FC2ブログ

■なまイキざかり (ねこまたなおみ)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、年上、人妻
・構成 : カラー(8P)、短編×13話収録
      (うち「サークルクラッシュ」×2、「宵ざかり」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にラフ絵、描き下ろし「アフタークラッシュ」、
      カラー描き下ろし「宵闇ざかり」、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ねこまたなおみ」センセの「なまイキざかり」です。

真子ちゃん
※真子ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録はほぼ短編での構成。
描き下ろしが2話ほど収録されいて、そのどちらもが短編の続編でした。
各話にて。サークル、飲み会、田舎…など、関連するようなキーワードもあったんですが。
特にお話の繋がりみたいなのは見当たりません。
ジャンルはだいたいラブコメ話。
年上女性とか人妻多く、感覚としては女性陣のが手練れ揃い
まるまるとした立派なバストも特徴的。
そんなんでも、色気満々という感はなく、皆さん可愛らしく表現されていました。
全体的にそう変な、振り切れる要素は見られず。
安心して読み進められると思います。

すっきり・強めな細線での作画。
全体の色づきは良いものの、色彩は抑え目。
描き込みは過不足ない程度だと思います。
コマ割りは中小で、はみ出し・ぶち抜き・重なりなどそこそこ変化もあります。
丁寧で目立つ乱れや崩れはなく、安定していました。
見易く綺麗にまとまっています
漫画も特に気になるところはありませんでした。
幅広でたまご型な輪郭で、スタイルもふっくら気味。
前述したように、ヒロインのが年齢高めだったりするんですが、皆さん結構童顔で可愛らしい印象でした。
やや癖を感じるものの、むちむちっと健康的な肉具合でキュート。
その反面、背景や小物は軽め。
漫画のプラスなんちゃら部分で勿体ない感じでした。
また、服装などデザインは頑張っていたものの質感なく、そちらも同様。
ただし、普通に見る分には十分だと思います。
カラーは白黒絵と雰囲気は若干異なるので…。
判断は「ワニマガジン社」さんのHPが良いでしょう。

 【 収録話 】 13話収録

005:「開花宣言」 カラー原稿あり
大学生となった「若葉」
いまだに処女はあり得ない、という記事を鵜呑みにし、近所のお兄ちゃん的な存在であった「勇」に初体験の相手を頼み。
見事、大学デビューを果たしていたのでした。
カラー原稿部分はその初体験シーン。
制服に三つ編み、縞模様下着…と、これはこれでイイ感じな彼女が見れます。
メインは大学での風景。
どうやら同じ大学で、先輩・後輩となっていた2人。
評判よろしくないサークルの歓迎会へ「若葉」が出ると聞き、「勇」は慌てて探しに街へ出たのでした。
実際になんらかあったらしく。
まぁ、無事で何より
気持ちを再認識した「若葉ちゃん」とのえっち展開。
そもそもああした恰好は本人も抵抗感があったようで、オチでは落ち着いた姿を見ることができます。
あれはアレで逆にエロスだと思う。

025:「サークルクラッシュ」
203:「アフタークラッシュ」 描き下ろし
サークル合宿での飲み会にて。
参加していた女子「恵子」は”本来の目的”そのまま服を脱ぎだしたんですが。
そのつもりなかった「早紀」は、童貞君をつれて奥のベッドへ逃れたのでした。

ぱっと見の雰囲気とは逆なキャラ設定のWヒロインです
黒の長髪でいかにも清楚っぽい「恵子さん」はヤリヤリで、相手にした5名をえっちで骨抜きにしてしまうテクニックと性欲の持ち主。
へそ出しな服に褐色肌という「早紀さん」は、逆に可愛らしい女性でした。
そもそも、彼ともえっちのつもりはなく。
サークル仲間を誤魔化すため、そのフリをしたのが切っ掛けでした。
あだ名そのままっぽい男性でしたが、最終的にそんな彼が全て持っていく、世の男性に勇気と希望を与えてくれるエピソードです。
やっぱり大きさか(笑)
描き下ろし「アフタークラッシュ」はその後の風景。
なぜか「早紀」を避けるようになっていた彼。
その理由が…なるほど、って感じで楽しい。
まぁ、ああして心配してくれる友人らがいるってのは、良い事ですけどね。
誤解解いてあげてください
前回はある程度「恵子さん」に持っていかれてましたが、こちらは「早紀さん」と2人きり。
彼女の発言をことごとく誤解し、えっちで必要以上にメロメロにされてしまう様を堪能ください。
良いカップルだと思いますよ。

若葉ちゃん、早紀さん
※左:若葉ちゃん、右:早紀さん

001:「宵闇ざかり」 カラー原稿・描き下ろし
045:「宵ざかり」
部屋での飲み会にて、うっかりそのまま寝てしまった「吾郎」
隣の部屋で始めてしまった友人らの声で目覚めた彼は、同じくそれで起きた「真子」と飲み直すこととしたのでした。
面倒見よく、仲間内にて”みんなのお母さん”と呼ばれていた彼女。
男女4名のグループで、残る2名はすでにカップルとなっていたので。
順当にこの2人がくっつけば、丸くおさまるという訳。
こうした部屋飲みの際、「真子ちゃん」は彼のすぐ隣で寝ていて。
(※それがため、起きたての「吾郎くん」は彼女のバストをガッツリ揉んでいた)
アピールっぽい言動もあり、既に好意あったようでした。
個人的にはお約束な「ごめん…入っちゃった」からの展開が大好き。
なお、ちょっと分かり辛かったですが、下着デザインが同じなので↓表紙はこちらの「真子ちゃん」で良いようです。
冒頭の「宵闇ざかり」は「吾郎」・「真子」カップルのその後。
夏祭りでの野外えっちですね。
”みんなのお母さん”であった「真子ちゃん」が付き合った後どのようになってしまったか
ぜひ、本編確認後に再度ページ戻って確認ください。

061:「オールナイトラブ」
ライブ会場が僻地であったため、終電を逃してしまい。
ネカフェなどもなく、野宿を覚悟していたところ。
同じく困っていた、チケットを譲っていた「ナツミ」と会ったのでした。
空いていた2人部屋に泊まることとなった2人。
ちょっと期待する「リュウ」に対し、彼女はごくマイペースでした。
まぁ、実際はそんなものですよね。
ただし、さっぱりとした性格がためか、結構ガードは緩く。
勢いでキスしたこともあり、えっち発展してしまうのでした。
軽い気持ちならば、あーんなディープキスしないように。
男性側としては、この場面では押しまくって正解でしょう。
男女それぞれの反応が異なるオチにも注目。
そんなもんですよねー。

079:「ふれあい田舎体験」
特産品を仕入れるべく、田舎ややってきた主人公。
野菜泥棒と間違われて追われていたところ、地元の女性に助けられたのでした。
方言の女性というのは、ちらほら見掛けますが。
ここまで強いのは珍しい
ネットで調べたところ、「さひかぶい」は「久しぶり」の意味。
宮崎とかそっち方面なようでした。
コレくらいしか娯楽がなかとよ
とかなんとか、あっさりとしたえっち発展です。
1つ気になったのは。
前半で”年寄りばっか”だと言ってたので、娯楽は誰が相手だったんだろう。
実際に慣れたところも見せてくれていました。

097:「祭りのあと」
民俗学レポートのテーマに悩んでいた主人公。
そんなところ、”珍しいお祭りがある”と後輩「古森珠美」に誘われ、彼女の実家を訪ねてみることとしたのでした。
独特な風習が残る、田舎の祭り話です。
現地で連絡のつかなかった「珠美さん」は巫女として参加。
掴みどころない雰囲気も手伝って、良くお似合い。
メインはガッチリ呑まされた彼が目覚めてから。
お供え物らと共に簀巻きらされていたところ、「珠美さん」がやって来て~という流れ。
ああした場所で育ったため、ちょっと浮世離れした感じなのかな。
好意もあるのでしょうけど、ああも主導権を握られ続けるのは複雑。
まぁ、頑張れ
なお、こうした設定なので、もう少し背景には力を入れて欲しかった。
全体の色彩もやや明るすぎ。
プラスの雰囲気づくりにて、だいぶ損をしていたと思います。
ヒロイン「珠美さん」が良かったので、勿体ない。

113:「堕としモノ」
洗濯物を拾った「山村」
張り紙をしていたところ、上の階に住む奥様が自分のものだと訪ねてきたのでした。
まぁ、女性モノの下着なんて、どう転んでもロクな事なさそうなので…。
現実には、拾わずにほっておくのが適当でしょう。
(自室のベランダに舞い込んだとかでもないみたい)
なかなかお人よしらしく、彼は誰のものか分からない拾ったエロ下着を返すべく、張り紙までしていました。
ヒロインである上の階の奥様は、ポニーテールで可愛らしい雰囲気の女性。
裏表紙の方ですね。
イラストそのまま、実は結構なエロエロ女性で。
下着が自分のものであると証明するため、その場で身に着けて見せていました。
しかも、あらかじめ揃いのショーツを身に着けているという、用意周到っぷり。
(※無くしたのはブラなのです)
成年漫画なので、ああしたアピールされたら当然のようにえっち発展していました。
オチが楽しい。

131:「新生活」
兄夫婦の家に下宿している
出張となった兄がため、義姉「睦美」と2人きりになってしまったのでした。
台詞から察するに、いちおう年齢としても彼女のが上でいいのかな。
童顔で、その割りに可愛らしさたっぷりな「睦美さん」です。
バストは大きく、自信もおありなのか着てる服も胸元広く開いたものばかり。
まぁ、気になるでしょうね。
メインは、”年上属性リハビリのため”と称した制服プレイ。
いい手段だ(笑)
そんなんにあっさり応じているだけあって、意外としたたかな面も見せてくれました。
下手すると、冒頭の下着もわざとでは?

149:「ルームメイト」
ルームシェアをしている男女4名。
そのうち女性は1名だけでしたが、他男子らとの関係は良く。
なんとなく気後れした主人公は、輪に入り辛く感じていたのでした。
ああした環境にも動じず、平然と好き勝手振る舞うこちらのヒロイン。
まぁ、彼と同じ想像するのが普通でしょう。
えっちで独占欲を発揮していた彼でしたが、ちと荷が重いかな…。
あの感じで、いかにも他男子らとも関係してそうに見えましたが。
オチでは恐ろしい事実が発覚するので、お楽しみに。
早いところ引っ越せ。

「ふれあい田舎体験」のヒロイン、義姉「睦美」
※左:「ふれあい田舎体験」のヒロイン、右:義姉「睦美」

165:「血よりも濃いは」
兄の彼女「貴子」は「光雄」にとっても昔馴染みな存在。
付き合う2人がため、諦めていたんですが、彼女にはとある悩みがあったのでした。
いわゆる三角関係で、短編ながらもなかなか深いエピソード
詳しいところは不明でしたが…「貴子さん」が「光雄くん」ではなく、その兄に想いを寄せるのは納得。
ただ、親しく・気兼ねなく喋れるのは「光雄くん」であり、当然ながらそんな彼も好意を持っていない訳なく。
ああした展開となっても、全然不思議ではありませんね。
ただ、あの展開は正直なところ予想外。
オチ前での「貴子さん」の台詞は見逃さぬように。
あれは…また後々以降にも引きずりそう。

185:「さしつさされつ」
飲み屋の女将とのえっち話。
いちおう年上女性ではあるものの、実に可愛らしい方でした。
甘えていいのよ
なんて感じに、彼女からのアプローチでしたが。
彼が一度飲んでみたい酒でお願いしたのは、だいぶオヤジくさいものでした。
和服がためか、上下下着着けてなかったっぽいのが良いですね。
オチでの余裕ある一言も素敵。

 【 その他 】

そんなこんなで「ねこまたなおみ」センセでした。
こちらが…4冊目くらいでしょうか。
当ブログでは初単行本「淫にゃん娘。」を紹介しています。
前述したように、↓表紙は「宵ざかり」の「真子ちゃん」らしいのですが。
改めて見て、そうとは思えないほどの姿で描かれてますね。
あれは本編の「とりあえず手で…」の前あたりの光景、いや着てる服が微妙に異なるので、また別のタイミングなのか。
いいなぁ。
あとがき絵には描かれていましたが、同じ連続話のヒロイン「早紀さん」がカラーで顔出しなかったのはちと残念。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : ラブコメ コメディー ポニーテール

■ふわとろ (ふくまーや)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、ホットパンツ
・構成 : 10話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、加筆修正あり、
      合間にSD絵、特別描き下ろし「あとがきまんが」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふくまーや」センセの「ふわとろ」です。

伏貫めぐみ
※伏貫めぐみ

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
連続したもの、同一世界というのはありません。
巻末に描き下ろしありましたが、”あとがき漫画”という位置づけで、収録短編らとは関係ないものでした。
(※ちなみに、そちらは唯一の貧乳)
ジャンルとしてはラブコメ
ラブもあるのですが、全体はややコメディー寄りかな。
詳しくは後述しますが、登場ヒロインらがあまり見ないタイプの娘らで。
着ぐるみ娘、エロい後輩、オカルト好き、なんでも食いつく…など、強い個性の持ち主多く、その言動は楽しく。
えっち以外のちょっとしたやり取りなども含め、読み応えのある仕上がりです。
短編で終わらすのが惜しいくらい。
できれば同一世界で、何名か集合してワイワイして欲しいですよ。
(※逆に男性は比較的穏やか、大人しい感じのが多い)
カバーの雰囲気が合うならば大丈夫だと思います。

強い黒線での作画。
全体の色づきはそこそこですが、濃淡はやや濃いめ。
描き込みは丁度良いくらいだと思います。
コマ割りはそう変化なく、印象はやや大き目。
原稿全体は過ぎないくらいのバランス感覚でした
ぽっちゃり、と称されていた肉付き良いスタイルの人物画が最大の特徴。
当然ながら巨乳でもあるのですが、腰回り付近もむちむち。
雰囲気そのまま表現もラブコメちっく。
楽しく・可愛らしく仕上がっています。
背景や小物はややあっさり。
服などもそんな感じで、できるならばもうひと質感プラスが欲しいところでした。
(※個人的には…下着描写もごく少なかったのが残念でした)
ただし、収録のうち原稿時期の新しいもの、「お姉ちゃんとあそぼ」は他よりも明らかに向上が感じられていて。
次巻は作画面でより期待できそう。
あ、全体に多少の差はありますが、問題ないくらいだと思います。
カラーでも基本的に雰囲気は変わらないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「学校じゃ教えてくれないコト」
家庭教師「山下」は教え子「凜」との間でとあるアクシデントがあり。
彼女の指示とおり男性自身を披露することとなったのでした。
言動が楽しく不思議ちゃんというイメージの「凜ちゃん」
単行本登場ヒロインは皆個性的なのですが、その筆頭と言うべきキャラクターです。
冒頭からのすっとぼけたような会話もそうなのですけれど。
着ていた…おそらく寝間着だろうものは猫の着ぐるみなんですが、その最たるものだと思います。
また、その下が全裸だったりして。
なかなか嬉し楽しい娘さんなのでした。
そんな彼女ですが、えっちの興味は普通にあったらしく。
お誘いは彼女から。
オチのやり取りが楽しいです。

025:「おやつのあとで」
部屋で「みりさ」の勉強をみていた主人公「たけ」ちゃん。
休憩でうとうと寝てしまった彼女との距離が近く、親に誤解を与えたようで…。
「みりさ」はゴムを渡されてしまったのでした。
成年漫画などでちらほら見られる、理解ある親パターン。
まぁ、大事なコトですからね。
それを切っ掛けにスイッチが入り、ぐるぐる目になってる「みりさちゃん」が楽しい。
親公認の仲のようでしたが、これはいい切っ掛けだったかもしれません。

凜ちゃん、みつはさん
※左:凜ちゃん、右:みつはさん

045:「お姉ちゃんとあそぼ」
2か月ぶりに遊びに来た「みつは」ら親子。
親同士が喋っている間、彼女は「れいくん」こと「玲二」と遊んでくることとしたのでした。
自らお姉ちゃん、と言ってましたが、結構年齢差あるか?
いつ見ても大人っぽいわね
そんな発現、「れいくん」の成長具合から察するに、まだ社会人でないくらいかな。
遊び、と言いつつ即えっち状態。
「みつはさん」もヤル気満々(通販で黒下着購入済)で、どうやら彼女が教えていった様子でした。
ついでに、大人のオモチャも持参してましたよー。
色々していたようですが、直接行為は今回が初めて。
必死に頼んだ甲斐がありましたね。
年下はあれでOK。

065:「きゃんと すとっぷ」
父親と喧嘩したという「峯本ほのか」
泊めてもらうべく、先輩のアパートを訪ねたのでした。
眼鏡でツンツンとしたショートカットの「ほのかさん」
発現そのまま、手慣れてはいると思うんですが。
家が一番近かったから~
というのは、多少の照れ隠しもあるのでは…とか期待したいけれど。
どーだろうなぁ、外は寒空だったし。
やり取りでは非常に親しく見え、またトロトロえっちしてました。

087:「未体験ゾーン」
仲間の部屋で映画鑑賞をしようとしていたところ。
他2人が故あって来れず、「竹原」は「伏貫めぐみ」の部屋で彼女と2人きりとなったのでした。
こうした際、男子はやっぱりテンション上がりますね。
ただ、オカルト好きだという「めぐみさん」の部屋は、まさにそのまんまで。
「竹原くん」のソレをやや落ち着かせていました(笑)
前半のゾンビプレイで、えっち展開になるかと思いましたが…この2人はまだ付き合ってはなく、普段のやり取りがあんなんなんでしょうね。
周囲は既に時間の問題、と見ていたようです。
えっちでも独特の言い回し。
こちらは、先の「ほのかさん」と違い、多少の照れがあるようでキュート
彼女とのえっちは毎回楽しそうですね。

107:「マナさんと僕」
母親は亡く、父親の帰りがちらほら遅く。
近所に住んでいるお姉さん「真菜」が、面倒を見てくれていたのですが。
成長した今も変わらず来てくれていたのでした。
あいかわらず老けないな、この人…
そんな台詞があり。
これまでの経緯も察するに、少なくともひとまわりくらい年齢離れてるのかな。
設定見て、ふと感じた、疑ったのが父親と「真菜さん」の関係。
親族という訳でなく、わざわざ面倒見に来るということは…とか考えましたが。
こちらの単行本はそうしたややこしさないので、ご安心ください。
彼女のターゲットはストレートに「りくくん」だったのです。
年下好きなのね。
ただ、いい年して甘えた彼をああして受けてくれるのは有り難いこと。
えっち時もリードしてくれていました。

127:「はじめてのおひっこし」
1人暮らしのため引っ越ししたものの。
ベッドを組み立てることができず、おじさん「修」に助けをもとめたのでした。
この”おじさん”ですが、結局どちらのソレか分からぬまま。
結構あっさりえっちに応じているあたりは、親族でないようなのですが。
かなり幼少期から知っているらしく、そう考えると伯父か叔父なのかなぁ。
結婚うんぬん~は無理なので、やっぱり違うか??
彼女「さっちゃん」のがベタ惚れに近い感じ。
当然ながら、お誘いも彼女からでした。
結構テンション高かったですよ。
なお、カバー裏では制服姿が見れます。

峯本ほのか、さっちゃん
※左:峯本ほのか、右:さっちゃん

149:「わがままフレンズ」
ゲームで汗だくになった「あゆむ」
市民プールも満員状態だったため、友人「山下」のアパートを訪ねたのでした。
既に服の下に水着を着ていたのですが。
替えの服を持っていないところが凄い。
女の子なのだから、そうしたことに気を使おうよ
彼の部屋ながら水着姿で自由に振る舞う彼女に~というのが切っ掛け。
訪ねて来た際にはホットパンツに黒パンストで抜群だったのですが。
まぁ、シャワーあびた後はパンスト脱ぐよね…。
ううむ、残念無念。
ちょっとした冗談でも、ああした反応で空気が一変するのがエロくて素敵。
素直に打ち明けた「山下くん」は偉い。

169:「別腹彼女」
食欲旺盛な彼女「相原むつみ」
ショッピングモールで欲求不満となった彼女は、本能そのままあちこち食いつき始めたのでした。
えっち展開には実にいい設定ですが。
下手すると食い千切られそうね
当然、お口プレイではごっくん飲んでおりました。
それでいいのか。
あの流れだと…結局映画は見れなかったのではないでしょうか。
カバー裏でもスイーツ食べてましたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ふくまーや」センセでした。
あとがきによると、こちらが2冊目の単行本。
たぶん、ひでるさんはこちらが初見です。
こちらはHPで見かけ、↓表紙の漫画っぽい感じに引っ張られました。
「凜ちゃん」ですね。
そういえば本編でも苺だ牛乳だと言っており。
あーだったオチから察するに、本編後の風景かもしれません。
第2ラウンドかな。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット ホットパンツ

■妹でごめんね (西川康)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、妹、貧乳
・構成 : カラー(8P)、短編×9話収録
      (うち「路地裏」×2、「放課後クラスメイト」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にリンク絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「西川康(にしかわ・こう)」センセの「妹でごめんね」です。

妹「ちかちゃん」
※妹「ちかちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続モノと短編。
連続話は成長前後えっちなものと、驚くべき真実が明らかとなるものの2本でした。
後述しますが、コレが非常に良かったので、お楽しみに。
そのほかは、おおむねラブコメジャンルです。
表題そのまま、妹、あるいは妹ちっくなヒロインが多く登場しています。
深刻な事態となる前という感じですね。
そう暗くはならず、かと言ってぺかぺか明るいばかりでもなく。
ちょうど良いくらいのお話群でした。
巨乳・貧乳どちらも登場するので、色々と楽しめると思います。

クッキリとしたやや強めな線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、白比率もそこそこあります。
濃淡は濃い目です。
描き込みはどちらかというとあっさり目。
コマ割りは中小でやや変化していました。
枠間はあったりなかったり、最近では珍しい、上下左右のスペースもあります。
全体的には黒の強さがため、コッテリとした印象でした。
背景・小物はもう一歩、二歩。
服などもやや質感に欠けていて、もうひと頑張り欲しいところ
引き絵も弱く、またちょっとしたコマにあっさり処理されているようなところがありました。
縦長な人物絵で輪郭も同様。
漫画っぽい可愛らしさのあるまとまりですが、目など顔パーツは比率的小さめ。
細身なスタイルになってます。
その人物を中心にバランス感覚がやや独特
スリムに描かれているので、ちょっとした点が目立つということがあるかもしれません。
癖があるので好き嫌い分かれるでしょう。
判断は裏表紙のが白黒絵に近いと思います。

 【 収録話 】 9話収録

003:「今日もどこかで妹と」 カラー原稿あり
親の行為を見てから、えっちなことをするようになっていた兄「圭太」・妹「ひなみ」
バレぬよう、家では目も合わさない日々が続いていたところ。
ちょうど両親が町内会の旅行へ出かけたのでした。
カラー原稿部分は学校でのえっち。
放課後の教室でしたが…結構な人の目があると思うよ。
ただ、「声出ちゃう」って理由はいいもんですよね(笑)
そんなんだったので、親不在の家では激しいえっちが。
見送った後の玄関から始まっていました。

027:「妹でごめんね」
ちょっと意地悪ながらも優しく、モテる兄を持つ妹「瑞香(みずか)」
女子からの告白にも「好きな子いるから…」と断っていた彼でしたが、寝ていた「瑞香」にえっちな行為をしていたのでした。
ツインテールの可愛い「瑞香ちゃん」
詳細は伏せますが、ちゃんとその髪型にも意味あったのは凄い。
なるほどなぁ、って思いました。
まぁ、こうした成年漫画なので、お互い好き合っていて。
えっち発展していきます。
台詞「だから…」の箇所は、「瑞香ちゃん」にぐさー刺さるだろうなぁ。
オチは実にいい絵となってました。

妹「瑞香」、「智ちゃん」
※左:妹「瑞香」、右:「智ちゃん」

051:「受験前には」
受験のため田舎から親戚「智」が訪ねてきたのでした。
関西の娘かな
ちょっと前までバリバリのヤンキーだった
という彼女でしたが…その理由は中盤で明らかに。
なるほど。
一緒に寝て色々素直に話した結果でのえっち発展でした。

071:「夏の妹」
夏休みに里帰りをした主人公。
親が旅行に出掛けた間、妹「ちか」の面倒を見ることとなったのです。
日焼け跡が可愛い「ちかちゃん」
確かに大きくはないものの、膨らみかけというバストがキュート。
そもそも実家を出た原因の1つも彼女にあり。
まぁ、こうなるのも当然か。
ふざけていたのがえっち発展する切っ掛け。
行為シーンは長く、彼女の日焼け跡がたっぷり堪能できるようになっていました

095:「路地裏」 前後編
桃洋学園へ進学した「さとみ」
ふと見かけた路地裏は、彼女にとって想い出深い場所だったのです。
そんな訳で、前編は1年前の回想。
昔は眼鏡していた「さとみちゃん」です。
親しくしていた、隣に住むお兄さんとのえっち。
彼もちょうど興味出てくる年齢だと思われるので…許してあげてください
あの場面で直接行為までえっち発展していくというのは、成年漫画ですねー。
いちおう「さとみちゃん」も合意でしたが。
成長した彼女がお兄さんと再会する後編。
この2人は路地裏が落ち着くようで、またまたそちらでのえっち展開。
制服姿でメガネオフな「さとみちゃん」です。
あまり成長見られない(笑)、バストが可愛い。
なお、彼が引っ越した後の回想シーンでは、単独プレイが見れます。

139:「妹の手作り」
兄の世話を焼く妹「琴香」とのえっち。
友人から「新婚さんのグチみたい」とか言われていましたが、確かにそんな感じ。
タイトルのソレは、お弁当を指しています。
ふと他の女性に嫉妬したのが全ての切っ掛けとなってました。
ううむ、展開的にはあり得そうで…良いですね。
察したお兄ちゃんがため、えっち発展しておりました。
その理由はオチで判明しているんですが。
ベタベタでしたよ。

妹「琴香」、「緋野かずは」
※左:妹「琴香」、右:「緋野かずは」

161:「放課後クラスメイト」
181:「ねとりいもうと」
この2話は実は連続モノです。
「若林」くんは気になるクラスメイト「緋野かずは」によくちょっかいを出していたんですが。
男女とか揶揄していた彼女の本当の姿を知ることとなるのでした。
そんな流れで、1話目「放課後クラスメイト」はヒロインが義兄でかつ教師と関係していたことを知る流れ。
あれは、同年代の男子には結構な衝撃でしょうねー。
オチの微妙な感じが秀逸でした。
…が、それよりも衝撃的なのが、続く「ねとりいもうと」
こちらは先の話の過去エピソード。
「かずはちゃん」と先生がなにゆえああした関係になってしまったか、が描かれています。
まぁ、タイトル・その他の事柄から、ある程度察することできるかもしれませんが。
そもそも先生と結婚したのは姉「ゆずは」さんです。
前回でも、ちらとそうした雰囲気出していましたけど、男がなかなかのクズっぷり。
こちらの最後には相当ドキッとさせられるシーンがあるので、お楽しみに
あの部分がある・ないで大違い。
お話的にはこちらが最高でした

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「西川康」センセでした。
こちらのブログでは、「輪姦姉妹」、「処女絢爛」、「ひとの妻」などを紹介しています。
単行本は12冊目くらい?
途中までは兄妹の近親モノ多い、ラブコメな話をのほほんと楽しんでおりましたが。
最後の2話に衝撃を受けました。
あれは…凄い
特に、それまで楽しい漫画が続いていた中での急転直下な単行本構成であったので。
最後に微妙な読後感にさせてくれました。(褒め言葉ね)


姉乳搾精ックス





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ツインテール

■Curse Eater 呪詛喰らい師 (或十せねか)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ファンタジーボンテージ、複数
・構成 : 原作「Rusty Soul」、原案「蒼井村正」、
      8話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、カバー裏に4コマ「咲妃 愛の劇場」、
      登場人物・作品紹介、描き下ろし「Ex Outrageous Orgy Party」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「或十せねか(あると・せねか)」センセの「Curse Eater 呪詛喰らい師」です。

呪詛喰らい師「常盤城咲妃」
※呪詛喰らい師「常盤城咲妃」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続いていく長編。
原作付きの単行本で、もともとは小説作品。
そちらのコミカライズでした。
ちなみに、小説の挿絵もセンセが担当していたそうで…。
これはファンも納得だろう人選だと思います。
ごく簡単には現代ファンタジー
多少設定にややこしさもあるためか、ややテキストは多めな印象。
ただし、単行本の冒頭には登場人物紹介、これまでの作品紹介などのページがあり。
初見の人にとっては、かなり親切な構成
無論、宣伝目的ではあるのでしょうけど、こんなんは良いですね。
作品世界に入り易いと思いました。
なお、今回単行本中で、完全に解決となった事件は1つだけ。
良くも悪くも後引かれる終わり方(2巻以降に持ち越し)なので、得意でない方はご注意を。

しっかりとした濃い線での作画。
全体の色づき・濃淡や描き込み具合はおおむね適度なくらい。
コマ割りは中小で変化あり、はみ出し・ぶち抜きほか枠線なくなることも多く、かなりゴッチャリとした感覚
派手で賑やかでした。
服装はもうちょっと質感プラスが欲しいですが、背景や小物は問題なし。
違和感あったのは引き絵ですかね。
ただしそう頻繁ではないため、気にするほどではないと思います。
人物絵は漫画らしい可愛らしさ。
ここは期待通りでしょう。
前述のようにテキスト多い印象でしたが、表現などにも引っ掛かる事なく。
大きなプラスは正直感じられないものの、極端なマイナス点もありません。
判断には裏表紙のカット絵が良いと思います。

 【 収録話 】 8話収録

人の想いを糧とする半妖神「淫神(みだらがみ)」
”呪詛喰らい師(カースイーター)”という異名を持つ退魔士「常盤城咲妃(ときわぎ・さき)」
淫神を自らの身体に封じ込める使命のため、私立栖鳳学院に乗り込むのでした。
かなり大雑把ですが、だいたいそんな感じ。

いわゆる女性退魔士のストーリー漫画。
戦う相手は「淫神」という半妖神で、いわゆる怪物などの系統ではなく。
人間ではないものの人型で、感覚としては精霊みたいな雰囲気でした。
異形な化け物、触手なども出てこなかったので、間違わないように。
作品の舞台は現代の日本。
主人公「咲妃さん」も自らを巫女だと称しているものの、それっぽい和服は着ることなく。
↓表紙などで見られる、紐状のエロいボンテージ衣装でした。
(※ただし、ウズメ流の正式な退魔装束らしい[2話])
また、呪術など駆使はしていたものの、バトルのような展開にはならず。
たいてい、えっち勝負みたいなイメージですかね。
正しく成年漫画してました(笑)

「恩田さやか」、「稲神鮎子」
※左:「恩田さやか」、右:「稲神鮎子」

007:「♯01 Priestess Came Back」
031:「♯02 God Incarnation」
サブタイトルもそんなんですが、「復帰初戦」、「長らく実戦から遠ざかっていた」など、久しぶりなようでした。
原作を知ってる方には、作品ストーリーのどのあたり~、ってのが理解できるのかな。
冒頭の登場人物紹介にて書かれていた「岩倉真司」も既に機関の人物として登場しています。
この1話目はまさに紹介・導入というストーリー。
住居のマンションにて早々に弱い淫神と対決となっています。
当初は余裕だったのが、ちょっとしたピンチになってしまうという、王道というべき展開
しかし、えっちなことで相手を満足させる必要があるものの。
直接行為で出されてしまうと、巫女の力を失ってしまう~という、ギリギリ感が良いですね。
術で躱す、なんてまさにファンタジーなことをやっていましたよ。
その後半から直接続く2話目は、指令で赴いていた栖鳳学院での対決。
そうか、発見するにもえっちなんですね。
こちらでも正しくピンチとなっていて。
詳細は伏せますが…穴三つという、異次元えっちが楽しめます。
個人的には収録でここが最も良かったなぁ。

057:「♯03 Girly Bitch」
081:「♯04 Exotic Goddess」
115:「♯05 Induce Pervert!」
147:「♯06 Double Dependence」
街をパトロールして発見した「恩田さやか」を中心としたエピソード群。
うち前半は3、4話、後半が5、6話となっています。
今回単行本にて、彼女はサブヒロインというべき位置付けなんですね。
3話はその初登場なのですが…あの「咲妃さん」が一目でヤバイと追跡したような状態。
凄まじいです
で、前半3、4話は彼女を調査する流れとなっていて。
えっちシーンは当然女性同士なため、百合ちっくなものです。
(その前にちょろっとですが「さやかさん」と男性の場面もありました)
「咲妃さん」は”封じた淫神の力を使うことができる”という、ゲームのような能力をもっていて。
いわゆるフタナリのようになって、対決しています。
えー、察しの良い方その通り。
ここのシリーズではたいてい攻め側となっていて、特に前半では男装までしており。
ひととおりで特に危機的状況にもなっていなかったのが、やや残念でした。

後半の5、6話も「さやかさん」
えろい彼女のアフターケア中です。
5話は学校での公開えっちから、電車でのプレイが描かれています。
うん、あんなあからさまな服装の女性は、逆に狙われないと思いますよ。
無論、漫画ではしっかりえっちされていましたが。
後半の5話では、故あって「さやかさん」との再戦。
こちらでは先の前半とは逆で、彼女がフタナリ状態となっているため…。
よかった(?)、今度はしっかり「咲妃さん」がえっちされる側となっています。
うん、こうした漫画はやはりこーでなくてはね。
続く6話が対決となるのですが。
憑いていた淫神がため、やはり攻め側に。
むぅ。
制御し切れない、という若干のピンチシーンありましたけど、ちょっと弱いかなー。

対決!「咲妃さん」
※対決!「咲妃さん」

179:「♯07 Intermission」
収録での最終話はひと休みというべきエピソード。
人物紹介にて書かれていた、「岩倉真司」・「稲神鮎子」らが顔を見せます。
原作知っている方には嬉しい展開でしょう。
シチュエーションは1話と似て、「咲妃さん」が油断しまくったためにピンチになってしまうもの。
まぁ、彼女もエロい女性だからなぁ。
マズイぞ!?
なんてお約束な流れが素敵(笑)
座標設定をミスって、実に面白いこととなっているので、お楽しみに。
なお、実は先のエピソード群でも「さやかさん」の謎は未解決なところがあり。
その解決編は2巻目以降となるようです。

204:「Ex Outrageous Orgy Party」 描き下ろし
4ページの描き下ろし。
「さやかさん」が出入りしていた店に、2人して赴くというもの。
なかなか振り切れ度合の高い、特殊で派手なプレイとなっています。
うーん、あれが楽しいのか…。
さすがに合いませんわね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「或十せねか」センセでした。
おそらくひでるさんは今回が初見。
キルタイムコミュニケーション」さんHPにて発見し、なんとなく気にしていました。
↓表紙もぱっと目立つ、インパクトあるものですね。
いいおっぱいです
面白くはあったのですが…。
前述してきたように、収録話・ネタのタイプがため「咲妃さん」が本気でピンチとなることが弱く、少なく。
同出版社さんのよくあるファンタジー成年漫画と比べて、もうひとパンチ、絶体絶命というべき危機が欲しい気がしました。
あ、「さやかさん」がお好みな方は楽しめるかも。

CurseEater

Curse Eater 呪詛喰らい師 (二次元ドリームコミックス) – アダルト, 2018/4/27


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー ボンテージ

■哀ドル伝説きらり☆ (うめ丸)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎○
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 地下アイドル、業界、方言、眼鏡
・構成 : 原作「山咲まさと」、カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、4コマ漫画、各話解説、カバー裏にリンク絵。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「うめ丸(うめまる)」センセの「哀ドル伝説きらり☆」です。

ライブアイドルグループ「LSA」
※ライブアイドルグループ「LSA」

 【 構成・絵柄 】

1冊まるまるの長編漫画です。
地下アイドルグループについて描いており、全員ではなくそのうちの1人にスポットを当てたもの。
オムニバスではなく、キッチリとしたストーリー仕立てとなっています。
(※逆に言うと、裏表紙のような5人組ユニットですが、キャラの扱いには明確な差があります)
なお、作中では”ライブアイドルグループ”という名称も使ってました。
地下アイドル、だとなんだか怪しげだからかな。
詳しくは後述しますが、ちらほら聞かれるそうした微妙な立ち位置の団体であるため、いわゆる正統派なアイドル漫画とは違うのがポイントです。
表題そのまま、明るい描写ばかりではなく。
どっちかというと、ブラックな描写のが多くみられる作品。
ただし、いちおう、妙な振り切れたプレイはなく~。
ブラックさありつつも、どん底・真っ暗闇でもないので、そこはご安心いただければ。

強めな曲線での作画。
全体の色づき、描き込み具合は適度なくらい。
黒が強く、濃淡はコッテリした味わいです。
枠間あるものの、変化あるコマ割りで原稿は賑やか。
崩れを感じるところあったものの、漫画にパンチ力と勢いのあるタイプで。
細々とした部分は読んでいるうち些細な問題となるでしょう
背景や小物も良く、ライブシーンなど、しっかりアイドルしていました。
ああした部分に違和感ないのは、ストーリーで最大の助けになっていたかも
ふっくらとした輪郭で目の大きい、可愛らしい人物絵。
どちらかというと華奢なスタイルながら、たっぷりバストが特徴です。
はっちゃけた崩しありつつも全体的に表情は優れていて。
台詞もすっと頭に入ってきました。
多少の癖はあったものの、漫画部分に引っかかることありません。
カラーではいくらか異なるので、判断については↓表紙を脳内で線画変換していただければ。
裏表紙より↓表紙のが近いと思います。

 【 収録話 】 10話収録

5人組のアイドル「LSA(リトルスターエンジェル)」
”有名アイドルの候補生だった”、という「沙月」をメインとし、じわじわ注目度の上がってきているライブアイドルグループでした。
一員「希星(きらり)」は、厳しい金銭事情を抱えており。
それがため、まさに体を貼ることとなってしまうのでした。
大雑把にはそんな感じ。

アイドルを主人公とした、えっちストーリーです。
ただ、こちらはいわゆる一般的なそれと違って、”地下アイドル”なので。
ぱっと想像されるイメージとは異なっています。
なんというか光と影のうち、影側な感覚よ。
事務所も小さく、常にマネージャーがついてどうの、って事もなく。
漫画も成年系であるためか、結構グレーな描写なども描かれていました
(今後もそうメジャーにはなっていかないのだろうけど…あれら相当なスキャンダルよね)
なお、あまりよく知られていない地下アイドルですが、前半では「一口メモ」という解説も多く
その実態についてキチンと解説されています。
ほとんど知らない人が見ても大丈夫でしょう。

ヒロイン「希星ちゃん」は九州小倉市出身。
こうしたものの定番で、性格の良い頑張りキャラでした。
九州弁がキュートです。
ただ、メンバー内でファンから名前が上がらなかったりもしている、地味な存在として描かれています。
中心となっているのは「沙月さん」なんですね。
なかなか珍しい設定だと思います。
(いちおう、集合絵では3番手くらいの位置で描かれていましたが)
また、上京して1人暮らしをしているためか、厳しい金銭事情を抱えていて。
それがため、裏芸能界的な展開になってしまうのでした。
特に8話付近では、恐ろしい現実的な描写もあったので、お楽しみに。

「希星ちゃん」オン・オフ
※「希星ちゃん」オン・オフ

1話目は定番にファンの男性と。
カラー原稿部分は後半えっちの抜き出しなので、アイドル衣装がカラーで確認できました。
お家賃が足りないみたいなんで~
とか、そのままを言っちゃうんですね。
ああしたシチュエーションながら、ちゃんと手は出さないファンの彼は…凄い。
あれで流せば、おそらくえっち発展しない場面だったかもしれませんが、「希星ちゃん」はイイ娘であるためか。
ガッツリとサービスをしてしまうのでした。
ああした時間を取っているにも関わらず、特に現場が混乱していないのは…まだ、さほど人気が高くないって証拠なのかも。

地元での活動が描かれる2話目。
冒頭で仲良い「美空さん」に突っ込まれていましたが。
こちらでは、「希星ちゃん」のオフ姿が見れます。
三つ編み・眼鏡という姿は、ある特定のポイントにはぐさーと深く刺さるかも。
地元ながら逆風続きであった彼女を救ったのが、元担任の先生。
あれは泣けるくらいに嬉しいだろうなぁ。
(オチでも盛り上げに一役買っています)
そもそも学生時代に好意持っていた相手で、ひょんな偶然もあって、えっちに発展してしまうのでした。
いいな、先生。
しかし、きっちりゴム持っていたのは、単に大人のたしなみか、あるいはヤリちんなのか…。

オリジナルの新曲が決定した3話目。
喜ばしいことではあるものの、こちらを切っ掛けに「希星ちゃん」の周辺が微妙なものになってしまうのでした。
それに対するレッスン、衣装などのお金がない彼女は、「美空さん」の紹介で”造形の型取りモデル”をすることとなってしまうのでした。
胡散臭いですよね。
実際、フィギュアとかですらなく、アダルトグッズのそんなんで。
型取りのついでにえっちされてしまうのでした。
ここでそのプロな男性が色々言っていたそのまま、実は「希星ちゃん」のモノが凄いということが判明しています。

4話目は人気トップな「沙月さん」を主役とした番外編みたいなもの。
どっちがご馳走やら…
とか「美空さん」に言われていたそのまま、完全なる枕営業が描かれています。
こうした世の中なので、そう横行はしてないのでしょうけど…都市伝説とかではなく、実際にちらほらあるんだろうなぁ。
ステージ衣装持参で、中年を楽しませていました。
キッチリ・ちゃんとTVの仕事を取ってきてるのが凄い。

3話のグッズ社長さんの紹介で、違約金を稼ぐべくAV撮影に臨むという5話目。
妙な風向きになってきました。
「美空」・「希星」の2人がメイド衣装での出演で、複数えっちです。
カリスマ、というAV男優「佐藤鷹」が登場。
先のグッズレビュー書いていたのが彼だというのが楽しい。
それがためか、妙な縁ができてしまうんですが。
漫画での役回りは、個人的にちょっと意外なものでした。
なお、「美空さん」も久しぶりのえっちを楽しんでいます。
続く6話目も再び「鷹くん」
先のAVが発売前ながら話題を集めてしまい、彼に相談持ち掛けるという流れ。
まさかああした事言われるとは、意外。
へー。
でもAVのカリスマがああ言うくらいに凄いのか(笑)

切っ掛けを掴み、ちらほらTV出演するようになっていた「LSA」
しかし、「希星ちゃん」はとある問題がため、接待をすることとなってしまうのです。
そんな7、8話目。
中年男性とのえっちですが、まだ主導権がそこそこあった「沙月さん」の4話目とは違い。
完全に弱味を握られての行為です。
あれOKしちゃう事務所も凄い。
そのくらいな規模、ということなのかな。
実際に仕事は増えており、その男性はなかなかの実力者であるようなんですが。
まさに裏芸能界という感じ。
聞いてた以上ですよ
なんて台詞もあったので、彼女自身の凄さというのは、あるいは裏世界でかなり有名になってるのかも。
そんな仕事ちらほらやってましたからねー。

「希星ちゃん」ピンチ!
※「希星ちゃん」ピンチ!

9話目からが最終エピソード。
そんな訳で、詳しい部分は伏せさせていただきます。
簡単には…これまでで最大というべき問題に直面していた「希星ちゃん」
1人悩みを抱える彼女は…という流れ。
えー、眼鏡・三つ編みな「希星ちゃん」のえっちが描かれるのはこちらが初。
アイドル姿でない、ってのはポイントなのでしょう。
良いかどうかは別にして、いちおうひと落ち着き
読後感の良いラストになっていました。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「うめ丸」センセでした。
こちらが…3冊目でいいんでしょうか。
ブログでは同じ「エンジェル出版社」さんの「「巫女で昇天せて」を紹介しています。
どっちも原作付きの長編なんですね。
巻末にネタとなっていましたが。
「LSA」の他メンバー「天音」・「陽果流(ひかる)」の2人がほぼ空気であったのが凄い。
特に「陽果流さん」はカバー裏でも不遇な立ち回りでした。
ううむ、気の毒。
4コマでのやり取りとか、スポット当てても面白かったかも。
ただ、全員をある程度まんべんなく~ではなく、「希星ちゃん」のストーリーを追いかけたのは正解だと思います。


みっくすパーティ」





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 地下アイドル

■幾日 (幾花にいろ)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、社会人
・構成 : 初単行本、9話収録。
・おまけ: キャラ解説・4コマ、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「幾花にいろ(いくはな・にいろ)」センセの「幾日 IKUJITSU」です。

「松本みやび」、「小笠原千裕」
※左:「松本みやび」、右:「小笠原千裕」

 【 構成・絵柄 】

基本的には全て短編での構成。
連続話はありませんでしたが、巻末には細かいキャラ解説と4コマ漫画が全てのお話分用意されており。
(※9ページにしっかり描かれていました)
作品・キャラを深く理解することができます。
あんなん読むの大好き。
それを踏まえた上で、再度漫画を最初から読むと、2度楽しめることと思います。
また、一部お話は同一世界のようで…。
ゲスト出演や会話・モブなどで見切れていることもありました。
だいたい分かった、確実だろうのは↓下に書きましたが、3、4周とかしていくうちに、また新たな発見がありそうです。
”圧倒的リアル男女生態”とは紹介帯の文言。
まさにその通りで、日常展開での成功ルートという感じでした。
それぞれの背景がしっかりしているため、単純にみえても密度の高いストーリーになってます。

しっかりと濃い線での作画。
全体の色づきもキッチリとしていて、濃淡は強め。
描き込みも細かさありました。
コマ割りも細かく、良い収まりで変化は少なめです。
原稿はコッテリ気味でした
背景・小物、そして人物は適度なくらいに写実的でバランス良いもの。
分かり辛い、引っ掛かるような部分なく、表現から漫画もお上手。
丁寧さありつつも荒く流すようなタッチで、漫画に勢いを与えていました。
癖はあり、多少人を選ぶこともあるかもしれませんが…完全に個性を確立しており、見事なほどのレベルです。
特に隙はありませんね。
判断は↓表紙そのままで問題ないでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

003:「発火 はっか」
「松本みやび」・「川島陽平」のカップルによる初えっち話。
「陽平くん」は背丈小さく漫画ちっくな丸っこい容姿。
一方の「みやびさん」は先輩ということで年上らしく、独特な喋り(京都弁?)とキツネ目の美人でした。
結構差のあるカップルです。
付き合ったのはコレ以前からのようですが、いまだにその理由も分からないらしく。
「陽平くん」もどぎまぎとしています。
そんなんも含めてお気に入りなんでしょうね。
えっち直前にあった「みやびさん」の心の声が楽しいです。
かなり可愛らしい方でしたよ。
オチのやり取りがいいですね。

027:「咬合 こうごう」
ゲーム仲間のチャットで知り合っていた「ぞん兵衛」が「鈴木広次」の地元に来ており。
共に食事することとなったのですが…。
「ぞん兵衛」こと「小笠原千裕」は名前・アイコンからは想像もできないような女子だったのでした。
どっちかと言うと、女子キャラが男子だった~というのが多いような気がしますが。
こちらの場合は、イカツイ雰囲気で男子だと思っていたのが可愛らしい女子だった、という逆のパターン。
いいですね、テンション上がりますね。
また、当人としてはあえて隠していた訳でない、ってところがまた素敵
それがため、「広次くん」も素で喋れていたんですね。
「千裕さん」は、少なくともリアルで会っても良いと思うくらいの好意はあったようですが。
その以上はどの程度だったのかなー。
ともかく今回のことで距離感は縮まり、急なことで車内えっちに。
初対面ではあるものの、チャットで喋り慣れていたこともあり、最中の会話もだいぶ砕けたものでした。

原一羽
※原一羽

047:「視野 しや」
067:「寄辺 よるべ」
喫茶店でよく会う、姿勢悪く本を読んでいる美人。
ひょんな切っ掛けで言葉を交わすようになったのですが、向こうもこちらを覚えてくれており。
「志賀壮人」は勇気を出して、彼女「黒川文乃」を誘ってみたのでした。
そんなんが前者「視野 しや」
「文乃さん」は服からも分かる、巨乳の持ち主。
姿勢が悪いのは、そのためですね。
頑張った「壮人くん」に応じてくれる彼女(その後バイトだったので、時間取れたのは夜中)が優しい。
本当にイヤならこんなトコまで来ません…
…あたりのやり取りがいいですね。
ちなみに最初は眼鏡なのですが、本を読む際だけ。
そのあたりの理由は巻末ページにありました。
「壮人くん」を意識するようになった理由は結構リアルだと思います。

後者「寄辺 よるべ」では、バイト先の「文乃さん」がちらと見えます。
「杁中(いりなか)隼人」・「原一羽」はは同じバイトの同僚。
「隼人くん」の部屋に、気になったアニメを「一羽さん」が見に行く、というのが切っ掛け。
彼女ギャルっぽい雰囲気なので、彼のああした対応はよく分かる。
頻繁にやって来ては私物置いて、徐々に増やしていくというのは常套手段ですわね。
えっち直前の、
ったく
という台詞に、彼女の心情が見えるようでした。
ただ、大きい・小さいという発言は非常にデリケートな部分(笑)なので、やめて欲しいなぁ。

087:「燦爛 さんらん」
107:「演色 えんしょく」
前者は付き合っていた「麻生田透」・「羽津雄大」のカップル話。
「雄大くん」は教師という職業柄、あまり人の居る場所は敬遠していたのですが。
ちょっと拗ねた彼女をデートに誘うくだりが素敵
格好良いこと言うなぁ。
前々から考えてはいたのかな。
最終ページに「みやび」・「陽平」のカップルが描かれてましたよ。

「透」・「雄大」のその後風景から繋がる後者。
こちらの「大高葵」・「鳴海善照」の2人は、「透さん」の同僚でした。
1、2ページ目の「葵さん」の変化に注目。
「鳴海くん」が驚くのも納得です。
誰だよ、って感じですわね。
先の「文乃さん」と同じく、「葵さん」も眼鏡は職場だけ。
眼鏡好きな方は、続けて残念賞。
「たぶんですが」とかなんとか、独特なテンションの持ち主である「葵さん」の誘い方がいいですね。
実際にあー言われたりしたら、仕事手につかなくなりそう。
また、料理・部屋で台詞では引いてたっぽい彼女が、なぜか逆壁ドン状態となっているのが楽しい。
「鳴海くん」引きまくってましたよ。
ラストの「一周しましたか」の台詞が好き。

125:「聞香 もんごう」
165:「引鉄 ひきがね」
振られてしまった「栄生(さこう)則武」が相談した相手「菊井早苗」
バッサリ切り捨てた彼女は、徐々に距離をつめてきており…というのが前者の流れ。
アルコールも入っているとはいえ、居酒屋えっちという素晴らしい展開となるエピソード。
外なんか出たら~
一言が光りますね、素晴らしいですね
「早苗さん」もアルコールの力が必要だったかな。
隣で屈み、胸元が見える(見せてる、ですよね)コマが好きです。
巻末の4コマがまたいいですねー。

「栄生さん」の職場風景から始まる後者。
テンション高く喋っていた「守山琴子」の趣味、サパゲーに参加することとなった「喜多山士(つかさ)」
ゲーム後、なんのかんの残された2人で反省会をすることとなったのです。
「士くん」が非常に良い男性。
いろいろ趣味ある「琴子さん」のが男子っぽい感覚の持ち主ですかね。
途端に饒舌になるところとか。
えっちの際にはだいぶ可愛らしい感じでしたよ。
オチでは先の「早苗さん」の姿も確認できました。

大高葵、守山琴子
※左:大高葵、右:守山琴子

145:「白猫 しろねこ」
付き合う「戸田川翠」・「大平大哉」の風景。
だらしない女子と面倒見の良い男子ですね。
巻末の解説で納得しましたが、「大哉くん」はモテるだろうなぁ。
そんな彼の相手が、タイトルそのまま猫っぽい「翠さん」であるのはセオリーかも。
細かい同士だとタイミング合わないでしょうから。
先の「視野 しや」にて喫茶店背景はこちらの2人でいいと思う。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「幾花にいろ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
先に「ワニマガジン社」さんのHPで単行本の↓表紙を見掛けていたのですが。
こりゃー、絵に自信ある(巧い)人の表紙だなぁ、と思ったところ。
うん、その通りでした。
単に絵だけでなく、漫画からお話まで完成度高いのが凄い。
天下を取れそうな感じがしました。
毎度のことながら、これだけお上手だとあっさり一般系に行ってしまいそうなのが怖い。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■あまあま (桃月すず)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉さん、むちむち
・構成 : カラー(8P)、11話+α収録(あちこち話は同世界)
・おまけ: あとがき、カバー裏に人物相関図、加筆修正あり、
      描き下ろしおまけ漫画×6。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「桃月すず(ももづき・すず)」センセの「あまあま」です。

看護師「一ノ瀬和香」、「麗さん」
※左:看護師「一ノ瀬和香」、右:「麗さん」


 【 構成・絵柄 】

収録は同一世界なお話と短編。
同キャラの後日談兼別シチュエーションで、明確に2話目となっているのは1つありました。
同一世界な漫画はおおむね2話だけの範囲で何点か。
ちらとゲスト出演していた誰かしらのカップルに焦点を絞ったものが、次の短編になってたりしています。
単行本レベルでキャラの交流はなく、どちらとも関わらない完全なる短編もありました。
詳しくはカバー裏で確認できます。
また、ページは少ないものの、6話ほどには描き下ろし後日談が描かれていました。
ジャンルは甘いラブコメ話。
妙な引っ掛けなどもなく、安心して読み進められる仕上がりです。
なんとなくですが、お姉さんキャラ(広義のソレね)が多く目立って感じました。

しっかりとした強めな線での作画。
描き込みは丁度良いくらい。
全体の色づき・濃淡具合も同様だと思います。
コマ割りは中小で変化そこそこ。
枠間が確保されてるので、見辛い印象はありません。
大きいコマも多く、迫力ある仕上がりですね。
背景や小物は良く、服装などもしっかり。
同様なラブコメ漫画より、作画はひとレベル上な感じ
ヒロインは漫画らしい可愛さで、むちむちとしたスタイル。
表情も良く、あちこち表現でも引っかかるところありません。
重箱の隅をつつくならば、配置のバランスくらいかと。
カラーでもさほど変化しないので、判断については↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 11話+α収録

005:「おかえりのえっち」 カラー原稿あり
159:「ミノルとサボテン」 +描き下ろし2ページ
カラー原稿もある冒頭話「おかえりのえっち」
海外旅行から帰ってきた彼女「吉澤咲」とのえっち。
彼女と久しぶりなため、ゆっくり過ごしたい彼氏「悠」でしたが…というもの。
年上だろう彼女に翻弄されるお話ですね。
甘いなぁ
むちむちなスタイルで抱き心地良さそう。
カラー部分はえっちの抜き出しでした。
単行本位置はそのだいぶ後ですが、「ミノルとサボテン」は同世界の短編。
海外旅行に出掛けた「咲」
その同居人だった「沙保」は、彼女が不在の間に弟「吉澤実」のアパートでお世話になるべくやってきたのでした。
「実くん」とは初対面で、彼が反対するのは当然。
結局受け入れていましたが、どういうやり取りで納得させたんだろう。
夏服しか持ってこない
とか言われていた「沙保さん」
なるほど、露出大き目のラフな服装に大き目な帽子だけでした。
初めはツンツンした態度、というフレーズも何回か示されていて。
なんとなーく、読者には想像つくのではないかなー。
描き下ろしはその後の2人の甘い様子が描かれています。

星野更紗、葉室結月
※左:星野更紗、右:葉室結月

027:「ホンネのありか」 +描き下ろし2ページ
047:「しあわせのすみか」 +描き下ろし2ページ
友人「葉室結月」の兄「葉室陽志」に恋していた「星野更紗」
しかし、シスコン疑惑ある彼は妹「結月」とべったりで、話題も彼女のことばかり。
ストレートにガンガン攻めないと~
そう「結月」からアドバイスを受けていた「更紗」は、彼女の手助けも借りてストレートに攻めることとしたのでした。
そんなんが前者「ホンネのありか」
まぁ、妹「結月ちゃん」との距離がだいぶ近いからなぁ…。
この兄妹、当人らは普通のことでも他人から見ると驚き、みたいなことが他にもありそう。
付き合った後はまた大変かもしれませんよ
描き下ろしなども見る限り、結果的にあれで良かったのかもしれませんが。
正直、「更紗さん」はもうひと頑張り必要だと思う。
後者「しあわせのすみか」はそんな話題の妹「結月ちゃん」の主役回。
どうやら再会した元クラスメイト「堀充央」
お兄ちゃんは知ってるのかな。
ああした兄を持つだけあって、「結月ちゃん」も明け透けで。
彼女の方からガンガン攻めていました
ベリーショートの童顔な娘で、それっぽくない感じなので…良いですね。
描き下ろしでもえっちしていました。

067:「真夏の太陽」
083:「恋する太陽」
103:「ふたりのイイワケ」
収録では唯一の連続話「真夏の太陽」と「恋する太陽」が看護師「一ノ瀬和香」とのお話。
褐色肌で髪の色が薄い「和香さん」
そうしたギャルちっくな容姿に、やたらに短いスカート丈とか…。
エロいなぁ。
裏表紙が「和香さん」です。
こんなナース…AVだけだってば。
言葉遣いも「検温だぞオラー♪」とかなんとか、雰囲気そのままでしたよ。
他のナース描かれていないので詳細は不明ですが、あのスカートは規定の丈?それともアレンジかな??
想いを寄せていた「木下保」に夜這いかけるのがメイン。
検温の時はいつもパンパンだったそうで。
なかなか恥ずかしいことですね。
(※あんな密着して測られたら、そりゃパンパンにもなるだろうけど)
続く「恋する太陽」はそんな看護師「一ノ瀬和香さん」視点の後日談。
ギャルギャルしていた彼女の真意が興味深いと思います。
前回はあんなオチでしたが…ああした言動もあるいは照れ隠しかなぁ。
なんだか漫画っぽい気もしますが、だからこそ漫画で描くべきなのかも。
既に「保くん」は退院しているので、会う「和香さん」は私服姿。
これはまさにピッタリな恰好(笑)
ホットパンツがセクシーでした。
ラブラブとした展開になっています。

同世界の別話「ふたりのイイワケ」は「和香さん」をナンパしていた「正義」くんが再登場。
ただ、主役となっているのは彼の年下な幼馴染「猪野遥」さん。
服装から察するに学生だと思われ、結構な年齢差があるようでした。
軟派でチャラく、あまり良いところを見せていなかった「正義くん」
しかし、「遥さん」は好意をもっており。
ガキだという彼に対し、積極的になっています。
結構彼ギリギリまで抵抗してました。
今までもはぐらかされていたんだろうなぁ。
野外プレイとなっていました。

123:「あっちこっちえっち」 +描き下ろし2ページ
141:「ソノ先で踊る」 +描き下ろし2ページ
「あっちこっちえっち」は「犬飼一朗太」・「丸尾穂乃香」のカップル。
いきなりえっちシーンで始まるこちら。
前の彼女にカワイイ言われて主導権を握れなかった「一朗太くん」が、「穂乃香ちゃん」に対して頑張るというもの。
あのふわふわ可愛らしい娘が、他の女の存在でぱっと疑惑を持ち警戒するところが秀逸
野外で仕掛けて有耶無耶にしていたのは、いかにも成年漫画。
実際にあーしたら、現実では引っ叩かれるのでは??
(そしてさらに疑惑を深められる)
描き下ろしは本編で気付いた性癖に関わるものです。
「ソノ先で踊る」は、「一朗太くん」の元カノ「大高響」さんらカップル。
前回訪ねて来ていたのがこちらの「響さん」で、解説によると合鍵を返しに来ていた様子。
相手「木崎匠」が年上(たぶん)なためか、先の彼のイメージとは違ってだいぶ可愛らしく描かれていました。
描き下ろしでもそんな感じ。

大高響
※大高響

177:「カワイイなんていわせない」
親同士も仲良い「弥生」・「陽一郎」のカップル話。
年上な「弥生さん」に子供扱いされることを気にする「陽一郎くん」
ああ、気持ち分かるなぁ。
ただ、後の台詞にもあるように、接触のアレコレは明らかに性的な色がありましたが。
年上お姉さんの手ほどきでのえっちです。
だーめ
という言葉そのまま、甘さあるもののしっかり調教もしているのがポイントでした。

193:「今夜もここで。」 +描き下ろし2ページ
こちらのカップルはおっさん「徹」と可愛らしい「麗」
彼にラブラブな「麗さん」が可愛い。
そして羨ましい
あれはいいなぁ。
どことなく身長差ある名作ラブコメ漫画を思い出しました。
描き下ろしもそんな感じ。
エプロン姿が良くお似合いでした。

 【 その他 】

そんな訳で、本日は「桃月すず」センセでした。
こちらで4冊目の単行本。
ブログでは初単行本の「あまえたがり」、「ヒミツしたいっ」などを紹介しています。
実はセンセの一般漫画も読んでいるんですが…。
今回どうするか、迷ってしまうようなものでした。
そのうち紹介します。
こちらは見事な仕上がりでひと安心。
人物相関図が有り難かったです。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ベリーショート シスコン

■魔剣の姫士 (無望菜志)

★まんがデーター [20.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●●
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 触手、ファンタジー、複数
・構成 : 7話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵、
       描き下ろし後日談。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「無望菜志(なもなし)」センセの「魔剣の姫士」です。

魔剣「リュウセイ」と「レイミア姫」
※魔剣「リュウセイ」と「レイミア姫」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
ストーリー漫画となっており、壮大なお話が描かれています。
まあ、ページのたいていは成年系なものでしたけどね。
剣や魔法、魔物が登場する、王道ファンタジーな世界。
男女登場していましたが、普通のえっちは描かれることなく。
全て触手プレイとなってます
お好きな方は小躍りください。
また、散々ヤられてバッドエンド~という、そうした系の短編にありがちなものでなく。
基本ストーリーのしっかりとした、読める仕上がりです。
(※若干駆け足ですかね)
そのため、触手系でもうドカバキ振り切れまくるようなプレイが好みな方には、ちょっと物足りなさを感じるかも。
逆にそういうのをイメージだけで苦手としている方のが、合うかもしれませんね。
とりあえずオススメしておきます。

しっかり濃さある線での作画。
細かくも過ぎない塩梅な描き込みと、丁度良いくらいの濃淡具合です。
ネタがためコマは相当賑やかなのですが。
見辛さなく、そう目疲れしないものでした
丁寧で乱れ・崩れなく、全体で安定。
人外プレイなため多少のややこしさはあったものの、特に引っかかるところはありません。
漫画・表現も同様で、お上手でした。
人物画は幅広な輪郭の漫画らしい可愛さあるもの。
良いバランス感覚だと思います。
そのほか、頻繁に登場する触手、また魔物らの作画も力入っており。
ちゃんと、王道ファンタジーしていました。
カラーだとまたやや異なるのですが、判断には↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

魔王「アドヴィッグ」の支配から脱して二百年。
新生魔王「レヴデュンヴ」の登場により、世界は再び侵攻を受けていました。
人間、エルフ、ドワーフといった各種族が立ち向かうもののその勢いは止めることができなかったのです。
斉王国家エイアルの第一王女「レイミア」こと「レイミア・エイアル・ファスチュート」は、”王族の命を吸う”と言われていた魔剣「リュウセイ」の力を頼ることとしたのですが。
要求してきたのは乙女の淫液だったのでした。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆる触手モノの連続話。
世界はドがつくファンタジーで、バトルなども描かれているんですが…。
ページの大半は、魔剣「リュウセイ」とのえっちシーンですね
ファンタジー系でよくある、敵に攻められるものでなく。
いちおう味方ではあるものの、完全に信頼できる相手でない、というのがポイント。
(※冒頭でも「頭が保つかは知らぬがな~」とか言われてる)
ただ、その力は魔物相手に絶大な威力を発揮しており…。
エルフ、ドワーフなどの他種族も魔剣「リュウセイ」を頼ったことで、えっちシーンは人数も増えていき。
最終的には、派手で迫力あるものとなっていきます。
そりゃー、もうドえろいこととなっていきますよー。
魔王と各種族の対決の果てがどうなってしまうのか、ご期待ください。

エルフの長「アーファン」、ドワーフの姫「キッシュ」
※左:エルフの長「アーファン」、右:ドワーフの姫「キッシュ」

切っ掛けも描かれた1話目。
冒頭は魔族との大規模な戦闘シーンです。
射線上に友軍見当たらずッ!
とかなんとか、メガ粒子砲でも発射するのでは、という台詞がありましたが。
実際、剣の一振りだけで正面の魔族は壊滅。
なるほど、その力に頼るのも当然ですね。
(※人間側の各部隊は苦戦・蹂躙されている)

漫画は契約時の場面に。
あらためて1話を見ると…「レイミア姫」は途中から成長してる??
背丈とかバストとか、後半の目覚ました~くらいから、そんな雰囲気でした。
当初は凛々しくはあるものの、幼い感じのが強かったですけどね。
1話目のえっちは、契約の交合儀というもの。
言葉では良い恰好していた姫の覚悟を量る、という意味のが強いでしょうか。
純潔、が重要なこともあって…お尻です。
後半の頑張る姿は面白くも感動的(←それは大袈裟か)なものでした。
なお、「レイミア姫」は甲冑ではなく王族ドレスな姿です。

新キャラ登場の2、3話目。
魔術に長けたエルフの長「アーファン・テネラズル・マクス・エムス」ですね。
お話中にて言われていたそのまま耳長いほか、褐色肌で豊満なスタイルでした。
むちむちですよ。
魔族は彼女らの住むエムスの森にまで進行しており。
魔剣と共に善戦を続けるエイアル家を訪ねてくるというもの。
あっさり承諾する「レイミア姫」と、その後の展開が楽しい。
当然、「アーファンさん」も魔力提供に参加するのですが。
冒頭からの雰囲気とは異なる、乱れっぷりが凄い。
脱ぐシーンが好き。
直接続く3話目では2人同時に。
どーでもいいですが、「アーファンさん」はほぼ堕ちているっぽいですね。
必死に頑張る「レイミア姫」との差が見どころです。
オチでの2人の会話がいいですよ。

さて、これまでは圧倒的な力を発揮していた魔剣「リュウセイ」ですが。
それに耐える魔物が登場している4話目。
あるいは、「リュウセイ」こそが魔王だったりして、とか想像していましたけど、違うのか…。
後の会話によると、上級魔族だそうです。

そうした危機的状況に登場したのが、ドワーフら鉄石の国の姫「キッシュ・ヴァン・ヴィエス」なのでした。
こちらのドワーフは”獣ビト”という呼称そのまま、なんちゃら耳と尻尾があり。
(※猫みたいなひげもあります)
衣装は和服のようなものでした。
背丈小さく貧乳で、「レイミア姫」よりもちんちくりん。
カラクリに長けているようで、魔剣「リュウセイ」を鍛え上げたのも彼女の祖先。
そのためある程度の事情を知っており、物言いも傲慢だったのですが…。
察しの良い方、その通り。
それも1話目の「レイミア姫」と同じく、えっちシーンへの前振りでした。
わはは。
彼女の持っていた契約の環によって、魔剣「リュウセイ」の封印は完全に解かれ。
より、大変なこととなっております。
唯一、皆と反応が違う「アーファンさん」に注目。
先の「キッシュさん」だけでは当然足りず。
また、先の上級魔族が迫るという危機的状況で…続く5話目では、より大規模なえっち展開となるのでした。
「レイミア姫」を筆頭とした主要3名ほか、ちらほら顔を見せていた姫付きのメイド2名、エルフ・ドワーフらが勢揃いしています。
漫画でのクライマックスというべきえっちシーンですね。
ただし、揃えた百名でも足りず、「レイミア姫」の意識も朦朧とする中。
最終章6話目と続く場面で、重大な決断をするのでした。
どんなんかは当然ながら秘密。

エイアル国王女「レイミア・エイアル・ファスチュート」
※エイアル国王女「レイミア・エイアル・ファスチュート」

そんなこんなでの最終話。
魔剣「リュウセイ」の過去がちらと見れました。
うーん、気になるコマ多く、ここはもう少しじっくり描いてほしかったなぁ。
この時点ではざっくりとしたイメージが伝われば、それでOKなのか。
(※ちゃんと、ある程度の説明が後半にあります)
それがためか、「レイミア姫」・「リュウセイ」にちょっとした変化あるのがポイントです。
詳細は伏せますが、ストーリー漫画なので…前回とはまた一味異なる、こちらのえっちシーンは重要なもの
さすがに泣けはしないものの、ちょっとイイ場面があります
冒頭からの流れではまさに予想外(笑)
うん、面白かったです。

描き下ろしは11ページの後日談。
ちゃんと(?)えっちシーンもたっぷりあるので、お楽しみに。
「レイミア姫」が実に良いです。
基本的にはエロいものなのですが、彼女のああした発言というのは冗談抜きで、結構イイお話だと思いましたよ

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「無望菜志」センセでした。
書店をぼー、っと見回っていたところ。
ふと触手な↓表紙が目に入り。
センセのお名前を見つけ、ゲットしてきました。
こちらのブログでは「Tentacle Lovers テンタクル・ラバーズ」、「剣より強し」、「触愛」、「NTR2」…などを紹介しております。
あとがきにも書かれていましたが、結構久しぶり。
これが7冊目でいいのかな。
王道ファンタジーですねー。
10冊分をぎゅっと1冊に凝縮、とあったので。
そちらのロングバージョンも見てみたいです。
さぞエロい展開になるだろうなぁ。
ちなみにカバー絵は迫力ある1枚絵なので、購入後はぜひ広げてみていただければ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ファンタジー バッドエンド

■白雪姫と黒タイツ (御影石材)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [百合] コメディーラブコメ、学園、黒タイツ
・構成 : カラー(4P)、9話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、折り返しにコメント、合間にネタ絵、
      カバー裏に漫画、描き下ろし「白雪姫の友達の友達 その後」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「御影石材(みかげ・せきざい)」センセの「白雪姫と黒タイツ 1巻」です。

恐怖・黒タイツさん
※恐怖・黒タイツさん

 【 構成・絵柄 】

2巻以降へと続く長編漫画。
百合ジャンルで、コメディー要素の強いもの。
ただ、タイトルから察せられるように、強いフェチ要素があり。
百合・コメディーというくくりでは、あまり見られないような仕上がりとなっています。
完全に男性向きですね。
詳しくは後述しますが、それを除けばまさしく百合漫画。
あちこちには真面目な場面もしっかりあり、そっち期待して手に取った方も楽しめると思います。
振り切れ要素が高いこともあってか、キャラが出揃うのにやや時間はかかったかな。
次巻から本領発揮となりそうです。

しなやか極細線での作画。
描き込みはおおむね不足ないくらい。
白比率が高く、濃淡もデジタルの淡い色彩です。
コマ割りはやや細かいもの。
画面は薄味でさっぱりとしていました。
背景や小物も同様に主張ないテイストですが、全体は合っていて違和感なく。
バランス的にもこれで良いと思います。
ゆるっとした輪郭で大き目、華奢目なスタイルの人物絵。
各顔パーツは小さくまとまっているのが特徴です。
コメディー崩しも多め。
作画のタイプがため、ちょっとした間が面白い雰囲気になるのはジャンル的に得な点。
判断については、↓表紙。裏表紙で問題ありません。

 【 収録話 】 9話収録

淑女のための学園「清流女学院」
そちらに転校して一週間という「黒川美玲」は、目つきの悪さと高い身長、コミュニケーションが不得手なため、クラスに馴染めずにおりました。
一方、「清流の白雪姫」と称されるお嬢様「白鳥雪菜」はそんな彼女に、
ずっとあなたを見ていたの
そう言い寄り、黒タイツを渡したのです。
なんと、彼女はやや度を越した黒タイツフェチなのでした。
そんな訳で、「雪菜」に一目惚れ(?)された「美玲」は、以後彼女の変質的なアプローチを受けつづけることとなったのです。
ごく簡単にはそんなお話。

いわゆる学園を舞台とした百合漫画。
容姿端麗・学園の人気者というお嬢様と、やや浮いた存在の主人公という構図は、ある意味スタンダードな百合漫画設定。
ただ、そのお嬢様には”黒タイツフェチ”という、らしくない要素があり。
セオリーを大きく揺るがしております
基本的にはコメディーとして作用するのですが、
”お嬢様の好意の対象が自分でなく黒タイツ(の似合う足、自分)ではないか”
そうした不安感を与えることにも繋がっていました。
そもそも「美玲さん」はクラスの中心に居る「雪菜さん」に悪い印象なく、またその逆は好意たっぷりなので開始からしてほぼ両想い。
(※好意度合が友人程度のものか、それ以上か、は当然あるのですが)
同性であるとか体面とかなんとかを気にする様子はなく、もしあの変態的アプローチなければ普通に関係を深めることとなったでしょう。
百合漫画として恋愛を阻害する要素にもなっているんですね。
1巻でそのあたり多少解消しそうなのですが…後半には新キャラ「倉敷亜麻寧」、現在は謎の存在「谷々藍」など癖の強い面々が顔を見せており、さらに関係をややこしくしてくれそうでした。
次巻はもう少し百合漫画っぽくなるかな。

「白鳥雪菜」、「黒川美玲」d
※左:清流の白雪姫「白鳥雪菜」、右:「黒川美玲」

ユリユリした冒頭を崩す「美玲さん」が楽しい1話目。
せめて本でも読んでればいいのに。
対する「雪菜さん」はいかにもお嬢様。
この人はギャップが楽しい娘だから、こうした入りは当然。
2人きりとなっての告白シーンがクライマックス。
ううん、途中まではほぼ学園百合漫画なんだけどなー(笑)
女子が黒タイツ好き、なんて漫画みたい。
ただ、彼女のようなザ・お嬢様が言うと、なんとなく許されてしまいそうなところが凄い。
対する「美玲さん」がまた良いですね。
アプローチが続く2話目。
こちらでは水泳の授業があり、2人の水着姿が堪能できます。
スタイル優れた「美玲さん」がよくお似合い。
身長もあるので、あるいはモデルとかになれそう。
諦めて黒タイツ穿く場面は、もともとカラー原稿だったようですが。
ここはストーリー的にも重要な場面なので、ぜひ単行本でもカラーページにして欲しかった

アドレス交換後の3話目。
ひっきりなしに届く「雪菜さん」のメールが楽しい。
最終的にはホラーちっくに(笑)
なお、この回で取り巻きの1人「明星朱莉」にスポットが当たり。
4話目での視点担当となっています。
第三者の目で見た2人、ですね。
作中ほか扉絵にて「美玲さん」と並ぶのですが。
背丈の違いが凄い。
彼女がやや規格外に大きく(※だからタイツ似合うのでしょう)、また「朱莉ちゃん」が小さいのです。
ちんちくりんですわね。
なお、こちらでは小中高一貫の
白雪姫、こと「雪菜さん」の凄さが分かるシーンも見どころ。
ずっと見ていて見失うって。

いちおう前話から直接続いている5話。
「美玲さん」の対応が変化するのは、先の「朱莉ちゃん」みたいな反応があるためでしょう。
2人の間に入るのは、先のエピソードで彼女を誘っていた「桃原いちご」
百合漫画に必要なキャラクターですね。
裏表紙絵で採用されていた、「雪菜さん」のクライマックスというべき場面がありました。
面白い。
あれは変態的に楽しんでいる絵だと思っていたのですが、違っていました。
そうした前話を経て、多少クラスに馴染めた「美玲さん」という6話。
まぁ、周囲の反応(7話などでも)を見る限り、本人が勝手に壁を作っていただけかな。
後半の「雪菜さん」とのやり取りが秀逸。
周囲をざわつかせた、「すごい可愛い子」の話には触れられず終了。
もう数話待たないといけないようです。

「倉敷亜麻寧」、「谷々藍」
※左:「倉敷亜麻寧」、右:「谷々藍」

収録でのラスト7、8話は連続エピソード。
こちらは「美玲さん」の元親友「あーちゃん」こと「倉敷亜麻寧」さんの登場回。
過去描写などもあります。 
ツンデレ、と称される「亜麻寧さん」はまた個性的で面白いヒロイン。
基本上がり眉ですからね。
紆余曲折の末、お泊り会となるのでした。
やはりコメディー調ではあるのですが、5話に続いて結構百合漫画していました。
後は…おっぱいですわね。
入浴中の「美玲さん」が見れるサービスカットもありました。
ちなみに描き下ろし漫画は、さらにその後の風景。
「雪菜さん」はあーんなお嬢様(8話冒頭)なのに、結構庶民的ですわね。
扉絵を含めて8ページでした。


 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「御影石材」センセでした。
こちらが3冊目くらいなのかな。
ひでるさんは今回が初見です。
察しの良い方はその通り。
ふと目に入ったタイトルに引っぱり上げられてしまいました。
いいよね、黒タイツ
実際こんな娘いないだろうなあ。
ただ、あーまで好きならば、自分でも穿くような気もしますが。
たとえ理想あったとしても。
追加の新キャラも良さそうなので、次巻も楽しみにしています。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■俺の彼女を抱いてくれ (usi)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 恋愛、寝取り寝取られ、複数
・構成 : カラー(4P)、10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「usi(うし)」センセの「俺の彼女を抱いてくれ」です。

普通の「和花さん」
※普通の「和花さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
ラストまで一直線なストーリーものとなっています。
ほぼタイトル通りなお話。
ただし、描かれ方としてはそう深刻なものでなく。
複雑な心理も描かれているものの、漫画はライトで読み易い仕上がりでした
ラブコメものではなく、プレイとしてもある程度の特殊さがあり。
そもそもの設定が心をぐーっと締め付けるストレスあるものなので。
人を選ぶと思います。
それでも前述したように、シリアス過ぎないため、本格的な寝取り寝取られがお好きな方には物足りなさを感じるかもしれません。
色々とご注意を。

しっかりとした線での作画。
描き込みはややすっきり気味。
濃淡は黒が強く、若干濃い目でした。
コマ割りはやや細かさあり、はみ出し・ぶち抜きなどちらほら。
目立つ乱れはなく、綺麗にまとまった、見易い原稿です。
人物絵はある程度のデフォルメ感と、リアルさあるもの
今回は心なしか普段よりもそんな印象です。
おおむね可愛らしく描かれているのですが、たまにバランスが気になるところもありました。
ちょっとした事が気になり易い画風ですかね。
基本的にはカラーと変化はないため、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないです。

 【 収録話 】 10話収録

俺の彼女を抱いてくれ!!
友人「望月恭介」から呼び出され、そんな事を言われた「府和(ふわ)」
最高で5股という派手な女付き合いをしていた彼ですが、本気で好きな相手ができたらしく。
プロポーズを受ける代わりの条件が、
”他の男性に5回抱かれる事”
…なのでした。
あまり気乗りしない「府和」でしたが、紹介された彼女「浮田和花(うきた・のどか)」は好みド直球な女性であり。
結局、そうした奇妙な依頼を引き受けることとなってしまうのです。
ごく簡単にはそんなお話。

友人彼女とのえっちストーリー。
そうした設定では寝取りなのですが、お相手「和花さん」の心は友人「望月」にあり。
いくら好意をもっても、5回までの関係。
それ以後は相手のものになってしまう~という、寝取られっぽい要素もあるのでした。
多くはないものの、実際そうしたくだりもあったため、得意でない人は要注意
なにしろラブコメ漫画ではないですからね。
また、ヒロイン「和花さん」について。
↓表紙などが当然彼女です。
基本的には2人でのやり取り、えっちが描かれるのですが。
前半は初心で可愛らしかったのが、毎回加速度的にエスカレート(笑)していき。
最終的には、予想外にぶっ飛んだプレイにまで発展しています。
そう極端なものではないですが、耐性もある程度必要だと思います。

エロいぞ「和花さん」
※エロいぞ「和花さん」

導入の1、2話が1回目。
カラー原稿部分のえっちは…だーいぶ先、最終話からの抜き出しだと思います。
後々、同時に見ていくと楽しめるので、なんとなく覚えておきましょう。
友人「望月くん」とはバイト時代の同僚で、近所なためたまに飲んだりするくらい。
特別仲が良い訳でない「府和くん」が選ばれたのは、
お前なら信頼できるくらい真面目だし、彼女いねぇくらいつまらん奴だから安心なんだ!
とのことでした。
うん、だーいぶ下に見られてたようですね。
もっと誤魔化して言ってよ。
これで彼女だという人が、好みでなければ良かったのですが。
「和花さん」は名前のとおり穏やかな物腰の女性。
前述したとおり、えっちについては興味深々なようですが、会話を信じると今回が初体験だと思われます。
お風呂場では素股とお口。
直接行為は2話目でたっぷり描かれていました。
えろいですが、ちゃんと照れてくれるところがキュートです。

3、4話目が2回目。
「府和くん」が呼び出された先は、「望月くん」の家。
部屋には「和花さん」がおり。
不在だったので合鍵で入り、彼のコレクション(漫画と雑誌)を見ているうちにスイッチが入り…とのこと。
どーでもいいですが、本命の部屋でえっちしようと誘う彼女は相当ですね。
えっ、いいよ、わざわざ場所移さないで
特に罪悪感などもないらしく、そんな感じにあっさりとしていました。
なんというか、浮世離れした娘だなぁ。
逆にそれを意識していたのは「府和くん」
まぁ、同じ男性として、嫌ですわね。
それがためか、4話はあーした展開となるのですが。
どんなんかは内緒。

5話目はついに3回目。
彼の誕生日プレゼント選びに付き合うついでに…ということなのですが。
こちらでの「和花さん」に注目。
エロさが本格的になってくるのが、このあたりから。
相当なミニスカートでしたからねー。
恭くんの部屋で見た~
というやり取りが実に楽しい。
ちゃっかり剃毛とかしてる「府和くん」がなんだか悲しいよ。

6、7話目が4回目。
とかく正体不明な「和花さん」ですが、その秘密の一部が明らかになります。
ああした事をあっさり喋っているのが凄い
どう見ても一般人ではないですね。
はあ、そりゃ「望月くん」も真面目に就職しようとする訳だ。
浮世離れ~というのは、合ってました。
人に見られながらって~
そんな興味が沸いたらしく、友人「心美」さんを誘っての複数プレイ。
彼女もなかなかの美人です。
当然ながら、どちらとも直接行為となるのでした。
特にコレという特徴ない「府和くん」でしたが、こうした才はあるのね。

「心美さん」
※ 「心美さん」


8、9話目がついにラスト5回目。
最後のえっちは…どんなんか内緒にしておきます。
とりあえず、エロいこと大好きな「和花さん」なので。
少なくとも前回を上回るようなものになってました。
「府和くん」としては複雑か。
好意も抱いている訳だし、最後くらいは~って男性側は普通考えるでしょう。
また、そんな彼をまったく気に掛けてない「和花さん」は…残念ながら、やはりパートナーとして見ていないのかな。
悲しいなぁ。
オチでもごくあっさりとした挨拶だけ。
それがため、最終話に繋がるのでした。
まぁ、これくらいはね…。
「府和くん」もいちおう区切りをつけられたようで、よかった・よかった。
また、最後ページ、ラストコマのやり取りは楽しいものとなっていて。
なんというか、読後感は悪いものでないと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「usi」センセでした。
今回はお名前と共に、タイトルに引っ張られました。
かなり直接的なものでしたが、ややこしさある設定のお話なので。
良いと思います。
実際、ここに1人釣り上げられてますからね。
正直なところ、漫画はもうひと展開あっても良かったような気もしますが…。
これはコレで満足。
「和花さん」もあれくらいの情報のが色々想像でき、適当かと思いました。
願わくば、「府和くん」にちゃんとした彼女ができるといいな。




★「usi」センセの漫画紹介記事

 「さ~ち
 「さ~ち せかんど
初単行本とその続編。3巻目も発売され、長期シリーズとなっています。
 「おまかせナースフォース
元気無いといった患者さんらを癒す「ナースフォース」の活躍を描いた長編。
 「彼女にシよう!!
どちらかというとビジネス系。表題の中編ほか、短編群が収録。
 「幼なじみガール
幼馴染みとのラブコメ話の短編集。えっちは控えめ。
 「ほっとすぽっと
別名「月極仁」名義の1冊。成年系の短編集となっています。
 「夢見る派遣 苺ちゃん
有能な派遣社員の「日和見苺」さんを描いた長編。ばっさり終わるので注意。
 「隣の人妻 大家さん
人妻「里桜さん」とのラブコメ。失踪したという旦那がどうなっているのか??
 「快感ループ
 一般の短編集です。1話SFちっくなものがありました。
 「しりびっち
 前後編モノほかほとんどが複数という短編集。成年系です。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ

■あなたをヨがらせてあげる (大秦国王安敦)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] S、拘束、女性主導、学園
・構成 : 短編×8話収録。
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「大秦国王安敦(たいしんこくおう・あんとん)」センセの「あなたをヨがらせてあげる」です。

生徒「涼さん」
※生徒「涼さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
詳しい初出など書かれてなかったですが、描き下ろしはないみたい。
ただ、漫画の合間にそれぞれキャラでのネタ絵みたいなのが差し込まれていて。
漫画世界をちょっと補完していました。
ジャンルはおおむね↓表紙そのまま。
紹介帯には”ちょいS少女”とかありましたが…あれは”ちょい”なのか??
たまに男性は目を背けたくなるようなプレイもあり、ハッキリSちっくなヒロインが揃ってます
基本的に女性がえっちの主導権を持っていて、拘束されるのはほぼ男性(笑)
耐性ない方は特に注意
ただ、他ではあまり見かけないタイプなので、そうしたプレイが刺されば滅多に得られないだろう単行本でした。
もう少し精神面に踏み込んだらまた違ったかもしれませんが…。
えっちメインなストーリーで、そう読ませるほどのお話ではありません。
紹介帯の裏面にちょろっと紹介あったので、見ておくのも良いでしょう。

しっかりとした線での作画。
全体的な色づき具合、濃淡はちょうど良い感じ。
デジタルの綺麗にまとまったものです。
描き込みはスッキリ気味でした。
コマ割りには細かさ・複雑さがあり。
原稿は結構な賑やかさです。
それでも先の色彩がためか、コテコテとはしていません
ただ、前述したような、ちょっと振り切れたプレイがため。
さっぱりとした作画は、人によって良し悪しかもしれません。
切れ長な目、小さく描かれた鼻という、縦長な人物絵。
バストの大きさあっても、スリムなスタイルでした。
そのあたりはデフォルメ感あります。
概ね巧く描かれていましたが、動きのある絵などたまに弱さがあり。
もうひと頑張り欲しい印象です。
バランス面も同様。
判断については、表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

007:「いたいところ」
伝統ある学校り教師「環」
生徒らの人気も高く、楽しくやれていたものの…生徒「涼」だけは別。
学校を”家の寄付で支えている”という彼女は権力者であり、「環」も当然逆らえなかったのです。
ちなみに、就職の斡旋をしてくれたのも彼女の家であり、教師に推薦したのは「涼さん」
まぁ、言いなりだわねー。
保健室での拘束プレイ。
当然ながら、固定されているのは「環くん」
しれっとした表情しつつ、まさに好き放題ヤラれておりました(笑)
なお、これまでなかったらしく、後半にようやく初の直接行為が。
当然、単なるえっちではありませんでしたがね。

029:「シスタークレジット」
妹「亜依」の所有物となっているお兄ちゃんのエピソード。
収録ヒロイン中、もっとも悪い顔をしている彼女。
どーでもいいですが…似てない兄妹ね。
あるいは義理だったりするのかな。
お兄ちゃんにはちゃんと彼女がいるものの、彼の男性自身は妹「亜依ちゃん」に握られており。
デート中も拘束具みたいなのつけさせられていました。
栓をされてしまうのが痛々しいですよ。
帰宅した後も”おしおき”とのことで、そのまま弄ばれるという男性にとってはなかなかしんどい光景。
こうなる切っ掛けもいちおう描かれていたんですが…そんなんで兄妹がこんな関係になっちゃうもの??
また「亜依ちゃん」もなにゆうあんなSちっくになっちゃったんだろう。

この後にある、前話ヒロイン「涼さん」とのネタ絵が楽しい
サイズ差あるからなぁ。
プレイはハードでしたが、お嬢様然として可愛らしい「涼さん」のがまだ良いか。

妹「亜依」、姪「栞」
※左:妹「亜依」、右:姪「栞」

051:「ここと、アソコと」
受験のため、会場に近い知り合いの家に宿泊させてもらうこととなった「照明」
そちらのお嬢さん「晶」は名門学校で生徒会に所属する真面目な娘でしたが。
部屋から聞こえていた妙なが気になり、覗いてみたところ…という切っ掛け。
成年漫画独りプレイは覗かれるもの。
本来、見られた「晶さん」のが立場弱い筈なんですが、センセの漫画なのでさにあらず。
強いですね。
また、覗かれていたと知った際の反応が独特です。
なかなかのしたたかさでした。
いちおうプレイは普通でしたが、あの性格ではこの後どうなってるか分かりませんね

071:「ずっと一緒に」
姪「栞」の頼みで、彼女と共にラブホテルへ入った「正仁」
彼女とは遊びと称したえっちなことをしており。
初めての際に巧くできなかった彼は、その時から彼女に逆らい辛くなっていたのでした。
年下女性の良いようにされる、人によってはドストライクかもしれないネタ(笑)
他の漫画と比べて、だいぶソフトなほう。
「栞ちゃん」の行為も器具とか使ってなかったですからねー。
良い貧乳っぷりでした。

095:「True Partners」
デートだった姉は今回も早くに帰宅しており。
毎度のように、男性と別れたことを察せられました。
言い寄る相手は多かったものの、ことごとく長続きしていなかったのです。
そのため、弟「明雄」はこのチャンスに、いままで秘めていた想いを告白したのでした。
私に付いてこれる人を探しているの
そう言っていたお姉ちゃん。
雰囲気そのままのドSで、いちおう付き合うこととなった「明雄くん」も納得の性癖。
あれは…痛そうでヤダなぁ
ただ、さすが近くで見てきていた「明雄くん」
なかなか頑張っていましたよ。
いちおう中盤では普通のえっち(※お姉ちゃんは初めて)もさせてもらえるんですが、そこで衝撃の事実が。
すっかり調教されちゃったのね。

117:「やさしさの巣」
生徒らに自主的に問題解決をさせる、ということで生徒会長が2つある学園。
女性の生徒会長「祥子」は男性の会長を意のままにできる実力者であり。
そんな彼女にスカウトされて生徒会入りしていた「右沢」は、本当の姿を知ることとなったのです。
同じく生徒会の「恵」さんと共に、彼女のオモチャにされるお話
前話に続き、そんなんです。
えっちはいいんですが…あの拘束されたり、お尻使われたりするのは嫌だなぁ。
「恵さん」・「右沢くん」・「祥子さん」と、3重連結してたりしました。
オチがちょっと怖いですね
なお、その次ページにこちらのネタ絵があるんですが。
出会いの頃の絵はちとバランス悪いですね。

141:「お姉ちゃんにはとどかない」
両親が旅行へ出掛けたため、従姉「由衣」の家に泊まることとなった「貴志」
昔よく遊んでもらっていて、好意を持っていたものの、彼女はあっさり結婚してしまい。
裏切られたような感覚をもった彼は、意識的に避けていたのです。
そのため、宿泊を憂鬱に感じていた彼でしたが、「由衣」は構わず昔通りにえっち仕掛けてきたのでした。
強い感じの眼鏡女性な「由衣さん」
まぁ、「貴志くん」では手に余る相手ですわね。
登場しませんが、旦那がいようと彼女は変わることなくエロスで。
気持ちわからんでもないですが、割り切ってえっちさせてもらうのが良いのでしょう。
タイトルそのまま、届かぬ女性だろうと。

従姉「由衣」、姪「颯希」
※左:従姉「由衣」、右:姪「颯希」

161:「わんわんとれーにゃあ」
「彰」のもとへ遊びに来た姪「颯希」
しかし、犬の散歩で忙しい彼には相手にされず。
次に会った彼女は、捨て犬の風情でアピールしてきたのです。
言葉の語尾は「にゃ」でしたが、いちおう犬プレイ。
この漫画の恐ろしいところは…ダンボールに入っていた彼女の恰好。
いちおうパーカー着てるんですが、逆に言うとそれだけ
シャツなども着ておらず、下もノーパン。
しかもお尻に尻尾なんて付けていました。
なにもそこまで徹底したコスプレしなくても…。
しつけとかなんとか言い出した彼女がため、えっちに発展しています。
ちなみに、最終的にはお尻でもシテましたよ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「大秦国王安敦」センセでした。
こちらのブログでは「お兄ちゃん覚悟なさい」。「キミだけにするんだから」を紹介していました。
今回ブログで検索して、初めて気付きましたが。
一般系で「ぱすてるチャイムContinue」を描かれていたんですね。
今回は…店頭で見た、その薄さが目立ちました。
失礼ながら、山積みで目立って低かったのよ。
まあ、それがため手に取ったのだから、結果オーライなのだと思います。
ページ182と、成年系のほか単行本と比べたら若干少ない程度なのですが。
そのため、読み応えについては問題ありませんでした。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コスプレ

■思春期セックス (メガねぃ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、学生、むちむち
・構成 : 初単行本、8話収録
      (うち「今日、私ん家集合ね!」×3、「軟体少女」×2)
・おまけ: あとがき。      

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「メガねぃ」センセの「思春期セックス」です。

委員長さん
※委員長さん

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編での構成。
話数は8と、やや少な目なのですが…。
ページ数は22から34と、1話あたりやや多め量。
(※4ページのショートも収録あります)
読み応えとしては問題ありません。
持った具合も厚みありましたからね。
ジャンルはラブコメ
一部慣れた娘もいましたが、おおむねタイトル通りに初々しさあり。
特に3話の連続話は、無知なカップルが次第にエスカレートしていく様が堪能できると思います。
ラブ・コメどちらも強く、ブラックな色は見られず。
ややこしい事柄もほぼなく、安心して読み進められる1冊でした。

こちらが初単行本とのことでしたが、お話は適度に良く。
作画面でも、よくありがちな落差なく安定しています。
多少黒の強さあるものの、濃淡・描き込み具合は適度な感覚。
小中大のコマ割り、漫画運びなども特に引っかかるところありません。
引き絵がやや気になるくらいで、それも些細な程度。
お上手でした。
人物画は基本的に漫画らしい可愛さ。
バランスに優れ、顔・スタイルなどのデフォルメ感も良いまとまり
キュートかつ過ぎないくらいのリアルさもありました。
カラーでもそう変化ないので、判断はカバー絵で良いでしょう。
裏表紙には掲示物としてカット絵も見れるので、参考にどうぞ。

 【 収録話 】 8話収録

005:「思春期セックス」
男子らが教室へ持ってきていたえっち本を注意する委員長「茜」
しかし、そういう当人もたっぷり興味があり。
道端に落ちていた本を思わず拾ってしまったのですが…。
その現場をクラスメイトの男子「岡崎」に目撃されていたのでした。

実はえっちに興味津々な真面目な女子とのえっち展開。
委員長さんは裏表紙右側の娘。
ちょっとツリ目でヘアピンが特徴です。
途中差し込まれていた体育シーンでは、きゃっきゃとはしゃいでいたりしていて。
可愛らしさは収録ヒロインでもダントツ
落ちていた本を1ページづつ持ち帰る様がまた可愛い。
まぁ、その方が捨てやすいからなぁ。
「岡崎くん」は結構強引でしたが、彼女の性格からあれで良かったと思います。
バス停での野外えっちとなっていました。
オチのやり取りがまたキュートです。

花ちゃん
※花ちゃん(前編、中編)

039:「今日、私ん家集合ね!」 3話
保健の授業にて男女のことについて講義され。
興味を持った「炭谷花」は幼馴染み「健太」を誘い、実際どんなんか確かめてみることとしたのでした。
3話の連続ものですが、おそらく学年が変わっていて。
↓表紙の「花ちゃん」は、中編での彼女となっています。

前編は初えっち話。
家が隣の幼馴染み同士。
タイトルそのまま「花ちゃん」は積極的な女の子で、成長期で距離が微妙になったりもせず。
授業中に彼を誘っていました。
授業シーンは3回ほどあり、だんだんえっちに近づく流れ。
2回目後は家まで待てず、学校トイレでのプレイです。
男性自身の講義だったので、手っ取り早いこともあったかな。
(彼女のも見せていましたが)
そして3回目は…無論、直接行為です。
ここは流石に自室でした。

中編は学年上がって制服姿。
ちょっと大人っぽくなりましたかね。
この段階で、
今日一緒に帰ろ!
…とか女子に誘われるというのは、「健太くん」他男子に羨ましがられるだろうなぁ。
切っ掛けは授業でゴムを配られたこと。
そうか、今までつけてなかったんですね…。
いいよ、AV見なくても~」という台詞がまた凄い。
制服デザイン変わっていた後編は、また学年が上がったと考えられます。
台詞では、毎日試す、休み時間毎になんとか~などと言われていて。
学校でのプレイも手慣れた感じ。
中盤の踊り場でのあれは、実際ならば間違いなく見つかってるでしょうね。
家に親がいたため、ラブホへ行ってみるというのがメイン。
えー、細かい事は言いませんが、ほどほどにね。
自転車の振動でどうの言ってる「花ちゃん」がえっちで素敵。

121:「ぬるぬるデリヘル」
長期の冬休み、デリヘルを頼んだ教師。
やってきたのは、学校でもギャルギャルとしていた生徒「吉沢」だったのです。
別に悪いこっちゃないですが、教師がそんなん頼むのは…。
実際こうした事も起こりかねないですよね。
いちおう「チェンジ」と言っていたのですが、余計な一言あったのが決め手でした。
彼より手慣れている「吉沢さん」
男性自身に圧倒され、テンション上がるという成年漫画らしい展開です。
ちょっとは威厳取り戻せたかしら(笑)
後半の一連の台詞はまるで教師っぽくなかったですけどね。

151:「催眠術にかけられて」
水泳部のエースで、かつ勉強も一番ばかりという完璧な先輩「佐々木」
いまだ泳げず”カナヅチ”とあだ名される彼が入部した切っ掛けも彼女でした。
そんな彼がふと声を掛けられたのですが…なぜか催眠術の本を渡されたのです。
よくある部活漫画と、催眠術ネタが組み合ったお話。
えー、素人が催眠術使うのは本気で危険らしいので、くれぐれもマネしないように。
「佐々木さん」はツンデレっぽい可愛さがあり。
術シーンでのあわわ言ってる顔が良いです。
ぜひ先の委員長とコラボして欲しいなぁ。
漫画では催眠術が効いているという体で描かれているのですが。
あるいは…それのせいにして、興味あったことを試しているだけかもしれないなぁ、とか感じました。
なにせ頭良い娘さんですからね。

吉沢さん、利恵さん
※左:吉沢さん、右:利恵さん

173:「軟体少女」
199:「after軟体少女」
書店店員に声を掛けられた「山口利恵」
えっちな事に興味津々だった彼女は、それをネタに色々されてしまうのでした。
こうした展開で、
え…もう終わり…?
とかなんとか、「利恵ちゃん」のが拍子抜けする様は楽しい。
さすが、そうした系を読み漁っているだけのことはありますね。
かなり強引な手段を取っていたものの、ある程度で止めているのは…。
そこはさすがに年齢高い(経験値ある)だけのことはあるのかな。
タイトルあんなんなのは、「利恵ちゃん」が新体操部なため。
ただし、そうした娘さんなので、実はレオタードは自ら着ているのでした。
あれは…男性側のテンションあがるわ。
プレイ中にハサミ使うのも彼女。
どんなだけエロいんだ。
「after軟体少女」は4ページのショート。
既にレオタード脱いだ後っぽいのが残念。
彼女の持っていた本に注目。 
宣伝漫画ですかね。

 【 その他 】

以上、本日は「メガねぃ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
クロエ出版」さんのHPに情報が掲載された時から狙っていました。
好みの絵柄はほぼ想像通りで良かったです。
委員長や「佐々木さん」のような、ツリ目で真面目っぽい女子がお上手でした。
2人のその後はぜひ見たいなぁ。
濡れ透け(※委員長さんのえっち前は雨降ってた)、競泳水着、レオタード…などの要素もあったので。
できれば…次はもう少しフェチっぽい色を加えていただければ。







★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ レオタード

■純情パレット (長頼)

★まんがデーター [12.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●〇○
・独創性:●●●〇○
・属性 : [成年] ラブコメ、恋愛、幼馴染み
・構成 : カラー(8P)、11話収録(うち「曖昧ロジック」×2、「でもにっくシリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にリンク・仕上げ違い絵、加筆修正あり、
       一部描き下ろし「戻り雨」、描き下ろし「曖昧LOVERS」 

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「長頼(ながより)」センセの「純情パレット」です。

千紗ちゃん、「春日井」・「橘」
※左:千紗ちゃん、右:「春日井」・「橘」

 【 構成・絵柄 】

収録は連続話と短編。
ページ量は多くないですが、描き下ろしも続編となっています。
連続話は収録で最も異質なファンタジーのもの。
ぶっちゃけ、個人的には意外な印象でした。
終わる感なかったので、シリーズものになったりしそうな雰囲気もあります。
漫画のだいたいはラブコメ
ただ、なんとない毒気はあり、1話はブラック感の強いもの。
絵柄的には、シリアス調のが合ってるかな。
正直なところ、そう悪くはないものの、お話・展開にはもうひとパンチ欲しい気もしました。

すっきりとした線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡もやや強め。
描き込みはどちらかというと細かいものですが、あっさりとしたコマもありました。
比較的大きなコマ割りで、はみ出し多め。
概ね見易く仕上がっていたと思います。
目立つ乱れはないものの、崩れはちらほら。
漫画っぽさあるものの、リアル寄りな振れ幅もそれなりにあり。
そうした特徴がため、ちょっとした絵が目立ちやすいことはあるでしょう。
粗が目立ちやすい不利なタイプですね。
コメディー崩しもやや目立ち、好き嫌いが出てしまいそう。
↓表紙などのカラー絵はその良さが発揮されたもの。
白黒絵については、「ワニマガジン社」さんのサイトなどで確認するのをオススメ。

 【 収録話 】 11話収録

003:「戻り雨」 カラー原稿あり、一部描き下ろし
学生時代にひと悶着あった2人が、後に再会するという大人な恋愛話。
カラー原稿部分は学生時代。
その”ひと悶着”ですね。
まぁ、あれは勝手に自分を卑下して突っ張っていた「村上太一」くんが悪い。
「サチ」さんはその被害者みたいなもんですね。
オチでお互いあー言っていましたが、最後のコマそのまま良いビジョンは見えず。
あの後2人会わなくなるのではないかなぁ。

サチさん
※サチさん

025:「Overfrow」
日に日に増えるえっちな欲望に悩まされていた「千紗」
男性には恐怖感あった彼女は、もっぱら単独プレイでおさめていたのですが。
それでも止まることなく、訪ねて来た幼馴染み「マコちゃん」こと「安住真」に相談をもちかけるのでした。
幼馴染みカップルが完成するお話。
彼の中性的容姿は大きいんでしょうね。
ヘアメイク雑誌などもっており、彼女をモデルにしていたりして。
なるほど、学校ではモテそうなので。
付き合った後は「千紗ちゃん」も苦労しそうに感じました。

045:「曖昧ロジック」
195:「曖昧LOVERS」 描き下ろし
「結城」・「橘」、そして後輩「春日井彩音」は3名だけの文芸同好会。
夏休みに皆で海へ行くこととなったのでした。
両手に花の羨ましい1話。
どちらも「結城くん」を好いており、複数プレイに発展しています。
あまり人気ないところでしたが、海水浴場ですからね。
たぶん、バリバリ見られてると思いますが。
どちらもスタイル良く、ビキニの水着でした。
勝負がためか、自信あるからか、はたまた漫画だからか(笑)
オチが良いですね。
描き下ろしでも三角関係は変わらず。
…というか、皆でのえっちが常習化していました。
羨ましいなぁ。
同好会ながらも部室あったので、隙あらば学校でもえっちしてそう。

065:「ラジカル彼女」
「青葉健太」の幼馴染みの「鈴原奈々」
昔はそれなりに仲良かったものの、成長と共に派手になっていき。
今では罵詈雑言、理不尽な暴力など、妙なちょっかいを出されるようになっていたのでした。
たぶんですが…。
周囲のクラスメイトらは、案外「奈々ちゃん」の真意に気付いていたのではないかなぁ。
ひと事件あり、彼の部屋まで訪ねて来るのが切っ掛け。
だいぶ可愛らしくなっていました。
彼女が変わる切っ掛けがちゃんと用意されていたのはいい思います。
些細な事ですが、結構理由としてはそんなものなのかも。

085:「にびいろの月」
真面目な優等生で、陸上部でも結果を残していた「柏木陽子」
しかし、大会を目前にしていたところ事故に遭ってしまい。
それからの彼女は一転して悪い噂が流れるようになってしまったのでした。
ちょっとした引っ掛けある、サスペンスちっくなお話
メインは教師「田村」とのえっちで、そこで全てが語られます。
なかなか読み応えあるストーリーなのですが…なにゆえ、あーも差をつけられていたのか疑問。
最初に「陽子さん」が結果を出していたのかなぁ。

105:「でもにっくトラブル!」
123:「でもにっくアタック!!」
「ヒロ」が道端で拾ってきた本。
そちらに封印されていたというサキュバス「リィリィ」が出現。
空腹だった彼女は、昔馴染みな「カンナ」に憑依してしまうのでした。
縞パンがキュートな「カンナさん」
乗っ取られた後は、ややつり目になっていました。
そうした経緯がため、彼女の本心を知るという流れ。
うん、2人の性格的に、いい切っ掛けとなりましたわね。
良かった。

…で、その続編が「でもにっくアタック!!」
前述もしましたが、まさか続きがあるとは思いませんでした。
街で男性を漁っていたサキュバス「リィリィ」
家が教会だという「上草マリア」と出会い~という流れ。
黒髪でゴスロリちっくな服装の「マリアちゃん」が可愛い。
むちむちスタイルですね。
あっさり返り討ちにした彼女を、活動拠点にしていた「ヒロくん」の家まで連れて帰るのでした。
先の2人も登場する、ドタバタ展開。
オチが楽しく、あるいはまた続き描かれるのかな、って雰囲気です。

柏木さん、上草マリア
※左:柏木さん、右:上草マリア

141:「Stray Cat」
慌てて逃げていた「未衣」とぶつかったコック見習いの「優作」
その縁もあり、閉店作業中だった彼は、空腹だった彼女に食事を振る舞うのでした。
タイトルに猫があるのは、彼女の名前と性格ですね。
えっち展開はやや強引な印象でした。
オチあんなんでしたが、面接で落ちそう

159:「陽だまりの詩」
同級生からいじめられていた「倉島」
やられっぱなしな彼女を見ていた昔馴染みな「柴田」は~というお話。
結構ハードなことをされており、見ていて痛々しいのですが。
彼女はなにゆえ、あーなってしまったんだろう。
可愛い娘さんなんですけどね。
それはともかく、困難な目に遭っていた彼女を、またちょっと不良っぽい「柴田くん」が救うという王道展開。
読後感の良いオチでなんだか安心。
あの後の「倉島さん」が幸せであればいいな。

175:「Panicるーむ」
とあるアパートへ引っ越してきた「田島要」
念願の独り暮らし~、と期待していたところ、挨拶した近所の方の反応が微妙であり…。
なんとない違和感を感じていた彼のもとに、大家という「天野雛子」が訪ねて来たのでした。
むちむち大家さんですね。
彼女は人妻で、また「要くん」も地元には彼女がいるのですが。
ガンガン迫る「雛子さん」に、結局流されてしまうのでした。
あんな感じのオチでしたが、彼女の旦那はどんなんだろう。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「長頼」センセでした。
こちらが2冊目の単行本。
1冊目「恋色めまい」を紹介しており、なんとなく名前が記憶に残っていて。
お名前でふと手に取りました。
“カラフルエロスの魔術師”
紹介帯ではそんな評となっており、確かに↓表紙・裏表紙はぱっと華やか・派手な仕上がり。
いい感じでした。
カバー裏はそのラフ画を白黒っぽく仕上げたのかな。
そらちも非常に良く、次にまた期待がつながるような出来栄えでしたよ。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ファンタジー サスペンス

■ゆけむりハーレム物語 (立花オミナ)

★まんがデーター [15.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 温泉、ハーレム、複数、お姉さん、
・構成 : カラー(4P)、6話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、見開きイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「立花オミナ(たちばな・おみな)」センセの「ゆけむりハーレム物語」です。

官能小説家「左雨紗季」
※官能小説家「左雨紗季」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編漫画。
こちら、実に的を得た表題となっており、ほぼタイトルそのまま。
そちらとカバー絵の時点で刺されば、間違いないと思われます(たぶん)
展開はラブコメっぽく軽いタッチ。
男女間のややこしいアレコレはなく、皆さんえっちを楽しんでいます。
基本そうしたお話ではあるものの。
ずるずる流されるだけでなかったのは、個人的にポイントでした。
あのくだりがため、全体に爽やかさが加わったのでは、と思います。
詳しくは後述しますね。
面倒な要素がないだけお話もそれなりではあるのですが、成年漫画として正しく仕上がった1冊でしょう。

しっかりとした強さある線での作画。
全体の色づきはあり、色彩はやや濃いめ。
描き込みは丁度良いくらいです。
ある程度枠間用意されているものの、細かいコマ割りでちらほらはみ出していて。
派手目で迫力のある原稿です。
パンチ力あるので、細かい点が気になり辛い、得するタイプの絵柄
引き絵などはもうひと安定ほしいかな、という印象でした。
ヒロインらは魅力的でむちむちと肉感的。
↓表紙などカラー絵はなんというかまとまり良すぎるので。
白黒絵のが味わいもあり、プラス判定で問題ないと思います。
1つだけでしたが、紹介帯のカット絵は参考に良いでしょう。

 【 収録話 】 6話収録

003:「湯煙ハーレム物語(プロローグ)」 カラー原稿
007:「湯煙ハーレム物語」 5話
温泉旅館の離れの部屋に不定期滞在することとなった常連客「左雨紗季(ささめ・さき)」
作家の彼女は従業員「佐藤拓巳」はそのモデルに選んだのですが。
書いている小説ジャンルは官能小説であり。
従業員で彼の後輩である「菊池ひかり」を抱き込み、様々なえっちを体験させていくのでした。
…と、ごく簡単にはそんなお話。

前述したようにタイトルそのまま、温泉旅館を舞台としたハーレム漫画です。
ほっといても全裸になってくれるため、成年系との相性は抜群でこちらも同様。
ただ、着衣好きな方は、やや物足りなさがあるかもしれません。
ほぼ全裸か浴衣姿ですからね。
登場ヒロインは、↓表紙・裏表紙に登場している6名。
皆さん、実に立派なスタイルでした。
旅館業は多忙であると聞いてますが、業務描写はほとんどなく。
そうしたヒロインら複数が入り乱れるという、迫力あるえっちをたっぷり堪能できます。

プロローグは4ページのカラー原稿。
「紗季」・「紫帆」・「ひかり」との露天風呂えっちです。

「紗季」・「ひかり」、「希美」・「美香」
※左:「紗季」・「ひかり」、右:「希美」・「美香」

いきなり拘束された「ひかりちゃん」から始まる1話目。
ショートカットで活発っぽい雰囲気があり、「拓巳くん」とも親しい口をきいていたので。
最初のえっち担当になるとは意外でした
彼女の想いも、ちょっと意外。
まぁ、でもそれならば「紗季さん」と結託するのも納得か。
一歩前進するのに勇気いりそうな雰囲気でしたからね。
(後にそのような発言もありました)
観たり体験してきたことは一度もなかったの……」
という訳で、小説家「紗季さん」も参加していました。
しかし、よくそれで官能小説なんて書いてたなぁ。
売れっ子らしいのですが。
(※それだけ妄想と文章力が凄いのか)
なお、「ひかり」・「拓巳」の両名も初体験とのことでしたが…あんだけエロくて余裕あった「ひかりちゃん」が初めてというのは本当か??

結構広い露天風呂だと分かる2話目。
向こうは海とかなんでしょうか。
塀などもな広々としていていい感じ。
実際あれば行ってみたいですよ。

さて、あれから回数を重ねていたものの、前述したようにまだ皆経験値は浅く。
それがためアイデアが固まらなかった「紗季」は、とある計画を思いついたのでした。
こちらは宿泊客「綾乃」さんのヒロイン回です。
↓表紙の左奥の彼女。
離婚して1年という、元人妻でした
なるほど、相手としてはうってつけですわね。
ちなみに、小説ネタのために仕組んでいるため、当然「紗季さん」も覗いており。
共に観察していた「ひかりちゃん」を含め、3名・1名での複数プレイに発展していきます。

3話目は温泉旅館での定番、マッサージ展開。
先の「綾乃さん」の提案で、共に来ていた友人「希美(※注)」・「美香」とのプレイです。
(※注:一部台詞にて「美希」と誤植がありました)
漫画中でも発言ありましたが。
確かに官能小説の主人公に相応しい資質の持ち主ですわね、彼。
そう考えると、「紗季さん」の官能小説家としての目が確か、ってことなのかな。
プレイはよくあるAVみたいなえっち展開です。
注目はやっぱり3名の中で最も気が強い「美香さん」
彼女はもともとホットパンツに黒タイツという服装だったので、願わくばその姿でのえっちが見たかった(笑)
なお、こちらでは仕掛けた「綾乃さん」も参加していますが、「紗季」・「ひかり」の2人はえちお休みです。

お待たせしました。
ついに温泉女将「紫帆さん」が登場する4話目です。
↓表紙では右隅でいまいち目立たなかった彼女ですが…。
いきなりカバー外していた(笑)ので、カバー裏表紙の「紫帆さん」を見た段階からお気に入り確定。
片目隠れる髪型、目元のホクロまで完璧です。
ここまで出番少なかったのが、実に残念。
ただ、焦らせただけこちら回での存在感は圧倒的

温泉女将「紫帆さん」
※温泉女将「紫帆さん」

前半の台詞、
…ふざけないで
のあたりが、個人的には最高。
その余波でテンション下がる「拓巳くん」もいいリアクションでした。
詳細までは伏せますが、えっち面でもラスボスたる風格を見せてくれていたので、お楽しみに。

また、「拓巳くん」は前半に「ひかりちゃん」とのやり取りでひと見せ場が用意されており。
なるほど、彼女が恋焦がれるようになるのも、なんだか分かる気がしました

さて、こうした漫画なので…最終5話はどんなんか容易に想像できますわね。
皆さんの期待通りです
ただし、「拓巳くん」の告白だけは、これまた意外でしたが。
こうした漫画の男性としては、しっかりしていて驚き。
だらだら複数展開になるより、キッチリとしていて気持ち良く感じました。
(※えっち時でも彼女だけ特別感あります)
場所は露天風呂で始まり、後半は客室で浴衣姿となってます。
巻末イラストはオチ後の風景ですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「立花オミナ」センセでした。
今回は区切りとなる5冊目の単行本。
当ブログでは、「ボーイ・ミーツ・ハーレム」、「いきなり!ハーレムライフ」、「団地の中は僕のハーレム」、「アット・ホーム・ハーレム ふでおろシスターズ」を紹介しています。
ハーレム揃いですねー。
温泉旅館好きなので、より楽しめました。
こうしたジャンルなので、老舗旅館の再興とか余計な要素がなかったのもいい感じ。
お話としては…「紗季さん」にもうひと見せ場作ってあげたかった、かなと。
最終前に2人きりにさせてあげれば、また違ったかも。
あとは個人的にイチオシだった「紫帆さん」の出番が少なかったのが無念
見開きイラストでも1人背中向けていたし…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ホットパンツ

■恋色めまい (長頼)

★まんがデーター [11.0/20.0]
・絵柄 :●●◎○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●◎○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、水着、ノスタルジー、眼鏡
・構成 : カラー(8P)、短編×12話収録
      (うち「Summerりみっと」」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「Summerぶれいく」、
      カラー描き下ろし「籠女」、カバー裏に別絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「長頼(ながより)」センセの「恋色めまい」です。

ウエイトレス「沙百合」
※ウエイトレス「沙百合」

 【 構成・絵柄 】

収録はほぼ短編での構成。
描き下ろしで収録話と同世界の漫画があり、話としては繋がりほぼなかったものの、同キャラの顔見せがありました。
ごく簡単にはラブコメジャンルなんですが、全体的にコメディー要素は薄く。
お話にもシリアスなものがちらほら見られました。
明るいだけではなく、ストーリーにも力が入っています。
ただ、ややページ不足な印象。
個人的には、もうひと押し欲しい気がしました。
ノスタルジーな風景が目立っていたほか、水着・眼鏡などアイテムに対するこだわりも感じられ。
どちらかカチッと合えば、楽しめるでしょう。

しっかりとした強めな線での作画。
全体の色づきは適度なくらいですが、黒が目立ち。
濃淡は濃いめな仕上がり。
描き込みはやや細かめという印象でした。
中・小でのコマ割りは比較的変形少なめ。
枠間もだいたい確保されていました。
背景や小物はガンバリが伺えるものの、もうひと踏ん張りという感覚
また、引き絵もバランス感覚が微妙です。
収録は2016年から、もっとも古い原稿で2011年8月と幅があり。
ありがちな成年漫画の初単行本でした。
作画の差は小さくなく、あるいは今回見送るのもありかと思いますが…あくまでも”この単行本内での話”で。
ほかの単行本らと比較すると、昔からお上手だったと思います。
人物絵にリアルさもあるため、些細な点が気になり易いというのもあるでしょう。
判断については…カバー、及び紹介帯は最近のものです。
単行本のうち7割以上は2015年より前なので、これを踏まえた方が良いかと。

 【 収録話 】 12話収録

003:「籠女」 カラー原稿あり、一部描き下ろし
上司と揉め会社を辞めたことで彼女にもフラれてしまい、あてもなく旅に出ていた主人公。
ふと立ち寄った田舎の神社で巫女さんと知り合ったのですが。
まだであったばかりの彼女から、意外なお願いをされたのでした。
まぁ、タイトル通りですね。
途中で彼女の事情についても描かれていて。
何故そんな事を言い出したのか、分かるようになってます。
ただ、オチは唐突感とやや都合良さがあり過ぎかなー。
カラー原稿部分はえっちシーン抜出し。
まだ赤い袴を着けたままで、いい感じでした。

巫女さん、牧野ヨーコ
※左:巫女さん、右:牧野ヨーコ

025:「Summerりみっと」
209:「Summerぶれいく」 描き下ろし
付き合う「浜崎コータ」・「牧野ヨーコ」のカップル。
いつもアレのことばかりだった上、肝心な所で失敗しており。
2人の仲は微妙なものになっていたのでした。
漫画ではポニーテールにしてますが、↓表紙はこちらの「ヨーコさん」
競泳水着がいいですね。
彼女の気持ちも分かりますが。
まぁ、慣れるまでは勘弁してあげてください
あんまりそっち方面で追い詰めると、役立たなくなっちゃうぞ(笑)
メインはシャワー室でのえっち。
巧くいったようで、何よりでした。

描き下ろし「Summerぶれいく」はそちらと世界観を同じにした、別エピソード。
2コマでしたが「ヨーコさん」が登場していて。
「浜崎くん」とのことが語られていました。
あるいは、どっかのコマに顔見せてるかなー、って探しましたが特に見当たりませんね。
こちらのメインは、眼鏡がキュートな美術部員「遠山」さんに想いを寄せる「ケンジ」くんです。
彼女に目をつけたのはさすがでしたが…実に残念な結果が待っていたのでした。
まぁ、頑張れ。

043:「僕と先生」
美人でスタイル良く、生徒らにも人気な担任「新井由香」
いつも1人でいた生徒「木村」は、彼女に心配されて指導室へと呼び出されたんですが。
そこで意外な事実を知ることとなるのでした。
後ろ折り返しが「由香先生」です。
てっきり、キレた生徒にえっちされちゃうのかと思いましたが。
いや、あの「由香先生」のキレっぷりが見事
1ページ目はそらちへの布石でしたかね。
年上女性があーなってしまうと、ヒネた男子では到底太刀打ちなどできる訳もなく。
楽しい仕上がりとなっていました。
彼女にしてみれば、いいストレス発散先を手に入れたかな。

061:「Bitter&Sweet」
喫茶「路傍」の雇われマスターとウエイトレス「沙百合」ちゃんのえっち話。
前折り返しが「沙百合ちゃん」です。
四角眼鏡とおデコ、生真面目な態度が、ひでるさん好みで好き。
(よく引き合いに出しますが、「殻の中の小鳥」の「ミュハさん」みたい)
屈むだけでパンチラしてそうなスカート丈も良いですね。
実際、頻繁にパンチラしてましたが。
酔った彼女をホテルへ連れ込んでおり、2人はすでに1回戦済み。
しかし、全然盛り上がらなかったこともあり、営業中に色々とちょっかいかけるのでした。
…そうしたシチュエーションと、期待通りな「沙百合ちゃん」が可愛く。
収録でもダントツにお気に入りです
客がいる中での店内えっちとなってました。

079:「ふたりの二律背反」
貧血で倒れた優等生「桐村」
保健室でサボっていた「笠間」は、そこで彼女の独りプレイを目撃し。
その弱みを握ったのでした。
教室でロータープレイをしていたらしく、冒頭は彼に抗議へ向かうところから。
準備OKなため、そのままえっち発展。
階段踊り場でのプレイで、実際には声・音がだだ漏れするだろうなぁ。
実際にちょっとバレかかってたりもしてました。
「桐村さん」にも当然ながら事情があり。
なんのかんのオチでは良い雰囲気もありました。

099:「Sisterぱにっく」
再婚した親がため、義妹「マユ」ができた「リョータ」
期待とはやや違い、事あるごとに彼女から誘惑されていたんですが。
親が旅行に出掛けたため、家で2人きりとなってしまったのでした。
「マユちゃん」が彼の部屋で独りプレイをしていたのが切っ掛け。
恥ずかしげもなく丸出しにしていて…やたら積極的ですね。
可愛らしい妹を想像していた「リョータくん」は気の毒。
このシチュエーションで拒否し続けることもできず、えっち発展していました。
まぁ、仲良くていいじゃない。 
軽いリアクションでしたが、オチ後はどうなるのかな。

115:「dis-communication」
東京から転校してきた「里仲小雪」
つまらない奴、と判断された彼女は数日でクラス内で1人になっており。
同様に孤立気味であった「佐村」は同類だと見ていたんですが。
夏頃になると、彼女に話しかける男子をよく見かけるようになり。
どうにも気になった彼がその後をつけたところ…という流れ。
丸眼鏡で確かに地味目ではありますが、美人な彼女。
街の外れにある廃屋で次々えっちしまくっており、勝手な親近感を崩された彼。
「里仲さん」に覗いていたことを看破され、えっち展開となってます。
あんな事をほしていた彼女の事情もなかなか重たく、結局はイイ雰囲気となっていましたが…。
今までの行動がため、この後は「里仲さん」大変そう

135:「ワガママtutor」
落第一歩前となってしまった「マサキ」
彼の親に頼まれた「沙夜子」は、勉強を見ることとなったのでした。
ルックスと頭の良さで周囲から信頼を得ている彼女。
しかし、その実態は言葉遣い悪くだらけていたのです。
外面良い彼女ですが、馴染みの「マサキくん」には素を見せており。
良い関係だと言えるでしょう。
彼は振り回されて大変でしょうけどね。
そんな2人がえっち発展していくのは、日常的なじゃれ合いから。
彼のモノが素晴らしかったので、試してみようみたいな感じ。
なお、「沙夜子さん」は、
最近ご無沙汰だったし…
とかなんとか、これが初めてではなかった様子。
まぁ、モテるだろうしなぁ。
オチはあんな感じでしたけど、あー振る舞える彼の存在は他にないだろうと思われ。
そのうちカップルになってくかな。

里仲小雪、仲里智香
※左:里仲小雪、右:仲里智香

151:「不機嫌な彼女」
色々と不満がたまっていたため、付き合ってはいないもののえっち関係にあった彼の部屋を訪ねたのでした。
先の「沙夜子さん」はキチンとした発散先がありましたが。
こちらの彼女の場合、この彼とは関係あるものの、それだけのことであり。
精神的にかなり不安定で描かれていました。
依存してるなぁ
前半のやり取りで気付いたことあったと思われるので、もう少し素直にならないと終わっちゃうぞ。

169:「Portrait」
4年前、いじめられていた女の子をなんとなく助けた美術講師「佐山」
手当された彼女は、自らを描いてほしいと頼んだのでした。
途中の会話にもあったそのまま、傷のなめ合いみたいな感じ。
じんわり染みるような、しっとり話です。
オチがああなるのは、こうした漫画のお約束でしょう。

189:「残夏」
父親が仕事に失敗し、「和也」は遠くの親戚の家に預けられることとなったんですが。
最後に、想いを寄せていた「仲里智香」を連れ出したのでした。
ほか友人らを含めて川遊び中に彼女を連れ出す流れ。
スクール水着姿が眩しい。
どうやら彼女も彼に惹かれていたらしく、その事情を知ってのえっち展開でした。
冒頭では、いちおう大人になった「和也くん」が登場していて。
まぁ、分からんでもないですが…ちょっと流れには強引さを感じました

 【 その他 】

そんなこんなで、「長頼」センセでした。
こちらが初単行本です。
おめでとうございます!
前述したように、単行本はまさに初という完成度だったと思います。
もう少し全体の安定感が欲しいところですね。
ただ、最近の原稿は目に見えて良くなっていていて。
個人的には、↑上でも書いたそのまま、ウエイトレス「沙百合ちゃん」に撃沈されており。
彼女の存在がため、買って良かったと思いました。
また登場してほしいですが…まぁ、確率は低いだろうなぁ。

みっくすパーティ」

恋色めまい (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) コミックス – アダルト, 2016/3/31 長頼 (著)





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ノスタルジー ポニーテール パンチラ スクール水着

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ