FC2ブログ

■制服至上主義-春- (はらざきたくま)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 制服、ラブコメ、着衣
・構成 : カラー(22P)、8話収録。
・おまけ: あとがき漫画、描き下ろし「至上制服図鑑・完全版」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「制服至上主義-春-」です。

大村市子、ヤーシャ・イヴァーナヴナ
※左:大村市子、右:ヤーシャ・イヴァーナヴナ

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
前々巻「制服至上主義-冬-」、前巻「制服至上主義-夏-」に続くタイトルで、こちらにて3冊目となりました。
漫画タイプ、単行本の構成はだいたい同じ。
冒頭のカラーページ、↓表紙と表題位置だけ異なる中扉、巻末の「至上制服図鑑」と最後ページが学校ロゴであること、また紹介帯のデザイン(裏面では登場ヒロインが並んでいる)…などですね。
なお、あとがきについては、1冊目からだんだん仕掛けが凝っていってる印象でした。
シリーズであるものの、特に続きエピソードとか、同キャラが出演するなどありません。
(※今回は同一世界っぽい描写を特に見つけれませんでした…)
特に繋がりはない(…と思う)ので、いきなりこちらからでも大丈夫です
これが気に入れば、前の単行本もまた絶対に刺さるでしょう。
ぜひ買い揃えてみてみて。
ちなみに、収録話数は前巻、前々巻より1話減っています。
単純に厚みを比較してみましたところ、なるほど最も薄い(高さ低い)ですね。
描き下ろし「至上制服図鑑」のもくじ数値が、冬は207、夏は215、そして今回が199ページ目という具合です。
ただ、お話は短編でも各話非常に優れていて、仕掛けも様々にて豊富
タイトル通り、制服を堪能できる仕上がりとなっていました。
間違いなくオススメな1冊です。

癖はあるものの、作画はトップクラス。
雰囲気たっぷりな濃淡・描き込み癖藍。
背景・小物などの描写はしっかりしていて雰囲気にプラスとなっています。
中小のコマ割りではみ出し・ぶち抜きもちらほらあり、迫力のある漫画。
水気も多めですよ(笑)
細かい部分まで丁寧で、バランス感覚も優秀なため、見易く仕上がっていました。
コレというマイナス点がありません
(※さっぱり描かれたあとがき漫画と比べると、本編での力の入れ具合がわかると思います)
無理矢理書くならば、絵柄に多少の癖があるくらい。
高い身長にしっかり描かれる鼻筋、丸い輪郭、華奢めなスタイルなどですね。
そんなんはセンセの魅力・個性なのですが。
特にこのシリーズは、本編の漫画と共に、カラーの制服図鑑があり。
全て制服が異なっているだけでなく、ロゴや指定の鞄のデザインに至るまで、熱の入れようが凄まじいのです。
(※紹介帯の裏面を3冊分並べると圧巻です。ぜひお試しあれ)
サービス満点な1冊
カラーとの差はほぼないため、↓表紙などの絵が引っ掛からなければ問題ないでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

003:「第一区:私立耶麻華高等学校/相川春花」 カラー原稿あり
撫子色の春服に憬れ、非常に遠い学校へ入学していた「相川春花」
早朝時刻の列車はほぼ貸し切り状態で、その時間を自由に楽しんでいたのですが…。
実は、旧知の先輩「暁」も同じ車両に乗っていたのでした。
春服なんてあるのか。
彼女が学校自体を選ぶ切っ掛けとなったソレは、確かに可愛らしく。
冒頭からのカラーな着替えシーンにて、撃沈される人も多数いることでしょう
(※↓表紙・裏表紙、図鑑トップにも顔を見せていて、単行本の代表ヒロインしてます)
また彼女が黒ストッキングだったりするので。
こちら漫画での切っ掛けが素晴らしい。
あーした際には、やっぱり女子のが度胸あるんだろうなぁ。

相川春花、新屋桜
※左:相川春花、右:新屋桜


031:「第二区:私立布古恵西高等学校/新屋桜」
休日の図書館にて、生徒「新屋桜」を発見した教師「石脇」
帰りがけに彼女と会話するうち、
あたしが彼女になってあげるよ
そんな事を言われたのでした。
その際には、軽くいなしていたのですが…次第に彼女のことが気になっていくのです。
名前そのまま、スタンダードに”桜”なお話。
ただ、収録ではこちらだけカップルの年齢差があり、また生徒・教師の関係なため。
青春している他の短編とはまた違った雰囲気となっています。
雰囲気とは裏腹に、駆け引き上手な「桜ちゃん」
うん、教師が陥落してしまうのは、いかにもヤリヤリなんでなく、こうした女子なのかなぁ。
ちょっと恐ろしいですわね。
なお、桜の樹の下には……。

059:「第三区:私立手朝木学園高等学校/ヤーシャ・イヴァーナヴナ」
美人な留学生がやって来た、という噂。
帰国子女である「大島有理(ユーリ)」は話しかけるよう、クラスメイトから言われたのですが…。
英語のできない彼が、やんわり断っていたところ。
ふらりと教室にやってきたのは、昔馴染みの「ヤーシャ」だったのです。
シリーズで初の外国人です!
帰国子女なのに、「英語は全然わからんから」という彼。
いた外国はロシアで、ロシア語が堪能なんですねー。
(※余談:ロシアでどうの~という漫画がひでるさんの記憶にあり、冬か夏に収録されたものの関連話かも、と見てみましたが…全然別な単行本のようでした。どれと勘違いしたんだろう)
実は日本語堪能なくせに、敢えて喋らない彼女が可愛い。
あんなんが突然海外からやって来て。
学校で再会(※しかも、ばーんと抱きついてくる)するなんて、まさに男子の憬れなシチュエーションでしょう。
周囲の男子はさぞ羨ましいだろうなぁ。
本編もそれはもう良かったんですけれど、オチ後が気になります。
片付けは…明日以降ですね。

087:「第四区:私立由女美学園高等学校/大住亜季」
結局、新入部員ゼロとなりそうな文芸部。
実は希望者もいたのですが、部長「大住亜季」が追い返していて。
「小浜」と2人きりが続くこととなったのでした。
その理由は~ということなのですが、こちらが初えっちな様子。
たはー、あんなしれっとした表情だったのに…凄いな。
「亜季さん」は今回収録のうち、2人いる眼鏡女子枠です。
二人の相性も実に良い感じだと見えていたので…。
ああしたオチはかなり意外でした。

113:「第五区:県立志恵高等学校/大村市子」
廃部を知らせるため、部員「二朗」・「三津流」を屋上に呼びだした部長「大村市子」
実は、入部の際には2人ととある契約をかわしていて。
これまでのお礼かたがた、それを履行することとしていたのです。
ちゃんと学校指定であるものの、上下制服と共にジャージを着ている「市子さん」
あー、こうしたアプローチは前2巻にはなかったですが、ひでるさんのだーいぶ前な学生時代(笑)にこうした女子いましたよ、ええ。
あの野暮ったいジャージ姿から、目前で制服姿にチェンジしていくという(※単に脱ぐだけね)、シーンがじっくり描かれています。
眼福です。
成年漫画の野郎にしては、こちらの男子2人とも普通過ぎて失格なのですが。
ここは「市子さん」のがエロく、巧い事運んでいきます。
ずっとあんなん考えてたのかな。
そんな訳で、こちら複数プレイとなります。
オチがまた独特。
なるへそ。

139:「第六区:私立日萌世高等学校/上泉杏・上泉由仁」
「史郎」の幼馴染み「上泉杏」・「上泉由仁(かみいずみ・ゆに)」は一卵性の姉妹。
そのため、外観はそっくりなのですが…。
2人をよく知る「史郎」は、
見たらわかるよ、全然違うし…
~と、見分けることができるのでした。
収録でのWヒロイン枠。
ただ、こちらは驚くオチが待っているので、お楽しみに。
ううむ、油断してましたー。
(※よくよく見ると、先にちらと顔見せしてましたね…)
眼鏡女子な「杏さん」
彼女は「史郎くん」と同じクラスで仲も良く。
あの、彼女の「由仁さん」評の後に、あーした事を言われたりしたら…惚れるのが普通。
こちらも複数プレイとなっています。(※前回と違って女子2名)
いいなぁ。

小屋敷七海
※小屋敷七海

169:「第七区 私立色散学園高等学校/小屋敷七海」
星をみるべく、学校屋上にてテントを張っていた「大覚寺八尋」
彼が気になっていた「小屋敷七海」は、共に見ようとしたのですが…というもの。
こちらの「七海さん」は、自らの高身長がコンプレックス。
それが故に、下を向く(ネガティブ思考)な彼女と、上を向く(ポジティブ思考※常に空を気にしている)な彼とが対比となっていました。
ただし、某ラブコメ漫画のように身長差は極端ではなく、頭1つ分くらいの違い。
テント内に寝そべった際、彼は全身横になれていましたが、彼女は足を曲げていますね。
ただ、それで目線がピッタリと合い、えっちへの切っ掛けともなっています。
まぁ、無許可で学校に泊まる彼に付き合おうと考えてる時点で、好意爆発って感じですもんね。
下手すると、お互い遠慮してしまったかもしれないので…良い雨でした。
なお、冒頭・オチと彼女が見てるカップルはどちらかの登場人物かなー、って過去単行本など見てみたのですが、分からなかったです…。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度おなじみ「はらざきたくま」センセでした。

どうせなら、この勢い手で春・秋バージョンも…とか思いましたが……。
季節中途半端だし、専用の制服タイプがある訳でもないし、難しいか。

前回の「夏」にて、私そう書いていましたが…。
やった、ついに「春」がきました。
わーい
なお、今回↓表紙では、いい風が吹いているようなのですが。
残念、パンチラには至っておりません。
(※一瞬、「ヤーシャちゃん」がパンチラかと思いきや、桜の花びらだったという…)
こりゃ、絶対に「秋」も出すべきですわね。
…というか、そちらも出るんでしょう。
次も期待してます!




★「はらざきたくま」センセの漫画紹介記事  


制服至上主義-夏-
 制服だらけな2冊目。今度は夏服です。巻末には「至上制服図鑑・完全版」もあります。
制服至上主義-冬-
 制服だらけの短編集。冬服です。巻末の描き下ろし「至上制服図鑑・完全版」が凄い。
巫女的恋愛ノススメ
 巫女だらけの2冊目。単行本の半分くらいが同舞台の漫画群です。
巫女のいる町
 巫女だらけの1冊目。同一世界な漫画群となっています。(2冊目と繋がりないと思う)
リスナー the listener
一般系。とあるラジオ番組をテーマにしたお話群。心地よい恋愛話でした。
はなぞの
 久しぶりの成年系単行本。1冊まるまるの長編ですよ。
桃色団地の日情
 桃色団地シリーズを収録。未完漫画もありました。
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ

■アクマでJK! (神毛物由宇)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、ハーレム
・構成 : 短編×8話(うち「アクマでJK!」×4」)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「神毛物由宇(みけもの・ゆう)」センセの「アクマでJK!」です。

見習い悪魔「ヴィネア」、「詩織」
※左:見習い悪魔「ヴィネア」、右:「詩織」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題作が4話、短編が4話と半分づつな構成
ページ量もそんな感じ。
メインの連続話は複数ヒロインの登場するハーレムもの。
短編でのWヒロイン漫画と並び、コメディー要素の大きいものです。
どっちかと言うと、ほか短編3話のがラブコメ然としていた感じ。
どちらも基本的には明るく楽しい仕上がり。
単行本のくくりは「茜新社」さんのアオハなのですが。
そちらで期待されるだろう(たぶん)、微妙な年齢の女子らとうんぬん~みたいな色はあまりないので要注意。
変な癖のない、万人に受けるだろう爽やかラブコメという印象です。
成年漫画の導入には最適かもしれません。

すっきりとした細線での作画。
全体の色づきや濃淡具合は適度なくらい。
描き込みはややあっさり気味なのですが。
コマ割りは細かめではみ出し多く、変化もあり。
テキストもなんとなく多い印象があり、画面は結構な賑やかさ。
お話と同様に表現もラブコメ調。
あちこちのバランスに優れ、引っ掛かるようなところはないのですが…。
ややよく綺麗にまとまり過ぎていて。
個人的には、もうひとパンチ欲しいようにも見えました。
人物絵は身長があり縦長。
黒目大きく可愛らしく描かれていますが、極端なデフォルメはありません。
爽やかで親しみやすそうなお姉ちゃん系です。
カラーでもほぼ印象に差はないため、判断は↓表紙・裏表紙が良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

003:「アクマでJK!」 4話
魔界にある聖ルシフェラ女学院の見習い悪魔「ヴィネア」
その卒業試験のため、「健彦」は彼女と契約。
絶頂の際の感情エネルギーを集めるため、隣に住む幼馴染み「詩織」らとえっちをすることとなったのでした。
ごく簡単にはそんな感じ。

こちらが表題作。
成年漫画ではよく見られる悪魔娘ネタ。
ただ、本編でも言っていたように、えっち相手は「ヴィネアさん」でなく。
彼の周囲にいる女の子らである、というのがポイントでしょう。
(※ただし、ちょっと参加したりはしている)

「涼花」・「まなび」
※「涼花」・「まなび」

導入となる1話目。
「ヴィネアさん」は裏表紙に登場していますが、羽と角と尻尾(※細かいところではトンガリ耳)意外は普通の女子。
冒頭にて、
心配しないで、魂よこせとかステロタイプなこと言わないから~
とか言ってましたが…。
悪魔の常套句みたいなもので、どうかなーって疑いながら見ていました。
これ、もう少し後になって詳細判明します。
最初は近所のお姉さん「詩織さん」とのえっち。
当初は普通の男子っぽかった「健彦くん」
実は成年漫画主人公に相応しい資質の持ち主で、ここでもノリ良く彼女にえっち仕掛けてしました。
また、いかにも清楚そうな雰囲気だった「詩織さん」も同様で。
特に3話など、容姿とは裏腹にかなりはっちゃけた女性でした。
ぱっと見な感じではいかにも正ヒロインなんですが、コレはミスリード狙いなのかな。

2話目はツインテールなロリ巨乳「まなび」、長身のポニーテール「涼花」らが登場。
ちなみに、彼女らを連れて来たのは「詩織さん」です。
特に「健彦くん」は恋愛相手とかでなく、単なるえっち対象として見ているんですね彼女。
ちょっと複雑…でもないところが、この漫画の明るさです(笑)
「まなびちゃん」のやたらな積極性がため、”人類が誤解~”とかなんとかいうくだりが楽しい。
貴方もさして変わんないですよ、「詩織さん」
オチでは彼女の同級生、悪魔「シトリ」が登場しています。

衝撃の事実が明かされた後の3話目はクラス女子らとの複数プレイ。 
思い悩み、揺れる「ヴィネアさん」でしたが…。
こちらの「健彦くん」はある意味男前
馬鹿でエロいだけですがね。
そうなんです。
この漫画、実は”存在自体が非常識な悪魔「ヴィネアさん」が最も常識的”だというのがポイント。
正ヒロインが誰であるのか、ここでハッキリしてましたよ。

最終話は「詩織」・「まなび」・「涼花」の基本3名。
…と、メインな娘とのじっくりえっちです。
まぁ、誰なのかだいたい想像はつくかとは思いますが、いちおう明言は避けますね。
ちょっとイイ雰囲気でした。
ほかヒロインらと違って、「健彦くん」との相性も最も安定していたと思います。

095:「姫川さんは近道したい」
美人であるものの無口で、”イマイチ掴みどころない”と称されていた「姫川」
同じ部で周囲からは仲が良いと言われる「新山」に対しても同様であり。
よく分からない娘だったのですが…。
ある日、「部屋に寄りたい」と急に彼女から申し出てきたのでした。
自らの独特なペースを持つ「姫川さん」
鈍感な新山君相手に待った方~」そんな発言もあり。
彼だけが本気で気付いていなかったのかもしれません。
ただし、そんなんだからこそ、「姫川さん」の意中の人となれたのかもしれませんね。
ちょっと強めな彼女とは相性良さそうでした。

113:「おねがいがえし」
「誓(せい)」のイタズラに困っていた従姉「由佳」
友人の進言を受け、挑発に乗らず大人の余裕を見せつけることとしたのですが。
その後、驚くようなこととなってしまうのでした。
もう少し幼く見えていましたが、ちょうどイイくらいの年齢(精通ね)だったのかな。
おそらく1人悩むこともあっただろうと思われ。
そう考えると、「由佳さん」のああした対応は救いだったかもしれません。
うん、イイ話だ
何気に彼女も面倒見の良い方で、しっかり教えてくれていました。
「誓くん」羨ましい…。

姫川さん、七御門恋
※左:姫川さん、右:七御門恋

135:「催眠アプリ」
有数の進学校に合格したものの、授業について行けず…。
自暴自棄になっていた主人公は、全校1の才女・先輩「七御門恋(しちみかど・れん)」に催眠アプリを試してみたところ。
なんと、あっさり催眠にかかってしまったのでした。
ううむ、やっぱり進学は成績ギリギリの所はやめたほうがいいと思うよ。
余程の覚悟がない限りね。
漫画は催眠状態の「恋さん」に色々するというもの。
なかなか都合良いらしく、その場だけではなく呼び出してはエロいことをさせていました。
ただし、良心の呵責もあって直接行為は避けていたのですが…。
成年漫画に慣れた方は、後の展開が想像つくかなぁ。
「恋さん」はなかなか可愛らしい女性であり。
それがため、かなり救われたかな。
後の2人とか見てみたく思いました。

155:「即ハメ!お姉ちゃんズ」
弟「游也」の想い人が友人の「沙理那」らしいという事に気付き。
その姉「薫子」は2人をくっつけるべくセッティングしたのですが。
とりあえず、ホテル行こっか
もともとの知り合いとはいえ、告白後10秒後のそうした発言に不安を感じた「薫子」はついていくこととしたのでした。
まぁ、これは「薫子さん」が正しい。
成年漫画のセオリー的なスムーズな展開であるものの。
こう見せられると…だいぶ非常識だなぁ。
あの感じだと、他にも相手多そうね。
ただ、タイトルあんなんで察しがつくかと思いますが。
「薫子さん」も姉ながら感情ギリギリだったようで、このシチュエーションに乗っかってしまうのでした。
いちおう、漫画が2人の初えっちなようでしたが…。
日々の日常で「薫子さん」はなんらかシテいそうね。

 【 その他 】

そんなこんなで、「神毛物由宇」センセでした。
こちらが3冊目の単行本なようです。
たぶん、ひでるさんは今回が初見。
全て表題作かと思ったのですが…紹介帯にちゃんと書いてましたわね。
(※シリーズ90Pのほか短編4本を収録、とある)
店頭だと感覚で先走るので、あまりよく確認しない私…。
メインシリーズはだいたい期待通り。
前述したように、メインヒロインは予想外でしたが。
個人的には、収録の短編群が結構刺さりました。



アクマでJK!


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツインテール ポニーテール

■純愛ぱらどっくす (れぐでく)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、浴衣、複数
・構成 : 10話収録(うち「~中ならば・シリーズ」×3)
・おまけ: 後記、カバー裏に別ラフ絵、加筆修正あり、
      描き下ろし「一大決心の中ならば」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「れぐでく」センセの「純愛ぱらどっくす」です。

先輩「明希」、ギャル「朱音」
※左:先輩「明希」、右:ギャル「朱音」

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものと短編。
描き下ろしは2話ほど続くシリーズの決着話のようなもの。
3話が揃って、いい感じにまとまったと思います
ジャンルはラブコメ話。
社会人が多めなのですが、妙なブラック展開とかにはならず。
登場人物らにはしっかりと個性があり、どちらも楽しい仕上がりです。
続く作画ともども目立つ癖などもなく、万人に好まれそうな感じ
オススメな1冊です。

バランスに優れた安定感のある絵柄。
クッキリとした濃い目な線で、黒色も強め。
濃淡と描き込みの具合はちょうど良く、過ぎないくらいなコッテリ感です。
コマ割りは比較的大き目。
はみ出し・ぶち抜きなどもちらほら見られます。
原稿全体でも、巧いことあちこちのバランスが良くまとまっていました
見易く仕上がっています。
原稿時期に多少開きあったものの、加筆修正がためか読んでいて気になるところはありません。
背景や小物は邪魔しないくらい。
漫画での配置・構図あたりに、やや気になる箇所がありましたが些細な程度。
一部の引き絵も同様ですね。
人物絵は黒目大きく、可愛らしいもの。
むちむちした肉付きの良いスタイルは前後どちらも良い曲線具合。
↓表紙など彩色絵は、センセの絵柄の良さを打ち消してしまっているみたいに感じました。
店頭では、カバー絵にいくらかプラス採点で良いと思います。
あるいは、「ワニマガジン社」さんのHPにて確認するのがベストです。

 【 収録話 】 10話収録

005:「祝福の夜に」
友人の結婚式にて、久しぶりに再会した、元美術部「蒔村」・「蔵元」の2人。
そろそろ二次会という際、様子が何やらおかしく。
こちらまでやった彼女は、あるお願いをしてきたのでした。
友人の結婚式にて再会~ってシチュエーションは良いですね。
浮かれついでにこっちも期待しちゃったりして
式でおめかししていることもあって、ヒロイン「蒔村さん」は学生時代よりだいぶ綺麗になっていました。
それにプラスして、彼女にはとある秘密があり…。
メインへの流れをスムーズにしていました。
これから公私ともどもなお付き合いかなぁ。

蒔村さん
※蒔村さん

023:「恋目風鈴」
卒業式を終え、囲碁将棋部の部室にやってきた先輩「明希」
部で2人だけの囲碁打ちということで、「天本」は彼女から最後の勝負を挑まれたのでした。
「明希さん」は、部活漫画でちらほら見られる、凛々しいタイプな女性。
物語のひと切っ掛け(の序盤)までに、こちらはじっくり4ページほど割かれており。
彼女の変化に説得力を持たせています
ちょっと、こっちも色々考えちゃうくらいのシチュエーション・パワーがありました。
「天本くん」は後輩ながら、よく言ったと思います。
(※ついでに誤解もしていたようだし)
オチはそれから数カ月後くらいの風景かな…。
あーしたモノローグついてましたが、囲碁関係なくイったらないと、駄目なような気がする。
彼女、あー言いつつタイミング取れないだけだと思うのよ。

045:「芸術は暴走だ」
063:「旅の恥はコキ捨て」
こちらの2話はどちらもWヒロイン・複数えっちなエピソード。
前者「芸術は暴走だ」は、モデルを頼まれた「神田英勝」が美術部の「子川智鶴(ねがわ・ちづる)」、「隅田翔子」ら2人に脱がされてく、というもの。
こちらも美術部ですね。
偶然声を掛けたとはいえ、「神田くん」は脱いでもOKなモデルっぽい男性。
そんな彼に対し、ヒロインの2人。
セオリーでは、どっちかが控え目だったり、なだめ役だったりするのですが…。
「智鶴」・「翔子」のどちらも変ね。
私たちの肉体鑑賞していただいてもいいですよ
とかなんとか、彼を脱がすだけでなく、当人らもあっさり脱いでいて。
成年漫画のように(※そのものですがね)、触るよう促していたりもしています。
試してみたくなりました…
そうした「智鶴さん」の発言、後の「翔子さん」の言動などを見る限り、常習犯ですね。
美術部に所属してるのも、ソレ目的ではないだろうか。

後者「旅の恥はコキ捨て」は旅館で偶然知り合った「猪下」、「智鶴」・「翔子」のえっち展開です。
そう、ヒロインの名前は同じなのです。
…が、先の美術部の2人と同一人物かどうか、よく分からない。
髪型など異なるのは成長後だとしても、性格やや違うように見えるんですね。
ただ、彼女ら主導でえっちに持ち込む展開は同様。
旅館での浴衣姿ってーのは、いいもんですねー。
そんな訳で、オチともども個人的にはコッチのが好き。

117:「姉のカレシ」
カレシを連れてきた
そう電話をかけてきた姉。
酔った彼女が帰宅したところ、女性の2人連れであり。
よくよく聞いてみると、「嘉例川栞里(かれいがわ・しおり)」を略して「カレシ」だったのです。
ショートカットで、ややボーイッシュな雰囲気のある「栞里さん」
そのため、弟くんは女性だとしても、やっぱり彼氏ではないかと疑っていて。
そんなんが切っ掛けとなってます。
やはり彼女も、酔っぱらっていた、ってーのがあるかな。
実にうらやましい展開。

135:「おしつけギャル」
仕事から帰宅した「佐上」
マンションでは男女カップルがなにやら揉めており。
男性は清掃ボランティアである「佐上」を見知っていたため、そのお礼だと称して彼女「朱音」を押し付けてきたのでした。
いかにもギャルな「朱音さん」
振られた直後でモヤモヤしていることもあって、彼の部屋には結構強引に上がってきたようなのですが。
そんな彼女にご飯作ってあげたりしていて、「佐上くん」もなかなかのお人好し
まぁ、そんなんが故に彼女との相性は良さそうでしたけどね。
当人も言っていたとおり、シャワー後の”シャツ借りた”という姿はエロくて素敵。
えっちにも慣れていて、お試しえっちとなっていました。
満足されられたようで、良かったねー。
ああしたオチはお約束でしょう。

153:「たいむ ぱLOVE せっくす」
人類初のタイムワープに成功した「早瀬耀」
5年前へとやってきた彼女は、その時間軸での自分を発見したのですが…。
物理学科(当時)での友人「近町」は、過去の自分に対して、なんと記憶にない告白をしてきていたのです。
変わってしまう過去に危機感を覚えた「耀」は~というお話。
過去への干渉は最低限~とか言ってたのになぁ。
えっちまでしちゃいましたからね。
全然ダメじゃない。
彼があっさり状況を理解するのは…ページがためですわね。
オチが楽しい。

西神さん
※西神さん

085:「フィクションの中ならば」
105:「インモラルの中ならば」
173:「一大決心の中ならば」 描き下ろし
収録では唯一のシリーズもの。
素人小説サイトに投稿していた「白楽(はくらく)」
それを社の後輩「西神」に発見されてしまい。
自分も出しているというので見てみたところ、それは官能小説だったのです。
しかし、リアリティに欠けるという指摘は、彼女も気にしていたところであり…。
ちょっとこの小説、実演してみましょうか
そんな事を言い出したのでした。

ちょっと変わった後輩女子とのえっち話。
慇懃無礼なタイプですね。
書いている官能小説には真面目に取り組んでいるようで。
えっち時にしっかり役割を演じていたり、じっくり確認したりもしていました。
翻弄される「白楽くん」が楽しい。
どこまでヤっていいのか、ちょっと怖いですわね。
2話目は社員旅行での風景。
この時代に社員旅行なんて…結構人数もいたようなので、老舗の大手企業とかなのかな。
研究熱心な「西神さん」がいいですね。
浴衣でおっぱいチラ見えしていたりしていて。
こりゃー、「白楽くん」もたまらんでしょう。
オチでは、あー言っていましたが。
照れ隠しみたいなものではないかなぁ。

描き下ろしは4ページの漫画。
同シリーズでの完結話という感じです。
こちらでもやはり、しれっとしている彼女に、「白楽くん」はガッカリしていたようなのですけれど…。
うん、たぶんあれはOKリアクションでは。
そもそも、どーでも良いならば、「西神さん」はああしてドレスアップしてこないと思う。
あーして、関係をハッキリさせるのはお互い良いこと。
あ、ただ…もうちょっと、緊張感のある関係を続けていたいという気はあるかもしれないなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「れぐでく」センセでした。
当ブログでは、「気まぐれ花びら」、「みだらすいっち」を紹介していました。
こちらが3冊目の単行本。
紹介帯にですね、
カラーも充実よ
描き下ろし漫画もあるんだから
そう書かれていて、前述したように描き下ろし漫画はあったのですが。
”カラーも充実”、ということなのですが、中扉・もくじの2ページ分がカラーであったものの、それ以外は全て白黒でした。
これって…落丁とかではないよね…。

純愛ぱらどっくす

純愛ぱらどっくす (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) (日本語) コミック, 2020/8/31 [アダルト] れぐでく (著)
※現在、なぜかアマゾン登録なし(20/9/12現在)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット 官能小説

■ずーっとだいすき (雛咲葉)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメファンタジー、部活動
・構成 : カラー(20P)、10話(うち「Break Record」×2、「梟の館」×2)
・おまけ: あとがき・作品解説、カラーイラスト、
      一部描き下ろし「梟の館」 、カバー裏にラフ絵。    

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「雛咲葉(ひなさき・よう)」センセの「ずーっとだいすき」です。

「ハル」こと「遥香さん」
※「ハル」こと「遥香さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は2話ほどの連続モノと、短編群。
連続話は、同一世界(部活)で別のカップルを追ったものと、ストーリー仕立てなもので計4話分。
特にストーリーものは単行本でメインという位置づけ(たぶん)で、読み応えもありました。
詳しくは後述しますが、ひでるさんと同年代くらいの人には特に刺さるのではないかなぁ。
短編はまたバラエティー豊かな構成で、シリーズもの、ギャル、メイド、有名童話、人妻、テニス部の華…という感じ。
メイドものはメインと同様に現代劇でなく、また有名童話とメインはファンタジー要素があるもの。
ジャンルはラブコメで、どちらも楽しく描かれていて読み易く。
ただメイン話を筆頭に適度に緊張感もあり…それ一辺倒という訳でもありません。
色々楽しめることと思います

やや濃いめのデジタル絵。
全体の色づき良く、描き込み具合に問題なし。
引き絵など若干気になるところもありましたが。
全体として、そう引っかかるほどでもなく。
表情・表現は楽しく・可愛らしく、魅力的に描かれていました
彩色もお上手なので、カラーページも多めに収録です。
人物画は広さのある輪郭で、むちむちと健康的なスタイル。
ちょっとツリ目な娘が非常にイイ感じでした。
判断については、カバーイラストと共に、紹介帯のカットが良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

004:「Break Record」 カラー原稿
081:「Break Out」
陸上部カップルを描いた2話。
冒頭の「Break Record」はカラー原稿4ページのショート。
ショートカットなヒロイン「有希」さんは高跳びの選手。
陸上ユニフォームで、歓声も聞こえるので、あれは大会での1コマですね。
終了後に先輩とえっちしていました。

「Break Out」は同じ陸上部で、ヒロインは「有希さん」の後輩で新入部員「茉子(まこ)」ちゃん。
先輩「風間」くんが彼女から告白されるとこから始まります。
大会で入賞できたら…つ…付き合ってくだしゃい!
ポニーテールな「茉子ちゃん」
走ること以外知らないのでは、という女子なので…その不器用さが楽しい。
しかも、入賞できない、ってオマケが。
オモシロ可愛いですね。
なお、先の「有希さん」らも登場してましたよ。

011:「梟の館」 一部描き下ろし、カラー原稿あり
037:「梟の瞬き」
夏休み、転校生のクラスメイト「志朗」に誘われ、彼の家へ遊びにやって来た「森田悠人」
そちらで出会った妹「千草」ほか彼の両親らは、ちょっと引っ掛かる言動をしていたのですが。
ふと気付くと、服をはだけた「千草」がよく分からない事を言いつつ迫ってきたのでした。

妹「千草」、萩乃美香
※左:妹「千草」、右:萩乃美香

サスペンス・ホラーちっくなエピソード。
(※漫画にホラー要素ないのでご安心ください)
そう、昔の成年系アドベンチャーゲームみたいな印象でした。
シーズウェアさんみたいなん。
ヒロイン「千草さん」らの正確な正体は不明。
いかにもアレっぽいのですが…あとがきでは、違うとのこと。
確かにロザリオ持ってたりしてましたからね。
カラー原稿部分は、本編後の風景。
続く「梟の瞬き」との中間あたりですわね。
ちなみに、こちらもともとは1話だけだったようなのですが。
好評だったようで、その続編「梟の瞬き」が描かれた様子。
「梟の館」のオチにて、モヤモヤ~っとなった人には実に優しい展開となっていました。
先のシーズウェアさんで言うところの、「Desire 完全版」みたいな感じ。
(一部の人にしか分からない表現ですみません)

↓表紙を飾っているのが「千草さん」
薄い髪色で巨乳、そして妖しい雰囲気という、素晴らしいヒロインです。
そんなんでいながら、「悠人くん」にラブラブな様がこれまたキュート。
2話目「梟の瞬き」はそれから3年後の風景。
過去描写などもあり、まさに解決編という印象
前述したように、「千草さん」が可愛らしく。
彼がああした決断をするのも納得です。
ちょっと照れる様も見れるので、ご期待ください。

063:「ハルとボクの冬休み」
前々巻「好きな人ができた!」、前巻「ハルとボクの夏休み」と続いてきた、シリーズものの3話目。
あとがきによると、これで終わりらしく…ちょっと残念
3人の兄が経営するペンションで出会った、ボーイッシュな女の子「遥香」
彼女と付き合うこととなった「拓海」は、長期休暇などを利用してそちらでバイトをしていたのでした。

薪を拾いに行った「遥香さん」
しかし、天候は次第に悪化し、吹雪いてきたため…。
心配した「拓海くん」は迎えに出たのでした。
えー、素人が出た方が、よっぽど危険だと思いますが。
(※しかも何の装備も用意もしていないなんて、自殺行為ですね。いい年した男子だというのに…)
お兄さんらはああした反応をしており、ある程度の算段はついていたのかとも思いますが。
普通は止めるべきだろうなぁ。
ちょっとした所でも、周囲が見えないほどの吹雪なのだから。

ただ、まぁ…こうしたラブコメ漫画なので、ややこしい事にはならず
あっさり3コマで「遥香さん」と会い、近くの小屋へ避難することとなったのでした。
そんな訳で、ドキドキ遭難!?なエピソード。
落ち着いてひと安心したためか、彼自身はバキバキになっていて。
それに気付いた「遥香さん」から仕掛けるというもの。
のんきな感じですが、彼女にはちゃんとそうしてた理由があり。
オチでも言っていたとおり、いい機会だと思っていたんだろうなぁ。
ちなみに、あとがきページの絵も「遥香さん」なのですが。
スカートを穿いた彼女が見れます。

097:「彼と彼女の化学反応」
化学部の部室にてサボっていたギャル「萩乃美香」
本来の主「蒔野啓太」は、そんな切っ掛けで追試となっていた彼女の勉強を見ることとなったのでした。
ちらほら見かける、ギャルな女子と真面目な男子のカップルもの。
日焼け、金髪、黒下着…で、あっさりと早めなえっち展開。
頑張ったお礼ですね。
ただ、さすがに2人のやり取りが少な過ぎるかなぁ、って感じました。

113:「多感な三日月」 カラー原稿あり
来月に「賀上明彦」との結構を控えていた、お嬢様「三条綾乃」
夜に彼が呼び寄せていたメイド「早苗」とのえっちを目撃し~という流れ。
ごく簡単には複数プレイ話。
「綾乃さん」は没落した華族で、「明彦くん」は成り上がり。
彼女はまだ幼く、年齢差のある2人。
メイド「早苗さん」との関係は昔から続いていたらしい~などの設定もありました。
そうした背景を踏まえると、また盛り上がるでしょう。
本編で「早苗さん」はいわゆるメイド服なのですが。
冒頭の和服姿もまたいいですね。
どんな経緯か、初えっちエピソードが見たいなぁ。

135:「EROS IN WONDERLAND」
「アリス」は「兎」を追いかけて穴に飛び込んだところ、異世界に迷い込んでしまったのでした。
…そんな、いわゆる「アリス」を題材としたお話です。
ファンタジーですよー。
「兎さん」は当然ながらバニーな女の子でした。
成年漫画ですもんね。
ほか、「ハートのクイーン」さんも登場し、あちこちでエロい展開になります。
正直なところ、後半までのくだりはそう目新しさはなかったのですが。
目覚めた「アリスちゃん」のオチがいい感じ。
魔法みたいなんで、あっさり脱がされてしまったのは残念な気も。

アリス、人妻大家「詩乃さん」
※左:アリス、右:人妻大家「詩乃さん」

155:「ブルー・ノエル」
竹ぼうきの似合う、人妻大家「詩乃」さんとのお話。
あとがきにエプロン柄のエピソードを明かしてくれていましたが、まさにイメージとしてはそんな感じ。
ちょうど旦那と揉めてる最中で、またアルコールの力もあり。
あっさり「村田」くんを受け入れてしまうのですがね。
また彼もページの関係(笑)もあってか、ガツガツ攻めていましたけれど。
オチはああしたものですが、この後はドロドロなりそうだなぁ。

171:「スキサケ」
テニス部で「華」と形容される、エース「獅童」と新聞部「片瀬」のエピソード。
他と違って素っ気ない対応の彼が気になりだして~というもの。
相手となる男子が写真部、というのはなんだか珍しい気が。
お話は部活外で、制服な彼女です。
制服のスカート丈短く、パンチラしているのですが。
「獅童さん」は…アンダースコート穿きっぱなしなのね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「雛咲葉」センセでした。
こちらのブログでは「いま君に恋してる」、「好きな人ができた!」、「放課後のささやき」の3冊を紹介しています。
こちらは4冊目の単行本ですね。
裏表紙はともかくとして…。
(※描かれてたのはギャル「萩乃美香」)
今回の↓表紙は、平仮名タイトルでフォントもクレヨンちっくな素朴さあるもので…。
また、描かれていたのは麦わら帽子な女の子ということで、ノスタルジーの甘い漫画を想像しましたが…まさか、あんな人外モノとは思いませんでした。
まぁ、「千草さん」が可愛らしかった(※ノスタルジーで甘いというのは、実は合ってた)ので、全然OKですが。
漫画好評だったそうですが、ひでるさんもこんなん好きです。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット ポニーテール ノスタルジー ファンタジー アンダースコート

■どっちの膣内が好き? (睦月)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、着衣、制服
・構成 : 9話収録(うち「居座りstudent」×8)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「睦月(むつき)」センセの「どっちの膣内(なか)が好き?」です。

朝比奈結衣
※朝比奈結衣

 【 構成・絵柄 】

収録はメイン中編と短編が1話。
てっきり、1冊まるまるの長編だと思ったんですが、もう1話分ページ余ってたのかな。
(※個人的には、さらにその後の風景とか見たかった…)
単行本の表題にかかるメイン話は、ストーリーもの。
タイトルそのまま、2人のヒロインが登場しています。
短編もWヒロイン体制だったなら、ばちーと当てはまったのですがね…。
ジャンルはラブコメ
甘さが強くあり、コメディーは控えめ
多少のブラック要素ありつつも、基本的には優しい漫画が描かれていました。
妙なプレイなどもなく、安心して読めるので、成年漫画に不慣れな方にもオススメてです。
↓表紙なども、ぱっと見はエロく感じないっぽい(?)ですからね。

淡い色使いで盛りだくさん、という印象。
柔らかめな線で描き込みは細かめ。
全体の色づきはあるものの、やや淡い濃淡具合。
コマ割りは中小で枠間がそれなりにあります。
乱れ舞うような擬音が特徴的で、特にメインたるえっちシーンはかなりの賑やかさ。
それが色彩と合わさっていて、丁度良いくらい。
背景や小物なども、おおむね適度な描写。
バランス感覚は良く、引き絵・小コマなど違和感ある箇所はありません。
人物絵はすらりと身長があり、スタイルも絶妙。
細すぎず、太くなく。
リアル寄りながらも、漫画の可愛さがしっかりあり。
爽やかで魅力的な仕上がりになっていました。
今回の紹介帯ですが、カット絵部分があらすじテキストと共にピンク色になっていて。
正直、見辛くここはマイナス点
もっと普通にセンセのカット絵にした方がセールスいいと思うのだけれど。
彩色絵とも印象にそう差はないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

007:「居座りstudent」 8話
あまりクラスでは目立たない、物静かな優等生「朝比奈結衣」
そんな印象であった彼女から突然キスをされ、写真まで撮られてしまった教師「甲本」
卒業まで私を、先生のお家において下さい
そうお願いをされてしまったのでした。
証拠写真もあり、仕方なく受け入れていたところ。
同じく生徒「坂本千夏」に目撃されてしまい…彼女にも家を使わせることとなってしまったのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

ドキドキ同棲漫画のWヒロインというパターンです。
教師・生徒という表の関係もあって、部屋に学校に~と様々なシチュエーションが描かれていました。
なお、複数ヒロインとのお話ですが、各話メインは「結衣」・「千夏」のどちらかとなっていて。
いわゆる複数プレイみたいな展開はありません
ストーリー的にそんなんですね。
(※複数相手にするようなシチュエーションとなり辛い)
もしあるとするならば、本編終了後かなー。
ただ、おそらく…「千夏ちゃん」が2人くっつけて、静かにフェードアウトすると思いますが。
多少の毒気はあるものの。
メイン登場人物らはイイ子が揃っており、良く言えば読み易いラブコメ漫画。
それが故に、読み応えのパンチ力は正直なところ…やや弱めな印象です。
どっちの親とも関わらないですからね。
現実的なブラック展開とかにならないだけ、ドロつくことなく綺麗にまとまったのだと思います。

坂本千夏
※坂本千夏

いきなり「結衣ちゃん」からのキスシーンで始まる1話目。
スマホの配置も絶妙(笑)
あーされたら、従うしかないのかなぁ…。
(※明らかに彼が驚いた表情でしたけど…学校的はそんなん関係ないか)
この時期に、進学決まってて~などの台詞があり、たぶん卒業まで残り数カ月という頃だと思われます。
卒業までだろ、それくらいなら何とかなるさ
彼女の事情、また真意を察したこともあり、ポイントとなる導入部は無理のない流れになっていたと思います。
えっち展開は、彼女から寝込みを襲われるというもの。
意外に大胆ねぇ。
ただ、こうなるまでのドキドキ、彼女が着替えるとか、シャワー浴びるとか、そんな前フリが欲しかったかなぁ。
期待値がじわじわ上がっていくようなん
ページ足りないか。

冒頭でなにげに「千夏ちゃん」が顔を見せている2話目。
こちらは学校での描写となるんですが。
掃除中の「結衣ちゃん」にパンチラが(笑)
えっちしちゃった仲ですからね、そりゃーあーなるのも当然
(※たぶん、あーなる前なら「甲本くん」スルーできていたと思う)
また、その視線をしっかり気付いた「結衣ちゃん」が、サービスしてくれる展開です。
いい娘だ…。
ただ、台詞にもあったように、ここでバレたら2人とも終わるぞ。
後半は部屋に戻ってからでしたけどね。
才能あるのかね~」というくだりでの、ちょっと怒った表情がキュートでした。
分かってくれてないなぁ、って、本気でイラっとしたのでしょう。

個人的にお気に入りの3話目は、デート(実は買い物)エピソード。
こちらでも、「千夏ちゃん」がちらほら顔を見せていて。
後々の展開に繋がっていきます。
変な話、彼女との縁もあったということなんだろうなぁ。
2人で服の買い物最中、生徒の姿を見掛けた「甲本くん」が試着室に隠れるという流れ。
また、ちょうど「結衣ちゃん」が下着姿だったりしていて(笑)
妙に察しの良い彼女が、受け入れてくれちゃう展開です。
ううううう、羨ましい………。
これで大丈夫です…ね
そんなフィニッシュも最高!

さて、そんな最高から、どん底に堕ちていく4話目。
しっかり裏取りしている「千夏ちゃん」は、雰囲気とは裏腹に結構なヤリ手ですね。
彼女の脅迫を受け、切羽詰まった「甲本くん」の変化に注目です。
なお、未経験(たぶん)だったろう「結衣ちゃん」はともかく、それなりに経験値のある「千夏ちゃん」があーなってしまう、ということは…。
才能あるのアンタだ
Wヒロインが揃う5話目。
当初、「結衣ちゃん」が勘違いするのは分かるんですが、どう納得させたんだろう。
2人が泊まった深夜の風景で、えっち担当はまた「千夏ちゃん」です。
こちらは彼女の抱えていた背景が描かれます。
前回とはまた異なる、ラブいえっち具合をお楽しみください。

お待たせしました、6話は再び「結衣ちゃん」がえっち担当。
セリフだけであった彼女の背景、および1話目のああした行動にいたるまでがしっかり描かれています。
母親は最低ですが、その相手はああして金銭用意してくれるだけまだ良いかな。
(羽振り悪くなった途端に、返せと言ってきそうだけど…)
こちらは教室でのえっち展開。
…なのですが、それまでに準備万端になっていた彼女の表情が絶妙でした。
何でもっと聞いてこないんですか?」のくだりが好き。

お話のポイントとなる7話目。
前述したように、どっちもイイ娘なので…こちら、実に優しい展開となってます。
前半は「結衣ちゃん」のターン。
パジャマ姿でしたよ。
後半は「千夏ちゃん」なのですが。
自分はあーしたことヤっていながら、この娘もまたすこぶる良い子だなぁ。
彼女とは初の学校えっちです。
さて、そんな訳で最終話。
詳細は伏せますが、ひと決着はつけていました。
そもそも「結衣ちゃん」との時点で、もうああした考えには至ってたかな。
また、こちらでもそれぞれの優しさが発揮されていて泣けます
本編後の風景だろう、あとがき絵も見逃さぬように。

奈緒
※奈緒ちゃん

187:「いっしょなら…」
マンションの隣で幼馴染みな「武」と「奈緒」
成長に従って、やや疎遠になっていたところ。
2人とも、揉める親から避難してきた際に鉢合わせし、それを切っ掛けにまたよく話すようになっていたのでした。
先の連続話と同じく、こちらの家庭環境も微妙なのですが。
これでが復活したのだから、良し悪しですかね。
お互い大学受験を控える、大事な時期。
「奈緒ちゃん」が、ルームシェアを提案してきたのがメイン。
チラシ受け取った瞬間、色々なこと考えるだろうなぁ、「武くん」
マンションの踊り場にてのえっち展開です。
あは、それまで待つ必要なかった(笑)
どっちの親も巧くいってなかったですが、この2人は組み合わせ良いようです。
「奈緒ちゃん」はいい男捕まえれたのではないかなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は毎度お馴染みの「睦月」センセでした。
こちらのブログでは、「着ラブ」、「着デレッ」、「誘惑スイートタイム」、「恋えっち」、「このまま膣内で…」、「ヤって…動いて!射精して」…などを紹介しています。
こちらで8冊目の単行本。
もう少しで区切りの二桁冊ですね。
今回の単行本は、あらかじめHPにてチェックしていました。
察しの良い方、その通り。
はい、↓表紙の「結衣ちゃん」に引っかけられました。
あの片目隠れがちな髪型が最高ですよね
本編での彼女も実に可愛らしく、その点は大満足なのですが…。
ヒロインは彼女1人だけでも良かったかなー、って感じました。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー パンチラ

■ランス10 ~Adult Edition~ (やがみだい)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ゲーム原作、ファンタジー、ハーレム
・構成 : 原作「アリスソフト」、9話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、合間にイラスト、ランス10決戦・紹介記事。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「やがみだい」センセの「ランス10 ~Adult Edition~」です。

シィル・プライン
※シィル・プライン

 【 構成・絵柄 】

こちらは、原作ゲームのコミカライズ版。
言わずと知れた(たぶん)、約30年も続いたランスシリーズの最終エピソードです。
…と、いう訳で。
ぶっちゃけ、普通のコミカライズよりも、さらに敷居の高い1冊となってます。
まー、何しろキャラクターが多い
また、年数続いたということは、それだけ各登場人物・ヒロインらに固定ファン、贔屓の女の子がおり。
漫画での扱い如何で、感じ方は大きく変わると思います
そのため、シリーズのファンであっても、オススメできるかどうか微妙ですわね。

ひでるさんは、シリーズ途中までブレイ経験があります。
(※戦国ランスまでです)
たいていは理解できるのですが…。
後の新キャラほか細かい部分などざっと情報見知った程度で、詳細については分かりません。
この漫画もそんな感じですね。
いちおう、2ページほどゲームの紹介記事がありまして。
漫画でピックアップされたヒロインは詳しく、その他キャラたちも簡単に説明があるなど、かなり親切な作りになっています。
こうした点は良いですね。
ただし、まったく未知な人が、それらを読んで理解できるか、というと…当然、難しいでしょう。

また、ポイントとなるのがストーリー。
成年漫画という特性で、この壮大なお話とえっちシーンを両立するのは相当に難しく。
たぶん、マトもに描いたならば、1冊では収まりきらないと思います。
あとがきによると、連載はゲーム発売直後だったらしく。
下手なネタバレは避け、あくまでエロ基本。重い展開はせず、1話完結オムニバスの形式
という取り決めになったようです。
なるほど、変にお話も追っかけて全体が微妙になるならば、それくらいの思い切りあった方が良いかもしれませんね。
(※成年漫画なので)
実際の各話もそんな感じ。
前後でストーリーに軽く触れているのですが、ほぼ何があったか分かんないです。
そのため、戦闘シーンもある程度だけ。
このあたりの処理についても、人によって良し悪しだと思います。

こうした漫画の場合、”原作絵と比べてどうか”というのが第一になると思います。
前述したように、ひでるさんは途中までのプレイ経験であり。
結構年月が経過しているということもあってか、さほど違和感はなかったです。
漫画として動きやすいようになっているかな、というくらい。
(※「やがみだい」センセの味付けですね)
楽しく賑やかな仕上がりです。
人物は多少縦長気味で、鋭角的。
個人的に、「シィル」ちゃんはもう少し…もこもこ・ふわふわした感じのが好みなのですが…。
ただ、それも概ねゲーム絵が再現されている感じ。
いいと思います。
コメディー崩しが多め。
コマ割りは中小ではみ出し・ぶち抜き多く、かなり賑やかな原稿。
それなりに枠間が確保されているのですが、それでもゴッチャリしています。
コマの隅まで見ていくと、色々キャラを見つけることができるでしょう。
判断は↓表紙でも特に問題ないですが。
紹介帯のカット絵も確認できるので、裏表紙のが参考に良いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

漫画のだいたいについては、前述してきたとおりです。
ざっくりストーリーが描かれ、各話メインの女の子が登場して…。
えっち後、サックリ戦況をひっくり返していく~、という感じ。
(魔人の大軍団に攻められて、人間界はだいぶ押されている状況なのです)
そのため、お話は正直なところ、あってないようなもの
その分、それぞれとのえっちについては、シチュエーションなども様々に色々楽しめることと思います。
あとは…うまいこと贔屓なキャラと当たればいいのですが…
(※なお、ひでるさん好きな「魔相志津香」はちょろっとだけでした…)

大統領「シーラ・ヘルマン」、魔人「ラ・ハウゼル」
※左:大統領「シーラ・ヘルマン」、右:魔人「ラ・ハウゼル」

原作にあるような、会議シーンなども見られる1話目。
「ランス」が人類総統となるところから。
こちらは各国のトップ…らはあっさり終わり。
(※「香姫」も対象になっていたのは、意外でした。成長したのね…)
「シィル」と「シーラ・ヘルマン」の奴隷コンビとのえっちです。
オチでの「ランス」が相変わらずでいいですね。

2話目は敵対する魔人「ハウゼル」さん。
冒頭で捕まり、故あって好きな読書に明け暮れていたところ~という導入。
眼鏡・三つ編みの私服(?)もそれはそれで良かったのですが、照れ隠しで戦闘服に変身してくれていました。
まぁ、あっさり脱がされるんですけどね。
ついでに妹「サイゼル」も参加しています。

巨大な魔人「バボラ」に手こずっていた「ランス」たち、という3話目。
こちらは、「見当かなみ」が担当。
彼女はファン多いのではないかな。
サイズ対策で、彼女も前半に巨大になっている(※全裸)のですが…さすがにソレで進みはしないか。
ちょっとしたアクシデントによって、彼女と2人きりになるのが切っ掛け。
寒そう。

4話目は魔人「ケッセルリンク」との戦いで…。
その使徒であるメイドらがえっち相手。
漫画で「ランス」はお風呂最中に登場していたのですが。
えっちシーンでは、皆さんちゃんと(?)メイド服を着ていました。
収録ではダントツに多人数とのプレイが描かれます。

5話目は名前そのままな「上杉謙信」ちゃんが登場。
彼女も相変わらずだなぁ。
「ランス」の好き勝手な行動が、最も良い結果となるのがお約束で良いですね。
ある程度は計算もしているのだろうけど。
後の場面ではおにぎりシーンも描かれてましたよ。

「リセット」の母「パステル・カラー」さんの6話目。
戦闘で負傷し、寝ていたところ…「ランス」によって、透け透けな服に着替えされられています。
元女王の3名も登場し、憑依した彼女らとのえっち展開。
身体はパステルなんですから…っ
という台詞から察するに、憑依して姿形は変化して見えるだけ、なのかな。
このあたり、ひでるさん知識はほぼないので、いまいちよく分かんないです。
オチでの「リセットちゃん」が可愛い。

人類軍の参謀本部が攻撃されている7話目。
各国の知恵者ら「ウルザ」・「クリーム」・「アールコート」らがずらりと登場してます。
こちらは露天風呂にての複数プレイ。
ああしたひと息つく場面でも、戦況について話してました。
まぁ、確かに”頭も身体も柔らかく~”は必要かもしれませんね。
なお、「クリームさん」は眼鏡そのままです。

見当かなみ、上杉謙信
※左:見当かなみ、右:上杉謙信

最終決戦前の8話目は魔人「サテラ」とのえっち。
そうか、↓表紙の右側にいたの彼女なんだ。
忘れてた。
先の「パステルさん」とはまた異なるツンデレ具合が楽しい。
オチの1コマはちょっと震えますね
すげえなぁ。

そんな訳で最終話なのですが。
えー、いちおう詳細について伏せておきます。
ファンの方ならば、だいたい察せられると思いますが、その通り。
やっぱりラストはね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「やがみだい」センセでした。
たぶん、どちらか漫画を読んでいると思うんですが…。
紹介はしてなかったですね。
(※ほぼ知識のないゲーム原作なため)
今回は好きだった「ランス」の漫画版、成年系ということでゲットしました。
うん、やっぱり「アリスソフト」さんのキャラはいいなぁ…。
じっくり成年ゲームをやれるような状態でなくなってしまったので、なかなか難しいことではありますが。
ちょっと原作をプレイしたくなりました。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー コメディー アリスソフト

■ふれてほしくて たまらない (消火器)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、制服、ショートカット
・構成 : 短編×8話(うち「実花ちゃんシリーズ」×2、
     「加奈ちゃんシリーズ」×3)
・おまけ: あとがき・ヒロイン解説、合間にネタ絵、カバー裏に別絵、
     オマケマンガ「先輩と水着を買いに行った日」、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「消火器(しょうかき)」センセの「ふれてほしくて たまらない」です。

槇村加奈
※槇村加奈

 【 構成・絵柄 】

個人的にお気に入りな「AOHA COMICS」のシリーズ。
こちらで早くも第15弾だそうです。
そうなのか。
収録は8話なのですが、同キャラにてシリーズとなっているのが2本あり。
エピソードとしては、5つありました。
どちらも年頃男女のストーリーで、初々しさあるもの。
また、制服はお約束
合間にコメント付きのネタ絵があるほか、同人誌に収録されたらしい関連漫画の収録もあり。
作品世界をたっぷり楽しめます。
センセがお好きなのか、ショートカットな娘さんの比率が高いですね。
あの↓表紙に引っかけられた方も満足いただけるでしょう

しっかりとした強めな線での作画。
サッパリではない、ぺったりとした雰囲気なデジタル絵です。
枠線も濃く強く、変化は少なめ。
ちらほらはみ出してはいたものの、比較的収まり良く。
賑やかでも原稿は見易くまとまっています。
背景・小物はあっさり気味。
漫画の邪魔はしてないものの、プラスにもなってはいません。
ただし服装、特に各ヒロインの下着にはこだわりが感じられました。
(※カバー裏のイラストなど、ファッション誌みたいです)
人物絵は身長高く、全体も縦長気味。
通った鼻筋が特徴です。
横長な目はこうした形では大きく、可愛らしさもありました。
↓表紙などカラーがお上手。
センセの絵タイプにも合っていて、フルカラー本とか良さそう
白黒絵とはまた良さが異っているのですが、判断は概ねそちらで大丈夫。
紹介帯のカット絵と共に判断するのが良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

003:「触れてほしくて たまらない」
031:「恋びとどうしの とくべつな」
7つ上なバイト先の社員「狭山弘明」と付き合う「高木実花」
気持ちはそろそろ、と思っているのですが…というもの。
なんというか。
良くもまぁ、あの場面で切り上げられるな、「狭山くん」
彼女の友人らが指摘するのも確かにそうだと思いますが。
ちょっと変に余裕あって、逆に気になりました
じわじわ調教してるんではなかろうか、と。
1話目は寸止めと1人プレイが交互になっていて、「実花ちゃん」の魅力満載という印象。
なお、前半は制服、後半は私服で、車内だったりします。

さて、なかなか直接行為に至らず、悶々としている「実花ちゃん」
2話目は二度目だという「狭山くん」の部屋デート。
門限まで5時間と、時間の余裕も完璧(笑)
そうしたシチュエーションで、あの下着はだいぶ可愛らしいなぁ、と感じました。
(※年上の彼に合わせて、もっと大人っぽいデザインのものをチョイスするかと思った)
新しい下着だったりはするのかな。
初えっちで、ぐるぐる感想を巡らせている様が良いですね。
後半では共にシャワーで、もう1戦描かれています。
いや、貴女はえっちだよ。

高木実花、杉本要
※左:高木実花、右:杉本要

058:「素直じゃないけど いとおしい」
クラスでは目立つ雰囲気の「杉本要」
付き合う「大悟」は彼女と比べて地味な存在であり。
それを自覚する彼は、付き合っている事実を表面に出さぬようにしていたのでした。
なんというか…若い割によくできた彼氏で、いいですね。
ただし、それがため、2人はじっくり話す必要があると思われ。
今回は良い切っ掛けだったかな。
「要ちゃん」の性格、雰囲気から察するに、次のタイミングで友人らには打ち明けるのではないかなぁ。
カラオケを切り上げて、彼の部屋に急ぎ向かうところがキュート。
2人の馴れ初めを見たく思いました
「要ちゃん」から告白しているだろうかと。

081:「わたしのことだけ 見てほしい」
111:「夏の おもいで のこしたい」
127:「あなたのことだけ 好きなのに」
名ばかりの陸上部で、1人練習に精を出す「槇村加奈」
というのも、卒業した憧れの先輩「服部祐一」が練習を見てくれるためだったのです。
こちらがヒロイン「加奈ちゃん」の3部作です。

日焼け跡のあるスポーツ少女。
収録で最もえっちに無縁そうな彼女ですが、一番話数が多いという(笑)
先輩「祐一くん」の弟「服部武志」とは同学年。
ちょっと意識する存在で、お話の良いスパイスとなってます。
そちらとの恋愛模様もお楽しみに。

1話目「わたしのことだけ 見てほしい」ですが、こちらが初えっち話。
どうやら、前回に多少のお手付きがあったようで…犬のように期待する「加奈ちゃん」が可愛らしいです。
こちらは陸上部のユニフォーム姿。
あれはいいなぁ
中扉でそのカラーでの姿が見れるので、合わせて見ると良いでしょう。

2話目は2人して海へ遊びに行くというもの。
結構な大胆さのある白水着をチョイスしていました。
左右は紐だったし。
(※なお、水着購入のくだりは2話後に収録のオマケマンガ2ページで見ることができます。自ら選んだのね…)
残念ながらお泊りにはならなかったのですが。
こちらではシャワー室えっちとなってます。

いきなりイベントがある3話目は…卒業式風景です。
見開きで描かれていて、実に印象的なシーンとなっているのでお楽しみに
何が起こるのか、察しの良い方ならば分かるかな。
対する、ああした反応の「加奈ちゃん」はまた、いかにも彼女らしくて良いです。
さて、ひでるさんはこちらでの「祐一くん」の言動もあり、良い印象ではなかったのですが。
あらためて順に彼を見ていくと…そうか、そう余裕がある訳でもないのかな…と。
なお、こちらの「加奈ちゃん」は最後の制服姿です。

157:「頑張ってるから こたえたい」
先輩と付き合う「雛子」
えっちにて気を使われているだろうと感じていた彼女は、ひと頑張りするのでした。
ああして伝えることは大事だと思います。
こちらの「雛子ちゃん」は収録1話目の「実花ちゃん」と同じショートカットの娘さん。
素朴な可愛らしさがある彼女は実は姉で妹がおり。
その妹「里沙」はあべこべに大人っぽく、またそんなんは雰囲気だけでないらしく。
「雛子ちゃん」の切っ掛けとなっていました。
彼氏は呼び名そのまま年上であるようなのですが、これまでの男性と違って初々しさがあり。
「雛子ちゃん」とピッタリという感じで、なんだか安心(笑)

雛子、由真
※左:雛子、右:由真

187:「可愛いんだから しょうがない」
「由真」の部屋で「翔」と共に宿題を片付けていたところ。
2人で勉強するうちに~という、期待通りな展開。
ポニーテールで活動的な雰囲気がある「由真ちゃん」
下の部屋には彼女の弟「秀二」がいるのですが。
オチ付近にて、彼が実にいい味だしていました。
(※一部に人気というコメントも納得)
後に義弟となるだろう彼との関係は良好ですねー。
えっちシーンでの、
ゆっくりってばっ
~のあたりが好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「消火器」センセでした。
こちらが2冊目の単行本。
今回は先に「茜新社」さんのHPにてチェック済みでした。
まずあの↓表紙に引っ掛かりまして。
さらに見たところ、アオハレーベルということで目をつけていました。
おおむね期待通り
ただ、前述してきたように、青春話としては…なんだか、各男性陣が若干頭に引っ掛かっていて。
皆さん巧くいけばいいなぁ、とか感じました。
あ、あとがき絵のバニー姿が良い感じ。
あれで1話描いて欲しいです。
あるいはカラー版とか。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ショートカット ポニーテール

■なまいきドロップ (トヨ)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●〇〇
・属性 : [成年] ラブコメ、積極的
・構成 : 初単行本、10話。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「トヨ」センセの「なまいきドロップ」です。

京条咲良
※京条咲良

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
ゲスト的なものとか、描き下ろし、関連イラスト…などはありません。(たぶん)
おまけ少な目で、ちょっと残念
カバー折り返しなどにも別絵なく、中扉もなかったですからねぇ
ジャンルはおおむねラブコメ
女性陣が積極的で、たいていはそっちからのお誘い。
なお、紹介帯には”ちょっぴり変態女子”とありましたが。
いわゆるアブノーマルなものではなく、女性にしては性欲強め、という程度のもの。
期待し過ぎると、ガッカリするかもしれません。
プレイとしても、振り切れるようなものはなく。
個人的にはもうひとパンチあっても良いかなぁ、という印象でした。
どちらもややこしさなく楽しく読めるので、そうした意味では問題ないでしょう。

しっかりとした曲線での作画。
描き込みは丁度良いか、ややスッキリ目。
濃淡・色づきも適度なくらいでした。
比較的大き目なコマ割りで、収まりは良いほう。
丁寧で乱れは見られず、原稿はすっきりとまとまっていました。
各話にての差は少なく、安定。
表現・配置に多少気になったところもありましたが、マイナスという感じはありません
人物絵は丸い輪郭・スタイルの可愛らしいもの。
お姉さん的なヒロインも登場していたものの、ロリっとした感じのが合っていると思います。
↓表紙・裏表紙のカラー絵は濃いめな色彩でしたが。
それと比べて白黒絵はだいぶ淡い印象があり、紹介帯のカット絵で判断するのがベストです。

 【 収録話 】 10話収録

003:「おしかけ幼馴染」
アパート大家の娘「柊ひより」
「よし兄」こと「よしゆき」は彼女と昔馴染みであり。
1人暮らしを始めた彼の部屋にもたびたびやってきていたのでした。
ツインテールの可愛い「ひよりちゃん」
好意を前面にして誘ってきており、我慢も限界となっていて…という流れ。
まぁ、妹のようなもの、ってだけなので。
作中でも描かれていたそのまま、特にお手付きは問題ないでしょう。 
実際、なかなかそうした気分にはならないかもしれませんがね。

大家の娘「柊ひより」、大家「松江美夜子」
※左:大家の娘「柊ひより」、右:大家「松江美夜子」

023:「ひきこもりプレイ」
親は海外赴任中で、毎月仕送りがあるものの。
妹「舞香」は引きこもっており、1日中ゲームをやっているため。
その面倒を見る兄はバイト・家事に忙しい日々を過ごしていました。
眼鏡で一見すると真面目そうな「舞香ちゃん」
やっていたのがエロゲーであり。
なんとなく触れたところ彼女が特に抵抗しなかったため、そのままエスカレートしてしまうというもの。
どーでもいいですが…切っ掛けの1つである背中(正確には腰あたり)の文字はどーやって書いたのか
覚えてないだけで、案外お兄ちゃんお手付きしてたりするのでは。
(※でも自らのことを兄貴とは書かないか)
喰っちゃ寝ばかりしている、ということでむちむちしており。
スパッツ姿がえっちです。

043:「好きなあの娘は変態ガール」
校内ではカリスマ的人気のある「京条咲良」
彼女に憬れていた1人「長谷川隼人」は、ついにラブレターを渡したところ。
返事どころか受け取ってももらえず、その場を立ち去られてしまったのです。
その後、彼を訪ねて来た「咲良」は、驚くべき発言をするのでした。
このスマホが普及する昨今で手紙なのね。
古臭いですが、逆に現代では効果あるかもしれません
「隼人くん」は冒頭にて直接手渡ししており、相当な勇気であっぱれだと思いますが…。
それならば、言葉で伝えた方が手っ取り早いのでは。
…あ、緊張でどもったり、噛んだりするとイヤか。
そうか。
なお、彼は隣に住んでいる”声の大きい女性”に毎晩悩まされていたのですが。
これを切っ掛けに、謎が解けるという仕組み。
なるほど、告白されて逃げる理由も分かりますね。
そりゃ、当人は混乱するだろうけれど…もっとキチンとした想いの伝え方をしてください。
彼に対して回りくどいですね。
近所迷惑になってるし。

063:「隠し撮りシちゃってサレちゃって」
盗撮していたところ「五十嵐梓」に現場を押さえられてしまった「山ノ内隆志」
家にてほか証拠なども確保されてしまったのですが…というお話。
濃い目な黒タイツが可愛い「梓さん」
わざわざ部屋に案内させ、2人きりになっているというのは…もしその気なかったとしたら、トンデモな自爆行為ですわね。
もっと危機感持たないと。
実際はもともと彼を知っていて、明確にターゲットとしており。
あの電話をかけるコマとか、完全に「GO!」の合図ですよね。
念願かなって良かった…のかな?

083:「摂精・大家さん」
都内駅でコンビニ近く治安も良い物件の家賃がたったの3万円、というアパートを発見した「秋嶋一晃」
お家賃の残りを回収に参りました~
ある日、そう言って大家「松江美夜子」がやってきたのです。
そんな導入のエピソード。
理由は~まぁ、成年漫画だからある程度分かりますかね。
まさにウィンウィンです
とか言ってました。
どんなエロ女性だ。
あー、入居審査とかで、顔写真とか要求してそうだなぁ。
おそらく年齢はそこそこだろう彼女ですが、漫画では結構な美人さん。
ため、特にデメリットないのですが。
これが現実だった場合は、色々と厳しんだろうなぁ。
オチあーでしたが、彼女の性欲をもっと強くして、足腰立たなくなる~くらいでも良かったかも。

093:「援交お嬢様」
往来で出会ったお嬢様「柊木霧花」
アハ、エッチな視線
とかなんとか、こちらの視線を敏感に察知されてしまい。
彼女に言われるまま、ホテルまで連れ込まれてしまったのでした。
えろい女性ですね。
ミニスカートなのは彼みたいな男性を釣り上げるためか。
オチなどを見る限り、相当なお嬢様なようで…本来ならば、素性ハッキリしない男性を咥え込んだりせず、金でなんとかするんだろうなぁ。

113:「小さくて生意気なあの娘」
告白に失敗して落ち込んでいた主人公。
さらに追い打ちをかけられるように、日直当番の相手は敵対するクラスメイト「一ノ瀬由真」だったのでした。
小さく可愛らしい「由真さん」
ロングの黒髪でバスト「結構ある」と言う彼女が、単行本ではお気に入り。
いつも俺に絡んで~とかありましたが。
心底嫌な相手ならば、普通は接触すらしない筈。
触られた彼女がほぼまったく無抵抗でキュート
分かりやすい娘だなぁ。
知らぬは本人ばかり。
オチページが甘いです。

133:「生いきっ娘」
成績の低下で家庭教師をつけられていた「リエ」
遊ぶに邪魔なため、いっそのこと彼を下僕とするべく誘惑したところ~という流れ。
彼の男性自身は実に立派なもので、逆にメロメロにされてしまうのでした。
…という、成年漫画ではお約束な展開。
まぁ、結果的に成績は上がっていて。
母親の「すっかり真面目になって~」という台詞から察するに、素行も良くなったと考えられ。
結果オーライか。
そもそも家庭教師なんてやってる彼の学歴は悪くないのだろうし。
(※それが将来安泰とは結び付かないにしても)

一ノ瀬由真、橘まひろ
※左:一ノ瀬由真、右:橘まひろ

153:「どっちの君も好きだから」
実家に帰省して再会した「まひろ姉」こと「橘まひろ」
女ながらいわゆるガキ大将で、昔はよく振り回されていたのですが。
再会した彼女はそうした雰囲気なく、楚々とした大人な美人となっていたのでした。
表現の大小は置いといて、普通はそんなもんですよね。
男女限らず。
過去は置いといて、現在の素の彼女はキャラ的にやや弱く
うーん、もう1歩、2歩ほど足りない感じでした。

173:「すずなの村」
仕事に失敗した「新堂あつし」
憂さ晴らしに、と登山したところ遭難してしまったのですが。
付近に住む「すずな」によって助けられたのでした。
彼女の隠れ里には若い男が不足しており…という流れ。
途中の描写を見るかぎり、男性がまったくいない、という訳ではないみたい。
ただ、ここは会うの女性ばかり~とした方が、分かりやすくはなったかも。
男性陣の年齢が高めならば、老人に群がる女性とかのがぱっと理解し易かったかな。
また「すずなちゃん」とのえっち展開はいいんですが、オチであーなるのも違和感が
仕事にて失敗してるいとはいえ、都会(?)育ちな彼があーした決断を下すにはちょっと描写が弱すぎると思いました。

 【 その他 】

以上、本日は「トヨ」センセでした。
短いお名前ですね。
今回が初単行本とのこと。
おめでとうございます!
店頭で見た感覚で、好きそうな絵柄だったので手に取りました。
概ねそんな感じ。
初という割りに安定感もありました。
紹介帯で唯一気になっていた“アヘ顔”もそう強くなく。
個人的には良かったのですが、それ目的の方には物足りなく感じたのではないかなぁ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール アブノーマル ミニスカート

■牧田清香はHがしたい。 (しょうさん坊主)

★まんがデーター [12.0/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●◎〇〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] 積極的、巨乳、むちむち、ラブコメ
・構成 : 短編×10話(うち「生徒会長・牧田清香のヒミツ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵(裏表で仕掛けあり)、
     描き下ろし「その後の生徒会長・牧田清香のヒミツ」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しょうさん坊主」センセの「牧田清香はHがしたい。」です。

先輩「姫岸」、先輩「森沢」
※左:先輩「姫岸」、右:先輩「森沢」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
巻末に収録短編の描き下ろし後日談があり。
それがため、1エピソードについては連続話となってました。
ガンガン積極的にアプローチを掛けてくる、欲望に忠実な女性陣らがポイント。
男性陣はほぼ受け身で描かれていました。
そうしたのが、コメディーちっくでもあり、概ね楽しい仕上がり。
成年漫画でありがちな、えっちできてその後の関係も良好~みたいな展開ではなく。
適度なブラック感で、全体的には軽くビターめな味わいとなってます。
(※いちおう、甘いラブコメなお話もありますが)
ストーリー面は良い漫画群でした。

クッキリ線での作画。
全体の色づきは良く、黒色が強め。
描き込みは概ね過不足ないくらい。
縦横にコマ割りは細かく、ちらほらはみ出し。
それなりに枠間あるものの、賑やかな原稿です。
人物絵はむちむちとしたスタイルで特徴あるもの。
輪郭は縦に長めで、大きい目はややタレ気味。
漫画らしい可愛らしさがあります。
ただし、そのスタイルもあってバランス面は正直なところ微妙
引き絵や動きのある絵も同様でした。
個人的には漫画に集中できないところもあり。
良いコマもあるのですが、もうひと、ふた丁寧さが欲しく感じました
収録の各話の原稿時期が広い、というのも要因であると思います。
(※2013年から2020年と幅広い)
↓表紙・裏表紙はカラー絵の良さが前面になっています。
判断については、「コアマガジン社」さんのHPがオススメです。

 【 収録話 】 10話収録

005:「生徒会長・牧田清香のヒミツ」
207:「その後の生徒会長・牧田清香のヒミツ」 描き下ろし
生徒会長「牧田清香」に憬れていた「永井」
いつしか、彼女の手伝いをするようになり、幸せな時間を過ごしていたのですが。
とある切っ掛けから、秘められていた彼女の真意を知らされたのでした。
こちらが表題作。
てっきり、中編、あるいは長編が収録されているかと思っていたので、ちと残念。
まぁ、描き下ろし含めて2話収録で、カバー裏も「清香さん」なので、良しとしましょう。
ひょっとしたら、なーんてラブコメちっくな期待を見事に裏切る、10ページ目が抜群の出来栄え
この漫画はココが全てだと思います
ああした「清香さん」は、↓表紙に釣り上げられた読者も大満足でしょう。
(※すみません、私のことです)
会長、良い趣味です。
彼女は、あのおかっぱ頭っぽいショートな髪型がいいですね。
セオリーな優等生タイプでなく、またカリスマありそうなんでもなく。
エロ暴走する「清香さん」を堪能しましょう。
まぁ、あんなバスト持っていたら、紋々とするわな。

巻末の「その後の生徒会長・牧田清香のヒミツ」は4ページの描き下ろし漫画。
いちおう↓表紙から繋がっていて。
学校グラウンド隅での野外プレイです。 
スキ」が何を指しているのか…まぁ、「永井くん」は相当に頑張らないと駄目そうね。

生徒会長「牧田清香」
※生徒会長「牧田清香」

027:「精子愛ずる姫岸」
先の健康診断では、なぜか”精液”の提出をさせられていたのですが。
不意にやって来た先輩「姫岸」によって、「真取航」はその理由を知ることとなったのでした。
「姫岸さん」は単なる先輩ではなく、理事長の孫という設定があり。
完全に私用目的ですね。
そうした一方的なんを含めて、結構なお嬢様なようで。
彼女はまた容姿・スタイル良く、総合的にはどっちかというと幸せな要素のが多いのですが…。
オチでの「航くん」を見る限り、かなり苦痛に感じているようでした
まぁ、えっち合わないか。
たぶん、もう逃れられないと思われ、悲惨な未来しか見えないなぁ…。
どこかで割り切れればいいのだろうけど。

053:「とれーにんぐ森沢先輩」
陸上部のスポーツ男子「宮岡」
先輩「森沢」から呼び出され、体育準備室へ行ったところ~というお話。
こうしたカップル、逆ならばちらほら見かけるんですよ。
訳知らないスポーツ少女に、えろい事する男子、という図ですわね。
しかし、こちらの「宮岡くん」は、陸上一筋に生きてきた脳筋野郎として描かれていて。
エロい事についても、ほぼ訳分かっていない雰囲気でした。
オチでのやり取りが楽しいです。
また、1コマ姿を見せていた、陸上部のエースだと言う先輩「澤田」さんが個人的には好み。

077:「若菜の進路調査」
今日の男子にドタキャンされてしまった、「三島若菜」
ちょうど進路調査票を回収に来ていた彼で済ますこととしたのですが…。
雰囲気とは裏腹に、これまで見たことないほど立派なモノを持っていたのでした。
褐色肌な「若菜さん」
日焼け跡もなく、自黒なのか、焼いたのか…。
経験豊富な彼女の期待を超える、男子にとっては理想的なお話
まぁ、初体験でこーなったら幸せだわね。

099:「白倉さんの点数は?」
身近な女生徒らを調査・採点していた「中本」
しかし、それは総合点9のクラス委員長「白倉歩」に押さえられてしまったのでした。
いかにも成年漫画な展開となります。
まず「中本くん」の調査資料ですが。
学年中の男子が持ってるんだって
そうした台詞から察するに、彼の社交性は普通にあるだろうと予想され…。
だとすると、クラス委員長で目立つ彼女の本質があーであることを知らないのは不自然。
たとえネタを握られていたとしても、男子連中の間では噂が広がると思う。

111:「アナばん」
色々な武勇伝が伝わる、一匹狼な女性「秋山葉月」
そんな彼女になぜか目を付けられ、家まで連れられてしまった「今野」
部屋では、彼女から予想外な事を言われたのでした。
タイトルがヒントです(笑)
漫画知識ではあったものの、対応出来ていたのを見る限り、彼女のチョイスは正解だったのでしょう。
「葉月さん」の言動が乱暴なのは、たぶん…お兄ちゃんの影響かな。
先の噂はだいぶ尾ひれがついているようで、誤解されやすいだけなのでしょう。
関係は良く続いているようで、なにより。
いい相手見つけて良かったわね。

137:「親娘ごっこ」
中年男性との援助交際を続けていた「絵里奈」
いつしか、彼女は遊びではなく本気になりかけていたのですが。
ふと着信のあった彼のスマホ見たところ~という導入部。
まぁ、タイトルあんなんですから、この後どうなるかはざっくり分かるかな。
これが良い事かどうかは置いといて、少なくとも双方にメリットある理想的な関係
「絵里奈ちゃん」としては、彼の秘密を知れ、その手助けができることを幸せだと感じているのでしょう。
彼は経済的な余裕はあるようだし、今の所はいい関係。
この後どうなっていくのかな。

161:「義父のシュミ」
夫「清人」は出張中。
その間、義父と2人きりで暮らしていた「留美」でしたが。
彼の晩酌につき合ううちに意識をなくしてしまい、気付いた際にはガッチリ繋がっていたのでした。
いかにも成年漫画な義父なのですが。
母親の教育が良かったのかな、少なくとも旦那はいい人らしいので、それは良かったねぇ。
義父の語りを見る限り、こんなんは学生時代からの常套手段らしく。
まぁ、さすがに百戦錬磨という雰囲気でした。
「留美さん」はむちむちとしたスタイルなのですが、中盤の水着姿に注目。

絵里奈、柚葉
※左:絵里奈、右:柚葉

185:「窓辺の少女」
ずっと空き家だと思われていた家。
夜になると、その窓から女の子の姿が見えるという…。
家の中の影に気付いた「慎太」は、おそるおそる確認してみると~という、怪談ちっくなオープニング。
家に居たのは、車椅子の少女「柚葉」とその使用人「田嶋」
実は、ここは彼女らの別荘だったのでした。
清楚なお嬢様風な「柚葉さん」
少なくとも彼より年上ではあるものの、可愛らしい雰囲気。
私のおっぱいに~」なんて台詞そのまま、バストは結構なたっぷりサイズでした。
いいなぁ。
実際のところ、幽霊ではないようなのですが…。
最後にひとオチありました。
「慎太くん」のお母さまが楽しい。

 【 その他 】

以上、本日は「しょうさん坊主」センセでした。
当ブログでは「せいふく宣言!」、「ふわとろ彼女。」などを紹介しています。
こちらは4冊目の単行本。
購入の切っ掛けは、なんと言ってもあの↓表紙。
目力強いでしょー
まさしく生徒会長「牧田清香さん」の眼力によって、手を伸ばさせられてしまいました。
セールスをプラスに導くだろう、良い絵だと思います。
購入動機がそんなんだけに、2話だけだったのは残念。
もっと色々なシチュエーションを見たかったですよ。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ

■あそばれスタイル (ひげなむち)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 流され系、ブラック、むちむち
・構成 : 短編×9話(うち「スタイルシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵(カバーとのリンク絵)、
      合間に別絵、説明ページ、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ひげなむち」センセの「あそばれスタイル」です。

水泳部のエース「能島」
※水泳部のエース「能島」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
いちおう、冒頭からの2話は同一世界で、姉妹のそれぞれエピソードでした。
また、巻末収録の短編は雑誌企画によるもの。
詳しくは後述しますが、ちょっと異なる雰囲気が楽しめます。
お話の基本的なものは、えっちに流されるヒロインのお話。
たいてい彼氏ではない(笑)のがポイント。
たとえ付き合う相手だとしても、いわゆる甘いラブコメちっく…なものでなく。
男性側が一方的にいい様に扱っているみたいな、ブラック感たっぷりなお話群です。
可愛らしい絵柄に勘違いしないように注意
特に今回収録の1話は、個人的に理解できないレベルのものがあり。
どうにもモヤモヤして後味悪い(※良い意味で)ですよ…。

やわらかな曲線での作画。
描き込みはすっきり気味ですが、濃淡はやや濃いめ。
コマ割りは中小で変化大きく、枠間はそれなりに確保されており。
白比率はそこそこありました。
ふんわりとした、素朴なタッチが特徴的。
背景や小物なども同様ですが、人物絵ほか全体とよく合っています。
主張し過ぎないくらいの擬音で、漫符などはラブコメ風だったりもするのですが。
お話は前述した通りなのです。
人物絵は幅広く、頬の大きい饅頭のような輪郭。
横長目はタレること多く、可愛らしい仕上がり。
スタイルはむちむちっとしているものの、雰囲気はロリっとしたものでした。
こちらは紹介帯のカット絵が判断し易くオススメ。、
カバーでは裏表紙のが白黒絵に近いイメージだと思います。

 【 収録話 】 9話収録

003:「フリースタイル!」
021:「ストイックスタイル」
食べるのが好き、という水泳部のエース「能島」
今日も「真鍋」の食事に介入する自由人なのですが。
既に結婚の約束をした相手がいる筈の彼女は、なぜか「真鍋」が1人の男性更衣室にやって来たのでした。
まさに、フリースタイルな「能島さん」が素晴らしい作品。
いちおう、お礼えっち。
そうした彼女をよく理解し、好きにさせている彼氏(水泳部コーチなのです)が凄い人なんだろうなぁ。
まっ最中での電話でも、動じる雰囲気はなく。
(※いちおう、台詞としては浮気えっちを謝罪していた)
後半での描写を見る限り、ラブラブでもありました。

続く短編は、そうした彼女の妹「能島美汐」のエピソード。
タイトル「ストイックスタイル」というそのまま。
自由過ぎる姉を反面教師として、真面目に育ってきた「美汐」
最近は、美術部のヌードデッサンのモデル男性に色めき立つ部員らに苛立っていたところ~というお話。
お姉ちゃんも変わった娘でしたが、部員らもちょっと変
あ、教師もか…。
そうした特殊な女性らに囲まれていた「美汐ちゃん」はちと気の毒。
ただ、まぁ…オチを見る限りでは、ひと皮むけたみたいで良かったのかな。

美術部「美汐」、 「奏」
※左:美術部「美汐」、右:「奏」

043:「Sweet Time」
最近付き合いだし、”幸せの見本”と称されていたカップル「奏」・「諸角」
しかし、家に帰ると…と、大雑把にはそんな導入部。
収録では群を抜いて、奇妙な作品
理解できない、と前述したのがコレです。
あのラブコメ漫画みたいな5ページまでを、ちゃぶ台ひっくり返したような急展開の6ページ目が実に見事。
えー、催眠術にでもかかってるのか?
少なくとも、2人についてはまさに「Sweet Time」なのですが…。
ここで書いちゃうのはどうにも勿体ないので、詳細はいちおう伏せます。
もう何がなんだか分かりません

063:「Dear Friends」
東京から久しぶりに帰省した「三嶋ハナ」
昔の友人らと再会したのですが。
彼らの関係は、学生時代のソレと全く変わっていなかったのでした。
女性3名、男性2名というグループの、複数プレイ。
人数、つり合い取れてないのね。
まぁ、コソコソくっついたり、離れたりしているんではないからいいのかな。
いちおう、強要しているんでもなく。
皆大人だし。

083:「初恋」
「ハルカ」の初恋話。
…なのですが。
その相手「誠司」には初々しさなく。
単に御しやすい相手に好き勝手している~という雰囲気。
たぶん、親族とかの集まりなのかな。
何も知らぬ親らの話題になっている「ハルカちゃん」ですが、その同時期には彼に散々エロい事をされているという。
なかなかエグい構成が重い
別に悪いこっちゃないとは思いますが、変な野郎に引っ掛かってしまって悲しい。
できれば、彼女の見知らぬところで不幸な目に遭えばいいな。

107:「試遊タイケン」
ネットで知り合った中年とのSMえっち話。
いちおう彼氏もいるようです。
なら、そっちに頼めばいいのに…。
タイトル「体験」ですが、相手は結構な熟練者のようで。
たぶんそう簡単には逃げられないぞ。
せめて、妙な事にならぬよう祈ります。

125:「One for all!」
強豪・和丹学院との試合を控えたサッカー部。
実力差はあるものの、努力を重ねていて。
さらに、部のマネージャー「中原」も必死にサポートしていたのでした。
今日も相手校の偵察に出掛けた彼女でしたが…という導入部。
気が利き、可愛らしい彼女の正体に驚く漫画
ちょっと、どうかなーという感じでしたが…。
いちおう、しっかりある程度のところで線引きをしていて。
単に「中原さん」がえっち好きだという。
ううむ、それならば部のメンバーにシテほしいが。
そういうんのも、彼女の中で違うんだろうなぁ。
ああしたオチを含めて、ほかエピソードとは違って良い読後感なお話でした。

145:「イイトコロ」
友人「リコ」と買い物に出掛けていた「エリナ」
すると彼女が付き合う男が合流してきたのでした。
本編でも描かれていたように、女友達2人のショッピングに割り込んでくるようなんは、ロクなもんではないですよ。
空気読めてない、というか、あえて読んでないんでしょう。
オチでの「リコちゃん」のお話で、多少安心(?)しましたが。
まぁ、あんな奴は地獄へ堕ちればいいと思う。

ハルカ、マネージャー「中原」
※左:ハルカ、右:マネージャー「中原」

169:「交感」
こちら、本編の開始前に説明ページが割かれていて。
雑誌での企画ネーム交換によるもので、「きい」センセ原案の漫画化です。
そのため、やはり収録の他エピソードとはまたテイスト異なる作品となっていました。

不意に、主人公のアパートに訪ねてきた女性。
学生時代にえっちしていた相手で、彼の元教師だったのです。
甘くなく、ドロリとした味わいな大人の恋愛話。
先生はもともと眼鏡で野暮ったい雰囲気な女性。
えっちによって支配していたと思いきや、あっさり結婚してその元を去っていたのでした。
冒頭の描写を見る限り、彼はまだ全然吹っ切れてなく。
その脳裏から離れないのだろうと思います。
ちょっと垢抜け、より大人な女性となってまた目の前に現われ…。
さらに彼をかき回していく、ある意味で男性にとって怖ろしいお話です。
まぁ、いわゆる悪女というのは、いかにもという雰囲気でなく、こうした女性なんでしょう。
オチでの描写がいいですね。
犠牲者(笑)が続いていきそうで。

リンク貼る際にふと気付きましたが…。
これって、ひょっとして…「きい」センセの短編「LOVERS」の前日譚というか、男性側の掘り下げ漫画だったりするのかな。
いや、家デザインが違うから気のせいか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ひげなむち」センセでした。
こちらのブログでは、「ヒト・カノ 他人彼女」、「おとめくずし」、「みすでぃれくしょん」、「桂さんちの日常性活」などを紹介しています。
今回にて5冊目の単行本。
一見すると、普通のラブコメ漫画のようなカバー絵なのですが。
本編は毎度のことながら、前述したとおり。
で、カバー裏はそちらとリンクした絵柄なのですけれど…特に裏表紙
面白い仕掛けとなっているので、ゲットした方はぜひカバー外してみてみて。
うわーって思いましたよ。 



あそばれスタイル


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ

■となりがHで羨ましいカラ。 (新井カズキ)

★まんがデーター [18.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] ラブコメ、フェチ、巨乳、水着
・構成 : 初単行本、短編×9話(※全て同一世界)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵(下着について)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「新井カズキ(あらい・かずき)」センセの「となりがHで羨ましいカラ。」です。

義妹「美夜」
※義妹「美夜」

 【 構成・絵柄 】

収録の短編は全て同一世界でのエピソード。
詳しくは後述しますが、各話は単に同一世界というだけでなく。
リレーのように、えっちバトンが繋がっていました
この仕掛けが漫画世界観をうまーく広げていて、読み応えがあります。
何周かするうち、新しい発見などもありそう。
なお、収録のうち、最終話は全員のその後が見れる集合話でしたよ。
漫画はラブコメ
そう前面にてラブラブとはしてなかったものの、どちらも楽しく・甘めな雰囲気。
おおむね皆さん発育がすこぶる良く、巨乳なヒロインばかり揃ってました。
季節は夏で、途中から舞台が海になることもあって…水着率が高い1冊
ちらほらフェチっぽい点もあったので、ぐさー刺さる人も多いと思います。

もっとも独特なのが、センセの漫画の描き方。
いちおうコマ・枠線はあるんですが、それに収まること少なく。
結構頻繁に枠外へ出てきて、いわゆるブチ抜きをしています
はみ出しも頻繁。
絵は枠内でも、吹き出しが出てたりしていました。
小さいコマが重なったり、斜めにカットされていたり、とかく賑やかで複雑。
さらに、描き込みの細かさ、多めなテキスト量などが加わり…。
結果として、原稿はかなりのごっちゃり感がありました。
それが、漫画に勢いとパンチ力を与えています。
丁寧でバランス感良く、濃淡具合も丁度良いくらいで、見辛さはなかったのですが。
個人的には、配置・漫画運びという点で、ちらほら引っかかるところもありました。
なんというか、多少の慣れがあった方が、読み進めるにはいいかもしれません。
(※マイナスなんでなく、それくらい独特さがあった、という印象)
人物絵などは既にご自身の画風を確立されていて、コロコロ変化する表情などお上手。
あちこちにこだわりも感じられ…えろくて素敵です。
カラーはまたその良さがあるのですが、白黒絵のが味わい深く良いと思いました。
判断には、紹介帯のカット絵と共にどうぞ。

 【 収録話 】 9話収録

前述したように、収録話は全て同一世界です。
短編では、前エピソードにて次のカップルの存在が示されるなどの前フリがあったり、続くお話にて前話のカップルが登場していたり~、という感じ。
単行本の表題「となりがHで羨ましいカラ」そのまま、先の2人に触発されて関係が進展していく、というパターンです。
えっちの輪が繋がれていきます(笑)
そうした描き方のため、まず前話のカップルがその後どうなっているか~、が分かり。
また、同時にお話の切っ掛けとなっているため、漫画展開がスムーズになっていました。
さらに、9話のうち最終話「発情メドレー」は、登場キャラクターが全員集合するエピソード。
こちらでも、それぞれの後日談(プレイ)がさらに描かれていて。
関係がより進展していく様が楽しめます。
ちょっと長編漫画のような、生きた世界が楽しめる漫画群となっていました。

ブログを書く際に、登場人物とか次エピソードでの切っ掛けをまとめした。
各話紹介にちらとまぜています。

沙耶、千歌(ちぃ姉)
※左:沙耶、右:千歌(ちぃ姉)

003:「ギブ&テイクダウン」 1
1 「??」 美夜の義兄
1 「美夜」 義妹。

週末の朝、義妹「美夜」の尻にて目覚めさせられたところ。
毎度の如く、小遣いをせびってきたのでした。
慇懃無礼な感じが逆にキュートな「美夜ちゃん」
次のエピソード、全員集合話など、他キャラが絡むと、義兄に対する素直な気持ちが垣間見えていて…可愛い。
(※かなり独占欲が強いようなのです)
本当はお金なんていらないんでしょうね。
漫画では、スパッツを直穿きしていましたよー。
こちらの「美夜ちゃん」は個人的に好きなキャラなのですが。
単行本で、やや出番が少なかったのは残念。
カバーでもすみっこだったし…。
(※あとがき絵には登場してる)
目立つ性格・設定の割りに容姿がやや地味目だからかな?

 ↓ ※沙耶は美夜の友人。下着について相談を受ける。

023:「うさぎの子に踏まれっぱなし。」 2
2 「ノブ」 
2 「沙耶」 「美夜」の友人で切っ掛けを作った張本人。制服を崩して着ている。

「美夜」から下着について相談された「沙耶」
代引きの通販を、関係のある「ノブ」のアパートに届けさせたのでした。
果たして、いくら払ったんだろう。
2人の馴れ初め話を見る限り、「沙耶ちゃん」は実際に売りしていたのか。
良くも悪くも、そんな彼女に信頼され、便利使いされている「ノブくん」です。
彼の趣味もあり、今回はバニーコスプレしてくれていました。
これはいいなー。
泊まりでサービス、だそうですよ。

 ↓ ※澪は店で美夜・沙耶の会話を聞き、下着を拾う。

043:「Hな下着を手に入れた!!」 3
3 「ヒロ」 澪の兄的存在。教師。 
3 「澪」 眼鏡でカチューシャ。 

拾ったエロ下着をうっかり学校にも着てきてしまった「澪」
そのため、どうにも落ち着かず…。
保健室に急いでいたところ、「ヒロ」と鉢合わせたのでした。
しっかりエロ下着を見られてしまうのは、成年漫画ですわねー。
彼女の性格、2人の関係性からすれば、ああしたハプニングないと発展はしないでしょう。
クラスの評判を見る限り、いかにもな真面目女子という「澪さん」
ただ、まぁ…お年頃でもあるので…興味ない筈もなく。
「美夜」・「沙耶」のエロ会話によって、すっかり・あっさりペースを乱されていました。
なお、オチ後の風景はカバー裏にて見れます。

 ↓ ※澪のえっち最中、千歌は隣の部屋にいた。

065:「発情は突然に」 4
4 「智也(トモ)」
4 「千歌(ちぃ姉)」 小さくちんちくりんな百華の姉。 

自習室でひと眠りしようとしていた「千歌」
しかし、隣の部屋からの物音(えっち)がため、どうにも眠れず。
「智也」にて欲求不満を解消することとしたのでした。
キャラ的に面白い「千歌さん」
あの感じだと、もっと早く彼にちょっかい掛けていそうな気もしましたが…。
これまでは、えろい雰囲気にならなかったのかな。
「残念過ぎて~」とか言われてましたからね。
そうした前フリがため、その後の展開が非常に面白い
とりあえず先に謝れ
とか言われてましたよ。
わはは。
私も謝ります、ごめんなさい。
なお、「千歌さん」がチョイスしたのは、スクール水着です。
そうした点と彼女のキャラがため、収録ではこちらが最もお気に入り。

 ↓ ※2人のお風呂えっち事後に百華がやってきた。(※千歌の挑発を受けた)

083:「愛情は前もって」 5
5 「智也(トモ)」 前話の直後。
5 「百華(モモ)」 千歌の妹。もこもこツインテールで巨乳。

今回単行本で最も登場回数が多いだろう3名です(たぶん)
前回のお風呂えっちを知った「百華」
実は「智也」ともども、お互いを想っていて…良い切っ掛けであると、えっちに至るのでした。
どう発育が異なったのか、「百華ちゃん」は立派な巨乳の持ち主。
「千歌さん」があっさり看破していましたが、勝負下着だったりするのが可愛い。
いいなぁ、「智也くん」
オチがお約束で楽しい。
なお、以降の彼らを見る限り…「百華ちゃん」は気を抜けなくて大変そう。
彼のどこがそんなにいいんだろうか。

 ↓ ※2人が海の家に向かう途中、智也・千歌・百華の3Pに遭遇する。

103:「見たまま、シたまま、イったまま」 6
6 「直哉(ナオ)」 補習を受けていた。
6 「澄香(スミ)」 すみか。海の家店主の妹。ポニーテールで日焼け跡あり。

浜辺に来客が多いため、海の家を手伝うべく急いでいた「直哉」・「澄香」
裏道を使ったところ、えっちをしていた3名と鉢合わせたのでした。
1ページ目では、エロい雰囲気ない、スポーツ少女のようだった「澄香ちゃん」
目撃してからのエロっぷりが素敵。
その際の「直哉くん」も面白い。
ちょい出した、そうです。
いつの間に(笑)
なお、切っ掛けがため、漫画のある程度は先の3名のえっちシーンでした。
そんなんもスゴイ。

 ↓ ※澄香の働く海の家に依子が友人らとやって来た。 

127:「スウェットウェット」 7
7 「ミツル」 
7 「柏木依子(依)」 よりこ。眼鏡で巨乳。

友人らに連れられ、海にやってきた「依子」
「澄香」が働く海の家を訪ねていたところ。
ゴミ拾いの最中に倒れたという、意中の相手「ミツル」が連れられてきたのでした。
こちらの「依子ちゃん」は唯一フルネームが判明している娘。
テキパキと指示を出していたりして、先の「澪ちゃん」とはまた違った優秀さがありそう。
委員長タイプかな。
枕がなかったためか、彼を膝枕にしていて。
汗拭くということで、あちこち触り出すのが切っ掛けです。
「依子ちゃん」は結構な巨乳っぷりで、自然に頬に胸が押し付けられてました。
うう、羨ましい…。
そりゃ、”はむっ”てするのは自然ですよ、ええ。
水着まで着せられて~
冒頭でそんな発言がありましたけど、友人らが選んだだろうソレが物凄いデザインなので、注目です。
また、事後の「依子ちゃん」が非常に良い笑顔をしている(※他はたいてい不機嫌そうな顔)ので、そちらも見逃さないように。

 ↓ ※望遠鏡でミツル・依子の浜辺えっちを目撃する。

151:「痴情の星」 8
8 「姫川(ヒメ)」 天文部・部長。
8 「白峯(シロ)」 黒瀬とは幼馴染み。
8 「黒瀬(クロ)」 会長。白峯とは幼馴染み。

「白峯」は屋上を使える天文部・部長「姫川」に頼み、そこで焼いていたところ。
申請を不審に感じた会長「黒瀬」が様子を見にやって来たのでした。
このタイプ異なる2人が愛称で呼ぶくらいに仲良いというのは意外。
また、「黒瀬さん」の下着も同様。
あの雰囲気の娘があんなん着けてたら…盛り上がるだろうなぁ。
ただ、ほぼ2人だけの世界となっていて、「姫川くん」がなかなか気の毒

 ↓ ※美夜の義兄を白峯が逆ナンパしかける。

澄香、会長「黒瀬」
※左:澄香、右:会長「黒瀬」

175:「発情メドレー」 9
前述したように、こちらは全員集合エピソード。
それぞれ2、3ページの担当で、えっちが見れます。
はい、皆さん揃ってプレイ中でした(笑)
全員水着姿ですかね…あ、1人違った。
ざっくり近い関係性のカップルらでまとめられていました。
なお、焼いていた「白峯さん」は、こちらではすっかり小麦色です。
彼女については、日焼け跡がない点に注目。
(途中で水着外してたからね)

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「新井カズキ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
爽やかのさある↓表紙が店頭にて目立っていました。
なお、世界観だけでなく、カバー5面も繋がっていて。
広げると、ちゃんと一枚絵になっていました。
前折り返し部分など、うまーいこと処理されていて驚き
(※そちらの絵がため、全て繋がるとは思いませんでした)
これで…次の単行本はどうなるのかなぁ。
海の家に来ていた、「澄香ちゃん」の友人2名のヒロイン回はあるんだろうか。


となりがHで羨ましいカラ。


となりがHで羨ましいカラ。 (セラフィンコミックス) コミック, 2020/8/18 [アダルト] 新井カズキ (著)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ツインテール コスプレ ポニーテール スクール水着

■最近雇ったメイドが怪しい (昆布わかめ)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [一般] ラブコメ、メイド、お姉さん
・構成 : 3色原稿、13話+描き下ろし1話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、描き下ろし漫画、合間にイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「昆布わかめ(こんぶ・わかめ)」センセの「最近雇ったメイドが怪しい 1巻」です。

ヒロイン特集①:妖しいメイド「リリス」
※ヒロイン特集①:妖しいメイド「リリス」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
紹介帯などでは、攻守逆転ラブコメと称されていました。
こちら、各話のページ数に大きく差があり。
1話あたり、3から18ページ(たまに扉絵含む)となっています。
だいたいは4ページ
これは、もともとTwitter掲載であったためだと思われます。
たまに1コマはみ出していたりもしていました。
(※合間ページに続きのような絵があるのです)
単行本では、合計130ページと薄く。
各話ページ量からも察せられる通り、読み応えはやや軽め。
漫画は2人の微笑ましいやり取りを楽しむタイプ。
ネタは無数に想像できますが…お話・世界はそう広がっていく雰囲気が(いまの所)なく。
詳しくは後述しますね。
続けていくには、1話あたりのページ量をもう少し増加させるか、各話ごとに綿密な計算が必要になってきそうでした。

正式名称はよく知りませんが…。
こちらの原稿は通常な白黒のほか、紫色が存在していて合計3色あるのが最大の特徴。
漫画内でメイドさんの目について、
吸い込まれるような、紫の瞳
~と描かれていて、それに準じた仕様なのだと思われます。
そんな訳で、その紫色はメイドさんの目のほか、一部擬音などで使用されていました。
小さいコマまで、メイドさんの目はキッチリ紫色ですね。
大き目なコマ割りで白比率高め。
線が強く、黒色が目立っています。
背景や小物はそれなりでしたが、バランス良く引っ掛かる箇所はありません。
こちらの優れた点は、何と言ってもヒロイン。
妖しく可愛く、ほんのりエロスといったパワー比率が実に丁度良く。
彼女の魅力だけで、全体にプラス点が入りそうなくらい
ほぽ↓表紙での判断でも良いのですが、紹介帯のカット絵も参考になるでしょう。

 【 収録話 】 13話収録

最近雇ったメイドの「リリス」
真面目で仕事熱心ではあるのですが…。
あまりに魅力的であるため、坊ちゃん「ゆうり」は魔女か悪魔ではないだろうかと、日々訝しむのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

主人とメイドのラブコメ話。
田舎の小さな屋敷が舞台。
小さな~とは漫画中の言葉なのですが、広そうな庭のある2階建てで部屋数はかなり多そう。
普通に写真が存在しているほか、パソコンや携帯ゲームも描かれており。
いわゆる時代モノではなく、現代な様子でした。
似たような漫画では、「死神坊ちゃんと黒メイド/井上小春」がありましたね。
坊ちゃん・メイドのラブコメで、メイドさんが妖しく誘惑してくる~みたいなん。
ただし、そちらは2人がほぼ同年代で、ファンタジー要素があり世界観が広く。
互いに好いているものの触れあえないなど、設定が重いという特徴がありました。

ヒロイン特集②:メイド服は露出大きめ
※ヒロイン特集②:メイド服は露出大きめ

主人公である、こちらの坊ちゃんは、既に両親を亡くしているため。
登場人物は、彼とメイドの2人だけ。
過去回想のシーンにて、元の使用人らがちらと描かれていたくらいです。
坊ちゃんは作中の台詞にもあったように、まだ子供
親族などの描写も特にはありません。
そんな訳で、彼は生活能力ないようなのですが。
使用人らは、幼い彼を前に皆あっさり辞めていました。(9話)
無論、雇用関係次第であろうとは思うのですが…1人残る彼に何かしようという者はなく。
もしかしたら、ご主人らはあまり好かれてなかったのかな。
(※突然に声を上げる坊ちゃんの喋り方は、親譲りだと想像すると…あれ、やられた方は不快に思うでしょう。彼は子供だから可愛らしい~でまだ済んでいるのですが)
あるいは、日本の武士団とかと違って、西洋はそんなもんなのかなぁ。
学校へ行くような描写もありませんね。
屋敷内にて自己学習はしていたようでしたが、察するところ昔は家庭教師とか雇ってたのかもしれません。

現在の所では唯一の使用人である、メイド「リリス」
彼女は、
住み込みで働かせていただけれけばお給料はいりません
…そう言っておりました。
坊ちゃんには仕事をしているような描写はなく。
ほか使用人らを見る限り、何かしらの収入みたいなのもなさそうです。
ただし、「リリスさん」の作る「やたらと美味しい(3話)」という食事は、なかなかに豪勢な雰囲気でした。
そのため、完全に無一文でなく、土地収入くらいはあったりするのかなぁ。
あるいは、遺産が結構残ってるのか。
(※だとしたら、使用人らは辞めないかな)

タイトルほか、坊ちゃんは「怪しい~」と警戒しているのですが。
単に彼女が優秀なだけですね。
そんなメイドが、なにゆえ無給で働いているのか、って点は確かに怪しいですが。
あ、丈は長いものの、胸元・背中がぱっくり開いた露出過多なメイド服も妖しい(笑)
ただ、それってたぶん…本来の役割が家事でなく、夜だったりするだけでは

突然やってきた~ということで、少なくとも坊ちゃんはその日が初対面。
ただし、彼女はどこで撮影したのか、坊ちゃんの写真を持っていて。(5話)
なんらか繋がりあったのでしょう。(単に来てから撮影した可能性もあるが)
これはそのうち描かれていくと思われます。

無給奉仕の理由として、
大好きな坊ちゃまに少しでも早く信用されたい…
そういった年齢差を超えた愛情があるらしく。
彼の料理の好み、苦手などを熟知していました。
前述した、露出の大きいメイド服を着こなす良いスタイルの持ち主で、妙齢のお姉さんなのですが。
坊ちゃんとの会話、ラブラブだの夫婦だのという言葉に照れていたりもしていて。
ぱっと見の雰囲気より、だいぶ初心っぽい感じでした
(※あるいは、本気で異性として彼を好いているか)
なお、描き下ろし漫画では、朝の着替え風景が堪能できますよ。

ヒロイン特集③:そして照れる「リリス」
※ヒロイン特集③:そして照れる「リリス」

漫画は、
メイド「リリスさん」の言動について、坊ちゃんが怪しんで観察し。
彼の言動について、「リリスさん」が挑発するような、からかうような発言をすると…。
坊ちゃんが、素直なラブラブの想いを口にして。
それを受けた「リリスさん」が照れる。
…というのが、基本的な流れ。
ページが短い(4ページ)時はまさにそんなん。
これがベースで漫画の売りになっています
そのため、関係が安定してしまうと終わってしまうのかな。
閉じられた世界で、外から積極的に関わろうとでもしない限りこれ以上の発展もしようがなく。
果たして2巻はどうなるんでしょう。

 【 その他 】

以上、本日は「昆布わかめ」センセでした。
海藻系ですな。
何冊か単行本を出されていましたが、ひでるるさんはこちらが初見。
坊ちゃんではないですが、↓表紙のメイドさんに撃墜されました
どうやら、8月には2巻が発売される様子。
ちょっとづつ明らかになる~と書かれていて、「リリスさん」の背景がだんだん描かれるのだと思われます。
面白く、彼女も魅力的ではあるのですが。
漫画としては、何かもうひとパンチが欲しいかなぁ。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ファンタジー

■0.01mmの誘惑 (亜美寿真)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、ギャル、積極的
・構成 : 8話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、合間にイラスト、
      カバー裏は表紙とのリンク絵、

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「亜美寿真(つぐみ・すずま)」センセの「0.01mmの誘惑」です。

※ヒロイン特集1:切っ掛けの「左振さん」
※ヒロイン特集1:切っ掛けの「左振さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
ストーリーもので、収録は8話まで。
電子書籍サイトにて連載されていて、見たところでは13話まで配信されているようで…。
単行本は続いていくのだと思います。
なお、もくじを確認したところ、8話ほかで全202ページなのですが。
持ったところ、結構ずっしりとした重量感がありました。
ひょっとして、紙質違ったりするのかな。
漫画はラブコメ
詳細は後述しますが、お話は結構じっくり・たっぷり描かれていて、イイ感じです。
(※たぶん1週間前後しか経過していないのでは、と思う)
こうした、性急過ぎない描き方は、ネット配信がためですかね。
成年漫画でも、連載がし易くなってる(←たぶん…)現在は、非常に良い時代なのかもしれません。

しなやかな線での作画。
全体の色づきはあっさり気味で、白比率多め。
描き込みは概ね適度なくらい。
細かめなコマ割りは変化少な目で、収まり良く。
デジタルの綺麗な見易い原稿です。
背景・小物は軽めですが、漫画に馴染んでいます。
表現なども引っ掛かる箇所なく良好。
カップル2人のキャラが生き生きと巧く描かれていました。
ただし、たまーにバランス感にて不安定なところもあります。
(※些細な程度でしたが)
人物画は横に長い目、そして鼻のあたりが特徴的。
妖しいお姉さん、というのはピッタリ。
判断ですが、カバーでは裏表紙の方が漫画の白黒絵に雰囲気近いと思います。
個人的には、カラー絵よりも断然そっちのが魅力的でした。
そのため、紹介帯のカット絵が見辛いのは…ちと残念。

 【 収録話 】 8話収録

「栄口洋太」の自宅にて開催していた、大学ゼミの飲み会。
しかし、いつの間にか皆寝落ちしていて…
ふと見ると、ちょっと気になっていた「左振紗南(さぶり・さな)」が隣で寝ていたのです。
ごく簡単には、そんな導入部。

目立つギャルちっくなヒロインと、ぱっと冴えない男子というラブコメ
ちらほら見かけられる組み合わせですね。
自由奔放っぽい女性が主導権を握り、男性側が翻弄されるというもの。
細かい周辺説明はなく、いきなりゼミ仲間での宅飲み後から開始。
「洋太くん」の反応を見る限り、たぶん…「左振さん」は……他女子よりも気になる存在だったかなー、って感じましたが。
特にコレという言及はなかったです。(たぶん)
読み進めていくうち、徐々に周辺が明らかになっていくタイプだと思われます。

前述したように、まだお話は続いていくようなのですが。
この1巻については、カップルとなっていくまで~が描かれていました。
一部他ヒロインの活躍回があったものの、基本的にメインの2人が中心
おそらくは、今後も「左振さん」との色々なシチュエーションが楽しめることと思います。
女性はもう1名いたので、次巻ではなんらかの形にてお話に絡んでくるかもしれません。

※ヒロイン特集2:エロいぞ「左振さん」
※ヒロイン特集2:エロいぞ「左振さん」

切っ掛けとなる1話目。
いきなりのドキドキ・シチュエーションですね。
いいなぁ
ゼミの飲み会とのことですが、メンバー5名の内訳は男子2名に対して女子3名…。
いや、箸は6膳あったので、もしかして1名は泊らずに帰ったのかな。
寝ている配置から、「左振さん」は最終的に隣に座っていた?
後々の展開を見る限り、あるいは残り女子2人にベッドを譲り、あえて「洋太くん」の隣をチョイスしていたのかもしれませんね。
よく寝返りする彼女に対し、彼が取った戦略が実に見事(笑)
セオリーな成年漫画主人公であれば、即お手付きしそうな場面でしたが…。
(※いちおう「洋太くん」も、その次には服の中へ手を伸ばしています)
ああした対応は、なかなかリアルっぽくてドキドキしますわね。
まだ、どうにか事故として言い訳できそうだし。
その後は…慣れた方であれば想像できるかなぁ。
ああした事があって、なお背を向けてしまう「洋太くん」かまたリアルで…わが事を見せられているようで悲しい。
そんな彼に対し、「左振さん」の対応がまた実に素晴らしく、刺さります。
撃沈されますよ

2話はまだ飲み会後。
前話直後の風景になっています。
そちらに続いて、「左振さん」の言動がいちいち良いですね。
一緒に入って教えてよ
とかなんとか言われていました。
「洋太くん」の部屋はユニットバスでして。
2人でお風呂最中に、カーテン隣に人が入って来るという、ドキドキ・シチュエーションです。
まあ、音とか、影とか…バレない訳ないわね。
酔っ払ってからの寝起き~というのが、どれだけプラスに働くんだろう。
(そもそも、あの寝ていた位置からトイレに向かえば、2人いないことにすぐ気付きそう)
3話は…翌朝に皆が帰宅した後の風景。
なかなか恥ずかしい場面でしたが、これは成年漫画のセオリー。
ぐるぐると考えを巡らせる「洋太くん」が楽しい
(※ふと落ち着いてしまい、煮え切らない言動はまさに彼らしくて泣ける)
こちらでの2人の駆け引きは見応えあるので、表情などもじっくりお楽しみください。
「左振さん」は今度こそはヤル気で、わざわざ戻ってきたんでしょう。
なお、1、2話では直前までイッってたものの、直接行為はこちらがとなるのです。
オチでの可愛い「左振さん」に注目。
ああした彼女を、まだ「洋太くん」は理解していない。

ようやく場面が変わる4話目は、ゲームセンターでのお話。
夢のような飲み会から2日後の風景です。
彼の台詞から、スマホで連絡は取れるらしいのですが…。
自ら行動できないあたりは、またまた彼らしいわね。
えっちはしたものの、別れ際があーだと難しいでしょう。
ただ、「洋太くん」は何故か「左振さん」の生活圏内へ無意識のうちに侵入できる~という特殊な能力(笑)をもっているようで。
偶然入ったゲーセンが、彼女のバイト先であるという幸運を得ています。
「左振さん」のが勘違いしてましたね。
こちらでは結構大胆なプリクラ内えっちです。
あれ…声まる聞こえだと思うぞ。

5、6話は注目回。
単行本ではクライマックスという雰囲気のエピソードになります。
電車で通学途中の「洋太くん」
ふと、飲み会メンバーの1人「赤町さん」と鉢合わせたのでした。
これまで、彼はどっちかと言うと情けない姿のが多かったのですが…。
いきなり前半にて格好良い姿を見せてくれました。
咄嗟にああした行動を取れるというのは、実に素晴らしいこと
まぁ、残念ながら誤解だったのですが。
さて、こちらはまさに「赤町さん」の主役回。
1~4話でちらちらと描かれていた、彼女の意外なが描かれています。
あの百戦錬磨っぽい彼女に、
スゴク、おいしそう
~って評価されるということは、「洋太くん」は自信を持って良いと思われます(笑)
ただ、偶然に同じ台詞で…良かったねぇ。
6話後半から7話にかけて、メインヒロイン「左振さん」が登場。
ここでも「洋太くん」の特殊能力が発動し、偶然に彼女のアパート前に通りがかり、また運命的にベランダで洗濯物を干していた彼女が彼を発見して声を掛ける~という。
(※しかも、「左振さん」も大学をちょうどサボっていた)
先のくだりをキッチリ看破した、「左振さん」に注目。
ガッチリ名前までいい当てるなど、さすが女子。
ただ、そうした流れが良い結果に繋がったのだと思います。
「洋太くん」はよく言った。えらい。
また、そうした彼に対し、本来のごく可愛らしい反応を見せている彼女をお楽しみください。

収録では最終となる8話は、大学校内での風景。
ボイントだろうアイテム、格闘ゲーム「ファイト&マジック」のくだり。
もしかしたら、これがため「左振さん」は先に「洋太くん」を意識するようになっていたのかな。
ただ、ぱっと良く作用しないのは、ラブコメ漫画のセオリー。
とある噂話もタイミング良く彼の耳に入り、トラブル発生の回となっています。
見ていて、変に虚勢を張ることなく、正直に不安を口にした「洋太くん」は正解でしょう。
また、「左振さん」がドキっとなるコマも見逃さぬよう。

なお、連載モノということで、登場人物などまとめたメモを残しておきます。
ある程度のネタバレを含んでしまうので、そうしたのを避けたい方はこれ以降進まぬようお願いいたします

※ヒロイン特集3:仕事・私服な「左振さん」
※ヒロイン特集3:仕事・私服な「左振さん」

 【 0.01mmの誘惑 人物・その他 】

■栄口洋太 (主人公)
 眼鏡男子で雰囲気そのまま弱気で奥手。
 ただし、5話での「赤町」との電車シーンでは、ちょっとした男気を見せてもいた。
 親の仕事の関係で、昔は頻繁に引っ越しをしていたらしい。
 ゲーム好き。たぶん格闘ゲーム世代。
 何かと「左振」の生活圏に行き当たる運を持っており、確かに相性は良いみたい。
 なお、「左振」との関係以降は、ちゃんとゴムを用意していた。
■左振紗南 (ヒロイン)
 宅飲み参加メンバーのうち、女性3名のうちの1人。
 笹宮駅付近にすんでいる。大学では心理学科。
 細身に見えて結構大きいらしい。
 ゲームセンターでバイトをしている。
 雰囲気はギャルっぽいが、実際はシッカリしている。そうした点は「赤町」も理解していた。
 彼とのえっちが初体験。
 そっち方面では迂闊さを見せていて、あちこち次々にバレている。
■赤町 (女性)
 名前はいまの所不明。宅飲み参加メンバーのうち、女性3名のうちの1人。
 (※もう1人は名前が出てきていません。なお、合間イラストでは登場しています)
 大人しそうに見えて、人の彼氏にちょっかい掛けるのを好む問題児。
 そうしたタイプがゆえ、人を見る目には確かなものがある様子。
 えっち好き。結構な巨乳で、陥没しているらしい。
 次巻以降でも2人を引っ掻き回してきそうですね。
■田中 (男性)
 名前はいまの所不明。宅飲み参加メンバーでもう1人の男子。
 「洋太」が隠したゲーム横で寝ていて、バレるのを不安がっていた相手。
 そうした点での友人ではない様子。
■ファイト&マジック (用語)
 対戦格闘ゲーム。SP版。2人の過去になんらか関係があるらしい。
(※彼女が持っているソフトには「洋太」の名前が書いてあった)

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「亜美寿真」センセでした。
どう読むのかと思いましたが、「つぐみ・すずま」なんですね。
漢字変換すると、ちゃんと候補に表示されて驚きました。
ほへー。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
こちらは、もともと「S2COMIX」のサイトでチェック済でした。
期待以上の完成度で大満足。
次巻が待ち遠しいです
そうした良い単行本で、すみませんが1つだけ。
裏表紙には親切にあらすじが書かれているんですが。
刹那的な対応が要求される書店店頭で、あの文字色は背景とも混じってちょーっと見辛過ぎ
イラストはセンセが仕上げてると思うので、文字については出版社さん?
連携取れてなかったのかなぁ。
セールス的にはマイナスに働くと思われ。
せっかく良い単行本なのに、あれは勿体ない印象でした。



0.01mmの誘惑


0.01mmの誘惑 (富士美コミックス) 日本語, 2020/8/11 [アダルト] 亜美寿 真 (著)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ

■想思想愛 (おろねこ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、甘々
・構成 : カラー(8P)、10話+α収録(2話連続、後日談など多数)
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画、
      カラー描き下ろし「コンプレックス・コスプレックス 番外編」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おろねこ」センセの「想思想愛」です。

先輩「美月さん」
※先輩「美月さん」

 【 構成・絵柄 】

2話ほどの連続、後日談などを多数収録。
カバー裏もそれぞれ1話でカウントすると、最終的には15話くらいあります。
「TENMA COMICS 高」のレーベルなため、登場してるのは学生ばかり…だと、思うんですが。
学校描写ない漫画ほか、そもそも衣装が制服ですらないものもちらほら。
そのため、期待が異なる可能性あるかもしれません。
ジャンルはラブ度合が強いラブコメ話。
しっかりとした甘さのある、楽しい漫画群でした。
ややこしい展開はないので、安心して読み進めることができます。
あちこち甘いものの、結構プレイには広く幅があり
各短編、関連エピソードなど読み応えもある1冊でした。

ふわふわとしたタッチが独特。
柔らか線で全体の色づきは丁度良く。
コメディー崩し、表現などもありますが、バランスに優れていて
特に引っかかるような印象はありませんでした。
コマ割り細かく原稿は賑やか。
最初にざっとめくった際の感覚と比べて、読み辛さはあまりなかったです。
ヒロインはロリっとした娘から大人っぽい女性までキュートな仕上がり。
そう見られるタイプではなく、個性的なヒロイン群でした。
反面、癖はあるので、人は選んでしまうかな。
紹介帯裏のカット絵が判断には適当だと思います。

 【 収録話 】 10話+α収録

009:「ぎりぎり ナマ・放送」
031:「すんどめ ナマ・実況」
先輩「美月」と付き合うようになった「茅沼結斗」
最近は彼女からのスキンシップが激しく、困惑していたところ。
放送部の昼放送の司会をすることとなったのです。
そんなんが1話目「ぎりぎり ナマ・放送」
↓表紙とか、もくじ・あとがき絵はこの2人ですかね。
「美月さん」はふわふわ髪の美人。
そもそも告白は「結斗くん」からでしたが、即OKしているなど彼女もラブラブであったらしく。
こちらでは、頑張る彼を目前に気持ち押さえられなくなってしまう、という流れ。
エロくて素敵
いちおう放送は順次曲を流すだけのようなので、合間にてシテいました。
オチではなかなか格好良いこと言ってましたよ。
ちなみに、最初の曲タイトルには注目。

続く「すんどめ ナマ・実況」は体育祭エピソード。
放送部は実況のお仕事です。
先のエビソードを切っ掛けに、放送中えっちに慣れて来た2人。
リモコンのおもちゃでのプレイですね。
ただ、こちらは放送室みたいな個室でなく、体育祭のテント。
おそらく、周囲とかなんとかには人いっぱいな筈で…。
本当ならば気付かれるだろうなぁ。
後半は焦らした後のえっちでした。
髪を束ねた「美月さん」はも、またイイですね。

陽菜ちゃん、戸隠沙夜
※左:陽菜ちゃん、右:戸隠沙夜

051:「言わせないでっ←→やっぱり言いたいっ」
いつも笑顔で明るくやや天然という彼女「陽菜」
しかし、えっちになると激しく乱れまくる、普段からは想像できない一面があったのです。
あんな要求する「耀」くんがエロい。
ただ、まぁ…あーした単語がポンポン出て来るってことは、「陽菜ちゃん」の脳内は本来そっちなのではないかなぁ。
控えめサイズなバストが素敵。
感度良さそうね。
後日談は6ページで、大人なオモチャでのプレイ。
彼女らしく(笑)、ずっとえっちシーンです。

077:「コンプレックス・コスプレックス」
002:「コンプレックス・コスプレックス 番外編」 カラー描き下ろし
コスプレ衣装の専門店でバイトしている「戸隠沙夜」
付き合う「汰一」は彼女のコスプレ姿を想像したのですが、普通の恰好であり。
ちょっとガッカリしていたところ、その後のお部屋デートにて驚くべきサプライズを受けたのでした。
横長眼鏡が特徴的な「沙夜さん」
こちらは小悪魔衣装でした。
中扉にてカラーが見れる(角外した状態ね)ので、戻って見てみてください。
あれは本編中盤シーンの抜き出しかなぁ。
照れる様がキュートです。
部屋で彼女にコスプレなんてされれば…えっちの流れは必然。
巨乳で陥没でしたよ。
ラストページの「沙夜さん」がまた良かったです。
ただ、個人的には…店でのエプロン・ジーンズの恰好が良かったなぁ。

冒頭に位置していた番外編は、カラー描き下ろしで2ページ。
白い僧侶のよううなコスなので、もともとのキャラはそれなりなんですが。
巨乳な「沙夜さん」が着用した途端、胸がためだーいぶエロい雰囲気に
悪魔コスとの黒白違いを堪能できます。
後日談はメイド服で6ページ。
こちらも開いた胸元が素晴らしい。
サイズなかった、って理由がまた素敵ですわね。
欲を言えば…あれで髪をアップにしていただければ…ひでるさんがよく引き合いに出す「殻の中の小鳥」の「ミュハ」さんのようになったかなー、って思いましたが。
(※とか、この記事書く際にあらためて確認したところ、髪はショートカットでした)

111:「xxx」
えっちにて、「修司」からキス痕を残されてしまった「いつみ」
怒った彼女は、謝罪する彼にキスを要求したのでした。
八重歯が可愛い「いつみちゃん」はショートカットの元気な娘。
先の「陽菜ちゃん」同様に控えめバストな娘です。
やっぱり運動部だったりするのかな。
主導権を握ろうとしている割りにえっちにやたら弱く。
トロトロになってます。
まー、あんなんでは彼の思うがままですわねー。
カバー裏に後日談があり、キスマーク以外のしるしを残されていました。
ラブラブでいいじゃない。

005:「キミと とろける水遊び」 カラー原稿
131:「おめざえっち」
朝、「ヒロ」を起こしにやってきた「佳奈」
当然ながら彼自身は元気であり。
それを鎮めるべく、仕掛けることとしたのでした。
そんなお目覚めえっち話が、タイトルそのまま「おめざえっち」
口だけでは我慢できず、あっさりえっち展開となっていました。
せっかくの黒タイツがちょろっとで残念。
(まぁ、これから学校だしね)
個人的には2回戦目のやり取りが好き。
そうなんです。
「佳奈ちゃん」は1回だけでは満足し切れなかったんですよ。
…遅刻するぞ。

「キミと とろける水遊び」は、カラー原稿4ページというショート漫画。
子供用ビニールプールを切っ掛けとしたエピソードです。
髪と空、そして水の青が涼しげで、これからの季節には最適。
センセのタッチはカラーに難しそうな印象(裏表紙とか…)でしたが、こちらとか描き下ろしの「沙夜さん」は良い感じでした。

147:「汗だくはにー」
野球部マネージャー「茉莉」と付き合う「迅」
匂い好きな彼女は練習後の彼に接近していき~という流れ。
部室えっちなのですが。
あらためて見てみると、タイトルあるコマにてしっかり施錠してました。
スル気満々じゃない(笑)
一昨日ぶりだそうで、即下半身を暴いております。
そんな彼女なのですが、直接行為はまだというのが中盤でのポイント
まー、こうした単行本なので、成年漫画に慣れた方はなにゆえソッチを拒否しているのか、なんとなーく分かるかと思います。
カバー裏に後日談。
えっちシーンはないのですが、男性陣はちょっと一安心するだろうエピソードでした。
そう、彼女は匂いフェチ、という訳ではないんですね。

マネージャー「茉莉」、なずなちゃん
※左:マネージャー「茉莉」、右:なずなちゃん

167:「さらしな恋心』
「なずな」は付き合う「紀壱」から、”裸パーカー”という恰好をお願いされたのでした。
なんちゃら耳のような、横ハネした髪型が特徴的な彼女。
うん、ファスナー下ろすと、いきなり下着姿ってのは良いですね。
下着という最終ラインをも剥ぎ取る「紀壱くん」は凄い。
だんだん慣れてきちゃったかも…
中盤でそんな事を言っていた「なずなちゃん」は彼と付き合うに相応しい娘なのかもしれません。
後日談はハート型の絆創膏プレイ。
やはり6ページのショートでした。
バス内で「紀壱くん」はスカートめくったりしていました。
なんのかんの言いつつ、しっかり応じてくれているのが嬉しい。
次はどうなってしまうんでしょうか。

 【 その他 】

以上、本日は「おろねこ」センセでした。
こちらは2冊目の単行本。
初単行本「発情いんふれーしょん」も紹介しています。
紹介帯の文言”高純度いちゃラブ”に引っかけられました。
甘いのが食べたくなっていたんですよ。、ええ
最近は仕事・家庭のどちらでも殺伐としていて…(笑)
↓表紙もエロさないのが凄いと思います。



想思想愛


想思想愛 (TENMA COMICS 高) コミックス アダルト, 2018/5/28 おろねこ (著)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ ショートカット

■同居する粘液 (DATE)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 人外、ラブコメファンタジーサスペンス
・構成 : 短編×11話(うち「同居する粘液」×9)
・おまけ: 作品解説&あとがき、カバー裏に漫画「その頃別の粘液生物は」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「DATE(だて)」センセの「同居する粘液」です。

高宮さん
※高宮さん

 【 構成・絵柄 】

収録は表題の連続話と短編。
短編のうち1話は、過去単行本漫画の続編でした。
いちおう、それ単体で楽しめるので、問題ないと思います。
…で、メインとなる中編漫画なのですが…

コレは実に面白い!!

なんとなく読み進めたところ、ガッツリ作品世界に集中していきました。
お話が続いていくストーリーもので、ヒロインが順に登場していく成年漫画的な要素もあるのですが。
その一方、漫画は基本ラブコメちっくながら、サスペンス的なぞっとさせられる恐怖感もあり。
完全に正義とは言えない、ブラックさが絶妙な味付けとなっていました。
(※それでいて、読後感は悪くならない)
単行本は毎度おなじみ「キルタイムコミュニケーション」さん。
そちらでお得意なファンタジー要素を含んでいつつも、他では見掛けない、オリジナリティ溢れる良作品として仕上がっています。
収録の短編が、大きく人を選びそうなもので微妙なのですが、メイン漫画は絶対にオススメ。
特にファンタジー成年漫画好きな人には、この手があったか、という感動が味わえることと思いました(←たぶん)

強めで柔らかな線での作画。
枠線の黒色も強く、濃淡はやや濃いめ。
描き込みは適度からやや軽めというくらいで、不足感はありません。
コマ割りの変化、はみ出しが多く、先の色彩もあって原稿はコッテリ気味。
背景・小物はさっぱりとした描写ですが、違和感なく。
ちらほら荒いコマがあったものの、良く描かれたものも多く。
優れたお話で、読むに引っ掛かるまでの箇所はないので、漫画としては問題ありません。
欲を言えば、もう少し粘液感が欲しかったかなぁ。
鋭角なまつ毛で全体縦長気味な人物画。
リアル過ぎず可愛さのある、お姉さん絵という感じ。
カラーはその良さがあるのですが、判断は概ねそちらで大丈夫。
紹介帯のカット絵も参考にするのが良いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

005:「同居する粘液」 9話
同僚のミスに巻き込まれ、会社をクビになっていた「ユージ」こと「藤原裕二」
現在はバイトで生活していたものの、その職場であるコンビニでは年下の同僚「高宮」から注意される毎日でした。
そんな彼が、街中で出会ったのが、奇妙な粘液型の生物。
人語を解し、また人そっくりに姿形を変化させることができるその粘液型生物は、何故か「ユージ」を好いており…。
彼が満足するよう、周囲の女子らに姿を変化していくのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

正体不明な粘液型生物との同居生活を描いた作品。
それ自体はファンタジーですが、舞台は普通に現代の日本です。
怪物は出てきますが、様々な種族が登場していくことはなく。
また、剣や魔法、ドカバキいうバトルちっくな展開もありません。
ただし、人の常識を超えた人外との生活は、不可思議で謎めいたところがあり。
漫画は、楽しいラブコメな要素がありつつも、ちょっとしたホラーっぽい場面、サスペンスちっくな描写もありました
軽過ぎず、重過ぎずという、絶妙なラインであると思います。
次々にヒロインが増えていくので、ハーレム的な要素もあるでしょう。

生物の詳細について。
徐々に明らかにはなっていくのですが…具体的になんなのか、という点は謎のままでした。
まぁ、その詳細を突き止めてどうのいう漫画てはないので~。
これは追及していくのが野暮ってものでしょうね。

ブログを書く際に、自分でざっくりまとめたものも掲載しておきます。
そこそこネタバレも含んでいるので、未読の方はこの先に進まぬよう、お願いいたします



 【 同居する粘液 登場人物・粘液型生物についてまとめ 】 ※ネタバレ含みます、注意。


■「藤原裕二」 ※「ユージ」
 主人公。昔からツいてなく、仕事をクビになってバイトで生計を立てている。
 受け身でお人好し。平穏な生活を望んでいるものの、現状を楽しんでもいる。
 粘液型生物について、気付いたことをまとめている。
■粘液型生物
 道端で出会った、正体不明の生物。
 「ユージ」に好意を抱いている。
 当人(?)は彼女的存在、あるいは奥さんである、と考えていた。
■「高宮」 1、8、9話ほか
 メインヒロイン。バイト先(コンビニ)での同僚。 
 年下(※私よりずっと年上なんですから、とか言ってた)
 真面目な性格のしっかり者。
■「嶋本奏海(しまもと・かなみ)」 2、4、8、9話ほか
 電車内で「ユージ」の足を踏みつけたことが切っ掛け。水泳部所属。
■「瑠唯(るい)」 3、5、8、9話ほか
 「奏海」の友人。大人しい性格。
■「近所に住む大学生」 1話
 名前不明。おっとり系巨乳美人。
■「竹内」 6話
 コンビニに買い物に来た保険会社勤務のOL。新卒。胸が大きい。(89のE)
■「CU店員」 7話
 名前不明。アパレル系店舗で働いている。ちょっとSちっく。
■「箱崎」 9話
 コンビニ店SV。眼鏡。いつもピリピリしていて厳しい。

■粘液型生物について  ※ネタバレ含みます、注意。
・粘液のままで人の言葉を理解し、自由に会話ができる。
・人に姿を変えることができる。まるまるそっくりになる。
 声や感触、匂い、さらには性格・記憶までそっくり再現できる。
・変身は中途半端なままでもOKで、その人のスタイルを変えることも当然可能。
・ミカンを食べているらしい。美味しいとも言っている。(1、5話など)
・電車内でのやり取り(2話)を見る限り、人の常識はちゃんと持ち合わせているらしい。
 (その際は人の姿に擬態していたので、もともとの性格がベースなようですが)
・人の体内へ侵入して”同化”し、その本人自体に成り代わっている。
 元の人間は飲み込まれて消滅している様子。
・分裂することができる。
 分裂後は、基本的にそれぞれ別の意思(同化した人の性格)で動くようになる。
 なお、思考や記憶は再度融合しない限り、共有はされなくなる。
・粘液型生物同士には縄張りがある。



嶋本奏海、瑠唯
※左:嶋本奏海、右:瑠唯

漫画の始まり1話は、粘液生物と出会ってから3ヶ月が過ぎた頃。
出会った時の描写は1コマ描かれておりました。
普通のファンタジーなら、もう命を落としているだろう雰囲気でしたが、あれは愛情表現か。
粘液生物の一目惚れ?
断ってどうにかなりそうな相手ではないものの、よく「ユージくん」は同居を許可したなぁ。
バイトの同僚「高宮さん」の姿になるのは、これが初めてな様子。
それだけで判断はし切れないのですが、バイトは出会った後に始めたのかもしれませんね。
なお、こちらの「高宮さん」はバイト先の衣装をそのまま再現していました。

2話は電車で出会った「嶋本奏海」
彼女が水泳部に所属していたため、競泳水着(※裏表紙参照)での姿です。
そんなこともできたのかよ
という台詞から、分裂できることを見せたのは、こちらが初。
複数プレイっぽくなっていました。
1、2話の描写から、「高宮さん」について疑うようになる3話。
まるまるそっくりに変身できる訳ですから、これは当然な感覚。
そうした疑念を抱いていた彼は、ふと見かけた「奏海」を尾行したところ~というのがこちらのメイン。
ここは漫画の前半で最も盛り上がる場面です。
オチのインパクトは物凄い
まさに背筋凍るようなもので、ここで終わればこの漫画はバッドエンドなんでしょうけれど…。
この漫画、まだまだ続いていくのでした。

そのネタバラシという4話は過去回想。
彼女、というか粘液生物の語りであると思われます。
続く5話が喋り終わった後の風景。
結構引いていた「ユージくん」に対し、包み隠すことなく明け透けに説明をしていました。
かなりブラックですよね。
ただし、彼には不利益なく、事件にもなり得ず…。
人の力では、おそらくどうすることも出来ない相手でもあり。
粘液生物の理屈を、ほぼまるまる受け入れておりました。
ここで彼が強く非難したらどうなっていたかなぁ、とか考えました。
ちなみに、カバー裏の漫画は、こちらの外伝みたいなもので。
なるほど、「ユージくん」はたぶん非常に関係うまくいったカップルなんだろうなぁ。
寄生獣みたいですわね。
なお、えっちは主要3名(高宮・奏海・瑠唯)などの姿です。
ひと悶着が解決(?)したため、ラブラブなプレイでした。

さて、心が通じ合った(たぶん)後の6話。
こちらから、粘液生物からのとある提案を受け入れていくものとなっています。
ひどく不快です
そう、嫉妬を感じている(※姿は定番の「高宮さん」)のが楽しい。
詳細は伏せますが、プレイ中でも浮気であると指摘していて。
うん、確かに2人の関係は一歩進んだようでした。
なお、それはバイト最中のことで…。
続く7話にて、店長に怒られた~という台詞がしっかりありました。
まぁ、当然ですわね。
ここでも、粘液生物はとある魅力的な提案をしているのですが…。
それに対する返事に注目です。
先に、ちらとカバー裏の漫画について紹介しましたけれど。
うん、「ユージくん」のこうした性格がため、同居生活を巧い事やっていけるのかもしれませんね。
もしそれに従って増長してしまった場合は、カバー裏みたいな展開になるのでは、と。
お話はちょっとしたデート話。
彼からの初リクエストで、喜ぶ粘液生物を堪能ください。

さて、8話からが最終エピソード。
とある事件が勃発し、だいたいマイペースな粘液生物が珍しく驚いています
なるほど
よくよく考えてみると、確かにそうですね。
こちらでは、こうした漫画らしいプレイが楽しめます。
漫画的には、いちおう8話がラストっぽく。
続く最終9話は、エピローグ的な雰囲気でした。
なんというか、粘液生物を使いこなしていて、これは楽しい。
主要3名とのえっちも、さらに工夫されていました。
こちらの「高宮さん」がまたキュートでしたよ。

163:「ヘドニック・ナーブ」
人間からの和平交渉を受け入れた、エルフの女王「ルシエル」
しかし、それは彼女をおびき出すためのであり。
道中、不意を突かれ人間に捕まってしまったのでした。
生体実験、脳をいじくる描写があり、かなり人を選ぶだろう短編
そうグロい絵が直接描かれている訳ではないものの、やってる事自体が不快でえげつなく
不得意な人は、まるまる飛ばした方がいいかもしれません。
ヒロインが堕ちていくブラック展開、バッドエンドで、読後感も非常に重い。
人間って最低、って感覚になること、請け合い。

エルフの女王「ルシエル」
※エルフの女王「ルシエル」

183:「レジデンス~少年消失2~」
10ページとやや短めな短編。
OVAや小説がある人気なシリーズで、センセは漫画を担当されていて(※2冊目の単行本)
こちらは、その続編~とのことです。
ひでるさんはそれぞれ未読で、詳細は不鮮明なままなのですが。
この漫画自体は普通に楽しめました。

屋敷で女の子になってしまった元少年「レニー」
同じく屋敷にたどり着いたもといじめっ子も同様に~というお話。
男子のまま女子っぽくなるんではなく。
性別自体が完全に変わってしまうみたい。
「レニー」は既に完全なる女子で、彼女(彼)をいじめていたという男子が、徐々に女の子になってしまうというもの。
漫画では髪の毛が伸び、胸が膨らんでいき…。
最後に男性自身が、どんどん小さくなって完全に消えてました。
元はどうでも、結構可愛らしくなるようなので。
(※台詞「どんな女の人が好きか思い出してみて」とあり、おおむねそれに近づいている様子)
もともとその願望ある人には、実に有難い屋敷ですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「DATE」センセでした。
こちらが4冊目の単行本。
たぶん、過去単行本は読んだような感覚があるんですが…。
紹介はしてなかったですかね。
今回は、ちょっと特徴的な↓表紙に引っかけられ。
裏表紙のあらすじ、
変身自在な謎の粘液型生物との不思議な同居生活!
その文言が妙に心に響き、ゲットしてきました。
こう考えると、裏表紙のあらすじは大事ですね。
またお話は店頭での予想を超えて面白いもので、良い買い物でしたよ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ファンタジー 競泳水着 サスペンス

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア