fc2ブログ

■雪ふって、恋かたまる (波乗かもめ)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 青春、ラブコメ
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、6話収録
    (うち「途切れたページの向こう側」×2、「地雷になりたい雪音さん」×2)
・おまけ: あとがき・作品解説、カラーイラスト、後日談漫画(5P)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「波乗かもめ(なみのり・かもめ)」センセの「雪ふって、恋かたまる」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

計260P超の大ボリューム、という宣伝文句そのまま、ブ厚い単行本
試しに頭に乗せてみたところ、結構首が押し込まれる感覚でした。
ざっくり数えて、265ページくらいあったと思います。
しかし、収録話は6話でかなり少な目。
下記収録話についてでは、タイトル後にそれぞれのページ数残しましたが。
もっとも短いので8、長いのだと70ページという極端さ。
たっぷり楽しめる仕上がりでした。
漫画は、基本的にには青春の色強いラブコメですかね。
ただし、そうコメディー色は強くなく、ぺかぺか楽しげではなく。
どちらも、甘くもホロ苦さある、って感じでした。
おまけは、あとがき、そして各話の作品解説。
それぞれ結構読み応えありました。
そのほか、よくよく見ると…。
本編後にはその後の風景みたいに、1ページ漫画がありました。
これは描き下ろしですかね?
全エピソード、5ページほどあったので、お楽しみに。

なお、デジタル特装版には、描き下ろし後日談など3作品を特別収録!、とのことで…。
どっちもイイヨ、って方は、デジタル版のが良さげでした。
うーん、そんな感じで、紙媒体に厳しい情勢が今後は増してくるんでしょうかね。

先輩「白菊緝美」
※先輩「白菊緝美」

 ★★絵柄について ★★★

おそらく、↓表紙で引っ掛けられた方も多いと思いますが…。
その魅力的なカラー絵に見劣りしない、キュートな白黒画が楽しめます。
(※厳密にはそれぞれの良さあるものの)
人物絵は大きめの黒目ながら、バランス良い顔パーツ。
バスト大きいむちむちスタイルです。
派手過ぎない美人さんですかね。
男性もまた爽やかさあって良く、こちらも過ぎないくらいにイイ男性してました。
漫画も
爽やかさある仕上がり。
特に引っ掛かることなく、サクサク読み進められました。
重箱の隅つつくなら、多少コマ内配置に気になるところがあった…くらい。
強めな線で、丁度良いくらいな色彩。
どっちかというと明るめです。
枠間も広めなのですが、ちらほらはみ出しありました。
あちこちは丁寧に仕上がっていて、背景、小物などもイイ感じ。
高い完成度でした

 ★★収録話について ★★★ 7話収録

002:「途切れたページの向こう側」 前後編 38+38+1
放課後、本を読んでいた先輩「白菊緝美(しらぎく・つぐみ)」に一目惚れした「平永颯太」
彼女に会うべく図書室に通いつめ、徐々に話をするようになっていた頃。
私の一番お気に入りの本
そうして貸してくれたのは、いわゆる官能小説だったのです。

うん、まぁ…それもラブストーリー、と言えなくもないかしら。
こちらの漫画、いわゆる文学少女っぽい先輩「白菊さん」が、眼鏡云々なセオリーっぽい容姿なんでなく。
雪景色よく似合う(カバー絵参照)、すこぶる美形である点が凄い。
ちなみに、おっぱい透ける展開はなかったですよー。
また、ちょっと悪戯っぽい雰囲気もあって。
特に髪をショートにした際の、小悪魔っぽさが凶悪。
こりゃー「平永くん」も妄想はかどっちゃうわね。
なお、扉絵にもなっていた再会シーン。
せっかくのパンチラ絵が閉じ部分で見辛かったのが残念無念(笑)
まぁ、その後も膝立てて座っていて、パンチラしているんですけどね。
えっちは、成年漫画・官能小説でのセオリー、そのようにヤってみよう、でした。
ただ、アソコまできていて、あのラストはひどい。
せめてもう1日。

さて、先輩に翻弄されまくっていた「平永くん」
しっかり成長した様が伺える後編です
他の学校で待ち伏せるだけでも、なかなか勇気いりますよね。
なお、先輩「白菊さん」ですが。
こちらの黒い制服(裏表紙)がまたエロちっくで、よく似合ってました。
ここのくだりで、ようやくを見せてくれたかしら。
3回目の正直ですかね。
どっちも良かった、「平永くん」頑張ってましたよ。
本編後の部屋着がいいですね。
あれは勉強し辛いなぁ。

087:「地雷になりたい雪音さん」 30
119:「雪音さんが地雷になるまで」 8+1
隣学校の生徒会長「清河雪音」と付き合う、生徒会長「晃介」
真面目で聡明な女性だったのですが。
3カ月ほど立ったころ、なんだか様子がエロちっくになっていたのでした。

ファッションが派手目になった、のを地雷系であると称していましたが。
それって、地雷系なの??
ちょっと理解追いつかなかったので、調べてみました。

地雷系 ※ピクシブ百科事典より
 地雷のように一見安全に見えるが、実は危険が隠れている。
「踏み込んではいけない」「触れてはいけない」ような物や組織、人のこと。

うん、まぁ…なんとなくそんな感じではあるのか。
ただ、もうちょっと…何らか振り切るくらいでも良かったかなー
これは、「雪音さん」にアドバイスしている女子が悪いですね。
鵜呑みにする彼女で遊んでるのかと思いました。
メインは次のデート。
小さいちょっとしたコマでしたが、屈んだ際にスカートめくれるくだりが好き。
あれで黒下着とか、たまらんですわね(笑)
しかし…。
過ぎるくらいに真面目だという彼女のおっぱいが、やたらデカイのが凶悪
あっちの学校、風紀大丈夫かしら。(→女子校ですが)
2話目「雪音さんが地雷になるまで」は、ショートもの。
視点「雪音さん」で、真面目な彼女があーなるまで、が描かれてます。
えっちの話までしないように(笑)

129:「生焼けカップルパイ」 30+1
付き合ってすぐ同棲し、約半年というカップル「拓巳」・「美憂」
しかし、彼女に甘えたがためにだらけた生活になってしまい。
ついに、怒らせてしまったのでした。
まぁ、2人とも両極端な感じだったからなぁ。
「美憂ちゃん」がまたイイ娘なんですよね。
ちなみに、そうした娘なので…。
あの感じで、勝手に他の男と云々ってことは、ないと思いました。
もしも振るならば、ちゃんと言ってくるかなー、って。
なお、えっち時の黒い部屋着は薄手でピッタリしてそうだったので。
脱がさぬまま色々シテ欲しかったな。

161:「cherry cherish...」 28+1
「和人」は新入生であった幼馴染み「咲良」と再会。
久しぶりに彼女の家に入ったのでした。
こちら、商業誌初掲載作品ということで。
幼馴染み・ツンデレ・ツインテールという組み合わせなのでそうです。
なるほど。
解説でも触れられていた、昔のワンピースを着てもらうくだりが秀逸
「咲良ちゃん」のリアクションがイイ感じでした。
毎々えっちの前にやりたいですね(笑)

生徒会長「清河雪音」、生路青空
※左:生徒会長「清河雪音」、右:生路青空

191:「青空は夜に咲く」 70+1
同窓会に参加した「薮田章仁」
自らの夢は叶わず、また共に夢語っていた女子も同様だと聞き、げんなりしていたところ。
なにやら訳アリそうな女の子「生路青空(いくじ・せいら)」と出会い。
なんのかんの、行き場がないらしい彼女との生活が始まったのでした。

こちらは同人作品からの収録。
ページ量としては、2話…通常ならば4話分くらいのボリュームですかね。
いわゆる、いきなり女の子と同居が始まる系のお話。
リアルに考えるのであれば、なかなかリスキーですね。
試しに調べてみたところ、
★未成年者誘拐罪・未成年者略取罪(刑法224条) ※須賀法律事務所HPより。
…になるようです。
また、「青空ちゃん」は学生だと言っちゃってましたからね…。
彼女、ちょろっと家庭の話もしていたのですが。
想像されるほどに…酷い環境であったとは感じられなかったです。
基本的にはちゃんとした娘でしたからね。
もしかしたら、父親が健在だった頃は良かったのかなー。
こちら成年漫画ながら、お話もまたキチンとしているので。
ちゃんと手を出さない「章仁くん」です。
えっち展開は中盤にて。
あれは…もう彼の心情が察して余りある、辛い。
まぁ、彼の場合はそれを慰めてくれる娘がいるんですけどねー。
「青空ちゃん」としては、とっくにOKだっただろうし。
ちゃんと彼のことを察して、受け入れてくれてました。
個人的には「いいよ、しよっか」のえっち展開が好きです。
オチ・後日談までえらく可愛かったですよ。

 ★★リンクほか ★★★

ゆきこい

雪ふって、恋かたまる (GOT COMICS) コミック, 2024/4/12 [アダルト] 波乗かもめ (著)

tag : コメディーラブコメパンチラツインテール

■堕罪 (監獄銘菓)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ブラック、退廃的、
・構成 : 初単行本、6話収録(うち「不協和音」×2、「延命治療」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・個別あとがき、
      加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「監獄銘菓(かんごく・めいか)」センセの「堕罪」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は6話と少な目なのですが。
各話にページ量があり、読み応えはしっかりありました。
…というか。
単行本のタイトル、↓表紙の雰囲気(裏表紙のテキスト)などから察せられる通り…。
ラブコメではなく、退廃的な空気感たっぷりの、ブラックなお話群です。
一気に読み進めると疲弊しますね。
読む際には、精神が度安定している時のがいいかもしれません。
まぁ、ひでるさんの感覚ですが、単行本全体では真っ暗・ドン底レペルで最上級程ではなかったので、ご安心(?)ください。
(※お話によってある程度ね)
おまけで特徴的だったのは、カバー裏の個別あとがき。
収録話について、解説…というほどではないのですが。
ざっくりセンセの一言が書かれていて、各話解釈の助けになっていました。

「不協和音」「文枝」、「望目」「高橋唯」
※左:「文枝」、右:「高橋唯」

 ★★絵柄について ★★★

強い目力のヒロインが特徴的
カラー絵も妖しく実にイイ感じに仕上がっていて。
おそらく、↓表紙で目が合った人は…思わず手に取ってしまったのではないでしょうか。
ただし、白黒絵は…正直なところ、かなり荒い印象。
あちこちのバランスが悪く、線も頼りなさげ。
漫画もザックリとしていました。
(※非常に良いのもあります)
ヒロインほか人物画は良かったり、そうでなかったり…。
横顔とか、不安になるところがあります。
…などなど、正直なところ気になった点は数多くあるのですが。
それらマイナス点を帳消しにする、ヒロインの魅力があります
なお、背景や小物は良い感じに仕上がっていて。
漫画の面白さ(※そう楽しげなストーリーではないのですが)に直結し、お話の深みというか、説得力みたいなのによく影響していたと思います。
とかく個性的なので、「ワニマガシン社」さんのHPでサンプル確認するのをオススメします。

 ★★収録話について ★★★ 6話収録

003:「不協和音」 前後編
タイトルからして不穏な雰囲気なのですが。
漫画は…まさにそんな感じでした。
家庭に色々問題を抱える「文枝」のお話。
前編では、もうトンデモな大暴れをしていた彼女なのですが…。
(※勿体ないので詳細伏せますが、えっち対象になるのも意外な人物です)
後編では彼女の過去語りになっています。
なるほど、アレは…「文枝さん」が現在あーなってしまうのも仕方ない
原因のほとんどは父親ですね。
最近見掛けるようになった、似た境遇の女の子と意気投合していたのですが。
中盤の流れが悲しい
覚悟というか、抱えてた背景との差ですかね…。
全然いいこっちゃないですが。
冒頭から物凄いお話でした。

065:「延命治療」
089:「副反応」
部活で遅くなっていた「朝陽」
帰り道、道端で酔い潰れていた「凌信(しのぶ)」を見つけ、家まで送り届けたのですが。
なんのかんの、その話し相手にされたのでした。
カバー絵はこちらのヒロイン「凌信さん」です。
そちらでも特徴的な、黒下着が実にセクシー
よくよく見ると、中扉もそうですね。
まぁ、あのお誘いは…抗いがたい。
えっちの際にて言ってましたが、「朝陽くん」はよく頑張った、えらい(笑)
続く「副反応」はその後の2人の風景。
こちらは「凌信さん」視点になっていて。
大人な彼女の、不器用・不安定な心情が伺えるようになっています。
可愛い人だなぁ。
次の週、のくだりが好き。
しかし、「朝陽くん」はいい男ですねー。
たぶん、しっかり責任取ってくれると思いますよ、彼なら。
こののち巧くいけばイイですね。

「延命治療」「凌信」
※凌信

115:「夜に掛ける」
ざっくり、2通りくらいに解釈したのですが。
ぱっと見では、いまいち理解が追いつかないですね。
現在・過去(あるいは妄想?)の風景が出てきてような感じがため。
あるいは乱丁だったりして。
ラストはヒロイン「叶愛(かな)」ちゃんのイイ笑顔なのですが…。

☆以下、いちおう隠します☆
センセの解説を見る限り、あれ飛び降りてますかね?
やっぱり…前半の結婚風景は妄想か。
違ってたらすみません。

145:「望目」
理科学部「三浦紬希」は街中で泣いていたクラスメイト「高橋唯」に鉢合わせ。
それを切っ掛けに、彼女のことが気になるようになっていたのでした。
こちらのエピソードも、2人色々あって明るさはなく。
決して、甘いストーリーではないのですが。
ラストは良く、優しい読後感でした
単行本、ラスト位置に相応しい短編です。
えっちシーン、「三浦くん」の眼鏡を「唯ちゃん」がかける部分が好き。
センセ、眼鏡女子もお上手ですね
なお、そのくだりも単にえっち描写なだけでなく、ちゃんとお話にも影響していた点は良かったです。

 ★★リンクほか ★★★

堕罪

堕罪 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) コミック, 2024/3/29 [アダルト] 監獄銘菓 (著)


tag : ラブコメ

■嫌がる妹を押し倒してイロイロとえっちなことをしたい! (はやけ)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ロリ、コメディースクール水着
・構成 : 9話収録(うち「変態兄との憂鬱な生活」×2)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はやけ」センセの「嫌がる妹を押し倒してイロイロとえっちなことをしたい!」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

なんというか…、凄いタイトル。
本編見たところ、だいたいそんなんでしたよ。
なお、↓表紙などの雰囲気で察せられると思いますが。
いわゆる、ブラックな要素はほぼありません。
多少強引なところありましたが、基本コメディーちっくに仕上がっていました。
清く正しい(?)ロリ系単行本です。
なお、くくりも当然LOなのですが…おっぱい大きいヒロインもいます。
だいたい3名。
収録9話(※2話連続が1つ)だったので、なかなかの打率ですね。
おまけはあとがきでした。

「変態兄との憂鬱な生活」妹「茜」
※妹「茜」

 ★★絵柄について ★★★

色彩薄めで、どこかほんわかした雰囲気。
それでいて、枠を超えること多く、原稿は結構ごっちゃりとしています。
ジャンルそのまま、人物画は頭大きく細身スタイルなロリっとしたもの
ふっくらでなく、縦長気味(小さいものの)
しれっと冷めた表情が可愛いです。
一方、男性陣はどちらも概ね似たような描かれ方。
短髪で適度な体格。
ほぼ目を描かれない、個性を抑えたものでした。
背景・小物なども、そんな感じであっさり。
ただし、服などポイントになる作画は、そう悪くないと思います。
良いコマと比較して、引き絵・小さいコマなどの作画は弱め。
えっちシーンなどは流れるような疾走感あって、全体ではメリハリある仕上がり~、とも言えます。
判断については、紹介帯のカット絵が見易い裏表紙が良いでしょう。

 ★★収録話について ★★★ 9話収録

003:「変態兄との憂鬱な生活」 前後編
エロい兄に辟易としていた妹「茜」
じっとりした視線を向ける彼女に…妙に興奮していった兄は、そのまま襲い掛かったのでした。
タイトルは異なりますが、表題に沿った代表的作品。
なお、前後編で40ページほどのエピソードです。
妹のスカート姿にテンション上げていく、困った兄
まぁ、これまでよく無事だったわね。
こうしたジャンルなので、多少受け入れてるところも感じられたのですが。
結構、しっかり嫌がっており…そうしたのお好きな方にはより刺さるでしょう。
後編ではスクール水着の「茜ちゃん」
こーなっても、まだなんのかんの言ってるところが可愛い。
そうしたプレイかしら。
後半ではイイ感じに積極的になってましたよ。
日焼け跡が実に良かったです。

043:「無邪気な誘惑」
親の再婚で、義妹「日葵(ひまり)」ができたのですが。
距離感の近い彼女がため、処理していたところ…。
いきなり「日葵」が部屋にやって来たのでした。
こちらのヒロイン「日葵ちゃん」は、カースト高そうな美人系。
元気が合って物腰穏やか、かつ距離感も近いと、最高な義妹なのですが。
えっちなんも、なんのかんの抵抗せず受け入れて(※よく分かってない雰囲気ですね)くれてました。
調子に乗って、ベランダでシテたりしますね。
誰かしらに気付かれてたっぽいですよ…。
なお、収録の巨乳メンバーには入らないものの、「日葵ちゃん」はそこそこサイズでした。

061:「まじめな妹の隠しゴト」
休日には家でダラダラしていた兄。
真面目かつしっかり者の妹「美咲」にはよく注意されていたのですが…。
そんな彼女の意外な姿を目撃したのでした。
こうした漫画なので、「美咲ちゃん」が何してたか、想像つきますよね。
はい、単独プレイは目撃されるのがお約束というのはこちらも変わりません。
ポイントは、こちらのお兄ちゃん。
なかなか最低な事をしていました。
この漫画も…表題に沿ったものですね。
色々言いつつも、後半は積極的になっていた「美咲ちゃん」がキュートでした。

083:「プールびらき」
ほか生徒らと違い、目立つバストサイズの「日向あかり」
たまらず倉庫裏で処理していたところ。
その当人に鉢合わせてしまったのでした。
よくよく見たら、単独プレイ・鉢合わせというくだり、3連発ですね。
セオリーだから仕方ないか。
ヒロイン「あかりちゃん」はバスト大きいメンバーの1人。
まー、あんなんがスクール水着だったら、そりゃーたまらんでしょう。
こちらの男性、教師は収録のうち、まだ理性的。
ただ、彼女がやって来たタイミングが実に悪かった(笑)
なお、脱がせたところ、日焼け跡とかなかったので。
もともと褐色肌なのかもしれません。

101:「クールなあの娘の心模様」
いつも放課後に図書室で読書をしている「島崎紗代」
彼女が大人しく物静かなことをいいことに、こちらの教師はえっちを求めていたのでした。
事の最中でも、しれっとした態度な「紗代ちゃん」
まったく反応なさげなのですが、軽く頬赤いところがキュートなのです。
収録ヒロインでは、こちらの彼女が好き。
あの、じとーっとした視線送られたいですね(笑)
後半は、休日に彼女がアパートまで訪ねてくるというもの。
その理由がまた凄かった。
いいなぁ。
オチの反応が実に可愛いです。
他のシチュエーション見たいなぁ。

121:「好奇心旺盛な女の子」
兄のもとにやってきた「千恵」は、いきなりトンデモない事を言い出したのでした。
ヒロイン側から誘ってくる、収録では珍しいエピソード。
まぁ、意味分かっていないんですけどね。
こうした漫画なので、結局はシちゃうんですが…。
こちらのお兄ちゃんは、まだ冷静だった方ですね。
寝室、そして風呂場と場面変わるこちら。
なんとなく、えっちシーンの迫力が他より凄く感じました
(単行本に初出などなかったので、原稿時期などは不明)
お話的にもえっち多めな回ですね。

島崎紗代、体育委員「新田」
※左:島崎紗代、右:体育委員「新田」

139:「おにいちゃんはダメっ!」
成長期な「可憐」は特にバストが目立つようになっており。
それがためか、昔優しかった兄は日に日に変になっていたのでした。
おそらく、収録で最大サイズだろうバストサイズな「可憐ちゃん」
微妙にふっくら気味ですかね。
モノローグにあったように、例によってお兄ちゃんはおかしく
帰宅した彼女に、いきなり抱きついてきてました。
そんな彼に対し、
少しだけだからね
そう、許してくれている彼女。
うん、そんなんだから、兄あーなったんではないかなぁ。
ただし、後半にあった通り、たとえ怒ったとしても彼には効果ないだろうけど。
(※あの可愛い怒り方では増長させるだけだわねー)
ちゃんと回収されたオチは良かったです。

157:「せんせいと秘密の授業」
次は体育の授業であるため。
まだ昼休み中ながら、体育委員「新田」は教師の手伝いをするべく用具室までやって来たのでした。
収録ではバスト大きいメンバーな「新田さん」
あの年齢にしては…かなり大きいですね…。
そりゃー、教師といえど見ちゃうのは当然、ではあるものの。
もうちょっと自制しなさいな。
なお、体操服はしっかりブルマでした(笑)

 ★★リンクほか ★★★

嫌がる妹を押し倒してイロイロとえっちなことをしたい!(はやけ)

嫌がる妹を押し倒してイロイロとえっちなことをしたい! (TENMA COMICS LO) コミック2024/3/28 [アダルト] はやけ (著)
(※アマゾン登録なし24/04/12)


 ☆「はやけ」センセの漫画紹介記事 ☆

なにするの!?おにいちゃん!!
妹の裸を見て興奮するなんて変なお兄ちゃん


tag : コメディースクール水着

■即ハメ!むわっと汗ムレ娘 (フェチ男)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●○○
・独創性:●●●◎◎
・属性 : [成年] コメディー、巨乳
・構成 : 初単行本、7話収録。
・おまけ: あとがき、ヒロインズ!!!、カバー裏にヒロインズ!!!詳細

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「フェチ男」センセの「即ハメ!むわっと汗ムレ娘」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は全て短編での更生。
特に連続話・関連するようなものはありませんでした。
なんとなく、年上のが多そうなイメージでしたが。
ヒロインが年上(だろうもの)は4名。
ほか2名は年下、1名は同級生となっています。
おまけは、あとがきほか、ヒロインズ!!!というページがあります。
カバー裏前後を含めて、合計4ページほどあり。
登場ヒロインらの、様々なプロフィールを眺めることができます。
けっこう詳細に書かれていて、楽しいです。
本編見た後、ぜひ見てみて。

セレブ「紫藤あすか」
※「紫藤あすか」

 ★★絵柄について ★★★

太く濃いめな線でのコッテリ絵柄。
肩幅広く、むっちりというより、しっかりとした肉付き。
横長かつ白目がため、独特な雰囲気になっています。
お名前にもあるフェチっぽさは…、成年漫画で想像される、広範囲に刺さるだろうしっとりとしたものでなく。
なんというか…全体的に力強い印象
個人的には、そんなんも含めてコメディーっぽい感じがしました。
一方、男性の大半は目が描かれないなど、作画・個性は控えめになっていて。
メリハリのある仕上がりです。
白比率は高めで、あっさりとした色彩。
小さいコマ割り多めです。
よく動く反面、あちこちのバランス、コマ内配置などには微妙なところもありました。
カラーでもそう変化ないのですが、判断はカット絵も多い裏表紙がオススメ。

 ★★収録話について ★★★ 7話収録

003:「Cool&Kind」
性処理をしてくれる姉「琴ことは(ことぶき・-)」
しかし、彼女は感じない体質的のようで…媚薬を試してみたのでした。
前後で変わる「ことはさん」の反応を楽しむ作品
前半のしれっとした表情もいいですね。
羞恥心はあるだろうし、あちこちで仕掛けたくなります。
カバー裏での経験人数は4人とのことだったので。
彼女自身も、どうか試してみたんですかね。
ぱっと見な雰囲気と違って、優しく。
オチはそんな感じでした。

031:「ロリ体型コンプレックス」
セレブの「紫藤あすか」は取り巻きがいる、クラスでの人気者。
しかし、お子様体型がため彼氏に振られた過去があり…。
男性面でも優位に立つべく、友人に男を紹介してもらおうと考えたのでした。
友人への発言、2人の取り巻き(※彼女らには「あすか様」と呼ばれてました)から察するに。
「あすかちゃん」がセレブってのは、本当なのかな
タイトル通りなスタイルで、下着姿も可愛いです。
以前振られたそうですが。
おそらく、「あすかちゃん」は需要多いタイプだと思いますよー。
そのうち彼氏できますよ。
ただ、漫画は友人の紹介で援交する流れで、中年男性と云々といった展開でした。
こちらはオチが楽しいです。

063:「ち○ぽこ指導」
悪戯ばかりの生徒に呆れた教師「朱堂燈」
実習生時代に教わった、指導法を試すことにしたのでした。
ダサイジャージ姿が魅力の「燈先生」
裏表紙に登場してますね。
ひでるさん購入の切っ掛けとなった彼女ですね。
生徒らにえっちな事されて、まいっちんぐーみたいなんを想像(笑)しましたが…。
ジャージそのまま、「燈先生」は体育教師然とした人。
指導、という事でエロい行為をしてました。
どう先輩に教わったのか、エロで屈服させるとかでもなく、本気で指導の1つだと考えており。
中盤で指導自体を疑問に感じてましたね…。
そりゃ、そーでしょ(笑)

093:「性遊記」
美人格闘家「リー心春」を物陰から眺めて、楽しんでいた「竿部真一」
しかし、ふとした切っ掛けで気付かれてしまったため…。
見ていたのを誤魔化すべく、弟子志願をしたのでした
こちらが↓表紙の女性ですね。
結構美人に見えるのですが、男性経験はなく、年齢もそこそこ(収録で最年長)
こじらせており、えっち展開も妙ちくりんな流れでした。
カバー絵で引っ掛かった(かもしれない)、格闘ゲーム好きな人には…刺さらなさそうだなぁ…。
いちおう、えっちはチャイナドレス姿なままでしたよー。
全裸にならない理由が可愛かったです。

119:「セックス奉行がやってきた!!」
突然、「たける」の部屋にセックスの名門摩羅家の跡取り「摩羅ほまれ」がやって来たのでした。
かずのこ天丼のほまれ」、だそうです。
全裸にハチマキ・法被(はっぴ)、そしてオーバーニーソックスと極小ショーツだけ、というなかなかに変態ちっくな恰好。
彼を訪ねたのは当然えっち目的(※武者修行の旅だそうです)で、カバー裏解説によると、経験人数も圧倒的。
…襲った?
そんな彼女に対し、「たけるくん」の応対は常識的。
まぁ、ここまではっちゃけた女性が目前であー言ったしても…基本、関わりたくないわね。
あ、これ書く際に気付きましたが、あののぼり旗は…恥ずかしいね。

美人格闘家「リー心春」、美少女ヤリマン「新城凛」
※左:格闘家「リー心春」、右:「新城凛」

145:「孝行娘」
男手1つで育てられた「大迫咲」は、父親に言われるままにしていたのでした。
漫画にそうした描写はなく、どっちかというとコメディーっぽい仕上がりなのですが。
実際のところ、なかなかにブラック要素強いお話。
日焼け跡眩しい、スポーツ少女な「咲ちゃん」
ごく当たり前に父親とシてましたが。
まぁ、普通に学校行ってるようなので、ちょっと漫画過ぎるわね。
実際ならば、どっかで是正されるでしょう。(彼女のオープンな性格的にも)
また、下半身丸出しで迎えてた父親は…頭どうかしてると思う(笑)

169:「僕とヤリマン」
学園で目立つ美少女、かつヤリマンである「新城凛」
ちょっとした偶然から、「田中幸治」はそんな彼女と2人きりで掃除することとなったのです。
前折り返しが、こちらの「凛さん」だと思います。
この絵好き。
教室にて、彼女は男子生徒と堂々とそんな会話をしており。
ヤリマンというのは、噂とかでなく確定。
普段はやんちゃなグループにいるものの、特にそれにこだわり等はなく。
「田中くん」とも普通に接しておりました。
えっちなんも同様で、最中も普段と変わらず、温度は低く。
中盤、なにゆえ彼女がそんなんなのか語る場面は、納得感ありました。
そんなんがため、後半の描写はイイ感じでした。
ただ…その、やんちゃグループな彼らが、「田中くん」との関係をほっとくとは思えず。
ちょっと、この後に騒動ありそうで心配。

 ★★リンクほか ★★★

即ハメ!むわっと汗ムレ娘(フェチ男)

即ハメ!むわっと汗ムレ娘 (真激COMICS) コミック, 2024/4/5 [アダルト] フェチ男 (著)
(※現在アマゾン登録なし24/04/07)

tag : コメディーオーバーニーソックス

■性活週間 ~New Edition~ (みちきんぐ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、ハーレム、お姉ちゃん、ショタ
・構成 : カラー(16P)、11話収録
      (うち「姉体験週間」×6、「禁欲部」×5)
・おまけ: あとがき(旧あとがきも収録)、カラーイラスト、
     販促ペーパーイラスト、カバー裏にカラーイラスト。
※初単行本「性活週間」の再発・リニューアル本。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みちきんぐ」センセの「性活週間 ~New Edition~」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

センセの初単行本「性活週間」が、雑誌掲載時と同じ大きいB5サイズで再登場
…といったものが、こちらの「New Edition」です。
収録は中編2本、合計11話。

初出を見る限り、収録漫画は特に変化ないと思われます。
唯一、8ページの「姉体験週間SP」は一部書店での特典小冊子からのもの。
他で購入していた方の場合、ぎりぎりこちら1話はお得。
そのほか、今回用に描き下ろしされたのは、おそらくカバー絵のみ…ですかね。
(※新規収録のあとがきページも、文字だけでした)
漫画以外では、関連した特典イラスト、OVAイラストなどがドッサリ収録
なお、各書店の特典イラストなのですが。
収録のヒロインら5名に、
おっぱい見せて、とお願いしてみた
…というお題で、それぞれの反応が描かれているもの。
こうして、ずらりと見ると楽しいです。
皆さんノリノリでしたよ…。

ひでるさんはちょうど、もと単行本は未購入だったので、良かったんですが。
既に持っている人は、収録漫画は内容変わらずで(たぶん)…。
本サイズ変更に、前述したイラストなどが収録されただけの内容、また決して安くはない(¥2,310)金額なので、購入については色々と検討するのをオススメ。
センセのファン、コレクター目的なら、って感じですかね。
…あ。
当単行本との繋がりある「姉体験女学寮 ~Limited Edition~」を持っている人の場合は~。
単行本の仕様が似通っているため、2つ揃った際の見栄えはなかなか良かったです。
そんなんで決めるのもいいかと(笑)

妹「日奈森絢夏」
※妹「日奈森絢夏」

 ★★絵柄について ★★★

まあ、こうして初単行本が豪華仕様で再発されるという、出版社さんの力の入れ具合から想像できるそのまま…。
あちこちお上手です。
ただ、こちら収録は初単行本、原稿時期も古いものなので…。
正直なところ、作画はそれなり
この頃からセンセの見事な絵柄なのですが、さすがに現在のものと比べると差がありました。
特に「禁欲部」はそうした印象。
なお、収録のカラーイラスト、販促イラストらは、どちらも抜群な仕上がりです。

 ★★収録話について ★★★ 11話収録

019:「姉体験週間」 6話
3人の妹「絢夏」、「千秋」、「冬乃」を持つ兄「日奈森春太郎」
彼女に性的な興味を持ち、またそれを隠さないため…ガッツリ嫌われ、迫害されていました。
優しい姉を求めてエロゲする彼は、PCに届いた「姉体験週間」というゲームをダウンロード。
しかし起動はせず、諦めて寝てしまったのですが。
翌日、目覚めると子供の姿になっていたのでした。

そうした経緯で、お姉ちゃんハーレムが堪能できる連続話。
前述したように、ひでるさんは今回が初見なので…。
なるほど、これが「姉体験女学寮」の前日譚なんだなぁ、と興味深く読み進めました。
そっちも再度読み返し、お話完全に把握できました。
やっぱり、どっちも読むべきですわね
(※なお、4月末頃に「姉体験女学寮」はスタンダード版が発売されるそうですよ)

1話目は「絢夏さん」です。
↓表紙ですよね。
超ショタコンという彼女は、このシリーズではメインっぽい立ち位置。
こちらでもいきなり抱きついてくるなど、シリーズでは終始よく目立っていました
メインはお風呂えっちです。
2話目は「冬乃ちゃん」
なにがあったか、超エロいですね、この娘…。
そうした、百戦錬磨という彼女を屈服させたのだから、凄い。
あのオチ展開も凄いですね。
もっと引っぱらないのか。
やりまく…」での「千秋さん」の表情が好き。

3話目は1人残った、その「千秋さん」です。
こうして、実は彼女が扱いではメインっぽいのですが。
先の2人が個性強く、特にセンセは「冬乃ちゃん」推しなようで…。
あんまり目立たないですね(笑)
事の詳細が明かされるのは4話目。
まぁ、こうした漫画ですからね(笑)
ただ、こちらも「冬乃」・「絢夏」らのが印象に残ります。
なんだか「千秋さん」が気の毒。

5話目は単行本時点での描き下ろし。
「絢夏さん」と、子供な姿でのえっちになるのですが。
こちらが、後の「姉体験女学寮」に繋がっていくんですね。
前述しました「姉体験週間SP」は、オマケ小冊子でのエピソード。
ようやく(笑)、「千秋さん」との落ち着いたえっち、お姉ちゃんプレイです。
可愛い娘なんだけどなぁ…。
やっぱり性格がためかしら。
旧単行本でのあとがき絵もキュートでしたよ。

119:「禁欲部」 5話
バスト大きく、男子生徒からの妙な視線に悩んでいた「桜井麻里子」
教師「氷上」に相談したところ、
男子達を律するのは難しいけど、桜井の方を変えていく事はできるかもしれない
~というアドバイスをされ。
性的なことに慣れるべく、部活「禁欲部」が始まったのでした。

妹「日奈森千秋」、生徒会長「瀬戸島姫乃」
※左:妹「日奈森千秋」、右:生徒会長「瀬戸島姫乃」

漫画なので、多少極端に描かれているのは承知のうえ言いますが…。
ちょっと、服のサイズが合ってないのでは、「麻里子ちゃん」
男子らが妙な視線になるのも、仕方ないこと。
逆にアピールしてるように見えるので、同性に嫌われてそう。

体育授業から始まる2話目。
当然のようにブルマでした。
「麻里子ちゃん」のそうした姿は、超エロいですね。
こちらから、その友人「ゆこちゃん」こと「蒼井祐子」が登場。
「禁欲部」での調教、もとい部活動に勤しむ「麻里子」を覗き見るというもの。
まぁ、そこらのAVに負けない行為を目前で見せられたら、そりゃー目が離せないのも当然。
ただ、しっかり部活に巻き込まれるのは続く3話目からです。
男性が苦手という「祐子ちゃん」
冒頭のパンチラ、モロのくだりが好き。
なーんで、あんなに足開いちゃうかなぁ。
部活動にて、「先生っ私も手伝いましょうか」と言い出した「麻里子ちゃん」のくだりが可愛いです。
うん、この娘はこんなん良くお似合い(笑)

そうした部活を知った生徒会長「瀬戸島姫乃」は、教師「氷上」を告発することとしたのでした。
そうした、部の存続危機となった4話目。
彼を呼び出す際、「姫乃さん」は信頼できる腹心・副会長「篠森皐月」を伴っており。
2人きりにならぬよう、ちゃんと考えて行動していました。
…ただ、まぁ…とっととしかるべき所に連絡して、そっちに裁いてもらうべきですわね。
性格柄、直接言わないと気が済まないのかなぁ。
この危機をいかにして「氷上くん」が切り抜けるのか、お楽しみに。
個人的には、こちらの「皐月さん」が好きです。
最終話は、その後の部活動風景。
まぁ、ハーレムで羨ましい限りなのですが、こちらのポイントはラスト3ページ。
なかなかエグい展開でしたよ…。

 ★★リンクほか ★★★

せいかつしゅうかん

性活週間 ~New Edition~ (GOT COMICS) コミック, 2024/3/29 [アダルト] みちきんぐ (著)


 ☆「みちきんぐ」センセの漫画紹介記事 ☆

主従えくすたしー
アザトメイキング
姉体験女学寮 ~Limited Edition~
シオンコネクト


tag : ラブコメパンチラ

■飴色プロローグ (木瀬樹)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、貧乳
・構成 : 初単行本、8話収録(うち「アイドル・プランニング」×2、
     「麦の恩返し」×2)
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
     カバー裏に「愛してる」って言ってください。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「木瀬樹(きせ・いつき)」センセの「飴色プロローグ」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は8話で、2本(4話)の連続話があり。
6組のカップルが登場していました。
↓表紙の雰囲気、タイトルから察せられるだろうそのまま、甘いラブコメ漫画群です。
ラブもコメも盛りだくさん。
なんだか、こうした甘さは久しぶりのような気が…。
なお、単に甘いだけではなく~。
男女それぞれキャラクター良く、見ていて楽しい仕上がりでした。
おまけはあとがき、ゲストページほか…。
個人的に、カバー裏の企画ネタ、”「愛してる」って言ってください。”が大好き
前後でヒロイン、男性側と分かれていて。
それぞれキャラに、「愛してる」と言わせた際のリアクションが描かれています。
皆さん個性的で楽しいのですが、コレそれだけでなく。
ヒロイン → 男性の順で、2コマ漫画みたいになっているのが、またポイント高い。
(※6カップル分見れてお得です)
非常に面白かったです。
毎回単行本でのお約束にして欲しいですね。

中二病「楓」、狼「麦ちゃん」
※左:中二病「楓」、右:狼「麦ちゃん」

 ★★絵柄について ★★★

ぱっと見の印象そのまま。
ヒロインらは白黒、カラー共に実にキュートな仕上がり。
裏表紙、中扉のような集合絵もイイ感じでした。
輪郭に対し、大きめな丸い黒目。
身長は低く、スタイルも控えめのふんわりとした肉付き。
ロリっとした可愛らしさがあります
表現はコメディー崩し多めで、ラブコメちっくな甘いもの。
背景や小物なども特に引っ掛かることはなかったです。
変化あるコマ割りで、原稿は結構賑やか。
それがためか、個人的には…すっと頭に入ってこない箇所もありました。
なめらか細線の綺麗な作画。
印象はカラーと変化ないので、カバーでの判断で大丈夫です。

 ★★収録話について ★★★ 8話収録

003:「エリュトロンの瞳」
中二病な「楓」とは長い付き合いの「翔太」
何気ない会話から、彼女がなにゆえそんなんなっていたのか、知ることとなったのです。
カラーのが分かり易い「楓ちゃん」
裏表紙の右上です。
そう、オッドアイなんですよ、かっちょえー。
ちゃんと、そんなんがお話のになっていました。
ややベタでしたけどねー。
カバー裏企画・「愛してる」って言ってください、の2人がまた楽しい。
無理なく(っぽく)あんなん演じられてるあたり、彼女の好意の深さが見える気がします。

031:「Cross―stitch」
会社の後輩「山吹隼人」と、何気ない会話から結婚することとなった「桃」
当人も困惑するほどトントン拍子に進んでしまったため、結婚後に彼と釣り合っているかどうか不安になっていたのでした。
見ていて楽しい、身長差カップル。
いいですね、この2人。
基本的に余裕のない「桃ちゃん」に対し、サッパリ悠然とした態度な「隼人くん」なのですが…。
ちゃんと彼の素も描かれていて、良かったです
冒頭のアレもそんなんだったのかなー。
この2人は他シチュエーションも見てみたいですね。

055:「melting snow」
いまだに「雪」を「委員長」と呼んでしまう「氷野新(ひの・あらた)」は、彼女と昔からの腐れ縁。
特に恋愛感情はなかったのですが、友人に言われてちょっと意識を持ち。
食事に誘ってみたのでした。
呼び出した彼女が、気合い入った服装だったなら…。
男性陣はテンション上がるでしょう。
中盤の「なんでホテルなのよ!!!」のくだりですが。
ひでるさんも完全にホテルな流れだと思いましたがね。
まぁ、あーした反応がまた可愛いんですけれど。
カバー裏企画・「愛してる」って言ってください、でも、実にいいやり取りをみせてくれてましたよー。

あともう1つ。
読んでた時は、全然気付きませんでした。
冒頭の教室風景にて、後述する「飴降って地固まる」のメイン「昴」・「未玖」がゲスト出演してました。
どっちにも出演していた…「姫野」さんの話もそのうち描かれるのかな。
彼女の雰囲気も好き。

083:「アイドル・プランニング」
105:「アイドル・プランニングepilogue」
引退ライブを無事に済ませたアイドル「花音」
打ち上げを抜けてきた彼女は、マネージャー「ゆうじ」のもとに向かったのでした。
年齢差21歳という、羨ましいカップル。
「花音ちゃん」がアイドルしてたのは、1ページ目だけなのですが。
結構人気あったっぽいですねー。
いわゆるアイドル・マネージャーのカップルなのですが、「ゆうじくん」ちゃんとしていて。
えっちは1回だけ、それも彼女から不意打ちで無理矢理に仕掛けた様子。
アレもまた羨ましいシチュエーションですね。
えっち時の「花音ちゃん」がまたキュートでした。
「epilogue」は10ページでやや短め。
その後の風景で、メインはオンライン会議中の彼に仕掛けるというもの。
この2人…毎回こんな感じでえっちしてそう。
(※「花音ちゃん」が不意打ちして、「ゆうじくん」が半ばキレながらヤリ返すみたいなん)
折り返しのカラー絵がまた可愛いです。

115:「飴降って地固まる」
「昴」との交際は順調で1年になった頃。
何故か最近の彼はよそよそしく…。
「未玖」はその原因を急成長した自らのバストであると考えたのでした。
タイトルの「」は誤字でなくて、それで合ってます。
収録では珍しい巨乳キャラの「未玖ちゃん」
まぁ、男性にとって…サイズは重要ですわね。
また、こちらの「未玖ちゃん」ですが、1年前は「ぺたーん」なんて擬音描かれてしまう程度だったので。
(※現在はなかなかの巨乳っぷり)
そう考えるのも自然か。
友人のアドバイスを受け、えっち仕掛ける流れ。
事の真相、「昴くん」の話が面白い。
確かにねぇ。
あんまり喜ぶのも引かれそうだし…。
オチが楽しい。

1年で急成長した「未玖ちゃん」
※未玖ちゃん

139:「麦の恩返し」
165:「麦の恩返し―学生編―」
怪我をしていた犬「麦(むぎ)」を助けた「三浦浩人」
元気になるまで飼っていたものの1人暮らしで何かあった時対応できないため、保護団体に託していたのでした。
ふと寂しさを感じていた頃。
ふらりと家にやって来た女の子は、何故か名前を知っており…。
不思議な話を始めたのです。
ざっくりでは、そんなお話。

まぁ、タイトルでバレバレなのですが…。
人になった「麦ちゃん」が恩返しに訪ねてくるというもの。
ちなみに、彼女犬でなくて狼らしいのですけれど。
冒頭、狼と見抜けなかった動物病院は…ヤブでないか?
麦藁帽に御嬢様ちっくなワンピースが可愛い「麦ちゃん」
耳・尻尾があり、こうしたものの定番と違って引っ込めることはできない様子。
個人的には折り返しのカラー下着絵が好き。
見ず知らずな娘でも部屋に上げるのも納得です。
なお、恩返しは…えっちなんでした。
手っ取り早く、分かり易くで有難い(笑)
狼とは全然違うんだねぇ…」が何だか面白かった。

「麦の恩返し―学生編―」はその続き。
2人の生活は続いていて、「麦ちゃん」は学校に通っているのでした。
どうやって学校にねじ込んだんだろう。
こちらは狼・人での違いについてのネタですね。
まぁ、実にあまーいお話なのですが…ああした娘なので、こんなんもいいか。
制服姿・縞パンがイイ感じでしたよ。

 ★★リンクほか ★★★

飴色プロローグ(木瀬樹)

飴色プロローグ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) コミック, 2024/3/29 [アダルト] 木瀬樹 (著)


tag : ラブコメコメディーオッドアイ

■ご褒美たいむ (櫻井マキ)

★まんがデーター [11.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●◎○○
・漫画 :●●◎○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳
・構成 : 9話収録。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「櫻井マキ(さくらい・まき)」センセの「ご褒美たいむ」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は全て短編での構成。
ショートなく、9話という数は最近で多めに感じました。
特に、同世界などの描写はなかったのですが。
作中の同人誌・人気アニメキャラは、同じもののようで…。
最終的には、あとがき絵にも登場しています。
(※あとがき絵、あるいは作中でそのコスプレしてた「沙耶香」さんかもしれません)
これ書いてる時に気付きました。
おまけはあとがきのみ。
先のイラストと、挨拶くらいのテキストでした。

漫画読書会の先輩さん、コスプレ「沙耶香さん」
※左:漫画読書会の先輩さん、右:コスプレ「沙耶香さん」

 ★★絵柄について ★★★

まんまるかつ巨大なおっぱいが特徴の人物画。
それでいて全身は細身、縦長気味。
ちょっと首回りが気になりました。
ヒロインらは可愛く魅力的に描かれていて、背景などもイイ感じなのですが。
小物などは質感つるっとしてイマイチです。
表現は可愛らしいラブコメ調
すっきり線で濃淡・白比率はそこそこ。
見易く仕上がっていて、良かったのですが。
やや不安定な引き絵、コマ内配置など、あちこちのバランスが気になってしまいました
紹介帯のカット絵は判断に不適当なので、あらかじめ「文苑堂」さんHPなどでチェックしておくのが良いでしょう。

 ★★収録話について ★★★ 9話収録

003:「たとえばあの漫画みたいに」
「俊介」が帰宅したところ、部屋には既に先輩が到着しており。
漫画読書会で用意していた本の中に、どうやらえっち系同人誌が紛れ込んでいたようなのでした。
まぁね、女性向けのそんなんもあるのだし。
ただ、あーしてぶっちゃけてくれたのは、有難いですね。
男子の部屋で2人きりでマンガ読むとか、こうした展開も想像していたのではないかしら。
結構なミニスカートでしたからねー。
次の漫画読書会がどーなってしまうのか、楽しみですね(笑)

025:「結婚できない白石さん」
結婚相談所の「平川」
会員の1人「白石」は酒癖悪く、今日のパーティーでも戦果なかったようで…。
ヤケ酒に巻き込まれてしまったのでした。
まぁ、会員と2人きりで飲みに行くのは…あんまイイこっちゃーないわね。
酒癖悪いとはいえ、容姿はすこぶる良く、バストも大きく。
彼女、他に問題点あるんではないかなぁ…。
彼に打診したり、ラブホに誘ってたりしていて、キメる気満々だったかしら。
オチを見る限り、順調そうで…まあ、良かったか。
ガラス越しシーンがいいですね。

047:「とくべつのご褒美」
家庭教師「茜」は、生徒「黒沼」からテストのご褒美に、えっちを要求されたのでした。
成年漫画でお馴染み、勉強に対するご褒美切っ掛け。
そもそも、約束から忘れていたくらいな「茜さん」なのですが。
あっさり応じてくれたのは有難いですね。
彼女もえっち好きだったので。
なお、「黒沼くん」のモノが巨大サイズであったため、本気スイッチが入ってました。
特別にもう1回~」のくだりが好き。

067:「ドSメイド☆リゼちゃん」
彼氏「修」の誕生日。
彼のお願いを聞き、「沙耶香」はメイドのコスプレをしたのでした。
単なるメイドでなく、人気アニメでのコスチュームらしく。
上半身はビキニほどの布面積で、下半身はミニスカ・ニーソックス
なかなか恥ずかしい(笑)
なお、冒頭話の同人誌って…これが元ですかね。
また、タイトル通り毒舌キャラなようで、そうした台詞を言わされてました。
…あー、下手すると、これでバッサリ関係断たれてしまいそう。
なんのかんの、こちらの「沙耶香さん」は楽しんでいて。
お似合いカップルですわね。
「沙耶香さん」は八重歯あるようで、ラストコマの笑顔が素敵でした。

087:「新しい恋のはじめ方」
宅配サービスで、常連「西野」に届けたところ。
こちらが本日最後の届け先であったため、そのまま「青木」は宅飲みに誘われたのでした。
収録ヒロインらは巨乳揃いで、皆さん良い谷間を見せてくれているんですが。
こちらの「西野さん」の着ていた服がまた、エロエロしくて好き
あんなんで誘われたら、仕事なんてどーでも良くなるでしょうねー。
会話でのアプローチも彼女主導で、男性側としては非常にやり易い。
ソッチ方面でのお悩みもスッキリ解決してました。

111:「ハッピーマッサージ」
出張の宿手配で、うっかり主任と同室にしてしまった「柴田」
ほか宿泊先もなく、そのまま宿泊することとなったのでした。
あんだけ可愛い上司ならば…。
怒られつつ、わざと部屋間違えたりしてねー。
ミスしたことの罰がまた、タイトルにもなっているマッサージというご褒美であり。
それがえっちの切っ掛けになってました。
まぁ、そもそも…部下にマッサージさせる、って時点でなんらか期待あるわね。
どっちも。

131:「初恋レシピ」
料理を得意としていた「門屋」
学生時代、よくお昼を一緒にしていた初恋の相手である先輩。
コンビニで偶然再会したのでした。
急に引っ越して会えなくなっていたとか、コンビニでの再会とか…。
もうちょっと、前後なんらかありそうだったんですが。
もろもろすっ飛ばして、初恋相手との甘々えっちが描かれてます。
まぁ、良かったわね。
学生時代に2人分の弁当作ってた「門屋くん」は凄い。
女子みたいな男性ですわね。
そうした所が刺さったのかしら。

153:「花言葉をあなたへ」
お客様の自宅まで定期的に花を届けるサービス、のバイトをしていた「中島」
顧客の1人「椎名」は憧れの女性でしたが。
配達後、忘れ物を取りに戻ったところ…といったもの。
当初、ドアの覗き穴を、逆に見たのかと思いましたが。
隣に設置されてた、小窓から中見てるんです。
変な設計
こんなんあるのかな。
(→ 玄関窓も、アパートのソレも、検索に多くヒットしてました。あるんですね)
まぁ、こちらの「椎名さん」は故意にやっていて。
ひと落ち着きした後、「中島くん」を招き入れていました。
作中でも言われてましたが。
ちゃんと告白してた彼はイイ男性ですわね。

代理店の事務員「菊池さん」
※代理店の事務員「菊池さん」

173:「車中泊ロマンス」
飲んでしまったため、車中泊することとなった「江川」
そこに、同じ飲み会に参加していた、代理店の事務員「菊池」が終電逃なくなった、とやって来たのでした。
可愛い娘と2人きりで車中泊、という実に羨ましいシチュエーション。
なんだか…普通の部屋よりドキドキしますわね(笑)
まぁ、わざわざこんなところにやって来ている、というのは。
少なくとも好意あるんでしょう。
仕事仲間という引っ掛かりあるとはいえ、ここはお手付きするべきですね。
ちょっと、都合良い広さな車内が気になりました。

 ★★リンクほか ★★★

ほうびたいむ

ご褒美たいむ (BAVEL COMICS) コミック, 2024/3/29 [アダルト] 櫻井マキ (著)

tag : ラブコメコスプレニーソックス

■疼き妻のあぶない誘惑 (黒岩瑪瑙)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] コメディー、眼鏡、年上、複数
・構成 : 10話(うち「危険な二人シリーズ」×3)
・おまけ: あとがき、作品解説。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「黒岩瑪瑙(くろいわ・めのう)」センセの「疼き妻のあぶない誘惑」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は10話と最近では多め。
各話のページ量が少ないとかはなく、ボリュームは十分です。
3話ほどのシリーズものが1つあり、それ以外は短編でした。
なお、センセもあとがきに書かれていましたが…。
タイトルあんなんですが、オール人妻ではありません
(※純粋な人妻ヒロインは4名/9名中)
ただ、いちおう女性のがだいたい年上・お姉さんでまとまってました。
あと、眼鏡率高め。
おまけは、あとがきと各話解説。
1ページ使っていた解説は前話細かくテキストあって、読み応えあるものです。
なお、今回の単行本。
あらかじめ購入を決めていたんですが、その理由は…バニーコスあるっぽい、と察知したため(笑)です。
これが実にイイ感じで、大満足です。
また、そんなん着るのがまた、それっぽくない四角眼鏡ヒロイン、で最高でしたよ。
1話だけなのが残念。

凄腕スパイ主婦「土小野田怜奈」
※凄腕スパイ主婦「土小野田怜奈」

 ★★絵柄について ★★★

広がる灰色の薄い色彩な作画。
ゆるい線(いい意味で)で全体もスッキリ気味。
見易い仕上がりです。
適度にメリハリがあって、背景などは的確でしつこさないもの。
全体のバランスは良好
基本的には漫画っぽいのですが、独特な落ち着いた空気感もあり。
表現的な面でも適度な強弱でした。
人物画は五角形輪郭にタレ気気味な横長目。
身長は高く細身で、筋肉描写も非常にいい感じ。
概ねカバーと変化はないので、判断はそちらで良いでしょう。

 ★★収録話について ★★★ 10話収録

003:「疼き妻・背徳肛媚」
旦那が出張に出掛けると、「杏奈」のもとに連絡が届くのでした。
成年漫画でよくある、調教済な人妻モノ。
「杏奈さん」は↓表紙でぶち抜いている女性です。
嘘か本当か、ネットなどこうした話を見掛けますが…。
実際にこんなんヤラれてたら、旦那はたまらんだろうなぁ。
オチのモノローグがいいですね。
なお、ガッツリお尻開発されてました。

023:「SECRET WIFE」
ごく普通の主婦「土小野田怜奈(どこのだ・れいな)」
実は凄腕スパイという顔も持っていたのです。
解説にもありましたが。
成年漫画で女スパイとくれば…という、セオリーを外した作品
えー、って残念がる人いるかもしれませんが。
普段の「怜奈さん」は一般主婦である、といった設定を生かした流れで、これはまた面白いです。
まぁ、仲良くてなにより(笑)
たぶん、着替えなくても(スパイスーツのままでも)…コスプレだと言い張れば、だませそうに思いました。
いいですよね、ピッタリなスーツ。

043:「バニー妻と花束を」
結婚して5年。
旦那との関係は倦怠期に突入しており…。
こうした怠惰な生活を改めるべく、妻「魅奈子」はタンスを漁るのでした。
センセの解説が面白かったこちら。
(※個人的には、まとう怠惰な雰囲気がため、しっかり別人に見えていましたよ)
ひでるさんも大好き、バニーコスです。
前述していた漫画がこちらです。
基本コメディー調なのですが、愛ある流れで優しい漫画
お似合いな2人ですね。
なお、どーでもいいコトですが…。
1ページ目、怠惰なえっちも、これはコレで好き。

063:「部長の妻は北欧美人」
酔い潰れた部長を家まで送り届けた、部下2人。
出迎えた奥様「シルヴィア」は、噂通りな北欧系美人だったのです。
アイサツみたいなもの~」とか言ってましたが。
そっち系な人に怒られそうね
彼女持ちの部下「立川」が面白いです。
まぁ、バレないだろうし…いいよね。
オチが好き。
どーでもいいですが、部長さんはいかにしてあんな美人と結婚できたんだろう。
やっぱりえっちテクかしら。

083:「鬼哭メガネの逆襲」
「百井健太郎」の彼女「鬼塚勇魅(おにづか・いさみ)」
大学の先輩で、さっばりとした美人。
付き合って半年という頃、彼女の新しい魅力を引き出すべくプレゼントをしたのでした。
男前な女性に、可愛い恰好させてデートする、という流れ。
個人的に、スカート丈はもう少し短くして欲しかったですが…。
あんまりミニだと、彼女に拒否されちゃうかなー。
これまでの影響か、えっち時も可愛くなってました。
わはは。
デート中の「勇魅さん」が面白いです。
オチがこわい。

103:「春の嵐」
123:「狐雨」
コチラ2話は、収録でのファンタジー枠です。
前者「春の嵐」は…桜の精霊「フブキ・サクラ」が突然やって来るというもの。
その出現先が、しょぼくれた男性「春日井千春」であるというのが楽しい。
まぁ、おっさんにもこうした夢あってもいいですよね
桜の精霊が、眼鏡のお姉さんなデザインも楽しい。
目、悪いのかしら(笑)
後者「狐雨」は、少年「松吉」がボロ傘をもった「吟」と雨宿りする、という時代劇漫画。
こっちのカップルはセオリーですわね。
タイトルそのまま、「吟さん」はそっち系の人外なのだと思われましたが。
いちおう、作中で正体というか、実体(耳とか尻尾とか)は見せていません。
こちらのオチがほのぼのしていて好き。

バニー妻「魅奈子」、「吟さん」
※左:バニー妻「魅奈子」、右:「吟さん」

143:「危険な二人」
167:「夏の戦慄」
191:「デンジャークリスマス」
タイトル異なりますが、これら3話は同キャラのシリーズ漫画です。
図書委員「氷川ユリコ」の独りえっち場面に鉢合わせてしまった「畑山ムギト」
怒られることなく、続きを手伝うよう言われて困惑していたところ…。
陸上部「火々野ケイコ」がやって来て、混ざることとなったのです。

センセも解説に書かれてましたが。
まぁ、同年代な人なら、元ネタすぐ思いつくでしょう。
(※折り返し絵とか。その姿でのプレイも見たかったです)
ショートカット・日焼け跡な肉体派「ケイコさん」と、黒髪ロング・眼鏡で巨乳という「ユリコさん」というWヒロイン。
改めて見て…そもそも1話から「ムギトくん」は…好意そっちに強め(明言避けます)ですわね。

2話目「夏の戦慄」は、某富士山近い遊園地・お化け病院が舞台。
脅かし役で出てきたのは、「ケイコ」・「ユリコ」の2人だったのです。
彼を誘った、とかでなくて、偶然会ったみたい。
拘束えっちですね。
この2人相手だと、なかなかしんどそう。
なお、こちらの「ユリコさん」はナース服、「ケイコさん」は黒のライダースーツっぽいものでした。
3話目「デンジャークリスマス」は、3人でパーティーするお話。
いろいろなプレイが描かれてましたが。
中盤、ヒロインの対決えっちみたいなんが好き。
なお、こちらの「ユリコさん」はミニスカサンタ服、「ケイコさん」はツリーちっくなドレス。
後半はエロビキニみたいなんに変わってます。

 ★★リンクほか ★★★

疼き妻のあぶない誘惑(黒岩瑪瑙)

疼き妻のあぶない誘惑 (メガストアコミックス) コミック, 2024/3/29 [アダルト] 黒岩瑪瑙 (著)


★「黒岩瑪瑙」センセの漫画紹介記事 

SPILT MILK
MILKY WAY
インモラル
不機嫌な果実たち
相姦症候群

tag : コメディーショートカットファンタジーコスプレ

■性の悦び先生 (Keso)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] コメディー、教師、巨乳、学園
・構成 : カラー(4P)、13話(うち「先生シリーズ」×10)
・おまけ: あとがきコーナー、
     カバー裏にあとがき・作品解説・作者略歴、加筆修正あり

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Keso(けそ)」センセの「性の悦び先生」です

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は表題に近いメインシリーズと、短編3つ。
最近の単行本としては、話数多め。
カラーのショートもありましたが、ほか各話のページ量は少なくなく。
ポリュームとしては適度なくらいです。
シリーズ・短編それぞれは特に繋がりないのですが、全て学園話。
雰囲気も近く、明るい仕上がりで、統一感のある単行本でした。
また、おまけも充実していて。
特にカバー裏は文字量多く、読み応えあるものでした。
作者略歴まで書かれてるのは珍しいですね。
センセを知れる、良いものだと思います。

教育実習生時代「嬉野舞」
※教育実習生時代の「嬉野舞」

 ★★絵柄について ★★★

コマ枠を気にしない、ごっちゃり描かれた特徴的な作画。
色彩も濃い目で、こってりとした仕上がり。
表情、アクションは大きく、漫画は派手目。
飛び交うハートの漫符・小さい擬音など賑やかで、パンチ力ありました。
ただ、ちょっと過剰に感じられる方いるかもしれません。
人物画は目としっかり描かれる鼻がポイント。
漫画調でしたが、リアルっぽさも感じられるバランス。
巨乳のヒロインは独特なロケットおっぱいです。
↓表紙などカラーは彩色がため、白黒絵よりスッキリに見えたので。
紹介帯のカット絵と共に判断するのが良いでしょう。

 ★★収録話について ★★★ 13話収録

003:「いけない!舞先生」4・M カラー原稿  
007:「先生のお気に入り」18・M
025:「性の悦び教室 《お手本編》」12・M
037:「性の悦び教室 《脱童貞編》」16・M
053:「熱中淫乱症にご用心」16・M
069:「汁だく性活指導」20・MS
089:「宿直のお愉しみ」16・M
105:「それが性春なんだ!」16・S
121:「マウンドの女神」16・S
137:「セックス・オン・ザ・ユニバーシティ」18・MS
155:「インターミッション」2・MS ※イラスト・1ページ漫画
今回収録のメイン、教師シリーズです。
教師「嬉野舞(うれしの・まい)」を中心としたお話で、各話でその時代設定が変化しているのがポイント。
ぱっと見は普通…(まぁ、だいぶバスト目立ってましたが)なのですが、肉食系女子です。
また、後半には同じく教師の「小稲木しのぶ」が追加され、ヒロイン2名体制に。
控えめスタイルに日焼け跡のキュートな娘で、収録では彼女が最もお気に入りでした。
シリーズ10話(※「インターミッション」は除く)のうち、2話はWヒロインもの。
もう2話は、「しのぶ先生」の単独話になっていました。
(※タイトル後ろの半角数字はページ数、そののち英語は登場ヒロインです。Mは舞先生、Sはしのぶ先生の意味です)

「いけない!舞先生」、「先生のお気に入り」の2話は、転校生「美濃大介」くんとのカップル。
シリーズでは基本となるお話ですかね。
解説によると、もともとは「先生のお気に入り」が単独話だったようです。
しかし、「舞先生」は…あのバストサイズで、ジャージ下はノーブラなのね…。
エロいなぁ。
2話の「性の悦び教室」は、教育実習生時代の「舞先生」が見れるお話。
気持ち…初々しく見えます?気のせい??
お手本編の2ページ目は、最初落丁かと思いました
生徒男子ばっかりだったので、男子校のようなんですが…。
現実にあーだったら、逆に言葉失って静まり返りそう。
脱童貞編は教育実習の2週間が終わった際の風景。
いちばん好きなものを最後の最後に…食べるタイプ~」とのことでした。
なるほど。
なんというか…彼良かったわね。

「熱中淫乱症にご用心」、「汁だく性活指導」は真夏・体育教官室でのエピソード。
あのプレハブ建物でクーラー設置ないというのは…現代の夏では下手すると命に関わりそうね。
男性教師「山森」の行動はまぁ問題なんですが…。
ぶっちゃけ、「舞先生」にセクハラ云々言う資格ないと思います(笑)
極端に大きいのだから、せめてブラくらいしなさいよ…。
(なお、この際の下半身はブルマというかパンツタイプなもので、そっちもエロエロしいです)
途中でちゃっかり参加してくる校長が楽しい。
えっちした仲なのだし、空調入れてあげなさいよ…。
続く「汁だく性活指導」にて、「しのぶ先生」が初登場。
(※原稿時期ではこちら3話目のようです)
語尾「~っす」が特徴の後輩ちっくな方ですね。
相変わらずエアコンないようで、うだる2人のもとに生徒が相談しにやって来るというもの。
3名の複数えっちなのですが、Wヒロインなため見た目も眩しい(笑)
いいなぁ。
「宿直のお愉しみ」は「舞先生」の宿直風景。
学校に潜入していた家出少年とのえっちなのですが。
解説を見て納得
あー、確かにそんな感じでした。
しかし、「舞先生」は本当に下着着けない人だなぁ。
もしかして、持ってなかったりして。

「それが性春なんだ!」、「マウンドの女神」は野球部顧問「しのぶ先生」の単独エピソード。
ユニフォーム姿が良くお似合い
なのですが。
その下、何も着てないのね…。
漫画は再び登場した、校長とのえっち。
おっさん、部活の邪魔しなさんな。
しかし…結婚はどうなったんだろう。
「マウンドの女神」は反省会(ミーティング)風景という名のえっち展開。
彼女、ピッチャーで打者を見事に打ち取っていましたが…。
コーチする、とかじゃないんだ…。
ちゃんと顧問してるんでしょうか。
締まってイクっすよ~ッ
…じゃねーだろー(笑)

「セックス・オン・ザ・ユニバーシティ」はまたWヒロイン。
体育大学時代の「舞先生」、「しのぶ先生」が見れます。
現在はあーでしたが、まだ初々しい「しのぶ先生」が可愛いです。
ちなみに、「舞先生」は…あんま変わらないですね(笑)
なお、インターミッションですが、「舞先生」は1枚イラスト。
「しのぶ先生」は4コマのお口プレイでした。

野球部顧問「小稲木しのぶ」、「品川さん」
※左:野球部顧問「小稲木しのぶ」、右:「品川さん」

157:「隣のマジメビッチ」16
173:「まんぐり指導対局」16
189:「オタクくんさぁ~」16
メインシリーズ他3話短編は、全て学生ヒロインです。
「隣のマジメビッチ」は眼鏡の「品川」さん。
知的そうな美人で、収録で好きな娘。
大きなバストがいい感じ。
冒頭は他生徒が普通に授業する中でのえっちという、AVみたいなシチュエーション。
これが何なのか、すぐ明かされます。
アレ、なかなか恥ずかしい「目黒」くんでしたが…、そんな彼に対する「品川さん」が優しい。
イイ娘だ…。

「まんぐり指導対局」は将棋部の部長「桂木」さん。
ちょっと地味目な黒髪長めな女性で…やっぱり巨乳。
ぶっちゃけ、脱ぐ前のがエロいです。
対局中、気になるだろうなぁ
「オタクくんさぁ~」はギャルな「竜崎」さん。
タイトル通りオタク男子に奉仕する様が描かれます。
お試ししたら、相性抜群だった、というもの。
なるほど。
なお、巻末には登場キャラが勢揃いした、あとがきコーナーがありました。

 ★★リンクほか ★★★

性の悦び先生(Keso)

性の悦び先生 (MDコミックスNEO) コミック, 2024/3/25 [アダルト] keso (著)

tag : コメディーアクション

■まんえつしごく ローカルうらうら都市伝説 (大見武士)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [一般] 性文化、眼鏡
・構成 : カラー(4P)、6話(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがきまムが。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大見武士(おおみ・たけし)」センセの「まんえつしごく ローカルうらうら都市伝説」です

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は6話で、全164ページ。
この感じの単行本では普通くらいのボリュームですかね。
えっち度の高い一般系単行本
チラとかではなく、毎回直接シーンあるものです。
詳しくは後述しますが…。
いわゆる成年系単行本より、こうしたのの方が好きという方も多いでしょう。
なお、今回はセンセが描かれていた体験記的な漫画とは違い。
(※それっぽい雰囲気もありましたが)
ちゃんと長編漫画していたので、そんなん苦手な方も大丈夫。
おまけはセンセの単行本恒例「あとがきまムが」でした。

まんえつしごく「黒峰さん」
※黒峰さん

 ★★絵柄について ★★★

リアルさある綺麗な作画。
丁寧な極細線で、全体しっかりとした色付き。
色彩は淡く、目に優しいものです。
背景・小物など実にお上手で、説得力あるもの。
特に、ちらほら描かれる食事シーン、料理はそっち系漫画のように凄い
お腹減りますね。
人物絵は、適度に漫画っぽさ・リアルさあるもの。
センセの他漫画より、リアル寄りだと思います。
また、お話がため、全裸・直接行為までしっかり描かれてはいるのですが。
巧いコト、いわゆる…局部については、外した(隠した)描き方になっています。
絵的には成年漫画よりソフトなものの、エロス感はしっかり
カラーでも変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ありません。

 ★★収録話について ★★★ 6話収録

Hな噂調査してみました!
そんな記事のある雑誌。
担当だった社外ライターと連絡がつかなくなってしまったため…。
R社の編集「真田」は、その代わりに現地調査することとなったのでした。

雑誌社の主人公「真田くん」が性文化の調査をしていく、というもの。
各話でひとネタ描かれる、1話区切りの構成。
…なのですが。
冒頭話の女性については、全話に登場していて。
いわゆるメインヒロインのような扱いになっています。
そのため、基本的には各話完結なものの、彼女と関係深まっていくストーリーも展開されていて。
読み応えある仕上がりでした
また、あとがき漫画に描かれていたように、各話の性文化についてはガッツリ調査をされたようで。
描かれていたアレコレは、実に興味深いものでした。
この手のネタが好きな人は、より楽しめると思います。

005:「茨城県O町編」
冒頭、カラーページは単行本オチと繋がる場面ですね。
語られてる色々がこれから展開されていきます。
期待しましょう(笑)
また、ここで顔を見せていた眼鏡の「黒峰」さんが前述しましたメインヒロインです。
カバーの女性ですね。
性文化知識豊富で、そっち系の友人が多く。
当人もエロくて、ちょっと妖しいところがあり…。
かつ、非常に可愛らしい面もある、魅力的な方でした。
読み終わると、たぶんほとんどの読者は彼女に撃墜されることと思います。
こうした女性とお知り合いになりたい。

こちらのネタは野外、車内プレイ。
これまで、そんなんは漠然としたイメージでしたが…。
「黒峰さん」の語るお話は、実に納得感あるもの。
たしかに、そうですわね。
じわじわくるエロちっくな雰囲気がいい感じでした。

031:「埼玉県K市編」
今回のネタは、地方のパパ活。
ここで、再度「黒峰さん」に連絡するのは、納得な展開。
なのですが…。
再戦とはなりませんでした、残念。
こうした、彼女とデキそうで~空振る展開が、もどかしくて実にイイ塩梅なのです
えっち相手は、「黒峰さん」とは学生時代の友人だという 「増田カスミ」さん。
ロング黒髪の穏やかそうな方です。
えっちはホテルなので、そうした面では前回のがエロエロしかったかも。
うどん食べたくなりますね。

057:「山形県R村編」
冒頭の「真田くん」がいいですね。
そりゃ、そーだろうなぁ。
しかし、こちらは「黒峰さん」のお誘いで共に取材に赴くという流れ。
ちょっと気になったのが…電車内風景。
いや、窓側席に座らせなさいよ…
向かう先のネタはR村のお祭り「眉月祭(まゆづきまつり)」
試しに検索してみましたが…引っ掛からないですね。
やっぱり、名称とかは創作なのかしら。
いわゆる乱交なのですが、
”暗闇の中で女側が触って嗅いで舐め、目当ての男を見つける”
とのこと。
え、えろいなあ(笑)
なお、お相手となるのは、昔それを覗き見たためそうした性癖になってしまった、という「本町」さん。
これはまた、儀式っぽくてエロいですね。
2戦目前の描写が好きです。

083:「■■県K村編」
おそらく、前話直後の風景から始まるこちら。
自分で見つけて体験したほうが楽しいですから!
そうした「黒峰さん」の勧めで、単独で向かうエピソード。
前話同様に祭りネタ。
K村のお祭り「尻打祭(しりたたきまつり)」なのですが。
こちらは…検索ヒットしました。
なるほどー。
作中の説明そのままでしたね。
ただし、漫画でのお話はすんなりではなく。
”昔色々あったせいで排他的”ということで、不穏な雰囲気
そこに割って入ってくれたのが、今回のヒロインです。
これまでとは違う。男勝りっぽい雰囲気な女性。
日焼け跡が眩しくエロく…「黒峰さん」と同じくらい好き。

K村「ますみ」、大木館女将「大木梅」
※左:K村「ますみ」、右:大木館女将「大木梅」

109:「兵庫県●●温泉編」 
135:「東京都あきる野市編」
こちらはまた、「黒峰さん」と共に取材に赴くという流れ。
えっちできる宿(混浴露天風呂)というネタです。
乱交について、彼女の見解に注目
そうした所がカワイイですね。
…エロいけど。
逆に、それだと「真田くん」は…って期待も高まる流れです。
まぁ、彼女とはまたデキないんですけどね。
こちらのヒロインは、大木館の女将で友人だという「大木梅」
和服の似合う美人さんです。
露天風呂での乱交で、こちらの描写はまた秀逸
あのオチは…次のエピソードに繋がる前振りみたいなものですかね。

そんな訳で、しっかり土地名称まで描かれた最終話。
冒頭では、前話のヒロイン「大木さん」が再登場。
(※各話ヒロインで2話またぐのは彼女のみ)
結果として、彼女が大きな役割を果たしておりました。
ラストのネタは夜這い。
描写は甘いもので…。
作中でも描かれていたように、散々焦らされただけ達成感みたいなのがありました。
良かったです。

 ★★リンクほか ★★★

まんえつしごく

まんえつしごく ローカルうらうら都市伝説 (SPコミックス) コミック 2024/3/11
大見 武士 (著)




★大見武士センセの漫画紹介記事  すべて一般系

うわさの女
 とある団地を舞台とした人妻不倫もの。精神寝食されるブラック系。
かみくじむら ~ぬめりロワイヤル~
 かみくじむらのIF展開。他単行本キャラなども登場するお祭り漫画。
しあわせのくに
 サイバーな近未来社会での…男女のややこしい人間模様漫画てです。
彼女と僕のいえない秘密
 体験投稿っぽい短編集。ちょっと浮世離れしたような世界でした。
かみくじむら
 すべて籤で決まる、閉鎖された村でのエロ・サスペンス。全4巻。
ちょろこいぞ!休刊さん
 エロ漫画雑誌のキャラクターが実体化するラブコメ長編。全1巻。
淑女のひめごと ~オンナたちの都市伝説~
 ”えっち体験投稿”な作品集。語り手が集合して喋り合う描写が斬新です。
ぼくらのふしだら
 いつもと違う陰鬱としたストーリー。えっちサスペンスな長編です。
世にもHな都市伝説
 こちらも、いわゆる”えっち体験投稿”な作品集。5冊目。
ハル姉が僕に××する理由
 和風なファンタジーもの。恥ずかしがり屋な「ハル姉さん」がポイント。
ハルコさんの新妻レシピ
 アダルトグッズ好きな奥様との長編。1巻完結です。
いんデレお姉さん
 えっち体験投稿の漫画化4作目。なかなか手に入りにくくなっているようです。
三ツ星お姉さん
 えっち体験投稿の漫画化3作目。
月刊哀川編集長 1巻
 敏腕・編集長「哀川さん」とのラブコメ長編。
完熟ダイアリー
 えっち体験投稿の漫画化2作目。
完熟マインド
 えっち体験投稿の漫画化1作目。
ろーまじ Lotion Magic ~我が征くはぬめりの大海~
 ローション漫画3冊目。多少連続性あります。
ろーてく Lotion Technique ~輝くぬめりの宇宙へ~
 ローション漫画2冊目。こちらは長編。
ろーぷれ Lotion play ~ぬめりの中の小宇宙~
 ローション漫画1冊目。アパートに住む様々なカップルを描く。

tag : 尻打祭

■貴方の専属ソープ嬢 (松河)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、複数
・構成 : カラー(8P)、7話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏は線画、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「松河(まつかわ)」センセの「貴方の専属ソープ嬢」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は全て短編での構成。
冒頭のカラー話がショートであり、各話もそう長くはなく。
単行本全体のボリュームとしては普通くらいでした。
ざっくりでラブコメ調な漫画で、あちこち複数プレイが多め。
女性のが先輩であるなど、上位な存在であることのが目立ってました。
(※ただし、表題作など、年下な娘もイイ感じです)
おまけはあとがき、カバー裏が線画というくらい。
あとがき絵が印刷だったのは、ちょっと残念でした。

 ★★絵柄について ★★★

薄めな色彩のサッパリとした作画。
全体は賑やかでごっちゃりしていたものの、そう見辛くはありません。
綺麗な作画でだいたいは問題ないのですが、表現には良くも悪くもコメディーっぽさがあり。
やや弱さあり、パンチ力はイマイチ
個人的には、流れに引っ掛かるところありました。
また、人物ほか、たまにバランス悪い箇所があり
背景や小物などタッチは全体と合っていたのですが、これもバランスが良くない。
人物画は三角輪郭に太めのトンガリまつ毛。
下着デザインとかお尻は実に良く描かれていました。
判断については、カット絵のある裏表紙が良いと思います。

総務部「桂木六花」、「陽菜乃」・「あずさ」
※左:総務部「桂木六花」、右:「陽菜乃」・「あずさ」

 ★★収録話について ★★★ 7話収録

003:「変わる景色」 カラー原稿
カラー6ページのショート漫画。
ついに経験した「中島」
それ以降、クラスメイト女子らが前とは違って見えたのでした~というもの。
若いね「中島くん」
すごい挙動不審?」などと言われてました。
くれぐれも、あからさまにせぬように。
眺めている女性らに、エロい姿が重なるのがイイですね。
ただ、まぁ…男子はたいていそんなモンだと思います。

009:「貴方の専属ソープ嬢」
飲み会の席で、”2時間6万5千円の風俗通い”であることをバラされてしまった「村内秋司」
それを聞いた総務部「桂木六花(かつらぎ・りっか)」は驚きつつ、彼に迫っていったのですが。
翌日、目覚めて冷静になっていた彼女は、
よければ本当に買いませんか?私の…1日……
そう持ち掛けてきたのでした。
入社時から知る後輩とのえっち展開ですね。
いちおう酔ってるとはいえ、ヤル気満々な彼女にまったく手出ししなかった「村内くん」は偉い。
冒頭の反応から、「六花ちゃん」は彼には特に思い入れなどなかったのですが。
もともと人肌を欲していたこと、今回の彼の対応、えっちの相性などの要素が合ったのかしら。
単行本表題作だけあって、特にサラリーマンには刺さるだろうお話でした。
ひでるさんもこちらが最も好き。

041:「本番は届いたあとで」
「佐藤雄太」は、彼氏と別れたという水泳部の先輩「あずさ」から、
エッチするだけのお付き合い」を持ち掛けられたのですが。
もう1人、彼に好意をもっていた「北町陽菜乃」が割り込み、妙な三角関係になったのでした。
水泳部の先輩2人が両手に花状態になるという、実に羨ましいお話。
中扉にて2人のカラー絵が見れます。
前回単行本のメイン「両手に先輩」を思い出させるようなネタですね。
6ページ目に、いきなり「陽菜乃さん」が突然したように見えてましたが。
彼女言ってたとおり、ちゃんと1ページ目から見切れてました(笑)
部活そのまま競泳水着プレイもありましたよー。
ラストまで読んで。
なんとなく、「あずささん」は気を利かせて、途中から勝手にいなくなりそうに感じました。

079:「新人OL森藤凛々子」
裏表紙にて、DEBUTと書かれていた「森藤凛々子」さんのお話。
これ、単独話のヒロインなんですね。
…もしかしたら、シリーズ的にまた登場するのかしら。

新人「森藤凛々子」に恋していた「池田」
しかし、自分に自信のない彼は直接アプローチすることなく、その姿を盗撮することで欲望を満たしていたのです。
それを目撃した後輩「榊」は、「新人時代に良くしてもらったお礼」として協力を申し出たのでした。

なかなか珍しいアプローチのお話。
露見した際、てっきり妙な関係を強要されるとか、はたまた2人の仲を取り持ってくれる?~とか考えたのですけれど。
「榊くん」は2人のえっちシーンを送ってきたのでした。
ネトラレ、とか思ったんですが…後に判明するその真意に、なるほどー、と唸りました。
スゲエな、「榊くん」

なお、「凛々子さん」は裏表紙の下着姿が素敵。
そちらでは挑発的な表情してましたが、本編はだいぶ大人しめな娘さんですよ。

107:「僕の備品性活」
女子バスケ部の男子マネージャー「朝倉悠一」
これまでは何事もなかったものの。
ある1人が交際を持ち掛けたことを切っ掛けに争奪戦が勃発。
争いを避けるため、部員らは彼を”部の備品”としてルールを設け、揉め事を決着させたのでした。
女子運動部に男子マネージャー、ってーのは実際にあるんですかね。
試しに検索してみましたが、ほぼないみたい。
そりゃ、そうか。
トレーナー的なんではあり得るようでしたが…。
また、その男子がこちらの「悠一くん」みたいに、中性的な可愛らしい子だったなら、こーなることもあり得そう。
学年ごと部員らと次々に色々なプレイをしていく様が描かれていました。
個人的には2年生、眼鏡の「鏡香」さんが好き。
1人くらい…そんなん興味ない、って建前で言い張ってる娘(結局ハマる)がいても良かったかなー、って思いました。

泥酔ごっこ先輩「越水さん」
※先輩「越水さん」

135:「泥酔ごっこ」
飲み会の翌日、ふと目覚めた「越水」
その隣には、頼りない後輩「久保田」が寝ていたことを知ったのでした。
正確な記憶ないものの、なんとなく身体が覚えている、ってのは…エロいですね。
もし、実際そんなんあったなら。
まぁ、なんのかんのもう1戦、って考えるだろうなぁ。
それをお願いするのが、普段は厳しい態度で接している先輩「越水さん」であるというのがポイントでしょう。
オチがまた楽しいです。

155:「逆デリヘルはじめました」
「璃久(りく)」は双子の姉「瑠海(るみ)」に指示されて、彼女らの住む女子寮に。
男女交際厳しく、行き場のない欲望に悩む女の子らを満足させるべく、”逆デリヘル大作成”を実行することとなったのでした。
複数ヒロインが登場する、派手なお話です。
無関係な姉を除くと、えっち対象は4名。
前半はそれぞれとのプレイ、後半は集合して複数えっちになります。
最初に登場する「葉菜乃」さんがページ量もあって、最も目立ってました。

 ★★リンクほか ★★★

貴方の専属ソープ嬢(松河)

貴方の専属ソープ嬢 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) コミック, 2024/3/15 [アダルト] 松河 (著)
(※現在アマゾン登録なし24/03/20)


★松河センセの漫画紹介記事

両手に先輩

tag : ラブコメコメディー競泳水着サラリーマン

■かわいそうなキミはかわいい (moyori)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ロリ、ラブコメ、マニア
・構成 : 8話収録(うち「先輩とわんちゃん」×2)
・おまけ: あとがき、合間におまけ漫画・設定画、
      カバー裏にラフ画。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「moyori(ゆっくりす)」センセの「かしこいおっぱい」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は8話。
1つ連続モノがありました。
各話はそう長くなく、ショートものもあり、全体のボリュームは普通からやや控えめという印象です。
ただし、こちらの漫画はおまけ要素多く
特に、全エピソードに用意されていた、おそらく描き下ろしのおまけ漫画(各1ページ)はどちらも良いもので。
(※合計7ページほどありました)
読み応えとしては、特に不足感ありません
ほか、あとがき、設定画なども収録されています。
花を背負った、あの目立つ↓表紙ほかカバー絵は、横長の1枚絵になっていて。
前後折り返しは繋がるようになっていたため…。
くっつけて中に照明入れて、回転提灯みたいにしたいですね。
(こんなエロい行灯ないか)

八畳一間の幽霊ちゃん
※幽霊ちゃん

 ★★絵柄について ★★★

↓表紙そのまま、ロリっとした可愛らしい人物画。
ぱっちりな丸い目に、広い輪郭・ふっくら頬。
控えめなスタイルです。
おっぱい大きい娘もいましたが、やっぱり貧乳のが合ってますね、
人物同様、漫符・表現なども可愛らしい空気感でした。
全体は白比率高めで、そこそこな色付き。
サラリとした曲線です。
背景や小物に目立つ違和感なく、全体のバランスは良好。
ちょっと感じた点。
ヒロイン、その雰囲気みたいなのが…やや似通ってるかなぁ、という印象がありました。

 ★★収録話について ★★★ 8話収録

001:「先輩とわんちゃん」
023:「先輩とわんちゃんafter」
憧れていた先輩「鬼山颯斗」が春に卒業してしまうため。
思い切って、「小鳥遊ミホ(たかなし・-)」は告白したところ、OKの返事をもらえたのでした。
…が。
想像していた、先輩との甘々青春ライフ、とはちょっと違っていたのです。
タイトルあんなんなので、わざわざ書く必要ないと思いますが…。
えらくイイ笑顔で、妙ちくりんなプレイを要求する「鬼山くん」は変。
そんなんでまた非常に落ち着きもあって…。
「ミホちゃん」では、ちょっと荷が勝ちすぎるの相手ではないかしら。
その後の風景afterは6ページのショート、なのですが。
前話オチから続くような、非常に濃いいプレイが展開されてます。
afterのオチ、おまけ漫画が楽しい。
あ、案外、勢いで彼の性癖を飛び越えてしまいそうね、彼女。

031:「八畳一間の幽霊ちゃん」
その安さに釣られて借りた部屋は、いわゆる事故物件であり。
特に害はないものの、出現する女の子の幽霊はちょくちょく脅してくるのでした。
この漫画好き。
もう少し設定付足して、数話ほどの中編で見たいです。
あちこちで脅かしてくる彼女に対し、えっちなんで対抗する、といった流れ。
幽霊いぢめちゃーダメよ。
えっちに持ち込む後半のくだりもいいですね。
(皆さんもどうするか考えつつ読みましょう)
漫画はコメディー調でしたが、オチ・おまけ漫画のくだりはなかなか深刻
川渡らないよう気を付けて。

053:「おさななじみるく」
幼馴染みで兄のような存在「冬真(とうま)」
「心春(こはる)」はふと彼の性癖を知ることとなってしまうのでした。
えー、タイトル通りなのですよ。
なかなか「冬真くん」マニアックね(笑)
ただ、そんなん知りつつも、
飲みたい…?
とか誘ってくる「心春ちゃん」はイイ娘ですね。
もう、素直に甘えちゃいなさいよ
おまけ漫画で言及されてましたが、2冊目がまたマニアックでした。

075:「見習いシスターに祝福を」
何度もつまみ食いしていた見習いシスター「クレア」
ついに神父に叱られてしまい。
”修練の手助け”を命じられたのでした。
単行本購入の切っ掛けになった、↓表紙の娘「クレアちゃん」のお話。
漫画もだいたいそのイメージ通りで、実にキュートでした。
…が。
その展開、特にオチはなかなか黒々しいものです。
なお、こちらの話、おまけ漫画がプロローグ話なため、そっち先に読んでもいいかと。

097:「ラブホ女子会」
ネットで知り合っていた「ツカサ」と直接会うこととなっていた「亜恋(あこ)」
やって来たのは笑顔も素敵な長身の美人でテンション上がっていたのですが。
女子会として入ったラブホで、その正体を知ることとなったのです。
危機感無さすぎだよね
そんな台詞もありましたが。
まぁ、ネット上で知り合った相手を信用するな、ってことでしょうかね。
こちらの場合は、そう妙な事をされなかっただけ良かったか。
また、美形には違いないのだし。

見習いシスター「クレア」、ヤリサー「姫子さん」
※左:見習いシスター「クレア」、右:ヤリサー「姫子さん」

119:「ヤリサーの姫子さん」
筋肉ムキムキな先輩らに拉致され、サークルに所属することとなった新入生「茂木信長」
飲み会の席にて、「姫子」はヤリサーだと言い放ち、彼にテストを受けさせるのでした。
カワイイ先輩が…エロい、といったお話。
「茂木くん」が無理矢理勧誘されてる理由は…成年漫画に慣れた方なら、だいたい想像できるでしょう。
実際、「姫子さん」は花丸評価をしておりました。
オチで確認できる黒色ブラは、彼女の雰囲気と違っていてエロエロしく見えますね(笑)
この漫画はおまけ漫画が好き。

139:「交尾感想文」
感想文を描くべく、動物園にやって来た「リナ」
同行していた幼馴染み「ユキ」は、ライオンらが何をしているのか彼女自身に教えることとしたのでした。
センセ、ライオンの絵お上手ですね…。
質問しつつも、何となく察している「リナちゃん」がキュート。
野外プレイになっていました。
オチはお約束。
おまけ漫画がまたキュートです。

 ★★リンクほか ★★★

かわキミかわ

かわいそうなキミはかわいい (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) コミック, 2024/2/29 [アダルト] moyori (著)

tag : コメディーラブコメ

■セックスで解決 色仕掛け株式会社 (いたちょう)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] コメディー、ビジネス、コスプレ
・構成 : カラー(4P)、9話(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いたちょう」センセの「セックスで解決 色仕掛け株式会社」です

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は1冊まるまるの長編漫画。
おおむね、タイトル通りでしたね。
詳細は後述しますが、あのタイトルとか↓表紙での判断で概ね問題ありません。
…あ。
唯一、裏表紙のバニー衣装はなかったんで、そっち好きな人は要注意。
ううむ、この姿でのエピソードも見たかったなぁ。
漫画はタイトル扉から始まるタイプで、カラー原稿などもあったんですが。
いわゆるオマケページはありませんでした。
(※これはエンジェル出版社さんの基本形ですよね)
あとがきくらいは欲しかったなぁ。

猫馬場商事・社長「朝霧小夜子」
※社長「朝霧小夜子」

 ★★絵柄について ★★★

こちらの単行本は…カバーが全て。
↓表紙・裏表紙(タイトルも)がそのまま、といった印象でした
絵柄の面でも、判断はそのままで良いと思います。
太めで強い線。
これは枠線も同様で、かなりクッキリとしたもの。
全体は派手目で賑やか。
独特さのあるアクションもそんな感じですね。
ほか、下着デザインは細かく、えっちっぽい雰囲気をプラスしています。
人物画はしっかりと鼻の描かれるリアルさもあるもの。
ちょっと鋭角的で、スタイルはデフォルメさもあって迫力満点。
なにかと良く動いてました。
そんな感じで、とかくコッテリとした味わい。
強いパンチ力があり、それなりに癖もあるので、ある程度人は選ぶと思われます。
カバーに違和感なければ問題ないでしょう。

 ★★収録話について ★★★ 9話収録

猫馬場(ねこばば)商事の社長「朝霧小夜子」
抜群のスタイルにえっち好きという自らを用いてあちこち企業らと契約を結び、奪い、会社を盛り上げていたのでした。
ザックリでは、そうした感じ。

いちおう、ビジネス系な長編漫画。
ただし、全9話にわたる長編ストーリー、といったタイプではなく。
基本的にお話は1話で完結するものです。
(※ラストのみ2話続くエピソード)
だいたいの分類では、えっちで事件解決な漫画。
ただし、こちらの場合はそれを仕掛けて、企業間交渉をスムーズにする”ネタ”としており。
セオリーである、事件発生→えっちで解決ではなく。
えっち仕掛けて→交渉を優位に運ぶ、といった雰囲気です
盗撮を筆頭に非合法なことも頻繁な、はっちゃけビジネス漫画、なのですが。
何かとややこしい現代なため。
こんなくらいのが、スッキリ楽しめるものだと思います。


 【 色仕掛け株式会社 登場人物総覧 】

「朝霧小夜子」 猫馬場商事・社長
 自ら「性豪」と称する女傑。
 あらゆる男性・シチュエーションでのえっちを楽しめ・受け入れることができる。
 変装(コスプレ)などして、自らターゲットら近づいていくこともしばしば。
 かなり非合法なことも平気で行っており、相当な稼ぎをしている様子。
 かなり時間に細かく、せっかち。
 太ももに多数のスマホを装備している。

「千鶴」 秘書
 眼鏡。おっぱいには自信がある様子。
 下調べ、盗撮などを担当し、社長らの仕事をアシストしていた。
 プロレス技を使い、社長からは「怪力メガネ」と呼ばれている。
 もともと国際宇宙科学防衛局に所属していた。
 
「葉月ララ」 アイドル
 社のロリ巨乳枠。猫馬場商事に所属する現役アイドル。
 妙な歌詞の歌を歌っていたが、人気はかなりある様子。
 強烈なファザコン。
 いちおう口では「えっちな仕事はNG」と言っている。

「早乙女潤」 新人社員
 唯一の男性社員。「千鶴」に誘われて入社する。
 マトもな感性の持ち主。
 もともと国際宇宙科学防衛局に所属していた。

 「レナ」 社員
 1話オチに登場していたが、以後姿は見せなかった。
 ショートカットのスポーツタイプ。

 「神宮院鏡花」
 神宮院グループの一人娘。カチューシャが特徴。
 「セックスは真剣勝負」という信条。
  当人は希望していたが、結局社員にはなっていなかった。


カラー原稿から始まる1話目。
眼鏡の「小夜子さん」が見れるのはこちらだけ。
うん、社長さんはこうした雰囲気のが可愛いですね。   
白黒原稿では、通常モードで登場。
冒頭のアレがなんだったか、判明します。
…どーでもいいですが、この会社(彼女)はあちこちに恨み買ってそう。  
大丈夫なのかしら。
1話での、もう1人ターゲット社長「天馬」は好みが違っていたため、アイドル「葉月ララ」が対応しています。
こうしたパトロン的な人もいるので、つり合い取れてるのかしら。

秘書「千鶴さん」をピックアップした2話目。
また、異常な会社のメンバー(笑)と違う、一般目線をもつ「早乙女潤」が入社するエピソードでもあります。
こちら主人公な「千鶴さん」、冒頭は眼鏡の可愛い娘さん、という雰囲気だったんですが…。
彼女もそれなりにですね。
あのスタイルで初めて~というのは本当なのかな。

入院していた社長「羽柴京四郎」に近づく3話目。
しかし、三途の川総合病院、って…すごい名前。
ガッチリ渡らせられてしまいそう。
舞台が病院なため、「小夜子さん」はナースコスプレです。
えろえろしい病院だなぁ。
…あるいは、VIP対応のナースさんらなのかな。
お話は、セオリーな1話目と違って変化球なエピソード。
ただ、「小夜子さん」もイケイケなだけではない1面も見れ、収録でもストーリーでは非常に良いものでした。

猫馬場商事・秘書「千鶴」、現役アイドル「葉月ララ」
※左:秘書「千鶴」、右:アイドル「葉月ララ」

新作のスポーツウェアが眩しい4話目。
担当はまたまた「小夜子さん」です。
水で溶ける、のはこちらだけとは思いますが。
基本デザインがこんなにエロくて…通常で売れるかしら。
オチでの台詞などから察するに、会社間の問題解決みたいな事もやってるのかな。
相当なネタを持ってると思われ、簡単には手出しできないようにしてるのか。 
5話目は久しぶりな登場の「ララちゃん」主役回。
こうみると、結構な人気アイドルなんですね…。
広告メインっぽい猫馬場商事に彼女も所属して活動しており、今回は芸能界の闇っぽいお話です。
マネージャーとして同行していた「早乙女くん」がなかなか気の毒。
こうした会社なんだってば(笑)
この調子で、芸能界関係にも顔がききそうね。
6話目は神宮院グループの一人娘「神宮院鏡花」がターゲット、ということで…。
ついに「早乙女くん」の主役回。
入社テスト、になってました。
「鏡花さん」は…扉絵の水着姿は可愛いんだけどなぁ…。
7話目の扉絵はまた水着で、今度は社長「小夜子さん」
お話はセオリーっぽいものでした。
終盤エピソードなため、もうちょっとピンチシーンがあっても良かったかな…
(最終的に逆転するとしても)

同オフィスピル(別階)に怪盗団が籠城した、というハラハラ・ドキドキな8、9話。
こちらが最終エピソードになります。
いちおう現場に「ララちゃん」もいるんですが。
えっち担当は、紛れ込んでいた「鏡花さん」と、潜入していた「千鶴さん」
ラストは無論社長「小夜子さん」ですね。
まぁ、らしい最終話だと思いました。
千人から先は数えていない
なんて名言も飛び出しますよ。

ひととおり読み終わって…うん、社長さんの色々コスプレで活躍していくのもいいんですが。
もう2、3名くらい、特殊技能をもったタイプ異なる女性社員出しても良かったのではないでしょうか。

 ★★リンクほか ★★★

せっ解社

セックスで解決 色仕掛け株式会社 (エンジェルコミックス) コミック, 2024/3/15 [アダルト] いたちょう (著)

tag : コメディーコスプレショートカット

■かしこいおっぱい (ゆっ栗栖)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] コメディー、巨乳
・構成 : 8話収録(うち「マジメはヤっても治らない」×3)
・おまけ: あとがき、イラスト・ラフ、描き下ろし「描き下ろし漫画」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゆっ栗栖(ゆっくりす)」センセの「かしこいおっぱい」です。

 ★★単行本構成、ほか ★★★

収録は8話。
うち、連続モノが3話あり、その他は短編。
描き下ろし漫画は、収録話のシリーズもの、といった雰囲気になってます。
詳しくは後述しますね。
漫画は…↓表紙など、カバーの雰囲気から察せられるそのまま、どちらもコメディー色が強いもの。
あ、なお、そのカバー絵はあまり良くなく。
白黒絵のが味わい深く良いものだったので、判断はいくらかプラス点でいいと思います。
おまけはイラスト、ラフ絵。
その他はあとがき、前述しました描き下ろし漫画でした。

生徒会・副会長「高坂鈴」、ピアニスト「藤埜苺」
※左:副会長「高坂鈴」、右:「藤埜苺」

 ★★絵柄について ★★★

派手で優れた勢いのあるコメディー調漫画。
強めな線で白比率は多め。
横の枠間が広めなのが特徴。
表情・アクションがぐりぐり動き、適度なメリハリで漫画は非常にお上手
パンチ力ある仕上がり。
ちょっとしたコマが面白いですね。
人物は丸い輪郭の可愛らしいもの。
皆さん口大きく。
ちらと描かれた、背景や小物はいい感じ。
…などなど。
絵も漫画もお上手で、実に楽しく仕上がっていたものの。
あんまりエロくは…ない感じ
なんだろ。
そのえっち絵自体も、”コメディーネタの1つになってる”ような印象でした。

 ★★収録話について ★★★ 8話収録

005:「マジメはヤっても治らない」 3話
学力・スポーツ共に全国レベルというエリートな生徒会・会長「野永喜一郎」
その性格がため異性と付き合った経験はなく。
風紀を保つという建前から、校内のカップルことごとくを狩っておりました。
彼が認める副会長「高坂鈴(こうさか・れい)」も優秀な女性で、その手伝いをしていたのですが…。
戦うにはまず敵を知ること、そう語り出した彼女は。
わたしたちも『淫行』します
そんな事を言い出したのでした。

生徒会の面々によるえっち・ストーリー。
中扉、キュートなコスプレをした3名がヒロインとなってます。
冒頭話から登場するメインの副会長「鈴さん」が中央バニーさんですね。
そんなことを言い出した、彼女とのやり取りが楽しい。
あの、しれっとした表情の「鈴さん」がいいですね。
うらやましい。
バキバキになってるのが悲しいですね(笑)
中盤の隠れる場面が好き。

残るヒロイン書記「房原(ふさはら)」、会計「御厨(みくりや)」らの2話目。
毎度のように会長を童貞だといじる「御厨さん」でしたが…。
僅かな口調の変化から、卒業を看破した様が凄い
女の子ですねー。
こちらは2人とのえっちなのですが、それぞれの思惑が面白い。
なお、「御厨さん」はいいおっぱいでしたが、「房原さん」は貧乳でした。
そのどっちもエロエロというのが…凄まじい。
取り締まる中央部に所属していた2人がそんなんかー。

そちらのオチが気になる感じだったんですが…。
3話目では、方針を変更していた生徒会の場面からスタート。
冒頭のくだりは…「野永くん」のスポーツ万能っぷりが伺えるものでした。
こちらはまた、副会長「鈴さん」が活躍しているんですが。
1話目とはまた違う、彼女の魅力溢れるものとなってます。
後半の特別集会シーンが凄い迫力でしたよ。
センセ、おつかれさまでした。

105:「24世紀の恋人(たち)」
目覚めた「舞衣子」は、思わず目前の男性とえっちしてしまうんですが。
その男性はアンドロイドであり。
混乱する彼女に、”未知の病気がため、冷凍睡眠させた”という映像を見せたのでした。
途中から、とある事情によって複数プレイ展開になります。
だいたいは、えっちで面白い雰囲気なのですが。
垣間見えるSFちっくなんが重い、よくできたエピソードです。

135:「ピアニストの大きすぎる悩み」
小さい頃からピアノをやってきた「藤埜苺(ふじの・いちご)」でしたが。
成長して巨乳になったため、鍵盤が見えなくなってしまったのでした。
まぁ、漫画の絵で見ても分かると思いますが…。
んなことあるかー、うそつけー!!
鍵盤は斜め手前ですからね。
よっぽど変な体勢でない限り、そんなんならんわー。
大きさで悩む彼女に対し、先生が「そんな勿体な…ッッ」と思わず言ってしまったのが切っ掛けです。
まぁ、彼女イラっとくるのは当然でしょう。
ただし、その後の流れは漫画してました。
えっち中が面白いですよ。

163:「博士の<極秘>実験記録」
エネルギー問題に取り組む、脳力研究所・所長、自称天才学者「久墨陽子(くすみ・ようこ)」
若者の無駄な性欲を電力エネルギーに変える「リビドー発電」のため、被験者「六日市淳平(むついち・じゅんぺい)」には安全装置を外した実験を行うのでした。
成年漫画でよく見られる、研究者ネタ。
装置によって暴走して云々~までは予想通りだったんですが。
その後のオチの流れがイイですね。
せっかくの黒パンストがあまり生かされてなかったのが残念。

ボインシャーク「浪川巡」
※浪川巡

191:「ボインシャーク」
219:「描き下ろし漫画」 描き下ろし
タイトルからして、なんじゃコリャ?といった印象だと思いますが。
それ、ほぼ合ってるのです(笑)

事故となった主演の代わりに呼ばれた、売れない役者「井上敏文」
サメ映画の主役になったんですが…。
海から飛び出し、襲い掛かって来たそれ、鮫は…さきほど挨拶していた女優の卵「浪川巡(なみかわ・めぐる)」が鮫の着ぐるみを着た姿だったのです。
そんな訳で、バカ漫画(※いい意味で)です。
着ぐるみ、と書きましたが、雰囲気としてはパーカーみたいなもので。
顔から前はほぼそのまま・ビキニな水着姿なので、巨乳丸出しになっていて。
巨乳+鮫で、「ボインシャーク」ということなのでしょう。
わははははは。
実はヒロイン「めぐるちゃん」は裏表紙に描かれているんですが。
あの絵では、漫画の魅力見えないですねー。
もっとオモシロイものですよ。
途中の、「何言ってんだ、このオッサン…!?」が好き。
この漫画、いいですね!

なお、巻末の描き下ろし漫画も「ボインシャーク」シリーズみたいなもの。
露天風呂に出現したボインシャークは…といった感じ。
6ページと短めですが、しっかりえっちシーンもありましたよ。
また、オチには収録の別カップルが登場するので、お楽しみに。

 ★★リンクほか ★★★

かしこぱい

かしこいおっぱい (GOT COMICS) コミック, 2024/2/29 [アダルト] ゆっ栗栖 (著)

tag : ラブコメコメディーコスプレアクション

■迷いの街の赤ずきん/海野螢、変な家/綾野暁、今度は絶対に邪魔しませんっ!/はるかわ陽

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
今回は…メインで紹介したい単行本がネタバレ全開でフセ字だらけになってしまうので。
ショートで数冊取り上げることとなりました。


今度は絶対に邪魔しませんっ!⑤ (はるかわ陽)

ようやく5巻が発売されました。
4巻が22年6月で、今回は24年2月、と結構な期間ほったらかしでした。
調べたところ、お休みしていたようで…。
そんな感じで待たされた5巻なのですが。
うん、いまいち面白くない。
これ、別の方の感想も同じだったんで、いちおうひでるさんだけではないみたい。
おそらく、お話が進んで結末近くなり。
その、クライマックス前の間な部分に入ったため、以前良かったいかに巧いコト立ち回るか、駆け引き的な面がなかったため、ではないかしら。
あ、巻末の特別編は良かったです。
(※前回の記事はこちら

今度は絶対に邪魔しませんっ!公爵令嬢ヴィオレット
※公爵令嬢「ヴィオレット」


変な家③ (綾野暁)

もうそろそろ映画公開、ということで。
再度便乗しています。
(※前回の記事はこちら

間取りをトリガーとした、ホラー・ミステリーなこちら。
3冊目が発売され、その内容から察するところ…全4巻くらいのボリュームになるのかな。
正直なところ、2巻目は間取りうんぬんの話少なく、1巻ほど刺さらなかったなかったんですが。
今回はまた新たな物件が登場。
その秘密というか謎について突き詰めていく展開があって、一気に読み終えました。
面白かったです。
漫画もお上手でオススメなのですが…。
クリアな脳で映画見たい人は、後回しにした方がいいかもしれません
(ずらり書店に並んでいので、買い損ねることは滅多にないと思われます)

変な家_主人公
※主人公


迷いの街の赤ずきん㊦ (海野螢)

はい、今回ブログをこうした形式にした要因はコレです。
連続ものの最終巻で、お話の大半はネタバレ危険、といったもので。
どうにも1つまるまる記事にし辛かったんですね。

ふと目覚めた記憶喪失の少女「りんご」
ハンドパペット「ガル」と共に、記憶を求めて街を散策していくのですが…。
往来でえっちする人々、信仰される狗神、あちこちから見えるが近づくことのできないマカミの塔などなど。
そのあちこちに、奇妙なものが散見されたのでした。
(※前回の記事はこちら

不思議えっち系長編。
「りんご」は何者なのか、違和感ある世界の謎などが解明される下巻です。
上巻より、ややエロス度は増したものの、基本的にはごくソフトな路線。
(※ぶっちゃけ、そんなんメインではないので、期待しない方がいいと思います)
また、不思議系で結構難解なお話になっており。
ひでるさん、何度か読み返してだいたいは理解はしたつもりなのですが…。
それが正しいか、まるで自信ありません
いちおう、こちらのあとがきは2ページにびっしりとした文字で書かれていて。
発表に至る経緯とか、センセのお考えなどが分かる読み応えあるものでした。
解釈の助けになると思います。

センセの描かれるヒロイン「りんごちゃん」は、赤パーカー・ヘソ出し・短パンと特徴的かつ魅力全開になっていて、実にキュート。
核心に迫る過程では、何度か危機的場面もありましたよー。
正直、オチ前のご褒美シーン(?)はもう1、2ページ増やしてほしかった。

迷いの街の赤ずきん記憶喪失の少女「りんご」
※りんご

こんどは5

今度は絶対に邪魔しませんっ! (5) (バーズコミックス) 2024/2/24 はるかわ陽 (著)

へんないえ3

変な家(3) (HOWLコミックス) コミック2024/3/8 雨穴(飛鳥新社刊)綾野暁 (著)

へんないえ3

迷いの街の赤ずきん 巻次:下 (RK COMICS CYBERIA SERIES) コミック, 2024/3/20 [アダルト] 海野螢 (著)
※Kindle版のみ確認

tag : ミステリー

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は不定期に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
おすすめリンク
フリーエリア

 【 最近のオススメ漫画 】

飴色プロローグ(木瀬樹)

飴色プロローグ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) コミック, 2024/3/29 [アダルト] 木瀬樹 (著)

 ⇒ 紹介ブログはこちら。



まんえつしごく

まんえつしごく ローカルうらうら都市伝説 (SPコミックス) コミック 2024/3/11 大見 武士 (著)

 ⇒ 紹介ブログはこちら。




 【 そのほかいろいろ 】



月騎士

ムーンナイト Blu-ray コレクターズ・エディション



つばさとふゆ

ファルコン&ウィンター・ソルジャー Blu-ray コレクターズ・エディション



きたろう

鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎 [Blu-ray]



ごじら

『ゴジラ-1.0』 3枚組



マクシミリアン・ジーナス機

超時空要塞マクロス VF-1J バルキリー(マクシミリアン・ジーナス 機)



ロイ・フォッカー機

超時空要塞マクロス VF-1S バルキリー(ロイ・フォッカー 機)



ぎゃらくしー3

マーベルズ MovieNEX



東方スペカ

東方スペルカーニバル 幻想郷スペシャルパック



るぱきゃ

「ルパン三世VSキャッツ・アイ」Blu-ray



すぱ

星のカービィ ルームライトBOOK にっこりver.



太陽牙

太陽の牙ダグラム 組み立て式プラスチックモデル



あまちしげる

江戸川乱歩の美女シリーズ Blu-ray BOX



三毛猫

赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズ [DVD] 石立鉄男 (出演)



かくれ

かくれんぼ。/ 田村ゆかり (CD)



サイクロン

タカラトミー 『 トミカプレミアムunlimited シン・仮面ライダー サイクロン号 (仮面ライダー ver.) 』

どぶろ

バストアルバム どぶろっく 形式: CD



たわわ

月曜日のたわわ(10) (ヤンマガKCスペシャル) コミック 2024/05/07 比村 奇石 (著)



ほうきち

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season11 (ホーム社書籍扱コミックス) コミック – 2024/04/24 服部 昇大(著)