FC2ブログ

■コットン&レース (いとうえい)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] フェチ、偏愛、コメディー
・構成 : 9話収録。
・おまけ: あとがき、合間にイラスト(ネタ絵)。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いとうえい」センセの「コットン&レース Cotton&Lace」です。

妹「美香」、澄佳ちゃん
※左:妹「美香」、右:澄佳ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
”ニッポンが生んだ ヘンタイ所業の数々”
コアマガジン」さんのHPにはそんな紹介文がありましたが…。
単行本の内容を総括すると、まさにそんな感じ。
巧い。
とかくフェチ感がたっぷりで、プレイの傾き度合は強め
あちこち描写は結構斜め上な印象なので、本気で合う合わないがあるかもしれません。
センセのファンの方ならば耐性あると思いますが、初見な方はちょっと注意
そうしたものが、ある種のコメディー的に楽しめればいいのですが。
また、収録のヒロインらはロリ・アダルトの両極端な年齢層となっていて。
ちょうど半分くらいの比率なため、どっちか得意でない場合も微妙かもしれません。
ただし、こだわりある描写は非常に強く、マイナス要素をぶっ飛ばすくらいのパンチ力。
大丈夫そうであれば、ぜひ手に取って欲しい1冊です。
新たな扉が開くかもしれませんよ。

しっかりと強さある線での作画。
全体の色づき良く、濃淡は適度に過ぎないくらい。
描き込みは細かめでしつこさなく、全体的にはちょうど良いまとまり。
原稿ははみ出し・ぶち抜き多めで、中小の細かいコマ割り。
丁寧でバランスに優れており、違和感のある箇所はありません。
綺麗な作画で漫画もお上手なのですが、パーツのアップは多く。
ジャンル的なこともあり、やや描写にはクドさあると思います。
人物絵は年齢問わず、漫画っぽい可愛らしさ。
幅広い輪郭で、鼻から口あたりに特徴。
服装や背景・小物なども人物と合い、うまく馴染んでいました。
カラーでも変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。

 【 収録話 】 9話収録

005:「Passed Out」
学習塾の講師「飯塚」は生徒の母親「須山奈美」から、たびたびクレームを受けていました。
謝罪に来いと夜半に自宅まで呼び出されたところ…。
当人がマンション前で酔い潰れて、寝てしまっていたのでした。
そうした導入部のお話。
「奈美さん」はお子さんのいるアダルト女性。
普段は眼鏡なのですが。
こちら寝込み襲うパターンがため、えっちシーンでは眼鏡オフでした。
しかし、普段あんな調子では、バツイチというのも納得。
ただし、むちむちと熟れたスタイルはエロスたっぷりで。
それがため、「飯塚くん」も予想外に狂うこととなるのでした。
初回はまあ良いとして、2回目は問題
オチと合間のネタ絵部分がいいですね。
個人的には…1回目の際、パンスト穿いたままの絵も欲しかったですね。

029:「駅15分、築18年家賃5万8千円隣にロリータ付き」
ご近所の母子家庭の娘「琉花(るか)」を、預かっていた学生「俊紀」
当初は慎重に事を運んでいたのですが、最近はすっかり慣れてきていて。
彼女に対する悪戯はエスカレートしていたのでした。
前話とは対称的に、こちらはロリ。
性格ほかキャラとしては、ごく普通の年相応な元気少女なのですが。
そんな「琉花ちゃん」にアレコレするという、犯罪臭ある問題作です。
こんな野郎に女の子預けてはいけない。
ペロッとして欲しいんだっ」、じゃねーだろー。
漫画内では何事もないようでしたが…たぶん、あの子ベラベラ喋ると思うよ。

沙希、雪子さん
※左:沙希、右:雪子さん

055:「お嬢様には教育を」
家庭教師先の「沙希」は、爺やがつくようなお嬢様。
そんな彼女に慕われる主人公は、とある切っ掛けがため歯止めが利かなくなってしまうのでした。
こちらもロリ少女ですが、先の「琉花ちゃん」よりは年齢高く、また環境がためか大人びた性格。
家庭教師の彼がやった行為についても、ある程度は理解しているのかな。
オチから察するに、恋愛のひと段階という認識なのだと思います。
そのため、あれこれプレイについても協力的だったらしく。
たっぷり小コマで確認することができました。
ラストのコマが実に良い表情していましたよー。

079:「Conversation Piece」
甥「蓮」を預かって面倒を見ていた叔母「優香」
しかし、その笑顔の裏にはドス黒い欲望が隠されていたのでした。
どうやら「優香さん」は人妻とかではないようです。
(適齢男性には興味ないか)
色気あるアダルトな女性でした。
とりあえず、5ページまでは普通な感じなのですが。
6ページ目の落差が激しい
重症ですね(笑)
せめて…下着くらいはもっと普通のデザインのものにしてください。

101:「熟れても純真!?」
お隣の女性「雪子」と親しく交流していた「杉田」
大らかでかつ無防備な彼女に好意をいだいていたのですが。
ある日、彼女の下着でシテいたところをばっちり目撃されてしまったのでした。
こちらの「雪子さん」もアダルト女性で、バツイチ。
「杉田くん」も驚いていましたが、性知識のレベルはごく低く。
またそうした事に対しての拒否反応もなく、面倒見が良いためか。
お手伝いまでしてくれることとなったのでした。
「雪子さん」のあの感じは、ちょっと極端すぎてヤバいレベルなのですが。
年上であーした感じの女性は、また可愛らしいんだろうなぁ
良い育ちなんでしょう。
出したのをまた穿いたりしてくれていましたよ。
いいなぁ。

123:「眠り姫は気付かない」
よくアパートに泊まりに来ていた妹「美香」
一度寝たらなかなか起きないという彼女が寝ている最中。
兄は色々と悪戯し続けていたのでした。
ショートのクセっ毛という「美香ちゃん」
言動から察するに、いちおう「琉花ちゃん」より年上ではないかな。
タイトルそのまま、彼女はほぼ寝たままの状態。
お兄ちゃんは後始末しない(センセ的にはそれもフェチなのでしょうけど)ため、なんらかされてる認識はあるようでしたが…。
普通は友人らとの会話とかで、何があったか理解してしまうのでは。
オチ後どうなってしまうのか、ちょっと心配。

151:「◯◯はカノジョの特権です」
生徒会役員をしている「澄佳」と付き合う「西野」
いにかも真面目そうな雰囲気・物腰の彼女なのですが。
カレシの性欲処理はカノジョの特権~
そんな考えの持ち主であったため、友人らの予想とは裏腹に性的なことも頻繁にしていたのでした。
眼鏡と硬い物言いがため、大人っぽく見えますが。
彼女もそんな年齢高くはないですね。
「琉花」・「美香」らよりは年齢上でしょうけど。
ちょっとツリ目と丸眼鏡がキュート。
お話としてもそう振り切れてなく(…よね?)、読み易い短編。
あまり表情変わらない娘で、それは性欲処理中も同様だったのですが。
後半はとある流れがため、そんな「澄佳ちゃん」の表情に変化あるのがポイントです。
また、オチにも注目。

173:「刷り込みからの恋」
忙しい両親に代わり、面倒を見てくれている叔母「恵」
そんな彼女に好意をもっていた「ゆう」は、お風呂場にて特殊な体験をしたため性癖が偏ってしまったのでした。
叔母「恵さん」とのアレコレ成長記みたいな感じ。
先の「優香さん」ほど露骨ではなかったものの。
後々の言動を見る限り、そう反応するよう仕向けてたのではないかなぁ。
いちおう彼が大きくなるまでは我慢(…まぁ、抑えてはいたよね)していたのはいいと思う。
…が、オチは怖いですね。
彼は以降どうなってしまうのか。

カフェ経営者「恵子さん」
※カフェ経営者「恵子さん」

201:「時間停止の過ごし方」
時間停止装置を発明した「瀬尾」
それで妄想を次々実現させた彼は次第に飽きてしまい。
最近は同じマンションに住むカフェ経営者「恵子」にて性欲処理をしていたのでした。
そんな訳で、時間停止な漫画。
「恵子さん」はむちっとしたスタイルの爽やか女性。
収録のアダルト女性陣では、もっとも普通な感じです。
時間停止中に色々されてましたからね。
ただし、あーも頻繁だと、いい加減なんらか怪しむかと思いますが。
ネタがため、当然ながら最中にはまったく反応していません。
飽きる、という感覚は分かる。
こうした漫画にしては、珍しく実に前向きなオチとなっていました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「いとうえい」センセでした。
毎度おなじみ。
なんというか、今回はまた振り切れ度合が凄いですね。
そろそろ”刺さらない”って人もちらほら出てくるのではないかなぁ。
なお、合間のイラストなのですが。
ネタ絵はそれぞれなのですが、イラストはヒロインらが下着もって見せているというもので。
個人的には、漫画よりもそのイラスト部分が好み。
冒頭エピソードの「奈美さん」はぜひあの下着姿をじっくり見たかった。
また、全員分なかったのがどうにも残念。
特にひでるさん的にお気に入りな2人「雪子さん」と「澄佳ちゃん」がなかったのは無念です。


コットン&レース コットン&レース (メガストアコミックス527)
                  (2017/11/18)
                  いとうえい
                  ※アマゾン登録なし



★「いとうえい」センセの漫画紹介記事

秘密の関係
 初見で刺さった6冊目。小さい教師「あゆみちゃん」など、いまだに好みな単行本です。
少女図鑑
 5冊目くらいの短編集。母親もありますが、全体的には年下系。絶版かな。
少女図鑑DX
 上記よりサイズの変更・2話追加という再販本。
LOVE!!恋の翼を探して
 近親・百合・ふたなりなどの要素ある、四角関係な恋愛長編。
恋の涙と愛の蜜
 明るいコメディータッチなフェチ短編集。
キスより大切
 「LOVE!!恋の翼を探して」の外伝も収録された、色々な短編集。
ぷりプロ ~Princess+Propose~
 お姫様との同居ラブコメな長編。おまけ要素も充実。
お姉さんじゃダメかしら?
 お姉さんがメインの年上系。知らぬうちに弟を自らの好みに洗脳する姉「京さん」が最高。
ぶらこんッ!?
 近親関係をテーマにした一般系。あとがき漫画も秀逸です。
お気に召すままご主人サマ
 駄メイド「リンさん」の一般系。頻繁にパンチラほかサービスカットも多めです。
その唇で囁いて
 先輩、先生など、年上系な短編集。コメディー「好きすき大スキ」もこちらに収録。
貴方を吸ってもイイですか?
 ヴァンパイアな複数ヒロインとの長編。どっちかと言うとコメディー色が強めです。
変質フェティシズム
 こだわりたっぷりのフェチ描写が見どころ。描き下ろし「お嬢さんはケモノさん」は人を選ぶもの。
恋人以上・嫁未満
 いきなり2人の嫁候補が押し掛けてくる一般系。
花のさえずり
 だいたい年上女性が揃った短編集。フェチ要素たっぷり。
今宵、都市伝説をご一緒に!
 怪奇系の都市伝説を題材にしたコメディー漫画。全1巻の一般。
好きに使っていいよ
 カップルのイチャイチャが甘いラブコメ作品群。ラブコメの成年系。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

■EXACTLY!! (田沼雄一郎)

★まんがデーター [18.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメ、年上、幼馴染み、むちむち
・構成 : 13話収録。
・おまけ: あとがき、合間に作品解説・ラフ絵、加筆修正あり、
      カバー裏にラフ絵。
      
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「田沼雄一郎(たぬま・ゆういちろう)」センセの「EXACTLY!!」です。

椿さん、桜井さん
※左:椿さん、右:桜井さん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
どちらもだいたい16ページくらいのお話で、ショートものは見られませんでした。
長くはないものの、各話そこそこなボリュームがあります。
そのため、13話の収録には不足感なく。
全体で200ページを超えた、読み応えある単行本です
ごく簡単にジャンルはラブコメ
積極的な女性が多く、たいていはそのアプローチを切っ掛けとしています。
男性側は”次の行動の許可を得た”みたいな感じで、次に発展しております。
また、会社上司、彼女の母親、昔馴染みなお姉さんなど、年上女性が多いのも特徴。
妙なプレイとか、ブラック描写もほぼ見られず。
彼女らのむちむちとした、豊かなスタイルを堪能できるでしょう。

強く太めな線での作画。
全体の色づきはそこそこ程度なんですが。
線同様に黒が濃く、コッテリとした味わい。
キッチリとした描き込み具合で、枠間あったもののコマ割りは細かく。
ぼてっとした重量感ある濃い口な仕上がりでした。
背景や小物もお上手。
引き絵などバランスに優れ、表現にも引っ掛かるところはありません。
迫力あって、どこかパンチ力を感じる漫画です。
キャラ絵はむちむちっとしたスタイルで、目の大きく可愛い系統。
眉毛・まつ毛が強めなのが特徴です。
また、修正されているものの局部付近もシッカリとした描写でした。
収録は07年から15年と相当に幅広め。
ただ、もともとお上手なので、特に気にする必要ありません。
以前ほどではないですが、癖のあるタイプなので好みに合うかどうかでしょう。
↓カラーはやや判断に遠いもの。
ワニマガジン社」さんのサンプル見ておくのがよいでしょう。

 【 収録話 】 13話収録

001:「EXACTLY!!」
職場でミスを連発していた「香川」
フォローしていた上司・課長「神崎」にも、
私はお前の専用か!
などと言われる始末。
打ち上げではその酒癖を向けらけていた彼は、部屋まで送り届けることとなったんですが。
そこで、自分に向けられていた別の感情を知ることとなるのでした。
部下の「香川くん」は超がつくほど、好みのタイプなようなんですが。
好みのタイプだから余計にドジが癪に障るよッ!!
…とのこと。
なるほど、分かる・分かる。
執事喫茶に通うような彼女ですから、普通鮮やかに仕事できる男性を思い描くでしょうからねー。
えっちでは完全に彼に主導権を握られておりました。
執事プレイですわね。
そんなんもあってか、「香川くん」はやや調子ブッこいていましたが…。
ちゃんと仕事しろよ

神崎課長、りんな
※左:神崎課長、右:りんな

017:「First淫プレッション」
幼馴染み「現」・「りんな」の初体験話です。
収録話ではこちらが最新原稿でした(15年10月)
冒頭は2人ベッドに腰かけてる状態。
そこから脱がしにかかるまで5ページを要しており、丁寧な運び
初々しさと緊張感が伝わってきます。
複雑な心情だろう「りんなちゃん」がキュート。
痛み感じつつも頑張ってくれました。

033:「リフレしましょ」
JKリフレ、って単語自体を初めて知りました。
へー。
一歩間違えばほぼ風俗店っぽいんですが、大丈夫なんでしょうか。
作品に描かれてるのは、完全にそっちの店でしたけれど。
なお、この単語に絡めたオチがついてます。
豊満な年上女性とのえっち。
事後とかオチのああした行動を見る限り、固定ファン多そう。
特に彼女は客もってそうだなぁ。

049:「BEHIND the DOOR」
ポニーテールな彼女「ハルカ」の家でえっちしていた「陽」くん。
ふとドア向こうに気配を感じいていて、ふと確かめたところ。
”おっとり美人”という印象だったその母が覗いていたのでした。
母娘とのえっち話。
単行本では1人目の眼鏡ヒロインで、熟女。
むちむちっとしたスタイルが素敵。
当初は「陽くん」が主導権を握っていたんですが…いつの間にか逆転されてるのが凄い
たぶん、眼鏡オフしたあたりでしょう。
とりあえず、娘にはもう勝利してるかな。

067:「姦禁デリバリー」
お得意先である「阿仁井美沙里」からのクレームで、再度向かった宅配ピザ店のバイト「柱谷庵」
味を見ろ、ということで口にしたところ…ふと意識を失ってしまったのです。
次に気付くと、拘束されていただけでなく、半裸な彼女がのしかかって来ていたのでした。
こわー
漫画なので、お相手「美沙里さん」が美人であるのが救い。
落ち着いた頃に喋った際には、けっこう面白い方でした。
性格デフォルメされていましたげと、あるいはこうした娘いるかも。
モジモジするコマが好き。
ただ、付き合うには危険な気もしますね。

083:「ANGEL ARRIVE!」
親に連絡もせず、1人暮らしのアパートでゴロゴロしていた「コオ」
そこに怒鳴り声とともに乗り込んできたのは、幼馴染み「ツカサ」でした。
そんな感じの幼馴染みもの。
察するところ、会うの久しぶりなんでしょうか。
いっぱい・いっぱいな「ツカサちゃん」の言動を見る限り、まぁ色々あったのだろうなぁ。
勢いがぶつかったような、濃厚さあるえっちでした。

099:「しゃちく!」
社長からの依頼で、その娘らの勉強を見ることとなった「山内」
家庭教師を次々辞めさせていたという「由香利」・「小雪」の2人は、一見普通の女の子でしたが…というお話。
家庭教師のWヒロインもの。
単なる生徒ではなく、社長の娘というのはポイント。
「山内くん」は立場弱く、逃げられないですね。
ショートカットで活発な「由香利さん」がストレス発散とかなんとかで迫るのに対し、お嬢様然とした「小雪さん」は妙な理屈からえっちに発展させていました。
後半は2人が協力したため、複数展開です。
ああも、なるほどってなるオチが好き。

117:「もやもや司書先生」
図書室の司書「小野寺」さんは悪質なネットの被害を受けていたところ。
図書委員「門矢」くんが修正してくれたのでした。
しかし、原因となったのが、学校で見るべきでないサイトであり。
内緒にする条件として、”その巨乳見たい”と冗談かたがたリクエストしてみたところ。
「小野寺さん」は服をまくって見せたのでした。
単行本では2人目の眼鏡ヒロイン。
途中で外しちゃうんですけどね。
さすが、生徒間で話題になるだろう、いいバストの持ち主でした。
よくありがちな「見るだけ」みたいなくだりもなく、受け入れたことでそのままえっちに発展。
さすがに年上女性であって、行為に至ると主導権を握り。
思わず彼から、
何か怖えよ…
とか言わしめておりました。
そんなえっちではあったもののオチは甘く、読後感良い作品となってます。

135:「ポイントカードは忘れずに」
スーパーのバイト「椿」さんと「天野」くんのお話。
レジ内は広くなく、よくぶつかッていた2人。
不意にキスされたことで、彼女の好意を認識することとなるのでした。
その付近のくだり2ページが、多少の緊張感あって実に良い感じ。
「椿さん」の言動、お互いの呼び方などから察するに、彼女のが年上なのかな。
詳細は伏せますが、「結構ですッ」と言い放った「椿さん」が素敵。
キスもそうですが、本気具合を感じますからね。
(※男性側にも言えることですが)
タイトルのあれは、店でのカードやり取りをえっちの際にも言ったことから。
オチでもそんなんが描かれていて、こちらも実に幸せそうな2人が眩しい…。

151:「俺DOLL」
ネット上でぬいぐるみと共に裸をアップしていた女性。
その”ぬいぐるみ”が着ていた服に覚え合った「コータ」は、幼馴染み「呉島光美」に確認してみることとしたのでした。(※作中では「コウちゃん」と呼ばれてる)
階違うものの同マンションに住んでいて、ベランダから侵入してる彼。
足滑らせたりすると、あぷないぞ。
…って、彼女も鍵はキチンと掛けておくように。
「コータくん」が部屋に来ても、全裸なまま会話をしていた「光美さん」
まぁ、彼そっくりなぬいぐるみと共にエロい自撮りなんてしてる彼女が、好意ない訳もなく。
そのままえっちに流れておりました。
彼から好意ある台詞聞いた際のリアクションがキュート
あんな写真アップするくらいなら、告白とかなんとかすればいいのに。

167:「湯あたり温泉」
団体客のキャンセルがため、ガラガラな温泉旅館。
どうやら宿は2人だけらしく、顔を合わすたびになんとなく言葉を交わすようになっていたのです。
だいたいそんな設定。
隣にいる露天風呂での会話が恋人同士のようで、良いですね。
その女性「桜井」さんは実に積極的で。
タオルで隠すこともしないまま、男湯に入ってきたのでした
当然ながら、露天風呂えっちに発展。
そうしていた彼女が、事後には自分自身に照れてる様がキュートでした。
ありゃ、「野上」くん恋するだろうなぁ。

183:「ネカフェじぷしー」
街中で偶然に知り合った男女がネカフェで1晩共にするエピソード。
どちらも所持金はネカフェに入れない程度しかなく。
知り合った2人の合計額で、ネカフェのペア席に入る流れです。
ショートカットのヒロインが可愛い。
こちらもあの積極さが有難いですね。
当人は「自信ない」と言っていたものの、むちむちしていて実に肉感的。
冒頭のシャワーシーンも良かった。
生活ギリギリな2人でしたが、前向きで明るいオチが優しい。
 
駄菓子屋のお姉さん
※駄菓子屋のお姉さん

199:「駄菓子屋の奥」
懐かしさから、昔通っていた駄菓子屋に5年振りで立ち寄った「ショウ」くん。
美人で巨乳だった店主のお姉さんはまさに当時のまま。
自分のことを覚えていたいた彼女は、”おっぱい好き”というのもシッカリ記憶しており。
”大人になったんですから”そう言った彼を奥の座敷に誘うのでした。
胸元開いた服を着てるのは、わざとでしょう。
おそらく、ああしてお姉さんは店に来た男性をつまみ食いしてるのかなー
当時から5年が経過している設定ですが。
ほぼ年齢を感じさせない、神秘的さある女性。
そのリードでの初体験となっていました。
羨ましいですね。
オチ1ページのやり取りが、いかにも年上女性していて素敵。

 【 その他 】

そんなこんなで「田沼雄一郎」センセでした。
ブログで紹介しているかと思ってましたが…今回が初めてみたい。
あれ、そうだったっけ。
あとがきにも前巻から5年ぶり~とあったので、なにやらタイミング合わなかったのか。
描かれる線がえっちですよね。
タイプ様々おりましたが、初々しい「りんなちゃん」とか、真面目そうな「小雪さん」も脱ぐと数ランクアップするような印象。
だからこそ、年上女性が映えるのかもしれませんね。
なお、↓表紙・裏表紙、中扉に顔を見せているメイドっぽい女性ですが。
残念ながら本編には登場してないので、要注意。


EXACTLY


EXACTLY!! (WANIAMAGAZINE COMICS SPECIAL)  田沼雄一郎

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット ポニーテール

■ハニー・サービス (アシオミマサト)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳、社会人
・構成 : 11話収録。
・おまけ: あとがき、カバー裏にラフ絵・漫画内対戦ゲーム設定、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「アシオミマサト」センセの「ハニー・サービス」です。

人妻バニー「秋乃さん」、フライトアテンダントさん
※左:人妻バニー「秋乃さん」、右:フライトアテンダントさん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
重ねれそうなお話もあるのですが、特に関連・シリーズみたいなものはありませんでした。
ごく簡単にはラブコメジャンル。
いわゆる学生は少なく、ほぼ成人・社会人エピソードとなっています。
女性が切っ掛けとなっていることも多いですね。
ぱっと目についたところでは、男性秘書が2話、アーケードゲーム関係が2話。
そして、Wヒロインモノが3話ほど収録されておりました。
皆さん巨乳揃いでスタイルもむちむちと肉感的
お話やプレイも振り切れるようなものなく、安心して楽しめる単行本です。

濃い目な線での作画。
全体の色づきもしっかりしており、濃淡も強め。
描き込みはどちらかと言うと細かいくらい。
中くらいのコマ割りで枠間もあるのですが。
ちらほらはみ出しがあり、原稿全体ではコッテリとした味わいです。
人物絵は輪郭・全身とも縦長。
しっかりとした鼻筋あり、若干鋭角的です。
適度に漫画っぽさもありますが、雰囲気はリアル寄り。
お姉さん系統です
そのため、動きある絵のちょっとした所に気になる部分もありました。
また表現についても漫画っぽさあり、コメディー崩しもちらほら。
あるいは、そのあたりが気になる人がいるかもしれません。
カラーでも雰囲気変わらないので、判断はそちらか裏表紙のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

001:「SHOW me MATCH!」
「アヤ」と「ミサキ」はゲームショーのコンパニオン。
並んでいるお客から好みの男性を発見し、遊ぶこととしたのでした。
今回の↓表紙はこの2人。
彼をソノ気にさせるべく、アレコレしているのですが。
超魔界村ノーコンティニュークリアなら…
と言っていた天然「アヤちゃん」が可愛い。
それは凄いよ。
やはり導入は露骨なものより、ああしたチラリズムのが刺さりますわね。
えっちの振動が筐体の揺れと勘違いされるくだりが楽しい。
実際にやったらバレバレなんだろうなぁ。

「アヤ」・「ミサキ」
※「アヤ」・「ミサキ」

021:「カントリーブライド」
半ば強制的に見合い話を進められ、田舎まで戻って来ていました。
しかし、相手の娘は好みと違う地味目な娘。
どうしようか、困っていたところ…地元のコンビニで超好みな女性と鉢合わせたのです。
彼女の車の鍵を偶然広い、それが切っ掛けでのえっち展開。
野外です。
流れはやや強引ですかねー。
ヒロイン「美智子」さんは、見合い相手とは正反対の派手目な女性。
…なのですが。
中盤はちょっと驚くような展開になります。
さて、彼のお見合いはどうなってしまうのか、単行本でご確認ください。

041:「BET THE BUNNY」
カジノで勝ちまくっていた「岡目」
支配人は自らの妻「秋乃」を掛け、最後の勝負を挑んできたのでした。
裏表紙を飾っているのが、こちらの「秋乃さん」
当然ながらバニー衣装で、そのままえっちです
個人的には扉絵のお尻が好き。
「岡目くん」はちゃんと理解してくれていて、衣装は脱がせぬままのプレイでした。
後半では驚くべき事実が判明するので、お楽しみに。

059:「ミナミダ・リップスクリニック」
友人の勧めで歯医者に行くこととなった主人公。
チェックシートには恋愛経験など、妙な項目があったのですが。
担当となった女医「南田」は独特な治療を開始したのでした。
色っぽい女医「南田さん」と、可愛らしい看護師「ネネ」ちゃんのWヒロイン体制。
あまりな展開に、風俗店かと金額心配されてましたよ。
これは成年漫画なので露骨なのですが。
実際でもバスト大き目な女医・看護師さんらだと、なんだか期待してドキドキしますね。

079:「トラブルトレイン」
電車内で冤罪に巻き込まれそうになった「諸星」
しかし、近くにいた女性が無実を証言してくれたため、何事もなく済んだのでした。
すると次の日。
電車内の彼はなぜか尻をまさぐられ、そっと相手を伺ってみたところ。
先の証言してくれた女性がいたのでした。
そんな感じの電車内でのアレコレ。
困った娘さんですが…可愛いから許す。
オチの展開も男性的に心地良いものでした。

095:「リラックスフライト」
破天荒な社長のフォローと世話で、ヘトヘトになっていた「園田」
社長が貸し切ったというジェット機で戻る彼は、
特別に派遣されました
そう言ったフライトアテンダントなお姉さんのサービスを受けることとなったのです。
今度は飛行機内。
期待通りのえっちサービスが展開されます。
適度に照れてくれていてエロ過ぎない塩梅が良い
また、お姉さんが片目隠れる髪型がセクシーでした。

読んでいてもしかして、と思っていましたが…。
ひでるさん正解でしたよ。
ぜひ彼女でもう1話見たいです。

113:「Precious Memory」
ゲームが得意な「トウヤ」
対戦を挑んできた「ミカ」に敗北してから、彼女に挑み続ける日々を送っていたのでした。
自らを「こんな年増~」とか言っていましたが。
カチューシャ・眼鏡な「ミカさん」が実に可愛い。
やはりおっぱいも大きかったですからねー。
お話にページ割かれていたこともあってか、比較的えっちシーンは少な目でした。
前半には「ミカさん」の単独プレイなども差し込まれていましたよ。

131:「チアーズオールライト」
早漏で悩んでいた「タイキ」
とある切っ掛けでそれを知ったお姉さん的存在の「メグ」は友人「リコ」と共に治療を試みるのでした。
2人はチアリーダーで、応援しつつの特訓。
当然チア服でのプレイです。
積極的で実姉然とした「メグさん」、無口な「リコさん」というWヒロイン。
基本的に「リコさん」とのえっち特訓を「メグさん」が隣で応援するというもの。
気が散りそう
ただ、彼には効果的だったようで、オチではひと皮むけた姿を見ることができます。
いい話ですね。
この後も3名でエロエロな関係を築いていきそう。

151:「ミスチーフ」
女社長の新しい秘書に抜擢された主人公。
厳しく我儘に扱われていたものの、仕事を頑張っていたのですが。
そのうち、仕事の端々でえっちなプレイの相手もさせらるようになっていたのでした。
ううむ、漫画ですわね。
実際にはセクハラ・パワハラになるのでしょうけど。
ああした美人にされるなら、許せそう(笑)
彼より優秀な人は逃げて行ったという話もあり。
察するところ…。
仕事できるだろう彼女にとって、パートナーとなる秘書は精神的にも合う人物が必要だった、ということなのでしょう。
先の短編「リラックスフライト」の「園田くん」ならば、また巧い事立ち回りそう。

女社長、ヒッチハイクの「夏海さん」
※左:女社長、右:ヒッチハイクの「夏海さん」

171:「クロックフレンド」
幼馴染みの「かよ姉」の近所に住む「とも」
面倒見の良い彼は、朝が弱い彼女の目覚まし時計のようになっていたのですが。
いつも無防備な姿で寝る「かよ姉」を前に、理性も限界となっていたのでした。
そんな訳で、昔馴染みなお姉さんとのカップル成立話。
まぁ、あーまで無防備な姿を晒しているということは…気を許しているか、本気で弟同然に思われているかでしょう。
この2人の場合は、どっちも可能性高いので。
事前にあーして素直に吐露したのは正解。
良かったね
オチのやり取りを見る限り、「ともくん」は今後も色々大変そうね。
…もしかして、社会人前からそんな感じだったのかしら。

189:「サマーライド」
ヒッチハイクのお姉さん「夏海」を車に乗せた「志郎」という導入部。
上は水着で、下はホットパンツという恰好でした。
男子1人の運転だったので、そりゃー車止めるわね。
冒頭は水着で洗車する彼女とのえっちが描かれていて。
なんだか、某兎さん系アメリカセクシー番組みたいな感じなのですが…。
本編に描かれていた、そこに至るまでの経緯には甘いものがありました。
最後まで読むと、また彼女の印象が全然変わると思います。

 【 その他 】

そんなこんなで「アシオミマサト」センセでした。
こちらのブログでは「PINKS LINKS」、「DREAM CHANNEL」、「Illusion Girls」、「クライムガールズ」などを紹介しています。
見知った絵柄で、店頭で気付けました。
これまた、えろい↓表紙ですね。
最終的に購入の後押しとなったのは、裏表紙のバニー「秋乃さん」です。
漫画もそんなんで嬉しい
ただ、細かい事を言ってしまうと…。
個人的には網目大きなものでなく、細かい黒ストッキング調のが好みです。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー

■しあわせっくす (虎助遥人)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、眼鏡、フェチ
・構成 : 初単行本、8話収録(うち「ふたり」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にラフ絵、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「虎助遥人(こすけ・はるひと)」センセの「しあわせっくす」です。

コスプレイヤー「大船真由奈」
コスプレイヤー「大船真由奈」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ連続話あった以外は全て短編。
連続話は別シチュエーション漫画で、繋がった2日間のエピソードとなっていました。
コレが収録でダントツ
詳しくは後述しますね。
他短編も含め、ジャンルとしてはラブコメ
ラブ・コメのどちらも強い感じ。
読んでいて感じたのは、導入は成年漫画でよくありがちなものなのですが。
後の展開には意外性があり、独特で面白い
どちらの漫画も、センセが信条としている部分が発揮されたものだと思います。
甘さが心地よいものでしたよ。
ところどころのフェチっぽいところも、お好きな方には刺さる部分でしょう。
読むにも楽しく、人を選びそうなのは次の絵かな。

柔らかな細線での作画。
描き込み・濃淡は適度なくらい。
全体の色づきなどもしつこくなく、見易い原稿。
コマ割りはやや細かく、変化やはみ出し・ぶち抜き多め。
その漫画について、見易い・見辛い時がありました
ただし、流れを阻害するほどではありません。
あとはコマ内の配置・引き絵がやや弱めかな。
人物画は漫画っぽい可愛らしさ。
お姉さんから若妻くらいがちょうど合致しそう。
キャラ設定の効果もあり、魅力的な仕上がりでした。
↓表紙などカラー絵があまり本編のイメージと合致せず。
判断については、カバーのカット絵のがいいと思います。

 【 収録話 】 8話収録

001:「ふたり」
031:「ふたり#」
夏休み中で、水泳部の練習は「平山」・「伊東」の2人だけでした。
しかも、修繕中で普段の更衣室は仕えず。
水着のまま校内を移動していたところ。
ちょっとした事故で、2人とも3階から下まで落ちてしまったのでした。
幸いなことに怪我はなかったものの。
落ちた途中に引っ掛かったらしい水着は、完全に脱げてしまっていたのです。
さてどうする!?

正直、切っ掛けはかなりはっちゃけたものでしたが。
後の展開がじっくりとした描写で甘く、秀逸な仕上がりのエピソードでした。
2話目もドキドキ感あってこれまた良く。
カップルができるまでのアレコレが追体験できるみたいな感覚。
四角眼鏡な「伊東さん」が可愛い。
個人的には2話目の彼女のサービスが刺さり、収録中でダントツにこの漫画が好き。
ぜひ「伊東さん」にはまた登場してほしいです。

伊東さん
※伊東さん

さて、切っ掛けの1話目。
全裸のまま、放り出された2人。
グランドにはサッカー部が練習しており、見つからぬまま通り過ぎるのはほぼ不可能という状況。
とりあえず開いていた体育倉庫に避難したのでした。

「平山くん」はなかなか男気あり、単独で着替えを取りに戻ろうと言い出したのですが…。
全裸の無防備な女の子を校舎裏に一人置き去りにするような人なの?
むむ、確かにそれもそうか。
そんな訳で、どちらも全裸なまま倉庫にて時を待つこととなったのです。
よかったっていうか…」のくだりがまた秀逸。
あの一言もあっ、後の展開がまた生きてくるのだと思います。
詳細は伏せますが、密着シーンがまた実に良い感じ。
だって、「伊東さん」がむちむちなんだもの。
大きく分けて2パターンのメイン部分も適度な緊張感あり、また良かったです。

さて、2話目はその翌日。
オチから続くエピソードとなっています。
私服姿の「伊東さん」はやり取りそのまま活発なスポーツ少女という感じ。
爽やかで初々しいですよ。
買い直しの水着試着の「どう?」がまたキュート。
いちおう店内なのですが、わざわざ見せてくれるというラブラブっぷりでした。
そんなこんなでのえっち展開が、前述した通りに最高。
ちょっと…本気で羨ましく感じました
競泳水着はイイですね(笑)
なお、中扉では制服姿でのえっちが見れるのですが。
あれはオチ発言によるものですかね。
ぜひこれも1エピソードで見たいです。

055:「ユウちゃん見捨てないで」
「ユウジ」が飲み屋で知り合った42歳の中年男性。
彼がまだ童貞だと聞き、付き合う「杏奈」にえっちの相手を命じたのでした。
特に「ユウジ」は見てるのが好き~とかいう性癖でなく。
最中に友人から呼び出され、途中退室していました。
…そんなんのドコが良いのだろう。
中年男性はイケメンとかでないものの、人間的には普通…まぁ普通(いや、彼よりは)
えっちの相性は良かったみたい。
オチはコメディーちっくなものなので、ご安心を。
結果的にはこれで良かったのでは。

081:「SSR彼女」
「二次元こそ至高」などと豪語していた「高見」
そうした発言を聞いていたクラスメイト「大船真由奈」
彼の信念を揺るがすべく、好きなキャラのコスプレをしてイベントにて誘いをかけてみたのでした。
”SSR”は「エスエスレア」とのことで、いわゆるスマホゲームのもの。
「真由奈さん」がコスプレしたキャラクターです。
三次元の良さというのはありますからねー。
彼が揺らぐのも、まぁ仕方ない事。
これまでの関係は不確かですが、似た趣味を持つということでなんとなく意識はしていたのかな。
わざわざコスプレして誘うくらいですから。
ため、えっち展開はやや強引な気もしましたが、漫画ジャンルがため当然でしょう。
やはりああした場面では虚勢を張らずに、素直になるのが大切
コスプレえっちに至っておりました。
普段の「真由奈さん」は、やや地味目な眼鏡女子なのですが…。
後半の展開が甘くラブラブしていて、ほっこり
良い読後感でした。

111:「まぐわいシエスタ」
輪仁寝具の営業「高嶋あかね」
ノルマが未達成な彼女は訪問販売にて強引に部屋に上がることに成功したのでした。
成年漫画でよく見かける、女性セールスのお話。
こちらも途中まではそんな感じなのですが…。
”絶対に眠れる枕”という販売していた「爆睡問題」の性能がため、ちょっと変わった展開になっていくのでした。
ほぼ魔法のようですね
寝てしまった「あかねちゃん」に色々するのは分かるのですが…。
この漫画の本当に面白いのはその後。
まさかあんな感じになるとは予想もしていませんでした。
オチも綺麗に決まっていたと思います。

141:「Missテイク」
間違って届いた荷物の中身は、透け祐なネグリジェでした。
受け取って開封までしてしまったため、どうしようかと机に置いていたところ。
仕事から帰宅した「小春」は「厚」の意思だと勘違いし、袖を通すのでした。
えっちな服でのプレイ漫画。
ありがちな展開ではあるのですが。
着てはみたものの、恥ずかしさが勝った「小春さん」が可愛い
ショートカットで活発っぽい娘さんでしたからね。
鏡での縦コマがいい感じです。
オチはコメディーちっくなもの。

159:「それでもキミが好き」
半年付き合っていた彼女から、一方的にフラれてしまった「松原俊介」
同級生「早川久美子」から呼び出され、慰められつつ飲むこととなったのでした。
これまた成年漫画ではお馴染みな展開。
「久美子さん」が実にキュート。
優しく甘く、期待通りな展開です。
読んでいて非常に心地良いものでしたが…ラストには驚くべきどんでん返しが。
このカップルがどうなってしまうのか、こうご期待。
まぁ、そんなモンですよね。

営業「高嶋あかね」、紫乃さん
※左:営業「高嶋あかね」、右:紫乃さん

185:「君と夏の日を」
「Missテイク」と似た切っ掛けですが、こちらはセクシー水着を切っ掛けとしたお話。
成年漫画での水着デザインで考えると、そうエロエロしくないもの。
ただ、着る「紫乃」さんが日焼け跡なセクシー女性で、非常にイイ感じになってます。
わざわざ、あーまでして着てくれたならば。
やっぱり、なんらかリアクションはするべきでしょう。
いきなり彼女怒っていたので、具体的にどんなんだったかは分からないのですが。
そうした諸々があったためか、えっちは定番の浜辺プレイではなく、遊んだ後の室内。
水着下のサポーターや日焼け跡が素敵でした。
オチのあれも可愛いと思うんですがね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「虎助遥人」センセでした。
今回が初単行本でした。
おめでとうございます!
今回は何といっても冒頭の連続話「ふたり」でしょう。
何度も読み返したくなる、秀逸なお話です
↓表紙が「伊東さん」でなかったのは非常に残念。
彼女の水着姿のがカチっときたのではないかなぁ。
…というか、前述もしましたが、カバーの表裏どちらも、ロリっとしたバランスに見え。
あまり本編の良さが伝わり辛いものだと思います。







★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット コスプレ 競泳水着

■肉乳DAYS (七尾ゆきじ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] 巨乳、ラブコメ、ショタ
・構成 : 初単行本、11話収録(うち「となりの須野原さん」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、加筆修正あり、
      描き下ろし「みんなの須野原さん」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「七尾ゆきじ(ななお・ゆきじ)」センセの「肉乳DAYS」です。

ハルコちゃん
※ハルコちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
いちおう描き下ろしに本編・後日談みたいなのがあるんですが、2ページなので本当におまけ。
良いキャラも何名かいたので、この後続けばいいですね。
ジャンルとしてはラブコメ
ラブはそこそこ、コメディー色はそう強くなく。
軽いえっち展開な漫画群となっています。
お好きなヒロイン多く、多少強引な展開でも受け止め、こちらの予測を超えてくる感じ
ブラックや深刻な事態にはなりません。
最大の特徴はその巨乳っぷり
余計な事に気を取られることなく、むちむちとしたスタイルを堪能できるようになっていました。

すっきりとした曲線での作画。
描き込みや濃淡・全体の色づきは適度なくらい。
コマ割りは比較的大き目でしたが、ぶち抜き・はみ出し多く。
売りであるバストを含め、派手な仕上がりになっています。
表現などはコメディーちっく。
特に引っかかるところなく、漫画とも合っていていい感じ。
人物画は広い輪郭・頬で、細目・タレ目気味なのがポイント。
いわゆるパッチリ目ではないのですが、皆さん可愛らしく描かれていました
ぽよぽよと健康的な肉体もその手助けになってるかな。
加筆・修正がためか単行本全体は安定しています。
判断については、ほぼ変化ないので↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 11話収録

003:「淫パイ」
先輩「神尾」に告白をした「早瀬」
あっさりOKされ、喜ぶ彼でしたが。
条件として出されたのは、男性自身を見せて欲しいというものでした。
「神尾さん」は漫画でちらほら見かける、強い物言いの女性。
カチューシャでロングヘアの美人なのですが、性欲はかなり強いらしく。
いきなり「早瀬くん」はイメージ崩されています。
あれで…いいのか。
そんなんなので、当然「神尾さん」はこれが初体験ではなく。
もちろんそうだけど?
…と言う台詞付近のくだりが楽しい。
好きな系統のキャラなので、続きが見たいです。
「早瀬くん」は彼女を満足させ続けられるのかな。

023:「となりの須野原さん」
045:「みんなの須野原さん」 描き下ろし
母子家庭な「直樹」くん。
母の帰りはいつも遅いため、隣の「須野原」さんがよく面倒を見にきてくれていたのでした。
むちむちとしたスタイルの「須野原さん」
よくよく見ると、食事を用意したのは「直樹くん」のようで。
面倒見てあげる、というのは単に彼に近づく口実でしょう。
描き下ろしも見る限り、だいぶお好きなようでしたから。
とある事件をきっかけに、マッサージとかなんとかでえっちに流れています。
年上らしく彼をリードしていて。
発言そのまま、「やったね」という感じ。
なお、タイトルそのまま描き下ろしは複数です。

先輩「神尾さん」、「須野原さん」
※左:先輩「神尾さん」、右:「須野原さん」

047:「充希くんちはちょっとおかしい」
必ず子供らの遊びに入る「充希」の母親。
友人「江口」が遊びに来た際も同様だったのですが、ゲームで最下位となった彼女は罰ゲームを受けることとなったのです。
”ちょっとおかしい”ではなく、だいぶおかしい。
攻撃っ」じゃねーだろ。
非常識なことに驚く「江口くん」でしたが、最終的には巻き込まれていました。
まあ、そうした家だからいいのかな。
どうでもいいけどお母さま若いねぇ。

067:「夏のはじめて」
急用が出来た友人らがため、幼馴染み「桃山はじめ」と2人きりで海水浴となってしまった「松谷」
浜辺を歩いていたところ、真っ最中なカップルに鉢合わせてしまうのでした。
バストは無論のこと、背丈もだいぶ高い「桃山さん」
片目隠れる髪型がキュート。
ガタイ良いのですが、大人しい性格の娘さん。
いや、最後まで可愛らしかったですよー。
なぜかスクール水着姿でした。
サイズ合っていないと思う。
場所海水浴なのですが、あんなんでの授業シーンが見たいなぁ。
ほかクラスメイト女子に圧倒的な差を見せつけていると思う。
オチの1ページがいい感じでした。

089:「許してくれる?」
昔馴染みな「圭太」・「ハルコ」
うっかりゲームのデータを消してしまい、彼女は彼女がの言うことを聞くこととなってしまったのでした。
頻繁に彼の部屋に出入りしていたようなので…。
変な話、これはイイ切っ掛けだったのかも。
「ハルコちゃん」はポニーテールで活発な雰囲気。
距離感もだいぶ近く、パンチラしたり、胸押し付けられたりしていました。
わはは、あれは「圭太くん」たまらんなぁ。
巨乳揃いな単行本ということもあってか、登場ヒロインは皆さんバスト露出には自信あるようなのですが。
こちらの「ハルコちゃん」はお年頃であるためか、照れていて可愛い
やっはり恥じらいは大事ですね

109:「人妻ですが押し負けました」
「修太」の母「真奈」は久しぶりに帰省していた彼の友人「陽介」を故あって泊めることとなってしまったのでした。
ガラリと雰囲気かわっていた彼は、お風呂場に入ってきて…という流れ。
大学生でしょ。
んなの、ほっといても勝手にどうにかするでしょ。
子供じゃあるまいし。
「修太くん」が呼んだ、って導入でも良いように思いましたが。
一方、母「真奈さん」は姉と言っても不思議でない容姿。
それがためか、「陽介くん」には名前で呼ばれています。
友人の母親を名前で呼ぶってのも違和感が…。
「真奈さん」とはお風呂プレイからの発展。
なんのかんの楽しんでたようなので、いいか。
なお、彼女のバストトップは陥没でした。

131:「お姉ちゃんは断れない」
男性3名を返り討ちにする武闘派「アキラ」
外ではブイブイ言わせている彼女ですが、弟「ミハル」にはメロメロなのでした。
面倒見良いですね。
舎弟みたいなのいましたが、結構モテてそう。
(※「意外と家庭的で素敵~」なんて言われてます)
ショタ色ある「ミハルくん」ですが、「アキラさん」との行為には慣れた感じがありました。
あるいは…彼女がちょろっと教えたのがエスカレートしてるのかな。

桃山はじめ、アキラさん
※左:桃山はじめ、右:アキラさん

151:「ビッチ流 単位はこう取れ!」
留年の危機を迎えていた「宮田」
友人「リサ」から聞いた噂を頼りに、教師「小山」の元を訪ねたのでした。
タイトルそのまま、単位目的の教師・生徒えっちエピソード。
褐色肌で胸元もかぱーと開けてるサイドテールな「宮田さん」
友人も同じような恰好していましたが…風俗じゃないんだから
えっち慣れして序盤は余裕あった彼女が、次第に追い詰められていく展開。
後半では複数展開となっていました。
まぁ、あーんな制服で許されるのだから、こうした事もアリなのか。
個人的には「リサさん」のが好み。

171:「ムリヤリ訪問販売」
精力剤の訪問販売している輪仁製薬の「伊角」
訪ねたアパートの住人「木戸」はそのバストに魅せられ、部屋に招き入れてしまうのでした
成年漫画ではお馴染み、女性セールスマンなエピソード。
「伊角さん」はスーツ姿なのですが、超ミニスカートで谷間もバッチリ見せています。
ここまであからさまでないものの、現実にもこうした戦略はあるからなぁ…。
商品が精力剤であるためか、売り方は強引
ただ、効き目は確かなもので…当然ながら、実践えっちに流れておりました。
ブラしてないのね。
もう脱ぐ気満々なのか(笑)
なお、「伊角さん」も陥没でしたよ。

189:「ヨイコト」
地元に帰省していたお姉さん的存在の「夏希」
思春期真っ只中な「弘樹」は久しぶりな彼女になんとなく気恥ずかしさを感じていたところ。
皆に良い潰されてしまった彼女を介抱することとなったのでした。
まぁ、あんなん目前にあったなら…。
そりゃ、触ってみるのが普通の男子
ただ、次のコマではいきなりおっぱい丸出し、直揉みとなっていたのは残念。
ページの関係かなぁ。
ああした場面はぜひ男子のドキドキ感をじっくり、じわじわ見たかったです。
お姉ちゃんがノリ良い方で良かったですね。
「弘樹くん」いいなぁ。
個人的には「夏希さん」のホットパンツが好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「七尾ゆきじ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
3年で初というのは早いと思うのですが。
カチッとジャンルが定められ、お話・絵柄と安定していました。
良いと思います。
嫌味の無い、さらっと爽やかさもあるので、一般えっち系でも合いそうですね。
派手な巨乳っぷりで、なかなかパンチ力あったので。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー パンチラ ポニーテール スクール水着 バストトップ サイドテール

■アット・ホーム・ハーレム ふでおろシスターズ (立花オミナ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] 複数、ラブコメ、お姉さん
・構成 : カラー(4P)、7話収録
      (うち「ふでおろシスターズ」×5、「秘め事は一つの嘘から」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、ゲストページ、
      描き下ろし「ふでおろシスターズ エピローグ」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「立花オミナ(たちばな・おみな)」センセの「アット・ホーム・ハーレム ふでおろシスターズ」です。

「椿」、「百合」、「向日葵」
※「椿」、「百合」、「向日葵」

 【 構成・絵柄 】

収録は2本の連続話となっています。
表題作は3話にて構成され、ほか1話はショート、そして描き下ろしで計5話。
4名のヒロインが登場する連続話になってます。
ラブコメちっくで複数プレイな仕上がりでした
もう1話は前後編で、長めのエピソードという印象。
こちらはシリアスさもあります。
ちょろっとですが。
なお、Wヒロインでやはり複数プレイとなっていました。
成年漫画らしく多くえっちシーンにページを割かれていることもあり、お話は軽め。
漫画として読みたい方には、物足りなさを感じると思います。

強く太さある線での作画。
描き込み・全体の色づきは適度なくらいですが、とかく黒が強く。
また複数プレイがポイントなため、画面構成には賑やかさあり。
とかく、コッテリとした仕上がりです。
大コマなども迫力がありました。
透き通る大きな目のヒロイン画で、漫画っぽい可愛さあるもの。
むっちりと良い肉付き。
そのバランス感がちょうど良く、いい感じにエロスでした。
一部気になるところもありましたが、漫画の勢いがため普通に読めば引っ掛からないくらい。
カラーとはやや異なりますが、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 7話収録

003:「ふでおろシスターズ プロローグ」 カラー原稿
007:「ふでおろシスターズ」 3話
195:「ふでおろシスターズ エピローグ」 描き下ろし
江戸時代から続く名家東山家。
度重なる事業の失敗、あるいは不幸な事故によって財産を失っており。
まだ幼いながらも当主となった「東山一樹」の代では、屋敷・家財を焼失。
当面の住み家を求め、メイド「浅沼梢」と共に縁ある家々を訪ね歩くこととなったのです。
あちこちたらい回しにされた2人がたどり着いたのが、遠縁の柏崎家。
そちらには「椿」、「百合」、「向日葵」という3人の娘がおり。
同じく昔と違って没落しており、長女「椿」は当初難色を示していたものの。
ふと目にした「一樹」にひと目惚れし、一転受け入れることとしたのでした。
だいたいそんな感じ。

メイドや年上女性らに囲まれるハーレム漫画。
そもそも居候できることとなった切っ掛けが女性らの一目惚れであり。
また、かなりの肉食系であったため、1話早々にたちまちえっち発展していました。
小さい子相手に容赦ないなぁ…。
お風呂に誘うのが切っ掛けで、長女「椿」と三女「向日葵」の2人。
いちおう水着ではありましたが、かなり面積小さめ。
複数プレイとなってます。
ちなみに。
”生活に困っている”という柏崎家でしたが、残った家自体は古いながらも立派なもので。
こちらの舞台であるお風呂場も、3名いても十分な広さがあるようでした。

メイド「浅沼梢」ほか「ふでおろシスターズ」
※メイド「浅沼梢」ほか「ふでおろシスターズ」

とある作戦がため、その後は2人からのアプローチはなく。
悶々とし始める「一樹くん」という2話目。
まぁ、ある意味正常な反応か。
トラウマにならなくて良かったねぇ
こちらのメインはメイド「梢さん」と次女「百合さん」
「百合さん」は1話でも唯一ほか姉妹と反応の違った、穏やかな物腰の娘。
こちらの冒頭でもやや浮世離れした雰囲気を見せておりました。
「一樹くん」の様子に気付いたらしい彼女が寝床に現れるのが切っ掛け。
なお、すぐ隣では「梢さん」が寝ており。
彼女も途中から参加しています。
言動からやや頼りなさげな感じもしましたが、1話目の火事シーンでは家系図ほかできる限りの荷物を運び出しており。
今回の「一樹くん」に対しても、
言っていただければいつでもお相手いたしましたのに…
そんなメイドの鑑のような発言(笑)をしていました。

オチから直接続く最終3話目。
ヒロイン4名が2人づつに分かれての対立が描かれます。
単純に結託することなく、ひと揉めする展開がいいですね
また、そんなんからあっさり迎合する流れが楽しい。
派手なハーレムプレイとなっていました。
後半の4名並ぶ姿は圧巻なのでお楽しみに。
なお、揃った4名のうち、「一樹くん」が最初に向かう相手に注目です。
ここは納得。
まぁ、そうだろうなぁ。

メイド「梢さん」ほか3姉妹も揃って巨乳なのですが…迫力はあったものの、やや個性が弱まってしまった感じ
また、前述していますが各話えっちシーンにたっぷりページ割かれているまは成年漫画的なのですが。
もう少し2話冒頭みたいな、それぞれの個性が発揮されるような日常シーンが欲しく感じました。

単行本の冒頭に位置する「ふでおろシスターズ プロローグ」
カラー原稿4ページ。
プロローグという文字とは裏腹に、どうやら最終話後みたい。
いきなりの大乱交となっているため、とりあえずすっ飛ばして最後に見た方がいいかも。
描き下ろしは8ページ。
「梢さん」のメイド服パンチラが良かったです。
そういえば、そんなシーンなかったですもんね。

125:「秘め事は一つの嘘から」 前後編
1人暮らしを始めた「順平」
すぐ隣に住んでいた「園崎未来」と知り合い、付き合うようになりました。
彼女の母親「美咲」も公認の仲で、幼馴染みのように毎日一緒にいたのですが。
なにかとタイミングが合わないこともあり、まだキスすらできておらず。
また、とある切っ掛けがため、「美咲」と関係をもってしまったのでした。
だいたいそんなお話。

Wヒロインな漫画。
付き合う彼女とはうまくいっているものの、性的な進展はなく。
穴埋めみたいに、その母親と深い仲となってしまうドロっとしたお話。
…なのですが。
とりあえず、そう黒々しくは流れていかないのでご安心ください
収録のうち、ひでるさんは後編の”驚き展開”が気に入ったのでコッチのが好き。
登場するヒロインらも、「ふでおろシスターズ」の彼女らと違ってエロス前面ではなく。
変な話、ある程度普通っぽく、ストーリーとしても楽しめました。

付き合う「未来ちゃん」は三つ編みながら、活発な印象の女の子。
(※陸上部だそうです)
制服からの黒タイツがいい感じです。
クリスマスイブにバイトを入れており、「こういうことには無頓着」とか言われておりました。
彼女の部屋とは窓同士が合っていて、いわゆるラブコメ距離。
2人が良い仲になるのも納得です。
また、これは後の展開でも作用するので、頭の片隅にでもとどめておくと良いでしょう。
一方、その母「美咲さん」はまさしく眼鏡美人
眼鏡屋のポスターに出てきそうな感じ。
ほぼ1人で「未来ちゃん」を育てた割りに、えらく若い容姿で姉と言っても良いくらい。
「順平くん」とああした仲になっていても、まったく不自然さはありません。
また、実に良いおっぱいをしておりました。
彼女との切っ掛けは数コマほど差し込まれていましたが、ここはじっくり見たかったですね。
「未来ちゃん」との関係はマイペースな彼女がため進展しないのですが、この関係での後ろめたさがため「順平くん」もそれを許容できているのでした。
変な話、実に巧い事いってたのです。
前編のメインは部活の関係で「未来ちゃん」が不在になる5日間。
「美咲さん」からの提案で、関係を止めるためのえっちでした。

園崎未来、母「美咲」
※左:園崎未来、右:母「美咲」

そのオチから後編に。
衝撃の展開に驚かされると思います。
2人の性格はある程度知っている筈なのに、あれはちょっと無神経だったかなぁ。
心臓飛び出るわ
冬でマフラーを巻いていることもあって、まるで「未来ちゃん」は忍者のようでした。
後半メイン部分にて、そんな行動の理由が透けて見えます。
なんのかんの言っても女の子ですからね。
ちなみに前編にて「未来ちゃん」の黒タイツが気になっていた方は、満足いただけるだろうシーンがありました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「立花オミナ」センセでした。
こちらのブログでは「ボーイ・ミーツ・ハーレム」、「いきなり!ハーレムライフ」、「団地の中は僕のハーレム」などを紹介しています。
今回は4冊目の単行本。
↓表紙のメイド「梢さん」に引っ張られました。
期待通りの可愛らしさで、そこは良かったんですが。
もう少し、それぞれヒロインをピックアップして欲しかったですね。
(※4名のうち彼女は目立っていた方でしたけど)




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー パンチラ

■レイカは華麗な僕のメイド (ぐすたふ)

★まんがデーター [13.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●〇〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] メイド、ラブコメ、主従
・構成 : 10話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「おまけマンガ」、
      ヒロイン紹介、イラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぐすたふ」センセの「レイカは華麗な僕のメイド」です。

朝霧蓮見さん
※朝霧蓮見さん

 【 構成・絵柄 】

いきなりですが。
ざっと読んでいて、ストーリー面は一部カチッと理解し難いものでした。
単にひでるさんの理解力が弱いだけなのかもしれませんが、正直な印象を書きますね。

収録は1冊まるまるの長編。
いちおうストーリー調の長編となっています。
…が。
あまり連続長編のメリットを生かし切れていないように思いました。
後半に差し込まれていたヒロイン紹介にて、ようやくなんとなーく分かった感じ。
(※漫画内だけでそれは理解はできない)
ネタ振りもあるのかないのか、回収したのかしてないのか…。
メインヒロインの多面的なキャラもあって、より不可解な漫画と仕上がっています。
ただ変な話、成年漫画らしくえっちに比重あるので、あまりストーリー面を追いかける必要もありません。
読みたい方は避けた方が良いでしょう。
ジャンルはラブコメ
タイトルそのまま、メイドさんとのイチャイチャ話です。
紹介帯にはSだのMだのと書いてあり、実際そんな描写もありましたが。
そう強いものではなかったので、あまり期待し過ぎないように。
逆に言えば、はっちゃけたプレイはないので、ご安心ください。

しなやかな濃い線での作画。
全体の色づきはそこそこで、濃淡はやや強め。
描き込みはやや細かめでした。
中小のコマ割りは斜めや重なり、はみ出し・ぶち抜きなど賑やか。
それでも原稿の仕上がりは綺麗で、見易いものです。
人物絵はリアル・漫画の度合が適度なお姉さん系。
多少コメディー崩しもあり、やや差も感じますがだいたい許容範囲。
良いと思います
しかし、コマによってやや良し悪しあり、安定感は微妙。
他が良く描かれているため、ちょっとした力加減の抜けた部分が目立っていました。
基本的に好きな系統なのですが、なんというか…全力では支持できない感覚です。
ほぼ変化はないので、判断については↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

007:「レイカは華麗な僕のメイド」
215:「レイカは華麗な僕のメイド レイカの日記」 描き下ろし
父が他界し、その遺産を継ぐこととなった主人公「怜治」
親戚に育てられていた彼には他人のような存在だったものの、親は親。
こうして、一夜にしていくばくかの金と巨大な屋敷。
そして1人のメイド「レイカ」を手に入れたのでした。
すこぶる美人で有能なメイドでしたが、国籍不明、本名不明という謎な存在であり。
また、奉仕と称して事ある毎にえっち仕掛けてくるのでした。
ごく簡単にはひそんな感じ。

メイド「レイカさん」
※メイド「レイカさん」

美人メイド「レイカさん」との連続ストーリー。
遺産相続した「怜治くん」がメイド「レイカさん」との生活風景が描かれる1話目。
大きな屋敷、は言葉だけのものでなく、相当に広いお屋敷なのですが。
そこで面倒を見る使用人が彼女1人というのは、ちょっと違和感。
まぁ、これ以前も旦那様(※「怜治くん」の父親ね)と2人きりであったなら、そんなものか。
ご奉仕と称するえっち行為は日常的にしていたようだし、それで十分かも。
ちょっとSっぽいところが、また色々想像させられますね(笑)
メインは彼女に一目惚れをしていた「怜治くん」がデートに連れ出すというもの。
「レイカさん」の語りで、ちょろっとですがその独特さの理由が描かれていたので必見。
また、私服姿が見れます。

いきなりSっぽい攻めで始まっている2話目。
映画部の撮影で使う、露出大きいメイド服でのえっちです。
あちこち誤解している「レイカさん」が楽しい。
色々な表情見れましたが…いぢめてる際の彼女は楽しそう。
カラー原稿もある3話目は、部の皆で別荘へと向かうお話。
お金ありますね…。
特に2人とも事業とか金銭のやりくりみたいな描写ないですが、そのあたりは盤石なのかな。
(※というか、おそらく「レイカさん」は給与もらっていないと思う)
なお、こちらの別荘は”メイド依存症”な彼女のため、喫茶店仕様となっており。
夏場だけ開店しているものの、地元では評判となっていました。
えっちは浜辺プレイでカラー原稿に繋がっています。

前話にも顔を見せていた部員の1人「朝霧蓮見」さんが再登場する4話目。
同じくメイド服を着ており、眼鏡メイドとなっていました。
洗練された美人の「レイカさん」とは巧くキャラが異なっていて、いい感じ。
こちらは「怜治くん」の誕生日で、「蓮見さん」の助言を受けた「レイカさん」が慣れないプレゼントをするというもの。
デートですね。
私服で落ち着かないこともあってか、えっちでも「怜治くん」がリードしていました。
5話目は「蓮見さん」の主役回で、外伝的なエピソード。
バレンタインで部長に告白しようと考えた「蓮見さん」
メイド服を着てそのアパートを訪ねるのでした。
勝負がためか、眼鏡オフでやや雰囲気違う彼女。
彼がまたメイドフェチであったため、実に巧い事進んでいました。
まぁ、良かった…のかな
どーでもいいですが、避妊はしなさいよ。

こうした漫画の定番、「怜治くん」がメイド服を着て女装する6話目。
またそれが似合うというのもこうした漫画のお約束。
異常に楽しげな「レイカさん」が可笑しい。
主従関係忘れてそう。
そのままえっちに展開していました。
剃刀は怖いよ
オチがちょっと気になる感じです。
図書館での7話目。
場面に合わせたのか、「レイカさん」は眼鏡着用でした。
これはまたいい感じ。
ただ、発言はちょっとおかしなものでした。
見上げパンチラなど定番ネタはなかった(スカート丈長いからね)ものの、キッチリ館内でのえっちに発展しています。
あ、覗いた「蓮見さん」はセオリーでしたが。

眼鏡メイドの「レイカさん」
※眼鏡メイドの「レイカさん」

ポイントとなる8話目。
ここがかなり唐突感あって、違和感大きいのです
写真から、おそらく「怜治くん」は●●関係なのだと思いますが。
妙に雰囲気異なる、というか性格からして別人となっている「レイカさん」が描かれます。
詳細は伏せます。
えっちはお風呂プレイでした。
なお、最終話では元の「レイカさん」に戻っていて。
ややしっとりとしたエピソードとなっていました。
これはコレで良かったので、この後にある紹介部分が蛇足なようにも感じます
描き下ろしはタイトルそのまま、日記調に描かれたエピソード。
「蓮見さん」に作法教える部分がいいですね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ぐすたふ」センセでした。
当ブログでは「放課後TOYフレンズ」を紹介しています。
2011年の単行本ですね。
すっかり覚えてなく、初見だと思っていました。
絵柄はともかく、やはりあの設定はかえって邪魔。
こちらに知らせぬまま、”単に独特なメイドさん”というのが良かったように感じます。
あれを知らされて、逆にモヤモヤしてしまいました。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー

■ちゅうに彼女。 (水島空彦)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] ラブコメ、貧乳、制服
・構成 : カラー(4P)、11話収録(うち「ラプソディインブルー」×2)
・おまけ: あとがき、描き下ろし「ちゅうに彼女。」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「水島空彦(みずしま・そらひこ)」センセの「ちゅうに彼女。」です。

音無さん
※音無さん

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ前後編があった以外は全て短編での構成。
前後編は長めの短編という感じですかね。
Wヒロインで、メインが各話で変わっていました。
ジャンルはラブコメ
茜新社」さん「JC」のシリーズで、制服多め。
年齢もそんな感じなので、バスト控えめの細身なヒロインらとなっています。
お話に複雑さなく、甘くラブいもの。
毒気もなく、安心して読めるものが揃っていました
細かな心理描写を追うものではないため、読みたい人にはやや物足りないかもしれません。

しなやか極細線での作画。
濃淡はごく淡く、全体の色づきでも白比率が多め。
ペラペラっとめくっても、さっぱり白く、洗剤CMみたいな感覚。
描き込みもあっさり気味。
コマ割りは中小で変化大きめ。
だいたい枠間は確保されていました。
大きな黒目が特徴的な人物絵。
漫画らしい可愛さで、素朴・純粋そうな雰囲気が魅力的です。
表情なども良いのですが、ややコメディー崩しが多め。
その流れもあってか、小コマ、引き絵などに弱いところがあり。
見ていてちらほら気になりました。
もう少し全体に丁寧さと安定感が欲しいところ
また、↓表紙などのカラー絵は今風で良いのですが。
収録のカラー原稿はそれと比べてやや落ちる感覚。
(※ここは好みの問題もあるかと思います)
作画については良いところもあるだけ、非常に勿体なく感じました。

 【 収録話 】 11話収録

005:「ちゅうに彼女。」 描き下ろし。カラー原稿あり。
「ユキ」・「ちさ」のカップルえっち話。
ちょろっと拘束プレイをしていましたが…。
「ちささん」の反応がキュート。
ラブラブしていました。
もう勝手にしてください、って感じよ。

019:「なつめさんは勉強しない。」
付き合う「夏目」さんと家で勉強することとなった「りょーへい」くん。
2人きりだと知った彼女はなぜかやたらに距離感近いのでした。
半開き目のちょっと不思議系な彼女
なんちゃら耳のついたパーカー(うさぎかな?)がよくお似合いです。
独特なテンションと間の持ち主で、単にやり取りを見ているだけでも面白い。
キャラ的には収録で彼女がトップですわね。
えっちに至るくだりがキュート。
あれは…勉強どころではなくなるわ。
オチも彼女らしいものでした。

なつめさん、やこちゃん
※左:なつめさん、右:やこちゃん

037:「大人しくしてください。」
2人きりになるとエロくなる、という「音無」さん。
付き合う「いとー」くんは、そんな積極的な彼女に困惑していたのでした。
ショートカットで褐色肌という、いかにもスポーツ少女っぽい「音無さん」
元気を前面に出した女性で、それはえっち関連についても同様。
2人きりは無論のこと、普段でも彼にベタベタしていました。
羨ましいですね。
「いとーくん」のが照れていましたが…あの年代だとそんなんか。
(※クラス男子に茶化されてたし)
ちょろっとしたくだりでしたが、スカートのまま男子らに混ざってバスケしてる姿がキュートでした。
男子人気高そうだなぁ。
たぶんパンチラしてるだろうし(笑)
あれでまたガッツリとした貧乳というのが見事でした。
ビジュアル的には後の「まつり」と並んでツートップですね。

055:「祭りの夜に」
土日のお祭りに2人して出かけることとなった「高取志乃」・「菱方」
しかし、当日の天気は土砂降りで、中止となる見込みなのでした。
成年漫画でお祭り、浴衣となれば野外えっちがお約束なのですが。
こちらは雨のため室内えっちです。
まぁ、「志乃ちゃん」が大人しそうな眼鏡女子なためかなぁ。
初ではないようでしたが、付き合いだして初お祭りとのことで…外はまだハードル高いのかな。

075:「ご注文はやこさんですか」
硬式テニス部の「川原太一」
試合にて敗れていた彼は、付き合う「やこ」から、
試合に勝つまではHはしばらくおあずけにしよっか
そう言われてしまったのでした。
ちなみに、単独プレイも禁止。
あの年代の男子にとっては大変な条件ですよね。
また、「やこちゃん」はただ我慢させるだけでなく、ちょくちょくえっちなポーズなどをとっており、彼を弄んでいます。
面白い娘さんですね。
そんなこんなでの、勝利後えっちがいい感じでした。

093:「制服アンビバレンス」
いままでスカートなど穿いたことのなかった「みのり」
そのため、進学して制服となった際には、その違和感がたまらなかったのでした。
昔馴染みの「浩和」に茶化された彼女は…という展開。
制服交換えっちです
センセの絵がため、「みのりちゃん」は可愛らしく。
普通に女子の制服がよく似合う娘さん。
髪の毛長いのですが、せめてショートカットとかのが良かったのではないかなぁ。
ちなみに制服不慣れではあったものの、別に他は男子男子している訳ではなく。
彼女からえっち仕掛けていました。

113:「葵ちゃんディプレッション」
女子らにモテモテな「大野駿」
付き合う「葵」はどうにも落ち着かないのでした。
「葵ちゃん」は大人しい性格らしく、言葉にせずスマホにプチプチ打ち込んでいます。
これまた面白い娘さんですわね。
いちおう「駿くん」はクラス内でも「葵ちゃん」を優先しているのですが。
ほか女子らはそれにもめげずに、積極的に彼に関わろうとしていました。
あーまで言ってる彼に、わざわざアプローチするというのは…どうなんだろう。
わざわざラブレターとか送る女子もいましたからね。
隙あらば略奪と考えてるのかな。
なんとなくですが…こののち巧くいかないような。

135:「スウィートホーム」
下宿のお兄さんとラブラブな「まつり」ちゃんのお話。
裏表紙のジャージ娘はこちらの彼女。
漫画中の初登場は高屋酒店で店番中なのですが、ジャージ姿です。
彼女の普段着なのかな。
ショートカットの可愛らしい娘さんでした。
店は祖父のもので、下宿もやっている様子。
あちこちから察するに…お兄ちゃんが先に手出したか。
店番・電話中の彼女にアレコレする前半が好き
男子ならばぜひやってみたいプレイですよね。
後半は勉強を教わりに来た彼女にお手付きする流れでした。
まぁ、「まつりちゃん」も期待してるだろうし…あのシチュエーションでえっちに流れないのは異常。
なお、彼女は期待通りの貧乳っぷりでした。

まつりちゃん、「みお」・「いおり」
※左:まつりちゃん、右:「みお」・「いおり」

155:「おなじ班の二人」
文化祭でイラスト班とされた、「今井」・「秋原」の2人。
大変そうという周囲とは裏腹に、同じ班となってラブラブしていたのでした。
オチの台詞から察するに、班分けは挙手・立候補とかで決めたのかな。
漫画は、既に何度か経験済みという頃。
そもそも両想いだったようですね。
まぁ、幸せそうでなにより。

175:「ラプソディインブルー」 前後編
「いおり」の兄に恋をした友人「みお」
そこで、彼女の告白のサポートをしたのですが…。
2人を見るうち、「いおり」は自らの想いに気付いてしまうのでした。
だいたいそんなお話。
成年漫画で、第三者が兄妹をくっつけるための切っ掛けななる、というのはよくあるパターン。
どちらかと言うと元気で積極的っぽかった「いおりちゃん」が、後半はだいぶ可愛らしくなってしまうのがポイント。
ポニーテールな友人「みおちゃん」は大人しそうな娘なのですが。
その告白に注目。
あれは…えっち目的か!?
覗いていた「いおりちゃん」も驚いていましたよ。
展開がため仕方ないのでしょうけど、あっさり流されるお兄ちゃんはどうかと思う。

 【 その他 】

以上、本日は「水島空彦」センセでした。
こちらのブログでは過去に「苺の花嫁」、「いっぱいはいってるヨ」などを紹介しています。
あとがきによると、成年漫画は久しぶりだそうです。
今回書くにあたってざっと調べたところ…一般系のお仕事での活動が多めなようでした。
素朴で嫌味無い、可愛らしい絵柄ですもんね。
ぱちっと美少女然としていて良い部分も多いのですが。
前述したとおり、なんだか力の入れ具合が弱い(あるいは弱く感じられてしまい易いのかな)のは残念。
裏表紙をゲットした「まつりちゃん」のジャージ半脱ぎ姿とか激烈にカワイイんですがねぇ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー ショートカット パンチラ ポニーテール

■群青ノイズ ~初回版~ (きい)

★まんがデーター [19.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 制服、ラブコメ、青春
・構成 : 9話収録(※一部に同一世界あり)
・おまけ: カバー裏にカラーあとがき・SD絵、合間にネタ絵、
      加筆修正あり。
※初回版のみ特典「下書きネーム集」 (208ページ)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「きい」センセの「群青ノイズ ~初回版~」です。

五月水瀬
※五月水瀬

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
エピソードには、ちらほら他キャラが登場しており。
同一世界な漫画になっています。
そうしたものかオマケかよく分かりませんが、ちらモブ的に顔を見せていたのも見掛けたので。
前巻ともども、あちこち探してみるのも良いでしょう
そう、そちらからの続きエピソードもありましたよー。
ごく簡単にくくるならば、ジャンルはラブコメとなるのですが。
はっちゃけ感は控えめ。
前巻と同様に、若い男女の青春模様という感じです。
紹介文言にあった、
”大人でも子供でもない彼女たちが雑音まじりの恋にもがく等身大ラブスト―リー”
…というのが、かなり的を得たものだと思います。
連続でなくともしっかり心理表現された、読むにも楽しめる漫画群。
↓表紙のような絵柄・雰囲気がお好きならば、まったく問題ないと思います。

初回版のみ、特典として単行本に収録した全ての下書きネーム集がついてきます。
付いてくる、のですが決しておまけ小冊子という扱いでなく。
それがため、定価は1404円とひとまわり高めなのです
編集者じゃあるまいし、ネームなんて…とか、まったく興味ない方にはやや高い買い物かも。
収録はまったく同じ漫画ですしね。
(※ただ、それがため完成品と比較できるのですが)
台詞は手書きされてるので、いちおう漫画としても読め。
また、短編「LOVERS」の前半は下書き段階のもので、完成品とはまた一味違う綺麗な原稿が楽しめます。
巻末にはセンセの作品解説もあり、そうしたアレコレが価格相当だと思えるかどうか、でしょうかね。

さらりとしたしなやか線での作画。
けっこう白比率があり、ぱっと見ではすっきりとした雰囲気。
色付き・濃淡は適度なくらい。
描き込みについては、必要最低限な細かさでした。
ごく丁寧で乱れ・崩れは見られず、スッキリと綺麗な原稿仕上がりです
全体的に過ぎないくらいな感覚。
人物絵もそんな感じ。
漫画っぽい可愛さながら素朴でリアルな空気があり。
そんな彼女らのアレコレには、なんとも言えないエロス感でした。
コメディー崩しはやや多め。
漫画運びにやや見辛いところもありましたが、些細な程度でしょう。
判断については、↓表紙・裏表紙。
または紹介帯のカット絵がオススメです。

 【 収録話 】 9話収録

003:「-10」
「みなみん」こと教師「一重」と生徒「栄代悠(えいしろ・ゆう)」のカップル。
夏祭りに出掛けていた2人は、顔見知りと鉢合わせしたため。
人込みを避けていくのでした。
ごく簡単にはそんな、お祭りエピソード。
視点は「悠くん」になっていて、タイトルの数値は年齢差
ヤキモキする気持ちはよーく分かりますが…こんな関係になってるのは凄まじい事
まぁ、社会人にでもなればそんなん無関係になるのですが、学生時代は仕方ないですかね。
成年漫画で祭り・浴衣となれば、当然野外えっちがお約束。
年上然とした「一重さん」が実に素敵でした。

なお、こちらの冒頭には「紗南」・「たえ」・「水瀬」らがちらと顔見せしているのですが。
(※「たえちゃん」は以降名前だけの登場もちらほら見掛けます)
1ページの祭りシーンには、その他にも見知った顔がありましたよ。

教師「一重さん」、マネージャー「二篠さん」
※左:教師「一重さん」、右:マネージャー「二篠さん」

023:「イレギュラー」
自らのミスで昨日の試合に敗れた野球部「宮琵(みやび)」
練習に出ず部室にてサボっていた彼にマネージャー「二篠歩(にしの・あゆむ)」は声を掛けたのでした。
前半には「二篠さん」のジャージ姿でのお尻のアップがあるのですが…。
これが秀逸
ついでにパンチラもしてたりしていて、間近にいた「宮琵くん」の気持ちがよく分かる(笑)
部室でのえっち展開です。
途中、邪魔が入って中断させられてしまうのですが。
待ってて…
の台詞と、再開するまでの静かなくだりが抜群なエロス感でした。

047:「トイレの小花ちゃん」
友人宅にてトイレを借りていた「小花」
ちょうど鍵が壊れており、またお兄ちゃんがギリギリで駆け戻ってきたため。
真っ最中に鉢合わせしてしまったのでした。
そんな訳で、学校の怪談とは関係ありません。
トイレで鉢合わせるというのは、なんとも言えない感覚ありますよね。
家族でもそんなんなので、他人ならば尚更。
ロリっとした雰囲気の「小花ちゃん」で、友人らもそうした感想なのですが。
ここでトイレえっちに誘ったのは、彼女からでした。
どういった経緯でそうなるのかは秘密。
まぁ、巧く運んで良かったね。
冒頭・オチでの下着脱ぎ・穿きする絵が好き

067:「LOVERS」
友人「紗南」の家に呼ばれていた「五月水瀬(さつき・みなせ)」
実は、格好良い家庭教師の彼を見せる目的だったのですが…。
ふと携帯を忘れていたことに気付いた「水瀬」が、取りに戻ったところ。
真っ最中だった2人と鉢合わせてしてしまったのでした。
概ねそんな導入部。

こちらの「水瀬さん」が今回↓表紙となっている日焼け跡娘さん。
実は中扉(※表紙の続きみたいな絵です)、あとがき絵も彼女なのですが。
競泳水着から着替える直前…みたいな、あとがき絵がお気に入り。
あの、見えそうで見えてないというのが、何とも言えないエロス感ですよねー。
漫画の流れから、たぶん「水瀬さん」が忘れ物を取りに戻ったのは数分後程度だと思われますが。
「紗南さん」らは即えっち状態だったのかな。
あれで止めることなく、しかも見せつける彼がゲスい

さて、漫画のメインは当然「水瀬さん」のえっち展開なのですが。
ネタバレしちゃうので、新鮮に読みたい方はこののち↓下の「」部分まですっ飛ばしてください

 ・
 ・
 ・


おそらく初めて目撃した直接行為に、感情・性欲など乱されてしまう「水瀬さん」
そうした数ページがため、彼女のえっち展開は納得なのですが。
なにが悔しいかって…。
購入の切っ掛けにもなった↓表紙の「水瀬さん」が、あーんなチャラい野郎にえっちされてしまうのが、実に無念
ううう…。
他エピソードと違い、おそらくヤツに恋愛感情なんてないのだろうし。
せめて親しい男子の幼馴染みとかいれば、代わりを務めたかもしれないのですがね。


 ・
 ・
 ・

ここまで

「水瀬さん」の日焼け跡が実にエロくていい感じ。
ちなみに、シャワーシーンでは競泳水着姿も見せていましたよ。
ぜひ彼女にはもう一度登場して欲しいです。

109:「咲クLOVE-さくら-」
隣に住む元ヤンぽい「六飼桜子(むかい・さくらこ)」
恐いながらも綺麗な人だとも感じていた浪人生の主人公。
ちらほら顔を合わせるうちに、色々な面が見えてきて。
いつからか、彼女に想いを抱くようになっていたのでした。
元ヤンぽい方はたいていジャージ姿ですねー。
こちらの「六飼さん」も同様。
おそらく、何もなければ、単に気になるお隣さんというだけだったと思いますが。
失恋したらしい彼女がお酒と共にやって来たのが全ての切っ掛け。
収録の「イレギュラー」ほど強調されてはいませんでしたが、こちらもお尻のアップ絵があり。
彼に勢いを与えることとなっています。
まぁ、意思をしっかり伝えるのは重要ですわね。
その直後の髪解けた「六飼さん」の振り返ったコマが良き。

131:「解放区」
卒業まであと1日となった頃。
振られたという先輩を慰めるべく、「七倉」は彼の元を訪ねたのでした。
学校屋上でのえっち話。
方言が特徴となっており、博多弁…でいいのかな?
いかにも素朴な女の子という「七倉さん」が非常に優しくて素敵
まぁ、嫌な相手にあーはしないだろうから。
先輩「草丸」は知ってて彼女を焚きつけたのかな。

149:「≦ -不等号-」
お昼頃になると、しばしば教室からいなくなる生徒「八月朔日しおん(ほづみ・-)」
実は彼女は教師「氏家」と関係していたのですが…というお話。
「トイレの小花ちゃん」と同じ世界なようです。
そちらでベッドで寝ころんでいたのが、こちらのヒロイン「しーちゅゃん」こと「しおんさん」でした。
今回は「小花ちゃん」ともう1人が外野でやいやい言う役回りとなってます。
メイン回ともあってか、「しおんさん」は妖しい魅力を見せていて。
眼鏡の気弱そうな教師「氏家くん」にて楽しんでいました。
軽いSMちっくなものですが、そうプレイは振り切れていないので、ご安心ください。
センセの解説で確信しましたが、前巻「VAMP!!」との関連で良さそう。

六飼桜子、八月朔日しおん
※左:六飼桜子、右:八月朔日しおん

169:「お見舞いエトセトラ」
風邪で休んでいた「九堂マコ」
そこに、先輩「相田瑞輝」がお見舞いにやってきたのでした。
こちらは前巻収録の短編「コンティニュー」の続き漫画。
前回は彼女がお見舞いに行っていたのですが、今度は逆に先輩がお見舞いにやって来るというもの。
ツリ目が可愛い「マコちゃん」
雰囲気そのまま、猫耳フードのパーカーを羽織っていました。
枕を投げつけたことで、それまで着ていた寝間着との関係でパンチラするのですが。
それがえっちの切っ掛け。
だって目線がちょうどそのあたりなんだもの(笑)
私が平気じゃないんですッ!!
のくだりが好き。
収録では特にラブコメ色の強い短編です。

189:「つめたい雨、やさしい君」
「十美坂ちなつ(とみさか・-)」・「辻英生(つじ・えいしょう)」のカップル話。
ごく親しい友人グループの一員だった2人。
センセの解説によると、こちらの漫画は「LOVERS」の1年前という設定。
「紗南」・「たえ」らが顔を見せています。
突然の雨に降られた「辻くん」が急いで家に戻ると。
そこに、ズブ濡れになった「ちなつさん」がいたのでした、というのが切っ掛け。
お風呂えっちです。
まぁ、そもそもそんな状態で待っていた、異常事態であり。
ここでは書きませんが、なんらかあったのは事実。
オチはあーんな感じなのですが、巧くいけばいいですね。

 【 その他 】

そんなこんなで本日は「きい」センセでした。
こちらが2冊目。
初単行本「放課後バニラ」はブログで取り上げていました。
”快楽天表紙作家”
そんな冠は伊達ではありません
まー、高い完成度の1冊となっていました。
そもそも、ああした初回特典をつけるなど、出版社さんが力を入れるのも納得。
ひでるさんは「ワニマガジン社」さんのHPで発見し、密かに狙っておりました。
前述しましたが、あの↓表紙に撃ち抜かれたのですよ。
いわゆる漫画表現的な巨乳でない(それなりにサイズはあるのですが)透けたバストが良いですねー。
「水瀬さん」にはぜひイイ相手に巡り合ってほしいものです。
…あ、「紗南さん」もね。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コメディー パンチラ 競泳水着

■制服至上主義-冬- (はらざきたくま)

★まんがデーター [19.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] 制服、ラブコメ、着衣
・構成 : カラー(24P)、8話収録。
・おまけ: あとがき、描き下ろし「至上制服図鑑・完全版」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はらざきたくま」センセの「制服至上主義-冬-」です。

愛野愛、掛川由比
※左:愛野愛、右:掛川由比

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
タイトルそのまま制服なネタでまるまる1冊となっています。
学校も別なので、特に繋がりはありません(…と思う)
収録は8話で、ヒロインは9名。
ヒロイン2名の複数えっちが1話あるのでした。
(※ちなみに、複数としては男子2人を相手にするのも1話あります)
お話はラブコメで、ブラック展開や変に振り切れるようなこともなく。
読み易いものが揃っていました。
かと言って単純な薄いものでもなく、それぞれお話としても楽しめるのは間違いありません。

さて、単行本のメインなのですが。
そうした漫画群もいつも通りに素晴らしいのですけれど…今回はなんと言っても、巻末の描き下ろし「至上制服図鑑・完全版」だと思います
間違いありません(たぶん)
良い紙質のカラー18ページ。
作中に登場した各ヒロインがモデルとなっており、制服のポイントなどについて記載がありました。
軽くデフォルメされた小さい彼女らもキュートです。
それだけならば、たまに見られるようなおまけなのですが。
こちらは、その説明と共に、”汁気多いえっちなカット絵”もあるのでした。
こーれーが凄い。
本編の使いまわしでなく、また本編ストーリーに沿ったようなものとなっていて。
まさに、成年漫画なおまけなのでした。

しなやか細線での作画。
細かく隙のない描き込み。
適度な濃淡具合でデジタルな色彩。
全体の色づきはしっかりしていますが、白比率もそれなりにあり。
賑やか目な原稿ですが、丁寧でバランスにも優れ、見易い仕上がりでした。
人物絵はするりとした卵型輪郭で、全体的に縦長。
細身のスタイルで、はっきりな鼻筋に丸っとした横顔が特徴。
単行本のメインたる制服描写は、しわと色味が絶妙です。
背景や小物とも合って、違和感ありません。
静かで落ち着きある漫画となっていて、コメディー描写もソフトなもの。
やや癖はありますが、圧倒的な画力がため問題ないと思います。
判断については、↓表紙・裏表紙でほぼ変わらないので問題ありません。
特に裏表紙は背景がカット絵になっていたので、オススメです。

 【 収録話 】 8話収録

003:「第一区:亜暈女子高等学校/日吉奏」
入学式を迎えた「日吉奏」
お世話になった講師に”一番最初”の制服姿を見せるべく、早朝の学習塾に足を運んだのでした。
「奏ちゃん」は↓表紙でメインとなっている彼女。
黒セーラーが可愛いです。
(※裏表紙でも中央に位置しているので、センセのお気に入りさんなのかな)
”一番最初”は徹底していて、学習塾にて着替えをしていました。
そのため、カラー原稿部分は着替えシーンです。
下着姿が楽しめますよ。
脱がすのもいいですが、ああして着るくだりも…また良いものでした。
素朴な雰囲気ながら大胆で、彼女は単に制服姿を見せに行っただけではなかったのです。
入学式間に合うかなー、って見ていましたが。
なお、こちらだけでなく単行本全体に言えることですが、完全に脱ぐことのない着衣えっち
当然と言えばそうなのですが、こうした徹底ぶりは嬉しいです。

音羽ミチル、古庄恵
※左:音羽ミチル、右:古庄恵

027:「第二区:棚葉高等学校/音羽ミチル」 カラー原稿あり
制服がちょうど冬服に変わった頃。
「音羽ミチル」が偶然出会った郵便配達員は、過去の記憶に覚えがあったのでした。
2名いる眼鏡ヒロインのうち、お下げ髪な娘。
制服のデザインも含め、どちかというと大人しく可愛らしい雰囲気です。
…と、そんな娘が。
配達員を待つ玄関でいきなりおっ始めていて、驚き
レターセットが似合う文学少女っぽいのに!
ありゃー、配達員の「桜橋」くんも驚いたでしょう。
台詞から察するに、独りプレイは慣れたことなのかな。

051:「第三区:真野技術高等学校/柚木日名子」
廃部がかかった、ARDF競技部。
「柚木日名子」は幼馴染み「清」・「静」の2人に特訓の協力をしてもらったのですが。
とある条件を出されていたのでした。
ARDF競技というのは、アマチュア無線の電波による方向探査競技だそうです。
いわゆる三角関係なエピソード。
成年漫画なので、やっぱり複数えっち展開なのでした。
ううむ、欲張りだなぁ。
エピソードに他女子が出てこないので分かりませんが、同性の間では浮いてそう。
「日名子さん」はロングな黒髪の美少女然とした娘さん。
あんな娘が幼馴染みというのは実に羨ましい。

077:「第四区:県立羅湾高等学校/古庄恵」
赴任早々3年生の担任となった講師「草薙」
慣れるため放課後の学校をうろうろしたいた彼は、教室で1人たたずむ生徒「古庄恵」を発見したのです。
講師・生徒のえっち関係エピソード。
ショートカットの「恵さん」はちょっと独特な空気感ある娘さん。
なお、あとがき絵は彼女でした。
成年漫画で単独プレイが目撃されるのはお約束。
ただ、彼女の場合は~と思っていたら、ビンゴ(後の台詞より)でしたよ。
こちらのオチが非常に気になってます。
文言から「恵さん」ではないと思うのですが…妹さん?

103:「第五区:私立壱岐学園高等学校/愛野愛」
「誠」に恋する「愛野愛」
他の女子と話す彼を浮気だと判断し、保健室のベッドに拘束したのでした。
ツインテールの可愛らしい娘なのですが。
あれは…付き合うに落ち着かないなぁ。
あんな状況でも冷静な「誠くん」を見る限り、あんなん頻繁なようです。
オチがまたオソロシイものでした。
どーでもいいですが、彼モテるのね。

127:「第六区:県立七弐高等学校/掛川由比」
学ラン男子好きでわざわざランクを落として入学した「掛川由比」
彼女曰く”絶滅危惧種IB類”の学ラン男子らを堪能していたところ。
学校で再会した先輩「静波」が着ていた学ランは”絶滅危惧種IA類”の変形学ランだったのです。
ベリーショートな眼鏡ヒロインのもう1人。
妙に詳しい学ラン知識が楽しく、収録でのお気に入りです。
↓表紙にも顔を見せてますね。
制服は最もオーソドックスな白セーラーで、カラー・白黒絵どちらもパンチ力がありました。
彼女学ラン好きですが、いちおう「静波くん」という個人にも反応してます。
トイレ個室での単独プレイがいい感じ。
なお、カラー絵ともども縞パンでした。

153:「第七区:私立緋美百合女子学園/金谷佳織・家山薫」
元旦に1人暮らしをしている従兄「千頭匠(せんず・たくみ)」の男性自身のサイズを偶然目撃した「金谷佳織」
制服女子の存在価値を確認するため、友人「家山薫」と共に「匠」のアパートに向かったのでした。
唯一のWヒロイン回。
女子の人数が多い複数えっちで、全体を仕切っていたのは「佳織ちゃん」です。
まぁ、制服女子2名に囲まれる夢のような展開
幸せメーター」どうの言ってるページの並んだ姿がエロくて素敵。
最初は「佳織ちゃん」なんですね。
やっぱり顔見知りのが興奮するか(笑)
本物以外はいろいろ~
なんて台詞が好き。
何入れてるんだ。

家山薫・金谷佳織


183:「第八区:県立愛楠高校/下泉蘭香」
父親の会社が破産し。いろいろ環境が変わってしまった元お嬢様「下泉蘭香」
しかし、庭師の息子「抜里清秋(ぬくり・せいしゅう)」は以前と変わることなく、彼女に従っていたのでした。
2タイプ制服姿が見れるこちら
冒頭は”ちょっと有名ななお嬢様学校”のものですね。
「蘭香さん」は親が馴染んでいる~、という話をしていましたが。
いや、貴女もだいぶ順応早いと思いますよ。
彼に元気づけられ、お礼と称して~という流れ。
こちらの「蘭香さん」もなぜか↓表紙・裏表紙に顔を見せています。
オチの感じなどを見る限り…アクティブ一家なようなので、またお嬢様に返り咲きそう。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度おなじみ「はらざきたくま」センセでした。
ヒット出版社」さんのHPを見た際から、同時期発売のうち第1ターゲットではあったのですが。
こちらの期待値を、さっと飛び越していただきました。
ありがとうございます。
漫画は無論、やはり巻末の制服図鑑でしょう。
良い事はぜひ真似していただきたく思います。
あの、一般単行本かという、エロス無しの↓表紙もなにげに凄いですね。
出版社さんにも拍手。
ぱちぱちぱち★

あとがきを読み、ふと探してみましたが…。
1冊目の「制服至上主義」は2010年の単行本でした。
センセの代表作「黄金色舞台」よりちょっと後のリリースでしたよ。
「夏」も期待しています。




↓こちらが前巻
制服至上主義

制服至上主義


★「はらざきたくま」センセの漫画紹介記事  

巫女的恋愛ノススメ
 巫女だらけの2冊目。単行本の半分くらいが同舞台の漫画群です。
巫女のいる町
 巫女だらけの1冊目。同一世界な漫画群となっています。(2冊目と繋がりないと思う)
リスナー the listener
一般系。とあるラジオ番組をテーマにしたお話群。心地よい恋愛話でした。
はなぞの
 久しぶりの成年系単行本。1冊まるまるの長編ですよ。
桃色団地の日情
 桃色団地シリーズを収録。未完漫画もありました。
ひみつの救急箱
 ナース、女医さんの短編集。
慾望のままに恋したい
 みつあみヒロインの多い短編集。
妄想みたいに愛されたい
 ビジネス系ほかという短編集。
好色制服図鑑
 コスプレっぽい短編集。 


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ベリーショート ラブコメ コメディー ショートカット ツインテール

■艶色トリップ (ドウモウ)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●○
・お話 :●●●◎○
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメファンタジー、巨乳
・構成 : 短編×10話(うち「にゃんこな発情期」×2)
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー別絵、
      描き下ろし「再び! にゃんこな発情期」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ドウモウ」センセの「艶色トリップ」です。

バレー部主将「真波五月」、ノア
※左:バレー部主将「真波五月」、右:ノア

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
描き下ろしが収録話の後日談となっており、それが唯一の連続話です。
雑多な内容、とはあとがきでのセンセの言葉ですが。
魔女に猫耳少女、バレー部員からキョンシーなんてのまで登場しています。
SFというか、それっぽい非科学的な描写は多いものの。
いわゆる「キルタイムコミュニケーションズ」さんの単行本でお馴染みの、ファンタジー系な漫画は少しだけ
(※↑上の属性部分では広義な意味でファンタジーとしています)
↓表紙がそのエピソードなんですが、実はそちらだけ。
前述したように、収録は色々なのでそっち期待してる方は要注意。
基本的にはラプコメな漫画群で、ブラック要素は薄め。
ただ、プレイとしては甘いものばかりでないので、そこは勘違いしないように。

さらりとした柔らか曲線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、黒はやや強め。
描き込みは適度から細かめという感じです。
中小なコマ割りはそう変化なく、枠間も確保されていて。
はみ出し・ぶち抜きがあって賑やかであったものの、そう見辛い印象はありません
あ、些細な程度ではあるんですが…。
個人的には、コマ内配置で若干引っ掛かったところがあります。
人物絵はふっくらとした輪郭で豊かなスタイル。
皆さんむちむちしていました。
特徴的な濃いまつ毛で鼻筋しっかりしていて、可愛さあるお姉さん絵です。
デフォルメあり、派手目な仕上がり。
そこそこ癖があるので、人を選ぶところもあります。
判断については、そう変化しないので↓表紙・裏表紙のカバー。
あるいは、サンプル豊富な「キルタイムコミュニケーションズ」さんのHPがオススメです。

 【 収録話 】 9話収録

005:「恋する魔法塾」
32回目の試験にも失敗した魔女「ドリー」の弟子「ウィル」
他は完璧であるものの、高所恐怖症で”箒に乗れない”という欠点があったのです。
そんな2人はイイ仲でもあり、卒業したらえっちするという約束をしていたんですが。
「ドリー」はまだ経験なかったのでした。
収録作品ではもっともキルタイムさんっぽい、ファンタジー漫画。
弟子に対してどうにかプライドを保ちたい「ドリーさん」
スライムを彼の形にし、身体慣らそうと考えたんですが。
とある失敗がため、例によって暴走してしまったのでした。
期待通り(?)か、触手っぽくなってます。
ただ、そもそも「ドリーさん」の魔女服は↓表紙のように露出が大きく。
もうちょっと脱がせ甲斐がほしい気がしました。
…とはいえ。
前述したように、”いかにも”という期待通り(たぶん)の触手えっちで、冒頭話からテンションを上げてくれてます
なお、後半にはキチンと「ウィルくん」とのラブラブえっちも描かれてましたよ。

魔女「ドリー」
※魔女「ドリー」

035:「エスパー・ラブ」
バレー部主将「真波五月」にブルマ盗難現場を押さえられていた「時任」
バラされなかったものの、以後は彼女のパシリにされる毎日でしたが。
ふと仕返しを思いついたのでした。
現代劇ですが、タイトル通りに超能力ある作品。
「時任くん」は”物を垂直に持ち上げる”という念力の持ち主。
更衣室で鉢合わせた「五月さん」のブルマを持ち上げたのでした、
バレー衣装が可愛い
念力でブルマを持ちあげたことで、脱がしてしまうんですが。
もうちょっとそのくだりが欲しかったなぁ。
彼は微妙な能力とか言ってましたが、彼女をまるまる持ち上げてるだけでなく、自らも浮遊しているのだから結構凄い
独特な超能力えっちになってます。
ただ、後輩部員が入ってくるくだりは違和感たっぷりでした。

055:「死後遊戯」
道士の家系であった主人公のもとへ、祖父の遺品整理としてキョンシー「パイリン」が配達されてきたのでした。
ああ、懐かしいですねキョンシー。
一時期流行っておりましたが、ひでるさんほぼ知識なく
よく分かりませんが、ゾンビみたいなものですね?
”行動規範”を示すお札にはいくつか種類があり、そのうち色欲を高める効果のソレを貼ってしまうのが切っ掛け。
冒頭の魔女「ドリーさん」も露出過多でしたが、こちらの「パイリンさん」も同様。
素の状態でバストの半分くらいは見えてましたからね。
えろい格好でした。
あんなんだと、そもそもソッチ目的ではないかという感じがします。
お札とか。
後半では自我を持つようになる札を、とある流れで貼ることとなり。
またちょっと違うプレイが楽しめるようになってます。

075:「華麗なる尋問」
不良の溜まり場となっていた、レンタルビデオ屋の店主。
いつからか、勝手に置かれていたスーツケースは重要なものだったらしく…。
「ダリア」・「リンファン」という2人に拘束され、自白剤を使われてしまうのでした。
そもそも彼は事に無関係で。
”秘密を教えて”というキーワードに、単なるプライベートの秘密を口にしてしまうのでした。
自白剤ってそんなもんなの??
ざっと調べたところでは、嘘をつけないほどに意識もうろうとさせる、みたいな感じ。
描写では正気はそこそこ保っていたので、ややご都合主義かな
彼は男性自身のサイズが大きく苦労しており、その告白に興味を持った「ダリアさん」が試してみるというのが切っ掛け。
相棒「リンファンさん」は百合族で、彼女とイイ仲であるのはポイント。
彼を挟んで独特な攻防を見せております。
詳しくは伏せますが、メインでえっちするのは当初尻込みしていた「リンファンさん」の方でした。
結局スーツケースの中身はなんだったんでしょうね。

095:「セックスランニング」
媚薬を投与された8名の女性が、それに耐えつつ走り続けるというもの。
優勝・完走した暁には奴隷から抜け出すことができるのでした。
出場者の1人「ヤスミン」は屋敷の奴隷。
線が細く穏やかな気性から大穴だと目されていたんですが、彼女には帰らなければならない理由があったのです。
当然、その理由についても描かれているんですが。
経緯を見る限り、まぁ、たとえこれを勝ちぬいても、ロクな事はなさそう。
そもそも競技自体が男性らを満足させるためのイベントで、完走してもどうなるか分かったものではないですからね。
オチもそんな感じです。
独特な設定がため、テキスト多め。
出場女性も8名ほどおり、結構な盛りだくさん感がありました。
ちょっと忙しいですね。
個人的には彼女らの着ているコスチュームがお気に入り
こうしたえっち目的でなく、あれを普通な感じで身につけてほしいなぁ。
キラリティー/うるし原智志」みたいな感じで。

123:「TSプリズン」
看守と組んで荒稼ぎをしていた刑務所内で同室の「フォーゲル」
物質調達係であった彼は、「ノア」にとってタカリのカモであったんですが…。
その日奪った薬によって、女になってしまったのでした。
そんな感じの性転換な漫画です。
舞台が男性ばかりの刑務所内であり。
「フォーゲル」ほか看守などにも、えっちされまくってしまうのでした。
いちおう「ひと月は効果が持続するから~」なんて台詞があり。
継続投与しないと、そのうち戻っちゃうのかな。
凄い薬だ。
実は裏表紙がこちらで女性なってしまう「ノア」
後半ではああした看取コスチュームでのプレイもあったんですが…ううむ、ちょっと期待と違った
そもそも元男性だし。
オチでもさすがに男前な台詞言ってましたよ。
あれで…男性に戻ったらどうなっちゃうんだろ。

155:「サムズナイトショッピング」
TVの通販番組「サムズナイトショッピング」のお話。
パートナーで出演した「マギー」は、”緊縛プレイ”で便利な「クイックライトロープ」のモデルにされてしまうのでした。

私買います!!

って、ぱっと電話をかけてしまいそうな、便利アイテムです。
アレはいいですねー。
本気でどちらか開発してくれないか、って思いました。
そうしたプレイが手軽に出来るアイテムで、ローションにバイブ機能まで仕込んであって。
まさに自由自在
機能説明かたがた、司会者・観客などと複数えっちになっています。

パートナー「マギー」、飼い猫「タマ」
※左:パートナー「マギー」、右:飼い猫「タマ」

175:「にゃんこな発情期」
187:「再び! にゃんこな発情期」 描き下ろし
先の「エスパー・ラブ」と似た、現代劇なファンタジーもの。
初デートで彼女の家に招待された主人公。
彼は”猫が人に見える”という特異体質なんですが。
タイミング悪く、彼女の飼い猫「タマ」はちょうど発情期だったのです。

こちらの漫画のポイントは、単に”猫が人に見える”だけでなく。
普通に意思疎通までできる点
そのため、「タマ」は猫耳少女として映って(描かれて)おります。
発情期なのでノリノリ。
飼い猫とあってご主人である彼女の秘密を知っており、衝撃な事実を知らされておりました。
6ページほどの描き下ろし「再び! にゃんこな発情期」はその続編。
彼女とのえっちで巧くできなかった主人公。
しかし、それを見ていた「タマ」にはしっかり反応してしまうのでした。
まぁ、あんなんにじっと見つめられてたら、気が散って巧い事いかないか。
一度通じた相手ですからね(笑)
ちなみに、前話・今回と「タマ」との行為中は彼女外出しているんですが。
傍から見た際、2人はどんなんなってるのか、気になりました。

 【 その他 】

以上、本日は「ドウモウ」センセでした。
ブログでは「いいなりアクメ」、「セックスのち両想い」の2冊を紹介しています。
こちらが5冊目くらいでしょうか。
今回、とりあえず名前でぱっと単行本を手にしたんですが。
最後のひと押しになったのは、裏表紙でした。
アレが刺さったんですねー。
前述した通り、そうした漫画が収録されてて願ったり叶ったりではあったものの…期待と微妙に違いました。
やっぱり元男設定というのが、許容できない原因なんでしょうかね。
ちなみに、カバー裏も彼女(彼?)で、そこは幸せでした。


艶色トリップ

艶色トリップ (アンリアルコミックス)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】




tag : ラブコメ ファンタジー

■オトナになる薬 (OKAWARI)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●◎〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●◎○
・属性 : [成年] TS(性転換、性別反転)、複数、百合
・構成 : 11話収録(うち「オトナになる薬」×9)
・おまけ: あとがき、合間にイラスト。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「OKAWARI(おかわり)」センセの「オトナになる薬」です。

妹「香世子」、「悠人」
※左:妹「香世子」、右:「悠人」

 【 構成・絵柄 】

収録は表題の中編と短編が2話ほど。
メインは9話ほどのストーリーで、いわゆる性別反転、TS(トランスセクシュアル)なネタです。
すっかりひとジャンルという感じですね。
だいたいは、紹介帯、裏表紙に書いてあるとおり。
詳しくは後述しますが、成年漫画な流れとなっていました。
ため、えっち面ではいいのですが…お話としては正直そう読ませるタイプではなかったです。
収録の短編のうち、1つは別単行本のサイドストーリー。
そちらを読んでいる方は、より楽しめるかと思います。
強いブラックな漫画ではないものの、ラブコメという雰囲気からはほど遠く。
毒気のあるえっちストーリーという感じ
あまり目を背けたくなるような描写はないですが、どちらも甘さなくビターな味わい
TSというネタともども、人は選ぶと思います。

さらりとした濃い線での作画。
黒が強く、全体の色づき・描き込み具合はそこそこ。
どちらも過不足ないくらい。
だいたい枠間のない、変化あるコマ割りで、はみ出すことも頻繁。
賑やかな原稿具合です。
人物絵はさっぱりとした青年系なもので、リアル・漫画の中間という雰囲気。
目から鼻、口元あたりが特徴です。
ロリっとした絵はもう少し漫画寄りで、可愛らしさありました。
表現的なところで若干バランス気になるところあったものの、些細な程度。
背景や小物はだいたい人物と合っていて、違和感ありませんでした。
若干雰囲気は異なりますが、判断についてはおおむね↓表紙・裏表紙で問題ありません。
裏表紙のが白黒絵に近いかな。

 【 収録話 】 11話収録

007:「オトナになる薬」 9話
すんげー気持ちよくなる~
友人「悠人」からそうした台詞と共に怪しい薬を渡された「健」
いちおう受け取ってはみたものの、どうにも躊躇われ…。
試そうとした妹「香世子」はその思惑を察し、逆に「健」に飲ませたのでした。
すると、その体は次第に変化し…気付くと女性になっていたのです。
大雑把にはそんな導入部。

いわゆる性別反転、TSな中編です。
成年漫画らしく、えっち・快楽に比重が置かれていて。
いきなり女性になってどうのこうの~という、突然の事態に混乱するような場面はごく僅か。
切っ掛け”女体化する原因”が明確であり、「時間がたてば効果なくなる」という発言もストーリー初期頃に聞いていました。
漫画の事情(笑)と共に、そうした経緯もあるかと思います。
また、薬の効能・出元、なぜ女性になってしまのか、みたいな追及もありません。
そうした薬なんだね、と割り切って読むのが良いでしょう。

健
※健

切っ掛けの1話目。
さすがに「健くん」も疑っていましたが…。
包装もされてないような薬を良く飲んだなぁ、と。
(※妹「香世子ちゃん」に飲ませられるのですが、彼女に試そうとしていた。ひでぇ)
特にこの世の中は良からぬ薬も横行しているというのに。
漫画の雰囲気から、効果はそうゆっくりでないみたい。
暴れたりすると困る、という理由から自室にて横になっており。
当初は体の変化を夢だと判断しています。
ため、こちらは単独プレイでした。
しっかり女性だと認識するのは2話目。
おそらく、その日の夜かな。
なぜか1話目よりロリっとした雰囲気になっていました。
これがちょっと複雑
ひでるさんは↓表紙の巨乳っぷりに引っ掛けられているため、あの可愛らしい姿がどうにも刺さらず。
7話まで待つこととなるのでした。
すっかり女性になっている「健くん」を本人だと認識する妹「香世子ちゃん」
確かに兄の部屋だし、その雰囲気で察せられるかなー、って感じました。
あんなものでしょう。
ただ、その後女性モノの服を彼女に着せられるのですが…あれは普通の男子には結構なハードルだと思います。
特に下着とか。
まぁ、こうした漫画だし見栄え良い方がいいのですけどね。
「香世子ちゃん」は驚きつつも女性となった兄(容姿は妹のような感じ)を楽しんでおり。
初えっち(?)の相手は実妹です。
お兄ちゃんらしく逆襲していましたよ。

その原因を察し、友人「悠人」にコンタクトを取るのが前回オチ部分。
まぁ、当然の行動ですね。
3話から5話目まで、「悠人くん」とのアレコレになります。
彼は眼鏡の短髪男子だったのですが…。
こちらも口調から服から、すっかり可愛らしい女性に。
髪の毛も伸びるというのは…万能薬ですね。
「健くん」を自宅に招いた「悠人くん」はマジックミラー越しに男とえっち。
そんな設備がある自宅に住む彼は何者なんでしょう。
台詞から察するに既に常習犯らしく、野郎との行為も手慣れたものでした。
男性自身をぱっくりするのは…これまた勇気がいるものですが。
「健くん」を引っぱりこむ彼の役割から、非常に慣れていました。
その後は元男子な女性体同士、「健」・「悠人」のえっち。
エロい女性…いや、男子か。
直前にシタばかりなんですけどね。
なお、薬が切れてきたという彼はなぜか爆乳になっています。
プレイ中には股間にも見慣れたものが(笑)

ようやく薬が切れ、久しぶりに男子に戻った「健くん」
彼の家から逃げ、自宅に戻ったのでした。
2日間も「悠人くん」の家にいたようです。
6話目は出迎えた妹「香世子ちゃん」とのえっち。
彼女は2話での行為もそうですが、お兄ちゃんとだいぶ親しい感じだったのかな。
近親プレイで、普通ならば1本の漫画になっても不思議でない展開。
まさに作中にあった発言とおりだと思うのですが…。
漫画ジャンル違いがため、こちらの行為は彼に物足りなさを認識させてしまうのでした。

そんな訳で、7話目からが最終章。
男子らとの複数プレイです。
こちらの「健くん」はロリっとした感じでなく、ショートカットの巨乳美人という感じ。
しかも、変形エロメイド服に着替えておりました。
これが非常にいい感じ
中扉はその際のカラー絵なのですが、これ表紙でも良かったと思います。
なお、複数プレイには同じく巨乳・メイド服な「悠人くん」も参加。
実はこの時まで男子とは未経験だった「健くん」の背中を押すこととなるのでした。
そう、この漫画のえっちシーンは女性同士が多いのです。
オチはブラックではないと思いますが、けっこうエグいものです。

157:「Pleasure.s.Black」
学校でえっちしていた「三船」・「樋口」のカップル。
そんな2人腹を立てた男子らは、集団で襲ったのでした。
…と、そんな感じの集団えっちなお話。
漫画は既に襲われた後で、既に集団での凌辱が始まっている状況。
派手なプレイが展開されていますが…この前の描写がないため、どちらにも思い入れはなく。
単に行為という感覚でした。
そのため、ああしたオチでも…あまり盛り上がりませんね

池上たまみ
※池上たまみ

177:「のぞき団地 【番外編】」
前巻「淫乱で清純」に収録されたシリーズの番外編。
ひでるさんは未読。
察するところ、集合住宅の管理人「玲奈」の語るオムニバスな形式なようで。
いちおう読んでいなくても楽しめます。
こちらは不倫している新婚「池上たまみ」さんのエピソード。
タイトルそのまま、「玲奈さん」が覗いている、様子を伺うような描写はないのですが。
語る「たまみさん」の事情をかなり詳細に知っており、なんらかやっているのかな。
なお、詳細は伏せますが…不倫する「たまみさん」にはなんというか“ネトラレ感”なく。
読後感は悪くないものになっていました。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「OKAWARI」センセでした。
当ブログでは「女の子?」、「ストロベリー・ファクトリー」などを紹介しています。
性転換モノですね。
店頭でソレを確認し、なんとなく手に取ってしまいました。
…意識してなかったですが、この手のジャンルは好みなのかも。
ロリっとした姿も悪くはないのですが、やはり↓表紙のイメージがためか。
せっかく女性化したのだから、巨乳な姿で進行してほしかったですね。
ただ、ちゃんと段階を踏んで発展していたえっち部分は見事だと感じました。
いきなり男子とはハードル高いですよね。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット

■お嬢様とボクのかわいいお姫様 (美波リン)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●○
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●○
・属性 : [一般] ラブコメ、シングルファーザー、サラリーマン、ハーレム
・構成 : カラー(4P)、7話収録(全14話・2巻完結)
・おまけ: あとがき、合間にネタ絵、カバー裏に漫画(1巻)
   
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「美波リン(みなみ・りん)」センセの「お嬢様とボクのかわいいお姫様」です。

社長「深雪」
※社長「深雪」

 【 構成・絵柄 】

2巻完結の長編ストーリー。
主人公は小さな子供を抱えるシングルファーザーなのですが。
周囲には女性ばかり集まり、なかなか華やかさのあるお話です。
シリアスさも当然ありつつ、描かれ方はラブコメちっく。
そう構えることなく、読み易く仕上がっていたと思います。
くくり一般ながら、登場キャラが成人ばかりなため、直接シーンもありました。
ただし、毎回という訳ではなく…。
シーンとして、1巻では1回、2巻ではおおむね2回というところ。
サービスカットもありましたが、頻繁ではなく。
期待の比重が異なると、ややがっかりするかもしれません。
1巻はお話としても良かったのですが、2巻は駆け足な印象
正直なところ、もう1歩、2歩という感じかなぁ。
そのあたり、詳しくは後述しますね。
なお、驚くようなどんでん返しがあったりはしませんが、多少でも新鮮に見たい方は↓この先は進まない方が良いと思います。

しっかりとした細線での作画。
全体の色づきは良く、濃淡も濃すぎず・薄くなく。
描き込みは過ぎない程度の細かさでした。
コマ割りはやや細かめ。
枠間ほか白比率あり、丁寧で乱れのない作画とも合って、見易い原稿です。
コメディー・シリアス共に表現よく、サクサク読み進められます。
特にコメディー部分のが目立ち、明るく派手目な仕上がりでした。
人物絵はしっかりとした鼻筋と比較的大きい目が特徴。
どちらかと言うと、可愛らしく仕上がっていると思います。
背景・小物も人物絵と合い、主張強すぎず適度。
今回は特にお話・設定的にもはあるので、裏表紙・紹介帯などで吟味くださぃ。

 【 収録話 】 全14話(7話づつ収録)

ほぼ定時に帰宅し、親睦会などにも顔を出さない「遠山時雨」
そんな彼の動向を気にしていた、代わったばかりの社長「深雪」が家を訪ねたところ…。
共に迎えた娘「風花」の存在によって、不安を解消したのです。
また、「時雨」も彼女がため、女性の重要性と満たされていない自分を再認識したのでした。
ごく簡単には、そんな導入部。

シングルファーザーな主人公のラブコメ
「風花ちゃん」の父「時雨くん」はパっとしない、ボーっとした~などと形容される冴えない男子。
しかし、その何気ない言動は女性陣に刺さるらしく。
ヒロインの「深雪さん」を筆頭に、同僚「立花小梅」、保育士「かなえ」など、彼を狙う女性は多いのでした。
そのほかにも彼の周囲には女性が目立ち。
ちょっとハーレムちっくな色もありました
シングルファーザーだというのに、羨ましい…。
まぁ、「時雨くん」の再婚経緯みたいなお話なので、そんなんも当然かもしれませんが。
しかも、サービスカットも売りとしている漫画ですからね。
娘「風花ちゃん」を除き、主要な女性は1巻時点で6名ほど。
2巻では新キャラの登場もありました。
賑やかなのは良いんですが、特に2巻になるとだいぶ駆け足感が見え。
個人的には、今一歩という印象。
後半は確かにも盛り上がりはするものの、なんというか…いかにも漫画ちっくな展開で……。
あの2人は不要だったかなぁ
保育士「かなえさん」と三角関係で、女性同士で密かにバチバチ(※2人の性格がため)やってくれるのを期待したんですが。
1巻後半の鉢合わせエピソードとか大好物なので。

同僚「立花小梅」、保育士「かなえ」
※左:同僚「立花小梅」、右:保育士「かなえ」

1話は”お嬢さん”こと「深雪さん」の入浴シーンから。
いきなり正ヒロインの眩しい全裸がカラー原稿で見れるという、実に有難い導入部です。
実は2巻も同じく「深雪さん」の入浴シーンで、娘「風花ちゃん」が絡むのですが。
そのやり取りから、深まった関係が見えるようになっています。
1周した後、それぞれ見比べてみてください。
さて、メインのお話は社長就任10日目で歓迎飲み会かつ、バレンタインというイベント回です。
そうした日のため、同僚のOL「小梅ちゃん」がそわそわしていて可愛い。
彼女は休日に家へ訪ねるほどの行動力があるんですが…娘の存在を知らない時点で他ヒロインから1、2歩遅れている感じ
それがためか、話の進む2巻ではかなり出番が少なくなってしまうのでした。
ううむ、残念。 
玄関口でしっかり女性モノの靴を見つけるなど、鋭いところを見せていたのですが…。
なにゆえ「深雪さん」がお風呂に入ることとなるのか、は後半で明らかになります。

前妻「桜」さんの幻を見る2話目。
その姿は不確かなままでした。
回想の背中と後の展開で、黒髪ロングの小柄な女性であったようです。
こちらは同僚のうち眼鏡な「椿」さんの主役(?)回。  
雰囲気と違って、なかなか話せるちゃっかりとした女性であり。
こちらでは意外な行動をみせてくれます。
まぁ、漫画ですわねー。
前述したように、直接シーンはごく僅かな漫画なのですが、それぞれのキャラ設定からして正解だったと思います
ぶっちゃけ、こちらもより軽いサービス絵くらいでも良かったかと

3話目は花見イベント。
なるほど。
登場人物の名前がほとんど花関係というのは、この回がためなのかな。
こちらは保育士「かなえさん」のターン。 
故あって「時雨くん」宅までやって来るのですが。
…実際、こんなんNGなのかなぁ。
保育園的にNGだとしても、あとは本人の意思次第だと思うので。
そう考えると、わざわざ家まで来るというのは、なんらか好意があると見て良さそう。
「風花ちゃん」がため行き易い(口実+襲われない)というのも大きいと思います。
また、なかなかボリュームあるスタイルな彼女。
事故的なあれで終わりかなーって思いましたが、なかなか積極的で驚き
あそこまでは普通やんないよね。
このエピソードはぜひ逆視点でも見たかった

…などなど、女性らとの度重なる接触(笑)がため。
馴染みのスナックに駆け込む4話目。
ママ「麻美」さんの登場回で、直接シーン(※だいたい)があるのはこちら。
なかなかエロくて良いのですが、個人的にはなくても良かったかなー、と。
なお、後半に登場した保育士「かなえさん」が良かったです。
さすが、女性はそうした面に敏い
5話目はようやく「深雪さん」の回。
ラブコメではお馴染み、突然雨というパターンです。
彼女は…本人知らぬところで、色々誤解されてそうだなぁ。
ネタ絵部分の「日吉」さんが楽しい。
そりゃ、ヤル気も沸くというもんですわ。

1巻のラストも含まれる6~8話は中盤のクライマックスというエピソード。
「時雨くん」は風邪で倒れてしまうのですが。
ちゃんと前回が前フリになっているのが凄い。
「風花ちゃん」のあーした行動もお約束ですね。
病気が「深雪さん」の耳にまで入ったのはのちのち幸いでした。
あーしたシチュエーションだったので、保育士「かなえさん」が家に居るのは当然。
(あるいは、外を探して走り回ってるかも)
6話後のネタ絵にはうるっとさせられます。
落ち着いたところで、「深雪」・「かなえ」の直接対決となっているのが7話目。
2人とも「風花ちゃん」と親しいのは、ほか女生と比べて大きなオドバンテージですよねー。
どちらも家にも普通に来てるし。
この2人でのバトルを期待するのも当然(?)でしょう
詳細は伏せますが…意外なところから登場するのが、「深雪さん」の実姉「夏美」さんです。
子供自体のネタ絵が可笑しい。
近しい存在がため、2巻では重要キャラとなります。
また、新キャラも登場するのでお見逃しなく。

着替え中「深雪さん」
※着替え中「深雪さん」

久しぶりに直接シーンのある10話。
誰と誰かは…内緒ね。
4話目のソレと違い、たっぷりで表現としても直接的でした。
ココだけ見ると別の漫画みたいよ
おおむねこのあたりから、多少の小エピソードを挟みつつ最終クライマックスの流れに突入していきます。
細かい所は…内緒。
「深雪さん」のサービスカットあり、「時雨くん」とのアレコレもあり。
盛りだくさんです。
ぜんぜん悪くはないのですが…前述したように、なんというか出来過ぎていかにも漫画ちっくな展開で
個人的には、やや拍子抜け。
色々事情などあるだろうと察せられましたが、2巻で完結となってしまったのは痛い
もうちょっとヒロインらの静かなラブバトルが見たかったです
同僚「小梅ちゃん」には、もう少し見せ場を与えてほしかったなぁ。

 【 その他 】

以上、本日は「美波リン」センセでした。
お馴染み「大波耀子」センセ、「すずきみら」センセの共同名義本ですね。
こちらのブログでは「熱愛・生徒会!」、「夜から朝まで~From Dusk Till Dawn~」、「年上の肌」、「ボクのキレイな人だから」などを紹介しています。
個人的には立場が近いこともあってか、前回シリーズ「ボクのキレイな人だから」よりもお気に入りだったんですが。
…ううむ、2巻で終わってしまったのが最大の原因かなぁ。
もう少し見たいヒロインもおり、できればもう1巻くらい続いて欲しかったんですけれど。
次のお話に期待します。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー サラリーマン

■父と娘の性愛白書 (堀出井靖水)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●◎〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 近親、父子、ロリ、貧乳、ラブコメ
・構成 : 初単行本、7話収録(うち「綴ちゃんの処女喪失」×2)
・おまけ: あとがき、質問コーナー漫画、カバー裏に漫画、
      合間に解説・マンガメーキング。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「堀出井靖水(ほりでぃ・やすみ)」センセの「父と娘の性愛白書」です。

あーりゃん、夕美
※左:あーりゃん、右:夕美

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と連続モノが1つ。
うち、連続話は前後編のタイプで、2本で1話という感じ。
話数は少ないのですが、それぞれ20ページ以上あり。
読み応えとしては問題ありません。
くくりLOでヒロインはロリちっく。
ただ、なんというか…ガチガチのそっち系でないので、期待し過ぎないように。
おおむね↓表紙の感覚で、どっちかというと貧乳ジャンルのが正しいと思います。
また、タイトルそのまま父娘の近親系でまとまっているのが特徴。
アプローチは各話それぞれなのですが、ラブラブでオールOKという軽すぎなのとは違います
1話だけですが、真っ暗なブラックネタもあります。
逆に言うとそれだけ。
詳しくは後述しますが、前後編がじっくりした描かれ方で良かったので、ジャンル的に苦手でない人はオススメです。

しなやかな細線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、黒はやや強め。
ややあっさりとした感じでしたが、描き込みは丁度良いくらい。
小さめに並ぶコマ割り。
収まり良く、枠間もだいたい確保されていました。
小コマほか一部弱い部分もあり。
若干分かり辛く感じるところも見られました。
人物画はリアル調を含んだ漫画っぽいもの
それゆえ、ちょっとしたコマは気になり易いと思います。
特にヒロインは特徴的で、なんというか可愛すぎないのがポイント
いや、可愛らしいんですけれど、”その言動で魅力を増している”、みたいなもの。
おおむね↓表紙などのカバーイラスト、紹介帯のカット絵で判断できるのですが。
多少判断の幅を広げても良いと思います。

 【 収録話 】 7話収録

003:「なゆちゃんの成長記録」
「古鳥那由(ふるとり・なゆ)」は父親と”成長日記”と称して定期的に撮影を続けていたのでした。
こちら「那由ちゃん」が↓表紙の娘さん。
溺愛する父親に全力で応えた結果、みたいな感じ。
親がライン越えちゃうと、こーなるのかなー。
正しい形なんだ」とかなんとか言ってましたが。
絶対に違うと思うよ。

古鳥那由
※古鳥那由

025:「あーりゃんの家族遊戯」
「あーりゃん」は学校で兄妹の行為がタブーであると知ってしまったのでした。
凍り付くクラスの風景が楽しい
それを知った彼女は、兄との行為を拒否するのですが。
頼った先がまたカオスでした。
タイトルもあるので、だいたいは想像できるかなー。
だめなんだからね?
そう、NG出しつつ誘う様が賢いですよ。

049:「タミさんの恋愛成就」
”キスしているところを想像して、イヤじゃなかったら。その人とは付き合ってもうまくいく”
そうした話題に心当たりがあった「タミさん」こと「夕美」
その相手とは…実の父親だったのでした。
父子家庭で、家事ほかしっかり母親役を務めていた「夕美ちゃん」
やたら長い前髪と、丁寧な喋り方が特徴です。
裏表紙の娘ですね。
いい娘でしたよ
よくあー育てたなぁ。
やや天然入った独特な娘で、アプローチが可愛らしい。
えっちに至るのは…あの場合は仕方ないか。
そんな訳で、母親役というか、妻役までも完璧にこなしてしまうのでした。

071:「舟さんの父娘姦計」
再婚した義父と巧くやっていた「舟(しゅう)」
しかし、帰宅したところ実父がおり、過去の酷い記憶が蘇るのでした。
ベリーショートの体育会系な娘さんの凌辱エピソード。
収録ヒロインの中で「舟さん」は最もバストがあるかな。
救いのない展開で、気の毒な感情が先になってしまうので…この手の話はどうにも苦手です。
ブラックなのがお好きな方はいいかも。
前話とのギャップが凄いよ。

093:「かなめちゃんの正体不明」
昔はよく甘えて来た1人娘「かなめ」
しかし、今では反抗期か素っ気なくなっており、その対応に父親が頭を抱えていたところ。
ある日帰宅すると、酔っぱらった彼女が出迎えたのでした。
そんな感じで泥酔な娘とのえっち。
確かにチューハイは間違って飲むかもしれませんね。
ああした酔い方は、今後が心配です。
よく分かってないのが面白・怖いですよ。
前半の奥様が優しく、なんだかこちらもほっこり。
ちょっとしたことでも、ああした対応は嬉しいですわね。

かなめ、持原綴
※左:かなめ、右:持原綴

137:「綴ちゃんの処女喪失」 前後編
成長した今でも、父親と風呂に入っていた末娘「持原綴(もちはら・つづる)」
表面上は冷静を装う父でしたが。
実は、娘の裸に限界が近い状態だったのでした。
ある日、お風呂に一緒に入っていたところ…と、そんなエピソード。
いろいろ収録ありましたが、断然こちらだと思います。
これは良かった

娘「綴ちゃん」視点での近親えっち話。
前後編でページ量もあり、経緯が細かくたっぷり描かれているのが特徴です。
前編は、一晩・数時間の出来事が42ページほどになっていました。
シーンは概ね全ての切っ掛けになるお風呂と、出たその後。
「綴ちゃん」はラブラブではなく、普通に父親とのお風呂を楽しんでいた様子。
マイペースで周囲の意見には流されない娘のようです。
ガチガチだった父親のソレを知った際のやり取りも独特
恥ずかしい、って感情は当然あるのね。
普通ならば、それで何事もないと思われますが、そこは成年漫画。
どうせならばじっくり見たい、と要求されてから変な感じになってしまうのでした。
…まぁ、当然か。
いちおう、直接行為はして…いません、でいいのかな。
ただし寸止めではなく。
ガッチリ入ったりはしてしまうのですが、あれで止めれたのは凄い。
お風呂後の「綴ちゃん」がキュートでした。
眼鏡いいよね。
後編はそのもやもやっとしたものを解消する、解決(?)編です。
いちおう家には妻・姉らがいるため、ホテルでのえっち。
「綴ちゃん」はドレスアップしているので注目。
また全然雰囲気かわりますねー。
残念ながら今回も眼鏡オフなので、期待した方は残念。
(※前編もメインはお風呂シーンなので、ほぼ眼鏡オフなのです)
オチの2人の感じがリアルっぽくて実にいい感じ。
まぁ、たまにはスルんだろうなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、「堀出井靖水」センセでした。
こちらが初単行本になるのかな。
おめでとうございます!
ガッチリ父娘で揃えられ、漫画・ヒロインも独特。
↓表紙とかも何とも言い難いエロス感で、思わず手に取ってしまいました。
漫画はいまいち刺さらないかなー、って読んでいたところ。
最終「綴ちゃん」に撃墜されました。
あれだけで、買ってよかったという感じよ。
彼女の他シチュエーションが見たいです。

父と娘の性愛白書 父と娘の性愛白書 (TENMACOMICS LO)
                  (2017/9/28)
                  堀出井靖水
                  ※アマゾン登録なし


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ベリーショート

■5時まで待てない (艶々)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●●
・独創性:●●●●〇
・属性 : [一般] 漫画編集部、年上女性
・構成 : 8話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: 密着!火魅子先生24時。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「艶々(つやつや)」センセの「5時まで待てない 1巻」です。

編集者「高葉雫」
※編集者「高葉雫」

 【 構成・絵柄 】

収録は2巻以降へと続くストーリー漫画。
毎回直接シーンのある、一般えっち系です。
主人公は女性で、漫画雑誌の編集者。
本来はタブーである漫画家とのえっちが展開されます。
しかもラブいものではなく、ちょいハード気味なエロティック話となっていました。
詳しくは後述しますが、いわゆる社会派みたいなビジネスでのエロスではなく。
なんと言うか…派手さあるもの。
そのため、ある程度人は選ぶかもしれません。
また、業界漫画ではないものの、漫画編集者の仕事模様もざっくりは知ることが出来ると思います。
そんな感じに興味ある方は是非に。

しっかりと強さある線での作画。
描き込みは丁度良いくらいで、濃淡はやや濃いめな印象です。
ヒロインの髪と夜描写が多いためかな。
えっちでのハードな描写と共に、コメディーちっくな崩しは多く。
ぱっと目を奪われる派手な仕上がりです
安定して見易いもの。
漫画お上手で引っ掛かる箇所などなく。
テンポ良く進むので、すんなり作品世界を楽しめると思います。
特にこの点で問題は見当たりません。
判断は紹介帯もある裏表紙のが良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

漫画ゴクラク編集部の編集者「高葉雫」
5時になるとほぼキッチリ仕事を終える仕事のできる女性なのですが。
それは昔の男性との習慣で、10年前から逢い引きに使っていたカラオケ店で過ごすことを続けていたのです。
ある日、酔って間違えて部屋に入ってきた男性と関係してしまったのですが。
その男、「竹中吐夢」が漫画原稿片手に持ち込みをしてきたのでした。
しかし、彼は昨晩の記憶がまったくないようだったのです。
さて、この後どうなる!?
…と、だいたいそんな導入部。

編集者と漫画家の官能エピソード。
間違いなくセンセお詳しいだろう漫画編集部という設定で、持ち込みから掲載に至る流れほかリアルちっくなところが伺えます。
ただし、メイン部分はやや現実感ない、ファンタジーなもの。
豹変して性格などガラリと変化している「吐夢くん」
彼は何なのか
ぱっと思いつく“そっくりな双子”は作中で否定されていました。
まぁ、知らされていない…って可能性あるかもしれませんが、さして面白みには欠けるかな。
次の候補”多重人格者”がいまのところ正解に近そう。
記憶ないものの、ある程度認識はあるようで、普段の性格も大人しいものですね。
ただし、精神分裂してしまうほどの抑圧っぽい雰囲気は見られません。
漫画家なんて職業にしてるくらいですからね。
あるいは言ったそのまま単に酒癖悪いだけなのか。
わはは。
嫌ですねー。
単なる素人が考えつくようなのはこのくらい。
その遥か先、あるいは斜め上をいくような展開を期待します。

カラオケ店の「雫さん」
※カラオケ店の「雫さん」

何にせよ、あまり現実にはない事柄で、後半に登場する人気漫画家「火魅子」さんも浮世離れしたようなキャラクター
どっちらもエロいのは良いんですが。
個人的にはもっとじんわり染みてくるような、エロスを見たいので。
紹介記事の際にも書きましたが、「ふたりのおうち」のが好み。
なにかと派手な感じなので、そんなんお好きな方はコッチのが刺さるかも。

出会いの1、2話目。
編集部には”作家には手をつけるな”という鉄則があり。
冒頭は他編集者を注意するシーンで始まります。
席位置が島から離れた管理スペースだったので、上役な様子。
彼氏も子供もいない「雫さん」が定時帰宅するのは、昔の男性と逢い引きに使っていたカラオケ店での独りプレイがため。
いちおう死角を考えてはいるようですが、店員らにバレてるのではないかなぁ。
「吐夢くん」との初対面は、そのカラオケ店。
ああ、酔って別の部屋に入っちゃうというのは、誰しも経験ある筈(…よね?)
そんなところで、色気ある女性が独りプレイなんぞやっていたら…こうした展開はあり得るか。
酔っぱらっている割りに、言動ハッキリしている「吐夢くん」
えっちでも完全に主導権を握っておりました。

3話目はその次の日。
漫画家志望、として編集部まで原稿を持ち込んできた「吐夢くん」です。
ガラリと態度違う彼に対する「雫さん」が楽しい。
また、編集者としての対応が良いですね。
よくケチョンケチョンにけなされて終わる、という話も耳にするので。
(※無論、それだけの何かがなければ、そうなっちゃうのかもしれませんが)
読み始めての1ページは彼の緊張感が伝わり、なんだかこっちがドキドキでした。

回想えっちシーンから始まる4話目。
そうしたのがないと、通常描写で終わっちゃいますからね。
さっそくネームを描いたという彼と再会。
仕事後に会ったのだ、今度は編集部でなく居酒屋です。
「雫さん」は編集者としてシッカリしつつ、普段は明るいテンションのお姉さんで実に気持ちの良い方。
双子を確認したのは、このタイミング。
酒グセがあんま良くないっつーか~
なお、彼自信からは、そんな発言がありました。
ここで「雫さん」は試しに前回と同じようなシチュエーションにするのですが…。
5話目まで続くシーンがどうなったのか、想像通りです。
とりあえず「吐夢くん」は仕事での記憶は持ち合わせており、平手喰らっても目覚めないことは確認できました。
昔の彼とプレイは似てるのかな。
なお、こちらの後半あたりから、彼の視点も描かれるようになります。
6話目冒頭は彼視点。
続いて「雫さん」の目線になり、再び居酒屋へ行った2人は。
”--って、どこがよ”
の場面転換が好き。
どーでもいいですが、彼カラオケ店に放置してっちゃうのね…。

人気漫画家「火魅子」
※人気漫画家「火魅子」

前話オチから人気漫画家「火魅子さん」登場。
赤いうんぬんのくだりが楽しい。
2巻では彼女が表紙になったりするのかな
面接とか言い出した彼女は、見た目・読者の期待そのままな女性。
気に入られた「吐夢くん」との対決がどうなってしまうのか、どっちが勝つ(?)のか、わくわくという感じなのですが。
ちょっぴり残念な結果になりました。
どうなるのかは、ぜひ本編でご確認ください。
そんな2人を置いて、彼女の自宅を後にした「雫さん」
いつものようにカラオケ店に入ったのですが…ここで意外な展開に。
さて、どうなる!?というところで1巻は終了。
なんとなく想像したことが正しいのかどうか、次巻へ持ち越しです。

 【 その他 】

そんなこんなで、毎度おなじみ「艶々」センセでした。
これまで紹介したものは↓下にずらりと並べています。
前述したように、1巻時点ではあまり刺さってはいないのですが。
とりあえずラストの続きがどうなるのか気になるので、次もゲットしようと思います。
まぁ、エロエロしい展開になるんだろうなぁ。
「吐夢くん」の真実と共に期待します。
ちなみに、「雫さん」は↓表紙の雰囲気より、本編でくるくる動く姿のが断然魅力的でした。
可愛らしさもある女性ですよ。




★「艶々」センセの漫画紹介記事

ラブラブ巫女さん かすみの杜」(一般) 
 えっちで解決、な巫女さんラブコメ。全2巻。
たとえば母が」  「6巻[完結]」(一般) 
 母「緑川美晴さん」とのアレコレを描いた傑作。全6巻。
となりのとなりのお姉さん」(一般) 
 お隣の色っぽいお姉さん、高校教師なお姉さんというWヒロインモノ。全2巻。
久枝さんの背徳日記
 ちらほら描かれていた「久枝さん」シリーズと短編を収録。
ボクノアイジン[限定版]
 母親・教師が2人づつ登場。限定版はCDドラマつき。
我妻姉弟 純情編」 「我妻姉弟 背徳編
 姉「我妻綾子」さんとの近親モノ。実姉で人妻です。
はだかのくすりゆび」(一般) 
 着物姿も素敵な人妻「戸田翠」の不倫長編。全3巻。
家政婦のミツコさん」(一般) 
 旦那の借金を返済する人妻「満子さん」のメイド・コメディー。全2巻。
はたらく人妻さん」(一般) 
 オムニバスの人妻・職業えっちな表題作と中編を収録。
密やかに熟れる花」(一般) 
 閉鎖的な村での人妻えっち漫画。1巻完結で導入には最適。
ものかげのイリス」(一般) 
 インパクトたっぷりな導入の、重たーいお話。現在は1巻まで。
三日月がわらってる」(一般) 
 小さな島の学校へ赴任した女教師とのラブコメ。センセの漫画ではソフトめ。
ひるがお」(一般) 
 老舗旅館でのアレコレ。1巻で主人公は人の行為を見ているだけ、というのがポイント。
たとえば母がExtra 黒」(成年) 
 「たとえば母が」のサイドストーリー。赤・黒と2冊発売されたうちの1冊。
あの夜のささやきが。」(一般) 
 「はだかのくすりゆび」の続編。その後の「翠さん」がどうなってしまうのか!?
うしろのまなざし」(一般) 
 覗きがテーマの漫画。管理人のいる下宿には秘密があったのです。
落日のパトス」(一般) 
 隣に引っ越してきた元教師…壁の向こうから声が聞こえてきて…というお話。
-with me?- ここではないどこかへ」(一般) 
 2名の主人公が日本の各地を旅して~という官能旅情ストーリー。
ふたりのおうち」(一般) 
 ごく静かなテンションで進む年上女性との恋愛話。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ファンタジー

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は水曜・日曜(余裕あれば土曜)に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

FC2ブログ