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 見栄子&ぷりん設定資料集、合間にイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小武(しゃおうー)」センセの「女主任・岸見栄子 1巻」です。

ヒロイン特集1:主任「岸見栄子」
※ヒロイン特集1:主任「岸見栄子」

 【 構成・絵柄 】

2巻以降に続く長編漫画。
コレという主になるストーリーはなく、基本的には1話完結のタイプです。
一般ながらサービスカットの頻繁なえっち系。
ただし、近いところまではあったものの直接シーンは一度もなかったです。
パンチラとかバストトップは頻繁にありました。
ジャンルとしては、OLさん主役のビジネス話。
普通にえっち行為で契約取る、みたいにはっちゃけた描かれ方となっています。
問題解決な漫画展開ですかね。
多少出世を気にする場面もありましたが、いわゆる熱血サラリーマン風ではなく。
独特の間ある、コメディー漫画という印象でした。

強さとゆるやかさのある線での作画。
滲むような独特の色彩で、白比率もそこそこ。
コマ割りは細かさあるものの、枠間はしっかり確保されております。
独特なタッチは全体的に柔らかな印象でした
カラーでもその雰囲気は変わらず、だいたい↓表紙・裏表紙の感じです。
ゆるりとした輪郭と大きい目、丸い鼻が特徴。
コメディー崩しも多く、普段は漫画っぽく可愛らしいものなのですが。
大コマで描かれるサービスカット部分は、前述した個性ある雰囲気と合って絶妙なエロス感。
直接行為なくても、十分にエロスを堪能できると思います
癖はそれなりの強さがあるので、あちこちで確認するのをオススメ。

 【 収録話 】 11話収録

株式会社竹六の総務部第3課。
課長「椎名」と共に商談に挑む、主任「岸見栄子」のお話です。
1、2話目はカラー原稿。
それぞれ4ページのショート漫画となっていました。
もともとはこんな感じで連載していく計画だったのかな
1話目は契約破棄を言われた課長「椎名」が、「見栄子さん」を使って意思を変えさせるというもの。
命じられてあっさり脱いでる「見栄子さん」が凄い。
オチでの台詞を見る限り、完全に納得しての行動ではないようなのですが。
そちらのオチで言われていたそのまま、主任となった「見栄子さん」
会長へ挨拶に行くのが2話目。
…社内でもヤル事変わらないのか……。
ほか同性から嫌われてそうですね。

3話目からが白黒原稿。
だいたい16から20ページという構成になっています。
巨乳な同僚「石川ぷりん」が初登場。
彼女とは同じ課でもあり、仲は良いようです。
ターゲットは巨乳好きだという、角川物産の部長。
1話目もそうでしたが、課長「椎名くん」は取引先のそんなんばっかり調べてるのかな。
(※確かに、ある意味取引では絶大な効果もありそうですが)
そんな相手がため、自らの貧乳っぷりに悩む「見栄子さん」
確かに大きくはないでしょうけど、貧乳ってほどでもないのでは。
いちおうブラでちゃんと谷間できてましたからね。
こちらは「ぷりんちゃん」のアドバイスもあり、契約に至るという流れでした。
おっぱいは偉大だ

ヒロイン特集2:お尻の大きい「見栄子さん」
※ヒロイン特集2:お尻の大きい「見栄子さん」

眼鏡を題材とした4話目。
課長「椎名くん」から眼鏡を用意しておくよう命じられた「見栄子さん」
相手が眼鏡フェチね
そんな判断をしていました。
やっぱり…ああした事には抵抗感ないのか。
課の「ぷりんちゃん」、男性社員「本田」くんも巻き込み、ノリノリで眼鏡を選んで楽しんでいました。
入り込み易い質なのか、何故だか性格まで変わっている「見栄子さん」が楽しい
ああしたエロス願望みたいなのが潜在的にあるのかな。
メインは得意先にていつものように。
なにゆえ眼鏡なのか、判明するのでお楽しみに。

素晴らしい見上げパンチラで始まる5話目。
特に気にする素振りもない「見栄子さん」は凄い。
それくらい何でもないのかな。
写真についても抗議する様子もなく、日常会話的にスルーしておりました。
変わった娘だ
あんなん同じ課にいたら、仕事に手つかなそうですね。
メインはノーブラ・ノーパンの”超クールビズ”状態となった「見栄子さん」です。
もちろん、それも契約が関わる重大なお役目なのですが。
ここで注目なのが、課長「椎名くん」と「ぷりんちゃん」の会話。
そうか、彼女にはまったくそうした対応させないんだ。
「見栄子さん」があーなっているのは、その性格がためなのかな…。

6話目の冒頭はいきなりプレゼンシーンから。
これまでのアプローチと比べると、だいぶソフトだと思いますが。
無事契約成立。
課長「椎名くん」の業績は凄いこととなってるのでは。
空調の故障でだらけきっている社内。
「ぷりんちゃん」も、珍しくサービスしてくれてます。
ああした中で、いつもとまったく変わらない「椎名くん」が凄い。
営業を兼ねて海水浴、というぶっ飛んだ7話目。
そんなんあるかいな
漫画ですねー。
「ぷりんちゃん」も同行し、ビキニな水着でその巨乳っぷりが堪能できます。
5話目でもそうでしたが、まったく抵抗しない「見栄子さん」とは逆で彼女のガードは固いのね。
中盤では卓球で遊んでいました。
オマケでついてきたのね。
後半は浴衣な「見栄子さん」の業務対応。
相手がため、今回もいつもよりかなりソフトなものでした。
しかしどーでもいいですが、とぼけた娘さんですわね。

いつものような営業シーンから始まる8話目。
当然ながら、2人きりにされた「見栄子さん」が脱ぎ始め、久しぶりにドエロい展開なのですが。
なんと、鉄板だったその展開が通じない相手が登場。
「見栄子さん」の反応が楽しい。
冒頭でもそうでしたが、口すべりやすい娘さんですね。
いちおう商談での席なのですが。
その後、調査不足を素直に謝罪する「椎名くん」
いい上司ですね。
ああいう接待はもう見飽きてるんですけどね
そうした強敵相手に、「見栄子さん」は再戦することとなるのですが。
「椎名くん」がどういった作戦を取ったのか、お楽しみに。

前話オチの流れか、冒頭から「ぷりんちゃん」がピックアップされる9話目。
まぁ、おまけエピソード的な扱いなんですけどね。
こちらの商談シーンでは、「見栄子さん」のテニスウェアなコスプレ姿が見れます。
無論、アンダースコートがしっかり楽しめるようになっていました
さりげなく胸ディスられてるのが可笑しい。
ちょっとイイ話(?)ちっくになっていました。
なぜか熱心に素振りしている「見栄子さん」が楽しい。

ヒロイン特集3:商談中の「見栄子さん」
※ヒロイン特集3:商談中の「見栄子さん」

いきなりやや変態的に迫る「木屋野部長」が登場する10話目。
カメラ趣味らしく、「見栄子さん」にセクハラみたいな事をしていました。
契約のため、モデルをすることとなった彼女。
なにげに拒否したりもするんですね。
結構ノリノリにやっていたように見えるのだけれど…オチでは意外な行動をとっています。
まぁ、結局は出さずに終わったようなのですが。

11話目では、「ぷりんちゃん」もときめくイケメン社長「松平」が登場。
そんな相手に対し、まったく記憶に留めない「見栄子さん」が凄い。
彼はなにげに「椎名くん」とも知り合いでした。
収録でのラストに相応しい、ドキドキ展開
オチでの「見栄子さん」は普通っぽかったですが、あの朝方の場面でどう考えたんだろう。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「小武」センセでした。
おそらく、こちらが初見だと思います。
今回は…ビジネス話のようだったので、手をだしてみました。
いや、「見栄子さん」はいいですねー。
最近のトレンドと違い、おっぱい控えめサイズというのがまた良い感じ。
また、あくまでも漫画では彼女がメインとなっていて。
巨乳の「ぷりんちゃん」はほぼノーサービスという扱いも良かったです。
2巻目以降はどうなるんでしょう。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー コスプレ パンチラ バストトップ アンダースコート クールビズ

■ひみつ HIMITSU (内藤らぶか)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] JC、ラブコメ、妹
・構成 : カラー(8P)、10話収録
      (うち「甘えていいよシリーズ」×2、「ひみつシリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、合間に作品解説、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「内藤らぶか(ないとう・らぶか)」センセの「ひみつ HIMITSU」です。

美術部元部長「ゆの」
※美術部元部長「ゆの」

 【 構成・絵柄 】

収録は数話ほどのシリーズものと短編。
別シチュエーションなタイプで、後半の3話は同世界での別ヒロイン漫画でした。
単行本のくくりシリーズそのまま、JCヒロインもの。
甘さあるラブコメ話となっています。
ブラックな色はありません。
ただ、甘く明るく都合よいヒロイン像ではなく、ちゃんと年頃な心理の女の子として描かれていました
振り切れるようなプレイは特になかったものの。
扉隔てて~みたいな、ドキドキプレイはちらほらあります。
そんなんお好きな方は、より楽しめるでしょう。

今回単行本は原稿時期にそれなりの差があるらしく。
各話での作画の差が、結構目立ちました。
簡単には、デジタル処理とそうでない原稿があるんですね
加筆修正もあり、個人的には古い原稿もそう違和感なく楽しめましたが。
それなりの差があったので、単行本としては不安定です。
濃淡はそれなりの濃さありましたが、全体は白比率多め。
描き込みもどちらかというとスッキリ寄りです。
幅広な輪郭と小さい鼻の可愛らしい人物画。
表情や動きなどの作画は優れていました。
そのため、たまに見られるやや力抜けたコマが気になりました。
↓カラーは元の良さがあまり伝わらないので、判断は紹介帯のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

007:「LOVE☆TWINS」 カラー原稿あり
双子の姉妹「大山めい」・「大山みのり」と男子「葉ちゃん」のエピソード。
軽い三角関係ですが、メイン部分は双子の百合プレイ。
お風呂でのえっちでした。
性格的に「みのりちゃん」がヒロイン位置ですかね。
なお、冒頭カラー原稿部分は3名での複数プレイ。
双子のスクール水着が見れます。

023:「起きてよおにいちゃん!」
朝にお兄ちゃんを起こしに部屋に入った妹「美樹」
すると、寝ぼけた兄に布団の中へと引きずり込まれてしまうのでした。
寝込みを襲う…ではなく。
寝てる者から襲われる、という逆転プレイ
まぁ、正確には…寝てないんですけどね。
寝てる兄に襲われるツインテールな「美樹ちゃん」が可愛い。
いちおう、えっちはこれが初ではなく。
なんのかんの流されてしまう様が実にキュートでした。
むーー、のくだり前後が好き
センセはご自身で厳しい評価されていましたが、個人的にはお気に入りな1話です。

妹「美樹」、「ひかり」
※左:妹「美樹」、右:「ひかり」

047:「おとなりさん」
「まこ」の家庭教師をしている隣の「ノブ兄」
ただ、彼女は覚えたてのえっちに夢中だったのです。
後半での友人との会話が楽しい。
テストの点が落ちてないのは、その立場をおもんばかっているんだろうなぁ。
…あ、2人の時間をえっちに費やすためでもあるのか。
勉強机付近なので、基本座りプレイでした。

065:「プールでかのじょと!」
プールで様子がおかしい「真(まこと)」
察した「ひかり」は、彼を女子トイレーと引っ張っていくのでした。
冒頭ページに続くスクール水着もの。
可愛らしい顔して、えっちに積極的な「ひかりちゃん」が素敵。
オチでのやり取りもいい感じでしたよ。
しかし…タイトルに”プール”とあるのに、一度も入ってるシーンがないという(笑)
冒頭の「ひかりちゃん」も上がった絵でしたし。

097:「高嶺の花」
推薦で進学は問題なく、引退後も部室に顔を出す元部長「ゆの」
活発な先輩で、この美術部以外にも運動部や生徒会などにも顔を出しており。
そのどちらでも、成果を残している人気者でしたが…という感じ。
この主人公の男の子の気持ちは分かる・分かる
あの発言も仕方ないところかなぁ。
中盤の展開はいちおう伏せておきますが、美術部らしいもの。
年上ながらも、ロリっとしたところが可愛い
オチが爽やかでした。
まぁ、巧くいってよかったね。

125:「甘えていいよ」
145:「だめだってば!」
足首を捻り、全治1カ月と診断された妹「琴葉」
初めての県大会は見送ることとなってしまうのでした。
そんな訳で、落ち込む彼女を義兄が励ますという1話目「甘えていいよ」
ショートカットで、いかにも運動部ちっくな「琴葉ちゃん」
義兄もスポーツマンのようで、彼女をあっさり抱えてお風呂場まで連れていっておりました。
お風呂場えっち。
こちらの兄妹もお話開始時点ですでに関係していて。
一緒のお風呂を切っ掛けに、スムーズにえっち発展しています。
その続編「だめだってば!」は8ページで若干短め。
作画の処理が変わり、だいぶ今風な仕上がりでした。
先のエピソードは両親不在時でしたが、こちらは家におり。
えっち場所は夜のトイレ。
立ちプレイとなっています。
会話にもありましたが、どっちかにはバレてると思います。

妹「琴葉」、「萌」
※左:妹「琴葉」、右:「萌」

155:「ギャップもえ!」
173:「ひみつ」
185:「すきっていって!」
先輩「杉本」と付き合う「萌」のエピソードが「ギャップもえ!」
女の子の授業を終えた「萌」
察した友人「ことみ」から、避妊具を渡されたのでした。
先輩奥手っぽいから
そう心配されていたものの、2人きりではえっち三昧。
まぁ、カップルがどんな性生活を送っているのか、傍から見ても分からんものですよ。
知識を得た後で、しかも2つも所持していたにも関わらず、使用しない「萌ちゃん」
いや、女の子のが何かと大変なので、使ってくださいよ。

2話目「ひみつ」からは、メインが友人「ことみちゃん」に変更。
解説によると、「じわじわ気に入った」とのことでした。
そんな訳でこちらが単行本の表題で、↓表紙ゲットもしています。
私彼氏いないから
前話でそう発言していた「ことみちゃん」でしたが。
実際には付き合っている相手がおりました。
ああした発言になっていたのは、彼氏が教師であるためだったのです。
察するところ、家庭教師かな。
ちょっとしたやり取りで、機嫌を損ねてしまった彼女とのえっち。
脱がすのもそこそこなのが逆にえっちで良いですね。
なお、まだブラは着けていないみたい。
続く「すきっていって!」も「ことみちゃん」がメイン
先の「琴葉ちゃん」シリーズと同じく、処理の違いでまただいぶ雰囲気変わっています。
隣のクラスの男子から告白された、と言い出したのが切っ掛け。
まぁ、この展開は仕方ないでしょう。
前回と同じく機嫌損ねている「ことみちゃん」
ただ、仲直り的な意味もあり、若干テンション違うのがポイントです。

 【 その他 】

本日は「内藤らぶか」センセでした。
当ブログでは初単行本「雨がやむまで」を紹介しており。
今回は2冊目の単行本。
やや作画のバラつきあったのが、残念ではありましたが。
全体的には良かったです。
「ゆの先輩」が好き。
あのまま身長とかスタイルの成長が止まれば最高ですね(笑)
30代くらいになった貧乳OL姿が見たい。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ショートカット ツインテール スクール水着

■もっとねぇもっと (音音)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] お姉ちゃん、近親、ラブコメ
・構成 : カラー(16P)、12話収録。
・おまけ: あとがき、ヒロイン集合イラスト、紹介帯にゲスト絵、
      描き下ろし「姉は嫁アフターストーリー 姉は妻」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「音音(おとね)」センセの「もっとねぇもっと」です。

姉「京子」、姉「鷹山英麗奈」
※左:姉「京子」、右:姉「鷹山英麗奈」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
12話のうちショートものが2話ほどあり。
1つはカラー原稿のもの、もう1つは前巻の後日談となっていました。
知らなくてもそう問題ないと思いますが、やはり知ってる方が楽しめるのは事実。
漫画は徹底して実姉もので揃えられており。
当然ながら全て近親関係です。
タブー感はやや薄め。
ラブコメちっくに描かれていて、基本的には明るく展開していました。
はっちゃけてるので、好き嫌いあると思います。

柔らかな細線での作画。
濃淡のデジタルな淡い色彩が独特。
テカテカというより、ぼんやり滲むような感じでした。
全体の色づきは問題なく、描き込みも適度。
変化の大きいコマ割りで、はみ出し・ぶち抜きが頻繁。
盛り上がってくると、ほぼコマ無関係に絵が並べられています。
淡い色使いですが、結構な賑やかさあり
なんというか…とんかつソースではなく、ウスターソースみたいな感覚でした。
人物絵は幅のある縦長輪郭で、しっかりとした鼻筋あるのが特徴。
肩幅あり、しっかりとした肉付きなスタイルで、迫力があります。
そうした中、どうにも気になるのが表情や動きの硬さ。
極端でなく、あまり目立たないんですが…個人的には、読んでいるうちなんとなく違和感を覚えました。
癖というか、個性と言える部分かもしれません。
とかく特徴的なので、人を選ぶと思います
カバーでは、どちらかというと裏表紙のが判断に良いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

005:「変わった!?姉弟」 カラー原稿あり
背が低くて気が弱い「陽介」
決心した彼は、ギャルな姉「はるみ」にえっちをお願いしたのでした。
(※巻末では「ようこ」となっていましたが、部屋のプレートを正としました)
金髪・褐色肌の典型的なギャル女性である「はるみさん」
↓表紙の娘ですね。
お姉ちゃんなら慣れてそうだし~
という理由でしたが…そんなんで実姉にえっちお願いしないように
眼鏡掛けていたりもする「はるみ」
成年漫画をよく読む方であれば、本当の彼女がどんなんか察せられると思います。
後半はお尻プレイなどもやってましたよ。

姉「はるみさん」
※姉「はるみさん」

041:「姉・羅部・勇」
レディースのリーダーである姉「京子」
その弟「京平」はかなり重度なシスコンだったのです。
タイトルがああした感じなのは、「京子さん」がためですね。
メンバー集合したところにもついてきているんですが。
なんのかんの、皆に気に入られる流れが楽しい。
そこそこの年齢に見えるんですが…あーまで極端だと、結構可愛がられるのかも。
子供みたいなもんですわね。
姉「京子さん」もそれは同様。
ただ、「京平くん」は性的なことは年齢相応であり、えっちに発展していくのでした。
しかし、どう教育されるとあー極端に育つんだろうか。

065:「姉弟の家族」
名家「鷹山家」の当主であった父母は事故で亡くなり。
家を守るべく、姉「英麗奈(えれな)」には深い繋がりある円城寺家との縁談が持ち上がったのでした。
漫画はいい感じで進んでいましたが。
あの集合していた関連ある大人らを考えると、決していい事ばかりだとは思えず。
うーん、仕方ないのだろうけど…なぁ。
とりあえず、縁談は進めるべきではないし、式の途中で行動した「英壱」くんは格好いいのかもしれませんが。
そこそこの大人として、色々間違っていると思います。
そのため、オチがあーなのは、なんだか納得。

091:「弟のアレを大きくするのはお姉ちゃん」 カラー原稿
お姉ちゃんと弟「マサくん」とのえっちを描いた8ページのショート漫画。
最大の特徴は、お姉ちゃんのホットパンツ・黒ストッキングという恰好。
足プレイです。
ううむ、彩色原稿の利点を最大限に生かしたようなエピソードですね。
センセの絵柄は、こうしたカラー原稿との相性がすこぶる良いと思います。

099:「お姉ちゃんも女ですッ」
女子かに絶大な人気を誇る水泳部部長「大林由希」
実はそれが最大の悩みであり。
弟「大林博希」に”女に見られたい”と相談するのでした。
現在は髪をポニーテールにしている「由希さん」
眼鏡掛けたり、髪型変更したりと試行錯誤していたものの、そのほとんどが同性に刺さってしまうという…。
まぁ、あの感じだと、同年代男子は近寄れないでしょうねー。
差がついちゃうもの。
そんな訳で、こちらはお姉ちゃんからお願いするというパターン。
まぁ…漫画かなぁ……。
競泳水着と日焼け跡がポイントです。

125:「お姉ちゃんはみんなのアイドル!?」
アイドル「りなりん」として活動する姉「りな」とのお話。
アイドルと言っても自称で、活動はもっぱらネット配信というレベル。
「よしりん」と呼ばれていた弟がプロデュースを担当。
次の活動として大学祭のステージを用意したのでした。
「りなりん」なんて可愛らしい名前と衣装なのですが、高身長というギャップが。
あれで、センセの絵柄なのでキュートな感じになっていましたが、現実だった場合は結構はっちゃけた感じになるのかな。
ランキング1位との発言もあり、ネット上ではそれなりに支持を集めていた様子。
後半のステージでもそうでしたが、ああした性格がためかな。
お礼えっちなのですが、枕営業とか言ってました。

アイドル「りなりん」、姉「エリコ」
※左:アイドル「りなりん」、右:姉「エリコ」

149:「お姉ちゃんの策略」
173:「お姉ちゃんの秘密」
タイトルは近いものの、まったくの別話です。
前者は28歳になる姉「エリコ」と同居する「恵一」のエピソード。
帰宅したところ、「エリコさん」がサンタコスプレで出迎えるというもの。
独特な空気感ある変わった娘。
実姉ではあるものの、「ほとんど一緒に過ごしたことない…」ということもあってか、姉弟っぽくないのがこちらの漫画の特徴です。
えっちはお姉ちゃんぽくないと思うが。
後者は弟「友春」に姉「ちはる」が勉強を教えるというもの。
制服にポニーテール、四角眼鏡が堅物っぽい雰囲気だったのですが。
(※実際、クラスではトップだという発言があります)
あの、勉強する弟の隣で何をなさっているんでしょうか、という感じ。

193:「姉は嫁アフターストーリー 姉は妻」 描き下ろし
6ページのショートは「姉は嫁」の後日談。
変わらずラブラブな2人の母乳プレイが楽しめます。
子供起きちゃうぞ

 【 その他 】

そんなこんなで。本日は「音音」センセでした。
こちらのブログでは「姉は嫁」を紹介しています。
今回は3冊目の単行本。
当然ながら、またお姉ちゃん揃いでした。
背景も異なることから服装は様々で。
なんだかコスプレちっくなのは、いいと思いました。
特に和服はいい感じでしたよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コスプレ ポニーテール ホットパンツ

■うちのメイドがウザすぎる! (中村カンコ)

★まんがデーター  [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] コメディー、メイド、筋肉、百合
・構成 : 6話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、合間に別絵、カバー裏に別絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中村カンコ」センセの「うちのメイドがウザすぎる! 1巻」です。

鴨居つばめ
※鴨居つばめ

 【 構成・絵柄 】

2巻以降へと続いていくストーリー調な長編漫画です。
いわゆるメイド漫画の1つ。
そのうちでは、かなり変化球なタイプとなっています。
ジャンルは派手さのあるコメディー
もともとは「ピュア百合アンソロひらり」にて1、2話が掲載されていたもの。
そのため、軽い百合要素もありました。
ほか、主人公はメイドさんなのですが。
やたらな筋肉質であるなど、あちこち要素は癖の強いもの
得意でないポイントある方はご注意ください。

さらりとしなやかな線での作画。
全体の色づきはしっかりしており、濃淡は濃さある中間色。
クッキリとしたデジタルな彩色です。
描き込みは細かめ。
コマ割りも同様ですが、だいたい枠間は確保されていて白比率もあり。
小さいコマの描写も丁寧です。
原稿は見易いものでした。
人物画は漫画っぽと共に、リアル調なところもあり。
あまり見ない、独特な雰囲気となっています
バランス・表現などにて若干硬さを感じる部分もありましたが、些細な程度。
判断については、↓表紙よりも裏表紙のが良いと思います。

 【 収録話 】 6話収録

よく眺めていた、小さく可愛らしい女の子のいる家で家政婦を募集しており。
ちょうど職探しをしていた元自衛官「鴨居つばめ」は、さっそくそちらのメイドとなったのです。
しかし、幼くして母を亡くしていた「ミーシャ」は家政婦らを嫌っており。
ちょっと変でウザ目な彼女を追い出すべく、色々と画策するのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

メイドという単語から、ぱっと思い出されるような主従関係ではなく。
雇う側(※正確には雇い主の娘ですが)が、メイドに圧倒されておりました。
そうした通常とは逆転した関係ほか、小さい女の子好きでやや斜め上な行動を取る「つばめさん」の可笑しな言動がコメディーとなっています。

ミーシャさん
※ミーシャさん

母を亡くしている「ミーシャさん」
ロシア系の血を引き、目立つ容姿がため逆にクラスにも馴染めぬまま。
現在は不登校となっていて、引き籠り状態でした。
父親は仕事で留守にするため、通常は家で1人きりという、なかなか気の毒な状態。
そうした彼女に対し、過剰なまでの好意と体力ある「つばめさん」によって、次第に打ち解けていくのでした。
心を閉ざした「ミーシャさん」がひと皮剥けて成長していく~という流れになっていくのかな。

切っ掛けとなる1話目。
冒頭の描写は5年前のもの。
母親と共にある「ミーシャさん」が見れます。
「つばめさん」が”雪の妖精”と称したのも納得。
可愛らしいですね。
2人の初対面(※「つばめさん」は一方的に見ていた)はなかなか非常識なもの。
もっとこっそり確認するとか出来なかったか…。
「ミーシャさん」は実父「ヤスヒロ」にも強く当たっていたんですが。
彼もちょっと変で、それも納得。
早速家政婦に応募する「つばめさん」
元・一等空曹とのことで、隻眼なのはその時の傷なのかな。
故あって、「つばめ」・「ミーシャ」の2人はシャワーあびる展開になるのですが。
まったくエロス感のない、ムキムキな「つばめさん」のヌードに注目
ちなみに、バストトップは描かれません。

「つばめさん」がメイド服を着るようになる2話目。
その姿なまま、家までやってきているのですが。
しっかり周囲が奇異の目で見ていました。
(オチでもまた凄い恰好になるので、お楽しみに)
こうしたメイド漫画の場合、興味はもたれてもああしたマイナスな言葉は受けないものなのですが…コメディー漫画がためですね。
ここは自室に引き籠って抵抗する「ミーシャさん」との攻防戦。
掛かりましたね
のシーンが好き。
また、学生時代の「つばめさん」も必見です。

「ミーシャさん」と仲良くなるべく、同じオンラインゲームを始める3話目。
なかなか良い方法。
それぞれの操るキャラクターに注目。
そちらでの、「ミーシャさん」の台詞には納得。
確かにその方が安全ですわね。
(※逆に主婦趣味な男性から声かけられるかもしれんけど)
明るい表情の「ミーシャさん」がキュートでしたが…まぁ、バレるか。

2人してキャンプへと出かける4話目。
出掛ける、というか寝てるところを勝手に連れていかれただけでしたが。
先の3話目の影響で仲直りを狙ったんですね。
「つばめさん」は相変わらずですが、こうしたシチュエーションでは頼りになりますね。
こちらは回想シーンに注目。
あの付近だけはまるで別漫画のよう
変ではあるものの、普段1人でいた「ミーシャさん」がああした遠慮のないやり取りをし、自然を満喫し。
まぁ、楽しくない訳ないですわね。
オチがいい感じでした。

「つばめ」・「ミーシャ」の攻防戦
※「つばめ」・「ミーシャ」の攻防戦

本人感じたそのまま、だいぶ打ち解けてきた5話目。
(部屋にも入ってましたね)
彼女のスキルが最大限に発揮できるキャンプは正解だったかも。
ただ、あーまで妄想が飛躍してしまうのが悪い点。
確かにキモい言われても仕方ないですね。
彼女の不登校問題に触れるエピソード。
「ミーシャさん」の話を受け、「つばめさん」がした例え話に納得。
弁当は気になるよねー
結果的に学校へ行こうと決意させたのは凄い事。
オチの彼女を見る限り、良かったと思います。
そんな訳で6話目は学校話。
彼女は目立つものの、特にいじめられている等ではなく。
まぁ、ひと山越えれば全然問題なくなるかなぁ。
お友達もおり、気も弱々しい訳でもなく、なにより本人は可愛いのだし。
本来は「つばめさん」の出番はないところですが、それで終わる筈もなく。
こっそり様子を見に向かうこととなっていました。
どうなるかお楽しみに
とりあえず、あの程度で済んだのは幸いではないかなぁ。
(翌日の「ミーシャさん」がやや心配ですが)

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「中村カンコ」センセでした。
こちらがだいたい4冊目。
ひでるさんは今回が初見となります。
特徴的なタイトル・↓表紙ですぐに目についていたんですが。
裏表紙の筋肉ムキムキなスタイルでなんとなく考えてしまいました。
好みな人はそんなんもいいんでしょうけれど…。
(※ため、作品中のお風呂シーンも実に微妙な印象でした)
そうした点も含めて、良質なコメディー漫画なんですけどね。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コメディー バストトップ

■明日もきっと想うひと (綿貫ろん)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 恋愛話、ラブコメ、むちむち、スクール水着
・構成 : 初単行本、カラー(8P)、12話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に作品解説・別絵、
      中扉は↓表紙リンク絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「綿貫ろん(わたぬき・ろん)」センセの「明日もきっと想うひと」です。

レイチェル・キャンベル
※レイチェル・キャンベル

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
全12話のうち、カラー原稿の漫画がショートものです。
やや学園話が多めでしたが、バイト先とかオフィス話もありました。
ジャンルはラブコメというより、恋愛モノという印象。
えっちはするものの、恋愛成就するものばかりではありません
かと言って、どん底に暗いとか、ブラックで後味微妙…みたいなものもなく。
明るすぎず、軽すぎず、しつこくない程度に心理描写も描写されていて。
ちょうど良いくらいの読み応え
良かったです。
短くても良いので、別視点とか後日談みたいなのが欲しかったなぁ。

するりとした柔らか曲線での作画。
全体の色づき、濃淡具合は丁度良く。
描き込みについても過不足はありません。
コマ割りはやや細かく、はみ出し多いのですが。
作画が綺麗で安定しているためか、見辛い印象はまっったくありません。
原稿時期は12年から16年。
多少差はあったものの、加筆修正がためかほぼ気にならないくらい。
良くまとまっていたと思います
幅広な輪郭にクリっとした目、小さい鼻という漫画らしく可愛い人物絵。
ふっくらスタイルで、むちむちとした肉具合がいい感じ。
表情良く、動きでも引っかかる部分なく。
小物や背景にも優れ、小さいコマまで丁寧に描かれていました。
こちらは特に大きなマイナス面ありません。
ややカラーとは異なるものの、判断については↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 12話収録

005:「じぇにたるでびねーしょん」 カラー原稿
カラー6ページのショート漫画。
えっち相手「高木」くんについて、男性自身で占う「美幸」さん。
まぁ、占いはそうキッチリしたものでなく。
そうかなぁ??、って感じでした。
なぜか「美幸さん」は紫色の着物姿でのえっちです。

011:「ソクラブ」
合宿のため皆で海へ来たメンバー。
先輩のことが好きな「山田」
そんな彼が理解できず気になるため、「羽美(うみ)」はずっと彼を眺めていたのでした。
↓表紙・裏表紙、そして中扉はこちらの「羽美さん」
ぶっちゃけ、彼の想い人である先輩より可愛いと思いました。
バストも大きいので。
えっちに至る経緯は、成年漫画的でしたが、ちょっと意外。
足がどうのこうの言う場面での、スカートめくっているコマが好き
オチの発言がなんだか軽いよ、「山田くん」

羽美さん、同期「吉野結花」
※左:羽美さん、右:同期「吉野結花」

031:「トゥー・シーター」
最近になって「凛子」という彼女ができた「歩」
しかし、彼はいとこ「優樹奈」からの告白を拒絶しつつも、彼女とはえっち関係にあったのでした。
「歩くん」最低、って感じのWヒロインもの。
いちおうメインは日焼け跡が眩しい「優樹奈ちゃん」
むちむちっとしたスタイルを隠し切れないスクール水着姿が実にいいですね
モロ最中に「凛子ちゃん」が鉢合わせする、修羅場な流れ。
あれで複数えっちに発展するのは成年漫画ですねー。
普通ならばブッ倒されて関係終わると思います。
オチの「優樹奈ちゃん」が可愛らしいですね。
あ、ちなみに「優樹奈ちゃん」もスクール水着姿でしたよ。

051:「無造作ピントフォーカス」
付き合っていた元生徒「あかり」と、一カ月ぶりに偶然再会した教師(塾講師)
大学に入ってから、ぐっと大人っぽくなっており。
てっきり別れ話でも始まるかと思っていたところ~というお話。
彼女に何があったのかは秘密
いちおう、可愛らしい理由でしたけどね。
ただ…このスマホだのなんだのという時代に、そんだけの期間何もなかったならば、関係終わっている方が普通だと思います。
なお、生徒時代の彼女も、何コマか差し込まれているんですが。
まー、確かに垢抜けて綺麗になっていましたよー。
彼があー考えるのは至極当然かと。

069:「11月11日」
同期で仲が良く、2年間ほとんど一緒をにいた「吉野結花」
ある残業後、帰宅途中で雨に降られた「土井」は職場まで傘を取りに戻ったところ。
「結花」が社長と不倫している現場に鉢合わせてしまったのでした。

サラリーマンがあるいは体験するかもしれない、現実感あるオフィス話
ひでるさんではないですが。
似た話であれば、現実にてふと耳にした経験があります。
なんだか…生々しく感じましたよ。
鉢合わせ時は何もなく、メインはその後の残業時間の2人。
あの微妙な緊張感が実に素敵
冒頭の普段なやり取りと、ぜひ比較してお楽しみください。
ここのくだりが単行本内で最もお気に入りです!!
「結花さん」いいなぁ。
あの場面で彼女が言ってたことが全てですかね。

093:「雪国LOVER」
クリスマス休暇で来日した、父親の仕事仲間の娘「レイチェル・キャンベル」
コタツと漫画好きなアメリカ人で、「俊也」ともあっさり意気投合したのでした。
う…羨ましい。
コタツ好きな「レイチェルさん」が実にキュート
裏表紙でも漫画読んでますね。
泳ぎなさいよ。
本編でもだらりと過ごしており。
外に連れ出せぬまま、コタツえっちとなってました。
あの近い距離感がいいですね。
そりゃ、彼が恋するのも当然でしょう。
黒タイツが可愛かったので、もう少し堪能したかったですよ。
たぶん、あの感じだとすぐまた来日してそう。

109:「あとだし片想い」
最近、彼氏ができたらしい姉「紗綾」
帰宅した姉が連れていた「川島まさと」は、妹「麻衣」が憧れていた男性だったのです。
そんな訳で、彼の気を引くべく奮闘する「麻衣ちゃん」のエピソード。
追い込まれただけあって、かなり積極的に攻めておりました。
挟めちゃうんですから
なーんて言ってました。
そりゃ、挟まないとねー(笑)
そんな彼女に対し、いちおう「まさとくん」は理性的に対応していたと思います。

127:「居残り白書」
臨時ながらバスケ部を熱心に指導していた教師「立花」
「吉沢」・「斉藤」の居残り練習に付き合っていたところ。
勢いあまった「吉沢」と激突してしまったのでした。
何はともあれ、怪我なくて良かった。
衝撃はともかく、むちむちな「立花さん」に接触した「吉沢くん」はただ事ではなく(笑)
”事故後のケア”をお願いしたのでした。
これまた羨ましい展開
普通こうした漫画だと、第三者となっていた「斉藤くん」は現場に鉢合わせつつも気づかないこと多いのですが。
こちらではあっさり露見してます。
まぁ、モロに見えていたし…その方が普通だわね。
複数えっちとなっていました。
なお、「斉藤くん」は故あって直接プレイは出来ていないのですが。
あの後の「立花さん」がどうなっているのか、続きが見たいです。
間違いなく「吉沢くん」は1回だけって事ないでしょうから。

143:「夏までの距離」
数年前まで住んでいた町へ、お盆に帰省した「英太」
そこに、昔馴染みの「明日香」が遊びにやってきたのでした。
そんな訳で、ノスタルジー感あるエピソード。
こうした漫画のセオリーで、川遊びからのえっち発展です。
サイドテールな「明日香ちゃん」のスクール水着が眩しい。
そもそも家を訪ねて来るなど彼女のが積極的なのですが。
こちらは、完全なるお誘いえっち展開です。
あれは、触らないと帰れないような空気感でしたよ。
そのくせ「ちょっとだけだからね」なんて言われているのですが。
オチの「英太くん」になんだかモヤモヤ。
可愛らしい娘なのだから、もっと頑張れ、セキニン取れ。

161:「つまゆら」
カフェのパート店員で「白石」さんとのえっち展開。
古い言葉ですが、よろめき人妻モノですよ。
飲み会に参加したのが切っ掛け。
そちらでもモテていた「白石さん」でしたが。
結局「小嶋」くんが選ばれたのは、普段の仕事っぷりもあってのことでしょう。
年上らしく(※容姿ではそう見えないのがまた凄い)、リードしてくれていました。
しょうがないなぁ…」でのえっち展開が好き。
あの場面は徹底的に甘えるのが正解・。

179:「演技むすび」
舞台で先輩「湯ノ花さわ子」に一目惚れした「あつし」
同じ演劇部へ入り、雑用係として日々頑張っていたところ。
その「さわ子」から、練習相手に指名されたのでした。
演劇部らしい、えっち発展。
あーなる前に色々やり取りとか、何とかが、おそらくあると思うのですが。
想い人に気に入られたのは素敵なこと
頑張った甲斐あったねぇ。

教師「立花」、宮崎真希
※左:教師「立花」、右:宮崎真希

197:「日陰ぼっこ」
ひょんな偶然から、「宮崎真希」と猫の世話をするようになった「山下」
彼女は”よく男子の家に出入りしている”という噂があり、学校での有名人だったのです。
とりあえず。
オチがあーした感じでひと安心
「真希ちゃん」はやや対人の距離感が近いというのがあるのかなぁ。
たぶん、2階っぽい彼の部屋のベランダまでどうやってたどり着いたんだろう。

 【 その他 】

以上、本日は「綿貫ろん」センセでした。
こちらが初単行本のようです。
おめでとうございます!
加筆修正もしているとは思いますが、高い完成度の1冊でした。
店頭にての、ぱっと見予想を遥かに上回る出来栄えです。
面白かったです。
個人的にむちむちっとして可愛らしいヒロインらが好み。
そんな彼女らですが、”いわゆる漫画のソレ”ではなく。
結構、現実的でリアルさあるキャラとなっていて、読み応えもしっかりありました。
あるいは実際にもありそうな…。
同期女性、「吉野結花さん」のエピソード「11月11日」が印象に残りました。
ああしたオチの展開もいいですね。
なんだかありそうで。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : サイドテール ラブコメ スクール水着 サラリーマン ノスタルジー

■レディ・フローラル (タカスギコウ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 変身ヒロイン、人妻、アクション
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「タカスギコウ」センセの「レディ・フローラル LADY FLORAL」です。

椿井百合子
※椿井百合子

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
連続したストーリー漫画となっていました。
多少駆け足な感じもありましたが。
えっちページが割かれるこうしたタイプの漫画としては、結末までしっかり描き切っていたと思います。
むちむちっとしたスーツが眩しい、変身ヒロインな漫画。
コメディー色は少なく、一発で決着つくような派手な必殺技もなく。
ドカバキという格闘戦なパトルものでした。
皆さんが期待するようなピンチシーンも頻繁なので、↓表紙・裏表紙に惹かれた方は満足いただける内容だと思います。

すっきりとした線での作画。
描き込みや全体の濃淡は適度なくらい。
色彩もデジタルなさっぱりとしたもの。
ほぼ枠間が確保されたコマ割りなど、淡く安定感もあって見易い原稿となってます。
人物絵は目鼻口のしっかりとしたもの。
デフォルメの弱いリアル寄りですが、漫画っぽい可愛さもありました。
人妻系ながら、コテコテ濃口でないのは良し悪しかもしれませんが。
間口は広めだと思います。
ジャンル的に戦闘シーンが多いのですが、アクション画に問題ありません。
背景や小物はそれなりでしたが、違和感はなく。
全体よくまとまっていました。
判断については、カット絵が豊富な裏表紙が見易いと思います。

 【 収録話 】 10話収録

風呂場を覗かれてしまった主婦「椿井百合子(つばい・ゆりこ)」
そうした犯罪が近所で増えていたことから、正義感の強い彼女は夜の町内パトロールをすることとしたのでした。
その際に変質者と鉢合わせしたんですが、突然目前で異形の怪物に変身。
「百合子」を襲うものの、空手で鍛えていた彼女は逆に撃退したのです。
現場に急行していた「ソフィー・スタンレー」はその能力を見込み、異星人に対する防衛チーム「ガーディアンズ・オブ・ユニバース」に誘ったのでした。
ごく簡単にはそうしたお話。

いわゆる変身ヒロイン、スーパーヒロインもの。
本来であれば、「超昂天使エスカレイヤー/時丸佳久」、「下町エンジェルライナー/田口央斗」…のように、その任に就くのは若い女性であるはずなのですが。
成年漫画では、「白雪騎士ホワイティ(30)/高津」、「愛妻戦士マイティ・ワイフ/蒟吉人」、「魔法人妻マナミ/LINDA」など、ざっと上げただけでも人妻率高め(笑)
むちむちと肉感的なのが官能的かつ可笑しくも見えるためかな。
詳しい変身プロセスは不明ですが、ブレスレットの力で変身していた「百合子さん」
1戦目は素手で怪物を倒すなど、そもそも腕っ節は強い設定。
スーツの影響か、変身後はさらにパワーアップしているようでした。
(※パワー補助機能、という発言があります)
所属した組織がアメリカ(かな?)なためか、どちらかと言うと日本のそれではなく。
「MARVEL」とか、そっち系な雰囲気です。
紹介帯でも”スーパーヒロイン”とされてましたからね。
スーツはワンピースの水着ちっくで、胸元からヘソ付近までガッツリと空いた露出度高いもの。
マスクは当初なく、とある話の展開がため装着したものです。
あまり関係ないんですね。
当然ながら、戦闘スーツは破られること頻繁
あっさりえっちシーンへと突入していくんですが…。
彼女の能力はそもそも格闘(接近戦)なため、そうしたピンチを”最大限に生かした戦法”をとっていました
なるほど、これは成年漫画として実に良い設定。
強すぎてはエロくないですし、ヤラれてばっかではお話先に進まないですからねー。

ソフィー・スタンレー、隊長「ベルーチェ」
※左:ソフィー・スタンレー、右:隊長「ベルーチェ」

カラー原稿からの1話目。
「百合子さん」のお風呂シーンからスタートしています。
良いスタイルしてますねー。
小型カメラに気付いて即反応しているなど、後の片鱗をさっそく見せてくれていました。
こちらの敵は露出な中年。
さすがに突然化け物に変化したソレには抵抗もできず、あっさりえっち展開になるのですが。
ああした単語に反応するのは、コメディーちっくですね。
ただ、危機的場面では、格闘経験ある「百合子さん」を冷静に戻す効果があると思われ。
実際、戒めを自ら力技で解き、正拳突き・回し蹴りのコンボを決めていました。

その直後という2、3話目。
彼女を保護した「ソフィーさん」の詳しい説明、そして事後処理の様子が伺えます。
途中にカップルの野外プレイが数コマありましたが、基本的にえっちシーンはそんな程度。
こうした漫画では異例なことですね。
彼女の能力テストも兼ねた「レディ・フローラル」のデビュー戦です。
なんと、冒頭で覗きをしていた彼が怪物となったんですね。
なお、残念ながら、いわゆる”なんちゃらフラッシュ”的な、変身シーンはありません。
初戦ながら、彼女の攻撃をことごとく躱すなど、なかなかの強敵
成年漫画な展開になっていました。
こうしたネタで、えっち後大逆転するのはお約束。
前述しましたが、なるほど、って感じよ。

悪の幹部らしい、実行部隊隊長「ベルーチェ」が顔を見せる4話目。
立派なバストあり、女性なんですね。
あれはアレで格好良く、良いデザインだと思いました。
細部変えれば、正義の味方でも通用しそう。
漫画での2戦目は、「レディ・フローラル」が一方的…と思われたところ。
実は2体おり、反撃されてしまうのでした。
今回も見事だったわっ!
とは、解決後の「ソフィーさん」
確かにその通り、強いですね。

5話目では、前話の戦闘と同時進行で描かれていた、敵のアジトが判明・急行するお話。
「百合子さん」としては、ひとえっち直後(笑)です。
捕らえられていた人質というのは、彼女の旦那「進太郎」と息子の「光太郎」
相当に危機的状況かと思われたんですが…「ソフィーさん」がなにげに凄いことをやってくれています。
さすがは極東方面の支部長ですね。
隊長「ベルーチェ」との対決になる「レディ・フローラル」
↓表紙で手にしていた仮面をつけるのは、人質がためであったんですが。
あっさり見抜いていた「光太郎くん」は凄い。
ここは相手も格闘タイプで、しかも女性とあってか、漫画初となる本格バトルとなっています。
最中の会話にて、彼らの目的も判明するのでした。

レディ・フローラル
※レディ・フローラル

「ベルーチェ」を退けた後の6、7話目。
その上司あたる「マザーシモン」が登場。
こちらもまた女性ですね。
彼女の過去話、そもそもの発端が長々と語られていました。
えっちシーンも差し込まれてますよ。
ポイントとなる部分なので、詳細は伏せときますが。
驚くべき秘密も明らかとなり、8話からは最終エピソードへ突入です。
「ソフィーさん」も変身…というか、あれはコート脱いだだけか。
なお、さすがは成年漫画。
彼女のえっちシーンもしっかり描かれるので、お楽しみに。
ちなみに、ラスト10話目はエピローグという感じ。
ストーリーものとして、良い最終話になっていたと思います
オチがまた良いですね。

 【 その他 】

以上、本日は「タカスギコウ」センセでした。
なんだか…”歴史シミュレーションゲーム”って感じですね。
こちらブログでは「Sweet Days」を紹介しています。
概ね期待通りな仕上がりで、満足しました。
キッチリしていただけ、最終エピソードが長かったのですが。
できれば…もう少し通常戦闘みたいなエピソードを見たかったなぁ。
そんなん2、3話くらいを経て、幹部・首領とのラストバトル~みたいな。
ややページが足りないか。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : アクション コメディー

■秘めごと記念日 (御影石材)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] 百合、ラブコメ、学園
・構成 : カラー(4P)、短編×11話収録
      (うち「手を繋いで」×2、「炎と雨シリーズ」×4、「秘密基地」×2)
・おまけ: あとがき・作品解説、カバー裏に4コマ・別絵、加筆修正、
      カラー描き下ろし「秘めごと記念日」、描き下ろし「雨上がり」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「御影石材(みかげ・せきざい)」センセの「秘めごと記念日」です。

「燈莉」・「亜利紗」、「玲香」・「悠奈」
※左:「燈莉」・「亜利紗」、右:「玲香」・「悠奈」

 【 構成・絵柄 】

XOコミックの”百合シリーズ”ということで、成年指定な百合漫画です。
必ずえっちシーンあるのが特徴。
一般系の百合でも、そっちっぽい系統ありましたが…やはりメインがエロスだと、また感覚違いますね。
基本的にはラブコメ調で、ポップに仕上がっているものの。
そこはやはり百合ジャンルであるため、思い悩むような描写も見られました。
読み応えもあります。
それぞれエピソードで、重さ具合は結構異なっていて
全体ではなく、各話にて好き嫌いが割れてしまいそう。
収録は数話の連続モノと短編。
2話ほどの連続と、4話にまたがってキャラが変わっていくバトンタッチなシリーズ漫画もありました。

さらりとした柔らか線での作画。
全体の色づきはあっさりしていて、白比率多め。
濃淡も淡い仕上がりでした。
描き込みもコテコテしておらず、スッキリ傾向。
コマ割りは中小で細かいものの、収まりは良く。
変化少なく、しっかり描かれてる印象です。
見易い原稿でした
背景・小物も必要最低限という感覚で、服装もそんなん。
作画と合ってますが、ややサッパリですかね
幅広な輪郭で、オデコ広めなキャラ絵。
目は丸く控えめで鼻はごく小さく、卵表面みたいなスルリとしたもの。
可愛らしくまとまっています。
収録話は時期に開きがあるようで、やや差を感じました。
そう極端ではないので、問題になるほどではありませんが。
判断については、まったく同じではないものの、↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

001:「秘めごと記念日」 カラー描き下ろし
005:「手を繋いで」
家が近所の幼馴染み「愛叶音(あかね)」・「伊織」・「唄子」の3名。
成長した「愛叶音」は誰もが振り向くような美少女で。
「伊織」・「唄子」は彼女を取り合っていたのでした。
↓表紙の3名ですね。
「愛叶音さん」が男女のエロ本を隠し持っていたため、”同性の良さを味わってもらう”というのが切っ掛け。
普段揉めてるものの、こうした際には巧い事連携していました。
次のページではすっかり全裸になっているんですが、脱がす時もそんなんなんだろうなぁ。
このお話の救いは、「愛叶音さん」も同性のソレを受け入れている点
どっちか選ぶ、ってのができないだけでした。
冒頭の表題作「秘めごと記念日」もこの3名。
4ページのショートで、↓表紙から続くような内容です。
仲良いなぁ。

「愛叶音」・「伊織」・「唄子」
※「愛叶音」・「伊織」・「唄子」

025:「炎と雨」
045:「友人Aの相関図」
065:「つられてつられて」
085:「雨上がり」 描き下ろし
先輩「有紀」にデートをすっぽかされた「晴花」
待ちぼうけでズブ濡れとなった彼女は、部活の後輩「雨宮燈莉(あまみや・あかり)」の部屋に転がり込んだのでした。
そんなんが「炎と雨」
主役はその「燈莉ちゃん」
ゆりゆりしている世界ですが、彼女は片想いとなっていて。
もどかしい感じが実に百合漫画してました
オチもそんな感じよ。
冒頭の3名は…うまく行き過ぎなんですよねー。

続く「友人Aの相関図」、「つられてつられて」も同じ世界観でした。
そんな「燈莉ちゃん」に想いを寄せていたクラスメイト「朝木亜利紗」が主人公。
紆余曲折の末、告白された「燈莉ちゃん」
発言に注目。
こういうの好き
前話ではやや可愛そうな感じだったので、巧くいって何よりでした。
さすがに経験者だけあって、えっちではリードしている所に注目。
「つられてつられて」はカップルとなった「燈莉」・「亜利紗」の友人、「玲香」・「悠奈」のお話。
リレー形式なんですね。
はっちゃけた「玲香」と違い、大人しめな「悠奈」は真剣なテンション。
その意をくんだ「燈莉ちゃん」のサポートがあり、めでたくカップルとなっていました。
前述もしましたが、彼女の変化がなんだか幸せ
オチでの「玲香さん」がキュートです。

…で、続く「雨上がり」はシリーズ総括みたいなお話。
描き下ろしながら16ページと長く、しっかり読めます。
先ほどから「燈莉ちゃん」について言及してきましたが、再び彼女の主役回となっていました。
数話ほど彼女を見続けてきたので、ぶっちゃけ泣きそうに…
(※ひでるさんは涙腺激弱)
詳細は伏せときますが、ぐるりと回ってきた、みたいな感覚よ。
オチの会話もいい感じでした。

101:「隣部屋から愛を」
相手「結羽」が会社の同僚と結婚することとなり、振られてしまった「律」
そんな教師の彼女に、生徒「倉敷由良」は盗聴していたという2人の会話を聞かせ、彼女にしてほしいとお願いするのでした。
年の差百合カップルですね。
ツインテールの可愛らしい「由良ちゃん」
2人の隣に住んでいる、という彼女は盗聴とかナントカ、前半はけっこうヤバめな雰囲気。
教師である「律さん」が警戒するのも当然です。
ただ、お話と共に明らかとなる真意に…なんだかまたウルルとなってしまいました。
良いお話です
十年早いっての」
の部分が好き。

125:「妹アルバム」
姉妹の近親・百合モノ。
勉強・運動が出来、美人な姉「涼香」
そんな姉と比べて冴えない妹「和花」は、自分にコンプレックスを持っており。
「涼香」からの猫可愛がりも面白がっていると感じていたんですが…というもの。
ちらほら見かける、正しい(?)姉キャラです。
彼氏とか出来そうになったら、野郎殺されるのではないかなぁ。
漫画にブラックな面はありませんでしたが、裏で暗躍する様を見てみたい気がしました。

生徒「倉敷由良」、姉「涼香」
※左:生徒「倉敷由良」、右:姉「涼香」

141:「お姫さま、王子さま」
幼馴染み「白鳥姫子」・「大路晶(おおじ・あきら)」のカップル。
名前とは逆に、凛々しく女子の人気を集める「姫子」の”好きなタイプは白馬の王子様”
その切っ掛けとなった相手「晶」は、
私は王子さまは諦めた
そんな発言をしていたのでした。
まぁ、それぞれ素直になる切っ掛け待ち、みたいな感じですね。
「姫子ちゃん」はなにゆえ、あんなボーイッシュになっちゃったんだろう。
(名前の反動か?)
それが躊躇させることとなった要因の1つだと思います。

161:「秘密基地」 前後編
山にある小屋を秘密基地にしよう、と言い出した「香澄」
彼女はそこで高校が別になってしまう「詩穂」に告白をしたのでした。
ごく簡単にはそうしたオープニング。
”秘密基地”は部屋が姉と一緒である彼女が考えた、その時に必要な空間でした。
前編は良いですが、個人的には後編が…。
もうひとパンチないと、イマイチ説得力が弱い気がします。

 【 その他 】

以上、「御影石材」センセでした。
調べたところ一般系で漫画を描かれていて、こちらは3冊目…でいいのかな。(書いた15/10/10現在)
百合漫画はすっかり当たり前(※個人の感覚です)になりましたが。
えっち要素がメインの成年向けというのはまだ珍しい感じ。
楽しめました。
ただ、冒頭の表題作みたいなのより、やっぱりザ・百合漫画というべき「炎と雨」から続くシリーズみたいなのが良かったです。
…あ。
お話でガッチリ刺さったのは「隣部屋から愛を」ですね。
当初の予測と違い、不意に泣きそうになりました(本当)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 百合漫画 ツインテール

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ