FC2ブログ

■とある弁当屋の美人妻 (西川孔人)

★まんがデーター [13.5/20.0]
・絵柄 :●●●〇〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●◎〇
・属性 : [成年] 人妻、着衣、むちむち
・構成 : 9話収録、現在1巻まで発売中。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「西川孔人(にしかわ・こうと)」センセの「とある弁当屋の美人妻 1巻」です。

弁当屋「多恵さん」
※弁当屋「多恵さん」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編ストーリー。
特に記載はなかったですが、この話は終わってなく(←たぶん)
おそらく、後に続巻が発売されていくと思われます
合間の空きページはそこそこあったので、今後の宣伝あっても良い気もしました。
概ねタイトル、紹介帯のとおりで、とある弁当屋の人妻を主人公としたお話。
旦那とのラブラブえっちもあるのものの、ほとんどは金銭目当ての関係です。
ただし、ソレも男性陣には長い間秘めていただろう猛烈な好意があってのことで…。
詳しくは後述しますが、真っ暗というほどのブラック感ではありません
基本的に皆さんちゃんとルールは守ろうとしており、不幸続きではあるもののまだ堕ちきってはいません。
そうした特殊さが故に、幅広く読み易いだろう仕上がりなのですが。
雰囲気で想像される(かもしれない)、調教・凌辱みたいな事にはなってなく。
ジャンル違いには要注意です。

強めな細線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、黒色も濃い目。
描き込みはさっぱりとしてます。
コマ割りは変化少ないものの、縦横でかなり細かい傾向。
ほぼ枠間は確保されており。
多少はみ出す部分もありましたが、概ね収まり良かったです。
背景や小物はあっさりとした描かれ方で、服装なども質感は弱め。
引き絵・動きの大きい絵も同様でした。
人物絵は四角く大きい黒目の漫画らしい可愛さ。
頬・恥ずかし顔の表現が特徴的です。
キュートな女性陣に比べ、男性らは概ね嫌らしく、胡散臭い仕上がり。
これは漫画ジャンル的なこともあってかもしれません。
キャラ的なことでは、↓表紙そのままの判断でOK。
ただし、漫画的にはもうひと、ふた頑張り欲しい気がします。

 【 収録話 】 9話収録

商店街では評判の弁当屋「福」を営む「福田大輔」と「多恵」夫婦。
しかし、「大輔」は名義貸しから、突然に莫大な借金を抱えてしまったのです。
さらに悪いことは重なり、その「大輔」も体力勝負な現場で事故に遭い。
意識不明となってしまったのでした。
娘「幸」、「穂希(ほまれ)」の2人を抱え、借金どころか生活さえままならなくなっていたところ。
幼少期から顔馴染みであった不動産屋「原田」は、「多恵」に“裏メニュー”を出すことを提案してきたのでした。
ごく簡単にはそんな導入部。

弁当屋の奥様を主人公とした、えっち長編。
前述しているように、この巻では決着がついてなく。
たぶん、この後もあるだろうと思います。
今後は…より酷くなっていきそうで、恐ろしいですね。
借金返済のため自らの身体を差し出すという、AVみたいなお話です。

冒頭にて、いかにも悪人そうな金融業者「中野」というキャラが登場しているのですが…。
いまの所彼はお話に深く絡んでなく。
切っ掛けとなる裏メニューを提案してきたのも、商店街の顔馴染みでした。
エロい事はしつつも、彼女をおもんばかってか噂は商店街の男性のみに流布されているようで。
酒屋「伊勢」を筆頭に、花屋「中島」、魚屋「遠藤」、靴屋「西沢」、肉屋「堺」、理髪店「館」、クリーニング店「和田」、電気屋「貴志」、催事屋「金城」…と、昔馴染み(学生時代)な面々。
軽く描写もありましたが、「多恵さん」は地域でのマドンナ的存在だったようです。
そうした見知った相手だけというのは、果たして良いのか悪いのか…。
少なくとも危険な目には遭うことなく、また皆も憬れな相手ということで優しく扱われていて
売上に貢献するほか、店でサービスしてくれたりもしており、奈落の底~というほど悲劇的ではありません。
もっとドン底な調教受けるみたいなんを想像した方には、軽いと捕らえられるかもしれません。
(※もっとも、今後どうなってしまうのか不明ですけどね)
また、収録の中盤5話からは、親としては最も避けたかっただろう、ショックな出来事が発生しており。
いちおう伏せます。
そのあたりも、この後は好転することなく、悪化していくだけかと思われます。
読み続けるといいかも。

「穂希」・「幸」
※「穂希」・「幸」

切っ掛けとなる1~2話。
そもそもの切っ掛けは、「大輔くん」の名義貸しによるもの。
友人「田中」が行方不明となったため、莫大な借金が残ってしまった、のでした。
まぁ、申し訳ないけれど…そんなん受けた「大輔くん」はお人好しという言葉だけでは片づけられず。
最低
しかも、2話目では事故で意識不明になったりしてしまい。
どこまで「多恵さん」の足を引っ張れば良いのやら
…あ、そんなイライラ感が、商店街男性陣のああした行動に繋がっていくのかもしれませんね。
なお、1話目は夫婦でのえっち。
娘2人はそこそこの年齢なので、結婚数十年目という頃だと思うんですが…。
「多恵さん」は感覚も若い方ですね。
そりゃー、一度えっちしてみたい、って思われるか。

2話目には、陰気な不動産屋「原田」が登場。
もし、ここで悪徳闇金業者の「中野」が介入してきた場合、もっと悲惨な展開になってしまうと考えられるので…。
良かったのか?
悪かったのか??
この場面で、欲望そのままエロい要求している「原田くん」は凄い
ごく小さい頃からの知り合いだと言うのに…お盛んねぇ(笑)
なお、「多恵さん」はカバー絵にもあるように三角巾(頭巾ね)とエプロンが最大のポイントとなっており。
以降のえっちシーンでは、たいていそれを着けたままシテおります。

商店街の男性らが次々に裏メニューを注文するようになる3話目。
最初は酒屋「伊勢くん」でした。
なかなか恥ずかしい注文よね
(※はぁ?、とか素で聞き返されたらどうするんだろう)
なお、オチにて彼がとある人物にヤラしい視線を向けているのですが…。
後の展開などを見るかぎり、青春時代のイメージに残っている「多恵さん」とダブるのかなぁ。
さらに裏メニューは進み、たいてい直接行為となっているらしい4話。
どうでもいいですが…この商店街は各店がしっかり残っていて凄いなぁ。
地方都市とありましたが、大型店舗の進出がないのか、よほど巧く仕掛けをしている方がいるのか。

さて、5話は前述もしたとおりにひと展開あるエピソード。
何があったか…ここで書くの勿体ないので伏せます。
これは肉屋「堺くん」が悪い。
というか、いつかはこうなっちゃうだろなぁ…。
本気で「多恵さん」人気あるので。
6話は意識が戻ってリハビリ中な「大輔くん」との病室えっち。
大胆ねぇ。
彼女、娘と並んでも遜色ないほどの容姿でしたが、こうした感覚的なことも若いなぁ。
結構経験値あるのでは??
7、8話は収録でのクライマックスというべき一連のエピソード
追い込まれた状況に、ああした提案を恥ずかし気もなく語っている催事屋「金城くん」は凄い。
こんなんなるならば、素直に土地売っちゃえばいいのでは?
まぁ、それで借金を返済できるのか不明ですが。
前述したように人気商店街っぽいので、高値はつきそう。

下着姿の「多恵さん」
※下着姿の「多恵さん」

「大輔くん」が退院して以降の最終の9話。
まだリハビリは続いていて、完全でなく。
相変わらず裏メニューが入り続けております。
メモによると、1日4、5件書かれていました。
うん、「多恵さん」は本当に地域でのアイドルなんだなぁ。
皆から好意とえっちを受けていましたよ。
この回のシチュエーションもあり、彼女の今後がすこぶる心配

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「西川孔人」センセでした。
こちらのブログでは、かなーり前に「天使の缶詰」を紹介しています。
その他にも、「ニシカワ醇(西川淳)」という名義で一般漫画も描かれており。
単行本は結構な冊数がある様子。
今回は↓表紙・裏表紙の「多恵さん」に釣り上げられてしまいました。
あの三角巾とエプロンの組み合わせというのも、いいもんですねー
属性に「着衣」としたのも、それがためです。
ただ、中盤からああした展開にしていくのならば…。
もう少し「多恵さん」には熟女感が欲しいかな。



とある弁当屋の美人妻


とある弁当屋の美人妻 (ムーグコミックス) (日本語) 単行本(ソフトカバー)アダルト, 2019/11/28


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : マドンナ

■放課後の優等生 (笹森トモエ)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 黒髪、巨乳、積極的、眼鏡。
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、9話収録
      (うち「パラダイスファウンド」×2、「~の場合シリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、ゲストページ、宣伝ページ、
      描き下ろし「瀬田さんの場合」

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「笹森トモエ(ささもり・ともえ)」センセの「放課後の優等生」です。

比奈町美影
※比奈町美影

 【 構成・絵柄 】

収録は短編と2本ほどの連続話。
連続話は1つが前後編、もう1つはサブヒロインをピックアップした描き下ろしされていました。
話数としては気持ち少な目に見えますが…。
それぞれのページ量は20以上あり、読み応えある単行本です。
ジャンルは黒髪ヒロインとのえっち展開もの。
いかにも清楚そうな彼女らがかなり積極的で、成年漫画しています。
眼鏡着用な娘も多くいました。
お話としてはそう凝ったものでないものの、大人しそうな女性らがほぼ破壊力ある巨乳で。
男子らが引くくらいえっちに貪欲な様に陥落させられると思います。

柔らかな線での作画。
全体的に白比率あり、それがためぱっと黒が目立つ印象。
髪の毛と制服ですね
コマ割りは変化あるものの中くらいのサイズで見辛さはなく。
人物画も大き目で見易く仕上がっていました。
ほとんどは良く描かれているものの、たまにバランス気になるところもあります。
規格外のむちむちスタイルなこともあるかな。
また、魅力的なヒロインらに対し、やや服装、下着はあっさりしており。
もうちょっと力を入れて欲しく感じました。
そうカラーと変化ないので、判断は↓表紙・裏表紙で良いでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

007:「深窓の好奇心」
転校生「和泉由良子」に一目惚れした「守山」
人生初の告白は成功し、晴れて彼女と恋人関係になったのですが。
田舎から都会に来た彼女は、予想外に性に飢えていたのでした。
いきなりのキスで舌入れて来るってーのは、テンション上がりますねー。
しかも、あの清楚な容姿ですから。
あとは彼女のが強そうなので、「守山くん」が耐えられるかちょっと心配

027:「パラダイスファウンド」 前後編
民宿を営む叔父の家でヘルパーとして働く「充(みつる)」
その娘「石渡千都世」から性の穿け口とされたほか、友人「明日澤夜澄(あすざわやすみ)」とも関係していくのでした。
そんな感じの、複数女性らとのえっち話。

石渡千都世、明日澤夜澄
※石渡千都世、明日澤夜澄

年上でもあり、いちおう主導権は「千都世さん」らが握っていましたが。
そう酷いプレイはなく、所構わず頻繁というだけ。
いいじゃない
学校での野外えっちがいい感じでした。
やっぱり制服ですよねー。
制服と言えば、もう1人。
登場ヒロインはほぼ巨乳揃いなのですが、特に「夜澄さん」はIカップという大きさで。
見た目には非常にいい感じ。
眼鏡なのがまた素敵ですよね。
出来れば体操着姿が見たかったー。
2話でどっちかでなく、どちらとも仲良くぬるぬるえっち。
あのオチに流れていくような展開でした。

069:「弓坂さんの場合」
093:「瀬田さんの場合」 描き下ろし
隣のクラスのクラス委員「弓坂」さんと付き合う「夏目」くん。
付き合って2カ月という頃。
彼女からお願いされたのは、”えっちを動画撮影する”というものでした。
その切っ掛けは文芸部の友人「瀬田」さんで、彼女もそんなんを撮影しており。
すっかりそれに影響された「弓坂さん」は、自らの単独プレイをネット上にアップするなどしていたのでした。
概ねそんな感じ。

しかし…「瀬田さん」はまた「弓坂さん」のトンデモな扉を開いちやいましたねー。
(見せられた訳でなく、切っ掛けはちょっとした事でしたが)
普通は男女逆で、嫌がられるものでしょうが。
このカップルの場合、やや「夏目くん」が引いていました。
まぁ、自分の彼女がエロ動画アップしてる、って告白してきたら…普通は彼と同じ反応になるかなぁ。
男子は複雑でしょうね。
そもそも「弓坂さん」はえっち好きだったようなので、より楽しむ術を知ってしまったということでしょうか。
変装のためか、撮影時に眼鏡をかけているのですが。
そっちのが可愛く感じました。

もう1話、描き下ろしの「瀬田さんの場合」は、彼女に切っ掛けを与えた眼鏡・三つ編みな「瀬田みずほ」のエピソード。 
友人「弓坂さん」の部屋で彼女を待っていたところ。
その弟「秀」と出会ったのでした。
当人も感じているそのまま、地味目な雰囲気の割りにエロい彼女。
「秀くん」を誘ったのは、つまみ食い的な感じ。
周期的にムラムラしていた
とか言ってました。
男子か。
でも…「秀くん」が羨ましいですね。

113:「優等生に必要な授業」
お嬢様学校に通う超優等生「比奈町美影(ひなまち・みかげ)」
彼女の家庭教師をすることとなった「北見」でしたが。
その初日は彼の想像とは異なるもので、以後彼女のペースに乗せられてしまうのでした。
温室育ちで、「北見くん」が家庭教師に抜擢されたのも父親が彼女の父の部下という関係があったため。
まぁ、年頃な娘さんで、隔離されてるような感じなので。
より興味持つのも不思議ではないかな。
そもそも勉強は出来、本人曰く”家庭教師は必要ない”というのもその通りなのでしょうから。
えっちも出来、結構オイシイ家庭教師先だと思います。
オチでは可愛らしい一面を見せてくれていました。

133:「ドロップアイドル」
アイドル候補生として人気を集める「神領栞」
控えめな優等生で学校内でも男女から支持されており。
ご近所さんで、幼馴染みな「友宏」は羨望の的だったのですが…。
彼女の真の姿は外面から想像もできないものでした。
事あるごとにえっちせがまれていた「友宏くん」
校内でも関係なく、外でもスカート自らめくって見せている場面があり。
他男子からの発言なども踏まえると、結構隙があったりして、清楚ながらえっちっぽいオーラがあるので人気なのではないかなぁ。
そんな彼女に不安をもった「友宏くん」がメイン。
人気アイドルですからね。
ただ、それを受けた「栞さん」の発言から察するに、アイドル活動は本人が進んでやっている訳ではなさそう。
引退とか発言もありしたから…。
ぜひ、2人の初えっちとか、アイドルになるくだりを見てみたいですね。

153:「ミステリートラップ」
科学部志望だった「六合(くに)」くん。
しかし、棟を間違えており、訪ねた先はミステリー研だったのです。
そちら部員は「藤枝露子」だけで、廃部の危機を迎えており…。
彼女から強引な勧誘をされるのでした。
お茶に一服盛られてしまいました。
さすがミステリー研(笑)
ただ、前半のアレは「露子さん」が抱き着いたのか、よろけた彼を受け止めたのか、分からないですね。
(※次の台詞から、抱き着かれたのだと思いましたが)
よくある感じで、気付くと拘束されていて~って方が良かったように思います。
部存続のためにえっち仕掛けるくらいならば、最初から好みの男子を誘惑した方が手っ取り早いのでは?
おっぱいも大きく、あの容姿であれば確実に引っかかると思います。
あるいは、描かれていませんでしたが変人めいたところあるのかなぁ。
オチでは可愛らしい所を見せてくれていました。

弓坂さん、図書委員長「初瀬」
※左:弓坂さん、右:図書委員長「初瀬」

173:「夕暮れ図書室」
読書が趣味で毎日図書室へと通っていた「仙田」
ある日、図書委員長「初瀬」から、
手伝ってほしいことあるんだけど
そう誘われたところ…という切っ掛け。
眼鏡で巨乳な「初瀬さん」
彼女のお口プレイを我慢できれば本を借りれるとのことでしたが。
ことごとく負けているらしい「仙田くん」でした。
まぁ、若いからね。
果たして何分間我慢すればいいのかなぁ。
連休中に対策をしてきたようなのですが…逆に出し切っていた方が耐えられると思うよ。
ちなみに、後半はなんだかイキきったら負け、みたいな感じになっていました。
しかし、成年漫画の図書室系でセオリーな見上げパンチラがなかったのはやや残念。
センセは下着にあまり執着ないみたい。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「笹森トモエ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
もともと同人誌で大人気だったそうですが、それも納得。
えっちでした。
制服多いのは大変結構なのですが…。
ヒロインほか、やや全体的にバリエーションには欠けてる印象でした。
センセの売りがこうした系統だというのは十分理解したつもりなのですが。
もうちょっと、プラスなんちゃら、フェチっぽさかな…。
そんなんが欲しかったです。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ

■〇〇〇(ピー)するオンナノコ (さつよ)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ロリ、ラブコメ、フェチ
・構成 : 短編×9話(うち「ボーイッシュ シリーズ」×2)
・おまけ: あとがき、イラスト

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さつよ」センセの「〇〇〇(ピー)するオンナノコ」です。

アキラちゃん
※アキラちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録はシリーズものが2話、その他は短編という構成。
シリーズ漫画は前回も収録があったもの。
紹介帯によると、こちらが完結編だそうです。
また、本単行本を紹介するような、ショート短編も1話ありました。
全部ではないようですが、同一世界なお話、ゲスト出演とかもありましたよー。
LOのくくりで、こちらも当然ながらロリ系(※第260弾だって)
フェチ感とラブコメな要素が強い漫画群でした
やんわりブラックな色もあったものの、基本的にはコメディーちっくな明るいお話ばかり。
そうしたテンションがため、先のシリーズ完結編という1話は他とは一線を画す優れたエピソードでした。
前巻を持っている方は是非に。
なお、読んでなくとも楽しめるのでご安心ください(←私がそうです)
もう1つ、漫画でのポイントは紹介帯にしっかり書かれていたので。
そんなんお好きな方は、手に取って問題ないでしょう。

さらりとした細線での作画。
デジタルな色付きで濃淡はやや薄め。
枠間ほか白比率がそこそこあり。
過ぎないくらいの描き込みで、全体はさっぱりとした原稿具合です。
人物は丸い輪郭と大きい目・小さい鼻という可愛らしい漫画絵。
スタイルは当然ながらロリっとしたもので、バランスうまーく女の子を表現されていました。
服装や小物、さらに背景など、なんというか人物とマッチした丁度良い雰囲気。
不足なく、かと言って過ぎない~みたいなん
表現はややコメディー寄りですが、そう派手でもありません。
カラーでもイメージは変わらないため、判断については↓表紙・裏表紙で大丈夫。

 【 収録話 】 9話収録

003:「水着キツすぎ!」
間違えて去年の水着を持ってきたため、パツパツであった「夏希」
彼女の川遊びの引率で来ていた「颯」は水着自体を忘れたため、見守ることとしたのですが。
そこそこ成長していた彼女の姿は、どことなくエロス感があったのです。
こちらの「夏希ちゃん」が↓表紙を担当しています。
そのまま日焼け跡と広いオデコがポイントな彼女。
いかにも可愛らしい容姿でないのも特徴的です(三白眼っぽいのね)
彼女との切っ掛けは、タイトル通り水着が小さかったことが要因の1つ。
落ち込む彼女を励ますべく、彼の言った台詞が楽しい
連行されちゃうぞ。
普通に聞けば立派なヘンタイ発言なのですが、恋愛感情ある異性にとっては別。
あばたもえくぼ、という感じですわね。
そんな訳で、成年漫画で河原の定番、野外えっちとなっていました。
オチの彼女が可愛い。
これから…あちこちであるぞ。

夏希ちゃん、島田結菜
※左:夏希ちゃん、右:島田結菜

023:「目覚めちゃったから」
教師「谷口」と関係していた「島田結菜」
えっちな事に、より興味をもつようになっており…。
彼に再度のえっちをお願いするのでした。
よくありそうな成年漫画とは逆のパターン。
こうした普通の女の子に、ちょっと脅迫めいたお願いをさせているのですか…異常に怖さがありますね。
まあ、彼女の言うとおり、もう最後まで面倒見るしかないでしょう。
続きどうなるのか見たいですね。
(※その後の2人については、別エピソードでちらと話題になってましたので見逃さぬように)

053:「〇〇とお尻とボーイッシュ」※禁止ワードなため伏字。
075:「卒業と制服とボーイッシュ」
電車でお尻を触られた、と嬉しそうに話すボーイッシュな「アキラ」
しかし、ニュースによると男児専門らしく…。
女子だと見られなかったかもしれない彼女は落ち込んでしまうのでした。
褐色肌でベリーショートな「アキラちゃん」
裏表紙の娘さんです。(※前単行本でも2話担当している)
そっちでは本編より年齢高く、そもそも脱いでいるため女の子然としていますが。
漫画での彼女は、言動から男子っぽい雰囲気です。
まぁ、間違われたんだろうなぁ。
(※女子狙いならば、活発そうなので対象外になるのでは?)
そんな流れのため、ごっこプレイなえっち展開です。
これがなかなかエロいんですが…「アキラちゃん」の語る、そもそも電車に乗った理由で驚き。
あ、そーいう娘なのか。
そもそも彼とのえっちを普通にしてるんだもんね…。
しかも、後半はお尻えっちだったりしました。

2話目「卒業と制服とボーイッシュ」はタイトル通りに卒業エピソード。
シチュエーションは異なるため、裏表紙はこちらエピソードのイメージ絵です。
前回はコメディー要素(…とエロ要素)が強いものでしたが、こちらは時期もあってシリアス気味
さすがに泣くほどではないものの、後半などはじんわりくる良エピソードでした。
収録ではこちらの話がダントツに好き
オチの服装も良かったです。
だからと言って、急に女性らしくなる訳ではないでしょうから。
もうひとまわり年齢過ぎると、また違ってくるかもしれませんが。

101:「秘密の指あそび」
近所に住む「西田彩花」
夏休みの間、彼女の宿題を見てあげることとなったのです。
真面目でもの静かな彼女はとても良い娘で、予想外に大変ではなく。
子供らしく過ごしてもらうべく、”やりたくてもやれないこと”を聞いたところ。
予想外な返事があったのです。
もしかしたら、実際にあるかもしれない、ような気がしないでもない展開
聞いたくだりが実に可笑しい。
そもそも彼にエロい目的はなかったから、そりゃーたいそう驚くだろうなぁ。
あの、訳知ってるか、はたまた無知か~という、どっちかギリギリっぽい感じが恐ろしくもエロい。
(この時代、調べようと思えばどうにでもなるし、そこそこ知識あるのではないかなぁ…)
見てて良いそうでした。
オチの彼女もまた凄い。
やっぱり知ってるんじゃーないかな。

119:「まりあ、虎になるのだ!!」
なんだろう、ってタイトルですが…。
ヒロイン「まりあ」ちゃんが、本編にて虎の着ぐるみ・寝間着を着用していたためです。
故あって、お隣の娘「まりあ」を預かることとなった主人公。
夜も遅く、寝かせるだけで良いかと思いきや。
トラはね、やこうせいなの!
そう言い放った彼女は元気ハツラツで、寝そうな雰囲気は微塵もなかったのでした。
案外、子供は寝ないよね…。
疲れさせるため、彼女と遊んでいるうちにエロ発展するというもの。
「まりあちゃん」がの親がシングルマザーであったのは、確かにああなる要因になりそう。
ただ…たぶん、この娘喋ると思うぞ。

139:「まずはお友達から」
本屋で男性に突然告白された「百花」
彼女の返事は、
あの…ま…まずはお友達から…
というもので、何度かのデートを経て関係は深まり。
晴れて恋人同士になったのですが…というもの。
唯一の眼鏡ヒロインで文学少女然とした「百花ちゃん」です。
まあね、確かに恋人という関係ではあると思うのだけど。
いい大人な彼氏が、みっともなくて悲しい
(※いちおう、彼氏は「百花ちゃん」の年齢は関係なく一目惚れだった)
彼女のああした反応は当然なのですが。
めげない彼氏によって、徐々に慣れていったのでした。
成年漫画はこうしたところすっ飛ばかして、えっち展開になり易いものですが。
ちょっとリアルっぽいですかね。
あれで愛想つかされなかったのは幸い。
また、不慣れなためああした言動になったものの、根本的な真面目さ(?)がためか。
自ら研究などして、克服しておりました。
イイ娘だ
えっちへの適応も早く、オチではドえろい様が見られます。

西田彩花、凜ちゃん
※左:西田彩花、右:凜ちゃん

161:「寝てる間に援助して」
「凜」は彼氏「翔」に友人「真央」を紹介しました。
お年玉を貰えなかったという彼女が、えっちによって金銭を得ようというのですが。
まだ未体験であるという彼女のため、寝ている間にスルこととなったのでした。
なかなか凄い導入部
この漫画はロリでもラブコメちっくなので、問題はないのですが。
ひと昔前の成年漫画ならば、トンデモない事となってしまいそう。
(※まぁ、必ずしもハード展開になるとは限りませんが…)
年上男性を彼氏としているだけあって、容姿は「凜ちゃん」のが美形で小悪魔ちっく。
大人っぽくてかっこいい
とは「真央ちゃん」から見た彼女の言葉でした。
タイトル通りに「真央ちゃん」は寝ている間のえっち。
しっかりサポートしてくれている「凜ちゃん」が優しいです。
彼女、同級生の間でも性別問わず人気高そうね。
男子連中は相手にされないだろうけど…。

185:「素敵なプレゼント」
6ページのショートもの。
今回単行本の紹介漫画ですわね。
短いながらも、しっかりえっちあるのがポイント。
故あって、収録キャラたちは原稿での登場なのですが…できれば再登場してほしかったなぁ。
ページが足りないか。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「さつよ」センセでした。
紹介文面には、
”ロリスケベマイスターによる楽しく幸せな少女との交わり”
とかありました。
いやはや、もの凄い冠です。
こちらは2冊目の単行本。
前述したとおり、ひでるさんは今回が初見です。
↓表紙・裏表紙に釣り上げられました。
いいよね、日焼け跡。
個人的には、全員冬服で並んでいる中扉(ただし、残念ながら肩より上くらいな位置)、そして下着を持った全裸絵がお気に入り。
しかも、手にする下着はだいたい本編で見せていたものとは、また別のデザインでした。
個性が見えて楽しいですよ。

〇〇〇(ピー)するオンナノコ
 〇〇〇(ピー)するオンナノコ (TENMACOMICS LO) 単行本 , 2019/11/28 [アダルト]
 さつよ (著)
※アマゾン登録なし(19/11/30)

↓あった



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ベリーショート

■ファンキーベイビー (ぬんぬ)

★まんがデーター [18.0/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] コメディー、特殊、制服、複数
・構成 : 初単行本、短編×9話。
・おまけ: あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぬんぬ」センセの「ファンキーベイビー」です。

ほのかとエレナ
※ほのかとエレナ


 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
可愛らしいヒロインらなのですが、ラブ要素は薄く。
(※正確にはちょっとあったりもする)
センセ独特なプレイ、特殊な相手がため、なんというかコメディーちっくに仕上がっています。
しかも、普通に楽しいものでもなく。
ブラックコメディーみたいなんですね。
えー、ひでるさんはある程度耐性ある方だと思っていましたが。
結構、驚きの連続でした。
特に慣れてない方が不意に見ると、かなりびっくりすると思います
気を付けてね。
それ以外では、ロリっとした雰囲気のキュートな制服女子が次々登場するので、そうした点は間違いなく楽しめると思います。

柔らかな曲線での作画。
全体の色づき・濃淡具合は丁度良く、描き込みも同様。
変化のあるコマ割りではみ出し・ぶち抜き多く。
原稿はかなり賑やかな仕上がり
ぱっと見、ちょっとチカチカする印象です。
それでも絵柄は丁寧で乱れ・崩れはなく。
小さいコマや動きのある絵も違和感なく、優れたバランスでした。
人物画は目が大きくまつ毛が太め。
輪郭丸顔の可愛らしい漫画ちっくなもの。
あるいは、これで普通のえっちであったならば…よくある成年漫画という枠に落ち着いていたかもしれません。
(※そうした意味では、路線として正しいのかも)
↓表紙などカラー絵にも賑やかな雰囲気があり。
判断については、だいたいそのままで問題ないでしょう。

 【 収録話 】 9話収録

005:「都市伝説!クンニじじい」
都市伝説である”クンニじじい”の情報を追う新聞部「益子」
女子空手部の先輩「沙耶」は彼女の依頼でボディーガードとして、目撃情報のあった団地で張り込みをすることとなったのでした。
あんなの本当に出没したら、エロいというよりかなり怖いだろうなぁ。
ただ、こちらはコミュニケーションが取れるというのがポイント。
そんなんが、いちおうオチに繋がっています。
そこそこのトコロで逃げちゃう「益子さん」が楽しい。
彼女はもっとしたたかに立ち回っても良かったかな。

027:「平成炬燵物語」
1カ月前、交通事故で死んでしまった「久田翔太郎」
何故か、近くにあった炬燵(こたつ)に魂が移っており…。
現場に花を手向けに来ていた生前の恋人「茜里」にそれを伝えることに成功。
こうして、「翔太郎」は炬燵として彼女の傍にいることとなったのでした。
たぶん…収録では最もぶっ飛んだ、この単行本を代表するような作品
コタツでえっち、ではなくコタツとえっち、なんですね(笑)
現在の体はコタツそのものなんですが、結構万能らしく。
どこからか生えている手や舌を触手のようにしています。
家族も居る中でのプレイ。
知ってる「茜里ちゃん」が変わらずコタツに入ってきていて…。
彼女としては、そんなんを許容してるんですね。
それほどラブラブなのか、はたまたプレイにハマってしまったか。
お話は彼女の妹「瑠里」に気付かれてしまうというもの。
当然ながらえっち展開にはなるのですが、その切っ掛けが意外だったのでお楽しみに。
思わず彼の方が驚いてましたね。
後半は姉妹との複数プレイでした。

茜里、白鳥咲
※左:茜里、右:白鳥咲

047:「身体検査は乙女のひみつ」
1カ月前に転校してきた「七瀬綾」
今日は身体測定の日。
普通の検査が続くなか、友人らが話していた”特別検査”が何であるのか知ることとなったのです。
身体測定で、短パンの体操着姿。
各所でAVのようなエロい測定をされてしまう、というもの。
どうでもいいですが…全員終わるまで時間かかりそうね。
検査は男女別(※最後は男子生徒も参加してるっぽいが)なのですが、あのオチは恥ずかしいなぁ。
それでもダメではないので、イイのかもしれませんが。

067:「おやびん・ヒプノティズム」
ヒロシが遊びでやっていた催眠術アプリ。
男子らを従える女生徒”おやびん”は、あっさりソレにかかってしまったのでした。
実際は野球部の面々なのかな。
3名の男子らとの複数プレイ。
…なのですが。
コレ、実は収録の中ではもっとも普通(?)なえっち展開です。
意識はハッキリしているようなのですが、言動が思うとおりにならない、というのがポイント。
そのため、自らの意思とは裏腹に彼らをえっちに誘っていました。
オチを見る限り、実際彼らを従えるだけの腕っ節があるようです。
…今度は不意打ちで催眠術かけられちゃうぞ。

087:「それいけ!パン工場!」
パン工場で日給15万というバイトを発見した「白鳥咲」
さっそくそちらに行ってみたところ…。
パンはパンでも想像とは異なるものだったのです。
いちおう人間の男も顔を見せているのですが、プレイは全てメカとのえっち。
自ら参加した彼女ですが、どんなんか知らされてなかったこともあり、反応も新鮮でエロい。
AVにもそんなんあったので、好きな人は刺さるのか。
ただ…日給15万も支払えるほど、業績好調には思えないなぁ…。
録画されてたりして。

107:「めにーめにーしすたーず」
帰宅した「由衣」が見たのは、キスする自分らでした。
父親曰く、それらは彼女のクローン体であり。
えっちしないと死んでしまうらしいのです。
合計5体のクローンが登場する、賑やか・華やかな作品
当然ながら全員女子なため、百合えっちとなってます。
各クローンは性格色々っぽかったのですが、あまり目立たなかったのはやや残念。
なお、裏表紙はこちらの「由衣ちゃん」だと思いますが。
オッドアイが可愛いですね。

127:「ちぇんじ ざ しょた」
タイトルそのまま、気付いたら小さい男の子になっていた、というもの。
年齢が大幅に下がるのは、結構なトラブルではあるのですが…。
他短編がもっとぶっ飛んでるため、これくらいは些細な事に見えますわね(笑)
某有名探偵漫画を彷彿とさせるシーンななどもありました。
えっちはショタ趣味な生徒会長さんと。
後半には頑張っていましたが、なかなか衝撃なオチが待っています。

由衣、早坂絵里香
※左:由衣、右:早坂絵里香

147:「スカートの中はファンタジー」
ごく平凡な男子学生「山本和宏」
しかし、気付くと女子の制服スカートになっていたのでした。
おまけに、その持ち主が想い人である「早坂絵里香」だったのです。
先のコタツと同様に、もの凄い発想で収録でもひと際目立つ作品です
(※中扉はこちらの絵)
制服を着ている時間はだいたい学校ということで。
こちらは授業中からの羞恥プレイみたいになってます。
必死に耐える「絵里香ちゃん」がキュート。
後半は保健室。
彼女を心配してやってきた「みなと」・「詩織」らも巻き込んでいるんですが…。
3名揃えたのはこの為だったのか、と思わず唸るようなクライマックスが用意されています。

167:「ほのか頑張るっ!」
父親の仕事がため、”大人のおもちゃ選手権”に参加することとなった「小鳴穂ほのか(おなほ・-)」
決勝戦にて、ドアクメリック社の「エレナ=ディル=ドアクメリック」と対決することとなったのですが…。
その勝負は、大会のタイトルそのままな内容だったのです。
エロ玩具で早くイかせた方が勝ちというもの。
↓表紙を飾っているのは、こちらの「ほのか」・「エレナ」です。
(※中央と左側)
小鳴穂社の作品はタコ型で、触手プレイみたいな趣。
一方のドアクメリック社はメカちっくで、なんというかライバル感(強敵)がありました。
こんなぶっ飛んだお話なのですが、オチ付近はややいい話ちっくにまとまるので、お楽しみに。
なお、「エレナさん」はあとがきページにも登場しています。
センセのお気に入りなのかな。

 【 その他 】

以上、本日は「ぬんぬ」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
ひでるさんは前述しました、裏表紙の「由衣ちゃん」に釣り上げられました。
あの体勢で、ちゃんとパンチラしているのが素敵ですわね。
鏡を置いたセンセの手腕に拍手。
ぱちぱち。
ただ、まさかこんなお話群とは思わなかったです。
エロいことはそうなんですが、次巻はどうしようかなぁ…。

ファンキーベイビー
 ファンキーベイビー (BAVEL COMICS) 単行本 , 2019/10/31 [アダルト]
 ぬんぬ (著)
※アマゾン登録なし(19/11/24)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー パンチラ

■やみつきフェロモン (ヘリを)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、巨乳
・構成 : 初単行本、短編×8話。
・おまけ: カバー裏にあとがき・作品解説、イラスト、
     描き下ろし(?)各話afterあり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ヘリを」センセの「やみつきフェロモン」です。

ラニ
※ラニ

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
たぶん描き下ろしだと思いますが、各話1ページづつその後の風景が差し込まれていました
(※合計8ページほどあります)
単純に話数としては、8話ほどなのですが。
各話のページ量はたっぷりで、全242ページと厚みのある単行本。
フルカラーな本みたいに、ずしっとした重さがありました。
ジャンルはラブコメ
ラブ・コメのどちらも強く、またブラック色も薄く、楽しく読める作品群です。
ヒロインほか登場人物らはしっかり描かれていて個性も強く。
どちらの方も印象に残ります
全ヒロインが集合しているイラストがあるのですが、顔でぱっとお話が浮かびますよ。

柔らか線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、濃淡は強め。
描き込みはちょうど良いくらいだと思います。
コマ割りは中小で変化あり、はみ出し・ぶち抜きは多く。
原稿はかなり賑やかです。
表現はコメディー調。
崩しもあったものの、読んでいて違和感はありません。
漫画はお上手で引っ掛かる箇所もなく、厚みある単行本でしたがサクサク読み進められました
小さいコマなどはさっぱり気味に描かれていましたが、バランス感は保たれていて。
その点でも問題ないでしょう。
人物絵は幅広な輪郭でタレ目な可愛らしいお姉さん系。
むちむちとしたスタイルが特徴的で、皆さん立派なバストでした。
そのあたりは↓表紙に釣り上げられた方も満足いただけると思います。
カラー絵は彩色の良さがでていて、やや雰囲気異なるのですが。
だいたいの判断にはそちらで問題ありません。
ちょろっとでしたが紹介帯のカット絵と共に判断するのがいいでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

005:「すこしはがんばれ!めいなちゃん」
いつも後ろにくっついてくるような、幼馴染み「芽衣菜」
甘え放題な彼女でしたが…。
都内で内定を得ていた彼は、のちのち家を出ることとなっていたのです。
面倒見の良い彼にとっては相性の良い娘さんなのだと思います。
…が、個人的にこのタイプは不得意。
これまで関係は兄妹っぽかった様子でした。
えっち仕掛けるのは、確かにこのタイミングなのでしょうね。
あー見えて、そこそこ計算づくなのでは。

039:「図書室を閉めてから」
容姿がためヤンキーだのなんだのと勝手な噂話を立てられている「不動」
そんな彼は先輩・図書委員の「須本やよい」を気に入り、よく締め作業を手伝っていたのです。
ある日、彼女に告白したところ…。
「やよい」は驚くべき言動をはじめたのでした。
いかにも清楚そうな女性が、実はドエロいという定番的なエピソード。
ただ、「やよいさん」がああして本性を見せたのは…。
彼が真っ直ぐな告白したため、でしょうね。
(※ちなみに、彼女の返事がまたちょっと独特なのでお楽しみに)
「不動くん」は人付き合い下手なだけの普通の男子っぽいので、おそらく彼女に振り回され続けるのではなかろうか。
「やよいさん」もあまり本気をださないように(笑)

須本やよい、坂口美織
※左:須本やよい、右:坂口美織

073:「バージンちゃうわ!」
会う度に揉めている「金城まみ」・「稲生達己」のお話。
どちらも大学デビューで、相手探しに必死でした。
それぞれの飲み会が偶然同じ場所で鉢合わせた2人はいつものように口喧嘩し始めてしまい…。
2人して追い出されてしまったのでした。
えっちに至るまでのくだりが楽しい1話
まぁ、あーも仲良いと、他は立ち入れない雰囲気ですわね。
お互い探り合いなえっち最中も面白かったのですが、やっぱりオチでしょう。
見てるこっちが恥ずかしいよ。

107:「お堅い女と言わないで」
真面目な性格から、経理の裏番長と呼ばれていた「坂口美織」
営業「澤居」は彼女と真逆の調子良いタイプであり。
経費処理では度々衝突しておりました。
ある日の一言がため、酒場でヤケ酒していたところ。
愚痴った当の相手・「澤居」もそこで飲んでいたのでした。
個人的に大好きなオフィス話
人の悪口には気を付けましょう。
(※かく言うひでるさんもソレで失敗した経験があります…)
気を抜くと関西弁になる、「坂口さん」が可愛い。
えっちへのくだりも、大人な駆け引きで良かったです。
相手は選んだつもりよ
そう格好良く決めた後のコマがまたえっちで素敵。
下着も黒だったりしていて…この後はぜひ会社内でお手付きしたくなりますよ。
えっちでの「坂口さん」も注目です。
びっくりしましたが…まぁ、ある意味すごい彼女らしいか。

135:「RESORT LOVER」
彼女に振られて一人旅となった挙句、外国で財布を無くして途方に暮れていた「仁郎」
現地の少女「ラニ」がそれを拾っており。
顔写真のカードもあったため、それを届けてくれたのです。
父親が日本人だという「ラニ」は日本語も喋れ、傷心旅行だった彼の身の上をきいた彼女はガイドかたがたデートとして付き合うと言い出したのでした。
南国美少女とのエピソード。
黒髪に褐色肌という「ラニちゃん」が実に魅力的な1話
裏表紙が彼女なのですが、本編の一場面を抜き出したような絵になっています。
(※細部は異なるものの)
えっちに至るくだりは、どこぞの映画みたいで素敵。
冗談で男の人に迫れるほど、大人じゃないもん
とか言ってましたよ。
そんなん言われたら、ぐさーなるだろうなぁ。
また、彼女がそーまでした理由というのも良いですね。
こんなんセオリーなのかな。
afterでの「ラニちゃん」がまた1コマながら物凄い破壊力で。
本編気に入った方は、ここで再度撃沈されると思います。

163:「やみつきフェロモン」
目立つ言動と派手さで人気のある「日野千夏」
ぱっと冴えない男子「城戸」のため、頻繁に後輩のクラスを尋ねてくるようになっていたのですが…。
当人も、なにゆえそこまで好かれるのか、理由は分からなかったのでした。
こちらが表題作。
↓表紙も「千夏さん」です。
そちら、よーく見ると分かるのですが、背景はトイレなんですね。
本編でも学校のトイレというシチュエーション。
(※しかも男子トイレです)
ああして魅力的な先輩から、一方的にラブラブされる~というのはイイですね。
羨ましいですね。
なにゆえ「千夏さん」があーもラブラブであるのかは、いちおう伏せておきます。
まんま書かれてはいるのだけど。
あのオチ後、「城戸くん」はクラス内での扱い変わるだろうなぁ。

191:「キミとリトライ」
「栞奈(かんな)」との初えっちに失敗してから1週間。
1年間の付き合いもあるため、「浩司」は関係維持した方が良いかと考えていたのですが…。
なんと、彼女の方から誘ってきたのでした。
理解ある女性で良かったですね
えっち時の台詞もいい感じでした。
タレ目ヒロインが多いのですが、彼女はツリ目で凜とした雰囲気のある美少女。
小柄ながらバストは大きいという、アンバランスさが魅力的なのでした。
(※逆に「浩司くん」は背丈あり、彼の脇あたりが「栞奈ちゃん」の頭という身長差)
なお、「栞奈ちゃん」は普段は髪をツーサイドアップにしているのですが。
えっち時はシャワー後であるため、髪下ろしています。
afterでは別ヒロインとの共演が見れますよ。

日野千夏、妖狐
※左:日野千夏、右:妖狐

217:「おしかけ妖狐さま」
人気無い神社でお百度詣りをしていた主人公。
その願いは恋人ができて童貞卒業~というものであり。
興味をもった妖狐は彼の前に姿を見せたのでした。
漫画ではよく見られる、お狐様ヒロイン。
いまどきお百度詣りなんて…確かにそこまで努力できるなら、もっと違うベクトルで頑張れば良さそうなのにね。
妖狐「ヨウコ」さんは狐耳と尻尾があるほかだいたい普通の女性。
巫女服と花魁が混ざったような服装でした。
中扉ではカラーで見られるので、読み終わった後にはぜひ先頭まで戻って見てみてください。
個人的には片目隠れる髪型が素敵。
詳細は伏せますが、前半で彼女がだだ泣きするくだりが楽しい
珍しい反応でした。
こうしたキャラの常として、強引にえっちに持ち込むのはセオリーなんですけどね。
オチも良かったのですが、afterがもの凄く好き。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ヘリを」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
豪華BOX版なども発売されていて、出版社さんの力の入れようが見えました。
店頭ではどちらにしようか、どうしようか迷いましたが…。
その日の個人的な事情もあって、無難な通常版にさせていただきました。
BOXの絵柄は刺さってたんですけどねー。
読んだ後の感覚では。
ううむ、そっちでも良かったかな、と…。

やみつきフェロモン やみつきフェロモン (GOTコミックス) 単行本 , 2019/11/25 [アダルト]
                  ヘリを (著)
                 ※アマゾン登録なし(短編ならば電子書籍でありました19/11/23)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツーサイドアップ

■おじさんといっしょ (成田コウ)

★まんがデーター [14.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●◎○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、ブラック
・構成 : 9話収録。
・おまけ: あとがき、ゲストページ、合間に作品解説、
      カバー裏にラフ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「成田コウ(なりた・こう)」センセの「おじさんといっしょ」です。

まい、お嬢様
※左:まい、右:お嬢様

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編。
連続や後日談みたいなのはありませんでした。
ゲスト出演で繋がりあるエピソードがあったものの、1つだけ。
今後に期待しましょう。
お話はラブコメ的な読み易いものと、ブラックで毒素あるものが半々くらいなイメージ
ブラック系は真っ暗なものほか、なんとない毒を感じるものですね。
ヒロインの個性がハッキリとしていて、それで牽引しているようなお話。
短編というのもあるかと思いますが、ストーリー的にもう少し楽しみたいかなー、って思いました。

しっかりとした黒線での作画。
全体の色づきはそこそこで、濃淡・描き込みは適度なくらい。
枠間は確保されていて、コマ割りはやや細かめ。
賑やかですが乱れなく丁寧で、見辛いところはありません。
小コマや引き絵も問題ない感じです。
配置・漫画運びでやや気になるところもありましたが、些細な程度。
そう気にするほどの崩れはなかったです。
人物はふっくら輪郭で丸い頬が特徴の漫画らしい可愛さ。
スタイルはむちむちふんわりと健康的です。
愛らしくコメディー要素もあるため、ブラックとなった際の落差が大きい。
個人的には好みでもあるため、コメディーちっくのが合ってるかなーって感じました。
判断についてはカラーとそう変化ないため、↓表紙・裏表紙で大丈夫です。

 【 収録話 】 9話収録

003:「サポートJKとお突き合い」
「のぞみ」は彼氏のため、友人の紹介で援交をすることとなったのです。
ごく簡単にはそんなお話。
一見、いい人そうだったお相手「サトー」でしたが。
えっち相手はまた別の男性「アライ」だったり、後半での彼の行動なとが気になり。
なんだか…この先トンデモない事態に発展してしまいそう
まぁ、「のぞみちゃん」も楽しんでいたのでいいのかな。
今回の↓表紙は彼女です。

025:「決め打ち・おとなりさん」
雪もちらつく12月の夜。
帰宅した「瀬戸祐介」は通路に立っていたお隣に住む「都築ありさ」を発見。
カギをなくした、と言う彼女を部屋に入れたのですが…。
その後、毎日のように家で帰りを待つようになってしまったのでした。
そんな、押し掛け女房的なヒロインです。
黒髪ロングで清楚な雰囲気もある「ありささん」
あーんな娘が家で待っててくれるのは嬉しいですよねー
制服・エプロンという姿でした。
いいなあ、オイ。
詳細は面白いので伏せますが、彼女の行動が面白い
ずっと機会を伺っていたのかな。
男子にとって、オチはちょっと怖いですが。

のぞみ、都築ありさ
※左:のぞみ、右:都築ありさ

043:「既読無視」
新学期「柏木あいり」は「野呂このみ」の隣の席になりました。
「とろみ」とあだ名される彼女は不思議ちゃんとして知られていて。
その通り独特な娘でしたが、”文字通り受け取る”面白娘でもあったのでした。
そんなオープニングの、女性2人の友情話…になる訳もなく。
後半はなかなかトンデモな展開です
まぁ、成年漫画ですからね。
「あいりちゃん」はまったく悪い訳でなく、変な娘と関わってしまって気の毒な感じ
また、こうした展開で、あーした男子生徒らは定番なのですが。
もう少し普通な感じ(特に複数でなくて良いかと思う)でもいいのではないかなぁ。
なんというか、いかにも漫画ちっくで…。

065:「素股イン・プレー」
彼氏のいるテニス部の部長「まい」
部のため、直接行為は避けていたんですが…引退となった日、初めてすると決めていたのでした。
そんな感じの初えっち話。
ショートカット、日焼け跡という典型的なスポーツ女子の「まいちゃん」
後輩の前では”カッコイイ先輩”を演じているのが可愛い。
彼氏「ケン」は恰幅の良い体型。
ケーキ作ったりしているようなので、胃袋を掴んだのかな
2人の切っ掛けどんなんだったか見てみたい。
それまでは素股をしていたらしく。
ソレはそれでまたエロくていいなー。
オチが甘いです。

087:「人前ではお行儀よく」
「タク」こと「拓哉」と「和美」のえっち短編。
最後に全てが判明するタイプとなっていました
なるほど、センセの思惑通り、最初から読み返したくなるなる。
言動にちょっとヒントありましたが、最初は分からないだろうなぁ。
ちなみに、
二割らしいよ
…とか言っていましたが。
自らがその二割になるかもしれない、って考えはないのかね。
そんなんだと…後悔するぞ。

109:「逆転カースト」
ガリ勉で知られる「木田」はクラスメイト「木山かおり」から、
”ガリ便器”
というあだ名と共に、好き勝手していたところ…というお話。
ひどくいじめてたわけじゃない」
冒頭にそんなことを言っていましたが。
まぁ、スル方の勝手な言い分ですよね。
自業自得でしょう。
「木田くん」は単なるガリ勉でなく、実際に学年1位の実力者。
ああして本気を出せば、逆転もそう難しいことではないかな。
(※彼女単独なので)
あーでも、なんというか優しさあれば、また違った結果だったかもしれませんね。

129:「おくちスイッチ」
付き合って1年という彼女「弥生」
「遼太」にはぜひ彼女にお願いしたい事があり。
機会を虎視眈々とうかがっていたのでした。
そんな感じの、タイトルそのままお口えっちなお話。
眼鏡と口元の黒子が特徴な「弥生さん」
大人しそうな可愛らしい娘ですね。
結構バストあるのもいい感じ。
嫌われる、と思っていたそれですが、実は彼女の方にも事情があり。
万事巧く運ぶというもの。
まぁ、ああした事はやっぱり素直に話すのが吉
それで嫌われたならば、仕方ないことでしょう。
ただ、オチでは「遼太くん」に試練が。
ガンバレ。

151:「ボクのワガママお嬢様」
お嬢様から買い物を頼まれた「健太郎」
その品目は”避妊具”で、今度は何を頼まれるかと困っていたところ。
帰宅した彼女は性体験をするべく、2つのプランを用意していたのでした。
切っ掛けとなっているのが、「決め打ち・おとなりさん」のヒロイン「ありささん」
ちょろっと顔も見せていましたよ。
そもそも「健太郎くん」は仕える身で彼女に頭が上がらず。
言われるままとなっていました。
お嬢様の黒ストッキングが魅力的。
できればもう少しその姿を見たかったですが…まぁ、目的がソレですからね。
彼女の真意が実に甘く、ほっこりさせられるのですが。
オチで実にらしい所を見せてくれました。

香穂
※香穂

171:「放課後の幼馴染」
物腰穏やかで優しく理解のある「香穂」
しかし、それは外面だけで、実際は感情を隠さない、ゲーム好きな女子でした。
そのため、告白はされるものの全て断っていて。
幼馴染み「徹」とよくつるんでいたのです。
本人が言うそのまま、素を見せれる「徹くん」はそれだけで特別な存在
彼女は強い感じなので、あるいは強情なまま過ぎてしまったかもしれませんが。
ああして素直になったのは良い事。
まぁ、良かったねぇ。
収録では最もラブコメ感あるお話だったと思います。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「成田コウ」センセでした。
こちらが3冊目の様子。
ひでるさんは今回が初見でした。
個人的に好きな”コミック高レーベル”で。
むちっとした雰囲気のある裏表紙が刺さりました。
絵的には予測そのまま結構好みで良かったのですが。
お話がなかなかにブラック感あり、そこがイマイチ。
特に「既読無視」のエピソードは読後感も重く…合いませんでした。
押し掛けの「ありさ」、テニス部「まい」、お嬢様にゲーム好きな「香穂ちゃん」らのお話は良かったんですがね…。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット

■はいっておいでよ (よこしま日記)

★まんがデーター [17.5/20.0]
・絵柄 :●●●●●
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●◎
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、ブラック、コメディー
・構成 : 短編×8話。
・おまけ: あとがき、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「よこしま日記(よこしまにっき)」センセの「はいっておいでよ」です。

加奈ちゃん
※加奈ちゃん

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
基本的には男性よりえっちな女性らが登場しているのですが。
そのジャンルは様々で幅広く、お話によってだいぶ人を選びそうな印象
ラブコメコメディー色の強いものがある一方。
フェチ感強いものや、ゾッとなるようなプラック漫画もありました。
そうした、どちらの短編も出来栄えが優れているため。
変な話ですが、より得意・不得意を分けそうな気がしました。
それぞれのお話らはまた優れた作画が支えており、読み応えのある1冊です。
幅広い心で読むのがいいかもしれませんよ。
耐性弱いネタを持つ方は要注意

やや濃いめな細線での作画。
全体の色づきはしっかりしていて、色彩はやや強めというくらい。
描き込みは細かく、メリハリもしっかり。
コマ割りは変化のあるものでした。
全体的にバランス感覚に優れていて、違和感ある箇所はなく。
背景や小物などもお上手。
服装などもコテコテし過ぎずとも質感あるものです。
人物絵は大きめな黒目で気持ち鋭角気味。
基本的には漫画っぽいものの、適度なリアルさもあり。
迫力がありました。
ぱっとシリアス調になる緊張感ある部分など、原稿からドキッとさせられると思います。
カラーはまたその良さがあるので、判断は裏表紙のカット絵が良いでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

001:「ソープのすゝめ」
付き合い始めて半年という「加奈」・「茂」のカップル。
清い交際で、まだ手も繋いだことないという2人でしたが。
誕生日の要望を聞いたその日から、「加奈」の意識は大きく揺らぐこととなったのでした。
冒頭エピソードは「加奈ちゃん」のぶっ飛び具合が楽しい、おバカ漫画。
まぁ、あーまでしてくれるのは、ある意味ラブラブであるという証拠なんですけれどね。
タイトルにあるような、ソーププレイが楽しめます。
なにゆえそう誤解したのかは内緒。
「カノン」とか源氏名も用意していて、なかなか本格的でした(笑)
そんなえっちでいいのか。
あーなる前の「加奈ちゃん」が2から4ページに描かれているのですが、その変貌っぷりが凄まじい。

021:「プール裏の秘密」
落とした眼鏡をさがしていた「修作」
とても暑い日で、ふらと倒れていたところ。
プール裏のとある秘密を知ることとなったのです。
前半の描写が秀逸なのですが。
ネタがけっこう特殊なので、人を選びます
フェチ感あって良いんですけどね。
不特定多数と交際してるらしい、ヒロイン「樫原水樹」とのやり取りが楽しい。
真面目な男子と遊び慣れた女子という、最近ちらほら漫画で見かけるようなカップルでした。
キャラ良く、プレイの特殊さも含めて面白く。
また別のシチュエーションが見たいお話でした。
(※某書店でのおまけ小冊子が2人のその後エピソードでした)

樫原水樹、人妻「大原香澄」
※左:樫原水樹、右:人妻「大原香澄」

043:「熟女ファイト」
姉に無理やり手伝わされた、ママさんバレーチームでの雑用。
「大悟」のイメージとは違って、若い女性が多くなかなか役得な面もあり。
特に人妻「大原香澄」は魅力的な女性で気になっていたところ。
試合会場まで彼女を送るという、2人きりのチャンスを得たのでした。
前半でのお姉ちゃんとのやり取りは前フリになっていて。
うそっ…本当にお馬さんみたい…
とかなんとか、「大悟くん」の持ち物は実際に凄いようです(笑)
やり取りのキーワードが面白い短編。
人妻のつまみ食いみたいな漫画なのですが、えっちしてただOKとはいかないあのオチが素晴らしいと思います。
女性は複雑ですわね。

063:「農家になります!」
仕事では先輩で教育担当だった「相沢悠凪(あいざわ・ゆうな)」
優秀な彼女に惹かれた「片山」は結婚を申し出たところ。
1つ条件を言われたのでした。
タイトルそのまま、脱サラして農家に転職というもの。
「悠凪さん」は子供のころから夢だったそうです。
職場での彼女を見る限り、神経すり減らして仕事してたのかなー
実際の彼女は非常に可愛らしい方で、農家になってからは表情も生き生きとしていました。
髪型も含めて、収録でのお気に入りです。
えっちがご無沙汰であった理由がまたキュート。
これからは彼が妄想していたような、畑仕事中のプレイも許してもらえるかも。

089:「記念日」
付き合っていた「奈央」に別れ話を切り出した「弘樹」
相談に乗ってくれていた「千佳」に、いつしか心変わりしてしまったのです。
こうして「奈央」との関係は終わり…。
2人は晴れて恋人同士になったのでした。
前半の描写は特に良く、引き込まれるのですが。
これでめでたしめでたし、とはならないのがポイント。
実際、バッドエンドまでは描かれていないのですが…。
たぶん、アレで最後になるのではないかなぁ。
2回目でよーく見ると若干前フリみたいなのもありましたが、オチにぞっとしてください。

115:「ゼミ友達」
ゼミで知り合った「稲本亜美」と付き合う「日野」
ただ、彼は恋愛毎に疎く、わざわざ関係を否定するようなことを公言していたのです。
そうした潔癖な「日野」に手を焼いていた「亜美」
友人「沢山」に相談を持ち掛けていたのですが…というもの。
漫画にはもう1人男子「本部」が登場するのですが。
揃ってクズで、煮え切らない主人公「日野くん」も含めてイラっとする登場人物群。
あっさり流されてるヒロイン「亜美ちゃん」も同様。
(※切っ掛けは不明ですが)
聞き耳を立てて悶絶する「日野くん」の描写が素晴らしい作品でした。
まぁ、ネトラレものなので、キッチリ人を選びます。
耐性ない人は注意。
オチあんな感じになっていましたが…彼では務まらないと思う
2話続いて心揺さぶられるようなお話でしたわ。

141:「同級生に〇〇が生えちゃった!?」
修学旅行にて、「葵」の持っていた薬を勘違いして飲んでしまった「和馬」
しかし、それは酔い止め薬などではなく…。
彼を呼び出した「葵」から、衝撃な病を聞くこととなったのです。
それ以後、バレないよう2人で行動していたところ~という流れ。
14ページとやや短めな短編。
何が生えたのかは、いちおう内緒ね
「葵」・「和馬」どちらも発症してしまったので、修学旅行を2人で回るというもの。
あるいは良い切っ掛けだったかもしれませんね。
見方によっては結構深刻な事態なのですが、漫画はコメディー調です。

相沢悠凪、美津原慧
※左:相沢悠凪、右:美津原慧

155:「BGMを作ろう」
学園祭での曲を作っていた「太一」と「結城」
そこに、”1000人斬りする”などと言っていた「美津原慧(みつはら・けい)」がやってきたのでした。
SEXのBGMで…モテるのかな。
実際オチは学際での演奏で、面白い結末でしたが。
途中までの流れが…うん、まあ、「慧さん」が好き勝手やって振り回したって感じなのかな。
さすがは千人斬りを目指す女子。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「よこしま日記」センセでした。
こちらのブログでは、初単行本「よこしまむすめ」を紹介しています。
こちらが2冊目。
絵柄はまたすこぶる良く、好みな仕上がり。
↓表紙は店頭でぺかー、と輝いて見えました
また裏表紙がいいんですよね、可愛くエロく。
漫画は「農家になります!」が最も好み。
前述したようにエピソードは様々で、どうしてもオールOKとならないのが個人的には悩みどころでした。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■ヒップランナー (有賀冬)

★まんがデーター [15.5/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●◎〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] 尻、部活、コメディー、日焼け跡
・構成 : 5話収録(全て表題作・1巻完結)
・おまけ: カバー裏にあとがき漫画「年の尻から頭にかけて」・あとがき。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「有賀冬(ありが・とう)」センセの「ヒップランナー」です。

主人公「水瀬雪乃」
※主人公「水瀬雪乃」

 【 構成・絵柄 】

収録は1冊まるまるの長編。
運動部での部活動漫画となっていました。
詳しくは後述しますね。
お話はラブコメ調ですが、ラブ色はあまりなく。
いちおう真面目にヤッてたトレーニングの描写もあって、全体はコメディー色のが強いです。
オチもそんなんでした。
ヒロインは3名。
うち1名は主役で、毎回プレイに参加しています。
いちおうはトレーニング目的。
単なるえっちとは異なるため、他2名の回でも指導的に参加していましたが、一度に全員参加するようなのはありません。
タイトル通りにお尻が目立って描かれていて、そんなん好きな方にはオススメです。

しっかりとした濃い線での作画。
ジャンル(制服とか陸上ウェア)もあって色彩も強め。
描き込みはだいたい普通くらいですが、大から小のコマ割りは細かく変化大きく。
擬音とか液体表現とかかなり賑やかな原稿具合でした。
ッテリしてます
人物画はデフォルメあって、特にお尻は強調されていて。
ちょっとしたバランスで微妙に見えるところもありました。
派手目な漫画表現でパンチ力もあるため、細かい所はあまり気にならないと思います。
まぁ、だいたい↓表紙に引っかけられる方は満足できるだろう仕上がりでした。
カラーでもそう変化はないのですが、カバーは人物逆さまでお尻以外ぱっと分かり辛い(笑)ため。
判断には、カバー裏のカット絵が良いでしょう。
…といっても、そっちもお尻ばっかりなんですけどね。

 【 収録話 】 5話収録

:「ヒップランナー」 5話
弱小で知られ、部員も4名だけで存続の危機に立たされていた、武弦学園の陸上部。
同学園の水泳部は、1カ月以下のごく僅かな期間で全国レベルになっており。
「水瀬雪乃」はその立役者である「加藤」に秘訣を聞きに行ったところ…。
その秘密と、彼が容易に口を割らなかった理由を知ったのです。。
こうして、「雪乃」は部室にやってきた後輩「萩野満」を相手に実践してみることとなったのでした。
ごく簡単ですが、そんな導入部。

いわゆる部活モノの長編漫画。
一般でも成年系でも、だいたいコーチとか部長とか指導者っぽい者が中心になるのがセオリーですが。
こちらの主人公「雪乃さん」は顧問でも部長でもなく、はたまたエース選手でもありません。
(※人数少ないので、中心選手ではある)
普通の一般部員でした。
珍しいですね
部長はいるものの漫画ではほぼモブ的な扱いで、えっちにも非参加でした。
…というか、部活モノなのに開始時点ではメンバーすら少なく。
女性は「雪乃さん」だけ。
3話で社会人選手「佐原美奈」が加わり、部のエース「柳果子」が登場するのは4話から。
そんなんなので、個人的には…もう少し早く集合させて欲しかったなぁ。

社会人選手「佐原美奈」、エース「柳果子」
※左:社会人選手「佐原美奈」、右:エース「柳果子」

えっちで問題解決、というのはこうした漫画のセオリー。
当然、こちらもそんなん。
トレーニングで結果を出し、幽霊部員も復帰して部一丸となって大会に臨む~という流れも王道だったのですが。
ああしたオチは、ちょっと新鮮さがありました
当然のように巻き込んでいくのではなく、ある意味常識的にまとめたことで逆に可笑しさがあり。
なるほどー、って関心しましたよ。
そのあたりを含めて、この漫画は凄い

シリトレ開始の1話目。
水泳部のくだりは、センセの前単行本「シリトレ!」のもので。
ヒロインらは顔を出していなかったものの、主人公「加藤くん」はバッチリ導き手として顔をだしていました。
読んでいる人には、嬉しいサービスとなってます。
特徴的なアホ毛が可愛い「雪乃さん」
漫画は彼女視点で進むのですが、もともと興味あったのか、伺いに行く段階からエロい事も頭の片隅にあり。
秘訣を知った際には、「萩野くん」を相手に早速おっ始めていました。
彼はもともと好意あったようですが、「雪乃さん」も付き合いが長いだろう部長でなく彼を選んでいるたあたり…多少は彼に好意あったのかなぁ。
後のくだりを見る限り、部への愛着のが何故か強いようでしたが。
他の女性ともバンバンえっちさせてましたから。
こちらでの「雪乃さん」はショートパンツ姿。
やってるのはエロい事であるものの、ちゃんと筋肉とかなんとか本来の目的であるトレーニングを意識し続けてたのが良かったです。
2話目の「雪乃さん」はスパッツ姿。
冒頭では坂道ダッシュをしているんですが、前を走る彼女のお尻が素敵
ううむ、ヤル気が起こるなぁ。
前話での結果がため、頑張って「萩野くん」を煽っていました。
こちらは全編がほぼえっちシーン。
お尻の良さに目覚めた彼も頑張っていました。
収録ではここのプレイが最もお気に入りです。

社会人競技会に学生ボランティアの運営補助として参加していた「雪乃さん」
そこで世話をすることとなった社会人選手「佐原美奈」のタイムは伸び悩んでおり。
彼女が水泳部で有名になっていた武弦学園の生徒だと知った「美奈」は、トレーニング方法について尋ねたのでした。
そんなんが3話目。
実に分かりやすい反応の「雪乃さん」が可愛い。
「雪乃さん」の手ほどきで、「美奈さん」がシリトレにチャレンジするというもの。
呼び出された「萩野くん」との複数えっち展開となります。
「美奈さん」は初めてで、年上なのに反応が初々しくキュート。
なんとなく1話目を見直したところ、彼女と違って「雪乃さん」はだーいぶ余裕があり。
経験者っぽいですね
こちらでも「美奈さん」を導く役回りとなっていました。
Wのお尻に挟まれるプレイが好き。
なお、「美奈さん」は陸上の試合着です。

そんな訳で、「佐原美奈」が臨時コーチとなった後の4話目。
部のエースにして幽霊部員「柳果子」の登場回です。
彼女を説得するため、カフェで始めるのが好き。
小さいコマですが、必死に隠そうとする「美奈さん」が楽しい。
いや、普通分かるだろうなぁ。
メインはトイレ内で、また「雪乃さん」も参加しつつの複数えっち。
先とは違い、対決っぽくなっています。
「果子さん」は単に黒い下着か、すぐ練習できるよう試合着なのか、どっちですかね。

シリトレ開始の「雪乃さん」
※シリトレ開始の「雪乃さん」

漫画の最終話は当然ながら競技会エピソード。
「果子」・「美奈」らそれぞれとのシリトレ風景が描かれ、最後は「雪乃さん」との競技前・アップえっちでした。
せめて個室とか使ってください(笑)
こちらは個別で、複数描写はありません。
さきほど好意どうの書きましたが、ここまで見た限りでは「美奈さん」が最もラブラブしてるかな。
ここまで盛り上がって、ああしたオチはコメディーしていて楽しいです
こんなんもいいですね。

 【 その他 】

以上、本日は「有賀冬」センセでした。
あとがきによると、こちらは11冊目の単行本。
こちらのブログでは過去に「XXX-cellent」を紹介しています。
今回は…陸上、尻、のキーワード2つに釣り上げられました。
いいよね、陸上コスチューム。
ざっと検索したところ、あんな感じになったのはバストある女性の体型と空気抵抗がためだそうな。
へー。






★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー

■お姉ちゃんブートキャンプにようこそ! (ゆたかめ)

★まんがデーター [14.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●〇〇
・漫画 :●●●〇〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ハーレム、巨乳、お姉さん、ミリタリー
・構成 : 短編×6話(うち「お姉ちゃんブートキャンプにようこそ!」×5)
・おまけ: カバー裏に別絵+ネタ絵コマ。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゆたかめ」センセの「お姉ちゃんブートキャンプにようこそ!」です。

ブートキャンプ・ヒロインズ
※ブートキャンプ・ヒロインズ

 【 構成・絵柄 】

収録はメインの中編と短編が1話。
その短編は外伝とかでなく、表題とまったく無関係なものでした。
ジャンルも、お姉ちゃん系でなかったです。
そちら以外は、ほぼ完全にメインの表題作だけ。
ジャンルはタイトルそのまま、お姉ちゃんとのブートキャンプ(新兵訓練)な漫画。
たいがいはエロい描写(笑)なものの、ミリタリーな要素もしっかりあり。
なんというか、ありそうでなかった感じの単行本でした。
(※短編とかでは近いものがあった気もしますが…)
さらに、男子1名に対して複数ヒロインが対応するという、ハーレム要素もあり。
揃って巨乳の持ち主なのでした。
そうした、いくつかのキーワードが合致する方ならば、楽しめることと思います。
ただし、複数ヒロインのはっちゃけ漫画ではあるので、お話はそれなり。
ポイントを間違わないよう注意。

クッキリとした濃い線での作画。
全体の色づきもしっかりしていて、濃淡も強めな仕上がり。
描き込みは丁度良いくらいかと思います。
比較的大きいコマ割りながら、はみ出し・ぶち抜きは頻繁。
原稿はコッテリ濃厚です
ヒロインらのバストサイズそのまま、表現などは派手目。
引き絵にはやや不安定さがあり。
表情や動きには若干硬いところも感じました。
ただし、絵の濃さ・強さからのパンチ力が重いため、あまり細かいところは気にならないと思います。たぶん。
人物画は横長目で輪郭広く、ポッテリとした唇が特徴。
巨乳に相応しいむっちりスタイルで、作画同様に迫力のあるもの。
カラーは色によってやや落ち着いた雰囲気なのですが、判断はおおむねそちらで問題ありません。
あるいは、「ティーアイネット」さんHPのサンプルがオススメです。

 【 収録話 】 6話収録

003:「お姉ちゃんブートキャンプにようこそ!」 4話+1話
冬休みは課題もせず、ただゲームし続けていた「巴明人」
それを察した母親は、馴染みの「武者小路千尋」がやっていた”甘ったれ矯正ブートキャンプ”に依頼。
立派な男になるべく、特訓の日々になってしまったのですが。
そちらの教官らは、「千尋」ほかむちむちな女性教官ばかりだったのです。
だいたいそんなお話。

【 おまけ;ヒロイン一覧 】 ※1名は伏せました。

「武者小路千尋」
 ショートカット。メインヒロインで昔馴染みのお姉ちゃん。
「津村愛」
 鼻に絆創膏でポニーテール。乱暴な口調だが初心。
「アナ・ジョブワ」
 ですわ口調の金髪で陥没。最初から好意的。
「エイミー・E・ルイス」
 男性口調で片目の金髪。最もバスト大きいかも。
「プリヤ・カーン」
 小さい褐色肌。当初、〇学生だと間違われていた。


「アナ・ジョブワ」、「プリヤ・カーン」
※左:「アナ・ジョブワ」、右:「プリヤ・カーン」

地獄だか天国だか分からない、ブートキャンプ生活
…とは、作中の「明人くん」の台詞なのですが。
なるほど、その通り。
教官らが全員魅力的な女性というのは、有り難いですが。
だらだら生活していた彼が、いきなりああした訓練漬けにされるのは…。
たぶん、しんどさのが大きいだろうなぁ。
それでも、射撃訓練とかなんとかで、巨乳押し付けられてたりしており。
自室に戻って、あーなるのは自然なことかも。
最初のえっち相手は、そんな場に鉢合わせたメインヒロイン「千尋さん」
昔は儚げでお淑やかだったそうです。
お姉ちゃん、何があったんだ。
もともと好意はあったらしく、スムーズな展開です。
それでも、教官という立場を貫く様が可笑しい。
その後、お風呂場に行った「明人くん」は、残りの教官4名らと接触。
いきなり複数プレイに発展しています。
ただ、こちらでのえっちは「エイミー・E・ルイス」と「アナ・ジョブワ」の2人。
ほかはサポートでした。

2話目は冒頭に全員での食事シーンがあり。
キャラ間のやり取りなど、それぞれの個性が見えます。
こちらのえっち相手は、前回ヤリ損なっていた「津村愛」
おっぱいガン見してロクに聞いてなさそうな「明人くん」でしたが、ご褒美の一言で超人的なところを発揮しています。
エロい子だ。
ただ、2人のえっちは「千尋さん」に発見されてしまい。
中盤からは軍事法廷に発展。
ここは展開を含めて必見です。
面白い。
詳細は伏せますが…結果として、「プリヤ・カーン」と「アナさん」による刑執行えっちです。
こうしたミリタリーネタなので、前回のような全裸よりもこうした制服でのプレイのが良いですわね。
今回が初である「プリヤさん」がメインで描かれていました。

3話目は故あって、「明人くん」が連れ去られる展開。
実はこの漫画、もう1人ヒロインがいるんですが…未読の方のためにここでは秘密にしておきます。
(※カバーとかカバー裏に登場してましたが)
作中でおそらく最強だろうヒロインですよ。
ひでるさんは彼女が最もお気に入り。

最終訓練な4話目。
それぞれチェックポイントに教官がおり。
突破するのもあるんですが、次々エロいことして片づけていく~みたいな感じになってます。
第1チェックポイントの担当は「アナ」・「愛」の2人。
第2チェックポイントの担当は「エイミー」と謎のもう1人。
それぞれ、強烈なサンドイッチ状態になっていました。
えろ拷問ですね。
最終チェックポイントの担当は「千尋」・「プリヤ」の2人。
第1はアンブッシュ(待ち伏せ、の意味だそうです)、第2は暗闇と訓練っぽいのですが。
こちらは…意味あるような、ないような…単にスムーズにえろい事したいだけでは(笑)
ラストはこうした漫画のお約束になっていました。
個性的な面々が揃っていたので、「明人くん」と2人きりのもう少し落ち着いたシチュエーションとか面白いのではないでしょうか。
シリーズ描かれるならば是非に。

巻末の6ページは後日談みたいなもの。
とくに明記されてなかったですが、描き下ろしとかなのかな。
あの後、お姉ちゃんらに呼び出された彼はブートキャンプ島で海水浴をすることとなったのでした。
ページ量もあり、あっさり浜辺での複数プレイに突入。
今日は無礼講ってことで…
…と、羨ましいハーレムえっちになってます。
それぞれ水着デザイン違っていたので、もう少しじっくり見たかったなぁ。

「武者小路千尋」、「エイミー・E・ルイス」
※左:「武者小路千尋」、右:「エイミー・E・ルイス」

169:「ママの吐息を嬌声に」
長い間海外赴任をしていた父親の訃報から1年。
生活は落ち着いたものの、母はそれ以降ふさぎ込むようになっており。
どうにかその負担を減らそうと、「大志」は家事の手伝いを始めたのでした。
うん、偉い
ただ、母親はちょっと過保護過ぎる感じかなー。
えっちに至るくだりは、あの半分くらいの年齢にすることではないかなぁ、と見えました。
(ただし、「大志くん」の正確な年齢は不明)
オチはあんなんでしたが…。
あーなったら、もうイン・アウトほぼ関係ないわね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ゆたかめ」センセでした。
こちらが3冊目くらいになるのかな。
ひでるさんは今回が初見です。
ものの見事に↓表紙に釣り上げられてしまいました
いいよねー、あの雰囲気。
だいたい期待通りで、楽しく読ませていただきましたが…。
刺さったのは、前述したようにミリタリーっぽさとは関係が薄い(※ちょっとはあるか)キャラでした。
人物画は好みなタイプなので、今後も気にしようと思います。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ミリタリー ショートカット

■さんぴー (ささちん)

★まんがデーター [16.5/20.0]
・絵柄 :●●●●◎
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●○
・独創性:●●●●○
・属性 : [成年] ラブコメ、複数、
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、10話収録(うち「はじめてH大作戦! 」×2)
・おまけ: あとがき、

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ささちん」センセの「さんぴー」です。

「結衣」とお姉ちゃん、「彩音」・「佳那」
※左:「結衣」とお姉ちゃん、右:「彩音」・「佳那」

 【 構成・絵柄 】

収録は1つ連続話あった以外は、全て短編。
単行本にて最大の特徴は、タイトルそのまま3Pの複数えっちであること。
冒頭話はカラー原稿のショートものでしたが、そちらもキッチリ複数です。
また、男女構成もWヒロインに男性1人と徹底されていました。
女の子人数多く、なんというか取り合いになる(笑)プチハーレムな感覚なのですよ。
いやはや、羨ましいですなー。
基本的にはラブコメな漫画ばかり。
しかし、収録のうち3話くらいはブラック色が強めになっていて。
なんというか、バッドエンド的なものもありました。
個人的な感覚ではそう黒々しくはなかったものの、得意でない人は他とのギャップもあって引っ掛かるかもしれません。
特に可愛らしい絵柄だったので、あまりソレに引っ張られ過ぎないように。

クッキリ強い線での作画。
色彩は適度で、全体の色づきはちょうど良いか、やや濃いめくらい。
描き込みもそんな印象でした。
コマ割りは中くらいで、はみ出し・ぶち抜き多め。
それでもバランスに優れ、あちこち丁寧なためか、原稿は綺麗に見易くまとまっていました。
初単行本のようですが、安定感もあります
広めな輪郭と大きな目の漫画らしい可愛さ溢れる人物画。
年上なお姉さんキャラも登場良かったですが、前半の双子に代表されるロリロリっとしたヒロイン(※裏表紙の2人です)のが合っていると思いました。
完全に脱がない着衣えっち色も見え、フェチ感もあります。
カラーでも大きく変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。

 【 収録話 】 10話収録

003:「さんぴー」 カラー原稿
熱を出した「純」くん。
そこに「かなみ」・「沙雪」の2人が看病にやってきたのでした。
カラー原稿4ページのこちらも3人でのプレイ。
ツインテールな「かなみちゃん」と巨乳の「沙雪さん」です。
↓表紙キャラの漫画となっていて、服装もそのまま。
せっかく「沙雪さん」が黒パンストだったので、できればじっくり見たかった。

007:「とらぶるついんず」
従姉妹の双子姉妹「楓」・「桜」と「裕」のカップル。
こちらの双子は珍しく作画でしっかりキャラ分けされています。
ややツリ目なのが「楓さん」した。
髪留めも左右違えてますね。
ロリロリっとした可愛らしい娘さんらです
双子ならではの、”どっちがどっちだ?”という問い掛けで、目隠しをされたことが切っ掛け。
おっぱい触るのは別にOKなんですね。
言動から、それが分からない年齢でもなさそうだし。
…というか、「裕くん」の発言は双子とのえっちが初めてではないことを示しており。
触られるくらい、なんでもないのか。

「桜」・「楓」、「あかり」・「つばき」
※左:「桜」・「楓」、右:「あかり」・「つばき」

027:「ラブ・レッスン!」
大富豪西園寺家で働く「須藤太一」
そちらのお嬢様「西園寺あかり」から呼び出された「太一」は、
”男性との交わり方を教えて欲しい”
そう頼まれたのでした。
お嬢様とのえっち。
彼女の専属メイド「つばき」ほか、モブ使用人が2名描かれていて。
少なくとも4名を雇用できるくらいの家ですね。
「あかりさん」は物腰柔らかで可愛らしいお嬢様。
一方、専属メイド「つばきさん」は、
断ったらどうなるか…分かりますね?
そんな脅しをかけてくるような娘でした。
お勉強はじわじわエスカレートし、最終的にはえっちにまで至るのですが。
最後は「あかりさん」が使用人室まで忍んで来るという流れ。
いいじゃないですか(笑)
ただ、最終的には彼口封じで消されてるかもしれませんが。
ひでるさんの好みは断然「つばきさん」なんですけど。

053:「えろ本チャレンジ!」
学校の帰り道にある書店。
そこには美人な2人が働いており。
クラス男子の間では、”2人からエロ本を購入することができたら凄い”という、謎の格付けがあり。
まだ買えていなかった「耕太」は、意を決して店に向かったのでした。
まぁ、あの2人から買えたら凄い、というよりも。
そうしたプレイみたいな感じ…かと思いましたが……。
こちらのWヒロインは収録中でも際立って年齢の高い2人であり、残念ながらそんな本に反応するようなウブさはありませんでした。
そもそも、えっち仕掛けるのは店長「真由里」さん。
そのうち店員「千紗」さんも参加していく、という展開です。
ガツガツした「真由里さん」より、
…し、仕方ない
そう言ってた「千紗さん」のが刺さりますねー。
オチが羨ましいです。

077:「はじめてH大作戦! 」
097:「続はじめてH大作戦!」
どちらも初心者で、初えっちに失敗していた「広樹」・「結衣」のカップル。
次こそは成功させるべく、「結衣」は経験豊富な姉に手伝ってもらうこととしたのでした。
収録では唯一の連続話。
しかし、こちらは厳密に複数えっちではありません
お姉ちゃんは別室で指示を出しつつ、単独行為なのでした。
こうした漫画で参加しない~ってのは逆に珍しい感じですね。
どっちの場面も同時進行するので、3Pっぽくは描かれていましたが。
「広樹くん」の家でデート、という2話目。
バイト中の彼を待つ間、お姉ちゃんがため「結衣」は酔っぱらってしまうのでした。
そう、今回はお姉ちゃんがすぐ隣にいるんです。
ラブラブカップルで「広樹くん」は普通、「結衣ちゃん」は独占欲あるため。
今回もまたお姉ちゃんは基本単独プレイでした。
オチあーでしたが、続編はあるかな??

115:「沙希ちゃんは逆らえない」
イケメンですが、遊んでいるとも評判の「瀬戸」くん。
付き合う「舞」を心配した「香月沙希」は、彼を説得に行くのですが…というもの。
たいていラブコメな漫画ですが、こちらは毛色が違っていて
なんというか巧い男性に好きなようにされてしまう、というもの。
まあね、男性の部屋にのこのこ1人で上がる「沙希ちゃん」は、やや無防備すぎですわね。
彼あーしたタイプだと知っている筈なのに。
後に再登場する「舞ちゃん」が一転して妖しい雰囲気でしたよ。
オチもあーなのですが…もうちょっと自分の身を大事にしましょうね。

137:「どっちがえっち?」
幼馴染みで、なにかと張り合っていた「彩音」・「佳那」
2人は対照的で得意なものも違っていたため、唯一えっちならば差はないだろうと。
隣同士の「卓」にジャッジしてもらうこととしたのでした。
彼の好みタイプがどんなんか、ですね。
下着対決が楽しい。
「卓くん」は…結構マニアっぽいぞ(笑)
そうして暴走していた2人の真意を聞いてからが漫画のポイント
まぁ、どちらも幼馴染みなので、双方になんらか思い入れがあるのでしょう。
(※現実ならば、それでも好き度合はどっちかに傾きそうですが)

157:「校内性活のススメ」
性に自由奔放で学校の風紀を乱しまくっていた「藤宮晴花」 
風紀委員・委員長、そして「瑞野」は彼女を更生させることが役割だと考えていたのですが。
見せつけられていた2人は、彼女の影響を受けてしまうのでした。
先の「沙希ちゃんは逆らえない」と似て、ややブラック色ある作品。
「晴花さん」は分かるんですが。
彼が好きな風紀委員「瑞野さん」はそう簡単にあのオチに繋がるとは思えず。
ちょっとそこだけ違うかなぁ、って印象でした。

「理子」・「麻美」
※「理子」・「麻美」

177:「たべごろ・リリィズ」
聖桜女学園に赴任した教師「高橋」
百合好きな彼にとって、そこは願ったり叶ったりという職場であり。
さっそくその候補となりそうな女子カップル「麻美」・「理子」を発見したのですが…という切っ掛け。
「高橋くん」の百合好きは、やや漫画脳ですね。
現実なんてあんなモンよ
よくは知りませんが。
百合カップルに割って入った形なため、こちらのえっちも変化球
オチはある意味成年漫画的で、羨ましさもあるのですが。
理想高かった彼には拷問以外の何物でもないのかな。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「ささちん」センセでした。
こちらが初単行本だそうです。
おめでとうございます!
見事に複数えっちで固められた1冊でした。
凄いなぁ。
ただ、ふと見たアマゾンの評価には驚きました。
基本的に紹介帯の文言は間違いでないと思うのですが、そーまで徹底させないとダメなのか。
まぁ、受け手の感覚も分からんではないけれど。
紹介する際は気を付けないといけませんね。



さんぴー


さんぴー (BAVEL COMICS)  ささちん (著) アダルト, 2018/2/27

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール バッドエンド

■妹とエッチするのは、お兄ちゃんの義務だよねっ! (しのぎ鋭介)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、妹、ハーレム
・構成 : カラー(4P)、短編×6話(うち「妹まるちばーす」×3)
・おまけ: 作品解説。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しのぎ鋭介(しのぎ・えいすけ)」センセの「妹とエッチするのは、お兄ちゃんの義務だよねっ!」です。

マルチバース「鈴子ちゃん」
※マルチバース「鈴子ちゃん」

 【 構成・絵柄 】

収録はメインの連続話と短編。
話数ではほぼ半分づつなのですが、ページ量ではおおむね2/3が中編で占められています。
そのため、メインは3話といってもボリューム感は結構ありました
収録短編3話のうち1つは、前回単行本の番外編。
新キャラの登場話なので、そちら未見でもだいたい問題ないと思います。
逆に旧キャラが顔見せ程度だったので、逆にやや残念なくらい。
収録話はどちらもラブコメ
妹・ハーレムなのは表題だけで、短編は違います。(※妹ちっくなヒロインはいる)
ブラック要素はほぼなく、どちらも楽しく読める作品群です。
一カ所程度ではあるものの、若干グロめなコマもあるので不得意な方はご注意ください。

しっかりとした線での作画。
全体の色づきは適度なくらいで、白比率もそこそこ。
黒色がやや強めに感じます。
描き込みはさっぱり気味ですが不足感なく。
大き目なコマ割りで乱れ崩れもなく、単行本全体で安定しています。
コメディー寄りな表現でセンセ独特な間があり。
特有な淡々とした空気が漂っています。
この雰囲気が人によって好き嫌いがあるかもしれませんね。
カラーでも変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙で大丈夫。
単行本「ティーアイネット」さんなので、裏表紙のカット絵が分かり易いです。

 【 収録話 】 6話収録

003:「妹まるちばーす」 3話
バカンスを兼ねて、父親の海外赴任先へ両親が出掛けていて、妹「鈴子」と2人きりの夏休み。
最近はロクに口を利くこともなくなっていた彼女でしたが…。
突然の閃光とともにお風呂場に現れた「鈴子」は何故か積極的で、彼女に流されかけていたところ。
扉を開けて入って来たのもまた「鈴子」だったのでした。
2人になった「鈴子」は、さらにその後も増え続けて5人となっていたのです。
大雑把にはそんなお話。

タイトル通り、複数の妹に囲まれハーレムを形成するという、凄まじい連続話。
単行本の表題もおおむねこちらから。
最初の「鈴子ちゃん」(※2人目・通称「りんりん」)は概ね現在の彼女と変わらないのですが。
3人ははロリっとしていて(※さらに猫っぽいので「ねこりん」)、4人目は逆に大人っぽく(※姉のようなので「あねりん」)、5人目は眼鏡である(※そのまま「めがりん」)など、次第に個性が違ってきていました。
↓表紙の5名ですね。
そのため、基本的には同一人物ではあるものの、容姿・性格など瓜二つではありません。
色々なタイプを楽しめるようになっていました

「鈴子ちゃん」たち
※「鈴子ちゃん」たち

切っ掛けの1話目は2人になった「鈴子ちゃん」とのえっち展開。
現実の彼女とは真意とは裏腹に疎遠であるものの、2人目の「鈴子ちゃん」の世界では、「いつも一緒に入ってるじゃない(※お風呂ね)」など既に深く関係しているらしく。
えっち展開はスムーズ。
それに触発され、現実の「鈴子ちゃん」もえっちに参加する流れとなっています。
混乱もあってか、お兄ちゃんの言動が可笑しい。
本格的に増えるのは2話目。
しかし、彼が言うとおり、だからと言ってハーレムにならないのはリアルで良いですね。
どちらの「鈴子ちゃん」も好意はあるものの、お兄ちゃんとの関係は様々らしく。
えっちに発展するのは、通称「あねりん」が切っ掛けとなっていました。
彼女みたいな娘がいなかった場合は、「りんりん」がその役目になったのかなぁ。
こちらは増えた組の3名がえっちの中心となっています。
もう少しページ許されるのであれば、それぞれ1人づつピックアップして欲しかったですね。
…で、最終の3話に至るのですが。
ネタバレになるので、ここは内緒。
いちおう、なにゆえ各世界の「鈴子ちゃん」が出現したのか、ちゃんと説明されていたのは凄い。
また、えっちする理由付けもキチン(?)としていました。
そのほか、ちょっとしんみりするような場面もあり。
はっちゃけハーレムえっち一辺倒でなかったのは読むにも楽しく良かったです
最終話の勢ぞろいした妹らの光景は圧巻。
えろいよ。

145:「約束」
妹「美加」の友人「香苗」から告白された「孝弘」
しかし、進学で県外へ行く予定があり、遠距離恋愛に自信もなかったため、
”次に会うまで気持ちが変わらなかったら~”
そんな曖昧な返事で先延ばしにしていたのですが…。
夏休みに帰省した彼は、遊びに来ていた「香苗」と鉢合わせたのでした。
ショートカットの可愛らしい娘さん。
マフラーの冬服姿がキュートなのですが…再会したのはお風呂場。
こうした漫画の場合、結構無理やりに鉢合わせること多いのですが。
(※明らかに人が入ってるだろうお風呂場へ侵入する、とか…)
「孝弘くん」が脱衣所の扉開ける、と同時に「香苗ちゃん」がお風呂場から出て来る~という絶妙なタイミングでした。
うん、あのシチュエーションは盛り上がりますわねー。
そのままお風呂場に戻ってのえっち展開でした。
オチにてひとネタあるので、お楽しみに。
変に巨乳だったりもなく、収録ではこの娘が最も好き。

163:「きまぐれステディ」
「ちひろ」と「たかし」の幼馴染み話。
特に恋人関係とかでないものの、昔から彼女の思い付きに振り回されており。
先輩に恋した「ちひろ」は、デート前に処女を捨てたいと言い出したのでした。
なかなか難しい関係ね。
「ちひろちゃん」の性格的に、もう少しあちこち周囲をぐるぐる回らないと駄目そうだなぁ。
今回のことだけでは、まだ完全には理解してないようだったし…。
痛い目にあわぬよう、「たかしくん」は見守ってあげてください。

香苗、御衣野祥華・西洞院玲
※左:香苗、右:御衣野祥華・西洞院玲

181:「ボク女子校に入学しました 番外編」
共学となったお嬢様学校「天音女学院」
みごと合格となった「九条一」でしたが、男子生徒は彼だけだったのです。
学園では屈指の家柄で、特待クラスのでは姫・王子と呼ばれていた「御衣野祥華(みぞの・しょうか)」と「西洞院玲(にしのとういうん・あきら)」
唯一の男子に興味を引かれた2人は、彼を無理やり連れだしたのでした。
前単行本「ボク女子校に入学しました」の番外編エピソード。
解説によると、尺の都合でカットしたとのこと。
ツーサイドアップで派手目な容姿とツンデレちっくな言動の”姫”こと「祥華さん」と、周囲に女の子をはべらす中性的な”王子”こと「玲さん」のWヒロイン。
いちおう、漫画では「祥華さん」がメインでした。
もう1人、「玲さん」は制服もズボンであるなど、男装で許嫁もおり。
前半から中盤の立ち位置的に、えっちに加わらぬまま終わるかな~と思っていましたが…。
しっかり参加してくれてました
もうちょっとページ欲しかったですけどね。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「しのぎ鋭介」センセでした。
こちらのブログでは、「シスプレ」、「委員長の恋人」、「揺れる濡れる」、「少女のいろは」、「おしかけっ!マイハニー」、そして番外編のあった「ボク女子校に入学しました」を紹介しています。
店頭では、ぶっ飛んだタイトルに驚きましたが。
(※個人的にはもう少しおとなしめなタイトルのがいいと思った)
紹介帯で分かり辛くなっていたものの、↓表紙も結構直接的でびっくり。
まぁ、前回とかもそんなんでしたけどね…。
個人的には…予想外に、またマネージャー「五十川琴美」さんが見れて幸せ。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ツーサイドアップ ショートカット

■おねえちゃんと交尾ること。 (桜湯ハル)

★まんがデーター [10.5/20.0]
・絵柄 :●●◎○○
・お話 :●●●○○
・漫画 :●●○○○
・独創性:●●●○○
・属性 : [成年] ラブコメ、お姉ちゃん、近親
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、8話収録(うち「甥っ子を預かってみた!」×2)
・おまけ: あとがき、作品コメント。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「桜湯ハル(さくらゆ・はる)」センセの「おねえちゃんと交尾ること。」です。

「あいちゃん」、母「沙織」
※左:「あいちゃん」、右:母「沙織」

 【 構成・絵柄 】

1話前後編モノがあったほかは全て短編。
話数はやや少な目に見えますが、それぞれページ量あるため読み応えは問題ありません。
ジャンルとしてはお姉ちゃん系。
人妻もおり、広義な“お姉ちゃんヒロイン”という漫画群でした。
実姉の近親エピソードもありますよ。
いちおうタブー的に描かれてはいるものの、基本ラブコメタッチなので。
重苦しい展開にはならず、ばっちり楽しんでおりました。
女性のがかなり積極的に描かれています。
正直なところ、お話は…ギリギリかな。
なんというか、クライマックスまでのパワーをもう少し溜めて欲しい気がします

ふんわり優しそうなお姉ちゃんというヒロイン画が特徴。
ただし、漫画は見ていて微妙なところがあちこち散見され。
もう一歩、二歩、という印象です。
コマ割り・コマ内配置が微妙で引っ掛かる箇所あり、また動きのある絵、引き絵などが弱い。
背景・小物なども人物と馴染んでおりません。
初単行本でよく見られる、漫画の落差もありました。
もうちょっと丁寧さ、全体の安定感が欲しいですね
それでも人物絵に魅力あるのはかなりの救い。
ウリだろうお姉ちゃんヒロインらが良いので、多少全体の微妙さを緩和していたと思います。
待てる方は次回以降のがいいでしょう。

 【 収録話 】 8話収録

005:「ボクのお姉ちゃん。」
弟「宗」の性欲処理をずっとしていたお姉ちゃん。
彼女を家に連れて来る。
彼が突然そんなことを言いだしたのでした。
お口でシテあげているのは、置いといて…。
お姉ちゃんとあー親密でも、しっかり彼女がいるというのは、ある意味で健全
問題なのは年上で、そんなんまで面倒見ちゃってたお姉ちゃんですね。
当然、彼女としては面白くなく、あーした行動になるのは納得。
いちおう、えっちはコレが初めてなようでした。
彼女と関係が順調であったがため、姉との近親関係がより進んでしまうのでした。
なお、彼女のほぼ目前、ソファー越しにえっちしているんですが。
普通は間違いなく気付くでしょう。

025:「生徒とシたい教師ってヘンですか?」
告白してきた「悠介」は生徒かつ実の弟だったのでした。
そんな感じの女教師エピソード。
彼積極的だなぁ。
幼少期の記憶があったので、普通に姉弟してきたようなのですが。
それを受けたお姉ちゃんの反応も全然満更ではなく、もともとそういう雰囲気があったのかも。
保健室で彼を介抱するのがメイン。
えーいっ
…じゃ、ないでしょー。
そうした言動を昔からしていたのかなぁ、と。
当然ながら気付いた彼にいっぱい・いっぱいなお姉ちゃんはえっち仕掛けてしまうのでした。
片目隠れがちなお姉ちゃんがキュート
せっかく生徒・教師という設定もあるので、もうプラスなんちゃら欲しかったです。

「宗くん」の姉、教師の姉
※左:「宗くん」の姉、右:教師の姉

017:「甥っ子を預かってみた!」 前後編
親の海外出張で、甥「アキト」を1カ月預かることとなり。
娘「あい」は家の中の男子にむらむらと興奮していたのですが。
その母親に先を越されてしまったのでした。
娘があんなんならば、母親があーなのは当然
感覚もだいぶお若いようでした。
前編はお風呂えっち。
叔母さんはかなりの迫力ボディーで、実に羨ましい限り。
しっかり、娘「あいちゃん」が覗いていましたよ。
ちなみに細かい所ですが…あのお風呂場は背景は、さすがに変。
どんだけ風呂場広いんだ。
後編は明日「アキトくん」が帰るという日。
毎回邪魔されていたようですが、叔母さんヤルなぁ。
まぁ、「あいちゃん」もあーしたエロい女子なのですが、現実的な経験値の差ですかね。
ちょっと変だし。
寝込みを襲おうとしたところ、すでに先客(母)がいるというのが凄い。
たぶん、毎夜シテいたのではないのか。
セオリー通り、最終的には複数プレイとなっていました。

095:「サイレントアプローチ」
もともと消極的で口数も少なく。
声量も耳を澄まさないと聞こえない姉とは、ボードで会話するようになっていたのでした。
まぁ、かなり非現実的で…いかにも漫画な設定ですわね。
えっち最中もそんな感じだったので、ずいぶん余裕あるなぁ、と。
オチやハートマーク描くというくだりは良かったので、もうひと練り欲しい気もします。
不思議ちゃんなキャラクターも独特。
それも悪くないものの、もうひとなんちゃら足りないかな。
ちなみに、間違えたという理由でお尻でもシテいました。
あんな恰好してるのに、ちゃんとシテください。

119:「カノまま」
付き合う「サヤカ」の誘いで、彼女の家で勉強を見てもらっていた「翔太」
初めて会った彼女の母「沙織」は豊かなスタイルの美人であり。
驚いたことに、机したから伸ばしてきた足で男性自信をいじり始めたのでした。
そんな訳で、娘の彼氏を寝取る母親です。
エロいなぁ。
沸点もごく素早く、彼の視線でスイッチオンしています。
そもそも…セーターの下ショーツだけという恰好でしたからね。
(※しかも胸元ばっちり見せてる)
風俗店も驚き、という感じ。
感覚もだいぶ若いらしく、別の日では娘の制服を着て、迫っております。
トイレえっちですね。
そんな母親なのに、「サヤカちゃん」はやや鈍感
あの雰囲気だと、歴代彼氏を寝取られているのかも。
もし知ったならば…収録の「甥っ子を預かってみた!」みたいに、母娘で取り合いになるかなぁ。

151:「草食男子を落としたい」
なかなか手を出してこない「ユータ」にしびれを切らした「杏奈」
寝込みを襲わせるべく、彼の部屋で寝たふりをしたのでした。
寝てる彼女にあーまでする度胸があるならば…
とっとと告白して、正式に付き合ったんなさいよ。
とりあえず草食系ではないかなぁ。
彼女にその気なかったら、どうするんだろう。
お手付きさせるべく、結構頑張っていた「杏奈ちゃん」
近しい関係だから難しい面もあるのかな。
あーまでするならば、もっとストレートに言ってあげた方が彼も手を出しやすかったと思いますよ。
そう考えると寝たふりは正解だったのかもしれませんね。
予想外だったのは、結構遠慮なかったことくらいか。
しかし…彼のドコが良いんだろう。

杏奈ちゃん
※杏奈ちゃん

173:「ご注文はお姉ちゃんですか?」
どうにもたまらず、デリヘルを頼んだ「和希」
数分後やってきたのは、近所に住んでいた年上の幼馴染み「美咲」だったのでした。
あまり驚いていない「美咲さん」
その理由はオチにて判明するのですが…その割りに一緒にシャワー浴びてたり、体洗ってあげたり…と、微妙に言動が怪しい
やっぱヤッてるのではなかろうか。
モノローグに”数十分後”とあり、到着は早い方なようでした。
時間は夜中とのことで…普通に訪ねるにしては違和感。
なんなんだろう、よく分かりません。
解決編が欲しい感じ。
そんな流れなので、お風呂えっちでした。

 【 その他 】

以上、本日は「桜湯ハル」センセでした。
こちらが初単行本です。
おめでとうございます!
タイトルと↓表紙の雰囲気に引っ張られました。
ただ、前述したように…もう少し、ですかね。
裏表紙のカット絵はうまく並べていたと思います。
下側の6名の部分が好き。




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

■ノラネコ少女との暮らしかた 2巻 (シイナ)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●◎
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●◎
・属性 : [成年] 同棲、ラブコメ、制服
・構成 : 7話収録、現在2巻まで発売中。
・おまけ: あとがき、描き下ろしおまけまんが(4コマ)、
      合間にネタ絵。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「シイナ」センセの「ノラネコ少女との暮らしかた 2巻」です。

ヒロイン特集1:シリアス「美鶴ちゃん」
※ヒロイン特集1:シリアス「美鶴ちゃん」

 【 構成・絵柄 】

巻数表記そのまま、長編漫画の2冊目です。
当然ながら1冊目を読んでいる前提のつくりなため、あらすじ・登場人物紹介などはありません。
ストーリーものなので、そらちを読んでからがベストです。
(※見てない方は、この機会に2冊まとめて買っちゃいましょう)
なお、詳しくは後述しますが。
こちらの漫画、今回の2巻では終わらず、どうやら3冊目に続くようです。
わーい。
タイトルそのまま、野良猫ちっくな女の子との同棲生活を描いたラブコメ
ラブ・コメどちらも比率は高く。
長編ならではの心理描写も優れていて、読むにも楽しい漫画となっていました。
とりあえず↓表紙にビビッ☆ときた方、長編漫画とかヒロイン掘り下げなんが好みな方は問題ないでしょう。

柔らかな線での作画。
描き込み、全体の色づきはそこそこ。
枠間もあって白比率あり、濃淡も淡いものでした。
コマ割りは比較的変化少なく、はみ出しなどもそれなり。
前巻でも各話の差はほぼ問題なかったですが。
こちらはより描き慣れてきたこともあってか、1冊での安定感がありました。
表現はコメディー寄り。
そうはっちゃけ過ぎず、重々しくもなく、ヒロイン・お話の雰囲気を邪魔しないもの。
シリアスな場面も気負い過ぎてなく、自然に読めると思います。(たぶん)
今回は紹介帯にて豊富にカット絵があったので、判断はそちらがオススメ。

 【 収録話 】 7話収録

003:「ノラネコ少女との暮らしかた」 7話(9~15話)+おまけ4コマ
ある雨の日の夜。
「佐藤敦尭(さとう・あつたか)」のアパートを訪ねて来た、制服の女の子「高田美鶴」
家庭の事情で親戚中をたらい回しにされていたという「美鶴」は、とうとう戻る家がなくなってしまい…。
お互いの母親(※どちらも故人)が、”シングルマザー同士で友人だった”という僅かな縁を頼って、「敦尭」の元へとやってきたのでした。
こうして、押しかけて来たほぼ見知らぬ女子との同居生活が始まったのです。
ごく簡単には、そんなお話。

若い女の子との同棲生活を描いた長編漫画。
もし現実であれば、手を付けるのは切っ掛けとかなんとかなかなか難しいだろうと思われますが…。
最初からガンガンえっちしちゃうところがポイント。(※いちおう2週間後でした)
成年系なのでね。
巻数をまたぐ長編形式を生かし、まさに野良猫のようだった「美鶴ちゃん」と徐々に心通じていく様が描かれています
今回の単行本は2巻目。
初対面から描かれていた前回はだーいぶ距離感ありましたが。
こちらではもう気心も知れてきていて、最初からラブい空気があります。
ただし、いまだに恋人同士ではなく、まだどっちも肝心な一言が言えてない状態
そのあたりの、
どうにも、もどかしい風景にのたうち回る~(笑)
みたいな、ラブコメの最も楽しい部分が満喫できる仕上がりでした。
前回のブログにて、
2巻以降は活動・人間関係も広がっていくのかな。
…という予想をしていました。
既に1巻で顔・名前が出ていた、クラスの女子「サキ」、従姉妹の子「いさな」なども再登場。
そのほか、「敦尭」の元彼女「梨乃」、従姉妹の「茉莉」、同僚「小清水」ほか、「美鶴ちゃん」の担任教師「古賀」などもお話に絡んできています。
だいたい的中ね。
そんなんでも「敦尭」・「美鶴」の2人を中心に進行しているのは変わらず、基本的に彼らの細かな心理描写を楽しめるようになっていました。
他キャラに邪魔されることはなかったので、そのあたりはご安心ください。

ヒロイン特集2:おしり「美鶴ちゃん」
※ヒロイン特集2:おしり「美鶴ちゃん」

今回のスタートは9話から。
実は前回のえっちで、「美鶴ちゃん」をけっこう本気で怒らせていた「敦尭くん」
”口きいてもらえるのに10日、普通に会話するまで5日、えっちするのはさらに3日~”という発言がありました。
いちおう機嫌直った、ということでのえっち展開です。
「美鶴ちゃん」帰宅直後を狙ったようで、まだ制服姿でした。
えっち最中の発言に注目。
今回はこんなんが続きます。
さて、続く10話までは「敦尭くん」の元カノ「梨乃さん」の登場回です。
彼女、実にラブコメ漫画ではちょうどイイ感じな女性
すぐ脱ぐし(笑)
これ成年漫画なので、当然のようにえっち展開になるだろうかと思いましたが…「敦尭くん」は偉い。
まぁ、ホイホイえっちされたら説得力ないですからね。
ストーリー重視な漫画です。
「美鶴ちゃん」の言動に注目。
同クラスの女子「サキさん」はこちらほか出番ちょろっとでしたが、同性ならではという良い立ち位置でした。
今後もそうしたポジションになるのかな。

11話の冒頭は仕切り直しみたいな感じ。
話数2桁にまでなったので、基本設定を改めて示したのかな。
勤務先微妙で、疲れて寝てしまった「敦尭くん」とのやり取りです。
前半にちらと言っていた、花見に出かけるのが続く12話。
冒頭で「美鶴ちゃん」がなにゆえお風呂に入っているのか、回想するような流れになっています。
マナーモードな「美鶴ちゃん」が楽しい。
ああした場面で寝ちゃう娘だし、「敦尭くん」は蓄積した疲労がためですわね。
とりあえず何事も無くて良かった
(※この漫画は基本的に優しい世界ですわね…)
えっち時の「敦尭くん」に注目です。
頑張れ。
ただ、えっちが先行しちゃったカップルなので、いざああした場面では難しいのかなぁ。

三者面談、ということで13話は「美鶴ちゃん」の学校が舞台。
冒頭からの「敦尭くん」が楽しい。
違う漫画みたい
こちらは、皆さん期待するだろう(たぶん)、教室内えっちです。
ひでるさんややブラック思考あるので、あるいはコレを切っ掛けに妙なことになってしまうのでは~と、心ザワザワしつつ読み進めていましたが…。
特に何もなくてひと安心(←あるいは、今だけかもしれませんけど。普段見てる漫画が酷いのか!?)
また、彼女の担任教師「古賀」はややとっつき辛い雰囲気だったものの、オチに注目です。
うん、やっぱりこの漫画は優しい世界なんだ…。

ヒロイン特集3:直前「美鶴ちゃん」
※ヒロイン特集3:直前「美鶴ちゃん」

収録のラスト14から15話までは登場人物多く、にぎやかな回。
従姉妹の子「いさな」が再登場、拾ってきた猫を中心としたエピソードになっています。
14話冒頭が楽しい。
こちらでのえっち最中にて、「美鶴ちゃん」がとある言葉を言っていたんですが。
某書店のおまけだった、4ページリーフレットの漫画で描かれていたことと重なりました。
うん、意味深いものですね。
この漫画がお気に入りな方は、ぜひそちらを見ておくことをオススメしておきます。
従姉「茉莉」さんがやって来る15話。
彼女の発言色々は実に現実的
続く3巻はそうした事ものしかかってくるのかなぁ。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「シイナ」センセです。
前巻が良かったので、当然ながらこちらもゲットしましたよー。
お話が進んで2人の関係もイイ感じに変化してきていて
期待通りに楽しめました
今回の↓表紙は床で寝ている「美鶴ちゃん」
猫ちっくでキュート。
あまり表情なくこっちを見ていた前巻とは違い、なんというか…信頼された感があっていいですね。
紹介帯の文言も成年漫画でないみたい(←たぶん)
裏表紙でもこっち向いてくれていました。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー

■セイシュンアゲイン (ICHIGAIN)

★まんがデーター [17.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●●
・属性 : [成年] ラブコメコメディーショートカット、お姉さん
・構成 : 初単行本、カラー(4P)、短編×9話(※すべて同一世界)
・おまけ: あとがき漫画、描き下ろしおまけ漫画(5P)、ゲストページ、
     カバー裏に各話解説、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ICHIGAIN(いちがい)」センセの「セイシュンアゲイン」です。

いつき
※いつき

 【 構成・絵柄 】

収録は全て短編での構成。
ただ、全て同一世界での漫画となっていて。
センセ曰く、
いつどんな作品でもゲスト出演頂けるよう、設定をしっかり練りました
…とのこと。
実際、漫画にはちらほら別キャラが顔見せしてくれてます。
ほか、描き下ろし漫画や詳細な解説など情報は多く
あとがきで述べられていた漫画でのこだわりや、センセの満点なサービスは好み直球。
その分、単行本作業は大変だと思いますが、完成度と満足度が高いだろう仕上がりです。
ジャンルはコメディー色の強いラブコメ
単にはっちゃけてるだけでなく、ストーリーもお上手で、読むだけでも楽しい漫画群でした。
年下もいましたが、お姉さん然としたヒロインが目立ってます。
(※同年代でもそんな感じ)
人物画が問題なさそうならば、ぜひ手に取ってほしい1冊です。

クッキリとした強い線での作画。
枠間など白比率はあるものの、黒色が濃くコッテリとした味わい。
細かいコマ割りで情報量も多く、描き込みも同様です。
高いテンションそのまま、画面は派手でコメディー調。
勢いにも優れていて、非常に強いパンチ力を感じました。
ちょっとした事は気にならない、気にさせない、得な絵柄だと思います。(…たぶん)
前述したように、特に人物画は特徴的
三角なツリ目であちこち鋭角的。
(※目に関してはあとがきでも述べられていました)
すらりとした細身なスタイルで全体的に縦に長め。
アクション大きく、表情も様々です。
癖は強いので、明確に人を選ぶでしょう。
ソコが良いんですけどね
↓表紙・裏表紙などのカラー絵は、やや印象は異なるのですが。
そのままの判断でOKだと思います。

 【 収録話 】 9話収録

001:「talking」 カラー原稿あり
駅で声を掛けて来た若い女性「サツキ」
道案内した「義之」は、お礼ということでラブホテルに誘われたのでした。
こちらの「サツキさん」が↓表紙の女性。
年の差カップルです。
カラー原稿部分はファーストえっちの模様。
本編も直接続いており、メインは第2ラウンドです。
お風呂からのプレイになっていました。
えっちに慣れた、ミステリアスな彼女の正体はオチにて。
こちらのみ、描き下ろしは2ページ割かれていました。

019:「ロクでなし」
学年度末、単位がヤバい「林原」は…。
面倒見の良い「梅本景」に土下座して頼み込むこととしたのでした。
そうした状況でも、おっぱいに目が向いてしまうくだりが楽しい。
いや、まぁ…そうしたもんですよ、ええ。
実は過去にえっちしたことのある関係。
後半のくだりはそれもあってのことでしょうねー。
タイトル通りで、ままならない流れが楽しい。
セオリーな成年漫画ならば、えっちしつつもOKになりそうな気がするのですが。
こっちのが現実的か。

梅本景、玄川四辻
※左:梅本景、右:玄川四辻

039:「オスカ」
文化祭実行委員で一緒になった先輩「玄川四辻(くろかわ・よつじ)」
憧れていた彼女に、その最終日に告白してから2カ月。
特に返事はもらってないまま、部屋までやってきたのでした。
「四辻さん」はお嬢様っぽい言い回しにやたら落ち着きある物腰で、なにやら底の見えない女性
ため、3人どうの~というのはなんだか分かる気がします。
ただ…えっち前にああした発言するのは……余計にプレッシャーを与えるだけかと思いますよ。
そうした中、彼はよく頑張った。
相性も良かったのか、イイえっちしてました。
あとがきによると、こちらの「四辻さん」は人気あるキャラクターなようですが、それも納得。
個人的にはカバー裏の下着姿がお気に入り。

057:「STEP UP LOVE」
陸上部の先輩「信藤」と付き合う、部のマネージャー「川森支織」
順調な交際が続いているのですが。
頑張る彼を、もっとねぎらいたいと願う「支織」は…。
めちゃくちゃ気持ちいいえっちをする、という作戦を立てたのでした。
彼のため、ストイックにえっち研究する「支織さん」が実にキュート。
努力が実って何より
収録では唯一の眼鏡女子でした。
なお、調査のくだりで前話「四辻さん」らのその後が確認できます。

075:「ラブ・ドランク」
就活で有名どころの採用を勝ち取っていた「加藤」
友人「佐原佑姫」は、
私と結婚しない?
そう冗談交じりの発言をしたことで、彼の真意を知ることなったのです。
タイトルは、その後に部屋飲みとなっていたため。
まぁ、普通に親しかったようだし。
告白展開も突発事態のようなもんなんで、アルコールでも入ってなければ勢いつけれないか
「佑姫さん」はおっぱいの大きい、格好良い感じの女性。
オチ付近のくだりが好きです。

095:「憧憬」
先輩の息子「敦」とは小さい頃からの知り合いで、よく面倒も見ていた「小町」
それから10年。
いまだフリーだった「小町」は、彼の母から息子とくっつくよう言われたのでした。
彼女の影響で写真好きに育ち、それが元で気持ちが伝わると言う流れ。
人のフォルダ内は勝手に見ちゃダメ。
お互いカメラ向けてたのに~」という発言がいいですねー。
「小町さん」は自らの年齢を気にしていましたが、あのくらいの男子はそんなん関係ないですよ。
後半の”久しぶりに2人一緒の布団で寝た”のくだりが好き。
また、オチの「敦くん」が若いながら男前で…うん、巧く育てたなぁ。

115:「その女、ふしだらにつき」
在宅ワーカー「朗湖(ろうこ)」は仕事を終え、6日振りに外へ出たところ。
膝枕で密着したこともあり、エロい事がしたくなってしまうのでした。
公園での野外プレイ。
「朗湖さん」はぼさぼさっとした髪のショートカットで、野性的な女性。(…で、巨乳)
お仕事は描き下ろしから察するに、デザイン系なようですね。
成年漫画の野外えっちは、ギリギリで見つからないのがセオリーなのですが。
その逆に展開するのがエロくて楽しい
あれは見た側もかなり驚くだろうなぁ。
なお、最初ぱっと気付きませんでしたが…。
PC画面内にタイトルが表示されてるのに注目。

133:「スーパー・ガール」
昔馴染み「いつき」にバスケ勝負を挑み続けていた「カズイチ」
その理/由は引っ越す3年前の出来事に起因しており。
ほぼ告白めいた発言に対し、現在アスリート然としている「いつき」はちょっとした質問をするのでした。
男性陣は皆ああ応じるでしょうねー。
確かに、引っ越す前の「いつきちゃん」は可愛らしかったですがね。
今の彼女はおっぱい大きいし。
ああしたボーイッシュな女子の可愛らしい面が見れる秀作です。
オチはこうした漫画のお約束。
頑張れ
どーでもいいことですが、「いつきさん」の髪飾りがドラクエの呪文に見えて気になりました。

マネージャー「川森支織」、図書委員「花鍬」
※左:マネージャー「川森支織」、右:図書委員「花鍬」

151:「いいコじゃいられない。」
図書委員「花鍬(はなすき)」からの質問。
気になる女子、に当の相手を名指しした「橋本」
清楚で…、可憐で…、人望もあって…
そうした告白に、「花鍬」は彼の部屋まで付き合うこととしたのでした。
まぁ、タイトル通りなのですが…。
おおむね人はそんなもんですよ。
彼の性格などを見るかぎり、逆にああしてすぐネタバレしてくれて良かったかもしれませんね。
オチとか描き下ろしでは「花鍬さん」の好意がやんわり感じられます。

 【 その他 】

以上、本日は「ICHIGAIN」センセでした。
こちらが初単行本とのこと。
おめでとうございます!
前述したように強い癖がため、書店店頭でしばし迷いました。
詳細は伏せますが、同時期発売だった「イジメられッ娘/さじぺん」とのちょっとした関係があり、こちらもゲットしてきました。 
結果は良い目。
あちこちこだわりのある漫画で大満足です。
ポイントとなる作画も、ひでるさんとしては苦手感ないものでした。
他の漫画とかもどんなんなのか、興味あるので…。
次の単行本にも期待しちゃいます。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ショートカット ドラクエ

■イジメられッ娘 (さじぺん)

★まんがデーター [16.0/20.0]
・絵柄 :●●●●〇
・お話 :●●●●〇
・漫画 :●●●●〇
・独創性:●●●●〇
・属性 : [成年] ラブコメ、むちむち、お尻
・構成 : 短編×10話。
・おまけ: あとがき、作品執筆のおもいで、加筆修正あり。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「さじぺん」センセの「イジメられッ娘」です。

倉垣さん
※倉垣さん

 【 構成・絵柄 】

収録10話は全て短編での構成。
人外やOLなど登場ヒロインらは色々なのですが。
バストの大小関わらず、基本的に皆さんむちむちっとしたスタイルなのが特徴。
お話は大くくりでラブコメ
コメディー要素は薄く、また話によってはブラックなんもあるのですが。
そう堕ち続けたりすることはなく、読後感は悪くありません。
甘すぎず、辛すぎず~という印象。
個人的には、各話でのセンセのちょっとしたスパイスがいい感じで、どちらも楽しく読めました。
連続話とかシリーズものとかあったら、またいいかもしれません。

しっかりとした線での作画。
描き込みや全体の色づきは丁度良いくらい。
濃淡はやや黒色が強めでクッキリとした塩梅でした。
重なり合うようなコマ割りは細かく、はみ出し多め。
ページは賑やかな仕上がりです。
多少気になる箇所はあったものの、漫画やバランス感はおおむね問題なく。
パンチ力を感じました
ヒロインの表情なども優れていて、特に困惑した時は良いですね。
人物は頬などふっくら輪郭で目が大きく、可愛らしい漫画絵。
スタイルも同様でむちむち柔らかそう。
なんとなく、なのですが…ひと昔前の成年漫画家さんみたいなタッチだなぁと感じました。
導入部分とか。
全然悪い意味でなく、ベテラン感があるような、ね。
カラーでも印象は変わらないので、判断は↓表紙・裏表紙でいいと思います。
紹介帯のカット絵も大きく、見易いものでした。

 【 収録話 】 10話収録

003:「いじめられっ娘」
ちょっと親切にしたところ、付きまとってくるようになっていた「諸田友理恵」
ウザさから、当初は邪険に扱っていた「高井」でしたが…というお話。
こちらが表題(ほぼ)な作品。
↓表紙の娘は無論こちらの「友理恵さん」
メイド服も後半でちゃんと着てくれるので、ご安心ください。
(※野外プレイで収録でも抜群な出来栄えです)
「高井くん」の変化に注目。
センセの解説を見て、なるほどと思いました。
案外、こうしたタイプはお似合いなのかもしれませんね。

021:「kept:man」
病で倒れた父の代わりとして、学園理事を務める「星出恵理那」
過労気味な娘のサポートを…と、その母の依頼で、世間で人気な癒し目的の男性サービス、通称”ヒモ男”を雇うこととなったのでした。
男性はいかにも、というチャラい雰囲気。
こうした漫画のセオリー的に、えっち展開になっているのですが…。
中盤あたりでもちらほら描かれていましたが、最後まで読むと男性の印象はガラりと変化すると思います。
面白いアプローチでなかなか良いお話。
もう少し設定をつければ、シリーズものになりそう。
面白かったです。

諸田友理恵、七緒
※左:諸田友理恵、右:七緒

039:「お母さんの内緒」
酔ったことで、隣の男性「三林」と関係してしまった「七緒」
それ以後は彼を避け続けていたので…。
「三林」はなかば強引に部屋までやってきていたのです。
収録では唯一の人妻さんで、結構大きなお子様もおりました。
いや、元人妻か。
裏表紙はこちらの「七緒さん」かな。
彼はまだ近所のいいおっちゃん、な立ち位置だから良いのだろうけど…。
旦那(父親)になろうとするとまた別かな。
(※雰囲気的に「和人」くんはまた年齢低いか)
「七緒さん」はお子さんがいる割りに可愛らしい女性。
あのままズルズル関係続きそう。
冒頭での台所ブレイが好き。

057:「奥のオクのイイところ」
「悠(はるか)」と付き合う「秀平」
えっちで満足させれていないと感じていた彼は、”ポルチオマッサージ”を試してみることとしたのでした。
調べてきました、ポルチオ。
子宮膣部なんだって。
へー。
あんなアイテムを取り出して、いちおう引きつつも受けてくれた「悠ちゃん」に感謝
いい娘だ。
下手すれば、あの段階で振られても不思議でないと思う。
その前にちゃんと話し合おうね。

073:「マシュマロヒップは素直じゃない」
「美沙」と男性のえっち話。
事情あるらしく、彼女は家に戻っていないようだったので。
夜の街をうろうろしていて知り合ったとかなのかな。
えっちはこれが初めてでなく、やり取りを見るかぎりはだいぶ親密な雰囲気。
「美沙さん」はタイトル通りにツンデレちっくな娘で、完全に打ち解けるにはもう一歩という感じ。
プレイもまたタイトル通りで、お尻中心でした。
前半のパンストが素敵。

089:「とろ酔い」
飲み会で酔っぱらってしまった「泰川つぐみ」を介抱していた「良樹」
普段の地味目な彼女とは異なる印象で驚いていたのですが。
家まで送る際、また驚かされることとなったのでした。
あれで巨乳というのはまたいいですね。
覚悟を決めていただけあって積極的で、ぐいぐい迫ってきていました。
お風呂場でのえっち展開です。
1コマ描かれていた普段の「泰川さん」とのプレイも見たいなぁ。

105:「どきどき・悪魔の卒業試験」
道端で出会った、ちょっと変わった女の子「リサ」
突然彼女が倒れてしまったため、「壮司」は仕方なく自宅アパートへ連れて帰ることとしたのでした。
収録では唯一の人外ヒロインです。
「リサちゃん」は淫魔で、角としっぽがあるくらいの可愛らしい方です。
現実ならば…あーした際には救急車呼ぶのかな。
いちおう意識はあり、腹空かせてるだけならば自宅もありか!?
流れとしては、こうした漫画のセオリーで空腹満たすためのえっち展開。
後半に逆襲されるのもそんな感じなのですが…。
ここにひと要素あるため、えっち熟練者を返り討ちにできる説得力がありました。
オチの彼女を見るかぎり、もう1話いけそう。

121:「初恋体験」
遊んでいる場所に近い、ということでアパートに頻繁にやってくる「倉垣」
まるで自分の家のように振る舞う彼女に困惑していたのですが…というお話。
ショートカットで八重歯が特徴的な「倉垣さん」
まぁ、少なくとも信頼ない男の部屋にひょいひょい来ないだろうと思われ。
お手付きしてOKだったか。
ただし、こちらのヒロイン「倉垣さん」は経験あってもタイトル通りにいわゆる恋愛はしてなかったようなので。
彼のような男性で良かったのでしょう。

137:「特別残業手当」
部長「八戸栞」にいつもキツく当たられている「笹木」
ただ、それでも彼の企画は通ること多いのには秘密があったのでした。
収録では唯一のビジネス漫画。
眼鏡のヤリ手上司とのソフトなSMちっくプレイ。
罵り系ですねー。
「八戸さん」は仕事中は髪をアップにしていたので、「大丈夫~」のくだりあたりから解けて欲しかったなぁ、とか思いました。
漫画だから可愛らしい方でヤル気も起こるのですが、実際はあーでないだろうね…。

「泰川つぐみ」、「琴海」・「七星」
※左:「泰川つぐみ」、右:「琴海」・「七星」

153:「鳥籠」
お嬢様「七星(ななせ)」にコンクールの祝賀会に誘われた「琴海」
スクール水着に着替え、多くの男性らが待つ部屋に入ると…
ごめんね、祝賀会なんてほんとは嘘なの
そう告げられたのでした。
成年漫画でお馴染み、巻き込まれ複数えっちな漫画。
お嬢様設定で可愛らしい「七星さん」とは違い。
一般人「琴海ちゃん」は、小さい目とそばかすのある、漫画ヒロイン的ではないキャラクター。
(※ついでにバストも控えめです)
「七星さん」には悪意もあるんですが、友達・親友だと感じていたのは「琴海ちゃん」と変わらないように見えたのだけど、どうでしょう。
オチを見るかぎり、また別の面で「琴海ちゃん」を嫉妬することになるかも。

 【 その他 】

そんなこんなで、本日は「さじぺん」センセでした。
こちら単行本が2冊目くらいなのかな。
ひでるさんは今回が初見です。
…はい、↓表紙のメイドさんに釣り上げられました(笑)
タイトルとあの表情が実にマッチしていたので…。
「友理恵さん」は実際にはメイドでなかったものの、同様なプレイがしっかり本編にもあって幸せ。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー ショートカット スクール水着

ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
おすすめリンク
最新コメント
最新トラックバック
携帯でもどうぞ
QR
カテゴリー
かうんたー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり・ゆったり書きたいと思います。
 漫画はいいもんですよね。

★現在は木曜・日曜に更新しています。


↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらコメント、あるいはそちらにて。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア